図面 (/)

技術 製品モジュール化プロセス装置、製品モジュール化方法及びプログラム

出願人 三菱電機株式会社
発明者 板垣伸哉
出願日 2012年2月2日 (8年10ヶ月経過) 出願番号 2012-020677
公開日 2013年8月19日 (7年4ヶ月経過) 公開番号 2013-161152
状態 特許登録済
技術分野 CAD
主要キーワード モジュール化設計 モジュールプロセス 接続制約 設定支援装置 特性表 オプション部品 部品特性 部品モデル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年8月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

より効果的、効率的な複数のモジュール化設計を可能とする製品モジュール化プロセス装置を提供する。

解決手段

次元CADモデル入力部3は、モデルデータベース2から読み込んだ、複数の部品から構成される複数の製品各々の3次元CADモデルデータに基づいて、各製品を構成する部品の間の接続関係を示す接続関係情報を製品毎に生成する。接続情報整理部4は、各製品の接続関係情報に基づいて、各製品を構成する部品に関する第2の情報と、全ての部品の間の接続関係を示す第3の情報を生成する。モジュール特性決定部5は、第2の情報及び第3の情報とに基づいて、モジュール化方針を部品毎に決定する。3次元CADモデル出力部6は、決定されたモジュール化方針に基づいて、各製品の3次元CADモデルを再構成する。

概要

背景

従来より、各種製品の設計においては、コストや効率の観点から、製品を構成する部品の共通化が試みられることが多い。このため、部品を共通化するための種々の設計支援装置が提案されている。例えば、部品に関する様々な情報の入力を設計者に要求し、その要求に応じて入力された情報に基づいて共通化された部品の評価を行なう設計支援装置が開示されている(例えば、特許文献1参照)。

概要

より効果的、効率的な複数のモジュール化設計を可能とする製品モジュール化プロセス装置を提供する。3次元CADモデル入力部3は、モデルデータベース2から読み込んだ、複数の部品から構成される複数の製品各々の3次元CADモデルデータに基づいて、各製品を構成する部品の間の接続関係を示す接続関係情報を製品毎に生成する。接続情報整理部4は、各製品の接続関係情報に基づいて、各製品を構成する部品に関する第2の情報と、全ての部品の間の接続関係を示す第3の情報を生成する。モジュール特性決定部5は、第2の情報及び第3の情報とに基づいて、モジュール化方針を部品毎に決定する。3次元CADモデル出力部6は、決定されたモジュール化方針に基づいて、各製品の3次元CADモデルを再構成する。

目的

この発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、より効果的、効率的な製品のモジュール化設計を可能とする製品モジュール化プロセス装置、製品モジュール化方法及びプログラムを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数の製品各々に使用される部品に関する情報と、前記各製品における部品間の接続関係を示す情報とを含む3次元CADモデルデータに基づいて、製品のモジュール化を行う製品モジュール化プロセス装置であって、前記各製品の3次元CADモデルデータに基づいて、前記各製品を構成する部品間の接続関係を示す第1の情報を製品毎に生成する接続情報生成部と、前記第1の情報に基づいて、前記各製品を構成する部品を示す第2の情報と、前記複数の製品に跨る全ての部品の間の接続関係を示す第3の情報を生成する接続情報整理部と、前記第2の情報及び前記第3の情報に基づいて、部品を用いた製品の設計指針に関する第4の情報を、部品毎に生成するモジュール化情報生成部と、前記第4の情報に基づいて、前記各製品の3次元CADモデルデータを再構成する再構成部と、を備える製品モジュール化プロセス装置。

請求項2

前記第4の情報には、グループ化される部品に関する情報が含まれ、前記モジュール化情報生成部は、全ての製品に用いられ、かつ、互いに接続されている部品の組み合わせをグループ化する部品として決定する、ことを特徴とする請求項1に記載の製品モジュール化プロセス装置。

