図面 (/)

技術 65歳を過ぎてから使用する溶鉱炉及び陶器の火焼きに使用する耐熱エアー服と陶器ガラスの材料説明の著作権原本。

出願人 墫野和夫
発明者 墫野和夫
出願日 2013年7月10日 (7年7ヶ月経過) 出願番号 2013-144219
公開日 2013年10月10日 (7年4ヶ月経過) 公開番号 2013-209792
状態 未査定
技術分野 装身具 職業用、工業用またはスポーツ用保護衣 衣服の材料
主要キーワード 固形窒素 世界最速 応用構造 エアー送り 知的所有財産 円輪形状 人工ダイヤ レバー部品
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年10月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

従来の陶器焼く場合は、古い綿布を厚く体に巻く事によって火の熱から身を守るしか方法の無い陶器社会の火のマキ等石炭等の火入れ手段に成り、危険と重労働で大変な作業でも有った。

解決手段

牛革などを、二枚合わせにして、ガラス板に複数の糸潜り穴をガラス板に設け牛革頭部の視界部分に縫い合わせ冷却装置の複数穴空きの固形フロン酸素を通す事で冷えた酸素によって体を冷やす為の陶器の火釜に使用する耐熱服と陶器ガラス融合体著作権

概要

背景

陶器焼く装置には、ガス陶器と石油陶器窯と電気陶器窯が有る様で有る。

一口に軽量陶器の命名では、紙粘土と通常粘土の合わせ粘土に成り、低温で焼く技術が一般的に成る。

歩道レンガには、大型レンガが無かった。

花瓶には、陶器とガラス貴金属一体型が無かった。

概要

従来の陶器を焼く場合は、古い綿布を厚く体に巻く事によって火の熱から身を守るしか方法の無い陶器社会の火のマキ等石炭等の火入れ手段に成り、危険と重労働で大変な作業でも有った。牛革などを、二枚合わせにして、ガラス板に複数の糸潜り穴をガラス板に設け牛革頭部の視界部分に縫い合わせ冷却装置の複数穴空きの固形フロン酸素を通す事で冷えた酸素によって体を冷やす為の陶器の火釜に使用する耐熱服と陶器ガラスの融合体著作権。1

目的

あくまでも国益100パーセント都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

本発明の耐熱エアー服の、2枚合わせ牛革アルミニウムペーパーの中に綿糸固形窒素を絡めた綿糸を絡ませたアルミニウム縫いシートを、2枚合わせの牛革の中に入れた頭の上から足首まで、火から人間の体を溶鉱炉の火及び陶器の火から人の体を守る耐熱服とフロンガス塩化プラスチック石灰つまり塩と石灰を混ぜた固形体の中にフロンガス等の冷却ガスを封じこめた固形体に冷却ガス入りのプラスチックビニールシート溶液を、複数の筒穴空きの冷却物質入りの固形体の冷却ガス漏れを防ぐ陶器の為の二重のプラスチックビニールシート溶液を被せた冷却送風モーターを使用した送風官装置の風を、一本の送風を送る三重ゴム官から、三重ゴム官の一本の官から二本の管に分ける陶器の為の、送風を二分割する陶器の為の送風官内に仕切り板を送風官に沿って平行に官内部に内蔵させて、二本の送風官に分けて一本の冷却送風官を縦チャックまたは縦ボタン止めの皮製の防護服の頭の上に冷却送風官と首の下に三方向に分ける送風官に沿って送風官の丸円を三分割仕切ったプラスチック体を、冷却送風官内に入れて左右の手に冷却送風する官とから下の両脚冷やす陶器の為の冷却送風官を備えた頭の上から足首まで、火から人間の体を溶鉱炉の火及び陶器釜の火から人の体を守る耐熱服。

請求項2

本発明の耐熱エアー服は、牛革等のの上にアルミニウムシート縫い付けた火に於いての革の燃焼を避けた頭の上から足首まで、火から人間の体を溶鉱炉の火及び陶器釜の火から人の体を守る請求項1記載の耐熱服。

請求項3

本発明の耐熱エアー服は、牛革等の革の上にアルミニウムシートの中に固形窒素を亜麻糸で絡めた布を入れた二枚合わせのアルミニウム縫いシートを牛革等の二枚合わせの革に入れた頭の上から足首まで、火から人間の体を溶鉱炉の火及び陶器釜の火から人の体を守る請求項1記載の耐熱服。

請求項4

本発明の耐熱エアー服は、牛革の重い革1枚ともう1枚の革として軽めの鹿革を、2枚合わせた頭の上から足首まで、火から人間の体を溶鉱炉の火及び陶器釜の火から人の体を守る請求項1記載の耐熱服。

請求項5

本発明の耐熱エアー服は、陶器の色付けに使用する色付け液薬を使用した色付け薬を一度塗って焼き再び、絵付けの陶器の為の色付け液薬を使って再び絵付けを行い低温または高温で焼き、再び絵付けを繰り返して再び低温又は高温で焼く時に使用する請求項1記載の耐熱服。

請求項6

本発明の耐熱服は、特に大型陶器等の絵付け手段として、切抜き絵紙を貼り陶器用の色付け薬の全世界の色付け薬を組み合わせて一つの絵の形状にした土器地肌部分金属粒反射板入り液を入れた陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項7

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインガラスを組み合わせた色絵ガラスと及び透明ガラスと軽量立体陶器絵を一枚のガラスに仮止めした絵ガラスの立体絵陶器板を軽量陶器に填め込む陶器の為の複数の絵形状のライン切抜いた陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項8

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインアメジスト人工ダイヤの中に、金及びプラチナ及び銀などの立体金属をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項9

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインアメジスト人工ダイヤの中に、ルビー及びサファイヤ及びエメラルド及びオニキス及び世界の全ての宝石と言われる石をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項10

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインアメジスト人工ダイヤの中に、金ゴールドデザイン画シートとプラチナ薄デザイン画シートを合わせた裏と表の両方で楽しめる金とプラチナ画シート及び多層式の金とプラチナデザイン組み合わせ画をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項11

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインアメジスト人工ダイヤの中に、真珠多色真珠を円形及び四角形及び立体に積み合わせデザイン画風にした真珠をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項12

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインアメジスト人工ダイヤの中に、真珠の盗難防止の陶器の為の立体画金属デザイン物をガラスで正円球に囲んだ立体金属入りのガラス球を入れた真珠貝で作るX線及びレントゲンカメラによる盗難商品のデザイン画操作機で、真珠内の立体画物を見る事の出来る真珠をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項13

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、人工象牙または、輸入禁止前の象牙を、立体象牙にしたデザイン物をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項14

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、鼈甲材の輸入禁止前の鼈甲材を立体の花及び童画にしたデザイン物をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項15

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、立体ガラ昆虫をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項16

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、金粉及び銀粉を、空間予想画風にまとめた金粉と銀粉を入れた金粉画と銀粉画の両方をあわせたライン画と予想画をガラス板に張り付けたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項17

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、銅とアルミニウム合金のシートの粉と銀粉を、空間予想画風にまとめた金粉と銀粉を入れた金粉画と銀粉画の両方をあわせたライン画と予想画をガラス板に張り付けたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項18

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、木材のシート板に色付けした動物ペーパー画体を、アメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項19

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、木製の動物画パネル革製品と動物の骨で作った角をガラス板に貼り付けた立体造形動物をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項20

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、ガラス板の上に色ガラス粒で書いた絵を貼り付けた立体造形動物をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項21

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、ガラス板の上にペンキ色によって石灰を色付けた色付け石灰粒子によって風景及び動物を描いたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項22

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、ガラス板の上に土の粒子と石の粒子とペンキ色によって石灰を色付けた色付け石灰粒子によって風景及び動物を描いたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項23

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、ガラス板の上に干した小魚及び稚貝の殻及び小石を描いたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項24

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、ガラス板の上に干した植物を切って貼り付けたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項25

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、ガラス板の上に化石等のアンモナイト等の石のパネル板をガラス板に貼り付けたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項26

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、ガラス板の上に銅アルミニウム合金針金三ミリ線と銀線連続接続針金を、ガラス板の上に曲げて描いた動物画のガラス板を、アメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項27

本発明の耐熱服は、デザインアメジスト人工ダイヤの中に、ガラス板の上に牛革等の切革画及び切抜きの色付け革を、ガラス板に取り付けたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項28

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインクリスタル硝子の中に、金及びプラチナ及び銀などの立体金属をクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル造形物をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項29

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインデザインクリスタル硝子の中に、ルビー及びサファイヤ及びエメラルド及びオニキス及び世界の全ての宝石と言われる石をデザインクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項30

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインクリスタル硝子の中に、金ゴールド薄デザイン画シートとプラチナ薄デザイン画シートを合わせた裏と表の両方で楽しめる金とプラチナ画シート及び多層式の金とプラチナデザイン組み合わせ画をデザインクリスタル硝子の中に入れたデザインクリスタル硝子造形物をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項31

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインクリスタル硝子の中に、真珠の多色真珠を円形及び四角形及び立体に積み合わせデザイン画風にした真珠をクリスタル硝子造形物に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項32

本発明の耐熱服は、特に陶器とデザインクリスタル硝子の中に、真珠の盗難防止の陶器の為の立体画金属デザイン物をガラスで正円球に囲んだ立体金属入りのガラス球を入れた真珠貝で作るX線及びレントゲンカメラによる盗難商品のデザイン画操作機で、真珠内の立体画物を見る事の出来る真珠をクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項33

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、人工象牙または、輸入禁止前の象牙を、立体象牙にしたデザイン物をクリスタル硝子の中に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項34

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、鼈甲材の輸入禁止前の鼈甲材を立体の花及び童画にしたデザイン物をクリスタル硝子の中に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項35

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、立体ガラス昆虫をクリスタル硝子の中に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項36

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、金粉及び銀粉を、空間予想画風にまとめた金粉と銀粉を入れた金粉画と銀粉画の両方をあわせたライン画と予想画をガラス板に張り付けたガラス板をクリスタル硝子に入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項37

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、銅とアルミニウム合金のシートの粉と銀粉を、空間予想画風にまとめた金粉と銀粉を入れた金粉画と銀粉画の両方をあわせたライン画と予想画をガラス板に張り付けたガラス板をクリスタル硝子の中に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項38

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、木材のシート板に色付けした動物ペーパー画体を、クリスタル硝子の中に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項39

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、木製の動物画パネルに革製品と動物の骨で作った角をガラス板に貼り付けた立体造形動物をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項40

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、ガラス板の上に色ガラス粒で書いた絵を貼り付けた立体造形動物をクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子造形物をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項41

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、ガラス板の上にペンキ色によって石灰を色付けた色付け石灰粒子によって風景及び動物を描いたガラス板をクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子造形物をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項42

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、ガラス板の上に土の粒子と石の粒子とペンキ色によって石灰を色付けた色付け石灰粒子によって風景及び動物を描いたガラス板をアメジスト人工ダイヤに入れたデザインアメジストをガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項43

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、ガラス板の上に干した小魚及び稚貝の殻及び小石を描いたガラス板をクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項44

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、ガラス板の上に干した植物を切って貼り付けたガラス板をクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項45

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、ガラス板の上に化石等のアンモナイト貝等の石のパネル板をガラス板に貼り付けたガラス板をクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項46

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、ガラス板の上に銅アルミニウム合金針金三ミリ線と銀線の連続接続針金を、ガラス板の上に曲げて描いた動物画のガラス板を、クリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子造形物をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項47

本発明の耐熱服は、デザインクリスタル硝子の中に、ガラス板の上に牛革等の切革画及び切抜きの色付け革を、ガラス板に取り付けたガラス板をクリスタル硝子に入れたデザインクリスタル硝子造形物をガラス板に飛び出る様に熱ガラスで複数の穴空き陶器に止める作品を作る複数穴空き陶器を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項48

本発明の耐熱服は、市販の陶器粘土及び赤粘土及び青粘土及び白粘土に対して硫酸液層にアルミニウムを入れた硫酸液に水を入れて沸騰爆発させ冷やしたアルミニウム水と赤粘土を混合したアルミニウム水入りの赤粘土を陶器粘土と使用して陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項49

本発明の耐熱服は、市販の陶器粘土及び赤粘土及び青粘土及び白粘土に対して硫酸液層に銀を入れた硫酸液に水を入れて沸騰爆発させ冷やした銀水と赤粘土を混合した銀水入りの赤粘土を陶器粘土と使用して陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項50

本発明の耐熱服は、市販の陶器粘土及び赤粘土及び青粘土及び白粘土に対して硫酸液層に金を入れた硫酸液に水を入れて沸騰爆発させ冷やした金水と赤粘土を混合した金水入りの赤粘土を陶器粘土と使用して陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項51

本発明の耐熱服は、市販の陶器粘土及び赤粘土及び青粘土及び白粘土に対して硫酸液層にプラチナを入れた硫酸液に水を入れて沸騰爆発させ冷やしたプラチナ水と赤粘土を混合したプラチナ水入りの赤粘土を陶器粘土と使用して陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項52

本発明の耐熱服は、市販の陶器粘土及び赤粘土及び青粘土及び白粘土に対して硫酸液層にプラチナを入れた硫酸液に水を入れて沸騰爆発させ冷やしたプラチナ水と赤粘土を混合したプラチナ水入りの赤粘土を陶器粘土と使用して陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項53

本発明の耐熱服は、市販の陶器粘土及び赤粘土及び青粘土及び白粘土に対して硫酸液層に他の金属を入れた硫酸液に水を入れて沸騰爆発させ冷やした他の金属水と赤粘土を混合した他の金属水入りの赤粘土を陶器粘土と使用して陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項54

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と稲穂を燃やした灰汁混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項55

