図面 (/)

技術 毛髪脱色・脱染剤組成物

出願人 ホーユー株式会社
発明者 遠藤知彦今野佳洋
出願日 2012年1月20日 (8年10ヶ月経過) 出願番号 2012-010178
公開日 2013年8月1日 (7年3ヶ月経過) 公開番号 2013-147467
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード 発熱抑制効果 発熱抑制 酸化助剤 脱色性能 染めむら 炭酸アルキレン エーテル型非イオン性界面活性剤 過酸化ストロンチウム
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年8月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

過硫酸塩を含む第1剤が、容器に付着した少量の水分や少量の第2剤に溶解した場合でも、発熱を抑制することができ、かつ脱色性能も十分に良好なものとすること。

解決手段

本発明の毛髪脱色脱染剤組成物は、過硫酸塩が配合された第1剤及び酸化剤が配合された第2剤を少なくとも含む複数剤を混合してから使用される。第1剤には、(A)過硫酸ナトリウム及び過硫酸カリウムから選ばれる少なくとも1種、(B)過硫酸アンモニウム、(C)ケイ酸の1価金属塩、(D)ケイ酸、及び(E)25℃で固体アルカリ剤が配合される。(A)〜(E)の各成分の配合量は、第1剤全体に対する質量比で、(A)成分が10〜40質量%、(B)成分が10〜40質量%、(C)成分が10〜30質量%、(D)成分が1〜10質量%、(E)成分が0.1〜4.0質量%、(B)成分に対する(A)成分の配合質量比(A)/(B)が0.5〜2.5とされる。

概要

背景

従来、この種の毛髪脱色脱染剤組成物としては、酸化助剤アルカリ剤を含む第1剤と酸化剤を含む第2剤からなる二剤式組成物、酸化助剤を含む第1剤、酸化剤を含む第2剤、及びアルカリ剤を含む第3剤からなる三剤式の組成物などが知られている。この種の脱色剤においては、脱色性能向上を目的として、酸化助剤が大量に配合される。酸化助剤としては、過硫酸塩などが用いられる。

また、上述のような過硫酸塩として、アルカリ金属の過硫酸塩(例えば、過硫酸カリウム過硫酸ナトリウムなど)、及び過硫酸アンモニウムの双方を配合するとともに、さらに、ケイ酸塩及びケイ酸を配合する事例も知られている(例えば、特許文献1:[請求項1]成分(A)〜(D)参照。)。

概要

過硫酸塩を含む第1剤が、容器に付着した少量の水分や少量の第2剤に溶解した場合でも、発熱を抑制することができ、かつ脱色性能も十分に良好なものとすること。本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物は、過硫酸塩が配合された第1剤及び酸化剤が配合された第2剤を少なくとも含む複数剤を混合してから使用される。第1剤には、(A)過硫酸ナトリウム及び過硫酸カリウムから選ばれる少なくとも1種、(B)過硫酸アンモニウム、(C)ケイ酸の1価金属塩、(D)ケイ酸、及び(E)25℃で固体のアルカリ剤が配合される。(A)〜(E)の各成分の配合量は、第1剤全体に対する質量比で、(A)成分が10〜40質量%、(B)成分が10〜40質量%、(C)成分が10〜30質量%、(D)成分が1〜10質量%、(E)成分が0.1〜4.0質量%、(B)成分に対する(A)成分の配合質量比(A)/(B)が0.5〜2.5とされる。なし

目的

本発明は、上記問題を解決するためになされたものであり、その目的は、過硫酸塩が配合された第1剤及び酸化剤が配合された第2剤を少なくとも含む複数剤を混合してから使用される毛髪脱色・脱染剤組成物において、過硫酸塩を含む第1剤が、容器に付着した少量の水分や少量の第2剤に溶解した場合でも、発熱を抑制することができ、かつ脱色性能も十分に良好なものとすることにある

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

過硫酸塩が配合された第1剤及び酸化剤が配合された第2剤を少なくとも含む複数剤を、混合してから使用される毛髪脱色脱染剤組成物であって、前記第1剤には、前記過硫酸塩として、(A)過硫酸ナトリウム及び過硫酸カリウムから選ばれる少なくとも1種、及び(B)過硫酸アンモニウムが配合されるとともに、さらに、(C)ケイ酸の1価金属塩、(D)ケイ酸、及び(E)25℃で固体アルカリ剤(ただし、(C)成分を除く。)が配合されており、前記(A)〜(E)の各成分の配合量は、前記第1剤全体に対する質量比で、前記(A)成分が10〜40質量%、前記(B)成分が10〜40質量%、前記(C)成分が10〜30質量%、前記(D)成分が1〜10質量%、前記(E)成分が0.1〜4.0質量%とされており、かつ前記(B)成分に対する前記(A)成分の配合質量比(A)/(B)が0.5〜2.5とされていることを特徴とする毛髪脱色・脱染剤組成物。

