図面 (/)

技術 地方の売電利益を、上げる為と海外水力と火力と原子力発電の高出力ダイナモの増量発電技術の海外売電契約の国と都道府県市町村の全額借金返済の為の決定的な電力不足を、補う為の一般に知られて入る半永久の水力ダムの高出力ダイナモ積載の増幅発電型の半永久型の水循環増幅発電システム。

出願人 墫野和夫
発明者 墫野和夫
出願日 2013年1月22日 (7年11ヶ月経過) 出願番号 2013-009107
公開日 2013年5月9日 (7年7ヶ月経過) 公開番号 2013-083268
状態 未査定
技術分野 波力利用等のその他の液体機械又は機関
主要キーワード 固形窒素 知的所有財産 風雨雪 モーター弁 高出力モーター 電気供給量 液体マグネシウム 加速水
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年5月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

従来の、特許方針経済産業省方針では、明治時代の共産党時代から続く国宝財産とする弱者国民意見の門前払いとした国の不足の対応と国民個人知的所有財産では、日本国経済の安定の為の技術手助けの技術発明考案発想立案は、弱者国民に有りえない為、国の借金全額返済が、第一前提の提案でも特許提出無料化など必要無い事と国の借金返済は、特許庁と経済産業省公務で無い為とし実施しないのが事実。

解決手段

本考案の、発電力アップ高出力ダイナモと高出力電磁誘導発電装置と高出力真空装置に対して国の無料施策機関と国営の大学による無料の試作実施の実現化を、弱者国民全員に問い、現在マスコミで騒がれている電力不足と増税の対策インタネット知的所有財産の著作権文書図の公開事実の著作権原本

概要

背景

従来の、半永久水力発電システム水力ダムの上の水は、水力ダムのストレート管を、通じて通常ダイナモ水車板を、回転させてダイナモ発電及び電磁誘導発電を、行っても火力発電原子力発電によって不足分の電力を、得る技術と電気使用の少ない夜の間に昼間発電した河口貯水池の水を、大型水中ポンプの大量の電気使用によって水を、再びダムの上部まで水を、運んで昼間再び発電する半永久循環作動発電の技術でも現在の電気需要時代電気供給量を、賄う事が出来なかった。(例えば、特許文献3参照。特許文献4参照。)。

従来の半永久の水力発電システムのダム敷地内は、無料ソーラーパネル設置場所が有ってもソーラーパネルの設置案は採用されない理由としてソーラーパネルの総合発電量が少ない為、発電量から得る事の出来る利益だけではソーラーパネル設置維持費用人件費を、賄うだけのソーラーパネルの総合発電量を、得る事の出来る技術が公開特許権技術と著作権技術に存在してなかった。(例えば特許文献2参照。特許献4参照。)。

本来ソーラーパネルは、太陽光によって得る事の出来る発電エネルギーに成り、従って言うならば太陽が昇って沈む事の半永久の繰り返しの発電システムだが、現在の他社の技術では太陽光のみの発電システムに成り、過去の古いタイプの青色ソーラーシリコンパネルから紺色のソーラーシリコンパネル技術止まりなのも、全世界含めての黒色ソーラーパネルの特許権及び著作権が他社に有る又は、存在する事の為、紺色のソーラーパネル技術止まりだがおそらく推定で二割程度の発電量アップ技術止まりに成り、シャープ製の携帯電話炭素シリコンは炭素の量が多すぎる為、紺色ソーラーパネルの発電量と変わらない技術の為か消費者余り人気の無い商品つまり、ソーラーパネルの総合発電が少ない為、ソーラーパネル付きの携帯電話の需要率は少ないのも電気の質の探求心と理解力の考え方の違いによって現在の電気事情としか考え用無いのも現在の事実の一つで有り、もう少し簡単に安く低コストで多くの電気を、得たいのが、誰もが望んでいるの一つだと言える。
化石燃料石炭重油もやがては化石燃料の枯渇する事実が明白で有り、アラ石油は100年以上枯渇しないとの今から40年前の報道も現在は余り石油の産出は無いのも現状で有り、インドシアの石油の減少とアメリカ合衆国の石油の枯渇に成り、現在は、中国が石油を、堀出しても中国本土の使用分もやがて石油の枯渇の日が来るのも明白で有る。(例えば特許文献2参照。特許文献4参照。)。

従来の、水力発電に使用する発電水車板に落下水を、送るのだが今まで水管はストレート管の為、水の落下スピードエネルギーしか得られない為、水力発電ダムの場所を、選ぶだけで無く少ないダイナモ発電電気量しか得られない現状で有り、例えば超高速2連結以上水ポンプなどとスクリュー管を、使用すると平地でも水車板の大型ダイナモミッション歯車発電が可能になるがストレート管と通常ダイナモでは多くのダイナモ発電量が見込めない為、超小型の高出力ダイナモ増幅発電試験とスクリュー管の水加速試験を、行うべきなのかに対して2012年現在は、間違いなく電力不足の事実に対して国の機関は改善したりして安全な電気を、国民一人一人に安定供給しなければ成らない国の官義務に成り、説明がなければ人権無視に成るのだが少し現在の電力状況を、考えてほしいのは国及び地方税が上りっぱなしに成り税金の高騰を、ストップさせる対策に成る。(例えば、特許文献3参照。特許文献4参照。)。

従来の、水力発電に使用する発電後発電処理水を、上のダムまで発電処理水を、送る技術として複数の大型水中ポンプを、複数段階に分けて水力発電ダム上部まで水を、送っていたが大量の電気代が掛かるのも事実で有ったが水を、真空装置によって瞬間気化水つまり、低温蒸気水に瞬時に変えてスクリュー管及びスクリュー管を、使用して水力ダム本体の水中に水の瞬間気化水を、水中放出する事で水の気化水は空気中に放出する事無く再び瞬時に水の気化水は水に戻る事が出来る技術は余り勾配の無い川の増水対策の発電装置としても使用利用の期待が高まるが国の官庁の新技術の発電システムの技術の理解力と大学卒以外の新技術を、増水災害防止対策と川の水の瞬間濾過によって固形有害物つまり洗剤カスとか川水泥汚れなどを、瞬時に取り除けるのも特徴の一つに成る。(例えば、特許文献1参照。特許文献7参照。)。

従来の水力発電所自然発生するダムの水打撃による水蒸気発生エネルギーと水力ダム水面の太陽光によるダム水自然蒸発エネルギーは、エネルギー回収しないまま捨てている現状だけで有り、ガス会社プロパンガス水素と空気酸素の発電システム及自動車会社の液体マグネシウムを使った水素と酸素の瞬間吸収発電装置などの特許権契約状況及び著作権契約状況の特許権使用料金確認と国民公開の上で、電力不足対策として国の機関は電力不足の対策を、講じなければ成らない。(例えば、特許文献1参照。特許文献7参照。)。
この場合、海外特許権使用に対しの海外特許権使用料金の公開義務に成らなければ、企業の利益に対しての、海外特許権使用料金の支払い額の事実の支払い金の公開に於いての商品買い取り購入で無ければ特許権商品と明示されない商品は過去の特許権商品の特許権切れ商品の取り扱いに成る為、特許権番号の公開と残りの特許権年数の公開によって依り安い商品の安心な購入に対する国民の財産を、守る企業の特許権を、名乗る特開技術の特許権請求する企業の特許権料金請求の詐欺行為犯罪を、防止する為の国の残り特許権の企業の特許庁電子図書館特許公報公開責務及び完全公開義務と企業側の特許権明示無の企業側の特許権料金請求の横領罪適用の消費者省のマスコミ報道を、使った特許権使用利用金に対する特許権年数の公開による特許権切れから始まる新しい特許権書き時代の国民の説明と、一度終えた特許権に対する新たな特許権に対する低下価格設定特許料金の国の企業税金回収の観点からの特許権切れに対しての新しい特許権料金発生に対しての国の料金設定判断の消費者省設置義務によって、企業特許権の海外特許権使用利益による海外所得税の回収し易く擦る為の企業特許権取得済の財産に対してのみ特許権の海外特許提出全額無料制度と新しい税金回収に対しての海外特許権の利益税などの増え続ける国の借金返済の為の企業側の純利益の対策案としなければ成らない。
平成24年9月15日の増税と騒がれる特許権番号を、明示しないテレビマスコミとテレビマスコミの企業の不当な、商品利益回収の対策方法の説明と電気料金の値上げに対しての今まで都道府県が水力発電所と原子力発電所に半分近く支払って来た事実に対して、国民が水力発電所と原子力発電所の本当の所有者の再確認の為の料金と言うお金の有り方の平等な生活権の確認の為の説明確認。

概要

従来の、特許庁方針経済産業省方針では、明治時代の共産党時代から続く国宝財産とする弱者国民意見の門前払いとした国の税収不足の対応と国民個人知的所有財産では、日本国経済の安定の為の技術手助けの技術発明考案発想立案は、弱者国民に有りえない為、国の借金全額返済が、第一前提の提案でも特許提出の無料化など必要無い事と国の借金返済は、特許庁と経済産業省公務で無い為とし実施しないのが事実。本考案の、発電力アップの高出力ダイナモと高出力電磁誘導発電装置と高出力真空装置に対して国の無料施策機関と国営の大学による無料の試作実施の実現化を、弱者国民全員に問い、現在マスコミで騒がれている電力不足と増税の対策のインタネット知的所有財産の著作権文書の公開事実の著作権原本。1

