図面 (/)

技術 ヤシ由来バイオディーゼル組成物

出願人 マレーシアンパームオイルボード
発明者 ユエンメイ,チョーアーヌガン,マユゾフ,バシロンチーリアン,ユンシットフーン,チェン
出願日 2013年2月15日 (7年9ヶ月経過) 出願番号 2013-028041
公開日 2013年6月20日 (7年5ヶ月経過) 公開番号 2013-122064
状態 特許登録済
技術分野 液体炭素質燃料
主要キーワード 寒冷条件下 コールドフロー特性 寒冷気候 アルキルメタクリレート単量体 シンブル 大豆油由来 RBD 液状脂肪酸エステル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年6月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

ヤシ由来バイオディーゼル組成物において、コールドフロー特性を向上させうる手段を提供する。

解決手段

(I)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および60体積%以上の石油由来燃料油を含む、バイオディーゼル組成物、(II)20重量%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および、80重量%以上のC6−C18の飽和もしくは不飽和の脂肪酸アルキルエステルまたはこれらの混合物を含み、前記アルキルエステルがメチルエステルエチルエステルイソプロピルエステルn−ブチルエステル、2−ブチルエステルもしくはイソブチルエステルまたはこれらの混合物である、バイオディーゼル組成物、(III)0.1〜1.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、i)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル;およびii)60体積%以上の石油由来燃料油;を含有するヤシ由来バイオディーゼル混合物と、を含む、バイオディーゼル組成物、あるいは、(IV)0.1〜5.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、60%以上の不飽和レベルを有するヤシ由来バイオディーゼルと、を含む、バイオディーゼル組成物。

概要

背景

石油由来燃料油の価格が高騰するにつれて、バイオディーゼルが急速に石油由来燃料油に取って代わりつつある。バイオディーゼルの使用に関連した主要な問題の1つは、寒冷条件下における飽和脂肪化合物結晶化に起因する低いコールドフロー特性である。

温暖な地域においては、燃料油はそのコールドフロー特性に従って等級分けされる。グレードの燃料油は0℃以下の流動点を示さなければならず、グレードまたはグレードの燃料油は−10℃以下の流動点を示さなければならず、グレードの燃料油は−20℃以下の流動点を示さなければならない。

ヤシ由来バイオディーゼルは、未精製のまたは精製された、ヤシ油ヤシオレイン、ヤシステアリン、ヤシ核油、ヤシ核オレインおよびヤシ核ステアリンのようなヤシ生成物、並びにヤシ生成物のアルキルエステル(特にメチルエステル)を含む。ヤシ由来バイオディーゼルは、飽和脂肪化合物の含量が多いため、比較的高い流動点(約15℃)を示す。従って、ヤシ由来バイオディーゼルの使用は熱帯の地域のみにおいてふさわしく、使用温度がヤシ由来バイオディーゼルの流動点よりも低い、温暖または寒冷気候の地域での使用はふさわしくない。

ヤシ由来バイオディーゼルにディーゼルケロセンおよびナフサのような石油由来燃料油を混合すると、流動点をある程度低下させる助けとなるが、得られたヤシ由来バイオディーゼルは依然として、極度に低い温度条件下で用いるための冬グレードの燃料油とはならない。

石油由来燃料油のコールドフロー特性を改善させるために、流動点降下剤コールドフロー添加剤が石油由来燃料油に添加されている。石油由来燃料油とともに用いられうる流動点降下剤としては多くのものがあるが、これらのバイオディーゼルに対する効果は限定的である。

特許文献1には、石油留分を一定量のイソプロピルエステル、2−ブチルエステル、tert−ブチルエステルおよびこれらの混合物からなる群から選択される動物または植物の脂肪または油の脂肪酸エステルと混合することを含む、液状脂肪酸エステル−石油留分燃料混合物の結晶化温度を低下させる方法であって、前記一定量が、前記混合物の結晶化開始温度を、同量のメチルエステルを含む混合物の結晶化開始温度よりも約8〜20℃低くするのに有効な量である方法が開示されている。要するに、メタノールの脂肪酸エステルを石油留分に混合することに代えて、イソプロパノール2−ブタノール、t−ブタノールの脂肪酸エステルまたはこれらの混合物を石油留分に混合することによって、低い結晶化開始温度を有する燃料混合物が得られる。脂肪酸の好ましい源が大豆油であることから考えると、好ましい脂肪酸エステルは、オレイン酸エステルリノール酸エステルのような不飽和脂肪酸エステルである。大豆油とヤシ生成物とは異なる脂肪酸組成を有していることから、上述した技術において大豆油をヤシ生成物に置換したとしても、同様の結果は達成されえない。

