図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2013年7月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

解決課題

リードスルー活性を有する新規化合物、及び当該化合物を含むナンセンス突然変異型疾患の治療薬の提供。

解決手段

下記の一般式(1):

化1

で表される化合物、及び該化合物を含む医薬組成物

概要

背景

遺伝子疾患は、種々の原因で遺伝子が異常を来たし、生命活動に支障が生じる。中でも、ナンセンス変異による異常では、構造遺伝子の途中に終始コドンが生じるため、機能を持った完全長タンパク質発現が抑制され、その結果、種々の遺伝病が引き起こされる。2500種類以上のナンセンス変異型遺伝病があると言われている。遺伝子異常によるホルモン欠損ではその補充療法例外的に奏功するが、一般には遺伝病の直接的治療法は未だ存在せず、現状では、症状を緩和する対象療法に依存しており、根治に繋がる治療法は見出されていない。最も期待されている治療法の一つとして、遺伝子治療があるが、該治療法は臨床適用に十分耐えうる段階には至っていない。

代表的な遺伝子疾患として、児に見られるデュシェンヌ型筋ジストロフィーを挙げることができるが、当該疾患においては、X染色体中に存在する筋ジストロフィー遺伝子上に変異が生じ、該変異により終止コドンが形成され(未熟終止コドン)、翻訳が前記変異部位中断され終了してしまうことにより正常なジストロフィンおよびジストロフィン関連タンパク質の発現が阻害される。その結果、ジストロフィンタンパク質欠如し、筋ジストロフィーが起こる。

ナンセンス突然変異型疾患の治療のためにリードスルー活性を有する化合物を用いることが報告されている。ナンセンス変異により未熟終止コドンが生じ特定のタンパク質が欠如している患者に特定の化合物を投与した際に、当該化合物がリボソームに作用し、リボソームが終止コドンを読み越えて翻訳を行う現象が見られる。この現象を、リードスルーという。リードスルーが生じる結果、野生型正常タンパク質が合成され疾患を治療することができる。このようなリードスルー活性を有する化合物としては、例えばアミノグリコシド系抗生物質であるゲンタマイシンが知られており、デュシャンヌ型筋ジストロフィー患者にゲンタマイシンを投与した場合に、ジストロフィンタンパク質が蓄積することが報告されている(非特許文献1を参照)。また、嚢胞性線維症患者の気道上皮にゲンタマイシンを局所投与することにより、典型的な電気生理学的異常を正常化できることも報告されている(非特許文献2を参照)。しかしながら、ゲンタマイシンは、他のアミノグリコシド系抗生物質と同様に、腎毒性耳毒性が顕著であり、長期投与が必要と考えられる本治療法には適さない。また、副作用などを考慮すると、当該化合物が有する抗菌活性との薬効分離が必要である。

また、ジペプチド抗生物質であるネガマイシンメチルヒドラジノ酢酸結合δ−ヒドロキシ−βーリジン:NM)がリードスルー活性を有することも報告されており、ネガマイシンを筋ジストロフィーモデルマウスに投与した場合にジストロフィンの発現が回復することが報告されている(特許文献1を参照)。しかしながら、ネガマイシンは抗菌活性も高いことから、その副作用を考えると、リードスルー活性を選択的に有するナンセンス突然変異型疾患の治療薬を提供することが望まれる。

概要

リードスルー活性を有する新規化合物、及び当該化合物を含むナンセンス突然変異型疾患の治療薬の提供。下記の一般式(1): で表される化合物、及び該化合物を含む医薬組成物。なし

目的

しかしながら、ネガマイシンは抗菌活性も高いことから、その副作用を考えると、リードスルー活性を選択的に有するナンセンス突然変異型疾患の治療薬を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

下記の一般式(1): (式中、R1及びR2は、それぞれ独立して、水素置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基スルホニル基環状アミン又はグアニジル基であり、R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく、R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり;Xは、N(R3)(R4)、N−結合アミノ酸残基、又は置換基を有するアミノ基を含むC1−C6アルキル基であり、当該アミノ基の置換基は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、ここで、R3及びR4は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり、R3及びR4はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;R5は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基又はC2−C4アルキニル基であり;R6は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基、C2−C4アルキニル基、C3−C6シクロアルキル基カルボキシル基カルボン酸エステル基、カルボキシル基又はカルボン酸エステル基を有するアルキル基であり;C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R5及びR6はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;R7は、水素、C1−C6アルキル基、置換又は無置換のアルアルキル基又はC3−C7シクロアルキル基であり、置換アルアルキル基の置換基としては、ハロゲン、C1−C4のアルキル基、アルコキシ基ヒドロキシ基ニトロ基、アミノ基、C1−C6のアシル基、またはアルキル基で修飾されたアミノ基、スルホン酸基であり;nは、0〜3の整数である。)で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物

請求項2

下記の一般式(3)で表される、請求項1に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物:(式中、R1、R2、R3、R4、R5、R6、R7及びnは、請求項1で定義された通りである。)

請求項3

XのN−結合アミノ酸残基が、α−アミノ酸、β−アミノ酸から選択される、請求項1に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物。

請求項4

下記の一般式(5)で表される請求項1に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物:(式中、R1、R2、X、R3、R4、R5、R6及びR7は、請求項1で定義された通りである。)

請求項5

R1及びR2が、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり、当該アミノ酸残基は、以下の式(2)で表される、請求項1又は4に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物:(式中、R8は、水素、置換されていてもよいC1−C10アルキル基、C2−C10アルケニル基、C2−C10アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基又はC6−C10のアルアルケニル基であり、これらの置換基が有することができる置換基は、ハロゲン、ヒドロキシル基、カルボキシル基、アミノ基又はアミド基であり;R9、R10は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R9及びR10はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している3〜6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;mは、0〜4の整数である。)

請求項6

XのN−結合アミノ酸残基は以下の式(4)で表される、請求項1、4〜5のいずれか1項に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物:(式中、R11は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり;R12は、水素、置換されていてもよいC1−C10アルキル基、C2−C10アルケニル基、C2−C10アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基又はC6−C10のアルアルケニル基であり、これらの置換基が有することができる置換基としては、ハロゲン、ヒドロキシル基、カルボキシル基、アミノ基又はアミド基であり;R13、R14は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R8及びR9はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している3〜6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく(例えば、オキサリシン)、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;pは、0〜3の整数である。)

請求項7

下記の一般式(1): (式中、R1及びR2は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、スルホニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく、R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり;Xは、N(R3)(R4)、N−結合アミノ酸残基、又は置換基を有するアミノ基を含むC1−C6アルキル基であり、当該アミノ基の置換基は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、ここで、R3及びR4は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり、R3及びR4はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;R5は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基又はC2−C4アルキニル基であり;R6は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基、C2−C4アルキニル基、C3−C6シクロアルキル基、カルボキシル基、カルボン酸エステル基、カルボキシル基又はカルボン酸エステル基を有するアルキル基であり;C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R5及びR6はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく; R7は、水素、C1−C6アルキル基、置換又は無置換のアルアルキル基、C3−C7シクロアルキル基であり、置換アルアルキル基の置換基としては、ハロゲン、C1−C4のアルキル基、アルコキシ基、ヒドロキシ基、ニトロ基、アミノ基、C1−C6のアシル基、またはアルキル基で修飾されたアミノ基、スルホン酸基であり;nは、0〜3の整数である。)で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物を含む医薬組成物

請求項8

下記の一般式(5):(式中、R1、R2、X、R3、R4、R5、R6及びR7は、請求項7で定義された通りである。)で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物を含む、請求項7に記載の医薬組成物。

請求項9

ナンセンス変異に起因した疾患の治療又は予防に用いる請求項7又は8に記載の医薬組成物。

請求項10

請求項11

ナンセンス変異に起因した疾患が、筋ジストロフィー、嚢胞性繊維症、ハーラー疾患及び乳児神経セロイドリポフスチン沈着症からなる群から選択される疾患である請求項10に記載の医薬組成物。

技術分野

0001

本発明は、リードスルー活性を有する新規化合物に関する。また、本発明は、該化合物を含む医薬組成物、該化合物及び医薬組成物の遺伝病治療薬としての使用に関する。

背景技術

0002

遺伝子疾患は、種々の原因で遺伝子が異常を来たし、生命活動に支障が生じる。中でも、ナンセンス変異による異常では、構造遺伝子の途中に終始コドンが生じるため、機能を持った完全長タンパク質発現が抑制され、その結果、種々の遺伝病が引き起こされる。2500種類以上のナンセンス変異型遺伝病があると言われている。遺伝子異常によるホルモン欠損ではその補充療法例外的に奏功するが、一般には遺伝病の直接的治療法は未だ存在せず、現状では、症状を緩和する対象療法に依存しており、根治に繋がる治療法は見出されていない。最も期待されている治療法の一つとして、遺伝子治療があるが、該治療法は臨床適用に十分耐えうる段階には至っていない。

0003

代表的な遺伝子疾患として、児に見られるデュシェンヌ型筋ジストロフィーを挙げることができるが、当該疾患においては、X染色体中に存在する筋ジストロフィー遺伝子上に変異が生じ、該変異により終止コドンが形成され(未熟終止コドン)、翻訳が前記変異部位中断され終了してしまうことにより正常なジストロフィンおよびジストロフィン関連タンパク質の発現が阻害される。その結果、ジストロフィンタンパク質欠如し、筋ジストロフィーが起こる。

0004

ナンセンス突然変異型疾患の治療のためにリードスルー活性を有する化合物を用いることが報告されている。ナンセンス変異により未熟終止コドンが生じ特定のタンパク質が欠如している患者に特定の化合物を投与した際に、当該化合物がリボソームに作用し、リボソームが終止コドンを読み越えて翻訳を行う現象が見られる。この現象を、リードスルーという。リードスルーが生じる結果、野生型正常タンパク質が合成され疾患を治療することができる。このようなリードスルー活性を有する化合物としては、例えばアミノグリコシド系抗生物質であるゲンタマイシンが知られており、デュシャンヌ型筋ジストロフィー患者にゲンタマイシンを投与した場合に、ジストロフィンタンパク質が蓄積することが報告されている(非特許文献1を参照)。また、嚢胞性線維症患者の気道上皮にゲンタマイシンを局所投与することにより、典型的な電気生理学的異常を正常化できることも報告されている(非特許文献2を参照)。しかしながら、ゲンタマイシンは、他のアミノグリコシド系抗生物質と同様に、腎毒性耳毒性が顕著であり、長期投与が必要と考えられる本治療法には適さない。また、副作用などを考慮すると、当該化合物が有する抗菌活性との薬効分離が必要である。

0005

また、ジペプチド抗生物質であるネガマイシンメチルヒドラジノ酢酸結合δ−ヒドロキシ−βーリジン:NM)がリードスルー活性を有することも報告されており、ネガマイシンを筋ジストロフィーモデルマウスに投与した場合にジストロフィンの発現が回復することが報告されている(特許文献1を参照)。しかしながら、ネガマイシンは抗菌活性も高いことから、その副作用を考えると、リードスルー活性を選択的に有するナンセンス突然変異型疾患の治療薬を提供することが望まれる。

0006

国際公開第WO2002/102361号パンフレット

先行技術

0007

Acta.Myol.,22、p.15〜21(2003)
N.Engl.J.Med.,349、p.1433〜1441(2003)
Y.F.Wang et al.,J.Am.Chem.Soc.,104,p.6465−6466(1982)
H.lida et al.,J.Am.Chem.Soc.,108,p.4647−4648(1986)

発明が解決しようとする課題

0008

本発明は、リードスルー活性を有する新規化合物、及び当該化合物を含むナンセンス突然変異型疾患の治療薬の提供を目的とする。

課題を解決するための手段

0009

本発明者らは、上記課題に対して、ネガマイシン及び天然由来類縁体に着目し、鋭意検討した結果、強力なリードスルー活性を有する新規誘導体の創製に成功し、本発明を完成するに至った。

0010

ネガマイシンは、その左を構成するアミノ酸の5位にヒドロキシル基を有するが、本発明者らは、鋭意検討する中で、当該5位のヒドロキシル基の立体配置がネガマイシンと異なる5−エピ−ネガマイシンも同様にリードスルー活性を有することを確認し、当該ヒドロキシル基がリードスルー活性に寄与しないことを見出した。そして、ネガマイシンの左翼を構成するアミノ酸の5位にヒドロキシル基を持たない化合物が、意外にも、ネガマイシンと同等あるいはそれ以上のリードスルー活性を有することを見出し、本発明を完成した。

0011

即ち、本発明は、
(1)下記の一般式(1):



(式中、R1及びR2は、それぞれ独立して、水素置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基スルホニル基環状アミン又はグアニジル基であり、
R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく、
R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり;
Xは、N(R3)(R4)、N−結合アミノ酸残基、又は置換基を有するアミノ基を含むC1−C6アルキル基であり、当該アミノ基の置換基は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、ここで、R3及びR4は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり、R3及びR4はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
R5は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基又はC2−C4アルキニル基であり;
R6は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基、C2−C4アルキニル基、C3−C6シクロアルキル基カルボキシル基カルボン酸エステル基、カルボキシル基又はカルボン酸エステル基を有するアルキル基であり;C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R5及びR6はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
R7は、水素、C1−C6アルキル基、置換又は無置換のアルアルキル基又はC3−C7シクロアルキル基であり、置換アルアルキル基の置換基としては、ハロゲン、C1−C4のアルキル基、アルコキシ基ヒドロキシ基ニトロ基、アミノ基、C1−C6のアシル基、またはアルキル基で修飾されたアミノ基、スルホン酸基であり;
nは、0〜3の整数である。)
で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物
(2)下記の一般式(3)で表される、(1)に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物:



