図面 (/)

技術 情報処理装置

出願人 オムロン株式会社
発明者 室井裕介
出願日 2012年3月15日 (8年8ヶ月経過) 出願番号 2012-058505
公開日 2013年9月26日 (7年2ヶ月経過) 公開番号 2013-191154
状態 特許登録済
技術分野 計算機・初期化 マルチプログラミング ストアードプログラム
主要キーワード リセット対象 押し込み部材 設定切替 実行アプリ アクセス部分 リセット実行 コア単位 D表示
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年9月26日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

複数の演算処理部を備えて仮想的に複数のOSを並列に実行する情報処理装置において、容易にOS単位でリセットを可能とする。

解決手段

VMM73は、設定ファイル77に従って、第1のOS71、第2のOS72など複数のOSそれぞれについて、記憶領域などのハードウェア資源割り当てを行う。PC100は、ハードウェア資源としてスイッチ51を備えている。スイッチ51はPC100の外部に備えられ、スイッチ51に対してユーザが操作することによりリセットが実行される。スイッチ51は、OS指定部61において、ユーザよりOSの指定を受け付ける。スイッチ51により開始ボタン62への押下操作を受け付けると、PC100は、OS指定部61における指定に従ってリセットを実行する。表示部では、OSがクラッシュしているか否かやスイッチ51の操作ガイドオーバーレイ表示される。

概要

背景

OSが動作するコンピュータソフトウェアにより仮想的に実現する仮想化技術が用いられている(特許文献1参照)。VM(Virtual Machine)とは、あるOSが動作するコンピュータをソフトウェアにより仮想的に実現したものである。VMMとは、コンピュータを仮想化し、それぞれのOSに対応したVMを動作させることで、複数の異なるOSを並列に実行できるようにするソフトウェアである。ソフトウェアにより仮想的なコンピュータを実現し、VM上で様々なアプリが実行される。

近年では、マルチコアシステムなど複数の演算処理部を備えたシステムが一般的になってきている(下記の特許文献等参照)。マルチコアシステムにおいても、VMMにより仮想的に複数のOSを動作させている。VMMは、どのOSにどのコア割り当てるかといった、PC(Personal Computer)のハードウェア資源の割り当てを管理している。

この割り当ては、例えば、テキストデータで記述された設定ファイルに基づいて、VMMの起動時になされる。VMMは、設定ファイルに従って、CPU(Central Processing Unit)やI/O(Input/Output)デバイスなどのハードウェア資源を、それぞれのOSに割り当てる。

ハードウェア資源の競合がOS間で発生することを避けるために、VMMによりハードウェア資源の管理をしている。また、VMMは、例えば、各OSがアクセス可能共有メモリ領域を確保してこの領域へのアクセスを管理することにより、各OSにハードウェア資源を共有させることもできる。これにより、OS間でデータの受け渡し等が可能となる。

概要

複数の演算処理部を備えて仮想的に複数のOSを並列に実行する情報処理装置において、容易にOS単位でリセットを可能とする。VMM73は、設定ファイル77に従って、第1のOS71、第2のOS72など複数のOSそれぞれについて、記憶領域などのハードウェア資源の割り当てを行う。PC100は、ハードウェア資源としてスイッチ51を備えている。スイッチ51はPC100の外部に備えられ、スイッチ51に対してユーザが操作することによりリセットが実行される。スイッチ51は、OS指定部61において、ユーザよりOSの指定を受け付ける。スイッチ51により開始ボタン62への押下操作を受け付けると、PC100は、OS指定部61における指定に従ってリセットを実行する。表示部では、OSがクラッシュしているか否かやスイッチ51の操作ガイドオーバーレイ表示される。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の演算処理部と、記憶部と、複数のI/Oデバイスとを含むハードウェア資源を備え、VMM(Virtual Machine Monitor)により仮想的に複数のOS(Operating System)を並列に実行する情報処理装置であって、前記ハードウェア資源は、OSの再起動開始のユーザ操作受け付けるスイッチを含み、前記記憶部は、前記複数のOSそれぞれについてのハードウェア資源の割り当てを示す設定情報と、前記VMMとを記憶し、前記VMMは、前記設定情報に示される割り当てに基づいて各OSにハードウェア資源を割り当てて各OSの動作を管理し、前記スイッチにより再起動開始のユーザ操作を受け付けることにより、前記設定情報に基づいて、前記スイッチにより指定されたOSの再起動を開始するとともに前記スイッチに未指定のOSの稼働を維持する、情報処理装置。

