図面 (/)

技術 ショーケースの清掃装置

出願人 株式会社アリガ
発明者 高久勝広江尻敦司小川春陽渡部健春
出願日 2012年3月29日 (8年7ヶ月経過) 出願番号 2012-092416
公開日 2013年10月7日 (7年1ヶ月経過) 公開番号 2013-205005
状態 特許登録済
技術分野 ショーケース・商品小出し用棚 冷蔵庫の冷凍ユニット 冷凍機械と関連した装置
主要キーワード ケーシンク 上下伸縮 庫内床面 基台内 ゴミ受け 一体加工 冷却器近傍 外表面近傍
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年10月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

従来の、ショーケース清掃装置としては、冷却器の下側に水皿が配置され、水皿に落下したほこり等はあふれ出た水と共に給水路を伝ってドレン排水口より排出されることで、陳列室内を清潔に保つ構造である。陳列室内を循環している空気は陳列室内の小さなチリやほこり等を含んでおり、更に陳列品鮮度を保つための湿度が含まれている。このチリやほこり及び湿度を有する空気は冷却器において冷却されると、飽和水蒸気圧の低下により結露し、チリやほこりを含んだ水滴となって滴下する。そのため、冷却器下部はチリやほこりが堆積しやすい構造であった。

解決手段

冷気循環を行うショーケースにおいて、冷却室基板底面と冷却器の間に形成される間にスプリング式自由蝶番と自在型伸縮冷媒配管を設けて冷却器がスムーズに90度、回転でき冷却器底面及び床面が容易に清掃できる。

概要

背景

従来、ショーケース清掃装置としては、特許第2529104号(特開昭63−20661号)公報に記載の技術が知られている。この公報には、冷却器風下側に水が配置されており、この水皿には水があふれるぐらい十分な給水が行われている。そして水皿に落下したほこり等はあふれ出た水と共に給水路を伝ってドレン排水口より排出されることで、陳列室内を清潔に保つ技術である。

概要

従来の、ショーケースの清掃装置としては、冷却器の下側に水皿が配置され、水皿に落下したほこり等はあふれ出た水と共に給水路を伝ってドレン排水口より排出されることで、陳列室内を清潔に保つ構造である。陳列室内を循環している空気は陳列室内の小さなチリやほこり等を含んでおり、更に陳列品鮮度を保つための湿度が含まれている。このチリやほこり及び湿度を有する空気は冷却器において冷却されると、飽和水蒸気圧の低下により結露し、チリやほこりを含んだ水滴となって滴下する。そのため、冷却器下部はチリやほこりが堆積しやすい構造であった。冷気循環を行うショーケースにおいて、冷却室基板底面と冷却器の間に形成される間にスプリング式自由蝶番と自在型伸縮冷媒配管を設けて冷却器がスムーズに90度、回転でき冷却器底面及び床面が容易に清掃できる。−2

目的

本発明は、上記問題に着目してなされたもので、その目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

基台内に設けられた冷却室冷却用ファン冷却器が備えられ、冷気循環を行うショーケースにおいて、前記冷却室の基板底面と前記冷却器の間に形成される間にスプリング自由蝶番を設けてある。冷却器がスムーズに回転できるように自在型冷媒配管を設け、容易に冷却器底面及び床面が清掃できるショーケースの清掃装置

請求項2

請求項1に記載のショーケースにおいて、冷却器を上下・左右移動を目的に自在型に動く冷媒配管を設けファンケーシング・冷却器を折りたたむことができることを特徴とするショーケースの清掃装置。

請求項3

請求項1又は2に記載のショーケースにおいて、冷却器とファンケーシングが自由に回転できるように自由蝶番を設けたことを特徴とするショーケースの清掃装置。

請求項4

請求項3に記載のショーケースにおいて、冷却用ファンケーシングが折りたたむことができ、ショーケース庫内清掃時に冷却器とファンケーシングが折りたたむことができることを特徴とするショーケースの清掃装置

請求項5

請求項4に記載のシーケースにおいて、冷却器を上下移動するときに冷媒配管も上下に伸縮移動できることを特徴とする清掃装置。

技術分野

0001

本発明は、冷却器を有する業務用ショーケースに関し、特に冷却器が固定設置されたショーケースの清掃装置に関する。

背景技術

0002

従来、ショーケースの清掃装置としては、特許第2529104号(特開昭63−20661号)公報に記載の技術が知られている。この公報には、冷却器の風下側に水が配置されており、この水皿には水があふれるぐらい十分な給水が行われている。そして水皿に落下したほこり等はあふれ出た水と共に給水路を伝ってドレン排水口より排出されることで、陳列室内を清潔に保つ技術である。

