図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2013年5月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部のための方法が提供される。

解決手段

方法は、2次元(2D)又は3次元(3D)ディスプレイモードを示す制御信号を受信するステップ、制御信号に応答して、ディスプレイパネルモジュールディスプレイ制御ユニットとの間に結合されたタイミング制御部により、2D又は3D出力ビデオ信号を出力するステップ、を有する。出力するステップは、2Dディスプレイモードを示す制御信号に応答して、2D出力ビデオ信号を出力するステップ、3Dディスプレイモードを示す制御信号に応答して、3Dデータフォーマット変換ユニットにより、3D出力ビデオ信号を出力するステップ、を有する。

概要

背景

従来の液晶ディスプレイ(liquid crystal display:LCD)システムは、システムボードタイミング制御ボードを含む。システムボードは、ディスプレイシステムフロントエンドコアであり、大々的に大規模集積回路実装される。システムボード内の主処理装置は、システムオンチップ(system-on-chip:SoC)であり、高解像度マルチメディアインタフェース(high definition multimedia interface:HDMI)、ビデオデコーダ及びスケーラを含む種々のビデオインタフェースを、コアチップとして機能する集積されたチップ統合する。

現在のディスプレイ技術、例えば平面パネルディスプレイ技術は、2次元(2D)及び3次元(3D)ディスプレイシステムに分類できる。2D及び3Dディスプレイの要件を満たすディスプレイシステムを実現するために、従来のディスプレイシステムのシステムボードは、3Dディスプレイパネルの対象とするフォーマット準拠するビデオ信号を提供するよう再設計する必要がある。システムボードは、対象とするフォーマットに準拠するタイミング制御ボードの一定の標準規格を更に満たし、タイミング制御ボードによりタイミング制御信号を3Dディスプレイパネルに供給して3Dを表示するために3Dディスプレイパネルを駆動できるようにする必要がある。

例えば、それぞれ面順次フォーマット及び走査線選択フォーマットに対応する2種類の3Dディスプレイパネルがある。したがって、2種類の3Dディスプレイパネルを利用して2種類のディスプレイシステムを実装するために、2つの異なるシステムボード回路を設ける必要がある。

その結果、ディスプレイシステム全体の構造は、複雑化し、製造するのに都合が悪く、3Dディスプレイシステム全体のコストは増大してしまう。しかしながら、コストの増大は、製造にとって悪いだけでなく、3Dディスプレイシステムの推進及び大衆需要の妨げにもなる。

概要

ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部のための方法が提供される。方法は、2次元(2D)又は3次元(3D)ディスプレイモードを示す制御信号を受信するステップ、制御信号に応答して、ディスプレイパネルモジュールディスプレイ制御ユニットとの間に結合されたタイミング制御部により、2D又は3D出力ビデオ信号を出力するステップ、を有する。出力するステップは、2Dディスプレイモードを示す制御信号に応答して、2D出力ビデオ信号を出力するステップ、3Dディスプレイモードを示す制御信号に応答して、3Dデータフォーマット変換ユニットにより、3D出力ビデオ信号を出力するステップ、を有する。

目的

2D及び3Dディスプレイの要件を満たすディスプレイシステムを実現するために、従来のディスプレイシステムのシステムボードは、3Dディスプレイパネルの対象とするフォーマットに準拠するビデオ信号を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

次元(2D)ディスプレイモードと3次元(3D)ディスプレイモードとを備えたディスプレイシステムであって、ビデオソースを受信し、入力信号としてデジタルビデオ信号を生成し、制御信号を出力するディスプレイ制御ユニットであって、前記制御信号は、前記2Dディスプレイモード又は前記3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号を有する、ディスプレイ制御ユニット、前記ディスプレイ制御ユニットに結合され、前記デジタルビデオ信号を受信し、2D出力ビデオ信号又は3D出力ビデオ信号を出力するタイミング制御ユニット、を有し、前記タイミング制御ユニットは、3Dデータフォーマット変換ユニットを有し、前記3Dディスプレイモードを示す前記第1の制御信号に応答して、前記3Dデータフォーマット変換ユニットにより前記3D出力ビデオ信号を出力する、ディスプレイシステム。

請求項2

前記3D出力ビデオ信号のフレームリフレッシュレートは、前記入力信号のフレームリフレッシュレートの少なくとも2倍である、請求項1に記載のディスプレイシステム。

請求項3

前記タイミング制御ユニットは、入力端子、少なくとも1つの第1の出力端子及び少なくとも1つの第2の出力端子を備えた入力信号切り替えユニット、を有し、前記入力信号切り替えユニットの前記第1の出力端子は、前記タイミング制御ユニットの出力端子に結合され、前記第2の出力端子は、前記3Dデータフォーマット変換ユニットに結合される、請求項1に記載のディスプレイシステム。

