図面 (/)

技術 パチンコ機

出願人 株式会社平和
発明者 伊藤直思小林直道隅本好彦松本祐輔
出願日 2011年10月31日 (8年7ヶ月経過) 出願番号 2011-239380
公開日 2013年5月20日 (7年1ヶ月経過) 公開番号 2013-094387
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード 変動時期 フラップ状 登場頻度 通過不可 規制レール 停止時期 両テーブル 最長開放
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年5月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

保留球図柄の変化により当否判定の結果を示唆することにより遊技の興趣を向上させるとともに、遊技者に対して毎回の変動に常に興味を持たせながら遊技させることが可能なパチンコ機を提供することを目的とする。

解決手段

演出表示制御手段が保留球図柄を当該保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されるまで保留球図柄として維持するとともに、保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたことを契機として当該保留球図柄を保留球表示領域から消去して、保留球図柄に対応する変動球図柄変動球表示領域に表示し、消去された保留球図柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選の結果が、遊技者にとって有利な特定遊技状態移行させる当りであるときに、変動球表示領域に表示された変動球図柄を当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変換して表示させる構成とした。

概要

背景

従来、遊技機の一例としてのパチンコ機には、始動入賞口への入賞により所定の乱数を順次保留しておき、所定の抽選契機到来したことに基づいて保留していた乱数についての当否(当りハズレ)判定を実行し、当該当否判定の結果を遊技盤上に配設された液晶表示器等の演出表示装置上において変動,停止表示される演出図柄の組み合わせにより遊技者に対して報知するものが知られている。
また、近年においては、所定の抽選契機が到来する以前に遊技者に対して当否判定の結果を示唆する演出を実行するものが知られている。この種のパチンコ機は、始動入賞口への入賞により所定の乱数を取得した時点で本来の抽選契機より前に当否判定を実行し、当該当否判定の結果が当りである場合に、前記演出表示装置上に表示された保留球図柄の色等を変化させることにより、未だ変動を開始していない保留球中に当りとなる乱数が含まれることを示唆するものである(先読み機能)。

概要

保留球柄の変化により当否判定の結果を示唆することにより遊技の興趣を向上させるとともに、遊技者に対して毎回の変動に常に興味を持たせながら遊技させることが可能なパチンコ機を提供することを目的とする。演出表示制御手段が保留球柄を当該保留球柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されるまで保留球柄として維持するとともに、保留球柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたことを契機として当該保留球柄を保留球表示領域から消去して、保留球柄に対応する変動球柄を変動球表示領域に表示し、消去された保留球柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選の結果が、遊技者にとって有利な特定遊技状態移行させる当りであるときに、変動球表示領域に表示された変動球柄を当該変動球柄とは異なる特別の態様に変換して表示させる構成とした。

目的

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであって、保留球図柄の変化により当否判定の結果を示唆することにより遊技の興趣を向上させるとともに、遊技者に対して毎回の変動に常に興味を持たせながら遊技させることが可能なパチンコ機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技盤遊技領域に設けられた始動入賞口へ遊技球入賞したことを契機当否判定用乱数を順次保留し、所定の契機が到来したことに基づいて保留された当否判定用乱数に係る当否抽選を順次実行する特別図柄抽選手段と、前記当否抽選の結果に基づいて、所定の演出図柄を表示可能な演出図柄変動表示手段を制御し、前記演出図柄の変動表示を開始させて所定の変動時間経過後に前記当否抽選の結果を前記演出図柄の停止態様により導出表示させる演出表示制御手段と、を備えるパチンコ機であって、前記演出図柄変動表示手段は、前記当否判定用乱数が保留されたことに基づいて当該当否判定用乱数の保留数保留球図柄として順次表示される保留球表示領域と、所定の契機の到来により前記保留球表示領域に表示された保留球図柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたときに、当該当否抽選が実行された保留球図柄に対応する変動球図柄を表示する変動球表示領域とを備え、前記演出表示制御手段は、前記当否判定用乱数が保留されたことに基づいて表示される保留球図柄を当該保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されるまで保留球図柄として維持するとともに、当該保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたことを契機として保留球図柄を前記保留球表示領域から消去して、当該保留球図柄に対応する変動球図柄を前記変動球表示領域に表示し、前記消去された保留球図柄に対応する当否判定用乱数の当否抽選の結果が、遊技者にとって有利な特定遊技状態移行させる当りであるときに、前記変動球表示領域に表示された変動球図柄を当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変換して表示させることを特徴とするパチンコ機。

請求項2

遊技盤の遊技領域に設けられた始動入賞口へ遊技球が入賞したことを契機に当否判定用乱数を順次保留し、所定の契機が到来したことに基づいて保留された当否判定用乱数に係る当否抽選を順次実行する特別図柄抽選手段と、前記当否抽選の結果に基づいて、所定の演出図柄を表示可能な演出図柄変動表示手段を制御し、前記演出図柄の変動表示を開始させて所定の変動時間経過後に前記当否抽選の結果を前記演出図柄の停止態様により導出表示させる演出表示制御手段と、を備えるパチンコ機であって、前記演出図柄変動表示手段は、前記当否判定用乱数が保留されたことに基づいて当該当否判定用乱数の保留数が保留球図柄として順次表示される保留球表示領域と、所定の契機の到来により前記保留球表示領域に表示された保留球図柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたときに、当該当否抽選が実行された保留球図柄と同一態様の変動球図柄を表示する変動球表示領域とを備え、前記演出表示制御手段は、前記当否判定用乱数が保留されたことに基づいて表示される保留球図柄を当該保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されるまで同一態様の保留球図柄として維持するとともに、当該保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたことを契機として保留球図柄を前記保留球表示領域から消去して、当該保留球図柄と同一態様の変動球図柄を前記変動球表示領域に表示し、前記消去された保留球図柄に対応する当否判定用乱数の当否抽選の結果が、遊技者にとって有利な特定遊技状態に移行させる当りであるときに、前記変動球表示領域に表示された変動球図柄を当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変換して表示させることを特徴とするパチンコ機。

請求項3

前記演出表示制御手段は、前記変動球表示領域に表示された変動球図柄を当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変換するに際し、前記演出図柄変動表示手段に所定のキャラクタを表示させ、当該キャラクタにより変動球図柄を異なる特別の態様に変換する演出を実行させることを特徴とする請求項1又は請求項2記載のパチンコ機。

技術分野

0001

本発明は、遊技機に関し、特に保留球数を表示する保留球図柄を変化させることにより遊技中の興趣を向上させることが可能なパチンコ機に関する。

背景技術

0002

従来、遊技機の一例としてのパチンコ機には、始動入賞口への入賞により所定の乱数を順次保留しておき、所定の抽選契機到来したことに基づいて保留していた乱数についての当否(当りハズレ)判定を実行し、当該当否判定の結果を遊技盤上に配設された液晶表示器等の演出表示装置上において変動,停止表示される演出図柄の組み合わせにより遊技者に対して報知するものが知られている。
また、近年においては、所定の抽選契機が到来する以前に遊技者に対して当否判定の結果を示唆する演出を実行するものが知られている。この種のパチンコ機は、始動入賞口への入賞により所定の乱数を取得した時点で本来の抽選契機より前に当否判定を実行し、当該当否判定の結果が当りである場合に、前記演出表示装置上に表示された保留球図柄の色等を変化させることにより、未だ変動を開始していない保留球中に当りとなる乱数が含まれることを示唆するものである(先読み機能)。

先行技術

0003

特開2011−120743号公報
特開2010−119877号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、上記先読み機能を搭載したパチンコ機においては、演出図柄が変動中である場合に、後の保留に当りとなる乱数が含まれていることを示唆する点で、遊技の興趣を盛り上げる利点が存在するが、当否判定の結果を乱数の取得と同時に報知するため、保留数の数によっては、早い段階で当否判定の結果が分かってしまい、かえって遊技の興趣を低下させるという欠点が存在する。
より具体的には、例えば現在、演出図柄が変動中であり、かつ、保留球数が3つ存在する場合において、最後に保留された乱数の当否判定の結果が当りである場合に、当該当りに相当する4つ目の保留球図柄の色を変化させたような場合、現在の変動から後続の保留3つ目までの演出図柄の変動については興味を持つことができなくなるため、遊技の興趣を低下させる要因となる。

0005

本発明は、上記事情に鑑みてなされたものであって、保留球図柄の変化により当否判定の結果を示唆することにより遊技の興趣を向上させるとともに、遊技者に対して毎回の変動に常に興味を持たせながら遊技させることが可能なパチンコ機を提供する。