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

本発明の、半永久水力循環発電システム水力ダムは、水の落下スピードを、使った発電方法は、通常はダム水を、高い場所からストレートダム水を、流すコンクリート管によってダム本体の水を、コンクリートストレート管によってダム下の水車板付のダイナモ装置を、連続高速回転して発電する方法を言い、ダム本体から水車板までの高さ距離が、同じ条件で、ダム水スピードを、上げて増幅発電出来る構造に擦る為に、コンクリートストレートダム水管を、均等なスクリュー渦巻形状スクリュー管形状の構造に擦る事で、ストレート管を、ダム水管の落下距離を、長く擦る事によって、ダム水管の落下スピードを、上げる事が出来て、ダム本体の水を、通す事で、ストレート管落下ダム水スピードより、スクリュー水管に変える事で水の落下回転加速スピード管に成り、ダム水は、水の落下距離が、長く成った分ストレート管より、水スピードが早く成る為、水車板に当たる水の流れスピード力が、速く成る為、ダイナモ発電装置の回転及び電磁誘導発電回転装置によって回転して発電する発電量を、増やす事の出来るスクリュー水管を、コンクリートダム本体に積載内蔵した半永久連続水力ダムの水車板の高速連続回転して発電作動出来る豊富な雨水を、使った水力循環発電システム電気増幅発電ダムシステム。

請求項2

本発明の、半永久水力循環発電システムの水力ダムのスクリュー水の落下加速水を、使用した水車板を、連続回転させてダイナモを、連続回転して発電出来るダイナモ発電装置の発電総合電気量を、通常のダイナモ装置より増やす為には、新技術としてダイナモ自体の内部構造を、まるっきり変えたダイナモ装置として、通常ダイナモの中央部分を、刳り貫き、新技術の出力圧電素子磁石体圧電素子磁石対体を、シート状にしたパネル圧電素子磁石体軽水素トリチウム電子を、圧電素子磁石体のチタン酸バリー溶液に軽水素トリチウム電子を、混合合成させた軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石シートパネルと圧電素子磁石体に軽水素トリチウム電を、更に、多く入れる新技術として圧電素子磁石体に使用するチタン酸バリウム溶液に、安定材のチタン酸バリウム溶液を、固定化する電気の通る液体プラスチック溶液または、液状ノリ材と大量の軽水素トリチウム電子を、混合撹拌合成したシートパネルに、複数の針穴を、空けた軽水素トリチウム電子入りのチタン酸バリウムシートと軽水素トリチウム電子入りのチタン酸バリウムシートパネルを、ダイナモ軸一体型鉄枠に交互に貼りつけた軽水素トリチウム電子が、圧電素子磁石体に大量に入った高出力圧電素子磁石体を、通常ダイナモの中心部分を、刳り貫いたダイナモ軸枠の溝付きダイナモに、隙間なくはめ込んだ通常ダイナモに、高出力圧電素子磁石体の回転滑落落下損傷事故防止の為の薄ステンレス板を、高出力圧電素子磁石体を、はめ込んだダイナモ両面にボルトナット止め可能な薄ステンレス板を、ダイナモの両面に薄ステンレス板を、貼り付けボルトナット止めした高出力ダイナモ内蔵のダイナモを、高出力ダイナモと言い、別名パアーアップダイナモとも言い、高出力ダイナモは、通常ダイナモの発電した電気打撃発電を、ダイナモ中心部分の圧電素子磁石体が行い、圧電素子磁石体の圧電発電効果によって軽水素トリチウム電子の圧電効果も圧電素子磁石体の圧電誘発効果発電によって、通常ダイナモの発電力と圧電素子磁石体の電気打撃圧電発電力と軽水素トリチウム電子の圧電素子磁石体の電気打撃誘発発電力の三種類の発電した電気を、得る事の出来る高出力ダイナモを、水車板に取り付けられている装置で有り、通常ダイナモの代わりに取り付けたスクリュー落下水と水車板に取り付けた高出力ダイナモの増幅発電装置を、水力ダムの半永久に、水涸れが無い限り連続作動する水力循環発電システムの水車板ミッション軸に積載内蔵した請求項1記載の半永久連続作動の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステム。

請求項3

本発明の、半永久水力循環発電システムの水力ダムの発電後発電処理水を、循環水連続発電擦る為には再び、ダム上流のダム本体に水を戻す今までのシステムは大型水中ポンプを、複数台水中ポンプ装置を、ダム河口からダム上流まで、数メートル置きに設置して複数の水中ポンプダム発電処理水の汲み上げ連続作動使用によって、ダム上流まで複数回に分けて夜の電気使用の少ない時間体にダム川下の水を、汲みあげる方式が今までの半永久に水を、循環させて発電擦る方法で有り、水の汲み上げ時に使用する電気量を、減らす技術として水の汲み上げスピードを、速くする為にダイナモで発電した後の発電使用処理水を、アルミニウム板鉄板とアルミニウム板の三重の合わせ溶着合金金属パネルのダム下の貯水槽地下貯水池槽の水の取り入れ口に、水位センサー全自動作動する電動モーター仕切り弁装置を、複数の密閉去れた30センチメートルのクリスタル硝子覗き窓付の複数の地下貯水槽の発電処理水の取り入れ口に水位センサー全自動作動する電動モーター仕切り弁装置を、地下貯水槽それぞれに取り付け、地下貯水槽それぞれの水をダム上流に送る為の装置として、真空装置改良型の通常ベルトの代わりに、複数の歯車を、連動作動させる事によって、ベルト切れ無の真空装置と真空装置の、モーター電気消費を、最低限抑える為の、高出力モーターを、積載内蔵した真空装置別名の高出力真空装置によって、地下貯水槽の水を、ダム上流まで、地下貯水タンク液体水から、瞬間に気化水に変えて、真空装置に取り付けられて入る送風管装置によって、気化水を、ダム上流の、水中に連続して気化水放出出来る装置を、取り付ける事によって、ダムの地下貯水池の水を、一番軽い重量の気化水によって、スクリュー配管を、通ってダム本体まで、ダム河口の発電処理水を、運ぶ事によってダム水を、循環させてダイナモ発電出来る装置を、積載内蔵した請求項1記載の半永久連続作動の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステム。

請求項4

本発明の、半永久水力循環発電システムの水力ダイナモ水車板発電機だけの総合発電量だけでは、電気不足分の電気量を、得る為の対策として、重力式コンクリートダムコンクリート部分に、通常のソーラーパネルより、総合ソーラーパネルの発電量が、多い高出力ソーラーパネルの構造として、通常のシリコンソーラーパネル物質中に、太陽光の光の熱電子吸収を、世界最高技術レベルまで上げる為、通常ソーラーパネル材のシリコン材に、水素ガス中重水素プルトニウムガスと軽水素トリチウムガスの二つのガスの中の、太陽光の電子変換率が高い、水素中の軽水素トリチウム電子ガスのみを、通常ソーラーパネルのシリコン材に予め、シリコン溶液過程時に、軽水素トリチウム電子ガスを、混合撹拌する技術に成り、ここまでの技術だけでは、太陽光の吸収率は、良く成りシリコン電子量も多く成るが、シリコン熱電子を、効率良く電気電子変換が成らない理由として、熱の電子変換スピードが遅い為、予め、軽水素トリチウム電子入りのシリコン溶液過程時に、圧電素子磁石体粒子を、軽水素トリチウム電子入りのシリコン溶液自体が弱磁気化を、示すまで、軽水素トリチウム電子入りシリコン溶液に、圧電素子磁石体粒子を、入れて、チタン酸バリウムとシリコンと軽水素トリチウム電子ガスと木材灰入りの超軽量のガラス材の粉を、混合撹拌させて、ソーラーパネル状に、ソーラーパネル電気取り込み配線を、内蔵させて固めたソーラーパネルは、太陽光を、軽水素トリチウム電子入りシリコン材が、太陽光の瞬間吸収を、行ない瞬間吸収された光シリコン熱電子を、シリコン内の圧電素子磁石体粒子によって、光電子熱を、ソーラーパネルシリコンの圧電素子磁界線状に沿って熱電子移動擦る為、太陽光を、瞬間吸収した熱電子は、瞬間に圧電素子磁界線の磁気電子分別擦る事が出来るプラスマイナスの電気取り込み配線付の、太陽光を、世界で一番電気に変える事の出来る高出力ソーラーパネルの補助電源と水力ダムの高出力ダイナモの発電電気量を、電気配線によって多くの電気を、作る事の出来る高出力ソーラーパネルと高出力ダイナモ装置を、積載内蔵した請求項1記載の半永久連続作動の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステム。

請求項5

本発明の、半永久水力循環発電システムの補助電源の、高出力ソーラーパネルの電気量は、水力発電所の、重力式コンクリート部分全体にしか、取り付ける場所が無い為、狭い敷地内のソーラーパネルの総合発電量だけでは、平成24年時代に於いては電気不足の為、高出力ソーラーパネルの電気配線それぞれに高出力発電回路装置の電気配線を、取りつけた電気増幅装置付の高出力ソーラーパネルによって、水力ダイナモ発電システムの不足分の電源を、補助発電擦る装置に成り、通常の圧電素子磁石体のチタン酸バリウムに軽水素トリチウム電子ガスを、入れた軽水素トリチウム電子ガス入りのチタン酸バリウム溶液を、使用した圧電素子磁石体シートとチタン酸バリウム溶液に軽水素トリチウム電子ガスを、軽水素トリチウム電子ガス入りのチタン酸バリウムシートの二つのシートを、交互に複数枚合わせたパネルを、別名高出力圧電素子磁石体と言い、高出力圧電素子磁石体に対して、ソーラーパネルプラス配線を、高出力圧電素子磁石体のプラス磁気部分に取り付け、高出力圧電素子磁石体の、プラス磁気の一番弱い部分に、複数針穴形状の薄型銅板付プラス配線を、取り付ける事によって、高出力ソーラーパネルのプラス増幅電気を、得る事の出来る高出力圧電素子磁石体の高出力プラス発電回路の二本の配線を取り付けたのが、高出力プラス発電回路成り、保護絶縁体カバー装置が、取り付けられた高出力ブラス発電回路に成り、ソーラーパネルマイナス配線を、高出力圧電素子磁石体のマイナス磁気部分に取り付け、高出力圧電素子磁石体の、マイナス磁気の一番弱い部分に、複数針穴形状の薄型の銅板付マイナス配線を、取り付ける事によって、高出力ソーラーパネルのマイナス増幅電気を、得る事の出来る高出力圧電素子磁石体の高出力マイナス発電回路の二本の配線を取り付けたのが、高出力マイナス発電回路成り、保護絶縁体カバー装置が、取り付けられた高出力マイナス発電回路に成り、高出力プラス発電回路と高出力マイナス発電回路を、高出力ソーラーパネル其々に取り付ける事によって、狭い場所の少ないソーラーパネルの電気を、増幅させた高出力ソーラーパネル補助発電に対しての増幅補助高出力発電回路装置と水力高出力ダイナモ発電装置を、積載内蔵した請求項1記載の半永久連続作動の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステム。

