図面 (/)

技術 小型偏平な電動フアン冷卸装置

出願人 株式会社セコー技研
発明者 伴五紀
出願日 2012年3月8日 (9年2ヶ月経過) 出願番号 2012-070264
公開日 2013年9月19日 (7年8ヶ月経過) 公開番号 2013-188120
状態 未査定
技術分野 永久磁石型同期機
主要キーワード アルミニユーム 増巾回路 マグネット回転子 起動回転 埋設固着 位置検知素子 磁極端面 回転子マグネット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年9月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

小型偏平送風用電動フアンを得ること、特に集積回路送風冷却用の電動フアンを得ることである。

解決手段

外周にマグネット回転子が固着され、中央部の回転軸により回動自在に支持された小型偏平なフアンと、マグネット回転子の外周に磁極端が対向して装着されたコ型磁心電機子コイルよりなる2組の電機子と、電機子電流を制御してマグネット回転子を駆動回転する電機子電流制御回路とより構成される。

概要

背景

図2に示すものが従来の技術である。次にその詳細を説明する。アルミニユーム製の方形基板1の下面には、集積回路(以降はICと呼称する。)4が貼着され、上面には点線Bで囲まれた部分に突出部が多数個形成される。基板1を矢印C方向よりみた平面図が図1に示されている。図1において、突出片の形状は記号2a,2b,2c,...で示すものと、記号3a,3b,3c,...で示すものと2種類ある。

矢印A方向より若しくは矢印C方向より、フアンにより送風することにより冷却作用を増大することができる。この為の従来の手段を図2につき説明する。外筺5は本体の1部に固定され、その下面に外転型の直流電動機6が装着される。外転する回転子の外周にはフアン7a,7b,...が突出して設けらるので、点線5a,5b,...で示す矢印方向の送風が行なわれて、ヒートシンク1,Bを冷却することができる。

上述した手段の欠点は次の点である。第1にフアン7a,7b,...の存在する空間が小さく、フアンを大きくできなく従って送風量が小さくなる。第2に駆動源となる直流電動機6を大きくすることができなく、従って送風量が小さくなることである。

概要

小型偏平送風用電動フアンを得ること、特に集積回路の送風冷却用の電動フアンを得ることである。外周にマグネット回転子が固着され、中央部の回転軸により回動自在に支持された小型偏平なフアンと、マグネット回転子の外周に磁極端が対向して装着されたコ型磁心電機子コイルよりなる2組の電機子と、電機子電流を制御してマグネット回転子を駆動回転する電機子電流制御回路とより構成される。

目的

小型偏平で送屋量を大きくしてICの冷却作用を大きくする手段を創造することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

細長形の外筺の中央部に設けた軸受ならびに両端に端部磁極が対向して装着されたコ型の第1,第2の磁心と、該磁心のそれぞれに捲着された第1,第2の電機子コイルと、前記した軸受に支持された回転軸により回動自在に支持されたフアンと、該フアンの外周に内周が固定されるとともに外周が複数個のN,S磁極に磁化されたマグネット回転子と、該マグネット回転子のN,S磁極に第1,第2の磁心の磁極を僅かな空隙を介して対向して保持する手段と、マグネット回転子の回転位置を検出して位置検知信号を発生する位置検知素子と、該位置検知信号により第1,第2の電機子コイルの通電制御を行なってマグネット回転子を駆動回転せしめる1相の通電制御回路とより構成されたことを特徴とする小型偏平電動フアン冷却装置

請求項2

アルミニユーム基板の下面に固定された集積回路と、該アルミニユーム基板の上面に植立した放熱用の多数の突出片と、該突出片の上部若しくは側面に装置された突出片に送風する請求項1に記載された小型偏平な電動フアン冷刧装置。

技術分野

0001

集積回路に使用されるヒートシンクの冷却の為のフアン電動機として利用される。

背景技術

0002

図2に示すものが従来の技術である。次にその詳細を説明する。アルミニユーム製の方形基板1の下面には、集積回路(以降はICと呼称する。)4が貼着され、上面には点線Bで囲まれた部分に突出部が多数個形成される。基板1を矢印C方向よりみた平面図が図1に示されている。図1において、突出片の形状は記号2a,2b,2c,...で示すものと、記号3a,3b,3c,...で示すものと2種類ある。

0003

矢印A方向より若しくは矢印C方向より、フアンにより送風することにより冷却作用を増大することができる。この為の従来の手段を図2につき説明する。外筺5は本体の1部に固定され、その下面に外転型の直流電動機6が装着される。外転する回転子の外周にはフアン7a,7b,...が突出して設けらるので、点線5a,5b,...で示す矢印方向の送風が行なわれて、ヒートシンク1,Bを冷却することができる。

0004

上述した手段の欠点は次の点である。第1にフアン7a,7b,...の存在する空間が小さく、フアンを大きくできなく従って送風量が小さくなる。第2に駆動源となる直流電動機6を大きくすることができなく、従って送風量が小さくなることである。