課題を解決するための手段

0006

上記課題を解決するためのパチンコ機に係る構成として、遊技盤の遊技領域に設けられた始動入賞口へ遊技球が入賞したことを契機当否判定用乱数を順次保留し、所定の契機が到来したことに基づいて保留された当否判定用乱数に係る当否抽選を順次実行する特別図柄抽選手段と、当否抽選の結果に基づいて、所定の演出図柄を表示可能な演出図柄変動表示手段を制御し、演出図柄の変動表示を開始させて所定の変動時間経過後に当否抽選の結果を演出図柄の停止態様により導出表示させる演出表示制御手段とを備えるパチンコ機であって、演出図柄変動表示手段は、当否判定用乱数が保留されたことに基づいて当該当否判定用乱数の保留数が保留球図柄として順次表示される保留球表示領域と、所定の契機の到来により保留球表示領域に表示された保留球図柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたときに、当該当否抽選が実行された保留球図柄に対応する変動球図柄を表示する変動球表示領域とを備え、演出表示制御手段は、当否判定用乱数が保留されたことに基づいて表示される保留球図柄を当該保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されるまで保留球図柄として維持するとともに、保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたことを契機として当該保留球図柄を保留球表示領域から消去して、保留球図柄に対応する変動球図柄を変動球表示領域に表示し、消去された保留球図柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選の結果が、遊技者にとって有利な特定遊技状態移行させる当りであるときに、変動球表示領域に表示された変動球図柄を当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変換して表示させる構成とした。

0007

本構成からなるパチンコ機によれば、演出図柄変動表示手段が、当否判定用乱数が保留されたことに基づいて当該当否判定用乱数の保留数が保留球図柄として順次表示される保留球表示領域と、所定の契機の到来により保留球表示領域に表示された保留球図柄に対応する当否判定用乱数の当否抽選が実行されたときに、当該当否抽選が実行された保留球図柄に対応する変動球図柄を表示する変動球表示領域とを有し、演出表示制御手段が、当否判定用乱数が保留されたことに基づいて表示される保留球図柄を当該保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されるまで保留球図柄として維持することにより、当否抽選が実行されるまでの間に当否判定の結果が示唆されることがなくなり、遊技の興趣が低下することを防止できる。
また、演出表示制御手段が、保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたことを契機として当該保留球図柄を保留球表示領域から消去して、当該消去された保留球図柄に対応する変動球図柄を変動球表示領域に表示し、消去された保留球図柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選の結果が、遊技者にとって有利な特定遊技状態に移行させる当りであるときに、変動球表示領域に表示された変動球図柄を当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変換して表示することから、遊技者は、変動球表示領域に表示された変動球図柄が異なる特別の態様に変換されたことに基づいて、当該変動終了後の演出図柄の停止態様が当りと対応する停止態様となることを変動開始時において知り得るため、当該変動における遊技の興趣を極めて向上させることが可能となる。
上記課題を解決するためのパチンコ機に係る他の構成として、演出図柄変動表示手段が、当否判定用乱数が保留されたことに基づいて当該当否判定用乱数の保留数が保留球図柄として順次表示される保留球表示領域と、所定の契機の到来により保留球表示領域に表示された保留球図柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたときに、当該当否抽選が実行された保留球図柄と同一態様の変動球図柄を表示する変動球表示領域とを備え、演出表示制御手段は、当否判定用乱数が保留されたことに基づいて表示される保留球図柄を当該保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されるまで同一態様の保留球図柄として維持するとともに、保留球図柄と対応する当否判定用乱数に係る当否抽選が実行されたことを契機として当該保留球図柄を保留球表示領域から消去して、保留球図柄と同一態様の変動球図柄を変動球表示領域に表示し、消去された保留球図柄に対応する当否判定用乱数に係る当否抽選の結果が、遊技者にとって有利な特定遊技状態に移行させる当りであるときに、変動球表示領域に表示された変動球図柄を当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変換して表示させる構成とした。
本構成によっても、前述の構成から生じる効果と同様の効果を得ることが可能となる。
また、他の構成として、演出表示制御手段が、変動球表示領域に表示された変動球図柄を当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変換するに際して、演出図柄変動表示手段に所定のキャラクタを表示させ、当該キャラクタにより変動球図柄を異なる特別の態様に変換する演出を実行させる構成とした。
本構成によれば、演出図柄変動表示手段に所定のキャラクタが表示されることにより、遊技者に対して変動球表示領域に表示された変動球図柄が当該変動球図柄とは異なる特別の態様に変わるかもしれないという期待感を与えることができ、当該変動における遊技の興趣をより一層向上させることが可能となる。
なお、本明細書において、「同一態様」とは保留球図柄又は変動球図柄の具体的形状、模様色彩、又はこれらの組み合わせ等が遊技者の視覚においてその差異を認識できない程度の態様を意味するものとするが、その大きさのみの変更については「同一態様」に含まれる。
また、上記発明の概要は、本発明の必要な特徴の全てを列挙したものではなく、特徴群を構成する個々の構成もまた発明となり得る。

図面の簡単な説明

0008

本発明の実施形態に係るパチンコ機の外観斜視図である。
図1に示したパチンコ機の遊技盤を示す正面図である。
図1に示したパチンコ機の制御に係る構成を示すブロック図である。
図3に示した特別図柄用当否抽選手段の構成の詳細を示す図である。
図4に示した特図低確時,特図高確時判定テーブルの詳細を示す図である。
図4に示した当り種類テーブルの詳細を示す図である。
図3に示した普通図柄用当否抽選手段の詳細を示す図である。
図3に示した特別図柄用変動パターン抽選手段の詳細を示す図である。
図8に示した特図変動パターンテーブルの一例を示す図である。
図3に示した演出パターンテーブルの一例を示す図である。
保留球表示領域及び変動球表示領域を示す拡大図である。
変動球図柄変換処理を示すフローである。
キャラクタ決定テーブルの一例を示す図である。

実施例

0009

以下、図1図13を参照し、発明の実施形態を通じて本発明を詳説するが、以下の実施形態は特許請求の範囲に係る発明を限定するものではなく、また実施形態の中で説明される特徴の組み合わせの全てが発明の解決手段に必須であるとは限らない。
なお、以下の説明においてパチンコ機の各部の左右方向は、そのパチンコ機に対面する遊技者にとっての左右方向に一致させて説明する。

0010

図1図2に示すように、本実施形態に係るパチンコ機1は、遊技場島設備に設置される縦長方形状機枠2と、この機枠2に開き戸状に開閉自在に取り付けられた本体枠3と、当該本体枠3の内側に装着された遊技盤30と、本体枠3の前面に開き戸状に開閉自在に取り付けられ、中央に大きくガラス窓4aが設けられたガラス扉4と、本体枠3の下側に開閉自在に設けられ、遊技球を収容する受皿6を有する前面ボード5と、本体枠3の下部に配設された図外の発射装置と、前面ボード5に取り付けられたハンドル7と、ガラス扉4の左右の上部にそれぞれ設けられたスピーカ8とを備える。

0011

パチンコ機1の背面側には、図外の支持部材等を介して、図3に示す主制御装置100と、副制御装置を構成するサブ制御装置演出制御装置)200と、払出制御装置300とが設けられている。主制御装置100、サブ制御装置200、払出制御装置300は何れもCPU(Central Processing Unit)と、コンピュータプログラム及び遊技処理演出処理払出処理等)に必要なデータを格納したROM(Read Only Memory)と、CPUがROMに格納されたコンピュータプログラムに従って処理を行うための一時記憶領域であるRAM(Random Access Memory)とを備えるマイクロコンピュータである。続いて、本実施形態に係るパチンコ機1の各部の構成を詳しく説明していく。

0012

図2に示すように遊技盤30は、その盤面に遊技球が流下する遊技領域31を備える。遊技領域31は、ガラス窓4aから観察することができる。遊技領域31は、遊技球を滑走させるガイドレール32と遊技球規制レール33によって略円形状となるように区画形成されている。

0013

前面ボード5の受皿6に収容された遊技球は、図外の発射装置に1個ずつ供給されるようになっている。図3に示すように、払出制御装置300は、ハンドル7の回動操作量に対応して増減する発射ボリューム可変抵抗器)7Aからの入力に基づいて所定の強度で遊技球が発射されるように発射モータ7Bを駆動制御するようになっている。発射装置により発射されて遊技領域31に到達した遊技球は、遊技領域31内を流下することになる。
また、払出制御装置300には、ハンドル7の円周上に設けられた発射停止スイッチ7Cやハンドル7の内部に配設されたタッチセンサ7Dが接続されている。