請求項6

本発明の、半永久水力循環発電システムの補助電源の説明として、水力ダム河口の高出力ダイナモ発電の有る地下貯水タンク室に連なる高出力ダイナモ水車板室では、365日中の24時間中では、高出力ダイナモ水車板は、随時回転擦る為、発電量は、少な目に成るが、水車板の先側に鋼鉄永久磁石の中間を、刳り貫いた場所に、軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体を、詰め込んで鋼鉄磁石板蓋を、被せてボルトナット止めした永久磁石に成り永久磁石を、軽めにする為、鋼鉄磁石部分の鋼鉄磁石部分を、薄くして圧電素子磁石を、大きくした構造に成る別名人工合成永久磁石体を、水車ダイナモ回転板に取り付け電磁誘導発電の原理として、水車板カバー板側に、コイル付の人工合成永久磁石体の発電電気取り込み装置を、取り付ける事に成り、水車板電磁誘導発電装置の発電した電気と水車板高出力ダイナモ発電の二種類の発電機装置によって発電擦る事の出来る装置を、積載内蔵した請求項1記載の半永久連続作動の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステム。

請求項7

本発明の、半永久水力循環発電システムのダム水循環発電システムの場合、ダム河口の地下貯水池から、高出力真空装置によって、発電処理水を、瞬間に気化させてダム本体の水中に戻す際、大量の熱が発生する為、ダム水の蒸発が懸念され、太陽光のダム水の太陽光熱吸収のダム水蒸発を、少なく擦る為に、木材灰入りのナイロン糸で編んだ超軽量糸に、予め木材灰とナイロン溶液撹拌合成時に固形窒素を、入れた固形窒素木材灰入り合成ナイロン糸で、編んだ布に対してドーナツ状の発砲スチロールに、固形窒素木材灰入り合成ナイロン糸布を、被せた発砲スチロールの崩壊防止対策を、したドーナツ状の発砲スチロールを、固形窒素木材灰入り合成ナイロン糸布の下側に、複数貼り付ける構造にする事によって夏場は太陽光を、吸収しづらくして、冬場の、が、積もった場合は、平均に沈んで雪が、ダム水で溶ける構造に擦る事によって、ダム水の枯渇を、防ぐ事によって、安定したダム水の循環発電システム装置を、積載内蔵した請求項1記載の半永久連続作動の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステム。

請求項8

本発明の、半永久水力循環発電システムの、重力式のコンクリートダムを、半永久に壊さないコンクリートダム構造に擦る為に、高度地震で曲がる現在まで、使用されてきた通常の鉄材セパ材を、鋼鉄セパ材として、今まで使用されて来たセパ材が、おれない様に擦る為、二倍の太さ構造として、セパ材が、地震等で回転しない構造に擦る為、円柱構造から、六角構造の金属表面が、凹凸の有る構造として予め、錆び止め材が厚塗りした雨風に錆びない部品構造とし鉄筋等は、鋼鉄鉄筋の鉄筋表面部が凹凸の有る鋼鉄金属とし、予め錆び止め材が塗られた地震に強い鉄筋を、使用したコンクリートに成り、コンクリートの枠は、厚さ30センチ程のコンクリートの太陽光劣化防止パネルとして、太陽光遮断太陽熱遮断を、目的とした固形窒素とビニールガラスの撹拌合成パネルに成り、雨風によるコンクリートの削り劣化防止対策を、行なったコンクリートを、真空保管と太陽光遮断によって、コンクリートの劣化を、防ぎ、半永久にコンクリートダムを、壊さないダム水を、半永久に溜める事の出来る構造装置を、積載内蔵した請求項1記載の半永久連続作動の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステム。

技術分野

0001

考案は、2012年の電力不足対策技術と日本全国の貧困家庭の国の借金全額返済税金返済手段と都道府県市町村区の全額借金返済手段としての水力発電所の連続循環融合発電ステムに付いての群県の八ッ場ダム発電量増幅電力アップ技術の説明。
そして、2012年3月24日土曜日pm22時夏場電力対策として実用新案登録準備とすでに日本の電力の株主総会入場権利を、得る事による発言権によって国民原子力廃棄物を、含めた危機に対する安全確認を、日本の電力会社の株主総会に対して今後、原子力事故再発した時の日本の電力会社従業員責任対処回答を、求めより安全な電気とより安全な低価格電気の高出力ダイナモによる増幅電力技術によって脱原子力発電システムを、目指す事と安全な水力発電の都道府県の買い取りによって、全国の日本電力会社の原子力発電システムの廃棄物処理技術の公開と廃棄物処理地の公開と廃棄物処理地の永遠保障額の国民公開と万が一事故が起きた場合に対しての、全国の電力会社の保証の方法の公開と保証額の公開を、求める事によって安心出来る安定生活に対しての弱者国民一人一人の安定低価格電気供給量維持生活権を、目指す事と著作権技術の勝手に盗作使用の禁止を、目的する世界最新技術

背景技術

0002

従来の、半永久水力発電システム水力ダムの上の水は、水力ダムのストレート管を、通じて通常ダイナモ水車板を、回転させてダイナモ発電及び電磁誘導発電を、行っても火力発電原子力発電によって不足分の電力を、得る技術と電気使用の少ない夜の間に昼間発電した河口貯水池の水を、大型水中ポンプの大量の電気使用によって水を、再びダムの上部まで水を、運んで昼間再び発電する半永久循環作動発電の技術でも現在の電気需要時代の電気供給量を、賄う事が出来なかった。(例えば、特許文献3参照。特許文献4参照。)。

0003

従来の半永久の水力発電システムのダム敷地内は、無料ソーラーパネル設置場所が有ってもソーラーパネルの設置案は採用されない理由としてソーラーパネルの総合発電量が少ない為、発電量から得る事の出来る利益だけではソーラーパネル設置維持費用人件費を、賄うだけのソーラーパネルの総合発電量を、得る事の出来る技術が公開特許権技術と著作権技術に存在してなかった。(例えば特許文献2参照。特許献4参照。)。

0004

本来ソーラーパネルは、太陽光によって得る事の出来る発電エネルギーに成り、従って言うならば太陽が昇って沈む事の半永久の繰り返しの発電システムだが、現在の他社の技術では太陽光のみの発電システムに成り、過去の古いタイプの青色ソーラーシリコンパネルから紺色のソーラーシリコンパネル技術止まりなのも、全世界含めての黒色ソーラーパネルの特許権及び著作権が他社に有る又は、存在する事の為、紺色のソーラーパネル技術止まりだがおそらく推定で二割程度の発電量アップ技術止まりに成り、シャープ製の携帯電話炭素シリコンは炭素の量が多すぎる為、紺色ソーラーパネルの発電量と変わらない技術の為か消費者余り人気の無い商品つまり、ソーラーパネルの総合発電が少ない為、ソーラーパネル付きの携帯電話の需要率は少ないのも電気の質の探求心と理解力の考え方の違いによって現在の電気事情としか考え用無いのも現在の事実の一つで有り、もう少し簡単に安く低コストで多くの電気を、得たいのが、誰もが望んでいるの一つだと言える。
化石燃料石炭重油もやがては化石燃料の枯渇する事実が明白で有り、アラ石油は100年以上枯渇しないとの今から40年前の報道も現在は余り石油の産出は無いのも現状で有り、インドシアの石油の減少とアメリカ合衆国の石油の枯渇に成り、現在は、中国が石油を、堀出しても中国本土の使用分もやがて石油の枯渇の日が来るのも明白で有る。(例えば特許文献2参照。特許文献4参照。)。

0005

従来の、水力発電に使用する発電水車板に落下水を、送るのだが今まで水管はストレート管の為、水の落下スピードエネルギーしか得られない為、水力発電ダムの場所を、選ぶだけで無く少ないダイナモ発電電気量しか得られない現状で有り、例えば超高速2連結以上水ポンプなどとスクリュー管を、使用すると平地でも水車板の大型ダイナモミッション歯車発電が可能になるがストレート管と通常ダイナモでは多くのダイナモ発電量が見込めない為、超小型の高出力ダイナモの増幅発電試験とスクリュー管の水加速試験を、行うべきなのかに対して2012年現在は、間違いなく電力不足の事実に対して国の機関は改善したりして安全な電気を、国民一人一人に安定供給しなければ成らない国の官義務に成り、説明がなければ人権無視に成るのだが少し現在の電力状況を、考えてほしいのは国及び地方税が上りっぱなしに成り税金の高騰を、ストップさせる対策に成る。(例えば、特許文献3参照。特許文献4参照。)。

0006

従来の、水力発電に使用する発電後発電処理水を、上のダムまで発電処理水を、送る技術として複数の大型水中ポンプを、複数段階に分けて水力発電ダム上部まで水を、送っていたが大量の電気代が掛かるのも事実で有ったが水を、真空装置によって瞬間気化水つまり、低温蒸気水に瞬時に変えてスクリュー管及びスクリュー管を、使用して水力ダム本体の水中に水の瞬間気化水を、水中放出する事で水の気化水は空気中に放出する事無く再び瞬時に水の気化水は水に戻る事が出来る技術は余り勾配の無い川の増水対策の発電装置としても使用利用の期待が高まるが国の官庁の新技術の発電システムの技術の理解力と大学卒以外の新技術を、増水災害防止対策と川の水の瞬間濾過によって固形有害物つまり洗剤カスとか川水泥汚れなどを、瞬時に取り除けるのも特徴の一つに成る。(例えば、特許文献1参照。特許文献7参照。)。