技術分野

0001

本発明は、脱色・脱染性が格段に高い上に、発熱が抑制された毛髪脱色脱染剤組成物に関する。

背景技術

0002

従来、この種の毛髪脱色・脱染剤組成物としては、酸化助剤アルカリ剤を含む第1剤と酸化剤を含む第2剤からなる二剤式組成物、酸化助剤を含む第1剤、酸化剤を含む第2剤、及びアルカリ剤を含む第3剤からなる三剤式の組成物などが知られている。この種の脱色剤においては、脱色性能向上を目的として、酸化助剤が大量に配合される。酸化助剤としては、過硫酸塩などが用いられる。

0003

また、上述のような過硫酸塩として、アルカリ金属の過硫酸塩(例えば、過硫酸カリウム過硫酸ナトリウムなど)、及び過硫酸アンモニウムの双方を配合するとともに、さらに、ケイ酸塩及びケイ酸を配合する事例も知られている(例えば、特許文献1:[請求項1]成分(A)〜(D)参照。)。

先行技術

0004

特開2001−247437号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上述のような過硫酸塩が酸化助剤として配合された組成物は、良好な脱色効果を発揮するものの、複数剤を混合する際に発熱反応が起こるため、特定の条件下では、組成物の温度が想定以上に高くなってしまうことがあった。

0006

より具体的な例を挙げれば、例えば、上記のような毛髪脱色・脱染剤組成物は、使用時に第1剤、第2剤がそれぞれ容器量り取られてから混合される。しかし、そのような容器内に水滴等の水分が付着していると、所要量の第1剤を容器で量り取った際に、第1剤中に含まれる成分が、容器に付着した水分に溶解して発熱する、という問題があった。また、過硫酸塩入りの第1剤に対して第2剤を加えようとして、適正な量よりも少量の第2剤を入れたとき(例えば、同じ容器に第1剤と第2剤を順次投入しつつ、それぞれを量しながら適正量の混合を行おうとしているときに、第2剤を適正量投入する前に、第2剤が足りなくなってしまった場合)などにも、第1剤中に含まれる成分が少量の第2剤に溶解して発熱するなど、上述の問題と同様の問題が起こり得る。

0007

このような発熱は、過硫酸塩の配合量を少なくすれば、ある程度抑制することはできるが、過硫酸塩の配合量が極端に少なくなると脱色性能が低下してしまう、という別の問題があった。

0008

本発明は、上記問題を解決するためになされたものであり、その目的は、過硫酸塩が配合された第1剤及び酸化剤が配合された第2剤を少なくとも含む複数剤を混合してから使用される毛髪脱色・脱染剤組成物において、過硫酸塩を含む第1剤が、容器に付着した少量の水分や少量の第2剤に溶解した場合でも、発熱を抑制することができ、かつ脱色性能も十分に良好なものとすることにある。

課題を解決するための手段

0009

以下、本発明において採用した構成について説明する。
本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物は、過硫酸塩が配合された第1剤及び酸化剤が配合された第2剤を少なくとも含む複数剤を、混合してから使用される毛髪脱色・脱染剤組成物であって、前記第1剤には、前記過硫酸塩として、(A)過硫酸ナトリウム及び過硫酸カリウムから選ばれる少なくとも1種、及び(B)過硫酸アンモニウムが配合されるとともに、さらに、(C)ケイ酸の1価金属塩、(D)ケイ酸、及び(E)25℃で固体のアルカリ剤(ただし、(C)成分を除く。)が配合されており、前記(A)〜(E)の各成分の配合量は、前記第1剤全体において、前記(A)成分が10〜40質量%、前記(B)成分が10〜40質量%、前記(C)成分が10〜30質量%、前記(D)成分が1〜10質量%、前記(E)成分が0.1〜4.0質量%とされており、かつ前記(B)成分に対する前記(A)成分の配合質量比(A)/(B)が0.5〜2.5とされていることを特徴とする。

0010

以上のように構成された本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物によれば、過硫酸塩及びケイ酸の1価金属塩((A)成分〜(C)成分)が配合されているので、脱色・脱染性が格段に高く、過硫酸塩及びケイ酸の1価金属塩の配合量が本発明よりも少ない場合に比べ、毛髪明度を上げることができる。

0011

しかも、過硫酸塩としては、上記(A)成分が10〜40質量%の範囲内に抑えられるとともに、(B)成分が10〜40質量%とされ、(B)成分に対する(A)成分の配合質量比(A)/(B)が0.5〜2.5とされている。この(B)成分は、混合溶解時に吸熱反応を示す成分なので、上述のような特定配合量の過硫酸塩((A)成分及び(B)成分)を配合すると、過硫酸塩が配合される第1剤が、容器に付着した少量の水分や少量だけ投入された第2剤に溶解した場合でも、過度な発熱が起こるのを抑制することができ、混合物温度上昇を抑制することができる。