特許文献2には、(I)組成物の約95〜99質量%の、約14〜24個の炭素原子を有する脂肪酸のメチルエステルまたはこれらの混合物(ここで、前記メチルエステルは約75〜125のヨウ素価を有する)、並びに(II)組成物の約1〜5質量%の、(A)共重合体添加剤の約25〜75質量%の、(i)重合体の約70〜99.5質量%の、C8〜C15のアルキルメタクリレート単量体由来の第1の繰り返し単位と(ii)重合体の約0.5〜30質量%の、C16〜C24のアルキルメタクリレート単量体由来の第2の繰り返し単位とを含む重合体、および(B)共重合体添加剤の約25〜75質量%の、鉱油植物油ポリオールエステルまたはこれらの混合物でありうる希釈剤を含む共重合体添加剤を含む、流動点が低下したバイオディーゼル燃料組成物が開示されている。

特許文献2に記載の共重合体添加剤は、ヤシ生成物のメチルエステルと同様の流動点低下効果を有してはいない。

概要

ヤシ由来バイオディーゼル組成物において、コールドフロー特性を向上させうる手段を提供する。(I)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および60体積%以上の石油由来燃料油を含む、バイオディーゼル組成物、(II)20重量%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および、80重量%以上のC6−C18の飽和もしくは不飽和の脂肪酸のアルキルエステルまたはこれらの混合物を含み、前記アルキルエステルがメチルエステル、エチルエステル、イソプロピルエステル、n−ブチルエステル、2−ブチルエステルもしくはイソブチルエステルまたはこれらの混合物である、バイオディーゼル組成物、(III)0.1〜1.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、i)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル;およびii)60体積%以上の石油由来燃料油;を含有するヤシ由来バイオディーゼル混合物と、を含む、バイオディーゼル組成物、あるいは、(IV)0.1〜5.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、60%以上の不飽和レベルを有するヤシ由来バイオディーゼルと、を含む、バイオディーゼル組成物。なし

目的

本発明は、ヤシ由来バイオディーゼル組成物において、コールドフロー特性を向上させうる手段を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および60体積%以上の石油由来燃料油を含む、バイオディーゼル組成物

請求項2

20重量%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および、80重量%以上のC6−C18の飽和もしくは不飽和の脂肪酸アルキルエステルまたはこれらの混合物を含み、前記アルキルエステルがメチルエステルエチルエステルイソプロピルエステルn−ブチルエステル、2−ブチルエステルもしくはイソブチルエステルまたはこれらの混合物である、バイオディーゼル組成物。

請求項3

0.1〜1.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、i)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル;およびii)60体積%以上の石油由来燃料油;を含有するヤシ由来バイオディーゼル混合物と、を含む、バイオディーゼル組成物。

請求項4

0.1〜5.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、60%以上の不飽和レベルを有するヤシ由来バイオディーゼルと、を含む、バイオディーゼル組成物。

請求項5

前記ヤシ由来バイオディーゼルが、ヤシ生成物もしくはヤシ生成物のアルキルエステル、またはこれらの混合物である、請求項1〜3のいずれか1項に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項6

前記ヤシ生成物が、未精製のまたは精製された、ヤシ油ヤシオレイン、ヤシステアリン、ヤシ核油、ヤシ核オレイン、ヤシ核ステアリン、またはこれらの混合物を含む、請求項5に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項7

前記ヤシ生成物のアルキルエステルがヤシ生成物のメチルエステルである、請求項5または6に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項8

前記石油由来燃料油が、ケロセンおよびディーゼルを含有するナフサまたは中間留分である、請求項1または3に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項9

