図面 (/)

技術 嵌合具及び嵌合具付き袋体

出願人 シーアイ化成株式会社
発明者 大矢由雄
出願日 2012年1月4日 (10年1ヶ月経過) 出願番号 2012-000189
公開日 2013年7月18日 (8年7ヶ月経過) 公開番号 2013-139277
状態 特許登録済
技術分野 スライドファスナー
主要キーワード 断面円弧 外側リブ 内側リブ 切断補助線 破線状 弱化線 開封作業 耐熱層
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年7月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (9)

課題

袋本体における嵌合具によって閉じられた開口部を開封する際、袋本体の開口端をより安定に把持することができ、簡便に開封操作が行える嵌合具、及び嵌合具付き袋体の提供を目的とする。

解決手段

一対の帯状の第1の基材11及び第2の基材12と、第1の基材11の対向面11aに長手方向に沿って設けられた雄側嵌合部13及び内側リブ15と、第2の基材12の対向面12aに長手方向に沿って設けられた雌側嵌合部14及び内側リブ16とを有し、内側リブ15、16が、第1の基材11及び第2の基材12の対向面11a,12aから立ち上がるリブ本体部15a,16aと、該リブ本体部15a,16aにおける雄側嵌合部13及び雌側嵌合部14側に形成された突起部15b,16bとを有している嵌合具10。

概要

背景

食品薬品雑貨等の様々な分野において、袋本体の開口部近傍内面に、開口部を開閉自在に封じる合具が取り付けられた嵌合具付き袋体が広く用いられている。例えば、一対の帯状基材のそれぞれの対向面に、突条雄側嵌合部及び該雄側嵌合部に着脱自在に嵌合する雌側嵌合部が、それら基材の長手方向に沿ってそれぞれ設けられた嵌合具を備えた嵌合具付き袋体が知られている。該嵌合具付き袋体では、嵌合具の雄側嵌合部と雌側嵌合部を嵌合することにより、袋体に形成した開口を閉じることができる。また、嵌合具が取り付けられた袋本体の各々の開口端をそれぞれ把持し、それらを離間する方向に引っ張って雄側嵌合部を雌側嵌合部から脱離させることで、袋体を再び開封することができる。

しかし、従来の嵌合具付き袋体は、嵌合具で閉じられた開口部を開封する際、袋本体の開口端を把持する指が滑って開封が困難なことがある。一方、例えば、図8に例示したように、基材の開口部側の対向面にリブを形成した嵌合具110が知られている(例えば、特許文献1)。嵌合具110は、一対の帯状の基材111,112と、基材111,112のそれぞれの対向面111a,112aに長手方向に沿って設けられた雄側嵌合部113及び雌側嵌合部114と、基材111,112のそれぞれの対向面111a,112aにおける雄側嵌合部113及び雌側嵌合部114よりも開口部側に長手方向に沿って設けられたリブ115,116と、を有している。
このような嵌合具110が取り付けられた嵌合具付き袋体は、袋本体の開口端と共に嵌合具の基材111,112を把持し、嵌合具110の基材111,112に設けられたリブ115,116に指を引っ掛けることで、リブが形成されていない嵌合具が取り付けられた場合に比べて袋本体の開口端を把持する際に指が滑り難い。

概要

袋本体における嵌合具によって閉じられた開口部を開封する際、袋本体の開口端をより安定に把持することができ、簡便に開封操作が行える嵌合具、及び嵌合具付き袋体の提供を目的とする。一対の帯状の第1の基材11及び第2の基材12と、第1の基材11の対向面11aに長手方向に沿って設けられた雄側嵌合部13及び内側リブ15と、第2の基材12の対向面12aに長手方向に沿って設けられた雌側嵌合部14及び内側リブ16とを有し、内側リブ15、16が、第1の基材11及び第2の基材12の対向面11a,12aから立ち上がるリブ本体部15a,16aと、該リブ本体部15a,16aにおける雄側嵌合部13及び雌側嵌合部14側に形成された突起部15b,16bとを有している嵌合具10。