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰との木の灰を燃やした灰汁を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項56

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰との木の灰を燃やした灰汁を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項57

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰とツツジの木の灰を燃やした灰汁を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項58

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と稲穂を燃やした灰汁と鉄分水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項59

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と桜の木の灰を燃やした灰汁と鉄分水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項60

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と楢の木の灰を燃やした灰汁と鉄分水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項61

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰とツツジの木の灰を燃やした灰汁と鉄分水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項62

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と稲穂を燃やした灰汁と金ゴールドの溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項63

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と桜の木の灰を燃やした灰汁と金ゴールドの溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項64

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と楢の木の灰を燃やした灰汁と金ゴールドの溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項65

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰とツツジの木の灰を燃やした灰汁と金ゴールドの溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項66

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と稲穂を燃やした灰汁とプラチナ溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項67

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と桜の木の灰を燃やした灰汁とプラチナの溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項68

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と楢の木の灰を燃やした灰汁とプラチナの溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項69

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰とツツジの木の灰を燃やした灰汁とプラチナの溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項70

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と稲穂を燃やした灰汁と銀溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項71

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と桜の木の灰を燃やした灰汁と銀の溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項72

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰と楢の木の灰を燃やした灰汁と銀の溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項73

本発明の耐熱服は、陶器に塗る塗薬として、石灰とツツジの木の灰を燃やした灰汁と銀の溶解水を混合撹拌した合成液を、陶器に塗って陶器型を作り陶器の火釜で焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項74

本発明の耐熱服は、花瓶の半分下が、通常知られている公知の陶器粘土と色付け薬を使った陶器花瓶に成り、陶器花瓶の上部リング内に溝を付け更に、陶器の溝に対して半分の円形陶器リングに対して半分上を、絵色付けガラス等のガラスデザインで描いた半分下側が陶器に成り半分上がガラスの陶器とガラスの融合体の陶器部分を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項75

本発明の耐熱服は、花瓶の半分上が、通常知られている公知の陶器粘土と色付け薬を使った陶器花瓶に成り、陶器花瓶の下部リング内に溝を付け更に、陶器の溝に対して半分の円形陶器リングに対して半分下を、絵色付けガラス等のガラスデザインで描いた半分上側が陶器に成り半分下がガラスの陶器とガラスの融合体の陶器部分を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項76

本発明の耐熱服は、花瓶の半分下が、通常知られている公知の陶器粘土と色付け薬を使った陶器花瓶に成り、その上が陶器風景陶器形状線として取り付けた陶器に対して色付けガラス等のガラスデザインを描いた花瓶ガラス口を取り付けた陶器とガラスの融合体の陶器部分を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項77

本発明の耐熱服は、花瓶の半分下が、通常知られている公知の陶器粘土と色付け薬を使った陶器花瓶に成り、その上が陶器風景陶器形状線として取り付けた陶器に対して色付けガラス等のガラスデザインとして、写真を両面合わせた写真を二枚合わせの曲面ガラス板描いた花瓶ガラス口を取り付けた陶器とガラスの融合体の陶器部分を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項78

本発明の耐熱服は、花瓶の中間から上に対して、陶器作りの十字方向に小口の陶器の花入れ口と花瓶の真ん中に大口の花入れ口が取り付き、花瓶の下部分は、横刺し細鉄棒又は花瓶の転がり防止の陶器の為の、円柱鉄円柱に花瓶を入れるスタイルに成る為、円柱の鉄円柱にはゴムの花瓶陶器の地震による擦れ防止器具が取り付けられて入る多くの花を飾る陶器の為の花瓶全体の構造と花瓶の転がりひっくり返り防止の陶器の為の円柱の鉄円柱と花瓶下の倒れ防止の鉄太串の花瓶下の横穴花瓶と円柱の鉄円柱に取り付けられて入る鉄太串の入れる横穴が付いて入る円柱の鉄円柱構造の陶器部分を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項79

本発明の耐熱服は、花瓶の中間から上に対して、ガラス作りの十字方向に小口の陶器の花入れ口と花瓶の真ん中に大口の花入れ口が取り付き、花瓶の下部分は、横刺し細鉄棒又は花瓶の転がり防止の陶器の為の、円柱の鉄円柱に花瓶を入れるスタイルに成る為、円柱の鉄円柱にはゴムの花瓶陶器の地震による擦れ防止器具が取り付けられて入る多くの花を飾る陶器の為の花瓶全体の構造と花瓶の転がりひっくり返り防止の陶器の為の円柱の鉄円柱と花瓶下の倒れ防止の鉄太串の花瓶下の横穴花瓶と円柱の鉄円柱に取り付けられて入る鉄太串の入れる横穴が付いて入る円柱の鉄円柱構造の陶器部分を焼く陶器の為の請求項1記載の耐熱服。

請求項80

本発明の耐熱服の目で見る部分は、二枚合わせの皮の目に成る部分を細長長方形に切抜き、切抜いた部分に、長方形ガラスの端は、糸かけ又は架けの為の複数の筒穴が空いたガラス板を、耐熱革服の視界に成る目の部分に厚めのガラス板に対して綿糸を使って革に縫い込んだ請求項1記載の耐熱服。

請求項81

本発明の耐熱服は、溶鉱炉で作業する労働者の負担を、軽減する為に、陶器耐熱服同等の構造の請求項1記載の耐熱服。

請求項82

本発明の耐熱服は、内側を軽量セラミックパネル鉄金属板の四角形枡上の見る部分に電動仕切り弁曲面人工ガラス又は曲面クリスタル硝子の電動仕切り弁ドア口または、手動蝶番付の扉の高熱焼き窯にサラ陶器等の両面に鉄板を挟む様に上の鉄板は、プラス電極吊り下げ陶器内金属電線マイナス陶器電線電極を取り付け鉄が真赤化に成り続けて四日から一週間電気を流し続ける方法とそして下の鉄板にも、プラス電極とマイナス電極を取り付け鉄が真赤化に成り続けて四日から一週間電気を流し続ける方法と電動仕切り弁二つを取り付けた石油又は、水を陶器に掛け内容に、石油又は水を流し込んで水素酸素一緒に燃える高温酸素状態に於いて陶器を焼く技術に使用する請求項1記載の耐熱服。

技術分野

0001

本発明は、日本の弱者一人一人の財団を運営する為の資金作りと日本の国の全額借金返済の為の工場の資金作りと都道府県市町村区の全額借金返済の為の工場の資金作りの為の、65を過ぎてからの陶器ガラス融合体製品耐熱エアー服に関する著作権文書図の説明と著作権の年月日証明を確定する為の著作権原本公開軽量陶器火入れから商品に関する著作権説明。

0002

従来の陶器を、焼く装置にガスで焼く装置が有り、石炭及び石油は、聞いた事が無くまた、見た事が無い。

0003

この他、電子レンジを、応用した金属破片を、電気電子熱で溶かして金属熱溶解物を複数合わせて金属板に擦る著作物の公開著作物は有り、属名は電子電気熱溶鉱炉に成るが、多い電気使用の為、高出力水発電機及び燃料電池等の電気使用のみの溶鉱炉の著作物に成る。

0004

この他、石炭不足時代に対して、自動車の鉄部分の車体に対しての再利用の車及び自転車及びバイク及びトラクターなどの農機具及び建設機械及び等の鉄製品部分を、潰して溶鉱炉に入れて鉄を溶かす手間と石炭費を無くす方法の手段として、電気熱のプラス電気とマイナス電気を、自動車等の鉄部分に流し込電子放出によって、鉄を、真赤々にして霧吹き水で冷やして再び真赤々して冷やして鉄本来の火入り密度再生してから、石油自動車車体から電気自動車車体に変える著作物も有る。

0005

更に、金属溶接及び切断時に使われる手袋等が有った。

0006

陶器分野では、一口首の花入れ花瓶主体に成り、下が重たく上に行くと軽く成る花瓶も無く、軽量陶器と言われている陶器では紙粘土と陶器土を合わせた軽量陶器が有る。

0007

ガラス花瓶に於いては、色ガラス花瓶と切ガラス花瓶とクリスタル花瓶と金プラチナ等の金属溶着花瓶などが主体のガラス花瓶の実態に成る。

0008

貴金属に使用する金ゴールド金線とプラチナ線の一色よる造形が多く0,2ミリメートル間隔の金トプラチナの交互線を使ったデザインが無かった。

0009

女性用のカバンに使用する複数穴空きの陶器の革紐留めの軽量陶器ブローチ等が無かった。

0010

今までの自動車の走行パネル盤には、軽量陶器をしようした走行パネル盤は無かった。

0011

今までの陶器花瓶には、五つ口の陶器花入れ口花瓶が無くいずれも無かった。

0012

今までの花瓶使用の剣山には花瓶専用の剣山が無かった。

0013

今までの陶器付け替えタンは、糸潜り縫いの付け替え陶器ボタンしか無かった。

0014

今までの軽量陶器ブローチに付ける真珠には発光真珠が無かった。

0015

今までの街の歩道の床レンガには穴空きレンガ及び文字書き込みレンガ及び道案内レンガ等が無かった。

0016

今までの軽量陶器ブローチに付ける真珠には、誰の真珠か目印を付けても、直ぐ消される事が多く盗難も多かった。

0017

今までの軽量陶器は、熱による形崩れ製品が多かった。

0018

今までの陶器等ガラス花瓶に付ける貴金属石等の宝石は、傷つき易かった。

背景技術

0019

陶器を焼く装置には、ガス陶器と石油陶器窯と電気陶器窯が有る様で有る。

0020

一口に軽量陶器の命名では、紙粘土と通常粘土の合わせ粘土に成り、低温で焼く技術が一般的に成る。

0021

歩道のレンガには、大型レンガが無かった。

0022

花瓶には、陶器とガラスと貴金属一体型が無かった。

0023

特許公開2013—102688号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の多機能電気トラクターの著作権原本。

0024

特許公開2013−094057号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の世界最速超電導リニアーモーターカーステム全体の著作権発明原本。(企業と国及び都道府県市町村特許権で無い企業の特許提出によって世界最速の超電導リニアーモーターカーシステムの知的所有財産の技術を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の陶器の為の先著作権技術文書図主張の知的所有財産の著作権原本。

0025

特許公開2013—093896号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の著作権先技術主張の高出力高画質発電ビデオテレビシステム軽水素トリチウム電子ガス入りテレビビデオインターネット防犯映像音声システムに対して企業側が、国と都道府県市町村区と世界特許権無しで、家電製品軽水素トリチウム電子ガス回路技術の勝手使用によって知的所有財産の技術横領共謀で国も都道府県市町村区も著作権盗作によってせられます。)。

0026

特許公開2013—091570号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の携帯電話及び携帯無線装置による非常停止非常制御操作出来るエレベーター磁極切り換えインバータ制御レールモーター装置の著作権原本。

0027

特許公開2013—091323号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の偽造防止紙幣硬貨原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によって偽造防止紙幣硬貨の商品を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の陶器の為の先著作権技術文書図主張の知的所有財産の著作権に成る。

0028

特許公開2013—090948号地方経営医療施設の技術向上と国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の圧電素子陽電子静電気及び圧電素子陰電子静電気細胞蘇生リバビリテイション装置著作権原本(北海道知事著作権郵便物受理書付)

0029

特許公開2013—083268号地方の売電利益を、上げる為と海外水力火力原子力発電高出力ダイナモの増量発電技術の海外売電契約の国と都道府県市町村の全額借金返済の陶器の為の決定的な電力不足を、補う陶器の為の一般に知られて入る半永久水力ダムの高出力ダイナモ積載増幅発電型の半永久型水循環増幅発電システム。

0030

特許公開2013—082448号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の山岳ヘリコプターの著作権原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によって山岳ヘリコプターを、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の陶器の為の先著作権技術文書図主張の知的所有財産の著作権原本。

0031

特許公開2013—078656号地方経営の工場の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産のスピーカー振動ゴミ取り機能付き掃除機著作権原本

0032

特許公開2013—077576号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産のバッテリー復活充電バッテリー装置の著作権原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によってバッテリー再復活充電バッテリー装置の商品を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の陶器の為の先著作権技術文書図主張の知的所有財産の著作権に成る。

0033

特許公開2013—070618号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の世界最速ウルトラスーパーコンピューター装置の著作権原本と著作権追加原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によって世界最速ウルトラスーパーコンピューター装置の商品を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の先著作権技術主張の知的所有財産の著作権に成る。

0034

特許公開2013—067654号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の専用の果物香料入り冷却ハンドクリーム専用の果物香料入りの暖房ハンドクリームの著作権原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によって夏専用の果物香料入り冷却ハンドクリームと冬専用の果物香料入りの暖房ハンドクリームの著作権原本商品を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の陶器の為の先著作権技術文書図主張の知的所有財産の著作権に成る。

0035

特開2012—236606号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の多機能電気観光船著作権原本

0036

特開2012—236605号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の多機能電気モータープロペラ飛行機原本

0037

特開2012—210703号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の多機能インプット全自動ロボットの著作権原本。コメント2008年8月30日AM1時16分11秒原本図面幾らコピー取って眠るカンキチ。2008年9月4日PM17時49分47秒多機能ロボット図面とロボット原本図を作り終えて、漸く再び書き始める美馬牛カンキチ。

0038

特開2012—187001号テレビ局の目と有識者の目と大学教授の目と共に国民電気エネルギー危機再チェック試作が必要と思われる電力不足危機対応の対策案の為に公開する、国の危機の全額借金返済の陶器の為の新2連振子機械式無害給油休憩発電機(半永久連続作動発電機)