前記石油由来燃料油がディーゼルナンバー1である、請求項1または3に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項10

前記アルキルエステルが、カプリル酸(C8)、カプリン酸(C10)、ラウリル酸(C12)、ミリスチン酸(C14)、もしくはオレイン酸(C18:1)のアルキルエステル、またはこれらの混合物を含む、請求項2に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項11

前記アルキルエステルが、カプリル酸(C8)、カプリン酸(C10)、もしくはオレイン酸(C18:1)のアルキルエステル、またはこれらの混合物を含む、請求項2に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項12

前記ヤシ由来バイオディーゼルが、ヤシ生成物もしくはヤシ生成物のアルキルエステルの画分、またはこれらの混合物である、請求項4に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項13

前記ヤシ生成物が、未精製のまたは精製された、ヤシ油、ヤシオレイン、ヤシステアリン、ヤシ核油、ヤシ核オレイン、ヤシ核ステアリン、またはこれらの混合物を含む、請求項12に記載のバイオディーゼル組成物。

請求項14

前記ヤシ生成物のアルキルエステルがヤシ生成物のメチルエステルである、請求項12または13に記載のバイオディーゼル組成物。

技術分野

0001

本発明は、ヤシ由来バイオディーゼルコールドフロー特性を向上させる方法、およびコールドフロー特性が向上したヤシ由来バイオディーゼル組成物に関する。

背景技術

0002

石油由来燃料油の価格が高騰するにつれて、バイオディーゼルが急速に石油由来燃料油に取って代わりつつある。バイオディーゼルの使用に関連した主要な問題の1つは、寒冷条件下における飽和脂肪化合物結晶化に起因する低いコールドフロー特性である。

0003

温暖な地域においては、燃料油はそのコールドフロー特性に従って等級分けされる。グレードの燃料油は0℃以下の流動点を示さなければならず、グレードまたはグレードの燃料油は−10℃以下の流動点を示さなければならず、グレードの燃料油は−20℃以下の流動点を示さなければならない。

0004

ヤシ由来バイオディーゼルは、未精製のまたは精製された、ヤシ油ヤシオレイン、ヤシステアリン、ヤシ核油、ヤシ核オレインおよびヤシ核ステアリンのようなヤシ生成物、並びにヤシ生成物のアルキルエステル(特にメチルエステル)を含む。ヤシ由来バイオディーゼルは、飽和脂肪化合物の含量が多いため、比較的高い流動点(約15℃)を示す。従って、ヤシ由来バイオディーゼルの使用は熱帯の地域のみにおいてふさわしく、使用温度がヤシ由来バイオディーゼルの流動点よりも低い、温暖または寒冷気候の地域での使用はふさわしくない。

0005

ヤシ由来バイオディーゼルにディーゼルケロセンおよびナフサのような石油由来燃料油を混合すると、流動点をある程度低下させる助けとなるが、得られたヤシ由来バイオディーゼルは依然として、極度に低い温度条件下で用いるための冬グレードの燃料油とはならない。

0006

石油由来燃料油のコールドフロー特性を改善させるために、流動点降下剤コールドフロー添加剤が石油由来燃料油に添加されている。石油由来燃料油とともに用いられうる流動点降下剤としては多くのものがあるが、これらのバイオディーゼルに対する効果は限定的である。

0007

特許文献1には、石油留分を一定量のイソプロピルエステル、2−ブチルエステル、tert−ブチルエステルおよびこれらの混合物からなる群から選択される動物または植物の脂肪または油の脂肪酸エステルと混合することを含む、液状脂肪酸エステル−石油留分燃料混合物の結晶化温度を低下させる方法であって、前記一定量が、前記混合物の結晶化開始温度を、同量のメチルエステルを含む混合物の結晶化開始温度よりも約8〜20℃低くするのに有効な量である方法が開示されている。要するに、メタノールの脂肪酸エステルを石油留分に混合することに代えて、イソプロパノール2−ブタノール、t−ブタノールの脂肪酸エステルまたはこれらの混合物を石油留分に混合することによって、低い結晶化開始温度を有する燃料混合物が得られる。脂肪酸の好ましい源が大豆油であることから考えると、好ましい脂肪酸エステルは、オレイン酸エステルリノール酸エステルのような不飽和脂肪酸エステルである。大豆油とヤシ生成物とは異なる脂肪酸組成を有していることから、上述した技術において大豆油をヤシ生成物に置換したとしても、同様の結果は達成されえない。

