図面 (/)

技術 コロナ放電検知センサーと携帯型測定器及び測定方法

出願人 有限会社山本エンジニアリング
発明者 山本東平
出願日 2011年11月24日 (10年0ヶ月経過) 出願番号 2011-270646
公開日 2013年6月10日 (8年5ヶ月経過) 公開番号 2013-113837
状態 未査定
技術分野 絶縁性に関する試験
主要キーワード 設備検査 携帯型測定器 検知測定 外形構造 電源盤 高感度センサー 広域停電 電流ルート
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年6月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

コロナ放電から発生する高周波電流ケーシング材質に無関係に高感度で検出する測定方法を提供する。

解決手段

電気電子機器ケーシング1が絶縁性を有する場合は、感電防止保護絶縁板16との間の静電容量を介して流れるコロナ放電電流コロナ放電検出器12のプローブ端子9,10を感電防止用保護絶縁板16に密着させて検出する。また電気・電子機器ケーシング1が金属製の場合には、コロナ放電電流検出器12のプローブ端子9、10をケーシングの外壁に密着させて検出する。

概要

背景

電気機器の中には経年劣化が進み、製品寿命を過ぎていても交換されることなく稼動しているものも有る。
その為、数多くの電気機器が突然絶縁破壊を起こし故障し、場合によっては、波及事故発展し、広域停電に至り、復旧に長時間を要する事もある。
最近、電力供給がひっ迫している中でこのような停電や、発送電のトラブルは極めて社会的影響が大きいため電気設備技術者日常点検重要度増している。

日常点検や定期点検する場合は、現状ある電気機器測定器で測定し判断している。
しかし、コロナ放電劣化を簡単に、しかも電気通電中(機器稼働中)に測定することが出来ないのが現状である。

稼働中の電気機器のコロナ放電検知方法数種類有るが、いづれも携帯検知機ではない。一般的には重要設備機器常時監視用として検査機器工場などに設置されているものがほとんどである。従って日常点検時に携帯出来き、活線状態放電検知が出来ることが望まれている。

一部に携帯型コロナ放電検知機が有るが、ケーシング内に納められた電気機器の放電電圧の変化をケーシングにセンサー接触検知するやり方である。
本来は、設備検査技術者が行っている騒音測定などで不特定多数の機器の中から異音発生箇所を探し当てるようにコロナ放電発生箇所を探し出せる測定器が望まれている。 (以下、電気・電子機器収納箱をケーシングと称する)

電気設備には欠くことの出来ない電源盤分電盤に組み込まれているブレーカー避雷器等の点検は、盤の扉を開けて機器の異常の有無を調査しなければならない。
この時、コロナ放電が発生していないかを盤類の外部から、近づけるか接触することで判定できるセンサーが望まれている。
ちなみにブレーカーや避雷器の外装樹脂製であるからここから放電する現象を検知出来るセンサーを持った測定器が望まれている。

電源盤の検査で、避雷器が正常かどうかの判定はアース線漏れ電流が発生して無いかを測定する。しかし、近年避雷器も酸化亜鉛式からギャップ式も混在する状況になっているので、漏電検知だけでなく、コロナ放電しているか否かも故障判定に加えることが望ましい。

トランスの劣化を調査する為には、電気を止めてトランスの中の油を抜き取り成分分析劣化具合判定している。電気を止めずにもっと簡単に劣化診断出来る測定器が望まれている。OFケーブルでも同じ要望がある。

電力ケーブルは、ピットなどにおいて、多数敷設されており、その中から電力ケーブルのどこから放電現象を起こしているか特定するのは非常に難しい。
その難しい初期の放電現象を検知出来る測定器が望まれている。

概要

コロナ放電から発生する高周波電流をケーシングの材質に無関係に高感度で検出する測定方法を提供する。電気・電子機器ケーシング1が絶縁性を有する場合は、感電防止保護絶縁板16との間の静電容量を介して流れるコロナ放電電流コロナ放電検出器12のプローブ端子9,10を感電防止用保護絶縁板16に密着させて検出する。また電気・電子機器ケーシング1が金属製の場合には、コロナ放電電流検出器12のプローブ端子9、10をケーシングの外壁に密着させて検出する。

目的

本発明は、コロナ放電の微弱電流を検知し電気機器の絶縁劣化を早期に発見し電気/電子機器修理交換時期予測させ突然の故障や停電を未然に防ぐため役立つコロナ放電検知測定器を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