0039

特開2012—170063号公序良俗違反のため、不掲載とする。

0040

特開2012—166951号公序良俗違反のため、不掲載とする。

0041

特開2012—140584号公序良俗違反のため、不掲載とする。

0042

特開2012—120440号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の多機能電気自動車著作権原本コメント2008年6月25日PM14時53分8秒大雪がくきりはっきり見える程のそよ風びよりの快晴の美馬牛市街地余り会えない親戚自宅横の窓際で会える事と相なる。美馬牛カンキチ。

0043

特開2012—116727号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の最速スクリュー水電気消防装置著作権原本。

0044

特開2012—108140号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の化石燃料一切必要としないレントゲンカメラ放射線飛散防止パネル装置著作権原本

0045

特開2012—101790号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産のワンタッチ全自動エアー浮輪著作権原本2008年5月2日PM17時39分17秒美馬牛夕食後書く墫野

0046

特開2012—099506号燃料電池発電機総合発電量競争を含めた国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の五種類の半永久発電装置を内蔵積載した軽水素入りの水循環発電型の燃料電池発電機著作権原本(別名高出力水発電機)

0047

特開2012—097559号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の化石燃料一切必要としない高速瞬間気化処理除雪車著作権原本コメント2008年5月13日PM23時43分10秒墫野ニャン本日ここまで眠る。2008年5月14日AM11時44分51秒部屋の掃除風呂洗濯後から書く墫野

0048

特開2012—097558号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の固形窒素プラスチックグラスフアイバーパネル著作権原本

0049

特開2012—094548号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産の光りフアイバーブラウン官テレビ著作権原本

0050

特開2012—077607号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の知的所有財産のヘドロ処理運搬車装置の著作権原本コメント2008年8月24日PM20時22分33秒ヘドロ処理運搬車の図面を漸く書き終え再び書き始める美馬牛カンキチ。

0051

特開2012—056558号パワーアップハイブリッド車

0052

特開2012—052788号公序良俗違反のため、不掲載とする。

0053

特開2012—011211号国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の陶器の為の全自動最速電気洗濯乾燥機著作権原本(コメント)2008年5月17日PM17時10分5秒100円引きのリンゴ食べ再び書く墫野。

0054

特開2011—233228号多機能ビデオ著作権原本

0055

特開2011—215148号電子熱核燃料原石核融合発電放射能廃棄物処理方法。コメント2008年6月19日(木)PM14時17分34秒薄曇りのまま美馬牛市街地先程は見かけ客人が来ていた明日給料日カンキチ原子力処理装置先知的所有財産書き急ぐ事する。

0056

特開2011—209290号多目的カーナビゲイション著作権原本と都道府県市町村区と国の全額借金返済と弱者自立社会目指す陶器の為の2001年からの道民財産著作権原本

0057

特開2011—205895号多目的カーナビゲイション著作権原本と都道府県市町村区と国の全額借金返済と弱者自立社会を目指す陶器の為の2001年からの道民財産著作権原本

0058

特開2011—205675号多機能携帯電話装置原本

0059

特開2011—202498号一戸建て免震装置著作権原本及び国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済と弱者自立と救済の著作権技術説明の2001年からの道民財産著作権

0060

特開2011—155267号超軽量高出力発電人工衛星

0061

特開2011—105307号未来的電気自動車

0062

特開2011—064060号日本の弱者国民救済の地震対応型の多機能発電ハウスシステム

0063

特開2011—060294号発電タッチパソコン

0064

特開2010—171943号多機能新技術携帯電話

0065

特開2010—165355号国の900兆円越えの借金全額返済の陶器の為の世界最新公共事業対策装置

0066

特開2006—254697号全レールモーター制御無害無給油発電機を、使用した電気自動車

0067

特開2004—304993号一度に複数の電気配線と複数の電気コイルを持ち得た焼けないで力のあるモーターのあり方。

0068

特開2004—304992号一度に複数の電気配線と複数の電気コイルを持ち得た焼けないで力のあるモーターのあり方。

0069

特開2004—135480号自動充電池

0070

特開2003—328925号真空装置機械式発電機を、使った水だけの発電機

0071

登録実用新案第3168043号高出力発電7連結以上モーター

0072

登録実用新案第3145963号省エネルギー水気水発電機(別名水発電機)

先行技術

0073

登録実用新案第3114491号二連結以上モーター

発明が解決しようとする課題

0074

以上に述べた従来の陶器または軽量陶器を焼く装置は、ガスの火及び灯油等の石油関係の油で加熱する方法と従来の自然に生えている木々のマキを使用していた為
高熱費が掛かり過ぎ、マキの火に対するマキの追い焚きに対して、火の温度が高温の為、大変苦労する事が多かった。

0075

本発明は、この様な従来の伝統有る陶器の火入れの人力負担の有り方を改善すると同時に陶器の火入れのマキの追い焚き時に発生する熱の人体に掛かる人の負担を軽減する為の技術説明に成る。

課題を解決するための手段

0076

そして、本発明は、上記目的を達成する為に、溶接等の手袋に使われている革を、頭から足首までの一体の前ボタンまたは前チャック付冷却ガス送風官取り付けの冷却ガス送風装置付の耐熱エアー服で有る。

0077

また、第2の課題解決手段は、革性の一枚革を縫う両サイド二枚合わせの部分は、革紐通し構造でも良くこの場合、干す場合、横紐を外して干すのが良く、革は洗うと固まり再び鞣さなければ使用出来ない硬さに成る。
前ボタン前チャックの代わりに革紐通し穴でも良くこの場合は、後ろの革紐通し構造の方が耐熱に関して良く成り、中に着る服は、全て綿服の方が良いと思われる。

0078

また、第3の課題解決手段は、皮製の視線部分の目の位置の耐熱ガラス部分は、陶器によって横長の長方形周囲全体又は綿糸通し装置の複数のガラス穴は、ガラスをガスで溶かして陶器のガラス型に流し込んで革製品視界部分の目に当たる部分に複数穴空きのガラス体を革紐及び綿糸で取り付けるが、革紐及び革糸が顔面に近く当たる厚い為、足し糸又は足し紐を行い顔面の負担を少なくする構造にし、吐く息がガラス曇りをさせない為の冷却送風官が頭の上から顔面下へ向かって冷却空気が流れる構造にした装置。

0079

また、第4の課題解決手段は、通常のエアーホース官は、ゴム官に成り火などに弱い為、綿布窒素肥料を水で溶かした溶解水に綿布を浸して水分が無く成るまで熱及び太陽光によって、綿布に十分固形窒素と石灰水を浸した綿布を、ゴム官に巻いて再び、アルミニウムシートテープ等で固定した三重ゴムエアーホース官に成る。

0080

また、第5の課題解決手段は、エアーホースを、二本にすると重たく成り、足に引っ掛け事故を起こす場合が有る為、ホースの本数を減らして尚且つ、エアー取り入れ官を増やしたい為、胴体に皮バンド等でエアーの取り入れ官は、エアー取り入れ官に対してエアー送り管の先端部に取り付く金具官は円筒官の中に十字仕切り金具によって、一つのエアーホース官を、4つのエアーホース官に一本から4本のエアー分離官としたエアー取り付け金具によって、一本のエアーホース官を、4本のエアー分離官に擦る事によって、冷却空気を、頭の上そして、両手首流れる冷却空気官に成り、から足首へ再び2本のエアー官に分けるエアー分離金属官として、通常の金属エアー官の中の中央に一枚の仕切り板を取り付け2本の配管溶着させた冷却空気取り入れ官に成り、高温の陶器の火から体を守る装置に成る。

0081

第6の課題解決手段は、冷却空気を、送る際に使用する冷却装置は、固形フロンつまり塩化ビニールプラスチック溶液状態の内にフロンガスを入れて電子熱溶解または電気熱いた溶解しながらフロンガスを入れて固めた固形体は、最初から筒の中に数本の細手の円筒が有り、電気熱等で、プラスチックビニールが溶解する装置に成り、固形フロンガスを足しながら溶解する装置によって複数の筒穴空き固形フロン入りのプラスチックビニールが出来て金属官などで囲んだ両サイドのエアー送り官とエアー取り入れ官に3重ゴムホース官が取り付く構造に成る。

0082

第7の課題解決手段は送風装置として、小型のモーター及び高出力モーターを使用積載した水車字板の送風官内つまり、冷却物質全体に風を当てなければ成らない為、冷却装置側の円形の大きさと送風官の円形の大きさを同じくして、送風官の円形に沿った水車の十字板の改良型のエアー送風の為の十字板軸にモーターを取り付けて送風する事によって、耐熱革服の頭の上に一本の送風官と両手に一本ずつの送風官と両足に一本ずつの送風官によって体に対して外からの熱風対策装置に成る。

0083

第8の課題解決手段として、陶器を焼く際、同じデザイン陶器ではデザインの盗作に成り同じ色の陶器作品に対しても盗作陶器作品に成り、従って陶器の著作権料金及びデザイン料金支払っても、実際には陶器作品の値崩れに成る為、花瓶等の場合値段はさまざまで有るが、陶器花瓶とガラス花瓶を一つの花瓶にした例は海外ニュース及び中国ニュース及び日本の現在に至ってまでは、陶器花瓶とガラス花瓶の一体型デザインのみ成らず、地震対策に対しての花瓶対策を施した花瓶技術の実例が無い為、陶器花瓶とガラス花瓶の融合体商品の出来た金で高出力水発電機及び高出力発電装置内蔵の家電製品などの、知的所有財産の51項目の公開製品の盗作防止の為に公開したが、未だ日本国の1000兆円支払いの道筋が立って無い、つまり日本国の政治家からの要請が未だ且つ借金返済の連絡が無いだけで無く消費税引き上げと同時に、年金が今のそのままでは、生活出来ない時代での、花を飾るガラス花瓶陶器花瓶の融合体と花瓶の地震対策として、インターネット公開手段も有るが、またはテレビ公開手段もあるが、いずれも盗作防止としての著作物の文書又は言い回しでの物品デザイン紹介及び著作物自体の現品のインターネット紹介とテレビ紹介が有り、陶器花瓶とガラス花瓶の融合体の一例の意匠登録は、同じ日に行われるが、特許の提出としは、ガラスと陶器花瓶の土作成から焼き入れから製品取り入れまでが、陶器花瓶とガラス花瓶の融合体の製品の保護に対して、一つ一つの意匠提出と一つ一つの特許提出では、57歳に成る陶器花瓶とガラス花瓶の融合体商品自体の保護の中の値段をバブル当時に上げても、買い手側財布の状態が、きつく成り、欲しくても変えない技術作品の場合、著作権者のデザインは、作る度に、デザイン意匠提出とし盗作防止及び、陶器花瓶とガラス花瓶の融合体商品の不正競争防止法に基づく対策としての著作権公開説明とする。

0084

第9の課題解決手段として、通常陶器花瓶は、穴を空けても、火で焼いても曲がらず変型しないまま焼きあがるが、紙と陶器粘土合成の陶器の場合曲がる為、商品に不向きに成る為、曲がらなくて、火切れつまり陶器の火による伸縮による陶器の亀裂を無くす対策として、陶器の太さが、細く成らない時点で、陶器を切り、陶器内に入る鉄枠又は同等の陶器枠を作り、焼かない前の陶器に、木材の焼き残り灰を、焼く前の陶器底に敷き少し小さめの陶器を中に入れ、焼く前の陶器と焼いた後の少し小さめの陶器との間に木材の燃えカス灰を入れて少し小さめの陶器と少し小さめの陶器の間に木材灰が火風によって飛ばない様に抑え軽量陶器リングで抑える。
軽量陶器自体は、紙と陶器粘土の合成を使用しないで木材灰及び灰等の陶器粘土の軽量化を計り、高温で焼いても曲がらない軽量陶器の高温の火入れに成り、焼き入れ前の花瓶の細く成る分を切り取った部分には、上の部分として、デザインガラスが取り付けられる為、切り取り部分は、少し太目にして、ガラスの取り付け溝を予め、溝彫りしてから軽量陶器の下部分の作成に成り、上の花瓶口部分は、ガラスの熱ガラス取り付けに成る。
この他、一つの花瓶の軽量陶器は、焼かない前の陶器の中に木材灰及び竹灰を入れて火風によって灰が飛ばない様に軽量蓋をする手法によると木材灰及び竹灰及び雑草灰及び生ゴミ灰そして、少し敬遠したくなるの燃えカスを使った軽量陶器に成り、どんな色合いも、まだわからない状態の途中説明に成る。
この他、花瓶の花入れ口の異なったデザインは、作る時に随時意匠登録を行う事とする。

0085

第10の課題解決手段として、軽量陶器の穴空き陶器の火入れでは、曲がるまたは、変型する前に、対策として花瓶陶器の太い部分で、切るが切らない陶器の場合として、焼く前の陶器底に、木材灰等を入れ少し小さめの陶器を複数分割に切った陶器を穴空き陶器部分を含めて、木材灰及び竹灰を入れながら穴空き陶器部分を含めて少し小さめの陶器分割板を宛がいながら、木材灰及び竹灰を入れながら、穴空き陶器の空間を埋めながら、花瓶口まで、木材灰及び竹灰を入れて火風で、木材灰及び竹灰が飛ばない対策をした軽量陶器の作り方説明とする。

0086

第11の課題解決手段として、陶器の色付けの二度焼き手法は、一度焼いた陶器を壊すのは、陶芸家に成るが、色合わせに於いても、他作者と同じデザイン画風を避ける為に、ヤスリ等で削ったデザイン及び、二度の色付け薬の手法と異なる一度焼いた陶器に対して、傾きの状態での二度の色付け手法に成る。