先行技術

0003

特許第2529104号(特開昭63−20661号) 特開2002−243336号

発明が解決しようとする課題

0004

以上に述べた従来技術にあっては水を常に循環するための装置が必要であり、コストアップが問題であった。よって、こういった装置を備えることなく清潔かつ衛生的に保つ必要がある。冷気循環を行うショーケースにおいては、冷却用ファンから送風された空気は冷却器に送られる。このとき、陳列室内を循環している空気は、陳列室内の小さなチリやほこり等を含んでおり、更に陳列品鮮度を保つための湿度が含まれている。このチリやほこり及び湿度を有する空気は冷却器において冷却されると、飽和水蒸気圧の低下により結露し、チリやほこりを含んだ水滴となって滴下する。その為、冷却器下部はチリやほこりが堆積しやすい。

0005

この冷却器下部は、陳列室内を循環している空気の通り道になっており、そこに溜まったチリやほこりは、ショーケース内の陳列品の衛生を保つために、清掃して取り除く必要があるが、冷却器が冷却室の陳列室内側底面近くの狭いスペースに固定設置されている為、その部分の清掃が困難であるという問題があった。また、小型のショーケースにおいて、冷却器が容易に取り外し可能なものもあるが、大型のショーケースになると、冷却器も大きいため固定設置せざるを得ない。よって、清掃時には冷却器を取り外すために、例えば業者等に依頼しなければならず、コストがかかるという問題があった。

0006

本発明は、上記問題に着目してなされたもので、その目的とするところは、基台内に設けられた冷却室に冷却用ファンと冷却器が備えられたショーケースにおいて、冷却器を取り外すことなく容易に冷却器下部を清掃可能なショーケースの清掃装置を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

上記目的を達成する為、基台内に設けられた冷却室に冷却用ファンと冷却器が備えられ、冷気循環を行うショーケースにおいて、前記冷却室の基板底面と前記冷却器の間に形成される間にスプリング式自由蝶番を設けて冷却器がスムーズに回転でき、また自在型伸縮冷媒配管を設け容易に冷却器底面及び床面が清掃できるように冷却器を固定式で無く移動可能な冷却器を設けたものである。

0008

また、第2の解決手段は、前記載のショーケースにおいて、冷却器を上下・移動を目的に自在型に動く、冷媒配管を設け、自由蝶番を支点に上下するファンケーシングにより構成としたものである。

0009

また、冷却器とファンケーシングが自由に回転できるようにスプリング自由蝶番を設けたことである。

0010

ショーケースの清掃時に、冷却用ファンケーシングと冷却器が折りたたむことができショーケース床面及び冷機器全体を簡単に清掃ができ、短時間での清掃効果を発揮する。

0011

冷却器を上下左右移動させるときに冷媒配管も上下伸縮させることができる様に伸縮配管を設けた。

発明の効果

0012

上述したように本発明にあっては、冷却器及びファンケーシングを折りたたむことができる。よって、チリやほこりを含んで滴下した水滴等は庫内床面に堆積されるが清掃時に容易に冷却器を折りたたむことができ、簡単に冷却器下部を清掃ができ基台内を清潔に維持することができる。また、従来は冷却器を取り外さなければ清掃できなかった箇所が簡単に清掃可能となり、清掃コストの低減を図ることができる。

0013

また、ショーケースの清掃装置では、冷却器を上下・左右移動を目的に自在型に動く冷媒配管を設けファンケーシング・冷却器を移動でき、容易に清掃が可能となり雑菌繁殖温床を除去することが可能となり、また、クリーンな冷却器を再現できることから熱交換効率を高めることができ冷却効率の向上を図ることができる

0014

また、ショーケース庫内清掃時に冷却器とファンケーシングが折りたたむことができ、ショーケースのハッチバック方式の場合は客側(正面側)より清掃ができる。また、正面クローズケースの場合は売り子側(裏側)より清掃することができ清掃作業を短縮できる

図面の簡単な説明

0015

実施の形態におけるショーケースの斜視図である。実施の形態におけるショーケースの縦断面図である。実施の形態における冷却器近傍の拡大断面図である。本発明の実施の形態を示す冷却器及びファンケーシンクの断面図冷却器及びファンケーシンクの上下移動過程の断面図冷却器及びファンケーシンクの移動時の断面図