請求項4

前記制御信号は、第2の制御信号を更に有し、前記第1の制御信号が前記2Dディスプレイモードを示すとき、前記入力信号切り替えユニットは、前記第1の出力端子から前記入力信号を出力し、前記第1の制御信号が前記3Dディスプレイモードを示すとき、前記入力信号切り替えユニットは、前記第2の制御信号に従って前記少なくとも1つの第2の出力端子から前記入力信号を出力し、前記3Dデータフォーマット変換ユニットは、3Dディスプレイのためのターゲットフォーマットを有する前記3D出力ビデオ信号を供給する、請求項3に記載のディスプレイシステム。

請求項5

前記タイミング制御ユニットは、前記入力信号切り替えユニットに結合された制御ユニットであって、前記2Dディスプレイモードを示す前記第1の制御信号に応答して、前記入力信号切り替えユニットをイネーブルして前記第1の出力端子から前記入力信号を出力し、前記3Dディスプレイモードを示す前記第1の制御信号に応答して、前記入力信号切り替えユニットをイネーブルして前記少なくとも1つの第2の出力端子のうちの1つから前記入力信号を出力する、請求項4に記載のディスプレイシステム。

請求項6

前記ディスプレイシステムは、前記2Dディスプレイモード及び前記3Dディスプレイモードを有するディスプレイパネルモジュールを更に有し、前記タイミング制御ユニットは、前記ディスプレイパネルモジュールと前記ディスプレイ制御ユニットとの間に結合され、前記制御信号に応答して、前記2D出力ビデオ信号又は前記3D出力ビデオ信号を2D表示又は3D表示のために前記ディスプレイパネルモジュールに出力する、請求項1乃至5のいずれか一項に記載のディスプレイシステム。

請求項7

ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部であって、2Dディスプレイモードと3Dディスプレイモードとを有するディスプレイパネルで用いられ、入力端子、少なくとも1つの第1の出力端子及び少なくとも1つの第2の出力端子を備えた入力信号切り替えユニットであて、前記入力信号切り替えユニットの前記第1の出力端子は、前記タイミング制御部の出力端子に結合される、入力信号切り替えユニット、前記入力信号切り替えユニットの前記少なくとも1つの第2の出力端子と前記タイミング制御部の前記出力端子との間に結合された3Dデータフォーマット変換ユニット、を有し、前記入力信号切り替えユニットは、制御信号を受信し、前記制御信号は、2Dディスプレイモード又は3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号を有し、前記第1の制御信号が前記2Dディスプレイモードを示すとき、前記入力信号切り替えユニットは、前記第1の出力端子から入力信号を出力し、前記第1の制御信号が前記3Dディスプレイモードを示すとき、前記入力信号切り替えユニットは、前記少なくとも1つの第2の出力端子から前記3Dデータフォーマット変換ユニットへ前記入力信号を出力する、タイミング制御部。

請求項8

前記制御信号は、第2の制御信号を更に有し、前記第1の制御信号が前記3Dディスプレイモードを示すとき、前記入力信号切り替えユニットは、前記第2の制御信号に従って、前記少なくとも1つの第2の出力端子のうちの1つから前記入力信号を出力する、請求項7に記載のタイミング制御部。

請求項9

前記タイミング制御部は、前記入力信号切り替えユニットに結合された制御ユニットであって、前記2Dディスプレイモードを示す前記第1の制御信号に応答して、前記入力信号切り替えユニットをイネーブルして前記第1の出力端子から前記入力信号を出力し、前記3Dディスプレイモードを示す前記第1の制御信号に応答して、前記入力信号切り替えユニットをイネーブルして前記少なくとも1つの第2の出力端子のうちの1つから前記入力信号を出力する、請求項8に記載のタイミング制御部。

請求項10

前記3Dデータフォーマット変換ユニットは、前記少なくとも1つの第2の出力端子のうちの1つに結合され、第1のフォーマットを有する入力信号を受信し、第2のフォーマットを有する出力信号を3D出力信号として出力する第1の3Dフォーマット変換回路、を有する、請求項7に記載のタイミング制御部。

請求項11

前記3D出力信号のフレームリフレッシュレートは、前記入力信号のフレームリフレッシュレートの少なくとも2倍である、請求項10に記載のタイミング制御部。

請求項12

ディスプレイのタイミング制御ユニットであって、請求項7乃至11のいずれか一項に記載のタイミング制御部、タイミング制御モジュール、を有し、前記タイミング制御部は、前記タイミング制御モジュールに配置され、前記タイミング制御モジュールは、タイミング制御信号及び2D又は3D出力信号を前記ディスプレイパネルに供給する、タイミング制御ユニット。

