図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2013年5月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (6)

課題

携帯電話等の液晶画面に対する保護シート材の貼り付けをスムースに、且つ、皺が寄らないようにして綺麗に行うこと。

解決手段

剥離用フィルム材と、復元遅効性シリコーン層担持させたフィルム基材からなり、前記剥離用フィルム材の内側面に形成された通気路形成面により復元遅効性のシリコーン層に通気路を形成し、液晶画面への貼り付けに際して、空気を逃がしてフィルム基材の皺寄せを無くすようにした。

概要

背景

携帯電話パソコンなど、液晶画面は外部に露出されているものであるから、爪或いは他物との接当によって傷つき易く、そのために保護皮膜が求められている。
こうした保護皮膜としては、一般に、透明な粘着シート乃至フィルムが用いられており、携帯電話等の個人ユーザー別途購入し、自ら貼着している。

また、保護用シート乃至フィルムを用いることで、光の反射等によって液晶画面が見難くなることもあり、防眩性を配慮したシート材も提案されている。

このような液晶画面用保護シート材としては、例えば、次の技術が知られている。
特開2009−255492

概要

携帯電話等の液晶画面に対する保護シート材の貼り付けをスムースに、且つ、皺が寄らないようにして綺麗に行うこと。剥離用フィルム材と、復元遅効性シリコーン層担持させたフィルム基材からなり、前記剥離用フィルム材の内側面に形成された通気路形成面により復元遅効性のシリコーン層に通気路を形成し、液晶画面への貼り付けに際して、空気を逃がしてフィルム基材の皺寄せを無くすようにした。

目的

本発明は、人為操作自動機械に係わりなく、携帯電話等の液晶画面に対する保護シート材の貼り付けをスムースに、且つ、皺が寄らないようにして綺麗に行うことのできる液晶画面用保護シート材を提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

液晶画面加圧貼着して保護するための保護シート材であって、剥離用フィルム材(1)と、前記剥離用フィルム材(1)の内側面に形成された通気路形成面(1A)と、前記液晶画面に貼着保持されるフィルム基材(2)と、前記フィルム基材(2)の内側面に担持された復元遅効性シリコーン層(3)とから成り、前記剥離用フィルム材(1)の通気路形成面(1A)が前記シリコーン層(3)に加圧接当されて一体的に保持されるように構成され、前記剥離用フィルム材(1)を前記フィルム基材(2)から剥離したときに前記シリコーン層(3)の表面に、該シリコーン層(3)の側面に開放される通気路(4)が複数本形成され、且つ、前記液晶画面に加圧貼着した後に前記シリコーン層(3)の弾性復元力で前記通気路(4)が消失するように構成されていることを特徴とする液晶画面用保護シート材

請求項2

前記通気路形成面(1A)が、前記剥離用フィルム材(1)の表面に刻設された凹凸により構成されていることを特徴とする請求項1に記載の液晶画面用保護シート材。

請求項3

前記通気路形成面(1A)が、前記剥離用フィルム材(1)の表面に印刷により形成されたインク凹凸により構成されていることを特徴とする請求項1に記載の液晶画面用保護シート材。

請求項4

前記通気路(4)が、複数の凹部と、該凹部同士繋ぎ、前記シリコーン層(3)の表面に形成されて該シリコーン層(3)の側面に開放される複数の溝により構成されていることを特徴とする請求項1に記載の液晶画面用保護シート材。

技術分野

0001

本発明は、携帯電話パソコンなど、液晶画面を備えた機器画面保護を図る液晶画面用保護シート材の改良に関する。

背景技術

0002

携帯電話、パソコンなど、液晶画面は外部に露出されているものであるから、爪或いは他物との接当によって傷つき易く、そのために保護皮膜が求められている。
こうした保護皮膜としては、一般に、透明な粘着シート乃至フィルムが用いられており、携帯電話等の個人ユーザー別途購入し、自ら貼着している。