0008

特許文献2には、(I)組成物の約95〜99質量%の、約14〜24個の炭素原子を有する脂肪酸のメチルエステルまたはこれらの混合物(ここで、前記メチルエステルは約75〜125のヨウ素価を有する)、並びに(II)組成物の約1〜5質量%の、(A)共重合体添加剤の約25〜75質量%の、(i)重合体の約70〜99.5質量%の、C8〜C15のアルキルメタクリレート単量体由来の第1の繰り返し単位と(ii)重合体の約0.5〜30質量%の、C16〜C24のアルキルメタクリレート単量体由来の第2の繰り返し単位とを含む重合体、および(B)共重合体添加剤の約25〜75質量%の、鉱油植物油ポリオールエステルまたはこれらの混合物でありうる希釈剤を含む共重合体添加剤を含む、流動点が低下したバイオディーゼル燃料組成物が開示されている。

0009

特許文献2に記載の共重合体添加剤は、ヤシ生成物のメチルエステルと同様の流動点低下効果を有してはいない。

先行技術

0010

米国特許第5,520,708号明細書
米国特許第6,203,585号明細書

発明が解決しようとする課題

0011

上述した現状に鑑み、本発明は、ヤシ由来バイオディーゼル組成物において、コールドフロー特性を向上させうる手段を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0012

コールドフロー特性が向上したヤシ由来バイオディーゼル組成物は、以下の(I)〜(IV)によって提供される。

0013

(I)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および60体積%以上の石油由来燃料油を含む、バイオディーゼル組成物

0014

(II)20重量%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および、80重量%以上のC6−C18の飽和もしくは不飽和の脂肪酸のアルキルエステルまたはこれらの混合物を含み、前記アルキルエステルがメチルエステル、エチルエステル、イソプロピルエステル、n−ブチルエステル、2−ブチルエステルもしくはイソブチルエステルまたはこれらの混合物である、バイオディーゼル組成物。

0015

(III)0.1〜1.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、i)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル;およびii)60体積%以上の石油由来燃料油;を含有するヤシ由来バイオディーゼル混合物と、を含む、バイオディーゼル組成物。

0016

(IV)0.1〜5.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、60%以上の不飽和レベルを有するヤシ由来バイオディーゼルと、を含む、バイオディーゼル組成物。

0017

ヤシ由来バイオディーゼルは、未精製のまたは精製された、ヤシ油、ヤシオレイン、ヤシステアリン、ヤシ核油、ヤシ核オレイン、ヤシ核ステアリン、またはこれらの混合物であってもよいし;ヤシ生成物のアルキルエステル(特にメチルエステル)であってもよいし;ヤシ生成物とヤシ生成物のアルキルエステルとの混合物であってもよい。(III)のヤシ由来バイオディーゼル組成物は、好ましくはヤシ生成物のアルキルエステルである。

0018

石油由来燃料油は、ケロセンおよびディーゼルを含有するナフサまたは中間留分でありうる。石油由来燃料油は、好ましくはディーゼルナンバー1である。

0019

(II)のバイオディーゼル組成物のアルキルエステルは、好ましくはカプリル酸(C8)、カプリン酸(C10)、ラウリル酸(C12)、ミリスチン酸(C14)、もしくはオレイン酸(C18:1)のアルキルエステル、またはこれらの混合物であり、より好ましくはカプリル酸(C8)、カプリン酸(C10)、もしくはオレイン酸(C18:1)のアルキルエステル、またはこれらの混合物である。