目的

本発明は、袋本体における嵌合具によって閉じられた開口部を開封する際、袋本体の開口端をより安定に把持することができ、簡便に開封操作が行える嵌合具、及び該嵌合具が取り付けられた嵌合具付き袋体の提供を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

一対の帯状基材と、前記一対の基材のそれぞれの対向面に長手方向に沿って設けられ、互いに着脱自在に嵌合する一対の嵌合部と、少なくとも一方の前記基材の対向面における前記嵌合部よりも一方の側端側に長手方向に沿って設けられた内側リブと、を有し、前記内側リブが、前記基材の対向面から立ち上がるリブ本体部と、該リブ本体部における前記嵌合部側に形成された突起部とを有していることを特徴とする嵌合具

請求項2

前記一対の基材の両方に前記内側リブが形成されている、請求項1に記載の嵌合具。

請求項3

前記一対の基材のそれぞれに、それら基材の短手方向の位置がずれるように前記内側リブが形成されている、請求項1又は2に記載の嵌合具。

請求項4

内容物を収容する袋本体と、該袋本体の開口部の内面に設けられた請求項1〜3のいずれか一項に記載の嵌合具とを具備する嵌合具付き袋体

技術分野

0001

本発明は、嵌合具及び嵌合具付き袋体に関する。

背景技術

0002

食品薬品雑貨等の様々な分野において、袋本体の開口部近傍内面に、開口部を開閉自在に封じる嵌合具が取り付けられた嵌合具付き袋体が広く用いられている。例えば、一対の帯状基材のそれぞれの対向面に、突条雄側嵌合部及び該雄側嵌合部に着脱自在に嵌合する雌側嵌合部が、それら基材の長手方向に沿ってそれぞれ設けられた嵌合具を備えた嵌合具付き袋体が知られている。該嵌合具付き袋体では、嵌合具の雄側嵌合部と雌側嵌合部を嵌合することにより、袋体に形成した開口を閉じることができる。また、嵌合具が取り付けられた袋本体の各々の開口端をそれぞれ把持し、それらを離間する方向に引っ張って雄側嵌合部を雌側嵌合部から脱離させることで、袋体を再び開封することができる。

0003

しかし、従来の嵌合具付き袋体は、嵌合具で閉じられた開口部を開封する際、袋本体の開口端を把持する指が滑って開封が困難なことがある。一方、例えば、図8に例示したように、基材の開口部側の対向面にリブを形成した嵌合具110が知られている(例えば、特許文献1)。嵌合具110は、一対の帯状の基材111,112と、基材111,112のそれぞれの対向面111a,112aに長手方向に沿って設けられた雄側嵌合部113及び雌側嵌合部114と、基材111,112のそれぞれの対向面111a,112aにおける雄側嵌合部113及び雌側嵌合部114よりも開口部側に長手方向に沿って設けられたリブ115,116と、を有している。
このような嵌合具110が取り付けられた嵌合具付き袋体は、袋本体の開口端と共に嵌合具の基材111,112を把持し、嵌合具110の基材111,112に設けられたリブ115,116に指を引っ掛けることで、リブが形成されていない嵌合具が取り付けられた場合に比べて袋本体の開口端を把持する際に指が滑り難い。

先行技術

0004

米国特許第3827472号明細書

発明が解決しようとする課題

0005

しかし、前記嵌合具付き袋体のように、基材111,112の対向面111a,112aにリブ115,116が設けられていても、指が滑ることを抑制して袋本体の開口端を安定して把持できるようにする効果はまだ充分とは言えない。