請求項13

タイミング制御ユニットの方法であって、制御信号を受信するステップであって、前記制御信号は、第1の制御信号と第2の制御信号を有し、前記第1の制御信号は2Dディスプレイモード又は3Dディスプレイモードを示す、ステップ、前記制御信号に応答して、タイミング制御ユニットにより2D出力ビデオ信号又は3D出力ビデオ信号を出力するステップであって、前記タイミング制御ユニットは、ディスプレイパネルモジュールとディスプレイ制御ユニットとの間に結合される、ステップ、を有し、前記出力するステップは、前記2Dディスプレイモードを示す前記第1の制御信号に応答して、前記2D出力ビデオ信号を出力するステップ、前記3Dディスプレイモードを示す前記第1の制御信号に応答して、前記第2の制御信号に従って、3Dデータフォーマット変換ユニットにより前記3D出力ビデオ信号を出力するステップ、を有する、方法。

請求項14

前記3D出力ビデオ信号のフレームリフレッシュレートは、前記タイミング制御ユニットの入力信号のフレームリフレッシュレートの少なくとも2倍である、請求項13に記載の方法。

技術分野

0001

本発明は、概してタイミング制御部に関し、より詳細にはビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部、その方法及びディスプレイシステムに関する。

背景技術

0002

従来の液晶ディスプレイ(liquid crystal display:LCD)システムは、システムボードタイミング制御ボードを含む。システムボードは、ディスプレイシステムのフロントエンドコアであり、大々的に大規模集積回路実装される。システムボード内の主処理装置は、システムオンチップ(system-on-chip:SoC)であり、高解像度マルチメディアインタフェース(high definition multimedia interface:HDMI)、ビデオデコーダ及びスケーラを含む種々のビデオインタフェースを、コアチップとして機能する集積されたチップ統合する。

0003

現在のディスプレイ技術、例えば平面パネルディスプレイ技術は、2次元(2D)及び3次元(3D)ディスプレイシステムに分類できる。2D及び3Dディスプレイの要件を満たすディスプレイシステムを実現するために、従来のディスプレイシステムのシステムボードは、3Dディスプレイパネルの対象とするフォーマット準拠するビデオ信号を提供するよう再設計する必要がある。システムボードは、対象とするフォーマットに準拠するタイミング制御ボードの一定の標準規格を更に満たし、タイミング制御ボードによりタイミング制御信号を3Dディスプレイパネルに供給して3Dを表示するために3Dディスプレイパネルを駆動できるようにする必要がある。

0004

例えば、それぞれ面順次フォーマット及び走査線選択フォーマットに対応する2種類の3Dディスプレイパネルがある。したがって、2種類の3Dディスプレイパネルを利用して2種類のディスプレイシステムを実装するために、2つの異なるシステムボード回路を設ける必要がある。

0005

その結果、ディスプレイシステム全体の構造は、複雑化し、製造するのに都合が悪く、3Dディスプレイシステム全体のコストは増大してしまう。しかしながら、コストの増大は、製造にとって悪いだけでなく、3Dディスプレイシステムの推進及び大衆需要の妨げにもなる。

発明が解決しようとする課題

0006

本発明は、ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部、タイミング制御部の方法及びディスプレイシステムに関する。3Dディスプレイシステムは、一実施形態によるビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部を用いることにより実施でき、ディスプレイシステムのシステム回路複雑性を低減する。

課題を解決するための手段

0007

本発明の一態様によると、ディスプレイシステムが提供される。ディスプレイシステムは、ディスプレイ制御ユニット及びタイミング制御ユニットを有する。ディスプレイ制御ユニットは、ビデオソースを受信し、デジタルビデオ信号を生成し、制御信号を出力する。制御信号は、2Dディスプレイモード又は3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号を有する。タイミング制御ユニットは、ディスプレイ制御ユニットに結合され、デジタルビデオ信号を受信し、制御信号に応答して2D出力ビデオ信号又は3D出力ビデオ信号を出力する。タイミング制御ユニットは、3Dデータフォーマット変換ユニットを有し、3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号に応答して、3Dデータフォーマット変換ユニットにより3D出力ビデオ信号を出力する。