請求項2

前記スイッチは、OSを指定するためのOS指定スイッチと、再起動を開始する操作を受け付けるためのリセット実行タンとを含み、前記リセット実行ボタンは、押下操作がなされることにより、割り込み信号を発生させ、前記VMMは、前記割り込み信号を受けて、前記OS指定スイッチに指定されるOSの再起動を開始する、請求項1記載の情報処理装置。

請求項3

前記記憶部は、前記OS指定スイッチにより指定されるOSを示すOS指定情報を記憶しており、前記VMMは、前記割り込み信号を受けて、前記OS指定情報を読み出し、読みだしたOS指定情報に示されるOSの再起動を開始する、請求項2記載の情報処理装置。

請求項4

いずれかの前記OSは、表示画像を生成して表示部により表示させており、前記VMMは、前記スイッチの操作方法を示すガイド画像を生成して前記表示画像にオーバーレイ表示させる、請求項1記載の情報処理装置。

請求項5

前記VMMは、前記設定情報に基づいて、各OSにより使用されるメモリ領域を管理しており、稼働状態監視するOSについて割り当てられたメモリ領域へのデータ書き換え状況に応じて当該監視にかかるOSの稼働状態を判定し、前記判定結果に応じて、当該OSがOS稼働異常となっているか報知する、請求項1記載の情報処理装置。

請求項6

前記ハードウェア資源は、OSの稼働状態を表示する状態表示部を含み、前記VMMは、OSがOS稼働異常となっているかの前記報知を、前記状態表示部により行う、請求項4記載の情報処理装置。

請求項7

いずれかの前記OSは、表示画像を生成して表示部により表示させており、前記VMMは、当該監視にかかるOSの稼働状態の前記判定結果に応じて、当該OSの稼働状態を示す画像を生成して前記表示画像にオーバーレイ表示させる、請求項4記載の情報処理装置。

技術分野

0001

本発明は、複数の演算処理部を備えてVMM(Virtual Machine Monitor)により仮想的に複数のOS(Operating System)を並列に実行する情報処理装置に関するものであり、特に、リセット操作の利便性を向上させる技術に関する。

背景技術

0002

OSが動作するコンピュータソフトウェアにより仮想的に実現する仮想化技術が用いられている(特許文献1参照)。VM(Virtual Machine)とは、あるOSが動作するコンピュータをソフトウェアにより仮想的に実現したものである。VMMとは、コンピュータを仮想化し、それぞれのOSに対応したVMを動作させることで、複数の異なるOSを並列に実行できるようにするソフトウェアである。ソフトウェアにより仮想的なコンピュータを実現し、VM上で様々なアプリが実行される。

0003

近年では、マルチコアシステムなど複数の演算処理部を備えたシステムが一般的になってきている(下記の特許文献等参照)。マルチコアシステムにおいても、VMMにより仮想的に複数のOSを動作させている。VMMは、どのOSにどのコア割り当てるかといった、PC(Personal Computer)のハードウェア資源の割り当てを管理している。

0004

この割り当ては、例えば、テキストデータで記述された設定ファイルに基づいて、VMMの起動時になされる。VMMは、設定ファイルに従って、CPU(Central Processing Unit)やI/O(Input/Output)デバイスなどのハードウェア資源を、それぞれのOSに割り当てる。

0005

ハードウェア資源の競合がOS間で発生することを避けるために、VMMによりハードウェア資源の管理をしている。また、VMMは、例えば、各OSがアクセス可能共有メモリ領域を確保してこの領域へのアクセスを管理することにより、各OSにハードウェア資源を共有させることもできる。これにより、OS間でデータの受け渡し等が可能となる。