(式中、R1、R2、R3、R4、R5、R6、R7及びnは、(1)で定義された通りである。)、
(3)XのN−結合アミノ酸残基が、α−アミノ酸、β−アミノ酸から選択される、(1)に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物、
(4)下記の一般式(5)で表される(1)に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物:



(式中、R1、R2、X、R3、R4、R5、R6及びR7は、(1)で定義された通りである。)、
(5)R1及びR2が、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり、当該アミノ酸残基は、以下の式(2)で表される、(1)又は(4)に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物:



(式中、R8は、水素、置換されていてもよいC1−C10アルキル基、C2−C10アルケニル基、C2−C10アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基又はC6−C10のアルアルケニル基であり、これらの置換基が有することができる置換基は、ハロゲン、ヒドロキシル基、カルボキシル基、アミノ基又はアミド基であり;
R9、R10は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、
R9及びR10はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している3〜6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
mは、0〜4の整数である。)、
(6)XのN−結合アミノ酸残基は以下の式(4)で表される、(1)、(4)〜(5)のいずれか1項に記載の化合物又はその塩もしくは溶媒和物:



(式中、R11は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり;
R12は、水素、置換されていてもよいC1−C10アルキル基、C2−C10アルケニル基、C2−C10アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基又はC6−C10のアルアルケニル基であり、これらの置換基が有することができる置換基としては、ハロゲン、ヒドロキシル基、カルボキシル基、アミノ基又はアミド基であり;
R13、R14は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R8及びR9はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している3〜6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく(例えば、オキサリシン)、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
pは、0〜3の整数である。)、
(7)下記の一般式(1):



(式中、R1及びR2は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、スルホニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、
R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく、
R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり;
Xは、N(R3)(R4)、N−結合アミノ酸残基、又は置換基を有するアミノ基を含むC1−C6アルキル基であり、当該アミノ基の置換基は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、ここで、R3及びR4は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり、R3及びR4はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
R5は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基又はC2−C4アルキニル基であり;
R6は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基、C2−C4アルキニル基、C3−C6シクロアルキル基、カルボキシル基、カルボン酸エステル基、カルボキシル基又はカルボン酸エステル基を有するアルキル基であり;C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R5及びR6はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
R7は、水素、C1−C6アルキル基、置換又は無置換のアルアルキル基、C3−C7シクロアルキル基であり、置換アルアルキル基の置換基としては、ハロゲン、C1−C4のアルキル基、アルコキシ基、ヒドロキシ基、ニトロ基、アミノ基、C1−C6のアシル基、またはアルキル基で修飾されたアミノ基、スルホン酸基であり;
nは、0〜3の整数である。)
で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物を含む医薬組成物、
(8)下記の一般式(5):



(式中、R1、R2、X、R3、R4、R5、R6及びR7は、(7)で定義された通りである。)
で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物を含む、(7)に記載の医薬組成物、
(9)ナンセンス変異に起因した疾患の治療又は予防に用いる(7)又は(8)に記載の医薬組成物、
(10)ナンセンス変異に起因した疾患が、筋ジストロフィー、デシャンヌ型筋ジストロフィー、乳児神経セロイドリポフスチン沈着症多発性硬化症アルツハイマー病テイ−サックス病神経組織変性パーキンソン病慢性関節リウマチ対宿主性移植片病関節炎血友病、ヴォンヴィレブラント病、毛細管拡張性運動失調、β-サラセミア腎結石骨形成不全肝硬変神経繊維腫症水疱性疾患、ライソゾーム蓄積症、ハーラー疾患、家族性高コレステロール血症小脳運動失調結節性硬化症免疫不全腎臓病肺疾患嚢胞性繊維症家族性コレステロール血症色素性網膜症アミロイドーシスアテローム性動脈硬化症巨人症小人症甲状腺機能低下症甲状腺機能亢進症老化肥満ニーマン−ピック病及びマルファン症候群からなる群から選択される疾患である(9)に記載の医薬組成物、及び
(11)ナンセンス変異に起因した疾患が、筋ジストロフィー、嚢胞性繊維症、ハーラー疾患及び乳児神経セロイドリポフスチン沈着症からなる群から選択される疾患である(10)に記載の医薬組成物、
に関るものである。

発明の効果

0012

本発明の一般式(1)で規定されるネガマイシン誘導体は、一般に、リードスルー活性がネガマイシンに比べ良好であり、医薬品として有用な化合物である。そして、本発明により、一般式(1)で規定される化合物を含む医薬組成物を提供することができる。本発明の医薬組成物は、特に、ナンセンス突然変異型に起因する包括的な疾患の治療又は予防、更に、p53遺伝子等のサプレッサー遺伝子のナンセンス変異が関与する癌の治療又は予防に用いることができ、極めて有用である。

図面の簡単な説明

0013

本発明の化合物のリードスルー活性のin−vitroでの測定結果を示す図である。
本発明の化合物のリードスルー活性のin−vitroでの測定結果を示す図である。
本発明の化合物のリードスルー活性のin−vitroでの測定結果を示す図である。
本発明の化合物のリードスルー活性のin−vivoでの測定結果を示す図である。

0014

以下、本発明を詳細に説明する。
ネガマイシン(メチルヒドラジノ酢酸結合δ-ヒドロキシ-β-リジン)は、以下の化学式で表される化合物である。

0015

0016

また、エピマーである5-エピネガマイシンもリードスルー活性を有している。本発明は、当該5位のヒドロキシル基の立体配置がリードスルー活性に寄与しないことを見出したことに基づいてなされたものであり、本発明の化合物は、ネガマイシンの左翼を構成するアミノ酸の5位にヒドロキシル基を持たないことを特徴とする。
その構造式を以下に示す。

0017

本発明の化合物は、まず、側鎖アミノ基が保護された、保護α−アミノ酸をアルコールへと還元し、スルホン酸エステルへ導く。ここから、ニトリル基の導入、アルカリ加水分解ヒドラジンユニットとの縮合反応を行う。最後に各保護基を除去し、精製することで合成できる。例えば、市販のBoc-Orn(Boc)−OHから、実施例1のスキーム1に示す反応により得ることができる。

0018

本発明に関る化合物は、下記の一般式(1)で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物である。



(式中、R1及びR2は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、スルホニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、
R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく、
R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり;
Xは、N(R3)(R4)、N−結合アミノ酸残基、又は置換基を有するアミノ基を含むC1−C6アルキル基であり、当該アミノ基の置換基は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、ここで、R3及びR4は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり、R3及びR4はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
R5は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基又はC2−C4アルキニル基であり;
R6は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基、C2−C4アルキニル基、C3−C6シクロアルキル基、カルボキシル基、カルボン酸エステル基、カルボキシル基又はカルボン酸エステル基を有するアルキル基であり;C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、
R5及びR6はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
R7は、水素、C1−C6アルキル基、置換又は無置換のアルアルキル基(ベンジル基フェネチル基等)又はC3−C7シクロアルキル基であり、置換アルアルキル基の置換基としては、ハロゲン、C1−C4のアルキル基、アルコキシ基、ヒドロキシ基、ニトロ基、アミノ基、C1−C6のアシル基、またはアルキル基で修飾されたアミノ基、スルホン酸基であり;
nは、0〜3の整数である。)

0019

本発明における好ましい一つの態様は、R1及びR2が、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり、以下の式(2)で表される。



式(2)において、R8は、水素、置換されていてもよいC1−C10アルキル基、C2−C10アルケニル基、C2−C10アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基又はC6−C10のアルアルケニル基であり;
R9、R10は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R9及びR10はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している3〜6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく(例えば、オキサゾリシンなど)、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
mは、0〜4の整数である。
R8における置換されていてもよいC1−C10アルキル基、C2−C10アルケニル基、C2−C10アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基又はC6−C10のアルアルケニル基が有することができる置換基としては、ハロゲン、ヒドロキシル基、カルボキシル基、アミノ基、アミド基などが挙げられる。

0020

本発明における好ましい一つの態様は、Xが、N(R3)(R4)である、以下の一般式(3)で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物である。
和物:



(式中、R1、R2、R3、R4、R5、R6、R7及びnは、一般式(1)で定義された通りである。)

0021

また、本発明におけるもう一つの好ましい態様は、XがN−結合アミノ酸残基である式(1)で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物である。ここで、N−結合アミノ酸としては、例えば、側鎖にC1−C12を有するα−アミノ酸、β−アミノ酸があげられ、好ましくは、当該側鎖にアミノ基、環状アミン、グアニジル基または酸素原子を含むものである。より好ましくは、α−アミノ酸として、ロイシンイソロイシンバリン、リジン、オルニチンスレオニンアルギニンアスパラギンアスパラギン酸グルタミングルタミン酸セリンヒスチジンフェニルアラニンアラニングリシントリプトファンチロシン、N−メチルロイシン、2,3−ジアミノプロパン酸、2,4−ジアミノ酪酸、オルニチン、リジン、α−ヒドロキシロイシンなど、β−アミノ酸として、β−アラニンなどである。また、C1〜C12からなる側鎖としては、他に鎖状および環状脂肪族炭化水素が好ましく、より好ましくはβまたはγ位に分岐構造を持つものが良く、t−ブチルアルキル、sec−アルキルアルキルビシクロアルキルアルキル基が上げられる。より具体的には、t−ブチル、t−ブチルメチルシクロキシルメチル、シクロへプチルメチル、メンチルメチル、アダマンチルメチルデカニルメチルなどである。

0022

本発明の一つの好ましい側面において、XのN−結合アミノ酸残基は以下の式(4)で表される。



式(4)において、R11は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり;
R12は、水素、置換されていてもよいC1−C10アルキル基、C2−C10アルケニル基、C2−C10アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基又はC6−C10のアルアルケニル基であり;
R13、R14は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R8及びR9はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している3〜6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく(例えば、オキサゾリシン)、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
pは、0〜3の整数である。
R12の置換されていてもよいC1−C10アルキル基、C2−C10アルケニル基、C2−C10アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基又はC6−C10のアルアルケニル基が有することができる置換基としては、ハロゲン、ヒドロキシル基、カルボキシル基、アミノ基、アミド基が挙げられる。

0023

式(4)において、pが0のときは、Nに結合するアミノ酸残基はα−アミノ酸の形を、pが1のときは、β−アミノ酸の形をとる。式(4)においてNに結合して導入されるα−アミノ酸、β−アミノ酸として好ましいものは、前記した好ましいα−アミノ酸、β−アミノ酸と同様である。

0024

更に、本発明におけるもう一つの好ましい態様は、式(1)においてnが1である、以下の一般式(5)で表される化合物又はその塩もしくは溶媒和物である。

0025

式(3)の化合物の好ましい一つの実施形態は、R1及びR2が、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり、当該アミノ酸残基は、前記式(2)で表される。

0026

また、式(3)の化合物の好ましい一つの実施形態は、XのN−結合アミノ酸残基は前記式(4)で表される。

0027

本発明の化合物として、具体的には、以下の式(6)〜(18)で表される化合物が挙げられるが、これらに限定されない。

0028

0029

0030

0031

0032

0033

0034

0035

0036

0037

0038

0039

0040

0041

0042

0043

0044

0045

0046

0047

0048

0049

0050

0051

0052

0053

0054

0055

0056

0057

0058

0059

0060

0061

0062

0063

0064

0065

0066

0067

0068

0069

0070

0071

0072

0073

0074

本発明の化合物の合成は、既に数多く報告されているネガマイシンの全合成を基本に、それらを改変することで容易に成し遂げられる。これらの全合成例は、古くは例えば、Y.−F. Wang,T.Izawa,S.Kobayashi and M.Ohno,J.Am.Chem.Soc.,1982,104,6465−6466.H.Iida,K.Kasahara and C.Kibayashi,J.Am.Chem.Soc.,1986,108,4647−4648などが挙げられるが、最近の例ではDavies,S.G.et al.,Tetrahedron:Asymmetry 1996,7,1919−1922.Williams,R.M.et al.,J.Org.Chem.2002,67,6361−6365.などがその例である。

0075

本発明は、上記化合物の塩も含む。塩としては、好ましくは医薬として使用され得る医薬として許容される塩が挙げられ、塩水和物も塩無水物も含まれ、ナトリウムカリウムマグネシウムカルシウムアルミニウム等の無機塩基との塩;メチルアミンエチルアミンエタノールアミン等の有機塩基との塩;リジン、オルニチン等の塩基性アミノ酸との塩及びアンモニウム塩が挙げられる。当該塩は、酸付加塩であってもよく、かかる塩としては、具体的には、塩酸臭化水素酸ヨウ化水素酸硫酸硝酸リン酸等の鉱酸ギ酸、酢酸、プロピオン酸シュウ酸マロン酸コハク酸フマル酸マレイン酸乳酸リンゴ酸酒石酸クエン酸メタンスルホン酸エタンスルホン酸等の有機酸;アスパラギン酸、グルタミン酸等の酸性アミノ酸との酸付加塩が挙げられる。