0014

遊技領域31内には、演出表示装置50と、ステージ51と、第1特別図柄表示装置40Aと、第2特別図柄表示装置40B、普通図柄表示装置41と、第1始動入賞口(始動口)61と、第2始動入賞口(始動口)62と、電動チューリップ63と、第1大入賞口64と、アタッカ装置65と、スルーチャッカ66と、一般入賞口67と、アウト口68と、第2大入賞口77及び図外の複数の遊技釘とが設けられている。第1始動入賞口61は、遊技領域31の略中央部におけるステージ51の下方に位置する。第2始動入賞口62は、遊技領域31の右側部に位置する。第1始動入賞口61、第2始動入賞口(始動口)62、第1大入賞口64、スルーチャッカ66、一般入賞口67、第2大入賞口77のそれぞれには、遊技球の通過を検知する第1始動入賞口検知センサ91、第2始動入賞口検知センサ92、第1大入賞口検知センサ93、スルーチャッカ検知センサ94、一般入賞口検知センサ95、第2大入賞口検知センサ96が内蔵されている。これらの検知センサ91〜96は、遊技球の通過に伴い遊技球検知信号電気信号)を出力する磁気センサであり、その遊技球検知信号は主制御装置100に入力される。

0015

第1特別図柄表示装置40Aは、第1始動入賞口61への遊技球の入賞を契機に、主制御装置100により行われる特別図柄に係る電子抽選(第1特図抽選)の結果を表示するためのものであって、より具体的には、第1特図抽選の結果に基づいて特別図柄(数字絵柄)が変動した後に、第1特図抽選の結果を表示する態様で所定の特別図柄を導出表示(停止表示)するものである。また、第1特別図柄表示装置40Aの変動表示制御は後述の特別図柄表示制御手段130により制御される。
第2特別図柄表示装置40Bは、第2始動入賞口62への遊技球の入賞を契機に、主制御装置100により行われる特別図柄に係る電子抽選(第2特図抽選)の結果を表示するためのものであって、前記同様に特別図柄表示制御手段130により制御されることによって、第2特図抽選の結果を表示する態様で所定の特別図柄を導出表示(停止表示)するものである。
また、本実施形態においては、第1始動入賞口61への入賞を契機として変動する特別図柄を第1特別図柄とし、第2始動入賞口62への入賞を契機として変動する特別図柄を第2特別図柄としている。
また、第1特別図柄表示装置40A及び第2特別図柄表示装置40Bは、7セグメント表示器からなり、演出表示装置50を見ている遊技者の視界に同時に入らないように遊技盤30の右下部分に演出表示装置50と離間して配置されている。第1特別図柄表示装置40A又は第2特別図柄表示装置40Bを構成する7セグメントの何れかが点滅している状態は、第1特別図柄又は第2特別図柄が変動している状態であり、その点滅が停止して点灯が維持された状態は、第1特別図柄又は第2特別図柄の変動が停止した状態である。また、第1特別図柄表示装置40A又は第2特別図柄表示装置40Bを構成する7セグメントの何れかが点滅している時間は、第1特別図柄又は第2特別図柄の変動時間である。なお、第1特別図柄及び第2特別図柄の変動時間の決定処理については後述する。

0016

本実施形態では、上述のとおり、第1特図抽選、又は第2特図抽選を行い、それぞれ対応する第1特別図及び第2特別図柄を変動させた後、変動時間経過後に上記特図抽選の結果を表示する態様で第1特別図柄又は第2特別図柄をそれぞれ第1特別図柄表示装置40A及び第2特別図柄表示装置40Bに導出表示する構成である。

0017

演出表示装置50は、遊技盤30の略中央部に設けられている。演出表示装置50は、本実施形態においては液晶表示装置からなり、上記特別図柄の変動開始及び変動停止と略同期して変動開始,変動停止する複数の演出図柄Sを表示する。当該演出表示装置50は、上記主制御装置100から送信される演出表示コマンドに基づいて動作するサブ制御装置200により制御される。
図2に示すように、演出表示装置50上には、複数の数字や特定のキャラクタからなる複数の演出図柄S(図示の例は「7」)が表示され、当該演出図柄Sは、前記第1特別図柄又は第2特別図柄の変動に合わせて例えば上下方向にスクロール表示される。
また、図2に示すように、演出表示装置50の表示領域内には、演出図柄Sの他、第1特図抽選に対応する当否判定用乱数(後述)又は第2特図抽選に対応する当否判定用乱数が主制御装置100のRAMに保留記憶された旨の表示を行う保留球表示領域R1と、当該保留球表示領域R1とは別の領域に設けられた変動球表示領域R2とを有する。
保留球表示領域R1内には、当否判定用乱数の保留記憶数と対応した個数の保留球図柄P1が表示され、遊技者は当該保留球図柄P1の個数により当否判定用乱数の保留記憶数(残りの特図抽選回数)を認識することができる。例えば図示のように保留球図柄P1が、保留球表示領域R1内に上下方向に2つ表示されている場合、当否判定用乱数が主制御装置100のRAM内に2つ保留記憶されていることを示す。また、保留球図柄P1のうち、最も下方に表示される保留球図柄P1は、最も早くRAM内に保留記憶された当否判定用乱数と対応し、位置が上方になる程、下方に位置する保留球図柄P1よりも遅く取得された当否判定用乱数であることを意味する。
なお、保留球図柄P1の態様や、保留球図柄P1と密接に関連する変動球表示領域R2内に表示される変動球図柄P2の態様については後述する。

0018

スルーチャッカ66は、遊技球が通過可能なゲート構造をなしたものであり、本実施形態においては、遊技盤30の右側部における第2始動入賞口62よりも上方に配置されている。このスルーチャッカ66を遊技球が通過したことを契機に、主制御装置100の普通図柄用当否抽選手段150により普通図柄に係る電子抽選(普図抽選)が行われるようになっている。普通図柄表示装置41は、普通図柄に係る電子抽選の結果(普図当り、ハズレ)が表示されるよう主制御装置100に設けられた普通図柄用当否抽選手段により制御されるものである。この普通図柄表示装置41は第2特別図柄表示装置40Bの下方に配置されていて、本実施形態においては2つのLEDランプからなる。普通図柄に係る電子抽選の結果が当り(普図当り)のときに2つのLEDランプのうちの一方のみが点灯し、ハズレのときに他方のみが点灯するようになっている。2つのLEDランプが交互に点滅している状態は、普通図柄が変動している状態であり、その点滅が停止して点灯が維持された状態は、普通図柄の変動が停止した状態である。また、2つのLEDランプが交互に点滅している時間は、普通図柄の変動時間である。

0019

電動チューリップ63は、第2始動入賞口62の入口に設けられ、遊技盤30の前面に直交する軸を中心に回動する1対の羽根部材と、これら1対の羽根部材を駆動する電動チューリップ駆動装置ソレノイド)63Aとを備え、そのソレノイド63Aへの通電により1対の羽根部材が互いに離れる方向に回動し、第2始動入賞口62の入口を拡大するものである。電動チューリップ63は1対の羽根部材を閉じた状態において、第2始動入賞口62の上方に稙設された図外の遊技釘との間隔を遊技球が通過不可能なものであるため、1対の羽根部材が閉じた状態では第2始動入賞口62への遊技球の入賞は不可能である。電動チューリップ63は、普通図柄に係る電子抽選の結果が普図当りとなった場合に、1対の羽根部材が開くよう主制御装置100により制御される。

0020

ステージ51は、演出表示装置50の下方に配置されていて、遊技球を転動させながら一時的に滞在させる構造物である。このステージ51の中央には溝51Aが形成されており、この溝51Aの真下の位置には第1始動入賞口61が配置されている。このため、溝51Aから落下した遊技球は、高い確率で第1始動入賞口61に導かれる。

0021

第1大入賞口64は横長な長方形の開口であり、第1始動入賞口62の下方に設けられている。アタッカ装置65は、水平な軸を中心として前後方向にフラップ状に回動白在に設けられ第1大入賞口64の形状とほぼ同じ長方形の蓋部材と、この蓋部材を駆動するソレノイドとを備え、そのソレノイドへの通電により蓋部材が前方向に回動して第1大入賞口64を開放するものである。アタッカ装置65が開いた状態は第1大入賞口64への遊技球の入賞が可能な状態であり、アタッカ装置65が閉じた状態は第1大入賞口64への遊技球の入賞が不可能な状態である。