発明の効果

0020

本発明によれば、コールドフロー特性が向上したヤシ由来バイオディーゼル組成物が提供され、温暖または寒冷気候の地域において好適に用いられうる燃料油が提供されうる。

0021

本発明は、ヤシ由来バイオディーゼルのコールドフロー特性を向上させる方法、および向上したコールドフロー特性を有するヤシ由来バイオディーゼルの組成物に関する。

0022

ヤシ由来バイオディーゼルのコールドフロー特性を向上させる方法は、以下の(A)〜(D)の通りである。

0023

(A)石油由来燃料油をヤシ由来バイオディーゼルに混合して、ヤシ由来バイオディーゼル混合物を形成する;
(B)C6−C18の飽和または不飽和の脂肪酸のアルキルエステル(前記アルキルエステルはメチルエステル、エチルエステル、イソプロピルエステル、n−ブチルエステル、2−ブチルエステルもしくはイソブチルエステルまたはこれらの混合物である)またはこれらの混合物をヤシ由来バイオディーゼルまたはヤシ由来バイオディーゼル混合物に混合する;
(C)ポリアルキルメタクリレート(PAMA)添加剤をヤシ由来バイオディーゼル混合物に混合する;
(D)ヤシ由来バイオディーゼルとポリアルキルメタクリレート(PAMA)添加剤との混合前に、当該ヤシ由来バイオディーゼルの不飽和レベルを上昇させる。

0024

上述した方法により得られるヤシ由来バイオディーゼルの組成物は、以下の(a)〜(d)の通りである。

0025

(a)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および60体積%以上の石油由来燃料油を含む、バイオディーゼル組成物。

0026

(b)20重量%以下のヤシ由来バイオディーゼル、および、80重量%以上のC6−C18の飽和もしくは不飽和の脂肪酸のアルキルエステルまたはこれらの混合物を含み、前記アルキルエステルがメチルエステル、エチルエステル、イソプロピルエステル、n−ブチルエステル、2−ブチルエステルもしくはイソブチルエステルまたはこれらの混合物である、バイオディーゼル組成物。

0027

(c)0.1〜1.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、i)40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼル;およびii)60体積%以上の石油由来燃料油;を含有するヤシ由来バイオディーゼル混合物と、を含む、バイオディーゼル組成物。

0028

(d)0.1〜5.0%(w/v)のポリアルキルメタクリレート添加剤と、60%以上の不飽和レベルを有するヤシ由来バイオディーゼルと、を含む、バイオディーゼル組成物。

0029

「ヤシ由来バイオディーゼル」とは、ヤシ生成物もしくはヤシ生成物のアルキルエステル、またはこれらの混合物を意味する。ヤシ生成物は、未精製のまたは精製された、ヤシ油、ヤシオレイン、ヤシステアリン、ヤシ核油、ヤシ核オレイン、ヤシ核ステアリン、またはこれらの混合物を含む。ヤシ生成物のアルキルエステルは、好ましくはヤシ生成物のメチルエステルである。(c)のヤシ由来バイオディーゼルは、好ましくはヤシ生成物のアルキルエステルである。

0030

「ヤシ由来バイオディーゼル混合物」とは、ヤシ由来バイオディーゼルと石油由来燃料油との混合物を意味し、この際、石油由来燃料油は、ケロセンおよびディーゼルを含有するナフサまたは中間留分である。石油由来燃料油は、好ましくはディーゼルナンバー1(diesel no.1)である。

0031

ヤシ生成物のアルキルエステルは、ヤシ生成物を、メタノール、エタノール、イソプロパノール、n−ブタノール、2−ブタノール、イソブタノールおよびこれらの混合物からなる群から選択されるアルコールと、酸触媒またはアルカリ触媒の存在下でエステル交換することにより、調製されうる。C6〜C18の飽和または不飽和の脂肪酸のアルキルエステルは、上記の脂肪酸を、上記の群から選択されるアルコールで、酸触媒またはアルカリ触媒の存在下でエステル化し、あるいは、油または脂肪を、上記の群から選択されるアルコールで、酸触媒またはアルカリ触媒の存在下でエステル交換し、アルキルエステルの混合物を得て、次いでアルキルエステルの混合物を分画して上記脂肪酸のアルキルエステルを得ることによって、調製されうる。(b)の組成物のアルキルエステルは、好ましくはカプリル酸(C8)、カプリン酸(C10)、ラウリル酸(C12)、ミリスチン酸(C14)、もしくはオレイン酸(C18:1)のアルキルエステル、またはこれらの混合物であり、より好ましくはカプリル酸(C8)、カプリン酸(C10)、もしくはオレイン酸(C18:1)のアルキルエステル、またはこれらの混合物である。