0076

更に、本発明の、上記化合物の水和物等の医薬として許容し得る各種溶媒和物や結晶多形等も含む。

0077

本発明の化合物は、ナンセンス変異により未熟停止コドンが生じ特定のタンパク質の産生ができなくなった状況において、リボソームに作用し、リボソームがナンセンス変異により生じた未熟停止コドンを読み越え翻訳を行い(リードスルーし)、その結果野生型正常タンパク質が産生されるようになる。本発明において、野生型正常タンパク質とは、変異を有しない正常な野生型遺伝子がコードするアミノ酸配列からなるタンパク質をいう。野生型正常タンパク質には、前記アミノ酸配列と実質的に同一なアミノ酸配列からなるタンパク質も包含される。実質的に同一なタンパク質とは、例えば、正常な野生型遺伝子がコードするアミノ酸配列において、1個又は複数のアミノ酸の欠失、置換又は付加を有するアミノ酸配列からなるタンパク質であって、正常な野生型遺伝子がコードするタンパク質と同じ機能や活性を有するタンパク質をいう。ここで、1個又は複数とは、好ましくは1個又は数個をいい、具体的には1〜100個、好ましくは1〜50個、さらに好ましくは1〜10個、特に好ましくは1〜5、4、3若しくは2個をいう。さらに、前記実質的に同一なタンパク質は、正常な野生型遺伝子がコードするアミノ酸配列と、BLAST等(例えば、デフォルトすなわち初期設定パラメータ)を用いて計算したときに、80%以上、好ましくは90%以上、さらに好ましくは95%以上、特に好ましくは96、97、98若しくは99%以上の配列同一性を有し、正常な野生型遺伝子がコードするタンパク質と同じ機能や活性を有するタンパク質をいう。

0078

本発明のもう一つの別の態様は、以下の一般式(1)で表される化合物またはその塩もしくは溶媒和物を含む医薬組成物に関る。



(式中、R1及びR2は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、スルホニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、
R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく、
R1及びR2はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって形成したアミド結合を介して導入されるアミノ酸残基であり;
Xは、N(R3)(R4)、N−結合アミノ酸残基、又は置換基を有するアミノ基を含むC1−C6アルキル基であり、当該アミノ基の置換基は、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基、C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、ここで、R3及びR4は、それぞれ独立して、水素、置換されていてもよいC1−C6アルキル基であり、R3及びR4はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
R5は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基又はC2−C4アルキニル基であり;
R6は、C1−C4アルキル基、C2−C4アルケニル基、C2−C4アルキニル基、C3−C6シクロアルキル基、カルボキシル基、カルボン酸エステル基、カルボキシル基又はカルボン酸エステル基を有するアルキル基であり;C2−C6アルケニル基、C2−C6アルキニル基、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基、環状アミン又はグアニジル基であり、R5及びR6はまた、それらが結合している窒素原子と一緒になって、Nを介して結合している5員又は6員のヘテロシクリル又はヘテロアリールを形成していてもよく、環構成員としてO、N及びSからなる群から選択される1〜3個のさらなるヘテロ原子を含有していてもよく、さらに該ヘテロシクリル又はヘテロアリールは、C1−C6アルキル、C2−C6アルケニル、又はC2−C6アルキニル、C6−C10のアルアルキル基、C6−C10のアルアルケニル基で置換されていてもよく;
R7は、水素、C1−C6アルキル基、置換又は無置換のアルアルキル基、C3−C7シクロアルキル基であり、置換アルアルキル基の置換基としては、ハロゲン、C1−C4のアルキル基、アルコキシ基、ヒドロキシ基、ニトロ基、アミノ基、C1−C6のアシル基、またはアルキル基で修飾されたアミノ基、スルホン酸基であり;
nは、0〜3の整数である。)

0079

上記一般式(1)で表される化合物には、過去に天然より単離され公知となっている3−エピ−5−デヒドロキシネガマイシンも含まれるが、当該天然物については抗菌活性が弱く、過去において更なる研究が実施されていないためにリードスルー活性についての知見はなく、容易に予想されるものではなかった。また、3位のアミノ基にロイシンがアミド結合により付加した天然物の存在も知られていたが、この天然物については、抗菌活性がなく、活性が未知のものとして放置されていた。本発明者は、この3−N−ロイシル−3−エピ−5−デヒドロネガマイシンにおいても強力なリードスルー活性を見出し、本発明の医薬組成物の完成に至ったのである。

0080

本発明の該医薬組成物は、ナンセンス突然変異型疾患の治療又は予防に用いることができる。ナンセンス突然変異型疾患とは、遺伝子上の点変異、欠失、挿入等により遺伝子の中途に終止コドン(未熟終止コドン)ができてしまい、そのため正常な機能を有するタンパク質の発現が抑制されたことにより起因する疾患をいう。さらに、ナンセンス突然変異型疾患は、未熟終止コドンを含むmRNAの分解に伴い、タンパク質の発現が阻害されることに起因する疾患をいう。ナンセンス突然変異型疾患は、筋ジストロフィー、デシャンヌ型筋ジストロフィー、乳児神経セロイドリポフスチン沈着症、多発性硬化症、アルツハイマー病、テイ−サックス病、神経組織変性、パーキンソン病等の中枢神経疾患;慢性関節リウマチ、対宿主性移植片病等の自己免疫疾患;関節炎等の炎症性疾患;血友病、ヴォン ヴィレブラント病、毛細管拡張性運動失調、β−サラセミア、腎結石等の血液疾患;骨形成不全、肝硬変等の膠原病が挙げられ、また、神経繊維腫症、水疱性疾患、ライソゾーム性蓄積症、ハーラー疾患、家族性高コレステロール血症、小脳運動失調、結節性硬化症、免疫不全、腎臓病、肺疾患、嚢胞性繊維症、家族性コレステロール血症、色素性網膜症、アミロイドーシス、アテローム性動脈硬化症、巨人症、小人症、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、老化、肥満、ニーマン−ピック病、マルファン症候群等が挙げられ。さらに、癌も挙げられ、例えばp53遺伝子等のサプレッサー遺伝子のナンセンス変異が関与する癌として、肺癌結腸直腸癌胃癌食道癌腎癌膵臓癌肝臓癌前立腺癌乳癌子宮癌卵巣癌皮膚癌脳腫瘍等が含まれる。この中でも、筋ジストロフィー、嚢胞性繊維症、ハーラー疾患及び乳児神経セロイドリポフスチン沈着症に対して好適に用いることができる。
該医薬組成物は、2種以上の上記化合物を含んでいても良い。

0081

本発明の化合物は、プロドラッグとして用いることもできる。すなわち、上記式(1)、(3)、(5)の化合物において、−COOR7で表される部分がエステルの場合、化合物の水溶性が減じ、脂溶性が増す。脂溶性が増した化合物は、体内吸収を促進すると共に、消化管などに存在するエステラーゼにより吸収されながら活性体になり、経腸吸収を増加させたり、あるいは生体内で作用すべき部位に到達し、そこで、臓器及び組織に存在するエステラーゼにより、カルボキシル基に転換され、到達した部位で作用し得る。この結果、最終的に生体内利用率が高くなる。本発明の化合物は、このようなプロドラッグの形態の化合物も含み、またプロドラッグでない形態の化合物も含む。

0082

本発明の医薬組成物の投与経路は限定されず、経口投与皮下投与、皮内投与、静脈内投与筋肉内投与腹腔内投与経鼻投与口腔内投与、経粘膜投与等により投与することができる。また、剤形も限定されず、例えば、経口投与のためには、錠剤カプセル剤散剤顆粒剤丸剤液剤乳剤、懸濁液、溶液剤、酒精剤シロップ剤エキス剤エリキシル剤とすることができ、非経口剤としては、例えば、皮下注射剤、静脈内注射剤、筋肉内注射剤、腹腔内注射剤等の注射剤経皮投与又は貼付剤軟膏又はローション;口腔内投与のための下剤口腔貼付剤;ならびに経鼻投与のためのエアゾール剤とすることができる。例えば、筋ジストロフィーの治療のためには、本発明の医薬組成物を注射剤(例えば、筋肉への直接投与のための筋肉内注射剤)として投与することができる。本発明の医薬組成物は、持続性又は徐放性剤形であってもよい。

0083

本発明の医薬組成物は、薬学的に許容される、種々の成分を含み得る。例えば、賦形剤崩壊剤希釈剤滑沢剤着香剤着色剤甘味剤矯味剤懸濁化剤湿潤剤乳化剤分散剤補助剤防腐剤緩衝剤結合剤、安定剤、コーティング剤等が挙げられ、これらの複数を含んでいてもよい。

0084

本発明の医薬組成物の投与量は、限定されないが、含有される成分の有効性投与形態、投与経路、疾患の種類、投与する患者の体重、年齢病状等の特性、あるいは医師の判断等に応じて適宜選択される。例えば患者の体重1kgあたり約0.01μg〜約100mg、好ましくは約0.1μg〜約1mg程度の範囲である。投与量は1日1〜数回に分けて投与することができ、数日又は数週間に1回の割合で間欠的に投与してもよい。

0085

本発明の化合物のリードスルー活性は、例えば、(i)プロモーター、(ii)上記のプロモーターの下流に位置する第1の翻訳開始コドン及び第1のレポーター遺伝子、(iii)上記の第1のレポーター遺伝子の下流に位置する第2の翻訳開始コドン及び第2のレポーター遺伝子、(iv)上記の第1のレポーター遺伝子及び第2の翻訳開始コドンの間に位置し、ナンセンス変異型疾患の原因遺伝子由来の未熟終止コドンを含む配列、並びに(v)上記の第2のレポーター遺伝子の下流に位置する翻訳終止コドンを含むベクター構築し、該ベクターを宿主細胞に導入し、又は動物に導入しトランスジェニック動物作出し、該宿主細胞又はトランスジェニック動物を用いて行うことができる。すなわち、宿主細胞又はトランスジェニック動物に化合物を投与し、第1のレポーター遺伝子に対する第2のレポーター遺伝子の発現量の比を、試験化合物の添加時及び非添加時において比較する。第2のレポーター遺伝子の発現量が多いほど、リードスルー活性が大きいと判断することができる。この際、プロモーターとしては、例えば、CMVプロモーター,β−アクチンプロモーター等を用いることができる。また、第1のレポーター遺伝子及び第2のレポーター遺伝子としては、例えば、β−ガラクトシダーゼ遺伝子、ルシフェラーゼ遺伝子、GFP(Green Fluorescent Protein)遺伝子、CAT(Chroramphenicol Acetyl Transferase)遺伝子等を用いることができる。また、ナンセンス型疾患の原因遺伝子由来の未熟終止コドンを含む配列は、リーディングフレーム中に終止コドン(TAA、TAG又はTGA)を含む配列を用いればよい。例えば、mdxマウスジストロフィン遺伝子の未熟終止コドンを含む遺伝子を使用すればよい。

0086

A.本発明の化合物の合成
[実施例1]
化合物例2((S)−2−(2−(3,6−ジアミノヘキサノイル)−1−メチルヒドラジニル)酢酸)の合成:
以下の合成スキームにより化合物例2を合成した。尚、スキーム中、構造式の下に付した番号は化合物の番号を表す。

0087

(1)化合物1((S)−2,5−ビス(tert−ブトキシカルボニルアミノペンチメタンスルホネート)の合成



Boc−Orn(Boc)−OH(1.00g、3.01mol)のTHF(3mL)溶液に、−15℃にて、N−メチルモルホリン(336μL,3.01mmol)、クロロギ酸イソブチル(395μL,3.01mmol)を添加し、同温度にて10分間撹拌した。反応溶液をろ過し、THFで洗浄し、得られた母液塩浴中、水素化ホウ素ナトリウム(171mg、4.52mmol)の水(1.5mL)溶液を添加し、同温度にて20分間撹拌した。ジエチルエーテルで抽出し、有機層を水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去することで、無色油状物質(523mg)を得た。このものは精製すること無く次の反応に用いた。
続いて、得られた残渣をジクロロメタン(8mL)に溶解し、氷冷下、トリエチルアミン(296μL、2.14mmol)、塩化メタンスルホニル(190μL、2.46mmol)を添加し、室温にて終夜撹拌した。氷冷下、反応溶液に水を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=40:1)で精製することで、白色粉末を得た。(381mg、0.319mmol、3工程32%)
1HNMR(300MHz,CDCl3)δ 4.80−4.46(m,2H),4.26(dd,J=10 and 4.0Hz,1H),4.18(dd,J=10 and 4.1Hz,1H),3.95−3.76(m,1H),3.23−3.06(m,2H),3.04(s,3H),1.79−1.48(m,4H),1.44(s,18H).