0022

アタッカ装置65は、上記第1特図抽選又は第2特図抽選の結果が当り(第1特図当り又は第2特図当り)となった場合に、主制御装置100がアタッカ駆動装置65Aを制御することにより所定のラウンド数だけ開放され、これによって遊技者にとって有利な当り遊技が提供される。アタッカ装置65が開放される所定のラウンド数は例えば、4ラウンドまたは16ラウンドであり、1ラウンド当りの最大入賞個数は9個でアタッカ装置65の最長開放時間は30秒である。
つまり、アタッカ装置65の開放時点から30秒経過する前に第1大入賞口64への遊技球の入賞個数が9個に達した場合と、第1大入賞口64への遊技球の入賞個数が9個に達する前にアタッカ装置65の開放時点から30秒が経過した場合に、1ラウンドが終了するようになっている。なお、当り遊技が後述の2ラウンド、4ラウンド又は16ラウンドの何れのラウンドとなるかは、複数存在する当りの種類によって異なる。また、1ラウンド当りの開放時間を特図当りの種類によって異なる開放時間とすることも可能である。
第2大入賞口77は、第1始動入賞口61の下部に設けられ、その入賞口は閉じられていて、第2大入賞口77内に遊技球が入賞できないようになっている。第2大入賞口77は、第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への遊技球の入賞を契機に行われる抽選(第1特図抽選又は第2特図抽選)で上記第1特図当り又は第2特図当りが2ラウンドの当たり(2R特別図柄A)の場合、第2大入賞口駆動装置77Aにより開放される。この第2大入賞口77の1ラウンド当りの開放時間は、約0.2秒である。そして、第2大入賞口77の開放時間は、前述のアタッカ装置65の開放時間と比較して極めて短いため、遊技球を入賞させることは困難であり、実質的な賞球を得ることも困難である。つまり、第2大入賞口77の開放動作は、当該開放動作により2ラウンド当りを獲得したことをささやかに報知するものである。

0023

賞球払出装置301は、受皿6に賞球を払い出す装置である。賞球の払出個数は、第1始動入賞口61、第2始動入賞口62、第1大入賞口64、一般入賞口67、第2大入賞口77のそれぞれに予め対応付けられている。主制御装置100は遊技球の入賞が検知された入賞口に基づき、その入賞口に予め対応付けられている賞球の払出個数を、払出制御装置300に指令するようになっていて、払出制御装置300は主制御装置100からの指令に従って賞球払出装置301が有する図外の払出モータを駆動して賞球払出装置301に賞球を払い出させるようになっている。また、賞球払出装置301から払出された賞球は、賞球払出装置301の流路内に配設された払出計数スイッチ302により計数され、払出制御装置300は払出計数スイッチ302からの入力に基づいて払出動作を停止させる。
本実施形態において、第1始動入賞口61および第2始動入賞口62に予め対応付けられた賞球個数は3個であり、第1大入賞口64、第2大入賞口77に予め対応付けられた賞球個数は13個であり、一般入賞口67に予め対応付けられた賞球個数は5個である。なお、第1始動入賞口61、第2始動入賞口62、第1大入賞口64、一般入賞口67、第2大入賞口77の何れにも入賞しなかった遊技球は、遊技領域31の最下部に位置するアウト口68から回収される。

0024

以下、図3を参照し、主制御装置100のハードウェア上の構成について説明すると共に、パチンコ機1における主要な制御処理について説明する。
同図に示すように、主制御装置100は、特別図柄用当否抽選手段110、特別図柄変動表示制御手段130、普通図柄用当否抽選手段150、当り遊技制御手段160、電動チューリップ制御手段170とを備える。これらの各手段は、遊技に係る制御を行うためにROMに格納されたコンピュータプログラムおよびデータにより設定された手段である。

0025

特別図柄用当否抽選手段110は、第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への遊技球の入賞を契機に当り(特図当り)またはハズレを電子抽選により決定するものである。
具体的には図4に示すように、特別図柄用当否抽選手段110は、周期的(例えば2ミリ秒毎)に入力される割り込み信号に基づいてループカウンタの値を所定の範囲(本実施形態では0〜65535の整数の範囲)で1ずつ更新させることによりハードウェア乱数である当否判定用乱数を発生させる当否判定用乱数発生手段111と、第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への遊技球の入賞を契機に、言い換えると、第1始動入賞口検知センサ91又は第2始動入賞口検知センサ92からの遊技球検知信号が主制御装置100に入力されたことに基づき、当否判定用乱数発生手段111で発生した当否判定用乱数を取得(ラッチ)する当否判定用乱数取得手段112と、当否判定用乱数取得手段112により取得された当否判定用乱数が当りであるかハズレであるかを、図5(a)に示す特図低確時判定テーブル113Aまたは図5(b)に示す特図高確時判定テーブル113Bを参照して判定する特図当否判定手段113と、第1特別図柄又は第2特別図柄の変動中に第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への遊技球の入賞に基づき当否判定用乱数取得手段112が当否判定用乱数を取得した場合に、当該乱数をそれぞれ第1特別図柄又は第2特別図柄に係る保留球乱数として所定の上限個数まで、主制御装置100のRAMを利用して記憶する当否判定用乱数保留手段114とを備える。
また、保留記憶可能な乱数の上限は、第1始動入賞口61への入賞を契機として取得された当否判定用乱数が4つ、第2始動入賞口62への入賞を契機として取得された当否判定用乱数が4つの合計8つまでとされており、例えば既に第1始動入賞口61への入賞に基づいて保留記憶された当否判定用乱数が上限の4つである場合に第1始動入賞口61へ入賞したとしても当否判定用乱数が取得されることはなく、第2始動入賞口62においても同様である。

0026

図5に示す特図低確時判定テーブル113A及び特図高確時判定テーブル113Bは、当否判定用乱数と当りおよびハズレとの対応関係を規定するものである。具体的には、図5(a)に示す特図低確時判定テーブル113Aにおいては、当否判定用乱数0〜186に当りが予め対応付けられていて、当否判定用乱数187〜65535にハズレが予め対応付けられている。つまり、特図低確時判定テーブル113Aが参照された場合に当りとなる確率は約350分の1である。
これに対し、図5(b)に示す特図高確時判定テーブル113Bにおいては、当否判定用乱数0〜1860に当りが予め対応付けられていて、当否判定用乱数1861〜65535にハズレが予め対応付けられている。つまり、特図高確時判定テーブル113Bが参照された場合に当りとなる確率は約35分の1である。これらの当選確率を比較して分かるように、特図高確時判定テーブル113Bによる特図当りの当選確率の方が、特図低確時判定テーブル113Aよる特図当りに当選する確率よりも約10倍高い。

0027

なお、特別図柄用当否抽選手段110において特図低確時判定テーブル113Aが参照されて当りまたはハズレが決定される遊技状態は、本発明における特図低確率状態であり、特図高確時判定テーブル113Bが用いられて当りまたはハズレが決定される遊技状態は、本発明における特図高確率状態(所謂確変状態)である。以下、便宜上、「特図低確率状態」を「特図低確」といい、「特図高確率状態」を「特図高確」という。

0028

また、特図当否抽選手段110は、前述の各手段の他、当り種類決定用乱数発生手段115、当り種類決定用乱数取得手段116、当り種類判定手段117、及び、当り種類決定用乱数保留手段118を備える。これらの各手段は、前述の特図当否判定手段113による判定(抽選)の結果が当りである場合に、第1特別図柄表示装置40A又は第2特別図柄表示装置41Aに導出表示される特別図柄を複数存在する特別図柄のうちから電子抽選により決定する手段である。
具体的には、当り種類決定用乱数発生手段115は、周期的(例えば2ミリ秒毎)に入力される割り込み信号に基づいてループカウンタの値を所定の範囲(本実施形態では0〜99の整数の範囲)で1ずつ更新させることによりソフトウェア乱数である当り種類用乱数を発生させる。
また、当り種類決定用乱数取得手段116は、第1始動入賞口61A又は第2始動入賞口62への遊技球の入賞を契機として、当り種類決定用乱数発生手段115で発生した当り種類決定用乱数を取得(ラッチ)する。また、当り種類判定手段117は、当り種類決定用乱数取得手段116により取得された当り種類決定用乱数に基づき、第1特図当り種類テーブル117A又は第2特図当り種類テーブル117Bを参照して第1特別図柄又は第2特別図柄の種類を決定する。