先行技術

0006

特開2001−101034号公報

発明が解決しようとする課題

0007

複数のOSを動作させる場合として、1つの情報処理装置において、GUI(Graphical User Interface)を備えた汎用OSと、RTOS(Real Time Operating System)とを仮想的に並列に動作させるとする。汎用OSは、GUIによりユーザの操作を受け付ける。また、汎用OSは、主にRTOSによる処理の結果を、ユーザに対してGUIにより表示する機能を担うとする。RTOSの動作は比較的安定している。一方、汎用OSの動作は比較的不安定であるとすると、汎用OSがOS稼働異常となった際にリセットが必要となる。OS稼働異常であるとは、例えば、以下の状態をいい、OSからの応答がない状態、UI(User Interface)からユーザが操作不能な状態、OSの異常を通知する画面が表示された状態などをいう。

0008

ユーザによるリセット操作をPCにより受け付ける方法は様々ある。特開2001−101034号公報(特許文献1)は、複数のOSが動作する環境において、一のOSが他のOSを監視及び再起動させる技術を開示している。しかし、PCにおいて複数のOSを仮想的に動作させている場合、これらのOSのリセットがユーザにとって煩雑なものとなるおそれがある。例えば、PCの外部にリセットボタンが設置されていることがあり、リセットボタンの押下をユーザより受け付ける。また、ユーザによる電源ボタンの長押し等によりリセット操作を受け付ける。

0009

通常、これらハードウェアによる操作方法はPC全体のリセットを想定している。そのため、安定しているOSを動作させたまま、より不安定なOSについてユーザがリセットを希望するにもかかわらず、PCの記憶領域の全体を対象としたリセットとなることがある。本来、再起動が不要なOSについてもリセットされ、再起動に要する時間が長くなりうる。

0010

他にもソフトウェアによりリセット操作を受け付けることもできる。例えば、ユーザの操作として、マウスキーボードなどPCにおいて標準的に用いられる入力デバイスを用いてGUI画面を介してリセット操作を受け付けることができる。しかし、GUI画面を表示するための汎用OSがOS稼働異常となっていると、ユーザによるリセット操作が困難となる。

0011

このように、複数の演算処理部を備えるPCにおいて複数のOSを仮想的に動作させる場合に、ユーザがより容易にOSがOS稼働異常となっているか否かを把握できることや、OSごとのリセットを容易にする技術が必要となっている。

課題を解決するための手段

0012

上記課題を解決する、一実施形態にかかる発明は、複数の演算処理部と、記憶部と、複数のI/Oデバイスとを含むハードウェア資源を備え、VMM(Virtual Machine Monitor)により仮想的に複数のOS(Operating System)を並列に実行する情報処理装置であって、ハードウェア資源は、OSの再起動開始のユーザ操作を受け付けるスイッチを含み、記憶部は、複数のOSそれぞれについてのハードウェア資源の割り当てを示す設定情報と、VMMとを記憶し、VMMは、設定情報に示される割り当てに基づいて各OSにハードウェア資源を割り当てて各OSの動作を管理し、スイッチにより再起動開始のユーザ操作を受け付けることにより、設定情報に基づいて、スイッチにより指定されたOSの再起動を開始するとともにスイッチに未指定のOSの稼働を維持する。

0013

好ましくは、スイッチは、OSを指定するためのOS指定スイッチと、再起動を開始する操作を受け付けるためのリセット実行ボタンとを含み、リセット実行ボタンは、押下操作がなされることにより、割り込み信号を発生させ、VMMは、割り込み信号を受けて、OS指定スイッチに指定されるOSの再起動を開始することとしてもよい。

0014

好ましくは、記憶部は、OS指定スイッチにより指定されるOSを示すOS指定情報を記憶しており、VMMは、割り込み信号を受けて、OS指定情報を読み出し、読みだしたOS指定情報に示されるOSの再起動を開始することとしてもよい。

0015

好ましくは、いずれかのOSは、表示画像を生成して表示部により表示させており、VMMは、スイッチの操作方法を示すガイド画像を生成して表示画像にオーバーレイ表示させることとしてもよい。