0012

一方、上述のような特定配合量の(A)成分及び(B)成分を配合することにより、上述のような特殊な条件下(第1剤が少量の水分や少量の第2剤に溶解した場合)であっても、過度な温度上昇を招かないようにすることはできるものの、特に(B)成分は混合物の粘性を上昇させやすい成分でもある。そのため、(B)成分を配合したことが原因となって、仮にそのような粘性の上昇を招いたとすれば、混合操作時の操作性が悪化するおそれがあり、また、毛髪脱色・脱染剤組成物の流動性が悪くなって、毛髪に薬液を均一に行き渡らせることが難しくなるため、染めむらが生じる原因となるおそれがある。

0013

この点、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物では、1〜10質量%のケイ酸((D)成分)を配合したことにより、毛髪脱色・脱染剤組成物の粘性上昇が抑制されている。したがって、過硫酸塩((A)成分及び(B)成分)が配合されているにもかかわらず、毛髪脱色・脱染剤組成物の混合時には、十分に流動性の良好な混合物となるので、混合時の操作性が良好となる。また、そのような流動性の良好な毛髪脱色・脱染剤組成物となるので、使用時には、容易に毛髪に薬液を均一に行き渡らせることができ、染めむらが生じるのを抑制することができる。

0014

さらに、過硫酸アンモニウム((B)成分)は、溶解時に吸熱反応を起こす成分でもあるため、単に(B)成分の配合量を多くするだけでは、毛髪の明度低下を招く要因にもなり得るが、この点は、25℃で固体のアルカリ剤((E)成分)を0.1〜4.0質量%配合することで、毛髪の明度についても十分に高めることができる。

0015

すなわち、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物であれば、上記(A)〜(E)成分の配合量を上述の通りに最適化してあるので、過硫酸塩を含む第1剤が、容器に付着した少量の水分や少量の第2剤に溶解した場合でも、発熱を抑制することができ、しかも、過硫酸アンモニウムを含む過硫酸塩が配合されているにもかかわらず、混合時の粘性上昇が抑制され、混合時の操作性に優れるとともに染めむらが生じにくくなり、更に過硫酸アンモニウムを多く配合することに伴う明度低下も抑制される。

実施例

0016

以下、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物の実施形態について、更に詳細に説明する。
〔1〕毛髪脱色・脱染剤組成物の具体的構成例
本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物は、使用時に複数剤を混合してから使用される複数剤混合式の毛髪脱色・脱染剤組成物である。より具体的には、第1剤と第2剤を混合してから使用される二剤式毛髪脱色・脱染剤組成物として構成されていてもよいし、第1剤〜第3剤を混合してから使用される三剤式毛髪脱色・脱染剤組成物として構成されていてもよい。

0017

二剤式毛髪脱色・脱染剤組成物として構成される場合は、例えば、第1剤には、過硫酸塩((A)成分及び(B)成分)、ケイ酸の1価金属塩((C)成分)、ケイ酸((D)成分)、アルカリ剤((E)成分)、及びその他の成分が配合される。また、第2剤には、酸化剤及びその他の成分が配合される。また、三剤式毛髪脱色・脱染剤組成物として構成される場合は、例えば、上述した二剤式毛髪脱色・脱染剤組成物の第1剤に配合される成分が、第1剤と第3剤に分けて配合され、具体例を挙げれば、第1剤には、過硫酸塩((A)成分及び(B)成分)、ケイ酸の1価金属塩((C)成分)、ケイ酸((D)成分)、アルカリ剤((E)成分)、及びその他の成分が配合され、第3剤には、第1剤に配合されなかった成分(例えば、(E)成分とは別のアルカリ剤)が配合される。第2剤には、二剤式毛髪脱色・脱染剤組成物の第2剤と同等な成分が配合される。いずれの場合でも、これら複数剤は使用時に混合される。

0018

本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物において、過硫酸塩((A)成分及び(B)成分)は、酸化助剤として配合される成分である。これら過硫酸塩の第1剤中における配合量は、(A)成分を10〜40質量%の範囲内、より好ましくは15〜40質量%の範囲内とし、(B)成分を10〜40質量%の範囲内、より好ましくは15〜30質量%の範囲内とし、更に(B)成分に対する(A)成分の配合質量比(A)/(B)を0.5〜2.5、より好ましくは0.8〜2.0、更に好ましくは1.0〜1.7とすることが重要である。

0019

この過硫酸塩の配合量が上述の数値範囲を下回る程度まで減少すると、所期の毛髪脱色・脱染性が得られなくなることがある。また、過硫酸塩の配合量が上述の数値範囲を上回る程度まで増大すると、頭皮への刺激が強くなるなどの弊害を招く要因になり得る。

0020

また、(B)成分に対する(A)成分の配合質量比(A)/(B)が0.5を下回ると粘性上昇を招きやすくなる傾向があり、一方、配合質量比(A)/(B)が2.5を上回ると温度上昇を招きやすくなる傾向がある。このような傾向があることは、本件発明者らが実験的に確認した事実であり、その実験結果の詳細については後述する。