0088

(2)化合物2((S)−tert−ブチル5−シアペンタン−1,4−ジイルジカルバメート)の合成



化合物1(239mg、0.603mmol)のアセトニトリル(6mL)溶液に、18−クラウン−6(239mg、0.905mmol)、シアン化カリウム(157mg、2.41mmol)を添加し、終夜加熱還流した。反応溶液を室温に戻した後、氷冷下、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=30:1)で精製することで、白色固体を得た。(146mg、0.446mmol、74%)
1HNMR(300MHz,CDCl3)δ 4.87(brd,1H),4.68(brs,1H),3.82(brs,1H),3.23−3.07(m,2H),2.74(dd,J=17and 5.4Hz,1H),2.54(dd,J=17 and 4.2Hz,1H),1.75−1.53(m,4H),1.45(s,18H).

0089

(3)化合物3((S)−tert−ブチル2−(2−(3,6−ビス(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ヘキサノイル)−1−メチルヒドラジニル)アセテート)の合成



化合物2(115mg、0.351mmol)のエタノール:水=2:1(3mL)溶液に、水酸化カリウム(197mg、3.51mmol)を添加し、80℃にて4時間45分撹拌した。反応溶液を室温に戻した後、溶媒を減圧留去した。氷冷下、1M塩酸を加えpH1〜2にし、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をDMF(3mL)に溶解させ、PTSA・H2N−N(Me)CH2CO2t−Bu(233mg、0.702mmol)、HOBt・H2O(108mg、0.702mmol)を添加した。氷冷下、トリエチルアミン(97.3μL、0.702mmol)、EDC・HCl(135mg、0.702mmol)を順次添加し、室温で2時間撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=80:1)で精製することで、白色固体を得た。(40.1mg、0.082mmol,2工程23%)
1HNMR(300MHz,CDCl3)δ 7.90(s)and 7.36(brd,total 1H),5.54−5.18(m,1H),4.78−4.66(m,1H),4.00−3.77(m,1H),3.63−3.31(m,2H),3.10−3.01(m,2H),2.90−2.48(m)and2.41−2.20(m,total 5H), 1.98−1.10(m,31H).

0090

(4)化合物例2の合成



化合物3(66.9mg,0.137mmol)に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温で1時間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣を水に溶解し、高速液体クロマトグラフィー(溶媒, H2O in 0.1% TFA: CH3CN in 0.1% TFA. A linear gradient 0−5% CH3CN in 0.1% TFAover 40 min.流速5mL/分、222nmのUVで検出)で精製することにより、無色油状物質を得た。(44.9mg、97.5μmol、71%)
1HNMR(300MHz,D2O)δ 3.58−3.39(m,3H),2.97−2.77(m,2H),2.60−2.29(m,5H),1.70−1.45(m,4H);HRMS(ES+) calcd for C9H21N4O3(M++H)233.1614, found 233.1614.

0091

[実施例2]
化合物例5((S)−エチル2−(2−(3,6−ジアミノヘキサノイル)−1−メチルヒドラジニル)アセテート)の合成:
以下の合成スキームにより化合物例5を合成した。

0092

(1)化合物5((S)−5−(ベンジルオキシカルボニルアミノ)−2−(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ペンチルメタンスルホネート)の合成

0093

Boc−Orn(Cbz)−OH(5.00g、13.6mmol)のTHF(14mL)溶液に、−15℃にて、N−メチルモルホリン(1.97mL、15.0mmol)、クロロギ酸イソブチル(1.68mL、15.0mmol)を添加し、同温度にて10分間撹拌した。反応溶液をろ過し、THFで洗浄し、得られた母液に氷塩浴中、水素化ホウ素ナトリウム(772mg、20.4mmol)の水(4mL)溶液を添加し、同温度にて10分間撹拌した。反応液に氷冷下、水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去することで、無色油状物質を得た。このものは精製すること無く次の反応に用いた。
続いて、得られた残渣をジクロロメタン(68mL)に溶解し、氷冷下、トリエチルアミン(2.83mL、20.4mmol)、塩化メタンスルホニル(3.14mL、40.8mmol)を添加し、室温にて30分撹拌した。氷冷下、反応溶液に水を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣を再結晶ヘキサン:酢酸エチル)で精製することで、白色粉末を得た。(4.49g、10.4mmol、3工程、77%)
[α]25D−17.2°(c0.34,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ 7.43−7.30(m,5H),5.20−5.05(s,2H),4.99−4.85(brs,1H),4.80−4.62(brd,1H),4.30−4.08(m,2H),3.94−3.76(brs,1H),3.31−3.14(m,2H),3.02(s,3H),1.79−1.49(m,4H),1.44(s,9H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 156.5,155.4,136.5,128.6,128.2,80.0,71.0,66.7,49.5,40.6,37.3,28.3,26.4;HRMS(ES+)calcd for C19H30N2O7SNa(M++Na)453.1671,found 453.1645.

0094

(2)化合物6((S)−ベンジルtert−ブチル(5−シアノペンタン−1,4−ジリ)ジカルバメート)の合成



化合物5(300mg、0.697mmol)のアセトニトリル(3.5mL)溶液に、18−クラウン−6(221mg、0.837mmol)、シアン化カリウム(136mg、2.09mmol)を添加し、30分加熱還流した。反応溶液を室温に戻した後、氷冷下、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=2:1)で精製することで、白色固体を得た。(206mg、0.570mmol、82%)
[α]25D−41.2°(c0.74,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ 7.42−7.28(m,5H),5.25−5.12(m,1H),5.08(s,2H),5.06−4.92(brd,1H),3.92−3.69(brs,1H),3.30−3.09(m,2H),2.68(dd,J=17and 5.0Hz,1H),2.47(dd,J=17 and 3.7Hz,1H),1.71−1.49(m,4H),1.43(s,9H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 156.5,155.1,136.4,128.5,128.1,128.0,117.3,80.0,66.6,47.0,40.3,30.5,28.2,26.4,23.9;HRMS(ES+) calcd for C19H27N3O4Na(M++Na)384.1899, found 384.1857.

0095

(3)化合物7((S)−6−(ベンジルオキシカルボニルアミノ)−3−(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ヘキサナール)の合成



アルゴン雰囲気下、化合物6(5.74g、15.9mmol)の無水ジクロロメタン(80mL)溶液に−78℃にて水素化ジイソブチルアルミニウム(1.00Mトルエン溶液、47.7mL、47.7mmol)を滴下した。反応溶液を−50℃まで昇温し、1時間20分撹拌した。同温度にて反応溶液にメタノール、飽和酒石酸カリウムナトリウム水溶液を加え、室温まで昇温した後、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1)で精製することで、無色油状物質を得た。(1.58g、5.52mmol、35%)
1HNMR(300MHz,CDCl3)δ 9.74(s,1H),7.40−7.29(m,5H),5.09(s,2H),4.92−4.81(m,1H),4.77−4.63(m,1H),4.10−3.95(m,1H),3.35−3.16(m,2H),2.70−2.55(m,2H),1.73−1.48(m,4H),1.42(s,9H).

0096

(4)化合物8((S)−6−(ベンジルオキシカルボニルアミノ)−3−(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ヘキサン酸)の合成



化合物7(1.58g、4.33mmol)のt−ブチルアルコール:水=2:1(14mL)溶液に、2−メチル−2−ブテン(2.30mL、21.6mmol)、リン酸二水素ナトリウム(1.69g、10.8mmol)を添加し、室温で10分間撹拌した。次いで亜塩素酸ナトリウム(1.57g、17.3mmol)を添加し、室温で10分撹拌した。氷冷下、反応溶液に飽和塩アンモニウム水溶液を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=50:1)で精製することで、無色油状物質を得た。(1.52g、4.00mmol、92%)
1HNMR(300MHz,CDCl3)δ 7.35−7.32(m,5H),5.09−5.07(m,2H),3.21−3.16(m,2H),2.50−2.48(m,2H),1.58−1.48(m,4H),1.42(s,9H);HRMS(ES+) calcd for C19H29N2O6(M++H)381.2026,found 381.2020.

0097

(5)化合物9((S)−エチル2−(2−(6−(ベンジルオキシカルボニルアミノ)−3−(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ヘキサノイル)−1−メチルヒドラジニル)アセテート)の合成



化合物8(81.1mg、0.213mmol)のDMF(2mL)溶液に、H2N−N(Me)CH2CO2Et(56.4mg、0.427mmol)、HOBt・H2O(65.4mg、0.427mmol)を添加した。氷冷下、トリエチルアミン(59.2μL、0.427mmol)、EDC・HCl(81.8mg、0.427mmol)を順次添加し、室温で終夜撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=80:1)で精製することで、無色固体を得た。(55.5mg、0.112mmol、53%)
[α]25D−15.5°(c0.38,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ7.76(s,1H),7.45−7.29(m,5H),5.47−5.18(m,1H),5.08(s,2H),5.05−4.89(m,1H),4.20(q,J=7.1Hz,2H),4.00−3.78(m,1H),3.73−3.42(m,2H),3.21(t,J=6.0Hz,2H),2.92−2.49(m,4H),2.40−2.18(m,1H),1.86−1.34(m,13H),1.28(t,J=7.2Hz,3H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 170.8,169.7,156.5,155.7,136.7,128.5,128.08,128.05,79.2,66.6,60.9,57.7,47.6,44.1,40.7,39.3,32.0,28.5,26.7,14.0;HRMS(ES+) calcd for C24H39N4O7(M++H)495.2819, found 495.2816.

0098

(6)化合物例5の合成



アルゴン雰囲気下、化合物9(44.0mg、89.0μmol)のメタノール(1mL)溶液に、10%Pd/C(4.4mg)を添加し、水素置換を行い、50℃で30分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製すること無く次の反応に用いた。残渣に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温で1時間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣を水に溶解し、高速液体クロマトグラフィー(溶媒,H2O in 0.1% TFA:CH3CN in 0.1% TFA.A linear gradient of 5−10% CH3CN in 0.1% TFA over 40 min.流速5mL/分、222nmのUVで検出)で精製することにより、無色油状物質を得た。(19.3mg、39.6μmol、2工程、44%)
1HNMR(300MHz,D2O)δ 4.10(q,J=6.9Hz,2H),3.62−3.46(m,3H),3.01−2.86(m,1H),2.62−2.35(m,5H),1.77−1.58(m,4H),1.16(t,J=6.6Hz,3H);HRMS(ES+) calcd for C11H25N4O3(M++H)261.1927, found 261.1926.

0099

[実施例3]
化合物例9((S)−2−(2−(3,6−ジアミノヘキサノイル)−1−エチルヒドラジニル)酢酸)の合成

0100

(1)化合物11((S)−tert−ブチル2−(2−(6−(ベンジルオキシカルボニルアミノ)−3−(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ヘキサノイル−1−エチルヒドラジニル)アセテートの合成



実施例2で合成した化合物8(91.7mg、0.241mmol)のDMF(3mL)溶液に、PTSA・H2N−N(Et)CH2CO2t−Bu(167mg、0.482mmol)、HOBt・H2O(73.9mg、0.482mmol)を添加した。氷冷下、トリエチルアミン(66.8μL、0.482mmol)、EDC・HCl(92.4mg、0.482mmol)を順次添加し、室温で終夜撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=60:1)で精製することで、無色固体を得た。(71.7mg、0.134mmol、55%)
[α]25D−6.31°(c0.52,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ 7.73(s) and 7.15(d,J=26Hz,total 1H),7.42−7.28(m,5H),5.59−5.24(m,1H),5.09(s,2H),5.05−4.91(brs,1H),3.98−3.78(m,1H),3.69−3.38(m,2H),3.30−3.13(m,2H),3.07−2.78(m,2H),2.74−2.21(m,2H),1.70−1.34(m,22H),1.08(t,J=7.1Hz,3H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 170.5,169.4,156.5,155.7,136.7,128.4,128.06,128.03,82.4,79.3,66.5,57.3,50.4,47.5,40.8,36.4,32.0,28.4,28.2,26.6,12.7;HRMS(ES+) calcd for C27H45N4O7(M++H) 537.3288, found 537.3303.

0101

(2)化合物例9の合成



アルゴン雰囲気下、化合物11(55.8mg,0.104mmol)のメタノール(2mL)溶液に、10%Pd/C(5.5mg)を添加し、水素置換を行い、50℃で30分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製すること無く次の反応に用いた。残渣に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温で1時間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣を水に溶解し、高速液体クロマトグラフィー(溶媒, H2O in 0.1% TFA: CH3CN in 0.1% TFA.A linear gradient of 10−20% CH3CN in 0.1% TFA over 40 min.流速5mL/分、222nmのUVで検出)で精製することにより、無色油状物質を得た。(26.7mg、56.2μmol、2工程、54%)
1HNMR(300MHz,CDCl3)δ 3.65−3.52(m,3H),3.03−2.80(m,4H),2.55(dd,J=17 and 5.4Hz,2H),1.74−1.57(m,4H),0.97(t,J=7.2Hz,3H);HRMS(ES+) calcd for C10H23N4O3(M++H)247.1770, found 247.1777.

