図面 (/)

技術 データ表示部付き生地及びその製造方法

出願人 グンゼ株式会社
発明者 下城貴志
出願日 2012年3月23日 (7年3ヶ月経過) 出願番号 2012-067677
公開日 2013年10月3日 (5年9ヶ月経過) 公開番号 2013-199714
状態 特許登録済
技術分野 繊維材料の処理 衣服制作のための方法、機器 染色 デジタルマーク記録担体
主要キーワード 区画ライン 帯状生地 生地パーツ 裁断作業 画像処理機 生地組織 格納番地 プログラム装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年10月3日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

裁断工程での裁断プログラム生成などのように、種々様々なデータを必要とするデータ管理を迅速、簡単且つ正確に実行できるようにして、衣類の製造など、全体工程にわたる生産能率飛躍的な向上を図ることも可能にする。

解決手段

衣類の製造などに用いる生地において、パーツパターン2の表示領域として生地1上に想定される複数のパターン区画4に対してそれらの区画内又は区画外に、パーツパターン2の特定情報を非接触で読み取り可能にする少なくとも一つのデータ表示部3が設けられたものとする。

概要

背景

身頃などの生地パーツを、帯状生地などの生地から切り出す場合にあって、生地をテーブル上に支持させ、このテーブル上で、回転刃回転駆動させた裁断ヘッドを移動させる構成の生地裁断装置を用いることが知られている(例えば、特許文献1等参照)。
生地には、予め、切り出そうとする生地パーツの柄(以下、「パーツパターン」と言う)をインクジェット捺染等により表示しておく場合がある。この場合、生地裁断装置では、裁断に先だってパーツパターンに対応する裁断プログラムを生成(プログラミング)する必要がある。この裁断プログラムは、パーツパターンの配置(輪郭座標)を規定した裁断データを用いて構成される。

裁断プログラムの生成は、基本的には、作業者による人為的な作業によって行われるものであって、データベース蓄積された多数の裁断データ類の中からパーツパターンに適合するものを選択してプログラム装置へ読み込ませるようにしていた。
なお、裁断データ類の選択間違いを防止したり面倒さを解消したりする目的のもと、データ読み出し用の情報を一次元コードバーコード等)化して印刷したラベルを、予め、生地の1箇所に貼付しておき、裁断工程の開始時に、作業者がこのラベルをコードリーダーで読み取らせ、データベースから裁断データを読み出すという方法が試されることもあった。

概要

裁断工程での裁断プログラム生成などのように、種々様々なデータを必要とするデータ管理を迅速、簡単且つ正確に実行できるようにして、衣類の製造など、全体工程にわたる生産能率飛躍的な向上をることも可能にする。衣類の製造などに用いる生地において、パーツパターン2の表示領域として生地1上に想定される複数のパターン区画4に対してそれらの区画内又は区画外に、パーツパターン2の特定情報を非接触で読み取り可能にする少なくとも一つのデータ表示部3が設けられたものとする。

目的

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであって、裁断工程での裁断プログラム生成などのように、種々様々なデータを必要とするデータ管理を迅速、簡単且つ正確に実行できるようにして、衣類の製造など、全体工程にわたる生産能率の飛躍的な向上を図ることも可能にするデータ表示部付き生地及びその製造方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

パーツパターンの表示領域として生地上に想定される複数のパターン区画に対してそれらの区画内又は区画外に、前記パーツパターンの特定情報を非接触で読み取り可能にする少なくとも一つのデータ表示部が設けられていることを特徴とするデータ表示部付き生地。

請求項2

前記データ表示部は、前記パターン区画の外周部、前記パターン区画内に表示されるパーツパターンの外周部、前記パターン区画内に表示されるパーツパターン中であって切り抜き予定される余白部、前記パターン区画内に表示されるパーツパターン中の一部、のうちいずれか一つに配置されていることを特徴とする請求項1記載のデータ表示部付き生地。

請求項3

前記パターン区画には複数のパーツパターンが分散配置されており、これら各パーツパターンに個別に割り当てて前記データ表示部が配置されていることを特徴とする請求項2記載のデータ表示部付き生地。