実施例

0016

以下、本発明の実態の形態を図1〜図4−3に基づいて説明する。

0017

図1は実施の形態におけるショーケースの斜視図、図2は実施の形態におけるショーケースの側断面図である。

0018

まず構成を説明すると、基台5上にそれぞれ透明な前壁12と一対の側壁7,8と天壁9とが配置され、後背部には引き違いの扉10,11が設けられている。

0019

陳列室内には、側壁7,8に懸架される陳列棚13が配置されている。そして、基台5内部の基板14上には冷却器1が配置され、前壁12と陳列室内底板15との間に形成される吸込口16と冷却器1の間には冷却用ファン4aが設けられている。これにより、陳列室内底板15と扉10,11の間には吐出口17が設けられ矢印で示す冷気循環路を形成している。

0020

図2中、基台5内部の扉10,11側には、水路19及びドレン排水口20が設けられ陳列室内及び基台5内部をシャワー等で洗浄した際の水を排水することができる。尚、本実施の形態では基板14は水路19側が低くなるように傾斜が設けられていて効率よく排水することができる。また、基台5の内部にはブロック状に複数分割された、断熱材6が埋設され、冷気循環路断熱効果を高めることで、熱効率の向上を図っている。更に、冷却器1から送風された冷気が直接あたる扉10,11の下部には、基台5の外表面近傍の断熱材6内には防露ヒータ18が設けられ、冷気と外気との温度差により生ずる過度結露発生を防止している。また、水路19には、ゴミ受け21が挿入されている。

0021

図3は実施の形態の冷却器1・ファンケーシング4b・冷媒配2a周辺を拡大した拡大断面図である。冷却器1には回転蝶番3が設けられ冷媒配管2aは伸縮性のある素材で形成され、パイプシャフト2bに挿入される。冷却器1と基板14間に隙間をなくし冷却器全体を熱交換することで高湿度管理ができるショーケースが可能となる。

0022

次に作用を説明する。冷却用ファン4aから送風された空気は冷却器1に送られる。このとき、陳列室内を循環している空気は、陳列室内の小さなチリやほこり等を含んでおり、更に陳列品の鮮度を保つための湿度が含まれている。このチリやほこり及び湿度を有する空気は冷却器1において冷却されると、飽和水蒸気圧の低下により結露し、チリやほこりを含んだ水滴となって滴下する。この水滴は基板14の冷却器1下部に落下、基台外に流れるがゴミ等は冷却器1及び基板14に付着する。図4−1〜図4−3は、清掃メンテナンスとして冷却器1及びファンケーシング4bを折りたたんで、シャワー等により水で洗浄して清掃することで基台5内を清潔に維持することができる。

0023

以上説明したように、本実施の形態のショーケースの清掃装置においては、基板14と冷却器1の間に形成される自由回転できる蝶番3とフアンケーシング4bと基板14に自由蝶番3が設けられており、上下左右移動できる冷媒配管2aとで構成されており、冷却器及びファンケーシングを折りたたんで清掃することで基台内を清潔に維持することができ、清掃コストの低減を図ることができる。以上のように、本実施形態によれば従来は冷却器を取り外さなければ清掃できなかった箇所が簡単に清掃できるものである。

0024

以上、実施の形態に基づき説明してきたが、具体的な構成については、これらの実施の形態に限られるものではなく、特許請求の範囲の各請求項に記載された本発明の要旨を逸脱しない限り、設計の変更や追加等は許容される。例えば、冷却器とファンケーシングを一体加工でも良い。

0025

2a冷媒配管
2b 挿入部
3スプリング自由蝶番
4aファンモータ
4bファンケーシング
5基台
6断熱材
7,8側壁
9天壁
10、11 扉
12陳列棚
13 側壁
14基板
15陳列室内底板
16吸込口
17吐出口
18防露ヒータ
19水路
20 排水口
21 ゴミ受け

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • サンデン・リテールシステム株式会社の「 商品陳列装置」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】商品の補充作業を行う作業者の作業負担の低減を図ることのできる商品陳列装置を提供する。【解決手段】ショーケース10と商品貯蔵部20との間に設けられ、商品貯蔵部20に貯蔵された商品Gを取り出すとと... 詳細

  • サンデン・リテールシステム株式会社の「 冷却システム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】安定した温度制御を行うとともに効率的な運転を行う冷却システムを提供する。【解決手段】圧縮機11と、凝縮器12と、膨張弁14と、蒸発器15と、冷媒配管6と、を備えた冷却システム1であって、ショー... 詳細

  • 住友重機械搬送システム株式会社の「 冷凍倉庫用の自動倉庫システム」が 公開されました。( 2020/09/24)

    【課題】作業効率を向上させるだけではなく、節電効果も向上させることができる冷凍倉庫用の自動倉庫システムを提供する。【解決手段】荷2を冷凍保管可能な自動倉庫システム1は、荷2を冷凍保管する冷凍保管棚8と... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