請求項3

前記第4の情報には、前記各部品がプラットフォームとなる部品であるか、オプションとなる部品であるか、製品毎に個別に用いられる個別部品であるか、という情報が含まれ、前記モジュール化情報生成部は、全ての製品に用いられている部品を、プラットフォームとなる部品として決定し、一部の製品に用いられている部品を、オプションとなる部品として決定し、1つの製品に用いられている部品を、個別部品として決定する、ことを特徴とする請求項1又は2に記載の製品モジュールプロセス装置。

請求項4

前記第4の情報には、接続される他の部品の制約条件が含まれ、前記モジュール化情報生成部は、前記各部品に接続されている部品を接続が可能な部品として決定する、ことを特徴とする請求項1乃至3のいずれか一項に記載の製品モジュールプロセス装置。

請求項5

前記接続情報生成部は、前記第1の情報を、表形式のデータとして外部に出力可能である、ことを特徴とする請求項1乃至4のいずれか一項に記載の製品モジュール化プロセス装置。

請求項6

前記接続情報整理部は、前記第2の情報及び前記第3の情報を、表形式のデータとして外部に出力可能である、ことを特徴とする請求項1乃至5に記載の製品モジュール化プロセス装置。

請求項7

前記特定部は、前記第4の情報を、表形式のデータとして外部に出力可能である、ことを特徴とする請求項1乃至6のいずれか一項に記載の製品モジュール化プロセス装置。

請求項8

前記再構成部は、前記3次元CADモデルの再構成に関する情報を外部に出力可能である、ことを特徴とする請求項1乃至7のいずれか一項に記載の製品モジュール化プロセス装置。

請求項9

複数の製品各々に使用される部品に関する情報と、前記各製品における部品間の接続関係を示す情報とを含む3次元CADモデルデータに基づいて、製品のモジュール化を行う製品モジュール化方法であって、コンピュータが、前記各製品の3次元CADモデルデータに基づいて、前記各製品を構成する部品間の接続関係を示す第1の情報を製品毎に生成する接続情報生成工程と、コンピュータが、前記第1の情報に基づいて、前記各製品を構成する部品を示す第2の情報と、前記複数の製品に跨る全ての部品の間の接続関係を示す第3の情報を生成する接続情報整理工程と、コンピュータが、前記第2の情報及び前記第3の情報に基づいて、部品を用いた製品の設計指針に関する第4の情報を、部品毎に生成するモジュール化情報生成工程と、コンピュータが、前記第4の情報に基づいて、前記各製品の3次元CADモデルデータを再構成する再構成工程と、を備える製品モジュール化方法。

請求項10

複数の製品各々に使用される部品に関する情報と、前記各製品における部品間の接続関係を示す情報とを含む3次元CADモデルデータに基づいて、製品のモジュール化を行うコンピュータを、前記各製品の3次元CADモデルデータに基づいて、前記各製品を構成する部品間の接続関係を示す第1の情報を製品毎に生成する接続情報生成部、前記第1の情報に基づいて、前記各製品を構成する部品を示す第2の情報と、前記複数の製品に跨る全ての部品の間の接続関係を示す第3の情報を生成する接続情報整理部、前記第2の情報及び前記第3の情報に基づいて、部品を用いた製品の設計指針に関する第4の情報を、部品毎に生成するモジュール化情報生成部、前記第4の情報に基づいて、前記各製品の3次元CADモデルデータを再構成する再構成部、として機能させるプログラム

技術分野

0001

この発明は、製品モジュール化プロセス装置、製品モジュール化方法及びプログラムに関する。

背景技術

0002

従来より、各種製品の設計においては、コストや効率の観点から、製品を構成する部品の共通化が試みられることが多い。このため、部品を共通化するための種々の設計支援装置が提案されている。例えば、部品に関する様々な情報の入力を設計者に要求し、その要求に応じて入力された情報に基づいて共通化された部品の評価を行なう設計支援装置が開示されている(例えば、特許文献1参照)。