0016

好ましくは、VMMは、設定情報に基づいて、各OSにより使用されるメモリ領域を管理しており、稼働状態を監視するOSについて割り当てられたメモリ領域へのデータ書き換え状況に応じて監視にかかるOSの稼働状態を判定し、判定結果に応じて、OSがOS稼働異常となっているか報知することとしてもよい。

0017

好ましくは、ハードウェア資源は、OSの稼働状態を表示する状態表示部を含み、VMMは、OSがOS稼働異常となっているかの報知を、状態表示部により行うこととしてもよい。

0018

好ましくは、いずれかのOSは、表示画像を生成して表示部により表示させており、VMMは、監視にかかるOSの稼働状態の判定結果に応じて、OSの稼働状態を示す画像を生成して表示画像にオーバーレイ表示させることとしてもよい。

発明の効果

0019

これにより、ユーザは、容易にOS単位でリセットを実行することができる。

図面の簡単な説明

0020

本発明を構成するPC100の機能ブロック図である。
ハードウェア資源とソフトウェア資源との論理的な対応関係を示す図である。
設定ファイル77を示す図である。
スイッチ51の外観を示す図である。
OS指定部61の外観を示す図である。
ロータリースイッチユーザ指定との対応関係を示す図である。
リセット処理を示すフローチャートである。
OS稼働異常判定とオーバーレイ処理を示すフローチャートである。
OSの実行状態操作ガイドをオーバーレイ表示するGUI画面を示す図である。
変形例にかかるスイッチ51aの外観を示す図である。

実施例

0021

以下、本発明の情報処理装置について、図面を用いて説明する。
<1 構成>
本実施形態では、情報処理装置としてPCの例を説明する。このPCにおいて、VMMにより複数のOSを仮想的に並列に実行する。

0022

<1.1 PCの構成>
図1は、本発明を構成するPC100の機能ブロック図である。

0023

図1に示すように、PC100は、マルチコア10と、ハードディスクドライブ30と、I/O部50と、メモリ70とを含む。PC100は、I/O部50により外部の情報処理装置である外部機器200や外部機器300と接続している。外部機器200等の外部の情報処理装置は、例えば、モニタなどの映像表示装置である。これら外部の情報処理装置は、PC100による映像出力を受け付けて、所定のOSのGUI(Graphical User Interface)画面を表示する。また、外部の情報処理装置は、タッチパネル等により操作者による操作を受け付けてPC100へ出力する。

0024

PC100は、複数の演算処理部を備えている。複数の演算処理部の機能は、本実施形態では、マルチコア10により発揮される。マルチコア10は、複数のプロセッサ・コア(第1のコア11、第2のコア12、・・)を備えており、プログラムに従って演算処理を並列に実行する。第1のコア11や第2のコア12は、マルチコア10に備わるそれぞれのプロセッサ・コアである。VMM73は、後述する設定ファイル77に従って、各プロセッサ・コアに対してOSを割り当てる。

0025

ハードディスクドライブ30は、大容量の記憶容量を備える記憶装置であり、所定のプログラムやデータを記憶している。

0026

I/O部50は、PC100における入出力機能を発揮させるためのI/Oインタフェースを複数備える。図示するように、I/O部50は、複数のI/Oデバイス(スイッチ51、I/Oデバイス52、・・)を備えている。スイッチ51は、リセット処理に関してユーザから操作を受け付けるハードウェア資源である。詳しくは後述する。I/Oデバイス52などのI/Oデバイスは、例えば映像出力のための出力ポートや、外部の情報処理装置と通信するための通信ポートなどである。

0027

メモリ70は、プログラムを実行するために一時的に用いられる記憶領域である。メモリ70は、例えばSDRAM(Synchronous Dynamic Random Access Memory)などとして実現される。第1のOS71、第2のOS72、VMM73、アプリ75が読みだされてメモリ70において記憶されている。