0008

本発明の別の態様によると、ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部が提供される。タイミング制御部は、2Dディスプレイモード及び3Dディスプレイモードを有するディスプレイパネルで用いられる。タイミング制御部は、入力信号切り替えユニット及び3Dデータフォーマット変換ユニットを有する。入力信号切り替えユニットは、入力端子、少なくとも1つの第1の出力端子及び少なくとも1つの第2の出力端子を有する。入力信号切り替えユニットの第1の出力端子は、タイミング制御部の出力端子に結合される。3Dデータフォーマット変換ユニットは、入力信号切り替えユニットの少なくとも1つの第2の出力端子とタイミング制御部の出力端子との間に結合される。入力信号切り替えユニットは、制御信号を受信する。制御信号は、2Dディスプレイモード又は3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号を有する。第1の制御信号が2Dディスプレイモードを示すとき、入力信号切り替えユニットは、第1の出力端子から入力信号を出力する。第1の制御信号が3Dディスプレイモードを示すとき、入力信号切り替えユニットは、表示のために、少なくとも1つの第2の出力端子から3Dデータフォーマット変換ユニットへ入力信号を出力する。

0009

本発明の別の態様によると、ディスプレイのタイミング制御ユニットが提供される。タイミング制御ユニットは、前述のタイミング制御部及びタイミング制御モジュールを有する。タイミング制御部は、タイミング制御モジュールに配置される。タイミング制御モジュールは、タイミング制御信号及び3D出力信号をディスプレイパネルへ供給する。

0010

本発明の更に別の態様によると、タイミング制御ユニットの方法が提供される。方法は以下のステップを有する。制御信号が受信される。第1の制御信号は、2Dディスプレイモード又は3Dディスプレイモードを示す。制御信号に応答して、2D出力ビデオ信号又は3D出力ビデオ信号は、タイミング制御ユニットにより出力される。タイミング制御ユニットは、ディスプレイパネルモジュールとディスプレイ制御ユニットとの間に結合される。2D又は3D出力ビデオ信号を出力するステップは、以下のステップを有する。2Dディスプレイモードを示す第1の制御信号に応答して、2D出力ビデオ信号が出力され、3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号に応答して、第2の制御信号に従って3Dデータフォーマット変換ユニットにより3D出力ビデオ信号が出力される。

0011

本発明の上述の及び他の態様は、以下の好適であるが限定的でない実施形態の詳細な説明を読むことで良好に理解される。添付の図面を参照して以下に説明する。

図面の簡単な説明

0012

一実施形態によるデータフォーマット変換を有するタイミング制御部を用いたディスプレイシステムのブロック図を示す。
一実施形態によるタイミング制御部のブロック図を示す。
入力信号切り替えユニットと3Dデータフォーマット変換ユニットとの間の結合関係を説明する図である。
一実施形態による3Dデータフォーマット変換ユニットの結合関係のブロック図を示す。
一実施形態による2D及び3Dディスプレイモードを有するタイミング制御部の方法のフローチャートである。

実施例

0013

タイミング制御部、その方法及びディスプレイシステムの実施形態を以下に説明する。一実施形態では、ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部のためのディスプレイシステムが提供される。3Dモードでは、タイミング制御部は、制御信号に応答して、ソースフォーマットを有する入力信号を受信し、ターゲットフォーマットを有する3D出力ビデオ信号を出力する。したがって、3Dモードに関しては、タイミング制御部は、異なるソースフォーマットの入力信号を受信し、ディスプレイモジュールのターゲットフォーマットに準拠した出力ビデオ信号を出力できる。よって、タイミング制御部を用いて3Dディスプレイシステムを実装すれば、そのシステム回路の複雑さを低減できる。例えば、ディスプレイパネル内のビデオ信号処理フロントエンドとして機能するが3Dディスプレイパネルの3Dディスプレイにより要求されるターゲットフォーマットに準拠しないディスプレイ制御ユニット(例えば、システムボード)は、本実施形態によるタイミング制御部を用いて、ターゲットフォーマットに準拠する3D出力ビデオ信号を提供し、3Dディスプレイパネルにより3Dディスプレイ効果提示することができる。

0014

図1は、一実施形態によるビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部を用いたディスプレイシステムのブロック図を示す。3Dディスプレイシステムの構造100が本実施形態に従って設けられる。ディスプレイシステム10、例えば、3D LCD又はテレビジョンのようなシャッタグラス又はパターン抑制(retarder)技術に基づく3DLCDシステムは、2Dモード及び3Dモードを有し、ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部の構造100に基づき実現できる。構造100は、ディスプレイ制御ユニット110及びタイミング制御ユニット120を有する。ディスプレイ制御ユニット110は、ビデオソースVSを受信し、デジタルビデオ信号V1を生成し、制御信号を出力する。制御信号は、第1の制御信号S1及び第2の制御信号S2を有する。第1の制御信号S1は、2Dディスプレイモード又は3Dディスプレイモードを示す。第2の制御信号S2は、フォーマット変換要求を示し、例えば、3Dビデオ信号をあるフォーマットから別のフォーマットに変換する要求を示し、デジタルビデオ信号のソースフォーマットを示し、又は[1,0]のような変換要求を表すコードを示す(つまり、タイプ1のソースフォーマットからタイプ0のターゲットフォーマットへの変換)。タイミング制御ユニット120は、ディスプレイ制御ユニット110に結合され、デジタルビデオ信号V1を受信し、制御信号に応答して2D又は3D出力ビデオ信号を出力する。