0102

[実施例4]
化合物例7(2−(2−((S)−6−アミノ−3−((S)−2−アミノ−4−メチルペンタンアミド)ヘキサノイル)−1−メチルヒドラジニル)酢酸)の合成
以下の合成スキームにより化合物例7を合成した。

0103

(1)化合物13((S)−ベンジル2−(2−(6−(ベンジルオキシカルボニルアミノ)−3−(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ヘキサノイル)−1−メチルヒドラジニル)アセテート)の合成



化合物8(160mg、0.421mmol)のDMF(2mL)溶液に、H2N−N(Me)CH2CO2Bn(163mg、0.842mmol)、HOBt・H2O(129mg、0.842mmol)を添加した。氷冷下、トリエチルアミン(117μL、0.842mmol)、EDC・HCl(161mg、0.842mmol)を順次添加し、室温で終夜撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=80:1)で精製することで、白色固体を得た。(139mg、0.250mmol、59%)
[α]25D−6.49°(c0.75,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ 7.75(s)and7.42−7.19(m,total,11H),5.48−4.76(m,6H),4.00−3.77(m,1H),3.77−3.45(m,2H),3.30−3.05(m,2H),2.90−2.48(m,4H),2.40−2.10(m,1H),1.92−1.46(m,4H),1.40(s,9H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 170.6,169.3,156.5,155.6,136.7,135.1,128.71,128.67,128.62,128.51,128.43,128.06,79.2,66.6,58.9,57.7,47.5,44.1,40.7,39.3,32.0,28.4,26.6;HRMS(ES+) calcd for C29H41N4O7(M++ H)557.2975, found 557.2985.

0104

(2)化合物14((7S,10S)−ベンジル7−(3−(ベンジルオキシカルボニルアミノ)プロピル)−10−イソブチル−3,14,14−トリメチル−5,9,12−トリオキソ−13−オキサ−3,4,8,11−テトラアザペンタデカン−1−オエート)の合成



化合物13(66.2mg、0.119mmol)に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(3mL)を添加し、室温で30分撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣は精製すること無く、次の反応に用いた。残渣をDMF(2mL)に溶解させ、Boc−Leu−OH(35.6mg、0.143mmol)、HOBt・H2O(20.0mg、0.131mmol)を添加した。氷冷下、トリエチルアミン(18.2μL、0.131mmol)、EDC・HCl(27.4mg、0.131mmol)を順次添加し、室温で終夜撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=80:1)で精製することで、無色固体を得た。(54.0mg、0.081mmol、2工程68%)
[α]25D−21.5°(c0.67,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ 7.79(s)and7.45−7.29(m,total 11H),7.03(brs,1H),5.25−5.00(m,5H),4.94(brs,1H),4.35−4.10(m,1H),4.10−3.93(brs,1H),3.77−3.46(m,2H),3.28−3.08(m,2H),2.93−2.43(m,4H),2.37−2.16(m,1H),1.98−1.20(m,16H),1.03−0.75(m,6H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 172.4,170.6,169.0,156.58,156.54,136.72,135.16,128.73,128.66,128.52,128.48,128.45,128.04,80.0,66.7,66.6,57.8,53.6,46.1,44.2,41.4,40.7,40.6,38.8,31.4,28.3,26.4,23.9,22.0;HRMS(ES+) calcd for C35H52N5O8(M++H)670.3816, found 670.3808.

0105

(3)化合物例7の合成



アルゴン雰囲気下、化合物14(31.3mg、46.8μmol)のメタノール(2mL)溶液に、10%Pd/C(3.1mg)を添加し、水素置換を行い、50℃で45分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製すること無く次の反応に用いた。残渣に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温で10分間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣を水に溶解し、高速液体クロマトグラフィー(溶媒,H2O in 0.1% TFA:CH3CN in 0.1% TFA.A linear gradient of 10−15% CH3CN in 0.1% TFA over 40min.流速5mL/分、222nmのUVで検出)で精製することにより、白色綿状物質を得た。(16.1mg、28.0μmol、2工程、60%)
1HNMR(300MHz,D2O)δ 4.23−4.00(m,1H),3.92−3.74(m,1H),3.50(s,2H),2.89(t,J=6.3Hz,2H),2.56(s,3H),2.36(dd,J=15 and 5.4Hz,1H),2.21(dd,J=15and 9Hz,1H),1.72−1.35(m,7H),0.83(dd,J=4.2Hz,6H);HRMS(ES+)calcd for C15H32N5O4(M++H)346.2454, found 346.2452.

0106

[実施例5]
化合物例3((S)−2−(2−(3,5−ジアミノペンタノイル)−1−メチルヒドラジニル)酢酸の合成
以下の合成スキームにより化合物例3を合成した。

0107

(1)化合物16((S)−2,4−ビス(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ブチルメタンスルホネート)の合成
Boc−Gln−OH (15.0g、60.9mmol)のTHF(145mL)溶液に、水(36mL)を添加し、氷冷下、ヨードベンゼンジアセテート(23.5g、73.1mmol)を添加し、室温にて4時間30分撹拌した。反応溶液を減圧留去し、得られた残渣に水を加え、酢酸エチルで抽出した。水層を減圧留去し、得られた残渣を冷クロロホルムで複数回洗浄し、乾燥させることで、白色粉末を得た(10.0g)。このものは精製すること無く次の反応に用いた。
上記粉末(10.0g、45.8mmol)のジオキサン:水=2:1(225mL)溶液に、氷冷下、水酸化ナトリウム(2.02g、50.4mmol)、(Boc)2O(12.0g、55.0mmol)を添加し、室温で1時間撹拌した。反応溶液を減圧留去し、得られた残渣に、氷冷下、1M塩酸を加えpH1〜2にし、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去することで、黄色油状物質を得た。このものは精製すること無く次の反応に用いた。
残渣をTHF(90mL)に溶解し、−15℃にて、N−メチルモルホリン(5.63mL、50.4mmol)、クロロギ酸イソブチル(6.62mL、50.4mmol)を添加し、同温度にて5分間撹拌した。反応溶液をろ過、THFで洗浄し、得られた母液に氷塩浴中、水素化ホウ素ナトリウム(2.60g、68.7mmol)の水(15mL)溶液を添加し、同温度にて5分間撹拌した。反応溶液に氷冷下、1M塩酸を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去することで、無色油状物質を得た。このものは精製すること無く次の反応に用いた。
残渣のジクロロメタン(230mL)溶液に、氷冷下、トリエチルアミン(9.52mL、68.7mmol)、塩化メタンスルホニル(10.6mL、137mmol)を添加し、室温にて終夜撹拌した。反応溶液に氷冷下、水を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=2:1)で精製することで、無色油状物質を得た。(7.97g、20.9mmol、4工程、46%)
[α]25D−38.1°(c1.97,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ 5.21−5.03(brs,1H),5.03−4.78(brd,1H),4.30(dd,J=10and 3.5Hz,1H),4.23(dd,J=10 and 4.4Hz,1H),4.01−3.88(m,1H),3.49−3.27(brs,1H),3.12−2.94(m,4H),1.87−1.55(m,2H),1.44(s,18H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 156.0,155.7,80.1,79.4,71.4,47.3,37.3,36.9,31.9,28.4,28.3;HRMS(ES+)calcd for C15H30N2O7SNa(M++Na)405.1671, found 405.1671.

0108

(2)化合物17((S)−tert−ブチル4−シアノブタン−1,3−ジイルジカルバメート)の合成



化合物16(7.97g、20.9mmol)のアセトニトリル(105mL)溶液に、18−クラウン−6(2.76g、10.4mmol)、シアン化カリウム(2.72g、41.7mmol)を添加し、40℃にて終夜撹拌した。反応溶液を室温に戻した後、氷冷下、飽和炭酸水素ナトリウム水溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=2:1)で精製することで、白色固体物質を得た。(4.08g、13.0mmol、62%)
[α]25D−64.1°(c1.14,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ 5.03−4.72(m,2H),4.00−3.83(m,1H),3.48−3.26(m,1H),3.16−2.97(m,1H),2.74(dd,J=17and 5.4Hz,1H),2.62(dd,J=17 and 4.6Hz,1H),1.90−1.67(m,2H),1.45(s,9H),1.44(s,9H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 156.0,155.3,117.2,80.4,79.6,45.0,36.9,34.3,28.4,28.3,23.9;HRMS(ES+)calcd for C15H27N3O4Na(M++Na)336.1899, found 336.1896.

0109

(3)化合物18((S)−tert−ブチル2−(2−(3,5−ビス(tert−ブトキシカルボニルアミノ)ペンタノイル)−1−メチルヒドラジニル)アセテート)の合成



化合物17(90.2mg、0.288mmol)のエタノール:水=2:1(3mL)溶液に、水酸化カリウム(162mg、2.88mmol)を添加し、80℃にて7時間30分撹拌した。反応溶液を室温に戻した後、溶媒を減圧留去した。氷冷下、1M塩酸を加えpH1〜2にし、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をDMF(2mL)に溶解させ、PTSA・H2N−N(Me)CH2CO2t−Bu(191mg、0.576mmol)、HOBt・H2O(88.2mg、0.576mmol)を添加した。氷冷下、トリエチルアミン(79.8μL、0.576mmol)、EDC・HCl(110mg、0.576mmol)を順次添加し、室温で終夜撹拌した。
10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=100:1)で精製することで、白色固体を得た。(51.3mg、0.108mmol、2工程38%)
[α]25D−40.1°(c0.52,CHCl3);1HNMR(400MHz,CDCl3)δ 7.94(s)and7.38(brd,total 1H),5.83−5.49(m,1H),5.49−5.11(m,1H),4.15−3.80(m,1H),3.69−3.46(m,2H),3.46−3.20(m,1H),3.05−2.81(m,1H),2.81−2.48(m,4H),2.48−2.18(m,1H),1.75−1.18(m,29H);13CNMR(100MHz,CDCl3)δ 174.7,170.2,169.1,156.1,82.4,79.3,79.0,58.2,45.1,43.9,38.9,37.1,35.2,28.44,28.36,28.2;HRMS(ES+)calcd for C22H42N4O7Na(M++Na)497.2951, found 497.2959.

0110

(4)化合物例3の合成



化合物18(29.3mg、61.9μmol)に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温で1時間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣を水に溶解し、高速液体クロマトグラフィー(溶媒,H2O in 0.1% TFA:CH3CN in 0.1% TFA.A linear gradient of 0−5% CH3CN in 0.1% TFA over 40min.流速5mL/分、222nmのUVで検出)で精製することにより、無色油状物質を得た。(14.6mg、35.3μmol、57%)
1HNMR(300MHz,D2O)δ 3.60−3.50(m,1H),3.47(s,2H),2.93(t,J=8.8Hz,2H),2.51−2.34(m,5H),1.99−1.79(m,2H);HRMS(ES+)calcd for C8H19N4O3(M++H)219.1457, found 219.1455.

0111

[実施例6]
化合物例14〜18の合成:
以下の合成スキームにより化合物例14〜18を合成した。尚、スキーム中、構造式の下に付した番号は化合物の番号を表す。

0112

(A)化合物20a〜20e
(1)化合物20aの合成



化合物20aは、化合物13(82.9mg,0.149mmol)を用いて、化合物14と同様の方法にて合成した(白色固体、92.5mg、0.132mmol、2工程88%)。
HRMS(ES+)calcd for C38H50N5O8(M++H)704.3659、found 704.3652.

0113

(2)化合物20bの合成



化合物20bは、化合物13(61.2mg、0.110mmol)を用いて、化合物14と同様の方法にて合成した(無色固体、39.3mg、54.6μmol、2工程50%)。
HRMS(ES+)calcd for C38H50N5O9(M++H)720.3609,found 720.3595.

0114

(3)化合物20cの合成



化合物20cは、13(71.7mg、0.129mmol)を用いて、化合物14と同様の方法にて合成した(白色固体、77.8mg、0.119mmol、2工程92%)。
HRMS(ES+)calcd for C34H49N5O8Na(M++Na)678.3479,found 678.3481

0115

(4)化合物20dの合成



化合物20dは、化合物13(52.0mg、93.5μmol)を用いて、化合物14と同様の方法にて合成した(無色固体、51.7mg、84.3μmol、2工程90%)。
HRMS(ES+)calcd for C31H44N5O8(M++H)614.3190,found 614.3175.

0116

(5)化合物20eの合成



化合物20eは、化合物13(79.7mg、0.143mmol)を用いて、化合物14と同様の方法にて合成した(白色固体、90.8mg、0.136mmol、2工程95%)。
HRMS(ES+)calcd for C35H51N5O8Na(M++Na)692.3635,found 692.3638.

0117

(B)化合物例14〜18
(1)化合物例14の合成



化合物20a(43.7mg、62.1μmol)を用い、化合物例7と同様の方法にて合成した(無色固体、11.2mg、18.4μmol、2工程30%)。
HRMS(ES+)calcd for C18H30N5O4(M++H)380.2298,found 380.2290.

0118

(2)化合物例15の合成



化合物20b(27.8mg、38.6μmol)を用い、化合物例7と同様の方法にて合成した(無色固体、8.25mg、13.2μmol、2工程34%)。
HRMS(ES+)calcd for C18H30N5O5(M++H)396.2247,found 396.2258.

0119

(3)化合物例16の合成



化合物20c(40.4mg、61.6μmol)を用い、化合物例7と同様の方法にて合成した(無色固体、11.2mg、20.0μmol、2工程33%)。
HRMS(ES+)calcd for C14H30N5O4(M++H)332.2298,found 332.2286.