0021

また、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物において、ケイ酸の1価金属塩((C)成分)も、脱色・脱染性を高めるために配合される成分であり、ケイ酸の1価金属塩の具体例としては、例えば、ケイ酸ナトリウムケイ酸カリウムメタケイ酸ナトリウムメタケイ酸カリウム等を挙げることができる。(C)成分の第1剤中における配合量は、10〜30質量%の範囲内、より好ましくは15〜30質量%の範囲内で調製される。この(C)成分の配合量が10質量%を下回ると、毛髪の均染性(均一に染める性能)が低下する。一方、(C)成分の配合量が30質量%を上回ると温度上昇を招く要因になり得る。

0022

(C)成分に対する(B)成分の配合質量比(B)/(C)については、0.8〜3の範囲内、より好ましくは1.1〜1.8の範囲内で調製される。この配合質量比(B)/(C)が0.8未満であると、温度上昇を抑制できないおそれがあり、配合質量比(B)/(C)が3より多いと流動性が低下するおそれがある。

0023

また、(A)成分に対する(C)成分の配合質量比(C)/(A)については、0.4〜1の範囲内、より好ましくは0.45〜0.8の範囲内で調製されていると好ましい。この配合質量比(C)/(A)が0.4未満であると、均染性が低下するおそれがあり、配合質量比(C)/(A)が1より多いと頭皮への刺激が強くなるおそれがある。

0024

また、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物において、ケイ酸((D)成分)は、粘性上昇を抑制するために配合される成分であり、(D)成分の第1剤中における配合量は、1〜10質量%の範囲内で調製される。この(D)成分の配合量が1質量%未満まで低下すると、粘性上昇を抑制する効果が不十分になり、均染性も低下することがある。また、(D)成分の配合量が10質量%を上回ると、毛髪脱色・脱染剤組成物全体がかさ高くなり、混合性が低下したり、粉の飛散性が上がったりするおそれがある。

0025

また、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物において、25℃で固体のアルカリ剤((E)成分)は、毛髪の明度を向上させるために配合される成分であり、このようなアルカリ剤の具体例としては、炭酸マグネシウム酸化マグネシウム、及び塩化アンモニウムなどのアンモニウム塩を挙げることができる。(E)成分の第1剤中における配合量は、0.1〜4.0質量%の範囲内、より好ましくは1〜4質量%の範囲内、更に好ましくは2〜3.5質量%の範囲内で調製される。この(E)成分の配合量が0.1質量%未満まで低下すると、毛髪の明度を向上させる効果が不十分になることがある。また、(E)成分の配合量が4.0質量%を上回ると、温度上昇を招きやすくなる傾向がある。

0026

なお、第1剤中に配合されるアルカリ剤は、固体状の過硫酸塩とアルカリ剤を一剤中に共存させる都合上、25℃で固体状のアルカリ剤が採用されるが、三剤式以上の複数剤の場合であれば、別の剤にもアルカリ剤を配合することができ、この場合、別の剤には、液状のアルカリ剤を配合してもかまわない。液状のアルカリ剤の具体例としては、例えば、アンモニアアルカノールアミン等が挙げられる。アルカノールアミンの具体例としては、例えば、モノエタノールアミンイソプロパノールアミンなどが挙げられる。

0027

以上の他、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物には、必要に応じて、前述した成分以外の成分、例えば、水溶性高分子化合物分散剤、油性成分、多価アルコール界面活性剤、糖、キレート剤防腐剤、安定剤、pH調整剤植物抽出物生薬抽出物ビタミン香料酸化防止剤紫外線吸収剤、及び賦形剤が配合されていてもよい。

0029

これらの中でも、特に、キサンタンガム、グアーガム、トラガントガム、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カルボキシメチルセルロースナトリウム、ヒドロキシエチルセルロースジメチルジアリルアンモニウムクロリド、又はヒドロキシエチルセルロースヒドロキシプロピルトリメチルアンモニウムクロリドエーテルが好ましい。

0030

水溶性高分子化合物は、発熱反応を促す傾向があるため、その配合量については、好ましくは1質量%以下、より好ましくは0.5質量%以下となるようにする。このような発熱反応を促す成分が配合されていても、本発明の場合は、上述した(A)〜(E)成分の配合量を最適化したことで、毛髪脱色・脱染剤組成物全体としての発熱は抑制することができる。

0031

また、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物において、分散剤としては、例えば、ステアリン酸金属塩タルクショ糖脂肪酸エステル結晶セルロース低置換度ヒドロキシプロピルセルロースデキストリン乳糖ケイ酸アルミニウムケイ酸カルシウム、及びケイ酸マグネシウムなどが配合されているとよい。