0007

従来の水力発電所で自然発生するダムの水打撃による水蒸気発生エネルギーと水力ダム水面の太陽光によるダム水自然蒸発エネルギーは、エネルギー回収しないまま捨てている現状だけで有り、ガス会社プロパンガス水素と空気酸素の発電システム及自動車会社の液体マグネシウムを使った水素と酸素の瞬間吸収発電装置などの特許権契約状況及び著作権契約状況の特許権使用料金確認と国民公開の上で、電力不足対策として国の機関は電力不足の対策を、講じなければ成らない。(例えば、特許文献1参照。特許文献7参照。)。
この場合、海外特許権使用に対しの海外特許権使用料金の公開義務に成らなければ、企業の利益に対しての、海外特許権使用料金の支払い額の事実の支払い金の公開に於いての商品買い取り購入で無ければ特許権商品と明示されない商品は過去の特許権商品の特許権切れ商品の取り扱いに成る為、特許権番号の公開と残りの特許権年数の公開によって依り安い商品の安心な購入に対する国民の財産を、守る企業の特許権を、名乗る特開技術の特許権請求する企業の特許権料金請求の詐欺行為犯罪を、防止する為の国の残り特許権の企業の特許庁電子図書館特許公報公開責務及び完全公開義務と企業側の特許権明示無の企業側の特許権料金請求の横領罪適用の消費者省のマスコミ報道を、使った特許権使用利用金に対する特許権年数の公開による特許権切れから始まる新しい特許権書き時代の国民の説明と、一度終えた特許権に対する新たな特許権に対する低下価格設定特許料金の国の企業税金回収の観点からの特許権切れに対しての新しい特許権料金発生に対しての国の料金設定判断の消費者省設置義務によって、企業特許権の海外特許権使用利益による海外所得税の回収し易く擦る為の企業特許権取得済の財産に対してのみ特許権の海外特許提出の全額無料制度と新しい税金回収に対しての海外特許権の利益税などの増え続ける国の借金返済の為の企業側の純利益の対策案としなければ成らない。
平成24年9月15日の増税と騒がれる特許権番号を、明示しないテレビマスコミとテレビマスコミの企業の不当な、商品利益回収の対策方法の説明と電気料金の値上げに対しての今まで都道府県が水力発電所と原子力発電所に半分近く支払って来た事実に対して、国民が水力発電所と原子力発電所の本当の所有者の再確認の為の料金と言うお金の有り方の平等な生活権の確認の為の説明確認。

0008

登録実用新案第3114491号の二連結以上モーター
特許公開2012-187001号のテレビ局の目と有識者の目と大学教授の目と共に国民の電気エネルギー危機の再チェック試作が必要と思われる電力不足危機対応の対策案の為に公開する、国の危機の全額借金返済の為の新2連振子機械式無害給油休憩発電機(半永久連続作動発電機)

0009

特許公開2012−170063号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産圧電素子補助急速充電携帯電話著作権原本

0010

特許公開2012−166951号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の生ゴミ真空装置粉末処理車著作権原本2008年5月2日PM20時40分美馬牛

0011

特許公開2012−140584号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の炭素固形フロン冷蔵庫著作権原本

0012

特許公開2012−120440号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の多機能電気自動車著作権原本コメント2008年6月25日PM14時53分8秒大雪がくきりはっきり見える程のそよ風びよりの快晴の美馬市街地余り会えない親戚自宅横の窓際で会える事と相なる。美馬牛カンキチ。

0013

特許公開2012−110727号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の最速スクリュー水電気消防装置著作権原本。

0014

特許公開2012−108140号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の化石燃料一切必要としないレントゲンカメラ放射線飛散防止パネル装置著作権原本

0015

特許公開2012−101790号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産のワンタッチ全自動エアー浮輪著作権原本

0016

特許公開2012−099506号の燃料電池発電機と総合発電量の競争を含めた国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の五種類の半永久発電装置を内蔵積載した軽水入り水循環発電型の燃料電池発電機著作権原本(別名高出力水発電機

0017

特許公開2012−097559号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の化石燃料一切必要としない高速瞬間気化処理除雪車著作権原本

0018

特許公開2012−097558号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の固形窒素プラスチックグラスフアイバーパネル著作権原本

0019

特許公開2012−094548号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の光りフアイバーブラウン官テレビ著作権原本

0020

特許公開2012−077607号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産のヘドロ処理運搬車装置の著作権原本

0021

特許公開2012−056558号のパワーアップハイブリッド車

0022

特許公開2012−052788号の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の化石燃料一切必要としない電気ストーブ著作権原本

0023

特許公開2011−233228号の多機能ビデオ著作権原本

0024

特許公開2011−215148号の電子核燃料原石核融合発電放射能廃棄物処理方法

0025

特許公開2011−209290号の多目的カーナビゲイション著作権原本と都道府県市町村区と国の全額借金返済と弱者自立社会を目指す為の2001年からの道民財産著作権原本

0026

特許公開2011−205895号の多機能情報冷暖房無休憩発電機(原子力事故及び地震事故対応型)(無害無給油の無休憩の半永久全自動動発電機型)

0027

特許公開2011−205675号の多機能携帯電話装置原本

0028

特許公開2011−202498号の一戸建て免震装置著作権原本及び国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済と弱者自立と救済の著作権技術説明の2001年からの道民財産著作権

0029

特許公開2011−155267号の超軽量高出力発電人工衛星

0030

特許公開2011−105307号の未来的電気自動車

0031

特許公開2011−064060号の日本の弱者国民救済の地震対応型多機能発電ハウスシステム

0032

特許公開2011−060294号の発電タッチパソコン

0033

特許公開2010−171943号の多機能新技術携帯電話

0034

特許公開2010−165355号の国の900兆円越えの借金全額返済の為の世界最新公共事業対策装置

0035

特許公開2006−254697号の全レールモーター制御無害無給油発電機を、使用した電気自動車

0036

特許公開2004−304993号の一度に複数の電気配線と複数の電気コイルを、持ち得た焼けないで、力のあるモーターのあり方。

0037

特許公開2004−304992号の電気から熱抵抗電気を減らして、電気を長持ちさせ電気製品に無理をかけない電気装置の有り方。(別名圧電素子4電子磁気分割装置)

0038

特許公開2004−135480号の自動充電池

0039

特許公開2003−328925号の真空装置と機械式発電機を、使った水だけの発電機

0040

登録実用新案第3168043号の高出力発電7連結以上モーター

先行技術

0041

登録実用新案第3145903号の省エネルギー水気水発電機(別名水発電機)

発明が解決しようとする課題

0042

本考案の、水力発電とソーラーパネル発電を、組み合わせ融合させた水と光の融合発電システムは2012年の電力不足対策に基づいた国の官庁からの依り安い電気量の解決対策案を、見出す事とする為の事実と貧困弱者国民の平等の生活する為の生活権利を、実施する為の技術公開での先技術確定を目指すもので有る。

0043

そして本考案は 特開2003ー328925号公報の真空装置と機械式発電機を使っただけの水発電機及び、特願2006ー254697号公報の全レールモーター制御無害無休油発電機を使用した電気自動車及び、特願2009ー271665号公報の多機能携帯電話及び、特願2010ー82号公報の国の900兆円越えの借金全額返済の為の世界最新の公共事業対策及び、特願2004ー304992号公報の圧電素子3電子磁気分割装置の電気から熱抵抗電気を減らして電気を長持ちさせて電気製品に無理をかけない電気装置の有り方及び、実用新案登録第3145903号の省エネルギー水気化水発電機の水の気化物質の瞬間吸収物質の公開の特許の特開文章のみでは、特開技術の著作権侵害と特許権侵害と特開技術と特許権切れの著作権技術の不正競争防止法違反の対策として改めて、実用新案登録申請を、行って企業の特許番号公開義務と国と都道府県市町村区の全額借金返済の為の電技術の日本国内のみの技術使用代の全額に対して国に対してのしようだけが、技術料金無料に成る事を、掲げ海外特許国全ての特許の無料提出を、国の特許庁に求める事を、掲げたシステム増幅発電技術に成る。
そして、2012年3月25日pm21時49分修正無の実用新案登録を、目指す事によって国と都道府県市町村区の電気不足を、補いたい気持ちに成る。

課題を解決するための手段

0044

本考案は2012年度現在の電力不足の対策と電気料金の値上げ対策と増税不足分対策に基づく為の水力ダムの水循環発電システムに成り、従来のコンクリートダムではコンクリートの太陽劣化によって100年間使用可能と去れてきたビル及びマンション関係が50年以内に取り壊す事態に成り高速道路鉄道などでも阪神大震災によって大きく壊れた事実の理由に対して、鉄筋の構造と鉄筋の地震試験は地震の一番多い日本で先発明された物件で無いのも事実に成り、建築及び土木技術の殆どが海外技術の為、つけが回って来た格好に成り、現在の対応策としてコンクリートに鉄板を、貼ったりする補強対策のみなのも現状で有る為、このままでは国の機関が国税を、使って再び弱者一人一人の最低生活権を、脅かす電気量値上げ及び消費税の値上げを、考えて貰う為に広く弱者国民一人一人に弱者国民一人一人の税金を、使って現在に至るまで水力ダム及び原子力発電所を、作って来たのも事実に成る。
従って、いくつか世界各国に有る世界遺産に成る原子力発電所及び水力発電所が今,現在無い事は国民の税金を、使っても生活が成り立たない不平等な現状を、満たす水力発電所構造を、目指さなければ成らない為、他人または、世界各国のマネの出来ない考案技術と日本の水力ダムが世界遺産に成りましたと言われる様な絶対に壊さない構造の水力発電所システム構造を、目指さなければ成らない事に成る。