0087

第12の課題解決手段として、陶器の色付け手法に、金色及びプラチナ色及びプラチナ色を出す為に、金の代わりに銅とアルミニウム合金の熱溶解液を、陶器の素焼き及び陶器自体に凹凸を付けて金ゴールド材の代わりに、銅アルミニウム合金を流し込みの金属溶液貼り付けを描ける。
更に、陶器素焼きの凹凸の凸部分絵付けまたは、色付けを行うデザイン手法に成り、銀材溶液この場合、アルミニウムと銀の合金溶液を使用したりして陶器の素焼き部分に対しての凹部分に対して、金ライン銀ラインの区別が出来る様に予め素焼きの時点で素焼きの溝掘り手段によって描く金の鹿及び銀の鹿を交えた陶器のカラー色を取り入れる為に予め陶器の色付け薬剤を、集めて陶器の凸の部分のみの色付け作業によって、陶器全体の仕上がり状態を示す陶器を作る手法に成る。

0088

第13の課題解決手段として、陶器の色の種類として有田焼陶器と山梨県の焼き物そして益子焼陶器及び、備前焼陶器等の陶器色にも、さまざまな色が有り、造形出来ない色が無いまでの陶器社会に成りつつ有り、色付け材として硫酸で溶かした金属水と陶器の土粘土の素肌に金属水を掛けて色だしを試みる他、稲穂を燃やした灰汁と石灰水を、混合した灰汁を陶器に掛けて焼く方法と石灰との木の灰を混ぜた灰を陶器に掛ける手法の他、石灰の木の灰汁をとうきに掛けて焼く方法と石灰とツツジの木の灰汁を掛けて焼く方法等の手法によって、陶器色を変える事で陶器の色の類似商品を避け、陶器花瓶の半分下が陶器構造に成り、半分から上がガラス陶器の場合、陶器部分は、大地を示し表現して、ガラス部分は、空と高い山々を表現が出来る。
逆に、陶器花瓶の半分下をガラス花瓶にして川または海を表現して、半分から上の陶器花瓶部分は大地を表現する事で、陶器に無い間隔とガラスに無い間隔を融合させる事で別世界の表現への挑戦に成る。

0089

第14の課題解決手段として、陶器花瓶とガラス花瓶の一体化の理由に付いて、陶器花瓶には、出せない透明感の有る風景及びガラス花瓶には表現出来ない立体感の有る風景動物画の融合世界に成る。

0090

第15の課題解決手段として、クリスタル硝子の色ガラスデザインは数が卓さん有り、様々なデザイン形式のガラス花瓶が有り、ガラス体に立体色付けガラスの入ったガラス体形状のデザインも日本では見受けられなく切ガラス及びカットガラスなどの商品は、実際に販売されているのも事実に成る。
この他、色付けデザインの一輪刺しカラーの花瓶も有るが、カラスに立体感を溢れかせた商品も無く、色付の立体ガラスの場合水彩絵の具の濃い絵の具を使用した立体造形の動物及び花及び昆虫を型取った立体造形体を透明ガラスに穴を空けて填め込んで熱によるガラス溶着技術に成る。

0091

第16の課題解決手段として、宝石等の高価な石を保護する為に、宝石等にガラス溶液で囲んで割れ防止対策として人工ダイヤまでのガラス圧縮をかけて、元々の宝石形状の0,2ミリメートル及び0,3ミリメートル及び0,4ミリメートル及び0,5ミリメートルまで、被せ人工ダイヤを削って元々の宝石を衝撃及び震動によって宝石の破損防止を防ぐ機能に成り、金属などでも傷がつかない人工ダイヤガラスカバー宝石に成り、陶器ガラスの工芸品飾り宝石に於いて傷が付かない最良の対策に成る。
この他、熱ガラス溶液によって固めたクリスタル硝子を使った宝石の傷つけ防護と割れたり欠けたりする事の防護対策に成る。

0092

第17の課題解決手段として、陶器ガラス花瓶を、飾る貴金属のデザインとしては、金ゴールド一色の枠及び花及び動物の形状などは有るが、18金の場合色褪せし易く一色の場合、輝きが24金と比べて落ちる為、24金を使用してアメジスト人工ダイヤに入れるかクリスタル硝子に入れて24金ゴールドの輝きをそのままに保存出来る利点が有る。
然し、24金ゴールドとクリスタル硝子の組み合わせでは重さが重く成る欠点が有る。
従って、シルバー24金プラチナと24金ゴールドの目の小さい組み合わせ商品をクリスタル硝子等に入れる対策が一番宝石に対しては、保存度100パーセントの有り方が、今後の貴金属の有り方としての説明に成る。

0093

第18の課題解決手段として、24金ゴールドと24金プラチナを軽く見立てた人工ダイヤアメジスト利用方法として、薄く伸ばしした24金ゴールドとプラチナ24の2ミリメートル角ガラス板貼り付け手法の交互の24金の輝きを人工ダイヤに入れて固めたプラチナとゴールドミックスのデザインのアメジストダイヤデザインはほぼ人工ダイヤの重さに成る為、金紙の切り絵及び貼り絵などを、ガラス内に入れた人工ダイヤアメジストは、他の色褪せるゴールド及びプラチナ商品より価値観が有る。

0094

第19の課題解決手段として、真珠色は、現在黒色真珠とゴールド系真珠とピンク系真珠と白真珠系の真珠色が有り、熱ガラス焼けしなければ、クリスタル硝子または人工ダイヤガラスの中に真珠で模ったデザイン真珠の人工ダイヤが今後、話題を呼ぶ事に成る。

0095

第20の課題解決手段として、象牙及び鼈甲などは、熱ガラスに対応し易く加工し易く人工ダイヤ等の中に入れた作品が作り易いのも利点に成る。

0096

第21の課題解決手段として、デザイン昆虫は、熱ガラスに強い物として、アルミニウムの型入れ金属は仕事が速い作業方法に成り、色ガラス昆虫は、立体感に乏しいが、使用用途によっては、色ガラス昆虫の使用も有る。

0097

第22の課題解決手段として、この他、銀粉と銅とアルミニウム合金の粉を使ったガラス内の景色砂丘及び海岸及び山々及び等の表現方法も有る。

0098

第23の課題解決手段として、この他、木のカンナ屑を色づけしたペーパー画体をクリスタル硝子内に入れる手段に成りこの場合に於いてもクリスタル硝子及び人工ダイヤガラスの中に入れる手法を取る。

0099

第24の課題解決手段として、動物の骨造形角と木製の動物体に動物の革を貼り付けた立体造形動物を木製の着ぐるみに貼り付けた造形物をクリスタル硝子又は人工ダイヤの中に入れる手法に成る。

0100

第25の課題解決手段として、色ガラスをくっきり綺麗に見せる為、黒紙と黒紙の間に炭シートを入れた紙の動物切抜き絵に対して、色ガラスの粒を両面に貼り付けた画材を人工ダイヤ及びクリスタル硝子の中に入れて固めた画材入り人工ダイヤアメジスト又はクリスタル硝子に成る。

0101

第26の課題解決手段として、この他、石灰にペンキ色を混ぜた石灰の色絵は、ガラスとガラスの間に入れる為、プラスチックシートに色石灰をはりつけたのを、カッター及びハサミで形とった図形体を、人工ダイヤまたはクリスタル硝子又は二枚合わせのガラスの中に貼り付けたのを、陶器ガラスまたは陶器ガラス皿に貼り付ける手法に成る。

0102

第27の課題解決手段として、更に、ガラス板の上に土の粒子と石の色違い粒子を使ってガラス板に透明接着材接着方法によって二枚ガラスの中に貼り付けた素材をガラス絵とした手法の画材を、陶器ガラス花瓶のガラスに取り付けた花瓶及び皿を作る手法に成る。

0103

第28の課題解決手段として、ガラスの上に小魚幼魚の干し稚貝などをガラス板に於いて熱ガラスと二枚のガラス板によって稚魚の干し魚と稚貝の貝殻付干しをガラス板に貼り付けたのを陶器ガラスの空間に熱ガラス溶着した花瓶商品に成る。

0104

第29の課題解決手段として、ガラス板の上に干した植物に更にペンキ等で色付けした乾燥植物自然林及び自然畔の画風に干し植物と干した木の皮などを、ガラスに貼り付け、熱ガラス等で二枚のガラスによって自然湖畔等の風景画を陶器ガラス花瓶及び陶器ガラス更に貼り付けた陶器ガラスの花瓶と皿商品に成る。

0105

第30の課題解決手段として、ガラス板の上に紀元前を描く為に、アンモナイト貝の稚貝及びスライス化石をガラス板に熱溶着させた作品を、陶器ガラス花瓶と陶器ガラス更に貼り付けた花瓶と皿商品に成る。

0106

第31の課題解決手段として、ガラス板の上に、アルミニウム銅合金の0,1ミリメートルの合金線と0,1ミリメートルの銀と鉛の合金を0,2ミリメートル間隔にした金色と銀色の交互の金属線を、動物画風及び昆虫画風及び森林画風にした金属線をガラス板に貼り付けた画風作品ガラス板を陶器ガラス花瓶と陶器ガラス更に貼り付けた花瓶と皿商品に成る。

0107

第32の課題解決手段として、硝子板牛革等の色付け革を硝子板に貼り付けて再びガラス板で固定した硝子と色付け革の造形物風景等の二枚硝子を、陶器硝子花瓶の穴空き部分に熱硝子溶着する事によって、陶器花瓶色と色付け革の風景画を楽しむ事の出来る作風陶器硝子花瓶に成る。

0108

第33の課題解決手段として、今まで、硝子と他の物質を使った造形物画は、沢山紹介したが、軽量陶器とは、木材灰等と白粘土混合合成した軽量白粘土及び木材灰及び竹灰と青粘土を混合合成させた軽量青粘土及び木材灰または雑草灰と赤粘土を組み合わせた軽量赤粘土及び木材灰または生ゴミ灰と黒粘土を混合合成させた軽量黒粘土などの軽量粘土を使用して陶器硝子花瓶の陶器部分を作る事の出来る軽量粘土の混合撹拌技術。

0109

第34の課題解決手段として、陶器の色付けとして、火山灰硫黄を使った陶器の色出し薬と火山灰と硫黄と石灰を少々入れた陶器の色出し薬と火山灰と漆の灰を混ぜた陶器の色出し薬と陶器の色付けとして火山灰と硫黄と漆の灰を混合撹拌した色付け薬を軽量陶器に塗って焼く手段によって他の陶器作風者と異なる色合いによって独自の軽量陶器材が出来る。

0110

第35の課題解決手段として、硫酸に金属を付け込んで金属水にしたのを火山灰に入れた溶液を陶器に掛ける陶器の色出し手法手段に成る。

0111

第36の課題解決手段として、硫酸に金属を付け込んで金属水にした硫酸金属水に硫黄を入れた溶液を陶器に掛ける陶器の色出し手法手段に成る。

0112

第37の課題解決手段として、この他、硫黄と桜の木の灰等の混合合成色の色出し手法手段に成る。

0113

第38の課題解決手段として、この他、硫黄と楢の木の灰等の混合合成色の色出し手法手段に成る。

0114

第39の課題解決手段として、この他、硫黄とツツジの木の灰等の混合合成色の色出し手法手段に成る。

0115

第40の課題解決手段として、この他、硫黄と稲穂の灰等の混合合成色の色出し手法手段に成る。

0116

第41の課題解決手段として、この他、硫黄と稲穂の灰等の混合合成色の色出し手法手段に成る。

0117

第42の課題解決手段として、陶器硝子の異なった形状説明として、花瓶の半分下が陶器で半分上が硝子形状の陶器硝子花瓶

0118

第43の課題解決手段として、陶器硝子の異なった形状説明として、陶器花瓶の焼かない前の花瓶を数本のリングとして切り硝子リング溶着の為、陶器リングそれぞれに溝をつける事によって、熱ガラスリング溶着を可能にした陶器リングと色ガラスリングの多層重ねの陶器硝子花瓶または陶器硝子皿に成る。

0119

第44の課題解決手段として、陶器硝子の異なった形状説明として、陶器花瓶を斜めに切った形状に対して岩山の波の形状に切り直し陶器側の切り口に熱硝子溶着出来る陶器切り口に溝を設ける事によって熱硝子溶着出来る構造を設けた軽量陶器の斜め切波付け軽量陶器の説明に成る。

0120

第45の課題解決手段として、陶器硝子の異なった形状説明として、海ならばヨット及びサーファーの模った造形陶器砂浜の民宿を模った造形軽量陶器等の風景軽量陶器を陶器半分下が硝子の陶器にの風景を軽量陶器パズルで描いた装置に成り、半分から上の陶器部分を、山や崖の風景を、陶器の薄土色に色絵書きした作風著作権物の紹介。

0121

第46の課題解決手段として陶器硝子の異なった形状説明として、花瓶陶器の半分下が陶器で、半分上が硝子花瓶の場合、陶器部分は、薄緑に、田園及び川などの絵描きを行い硝子部分には、トンボを模った軽量陶器材とを模った軽量陶器などと、水色と黄色と土色を使った硝子風景と軽量陶器を内蔵させたの川の表現と花瓶硝子陶器の花入れ口に、黄色又は赤色の陶器花瓶口によって、秋の協調は黄色そして、夏の強調は赤に成る。

0122

第47の課題解決手段として陶器硝子の異なった形状説明として、花瓶陶器の半分から上は縦切にして、花瓶陶器の半分から下は横切りに擦る事によって、陶器の外面と内面を陶器の絵描きによって、画風を描きL字型に切った残りの硝子部分は、色ガラスラインの風景画にした硝子デザイン画を熱硝子溶着した花瓶陶器と金魚鉢に使用出来る陶器花瓶硝子の形状説明。