0028

マルチコア10の各コアは、複数のOSを仮想的に実行するために、ハードディスクドライブ30より各OSに対応したVMを読みだしてメモリ70に記憶させている(第1のOS71、第2のOS72)。本実施形態では、第1のOS71と第2のOS72は協働して並列に実行されるものとする。本実施形態では、第1のOS71は、GUI表示機能を備えた汎用的なOSを仮想的に実行するためのVMとする。第2のOS72は、例えば、RTOS(Real Time Operating System)を仮想的に実行するためのVMである。第2のOS72のRTOSで所定の処理を繰り返し実行し、第1のOS71のGUI機能により外部機器200等において表示する。例えば、RTOSは、主にFAシステム(Factory automation system)にかかる繰り返し処理を担い、演算結果を出力する。汎用OSは、主に、RTOSによる処理の結果をGUIにより表示する。

0029

VMM73は、上記の各OSを仮想的に実行するためのVMを制御する制御プログラムである。後述するように、VMM73は、上記の各OSに相当するVMに対してのハードウェア資源の割り当てを、後述する設定ファイル77を用いて実行する。VMM73は、各OSに対するハードウェア資源の割り当てや、各OSによるハードウェア資源へのアクセスを管理する。

0030

アプリ75は、各OSにおいて実行される、複数のアプリである。
<1.2論理的な構成>
上記のような物理的なハードウェア資源により、PC100は複数のOSを仮想的に並列に実行する。

0031

次に、各ソフトウェアが動作する論理的な構成について説明する。
図2は、ハードウェア資源とソフトウェア資源との論理的な対応関係を示す図である。

0032

<1.2.1ソフトウェア資源>
VMM73は、後述する設定ファイル77に従って、起動時に各OSに対してハードウェア資源を割り当てる。図2に示すように、VMM73は、VMとして実行される各OS(第1のOS71、第2のOS72)と、ハードウェア資源とのアクセスのインタフェース機能を提供している。OSごとにハードウェア資源へのアクセス手順が異なっていても、VMM73により吸収される。これによりVMM73は、各OSとハードウェア資源とのアクセスを統括的に管理する。

0033

VMとして実行される各OS(第1のOS71、第2のOS72)では、各OS上で実行可能なアプリ(アプリ75a、アプリ75b)が動作している。

0034

<1.2.2ハードウェア資源>
上記のように、マルチコア10の第1のコア11や第2のコア12にいずれのOSを割り当てるかはVMM73により管理されている。またメモリ70における記憶領域をパーティショニングすること等により各OSへ記憶領域が割り当てられる。この割り当て、および、各OSによるメモリ70へのアクセスもVMM73により管理されている。

0035

VMM73は、メモリ70において、各OSがそれぞれアクセス可能な共有メモリを割り当てている。これにより、それぞれのOSに割り当てられたコア(第1のコア11、第2のコア12)間において通信することができる仮想ネットワーク78が形成される。

0036

PC100では、スイッチ51に対するユーザ操作によりハードウェア割り込みがなされ、リセットの実行、または、オーバーレイ処理の切替がなされる。VMM73の再起動実行アプリ74は、このリセット処理を実行する。VMM73の報知アプリ76は、上記のオーバーレイ処理を実行する。これらの処理については後述する。

0037

また、I/Oデバイス(I/Oデバイス52)により、各コア(第1のコア11、第2のコア12)へデータが入力される。各コアにおける演算処理の結果は、I/Oデバイス(I/Oデバイス52)により出力される。

0038

<2 データ>
次に、本実施形態におけるデータについて説明する。

0039

<2.1設定ファイル>
図3は、設定ファイル77を示す図である。

0040

設定ファイル77は、VMM73の起動時にVMM73に読みだされる。この設定ファイル77に従ってVMM73がPC100のハードウェア資源を各OSに割り当てる。図3では設定ファイル77の一部を示している。図示するように、例えば、設定ファイル77には、OS単位か、個々のハードウェア資源単位によりハードウェア資源の割り当てが示されている。