0006

本発明は、袋本体における嵌合具によって閉じられた開口部を開封する際、袋本体の開口端をより安定に把持することができ、簡便に開封操作が行える嵌合具、及び該嵌合具が取り付けられた嵌合具付き袋体の提供を目的とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明の嵌合具は、一対の帯状の基材と、
前記一対の基材のそれぞれの対向面に長手方向に沿って設けられ、互いに着脱自在に嵌合する一対の嵌合部と、
少なくとも一方の前記基材の対向面における前記嵌合部よりも一方の側端側に長手方向に沿って設けられた内側リブと、を有し、
前記内側リブが、前記基材の対向面から立ち上がるリブ本体部と、該リブ本体部における前記嵌合部側に形成された突起部とを有していることを特徴とする。

0008

また、本発明の嵌合具は、前記一対の基材の両方に前記内側リブが形成されていることが好ましい。
また、前記一対の基材のそれぞれに、それら基材の短手方向の位置がずれるように前記内側リブが形成されていることが好ましい。

0009

本発明の嵌合具付き袋体は、内容物を収容する袋本体と、該袋本体の開口部の内面に設けられた本発明の嵌合具とを具備する。

発明の効果

0010

本発明の嵌合具は、袋本体における嵌合具によって閉じられた開口部を開封する際、袋本体の開口端をより安定に把持することができ、簡便に開封操作が行える。
また、本発明の嵌合具付き袋体は、本発明の嵌合具が取り付けられているので、開口部を開封する際、袋本体の開口端をより安定に把持することができ、簡便に開封操作が行える。

図面の簡単な説明

0011

本発明の嵌合具の一例を示した断面図である。
本発明の嵌合具付き袋体の一例を示した正面図である。
図2の嵌合具付き袋体を直線I−I’で切断したときの断面図である。
図2の嵌合具付き袋体を開封した様子を示した斜視図である。
本発明の嵌合具の他の例を示した断面図である。
図5の嵌合具が取り付けられた嵌合具付き袋体の断面図である。
本発明の嵌合具の他の例を示した断面図である。
従来の嵌合具の一例を示した断面図である。

実施例

0012

[嵌合具]
以下、本発明の嵌合具の一例を示して詳細に説明する。図1は、本発明の嵌合具の一例である嵌合具10を長手方向に対して垂直に切断したときの断面図である。
嵌合具10は、一対の帯状の第1の基材11及び第2の基材12と;第1の基材11及び第2の基材12のそれぞれの対向面11a,12aに長手方向に沿って設けられた雄側嵌合部13及び雌側嵌合部14と;第1の基材11及び第2の基材12のそれぞれの対向面11a,12aにおける雄側嵌合部13及び雌側嵌合部14よりも一方の側端11b,12b側に、長手方向に沿って設けられた内側リブ15,16と;を有している。雄側嵌合部13及び雌側嵌合部14は、互いに着脱自在に嵌合することができる。
嵌合具10は、袋本体に取り付ける際、第1の基材11及び第2の基材12の一方の側端11b,12b(以下、それぞれ単に「側端11b]、「側端12b」という。)側を、袋本体の開口部側、第1の基材11及び第2の基材12の他方の側端11c,12c(以下、それぞれ単に「側端11c]、「側端12c」という。)を袋本体の内容物側にして取り付ける。

0013

第1の基材11は、特に限定されず、公知の嵌合具の基材に使用されるものが使用でき、積層フィルムからなる基材が好ましい。積層フィルムからなる第1の基材11としては、例えば、対向面11a側から、耐熱層ヒートシール層が積層されたフィルムが挙げられる。また、第1の基材11は、耐熱層とヒートシール層の間にバリア層を有していてもよい。
耐熱層の材質としては、二軸延伸ナイロン二軸延伸ポリプロピレン等が挙げられる。
ヒートシール層の材質としては、直鎖状低密度ポリエチレン無延伸ポリプロピレンエチレン酢酸ビニル共重合体アイオノマー等が挙げられる。
バリア層の材質としては、ポリビニルアルコール等が挙げられる。