0120

(4)化合物例17の合成



化合物20d(30.8mg、50.2μmol)を用い、化合物例7と同様の方法にて合成した(無色固体、12.3mg、23.8μmol、2工程47%)。
HRMS(ES+)calcd for C11H24N5O4(M++H)290.1828,found 290.1829.

0121

(5)化合物例18の合成



化合物20e(43.1mg、64.4μmol)を用い、化合物例7と同様の方法にて合成した(無色固体、17.2mg、30.0μmol、2工程47%)。
HRMS(ES+)calcd for C15H32N5O4(M++H)346.2454,found 346.2459.

0122

[実施例7]
化合物例19〜20の合成:
以下の合成スキームにより化合物例19〜20を合成した。尚、スキーム中、構造式の下に付した番号は化合物の番号を表す。

0123

(A)化合物22a〜22b
(1)化合物22aの合成



化合物17(1.03g、3.29mmol)のエタノール:水=2:1(16mL)溶液に、水酸化カリウム(1.85g、32.9mmol)を添加し、80℃にて5時間撹拌した。反応溶液を室温に戻した後、溶媒を減圧留去した。氷冷下、1M塩酸を加えpH1〜2にし、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をDMF(16mL)に溶解させ、H2N−N(Me)CH2CO2Bn(1.28g、6.58mmol)、HOBt・H2O(1.03g、6.58mmol)を添加した。氷冷下、トリエチルアミン(912μL、6.58mmol)、EDC・HCl(1.26g、6.58mmol)を順次添加し、室温で終夜撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=100:1)で精製することで、白色固体(771mg、1.52mmol、2工程46%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C25H41N4O7(M++H)509.2975,found 509.2981.

0124

(2)化合物22bの合成



化合物22bは、化合物17(111mg、0.354mmol)、H2N−N(Me)CH2CO2Bn(o−Br)(62.6mg、0.229mmol)を用い、化合物22aと同様の方法にて合成した(白色固体、75.4mg、0.128mmol、2工程36%)。
HRMS(ES+)calcd for C25H40N4O7Br(M++H)587.2080,found 587.2092.

0125

(B)化合物例19〜20
(1)化合物例19の合成



化合物22a(64.9mg、0.128mmol)に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温で1時間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣を水に溶解し、高速液体クロマトグラフィー(溶媒:H2O in 0.1%TFA:CH3CN in 0.1%TFA. A linear gradient of 15−45%CH3CN in 0.1%TFA over 40min. Flow rate 5mL/min,detected at UV222nm)で精製することにより、無色固体(34.6mg、64.5μmol、50%)を得た。
1H NMR(300MHz、D2O)δ7.42−7.40(m,5H),5.20(s,2H),3.67−3.62(m,3H),3.06(t,J=8.22Hz,2H),2.63(s,3H),2.52−2.48(m,2H),2.07−1.96(m,2H);HRMS(ES+)calcd for C15H25N4O3(M++H)309.1927,found 309.1915.

0126

(2)化合物例20の合成



化合物22b(52.0mg、88.5μmol)に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温で1時間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣を水に溶解し、高速液体クロマトグラフィー(溶媒、H2O in 0.1%TFA:CH3CN in 0.1%TFA. A linear gradient of 30−50%CH3CN in 0.1%TFA over 40 min. Flow rate 5mL/min,detected at UV222nm)で精製することにより、白色粉末(26.9mg、43.9μmol、50%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C15H24N4O3Br(M++H)387.1032,found 387.1033.

0127

[実施例8]
化合物例21〜24の合成:
以下の合成スキームにより化合物例21〜24を合成した。尚、スキーム中、構造式の下に付した番号は化合物の番号を表す。

0128

(A)化合物24a〜24d
(1)化合物24aの合成



アルゴン雰囲気下、化合物22a(108mg、0.212mmol)のメタノール(2mL)溶液に、10%Pd/C(10.8mg)を添加し、水素置換を行い、室温で1時間30分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製すること無く次の反応に用いた。残渣のDMF(2mL)溶液に、室温にて3−ブロモベンジルアルコール(47.5mg、0.254mmol)を添加し、氷冷撹拌下、DMAP(2.59mg、21.2μmol)、DCC(48.1mg、0.254mmol)を加え、室温で終夜撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣をクロロホルムで希釈し、ろ過した。有機層を水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=100:1)で精製することで、白色固体(84.6mg、0.144mmol、2工程 68%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C25H40N4O7Br(M++H)587.2080,found 587.2080.

0129

(2)化合物24bの合成



化合物24bは、化合物22a(120mg、0.236mmol)、4−ブロモベンジルアルコール(53.0mg、0.283mmol)を用い、化合物24aと同様の方法にて合成した(白色固体、71.6mg、0.122mmol、2工程52%)。
HRMS(ES+)calcd for C25H40N4O7Br(M++H)587.2080,found 587.2078.

0130

(3)化合物24cの合成



化合物24cは、化合物22a(99.6mg、0.196mmol)、2−ニトロベンジルアルコール(36.0mg、0.235mmol)を用い、化合物24aと同様の方法にて合成した(白色固体、28.3mg、51.1μmol、2工程26%)。
1H NMR(300MHz,CDCl3)δ8.13(d,J=8.02Hz,1H),7.75−7.65(m,2H),7.65−7.51(m,2H),6.74−6.50(m,3H),5.40−5.18(brd,1H),4.08−3.86(m,1H),3.86−3.59(m,2H),3.48−3.25(m,1H),3.03−2.84(m,1H),2.84−2.49(m,4H),2.49−2.19(m,1H),1.77−1.58(m,2H),1.43(s,18H).

0131

(4)化合物24dの合成



化合物22a(114mg、0.224mmol)、2−メトキシベンジルアルコール(37.1mg、0.269mmol)を用い、化合物24aと同様の方法にて合成した(白色固体、59.6mg、0.111mmol、2工程49%)。
HRMS(ES+)calcd for C26H43N4O8(M++H)539.3081,found 539.3079.

0132

(B)化合物例21〜24
(1)化合物例21の合成



化合物24a(44.9mg、76.4μmol)を用い、化合物例20と同様の方法にて合成した(白色固体、10.7mg、17.3μmol、23%)。
1H NMR(400MHz、D2O)δ7.64−7.58(m,2H),7.43−7.33(m,2H),5.20(s,2H),3.78−3.67(m,3H),3.11(t,J=8.34Hz,2H),2.67(s,3H),2.60−2.49(m,2H),2.16−1.96(m,2H);13C NMR(100MHz,D2O)δ170.60,168.82,137.73,131.49,130.94,130.53,127.03,121.94,66.2,58.4,46.0,44.3,35.6,34.5,29.8.

0133

(2)化合物例22の合成



化合物24b(37.2mg,63.3μmol)を用い、化合物例20と同様の方法にて合成した(白色固体、18.4mg、29.9μmol、47%)。
HRMS(ES+)calcd for C15H24N4O3Br(M++H)387.1032,found 387.1024.

0134

(3)化合物例23の合成



化合物24c(28.3mg、51.1μmol)を用い、化合物例20と同様の方法にて合成した(白色固体、21.8mg、37.5μmol、73%)。
HRMS(ES+)calcd for C15H24N5O5(M++H)354.1777,found 354.1782.

0135

(4)化合物例24の合成



化合物24d(30.4mg、56.5μmol)を用い、化合物例20と同様の方法にて合成した(白色固体、20.8mg、36.8μmol、65%)。
HRMS(ES+)calcd for C16H27N4O4(M++H)339.2032,found 339.2025.

0136

[実施例9]
化合物例25〜28の合成:
以下の合成スキームにより化合物例25〜28を合成した。尚、スキーム中、構造式の下に付した番号は化合物の番号を表す。

0137

(A)化合物27の合成



1,3−アセトンジカルボン酸ジメチル(14.4mL、100mmol)のメタノール溶液(285mL)に酢酸アンモニウム(23.1g、300mmol)、モレキュラーシーブス3A(24g)を添加し、室温で5時間30分撹拌した。シアノ水素化ホウ素ナトリウム(7.86g、125mmol)を添加し、メタノール−塩酸溶液をpH3まで添加し、室温で20分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣を水(200mL)に溶解させジエチルエーテルで洗浄した。水層を氷冷撹拌下、pH10付近まで、炭酸ナトリウムを添加した。同温度にて、ジ−tert−ブトキシカルボネート(21.8g、100mmol)を添加し、室温で終夜撹拌した。反応溶液をジエチルエーテルで抽出し、抽出液を飽和食塩水で洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=4:1)で精製することにより、無色油状物質(23.3g、84.6mmol、85%)を得た。
1H NMR(300MHz、CDCl3)δ5.39−5.30(brd,1H),4.38−4.28(m,1H),3.69(s,6H),2.74−2.59(m,4H),1.43(s,9H).

0138

(B)化合物28の合成



化合物27(1.00g、3.60mmol)のリン酸緩衝液(pH8、0.5M、100mL)にアセトン(4mL)、esterase,from porcine liver(Aldrich、70.6mg、1200unit)を添加し、25℃にてpH8を維持し、終夜撹拌した。反応溶液に濃塩酸をpH1付近まで加え、ろ過した。クロロホルムで抽出し、有機層を飽和食塩水で洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製することなく次の反応に用いた。アルゴン雰囲気下、残渣の無水テトラヒドロフラン溶液(11mL)に、−78℃撹拌下にてボランテトラヒドロフラン錯体(1.0M、5.42mL)を滴下し、室温にて終夜撹拌した。氷冷撹拌下、反応溶液に飽和塩化アンモニウム水溶液を加え、ジエチルエーテルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=4:1)で精製することにより、無色油状物質(588mg、2.37mmol、66%)を得た。
[α]25D−20.7°(c1.00、CHCl3),lit[α]25D−23.9°(c1.00、CHCl3);1H NMR(300MHz、CDCl3)δ5.42−5.36(brs,1H),4.21−4.11(m,1H),3.70(s,3H),3.65−3.58(m,2H),2.69−2.50(m,2H),1.83−1.49(m,2H),1.49(s,9H).

0139

(C)化合物29の合成



化合物28(50.0mg、0.202mmol)のジクロロメタン溶液(1mL)に、氷冷撹拌下、トリエチルアミン(42.1μL、0.303mmol)、塩化メタンスルホニル(31.1μL、0.404mmol)を添加し、室温にて2時間分撹拌した。氷冷撹拌下、反応溶液に水を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=1:1)で精製することにより、白色固体であるメシル体(59.7mg、0.183mmol、90%)を得た。
1H NMR(300MHz、CDCl3)δ5.20−5.10(brd,1H),4.35−4.22(m,2H),4.19−4.01(m,1H),3.70(s,3H),3.04(s,3H),2.68−2.53(m,2H),2.05−1.96(m,2H),1.44(s,9H).
上記メシル体(365mg、1.12mmol)のDMF(10mL)溶液にアジ化ナトリウム(219mg、3.36mmol)を添加し、50℃にて終夜撹拌した。反応溶液を室温に戻した後、減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=3:1)で精製することにより、無色油状物質(278mg、1.02mmol、91%)を得た。
1H NMR(300MHz、CDCl3)δ5.13−5.03(brd,1H),4.10−3.92(m,1H),3.70(s,3H),3.45−3.30(m,2H),2.64−2.50(m,2H),1.83−1.69(m,2H),1.44(s,9H).

0140

(D)化合物30の合成



化合物29(500mg、1.84mmol)のメタノール−水(2:1、9mL)混合溶液に氷冷撹拌下、水酸化カリウム(310mg、5.52mmol)を添加し、室温にて、1時間30分撹拌した。反応溶液を減圧留去し、得られた残渣を氷冷撹拌下、pH1付近まで1M塩酸溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製することなく次の反応に用いた。残渣のDMF溶液(9mL)にPTSA・H2N−N(Me)CH2CO2t−Bu(1.22g、3.68mmol)、HOBt・H2O(564mg、3.68mmol)を添加し、氷冷撹拌下、トリエチルアミン(510μL、3.68mmol)、EDC・HCl(705mg、3.68mmol)を添加し、室温にて終夜撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で順次洗浄、乾燥 (Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=80:1)で精製することにより、無色油状物質(241mg、0.601mmol、2工程33%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C17H33N6O5(M++H)401.2512,found 401.2509.

0141

(E)化合物31の合成



化合物30(135mg、0.337mmol)のメタノール溶液(2mL)に、10%Pd/C(13.5mg)を水素雰囲気下で、1時間30分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製することなく次の反応に用いた。ジクロロメタン溶液(2mL)に、氷冷撹拌下、トリエチルアミン(56.0μL、0.404mmol)、ノシルクロリド(82.2mg、0.371mmol)を添加し、室温にて35分撹拌した。氷冷撹拌下、反応溶液に水を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=100:1)で精製することにより、無色油状物質(164mg、0.293mmol、2工程87%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C23H38N5O8S(M++H)560.2390,found 560.2386.

0142

(F)化合物32a〜32d
(1)化合物32aの合成



化合物31(49.7mg、88.9μmol)のDMF溶液(2mL)に炭酸カリウム(14.7mg、0.107mmol)、3−ブロモプロピン(7.28μL、97.8μmol)を室温にて添加し、50℃で1時間45分撹拌した。反応溶液を室温に戻した後、水を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=100:1)で精製することにより、無色油状物質(50.1mg、83.9μmol、94%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C26H40N5O9S(M++H)598.2547,found 598.2543.