0041

設定ファイル77には、OS起動のためのOS1設定情報81aが含まれる。なお第1のOS71を、「OS1」として示している。OS1設定情報81aでは、OSに割り当てるコア、OSの名称、OSをブートさせる順位、OSに割り当てるメモリ領域などが設定されている。図示する例では、例えば、OS1に対し、複数あるプロセッサ・コアのうち#1のコアを割り当てることを示している。

0042

CPU設定情報81bは、ハードウェア資源としてプロセッサ・コア単位でのOSの割り当てを示している。

0043

RQ設定情報81cは、ハードウェア資源としてI/Oデバイス単位(図示する例では「IRQ(Interrupt ReQuest)」として示している)でのOSの割り当てを示している。

0044

<3 スイッチ51の詳細>
ここで、上記のスイッチ51を詳細に説明する。

0045

図4は、スイッチ51の外観を示す図である。
図4(b)はスイッチ51の詳細を示している。スイッチ51は、OS指定部61と、開始ボタン62と、LED表示部63とを含んでいる。図4(a)に示すように、スイッチ51は、PC100の外部に配置されている。スイッチ51はPC100の基板と接続されている。スイッチ51に対して所定のユーザ操作がなされることにより、ハードウェア割り込み処理がなされる。ハードウェア割り込みは、例えば割り込みコントローラを経由してマルチコア10に伝えられる。マルチコア10では、受け取った信号に応じた処理を行う。

0046

本実施形態では、リセット処理のために再起動実行アプリ74が動作する。また、本実施形態では、OS1の稼働状態を表示するためにオーバーレイ表示する。また、ユーザに対するスイッチ51の操作ガイドを表示するためにオーバーレイ表示する。これら情報のオーバーレイ表示のために報知アプリ76が動作する。

0047

図5は、OS指定部61の外観を示す図である。
図5に示すように、OS指定部61は、ロータリースイッチを備えており、ロータリースイッチの操作軸65をユーザが回転操作することにより、リセットの対象となるOSの指定をユーザより受け付ける。またオーバーレイ表示のオンオフ切り替えるかをユーザより受け付ける。

0048

図6は、ロータリースイッチとユーザ指定との対応関係を示す図である。
図示する例では、ロータリースイッチの操作軸65は「0」から「7」の8方向に設定可能である。そのうちの3方向(「0」「2」「4」)を用いて、リセット対象として(i)各OSのいずれが指定されているか、または両方のOSが指定されているかをユーザより受け付ける。また方向「6」を用いて、(ii)後述するオーバーレイ表示のオン・オフ切替の操作をすることをユーザより受け付ける。オーバーレイ表示では、OSの稼働状態(所定のOSがOS稼働異常となっているか否か)、および、スイッチ51の操作ガイドを画面上に表示する。

0049

これらの指定を伴わない方向では、スイッチ51によりリセット等を行わないことの指定を受け付けているとする。これにより、リセットの契機となる開始ボタン62をユーザが誤って押下したとしても、ユーザが意図しないリセット等を防ぐことができる。

0050

OS指定部61は、いずれのOSについてリセットを行うかの指定をユーザより受け付ける。図示する例では、「OS1」や「OS2」は各OSを示している(OS2は第2のOS72と対応している)。「Reset」は、ユーザよりリセットを指定されていることを示す。「Overlay」は、ユーザによりオーバーレイ表示のオン・オフ操作を切り替えることを指定されていることを示す。例えば「OS1 Reset」は、OS1の指定を受け付けていることを示す。「OS1・2 Reset」は、OS1およびOS2をともにリセットさせる指定を受け付けていることを示す。OS指定部61においてユーザにいずれのOSが指定されているかは、メモリ70にOS指定情報として記憶されている。例えばロータリースイッチの操作軸65の方向に示される値をメモリ70に記憶している。

0051

図4戻り説明を続ける。開始ボタン62は、押下可能な押し込み部材を備え、ユーザによる押下を受け付ける。押下があると、開始ボタン62は、OS指定部61に示されるユーザの指定に従ってハードウェア割り込みを開始させるための信号を出力する。

0052

LED表示部63は、LED(Light Emitting Diode)を備え、OS1とOS2のそれぞれについてOS稼働異常となっているかをLED発光(例えば、点滅)により示す。またリセット処理が実行されていることをLED発光により示す。各OSがOS稼働異常となっていることの判定は後述する。