0015

2Dディスプレイモードを示す第1の制御信号S1に応答して、タイミング制御ユニット120は、2Dディスプレイのための2D出力ビデオ信号を出力する。例えば、タイミング制御ユニット120は、第1の制御信号S1に従って2Dディスプレイモード及び3Dディスプレイモードを検出するために実装される。2Dディスプレイモードが決定されると(例えば、第1の制御信号S1がLowレベルであるとき)、タイミング制御ユニット120は、ディスプレイ制御ユニット110により供給されたLVDS(low-voltage differential signaling)ピクセルデータをデジタルビデオ信号、例えばmini−LVDS又はRSDS(reduce swing differential signaling)信号に変換し、パネルデータドライバを駆動し、ディスプレイパネルモジュール190、例えば3D TFT−LCDパネルで2D画像を表示できるようにする。

0016

3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号S1及び第2の制御信号S2に応答して、タイミング制御ユニット120は、3Dディスプレイモードで表示するための3D出力ビデオ信号を出力する。デジタルビデオ信号V1はソースフォーマットを有し、3D出力ビデオ信号V2はターゲットフォーマットを有する。例えば、タイミング制御ユニット120により3Dディスプレイモードが決定されたとき(例えば、第1の制御信号S1がHighレベルである)、タイミング制御ユニット120は、3Dフォーマット変換を実行し、第2の制御信号S2に従って、ディスプレイ制御ユニット110により供給されたLVDSピクセルデータをデジタルビデオ信号に変換し、ディスプレイパネルモジュール190、例えば3DTFT−LCDパネルに3D画像を表示できるようにする。第2の制御信号S2の指示に従って、タイミング制御ユニット120は、ソースフォーマットをターゲットフォーマットに変換する。例えば、ソースフォーマットは、サイドバイサイドトップダウン、又はフレームパッキング3Dフォーマットである。例えば、ターゲットフォーマットは、面順次3Dフォーマット及び走査線選択3Dフォーマットである。代替の実施形態では、タイミング制御ユニット120は、3Dデータフォーマット変換ユニットを有する(図2に示される)。3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号S1に応答して、タイミング制御ユニット120は、3Dデータフォーマット変換ユニットにより3D出力ビデオ信号を出力する。例えば、3Dデータフォーマット変換ユニットは、デジタルビデオ信号をディスプレイパネルモジュールによりサポートされるターゲットフォーマットを有する3D出力信号に変換する。

0017

本実施形態によると、構造100を実装したディスプレイシステム10、例えばシャッタグラス又はパターン抑制技術に基づく3D LCD又はテレビジョンのような3DLCDシステムは、システムの回路の複雑性を低減できる。

0018

代替の実施形態では、図1のディスプレイのタイミング制御ユニット120は、タイミング制御モジュール及びタイミング制御部を含むよう実装されてもよい。例えば、ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部は、集積回路として実装されてもよい。タイミング制御モジュールは、回路基板、例えばTCON基板として実装されてもよい。タイミング制御部は、タイミング制御モジュールに配置され、タイミング制御信号及び2D又は3D出力ビデオ信号をディスプレイパネルモジュール190に供給してもよい。タイミング制御ユニット120は、実質的に、ディスプレイ制御ユニット110とディスプレイパネルモジュール190との間のビデオ伝送のためのインタフェース及び制御である、さらに、タイミング制御ユニット120は、ディスプレイパネル190を駆動するための他の回路、例えばガンマ補正要素又は電力部品を含み得る。当業者は、実際の要件に従ってディスプレイパネル190を実装できるので、実装は上述の例に限定されない。

0019

図2は、一実施形態によるタイミング制御部のブロック図を示す。本実施形態では、タイミング制御部は、入力信号切り替えユニット210及び3Dデータフォーマット変換ユニット220を有する。入力信号切り替えユニット210は、入力端子N1、少なくとも1つの第1の出力端子C1及び少なくとも1つの第2の出力端子C2を有する。入力信号切り替えユニット210の第1の出力端子C1は、タイミング制御部200の出力端子OUTに結合される。3Dデータフォーマット変換ユニット220は、入力信号切り替えユニット210の第2の出力端子C2とタイミング制御部200の出力端子OUTとの間に結合される。第1の制御信号S1が2Dディスプレイモードを示すとき、入力信号切り替えユニット210は、第1の出力端子C1から入力信号V1を出力する。第1の制御信号S1が3Dディスプレイモードを示すとき、入力信号切り替えユニット210は、少なくとも1つの第2の出力端子C2のうちの1つから入力信号V1を出力し、3Dデータフォーマット変換ユニット220は3Dディスプレイのために3D出力ビデオ信号を供給する。