請求項4

前記データ表示部は、各パーツパターンに付随させる除去予定位置又は接合予定位置に配置されていることを特徴とする請求項3記載のデータ表示部付き生地。

請求項5

前記生地は帯状に長く形成された帯状生地であって、当該生地の帯長手方向に沿って前記パターン区画が複数想定されるものとなっており、各パターン区画ごとに前記データ表示部が配置されていることを特徴とする請求項1乃至請求項4のいずれか1項に記載のデータ表示部付き生地。

請求項6

前記生地の帯長手方向に沿って想定される各パターン区画ごとの前記データ表示部は、前記生地の帯長手方向で並んで整列配置されていることを特徴とする請求項5記載のデータ表示部付き生地。

請求項7

前記生地は帯状に長く形成された帯状生地であって、当該生地の帯幅方向に前記パターン区画が複数想定されるものとなっており、各パターン区画ごとに前記データ表示部が配置されていることを特徴とする請求項1乃至請求項4のいずれか1項に記載のデータ表示部付き生地。

請求項8

前記生地の帯幅方向に沿って想定される各パターン区画ごとの前記データ表示部は、前記生地の帯幅方向で並んで整列配置されていることを特徴とする請求項7記載のデータ表示部付き生地。

請求項9

前記データ表示部は、一次元コード又は二次元コードであることを特徴とする請求項1乃至請求項8のいずれか1項に記載のデータ表示部付き生地。

請求項10

前記データ表示部は、捺染により捺染された表示物であることを特徴とする請求項1乃至請求項9のいずれか1項に記載のデータ表示部付き生地。

請求項11

パーツパターンの表示領域として生地上に想定されるパターン区画の区画内又は区画外に、前記パーツパターンの特定情報を非接触で読み取り可能にする少なくとも一つのデータ表示部を、パーツパターンの捺染と先行後行、又は並行して設けることを特徴とするデータ表示部付き生地の製造方法。

請求項12

前記パーツパターンは、インクジェット捺染により捺染するものとし、このインクジェット捺染に用いる捺染プログラムに前記データ表示部の捺染データを組み込んで、1サイクルのインクジェット捺染により前記パーツパターンと前記データ表示部とを同時に生地に設けることを特徴とする請求項11記載のデータ表示部付き生地の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、データ表示部が付された生地及びこのデータ表示部付き生地を製造する方法に関するものである。

背景技術

0002

身頃などの生地パーツを、帯状生地などの生地から切り出す場合にあって、生地をテーブル上に支持させ、このテーブル上で、回転刃回転駆動させた裁断ヘッドを移動させる構成の生地裁断装置を用いることが知られている(例えば、特許文献1等参照)。
生地には、予め、切り出そうとする生地パーツの柄(以下、「パーツパターン」と言う)をインクジェット捺染等により表示しておく場合がある。この場合、生地裁断装置では、裁断に先だってパーツパターンに対応する裁断プログラムを生成(プログラミング)する必要がある。この裁断プログラムは、パーツパターンの配置(輪郭座標)を規定した裁断データを用いて構成される。

0003

裁断プログラムの生成は、基本的には、作業者による人為的な作業によって行われるものであって、データベース蓄積された多数の裁断データ類の中からパーツパターンに適合するものを選択してプログラム装置へ読み込ませるようにしていた。
なお、裁断データ類の選択間違いを防止したり面倒さを解消したりする目的のもと、データ読み出し用の情報を一次元コードバーコード等)化して印刷したラベルを、予め、生地の1箇所に貼付しておき、裁断工程の開始時に、作業者がこのラベルをコードリーダーで読み取らせ、データベースから裁断データを読み出すという方法が試されることもあった。

先行技術

0004

特開2011−195979号公報

発明が解決しようとする課題

0005

裁断工程の開始時に、作業者による人為的な作業により各パーツパターンごとに裁断データ類をいちいちデータベースから選択し、裁断プログラムを生成する、という作業は面倒であり、作業効率が低い問題がある。また、裁断データの選択間違いが起こる問題もある。なお、一次元コードが印刷されたラベルから裁断データを読み取るという方法では、裁断データの選択間違いを防止できる利点があるものの、ラベルの貼付作業やコードリーダーを用いた読み取り作業要因となって、やはり、作業効率を十分に高められないという問題が残っていた。