電気機器コロナ放電部分放電(以下コロナ放電と称する表記)による微小高周波電流の変化を検知出来る測定回路方式と検査供試品の内部で発生するコロナ放電による微小高周波電流を外部浮遊容量を利用することによる高感度センサー回路

請求項2

上記センサー大気中の微小な放電電流の変化を検知し、不特定多数な電気機器の中から、放電の源を探知出来る携帯型測定器。センサーから入力されるアナログ信号デジタル信号に変換するA/D変換器を有し、表示部に放電電流の強弱多段階切り替えて表示出来る携帯型測定器。

技術分野

0001

本発明は、コロナ放電微弱電流を検知し電気機器絶縁劣化を早期に発見電気電子機器修理交換時期予測させ突然の故障停電を未然に防ぐため役立つコロナ放電検知測定器を提供する。

背景技術

0002

電気機器の中には経年劣化が進み、製品寿命を過ぎていても交換されることなく稼動しているものも有る。
その為、数多くの電気機器が突然絶縁破壊を起こし故障し、場合によっては、波及事故発展し、広域停電に至り、復旧に長時間を要する事もある。
最近、電力供給がひっ迫している中でこのような停電や、発送電のトラブルは極めて社会的影響が大きいため電気設備技術者日常点検重要度増している。

0003

日常点検や定期点検する場合は、現状ある電気機器測定器で測定し判断している。
しかし、コロナ放電劣化を簡単に、しかも電気を通電中(機器稼働中)に測定することが出来ないのが現状である。

0004

稼働中の電気機器のコロナ放電検知方法数種類有るが、いづれも携帯検知機ではない。一般的には重要設備機器常時監視用として検査機器工場などに設置されているものがほとんどである。従って日常点検時に携帯出来き、活線状態放電検知が出来ることが望まれている。

0005

一部に携帯型コロナ放電検知機が有るが、ケーシング内に納められた電気機器の放電電圧の変化をケーシングにセンサー接触検知するやり方である。
本来は、設備検査技術者が行っている騒音測定などで不特定多数の機器の中から異音発生箇所を探し当てるようにコロナ放電発生箇所を探し出せる測定器が望まれている。 (以下、電気・電子機器収納箱をケーシングと称する)

0006

電気設備には欠くことの出来ない電源盤分電盤に組み込まれているブレーカー避雷器等の点検は、盤の扉を開けて機器の異常の有無を調査しなければならない。
この時、コロナ放電が発生していないかを盤類の外部から、近づけるか接触することで判定できるセンサーが望まれている。
ちなみにブレーカーや避雷器の外装樹脂製であるからここから放電する現象を検知出来るセンサーを持った測定器が望まれている。

0007

電源盤の検査で、避雷器が正常かどうかの判定はアース線漏れ電流が発生して無いかを測定する。しかし、近年避雷器も酸化亜鉛式からギャップ式も混在する状況になっているので、漏電検知だけでなく、コロナ放電しているか否かも故障判定に加えることが望ましい。

0008

トランスの劣化を調査する為には、電気を止めてトランスの中の油を抜き取り成分分析劣化具合判定している。電気を止めずにもっと簡単に劣化診断出来る測定器が望まれている。OFケーブルでも同じ要望がある。

0009

電力ケーブルは、ピットなどにおいて、多数敷設されており、その中から電力ケーブルのどこから放電現象を起こしているか特定するのは非常に難しい。
その難しい初期の放電現象を検知出来る測定器が望まれている。

発明が解決しようとする課題

0010

前述の背景技術の鑑みて、従来のコロナ放電測定においてはコロナ放電電流コンデンサで積分することによるその電荷量を測定する方式のため、重要な周波数特性消滅することで測定感度が低下し、電源ノイズなどの問題で制約が大きく現地での測定が難しい。本発明は、コロナ放電から発生する高周波電流をケーシングの材質に無関係に高感度で検出する測定方法を提供する

0011

本発明は、従来以上の高感度なセンサーなので、初期のコロナ放電劣化がある電気機器を多数の機器の中から特定出来る測定器である。
これによりコロナ放電で絶縁劣化が進展し、突然の停電などを未然に防ぐことが出来ることとなる。

