図面 (/)

技術 二重環縫いの縫目のほつれ止め方法、二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置及び二重環縫いの縫目構造

出願人 ヤマトミシン製造株式会社
発明者 橋本誠冶
出願日 2011年11月9日 (9年1ヶ月経過) 出願番号 2011-259543
公開日 2013年4月25日 (7年8ヶ月経過) 公開番号 2013-075135
状態 特許登録済
技術分野 ミシン・縫製
主要キーワード 作動用部材 動作応答性 揺動レバ 両エアシリンダ 弛緩操作 ストッパシリンダ 二段重ね 離反動作
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年4月25日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

本針二重環縫い縫目ほつれの発生を、針糸及びルーパ糸付与張力の大小に関係なく、確実且つ強力に防止することができる二重環縫いの縫目のほつれ止め方法及びほつれ止め装置を提供する。

解決手段

1本の針が針板下に形成する針糸ループ20aを、針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能なルーパ進出により捉え、ルーパ糸10により針糸ループを他糸ルーピングして形成される二重環縫いの縫目のほつれを防止する方法であって、ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後、該ルーパが捉えた針糸ループを針の下降位置よりもルーパの進出端側に位置保持させた状態を、針がルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、針糸ループの位置保持を解除して少なくとも1針分の縫製動作を行わせることによって、針が保持する針糸により針糸ループを自糸ルーピングする。

概要

背景

一般的な横筒形等の二重環縫いミシンは、針糸を保持して上昇及び下降する針と、ルーパ糸を保持して前記針の上下運動経路に略直交する方向に進退動作するルーパとを備えており、前記針が針板の下に形成する針糸ループを前記ルーパの進出動作により捕捉し、該ルーパが保持するルーパ糸により前記針糸を他糸ルーピングすることの繰り返しによって、縫製生地二重環縫い縫目を形成する。

二重環縫いミシンにより形成される一般的な二重環縫いの縫目Mの構造は、図27に示すように、縫い終わり時に切断されたルーパ糸10の端部が、図27中の矢符に示す方向に引っ張られた場合、該ルーパ糸10は、針糸20,20が形成する最終の針糸ループ20a,20bから抜け出し、その抜け出しが縫い始め側に向けて波及移行しやすく、その結果、縫目Mの全体にほつれが発生するという問題を有している。

図27は、2本の針糸20,20とルーパ糸10とにより形成される二重環縫いの縫目を示しているが、上述したようなほつれは、1本の針糸とルーパ糸とにより形成する二重環縫いの縫目においても同様に発生する。

上記のような二重環縫いミシンにより形成される縫目特有のほつれを防止する方法として、従来より、ルーパを進出状態として通常の縫製を終了した後に、ルーパの進出により針糸ループに通されたルーパ糸を、ルーパ糸掛けフックにより前記ルーパの進出端側の位置に位置保持させた状態で1針分の縫製動作を行わせ、その後、針糸及びルーパ糸を切断する方法が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

従来より提案されているほつれ止め方法においては、図28に示すように、ルーパ糸掛けフックにより位置保持されるルーパ糸10が、通常縫製後の1針分の縫製動作の間に針糸20,20が形成する最終の針糸ループ20a,20bに他糸ループングの状態で絡んだ縫目Mが形成される。このように絡んだルーパ糸10は、その端部が矢印x方向に引っ張られたとしても、最終の針糸ループ20a,20bから抜け出し得ないため、縫目Mのほつれを防止することが可能である。

なお、図28は、2本の針糸20,20とルーパ糸10とにより形成される二重環縫いの縫目の場合のほつれ止め状態を示しているが、これを1本の針糸20とルーパ糸10とにより形成される二重環縫いの縫目Mの場合に適用すると、図29に示すように、ルーパ糸10が、1本の針糸20が形成する最終の針糸ループ20aに他糸ルーピングの状態で絡んだ縫目Mが形成されて、ルーパ糸10が最終の針糸ループ20aから抜け出さないようなほつれ止め状態が得られる。