0020

例えば、入力信号切り替えユニット210は、制御信号を受信する。制御信号は、2Dディスプレイモード又は3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号を有する。第1の制御信号が3Dディスプレイモードを示すとき、入力信号切り替えユニット210は、少なくとも1つの第2の出力端子C2から3Dデータフォーマット変換ユニット220へ入力信号を出力する。別の実施形態では、制御信号は、第2の制御信号を更に有する。第1の制御信号が3Dディスプレイモードを示すとき、入力信号切り替えユニット210は、第2の制御信号に従って、少なくとも1つの第2の出力端子C2のうちの1つから入力信号を出力する。入力信号切り替えユニット210の第2の出力端子C2の数は、1又は複数であってよい。入力信号切り替えユニット210の少なくとも1つの第2の出力端子C2は、3Dデータフォーマット変換ユニット220に結合され、3Dディスプレイモードでの3Dフォーマット変換のために出力ビデオ信号を出力する。

0021

一実施形態を示す図3Aを参照すると、第1の制御信号S1が3Dディスプレイモードを示すとき、入力信号切り替えユニット210は、複数の第2の出力端子のうちの対応する1つ、例えばC21、C22、C23及びC24から、入力信号V1を出力する。この対応する1つは、フォーマット変換要求に対応する(例えば、第2の制御信号C2により示された)第2の出力端子である。言い換えると、図3Aの実施形態では、複数のデータチャネルが入力信号切り替えユニット310と3Dデータフォーマット変換ユニット320との間に存在し、各チャネルフォーマット変換処理に対応する。

0022

図3Bを参照すると、一実施形態では、3Dデータフォーマット変換ユニット320は、第1の3Dフォーマット変換回路321及び第2の3Dフォーマット変換回路322を有する。第1の3Dフォーマット変換回路321は、複数の第2の出力端子のうちの1つに結合され、第1のソースフォーマット(例えば、サイドバイサイドフォーマット)を有する入力信号を受信し、第1のターゲットフォーマットを有する出力信号を3D出力信号V2として、例えば第1のターゲットフォーマット(例えば、面順次フォーマット)での3Dディスプレイをサポートしているディスプレイ装置のために出力する。第2の3Dフォーマット変換回路322は、第2の出力端子のうちの別の1つに結合され、第2のソースフォーマット(例えば、トップダウンフォーマット)を有する入力信号を受信し、第1のターゲットフォーマットを有する出力信号を3D出力信号V2として出力する。一実施形態では、3Dフォーマット変換回路は、ソースフォーマット及びターゲットフォーマットのフォーマット要件に従って実装される。例えば、ソースフォーマットは、1080i@50/60Hzを要求するサイドバイサイドフォーマットであり、ターゲットフォーマットは面順次フォーマットである。面順次信号は、最高解像度の画像を速度120フレーム毎秒で送信し、フレームは1枚ごとに交互になっている。つまり、ディスプレイ装置は、左目フレーム右目フレーム、左目フレーム、右目フレーム、以下同様に順次受信する。したがって、3Dフォーマット変換回路は、回路ハードウェア又はプログラマブルプロセッサによりフォーマットの方式及び要件に従って実装されてもよい。

0023

一実施形態では、3Dデータフォーマット変換ユニットは、サイドバイサイド、トップダウンフォーマット、フレームパッキングフォーマット又は走査線選択フォーマットのソースフォーマットを有する入力信号を、面順次フォーマットのターゲットフォーマットを有する出力ビデオ信号に変換するよう実装される。ターゲットフォーマットが3D面順次フォーマットであるとき、3D出力信号のフレームリフレッシュレート(例えば、120Hz)は、入力信号のフレームリフレッシュレートの少なくとも2倍である。一実施形態では、3Dデータフォーマット変換ユニットは、サイドバイサイド、トップダウンフォーマット、フレームパッキングフォーマット又は走査線選択フォーマットのソースフォーマットを有する入力信号を、走査線選択フォーマットのターゲットフォーマットを有する出力ビデオ信号に変換するよう実装される。更に別の実施形態では、3Dデータフォーマット変換ユニットは、上述の両方の実施形態を包含するよう実装され、ターゲットフォーマットを有する出力ビデオ信号を走査線選択フォーマット又は面順次フォーマットとして供給する。