0032

これらの中でも、流動性及び分散性を改善する効果が高いことから、ステアリン酸カルシウムステアリン酸マグネシウム、タルク、ケイ酸アルミニウム、ケイ酸カルシウム、及びケイ酸マグネシウムが好ましい。これらの分散剤を配合すると発熱を抑える効果がある。ステアリン酸金属塩を配合する場合、ステアリン酸金属塩の配合量は、過硫酸塩が配合される第1剤中において、0.1〜6.0質量%の範囲内で調製すると好ましく、より好ましくは1〜4質量%の範囲内、更に好ましくは2.5〜3.5質量%の範囲内で調製される。この配合量が6質量%を超えると流動性が低下するおそれがあり、配合量が0.1質量%未満であると温度上昇を抑制する効果が弱まるおそれがある。

0033

油性成分は、毛髪にうるおい感を付与する。そのため、好ましくは油性成分を含有する。油性成分としては、例えば油脂、ロウ高級アルコール炭化水素高級脂肪酸アルキルグリセリルエーテルエステル、及びシリコーンが挙げられる。

0037

シリコーンとしては、例えばジメチルポリシロキサンジメチコン)、メチルフェニルポリシロキサンデカメチルシクロペンタシロキサンドデカメチルシクロヘキサシロキサン末端水酸基変性ジメチルポリシロキサン、650〜10000の平均重合度を有する高重合シリコーンポリエーテル変性シリコーン(例えば、(PEG/PPGブチレン/ジメチコン)コポリマー)、アミノ変性シリコーンベタイン変性シリコーンアルキル変性シリコーンアルコキシ変性シリコーンメルカプト変性シリコーン、カルボキシ変性シリコーン、及びフッ素変性シリコーンが挙げられる。これらのシリコーンのうち、一種のみが単独で含有されてもよいし、二種以上が組み合わされて含有されてもよい。

0038

多価アルコールとしては、例えばグリコール、及びグリセリンが挙げられる。グリコールとしては、例えばエチレングリコール、ジエチレングリコールトリエチレングリコールポリエチレングリコールプロピレングリコールジプロピレングリコールイソプレングリコール、及び1,3−ブチレングリコールが挙げられる。グリセリンとしては、例えばグリセリン、ジグリセリン、及びポリグリセリンが挙げられる。

0039

界面活性剤は、乳化剤又は各成分の可溶化剤として毛髪脱色・脱染剤組成物を乳化又は可溶化する。界面活性剤としては、アニオン性界面活性剤カチオン性界面活性剤両性界面活性剤、及びノニオン性界面活性剤が挙げられる。

0040

アニオン性界面活性剤としては、例えばアルキルエーテル硫酸塩アルキル硫酸塩アルケニルエーテル硫酸塩アルケニル硫酸塩オレフィンスルホン酸塩アルカンスルホン酸塩飽和又は不飽和脂肪酸塩アルキル又はアルケニルエーテルカルボン酸塩、α−スルホン脂肪酸塩、N−アシルアミノ酸型界面活性剤、リン酸モノ又はジエステル型界面活性剤、及びスルホコハク酸エステルが挙げられる。これらの界面活性剤のアニオン基対イオンとしては、例えばナトリウムイオンカリウムイオン、及びトリエタノールアミンが挙げられる。アルキル硫酸塩としては、例えばラウリル硫酸ナトリウムが挙げられる。

0041

カチオン性界面活性剤としては、例えば塩化ラウリルトリメチルアンモニウム塩化セチルトリメチルアンモニウム、塩化ステアリルトリメチルアンモニウム塩化アルキルトリメチルアンモニウム、塩化ジステアリルジメチルアンモニウム臭化セチルトリメチルアンモニウム、臭化ステアリルトリメチルアンモニウムエチル硫酸ラノリン脂肪酸アミノプロピルエチルジメチルアンモニウム、ステアリルトリメチルアンモニウムサッカリン、セチルトリメチルアンモニウムサッカリン、塩化メタクリロイルオキシエチルトリメチルアンモニウム、及びメチル硫酸ベヘニルトリメチルアンモニウムが挙げられる。

0042

両性界面活性剤としては、例えばココベタイン、ラウラミドプロピルベタインコカミドプロピルベタイン、ラウロアン酢酸ナトリウムココアンホ酢酸ナトリウム、及びラウリルベタインラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン)が挙げられる。

0043

非イオン性界面活性剤の具体例としては、例えばエーテル型非イオン性界面活性剤、及びエステル型非イオン性界面活性剤が挙げられる。エーテル型非イオン性界面活性剤の具体例としては、例えばポリオキシエチレン(以下、POEという。)セチルエーテル(セテス)、POEステアリルエーテルステアレス)、POEベヘニルエーテル、POEオレイルエーテルオレス)、POEラウリルエーテル(ラウレス)、POEオクチルドデシルエーテル、POEヘキシルデシルエーテル、POEイソステアリルエーテル、POEノニルフェニルエーテル、及びPOEオクチルフェニルエーテルが挙げられる。