0029

当り種類決定用乱数保留手段118は、第1特別図柄又は第2特別図柄の変動中に第1始動入賞口61又は第2始動入賞口への遊技球の入賞に基づき、当り種類決定用乱数取得手段116が当り種類決定用乱数を取得した場合に、当該乱数をそれぞれ第1特別図柄又は第2特別図柄に係る当り種類決定用乱数として所定の上限個数まで、主制御装置100のRAMを利用して個別に保留記憶する。また、保留記憶可能な乱数の上限は、前述の当否判定用乱数における上限と同一である。

0030

図6(a)に示すように第1特図当り種類テーブル117Aは、第1始動入賞口への入賞を契機として取得される当り種類決定用乱数(第1当り種類決定用乱数)と特別図柄の種類との対応関係を規定するものである。
また、図6(b)に示すように第2特図当り種類テーブル117Bは、第2始動入賞口への入賞を契機として取得される当り種類決定用乱数(第2当り種類決定用乱数)と特別図柄の種類との対応関係を規定するものである。
同図に示すとおり、本実施形態で用いられる特別図柄の種類は、2R特別図柄A、4R特別図柄A、4R特別図柄B、16R特別図柄Aの4種類であり、第1特図当り種類テーブル117Aが参照されるか、第2特図当り種類テーブル117Bが参照されるかによって当りの種類の割合が異なるように設定されている。

0031

また、第1特図当り種類テーブル117Aが参照され、第1特別図柄の種類が2R特別図柄Aに決定された場合、後述の変動時間経過後に第1特別図柄表示装置40A上において導出される第1特別図柄は、例えば「4」のゾロ目として表示される。第1特別図柄の種類が4R特別図柄Aに決定された場合、第1特別図柄表示装置40A上において導出される第1特別図柄は、例えば「2」のゾロ目として表示される。また、第1特別図柄の種類が4R特別図柄Bに決定された場合、第1特別図柄表示装置40A上において導出される第1特別図柄は、例えば「5」のゾロ目として表示される。また、第1特別図柄の種類が16R特別図柄Aに決定された場合、第1特別図柄表示装置40A上において導出される第1特別図柄は、例えば「7」のゾロ目として表示される。
なお、第2特図当り種類テーブル117Bが参照された場合であっても、第2特別図柄表示装置40B上に表示される第2特別図柄の態様は上記第1特別図柄表示装置40A上において導出される第1特別の態様と同一である。

0032

また、第1特図当り種類テーブル117A及び第2特図当り種類テーブル117Bに規定された2R特別図柄A、4R特別図柄A、4R特別図柄B、16R特別図柄Aのそれぞれには、当り遊技のラウンド数の種類が予め対応付けられている。「2R」、「4R」および「16R」は、「2ラウンド」、「4ラウンド」および「16ラウンド」の略であり、その特別図柄に予め対応付けられた当り遊技のラウンド数の種類である。つまり、第1特別図柄表示装置40A又第2特別図柄表示装置40Bに停止して表示される特別図柄の種類が決定されることによって、当り遊技のラウンド数の種類が決定されるようになっている。
また、本実施形態に係るパチンコ機1においては、当り種類に応じて遊技状態を切り替える処理を実行する。例えば、当り種類が2R特別図柄Aである場合、当り遊技後の遊技状態は、当り遊技前の遊技状態と同一の状態に維持される。つまり、2R特別図柄Aは遊技状態の変更をもたらさない当りである。このように、2R特別図柄Aは、上述のとおり、当り遊技において実質的な賞球を得ることが困難であり、かつ、遊技状態に何等の変化ももたらさない当りであることから「小当り」と呼ばれる場合がある。
また、当り種類が4R特別図柄Aである場合、当り遊技後の遊技状態を後述の普図高確かつ特図低確の遊技状態に切り替える。普図高確の遊技状態は、例えば当り遊技終了後から第1特図抽選又は第2特図抽選が所定の回数実行されるまで継続する。また、当り種類が4R特別図柄Bである場合、当り遊技後の遊技状態を普図高確かつ特図高確の遊技状態に切り替える。普図高確及び特図高確の遊技状態は、例えば当り遊技終了後から第1特図抽選又は第2特図抽選が所定の回数実行されるまで、或いは、特図抽選の結果が当りとなるまで継続する。また、4R特別図柄A及び4R特別図柄B後の遊技状態は、普図高確であることから、共に電動チューリップ63の開放が頻繁に行われ、内部状態(特図低確又は特図高確)を外見から区別することはできない。また、当り種類が16R特別図柄Aである場合、当り遊技後の遊技状態を普図高確かつ特図高確の遊技状態に切り替える。普図高確及び特図高確の遊技状態は、例えば当り遊技終了後から第1特図抽選又は第2特図抽選が所定の回数実行されるまで、或いは、或いは、特図抽選の結果が当りとなるまで継続する。
なお、当り種類は上述の種類に限られるものではなく、例えば2R特別図柄Bを設けることにより、当り後の遊技状態を普図低確かつ特図高確とすることや、普図高確かつ特図低確とすること、或いは、ラウンド数を変更することにより実質的な賞球を得ることが可能な当り種類を別途設けるようにしてもよい。
以上のとおり、本実施形態に係るパチンコ機1は、当りの種類に応じて当該当り遊技終了後の遊技状態を切り替える。なお、具体的な切り替え処理としては、主制御装置100のRAM内に設けられた図外の遊技状態設定フラグを当り遊技中に切り替えることにより実行される。

0033

以上のとおり、特別図柄用当否抽選手段110は、第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62に遊技球が入賞したことを契機に、当否判定用乱数及び当り種類決定用乱数を取得し、所定の契機が到来したことに基づいて当否に係る特別図柄抽選を行うとともに、複数種類の特別図柄の中から当否に係る特別図柄(第1特別図柄又は第2特別図柄)を決定する機能を備える。
なお、ここで所定の契機とは、前述の第1特別図柄及び第2特別図柄が変動中ではなく、かつ、当り遊技中でない場合であり、例えば、現在の遊技状態が当り遊技中ではなく、当否判定用乱数及び当り種類決定用乱数の保留記憶時に第1特別図柄又は第2特別図柄が変動中である場合、当該変動中の第1特別図柄又は第2特別図柄の変動時間が経過し、所定の態様により停止した後に上記処理が逐次実行される。
また、上述の当否判定処理及び当該処理に引き続いて実行される当り種類決定処理が行われる順序は、第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への入賞順、換言すればRAMに保留記憶された順に実行するようにしても良いし、例えば一方の第2始動入賞口への入賞によって取得された当否判定用乱数に係る当否判定処理及び当り種類決定処理を優先して実行するようにしてもよい。

0034

主制御装置100は、前記第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への遊技球の入賞によって、当否判定用乱数及び当り種類決定用乱数がRAM内にそれぞれ保留記憶されたことに基づいて、後述のサブ制御装置200に対して保留表示コマンドを送信する。保留表示コマンドは、それぞれ同時に取得される当否判定用乱数、当り種類決定用乱数及び後述の特図変動パターン用乱数がRAM内に保留記憶される度に送信されるコマンドであって、サブ制御装置200は当該保留表示コマンドを受信する度に、前述の保留球表示領域R1に表示される保留球図柄P1の個数が増加するように、演出表示装置50を制御する。

0035

図3戻り、当り遊技制御手段160について説明する。当り遊技制御手段160は、当り時における当りの種類が2R特別図柄Aである場合にアタッカ装置65を2ラウンドだけ開閉させて遊技者に当り遊技を提供するものであり、当り時における当りの種類が4R特別図柄Aまたは4R特別図柄Bである場合にアタッカ装置65を4ラウンドだけ開閉させて遊技者に当り遊技を提供するものであり、当り時における当りの種類が16R特別図柄Aである場合にアタッカ装置65を16ラウンドだけ開閉させて遊技者に当り遊技を提供するものである。つまり、当り遊技制御手段160は、上述の特図別図柄用当否抽選手段110による抽選の結果が当りである場合に、第1特別図柄又は第2特別図柄が当該抽選結果を示す態様で停止したことに基づいて遊技者によって有利な遊技状態である当り遊技を実行する。