0003

また、保護用シート乃至フィルムを用いることで、光の反射等によって液晶画面が見難くなることもあり、防眩性を配慮したシート材も提案されている。

0004

このような液晶画面用保護シート材としては、例えば、次の技術が知られている。
特開2009−255492

発明が解決しようとする課題

0005

上述した液晶画面用保護シート材は、携帯電話等の個人ユーザーが個別に購入し、自ら離型シートを剥がしてシート乃至フィルム(通常、シリコーン層を具えている)を液晶画面に貼る必要があるが、その際、シート乃至フィルムが綺麗に貼れず、皺が寄ることが多々生じる。
これは、シート乃至フィルムを貼る時、シート乃至フィルムの一端側から順次液晶画面に押し付けて行くことになるが、その際、液晶画面とシート乃至フィルムの間に存在する空気がその両者間から旨く外方に排出でき難くて生じるのが原因であることが分かった。

0006

本発明は、人為操作自動機械に係わりなく、携帯電話等の液晶画面に対する保護シート材の貼り付けをスムースに、且つ、皺が寄らないようにして綺麗に行うことのできる液晶画面用保護シート材を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明にかかる液晶画面用保護シート材は、上記目的達成のために、
液晶画面に加圧貼着して保護するための保護シート材であって、
剥離用フィルム材(1)と、前記剥離用フィルム材(1)の内側面に形成された通気路形成面(1A)と、前記液晶画面に貼着保持されるフィルム基材(2)と、前記フィルム基材(2)の内側面に担持された復元遅効性のシリコーン層(3)とから成り、
前記剥離用フィルム材(1)の通気路形成面(1A)が前記シリコーン層(3)に加圧接当されて一体的に保持されるように構成され、
前記剥離用フィルム材(1)を前記フィルム基材(2)から剥離したときに前記シリコーン層(3)の表面に、該シリコーン層(3)の側面に開放される通気路(4)が複数本形成され、
且つ、前記液晶画面に加圧貼着した後に前記シリコーン層(3)の弾性復元力で前記通気路(4)が消失するように構成されていることを特徴とする。

0008

本発明において、液晶画面とは、携帯電話、パソコン等の電子機器に用いられている液晶画面を言うものであり、既に汎用されているものを全て対象とする。
また、本発明において、復元遅効性のシリコーン層とは、一般のシリコーンよりも圧縮変形に対する復元、即ち弾性復帰に時間を要するところのシリコーン層を言う。
また、本発明のフィルム基材は透明であるが、液晶画面が見やす程度の着色フィルムでも良い。

発明の効果

0009

本発明によれば、液晶画面機器の個人ユーザーが、液晶画面保護のために自ら保護シート材を貼り付ける際(勿論、自動機械の場合も)に、剥離用フィルム材を剥がした時に形成されるフィルム基材のシリコーン層の表面の複数の通気路が、そのシリコーン層の復元遅効性によって暫くの間保持され、保護シート材がその一端側から順次液晶画面上に押し付けられて行くと、その保護シート材と液晶画面との間の空気は、前記通気路を介して側方逃げ易く、その結果、従来のような空気の溜まりができて皺が寄るという虞を未然に回避でき、その後の復元力によってシリコーン層の表面の平坦性が確保され、此れにより格別の技量を要することなく個人ユーザー(勿論、自動機械の場合も)であっても綺麗な貼り付けを行うことができる効果を奏するものである。
本発明のその他の具体的な利点は、以下の説明から明らかとなろう。

発明を実施するための最良の形態

0010

本発明においては、前記通気路形成面(1A)が、前記剥離用フィルム材(1)の表面に刻設された凹凸により構成されていることが好ましい。
このように、通気路形成面(1A)を刻設により形成すると、即ち、表面を直接加工(傷つける)する方式を採用すると、その加工が非常に簡単に行い得ることになり、コスト低減を図ることができる。
こうした凹凸刻設方法としては、周面に凹凸のある輪胴を剥離用フィルム材(1)の表面に押し付けることで、容易に行い得る。