0044

エステル型非イオン性界面活性剤の具体例としては、例えばモノオレインPOEソルビタンモノステアリン酸POEソルビタン、モノパルミチン酸POEソルビタン、モノラウリン酸POEソルビタン、トリオレイン酸POEソルビタン、モノステアリン酸POEグリセリン、モノミリスチン酸POEグリセリン、テトラオレイン酸POEソルビットヘキサステアリン酸POEソルビット、モノラウリン酸POEソルビット、POEソルビットミツロウ、モノオレイン酸ポリエチレングリコールモノステアリン酸ポリエチレングリコールモノラウリン酸ポリエチレングリコール、親油型モノオレイン酸グリセリン、親油型モノステアリン酸グリセリン自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、モノオレイン酸ソルビタンセスキオレイン酸ソルビタン、トリオレイン酸ソルビタンモノステアリン酸ソルビタン、モノパルミチン酸ソルビタン、モノラウリン酸ソルビタン、ショ糖脂肪酸エステル、モノラウリン酸デカグリセリル、モノステアリン酸デカグリセリル、モノオレイン酸デカグリセリル、及びモノミリスチン酸デカグリセリルが挙げられる。これらの界面活性剤の具体例のうち、一種のみが単独で含有されてもよいし、二種以上が組み合わされて含有されてもよい。

0045

糖としては、例えばソルビトール、及びマルトースが挙げられる。防腐剤としては、例えばパラベンが挙げられる。キレート剤としては、例えばエデト酸二ナトリウムが挙げられる。安定剤としては、例えばフェナセチン8−ヒドロキシキノリンアセトアニリドピロリン酸ナトリウムバルビツール酸尿酸、及びタンニン酸が挙げられる。pH調整剤としては、例えばクエン酸酒石酸乳酸リンゴ酸、コハク酸、フマル酸マレイン酸ピロリン酸グルコン酸グルクロン酸安息香酸、及び2−アミノ−2−メチル−1,3−プロパンジオールが挙げられる。酸化防止剤としては、例えばアスコルビン酸及び亜硫酸塩が挙げられる。賦形剤としては、例えば硫酸ナトリウムが挙げられる。

0046

過硫酸塩が配合される第1剤の剤型は、過硫酸塩を固体状に保存するため、固体状に構成される。固体状としては、例えば粉末状及び粒子状が挙げられる。
さらに、本発明の毛髪脱色・脱染剤組成物において、酸化剤は、毛髪に含まれるメラニンを脱色する成分である。酸化剤の具体例としては、例えば、過酸化水素過酸化尿素、過酸化メラミン過炭酸ナトリウム過炭酸カリウム、過ホウ酸ナトリウム、過ホウ酸カリウム過酸化ナトリウム過酸化カリウム過酸化マグネシウム過酸化バリウム過酸化カルシウム過酸化ストロンチウム硫酸塩の過酸化水素付加物リン酸塩の過酸化水素付加物、及びピロリン酸塩の過酸化水素付加物を挙げることができる。

0047

酸化剤の配合量は、毛髪脱色・脱染剤組成物全体に対する配合質量比で、好ましくは0.1〜15.0質量%とされる。酸化剤の配合量が0.1質量%未満では、メラニンを十分に脱色することができない場合がある。酸化剤の配合量が15.0質量%を超えると、毛髪に損傷等が発生するおそれがある。

0048

酸化剤として過酸化水素を配合する場合、過酸化水素の安定性を向上させるために、好ましくは、第2剤は、安定化剤、例えばエチレングリコールフェニルエーテルフェノキシエタノール)、ヒドロキシエタンジホスホン酸及びその塩を含有する。ヒドロキシエタンジホスホン酸塩としては、例えばヒドロキシエタンジホスホン酸四ナトリウム、及びヒドロキシエタンジホスホン酸二ナトリウムが挙げられる。第2剤は、毛髪脱色・脱染剤組成物に一般的に含有され、かつ前述した各成分の作用を阻害しない各成分を含有してもよい。

0049

第2剤の剤型は特に限定されず、具体例として、例えば固体状(酸化剤が常温液体の場合は除く)、液状、ゲル状、フォーム状、及びクリーム状が挙げられる。固体状としては、例えば粉末状及び粒子状が挙げられる。液状としては、例えば乳化液が挙げられる。なお、第2剤が固体状の場合、使用時に溶媒を更に添加する必要がある。溶媒としては、例えば水、エタノールn−プロパノールイソプロパノール、メチルセロソルブエチルセロソルブ、メチルカルビトール、エチルカルビトール、ベンジルアルコールフェネチルアルコール、γ−フェニルプロピルアルコールケイ皮アルコールアニスアルコール、p−メチルベンジルアルコール、α−ジメチルフェネチルアルコール、α−フェニルエタノール、フェノキシエタノール、フェノキシイソプロパノール、2−ベンジルオキシエタノール、N−アルキルピロリドン炭酸アルキレン、及びアルキルエーテルが挙げられる。これらの中で、各成分の溶解性が優れる観点から水が好ましい。なお、溶媒として水が用いられる場合、複数剤が混合された混合物中における水の配合量(使用時の配合量)は、好ましくは40質量%以上であり、より好ましくは50質量%以上である。