0036

図3に示す普通図柄用当否抽選手段150は、スルーチャッカ66を遊技球が通過したことを契機に、普図当りまたはハズレを電子抽選(普図抽選)により決定するものである。この普通図柄用当否抽選手段150は、前述の特別図柄用当否抽選手段110と略同様に構成されたものであり、具体的には、図7に示すように、普通図柄用当否抽選手段150は、周期的(例えば2ミリ秒侮)に入力される割り込み信号に基づいてループカウンタの値を所定の範囲で1ずつ更新させることによりソフトウェア乱数である普図当否用乱数を発生させる普図当否用乱数発生手段151と、スルーチャッカ66を遊技球が通過したことを契機に、言い換えると、スルーチャッカ検知センサ94からの遊技球検知信号が主制御装置100に入力されたことに基づき、普図当否用乱数発生手段151で発生した普図当否用乱数を取得(ラッチ)する普図当否用乱数取得手段152と、この普図当否用乱数取得手段152により取得された普図当否用乱数が普図当りであるかハズレであるかを、普図低確時判定テーブル153A又は普図高確時判定テーブル153Bを参照して判定する普図当否判定手段153と、普通図柄の変動中に普図当否用乱数取得手段152が普図当否用乱数を取得した場合に、その普図当否用乱数を所定の上限個数(本実施形態では4個)まで、普通図柄に係る保留球乱数として主制御装置100のRAMを利用して記憶する普図当否用乱数保留手段154とを備える。つまり、普通図柄用当否抽選手段150は、スルーチャッカ66を遊技球が通過したことを契機に当否に係る普図抽選を行う手段である。

0037

普図低確時判定テーブル153A及び普図高確時判定テーブル153Bは、普図当否用乱数と普図当りおよびハズレとの対応関係を規定するものであり、具体的な内容の図示は省略するが、普図高確時判定テーブル153Bによる普図当りの当選確率は例えば1/1.1に設定されていて、普図低確時判定テーブル153Aによる普図当りの当選確率は1/120に設定されている。つまり、普図高確時判定テーブル153Bの方が、普図低確時判定テーブル153Aに比べて格段に普図当りに当選する確率が高くなるように設定されているとともに、殆どの場合に普図当りに当選するようになっている。

0038

なお、以下便宜上、普通図柄用当否抽選手段150において普図低確時判定テーブル153Aが用いられて普図当りまたはハズレが決定される遊技状態を「普図低確」といい、普図高確時判定テーブル153Bが用いられて普図当りまたはハズレが決定される遊技状態を「普図高確」という。

0039

図3に示す電動チューリップ制御手段170は、普通図柄用当否抽選手段150による電子抽選(普図抽選)で普図当りに当選した場合に、電動チューリップ63のソレノイド63Aへの通電を行い、電動チューリップ63の1対の羽根部材を開閉させるものである。この電動チューリップ制御手段170は、普図高確中において1回の普図当りに対し電動チューリップ63を例えば開放時間2.9秒で2回開放させ、普図低確中において1回の普図当りに対し電動チューリップ63を開放時間0.2秒で1回開放させるようになっている。普図高確中においては、前述のように、普通図柄用当否抽選手段150による電子抽選で殆ど普図当りに当選し、その当選に基づき電動チューリップ63が2.9秒で2回開放されるため、遊技者が遊技盤30の右側部に遊技球を打ち出せば、第2始動入賞口62に遊技球を容易に入賞させることができ、この結果、普図高確中は、遊技球を殆ど減らすことなく遊技を行うことができる。つまり、普図高確は、電動チューリップ63の開放が行われやすく、遊技者にとっては第2始動入賞口62への遊技球の入賞が容易化(サポート)される状態(所謂、電サポ状態)である。

0040

次に、図3に示す特別図柄変動表示制御手段130について説明する。特別図柄変動表示制御手段130は、第1特別図柄及び第2特別図柄の変動パターン(変動時間)を複数種類の変動パターンのうちから電子抽選により決定するものである。同図に示すように、特別図柄変動表示制御手段130は、第1特別図柄又は第2特別図柄の変動パターンを決定する特別図柄用変動パターン抽選手段131備えており、特別図柄用変動パターン抽選手段131は、第1特別図柄及び第2特別図柄の変動時間を決定する。

0041

具体的には、図8に示すように、特別図柄用変動パターン抽選手段131は、周期的(例えば2ミリ秒毎)に入力される割り込み信号に基づいてループカウンタの値を所定の範囲(本実施形態では0〜99の整数の範囲)で1ずつ更新させることによりソフトウェア乱数である特図変動パターン用乱数を発生させる特図変動パターン用乱数発生手段132と、第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への遊技球の入賞を契機に(第1始動入賞口検知センサ91又は第2始動入賞口検知センサ92からの遊技球検知信号が主制御装置100に入力されたことに基づき)特図変動パターン用乱数発生手段132で発生した特図変動パターン用乱数を取得(ラッチ)する特図変動パターン用乱数取得手段133と、特図変動パターン用乱数取得手段133により取得された特図変動パターン用乱数に基づき、普図低確用特図変動パターンテーブル134A又は普図高確用特図変動パターンテーブル134Bの何れか1つを参照して第1特別図柄の特図変動パターンを選択する特図変動パターン選択手段134と、第1特別図柄又は第2特別図柄の変動中に第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への遊技球の入賞に基づき特図変動パターン用乱数取得手段133が特図変動パターン用乱数を取得した場合に、当該乱数を所定の上限個数まで主制御装置100のRAMを利用して個別に記憶する特図変動パターン用乱数保留手段135とを備える。なお、保留記憶可能な特図変動パターン用乱数の上限は、前述の当否判定用乱数における上限と同一である。
つまり、特図変動パターン用乱数は、第1始動入賞口61又は第2始動入賞口62への入賞を契機として、前述の特図当否判定乱数及び当り種類決定用乱数と共に取得される乱数である。

0042

変動パターンテーブル134A;134Bは、特図変動パターン用乱数と特図変動パターンNoとの対応関係を規定するものである。特図変動パターンNoは、特図変動パターン(変動時間)の種類と予め対応付けられたものである。

0043

図9に示すように、変動パターンテーブル134A;134Bは、現在の遊技状態(普図低確又は普図高確)と対応しており、特図変動パターン選択手段134は、そのときの遊技状態が普図低確であるか、又は普図高確であるかによって上記いずれかの変動パターンテーブルを参照して、第1特別図柄又は第2特別図柄それぞれの特図変動パターンを決定するようになっている。

0044

以下、図9を参照して各変動パターンテーブル134A;134Bについて説明する。同図に示すように、各変動パターンテーブルはそれぞれ、前述の第1特別図柄抽選又は第2特別図柄抽選の結果が当りである場合に参照される当り用テーブルと、第1特別図柄抽選又は第2特別図柄抽選の結果がハズレである場合に参照される外れ用テーブルとに区分される。

0045

図9(a)に示すように、特図変動パターン選択手段134により、遊技状態が普図低確、かつ、特別図柄抽選の結果がハズレである場合に参照される外れ用変動パターンテーブル134A−1には、特別図柄変動パターン用乱数と対応して複数の特図変動パターンNoが規定される。具体的には、特別図柄変動パターン用乱数0〜40に特図変動パターンNo11(変動時間12秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数41〜70に特図変動パターンNo12(変動時間12秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数71〜90に特図変動パターンNo13(変動時間60秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数91〜99に特図変動パターンNo14(変動時間90秒)が対応付けられている。
また、遊技状態が普図低確であり、かつ、特別図柄抽選の結果が当りである場合に参照される当り用変動パターンテーブル134A−2には、乱数0〜40に特図変動パターンNo1(変動時間60秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数41〜70に特図変動パターンNo2(変動時間60秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数71〜90に特図変動パターンNo3(変動時間60秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数91〜99に特図変動パターンNo4(変動時間90秒)が対応付けられている。

0046

また、図9(b)に示すように、遊技状態が普図高確であり、かつ、特別図柄抽選の結果がハズレである場合に参照される外れ用変動パターンテーブル134B−1には、特別図柄変動パターン用乱数と対応して複数の特図変動パターンNoが規定される。
具体的には、特別図柄変動パターン用乱数0〜50に特図変動パターンNo15(変動時間4秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数51〜70に特図変動パターンNo16(変動時間4秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数81〜89に特図変動パターンNo13(変動時間60秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数90〜99に特図変動パターンNo14(変動時間60秒)が対応付けられている。また、遊技状態が普図高確であり、かつ、特別図柄抽選の結果が当りである場合に参照される当り用変動パターンテーブル134A−2には、乱数0〜40に特図変動パターンNo1(変動時間60秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数41〜70に特図変動パターンNo2(変動時間60秒)が対応付けられ、第1特別図柄変動パターン用乱数71〜90に特図変動パターンNo3(変動時間60秒)が対応付けられ、特別図柄変動パターン用乱数91〜99に特図変動パターンNo4(変動時間90秒)が対応付けられている。