先行技術

0003

特開2009−288848号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記特許文献1に記載の設定支援装置を用いて、製品の部品を共通化し、グループ化してモジュール化設計を行うためには、まず最初に、製品に使用される複数の部品に関する様々な情報を入力する入力作業が必要となる。この入力作業は、部品の数や種類が多くなるほど工数が膨大になり、モジュール化設計を開始するまでに時間がかかる。

0005

この発明は、上記実情に鑑みてなされたものであり、より効果的、効率的な製品のモジュール化設計を可能とする製品モジュール化プロセス装置、製品モジュール化方法及びプログラムを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

上記目的を達成するために、この発明に係る製品モジュール化プロセス装置は、
複数の製品各々に使用される部品に関する情報と、前記各製品における部品間の接続関係を示す情報とを含む3次元CADモデルデータに基づいて、製品のモジュール化を行う製品モジュール化プロセス装置であって、
前記各製品の3次元CADモデルデータに基づいて、前記各製品を構成する部品間の接続関係を示す第1の情報を製品毎に生成する接続情報生成部と、
前記第1の情報に基づいて、前記各製品を構成する部品を示す第2の情報と、前記複数の製品に跨る全ての部品の間の接続関係を示す第3の情報を生成する接続情報整理部と、
前記第2の情報及び前記第3の情報に基づいて、部品を用いた製品の設計指針に関する第4の情報を、部品毎に生成するモジュール化情報生成部と、
前記第4の情報に基づいて、前記各製品の3次元CADモデルデータを再構成する再構成部と、
を備える。

発明の効果

0007

この発明によれば、製品の3次元CADモデルデータに含まれる部品に関する情報と、部品間の接続関係に関する情報を、各製品を構成する部品を示す第2の情報と、複数の製品に跨る全ての部品の間の接続関係を示す第3の情報とに展開し、第2の情報及び第3の情報に基づいて、部品を用いた製品の設計指針に関する第4の情報を自動的に生成することができる。このため、部品に関連する様々な情報の入力作業を行うことなく、その部品を用いた製品の設計指針を自動的に得ることができるので、より効果的、効率的な製品のモジュール化設計が可能となる。

図面の簡単な説明

0008

この発明の実施の形態1に係る製品モジュール化プロセス装置の概略的な構成を示すブロック図である。
図1モデルデータベースにおける3次元CADモデル登録状態の一例を示す図である。
図1の3次元CADモデル入力部の動作の流れ(その1)を示す模式図である。
図1の3次元CADモデル入力部の動作の流れ(その2)を示す模式図である。
図1の3次元CADモデル入力部の動作の流れ(その3)を示す模式図である。
図1の接続情報整理部の動作の流れを示す模式図である。
図1モジュール特性決定部の動作の流れを示す模式図である。
図8(A)及び図8(B)は、図1の3次元CADモデル出力部の動作を説明するための図である。
製品モジュール化プロセス装置の全体の動作を示すフローチャートである。
この発明の実施の形態2に係る製品モジュール化プロセス装置の概略的な構成を示すブロック図である。

実施例

0009

この発明の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。

0010

実施の形態1.
まず、本発明の実施の形態1について説明する。

0011

図1には、この実施の形態に係る製品モジュール化プロセス装置1の概略的な構成が示されている。図1に示すように、製品モジュール化プロセス装置1は、モデルデータベース2に接続されている。この製品モジュール化プロセス装置1は、モデルデータベース2に登録された、3次元CAD(Computer Aided Design)モデルデータに対応する製品のモジュール化を行う。

0012

製品モジュール化プロセス装置1は、コンピュータである。このコンピュータには、CPU、メモリキーボード等の入力装置及びディスプレイプリンタ等の出力装置を備える。このコンピュータのCPUがメモリに格納されたプログラムを実行することにより、製品モジュール化プロセス装置1の機能が実現される。