0053

LED表示部63は、OS1稼働状態表示部67とOS2稼働状態表示部68を含んでいる。OS1稼働状態表示部67は、PC100においてOS1がOS稼働異常となっていること、またはOS1のリセット処理が行われていることをLED発光によりユーザに表示する。OS2稼働状態表示部68は、PC100においてOS2がOS稼働異常となっていること、またはOS2のリセット処理が行われていることをLED発光によりユーザに表示する。

0054

上記のスイッチ51に対し、ユーザは、OS指定部61により、リセット対象として各OSのいずれかまたは両方を指定する。この状態でユーザは開始ボタン62を押下することにより、上記指定の動作をPC100に開始させることができる。

0055

<3 動作>
次に、スイッチ51の押下に基づくPC100におけるリセットの動作について説明する。

0056

本実施形態では、ユーザによりOSが指定されて開始ボタン62が押下されることにより、VMM73により再起動実行アプリ74が実行されてリセットの処理が開始される。

0057

<3.1リセット処理の概要
図7は、リセット処理を示すフローチャートである。

0058

図7に示すように、VMM73は、ハードウェア割り込みにより、ユーザによるリセット開始操作(開始ボタン62の押下)を検出する(S61)。この検出により、VMM73は、メモリ70に記憶されるOS指定情報を読み出して、ユーザに指定されているOSを特定する。VMM73は、再起動実行アプリ74および報知アプリ76を起動する。再起動実行アプリ74は、設定ファイル77を参照して、OS指定部61により指定されたOSに割り当てられた記憶領域(ハードディスクドライブ30、メモリ70の領域)を特定する(S63)。

0059

再起動実行アプリ74は、OS指定部61により指定されたOSをシャットダウンする(S65)。

0060

報知アプリ76は、OS1稼働状態表示部67を発光により点滅表示させ、OS1を再起動していることを表示する(S67)。

0061

再起動実行アプリ74は、OS指定部61により指定されたOSについて、ステップS63で特定された記憶領域の割り当てに従ってリブートを開始する。

0062

<3.2 OS稼働異常判定処理の概要>
図8は、OS稼働異常判定とオーバーレイ処理を示すフローチャートである。

0063

なお、図示する例では、OS2は安定に動作するものとし、よりOS稼働異常となりやすいOS1について稼働状態(OS稼働異常となっているか否か)を判定するものとする。

0064

図8に示すように、VMM73は、設定ファイル77に基づいて、第1のOS71に割り当てられたメモリアドレスの範囲を取得する(S81)。

0065

VMM73は、第1のOS71によるハードウェアリソースへのアクセス部分の処理を担っている。上記のメモリアドレスの範囲において、直近アクセス時点から所定時間内に第1のOS71によるアクセスがあるか判定する(S82)。例えば最終アクセス時点と現時点との差分が所定時間以上であるか、またはアクセスがあった時点からカウントを開始するカウンタの値を参照する等により上記判定を行う。

0066

ステップS82において、所定時間内にメモリへのアクセスがないと判定されると(S82:NO)、VMM73は、第1のOS71がOS稼働異常となっていると判定する(S83)。VMM73は、第1のOS71がOS稼働異常となっていることを報知アプリ76によりGUI画面にオーバーレイ表示する(S84)。また報知アプリ76は、OS1がOS稼働異常となっていることをユーザに示すために、OS1稼働状態表示部67を例えば点滅などさせる。

0067

ステップS82において、直近のアクセス時点から所定時間内に第1のOS71によるアクセスがある場合(S82:YES),VMM73は、第1のOS71はOS稼働異常となっているしていないと判定する(S85)。VMM73は、オーバーレイ表示の設定に従って、第1のOS71の稼働状態(この場合はOS1が正常に稼働している)をオーバーレイ表示する(S86)。このとき報知アプリ76は、OS1が正常に動作していることを、OS1稼働状態表示部67を常時点灯させる、正常動作を示す色による発光等により表示する。