0006

ところで、生地として、生地ロールから巻き出した帯状生地を用い、この生地の帯長手方向に沿って複数のパターン区画を想定し、各パターン区画ごとにパーツパターンを表示させることがある。最近になって、本出願人は、それぞれのパターン区画ごとに表示させるパーツパターンを異ならせることも視野に入れている。
言うまでもなく、パーツパターンを異ならせれば、選択すべき裁断データも異なってくるので、パターン区画ごと、場合によってはパーツパターンごとに裁断プログラムも組み直す必要がある。

0007

このように状況下にあって、全てのパーツパターンに個別に対応させるように、一次元コードが印刷されたラベルを貼付したり、それらのラベルをコードリーダーでいちいち読み取るようなことは、作業者による人為作業として実現性が乏しく、実行不可能と言わざるを得ない。
一方、裁断工程で切り出された生地パーツを下流の工程(縫製工程等)へ移送し、作業する場合には、各生地パーツに関するサイズや形状などの各種データを把握及び管理する必要がある。しかし、生地パーツとして切り出された時点で、当該生地パーツに関する個別情報は生地パーツと切り離されているので、このようなデータ管理はできない。

0008

そこで従来は、生地パーツの移送に用いるパレットケースごとに情報カード付帯
せる、といった簡便な方式で対処していたのが実情である。それ故、面倒であると共に、情報カードの入れ間違いや紛失等が起こると、作業が滞ったり、作業ミスが生じたりする重大問題に繋がることもあった。
本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであって、裁断工程での裁断プログラム生成などのように、種々様々なデータを必要とするデータ管理を迅速、簡単且つ正確に実行できるようにして、衣類の製造など、全体工程にわたる生産能率飛躍的な向上を図ることも可能にするデータ表示部付き生地及びその製造方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0009

前記目的を達成するために、本発明は次の手段を講じた。
即ち、本発明に係るデータ表示部付き生地では、パーツパターンの表示領域として生地上に想定される複数のパターン区画に対してそれらの区画内又は区画外に、前記パーツパターンの特定情報を非接触で読み取り可能にする少なくとも一つのデータ表示部が設けられていることを特徴とする。

0010

具体的に、前記データ表示部は、前記パターン区画の外周部、前記パターン区画内に表示されるパーツパターンの外周部、前記パターン区画内に表示されるパーツパターン中であって切り抜き予定される余白部、前記パターン区画内に表示されるパーツパターン中の一部、のうちいずれか一つに配置されたものとすればよい。
前記パターン区画には複数のパーツパターンが分散配置されており、これら各パーツパターンに個別に割り当てて前記データ表示部が配置されているものとしてもよい。

0011

この場合、前記データ表示部は、各パーツパターンに付随させる除去予定位置又は接合予定位置に配置されているものとするのがよい。
前記生地は帯状に長く形成された帯状生地であって、当該生地の帯長手方向に沿って前記パターン区画が複数想定されるものとなっており、各パターン区画ごとに前記データ表示部が配置されたものとすることができる。

0012

この場合、前記生地の帯長手方向に沿って想定される各パターン区画ごとの前記データ表示部は、前記生地の帯長手方向で並んで整列配置されているものとするのがよい。
前記生地は帯状に長く形成された帯状生地であって、当該生地の帯幅方向に前記パターン区画が複数想定されるものとなっており、各パターン区画ごとに前記データ表示部が配置されているものとしてもよい。

0013

この場合、前記生地の帯幅方向に沿って想定される各パターン区画ごとの前記データ表示部は、前記生地の帯幅方向で並んで整列配置されているものとするのがよい。
前記データ表示部は、一次元コード又は二次元コードとすることができる。
前記データ表示部は、捺染により捺染された表示物としてもよい。
一方、本発明に係るデータ表示部付き生地の製造方法では、パーツパターンの表示領域として生地上に想定されるパターン区画の区画内又は区画外に、前記パーツパターンの特定情報を非接触で読み取り可能にする少なくとも一つのデータ表示部を、パーツパターンの捺染と先行後行、又は並行して設けることを特徴とする。

0014

前記パーツパターンは、インクジェット捺染により捺染するものとし、このインクジェット捺染に用いる捺染プログラムに前記データ表示部の捺染データを組み込んで、1サイクルのインクジェット捺染により前記パーツパターンと前記データ表示部とを同時に生地に設けるようにすればよい。