0143

(2)化合物32bの合成



化合物31(61.5mg、0.110mmol)、1−ブロモプロパン(55.0μL、0.550mmol)を用い、化合物32aと同様の方法にて合成した(黄色油状物質、60.3mg、0.100mmol、91%)。
HRMS(ES+)calcd for C26H44N5O9S(M++H)602.2860,found 602.2845.

0144

(3)化合物32cの合成



化合物31(60.5mg、0.108mmol)、1−ブロモペンタン(66.9μL、0.540mmol)を用い、化合物32aと同様の方法にて合成した(無色油状物質、62.7mg、99.6μmol、92%)。
HRMS(ES+) calcd for C28H48N5O9S(M++H)630.3173, found 630.3174.

0145

(4)化合物32dの合成



化合物31(58.2mg、0.104mmol)、ベンジルブロミド(12.4μL、0.114mmol)を用い、化合物32aと同様の方法にて合成した(無色油状物質、52.7mg、81.2μmol、78%)。
HRMS(ES+) calcd for C30H44N5O9S(M++H)650.2860,found 650.2842.

0146

(G)化合物例25〜28
(1)化合物例25の合成



化合物32a(35.8mg、59.9μmol)のアセトニトリル溶液(2mL)に炭酸カリウム(41.5mg、0.300mmol)、チオフェノール(30.6μL、0.300mmol)を添加し、室温で2時間15分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣を氷冷撹拌下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温にて1時間撹拌した。反応溶液を減圧留去後、残渣を水に溶解し、HPLCにより精製した。溶媒を凍結乾燥することで、白色固体(13.3mg、27.4μmol、2工程46%)を得た。
1H NMR(300MHz、D2O)δ3.96(d,J=2.49Hz,2H),3.80−3.71(m,1H),3.64(s,2H),3.35−3.20(m,2H),3.01(t,J=2.56Hz,1H),2.68−2.54(m,5H),2.17−2.05(m,2H);HRMS(ES+)calcd for C11H21N4O3(M++H)257.1614,found 257.1616.

0147

(2)化合物例26の合成



化合物32b(43.2mg、71.8μmol)を用い、化合物例25と同様の方法にて合成した(白色固体、18.7mg、38.3μmol、2工程53%)。
1H NMR(300MHz、D2O)δ3.76−3.72(m,1H),3.65(s,2H),3.25−3.08(m,2H),3.02(t,J=7.44Hz,2H),2.67−2.54(m,5H),2.20−2.00(m,2H),1.75−1.62(m,2H),0.95(t,J=7.56Hz,3H);HRMS(ES+)calcd for C11H25N4O3(M++H)261.1927,found 261.1931.

0148

(3)化合物例27の合成



化合物33c(39.2mg、62.2μmol)を用い、化合物例25と同様の方法にて合成した(白色固体、11.4mg、22.0μmol、2工程35%)。
1H NMR(300MHz、D2O)δ3.76−3.67(m,1H),3.56(s,2H),3.19−3.08(m,2H),3.02(t,J=7.63Hz,2H),2.66−2.51(m,5H),2.14−2.02(m,2H),1.67−1.60(m,2H),1.35−1.22(m,4H),0.85(t,J=6.89Hz,3H);HRMS(ES+)calcd for C13H29N4O3(M++H)289.2240,found 289.2238.

0149

(4)化合物例28の合成



化合物33d(35.2mg、54.2μmol)を用い、化合物例25と同様の方法にて合成した(白色固体、9.23mg、17.2μmol、2工程32%)。
1H NMR(300MHz、D2O)δ7.49−7.43(m,5H),4.24(s,2H),3.72−3.68(m,1H),3.56(s,2H),3.20−3.13(m,2H),2.62−2.49(m,5H),2.11−2.05(m,2H);HRMS(ES+)calcd for C15H25N4O3(M++H)309.1927, found 309.1920.

0150

[実施例10]
化合物例29〜31の合成:
以下の合成スキームにより化合物例29〜31を合成した。尚、スキーム中、構造式の下に付した番号は化合物の番号を表す。

0151

(A)化合物34a〜34c
(1)化合物34aの合成



化合物30(54.9mg、0.137mmol)のメタノール溶液(2mL)に、10%Pd/C(5.49mg)を水素雰囲気下で、1時間30分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製することなく次の反応に用いた。残渣のDMF溶液(2mL)にN−Boc−グリシン(26.5mg、0.151mmol)、HOBt・H2O(23.1mg、0.151mmol)を添加し、氷冷撹拌下、トリエチルアミン(22.8μL、0.164mmol)、EDC・HCl(31.5mg、0.164mmol)を添加し、室温にて終夜撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で順次洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=80:1)で精製することにより、無色油状物質(57.6mg、0.108mmol、2工程79%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C24H46N5O8(M++H)532.3346,found 532.3329.

0152

(2)化合物34bの合成



化合物30(55.2mg、0.138mmol)、N−Boc−γ−アミノ酪酸(30.9mg、0.152mmol)を用い、化合物34aと同様の方法にて合成した(白色固体、64.0mg、0.114mmol、2工程83%)。
HRMS(ES+)calcd for C26H50N5O8(M++ H)560.3659, found 560.3646.

0153

(3)化合物34c



化合物30(48.1mg、0.120mmol)、N−Boc−ε−アミノカプロン酸(30.5mg、0.132mmol)を用い、化合物34aと同様の方法にて合成した(白色固体、52.5mg、89.4μmol、2工程74%)。
HRMS(ES+)calcd for C28H54N5O8(M++H)588.3972,found 588.3979.

0154

(B)化合物例29〜31
(1)化合物例29の合成



化合物34a(33.7mg、63.4μmol)に氷冷撹拌下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温にて1時間撹拌した。反応溶液を減圧留去後、残渣を水に溶解し、HPLCにより精製した。溶媒を凍結乾燥することで、無色固体(13.9mg、27.5μmol、43%)を得た。
1H NMR(300MHz、D2O)δ3.80(s,2H),3.66−3.57(m,3H),3.41−3.28(m,2H),2.68−2.50(m,5H),1.94−1.80(m,2H);HRMS(ES+)calcd for C10H22N5O4(M++H)276.1672,found 276.1666.

0155

(2)化合物例30の合成



化合物34b(32.4mg、57.9μmol)を用い、化合物例29と同様の方法にて合成した(無色固体、17.3mg、32.5μmol、56%)。
1H NMR(300MHz、D2O)δ3.66−3.56(m,3H),3.35−3.21(m,2H),2.99(t,J=7.73Hz,2H),2.68−2.50(m,5H),2.36(t,J=7.51Hz,2H),1.97−1.80(m,4H);HRMS(ES+)calcd for C12H26N5O4(M++H)304.1985,found 304.1982.

0156

(3)化合物例31の合成



化合物34c(33.3mg、56.7μmol)を用い、化合物例29と同様の方法にて合成した(無色固体、17.5mg、31.2μmol、55%)。
1H NMR(300MHz、D2O)δ3.66(s,2H),3.65−3.53(m,1H),3.38−3.21(m,2H),2.97(t,J=7.48Hz,2H),2.68−2.50(m,5H),2.26(t,J=7.44Hz,2H),1.91−1.78(m,2H),1.70−1.55(m,4H),1.40−1.30(m,2H);HRMS(ES+)calcd for C14H30N5O4(M++H)332.2298,found 332.2289.

0157

[実施例11]
化合物例32の合成:
以下の合成スキームにより化合物例32を合成した。尚、スキーム中、構造式の下に付した番号は化合物の番号を表す。

0158

(1)化合物36の合成



化合物30(53.6mg、0.134mmol)のメタノール溶液(2mL)に、10%Pd/C(5.36mg)を水素雰囲気下で、2時間30分撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製することなく次の反応に用いた。残渣のジクロロメタン溶液(2mL)に、氷冷撹拌下、トリエチルアミン(22.3μL、0.161mmol)、塩化メタンスルホニル(11.4mg、0.147mmol)を添加し、室温にて1時間撹拌した。氷冷撹拌下、反応溶液に水を加え、クロロホルムで抽出した。有機層を飽和食塩水で洗浄、乾燥(Na2SO4)した後、溶媒を減圧留去した。得られた残渣をシリカゲルカラムクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=100:1)で精製することにより、無色油状物質(43.1mg、95.3μmol、2工程71%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C18H37N4O7S(M++H)453.2383,found 453.2390.

0159

(2)化合物例32の合成



化合物36(22.1mg、48.9μmol)に氷冷撹拌下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温にて1時間撹拌した。反応溶液を減圧留去後、残渣を水に溶解し、HPLCにより精製した。溶媒を凍結乾燥することで、白色固体(9.86mg、24.0μmol、49%)を得た。
1H NMR(300MHz、D2O)δ3.75−3.69(m,1H),3.63(s,2H),3.24−3.13(m,2H),3.05(s,3H),2.66−2.48(m,5H),1.97−1.83(m,2H);HRMS(ES+)calcd for C9H21N4O5S(M++H)297.1233,found 297.1221.

0160

[実施例12]
化合物例33〜46の合成:
以下の合成スキームにより化合物例33〜46を合成した。尚、スキーム中、構造式の下に付した番号は化合物の番号を表す。

0161

(A)化合物38の合成



化合物29(100mg、0.367mmol)、H2N−N(Me)CH2CO2Bn(143mg、0.734mmol)を用い、化合物30と同様の方法にて合成した(無色油状物質、127mg、0.291mmol、2工程79%)。
HRMS(ES+)calcd for C20H30N6O5Na(M++Na)457.2175,found 457.2175.

0162

(B)化合物39a〜39n
(1)化合物39aの合成



化合物38(53.6mg、0.123mmol)に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2.0mL)を添加し、室温で1時間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣は精製すること無く、次の反応に用いた。残渣をDMF(2mL)に溶解させ、Boc−Phe−OH(65.4mg、0.246mmol)、HOBt・H2O(37.8mg、0.246mmol)を添加した。氷冷下、トリエチルアミン(34.2μL、0.246mmol)、EDC・HCl(47.3mg、0.246mmol)を順次添加し、室温で終夜撹拌した。10%クエン酸水溶液に反応溶液を加え、酢酸エチルで抽出した。有機層を飽和炭酸水素ナトリウム水溶液、水、飽和食塩水で洗浄、Na2SO4で乾燥した。ろ過後、母液を減圧留去し、得られた残渣をシリカゲルクロマトグラフィー(クロロホルム:メタノール=80:1)で精製することで、白色固体(68.5mg、0.118mmol、2工程96%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C29H40N7O6(M++H)582.3040,found 582.3030.

0163

(2)化合物39bの合成



化合物38(42.8mg、98.6μmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、49.5mg、82.9μmol、2工程84%)。
HRMS(ES+)calcd for C29H39N7O7Na(M++Na)620.2809,found 620.2811.

0164

(3)化合物39cの合成



化合物38(44.3mg、0.102mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、53.2mg、99.8μmol、2工程98%)。
HRMS(ES+)calcd for C25H40N7O6(M++H)534.3040,found 534.3029.

0165

(4)化合物39dの合成



化合物38(109mg、0.422mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(黄色油状物質、38.0mg、75.2μmol、2工程18%)。
1H NMR(300MHz、CDCl3)δ7.88(s,1H),7.40−7.33(m,5H),7.25−7.10(m,1H),5.18(s,2H),5.15−4.99(m,1H),4.40−4.07(m,1H),4.07−3.99(m,1H),3.82−3.44(m,2H),3.34(t,J=6.23Hz,2H),3.02−2.81(m,3H),2.80−2.70(m,3H),2.64−2.50(m,1H),2.44−2.23(m,1H),2.03−2.67(m,2H),1.44(s,9H)

0166

(5)化合物39eの合成



化合物38(46.2mg、0.106mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(黄色油状物質、42.7mg、89.7μmol、2工程84%)。
HRMS(ES+)calcd for C22H34N7O6(M++H)492.2571,found 492.2576.

0167

(6)化合物39fの合成



化合物38(52.8mg、0.122mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、58.5mg、0.107mmol、2工程88%)。
HRMS(ES+)calcd for C26H42N7O6(M++H)548.3197,found 548.3201.

0168

(7)化合物39gの合成



化合物38(50.0mg、0.115mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、30.0mg、48.4μmol、2工程42%)。
1H NMR(300MHz、CDCl3)δ8.21(s,1H),7.42−7.27(m,5H),5.88−5.76(brs,1H),5.49−5.10(m,4H),4.40−4.22(m,1H),4.22−4.04(m,1H),3.90−3.40(m,4H),3.34(t,J=6.16Hz,2H),3.03−2.55(m,4H),2.43−2.19(m,1H),1.90−1.71(m,2H),1.45(s,18H)

0169

(8)化合物39hの合成



化合物38(50.7mg、0.117mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、25.9mg、40.8μmol、2工程35%)。
1H NMR(300MHz、CDCl3)δ7.86(s,1H),7.42−7.27(m,5H),5.42−5.01(m,5H),4.45−4.23(m,1H),4.16−4.00(m,1H),3.83−3.56(m,2H),3.46−3.24(m,2H),3.14−2.97(m,2H),2.97−2.51(m,4H),2.44−2.24(m,1H),2.10−1.57(m,4H),1.44(s,18H).