0047

上述のとおり、特図抽選の結果が外れであり、かつ、遊技状態が普図低確である場合に参照される外れ用変動パターンテーブル134A−1と、特図抽選の結果が外れであり、かつ、遊技状態が普図高確である場合に参照される外れ用変動パターンテーブル134B−1とを比較した場合、テーブルに規定された変動時間が特図抽選の結果が外れであり、かつ、遊技状態が普図高確である場合に参照される外れ用変動パターンテーブル134Bの方が短く設定されている。従って、遊技状態が普図高確である場合に、外れ用変動パターンテーブル134Bが参照されることにより、特図抽選の結果が外れである場合の第1特別図柄又は第2特別図柄の変動時間が大幅に短縮されることとなり、遊技状態が普図高確である場合は、遊技状態が普図低確である場合と比較して単位時間当たりに実行される特図抽選の回数が増加することとなる。
なお、変動パターンテーブルの種類は上述したものに限らず、例えば当否判定用乱数の保留記憶数が3個である場合に参照されるテーブルや、4個である場合に参照されるテーブル等を設け、保留記憶数の増加に伴って第1特別図柄又は第2特別図柄が導出表示されるまでの変動時間を漸次短くするようにしてもよい。また、同図に示した各特図変動パターンの選択率は例示であって、選択率を変更することにより変動時間の選択割合を適宜設定可能である。

0048

以上の主制御装置100による当否判定処理、当り種類決定処理及び変動パターン決定処理によって抽出された情報は、当該情報を含む演出図柄変動コマンドとしてサブ制御装置200側に送信され、当該コマンドを受信したサブ制御装置200は、演出表示装置50を制御することにより、特別図柄抽選の結果を演出図柄の表示態様により報知する。
また、主制御装置100は、当否判定処理、当り種類決定処理及び変動パターン決定処理によって抽出した情報に基づいて、第1特別図柄表示装置40A又は第2特別図柄表示装置40Bの変動表示処理を実行し、変動時間経過後に当否判定処理の結果を示す態様で第1特別図柄又は第2特別図柄を変動停止させる。

0049

以下、サブ制御装置200について説明する。
サブ制御装置200は、主制御装置100から送信されてくる演出図柄変動コマンドに含まれる情報である特別図柄抽選(第1特図抽選又は第2特図抽選)の結果(当り又はハズレ)と、当りである場合の特別図柄の種類と、特図変動パターンNoとに基づき演出表示装置50上に表示される演出図柄Sの変動態様演出パターン)を決定する演出表示制御手段210と、主制御装置100から送信されてくる保留球表示コマンド、及び、演出図柄変動コマンドに含まれる特図抽選の結果(当り又はハズレ)に基づいて前述の保留球図柄P1及び変動球図柄P2の表示態様を制御する保留演出制御手段230とを備える。

0050

演出表示制御手段210は、主制御装置100から送信されてくる演出図柄変動コマンドの内容に基づいて変動時間経過後に停止表示される演出図柄Sの停止態様(組み合わせ)を決定する。具体的には、演出表示制御手段210は、当り種類が2R特別図柄Aに決定された場合には、「222」、「444」の何れかを電子抽選により演出図柄Sの停止図柄として決定するようになっている。また、当りの種類が4R特別図柄Aに決定された場合には、「666」、「888」の何れかを、当り種類が4R特別図柄Bに決定された場合には、「111」、「555」の何れかを、当り種類が16R特別図柄Aに決定された場合には、「333」、「777」を演出図柄Sの組み合わせとして停止表示させる。

0051

なお、演出表示制御手段210は、第1特図抽選又は第2特図抽選の結果がハズレの場合であって、演出パターンがリーチの場合には3つの数字のうちの中央の数字のみが他の2つと異なるリーチ目「121」や「454」などが演出図柄の停止図柄となるように、または、演出パターンがリーチでない場合には3つの数字が全て異なるハズレ目となるように、予め用意された複数種類のハズレ用停止図柄のうちから電子抽選により決定するようになっている。

0052

また、演出表示制御手段210は、前述の特別図柄変動表示制御手段130により決定された特図変動パターン(特図変動パターンNo)と、特別図柄抽選の結果(当り又はハズレ)とに基づいて演出パターン(演出図柄Sの変動パターン)を決定するための演出パターン選択手段220を備える。
演出パターン選択手段220は、特図変動パターンNoと演出パターンの種類との対応関係を規定する演出パターンテーブル221を備え、この演出パターンテーブル221を参照して演出図柄Sの演出パターンを選択するものである。

0053

演出図柄Sの演出パターンが規定された演出パターンテーブル221は、図10に示すように、ハズレ用演出パターンテーブル221Aと、特図当り用演出パターンテーブル221Bとにより構成される。
例えば、図10(a)に示すハズレ用演出パターンテーブル221Aには、特図変動パターンNo11にハズレ変動A(変動時間12秒)が予め対応付けられていて、特図変動パターンNo12にハズレ変動B(変動時間12秒)が予め対応付けられていて、特図変動パターンNo13にミドルリーチA(変動時間60秒)が対応付けられていて、特図変動パターンNo14にロングリーチA(変動時間90秒)が対応付けられていて、特図変動パターンNo15にハズレ変動C(変動時間4秒)が対応付けられていて、特図変動パターンNo16にハズレ変動D(変動時間4秒)が対応付けられている。

0054

図10(b)に示す当り用演出パターンテーブル221Bには、特図変動パターンNo1にミドルリーチA(変動時間60秒)が予め対応付けられていて、特図変動パターンNo2にミドルリーチB(変動時間60秒)が予め対応付けられていて、特図変動パターンNo3にミドルリーチC(変動時間60秒)が予め対応付けられていて、特図変動パターンNo4にロングリーチA(変動時間90秒)が予め対応付けられている。

0055

演出パターン選択手段220は、演出図柄Sを演出表示装置50において変動表示させるに際し、主制御装置100から送信される特図変動パターンNoと特別図柄抽選の結果(当り又はハズレ)に基づいて上記演出パターンテーブル221を構成する何れかのテーブル(当り用又は外れ用)を参照し、特図変動パターン(特図変動パターンNo)と対応する演出パターン(演出内容)を決定する。

0056

サブ制御装置200によって変動が開始された演出図柄Sは、上記各演出パターンにより変動を開始するとともに、変動時間の経過と共に前述の特別図柄の停止時期と略同期して第1特図抽選又は第2特図抽選の結果を示す態様により停止表示する。そして、停止表示された演出図柄S及び当該変動と同期して停止表示される第1特別図柄又は第2特別図柄の停止態様が当りを示す態様である場合には、前述した当り遊技が開始される。

0057

次に、サブ制御装置200内に設けられた保留演出制御手段230について説明する。
図11は、保留演出制御手段230によって表示される保留球表示領域R1及び変動球表示領域R2を示す拡大図である。
図11(a)に示すように、保留演出制御手段230は、当否判定用乱数及び当り種類決定用乱数等がRAM内に保留記憶される度に送信される保留表示コマンドを受信する度に、例えばドクロの形状を模した保留球図柄P1を保留球図柄表示領域R1内に1つ増加して表示する。そして、同図において保留球図柄P1は、4つ表示されており、当否判定用乱数、当り種類決定用乱数及び変動パターン決定用乱数がRAM内に既に4つ保留記憶されていることが分かる。

0058

また、保留演出制御手段230は、図11(b)に示すように、主制御装置100側において前述の当否判定処理等が実行され、演出変動コマンドを受信したことに基づいて、表示された保留球図柄P1の内、最も下方に表示された保留球図柄P1を消去することにより、当該最も下方に位置する保留球図柄P1と対応する当否判定処理等が実行され、さらに当該当否判定の結果をその停止態様によって示す演出図柄Sの変動が開始されたことを遊技者に対して報知する。
また、図11(b)に示すように、保留球図柄P1が2つ以上存在する場合には、最も下方に位置する保留球図柄P1の消去と同時に当該保留球図柄P1の上方に位置する保留球図柄P1を下方に移動表示する。これにより、保留球図柄P1の数と対応する当否判定用乱数の保留記憶数が4つから3つに減少したことが報知される。また、移動表示される保留球図柄P1の態様は、その移動前後で変化することはなく、当否判定処理が実行されるまで同一態様の図柄として維持される。