発明の効果

0015

本発明に係るデータ表示部付き生地及びその製造方法では、裁断工程での裁断プログラム生成などのように、種々様々なデータを必要とするデータ管理を迅速、簡単且つ正確に実行できるものであり、その結果、衣類の製造など、全体工程にわたる生産能率の飛躍的な向上を図ることも可能になる。

図面の簡単な説明

0016

本発明に係る生地の第1実施形態を示した平面図である。
本発明に係る生地の第2実施形態を示した平面図である。
本発明に係る生地の第3実施形態を示した平面図である。
本発明に係る生地の第4実施形態を示した平面図である。
本発明に係る生地の第5実施形態を示した平面図である。
本発明に係る生地の第6実施形態を示した平面図である。
第3実施形態の生地から切り出した生地パーツを示した平面図である。

実施例

0017

以下、本発明の実施の形態を、図面に基づき説明する。
[第1実施形態]
図1は、本発明に係る生地1の第1実施形態を示している。本第1実施形態の生地1には、パーツパターン2(切り出そうとする生地パーツを柄状に表示させたもの)の特定情報を非接触で読み取り可能にする、少なくとも一つのデータ表示部3が設けられたものとなっている。この生地1には、パーツパターン2の表示領域として複数のパターン区画4が想定される。前記したデータ表示部3は、これら複数のパターン区画4に対し、それぞれ個別に少なくとも1つを対応させた配置となっている。

0018

生地1には、パーツパターン2が未だ設けられていない状態(無地)で生地1上にパターン区画4が想定され、且つデータ表示部3が設けられているものを含むものとする。
なお、このパターン区画4は、パーツパターン2を切り出すときに用いる生地裁断装置(図示略)が、その動作制御の中で設定する仮想的なもの(生地1の画像検出を行った場合に設定する計算上の領域や、コンピュータ画面などで設定する領域)としてもよいし、生地1に対して視覚的に認識できるように囲みライン状又はカラー領域状に表示したもの(レーザー光照射して表示した囲みライン等を含む)としてもよい。

0019

このようなパターン区画4に対するデータ表示部3の具体的な配置は、パターン区画4の区画内に完全に収まる位置とすればよい。但し、パターン区画4の区画外であっても当該パターン区画4との関連性が一義的に特定できる程度に近接する位置としてあれば、問題となることはない。すなわち、データ表示部3はパターン区画4の区画外に配置してもよい。また更に、データ表示部3は、図1に示したように、パターン区画4の区画ライン上に跨るように(区画内及び区画外へはみ出すように)設けてもよい。

0020

本第1実施形態において、生地1は生地ロールから巻き出された帯状生地としてあり、パターン区画4が、生地1の帯長手方向に沿って互いに隣接するように複数想定されるものとしてある。ここにおいて、生地1の帯長手方向は図1の左右方向であり、生地1の帯幅方向は図1の上下方向である。また本第1実施形態では、一つのパターン区画4に対して一つのパーツパターン2が表示されていると共に、一つのパターン区画4に対して一つのデータ表示部3が設けられている。

0021

生地1の帯長手方向に沿って想定される各パターン区画4ごとのデータ表示部3は、生地1の帯長手方向で並んで(一列に並んで)整列配置されている。すなわち、帯長手方向に平行する生地端のうち、少なくとも一方側からの距離が同じとなるように配置されている。
データ表示部3をこのような配置としておくことで、生地1(パターン区画4)の中からデータ表示部3を検出し、読み取る作業を迅速且つ確実に行えるようになる。

0022

データ表示部3は、パーツパターン2を一義的に特定するような特定情報につき、この特定情報を非接触のまま読み取り可能にするものである。具体的には一次元コード(いわゆるバーコード等)や二次元コード(いわゆるQRコード登録商標)等)とすればよい。このデータ表示部3は、インクジェット捺染の他、スクリーン捺染などの各種捺染方法でも捺染することができる。

0023

データ表示部3を捺染するインクは特に限定されるものではない。例えば、パーツパターン2を捺染によって表示する場合であれば、パーツパターン2の捺染に用いるのと同種のインクを採用してデータ表示部3を捺染すればよい。
その他、特定の光を当てたときだけ判別できるようになるインク(例えば、赤外線に対するステルスインクブラックライトに対する蛍光塗料等)を採用してデータ表示部3を捺染することも可能である。このようなインクを用いると、特定の光を当てない限り、データ表示部3は不鮮明又は視認不能となるので、生地1又は切り出した後の生地パーツと
しての外観性を向上させることができる。