0014

第1の基材11は、1種の樹脂からなっていてもよく、2種以上の樹脂を含む樹脂組成物からなっていてもよい。また、必要に応じて安定剤、酸化防止剤滑剤帯電防止剤着色剤等の公知の添加剤が添加されていてもよい。
また、第1の基材11は、積層フィルムからなる基材には限定されず、単層フィルムからなる基材であってもよい。
第2の基材12としては、第1の基材11と同じ基材が挙げられ、好ましい態様も同じである。

0015

雄側嵌合部13は、第1の基材11の対向面11aから立ち上がる幹部13aと、幹部13aの先端部に設けられ、幹部13aよりも大きい断面略半円形状の頭部13bを有している。また、雌側嵌合部14は、第2の基材12の対向面12aから断面円弧状に立ち上がる第1のアーム部14aと第2のアーム部14bからなり、第1のアーム部14aと第2のアーム部14bによって凹部14cが形成されている。雄側嵌合部13と雌側嵌合部14は、雄側嵌合部13の頭部13bを雌側嵌合部14の凹部14cに嵌め込むことで、着脱自在に嵌合できるようになっている。

0016

雄側嵌合部13及び雌側嵌合部14の断面形状は、雄側嵌合部13と雌側嵌合部14を互いに着脱することで、袋本体の開口部の開閉が繰り返し行えるものであればよく、公知の断面形状を採用できる。
雄側嵌合部13及び雌側嵌合部14の材質としては、第1の基材11及び第2の基材12と同じ材質が使用できる。

0017

内側リブ15は、第1の基材11の対向面11aにおける雄側嵌合部13よりも側端11b側に、第1の基材11の長手方向に沿って設けられている。つまり、内側リブ15は、第1の基材11の対向面11aにおける雄側嵌合部13よりも開口部側に設けられている。
内側リブ15は、第1の基材11の対向面11aから立ち上がるリブ本体部15aと、リブ本体部15aにおける雄側嵌合部13側に形成された突起部15bと、を有している。このように、内側リブ15におけるリブ本体部15aの雄側嵌合部13側に、雄側嵌合部13方向に向かって延びる突起部15bが形成されていることで、内側リブ15の雄側嵌合部13側に指を引っ掛けやすくなる。そのため、袋本体の開口部の内面に嵌合具10を取り付けた状態で、袋本体の開口端と第1の基材11の開口部側を共に把持する際、指が滑り難く安定して袋本体の開口端と第1の基材11を把持することができる。

0018

リブ本体部15aに対する突起部15bの位置は、指をより引っ掛けやすくなることから、リブ本体部15aの先端に近いことが好ましく、リブ本体部15aの先端部分の雄側嵌合部13側から、雄側嵌合部13方向に延びるように形成されていることが特に好ましい。

0019

内側リブ15のリブ本体部15aの高さd2は、雄側嵌合部13と雌側嵌合部14を嵌合したときの第1の基材11の対向面11aと第2の基材12の対向面12aとの距離に対して、0.2倍〜1.0倍が好ましく、0.3倍〜0.9倍がより好ましい。前記リブ本体部15aの高さd2が前記範囲の下限値以上であれば、内側リブ15の雄側嵌合部13側に指を引っ掛けることが容易になり、袋本体の開口端と共に第1の基材11をより安定に把持できる。また、前記リブ本体部15aの高さd2が前記範囲の上限値以下であれば、第1の基材11と第2の基材の間に指を挿し入れて内側リブ15の雄側嵌合部13側に指を引っ掛けることが容易になり、袋本体の開口端と共に第1の基材11を安定に把持できる。