0123

第48の課題解決手段として陶器花瓶の乾いて無い内に風景画としての農耕風景を紙に書き花瓶等に貼って、農耕風景を切抜いた所に一枚の曲面硝子を填め込んで二枚目を貼る前に、硝子に色ガラス画風画を描き、陶器に無い色と風景を硝子の色硝子に描いた陶器と硝子のミックス花瓶に成る。

0124

第49の課題解決手段として陶器花瓶の底だけの花瓶と一面つまり陶器花瓶の半割りと底を抜いた陶器花瓶に対して立体陶器をつくり色硝子を被せながら立体陶器に色付けした立体造形物を陶器硝子花瓶床に取りつけ、硝子自体には、色硝子ラインで絵を描き、陶器と硝子の立体感花瓶金魚入れ構造にする事に拠って、他に無い花瓶硝子の造形物としている。

0125

第50の課題解決手段として、陶器を作る陶器台のモーターは、電気消費の世界で一番少ない高出力インバータ制御のレールモーターを使用した脚踏みモーター回転スイッチは、電気配線スイッチを多く付ける形状によって踏み込む事によって電気がモーターに多く流れる構造の陶器作成のモーター台モーター構造電気システムに成る。

0126

第51の課題解決手段として、陶器を作る陶器台は、木製より軽い夜光塗料及び反射板の取り付いたグラスファイバー陶器台装置に成る。

発明の効果

0127

上述したように本発明の陶器の火焼きに使用する耐熱エアー服は、人の火傷を防止し短い木材等でも窯に燃やす事が出来て女性でも耐熱エアー服を着る事によって陶器窯の管理が出来る事に成る。

0128

また、陶器花瓶硝子の陶器の切り取り方を色々変えて残りを硝子と貴金属及び土及び石灰及び木材及び草花及び革及び金属線及び布及び干し魚及び色硝子等を使って風景画と水中画と立体造形物を使って描く事によって、資源循環と資源の枯渇の違いを伝える効果を発揮するもので有る。

0129

更に、65歳を過ぎてからの生活の一つのアイデアを色々な方向に変えて楽しんで生活する一つの生活パターンの紹介によって新しい地場産業が生まれる事を期待している一つの他に無い作風アイデア著作権技術説明に成る。

0130

本発明の耐熱革の服を、鹿皮の上に水濡れ防止の為のアルミニウムシートを革に貼り付けた耐熱服の消防服の利用の可能性。

0131

本発明の耐熱服を、高出力自動電池と固形フロン冷却装置付の小型の冷風送風機を使った火山調査服に対して空気ボンベ空気浄化装置付の火山調査服。

0132

本発明の耐熱服を使った溶鉱炉の耐熱服利用。

0133

本発明の五つ口の花瓶陶器の倒れ防止装置家具転倒防止装置に使用したり出来る。

0134

ボタンリモコン装置付の粘土撹拌装置は、セメント材の撹拌装置他、園芸の土の撹拌の他の撹拌装置のボタンリモコン装置及び全自動装置及び全自動位置経路設定装置及び全自動轍解除機能付きの材料撹拌機能荷車に成る。

図面の簡単な説明

0135

本発明の実施形態を示す耐熱エアー服の平面図。
同耐熱エアー服の冷却エアー送風装置の断面図。
同耐熱エアー服の両手首及び両足首の革紐留め装置の正面図。
同耐熱エアー服を使用擦る陶器窯周囲の状況正面図。
本発明の関連の陶器作成に使用する陶器作成電気回転装置の構造説明図。
同耐熱エアー服に使用擦るエアー配管のエアー分配官構造の断面図。
同耐熱エアー服使用時に使用する熱バリアエアーカーテン装置に使用するエアー送風装置の構造説明図。
本発明の関連の陶器作成に使用する軽量陶器粘土材作成機械の構造説明図。
本発明の関連の陶器作成に使用する軽量陶器粘土材の超小型の作成機械の構造説明図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止部分の構造説明図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止部分の金属入りの軽量陶器串材の構造説明図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させた五つ首の花瓶の構造説明図
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させた五つ首の花瓶の転倒防止を支持する鉄入りの穴空き花瓶陶器の受け台を説明した平面図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させた軽量立体陶器の亀と鶴の免震構造を取り入れた陶器とガラスを融合させたガラス陶器花瓶装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させた軽量立体陶器の鹿と道産子馬の馬車引きの立体金属に軽量陶器を被せた装置を融合させたガラス陶器花瓶装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させた土に絵具材で色付の土材を紙に貼り付けて立体の花の葉及び花びらとして形取った材料に対して熱ガラス材で包み込んで花の花びら葉及びにした立体ガラス造形物をガラス板に接着させた花に成り、色付け綿布の花ビラと色付け綿布の葉に対してガラスを被せて花に組み上げた立体造形物をガラス板部分に溶着させた陶器とガラスの融合させたガラス陶器花瓶装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させたガラス陶器花瓶装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させた三つ首花入れ花瓶のガラス陶器花瓶装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材の転倒防止の為の剣山を改良した花瓶専用の剣山装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させたガラス陶器のマグカップコーヒーカップ装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させたガラス陶器のマグカップコーヒーカップ装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させたガラス陶器のマグカップコーヒーカップ装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させたガラス陶器のマグカップコーヒーカップ装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させたガラス陶器のマグカップコーヒーカップ装置図。
最新式の石炭が枯渇した時の為の改良型の電子熱電気熱溶鉱炉の先行著作権文書図。
二階建て自家用車の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器の自動車のメーターパネルの軽量陶器のメーターパネル装置図。
本発明の関連の軽量陶器の自動車のチエンジレバーの軽量陶器のチエンジレバー装置図。
本発明の関連の軽量陶器の自動車の走行ボタンチエンジパネルの軽量陶器の走行ボタンチエンジパネル装置図。
中折れの自動車の著作権説明文書図
二段階及び三段階スイッチの著作権説明文書図。
軽量陶器等の付け替えボタンの説明文書図。
女性用の一つ口革バックの著作権文書説明図。
女性用の二つ口革バックの著作権文書説明図。
女性用の四つ口革バックの著作権文書説明図。
別の女性用の一つ口革バックの著作権文書説明図。
女性用カバンの軽量陶器等のアクセサリーの著作権文書説明図。
携帯電話の指輪スイッチの著作権文書説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分に使用する発光真珠の別の使い方の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の別の使い方の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分のネックレスとしての使い方の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分のネックレスとしての別の使い方の装置の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器の金属部分の別の使い方の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器の部分の別の使い方の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の付属品の高出力発光LED装置の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器の部分の違う色を出す技術の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器及び古い陶器の地震による転倒防止装置の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の付属品の発光真珠と通常真珠の盗難防止装置の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の付属品の発光真珠と通常真珠の盗難防止装置の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器の敷石の為のレンガの著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器の形崩れしない焼き型の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させたガラス陶器のマグカップコーヒーカップ装置図。
本発明の関連の軽量陶器の地震転倒防止装置付のガラス材と陶器材を接合させたガラス陶器のマグカップコーヒーカップ装置図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分の著作権説明図。
パソコンワードの著作権説明図。
冷蔵庫内部の冷却装置部分の説明図。
将来作る超大型冷蔵庫の正面図。
カラー異種異形バーコードの正面図。
将来に作る電子レンジの正面図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分に取り付く発光真珠の有り方の別の著作権説明図。
時計バンドの著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分に取り付く金属の有り方の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分に取り付く金属の有り方の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分に取り付く金属の有り方の著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分に取り付く金属の有り方の著作権説明図。
軽量陶器等の付け替えボタンの説明文書図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分に取り付く金属の有り方の著作権説明図。
時計バンドの著作権説明図。
本発明の関連の軽量陶器のガラス部分に取り付く金属の有り方の著作権説明図。
女性用の三つ口革バックの著作権文書説明図。
女性用の別の一つ口革バックの著作権文書説明図。
男性用財布の著作権文書説明図。
女性用の別の革バックの紐のデザインの著作権文書説明図。
空間タッチキーの携帯電話の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。
本発明の関連の免震機能付きの軽量陶器ガラス花瓶部分の著作権説明図。

実施例

0136

以下本発明の実施の形態を図1〜図66に基づいて説明する。

0137

図1の1は耐熱防護服に成り、2は目の部分を保護する耐熱防護硝子体に成り、4の複数の紐通し穴が付いて入る硝子板構造に成る。

0138

図1の5は革服に成り、6の革服固定ボタンは前ボタン数個が取り付く縦一列のボタン取りつけ構造に成り、両手首及び両足首は10の革紐によって固定出来る構造に成り、7の革手袋を履いて作業するスタイルを取って入る。

0139

更に、図1の1の耐熱防護服の熱を下げる為の9の冷却送風装置は、3のゴムホース官は、9の冷却送風装置の冷却ガスを送る為の3のゴムホース官に成り、8のエアーパイプ三又送風官によって頭上と両手両足まで、冷却風が流れる構造に成って入る。

0140

図2の説明に成るが、9の冷却送風装置の構造部分の図説として11の温度調整装置は、15の外気取り入れ装置外気取り入れカバーに於いて16の第1フィルターの冷却糸シートフィルターに成り、17の第2フィルターの冷却糸シートフィルターを通り18の高出力モーターによって冷却パネル風車板を介してエアー吸入装置に成り、12の冷却装置の固形フロンを通って空気が冷やされ13の冷却送風パネル官を通って温度調整の為の11のニクロム線内蔵の温度調整装置の送風官によって図1の3のゴムホース官にて5の革服内の温度感知装置によって温度が全自動管理されている1の耐熱防護服。

0141

図3の19の革紐留め装置は、図1の10の革紐を留める装置の構造説明に成り、20の革紐通し穴に革紐を通し25の革紐留め突起装置は、19の革紐留め装置を二つ割りにした
装置に成り、22の蝶番によって二つが閉じたりしまったりする構造成り、21のスプリング装置によって24のステンレス金具引っかかり角装置は23のスプリング押上げボタンによって、19の革紐留め装置の解除が出来る構造に成って入る。

0142

図4の26の陶器窯装置はむ最初に、Uの字を逆さにした形状の31のコンクリート部分の1の陶器窯の基本部分を作り、内側の天上部分は、35の軽量セラミック使い下側には34の通常セラミックパネルを差し込みパネル固定または、コンクリート打設擦る時点で同時にコンクリートを打設する為、セラミックパネル後部には固定突起が取り付いた構造に成り、31のコンクリート部分の外面は28の軽量レンガが積まれ更に27の盛土が盛られて入る構造に成る。

0143

図4の構造の続きとして、26の陶器窯の火熱温度を外に漏らさない装置説明として、30の高出力コンプレッサーを使って、29のスクリューエアー放出管は、26の陶器窯出入り口全体を囲う様に32の複数のスクリューエアー放出口が設けられ、26の陶器窯の出入り口部分だけ33のスクリューエアーカーテン部分エアー放出量調整装置によって人が窯の追い焚きが出来る構造に成って入る。

0144

図5の36の陶器回転作成装置は、38の二つの手持装置の取りつけられた43のコンクリートにステンレスカバー台の取りつけられた37の高出力レールモーターの取りつけられた装置のモーター軸に取り付く39のモーター歯車は40のボルトによって固定され、44のコンクリート台に設置され、41の木製の歯車挿入台の歯車の当たる部分は、鉄製の歯車受け台の構造に成って入る。

0145

図5の36の陶器回転作成装置の速度調整装置は42の足ペタル板装置の速度調整装置によって足ペタル板を踏み込むと木製台が回転する速度調整型の装置に成り、足ペタル板装置を離すと止まる構造に成っている36の陶器回転作成装置。

0146

図6の48のエアー継手官は、図1の9の冷却送風装置と図4の高出力コンプレッサーに使われる48のエアー継手官に成り、47のアルミニウム鉛鉄管は49の風切分配板装置によって47の配管内の風の分配数を固定出来る装置に成り、46の風受け突起は47の配管のゴム留め突起部分に中る。
更に、45のエアー分離官を複数個繋げる事によって、エアー放出管口の数を増やす事が出来る装置に成る。

0147

図7の50のエアー送風装置は、52の4基の風取り込みモーター風車板は、56の4基のフオーエアー取り込み高出力モーター装置によってエアーを吸い込む為、55のフオーフィルターの四つのフィルター装置から成り、53の木材灰入り塩化プラスチック糸網とアルミニウム綿網装置に成り吸い込まれたエアーの速度及び風圧調整の為の51のフオー電動仕切り弁によって四つの電動仕切り弁の作動仕切弁数と56の4基の高出力モーターの作動数によってエアー風速の速度と風圧調整を行う装置に成り57のスクリュー配管に高速風が送られる構造の装置に成る。

0148

図8は、軽量粘土を作成する為の装置に成り、60の粘土投入走路によって粘土が投入され61の木材灰の投入口によって木材灰が投入され58の高出力モーター撹拌装置よって60の粘土と61の木材灰を撹拌する事になり、撹拌する為に少しの水を入れて撹拌してから62の高出力真空装置によって、水入りの撹拌粘土の水分を瞬間的に全て抜き去り、更に乾燥撹拌する事によって、軽量粘土は乾燥微粒子粘土材に成り59の高出力電動仕切り弁ドアを介して66の高出力レールモーターのホイストによって乾燥粘土微粒子材を65の乾燥粒子粘土取り込み口から軽量粘土微粒子陶器材を取り出す事が出来て64のワイヤ入りゴムカバー付の63のアルミニウム鉄鉛合金容器を取り付けた装置の65の乾燥粒子粘土取り込み口装置に成る。