0032

「油または脂肪」とは、飽和または不飽和のアシル基を有するトリグリセリドを含有し、当該アシル基がC6〜C18の炭素鎖長のものを含む、植物または動物由来の任意の油または脂肪を意味する。

0033

60%以上の不飽和レベルを有する組成物(d)のヤシ由来バイオディーゼルは、以下のいずれかの方法によって調製されうる。

0034

a)ヤシ生成物を分画して60%以上の不飽和レベルを有するヤシ画分を得る;
b)上記ヤシ画分をアルキルアルコールでエステル交換して、当該ヤシ画分のアルキルエステルを得る;
c)ヤシ生成物のアルキルエステルを分画して、60%以上の不飽和レベルを有するアルキルエステルの画分を得る;
d)60%以上の不飽和レベルを有する不飽和脂肪酸または不飽和脂肪酸の混合物をアルキルアルコールでエステル化する。

0035

ポリアルキルメタクリレート(PAMA)添加剤は、適当な担体または希釈剤中でのコールドフロー添加剤である。PAMA添加剤は商業的に入手可能であり、例えば、ビスコプレクス(Viscoplex)(登録商標)10−315の商品名でローマックスゲーエムベーハー(RohMax GmbH)から市販されているPAMA添加剤が挙げられる。PAMA添加剤は通常、菜種油または大豆油由来のバイオディーゼルに対するコールドフロー添加剤としてよく機能するが、ヤシ由来バイオディーゼルに対してはそうではない。本発明の(C)および(D)の方法によれば、PAMA添加剤をヤシ由来バイオディーゼルに対するコールドフロー添加剤として機能させる手段が提供される。

0036

以下の実施例は、本発明を例示するためのものであって、本発明の技術的範囲がこれらに限定されるべきではない。

0037

実施例1:アルキルエステルの調製
a)メチルエステル
種々の炭素鎖長(C8〜C18)のメチルエステルを、酸触媒を用いた直接エステル化により合成する。この合成プロセスは以下の工程を有する:
i)各脂肪酸およびメタノールの化学量論量を、二口丸底フラスコ仕込む
ii)5モル過剰のメタノールをフラスコに添加する;
iii)マグネティックスターラーモレキュラーシーブ充填されたシンブルを含有するソックスレーコンデンサおよび加熱板をフラスコに取り付ける;
iv)反応混合物を加熱し、反応混合物が所望の温度に到達したら、触媒として、0.5〜1%濃硫酸またはp−トルエンスルホン酸を反応混合物に添加する;
v)5時間または反応が終了するまで、約120℃の高温で反応を進行させる;
vi)薄膜クロマトグラフィTLC)を用いて反応の進行をモニターする(この際、クロロホルムの50%(v/v)ヘキサン溶液溶媒系を用いてクロマトグラム展開し、染色剤としてはヨウ素蒸気を用いる);
vii)反応終了後速やかに、温水を用いて、水が中性になるまで粗生成物洗浄する;
viii)無水硫酸ナトリウムを用いて生成物を乾燥させ、含水した硫酸ナトリウム濾別する;
ix)シリカゲルを充填したカラムに、乾燥した生成物を通し、反応中に生成した着色物または分解物を除去する;
x)真空ポンプを用いて生成物から微量の溶媒をさらに除去し、精製されたメチルエステルを得る。

0038

b)イソプロピルエステル
メタノールに代えてイソプロパノールが用いられること以外は、メチルエステルの合成プロセスが同様に用いられる。

0039

c)n−ブチルエステル
メタノールに代えてn−ブタノールが用いられ、反応中に生成する水を連続的に除去するための改良ディーンアンドスターク(Dean & Stark)蒸留装置および滴下ロートがシンブルに代えて用いられること以外は、メチルエステルの合成プロセスが同様に用いられる。

