図面 (/)

技術 二層型クレンジング化粧料

出願人 花王株式会社
発明者 村上希恵
出願日 2011年12月28日 (7年10ヶ月経過) 出願番号 2011-290001
公開日 2013年7月18日 (6年4ヶ月経過) 公開番号 2013-139402
状態 特許登録済
技術分野 化粧料
主要キーワード 液状層 各評価項目毎 ポイントメイク 油成分中 再分離 メイクアップ料 シイクワシャー シークワーサー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年7月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

水層油層二層からなり、振とうにより容易に乳化状態となり、使用に影響しない適度な時間を経てから二層に分離する、審美性に優れ、化粧落とし効果や使用感触が良好で、安全性の高い二層型クレンジング化粧料を提供する。

解決手段

(A)トリポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリチル、(B)油成分及び(C)水を含有する二層型クレンジング化粧料。

概要

背景

従来、皮膚上の皮脂汚れメイクアップ化粧料を除去するためのクレンジング化粧料としては、液状油等を主成分とする油性クレンジング化粧料、油性成分を界面活性剤により乳化してクリーム状や乳液状にした乳化タイプのクレンジング化粧料、さらに水性成分や水溶性高分子を主成分とする水性クレンジング化粧料等が用いられてきた。しかし、これらの剤型には、昨今の化粧崩れしにくく化粧もちの良いメイクアップ化粧料に対する除去能が十分ではない、使用中・使用後の感触に劣る、除去効果に優れていても水により簡単に洗い流せない等、何らかの問題点があった。

さらに、クレンジング化粧料には、上記の機能面や使用感触の面からの要求の他、外見的にも魅力的であるという審美的な面からの要求も多くなってきている。このような外見的に魅力的な剤型として、二層型化粧料が注目されている。二層型化粧料は、使用時に振とう攪拌することにより容易に乳化混合され、放置すれば容易に再分離する化粧料である。このような乳化型化粧料は、使用する一定時間は均一な乳化状態を保持し、使用後は使用前と同じ状態の二層に完全に分離することが求められる。

二層型のクレンジング化粧料に関する試みとしては、両性界面活性剤と2種以上の非イオン性界面活性剤との併用技術(特許文献1参照)、N−長鎖アシル塩基性アミノ酸誘導体及びその酸付加塩を用いる技術(特許文献2参照)、さらには2種の増粘剤水溶性塩との併用技術(特許文献3参照)等が提案されている。

しかしながら、上記の例では二層型とすることはできるものの、水層油層が共に液状を呈する場合には、きれいに二層に分離しないといった問題や、製剤の保存安定性に劣り、二層系を維持しがたいといった問題があった。そこで、共に液状層である場合の試みとして、塩化ベンザルコニウムを配合する技術が開示されている(特許文献4〜6参照)。

概要

水層と油層の二層からなり、振とうにより容易に乳化状態となり、使用に影響しない適度な時間を経てから二層に分離する、審美性に優れ、化粧落とし効果や使用感触が良好で、安全性の高い二層型クレンジング化粧料を提供する。(A)トリポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリチル、(B)油成分及び(C)水を含有する二層型クレンジング化粧料。なし

目的

従って、水層と油層の二層からなり、振とうにより容易に乳化状態となり、使用に影響しない適度な時間を経てから二層に分離し、審美性に優れ、化粧落とし効果や使用感触が良好で、安全性の高い二層型クレンジング化粧料を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

(A)トリポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリチル、(B)油成分及び(C)水を含有する二層型クレンジング化粧料

請求項2

(A)成分が、ポリヒドロキシC12−C22脂肪酸ジペンタエリスリトールトリエステルである、請求項1記載の二層型クレンジング化粧料。

請求項3

ポリヒドロキシC12−C22脂肪酸とジペンタエリスリトールのトリエステルが、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルである、請求項2記載の二層型クレンジング化粧料。