0024

また、データ表示部3を捺染するインクとして、水溶性のインクを採用することも可能である。このようなインクを用いると、データ表示部3としての用途が終了した後には当該データ表示部3のみを洗い流せる(パーツパターン2は水洗後も残る)ので、生地1又は切り出した後の生地パーツとしての外観性を向上させることができるうえに、情報の流出を防止できる(秘匿性の確保)利点もある。

0025

データ表示部3を水溶性のインクで捺染する場合、データ表示部3は、パーツパターン2中の一部に配置するようにしてもよい。この場合、生地1(パターン区画4)からパーツパターン2の輪郭に一致又は沿わせるようにして生地パーツを切り出した後も、切り出された生地パーツに対してデータ表示部3を表示させておくことができることとなる。そのため、裁断工程の下流側(例えば縫製工程など)においても生地パーツの情報管理が行えるという画期的な効果を得ることができる。

0026

データ表示部3は、パーツパターン2を一義的に特定するための特定情報を有したものであれば、どのような情報であるかについては特に限定されるものではない。
例えば、データ表示部3は、生地1、又はパターン区画4の中でのパーツパターン2の配置(輪郭座標)を規定した裁断データ(生地裁断装置において裁断ヘッドを移動させるときに用いる座標データ)が多種蓄積されたデータベースから、特定のパーツパターン2に対応した裁断データを読み出すための情報(格納番地等)とすることができる。

0027

このような裁断データは、生地1(パターン区画4)からパーツパターン2の輪郭に一致又は沿わせるようにして生地パーツを切り出す際に、裁断プログラムを生成するためのものとして活用できる。
すなわち、裁断工程の開始時に、人為的又は機械的に、専用のコードリーダーやラインセンサカメラ等の画像処理機でデータ表示部3を読み取らせ、データベースに蓄積された多種の裁断データ類の中からパーツパターン2に適合する適正な裁断データを選び出して、プログラム装置で裁断プログラムを生成させる、といった使用が可能となる。

0028

その他、データ表示部3は、パーツパターン2の形状、サイズ、色や柄、分類、生地種などの直接的且つ具体的な情報としたり、当該情報をデータベースから読み出すための格納番地等の情報としたりすることもできる。
本第1実施形態では、生地1が帯状生地であって、その帯長手方向に複数のパターン区画4が並んで設けられたものとなっているが、各パターン区画4に設けるパーツパターン2は、それぞれ独自の判断で選出されたものとしてある。従って、隣り合うパターン区画4間で、パーツパターン2が同じである場合もあるし、異なる場合もある。当然に、パーツパターン2が同じである場合は、各パターン区画4に対応したデータ表示部3も同じ特定情報を有したものとされており、パーツパターン2が異なる場合は、各パターン区画4に対応したデータ表示部3も異なる特定情報を有したものとされている。

0029

このような構成であるので、切り出す生地パーツとして、他品種少量生産に柔軟に対応できることになる。例えば、切り出した生地パーツを用いて衣類を製作する場合、その衣類の購入者が、それぞれの所望するサイズや形状、柄などを要求するものとしても、各購入者ニーズに柔軟に応えることができるものである。
本発明に係る生地1を製造するには、パーツパターン2の表示領域として生地1上に想定されるパターン区画4の区画内又は区画外に、パーツパターン2の特定情報を非接触で読み取り可能にする少なくとも一つのデータ表示部3を、パーツパターン2の捺染と先行、後行、又は並行して設けるようにする。

0030

例えば、パーツパターン2及びデータ表示部3を同種のインクでインクジェット捺染により捺染する場合であれば、生地1に対して、パーツパターン2とデータ表示部3とを同時並行して捺染するようにすればよい。
この場合、パーツパターン2のインクジェット捺染に用いる捺染プログラムに対し、データ表示部3の捺染データを組み込んで、1サイクルのインクジェット捺染により、パーツパターン2とデータ表示部3とを生地1に捺染するようにする。但し、1サイクル中においては、パーツパターン2とデータ表示部3のいずれが先行、又は後行するかが限定さ
れるものではなく、場合によっては同時並行させてもよい。