0040

d)2−ブチルエステル
n−ブタノールに代えて2−ブタノールが用いられること以外は、メチルエステルの合成プロセスが同様に用いられる。

0041

合成されたアルキルエステルの流動点(後述する実施例についても同様である)を、標準法であるASTMD97に準拠して決定する。表1に、合成されたアルキルエステルの流動点を示す。より短いアシル鎖長を有するアルキルエステル、および不飽和アシル鎖を有するアルキルエステルが、より低い流動点を示す。

0042

0043

実施例2
ヤシ油メチルエステルに種々の体積比でディーゼルナンバー1を混合し、得られた混合物の流動点を表2に示す。40体積%以下のヤシ由来バイオディーゼルおよび60体積%以上の石油由来燃料油を含むヤシ由来バイオディーゼル混合物が、温暖または寒冷気候の地域での燃料油として好適に用いられる。

0044

0045

実施例3
精製、脱色および脱イオン化された(RBD)ヤシ油およびRBDヤシオレインに、5:95、10:90および20:80の体積比でディーゼルナンバー1を混合した。得られた混合物の流動点を表3に示す。

0046

0047

実施例4
ヤシ油メチルエステルに、種々の質量比オレイン酸イソプロピルを混合し、得られた混合物の流動点を表4に示す。20質量%以下のヤシ油メチルエステルおよび80質量%以上のオレイン酸イソプロピルを含むヤシ由来バイオディーゼルが、温暖または寒冷気候の地域での燃料油として好適に用いられる。

0048

0049

実施例5
主にカプリル酸(C8)およびカプリン酸(C10)のメチルエステルを含有する混合物(以下、「混合物I」と称する)に、ヤシ油メチルエステルおよび精製、脱色および脱イオン化された(RBD)ヤシオレインを、それぞれ種々の質量比で混合した。得られた混合物の流動点を表5および表6に示す。20質量%以下のヤシ油メチルエステルまたはRBDヤシオレイン、および80質量%以上の混合物Iを含有するヤシ由来バイオディーゼルが、温暖または寒冷気候の地域での燃料油として好適に用いられる。

0050

0051

0052

実施例6
精製、脱色および脱イオン化された(RBD)ヤシステアリンのメチルエステルおよびRBDヤシ核オレインに、20:80の体積比でディーゼルナンバー1を混合し、ヤシ由来バイオディーゼル混合物Iおよびヤシ由来バイオディーゼル混合物IIをそれぞれ形成した。ヤシ由来バイオディーゼルIの一部を、0.5%(w/v)の量のPAMA添加剤(ビスコプレックス(登録商標)10−305)を用いて処理し、他の一部を、1.0%(w/v)の量で処理した。得られた混合物の流動点を表7に示す。

0053

0054

実施例7
約49.6%の不飽和レベルを有する従来のヤシ油メチルエステルに、30:70の体積比でディーゼルナンバー1を混合し、ヤシ由来バイオディーゼル混合物IIIを形成し、40:60の体積比でディーゼルナンバー1を混合し、ヤシ由来バイオディーゼル混合物IVを形成した。次いで、ヤシ由来バイオディーゼル混合物を、0.75%(w/v)の量のビスコプレックス(登録商標)10−305を用いて処理した。得られた混合物の流動点を表8に示す。

0055

0056

実施例8
20体積%の従来のヤシ油メチルエステルおよび80体積%のディーゼルナンバー1を含有するヤシ由来バイオディーゼル混合物を、種々の量のビスコプレックス(登録商標)10−305を用いて処理した。得られた混合物の流動点を表9に示す。60%以上の不飽和レベルを有するヤシ油メチルエステルを従来のヤシ油メチルエステルに代えて用いると、得られる混合物の流動点がさらに低下する。

0057

0058

実施例9
種々の不飽和レベルのヤシ油メチルエステルを、種々の量のビスコプレックス(登録商標)10−305を用いて処理した。処理したヤシ油メチルエステルの流動点を表10に示す。ビスコプレックス(登録商標)10−305は、約49.6%の不飽和レベルを有する従来のヤシ油メチルエステルに対する流動点低下効果は有していない。

実施例

0059

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