0149

図9は、陶器粘土撹拌装置に成り、ボタンとリモコン操作で動く71のタイヤは前を動かす二つのタイヤに成り、70の高出力レールモーターステアリングに成り、後部には69のモーターが二か所に取り付く構造に成り。67の回転速度切り替えモーターは、重い粘土でも撹拌出来る様に3連の回転速度切り替えモーターに成り、
68の土撹拌羽装置は、羽のデザインが他と異なる複数穴空き羽構造に成り、72の材料置き場は、乾燥軽量陶器粒子粉末の入った5キログラムビニール袋を乗せる事の出来る開閉蓋つきの土撹拌装置に成る。

0150

図10は、陶器硝子花瓶及び軽量陶器硝子花瓶及び陶器花瓶装置及び硝子花瓶装置の地震転倒防止装置を説明した図説に成る。
従って、73の花瓶底には円い円柱の筒状の装置が、花瓶底の中心部に設けられ75の陶器倒れ防止鉄太串入れ穴が、陶器硝子花瓶側と転倒防止の為の花瓶の受け皿の鉄入りの陶器花瓶受け皿装置は、74の鉄の台部分が内蔵された陶器皿装置に成り、図10の76の点線ラインの陶器花瓶内の空間線に従って陶器硝子花瓶は、陶器硝子花瓶の受け皿にきっちり嵌る構造に成って入る。

0151

図11は、図10の75の陶器倒れ防止鉄太芯串入れ穴に入れる装置説明に成る。
従って、77のプラスチックゴム部分は、78の鉄芯太芯串部分をカバーする為の77のプラスチックゴム素材に成り、79の花動物等の立体陶器絵及び立体硝子絵部分を取り付けた地震振動の花瓶の転倒防止の為の串装置説明に成る。

0152

図12は、花瓶装置の陶器と硝子を融合させた下が84の硝子部分に成り、上が水色で下に行くと水色が薄く成り透明に成る硝子部分の色説明に成り、陶器部分は、83の陶器の緑色の絵付けをした陶器部分に成り、四季四面の風景画が描かれている。
更に、本花瓶の中央に大口の花入れ花瓶口が有り、80のライト玉留め装置のリングが取り付けられて入る構造に成り、更に四方向に小口の81の花瓶口が設けられ、本花瓶の四方向に別の80のライトの玉留め装置のリングが取り付けられて入る構造に成り、本花瓶の硝子部分に魚を飼う事が出来て、植物の酸素補給の為の水の循環装置82の電動循環酸送り管が取り付ける事が出来て、87の小魚を入れて楽しめる水空間に成る。
そして、本花瓶の下部分の二つの足または四つの足部分には、85の花瓶倒れ防止穴が予め付いて入る構造に成り、86の水の蛇口をそれぞれ取り付ける事が出来る構造として、半径1メーターの大花瓶の水の交換が簡単に出来る様にした水槽としても楽しめる花瓶の花入れと同時に魚の金魚などを、一度に楽しむ事の出来る装置に成る。

0153

図13は、89の花瓶台に成り、鉄板内蔵の四足と二つ足の88のビニールゴムシート付の90の鉄の台に陶器材を被せた陶器花瓶台に成り、色絵によって四季の風景が書き込まれた89の花瓶台に成る。
更に、地震転倒防止穴85の花瓶倒れ防止穴の受け穴付花瓶装置にも成る。

0154

図14は、軽量陶器と硝子を融合させた花瓶に成り、97の2枚合わせ硝子板は、平面と曲面の二種類に成り、96の地震倒れ防止穴の鉄太串入れ穴付の陶器とガラスを融合させる構造として、本花瓶の十字方向に陶器花瓶中央四か所の窓穴の為の陶器花瓶を刳り貫き、刳り貫いた場所に97の2枚合わせ硝子板を填め込み硝子板の上に94の軽立体陶器部分亀を95の熱硝子溶着技術によって、97の2枚合わせ硝子板と94の軽立体陶器部分亀を熱硝子固定し、本花瓶の花入れ口は陶器材を予め切り取り、92のリング硝子を95の熱硝子によって熱による硝子溶着をさせ91の軽量立体陶器部分鶴を95の熱硝子溶着させた残りの93の軽量陶器部分には別の海と川及び湖の別の意味の絵図が描かれる事に成る陶器硝子花瓶。

0155

図15は、軽量陶器と硝子を融合させた別の形状の花瓶に成り、高さを低く設定して横広にした軽量陶器硝子花瓶は花瓶本体に対して十字方向に対して陶器花瓶中央四か所の六角形の窓穴の為の陶器花瓶を刳り貫き、刳り貫いた場所に100の二枚合わせ平面硝子板を熱ガラス溶着させ、98の軽量陶器を熱ガラス溶着させた装置に成り、陶器硝子花瓶の花入れ口は、99の硝子リングの熱硝子取りつけ構造に成り、他の陶器部分は、101の軽量陶器部分に成り、硫黄と火山灰と他の灰汁を使った陶器色と硝子絵図によって、花瓶の評価が決まる商品構造に成る。

0156

図16は、図14と図15の陶器硝子花瓶形状と異なる別の花瓶に成るが、お盆の提灯の形の花瓶の花入れ装置に成り、花瓶の花入れ口は、103の硝子リング部分に成り、本花瓶の花瓶本体に対して十字方向に対して陶器花瓶中央四か所の草鞋形の窓穴の為の陶器花瓶を刳り貫き、切抜いた場所に104の2枚合わせ平面硝子を熱硝子溶着して硝子いた固定した硝子板の上に102の軽量陶器を乗せて熱硝子溶着させた106の転倒防止穴を設けた105の軽量陶器の異なった形状の花瓶陶器硝子に成る。

0157

図17は、図14と図15と図16の陶器硝子花瓶形状と異なる別の花瓶に成るが、丼形状花瓶は剣山等を使用した花瓶装置に成り、花瓶本体の花瓶の花入れ口は110のデザインリング硝子部分に成り、本花瓶の花瓶本体に対して十字方向に対して陶器花瓶中央四か所の円形の窓穴の為の陶器花瓶を円形に刳り貫き切抜いた場所に二枚合わせ平面硝子体を入れ熱硝子溶着して硝子板を固定させた手作り作品形体に成り、硝子部分には109の軽量立体陶器が取りつけられた装置に成り、本陶器硝子花瓶の転倒防止装置として108の転倒防止穴と107の永久磁石を陶器本体に予め埋め込む事によって可能にした技術に成る。

0158

図18は、図14と図15と図16と図17の陶器硝子花瓶形状と異なる別の花瓶に成るが大ホール等に飾る大型の花瓶装置に成り、1メーター周囲の大草鞋形状の花瓶装置は、水抜き用水栓の取りつけ口なども取り付けられて入る超大型の花瓶装置に成り、円柱型の三つ輪花入れ口の半径1メーター50程の超大型花刺し花瓶等も有り、それぞれ花入れ口三つ共、113のリング硝子のデザイン硝子部分に成り、動物の絵柄の軽量陶器が描かれている軽量陶器の熱硝子接着技術による物で有る。
更に、陶器の絵を描く技術には、112の無地色付けの抜き絵方式のデザインライン抜き絵技術を含め114の軽量陶器部分の白色バックの風景画は、色彩色の見分けがハッキリする為、あえて白のバック色に絵を描く事に成り、花瓶本体に対して、8つの空間は、夏秋冬と有るとされている春と夏の中間時間そして夏と秋の中間時間そして秋と冬の中間時間そして冬と春の中間時間を表現した人それぞれが本来の時間を取り戻し見つける為の時間を表現する為の八面体の硝子空間そして、115の軽量立体陶器部分に成り、116の三つの陶器転倒防止穴付の111の三つ首三つ脚硝子陶器花瓶の構造説明に成る。

0159

図19は、図14と図15と図16と図17と図18の花瓶転倒防止の為の118の剣山の、117の旧花瓶転倒防止装置は、122の手持部分を取り付けた装置に成り、121のカギ掛け剣山のカギ装置が必要に成り、120の通常剣山部分の中央部分に119のカギ掛けリング穴装置を取り付けた構造に成り、123の花瓶の重石の足し重りを付けた124の二つ穴金属板とボルト構造に成り、とにかく硝子から見える為、125の硝子に陶器粘土を入れた硝子を被せたデザイン画の剣山装置に成る。

0160

図20は、軽量陶器硝子融合のコーヒーカップ及びワグカップに成り、126のデザイン硝子部分は陶器では見えないコーヒー色が見えるデザイン硝子口にして有る装置に成り、コーヒーカップ三か所に円形空間または、四角形空間が設けられているコーヒーカップの127の填め込みデザイン硝子の軽量陶器の溝部分に成り、陶器に付ける硝子板の固定を夫に擦るための陶器の溝部分に成り、軽量陶器の陶器部分にも、128の盛り付け色硝子絵を取り付けたコーヒーカップに成る。

0161

図21は、軽量陶器硝子融合のコーヒーカップ及びワグカップの続きに成り、126のデザイン硝子部分はコーヒーカップの透明部分を含めて、色ガラスデザインも有り、127の2枚合わせ填め込み型のデザイン硝子は、軽量立体陶器等を熱硝子で貼り付ける事の出来る部分に成り、129の軽量陶器部分は、色々の色付け方式が有るが火山灰と硫黄の花と少々の楢の木の灰などを混合した溶液を掛けて焼いたワグカップに成る。

0162

図22は、軽量陶器硝子融合のコーヒーカップ及びワグカップの続きに成り、130の陶器と硝子接合の陶器の溝部分装置に成り、コーヒーカップの飲み口部分に成り、129の軽量陶器部分の絵付けは、ペンキ絵具の絵付け方も有る。

0163

図23は、軽量陶器硝子融合のコーヒーカップ及びワグカップの続きに成り、126のデザイン硝子と陶器の接合部分に成り、129の軽量陶器と一体に成った陶器と硝子の融合したコーヒーカップに成る。

0164

図24は、軽量陶器硝子融合のコーヒーカップ及びワグカップの続きに成り、129の軽量陶器部分に成る。

0165

図27は、軽量陶器材の木材灰等を入れた超細鉄筋を入れた軽量陶器パネルの応用作品に成り、131の軽量陶器自動車のスピードメーターパネルは135の多層カード挿入口と132のラジオパネルと133の漢字メーターと134のライト点滅式スピードメーターのちょっと風変わりの自動車メーターパネルは、ゴムリング両面とボルト止めに成り、ボルト穴部分は、金属輪が内蔵に成って入る軽量陶器パネル。

0166

図28の136の軽量陶器レバーは、137の無変速スイッチ(タッチスイッチ等)の138の電気配線付の電気自動車走行レバー装置の軽量陶器の応用型

0167

図29の電気自動車の走行パネルは、139の電気自動車の変速スイッチパネル盤に成り、140の超細鉄筋入り141の軽量陶器パネルは、142等のスイッチタッチスイッチ等のパネル板利用に成る。

0168

図40の153のデザイン陶器硝子花瓶装置は、155のデザイン硝子部分の厚みの有る色付けの立体硝子花瓶口に成り、二枚合わせ硝子部分に貼り付ける立体造形物を154の人工ダイヤアメジストの中に、入れた造形人工ダイヤアメジストは、158は人工ダイヤの中に24金のバラの花に成り、156のルビー及びサファィヤ及びエメラルド小粒宝石散りばめた人工ダイヤの宝石に成り、別の160の特殊勾玉入りのプラチナ球とゴールド球の散りばめた形状の人工ダイヤの中に散りばめた形状の161の二つの勾玉ルビー石に自然ダイヤの世界最小のダイヤ粒を入れた勾玉入りの人工ダイヤに成り、別の157の中央のバラは、プラチナ24のバラに成り、156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの小粒宝石を散りばめた人工ダイヤの中に散りばめた宝石に成り別の154のアメジストカットダイヤは159の6角形ゴールドプラチナの交互ライン形状に対して156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの小粒宝石を散りばめた人工ダイヤの中に散りばめた宝石に成りこれらの宝石は、
153のデザイン陶器硝子花瓶装置の硝子部分に熱硝子接着に成る。

0169

図42の153のデザイン陶器硝子花瓶装置は、155のデザイン硝子部分の厚みの有る色付けの立体硝子花瓶口に成り、二枚合わせ硝子部分に貼り付ける立体造形物を154の人工ダイヤアメジストの中に、入れた造形人工ダイヤアメジストは、167のプラチナリングとゴールドリングのブロックリングに成り、156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの小粒宝石を散りばめた人工ダイヤの中に散りばめた宝石に成り、別に166は、中央はゴールドとプラチナの合わせ球の周りは、プラチナゴールドの交互線リングに成り、156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの小粒宝石を散りばめた人工ダイヤの中に散りばめた宝石に成り、別に154の人工ダイヤアメジストは162の発光真珠の大玉四分割にして162の発光真珠の四分の二分割の上下に対しての両サイドは、163のルビーと164のサファィヤを組み込んだ162の大玉の発光真珠に対して157のプラチナバラとゴールドバラを交互に飾った154のアメジスト人工ダイヤに成り、別の162の発光大玉真珠を154の人工アメジストカットダイヤに対して、165のゴールドとプラチナの交互の花台を取り付けた154の人工ダイヤのアメジストに成り、これら宝石を153のデザイン陶器硝子花瓶装置の二枚合わせ硝子部分に熱硝子溶着した宝石を散りばめた陶器硝子花瓶。

0170

図47の153のデザイン陶器硝子花瓶装置は、156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの小粒宝石7個を円輪形状に散りばめた宝石に対して168のゴールドとシルバーの交互線のラインの154の人工ダイヤのアメジストに成り、別に154の人工ダイヤのアメジストの中に168のゴールドとシルバーの交互線の曲線ライン
156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの小粒宝石4個を168のゴールドとシルバーの交互線の曲線ラインに対して前後の動体に散りばめた154の人工ダイヤのアメジストに成り、別に170のプラチナ針山立体金属を円形にした168のゴールドとシルバーの交互線のラインを複数円形金属ラインにした154の人工ダイヤのアメジストに成り、別に168の六角形ラインのプラチナラインゴールドラインを交互にした154の人工ダイヤのアメジストに成り、これら宝石を153のデザイン陶器硝子花瓶装置の二枚合わせ硝子部分に熱硝子溶着した宝石を散りばめた陶器硝子花瓶。