0024

一実施形態では、図1の入力信号切り替えユニット210は、1つの第2の出力端子C2を有するよう実現できる。この実施形態では、3Dデータフォーマット変換ユニット220は、図3Bに示されるように実装され、ビデオ信号切り替えのための追加回路を有し、第2の制御信号に従って変換の切り替えを実行してもよい。さらに、入力信号切り替えユニットの出力端子(又は入力端子)は、パラレル又はシリアルチャネルを表してもよく、図示されたものに限定されない。

0025

一実施形態では、タイミング制御部200は、制御信号を受信してモード制御及びフォーマット変換を実行する制御ユニット230を有する。一実施形態では、制御ユニット230は、入力信号切り替えユニット210に結合され、2Dディスプレイモードを示す制御信号(例えば、第1の制御信号S1)に応答して、入力信号V1を第1の出力端子C1から出力するよう入力信号切り替えユニット210に通知し又はこれをイネーブルする。また、3Dディスプレイモードを示す制御信号(例えば、第1の制御信号S1)に応答して、制御ユニット230は、入力信号V1を少なくとも1つの第2の出力端子C2から出力するよう入力信号切り替えユニット210に通知し又はこれをイネーブルする。

0026

一実施形態では、制御ユニット230は、モード制御インタフェース231及びフォーマット制御インタフェース240を有する。モード制御インタフェース231は、制御信号(例えば、第1の制御信号S1)を受信し、入力信号切り替えユニット210に2D又は3Dディスプレイモードの何れかに入るよう通知する。更に別の実施形態では、3Dディスプレイモードを示す制御信号に応答して、モード制御インタフェース231は、フォーマット制御インタフェース240に通知し又はこれを作動させる。フォーマット制御インタフェース240は、制御信号(例えば、第2の制御信号S2)を受信し、入力信号切り替えユニット210に所望のフォーマットの切り替えを実行するよう通知する。一実施形態では、フォーマット制御インタフェース240は、さらに、フォーマット制御インタフェース240とディスプレイ制御ユニット110との間のデータ伝送及び変換を管理する。一実施形態では、フォーマット制御インタフェース240は、デジタルインタフェース241及びデコーダ243を有する。例えば、デジタルインタフェース241は、デジタルインタフェースプロトコル、例えばI2C及びSPIをサポートするハードウェアインタフェースにより実装される。デコーダ243は、デジタルインタフェース241により受信された制御信号を、入力信号切り替えユニット210に3Dフォーマット変換を実行するよう通知するためのデータ、要求又はコマンドにデコードする。上述のプロトコルは、種々の定義を有し得る。例えば、2ビット、4ビット又は他のデータフォーマットが、フォーマット変換を定めるために用いられる。例えば、0001、0010、0011及び0100は、それぞれ、サイドバイサイド、トップダウンフォーマット、フレームパッキングフォーマット又は走査線選択フォーマットのソースフォーマットを表し、1000及び1001は、それぞれ、面順次フォーマット及び走査線選択フォーマットのターゲットフォーマットを表す。

0027

制御ユニット230は、設定及び回路要件に従って実装され、上述の例に代わって他の定義が用いられ得る。例えば、第1の制御信号S1及び第2の制御信号S2は、1つの制御信号と見なされてもよく、又は1つの制御信号に統合されてもよい。別の例では、入力信号切り替えユニット210は、追加の制御ユニットを通じてではなく、制御信号を直接受信してもよい。別の例では、同じデジタルインタフェース(例えば、I2C又はSPI)が、制御信号を伝送し及びデコードするために用いられてもよい。

0028

図2に基づく別の実施形態では、設計要件を満たすために、タイミング制御部200は、タイミング制御部200のフロントエンド又はリアエンド回路の入力/出力インタフェース要件に適合する入力インタフェース280及び出力インタフェース290を更に有する。例えば、入力インタフェース280はLVSDインタフェースに準拠し、出力インタフェース290はmini−LVDS/RSDSインタフェースに準拠して、パネルのデータドライバを駆動する。

0029

別の実施形態では、制御信号(例えば、S1又はS2)は、入力信号切り替えユニット210の入力信号V1の信号ストリームに埋め込むことができる。例えば、制御信号は、入力信号V1の信号ストリーム内のヘッダとして埋め込まれる。

0030

幾つかの実施形態では、タイミング制御ユニット120、入力信号切り替えユニット210又は3Dデータフォーマット変換ユニット220は、プロセッサデジタルシグナルプロセッサ、又はマイクロコントローラFPGA(field programmable gate array)若しくはASIC(application specific integrated circuit)のようなプログラマブル集積回路により実装できる。さらに、一例では、タイミング制御ユニット120は、集積回路として統合されるか又は他の回路と共にシステムオンチップに統合されてもよい。