請求項4

(B)成分が、揮発性油剤を含有するものである、請求項1〜3のいずれか1項記載の二層型クレンジング化粧料。

請求項5

揮発性油剤が、軽質流動イソパラフィンイソドデカン及びデカメチルシクロペンタシロキサンから選ばれる1種以上である、請求項4記載の二層型クレンジング化粧料。

請求項6

(B)成分中の揮発性油剤の含有割合が30〜100質量%である、請求項4又は5記載の二層型クレンジング化粧料。

請求項7

さらに(D)水溶性塩類を含有する、請求項1〜6のいずれか1項記載の二層型クレンジング化粧料。

請求項8

さらに(E)水溶性色素を含有する、請求項1〜7のいずれか1項記載の二層型クレンジング化粧料。

技術分野

0001

本発明は、二層型クレンジング化粧料に関する。

背景技術

0002

従来、皮膚上の皮脂汚れメイクアップ化粧料を除去するためのクレンジング化粧料としては、液状油等を主成分とする油性クレンジング化粧料、油性成分を界面活性剤により乳化してクリーム状や乳液状にした乳化タイプのクレンジング化粧料、さらに水性成分や水溶性高分子を主成分とする水性クレンジング化粧料等が用いられてきた。しかし、これらの剤型には、昨今の化粧崩れしにくく化粧もちの良いメイクアップ化粧料に対する除去能が十分ではない、使用中・使用後の感触に劣る、除去効果に優れていても水により簡単に洗い流せない等、何らかの問題点があった。

0003

さらに、クレンジング化粧料には、上記の機能面や使用感触の面からの要求の他、外見的にも魅力的であるという審美的な面からの要求も多くなってきている。このような外見的に魅力的な剤型として、二層型化粧料が注目されている。二層型化粧料は、使用時に振とう攪拌することにより容易に乳化混合され、放置すれば容易に再分離する化粧料である。このような乳化型化粧料は、使用する一定時間は均一な乳化状態を保持し、使用後は使用前と同じ状態の二層に完全に分離することが求められる。

0004

二層型のクレンジング化粧料に関する試みとしては、両性界面活性剤と2種以上の非イオン性界面活性剤との併用技術(特許文献1参照)、N−長鎖アシル塩基性アミノ酸誘導体及びその酸付加塩を用いる技術(特許文献2参照)、さらには2種の増粘剤水溶性塩との併用技術(特許文献3参照)等が提案されている。

0005

しかしながら、上記の例では二層型とすることはできるものの、水層油層が共に液状を呈する場合には、きれいに二層に分離しないといった問題や、製剤の保存安定性に劣り、二層系を維持しがたいといった問題があった。そこで、共に液状層である場合の試みとして、塩化ベンザルコニウムを配合する技術が開示されている(特許文献4〜6参照)。

先行技術

0006

特開2002−121130号公報
特開2004−196713号公報
特開2007−269674号公報
特開平6−211628号公報
特開2001−213724号公報
特開2010−222321号公報

発明が解決しようとする課題

0007

しかし、これらの二層型クレンジング化粧料は、二層分離性・除去効果・使用性に優れるものであるが、塩化ベンザルコニウムは、殺菌・消毒に用いられるカチオン性界面活性剤であって、化粧料に配合する際には配合上限が規制されており、皮膚への刺激性・安全性を考慮すると、組成物中に含有される塩化ベンザルコニウムは少量もしくは含有されないことが望ましい。また、塩化ベンザルコニウムを配合すると、着色のために配合した色素凝集を起こしてしまう場合があった。
従って、水層と油層の二層からなり、振とうにより容易に乳化状態となり、使用に影響しない適度な時間を経てから二層に分離し、審美性に優れ、化粧落とし効果や使用感触が良好で、安全性の高い二層型クレンジング化粧料を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

本発明者は、前記課題を解決するために鋭意研究した結果、油性分と水にトリポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリチルを組み合わせることにより、振とうにより容易に乳化状態となり、使用に影響しない適度な時間を経てから二層に分離する二層型化粧料となること、そして係る二層型化粧料がクレンジング化粧料として、落ちにくいメイクアップ化粧料の除去効果に優れ、使用後の乾燥感を抑え、潤いのある良好な使用感を有し、さらに皮膚刺激も抑えられることを見出し、本発明を完成させた。

0009

すなわち、本発明は、(A)トリポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリチル、(B)油性分及び(C)水を含有する二層型クレンジング化粧料を提供するものである。

発明の効果

0010

本発明により、使用時の乳化混合を損なうことなく二層分離状態が安定に保たれた、外観に優れ、メイクアップ化粧料の除去効果に優れ、使用感触が良好で、安全性の高い二層型クレンジング化粧料を提供することができる。

