図面 (/)

技術 プログラミング可能な手作業連続再生装置「自動ハンドシステム:改良版」及び「自動体システム」のうちの「自動体システム」

出願人 鶴見祐一
発明者 鶴見祐一
出願日 2011年10月14日 (8年4ヶ月経過) 出願番号 2011-239586
公開日 2013年5月13日 (6年9ヶ月経過) 公開番号 2013-086253
状態 未査定
技術分野 マニプレータ・ロボット マニプレータ
主要キーワード 現場責任者 採用者 繰り返し作業 ルーチン作業 円程度 改良版 労働者 一人一人
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年5月13日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

人間の無駄な労働を無くす。

解決手段

自動体システム」は、一人一人の体をCT装置などを使い、3D画像表示立体的に観察し、骨格の形状を把握し、皮膚の表面を正確に把握することから生まれる。それによって、精巧な体の形状を読み取る。それらのデータを元に適当な材料によって、精巧な人間の体の分身を作る、そしてそれが人間の体と同じように動くようにする。そして生身の体の動きをGPSなどで読み取り、それとそっくり同じ動きを自動体システムにさせて、ルーチン作業を請け負わせることも考えられる。それを応用して、同じ作業は何度も作り出すことが可能となる。

概要

背景

概要

人間の無駄な労働を無くす。「自動体システム」は、一人一人の体をCT装置などを使い、3D画像表示立体的に観察し、骨格の形状を把握し、皮膚の表面を正確に把握することから生まれる。それによって、精巧な体の形状を読み取る。それらのデータを元に適当な材料によって、精巧な人間の体の分身を作る、そしてそれが人間の体と同じように動くようにする。そして生身の体の動きをGPSなどで読み取り、それとそっくり同じ動きを自動体システムにさせて、ルーチン作業を請け負わせることも考えられる。それを応用して、同じ作業は何度も作り出すことが可能となる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

自動体システム

技術分野

0001

本発明はロボット技術に関する。

発明が解決しようとする課題

0002

本発明は、人間の無駄な労働を無くす。

課題を解決するための手段

0003

自動ハンドシステム改良版」は人間の左右の腕が肩まですっぽり入る長い手袋のような形をしていて、人間の背中に接する部分で繋がっている。この装置を装着した場合、装置の中で人間の肩や手首や手のひらや指の関節に対応する部分は、人間のそれらに則して折れ曲がるようにし、さらに人間が腕をったときは装置もそれに対応して捻られるようにするが、人間の腕で曲げることが出来ない部分に対応する部分は曲げることが出来ないようにする。そして人間の手や腕などによって、その装置が、物を掴む、離す、押す、引っ張る、持ち上げる、捻る、つまむ、等ができるようにする。そしてそれらの装置が物に加えている圧力を記憶できるようにする。この装置はそのようにして腕を薄く被った形状をしている。この装置の必要な箇所に複数個のGPSのような装置を付けて、もしくはこの装置の状況をレーダーで把握し、この装置の位置や、この装置の全体の状態を的確に割り出し、それらの記録を行う。そしてこの装置を人間の腕から外すと、記憶している手や腕などの動きによってその装置が自動的に動くようにする。それらの手や腕などのポーズや動きを、コンピュータプログラムと同じ様に条件分岐繰り返し作業で、任意の様々な組み合わせに出来る様にする。そうすれば、様々な手の動作(例えば、掴む、離す、押す、引っ張る、持ち上げる、捻る、つまむ、等)を様々な組み合わせによって繰り返し連続で再生することが可能になる。そしてこの装置を人間の下半身背骨役割を果たす機械に取り付けることにより、この装置の位置や、この装置の全体の状態を正確に再現できるようにする。そうするとこの装置は、精密な位置において繰り返し作業が可能となる。できれば足腰背中もつくられるべきだろう。

0004

またその機能を用いて遠隔操作も出来るようにする。

0005

このシステム進化したものは、一人一人の体をCT装置などを使い立体的に観察し、骨格の形状を把握し、皮膚の表面を正確に把握することから生まれる。それによって、精巧な体の形状を読み取る。それらのデータを元に適当な材料によって、精巧な人間の体の分身を作る、そしてそれが人間の体と同じように動くようにする。その人間の体の分身を「自動体システム」とする。

0006

そして生身の体の動きをGPSなどで読み取り、それとそっくり同じ動きを自動体システムにさせて、ルーチン作業を請け負わせることも考えられる。それを応用して、同じ作業は何度も作り出すことが可能となる。

0007

しかしその実現のためには、人間の身長伸び縮みの問題を解決しなければならない。人間は起きたときは身長が伸びていて、夜ではわずかに縮んでいる。それらの問題を解決するためには、実際の人間の身長の伸び縮みの状況を正確に把握し、それらの状况を、自動体システムに投影させなければならない。

0008

この自動体システムというものは総合的に言って、あまり良い案ではない。しかし自動ハンドシステムとこの進化形の自動体システムが開発されるならばその前に必ず法整備が必要である。

0009

自動体システムを導入すると、人間が仕事を奪われることが考えられるからである。便利になっても多くの人々が救われなければまるで意味が無いであろう。必ずそうならないように、法が整備されなければならない。そういう意味あいから、重労働をやってきた人間は、自動体システムが導入された後も雇用保証され、現場責任者のような立場になる道が守られるのが良いであろう。法整備で、現在の労働者権利を守る法律制定が絶対的に必要であろう。そして新規採用者今まで通りに雇用されるべきであろう。そして人間の労働の記録は取られて、その苦しみの状況は、後の労働から開放された、子孫には正確に伝えなければならないであろう。

0010

これらのシステムを政府が作り出すことを私は認める。その場合、私はそのシステムの発明・開発者として適当な報酬を得たい。その額は私の政治理念特質から、全人類が平均して得るべき収入として引き後2億円程度である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