0031

図4は、一実施形態による2D及び3Dディスプレイモードを有するタイミング制御部の方法のフローチャートである。方法は以下のステップを有する。ステップS410で、制御信号が受信される。制御信号は、第1の制御信号及び第2の制御信号を有する。第1の制御信号は2Dディスプレイモード又は3Dディスプレイモードを示す。つまり、デジタルビデオ信号は2D又は3Dディスプレイモード信号である。例えば、第2の制御信号は、デジタルビデオ信号のソースフォーマットである。ステップS430で、制御信号に応答して、2D出力ビデオ信号又は3D出力ビデオ信号は、タイミング制御ユニットにより出力される。タイミング制御ユニットは、ディスプレイパネルモジュールとディスプレイ制御ユニットとの間に結合される。ステップS430は、ステップS431乃至S435を有する。ステップS431で、制御信号が2Dモードを示すか又は3Dモードを示すかが決定される。制御信号が2Dモードを示すとき、ステップS433が実行される。ステップS433で、2D出力ビデオ信号は、2Dディスプレイモードを示す第1の制御信号に応答して出力される。つまり、2D出力ビデオ信号は、ディスプレイパネルモジュールに出力される。制御信号が3Dモードを示すとき、ステップS435が実行される。ステップS435で、3Dディスプレイモードを示す第1の制御信号に応答して、第2の制御信号に従って3D出力ビデオ信号を出力するために3Dデータフォーマット変換が実行され、例えば3D出力ビデオ信号を3Dデータフォーマット変換ユニットにより出力する。例えば、3Dデータフォーマット変換ユニットは、デジタルビデオ信号をディスプレイパネルモジュールによりサポートされるターゲットフォーマットを有する3D出力信号に変換する。一実施形態では、第1の制御信号が3Dディスプレイモードを示すとき、制御信号は、ソースフォーマットを示す第2の制御信号を更に有する。別の実施形態では、第1の制御信号は2Dディスプレイモードを示し、第2の制御信号はソースフォーマットを示す必要がない。

0032

上述の実施形態では、例えば、ターゲットフォーマットは、面順次フォーマット、走査線選択フォーマット又は他のフォーマットである。フォーマット変換要求は、第1のソースフォーマットを示してもよい。ターゲットフォーマット及びソースフォーマットの実施形態は、前述の実施形態の説明を参照することができ、ここでは省略する。

0033

幾つかの実施形態によるタイミング制御部、タイミング制御部及びディスプレイシステムの方法は、上述された。ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部が、一実施形態により提供される。よって、タイミング制御部を用いた3Dディスプレイシステムの実装は、システムの回路の複雑さを低減できる。例えば、ディスプレイパネル内のビデオ信号処理フロントエンドとして機能するが3Dディスプレイパネルの3Dディスプレイにより要求されるターゲットフォーマットに準拠しないディスプレイ制御ユニット(例えば、システムボード)は、本実施形態によるタイミング制御部を用いて、ターゲットフォーマットに準拠する3D出力ビデオ信号を提供し、3Dディスプレイパネルにより3Dディスプレイ効果を提示することができる。

0034

したがって、ディスプレイ又はテレビジョンのような3Dディスプレイシステムの製造者は、システムボードの回路の複雑性が低減され、全体のシステム構造を単純にできる。より具体的には、3D信号又はデータフォーマット変換を直接サポートできない従来のシステムボード(例えば、従来のSoC)でさえ、ビデオフォーマット変換を有するタイミング制御部を制御することが可能になり、それにより、表示用に3Dディスプレイパネルに適合した出力ビデオ信号を供給する。このようなアプローチは、3Dディスプレイシステムの製造に非常に都合が良く、ハードウェアコストの低減をもたらす。

0035

本発明は例を用いて好適な実施形態の観点から説明されたが、本発明がこれらに限定されないことが理解されるべきである。反対に、種々の変形及び同様の構成及び手順を包含することを意図し、特許請求の範囲は、広義解釈され、このような全ての変形及び同様の構成及び手順を包含するものである。

0036

10ディスプレイシステム
100 3Dディスプレイシステムの構造
200タイミング制御部
230制御ユニット
240フォーマット制御インタフェース
110ディスプレイ制御ユニット
120タイミング制御ユニット
190ディスプレイパネルモジュール
210入力信号切り替えユニット
220 3Dデータフォーマット変換ユニット
280入力インタフェース
290出力インタフェース
231モード制御インタフェース
241デジタルインタフェース
243デコーダ
310 入力信号切り替えユニット
320 3Dデータフォーマット変換ユニット
321 第1の3Dフォーマット変換回路
322 第2の3Dフォーマット変換回路

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