課題を解決するための手段

0012

ケーシングが絶縁性材質ないしは、ケーシングがない場合
図1において、コロナ放電電流:6は、矢印に示すようにコロナ放電点:3から放出された10〜40MHzの高周波電流は、コロナ放電点:3とケーシング:1の内面で構成されるコンデンサー:4、ケーシング自体のコンデンサー:7、ケーシング:1の外壁感電防止保護絶縁板アダプターを兼ねる。以下アダプターと称する):16間に構成されるコンデンサ:14、アダプターのインピーダンス:Zfを経由してコロナ放電検出器プローブ:9で受信され、当該検出器を通り、プローブ:10、アダプターのインピーダンスZf、コンデンサ:15→8→5を経由してコロナ放電発生点:3のコロナ放電エネルギー供給点に戻る。
ケーシングが金属製の場合
図2の場合は、ケーシングが鋼材など金属材料で構成されているため、コロナ放電電流は、ケーシングの外面からは、大気中に電気力線が放出されないため、コロナ放電検出器のプローブ9,10は、ケーシングに直接接触させるか必要があり、コロナ放電電流:6のコロナ放電検出器への電流ルートは、コロナ放電点:3→4→7(ケーシングの塗装を含むインピーダンス:z)→プローブ:9で受信→プローブ:10→8→5→コロナ放電発生点:3のエネルギー供給点に戻る
この場合でも、アダプターを使用して検出は可能であり、アダプターは、ケーシングの外壁に密着させることで達成できる。
構成としては、図1のコンデンサ:14、15が無い状態と同じになる。

発明の効果

0013

早期に放電現象を検知する必要な電気設備としては、受変電設備をはじめ、被服された
電線ケーブル発電機、モータ直撃雷保護用の避雷器等また、電子機器がある。

コロナ放電を検知出来る。
感電防止用保護絶縁版:16は、検出のためのアダプターとしての機能も有し、センサーとセットとして被検出体に近づけることによる電界分布を変えることなく測定できる機能を有している。
コロナ放電検出対象電気・電子機器装置外形構造に則したアダプターを構成することで検出の確度保障できる。

図面の簡単な説明

0014

電気・電子機器ケーシング絶縁物の場合の図 電気・電子機器のケーシングが塩化ビニルなどの絶縁物で構成しているの場合のコロナ放電電流の検出方法を示す。感電防止用保護用絶縁版は、検出ためのアダプターを兼ねている。電気・電子機器のケーシングが金属材料の場合の図図2には、ケーシングが鋼材など金属材料で構成されている場合のコロナ放電電流の検出方法を示す。

0015

1電気・電子機器のケーシング
2電気・電子機器本体
3コロナ放電発生源
4コロナ放電発生源とケーシング間静電容量(外部浮遊容量)
5コロナ放電発生源とケーシング間の静電容量(外部浮遊容量)
6コロナ放電電流:I
7ケーシングのインピーダンス
図1絶縁性ケーシングの場合は、コンデンサ
図2金属製ケーシングの場合は、インピーダンス
8ケーシングのインピーダンス
図1:絶縁性ケーシングの場合は、コンデンサ
図2:金属製ケーシングの場合は、インピーダンス
9コロナ放電電流検出器のプローブ端子:A
10コロナ放電電流検出器のプローブ端子:B
11コロナ放電電流検出コイル
12コロナ放電検出器
13コロナ放電電流受信回路及び表示回路
14電気・電子機器用ケーシングと感電防止用保護絶縁板間の静電容量
15電気・電子機器用ケーシングと感電防止用保護絶縁板間の静電容量
16感電防止用保護絶縁板:インピーダンス
Zfとし、コロナ放電電流の検出用アダプターを兼ねる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ダイハツ工業株式会社の「 モータステータの絶縁検査装置」が 公開されました。( 2021/09/27)

    【課題】モータステータの絶縁性能を効率良くかつ精度良く検査可能とする。【解決手段】ステータコア2に平角線からなる複数のコイル用導線(セグメントコイル4)を装着してなるモータステータ1のうち、同相のセグ... 詳細

  • 株式会社電子制御国際の「 耐電圧試験装置」が 公開されました。( 2021/09/27)

    【課題】試験時間を短縮できる耐電圧試験装置を提供する。【解決手段】耐電圧試験装置1は、被試験コンデンサMに立ち上がり時間の早いパルス電圧を印加するインパルス電圧発生手段10を備え、インパルス電圧発生手... 詳細

  • 日新電機株式会社の「 判定システムおよび判定方法」が 公開されました。( 2021/09/24)

    【課題】従来よりも高精度に監視対象物の異常を検出する。【解決手段】判定システム(100)の複数のセンサ(10a・10b)はそれぞれ、電気設備(1)の異なる位置に設けられている。判定システム(100)で... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