0011

以下、本発明の構成について詳述する。

0012

本発明で使用する(A)トリポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリチルは、ポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリトールトリエステルである。ポリヒドロキシ脂肪酸は、ヒドロキシ脂肪酸重合物であり、ヒドロキシ脂肪酸としては、ヒドロキシラリン酸ヒドロキシミリスチン酸、ヒドロキシパルミチン酸ヒドロキシステアリン酸、ヒドロキシべへニン酸等の炭素数12〜22の直鎖又は分岐鎖のヒドロキシ脂肪酸が挙げられる。このうち、炭素数16〜20のものが好ましく、さらに炭素数18のヒドロキシステアリン酸が好ましい。ヒドロキシ脂肪酸の重合度は、平均重合度で2〜12が好ましく、より好ましくは4〜12であり、さらに好ましくは6〜12である。具体的な(A)成分としては、トリポリヒドロキシラウリン酸ジペンタエリスリチル、トリポリヒドロキシミリスチン酸ジペンタエリスリチル、トリポリヒドロキシパルミチン酸ジペンタエリスリチル、トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルトリヒドロキシべへニン酸ジペンタエリスリチルなどが挙げられ、これらの1種又は2種以上を組み合わせて使用することができる。これらのうち、本発明ではポリヒドロキシステアリン酸とジペンタエリスリトールとのトリエステルであるトリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルが好ましく用いられる。市販品としては、例えば、サラコスWO−6(日清オイリグループ社製)が挙げられる。

0013

本発明の二層型クレンジング化粧料における(A)トリポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリチルの含有量は、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、0.001〜10質量%(以下、単に%と略す。)の範囲が好ましく、より好ましくは0.001〜5%の範囲であり、さらに好ましくは0.005〜3%の範囲であり、さらに好ましくは0.01〜1%の範囲である。これらの範囲内であれば、混合時の均一性により優れ、振とう後の二層への分離速度をより適度にコントロールでき、分離後はより安定な二層分離状態を維持することが可能となる。

0014

本発明で使用する(B)油成分は、本発明の二層型クレンジング化粧料において油層を形成するものである。本発明における油成分は、水との相溶性が低く、水と混合したときに分離する油分を指し、特に限定されないが、例えばエステル油炭化水素油植物油シリコーン油高級脂肪酸エーテル油高級アルコール等が挙げられる。これらのうち、本発明ではメイクアップ化粧料の除去効果に優れることから、揮発性油剤を用いることが好ましい。係る揮発性油剤としては、化粧品に配合し得る揮発性油分であれば特に限定されないが、例えば、軽質流動イソパラフィンイソドデカンデカメチルシクロペンタシロキサンオクタメチルシクロテトラシロキサンドデカメチルシクロヘキサシロキサンメチルトリメチコン等が挙げられる。さらにこれらのうちでも軽質流動イソパラフィン、イソドデカン、デカメチルシクロペンタシロキサンが、メイクアップ化粧料の除去効果に加え、使用時のべたつきや刺激感のないものが得られることから特に好ましく用いられる。

0015

本発明の二層型クレンジング化粧料における(B)油成分の含有量は、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、10〜85%の範囲が好ましく、より好ましくは20〜80%の範囲であり、さらに好ましくは30〜70%の範囲である。これらの範囲内であれば、メイクアップ化粧料の除去効果に優れ、使用時のべたつきや刺激感のないものが得られる。また、(B)油成分中の揮発性油剤の含有割合は、メイクアップ化粧料の除去効果の点から30〜100%が好ましく、40〜100%がより好ましく、50〜100%がさらに好ましい。

0016

本発明で使用する(C)水は、本発明の二層型クレンジング化粧料において水層を形成するものである。本発明の二層型クレンジング化粧料における(C)水の含有量は、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、10〜80%の範囲が好ましく、より好ましくは15〜70%であり、さらに好ましくは15〜60%の範囲である。この範囲内であれば、使用後の乾燥感を抑え、潤いのある良好な使用感を有するものが得られる。