0171

図56の143の発光真珠の盗難商品の検査方法の有り方として、144の金属造形物を、145の熱硝子で予め丸くした造形物を、146の真珠貝に入れるこの場合発光カイコ148の緑色発光体染色体は、149のクラゲ発光遺伝子を真珠貝の卵子移植又は細胞移植による発光真珠貝を作り上げるこの他、真珠のOツウ酸素養殖による大型真珠貝の卵子の遺伝子移植等によって、発光真珠を作り上げ150のDNA染色体を真珠貝に移植する手段方法と151のOツウ酸素養殖の大型真珠貝養殖の卵子の遺伝子操作の発光遺伝子移植による発光真珠の開発に成り、152のバイオ技術で真珠貝の増産発光真珠に成り、市場を見てから特殊発光真珠の販売に成る。
更に、淡水パールの場合も、大型玉の発光淡水パールが出来る。

0172

図65の153のデザイン陶器硝子花瓶装置は、171の軽量陶器部分とその下は、172の花弁円柱硝子部分に成り、155のデザイン硝子部分に成り、四面の二枚合わせ硝子窓部分には、154のアメジストカットダイヤの中に入れる造形物として、168のゴールドとプラチナラインの交互のデザイン形状線に成り、156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの小粒宝石7個を円輪形状に散りばめた宝石に対して、小粒の人工ダイヤを散りばめた154の人工ダイヤのアメジストに成り、これら宝石を153のデザイン陶器硝子花瓶装置の二枚合わせ硝子部分に熱硝子溶着した宝石を散りばめた陶器硝子花瓶。

0173

図66の153のデザイン陶器硝子花瓶装置は、一番上を155のデザイン硝子部分に成り、軽量陶器部分の半分から下は半円柱のリングを取り付けた形状に成り、切ガラスデザインは、この手の花瓶のみに使用するデザイン構成に成り、宝石として154の人工ダイヤのアメジストカットダイヤの中に162の発光真珠ニ個上下に四個発光真珠を散りばめ中央に卵型三個の156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの小粒宝石三個を入れ周囲に超小粒の自然ダイヤを数個散りばめた154の人工ダイヤのアメジストに成り、別に154の人工ダイヤのアメジストの中に縦の直線一列に162の発光真珠を並べて両サイドに163のルビー石を入れ174の金プラチナライン線の内側に四個の173の自然石のカットダイヤを散りばめ174の金プラチナライン線の外側に更に小粒の自然石ダイヤを散りばめた154の人工ダイヤのアメジストに成り、別に154の人工ダイヤのアメジストの中に162の発光真珠の大玉一個の周りに発光真珠の小玉を散りばめ円形線の金とプラチナの0,2ミリメートルの交互の金とプラチナのライン線を貼り付けた154の人工ダイヤのアメジストに成り、別に154の人工ダイヤのアメジストの中に156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドの中のルビーの比較的大きめ卵型形状の宝石を中央に置き、少し小振りの156のルビー及びサファィヤ及びエメラルドをルビーの比較的大きめの卵型形状の宝石を散りばめ更に超小粒の自然石ダイヤを空いている場所に散りばめた153のデザイン陶器硝子花瓶装置の二枚合わせ硝子部分に熱硝子溶着した宝石を散りばめた陶器硝子花瓶。