0045

従って、第1の課題解決手段としてコンクリート劣化の原因の風雪物質に於いてコンクリート表面のコンクリート物質を、削って洗い流す事でコンクリート劣化の原因の一つに成り、対策としてグラスファイバー型枠などを、剥がさないで風雨雪から守る対策が必要に成り太陽光熱遮断の観点から白色パネルが望ましくコンクリートの真空保管酸化防止対策の観点から型枠は外さない設計構造に成り、太陽光の熱遮断の観点から固形窒素の低価格の理由に於いて固形窒素とグラスファイバー溶液を、混合撹拌合成しパネル状にして固めた固形窒素入りのグラスファイバーパネル新技術は世界各国を、探しても本考案だけなのはマスコミ紹介建造物に対して一度も型枠そのままの事実背景が無い事で有り型枠自体を、外す手間を、省く新技術方式にも成り重力式コンクリートダムの様な場合には型枠の厚さが30センチメートルにしてあるのは太陽劣化が激しい場合30センチメートルの固形窒素入りのグラスファイバーの表面を、削って補修する事も可能に成りその為、30センチメートルの厚さに成って入る。
更にセパボルトを、太くする事でソーラーパネルの金具取り付け部分を、夫にする事でソーラーパネルの取り付け固定を、丈夫にする事でソーラーパネルの取り付けを、容易にした構造に成る。

0046

その為、通常は、セパボルト材は丸セパボルトナットに成り丸セパボルトナットは丸セパ自体が回転してしまう事故が有る為丸セパの円形部分を、六角形ボルトの筒状の棒にする事によってコンクリートの接着密度を、高くする技術の為丸セパ構造を、六角柱の棒状体鋼鉄棒に変える事に成る。
その為、非常に丈夫な丸セパの錆び止め構造として六角セパの棒状の表面を、凹凸の付いた表面にする事によって錆び止め塗料が取れづらい六角セパ構造に擦る事によって風雨雪による錆び被害事故を、防止している。

0047

第2の課題解決手段として、2012年現在の電力不足の改善策として通常ダイナモの総合発電量を、多くする為、既に公開している2006—254697号公報の通常ダイナモの中心部分を、刳り貫き刳り貫いた場所に圧電素子磁石体を、入れるのが2002年8月末当時の知的所有財産の著作権の北海道庁の郵便物受理書が有る為、この時点で著作権の年月日証明が事実公開されている事実に成り2006年の時点でも日本国内には増幅発電出来る通常ダイナモの改良型技術はおそらく存在していない理由として自動車等の積載事実かマスコミテレビ報道では確認出来なかった。
しかしながら、通常ダイナモの総合発電量を、上げる為圧電素子磁石体の構造を、改良しなければこれ以上の増幅発電が不可能に成り、全世界の企業及び全世界の大学全てが常ダイナモに入れた圧電素子技術を、超える技術として新しく新技術公開してくるおそれがある為に最低限の新技術公開が必要に成る。
対策として2002年8月上旬に北海道庁及び共産党本部及び民主党本部などに著作権原本として公開して有った作品にも成る圧電素子磁石体に水素を入れた技術は水素の持ちえる爆発力に期待を、掛けて新技術の著作権登録の観点から北海道庁知事に公開して有った著作権物件に成り、但しこの時点でもプルトニウムは電気に対して高温でなければ核反応しない事実の他、水素原子の他、電子の存在までもが中学程度の知りえた学問だが水素と酸素の化学反応発電技術が中学程度の知識に対して重水素と軽水素に分かれる事を、思い出させてくれる事に成り、一度だけ水素の重水素と軽水素の物質構造を、図書館閲覧しなければ書き進めなかったのが軽水素のトリチウム電子ガス名が解らなかった事に成り、重水素プルトニウムは海水ウランなどのテレビ公開などで重水素プルトニウムは理解出来ていた。
所で現在でも水素は、重水素と軽水素に分かれる教科書説明は無いのでしょう水素ガスは燃やして使用するのでなく水素と酸素の化学反応発電擦る事によって永久的に使える物質に成り水素は重水素プルトニウムと軽水素トリチウム電子に分けて考えてこそ水素技術の新しい新技術の始まりに成ると言える。
未だ、水素の燃焼力は強いのはいがめないのも事実に成る。
本題の、圧電素子磁石体に軽水素トリチウ電子ムを、入れるだけ入れなければ発電回路効力を、示さない事と圧電素子自体圧電効果を、高める為他社が絶対マネの出来ない技術の圧電素子磁石体のチタン酸バリウム軽水素トリチウム電子ガスを入れるだけ入れた軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体シートと軽水素トリウム電子を、予定量以上入れる海外すべての大学及び企業が絶対にマネの出来ない技術のチタン酸バリウム溶液に軽水素トリチウム電子ガスを、入れるだけ入れた軽水素トリチウム電子入りチタン酸バリウムシートの二種類のシートを交互に貼り合わせた軽水素トリチウム電子タップリの圧電素子磁石体の圧電素子の世界各国の技術者の使用目的と異なった使い方の中で現在、公開中の実用新案登録済の高出力7連結以上モーターの高出力新技術を、高出力ダイナモの新技術応用に成り現在公開中のパワーアップハイブリット技術の2012−056558号では発電回路の原本著作権証明が特許庁の総務部の印鑑付の書面参考図面が有り、この当時は圧電素子磁石体のチタン酸バリウムに軽水素トリチウム電子を入れるだけ入れる技術止まりだが実際に通常圧電素子磁石体に電気を、通しても何も変わらないのは事実に成に成るが圧電素子磁石体に電子集合体の軽水素トリチウム電子ガスを、規定量以上入れる事によって圧電素子磁石体の軽水素トリチウム電子効果によって通常電気を、通しただけで電気増幅発電擦る事に成る。
これが高出力圧電素子磁石体の電気打撃圧電効果に成る。

0048

従って、高出力ダイナモの構造として通常ダイナモの中心部分を、刳り貫いた部分に、圧電素子磁石体のチタン酸バリウム溶液に軽水素トリチウム電子ガスを、混合撹拌して、黒雲母の粉及び、リサイクルガラスの粉及び木材灰とガラス溶解撹拌合成物を、冷やして粉にした超軽量ガラスなどを、軽水素トリチウム電子入りの
圧電素子磁石体シートと軽水素トリチウム電子ガスを、入れたチタン酸バリウム撹拌合成溶液を、シートにした二種類の異なった軽水素入りのシートを、交互に貼り合わせた圧電素子磁石体を、高出力圧電素子磁石体と命名し、この高出力圧電素子磁石体を、通常ダイナモの中心部分を、刳り貫いた部分に、高出力圧電素子磁石体を、入れて蓋の場合は、金属の蓋なら壊れづらい為、形が壊れない金属ならば、全て良い事に成り、軽量パネルとして、木材灰入りグラスファイバーパネルの代用品に成る。
その為、軽水素トリチウム電子入りの圧電素子別名の高出力圧電素子磁石体入りのダイナモは、通常ダイナモの発電擦る電気打撃発電によって、通常ダイナモの総合発電量より、多いダイナモ発電電気を、得る事の出来るダイナモ装置に成る。
ダイナモのコイル配線は、既に公開済の高出力銅筒管コイル装置に成り、銅筒管のコイル配線官に入れる物質は、燃えづらい気化ガスと炭素及びケイ素及びホー素
及び石灰及び木材灰及び木材粒子及び土物質材などに、軽水素トリチウム電子以外の水素ガス以外アルゴンガス以外ネオンガス以外臭素ガス以外アンモニアガス以外など、窒素ガスなどの気化ガスを、炭素及びケイ素及び石灰及び木材灰及び木材粒子及び土物質材等と、気化物質を、混合撹拌した混合物質を、銅筒管コイル配線に入れて電気を、通した場合、通常の銅コイル配線より、電気の流れが速く、おそらく電気抵抗ゼロに近く成るが、高出力銅筒管コイル配線には、消費電力に、差が出て来る理由として、圧電素子磁石体自体が、電子を、圧電行為で、電子発生出来る素子体を、圧電素子磁石体に成り、圧電素子磁石体のチタン酸バリウムに軽水素
トリチウム電子ガスは、電子ガスの為、圧電素子に内蔵擦る事によって圧電による電子発生量を、多く擦る為の技術に成る。

0049

第3の課題解決手段として、確かに通常ダイナモを、高出力ダイナモに変えても、総合発電量は、通常のダイナモ総合発電量より、上がるのは明白で有るが、発電量が、多い程良い為、通常ダイナモの回転体を、水車板ミッションシステムに変える事で、大きくて重いダイナモを、直接回転させるより、ミッション歯車の増幅回転とは、水車板に取り付く歯車を、小さくして連動させる歯車を、大きくしたりする技術に成り、古い自動巻き時計歯車システムの増幅歯車回転システム等の技術応用として、超軽量の穴空き歯車装置は、歯車軸と円状歯車を、組み合わせた軽量歯車に成り、鋼鉄軸と鋼鉄歯車部分を、埋める鉄枠部分には、アルミニウム金属によって、計量化されている歯車構造に成る。
従って、高出力ダイナモは、複数連動歯車を、経て歯車軸に、高出力ダイナモが、取り付く構造に成り、歯車軸には、超軽量の圧電素子磁石体を、使った高出力圧電素子磁石体は、超軽量圧電素子磁石体構造の。黒雲母石の粉の代わりに、再生ガラス溶液に、木材灰及び雑草灰及び生ごみ灰を、再生ガラス溶液と混合撹拌して、冷やして固めたのを、再び粉にした超軽量再生ガラス粉と軽水素トリチウム電子ガス入りのチタン酸バリウム溶液混合合成の、超軽量高出力圧電素子磁石体を、使用した超薄複数針穴形状の、ステンレス板で、超軽量高出力圧電素子磁石体を、崩れ防止対策として、超軽量高出力圧電素子磁石体自体を、包み込んで防護した高出力圧電素子磁石体を、超軽量連動歯車軸にボルト固定して、高出力電磁誘導発電体構造として、歯車軸に取り付いた高出力圧電素子磁石体の回転力によって、電磁誘導連続発電出来る構造として、高出力銅筒管コイル装置と高出力電磁石構造の電磁誘導発電出来る装置を、連動歯車に取り付けて有る高出力圧電素子磁石体の周囲の3カ所に取り付けた高出力電磁誘導発電体装置によって、無理なく少量の電気を、高出力電磁誘導発電装置によって得る事が出来る。