0017

本発明の二層型クレンジング化粧料には、上記必須成分に加えて、(D)水溶性塩類を含有させることが好ましい。水溶性塩類は油層と水層の界面の安定化に寄与するため、本発明の二層型クレンジング化粧料において二層分離状態の安定的保持に効果的に作用する。水溶性塩類は、酸と塩基との中和反応によって生じるイオン性化合物で、水に溶解してイオン解離するものであって、無機塩類有機塩類を使用することができる。無機塩類としては塩酸硫酸炭酸、リン酸等の無機酸とアルカリ金属アンモニウム等との塩が挙げられ、具体的には塩化ナトリウム塩化カリウム塩化マグネシウム等の塩化物硫酸ナトリウム硫酸カリウム硫酸マグネシウム硫酸アルミニウム等の硫酸塩、炭酸ナトリウム炭酸水素ナトリウム等の炭酸塩などが挙げられる。有機塩類としては、乳酸コハク酸クエン酸酒石酸リンゴ酸等の有機酸とアルカリ金属、アンモニウム等との塩が挙げられる。本発明では、これらの各種塩類から1種以上を用いることができるが、無機塩類を用いるのが好ましく、特に塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化マグネシウム等の塩化物を用いると、二層界面が白濁しにくいものが得られるため好ましい。

0018

本発明の二層型クレンジング化粧料における(D)水溶性塩類の含有量は、二層界面の安定化の点から、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、
0.001〜5%の範囲が好ましく、より好ましくは0.005〜1%であり、さらに好ましくは0.01〜0.5%の範囲である。

0019

塩化ベンザルコニウムを配合した従来の二層型クレンジング化粧料では、着色のために配合した水溶性色素が油層と水層の界面へ乳化物として凝集を起こし美観を損ねる場合があった。しかし、本発明の二層型クレンジング化粧料では、そのような現象が生じないため、着色成分として(E)水溶性色素を配合して、より美観に優れた二層型クレンジング化粧料とすることが可能である。ここで水溶性色素とは、油層と比較して水層への溶解性が高い色素を指し、化粧料一般に使用可能な色素であれば特に限定されない。本発明では、水溶性色素として、水溶性タール系色素が好ましく用いられる。具体的な水溶性タール系色素としては、例えば赤色2号、赤色3号、赤色102号、赤色105号の(1)、赤色105号の(2)、赤色106号、赤色213号、赤色214号、赤色227号、赤色230号の(1)、赤色230号の(2)、赤色231号、赤色232号、赤色401号、赤色502号、赤色503号、赤色504号、黄色4号、黄色5号、黄色202号の(1)、黄色202号の(2)、黄色203号、黄色205号、黄色402号、黄色403号の(1)、黄色406号、黄色407号、だいだい色205号、だいだい色207号、だいだい色402号、緑色3号、緑色201号、緑色204号、緑色205号、緑色401号、緑色402号、青色1号、青色2号、青色202号、青色203号、青色205号、褐色201号、紫色401号、黒色401号等が挙げられ、特に赤色106号、赤色227号、赤色401号、赤色504号、青色1号、緑色3号、緑色201号、紫色401号が、安定性、安全性により優れることから、好ましく用いられる。

0020

本発明の二層型クレンジング化粧料における(E)水溶性色素の含有量は、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、0.000005〜0.1%の範囲が好ましく、より好ましくは0.00001〜0.05%であり、さらに好ましくは0.00005〜0.01%の範囲である。

0021

本発明の二層型クレンジング化粧料には、上記各種成分の他に、通常用いられる他の成分を適宜加えることができる。例えば、エデト酸塩等のキレート剤保湿剤美白剤血行促進剤抗炎症剤殺菌剤紫外線吸収剤感触向上剤着色剤防腐剤酸化防止剤香料動植物抽出物等を挙げることができ、これらを本発明の効果を損なわない範囲で配合することができる。

0022

本発明の二層型クレンジング化粧料は、安全性が懸念される界面活性剤を含有しなくとも振とうにより均一な乳化状態となり、次いで静置することで安定な二層分離状態が形成される。従って、本発明の二層型クレンジング化粧料は界面活性剤を実質的に含まないことが好ましい。

0023

本発明の二層型クレンジング化粧料は常法に従って、所定の成分を適宜混合することによって得られ、混合する順序によらず、全成分を均一に混合・分散することにより製造することができる。

0024

本発明の二層型クレンジング化粧料は、化粧料一般の除去に有用であるが、特に油性成分を主成分とする、マスカラアイライナーアイシャドウアイブロウ等のアイメイクアップ化粧料口紅等の口唇化粧料において優れた除去効果を発揮する。また、ファンデーションサンスクリーン等のベースメイク化粧料を除去するためにも好適に使用することができる。

0025

本発明の二層型クレンジング化粧料には、化粧料の充填に適した容器であればいかなる形状、材質の容器を用いることが可能であるが、本発明の特徴である二層に分離して外観に優れるという点が生かされることから、無色若しくは有色の透明若しくは半透明の容器を用いるのが好ましい。