発明が解決しようとする課題

0005

小型偏平で送屋量を大きくしてICの冷却作用を大きくする手段を創造することである。

課題を解決するための手段

0006

細長形の外筺の中央部に設けた軸受ならびに両端に端部磁極が対向して装着されたコ型の第1,第2の磁心と、該磁心のそれぞれに捲着された第1,第2の電機子コイルと、前記した軸受に支持された回転軸により回動自在に支持されたフアンと、該フアンの外周に内周が固定されるとともに外周が複数個のN,S磁極に磁化されたマグネット回転子と、該マグネット回転子のN,S磁極に第1,第2の磁心の磁極を僅かな空隙を介して対向して保持する手段と、マグネット回転子の回転位置を検出して位置検知信号を発生する位置検知素子と、該位置検知信号により第1,第2の電機子コイルの通電制御を行なってマグネット回転子を駆動回転せしめる1相の通電制御回路とより構成されたものである。

発明の効果

0007

小型偏平な電動フアンを作ることができる。特にICのヒートシンクの送風冷却用のフアン電動機として最適の構成のものを得ることができる。

図面の簡単な説明

0008

本発明装置の平面図周知のヒートシンク冷却装置の側面図本発明装置の側面図本発明装置の平面図本発明装置の電気回路

0009

図3が発明の実施の例である。図3において、本体に支持された外筺9の中央部下面に装着された軸受には回転軸が回動自在に支持され、該回転軸と同期回転する回転体8の外周にはフアン7a,7bの基部が固定される。フアン7a,7b,...の外周には円環状のマグネット回転子12が固定される。記号B,1,4は図2の部材と同じものである。マグネット回転子12を駆動して回転せしめる電機子10a,10bの通電により、フアン7a,7b,...が回転するので、矢印5a,5b,...で示す矢印の方向に送風されてヒートシンク1,Bの空冷が行なわれる。

0010

図2の場合と比較すると、送風の行なわれるフアン部の面積が著しく大きくなるのでヒートシンク1,Bの冷却作用が著しく大きくなる特徴がある。本実施例では、ヒートシンクの上面より下方に送風されているが、フアンを側面に設け側面より送風しても本発明を実施できる。

0011

図1はヒートシンクで前述したので説明は省略する。図3に置いて、IC4,アルミニューム基板1,記号Bは図2につき前述した構成と同じものである。記号8,9,7a,7b,...,12も前述したので説明を省略する。電機子10a,10b,外筺9の詳細を図4につき次に説明する。図4図3を矢印D方向よりみた平面図である。外筺9は変更されている。

0012

図4において、記号1,2a,2b,...は前述した同一記号の部材である。突出片2a,2b,...は1部のみが図示されているが、基板1の上面の全部に配設されている。突出片2a,2b,...の上面には、コ型の磁心16a,16b(珪素鋼板積層体で作られる。)が固着され、電機子コイル17a,17bが捲着され、電機子コイルの下方部分は突出片2a,2b,...の高さの低い凹部に侵入している。

0013

磁心16a,16bには、非磁性体金属片14a,14bの両端が固着され、それぞれの中央凹部には金属片13の両端が埋設固着される。金属片13が図3の記号9で示す部材に該当するものである。金属片13を以降は支持体13と呼称する。支持体13の軸受には回転軸が回動自在に支持され、これと同期回転する回転体8,マグネット回転子12,フアン7a,7b,...は前述した同一記号のものと同じ構成となっている。回転子マグネットはN,S磁極4個により図示のように構成され、外側がN,S磁極となり、各磁極に磁心16a,16bの磁極端面が空隙を介して対向する。

0014

図5につき電機子コイル17a,17bの通電制御手段につき説明する。ホール素子15一個により、マグネット回転子12の位置検知を行って電機子コイル17a,17bの通電制御を行う周知の通電制御回路を使用することができるので詳細な説明は省略するが、図5にその原理のみを示してある。図5において、電機子コイル17a,17bは直列に接続される。直流電源正負極20,21よりホール素子15は供電され、その出力は増巾回路22で増されて電機子コイル17a,17bの通電制御をする。

実施例

0015

ホール素子15がマグネット回転子12のN,S磁極に対向したときの出力により、電機子コイル17a,17bは往復して通電される1相の直流電動機となるので、起動時にコギングトルク起動回転する周知の手段が使用される。

0016

1アルミニユーム基板
2a,2b,...,3a,3b,...突出片
4集積回路
Bヒートシンク
5,9外筺
6直流電動機
7a,7b,...フアン
12マグネット回転子
10a,10b電機子
13支持体
14a,14b金属片
16a,16b磁心
17a,17b電機子コイル
15ホール素子
22 増巾回路

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 金子利長の「 発電機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】 つづら折や渦巻きコイルなどは、固定子と磁石の対向する面に配置する為、安全性や固定子と磁石の間隔を狭くする事ができず発電の効率を向上しにくい欠点がある。【解決の手段】 コイル付導体の付... 詳細

  • トヨタ自動車株式会社の「 回転電機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】磁石磁束が減少してトルク効率が低下することを抑制できる回転電機を提供すること。【解決手段】回転軸部材に固定されており、複数の磁石が埋設されたロータコアを有するロータと、円環状に形成されたステー... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 回転電機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】設計した磁気回路からの磁束漏れを抑制して、トルク制限を解除することができる回転電機を提供すること。【解決手段】回転電機は、周方向に極性が交互となる複数の磁極を有する磁石ユニット700を有する回... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