0013

モデルデータベース2には、複数の製品の3次元CADモデルデータ(以下、「3次元CADモデル」と略述する)が登録されている。3次元CADモデルは、個々の製品の3次元形状を表すデータである。3次元CADモデルは、製品毎に登録されている。一例として、図2では、モデルデータベース2に、製品αの3次元CADモデル7、製品βの3次元CADモデル8、製品γの3次元CADモデル9が登録されている様子が示されている。

0014

3次元CADモデルには、その製品に用いられる部品に関する情報が含まれている。
3次元CADモデルは、3次元CADツールによって複数の部品モデルを組み合わせることにより生成されている。部品モデルは、実際に、その製品の一部をなす部品に対応するCADデータである。

0015

例えば、図2に示すように、製品αの3次元CADモデル7は、部品モデルA、B、C、Dから構成されている。また、製品βの3次元CADモデル8は、部品モデルA、B、E、Fから構成されている。さらに、製品γの3次元CADモデル9は、部品モデルA、B、C、Gから構成されている。以下では、部品モデルA乃至Gを、単に部品A乃至Gとも呼ぶこととする。図2では、互いに接する部品同士が、直接接続される関係にあるように示されている。

0016

3次元CADモデルは、そのモデルを構成する部品のCADデータに加え、部品間の接続関係を示すデータを含んでいる。部品間の接続関係を示すデータとは、どの部品が、どの部品と接続され、どの部品と接続されていないかを示すデータである。

0017

例えば、図2に示すように、製品αの3次元CADモデル7には、部品A、B、C、DのCADデータと、部品A、B、C、D間の接続関係を示すデータとが含まれる。図2では、例えば、製品αの3次元CADモデル7において、部品Aが部品Bに接続され、部品Bが部品Cに接続され、部品Cが部品Dに接続され、部品Dが部品B、Cに接続されていることが模式的に示されている。製品βの3次元CADモデル8及び製品γの3次元CADモデル9も同様である。

0018

以下では、主として、製品モジュール化プロセス装置1が、モデルデータベース2に登録された複数の製品α、β、γの3次元CADモデル7、8、9を構成する複数の部品A乃至Gのモジュール化に関する処理を行う場合を例にとって説明する。

0019

製品モジュール化プロセス装置1は、3次元CADモデル入力部3と、接続情報整理部4と、モジュール特性決定部5と、3次元CADモデル出力部6とを備える。

0020

3次元CADモデル入力部3は、モデルデータベース2に登録された3次元CADモデルを入力する。3次元CADモデル入力部3は、モデルデータベース2に登録された複数の製品の3次元CADモデルに基づいて、各製品を構成する部品間の接続関係を示す情報を製品毎に生成する。より具体的には、3次元CADモデル入力部3は、モデルデータベース2から読み出した3次元CADモデルを構成する部品の接続情報を、部品接続情報としての部品間接続表に展開する。この実施の形態では、3次元CADモデル入力部3が、接続情報生成部に対応する。

0021

3次元CADモデル入力部3について、より詳細に説明する。図3乃至図5には、3次元CADモデル入力部3の動作の流れが模式的に示されている。

0022

図3に示すように、3次元CADモデル入力部3は、製品αの3次元CADモデル7をモデルデータベース2から読み出す。さらに、3次元CADモデル入力部3は、読み出した製品αの3次元CADモデル7から部品間の接続情報を抽出し、抽出した接続情報に基づいて、製品αの部品間接続表12を生成する。

0023

図3に示す製品αの部品間接続表12では、製品αを構成する部品A乃至Dについての接続関係が示されている。部品間接続表12を参照すれば、製品αでは、例えば、部品Aと部品Bとが接続しており、部品Aと部品Cは直接には接続していないことがわかる。