0059

図11(c)に示すように、保留演出制御手段230は、前記最も下方に位置する保留球図柄P1の消去と同時に、換言すれば演出変動コマンドを受信したことに基づいて、当該消去された保留球図柄P1と同一態様の変動球図柄P2(本実施形態ではドクロを模した図柄)を変動球表示領域R2内に表示する。なお、変動球図柄P2と保留球図柄P1との差異は大きさのみである。
また、当該変動球図柄P2の具体的表示時期は、前記演出図柄Sの変動時期よりも前又は同時或いは変動時期よりも後のいずれであってもよい。保留球図柄P1と同一態様の変動球図柄P2が変動球表示領域R2内に表示されることにより、遊技者は、現在変動中の演出図柄Sが保留球図柄表示領域R1内において最も下方に位置していた保留球図柄P1と対応する変動であることを認識できる。

0060

次に、保留演出制御手段230は、演出制御コマンドに含まれる当否判定の結果に基づいて、変動球表示領域R2に表示された変動球図柄P2の態様を他の態様を有する図柄(変動球図柄P3)に変化させる変動球図柄変換処理を実行する。
図12は、変動球図柄変換処理の概要を示すフローである。同図を用いて変動球図柄変換処理について説明する。保留演出制御手段230は、S100において主制御装置100より送信された演出制御コマンドに含まれる当否判定の結果が当りであるかを判定し、YESの場合S101に移行し、NOの場合S103に移行する。
保留演出制御手段230は、S101において、S100における判定がYESであることに基づいて当り用キャラクタ決定テーブル230Aを参照して、図柄変換キャラクタの種類を決定し、S102に移行する。ここで、図柄変換キャラクタとは、前述の変動球図柄P2の態様を他の態様を有する変動球図柄P3に変換するに際して変動球表示領域R2内に登場する特定の人物等を模した表示等である。また、図13(a)に示すように、当り用キャラクタ決定テーブル230Aには、図柄変換キャラクタ決定用乱数と、当該乱数に対応して規定された互いに異なる複数の図柄変換キャラクタとが対応づけて規定されている。
なお、図柄変換キャラクタ決定用乱数は、演出制御コマンドの受信を契機としてサブ制御装置200内に設けられた図外の乱数発生手段により取得される乱数であり、保留演出制御手段230は、当り用キャラクタ決定テーブルを参照することにより、取得した図柄変換キャラクタ決定用乱数と対応する図柄変換キャラクタを決定する。当り用キャラクタ決定テーブル230Aに規定された図柄変換キャラクタは、例えば図柄変換キャラクタA乃至図柄変換キャラクタCの3種類であり、互いの選択率が、図柄変換キャラクタA、図柄変換キャラクタB、図柄変換キャラクタCの順に低くなるように規定されている。つまり、当否判定の結果が当りである場合、図柄変換キャラクタAが登場し易く、図柄変換キャラクタCは、相対的に登場し難く設定されている。

0061

S102において、保留演出制御手段230は、S101において決定した図柄変換キャラクタを変動球表示領域R2内に表示させるとともに、図柄変換キャラクタに所定の動作をさせ、変動球図柄P2を当該変動球図柄P2とは異なる態様を有する変動球図柄P3に変換する。

0062

図11(d)は、変動球表示領域R2に登場する図柄変換キャラクタ(ここでは図柄変換キャラクタAであるとする。)を示す図であり、図11(e),(f)は、図柄変換キャラクタの動作によって変動球図柄P2を他の態様の図柄に変換している状態を示す。また、図11(g)は、図柄変換キャラクタによる変換が成功し、変動球図柄P2が変換された後の変動球図柄P3を示す図である。
これら各図に示すように、変動球表示領域R2内に表示されていた変動球図柄P2の態様(ドクロ模した図柄)は、図柄変換キャラクタAの変換動作(変換エフェクト)により、変換前の変動球図柄P2の態様と異なる特別な態様を有する変動球図柄P3(ここでは、アルファベットの「Y」をモチーフとした図柄)に変換される。

0063

保留演出制御手段230は、S103において、S100における判定がNOであることに基づいて外れ用キャラクタ決定テーブル230Bを参照して、図柄変換キャラクタの種類を決定し、S104に移行する。図13(b)に示すように、外れ用キャラクタ決定テーブル230Bに規定された図柄変換キャラクタは、前述の当り用キャラクタ決定テーブル230Aと同様に図柄変換キャラクタA乃至図柄変換キャラクタCの3種類であるが、互いの選択率が、図柄変換キャラクタA、図柄変換キャラクタB、図柄変換キャラクタCの順に高くなるように規定されている。つまり、当否判定の結果が外れである場合、図柄変換キャラクタAが登場し難く、逆に図柄変換キャラクタCは、登場し易く設定されている。このように、当否判定の結果が当りであるかハズレであるかによって、図柄変換キャラクタの選択確率に差を設けておくことにより、登場する図柄変換キャラクタの種類に応じて変動球図柄P2が変動球図柄P3に変換される期待度を示唆することが可能となり、遊技を盛り上げることが可能となる。

0064

S104において、保留演出制御手段230は、S103において決定した図柄変換キャラクタを変動球表示領域R2内に表示させるとともに、図柄変換キャラクタに所定の動作をさせ、変動球図柄P2の態様を変換することなく維持する。
具体的には、図11(f)に示す、図柄変換キャラクタAの動作までは共通であるが、動作終了後に表示される図柄が、動作前の変動球図柄P2と変わることなく表示され、図柄変換キャラクタによる変換が失敗した様子が表示される。

0065

保留演出制御手段230は、S105において変動球表示領域R2内に表示された変換後の変動球図柄P3、又は、変換されることがなかった変動球図柄P2、及び、登場した変換キャラクタの表示を演出図柄Sの変動開始(例えば3秒)から所定時間経過後に消去して、変動球図柄変換処理を終了する。

0066

以上、サブ制御装置200が備える保留演出制御手段230が、上述の変動球図柄変換処理を実行することにより、当否判定の結果が当りであることによって変動球表示領域R2内に表示された変動球図柄P2の態様が他の異なる態様を有する変動球図柄P3に変換されるため、遊技者は演出図柄Sの変動開始直前、変動開始と同時或いは変動開始後の時点において、当該変動の変動時間経過後に停止表示される演出図柄Sの組み合わせが、当否判定の結果が当りであることを示す態様となることを事前に認識することが可能となり、当該1回の変動における遊技の興趣を向上させることが可能となる。

0067

以上、本発明を実施の形態を用いて説明したが、本発明の技術的範囲は上記実施形態に限定されるものではない。上記実施形態に多様な変更、改良を加え得ることは当業者にとって明らかであり、そのような変更又は改良を加えた形態も本発明の技術的範囲に含まれ得ることは、特許請求の範囲の記載から明らかである。

0068

上記実施形態においては、当り用キャラクタ決定テーブル及び外れ用キャラクタ決定テーブルを用いて複数の図柄変換キャラクタの登場頻度に差を設ける構成としたが、これに限定されるものではなく、図柄変換キャラクタを単一のキャラクタとして変換の成否のみによって当否判定の結果が当りであることを報知する構成としてもよい。また、両テーブルに「変換演出なし」を規定することにより、当否判定の結果が当りである場合、ハズレである場合の双方において図柄変換キャラクタが登場せず、変動球表示領域R2内に表示された変動球図柄P2の態様が変換されないパターンを設けてもよい。

0069

1パチンコ機,30遊技盤,31遊技領域,40A 第1特別図柄表示装置,
40B 第2特別図柄表示装置,41 普通図柄表示装置,50演出表示装置,
61 第1始動入賞口,62 第2始動入賞口,63電動チューリップ,
66スルーチャッカ,77 第2大入賞口,100主制御装置,
110 特別図柄用当否抽選手段,130 特別図柄変動表示制御手段,
150 普通図柄用当否抽選手段,200サブ制御装置,
220演出パターン選択手段,230保留演出制御手段。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社藤商事の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】遊技興趣を向上させうる遊技機を提供する。【解決手段】遊技領域に向けて遊技球を発射可能な発射手段と、大当り抽選を実行可能な抽選手段と、所定表示が可能な表示手段と、前記大当り抽選の結果が所定結果で... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】従来の遊技機は、遊技者にとって比較的有利な大当りと比較的不利な大当りとの複数の大当りを有していた。また、遊技演出(リーチ演出やキャラクタ演出等)として、実行態様の異なる複数の遊技演出を有し、実... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】従来の遊技機は、遊技者にとって比較的有利な大当りと比較的不利な大当りとの複数の大当りを有していた。また、遊技演出(リーチ演出やキャラクタ演出等)として、実行態様の異なる複数の遊技演出を有し、実... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