0011

また、前記通気路形成面(1A)が、前記剥離用フィルム材(1)の表面に印刷により形成されたインク凹凸により構成されていることが好ましい。このように、印刷によってインクの載ったところとそうでないとこととの厚み変化を利用して前記通気路形成面(1A)が容易に形成できるので、コスト低減を図ることが可能である。

0012

更に、前記通気路(4)が、複数の凹部(4A)と、該凹部(4A)同士を繋ぎ、前記本発明にかかる液晶画面用保護シート材の(3)の表面に形成されて該シリコーン層(3)の側面に開放される複数の溝(4B)により構成されていることが好ましい。
このように、凹部(4A)とこれらを繋ぐ複数の溝(4B)とを組み合わせることで、貼り付け時の空気の流れを、より一層スムースに誘導することができて、皺の寄りを確実に防止することができる。

図面の簡単な説明

0013

本発明にかかる液晶画面用保護シート材の拡大縦断側面図。本発明にかかる液晶画面用保護シート材の一作用状態を示す斜視図。本発明にかかる液晶画面用保護シート材の一作用状態を示す拡大縦断側面図。本発明にかかる液晶画面用保護シート材の一作用状態を示す拡大縦断側面図。本発明にかかる液晶画面用保護シート材のシリコーン層の物性を示すグラフ

0014

本発明にかかる液晶画面用保護シート材の好適実施例を図面に基づいて以下詳述する。
図1乃至図4に示すように、この液晶画面用保護シート材は、液晶画面、この実施例では、一例として携帯電話の液晶画面Pに加圧貼着して保護するための保護シート材である。
剥離用フィルム材1として、ここでは、PET(ポリエチレンテレフタレート)で構成されたフィルム(厚みが約100ミクロン)を用いる。製造に際しては、所定幅長尺ものが準備され、最終的には対象の液晶画面Pの大きさにカットされる。
この剥離用フィルム材1としては、他にOPP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニール)などの既存の樹脂フィルムを用いてよい。

0015

前記剥離用フィルム材1の内側面に通気路形成面1Aが形成される。この通気路形成面1Aは、ここでは、前記剥離用フィルム材1の表面に刻設された凹凸により構成されている。
この凹凸は、前記剥離用フィルム材1を、凹凸が形成された輪胴を通過させることで形成されるもので、凹凸の高低は、ここでは約1ミクロンである。前記凹凸は、ここでは、全体として格子状のパターンであるが、適宜のパターンを用い得る。

0016

前記液晶画面Pに貼着保持されるフィルム基材2として、ここでは、同様に、PETのフィルム(厚みが約100ミクロン)が用いられる。同様に、このフィルム基材2として、他にOPP(ポリプロピレン)、PVC(ポリ塩化ビニール)などの既存の樹脂フィルムを用いてよい。
そして、前記剥離用フィルム材1とは対を成すものであるので、そのサイズは、同じものが使用され、同様にカットされる。

0017

前記フィルム基材2の内側面には、復元遅効性のシリコーン層3が担持される。このシリコーン層3は、約50ミクロンの厚みである。このシリコーン層3の担持方法は、離型フィルムなどで用いられている従来技術に属するので、詳細な説明は省略する。そして、この復元遅効性のシリコーン層3は、シリコーンに、少なくともシリコーンゲル混入し、練成したものであり、この素材を混合することで、圧縮変形に対する復元時間が遅延する。即ち、シリコーンゲルの添加量を増加させれば、それだけ復元遅効性が高まるのである。