0024

3次元CADモデル入力部3は、製品αの部品間接続表12のデータを、接続情報整理部4へ出力する。

0025

図4に示すように、3次元CADモデル入力部3は、製品βの3次元CADモデル8をモデルデータベース2から読み出す。さらに、3次元CADモデル入力部3は、読み出した製品βの3次元CADモデル8から部品間の接続情報を抽出し、抽出した接続情報に基づいて、製品αの部品間接続表13を生成する。図4に示す製品βの部品間接続表13では、製品βを構成する部品A、B、E、Fについての接続関係が示されている。

0026

3次元CADモデル入力部3は、製品βの部品間接続表13のデータを、接続情報整理部4へ出力する。

0027

図5に示すように、3次元CADモデル入力部3は、製品γの3次元CADモデル9をモデルデータベース2から読み出す。さらに、3次元CADモデル入力部3は、読み出した製品γの3次元CADモデル9から部品間の接続情報を抽出し、抽出した接続情報に基づいて、製品γの部品間接続表14を生成する。

0028

3次元CADモデル入力部3は、製品γの部品間接続表14のデータを接続情報整理部4に出力する。

0029

なお、この実施の形態では、製品αの部品間接続表12のデータと、製品βの部品間接続表13のデータと、製品γの部品間接続表14のデータとが、第1の情報に対応する。

0030

図1戻り、接続情報整理部4は、各製品の3次元CADモデルの部品間接続表12、13、14に基づいて、各製品を構成する部品を示す情報と、複数の製品に跨る全ての部品の間の接続関係を示す情報を生成する。

0031

接続情報整理部4についてより詳細に説明する。図6には、接続情報整理部4の動作が模式的に示されている。図6に示すように、接続情報整理部4は、製品αの部品間接続表12のデータと、製品βの部品間接続表13のデータと、製品γの部品間接続表14のデータとを入力する。

0032

続いて、接続情報整理部4は、入力した部品間接続表12、13、14のデータに基づいて、どの部品がどの製品で使用されているかを整理し、各製品を構成する部品を示す情報を生成する。図6では、全部品使用表20がこれに対応する。すなわち全部品使用表20のデータが第2の情報に相当する。

0033

また、接続情報整理部4は、入力した部品間接続表12、13、14のデータに基づいて、複数の製品に跨る全ての部品間の接続関係を示す情報を生成する。より具体的には、接続情報整理部4は、製品αの部品間接続表12、製品βの部品間接続表13、製品γの部品間接続表14を合成し、全部品間接続表21を生成する。この実施の形態では、全部品間接続表21のデータが、第3の情報に対応する。

0034

接続情報整理部4は、全部品使用表20のデータと全部品間接続表21のデータをモジュール特性決定部5へ出力する。

0035

図1に戻り、モジュール特性決定部5は、全部品使用表20のデータと全部品間接続表21のデータに基づいて、グループ化方針、部品のモジュール化に関する特性及び他の部品との接続に関する制約条件を含む情報を、部品毎に生成する。この情報は、言い換えると、部品が複数機種に使われる場合の使われ方に関するもの、すなわち部品を用いた製品の設計指針に関する情報であるとも言える。

0036

図7には、モジュール特性決定部5の動作が示されている。図7に示すように、モジュール特性決定部5は、全部品使用表20と全部品間接続表21とを入力する。モジュール特性決定部5は、入力した全部品使用表20と全部品間接続表21に基づいて、モジュール特性表22を生成する。この実施の形態では、このモジュール特性表22のデータが、第4の情報に対応する。

0037

図7に示すように、モジュール特性表22では、グループ化方針と、部品のモジュール化に関するモジュール特性と、他部品との接続制約とが、部品毎に登録されている。

0038

グループ化方針は、グループ化される部品に関する情報である。より詳細には、グループ化方針は、全部品に対して、他の部品とグループ化し一人の設計者がまとめて設計を行うことを推奨する部品群を示す。