0026

(A)トリポリヒドロキシ脂肪酸ジペンタエリスリチル、(B)油成分及び(C)水を含有する本発明の二層型クレンジング化粧料の実施形態に関し、本発明は以下<1>〜<11>の二層型クレンジング化粧料であることが好ましい。

0027

<1>(A)成分が、ポリヒドロキシC12−C22脂肪酸とジペンタエリスリトールのトリエステルであり、好ましくはトリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチルである、前記の二層型クレンジング化粧料。
<2>(B)成分が、軽質流動イソパラフィン、イソドデカン、デカメチルシクロペンタシロキサン、オクタメチルシクロテトラシロキサン、ドデカメチルシクロヘキサシロキサン及びメチルトリメチコンから選ばれる1種以上であり、好ましくは軽質流動イソパラフィン、イソドデカン及びデカメチルシクロペンタシロキサンから選ばれる1種以上である、前記<1>の二層型クレンジング化粧料。
<3>さらに(D)水溶性塩類として、無機塩類、好ましくは塩化ナトリウム、塩化カリウム、塩化マグネシウム等の塩化物を含有する、前記<1>又は<2>の二層型クレンジング化粧料。
<4>さらに(E)水溶性色素として、水溶性タール系色素、好ましくは赤色106号、赤色227号、赤色401号、赤色504号、青色1号、緑色3号、緑色201号及び紫色401号から選ばれる1種以上を含有する、前記<1>〜<3>いずれかの二層型クレンジング化粧料。
<5>(A)成分の含有量が、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、0.001〜10%、好ましくは0.001〜5%、より好ましくは0.005〜3%、さらに好ましくは0.01〜1%の範囲である、前記<1>〜<4>いずれかの二層型クレンジング化粧料。
<6>(B)成分の含有量が、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、10〜85%、好ましくは20〜80%、より好ましくは30〜70%の範囲である、前記<1>〜<5>いずれかの二層型クレンジング化粧料。
<7>(B)成分中の揮発性油剤の含有割合が、30〜100%、好ましくは40〜100%、より好ましくは50〜100%である、前記<1>〜<6>いずれかの二層型クレンジング化粧料。
<8>(C)成分の含有量が、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、10〜80%、好ましくは15〜70%、より好ましくは15〜60%の範囲である、前記<1>〜<7>いずれかの二層型クレンジング化粧料。
<9>(D)成分の含有量が、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、0.001〜5%、好ましくは0.005〜1%、より好ましくは0.01〜0.5%の範囲である、前記<3>〜<8>いずれかの二層型クレンジング化粧料。
<10>(E)成分の含有量が、二層型クレンジング化粧料の総量を基準として、0.000005〜0.1%、好ましくは0.00001〜0.05%、より好ましくは0.00005〜0.01%の範囲である、前記<4>〜<9>いずれかの二層型クレンジング化粧料
<11>無色若しくは有色の透明若しくは半透明の容器に充填された、前記<1>〜<10>いずれかの二層型クレンジング化粧料。

0028

以下、実施例をもって本発明を詳細に説明するが、本発明はこれにより限定されるものではない。尚、実施例における配合量は全て質量%である。

0029

表1に記載の配合組成よりなる二層型クレンジング化粧料を常法により調製してガラス透明容器に充填し、下記の方法にて各種評価を実施した。

0030

評価項目
(A)振とう後の二層への分離速度
(B)二層分離性
(C)化粧料の除去効果
(D)使用時のべたつきのなさ
(E)使用時の刺激感のなさ
(F)使用後のうるおい感

0031

評価方法
評価項目(A)については、試料を上下に10回振とう後、二層に分離するまでの時間を下記判定基準(1)に基いて評価した。評価項目(B)については、試料を上下に10回振とうし、1時間経過後の油層と水層の界面の状態を目視観察して、下記判定基準(2)に基いて評価した。評価項目(C)〜(F)については、女性専門パネラー20名に通常のメイクアップ料を使用した後、試料をコットンに2gとり、メイクアップ料を除去してもらい、下記判定基準(3)に基いて各評価項目毎に評価してもらった。評価結果を表1に併せて示す。尚、評価項目(C)〜(F)の結果は、パネラー全員評点から算出した平均点で示した。