0031

一方、データ表示部3の捺染インクとして、特定の光を当てたときだけ判別できるインクや水溶性インクなどを用いる場合であれば、生地1に対してパーツパターン2を捺染するより前に、データ表示部3を先行して捺染するようにしてもよいし、反対に、パーツパターン2を捺染した後に、データ表示部3を後行して捺染するようにしてもよい。
[第2実施形態]
図2は、本発明に係る生地1の第2実施形態を示している。本第2実施形態も第1実施形態(図1参照)と同様に、生地1は生地ロールから巻き出された帯状生地としてあり、パターン区画4が、生地1の帯長手方向に沿って互いに隣接するように複数想定されるものとしてある。

0032

加えて、本第2実施形態では、パターン区画4は、生地1の帯幅方向(図2の上下方向)にも沿うように、互いに隣接して複数(図例では3区画)想定されるものとしてある。そして、一つのパターン区画4に対して一つのパーツパターン2が表示されていると共に、一つのパターン区画4に対して一つのデータ表示部3が設けられている。
そのため、生地1として、その帯幅標準サイズを超えた広幅サイズのもの(例えば、1000mmを超えるようなサイズ)としてある。このように生地1の広幅化を行っていても、裁断作業の1サイクル内で多くの生地パーツを切り出すことができるようになるので、裁断作業の高能率化が可能となっている。

0033

生地1の帯幅方向に沿って想定される各パターン区画4ごとのデータ表示部3は、生地1の帯幅方向で並んで(一列に並んで)整列配置されている。すなわち、帯幅方向に沿うように(帯長手方向と略直交するように)大断ちされた生地端(図2の左端側に示した生地先端)からの距離が同じとなるように配置されている。
データ表示部3をこのような配置としておくことで、生地1(パターン区画4)の中からデータ表示部3を検出し、読み取り作業を迅速且つ確実に行えるようになる。

0034

本第2実施形態では、前記したように生地1の帯長手方向だけでなく、帯幅方向にも複数のパターン区画4が並んで設けられている。従って、帯長手方向及び帯幅方向で隣り合う全てのパターン区画4について、パーツパターン2を、それぞれ独自の判断で選出されたものとすることができる。それ故、切り出す生地パーツとして、第1実施形態にも増して他品種少量生産に柔軟に対応できることになる。

0035

なお、帯長手方向及び帯幅方向で隣り合う全てのパターン区画4について、パーツパターン2を同じとすることも当然に可能である。
[第3実施形態]
図3は、本発明に係る生地1の第3実施形態を示している。本第3実施形態も第1実施形態(図1参照)と同様に、生地1は生地ロールから巻き出された帯状生地としてあり、パターン区画4が、生地1の帯長手方向に沿って互いに隣接するように複数想定されるものとしてある。

0036

本第3実施形態では、生地1が広幅化されたもの(例えば、2000mm)として、生地1の帯幅方向(図3の上下方向)で複数(図例では3つ)のパーツパターン2が分散配置されたものとしてある。但し、第2実施形態(図2参照)とは異なり、生地1の帯幅方向に略対応するように(生地1の帯幅方向で並んだ全てのパーツパターン2を含めるように)パターン区画4が想定されている。そして、この一つのパターン区画4に対してデータ表示部3は一つだけ設けられている。図例では、パターン区画4の外周部にデータ表示部3が配置されたものとしてある。

0037

なお、このように設けられたデータ表示部3が裁断データを読み出すための情報とされる場合では、裁断データ(読み出されたデータ)の中に、各パターン区画4内に配置された全パーツパターン2の配置(輪郭座標)が組み合わされているものとする。
[第4実施形態]
図4は、本発明に係る生地1の第4実施形態を示している。本第4実施形態も第1実施形態(図1参照)と同様に、生地1は生地ロールから巻き出された帯状生地としてあり、パターン区画4が、生地1の帯長手方向に沿って互いに隣接するように複数想定されるも
のとしてある。

0038

加えて、本第4実施形態も第2実施形態(図2参照)と同様に、パターン区画4は、生地1の帯幅方向(図4の上下方向)にも沿うように、互いに隣接して複数(図例では3区画)想定されるものとしてある。そして、一つのパターン区画4に対して一つのパーツパターン2が表示されていると共に、一つのパターン区画4に対して一つのデータ表示部3が設けられている。