0050

毛髪脱色・脱染剤組成物は、使用時に複数剤を混合することにより混合物が調製される。その際、過硫酸塩が配合された剤(例えば、第1剤)とそれ以外の剤(例えば、二剤式であれば第2剤、三剤式であれば第2剤及び第3剤)との混合比は、好ましくは1:1〜1:15の範囲内、より好ましくは1:1〜1:8の範囲内、更に好ましくは1:2〜1:6の範囲内とされる。混合後のpHについては、7〜12の範囲内となるように調整されていると好ましい。また、混合物の剤型は特に限定されず、液状、ゲル状、フォーム状、及びクリーム状のいずれであってもよい。次いで、必要量の混合物が薄手手袋をした手、コーム)又は刷毛に付着されて毛髪に塗布、又はアプリケーターから直接毛髪に塗布される。

0051

〔2〕試験
次に、いくつかの実施例及び比較例を挙げて、本発明の実施形態を更に具体的に説明する。

0052

[二剤式毛髪脱色・脱染剤組成物の試験例]
下記の表1〜表4に示す各成分を含有する二剤式毛髪脱色・脱染剤組成物を調製した。表1〜表4に示した各成分に対応する数値は、いずれも各成分の配合量を示し、その単位は質量%である。

0053

各組成物ともに、以下の方法で発熱、流動性、毛髪の均染性を評価した。
[発熱]
第1剤:第2剤=5:1の割合で混合し、攪拌棒で10回円を描くように回転混合し、25℃の環境で温度変化を測定し、そのときの最高到達温度を4段階(40℃以下…◎、41〜50℃…○、51〜80℃…△、81℃以上…×)で評価した。

0054

[流動性]
第1剤をアプリケーター内の第2剤の中に入れ、上下に30回振って混合し、1分30秒間静置したあと、アプリケーターの開口部が斜め下45°になるように傾けて、5秒間の流動性の程度(混合液が5秒間でどの程度流れ動くか)を4段階(非常に動きやすい…◎、動きやすい…○、動きがある…△、動かない…×)で評価した。

0055

[毛髪の均染性]
第1剤及び第2剤を櫛付きアプリケーターの中に入れ、上下に30回振って混合し、櫛付きアプリケーターから吐出しながら30cmの長さの毛束を先端から末端方向へ10回コーミングして毛髪脱色・脱染剤組成物を計20g塗布して20分間放置し、脱色処理したあと、洗い流し、シャンプー、乾燥してから、毛束の色ムラの程度をパネラー目視にて観察し、4段階(色ムラがない…◎、色ムラがあまりない…○、色ムラがややある…△、色ムラがある…×)で評価した。

0056

0057

0058

0059

0060

表1に示す実施例1〜4と比較例1とを対比すれば明らかなように、過硫酸塩として(A)成分を配合することなく(B)成分だけを単独で配合すると、その影響で流動性に違いが現れることがわかる。また、毛髪の均染性にも影響が現れる。また、表1に示す実施例1〜4と比較例2とを対比すれば明らかなように、過硫酸塩として(B)成分を配合することなく(A)成分だけを単独で配合すると、その影響で発熱量が増大し、温度上昇を招くことがわかる。

0061

さらに、表1に示す実施例1〜4と比較例3とを対比すれば明らかなように、(C)成分が配合されていない場合、その影響で毛髪の均染性に影響が現れる。また、表1に示す実施例1〜4と比較例4とを対比すれば明らかなように、(D)成分が配合されていない場合、その影響で流動性に違いが現れることがわかる。

0062

また、表1に示す実施例1〜3と比較例5とを対比すれば明らかなように、(E)成分が配合されていない場合、その影響で毛髪の均染性に影響が現れる。
したがって、これらの実験結果からは、上記(A)〜(E)の各成分の配合量を最適化することが極めて重要であり、これにより、毛髪脱色・脱染剤組成物の発熱抑制流動性向上、毛髪の均染性改善を図ることができることがわかる。

0063

また、表2に示す実施例5〜11は、上記(A)〜(E)の各成分とは別の成分について、その配合量を変えて調製した事例である。これらの事例は、いずれも発熱抑制効果があり、流動性も良好で、毛髪の均染性も改善されている例である。

0064

表3に示す実施例12〜15は、(A)成分について、その配合量を変えて調製した事例である。表3に示す実施例16〜18は、(B)成分について、その配合量を変えて調製した事例である。表3に示す実施例19〜21は、(C)成分について、その配合量を変えて調製した事例である。表3に示す実施例22〜24は、(D)成分について、その配合量を変えて調製した事例である。表4に示す実施例25〜27は、(E)成分について、その配合量を変えて調製した事例である。表4に示す実施例28〜30は、(B)成分に対する(A)成分の配合質量比(A)/(B)が0.5〜2.5の範囲内で調製された事例である。これら実施例12〜30として示した事例は、いずれも発熱抑制効果があり、流動性も良好で、毛髪の均染性も改善されている例である。