0050

第4の課題解決手段として、原子力発電を、ゼロに擦る為に、一般の水力発電システムの総合発電量を、二倍以上にしなければ成らなくなり、その為の新技術の追加技術として、狭い敷地内でも、他のソーラーパネルより、増幅発電可能な高出力ソーラーパネルの説明を、始める。
最近、ソーラーパネル屋根売電及び充電による蓄電バッテリー方式のテレビマスコミ報道が、盛んに成って来ていると同時に、資源消費資源枯渇を、避けた未来的発電に対する既に、公開に成って入る高出力ソーラーパネル技術説明に成るが、従来のシリコン素子を、使用したソーラーパネル発電量では、従来のシリコンの色を、青系の水色から、青系の濃い但しぐんじょ色のシリコン素子パネルを、使ったソーラーパネルが、本流の様子で有り、炭素黒炭入りのシリコンソーラーパネルは、不思議と商品として、目立たなく成ったのが現状で有り、黒炭入りの炭素入りシリコンソーラーパネルの、3社の内の海外工場を、閉鎖する日本企業が出てきているのも、知的所有財産の不正競争防止法と先新技術の著作権新技術の盗作などから、どうやら日本企業が事実上、撤退して止めて来ているのも事実の様で有る。
所で、太陽光を、例えば、炭素シリコンにした場合、太陽光吸収率は、良く成るが、シリコン全体が、温まり過ぎると、光電子を、電気変換する率が、悪く成る。
問題点として、太陽光瞬間吸収した炭素シリコンパネル熱電子が、電気変換する場合、光が電子に変わらないで光が熱に変わる為、光の電子変換率が、悪い要因に成る。
従って、光を、吸収する側のシリコンの改善策として、世界で初めての技術として、水素を、入れる技術に成り、水素では、水素中の重水素プルトニウムは、太陽光吸収温度では、化学変化しない為、水素中の重水素プルトニウムは、不必要の物質に成る為、水素中から、重水素を、取り除いた軽水素トリチウム電子ガスは、電子の集合体の為、シリコン素子に、混合撹拌した軽水素トリチウム電子ガス入りのシリコンは、光の瞬間吸収だけで無く、シリコン全体に与える温度吸収を、し易く擦る為、太陽光の熱吸収した熱を、多く電子変換出来るのも、軽水素トリチウム電子ガス入りのシリコンの軽水素トリチウム電子ガス効果に成り、この技術は、日本の企業に、絶対に無い世界最新技術の、特許性に於いても、世界特許性の濃い世界最新技術に成る。
更なる問題点として、光と熱吸収を、行なった軽水素電子の電気変換スピードを早める技術が、必要視されている為、既に公開している技術に成るが、圧電素子磁石体の電子発生素子装置の磁気の磁界線効果を、使った磁気電子効果によって、シリコン内の軽水素電子は、予め、軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体粒子混合撹拌のシリコン内の光り電子は、圧電素子磁石体の磁界線効果によって、瞬時にプラス光熱電子とマイナス光熱電子に分ける事が可能に成った為、依り多くの光り電子を、電子電気変換する為、世界各国のソーラーパネルの発電技術の全ての技術の最先端トップ技術に成り、おそらく、現在、世界各国で、使われているソーラーパネルの総合発電量の2倍近くのソーラーパネルの総合発電量を、得る事が出来る日本国内の全企業に無い世界最新ソーラーパネル新技術に成り、高出力発電のソーラーパネルの為、電気製品などの設置による世界の電気製品の販売の全ての、50パーセント以上の販売を、可能にする世界最新のソーラーパネルの高出力新技術説明に成る。

0051

第5の課題解決手段として、確かに、水力発電に、高出力ダイナモ発電装置技術と高出力電磁誘導発電技術と高出力ソーラーパネル技術にした場合、今までの水力発電所の敷地面積で賄う事が出来る新技術応用に成るが、現在の、電力不足解消に対して、既に公開済の、高出力発電回路技術は、全世界に、未だ無い技術賭して、圧電素子磁石体の改良タイプの既に、紹介した高出力圧電素子磁石体を、使った高出力発電回路の技術は、実用新案登録済の技術に成り、通常の電気配線の、プラス配線マイナス配線それぞれに、高出力発電回路装置を、取り付ける世界最新技術に成り、水力発電所全体だけでなく、各家庭の、電気配線に取り付けるだけで、増幅発電を、可能にした世界最新技術に成り、ここまでの、水力発電の電気増幅発電ダムシステムに成り、原子力発電所を、必要とせず、天然火力資源の枯渇を、進める
火力発電所も、必要としない世界最新の増幅発電技術に成り、天然資源の石炭及び石油及び天然ガス及び原子力核燃料を、一切使わない技術としも、テレビマスコミ及び新聞マスコミが、資源の無い日本国に必要な世界最新技術として、日本の各大学に、マスコミメデアが、試作依頼しても、不思議でない電気増幅発電技術に成る。

0052

第6の課題解決手段として、誰でも知りえて入る電気現象として通常の電気中には必ず、電気抵抗電気が、存在して、家電製品すべての故障の原因に成る一つの電気現象事実で有り、電気抵抗ゼロの電気が、全ての家庭に電気として流れた場合、総合電気消費量は、現在の電気使用に対して電気抵抗ゼロ電気使用の場合は、電気の総合消費量を、少なく成るのは、誰でも知りえた解り易い電気抵抗ゼロ技術に成る。
この場合、通常電気中の電気抵抗を、取り除く世界技術として、マイナス250度以上のマイナス下のヘリウムガスを、使った通常電気を、冷やす技術に成り、お金と、ヘリウムガス資源が少なくて高い為、日本国全体では、使用不可能に成る。
その為、現在、実用新案登録公開済の世界最新技術として、高出力銅筒管コイル電気配線技術は、銅筒管配線の中に、圧電素子磁石体粒子と軽水素トリチウム電子を、混合合成した軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子を、銅筒管コイル配線内に内蔵して、電気配線絶縁体表皮を、被せた技術配線は、高出力銅筒管コイル配線中の。圧電素子磁石体自体が、圧電効果によって、電子発生を、可能にする物質だと言う事実に対して、電気電子の集合体ガスの軽水素トリチウム電子ガスは、電気と同じレベルの電子に成り、圧電素子磁石体に、軽水素トリチウム電子ガスを、混合合成させる事によって、電気と同じレベルの物質素子体を、銅線の中に内蔵出来た世界最新技術の電気配線に通常電気を、通す事によって電気抵抗ゼロの流れを、可能にした世界初の、超電導配線を、超えた電気抵抗ゼロ配線の世界最新技術に成る。
問題点は、電気配線の加工賃金が、高く付く為、電気料金に上乗せされる為、一般家庭までの、鉄塔配線及び電柱配線としては、安く済む炭素炭または、石灰粉に軽水素トリチウム電子を、入れた物質を、銅筒管コイル配線に内蔵させた銅筒管配線の内容物の異なる電気配線は、銅線のみ場合、風などで伸びる為、銅とアルミニウム合金の筒配線の中に軽水素トリチウム電子入りガスの炭素配線でも、電気抵抗が、掛からないが、燃焼防止の為、石灰粉と炭素粉合成材に、軽水素トリチウム電子ガスを、入れたアルミニウム銅合金筒配線の中に軽水素トリチウム電子入りの炭素石灰合成の電気配線などが、電柱配線の主要配線として今後期待出来る世界最新の、電気抵抗ゼロに出来る技術説明に成る。

0053

第7の課題解決手段として、確かに、電気抵抗ゼロに出来る高出力銅筒管コイル電気配線に、日本中の電気配線を、変える為には、多額の金が掛かる為、直ぐには。書き換わらない世界最新技術が、高出力銅筒管コイル電気配線技術で有るが、あくまでも、電気抵抗の含まれた通常電気使用の現状に成る為、世界で、未だ試みられて無い技術として、通常の電気中の熱電気のみを、取り除く世界最新技術に成り、既に,実用新案登録済技術に成り、特開公開新技術にも成るが、世界で、いち早く
実用化を、求められて入る世界初の技術に成り、新技術発想として通常プラス電気を、圧電素子磁石体のプラス磁石体に通常プラス電気を通す事によって通常プラス電気を、プラス磁気電気化に成るのは、ある程度の学問知識者なら、納得出来る世界最新技術一つ手前の技術に成り、通常マイナス電気に於いても、通常マイナス電気を、圧電素子磁石体のマイナス磁石体に通常マイナス電気を通す事によって、通常マイナス電気を、マイナス磁気電気化に成るのは、ある程度の学問知識者なら、納得出来る世界最新技術一つ手前の技術に成り、通常マイナス電気と通常プラス電気を、磁気電気変換する事が出来た上でここからが世界最新の技術に成り、世界の電気技術者誰もが気づかずに居た技術とは、通常のプラス磁気電気と通常のマイナス磁気電気を、通常のプラス磁気の強い磁気電気と通常のプラス磁気の弱い磁気電気に分ける事が、可能に成った事実と通常のマイナス磁気の強い磁気電気と通常のマイナス磁気の弱い磁気電気に分ける事が、可能に成った事実によって、実用新案登録済新技術の、圧電素子4電子磁気分割装置技術に成り、通常電気中の熱抵抗電気のみを、取り除ける技術は日本全国の全企業及び世界各国の全企業が、現在も、開発中の、超電導配線の物質探しと物質技術開発の世界企業特許権戦争と世界大学の全ての新技術開発特許権戦争が、現在、続いて入る現状の中で、小さな窒素ガス入りの超軽量圧電素子磁石体を、使った簡単な電気装置に、通常プラス電気取り込み配線を、圧電素子磁石体のプラス磁気の一番弱い部分に取り付ける事によって通常プラス電気を、プラス磁気電気化する事が出来て、圧電素子磁石体のプラス磁気の一番強い部分に取り付けられて入る電気配線から、電気磁気のプラス磁気の弱い磁気電気の入って無いプラス磁気の強い磁気だけを、電気配線に流す事が可能に成り、プラス磁気電気の一番弱い磁気電気の入って無い電気だけ、通常のプラス電気から取り除く技術が成立し、プラス圧電素子磁気の弱い部分に集まっている熱抵抗プラス磁気は、リサイクルプラス電気として、圧電素子磁石体のプラス磁石体の、磁気の一番弱い部分にリサイクル窒素ガス入りの圧電素子磁石体粒子入りの銅筒管コイル配線などによって、再び通常プラス電気として、使用される事に成り、小さな窒素ガス入りの超軽量圧電素子磁石体を、使った簡単な電気装置に通常マイナス電気取り込み配線を、圧電素子磁石体のマイナス磁気の一番弱い部分に取り付ける事によって通常マイナス電気を、マイナス磁気電気化する事が出来て、圧電素子磁石体のマイナス磁気の一番強い部分に取り付けられて入る電気配線から、電気磁気のマイナス磁気の弱い磁気電気の入って無いマイナス磁気の強い磁気だけを、電気配線に流す事が可能に成り、マイナス磁気電気の一番弱い磁気電気の入って無い電気だけ、通常のマイナス電気から取り除く技術が成立し、マイナス圧電素子磁気の弱い部分に集まっている熱抵抗マイナス磁気は、リサイクルマイナス電気として、圧電素子磁石体のマイナス磁石体の、磁気の一番弱い部分にリサイクル窒素ガス入りの圧電素子磁石体粒子入りの銅筒管コイル配線などによって、再び通常マイナス電気として、使用される事に成る世界で、一度も試みなかった一度通常電気を、磁気電気に変えてから、熱抵抗磁気電気のみを、圧電素子磁石体と電気配線と窒素ガスのみで、通常電気中の熱抵抗電気のみを、取り除く世界初の新技術に成り、世界特許性の高い技術に成り、電気回路及び電気配線に取り付け易い電気中の熱抵抗電気取り除き装置に成り、2002年9月から10月の著作権新技術に成り、特開として、公開済の技術と実用新案登録済の技術に成り、水力発電の電気増幅発電システムに欠かせない電気システム新技術に成り、日本全国の企業と世界各国の企業が、探し求めて来た新技術の中でも、超電導配線の技術費出資に、世界各国の大学と企業が、新技術の公開説明戦争の真最中の中での、勝ち組の勝者に成り、世界各国と日本企業全てが、勝手に使用設置出来ない簡単な圧電素子4電子磁気分割装置に成り、今後、世界各国の企業が、圧電素子4電子磁気分割の名前を、変えて無断使用設置に於いて、違法な、著作権先新技術の無断使用の脱税利益による、日本国と都道府県市町村区の全額借金返済が遅れる事を、恐れる今日このに成る。