0032

・判定基準(1)
◎:5分以上30分未満
○:3分以上5分未満
△:1分以上3分未満
×:1分未満で分離するか、30分以上分離しない
・判定基準(2)
◎:二層の界面が分離していることがはっきり分かる
○:界面が少しぼやけているが分離がはっきり分かる
△:界面に少量の乳化物が認められる
×:三層に分離している(上層:油層、中層:乳化物、下層:水層)又は混合している
・判定基準(3)
5:非常に良い
4:良い
3:普通
2:やや悪い
1:悪い

0033

0034

表1より明らかなように、本発明の成分を用いた実施例1〜13の二層型クレンジング化粧料は、振とう後の二層への分離速度、二層分離性に優れた性能を示していた。加えて、クレンジング効果に優れるとともに、使用時のべたつきのなさ、刺激感のなさ、使用後のうるおい効果においても優れた性能を示していた。表中、1E−04は10-4を示す。

0035

一方、(A)成分を欠くか、又は従来の界面活性剤等を配合した比較例1〜4では、評価試験のいずれかの項目又は振とう後の二層への分離速度、二層分離性において低い評価を示しており、本発明の目的を達成できなかった。実施例3は実施例2に水溶性色素を配合した例であるが、外観に表情感じられ審美性に優れていた。一方、同じく水溶性色素を配合した比較例3では、油層と水層の界面に水溶性色素として配合した青色1号に由来する青色の乳化物が生じてしまい、実施例3と比較して審美性に劣っていた。

0036

以下、本発明の二層型クレンジング化粧料のその他の処方例を実施例として挙げる。

0037

実施例14(ポイントメイクアップリムーバー
(配合成分) (配合量)
トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル0.5
(サラコスWO−6;日清オイリオグループ社製)
軽質流動イソパラフィン30.0
トリス(トリメチルメトキシメチルシラン10.0
イソノナン酸イソノニル10.0
オリーブ油0.1
ヒマワリ油0.1
アーモンド油 0.1
オレンジ油0.1
ジプロピレングリコール2.5
塩化ナトリウム0.15
リン酸一カリウム0.1
エデト酸二ナトリウム0.05
ホエイエキス0.1
ホエイCPA;一丸ファルコス社製
豆乳発酵液0.1
(豆乳発酵液;三省製薬社製)
カンゾウエキス0.1
カンゾウ抽出液丸善製薬社製
カロット液汁0.1
ホモフルーツキャロット/N;エスペリス社製)
シイクワシャー果皮エキス0.1
シークワーサーエキスBG;日油社製)
センブリエキス0.1
センブリ抽出液−S;丸善製薬社製)
青色1号 0.0001
フェノキシエタノール0.3
精製水残 部

0038

実施例15(クレンジングローション
(配合成分) (配合量)
トリポリヒドロキシステアリン酸ジペンタエリスリチル1.0
(サラコスWO−6;日清オイリオグループ社製)
デカメチルシクロペンタシロキサン25.0
流動パラフィン10.0
ジイソノナン酸ネオペンチルグリコール10.0
スクワラン5.0
1,3−ブチレングリコール10.0
塩化ナトリウム0.15
リン酸一カリウム0.1
エデト酸二ナトリウム0.05
シソエキス0.1
シソ抽出液SQ;丸善製薬社製)
シルク抽出液0.1
シルクプロテインエキス;一丸ファルコス社製)
ラミナリアクロイカエキス 0.1
(LAMIAINE−BG;Biotech Marine社製)
L−アスコルビン酸硫酸エステル二ナトリウム0.01
グリシン0.0001
L−プロリン0.0001
L−アラニン0.0001
赤色401号 0.00006
フェノキシエタノール0.3
精製水残 部

実施例

0039

実施例14、15の二層型クレンジング化粧料を常法に従って調製し、実施例14はガラス製透明容器に、実施例15はガラス製半透明容器に充填した。実施例14、15の二層型クレンジング化粧料についても、振とう後の二層への分離速度、二層分離性、化粧料の除去効果、使用時のべたつきのなさ、刺激感のなさ、使用後のうるおい効果において、優れた特性を有し、また審美性においても優れるものであった。

0040

本発明によって、水層と油層の二層からなり、振とうにより容易に乳化状態となり、使用に影響しない適度な時間を経てから二層に分離する、審美性に優れ、化粧落とし効果や使用感触が良好で、安全性の高い二層型クレンジング化粧料を提供することが可能である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