0039

但し、本第4実施形態では、第2実施形態(図2参照)とは異なり、パターン区画4内に表示されるパーツパターン2中であって、このパーツパターン2から切り抜きが予定される余白部5Aに対してデータ表示部3が配置されている。
なお、データ表示部3は、図示した余白部5Aとは別の余白部5Bや5Cに対して配置してもよいことは言うまでもない。
[第5実施形態]
図5は、本発明に係る生地1の第5実施形態を示している。本第5実施形態も第1実施形態(図1参照)と同様に、生地1は生地ロールから巻き出された帯状生地としてあり、パターン区画4が、生地1の帯長手方向に沿って互いに隣接するように複数想定されるものとしてある。

0040

加えて、本第5実施形態も第2実施形態(図2参照)や第4実施形態(図4参照)と同様に、パターン区画4は、生地1の帯幅方向(図5の上下方向)にも沿うように、互いに隣接して複数(図例では3区画)想定されるものとしてある。
但し、本第5実施形態では、一つのパターン区画4に対して複数(図例では3つ)のパーツパターン2A,2B,2Cが分散配置されたものとなっている。なお、一つのパターン区画4に対して一つのデータ表示部3が設けられている点は、第2実施形態(図2参照)や第4実施形態(図4参照)と同じである。

0041

各パターン区画4に表示されるパーツパターン2A,2B,2Cは、1着の衣類を構成するのに必要とされるものとしてグループ化されたものとすることができる。
[第6実施形態]
図6及び図7は、本発明に係る生地1の第6実施形態を示している。本第6実施形態も第1実施形態(図1参照)と同様に、生地1は生地ロールから巻き出された帯状生地としてあり、パターン区画4が、生地1の帯長手方向に沿って互いに隣接するように複数想定されるものとしてある。

0042

本第6実施形態も第3実施形態(図3参照)と同様に、生地1が広幅化されたものとしてあり、生地1の帯幅方向に略対応するようにパターン区画4が想定されている。但し、第3実施形態とは異なり、一つのパターン区画4に対して生地1の帯幅方向(図6の上下方向)で複数(図例では3つ)のパーツパターン2が分散配置されているだけでなく、生地1の帯長手方向(図6の左右方向)でも複数(図例では3つ)のパーツパターン2が分散配置されたものとしてある(帯幅方向の各パーツパターン2が、それぞれ2A,2B,2Cで構成されている)。すなわち、図例では一つのパターン区画4に対して総計で9つのパーツパターン2が分散配置されている。

0043

そして、それぞれのパーツパターン2に個別に割り当てるようにして、データ表示部3,3,3(それぞれが3A,3B,3Cによって構成)が配置されている。すなわち、一つのパターン区画4に対してデータ表示部3はパーツパターン2の配置数と同じ数が設けられている。
本第6実施形態では、各パーツパターン2の外周部にデータ表示部3が近接配置されたものとしてある。そのため、生地1(パターン区画4)からパーツパターン2の輪郭に一致又は沿わせるようにして生地パーツを切り出すときに、図7に示すように、生地パーツ(パーツパターン2Aを切り出したものとして例示)に対し、データ表示部3Aが付随するように切り出すことができる。

0044

ここにおいて、パーツパターン2に対するデータ表示部3の配置(生地パーツに対するデータ表示部3の付随距離)をどの程度、近接させておくかについては、生地パーツにおいて「除去予定位置」であること、或いは「接合予定位置」であることを前提とする。殊
に、「除去予定位置」とする場合、切り取り除去が簡単に行え且つ生地パーツを傷めない位置とすることが好適とされ、且つデータ表示部3の占有面積以外に、無駄な除去生地を可及的に生じさせない範囲とすることが好適とされる。

0045

なお、データ表示部3を切り取り除去する場合は、図7に示すように、除去を容易にするために、生地パーツとの境界部分に切れ目7を設けたりミシン目(図示略)を設けたりするとよい。また、生地パーツの繊維目を意識して、データ表示部3の切り取りや引きちぎりが容易且つ綺麗に行える向きで、切れ目7やミシン目を設ける(パーツパターン2に対するデータ表示部3の配置を配慮する)のが好適である。