0018

図4は、前記シリコーンゲルを、シリコーンに対して重量比で10部混入した場合(○線表示)、20部混入した場合(△線表示)、30部混入した場合の(□線表示)と、従来技術のシリコーン層のシリコーンの場合(X線表示)での復元時間の相違を比較するグラフである。ここでは、物性試験故にシリコーン層厚みを1mmに設定し、0.5mmに圧縮した状態から1mmに復元するまでの時間をテストすることにした。
図示されるように、本発明における復元遅効性のシリコーン層3では、復元時間は、約30秒乃至180分となり、従来のシリコーン層では、3秒乃至6秒程度であるのと比較して、大幅に遅延させることができる。

0019

そして、前記剥離用フィルム材1の通気路形成用の変則面1Aが前記シリコーン層3に加圧接当されて一体的に保持されるように構成される。
この加工は、両剥離用フィルム材1及びフィルム基材2を輪胴間を通過させることで行われる。輪胴による加圧は、約2Kg/cm2の面圧で実施される。

0020

図2図に示すように、前記剥離用フィルム材1を前記フィルム基材2から剥離したときに前記シリコーン層3の表面に、該シリコーン層3の側面に開放される通気路4(前記通気路形成面1Aに対応して深さ約1ミクロン)が、前記通気路形成面1Aの凹凸に対応して、格子状に複数本形成されることになる。
この通気路4は、前記シリコーン層3が復元遅効性故に直ちに原状復元しないので、この状態のままで、対象となる液晶画面Pに貼り付けられる。

0021

図3に示すように、前記フィルム基材2がその一側端から貼り付けられると、前記通気路4を介して、前記フィルム基材2と液晶画面Pとの間の空気が左右方向及び他端側に向けて容易に外部に排出され、空気溜まりに起因するフィルム基材2の皺寄せが未然に回避されるのである。
そして、図4に示すように、前記液晶画面に加圧貼着した後に前記シリコーン層3の弾性復元力で前記通気路4が自動的に消失することになるのである。

0022

(変形例)
ここでは、前記通気路形成面1Aが、前記剥離用フィルム材1の表面に印刷により形成されたインク凹凸により構成されているようにしてもよい。
このような印刷手段を用いてインクによる表面の凹凸を形成する場合には、簡単な工程となるので、非常にコスト削減に寄与できる。

0023

そして、前記通気路4が、前記シリコーン層3の表面に形成された複数の凹部(上面開口の穴状)と、該凹部同士を繋ぎ、前記シリコーン層3の表面に形成されて該シリコーン層3の側面に開放される複数の溝とにより構成されてもよい。
このように、溝だけでなく、途中に大きな空間の凹部を介在させることで、空気の流動を一層スムースに行い易く、外部への空気は排出の機能を高めることが分かっている。

0024

本発明にかかる液晶画面用保護シート材は、液晶画面への貼着を確実、綺麗に行い得るので、携帯電話、パソコンなどの電子機器のみならず、各種用途の液晶画面への適用が容易に行い得て、その応用範囲は広い。

0025

1:剥離用フィルム材
1A:通気路形成面
2:フィルム基材
3:シリコーン層

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 東洋インキSCホールディングス株式会社の「 溶剤型粘着剤組成物および粘着シート」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 低温〜常温(−10〜25℃程度)での粘着力とタック性に優れると共に、高温(40℃以上)での保持力と加工性に優れた溶剤型粘着剤組成物を提供すること。【解決手段】 共重合体、硬化剤、粘着付与... 詳細

  • 住友化学株式会社の「 穴あき積層体の製造方法及び製造装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】積層方向に貫通する穴を有する穴あき積層体を効率よく製造するための穴あき積層体の製造方法及び製造装置を提供する。【解決手段】積層方向に貫通する穴11cを有する穴あき積層体10cの製造方法は、1以... 詳細

  • 日東電工株式会社の「 光学的表示装置を製造する方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】粘着剤層の筋状変形、先端部の貼りズレまたは浮き等が生じない、光学的表示装置を製造する方法を提供する。【解決手段】パネル貼合位置100に、帯状の光学フィルム積層体1のキャリアフィルム2から粘着剤... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