0020

突起部15bの長さd1(突起部15bにおけるリブ本体部15a側の基端から先端までの距離)は、リブ本体部15aの高さd2に対して、0.1倍〜0.6倍が好ましく、0.2倍〜0.5倍がより好ましい。前記突起部15bの長さd1が前記範囲の下限値以上であれば、内側リブ15の雄側嵌合部13側に指を引っ掛けることが容易になり、袋本体の開口端と共に第1の基材11をより安定に把持できる。また、前記突起部15bの長さd1が前記範囲の上限値以下であれば、突起部15bに指を引っ掛けた際、突起部15bが撓むことによる指の滑りが発生しにくくなる。

0021

内側リブ15のリブ本体部15aの断面形状は、この例では台形状である。ただし、リブ本体部15aの断面形状は特に限定されず、三角形状等であってもよい。リブ本体部15aの幅は特に限定されない。
内側リブ15の突起部15bの断面形状は、この例では正方形である。ただし、突起部15bの断面形状は特に限定されず、三角形状等であってもよい。
なお、内側リブ15におけるリブ本体部15a及び突起部15bの断面形状とは、嵌合具10を短手方向に沿って切断したときの断面形状である。後述する内側リブ16、外側リブ17,18についても同様である。

0022

内側リブ16は、第2の基材12の対向面12aにおける雌側嵌合部14よりも側端12b側に、第2の基材12の長手方向に沿って設けられている。つまり、内側リブ16は、第2の基材12の対向面12aにおける雌側嵌合部14よりも開口部側に設けられている。
内側リブ16は、第2の基材12の対向面12aから立ち上がるリブ本体部16aと、リブ本体部16aにおける雌側嵌合部14側に形成された突起部16bと、を有している。このように、内側リブ16におけるリブ本体部16aの雌側嵌合部14側に、雌側嵌合部14方向に向かって延びる突起部16bが形成されていることで、内側リブ16の雌側嵌合部14側に指を引っ掛けやすくなる。そのため、袋本体の開口部の内面に嵌合具10を取り付けた状態で、袋本体の開口端と第2の基材12の開口部側を共に把持する際、指が滑り難く安定して袋本体の開口端と第2の基材12を把持することができる。

0023

リブ本体部16aに対する突起部16bの位置は、内側リブ15の場合と同様に、指がより引っ掛けやすくなることから、リブ本体部16aの先端に近いことが好ましく、リブ本体部16aの先端部分の雌側嵌合部14側から、雌側嵌合部14方向に延びるように形成されていることが特に好ましい。

0024

内側リブ16のリブ本体部16aの高さd4は、内側リブ15のリブ本体部15aの高さd2と同じ理由から、雄側嵌合部13と雌側嵌合部14を嵌合したときの第1の基材11の対向面11aと第2の基材12の対向面12aとの距離に対して、0.2倍〜1.0倍が好ましく、0.3倍〜0.9倍がより好ましい。
また、突起部16bの長さd3(突起部16bにおけるリブ本体部16a側の基端から先端までの距離)は、内側リブ15の突起部15bの長さd1と同じ理由から、リブ本体部16aの高さd4に対して、0.1倍〜0.6倍が好ましく、0.2倍〜0.5倍がより好ましい。

0025

内側リブ16のリブ本体部16aの断面形状は、この例では台形状である。ただし、リブ本体部16aの断面形状は特に限定されず、三角形状等であってもよい。リブ本体部16aの幅は特に限定されない。
内側リブ16の突起部16bの断面形状は、この例では正方形である。ただし、突起部16bの断面形状は特に限定されず、三角形状等であってもよい。