0046

このような第6実施形態であれば、切り出された生地パーツに付随するデータ表示部3により、裁断工程の下流側(例えば縫製工程など)においても、各生地パーツの情報管理が行えるようになり、極めて有益なものとなる。
また、データ表示部3としての用途(情報管理)が終了した後には、このデータ表示部3を切り取り除去したり、縫製時に接合部内へ隠したりすればよく、こうすることで生地パーツ又はこの生地パーツを用いて縫製した製品としての外観性を向上させることができるものである。また、情報の流出を防止できる(秘匿性の確保)利点もある。

0047

ところで、本発明は、前記実施形態に限定されるものではなく、実施の形態に応じて適宜変更可能である。
例えば、生地1の生地質や厚さ等は何ら限定されるものではなく、天然素材でも合繊素材でもよいし、場合によっては不織布等としてもよい。また広幅サイズであるか標準サイズであるかについても何ら限定されない。

0048

また生地1は、パターン区画4が互いに隣接するように複数想定される大きさを有するものであれば、帯状生地であることが限定されるものではなく、一枚生地(帯状生地の帯長手方向を所定長さに粗切りされたものを含む)としてもよい。この場合、本明細書中で説明した「帯長手方向」や「帯幅方向」は、それぞれ「一辺側」、「他辺側」と読み替えるものとする。

0049

言うまでもなくパーツパターン2の形状、大きさ、配置、配置数、データ表示部3の種類や配置、配置数などは何ら限定されない。
データ表示部3は、裁断プログラムの生成に用いることが限定されるものではなく、切り出された生地パーツとしての管理など、別の目的に用いることも可能である。
パーツパターン2の輪郭に一致又は沿わせるようにして生地パーツを切り出す場合のみならず、パーツパターン2を一部又は全部含ませるようにしつつ当該パーツパターン2との位置的関連を持たせて他の形状の生地パーツを切り出すような場合を含む。

0050

データ表示部3は、水溶性インクを用いた捺染により表示させる場合には、パーツパターン2中の一部に配置してもよい旨、説明した。しかし、水溶性インク以外の染料による捺染でデータ表示部3を捺染する場合であっても、パターン区画4内に表示されるパーツパターン2中の一部に(例えば、柄の一部として)、データ表示部3を配置するようにしてもよい。

0051

データ表示部3は、一次元コードや二次元コードなどの規格化されたものとする以外にも、例えば、カラーコード乱数表を用いた数字コードロゴマーク絵柄などで符号化したコード、或いは、これらを組み合わせるなどして独自性を持たせたもの(コード解析ができる者を制限できるもの)として、形成させることができる。このようにすることで、パーツパターン2から、いちいちデータ表示部3を除去しなくても、データ表示部3に含ませた情報の流出を防止できる利点がある。

0052

パーツパターン2は捺染以外の表示方法によって表示することも可能である。例えば、生地1のベースとなる生地組織編組織や織組織)に対してパーツパターン2の領域だけを異なる生地組織にしたり、或いは刺繍によって表示したりする方法等を採用することもできる。また情報を記憶させたICタグを生地1に対して貼り付けたり、生地組織中へ埋め込んだりするようにしてもよい。

0053

1生地
2(2A,2B,2C)パーツパターン
3(3A,3B,3C)データ表示部
4パターン区画
5A,5B,5C余白部
7 切れ目

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • フェリカネットワークス株式会社の「 情報処理装置、情報処理方法およびプログラム」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題・解決手段】筐体における撮像部と近接無線通信のためのアンテナとの位置関係に係る位置関係情報、および前記撮像部の撮像により得られる撮像画像に係る撮像画像情報を取得する取得部と、前記位置関係情報およ... 詳細

  • 帝人フロンティア株式会社の「 グローブ用布帛および繊維製品」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】高い表面摩擦抵抗、グリップ力、優れた耐久性を併せ持ち、かつ通気性に優れたグローブ用布帛および該布帛を用いてなる繊維製品を提供する。【解決手段】織物組織または編物組織を有するグローブ用布帛であっ... 詳細

  • トッパン・フォームズ株式会社の「 RFIDメディア」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】異なる目的や用途に使用した場合にその旨を識別可能とする。【解決手段】ベース基材10に形成されたアンテナ30a,30bと、一部がベース基材10上にて表出し、外部からの接触状態による抵抗値の変化を... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