0039

例えば、部品A、Bは、全部品間接続表21で互いに接続関係にあり、かつ、部品A、Bが製品α、β、γに共通に用いられていることから、モジュール化情報生成部としてのモジュール特性決定部5は、部品A、Bは、それぞれA、Bとグループ化することをグループ化方針として設定する。モジュール特性決定部5は、その他の部品については、グループ化の必要無しを設定する。すなわち、モジュール特性決定部5は、全ての製品に用いられ、かつ、互いに接続されている部品の組み合わせをグループ化する部品として決定する。

0040

モジュール特性は、各部品がプラットフォームとなる部品であるか、オプションとなる部品であるか、製品毎に異なる個別部品であるか、という情報である。より具体的には、モジュール特性は、その部品がどの製品でも共通して利用するプラットフォームとなる部品、すなわちプラットフォーム部品であるか、製品によって使用される場合と使用されない場合があるオプション部品であるか、製品毎に異なる部品を利用する個別部品であるかのいずれかを示す。

0041

例えば、部品A、Bはすべての製品α、β、γで使用されているので、モジュール特性決定部5は、部品A、Bをプラットフォーム部品として設定する。また、部品Cについては、製品α、γに用いられており、製品βに用いられていないのでモジュール特性決定部5は、オプション部品を設定する。

0042

言い換えると、モジュール特性決定部5は、全ての製品に用いられている部品を、プラットフォームとなる部品として決定する。また、モジュール特性決定部5は、一部の製品に用いられている部品を、オプションとなる部品として決定する。さらに、モジュール特性決定部5は、1つの製品に用いられている部品を、個別部品として決定する。

0043

他部品との接続制約列は、ある部品に対して接続可能な部品を示す。言い換えると、接続制約列には、接続される他の部品の制約条件が含まれている。例えば、部品A、Bには、部品D、Eだけが接続可能となり、部品Cには、部品B、Dが接続可能となる。なお、接続制約列に設定される部品からは、グループ化される部品が除かれている。

0044

図1に戻り、モジュール特性決定部5は、生成したモジュール特性表22のデータを、3次元CADモデル出力部6に出力する。

0045

3次元CADモデル出力部6は、モジュール特性表22のデータに基づいて、3次元CADモデルを再構成する。

0046

図8(A)及び図8(B)には、3次元CADモデル出力部6の動作が示されている。3次元CADモデル出力部6は、モジュール特性表22を入力し、モジュール特性表22に記載された情報が入力を、製品αの3次元CADモデル7、製品βの3次元CADモデル13、製品γの3次元CADモデル14のそれぞれの部品CADモデル属性情報に追加する。

0047

また、再構成部としての3次元CADモデル出力部6は、例えば、図8(A)に示す入力前の製品の3次元CADモデル23の構成を、モジュール特性表22のグループ化方針に従って、例えば、図8(B)に示す入力後の3次元CADモデル24のように、再構成する。図8(B)では、製品αの部品A、Bが1つのモジュールに纏められている。

0048

3次元CADモデル出力部6は、再構成後の製品の3次元CADモデルをモデルデータベース2に出力し、各製品の3次元CADモデルを更新する。

0049

次に、製品モジュール化プロセス装置1の全体の動作について説明する。

0050

図9には、製品モジュール化プロセス装置1の全体の動作を示すフローチャートが示されている。図9に示すように、製品モジュール化プロセス装置1は、例えば操作入力により、モデルデータベース2から3次元CADモデルを入力する(ステップS1)。

0051

続いて、製品モジュール化プロセス装置1は、入力された3次元CADモデルに基づいて、部品間接続表を生成する(ステップS2)。

0052

続いて、製品モジュール化プロセス装置1は、未入力の3次元CADモデルがあるか否かを判定する(ステップS3)。より具体的には、製品モジュール化プロセス装置1は、ユーザに対して、さらに入力する3次元CADモデルがあるかを問い合わせる表示画面を表示する。ユーザは、この表示画面を見て、未入力の3次元CADモデルがあるか否かの入力を行う。製品モジュール化プロセス装置1は、この入力結果に基づいて、未入力の3次元CADモデルがあるか否かを判定する。