0054

第8の課題解決手段として、日中の電気使用の多い時間帯を、避けて現在、夜に日中発電した発電残水は、夜に大型水中ポンプを、複数台使用して、階段上に設置されている複数の小型水タンクの大型水中ポンプそれぞれを、フル作動させて。日中の水車板ダイナモ発電後の発電処理水を、夜に水を。汲み上げるのが、世界共通揚力式ダムになるが、誰もが、気が付くのは、水を、汲みあげるのに電気消費が、多過ぎる事と、この技術が、海外から来た時は、日本中で、水力発電所ダムが、可なり多く作られてからに成り、黒部ダムの新しい場所に設置されたのも記憶に有るが、現在、数か所の水循環発電方式として、後つけの水循環発電方式として、
複数の水力ダムが、有る現状に成るが、水を、汲みあげるだけの技術として、高出力モーター及び高出力Dcブラシレスレールモーターを、内蔵した水中ポンプ設置に於いても、今までの水中ポンプより、可なり電気消費を、少なく出来るのが、現在公開中の実用新案登録済の高出力モーター技術使用効果によって電気消費を、少なく出来るのも間違い無の、今まで全世界に無かった高出力モーター技術に成り、今後、全世界のモーターシエアー全ての勝ち組に成る技術に成り、銅筒管コイル配線の筒の中にレアアース金属を、入れた類遺品技術でも高出力銅筒管コイル配線より、電気スピードが遅く成り、電気抵抗も撚り多く発生する事実に成り、水力ダムの、水循環発電ダム方式に成る。
確かに、水中ポンプを、高出力水中ポンプに変えたとしても、水の汲み上げに使用する電気量は、まだ、減らす事に成り、現在の、液体水の水中ポンプ移動技術では、水の移動時間が掛かり過ぎる為、液体水移動から気化水移動技術に擦る事で液体水移動より、気化水移動の方が水の移動スピードを、上げる事が出来る最新技術説明に成る。
従って、気化水を、連続して送る場合、風の送風によって、気化水を、気化水送風スクリュー管を、通して気化水を、送る技術も世界初の技術に成り、気化水は、真空装置で、瞬時に液体水〜気化水に変える訳だが、一度にスクリュー水管を、通して送れる分だけ、発電残水を、気化出来る分だけを、連続して水を、気化させる真空装置の全自動タイマーリレー装置技術は、一定量の気化水を、作って所定の配管まで送って、一度、高出力電動モーター仕切り弁装置によって、真空装置側の配管モーター弁を、一度閉じてから、高出力モーターを、使った送風装置の配管によって、一定量の気化水を、ダム本体の水中まで、送る事が出来る装置説明に成る。
この、水の気化水の連続送りシステムが、世界初の液体水を、気化水に変えて送る水循環送りシステム概要説明に成る。

発明の効果

0055

上述の様に、本考案の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステムの水車板軸による高出力ダイナモ回転発電と高出力電磁誘導発電装置の発電量と水力ダム本体に取り付けて有る高出力ソーラーパネルの補助発電装置と高出力ソーラーパネル配線に取り付けられている高出力発電回路技術の電気増幅発電装置によって、今まで全世界で作られ稼働して来た水力ダムシステムの総合発電量を、上回る水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステムによって、現在、不足気味電力増幅技術によって原子力発電所の全面停止と火力発電所の縮小と火力発電所の最終的に廃止する事を、目的とし資源枯渇を、防ぎ、地上の地上温度上昇を、防ぎ、二酸化炭素の排出を、防ぐ事を、クリアー擦る為の半永久の水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステムに成る。

0056

第1の産業上の利用可能性として、高出力ダイナモ技術は、水力ダムの発電装置だけで無く、火力発電所の蒸気タービンによって連続回転して発電する蒸気タービンプロペラ板軸回転連続発電装置の通常ダイナモから、高出力ダイナモに変えただけで今まで以上の発電量を、火力発電所の蒸気タービンダイナモ発電装置を、高出力ダイナモ装置に変える事で増幅発電電気を、得る事が出来て、火力発電所を、増やす事と、火力発電所の建設費を、無くす事の出来る世界最新の、高出力ダイナモ技術に成り、原子力発電所の熱発電タービン装置の通常のダイナモ発電装置を、高出力ダイナモ発電装置に変えるだけで原子力発電所を、増やさないで済む世界最新の高出力ダイナモ技術に成る。
この他、及び建設機械全体及び、自動車等の、通常ダイナモから、高出力ダイナモに変えるだけで、ハイブリット車走行距離を、伸ばす事の出来る世界最新の
ダイナモ技術に成る。

0057

第2の産業上の利用可能性として、高出力電磁誘導発電装置は、自動車の無理なく発電させる事の出来るモーター軸及び車輪軸などに、高出力電磁誘導発電装置を、取り付ける事によって、新技術の電気自動車発電システムとして、全世界の自動車販売業界のトップ技術成る事に成る。
この他、プロペラ飛行機のプロペラ飛行機のプロペラ回転軸に、高出力電磁誘導発電装置を、取り付ける事によって、補助発電装置として、世界最新の電気プロペラ飛行機の、補助電源装置によって、撚り早く、電気飛行機を、飛ばす事が出来る。
更に、風力発電装置の軸部分に、高出力電磁誘導発電装置を、取り付ける事によって、現在の通常ダイナモ風力発電装置から、風力高出力ダイナモプラス高出力電磁誘導発電装置のダブル風力発電と高出力ソーラーパネル発電と高出力発電回路発電のフォース風力発電装置の4つの発電システムを、備えた風力発電技術が、世界トップレベルの風力発電装置として、世界の不足分の電気エネルギーを、確保出来る世界最新技術の応用説明に成る。

0058

第3の産業上の利用可能性として、高出力ソーラーパネル応用として、現在、進められている全国のソーラーパネルの総合発電量技術で、世界トップ技術に成り、日本トップ技術に成り、高出力発電回路システムを、高出力ソーラーパネルと一般家庭電気配線と蓄電バッテリー電気配線にそれぞれ、高出力発電回路装置技術の配線全自動切り替え装置を、取り付ける事によって、夜でも、売電事業を、日本全国のみならず、全世界でも、可能に出来る化石燃料と核燃料を、燃やさないで、発電出来る水力循環発電システムの電気増幅発電ダムシステムの高出力発電回路の世界トップレベルの世界最新技術の技術応用説明に成る。

0059

第4の産業上の利用可能性として、高出力発電回路の技術は、圧電素子磁石体の圧電効果の装置に、軽水素トリチウム電子を、入れるだけ軽水素トリチウム電子を、入れた圧電素子磁石体の高出力圧電素子磁石体に成り、特開公開中作品と実用新案登録済作品に成り、2012年の様な電気不足対応策として、一般家庭のブレーカー装置の家庭に取り込む電気配線内に高出力発電回路に固形窒素入りコンクリート材カバーと固形窒素と澱粉のり成分と固形窒素を、撹拌合成したシートで、電気熱上昇を、抑え、セラミックカバーなどで、電気熱上昇を、避けた高出力発電回路を、一般家庭に取り付ける事によって、安い電気を、得る事が出来る。