0026

内側リブ15と内側リブ16は、この例のように、第1の基材11及び第2の基材12の短手方向の位置がずれるように形成されていることが好ましい。これにより、袋体の開口部を開封する際に、嵌合具10の第1の基材11及び第2の基材12に形成された内側リブ15と内側リブ16にそれぞれ指を引っ掛けることが容易になる。
具体的には、この例では、第1の基材11における雄側嵌合部13から側端11bまでの長さが、第2の基材12における雌側嵌合部14から側端12bまでの長さよりも長くなっており、第1の基材11の側端11b近傍と第2の基材12の側端12b近傍にそれぞれ内側リブ15と内側リブ16が設けられていることで、内側リブ15と内側リブ16の短手方向の位置がずれるようになっている。
内側リブ15と内側リブ16がこのように形成されると、内側リブ15に指を引っ掛けるときに内側リブ16が邪魔にならないので、内側リブ15に指を引っ掛けやすい。また、第1の基材11を把持した手で第1の基材11の開口部側を開いた状態で内側リブ16に指を引っ掛けることができるので、内側リブ16に指を引っ掛けることも容易である。
なお、内側リブ15と内側リブ16を短手方向にずれるように設ける態様は、前記した態様には限定されない。例えば、第1の基材11における雄側嵌合部13から側端11bまでの長さと、第2の基材12における雌側嵌合部14から側端12bまでの長さは同じにして、内側リブ15と内側リブ16を、それぞれの位置が短手方向にずれるように第1の基材11と第2の基材12に設けてもよい。

0027

嵌合具10では、前述のように、第1の基材11における雄側嵌合部13から側端11bまでの長さが、第2の基材12における雌側嵌合部14から側端12bまでの長さに比べて長くなっている。これにより、嵌合具10を袋体に取り付けた際に、第1の基材11と第2の基材12の開口部側に段差が生じるため、嵌合具10によって袋体を閉じた状態でも第1の基材11の側端11b側を掴むことが容易になる。そして、第1の基材11の側端11b側を開いて第2の基材12の側端12b側を容易に掴むことができる。このように、第1の基材11と第2の基材12の開口部側に段差を生じさせることで、嵌合具10によって閉じた袋体の再開封がさらに容易になる。

0028

内側リブ15は、第1の基材11の長手方向に沿って連続的に設けられていても、第1の基材11の長手方向に沿って断続的に破線状に設けられていてもよい。袋体の開封時に指が掛かりやすく、開封性に優れる点から、内側リブ15は第1の基材11の長手方向に沿って連続的に設けられていることが好ましい。内側リブ16も同様に、第2の基材12の長手方向に沿って連続的に設けられていても、第2の基材12の長手方向に沿って断続的に破線状に設けられていてもよい。袋体の開封時に指が掛かりやすく、開封性に優れる点から、第2の基材12の長手方向に沿って連続的に設けられていることが好ましい。
また、内側リブ15は、雄側嵌合部13と平行して設けられていてもよく、雄側嵌合部13に対して傾斜して設けられていてもよい。内側リブ16も同様に、雌側嵌合部14と平行して設けられていてもよく、雌側嵌合部14に対して傾斜して設けられていてもよい。

0029

また、内側リブ15及び内側リブ16の数は、この例では、それぞれ1つずつであるが、この形態には限定されない。内側リブ15の数は2つ以上であってもよい。内側リブ16の数も2つ以上であってもよい。

0030

[嵌合具付き袋体]
以下、前述した嵌合具10を備えた嵌合具付き袋体1(以下、「袋体1」という。)について説明する。
本実施形態の袋体1は、図2に示すように、内容物を収容する密封された状態の袋本体20と、袋本体20内の上部の内面に、横方向に沿って取り付けられた嵌合具10とを有している。
袋本体20は、第1のフィルム材21と第2のフィルム材22が重ね合わされ、それらの周縁部23が全てヒートシールされることで形成されており、密封された状態になっている。また、袋本体20における嵌合具10よりも上部側には、横方向に沿って切断補助線24が設けられており、その端部にノッチ25が形成されている。
嵌合具10は、図3に示すように、嵌合具10の第1の基材11の外側面11dが袋本体20の第1のフィルム材21に溶着され、嵌合具10の第2の基材12の外側面12dが袋本体20の第2のフィルム材22に溶着されている。また、嵌合具10は、第1の基材11及び第2の基材12の側端11b及び側端12b側が開口部側、第1の基材11及び第2の基材12の側端11c及び側端12c側が内容物側となるように取り付けられている。