0053

未入力の3次元CADモデルがあると判定された場合(ステップS3;Yes)、ステップS1に戻る。以降、未入力の3次元CADモデルがないと判定されるまで(ステップS3;No)、製品モジュール化プロセス装置1は、新たな3次元CADモデルの入力(ステップS1)と、部品間接続表の生成(ステップS2)と、上記判定(ステップS3)とを繰り返す。この手順により、部品間接続表12、13、14が生成される。

0054

未入力の3次元CADモデルがないと判定されると(ステップS3;Yes)、製品モジュール化プロセス装置1は、生成された部品間接続表12、13、14に基づいて、全部品使用表20を生成する(ステップS4)。

0055

続いて、製品モジュール化プロセス装置1は、生成した部品間接続表12、13、14に基づいて、全部品間接続表21を生成する(ステップS5)。

0056

続いて、製品モジュール化プロセス装置1は、全部品使用表生成20と全部品間接続表21に基づいて、モジュール特性表22のデータを生成する(ステップS6)。

0057

続いて、製品モジュール化プロセス装置1は、生成したモジュール特性表22のデータに基づいて、モデルデータベース2に含まれる3次元CADモデルを更新する(ステップS7)。

0058

続いて、製品モジュール化プロセス装置1は、モジュール特性表のグループ化方針等に従って3次元CADモデルの構成を再構成する(ステップS8)。ステップS8終了後、製品モジュール化プロセス装置1は、処理を終了する。

0059

この実施の形態は、3次元CADモデルで設計を進めており、設計の初期段階で部品の共通化とモジュール化の対象部品を決定するプロセスに対して有効である。

0060

以上詳細に説明したように、この実施の形態によれば、製品の3次元CADモデルに含まれる部品に関する情報と、部品間の接続関係に関する情報を、各製品を構成する部品を示す情報(全部品使用表20)と、複数の製品に跨る全ての部品の間の接続関係を示す情報(全部品間接続表21)とに展開し、それらの情報に基づいて、部品を用いた製品の設計指針に関する情報を自動的に生成することができる。このため、部品に関連する様々な情報の入力作業を行うことなく、その部品を用いた製品の設計指針を自動的に得ることができるので、より効果的、効率的な製品のモジュール化設計が可能となる。

0061

3次元CADモデルを構成する部品モデルのモジュール化は様々な恩恵をもたらす。例えば、設計経験の少ない設計者であっても、共通化された部品を用い、部品の特性を考慮し、接続制約を守りながら、容易に設計を進めることができるようになる。

0062

例えば、モジュール化された部品については、個々の部品を設定することなく、設計が可能になる。また、部品特性を考慮すれば、プラットフォーム部品を選択し、それを基礎としてから、オプション部品や個別部品を選択するといったように、部品を絞り込んだ設計を行うことができるので、設計手順が効率化される。また、他部品との接続制約により、接続すべきでない部品同士を接続させるような誤った設計を防止することができる。

0063

実施の形態2.
次に、本発明の実施の形態2について、説明する。

0064

図10には、この実施の形態に係る製品モジュール化プロセス装置1の概略的な構成が示されている。図10に示すように、この製品モジュールプロセス装置1は、入力部31と出力部32とを備える点が、図1に示す上記実施の形態1に係る製品モジュール化プロセス装置1と異なっている。なお、この実施の形態では、3次元CADモデル入力部3と、接続情報整理部4と、モジュール特性決定部5と、3次元CADモデル出力部6とは、処理部30として纏められている。

0065

入力部31は、キーボードやポインティングデバイス等の操作入力を受け付け入力インターフェイスである。ユーザによる操作入力により、ユーザからの情報の出力要求を受け付ける。出力要求は、処理部30に出力される。