0174

1耐熱防護服類似商品消防服及び溶鉱炉服及び火山検査服の代用服。
2 耐熱防護ガラス体類似商品デザインカバンのクリスタル硝子ブローチ形状体
3エアーホース部分三重ゴムエアーホース官に成り、ゴムホースと亜麻布網入りゴムホースとアルミニウムテープ三重構造
4皮紐通し穴亜麻糸及び固形窒素糸の通し穴。
5革服牛革と鹿皮の合わせ革等のバックの革の利用体形
6 革服固定ボタン木製ボタンに固形窒素塗料を塗ったカラーデザインボタン。
7 革手袋二重皮手の中に固形窒素の冷却シート入り革手袋。
8エアーパイプ三又送風官リニアーモーターカーの気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールバリアー及び公園の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び商店街歩道の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び列車の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び自動車の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び一軒外周防護の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び工場敷地内の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び大型観光船の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び航空滑走路の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び建設現場の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び公共学校施設の気温と雨風雪の防護スクリューエアーシールドバリアー及び公共施設遊歩道及び運動場
9冷却送風装置高出力自動充電池積載の超小型冷風腰バンド装置及び火山調査服の冷却装置及び火災現場の服の冷却装置。
10 皮紐デザインバックの革紐及び登山ロープの革紐内蔵の登山ロープ網ロープ装置
11温度調整装置水銀デジタル式の水銀電波遮断感知センサー付きの温度計内蔵のテングステン金属内蔵のニクロム線積載の温度調整装置。
12 冷却装置の固形フロン冷蔵庫及び高出力冷蔵庫及びクーラー及び高出力クーラー及び機械のクーラー全般及び乗り物機全体のクーラー装置と冷蔵庫装置及びロボットの冷却装置及びスーパーコンピュータの冷却装置。
13冷却送風パネル官固形窒素内蔵塩化プラスチックパネル及び固形窒素内蔵塩化ビニールプラスチックパネル及び軽量木材灰入り固形窒素内蔵塩化プラスチックパネル。
14冷却パネル風車板冷蔵庫フアン羽及びクーラー羽及び扇風機羽及びパソコンのクーラー羽等。
15外気取り入れ官カバー。
16 第1フィルター冷却系窒素塩化プラスチックシートフィルター換気扇及びクーラーのフィルター水槽のフィルター。
17 第2フィルター冷却系窒素塩化プラスチックシートフィルター。
18高出力モーター関連商品全般全てに対応積載。
19 革紐止め装置女性男性用デザインカバン及び女性男性用コート。
20 皮紐通し穴。
21スプリング板スプリングまたはワイヤ入り板スプリング
22蝶番。
23 スプリング押上げボタン。
24ステンレス金具引っかかり角。
25 塩化プラスチック製革紐止め突起
26陶器窯再生自動車金属組み立て解体型等の全ての製品金属船を含む金属の再生溶炉室応用構造
27盛土。
28 軽量レンガ通常の赤土レンガに木材灰及び竹灰及び生ゴミ灰等を赤粘土と混合撹拌して固めて型を取って焼いたレンガ商品。
29スクリュー官高速電波官及びロケット燃料送り調整官及び水災害の緊急エアー水の放出官及び緊急海水浄化気化水送水官及び水力ダム気化水送水官及び水力ダム水加速落下装置及び発電水道官リニアーモーターカーエアー送風官。
30 高出力コンプレッサーリニアーモーターカーの温度風雨を防護する為のスクリューエアーバリアー装置及び高速道路等の温度風雪雨を防護する為のスクリューエアーバリアー装置等他。
31コンクリート部分代替え装置にグラスファイバーの固形窒素パネルの鉄筋入りパネル装置。
32 高速スクリューエアー放出口。
33 スクリューエアーカーテン部分放出量調整装置複数の高出力モーターの吸引口を内蔵するコンプレッサーのエアー送り官の部分的のエアー吸引高出力モーター一部のモーター速度の電気量調整スイッチによるスクリューエアーカーテンの放出量調整装置。
34セラミック。
35 軽量セラミック陶器窯の中の木材灰入りのセラミック材合成の軽量セラミックパネル及び軽量陶器及び軽量陶器及び軽量陶器の電気装置製品及び軽量陶器の便槽及び浴槽及びキチン台及びテーブル等の軽量陶器商品。
36 陶器作成回転調整装置
37 高出力レールモーターモーター商品全般全てに対応可能な電気消費の少ないモーター装置
38持ち手装置陶器ボルト止め形状
39モーター歯車鉄製のボルトのモーター軸止め形状。
40 ボルト鉄製のボルト。
41 木製の歯車挿入台ステンレスシートパネルを円柱たく板の擦れ防止をした合板厚み接着板の陶器作成台。
42足踏みスプリングペタルの回転速度調整装置電気圧改変電スプリング板切り替えスイッチパネルを内蔵した装置他、金属レールモータースイッチ装置。
43コンクリートにステンレスカバー台。
44コンクリート台軽量陶器石内蔵コンクリート製品及び高圧力軽量陶器石内蔵コンクリート鉄筋入り高圧力セラミック陶器石入りコンクリート及び軽量陶器石入りグラスファイバー製品この他劣化防止パネル付の軽量陶器石入りグラスファイバー製品。
45 エアー分離官高出力コンプレッサーに使用複数分配エアー官も有り、高速道路等に使用。
46風受け突起物
47 官ストレート官の他、速度加速スクリュー官。
48 エアー継手官高出力コンプレッサーに使用する継手官装置。
49風切り分配板配管内を区切る板。
50エアー送風装置四基以上のエアー取り込みモーター装置を備えたエアー送風官。
51 フオー電動仕切り弁四基以上のエアー取り込みモーター装置を備えたエアー送風官。
52 四基の風取り込みモーター風車板高出力高速コンプレッサーの気温雨風雪を人工の風の壁で遮る装置。
53 木材灰入り塩化プラスチック糸網とアルミニウム線水洗いの再利用製品
54ナット形状取り付け型フィルター木材灰入りプラスチックフィルター及び固形窒素入り冷却フィルター装置。
55 フオーフィルター掃除機の二重フィルター構造等が有る。
56 フオーエアー取り込み装置通常のコンプレッサーは、一つのモーター取り込み装置に成るが、高出力に成るとモーターの数も増える構造に成る。
57 スクリューエアー配管エアースピードを挙げる事の出来るストレート管ネジ型構造装置
58 高出力レールモーター撹拌装置企業名DCブラシレスモーターと言われている複数のコイルを持った円形モーターに成る。
59 高出力電動仕切り弁装置電磁誘導弁が有るが、更に精密なのが高出力電磁誘導弁は、更に反応が速い弁装置に成り、高出力電動仕切り弁は使用用途を選ばない水及び気体及び液体及び固形粒子体を仕切る弁装置に成る。
60 粘土投入走路粘土には赤粘土及び白粘土及び青粘土及び黒粘土及び茶褐色粘土及び特殊なのに硫黄粘土が有り、黄色系の陶器色は硫黄粘土によるものによる。
61 木材灰投入口陶器を軽くする為の粘土に混ぜる色付けに利用する材料に成り、紙粘土陶器等の低温焼き陶器も有る。
62 高出力真空装置通常の真空装置の通常モーターを高出力モーターに変えた電気消費の少ない高出力モーター。
63アルミニウム鉄合金容器少し硬めのアルミニウムの為、割れ易いのも欠点の一つだが曲がりづらい。
64ワイヤ入りゴムカバーゴム切れの寿命を少し長めにしたカバー装置
65乾燥粒子粘土取り込み口粘土陶器材を作る際は、水を足して粘質を強めて良く練って空気を抜いて使用する。
66 高出力レールモーターホイスト油圧ホイスト及びエアーホイストに棒状レールモーターホイストを取り付けた装置。
67 回転速度切り替えモーター三連モーターに成り、モーターコイル個数の電気の流し方とレールモーターの回転手段に成る。
68 土撹拌羽装置陶器粘土を良く混ぜる為の装置。
69 モーター軸リモコン移動可能な陶器粘土撹拌装置のモーター部分。
70ステアリングモーター装置陶器粘土撹拌装置の左右方向リモコンまたはボタン切り替えをする為のレールモーターステアリング切り替え装置
71タイヤ装置ホイルの中央にボルト止めの固めのプラスチックゴムが取り付けられて入る。
72材料置き場セメントなどを置く為の鉄製の
73花瓶底。
74 鉄の台部分。
75 陶器倒れ防止の鉄太陶器被せ串入れ穴。
76点線ラインの陶器花瓶内空間線。
77 プラスチックゴム部分。
78鉄芯太串部分。
79 花動物等の立体陶器及び立体ガラス絵部分。
80 高出力発光LEDライト玉留め装置。
81 花瓶口。
82電動循環酸素送り官。
83 陶器の緑系の色。
84ガラス部分上が青で下へ行くと色が薄く成る。
85 花瓶倒れ防止穴。
86 水の蛇口取り付け口
87小魚を入れて楽しめる。
88ビニールゴムシート
89 花瓶台
90 鉄の台に陶器材を被せた陶器花瓶台
91 軽量立体陶器部分鶴石灰との木の灰等を混ぜて作る陶器の色付け薬
92リングガラス水色の空色
93 軽量陶器部分石灰と樺の木の灰等を混ぜて作る陶器の色付け薬
94 軽量立体陶器部分亀軽量陶器の亀の立体軽量陶器の甲羅等の形と型を作りガラスにを入れるので薄く流し込んで甲羅の色と形状を決める手法。
95熱ガラス溶着部分軽量立体陶器亀と平面ガラスまたは曲面ガラスを入れる部分の熱ガラス溶着手段。
96地震倒れ防止鉄太串入れ穴部分地震等の花瓶のヒックリ返りを防止する為の鉄芯串穴手法。
97 2枚合わせ平面ガラスガラス割れ防止に二枚使用して入るが曲面の二枚ガラスに対して立体陶器は、ガラス二枚の中に入る為熱ガラス溶着後曲面ガラスの最後の熱溶着作業手法。
98 軽量立体陶器部分鹿複数の鹿は2枚合わせのガラスに入り古い熊笹竹の細い部分を使用して花瓶内面の2枚ガラス接着状態に成るガラス部分の立体構図手法。
99ガラスリング部分 ガラスリング部分に対して蛇紋岩の磨いた石をリング状に加工して熱ガラス溶着する自然石を利用したガラス部分に色ガラスで一本の青熊笹竹を立体ガラスで接着する組み合わせ手法構図。
100 2枚合わせ平面ガラスこの部分は、花の茎が見える部分は、花の茎の中央に木馬車を引く道産子馬の立体金属を入れて花の茎を、青竹イメージングした手法に成り、ガラスに小石の小道として、川石に土色陶器を少し加えた石道等の半陶器石を2枚ガラス板の上に溶着する手段にした手法。
101 軽量陶器部分一度土色の陶器の色付けした後で乾いてから緑色の色付け薬を陶器上部分から緑の流水形状に擦る色付け手法。
102 軽量立体陶器春夏秋冬そして冬の花はシクラメンの花そして春は八重桜の花そして夏はリンドウの花そして秋はコスモスの花の四面体を軽量立体陶器部分にガラスの立体陶器又は軽量陶器によって花ビラ等を描いた立体陶器に色ガラスで絵付けを行う手法によって立体陶器部分の花に一番近い手法に持って行く手段。
103 ガラスリング部分ガラス糸センチ間隔でガラス糸を渦巻状に描く蝶の多色ガラス立体をガラスリング部分に貼り付ける手法又は蝶の軽量陶器型の白色バックに複数色のガラス糸の渦巻で立体軽量陶器に貼り付ける手法。
104 2枚合わせ平面ガラスガラスの外の部分は、立体ガラスの花又は軽量陶器の花に成り2枚ガラスの内側に立体軽量陶器にてんとう虫及び花の軽量立体陶器虫を2枚合わせガラスの陶器花瓶の内側ガラス面に熱ガラス溶着する手段。
105 軽量陶器部分 この軽量陶器部分は冬の白色の景色に対して白樺薄皮を剥いで陶器色白色バックの場所に熱ガラス溶着する手段そして春は四分割の四分の一の半分した部分を焦げ色の陶器の色付けにして半分上の曲線ラインの上部分はガラスに土を入れたパズル土に絵具で色付けした草花パズルを熱ガラスで貼る手法に成り、桜の木の表皮を薄くしたのを半分無地の部分に貼り付ける手法に成り、夏は緑色に対して柑の葉を電子レンジで乾燥させて型に対してペンキ色によって葉を模り土によるガラスの花を立体化させ秋はススキの葉と茎の細い部分をペンキで着色したのを熱ガラスで溶着する手法。
106転倒防止穴 今後の地震対応型の陶器に成り、陶器の下部分に地震対応固定穴が付いて入る構造。
107永久金属磁石入り転倒防止処理に成り、陶器側の底にステンレス金属の複数穴空き板のステンレス板を周囲90度折り曲げたステンレス板を陶器内に埋め込んで固定した陶器底がステンレス板構造の陶器に成り、木板及びプラスチック板圧電素子磁石体及び鉄磁石を填め込んだ陶器花瓶の台等の別売りの考え方も有る。
108 転倒防止穴 花瓶陶器の転倒防止措置を行った花瓶に成り専用の花瓶を固定する金属入りの陶器製の花瓶の受け台と串止めによる地震による花瓶転倒を避けた技術に成る。
109 軽量立体陶器部分 春にはイワナ夏の川魚のカジカ秋の川で見られるサケ冬の池須の鯉の立体軽量陶器で表現する魚を四か所の平面ガラス板それぞれの軽量陶器に描かれて居るのは四種類の魚に成り、表部分のガラス板の上に熱ガラスによって溶着した軽量立体陶器の魚の軽量立体陶器に成る。
110 デザインリングガラス部分 デザインリングガラス部分に木彫り人形を熱ガラスで貼り付けた立体造形ガラス手法に成る。
111 三つ首三つ脚ガラス陶器花瓶 この花瓶の利用方法大ホールの大型のガラスと陶器を融合させた花瓶に成り半径30センチの三つのガラスリングの花入れ口と軽量陶器の三つの陶器脚を取り付けた花瓶に成り、茶道の花刺しの小さ目の剣山から大きめの剣山に重石付の剣山によって、三つ首三つ脚ガラス陶器花瓶の転倒防止装置と三つ首三つ脚ガラス陶器花瓶の脚部分の穴の陶器敷き台の重り装置によって三つ首三つ脚ガラス陶器花瓶の破損事故を避ける装置。
112 陶器の絵付け手段の無地のライン抜き絵方式 陶器の色付け薬材の一色の薬液を使用した絵付け手段として紙に描いた絵のラインに沿ってラインのみの切り抜き絵にした紙を、焼き付け前の陶器に貼って絵の切り抜きライン部分を異なった色の染粉を入れた糊剤によって、ライン絵を陶器に描いて糊剤が乾いたら陶器に色付け材を塗る手法によって糊剤に付いた色付け材は、燃え落ちてライン絵付けの陶器が出来る仕上がった陶器のラインに沿って色ガラスまたは発光材を二枚ガラスに挟んだガラス棒を熱で溶かしながら陶器の夜光ライン絵とした手法。
113 リングガラス部分貝の稚貝の貝殻に金箔銀箔を稚貝に貼り付けた造形物をガラスリングにサンゴの小さいのと稚魚の干し魚をガラスリングに填め込んだ造形ガラスの陶器の花刺し口のガラスデザイン手法。
114 軽量陶器部分焼く前の陶器が出来上がった時点で、動物画等の形状を陶器に貼り付け形状の部分を切抜いて切抜いた陶器材を一回り小さくした陶器材を別に焼いて軽量陶器花瓶本体のみと切抜いた陶器部分の焼き上がった陶器材を再び花瓶陶器本体に熱ガラスによって固定する事によって、ライトアップなどで絵陶器が浮き上がる手法に成る。
115 軽量立体陶器部分 軽量立体陶器部分をガラス板に貼り付けた装置。
116 陶器転倒防止穴 専用の陶器台に固定する為の穴装置。
117 旧花瓶転倒防止装置 花瓶の中に砕石の細かい物の他、鉄球パチンコ玉及びスロットルコインを入れる方法が有る。
118 剣山 花瓶の高さが有り地震等で転倒し易い花瓶の比較的花瓶口の大きい花瓶陶器に対して、剣山の重みを足す事の出来る剣山。
119カギ欠け穴 剣山の中央に付いて入るリング状の鉄輪装置。
120 通常の剣山 市販されている剣山に対してのデザイン剣山と足し剣山の違い。
121 カギ掛け剣山のカギ 剣山の中央に付いて入るリング状の鉄輪装置を水の中から上げる為の鉄製またはアルミニウム製のカギ装置。
122 手持部分 カギ掛け剣山のカギの手持部分。
123 花瓶の重石用の足し重り通常の剣山より重くした継ぎ足しの出来る足し剣山装置。
124 二つ穴金属板とボルト 足し剣山する為の装置
125 剣山に対して熱ガラスの中に陶器粒子を入れたガラスを被せた装置 剣山自体がガラス空間から見える為、剣山自体にもデザインの施しが必要視される為の事前の改良デザイン。
126コーヒーカップのデザインガラス部分 通常の陶器コーヒーカップとガラスコーヒーカップの合体融合体に成り、陶器カップ本体の口付け部分をガラスリングに変えた手法。
127 填め込みデザインガラスの軽量陶器部分 ガラス板の上に軽量立体陶器及びガラス昆虫を熱ガラス溶着した手法。
128盛り付け絵 描きたい絵の部分だけを紙を切り抜いた紙をコーヒーカップに貼り付けて切抜いた絵の部分だけ陶器の絵付け薬を塗って焼く手段に成る。
129 軽量陶器部分 木材灰物質と陶器粘土を混合させた軽量陶器材。
130 軽量陶器とガラス接合の陶器の溝部分おそらく世界初の陶器とガラス融合のコーヒーカップ。
131 軽量陶器自動車パネル木材灰入り軽量陶器使用の自動車パネル。
132ラジオパネル 木材灰入り軽量陶器使用の自動車パネル。
133漢字メーター木材灰入り軽量陶器使用の自動車パネル。
134ライト点滅スピードメーター木材灰入り軽量陶器使用の自動車パネル。
135多層式カード挿入式木材灰入り軽量陶器使用の自動車パネル。
136 軽量陶器レバー 自動車のナット付軽量陶器レバー。
137 無変速スイッチタッチスイッチ等の軽量陶器レバー部品
138電気配線軽量陶器レバー部品。
139 自動車の変則スイッチ軽量陶器パネル盤ボタンスイッチ及びタッチスイッチの自動作動操作パネルの軽量陶器パネル盤。
140 超細鉄筋 自動車の変則スイッチ軽量陶器パネル盤に使用擦る鉄筋。
141 軽量陶器 木材灰及び竹灰及び雑草灰及び生ゴミ灰等と白粘土青粘土及び赤粘土及び黒粘土等を混合させたパネル。
142 スイッチ タッチスイッチ等の自動車スィッチ
143 発光真珠の盗難商品検査方法数字文字を組み合わせたアルミ板にプラスチックを丸く被せた球体を真珠貝によって真珠の変化を経て商品にした製品の盗難検査としてX線カメラによって、真珠内の数字文字の基板数字文字絵文字確認によって盗難商品の有無を確認出来る装置。
144金属造形物高価な発光真珠の場合はゴールド24金とプラチナ24を発光真珠等が有り軽いアルミニウム金属造形物も有る。
145 熱ガラスで予め丸く擦る真珠玉の変形を予め防止する対策技術に成る。
146 真珠貝に入れる 通常真珠からまだ試作と市販していない発光真珠と発光淡水パール等の染色体遺伝子を貝のの染色体に入れて育てる又は貝の稚貝に染色体を入れて育てる手段に成る。
147 発光カイコこの他、海のクラゲ科の発光物質
148 発光染色体 カイコの緑色その他、海クラゲでは青色他の発光色等。
149 クラゲ発光 海クラゲ発光染色体は青色と思われる。
150 DNA発光染色体を真珠貝に移植する技術 真珠の真珠貝及びバカ貝の淡水パール絶滅しつつ有る貝等のDNA染色体遺伝子移植。
151 O2酸素O2酸素技術によって発光真珠貝の陸地地下養殖と発光淡水パールのバカ貝の陸地地下養殖技術
152バイオ技術で真珠貝の増産発光真珠 他の真珠養殖及び販売に無い公開著作権商品と公開著作権技術。
153 デザイン陶器ガラス 陶器または軽量陶器とガラス板またはクリスタル硝子板または立体ガラスを組み合わせた花瓶商品。
154 アメジストカットダイヤ 別名人工ダイヤ及び人工ガラスカットダイヤの宝石名のアメジストダイヤ。
155 デザインガラス部分 色ガラス及び物入れガラスデザイン部分
156ルビー、サファィヤ、エメラルドの世界三宝石 球体系の形状を選択する。
157 中央のバラプラチナのバラ プラチナ花びらパネルを組み合わせたプラチナバラ。
158 中央のバラはプラチナとゴールドの二重金属バラ プラチナ花びらパネルとゴールド花びらパネルを組み合わせたプラチナゴールドバラ。
159 中央はゴールドプラチナライン ゴールド24金線ラインとプラチナ24線ライン組み合わせライン形状。
160 プラチナ24球とゴールド24金球の散りばめ形状体 超小玉のプラチナ24球とゴールド24金球の散りばめ形状体。
161 勾玉ルビー石に自然ダイヤを散りばめた勾玉 勾玉宝石と呼ばれる世界四宝石として入る。
162 発光真珠 緑発光真珠と青発光真珠などが真っ先に出来る発光色として予定している色に成る。
163 ルビー天然石ルビー。
164 サファィヤ 天然石サファィヤ。
165 ゴールドとプラチナの花台の発光真珠台 発光真珠を飾るゴールド花台とプラチナ花台の交互の超薄シートのプラチナ24とゴールド24金シート形状。
166 ゴールド24金半球とプラチナ24の半球の組み合わせ超小型球光沢を付ける為の形状。
167 プラチナゴールド交互のブロックリング光沢を付ける為の2ミリ刻みのリング線形状。
168 プラチナとゴールドライン 光沢を付ける為の2ミリ刻みのリング線形状。
169 プラチナ プラチナ24を使用したアメジスト人工ダイヤに入れる為、プラチナ24を永久保存永久光沢の保証に成る。
170 プラチナ針山金属 プラチナ24を使った複数の三角柱針山形状の著作物。
171 軽量陶器部分 色付けの軽量陶器と無地の軽量陶器と絵描き陶器等が有る。
172花弁円柱ガラス部分花弁形状円柱体形状ガラスに成り、切り絵金属シート及びサンゴ及び鼈甲造形物及び色付け象牙の造形物及び世界で宝石と呼ばれるルビー及びエメラルド及びサファィヤ及びアイオライト及びアクアマリン及びアレキサンドライト又はキヤッアイ及びアンダリュサイト及びインカローズ及びインタリオ及びウオーターオパール及びフアイャーオパール及びブラックオパール及びボルダオパール及びホワイトオパール及びガーネット及びグリーングロッシュラーガーネット及びロードライトガーネット及びシェルカメオ及びストーンカメオ及び3カラー
及びキャッツアイ及びキュービックジルコニア及びクンツァイト及びコハクなどの宝石の人工ダイヤアメジストに入れた宝石の飾り台の著作権物。
173 自然ダイヤ カットダイヤ使用。
174 金プラチナのライン線0,5ミリメートルずつゴールドとプラチナ金属繋がり線を使用し人工ダイヤの中に入る為、24金を使用する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