0031

袋本体20の形状は、本実施形態では矩形である。ただし、袋本体20の形状は矩形には限定されない。また、袋本体20の大きさも特に限定されず、袋本体20に収容する内容物によって適宜選定すればよい。

0032

袋本体20を形成する第1のフィルム材21と第2のフィルム材22は、ヒートシールにより嵌合具10を溶着できるものであればよく、内面側からシーラント層基材層を少なくとも有する積層フィルムが好ましい。
基材層としては、二軸延伸ナイロン、二軸延伸ポリプロピレン等が挙げられる。
シーラント層としては、直鎖状低密度ポリエチレン、無延伸ポリプロピレン、エチレン−酢酸ビニル共重合体、アイオノマー等が挙げられる。
また、前記積層フィルムには、バリア層等の機能層を設けてもよい。
また、第1のフィルム材21と第2のフィルム材22は、シーラント層のみからなる単層フィルムであってもよい。

0033

切断補助線24は、袋本体20を切断して開封するのを補助する線である。切断補助線24としては、例えば、袋本体20の第1のフィルム材21及び第2のフィルム材22における切断補助線24の部分をそれ以外の部分に比べて薄肉化した弱化線ミシン目からなる弱化線、列状に形成された細孔からなる弱化線が挙げられる。また、切断補助線24は、前記弱化線には限定されず、ハサミカッター等で切断する位置を示す、印刷等で形成した線であってもよい。
切断補助線24は、本実施形態では袋本体20の幅方向に沿って形成されているが、この形態には限定されず、袋本体20の幅方向に対して傾斜して設けられていてもよい。

0034

ノッチ25の形状は、この例では三角形状であるが、特に限定されず、半円形状、直線状等であってもよい。

0035

袋体1は、ノッチ25から切断補助線24に沿って袋本体20の上部を切断して除去することで、図4に示すように、上部に開口部26を形成して開封することができる。袋体1に形成した開口部26は、嵌合具10の雄側嵌合部13と雌側嵌合部14を着脱することで繰り返し開閉できる。
袋体1は、嵌合具10を用いているため、内側リブ15の雄側嵌合部13側の突起部15b、及び内側リブ16の雌側嵌合部14側の突起部16bにそれぞれ指を容易に引っ掛けることができ、袋本体20における開口端21a,22aと共に、嵌合具10の第1の基材11及び第2の基材12の開口部26側を安定して把持できる。そのため、袋体1は嵌合具10によって閉じた開口部26を簡便に開封できる。

0036

なお、本発明の嵌合具及び嵌合具付き袋体は、前述した嵌合具10及び袋体1には限定されない。
例えば、本発明の嵌合具は、図5に例示した嵌合具10Aであってもよい。嵌合具10Aにおける嵌合具10と同じ部分には、同符号を付して説明を省略する。
嵌合具10Aは、第1の基材11の外側面11dにおける側端11b側(開口部側)に、第1の基材11の長手方向に沿って外側リブ17が設けられ、第2の基材12の外側面12dにおける側端12b側(開口部側)に、第2の基材12の長手方向に沿って外側リブ18が設けられている以外は、嵌合具10と同じである。

0037

外側リブ17は、第1の基材11における側端11bと雄側嵌合部13の間の外側面11dに、第1の基材11の長手方向に沿って設けられている。外側リブ17は、嵌合具10によって袋体の開口部を閉じた際、図6に示すように、袋本体20の開口端21aを押し広げることができるようになっている。これにより、嵌合具10によって袋体を閉じた状態において袋本体20の開口端21a,22aが密着することを抑制でき、それら開口端21a,22aを容易に把持できるようになる。