0068

図9は、OSの実行状態と操作ガイドをオーバーレイ表示するGUI画面を示す図である。

0069

GUI画面151は、I/Oデバイス52によりディスプレイ等へ出力されているGUI画面を示している。

0070

このGUI画面151において、VMM73は、オーバーレイ表示によりOS1実行状態152を表示する。OS1実行状態152は、OS1がOS稼働異常となっているか否かをオーバーレイにより表示する。図示する例では、「OS1 CRUSH」となっており、OS1がOS稼働異常となっていることが示されている。またOS1がOS稼働異常となっている場合は、この表示を点滅させる、エラーが発生していることを示す色で表示する等により、ユーザに注意を促すものとしてもよい。

0071

操作ガイド153は、スイッチ51のOS指定部61に対応している。ロータリースイッチをいずれの方向にセットすればどのような操作が指定されているかをオーバーレイにより表示する。

0072

なおオーバーレイ表示のオン・オフは、OS指定部61においてユーザが「Overlay ON・OFF」に操作軸65をセットして、開始ボタン62を押下することにより切り替えられる。この場合、開始ボタン62の押下によりハードウェア割り込みが発生し、報知アプリ76は、オーバーレイ表示のオン・オフを切り替える。

0073

<4 変形例>
上記のように一実施形態について説明した。すなわち、ユーザによるリセットまたはオーバーレイ設定切替操作をハードウェア資源により受け付けることにより、ユーザは、リセットをOS単位で容易に実行することができる。

0074

ここで、リセットまたはオーバーレイ操作を受け付けるハードウェア資源は、上記のようなロータリースイッチを用いる場合の他にも様々なものを用いることができる。

0075

図10は、変形例にかかるスイッチ51aの外観を示す図である。
図10(b)はスイッチ51aの詳細を示している。図10(b)に示すように、スイッチ51aは、OS指定部61と、開始ボタン62と、リセット/稼働状態表示部69とを含んでいる。

0076

上記と同様に、図10(a)に示すように、スイッチ51aは、PC100の外部に配置されている。スイッチ51aはPC100の基板と接続されている。スイッチ51aに対して所定のユーザ操作がなされることにより、ハードウェア割り込み処理がなされる。ハードウェア割り込みは、例えば割り込みコントローラを経由してマルチコア10に伝えられる。マルチコア10では、受け取った信号に応じた処理を行う。

0077

変形例では、OS指定部61は、トグルスイッチ66を備えている。トグルスイッチ66をユーザが操作することにより、リセットを行うか否かをユーザより受け付ける。

0078

なお、変形例では、OS2は安定して動作するため、OS1についてのみリセットをスイッチ51aにより受け付けることとしている。

0079

開始ボタン62は、押下可能な押し込み部材を備え、ユーザによる押下を受け付ける。押下があると、開始ボタン62は、OS指定部61に示されるユーザの指定に従ってハードウェア割り込みを開始させるための信号を出力する。

0080

リセット/稼働状態表示部69は、LEDを備え、OS1についてリセットが実行されていること、またはOS1がOS稼働異常となっていることをLED発光により示す。

0081

以上のように実施の形態について説明してきた。本発明は、上記実施の形態を組み合わせたものとしてもよい。

0082

今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものでないと考えられるべきである。この発明の範囲は上記した説明ではなくて特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。

0083

この発明は、VMMにより複数のOSを仮想的に並列に実行する情報処理装置において用いることができる。

0084

10マルチコア、11 第1のコア、12 第2のコア、30ハードディスクドライブ、50 I/O部、51 スイッチ、52 I/Oデバイス、61 OS指定部、62 開始ボタン、63LED表示部、65操作軸、66トグルスイッチ、67 OS1稼働状態表示部、68 OS2稼働状態表示部、69リセット/稼働状態表示部、70メモリ、71 第1のOS、72 第2のOS、73 VMM、74再起動実行アプリ、75アプリ、76報知アプリ、77設定ファイル、78仮想ネットワーク、100 PC、120メニュー画面、200外部機器、300 外部機器。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