0066

処理部30は、出力要求に応じたデータを出力部32に出力する。

0067

出力部32は、ディスプレイの表示装置や、プリンタ等である。出力部32は、処理部30から出力された情報をユーザに認識できる形式で、外部出力する。

0068

この出力要求により、出力部8により出力されるデータには、以下のものがある。
(1)部品間接続表12、13、14
(2)全部品使用表20
(3)全部品間接続表21
(4)モジュール特性表22
(5)再構成された3次元CADモデル

0069

入力部31から部品間接続表12、13、14の出力要求が入力されると、3次元CADモデル入力部3は、部品間接続表12、13、14のデータを、出力部32に出力する。出力部32は、このデータに基づく部品間接続表12、13、14を、例えば、図3乃至図5に示す表形式のデータとして外部に出力する。

0070

入力部31から全部品使用表20の出力要求が入力されると、接続情報整理部4は、全部品使用表20のデータを、出力部32に出力する。出力部32は、このデータに基づく全部品使用表20を、例えば図6に示す表形式のデータとして外部に出力する。

0071

入力部31から全部品間接続表21の出力要求が入力されると、接続情報整理部4は、全部品使用表21のデータを、出力部32に出力する。出力部32は、このデータに基づく全部品使用表21を、例えば、図6に示す表形式のデータとして外部に出力する。

0072

入力部31からモジュール特性表22の出力要求が入力されると、モジュール特性決定部5は、モジュール特性表22のデータを、出力部32に出力する。出力部32は、このデータに基づくモジュール特性表22を、例えば、図7に示す表形式のデータとして外部に出力する。

0073

入力部31から、再構成された3次元CADモデルの出力要求が入力されると、3次元CADモデル出力部6は、再構成された3次元CADモデルのデータを、出力部32に出力する。出力部32は、このデータに基づく再構成された3次元CADモデルを、例えば、図8(B)に示す表形式のデータとして外部に出力する。

0074

以上詳細に説明したように、この実施の形態に係る製品モジュール化プロセス装置1では、3次元CADモデルに用いられる部品のモジュール化を行う過程で得られる様々な情報をユーザに提供可能である。これにより、ユーザがこれらの情報を参照して、3次元CADモデルのモジュール化についてチェックを行うことができる。

0075

なお、上記実施の形態において、実行されるプログラムは、フレキシブルディスクCD−ROM(Compact Disc Read-Only Memory)、DVD(Digital Versatile Disc)、MO(Magneto-Optical Disc)等のコンピュータ読み取り可能な記録媒体に格納して配布し、そのプログラムをインストールすることにより、上述のスレッドを実行するシステムを構成することとしてもよい。

0076

また、プログラムをインターネット等の通信ネットワーク上の所定のサーバ装置が有するディスク装置等に格納しておき、例えば、搬送波重畳させて、ダウンロード等するようにしてもよい。

0077

また、上述の機能を、OS(Operating System)が分担して実現する場合又はOSとアプリケーションとの協働により実現する場合等には、OS以外の部分のみを媒体に格納して配布してもよく、また、ダウンロード等してもよい。

0078

この発明は、この発明の広義の精神と範囲を逸脱することなく、様々な実施の形態及び変形が可能とされるものである。また、上述した実施の形態は、この発明を説明するためのものであり、この発明の範囲を限定するものではない。すなわち、この発明の範囲は、実施の形態ではなく、特許請求の範囲によって示される。そして、特許請求の範囲内及びそれと同等の発明の意義の範囲内で施される様々な変形が、この発明の範囲内とみなされる。

0079

この発明は、3次元CADによる製品の設計に好適である。

0080

1製品モジュール化プロセス装置
2モデルデータベース
3 3次元CADモデル入力部
4接続情報整理部
5モジュール特性決定部
6 3次元CADモデル出力部
7、8、9 3次元CADモデル
12、13、14部品間接続表
20 全部品使用表
21 全部品間接続表
22 モジュール特性表
23、24 3次元CADモデル
30 処理部
31 入力部
32 出力部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