0170

(9)化合物39iの合成



化合物38(51.4mg、0.118mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、74.3mg、0.115mmol、2工程97%)。
HRMS(ES+)calcd for C30H49N8O8(M++H)649.3673, found 649.3679.

0171

(10)化合物39jの合成



化合物38(50.9mg、0.117mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(黄色固体、72.3mg、0.109mol、2工程93%)。
HRMS(ES+)calcd for C31H51N8O8(M++H)663.3830,found 663.3823.

0172

(11)化合物39kの合成



化合物38(50.0mg、0.115mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、41.0mg、74.8μmol、2工程65%)。
HRMS(ES+)calcd for C24H37N8O7(M++H)549.2785,found 549.2785.

0173

(12)化合物39lの合成



化合物38(50.2mg、0.116mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、47.9mg、74.9μmol、2工程65%)。
HRMS(ES+)calcd for C31H42N7O8(M++H)640.3095,found 640.3099.

0174

(13)化合物39mの合成



化合物38(50.9mg、0.117mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、54.9mg、97.6μmol、2工程83%)。
1H NMR(300MHz、CDCl3)δ8.11(s,1H),7.80−7.42(m,1H),7.42−7.27(m,5H),7.02−6.74(m,1H),6.39−6.10(m,1H),5.78−5.43(m,1H),5.18(s,2H),4.50−4.22(m,1H),4.18−3.90(m,1H),3.82−3.55(m,2H),3.36(s,2H),2.88−2.61(m,3H),2.45−1.70(m,8H),1.43(s,9H)

0175

(14)化合物39nの合成



化合物38(52.7mg、0.121mmol)を用い、化合物39aと同様の方法にて合成した(白色固体、54.7mg、86.1μmol、2工程71%)。
HRMS(ES+)calcd for C32H44N7O8(M++H)654.3251,found 654.3262.

0176

(C)化合物例33〜46
(1)化合物例33の合成



アルゴン雰囲気下、化合物39a(42.4mg、72.9μmol)のメタノール(2mL)溶液に、10%Pd/C(4.2mg)を添加し、水素置換を行い、室温で1時間撹拌した。反応溶液をセライトろ過し、溶媒を減圧留去した。得られた残渣は精製すること無く次の反応に用いた。残渣に氷冷下、4M塩酸/ジオキサン(2mL)を添加し、室温で1時間撹拌した。溶媒を減圧留去し、得られた残渣を水に溶解し、高速液体クロマトグラフィー(溶媒、H2O in 0.1%TFA:CH3CN in 0.1%TFA. A linear gradient of 10−15%CH3CN in 0.1%TFA over 40min. Flow rate 5mL/min,detected at UV222nm)で精製することにより、白色固体(10.4mg、17.5μmol、2工程24%)を得た。
HRMS(ES+)calcd for C17H28N5O4(M++H)366.2141,found 366.2141.

0177

(2)化合物例34の合成



化合物39b(30.0mg、50.2μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(白色固体、5.12mg、8.95μmol、2工程16%)。
HRMS(ES+)calcd for C17H28N5O5(M++H)382.2090,found 382.2089.

0178

(3)化合物例35の合成



化合物39c(33.4mg、62.6μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、4.07mg、7.47μmol、2工程12%)。
HRMS(ES+)calcd for C13H28N5O4(M++H)318.2141,found 318.2142.

0179

(4)化合物例36の合成



化合物39d(29.8mg、58.9μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、11.2mg、21.6μmol、2工程38%)。
HRMS(ES+)calcd for C11H24N5O4(M++H)290.1828,found 290.1819.

0180

(5)化合物例37の合成



化合物39e(24.7mg、51.9μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(緑色固体、7.50mg、14.9μmol、2工程29%)。
HRMS(ES+)calcd for C10H22N5O4(M++H)276.1672,found 276.1675.

0181

(6)化合物例38の合成



化合物39f(32.0mg、58.5μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、13.4mg、23.9μmol、2工程41%)。
HRMS(ES+)calcd for C14H30N5O4(M++H)332.2298,found 332.2291.

0182

(7)化合物例39の合成



化合物39g(30.0mg、48.4μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、9.20mg、14.2μmol、2工程29%)。
HRMS(ES+)calcd for C11H25N6O4(M++H)305.1937,found 305.1930.

0183

(8)化合物例40の合成



化合物39h(25.9mg、40.8μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、4.96mg、7.51μmol、2工程18%)。
HRMS(ES+)calcd for C12H27N6O4(M++H)319.2094,found 319.2085.

0184

(9)化合物例41の合成



化合物39i(44.6mg、68.8μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、3.35mg、4.97μmol、2工程7.2%)。
HRMS(ES+)calcd for C13H29N6O4(M++H)333.2250,found 333.2238.

0185

(10)化合物例42の合成



化合物39j(57.8mg、87.3μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、11.89mg、17.3μmol、2工程20%)。
HRMS(ES+)calcd for C14H31N6O4(M++H)347.2407,found 347.2408.

0186

(11)化合物例43の合成



化合物39k(34.6mg、63.1μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、10.64mg、19.0μmol、2工程30%)。
HRMS(ES+)calcd for C12H25N6O5(M++H)333.1886,found 333.1880.

0187

(12)化合物例44の合成



化合物39l(34.4mg、53.8μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(緑色固体、9.56mg、17.0μmol、2工程32%)。
HRMS(ES+)calcd for C12H24N5O6(M++H)334.1727,found 334.1724.

0188

(13)化合物例45の合成



化合物39m(48.2mg、85.7μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(黄色固体、20.5mg、35.7μmol、2工程42%)。
HRMS(ES+)calcd for C13H27N6O5(M++H)347.2043,found 347.2040.

0189

(14)化合物例46の合成



化合物39n(44.8mg、70.5μmol)を用い、化合物例33と同様の方法にて合成した(緑色固体、18.55mg、32.3μmol、2工程46%)。
HRMS(ES+)calcd for C13H26N5O6(M++H)348.1883,found 348.1873.

0190

B.リードスルー活性の測定
[実施例13]
in−vitro評価
(1)細胞培養
African Green MonkeySV40−transf’d kidney fibroblast cell line(COS−7)を、ファルコン社製セルカルチャーディッシュ100x20mmに播種し、37℃、5%CO2中で培養した。培養液として、和光純薬工業株式会社製D−MEM高グルコース、L−グルタミン、フェノールレッド含有)、500mLにウシ胎児血清(FBS)50mLを添加し、10%FBSに調製したものを用いた。(以下、培養液とする。)

0191

(2)リードスルー活性評価
以後、表記するReporter Lysis Buffer,5x、Assay2xbuffer、1MNa2CO3および検量線作成に用いるスタンダードは、Promega社製β−Galactosidase Enzyme Assay System with Reporter Lysis Bufferに含まれているものである。
Corning社製細胞培養用平底96ウェルプレート(costar(登録商標)3596)にCOS−7細胞(8.0x103個/1ウェル)を100μLずつ連続分注で播種し、37℃にて15〜16時間インキュベートした。
レポーター遺伝子(β−ガラクトシダーゼ遺伝子とルシフェラーゼ遺伝子とを連結し、その繋ぎ目に未熟終止コドン(TGA)を挿入したコンストラクト)1.32μL(2μg)、invitrogen社製OPTI−MEM(登録商標)I(Reduced Serum Medium 1X)100μL、Roche社製FuGENE(登録商標)HD Transfection Reagent 4μLの比率にて調製したDNA溶液を1ウェルに4μLずつ、液中で添加し、37℃にて10〜11時間インキュベートした。
培養液を全て吸い取り、評価する化合物を培養液で200μMに調製し、1ウェル当たり200μLずつ連続分注にて添加した。100μM、50μMも同様に調製し、200μLずつ連続分注にて添加した。添加後37℃にて48時間インキュベートした。
48時間が経過した後、ウェル中の培養液を全て吸い取り、PBSで2回洗浄した。続いて、Reporter Lysis Buffer,5xをmilliQにて希釈し、Reporter Lysis Buffer,1xに調製した溶液を100μLずつ連続分注で添加後、15分間室温静置した。その後、ウェルごとに内容物を回収し、全量をサーモフィッシャーサイエンティフィック社製Nuncマイクロウェルプレート(V底)に移し替え遠心分離(1800回転、15分間)を行った。このライセート85μLをサーモフィッシャーサイエンティフィック社製Nuncローバインディングプレート、96ウェルプレート(平底)クリアに移し替えた。

0192

<β−ガラクトシダーゼ活性評価
サーモフィッシャーサイエンティフィック社製Nuncローバインディングプレート、96ウェルプレート(平底)クリアを用い、1ウェルあたりReporter Lysis Buffer,1xを連続分注にて30μL添加後、回収したライセート20μLを添加し50μLとした。また別に、検量線作成に必要なスタンダードをPromega社製β−Galactosidase Enzyme Assay System with Reporter Lysis Bufferのプロトコールに従い、0、1、2、3、4、5mUとなるようにそれぞれ添加した。これらウェルにAssay2xbuffer を50μLずつ添加し、室温にて25分インキュベートした。反応停止液である1MNa2CO3を150μLずつ添加し、直ちにテカン社製吸光蛍光マイクロプレートリーダーTECAN SAFIREを用いて発光強度(420nm,reference 0nm)を測定した。スタンダードの吸光度から検量線を作成し、この検量線に従い、吸光度をmUに換算することで活性値とした。

0193

ルシフェラーゼ活性評価>
Corning社製96ウェルホワイトプレート(costar(登録商標)3912)に回収したライセートを50μLずつ添加し、東洋インキ社製ピッカジーン(登録商標)を100μL添加後、室温にて5分インキュベートした。5分後、ベルトルドジャパン社製ベルトールドルミノメータマイクロルーマットラスLB96V型にて、発光強度を測定した。

0194

<リードスルー効率の算出>
前記測定したルシフェラーゼ活性をβ−ガラクトシダーゼ活性で割った値とした。

0195

実施例1で合成した化合物例2、実施例5で合成した化合物例3、及び別途同様の方法で合成した化合物例1及び化合物例4を用いて、リードスルー活性を評価した。その結果を図1に示す。図1から、化合物例1〜4は、ネガマイシンと同様にリードスルー活性を有しており、とりわけ、化合物例3は顕著に高いリードスルー効率を示すことが分かる。

0196

次に、化合物例2の末端カルボキシル基エステル化した化合物例5、及び化合物例2の3位にN−結合アミノ酸基を導入した化合物例7について、リードスルー活性を評価した。これら化合物と、化合物例2、化合物例3、及びネガマイシンのリードスルー活性を評価し、その結果を図2に示す。図2から、化合物例2、3、5及び7は、ネガマイシンに比べても顕著に高いリードスルー効率を有することが示される。

0197

更に、一般式(3)に含まれる化合物例3、及びその3位にN−結合アミノ酸基を導入した化合物例12について、リードスルー活性を評価した。図3から、化合物例2に対して主鎖の炭素数が少ないこれら化合物も、ネガマイシンと同等以上のリードスルー効率を有することが示される。

0198

[実施例14]
実施例6〜実施例12で得た化合物例14〜46について、実施例13と同様の方法によりリードスルー活性を評価した。その結果を以下の表1に示す。

0199

ネガマイシンについて同様の条件で評価したところ、リードスルー活性は1.53±0.04であった。表1で示す通り、本発明の化合物例はいずれもネガマイシンと同等程度あるいはそれ以上のリードスルー活性を有する。

0200

[実施例15]
in−vivoでの評価
国際公開第WO2008/004610号パンフレットに記載の方法で、レポーター遺伝子として、ルシフェラーゼ遺伝子とβガラクトシダーゼ遺伝子を導入したトランスジェニックマウスを作出した。

0201

作出したトランスジェニックマウスに、実施例1で合成した化合物例2の生理食塩水溶液を、24時間毎に7日間連日腹部皮下に投与した。8日目にマウスの大腿直筋腓腹ヒラメ筋摘出し、眼科用ハサミ細片化した後,湿重量の3倍量のReporter Lysis Buffer(Promega,米国)を加え、ヒスコトロン(日音理科器械製作所)により組織を破壊した。一晩凍結融解後、遠心上清96穴プレートに入れ、Beta−Glo Assay System(Promega,米国)によりβ−ガラクトシダーゼ活性を測定し、さらに、Bright−Glo Assay System(Promega,米国)によりルシフェラーゼ活性を測定した。測定にはルミノメータ(ATTO)を用いた。β−ガラクトシダーゼ活性値でルシフェラーゼ活性値を割り、104を掛けた値をリードスルー効率とした。

実施例

0202

図4にゲンタマイシン、5−エピ−ネガマイシン並びに本発明の化合物例2のリードススルー活性の測定の結果を示す。本発明の化合物例2は、リードスルー活性が認められ、ゲンタマイシン、5−エピ−ネガマイシンと比較しても高いリードスルー活性を有していた。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