0038

外側リブ17の断面形状は、この例では、台形形状である。ただし、外側リブ17の断面形状は、特に限定されず、円形状、三角形状等であってもよい。外側リブ17の高さは、嵌合具10によって袋体を閉じた状態において、開口端を充分に押し広げることができる高さであればよく、第1の基材11における短手方向の位置に応じて適宜設定すればよい。外側リブ17の幅は特に限定されない。

0039

外側リブ17は、内側リブ15よりも雄側嵌合部13側に位置していることが好ましい。外側リブ17が内側リブ15よりも雄側嵌合部13側であれば、嵌合具10によって袋体の開口を閉じた際、袋本体20の開口端21aがより大きく押し広げられるので、開口端21aをより把持しやすくなる。
なお、図7に示すように、外側リブ17と内側リブ15の短手方向の位置は、同じであってもよい。

0040

外側リブ17は、第1の基材11の長手方向に沿って連続的に設けられていても、第1の基材11の長手方向に沿って断続的に破線状に設けられていてもよい。嵌合具10によって閉じた袋体の開口端がより安定して押し広げられやすい点から、第1の基材11の長手方向に沿って連続的に設けられていることが好ましい。
また、外側リブ17は、雄側嵌合部13と平行して設けられていてもよく、雄側嵌合部13に対して傾斜して設けられていてもよい。
また、外側リブ17の数は、この例では1つであるが、2つ以上であってもよい。

0041

外側リブ18は、第2の基材12における側端12bと雌側嵌合部14の間の外側面12dに、第2の基材12の長手方向に沿って設けられている。外側リブ18は、外側リブ17と同様、図6に示すように、袋本体20の開口端22aを押し広げることができるようになっている。これにより、嵌合具10によって袋体を閉じた状態において袋本体20の開口端21a,22aが密着することを抑制でき、それら開口端21a,22aを容易に把持できるようになる。

0042

外側リブ18の断面形状は、この例では、台形形状である。ただし、外側リブ18の断面形状は、特に限定されず、円形状、三角形状等であってもよい。外側リブ18の高さは、嵌合具10によって袋体を閉じた状態において、開口端を充分に押し広げることができる高さであればよく、第2の基材12における短手方向の位置に応じて適宜設定すればよい。外側リブ18の幅は特に限定されない。

0043

外側リブ18は、外側リブ17と同様の理由から、内側リブ16よりも雌側嵌合部14側に位置していることが好ましい。なお、図7に示すように、外側リブ18と内側リブ16の短手方向の位置は、同じであってもよい。
外側リブ18は、第2の基材12の長手方向に沿って連続的に設けられていても、第2の基材12の長手方向に沿って断続的に破線状に設けられていてもよい。嵌合具10によって閉じた袋体の開口端がより安定して押し広げられやすい点から、第2の基材12の長手方向に沿って連続的に設けられていることが好ましい。
また、外側リブ18は、雌側嵌合部14と平行して設けられていてもよく、雌側嵌合部14に対して傾斜して設けられていてもよい。
また、外側リブ18の数は、この例では1つであるが、2つ以上であってもよい。

0044

また、本発明の嵌合具は、前述した内側リブが一方の基材の対向面のみに形成されている嵌合具であってもよい。ただし、嵌合具10のように、両方の基材に前述した内側リブが設けられている方が、より安定して袋本体の開口端と基材を把持でき、より簡便に開封作業が行える点で好ましい。

0045

また、嵌合具付き袋体の袋本体は特に限定されず、嵌合具付き袋体の袋本体として知られる様々な形態の袋本体を採用できる。例えば、袋体1は切断補助線24を利用して開封するまでは密封状態の袋体であったが、予め開口部が形成された袋本体を有する嵌合具付き袋体であってもよい。

0046

1 嵌合具付き袋体
10,10A 嵌合具
11 第1の基材
12 第2の基材
13雄側嵌合部
14雌側嵌合部
15,16内側リブ
15a,16aリブ本体部
15b,16b突起部
17,18 外側リブ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い法人

関連性が強い法人一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