0065

一方、表4に示す比較例6,7は、(B)成分に対する(A)成分の配合質量比(A)/(B)が0.5〜2.5の範囲外となる事例である。この比較例6,7からは、(A)成分そのものの配合量や、(B)成分そのものの配合量が適正な範囲内であっても、(B)成分に対する(A)成分の配合質量比(A)/(B)が適正化されていないと、発熱を抑制できなかったり、流動性が悪くなったりする、という問題を招き得ることがわかる。

0066

表4に示す比較例9は(D)成分の配合量が少なすぎる事例、表4に示す比較例10は(E)成分の配合量が多すぎる事例である。これらの事例のように(D)成分や(E)成分についても、その数値範囲が適正化されていないと、その影響で流動性に違いが現れ、また、毛髪の均染性にも影響が現れる。

0067

[三剤式毛髪脱色・脱染剤組成物の試験例]
下記の表5に示す各成分を含有する三剤式毛髪脱色・脱染剤組成物を調製した。表5に示した各成分に対応する数値は、いずれも各成分の配合量を示し、その単位は質量%である。

0068

各組成物ともに、以下の方法で発熱、混合性、毛髪の均染性を評価した。
[発熱]
第1剤:第2剤=5:1の割合で混合し、攪拌棒で10回円を描くように回転混合し、25℃の環境で温度変化を測定し、そのときの最高到達温度を4段階(40℃以下…◎、41〜50℃…○、51〜80℃…△、81℃以上…×)で評価した。

0069

[流動性]
第1剤をアプリケーター内の第2剤の中に入れ、30回上下に振って混合し、1分30秒静置したあと、更に第3剤を入れ、30回上下に振って混合した。その後、1分30秒間静置したあと、アプリケーターの開口部が斜め下45°になるように傾けて、5秒間の流動性の程度(混合液が5秒間でどの程度流れ動くか)を4段階(非常に動きやすい…◎、動きやすい…○、動きがある…△、動かない…×)で評価した。

0070

[混合性]
第1剤をアプリケーター内の第2剤の中に入れ、30回上下に振って混合し、1分30秒静置したあと、更に第3剤を入れ、30回上下に振って混合した。その後の混合性の程度を4段階(非常に振りやすく、混合しやすい…◎、かなり振りやすく、混合しやすい…○、振りやすく、混合しやすい…△、振りにくく、混合しにくい…×)で評価した。

0071

[毛髪の均染性]
第1剤を櫛付きアプリケーター内の第2剤の中に入れ、30回上下に振って混合し、1分30秒静置したあと、更に第3剤を入れ、30回上下に振って混合した。その後、櫛付きアプリケーターから吐出しながら30cmの長さの毛束を先端から末端方向へ10回コーミングして毛髪脱色・脱染剤組成物を計20g塗布して20分間放置し、脱色処理したあと、洗い流し、シャンプー、乾燥してから、毛束の色ムラの程度をパネラーの目視にて観察し、4段階(色ムラがない…◎、色ムラがあまりない…○、色ムラがややある…△、色ムラがある…×)で評価した。

0072

0073

表5に示す実施例31,32から明らかなように、三剤式の毛髪脱色・脱染剤組成物においても、第1剤において本発明の構成を採用することにより、発熱が抑制され、混合性が向上し、毛髪の均染性が改善されることがわかる。すなわち、三剤式とした場合でも、表1〜表4に示した各実施例と同様の傾向が見受けられた。

0074

また、実施例31と実施例32を対比すれば明らかなように、第3剤に配合されるアルカリ剤をアンモニア又はモノエタノールアミンのいずれかに変更した場合でも、双方とも発熱が抑制され、混合性が向上し、毛髪の均染性に優れた組成物を得ることができた。

0075

〔3〕その他の実施形態
以上、本発明の実施形態について説明したが、本発明は上記の具体的な一実施形態に限定されず、この他にも種々の形態で実施することができる。

0076

例えば、上記実施形態では、酸化剤の具体例として、過酸化水素を配合する例を示したが、他の酸化剤を利用してもよい。他の酸化剤としては、例えば、過酸化尿素、過酸化メラミン、過炭酸ナトリウム、過炭酸カリウム、過ホウ酸ナトリウム、過ホウ酸カリウム、過酸化ナトリウム、過酸化カリウム、過酸化マグネシウム、過酸化バリウム、過酸化カルシウム、過酸化ストロンチウム、硫酸塩の過酸化水素付加物、リン酸塩の過酸化水素付加物、及びピロリン酸塩の過酸化水素付加物などを挙げることができる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