0060

第5の産業上の利用可能性として、高出力真空装置は、通常の真空装置と異なり、ベルトの代わりに、複数歯車連結及びワイヤ入りベルト構造に対して、高出力電動モーター仕切り弁装置と高出力モーターと高出力銅筒管配線とスクリュー配管と圧電素子4電子磁気分割装置などを、取り付けた高出力真空装置は、瞬間木材乾燥装置として、利用の著作権技術及び、積雪地帯の、瞬間除雪機に高出力真空装置を、設置した除雪機に成り、この他、澱粉かす瞬間乾燥装置及び鶏糞瞬間乾燥装置及び
生ゴミ瞬間乾燥装置及び、ヘドロ瞬間乾燥装置及び、牧草瞬間乾燥装置及び、海水及び川水の瞬間濾過装置及び放射線水の瞬間濾過装置の一部及び、川水及びの水の瞬間濾過装置及びトイレの瞬間濾過乾燥装置及び食品の瞬間乾燥装置及び、紙の瞬間乾燥装置及び洗濯機の瞬間乾燥装置及び,堆肥の瞬間乾燥装置及び布団の瞬間乾燥装置及び、綿の瞬間乾燥装置及び、羽毛の瞬間乾燥装置及び、土及び砂の瞬間乾燥装置及び循環全自動発電型の燃料電池別名の高出力水発電機などの、軽水素酸素水の瞬間機か装置の利用に成り、いずれも、電気消費を、通常の真空装置より、電気消費を、少なく出来る世界初の技術の集体製品に成る。

0061

第6の産業上の利用可能性として、コンクリート劣化防止パネルは、現在の建築業及び土木業の現状として、鉄板パネル及び木材合板パネルによって、コンクリート打設が行われ,コンクリートの養生期間を、終えて鉄板パネル及び木材合板パネルを、取り外して、コンクリート製品に成る為、コンクリートの雨風雪劣化によって、コンクリートの表面が、削れてしまう現象と太陽光の温度上昇冬場の温度低下によるコンクリート劣化作用に成る為、長年、コンクリート劣化防止出来る技術として、今回の、コンクリート劣化防止パネル使用によって型枠を、剥がさないでコンクリートを、保護する為の手段に成り、この場合、グラスファイバーパネルは、景色デザイン及び、宣伝用型枠パネルデザインに成り、ペンキにも、固形窒素入りペンキに成り、今までのペンキより、温度上昇を、抑えたペンキ技術など、今まで
出来なかった温度上昇の劣化を、抑える固形窒素の冷却物質応用技術説明に成る。
しかしながら、窒素ガスと石灰と水を、混合撹拌して、粉にした石灰粉または、窒素ガスとプラスチック及びビニールと石膏粉を、混合撹拌して、砕いた物質なども、固形窒素同様の冷却物質と同じ取扱い技術に成り、不正競争対象技術に成り、ヘリウム及びフロンガスは、固形ヘリウム及び固形フロンガスとしても、炭素物質とビニールと混合撹拌する事によって、可能に成る技術だが、ヘリウムガスとフロンガスが、割高の為、使用しづらいのも現状なので有る。

図面の簡単な説明

0062

本考案の、半永久水力循環発電システムの高出力ダイナモの構造説明図。
本考案の、半永久水力循環発電システムの発電水のスピードを、速くする二重管冷却材入りビニールプラスチックスクリュー管の説明図。
本考案の、半永久水力循環発電システムの補助発電装置の、超小型高出力電磁誘導発電装置の配置説明図。
本考案の、半永久水力循環発電システムの補助発電装置の、高出力軽水素入り圧電素子粒子内蔵ソーラーパネルの構造説明図。
本考案の、半永久水力循環発電システムの補助発電装置の、発電処理水の低電気消費のダム本体までの発電処理水の送りシステム説明図。
本考案の、半永久水力循環発電システムの高出力真空装置の構造説明図。

実施例

0063

以下本発明の実施形態を、図1〜図に基づいて説明する。

0064

図1に於いて、1は、水力発電所の、水のスクリュー水の落下速度力を、使った電気を、多く発電出来る電力不足対策の高出力ダイナモに成り、1の高出力ダイナモの構造は、2のダイナモ固定ボルトナットで固定する構造に成り、3は、通常ダイナモの中心部分を、刳り貫いた場所に内蔵する為の、3の高出力圧電素子を、入れた構造に成り、3の高出力圧電素子の構造として、4の軽水素入り圧電素子パネルシートと5の軽水素入りチタン酸バリウムシートと6の軽水素トリチウム電子入り圧電素子パネルシートを、交互に貼り合わせた3の、高出力圧電素子磁石体の構造説明図に成り、ステンレス板とボルトナット止めの固定構造に成って入る。
更に、7は、ダイナモカバーに成り、8は、ダイナモカバー網部分に成り、9は、1の、高出力ダイナモの9の、回転軸に成り、10は、発電プラス電気取り込み配線に成り、11は、発電マイナス電気取り込み配線の3の高出力ダイナモ構造に成る。

0065

図2に於いては、ダム本体からダム水を、発電させる為の12は、ダム水に成り、14は、ダム水取り入れ口に成り、15は、ダム高速水出口に成り、16は、ダム水を、通すスクリュー管に成り、17は、16のスクリュー管全体を、保護防護する為の17の、防護コンクリートに成り、16のスクリュー管構造として、18の冷却材入りビニールスクリュー管に成り、19の3重管構造の16のスクリュー管構造に成る。

0066

図3に於いては、水力ダム本体の全体を、正面から見た説明図に成り、20は、水力ダム本体の谷の斜面に成り、22は、ダム本体の遊歩道に成り、24は、コンクリー帯人転落防止ガード帯に成り、23は、発電用落下スクリュー水口部分に成り、21の、A〜FFは、高出力ソーラーパネルに成り、25は、超小型高出力電磁誘導発電装置に成り、26は、発電放水処理もどり気化水スクリュー管に成り、27は、圧電素子粒子内蔵液体マグネシウム気化水素水瞬間吸収発電体に装置に成る。

0067

図4に於いては、28の、通常ソーラーパネルの改良型装置説明に成り33の、多層式高出力ソーラーパネルに成り、29は、振動吸収用窒素入りプラスチックビニール絶縁体に成り、33の、多層式高出力ソーラーパネルは、30の、圧電素子粒子入りシリコンシートパネルと31の、軽水素トリチウム電子入り圧電素子粒子入りシリコンシートパネル(電気取り込み配線入り)を、交互に貼り合わせた33の、多層式高出力ソーラーパネルに成り34の軽水素トリチウム電子入りのソーラーパネルを、
交互に組み合わせて貼り合わせた33の、多層式高出力ソーラーパネルに成る。

0068

図5に於いては、35の水力ダム天盤に成り、16は、水加速スクリュー管に成り、37の発電用水車板によって、1の、高出力ダイナモ水力発電用装置に成り、38の、変電所に発電した電気を、送る発電システムに成る。
この他、37の発電用水車板処理残水は、39のダム地下貯水池に発電処理水は、貯水されるシステムに成る。
従って、39のダム地下貯水池に発電処理水は、42の、高出力電動仕切り弁装置によって、54の、循環発電水の液体水から気化水変換貯水槽への、水送り管水切り替え管の作動用の42の、高出力電動仕切り弁装置に成る。
そして、54の、循環発電水の液体水から気化水変換貯水槽の水は、44の高出力真空装置によって、43の、エアー吸入管によって、54の、循環発電水の液体水から気化水変換貯水槽の液体水を、気化水に瞬間に変える装置に成り、45の、送風用モーターによって、気化水を、42の高出力電動仕切り弁を、開放して、47の気化水加速スクリュー管を、通して、36の、水中気化水放出管によって、気化水を、水中に放出出来る発電水の半永久の循環発電システムに成り、47の気化水加速スクリュー管は、低電気消費の46の、気化水高速低電気送り管に成り、通常の水中ポンプの循環システムより、少ない電気消費によって、水力ダム発電処理水を、下流から、ダム本体水中に発電処理水を、送る事の出来るシステムに成る。

0069

図6に於いては、44の高出力真空装置の構造説明図に成り、エアー取り込み口から、50の、エアー吸収複数風車板は、通常の真空装置より、吸引力を、強める為の構造に成り、48の、高出力モーターと49の、高出力レールモーターによって、55のエアー貯蓄タンクに気化水を、溜め、電動仕切り弁を、開放する事によって、気化水を、放出する構造に成り、51の、交換エアーフィルターと52の、交換型エアーダブルフィルターを、通って、53のエアー放出管に至り、47の、気化水加速スクリュー管を、経てダム本体の水中に気化水が、放出される事に成る半永久の水循環発電ムシステムに成る。

0070

1高出力ダイナモ
2ダイナモ固定ボルト
3 高出力圧電素子
4軽水素トリチウム電子入り圧電素子パネル
5軽水素入りチタン酸バリウムシート
6軽水素トリチウム電子ガス入り圧電素子パネルシート
7 ダイナモカバー
8 ダイナモカバー網部分
9 ダイナモ回転軸
10発電プラス電気取り込み配線
11 発電マイナス電気取り込み配線
12ダム水
13ダム高速水
14 ダム水取り入れ口
15 ダム高速水放出口
16スクリュー管
17防護コンクリート
18冷却材入りビニールスクリュー管
19三重管
20 斜面
21ボルト取り付け型高出力ソーラーパネル
22遊歩道
23発電用落下スクリュー水口部分
24コンクリート人転落防止ガード体
25 超小型高出力電磁誘導発電装置
26 発電放水処理戻り気化水スクリュー管
27 圧電素子粒子内蔵液体マグネシウム気化水素水瞬間吸収発電体
28 ソーラーパネル
29振動吸収用窒素入りプラスチックビニール絶縁体
30 圧電素子粒子入りシリコンシートパネル
31 軽水素トリチウム電子入り圧電素子粒子入りシリコンシートパネル(電気取り込み配線入り)
32発電電気取り込み配線
33多層式高出力ソーラーパネル
34 ソーラーパネルシート
35水力ダム天盤
36 水中気化水放出管
37発電用水車板
38変電所
39 ダム地下貯水池
40オーバーフロー水配管
41 落下発電水貯水コンクリート池
42 高出力電動仕切り弁
43エアー吸入管
44 高出力真空装置
45送風用モーター
46 気化水高速低電気送り管
47 気化水加速スクリュー管
48高出力モーター
49 高出力レールモーター
50 エアー吸収複数風車板
51交換型エアーフィルター
52 交換型ダブルエアーフィルター
53エアー放出管
54循環発電水の液体水から気化水変換貯水槽

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