概要

本針二重環縫いの縫目のほつれの発生を、針糸及びルーパ糸の付与張力の大小に関係なく、確実且つ強力に防止することができる二重環縫いの縫目のほつれ止め方法及びほつれ止め装置を提供する。1本の針が針板下に形成する針糸ループ20aを、針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能なルーパの進出により捉え、ルーパ糸10により針糸ループを他糸ルーピングして形成される二重環縫いの縫目のほつれを防止する方法であって、ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後、該ルーパが捉えた針糸ループを針の下降位置よりもルーパの進出端側に位置保持させた状態を、針がルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、針糸ループの位置保持を解除して少なくとも1針分の縫製動作を行わせることによって、針が保持する針糸により針糸ループを自糸ルーピングする。

目的

本発明は上述の実情に鑑みてなされたもので、1本針による二重環縫いの縫目におけるほつれの発生を、針糸及びルーパ糸の付与張力の大小に関係なく、確実且つ強力に防止することができる二重環縫いの縫目のほつれ止め方法、二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置及び二重環縫いの縫目構造を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

針糸を保持して上下動する1本の針が針板下に形成する針糸ループを、前記針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能なルーパ進出により捉え、該ルーパが保持するルーパ糸により前記針糸ループを他糸ルーピングして形成される二重環縫い縫目ほつれを防止する方法であって、前記ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後、該ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、しかる後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して、前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を行わせることによって、前記針が保持する針糸により前記針糸ループを自糸ルーピングすることを特徴とする二重環縫いの縫目のほつれ止め方法

請求項2

針糸を保持して上下動する1本の針が針板下に形成する針糸ループを、前記針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能なルーパの進出により捉え、該ルーパが保持するルーパ糸により前記針糸ループを他糸ルーピングして形成される二重環縫いの縫目のほつれを防止する方法であって、前記ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後、該ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、しかる後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して、前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を、前記縫製生地送りが停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りの下で実行させることによって、前記針が保持する針糸により前記針糸ループを自糸ルーピングすることを特徴とする二重環縫いの縫目のほつれ止め方法。

請求項3

前記ルーパ糸を前記針の下降位置よりも前側に位置させた後において、前記ルーパへのルーパ糸の送り出しを抑制することを特徴とする請求項1又は2に記載の二重環縫いの縫目のほつれ止め方法。

請求項4

前記自糸ルーピングのための前記少なくとも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りが、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させた後において実行開始されるように設定されていることを特徴とする請求項2又は3に記載の二重環縫いの縫目のほつれ止め方法。

請求項5

前記自糸ルーピングのための前記少なくとも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りが、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させる前の段階から実行開始されるように設定されていることを特徴とする請求項2又は3に記載の二重環縫いの縫目のほつれ止め方法。

請求項6

前記ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後、該ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させるとき、前記ルーパから縫製生地に延びるルーパ糸を前記針の下降位置よりも前側又は後側で位置保持させ、この状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、しかる後、前記針糸ループ及びルーパ糸の前記位置保持を解除して、前記少なくとも1針分の縫製動作を行うことを特徴とする請求項2又は3に記載の二重環縫いの縫目のほつれ止め方法。

請求項7

前記ルーパから縫製生地に延びるルーパ糸を前記針の下降位置よりも前側又は後側で位置保持させる時期が、前記ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させると同時又は略同時に設定されている請求項6に記載の二重環縫いの縫目のほつれ防止方法

請求項8

前記自糸ルーピングのための前記少なくとも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りの実行開始時期が、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させる前の少なくとも1針半以上前に設定されている請求項5乃至7のいずれか1項に記載の二重環縫いの縫目のほつれ止め方法。

請求項9

針糸を保持して上下動する1本の針と、ルーパ糸を保持して前記針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能で、進出動作時に前記針が針板下に形成する針糸ループを捉えるルーパとを備え、前記ルーパの進出動作により捉えた前記針糸ループを、該ルーパが保持するルーパ糸で他糸ルーピングすることにより縫製生地に二重環縫いの縫目を形成する二重環縫いミシン装備されて、前記縫目のほつれを防止するほつれ止め装置であって、前記ルーパに対して接近及び離反動作可能で、接近動作時に前記ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側で保持する針糸保持機構と、前記針糸保持機構の接離動作を、前記針及びルーパの動作、並びに前記縫製生地の送り動作と関連して制御する制御部とを備え、該制御部は、前記ルーパを進出位置とし、前記針を上昇位置として通常縫製を終了した後に、前記針糸保持機構を接近動作させて前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、その後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して、前記針の下降及び上昇、前記ルーパの進退動作、及び前記縫製生地の送り動作と合わせて前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を実行するように構成されていることを特徴とする二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項10

針糸を保持して上下動する1本の針と、ルーパ糸を保持して前記針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能で、進出動作時に前記針が針板下に形成する針糸ループを捉えるルーパとを備え、前記ルーパの進出動作により捉えた前記針糸ループを、該ルーパが保持するルーパ糸で他糸ルーピングすることにより縫製生地に二重環縫いの縫目を形成する二重環縫いミシンに装備されて、前記縫目のほつれを防止するほつれ止め装置であって、前記ルーパに対して接近及び離反動作可能で、接近動作時に前記ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側で保持する針糸保持機構と、前記針糸保持機構の接離動作を、前針及びルーパの動作、並びに前記縫製生地の送り動作と関連して制御する制御部とを備え、該制御部は、前記ルーパを進出位置とし、前記針を上昇位置として通常縫製を終了した後に、前記針糸保持機構を接近動作させて前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、その後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して、前記針の下降及び上昇、前記ルーパの進退動作、及び前記縫製生地の送り動作と合わせて前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を、前記縫製生地の送りが停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送り動作の下で実行するように構成されていることを特徴とする二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項11

前記ルーパ糸を前記針の下降位置よりも前側に位置させた後において、前記ルーパへのルーパ糸の送り出しを抑制するルーパ糸抑制機構が、更に備えられていることを特徴とする請求項9又は10に記載の二重環縫いの縫目のほつれ止め装置。

請求項12

前記制御部は、前記自糸ルーピングのための前記少なくとも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りが、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させた後において実行開始されるように設定されていることを特徴とする請求項10に記載の二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項13

前記制御部は、前記自糸ルーピングのための前記少なくとも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りが、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させる前の段階から実行開始されるように設定されていることを特徴とする請求項10に記載の二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項14

前記制御部による自糸ルーピングのための前記少なくとも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りの実行開始時期が、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させる前の少なくとも1針半以上前に設定されている請求項13に記載の二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項15

前記1本の針が、上下動する針棒の中心の延長線上に位置するように針棒に取り付けられている請求項9乃至14のいずれか1項に記載の二重環縫いミシンのほつれ止め装置。

請求項16

前記1本の針が、上下動する針棒の中心の延長線に対して前記ルーパの進出側に変位した箇所に位置するように針棒に取り付けられている請求項9乃至14のいずれか1項に記載の二重環縫いミシンのほつれ止め装置。

請求項17

前記ルーパに対して接近及び離反動作可能で、接近動作時に前記ルーパから縫製生地に延びるルーパ糸を前記針の下降位置よりも前側又は後側で保持するルーパ糸保持体が、更に備えられている請求項9乃至16のいずれか1項に記載の二重環縫いミシンのほつれ止め装置。

請求項18

前記ルーパ糸保持体は、前記ルーパに対して前記針糸保持機構と一体的に接近及び離反動作可能に構成されている請求項17に記載の二重環縫いミシンのほつれ止め装置。

請求項19

前記ルーパ糸保持体は、前記針糸保持機構とは別個に前記ルーパに対して接近及び離反動作可能に構成されている請求項17に記載の二重環縫いミシンのほつれ止め装置。

請求項20

前記ルーパ糸保持体の前記ルーパに対する接近及び離反動作タイミング及び/又は動作軌跡が調整可能に構成されている請求項19に記載の二重環縫いミシンのほつれ止め装置。

請求項21

前記針糸保持機構は、前記ルーパから離れた待機位置と前記ルーパに接近した糸掛け位置との間に亘って上下方向の支軸を中心として針板と略平行な面内を揺動する糸掛けフック及び該糸掛けフックを前記待機位置と糸掛け位置とに駆動揺動させるフックアクチュエータを有すると共に、この針糸保持機構の糸掛けフックよりも前記針板から離れた位置に配置されて、前記糸掛けフックが前記糸掛け位置で捉えた針糸ループを、前記糸掛け位置と待機位置との間の保持位置で保持させるように、糸掛けフックの糸掛け位置から待機位置への揺動を一時的に停止及び停止解除可能なストッパ部材及び該ストッパ部材の前記停止及び停止解除を司るストッパアクチュエータを有するストッパ機構、並びに前記針糸保持機構の糸掛けフックと前記ストッパ機構のストッパ部材とを連動連結する連結部材を更に備えており、前記制御部は、前記フックアクチュエータ及びストッパアクチュエータを選択的に制御し、前記糸掛けフックが前記糸掛け位置で捉えた針糸ループを前記ストッパ部材との当接により前記糸掛け位置と前記待機位置との間で保持させるように構成されている請求項10乃至20のいずれか1項に記載の二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項22

前記ストッパ機構は、前記フックアクチュエータに直結されて直線的に往復移動するストッパ部材と、該ストッパ部材の一部に係合及び係合解除可能な揺動レバーと、前記揺動レバーを前記糸掛けフックが前記待機位置に位置する方向に揺動付勢するスプリングと、該スプリングの付勢力に抗して前記揺動レバーをストッパ部材の一部から係合解除させる前記ストッパアクチュエータとから構成されている請求項21に記載の二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項23

前記針糸保持機構のフックアクチュエータ及び前記ストッパ機構のストッパアクチュエータが、共にエアシリンダである請求項21又は22に記載の二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項24

前記針糸保持機構のフックアクチュエータであるエアシリンダと前記ストッパ機構のストッパアクチュエータであるエアシリンダとが、ミシンベッド部に固定状態に組み付けられているシリンダ取付台部に上下二段重ねの状態に配置され固定支持されている請求項23に記載の二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置。

請求項25

対象とするミシンが、横筒形の二重環縫いミシンである請求項10乃至24のいずれか1項に記載の二重環縫いミシン縫目のほつれ止め装置。

請求項26

請求項1乃至8のいずれか1項に記載の縫目のほつれ止め方法によって縫製生地に形成される二重環縫いの縫目構造であって、前記縫製生地の裏面に形成された針糸ループのうち少なくとも縫製進行方向終端に位置する針糸ループが前記縫製生地を貫く針糸により自糸ルーピングされていることを特徴とする二重環縫いの縫目構造。

請求項27

前記自糸ルーピング前の少なくとも1針分以上の他糸ルーピングによる縫目のピッチは、それより前の他糸ルーピングによる縫目のピッチよりも小さいことを特徴とする請求項26に記載の二重環縫いの縫目構造。

請求項28

請求項9乃至25のいずれか1項に記載の二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置によって縫製生地に形成される二重環縫いの縫目構造であって、前記縫製生地の裏面に形成された針糸ループのうち少なくとも縫製進行方向の終端に位置する針糸ループが前記縫製生地を貫く針糸により自糸ルーピングされていることを特徴とする二重環縫いの縫目構造。

請求項29

前記自糸ルーピング前の少なくとも1針分以上の他糸ルーピングによる縫目のピッチは、それより前の他糸ルーピングによる縫目のピッチよりも小さいことを特徴とする請求項28に記載の二重環縫いの縫目構造。

技術分野

0001

本発明は、主として横筒形に代表される二重環縫いミシンを使用して、針糸ルーパ糸とにより二重環縫い縫目を形成し、この二重環縫いの縫目の縫い終わり部分にほつれが発生することを防止するための二重環縫いの縫目のほつれ止め方法、二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置及び二重環縫いの縫目構造に関する。

背景技術

0002

一般的な横筒形等の二重環縫いミシンは、針糸を保持して上昇及び下降する針と、ルーパ糸を保持して前記針の上下運動経路に略直交する方向に進退動作するルーパとを備えており、前記針が針板の下に形成する針糸ループを前記ルーパの進出動作により捕捉し、該ルーパが保持するルーパ糸により前記針糸を他糸ルーピングすることの繰り返しによって、縫製生地に二重環縫いの縫目を形成する。

0003

二重環縫いミシンにより形成される一般的な二重環縫いの縫目Mの構造は、図27に示すように、縫い終わり時に切断されたルーパ糸10の端部が、図27中の矢符に示す方向に引っ張られた場合、該ルーパ糸10は、針糸20,20が形成する最終の針糸ループ20a,20bから抜け出し、その抜け出しが縫い始め側に向けて波及移行しやすく、その結果、縫目Mの全体にほつれが発生するという問題を有している。

0004

図27は、2本の針糸20,20とルーパ糸10とにより形成される二重環縫いの縫目を示しているが、上述したようなほつれは、1本の針糸とルーパ糸とにより形成する二重環縫いの縫目においても同様に発生する。

0005

上記のような二重環縫いミシンにより形成される縫目特有のほつれを防止する方法として、従来より、ルーパを進出状態として通常の縫製を終了した後に、ルーパの進出により針糸ループに通されたルーパ糸を、ルーパ糸掛けフックにより前記ルーパの進出端側の位置に位置保持させた状態で1針分の縫製動作を行わせ、その後、針糸及びルーパ糸を切断する方法が提案されている(例えば、特許文献1参照)。

0006

従来より提案されているほつれ止め方法においては、図28に示すように、ルーパ糸掛けフックにより位置保持されるルーパ糸10が、通常縫製後の1針分の縫製動作の間に針糸20,20が形成する最終の針糸ループ20a,20bに他糸ループングの状態で絡んだ縫目Mが形成される。このように絡んだルーパ糸10は、その端部が矢印x方向に引っ張られたとしても、最終の針糸ループ20a,20bから抜け出し得ないため、縫目Mのほつれを防止することが可能である。

0007

なお、図28は、2本の針糸20,20とルーパ糸10とにより形成される二重環縫いの縫目の場合のほつれ止め状態を示しているが、これを1本の針糸20とルーパ糸10とにより形成される二重環縫いの縫目Mの場合に適用すると、図29に示すように、ルーパ糸10が、1本の針糸20が形成する最終の針糸ループ20aに他糸ルーピングの状態で絡んだ縫目Mが形成されて、ルーパ糸10が最終の針糸ループ20aから抜け出さないようなほつれ止め状態が得られる。

先行技術

0008

特許第2879399号公報

発明が解決しようとする課題

0009

以上のように、従来より提案のほつれ止め方法は、二重環縫いの縫目に特有のほつれの発生を極力防止し得るものである。
しかしながら、従来より提案のほつれ止め方法においては、図28及び図29のy方向に引っ張り力が加わった場合、ルーパ糸10の切断端部が最終の針糸ループ20a,20b及び20aから抜け出しやすく、一旦、抜け出しが生じると、ルーパ糸10の抜けが縫い始め側に向けて順次進行し、縫目全体にほつれが発生することになるという問題があった。

0010

例えば、縫製生地が薄いものや、柔らかいものである場合は、良好な縫製仕上がりが得られるように、針糸及びルーパ糸の付与張力を小さくした状態での縫製が行われるために、針糸ループ20a,20b及び20aによるルーパ糸10の締め付け不足し、その結果、上述したようなほつれが一層発生しやすい。
特に、1本針による二重環縫いの縫目の場合は、ルーパ糸10が針糸20の最終の1つの針糸ループ20aに他糸ルーピングの状態に絡むだけであるから、僅かな引っ張り力が加わるだけで抜け出しを生じてほつれ止め効果が非常に低い。

0011

本発明は上述の実情に鑑みてなされたもので、1本針による二重環縫いの縫目におけるほつれの発生を、針糸及びルーパ糸の付与張力の大小に関係なく、確実且つ強力に防止することができる二重環縫いの縫目のほつれ止め方法、二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置及び二重環縫いの縫目構造を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0012

上記目的を達成するために、本第1発明に係る二重環縫いの縫目のほつれ止め方法は、針糸を保持して上下動する1本の針が針板下に形成する針糸ループを、前記針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能なルーパの進出により捉え、該ルーパが保持するルーパ糸により前記針糸ループを他糸ルーピングして形成される二重環縫いの縫目のほつれを防止する方法であって、前記ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後、該ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、しかる後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して、前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を行わせることによって、前記針が保持する針糸により前記針糸ループを自糸ルーピングすることを特徴とする。

0013

また、本第2発明に係る二重環縫いの縫目のほつれ止め方法は、針糸を保持して上下動する1本の針が針板下に形成する針糸ループを、前記針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能なルーパの進出により捉え、該ルーパが保持するルーパ糸により前記針糸ループを他糸ルーピングして形成される二重環縫いの縫目のほつれを防止する方法であって、前記ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後、該ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、しかる後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して、前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を、前記縫製生地の送りが停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りの下で実行させることによって、前記針が保持する針糸により前記針糸ループを自糸ルーピングすることを特徴とする。

0014

また、本第3発明に係る二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置は、針糸を保持して上下動する1本の針と、ルーパ糸を保持して前記針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能で、進出動作時に前記針が針板下に形成する針糸ループを捉えるルーパとを備え、前記ルーパの進出動作により捉えた前記針糸ループを、該ルーパが保持するルーパ糸で他糸ルーピングすることにより縫製生地に二重環縫いの縫目を形成する二重環縫いミシンに装備されて、前記縫目のほつれを防止するほつれ止め装置であって、前記ルーパに対して接近及び離反動作可能で、接近動作時に前記ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側で保持する針糸保持機構と、前記針糸保持機構の接離動作を、前記針及びルーパの動作、並びに前記縫製生地の送り動作と関連して制御する制御部とを備え、該制御部は、前記ルーパを進出位置とし、前記針を上昇位置として通常縫製を終了した後に、前記針糸保持機構を接近動作させて前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、その後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して、前記針の下降及び上昇、前記ルーパの進退動作、及び前記縫製生地の送り動作と合わせて前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を実行するように構成されていることを特徴とする。

0015

また、本第4発明に係る二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置は、針糸を保持して上下動する1本の針と、ルーパ糸を保持して前記針の上下動経路に略直交する方向に進退動作可能で、進出動作時に前記針が針板下に形成する針糸ループを捉えるルーパとを備え、前記ルーパの進出動作により捉えた前記針糸ループを、該ルーパが保持するルーパ糸で他糸ルーピングすることにより縫製生地に二重環縫いの縫目を形成する二重環縫いミシンに装備されて、前記縫目のほつれを防止するほつれ止め装置であって、前記ルーパに対して接近及び離反動作可能で、接近動作時に前記ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側で保持する針糸保持機構と、前記針糸保持機構の接離動作を、前針及びルーパの動作、並びに前記縫製生地の送り動作と関連して制御する制御部とを備え、該制御部は、前記ルーパを進出位置とし、前記針を上昇位置として通常縫製を終了した後に、前記針糸保持機構を接近動作させて前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、その後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して、前記針の下降及び上昇、前記ルーパの進退動作、及び前記縫製生地の送り動作と合わせて前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を、前記縫製生地の送りが停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送り動作の下で実行するように構成されていることを特徴とする。

0016

更に、本第5発明に係る二重環縫いの縫目構造は、上述した縫目のほつれ止め方法にって縫製生地に形成される二重環縫いの縫目構造であって、前記縫製生地の裏面に形成れた針糸ループのうち少なくとも縫製進行方向終端に位置する針糸ループが前記縫製地を貫く針糸により自糸ルーピングされていることを特徴とする。

0017

更にまた、本第6発明に係る二重環縫いの縫目構造は、上述した二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置によって縫製生地に形成される二重環縫いの縫目構造であって、前記縫製生地の裏面に形成された針糸ループのうち少なくとも縫製進行方向の終端に位置する針糸ループが前記縫製生地を貫く針糸により自糸ルーピングされていることを特徴とする。

発明の効果

0018

上記のごとき特徴構成を有する本第1〜第6発明に係る二重環縫いの縫目のほつれ止め方法、二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置及び二重環縫いの縫目構造によれば、ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後に、該ルーパが捉えた針糸ループを、針の下降位置よりもルーパの進出端側に位置保持させた状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、その後、前記針糸ループの前記位置保持を解除して前記針が前記針糸ループを通って下降することを含む少なくとも1針分の縫製動作を行わせることによって、下降する針が保持する針糸で先の針糸ループを自糸ルーピングさせ、この自糸ルーピング部分でルーパ糸を押えて、針糸及びルーパ糸の付与張力の大小に関係なく、ルーパ糸の抜けを防止し、縫目のほつれを発生段階で確実に防止することができる。

0019

特に、本第2発明及び第4発明のように、自糸ルーピングによるほつれ止めのための少なくとも1針分の縫製動作を、縫製生地の送りが停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送り動作の下で実行することにより、自糸ルーピング部分を密にして該自糸ルーピング部分によるルーパ糸の押えを強化することができ、従って、縫い終わり部分でのルーパ糸の抜け出し及びそれの波及によるほつれの発生を一層確実に防止することができる。

0020

本第2発明及び第4発明に係る二重環縫いの縫目のほつれ止め方法及び二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置おいて、ルーパ糸を針の下降位置よりも前側に位置させた後において、ルーパへのルーパ糸の送り出しを抑制することが好ましい(請求項3及び請求項11)。

0021

この場合は、ルーパの先端から縫製生地に延びるルーパ糸に所定の張力を付与することが可能であり、ルーパ糸の糸締りが強化され、ルーパ糸の抜けも防止することができ、糸切り後のルーパ糸の長さが短く、縫目の見栄えも良くなり、縫目品質を高めることができる。

0022

また、本第2発明及び第4発明に係る二重環縫いの縫目のほつれ止め方法及び二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置おいて、自糸ルーピングのための少なくをも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りが、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させた後において実行開始されるように設定されていることが好ましい(請求項4及び請求項12)。

0023

この場合は、自糸ルーピングされるべき針糸ループが針の下降位置よりもルーパの進出端側に位置された後に、縫製生地の送りを停止、又は小さい送り量の送りを実行開始させて自糸ルーピングのための少なくとも1針分の縫製動作が行われるため、通常縫製の糸切り動作後に縫製終了する場合に比べて、縫製終了直前ミシン動作時間を増加させることなく、ほつれ止めを実施することができる。これによって、自糸ループングをミスなく確実に実施することができ、縫目のほつれ止めを一層確実に達成することができる。

0024

また、本第2発明及び第4発明に係る二重環縫いの縫目のほつれ止め方法及び二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置において、自糸ルーピングのための少なくとも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りが、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させる前の段階から実行開始されるように設定されていることがより好ましい(請求項5及び請求項13)。

0025

この場合は、自糸ルーピングのための少なくとも1針分の縫製動作の開始前に縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りが実行開始されるため、ほつれ止めのための1針分の縫製動作の開始にあたって、針が上死点又はその近傍にまで上昇するようにミシンが略半回転した場合にも、縫製生地が余分に送られることがなくなる。従って、縫い終り部分の縫目ピッチをできるだけ小さく抑えることが可能で、自糸ルーピングによる所期のほつれ止め効果を、より一層向上することができる。

0026

特に、前記自糸ルーピングのための前記少なくとも1針分の縫製動作時における前記縫製生地の送りの停止、又は通常縫製時よりも小さい送り量の送りの実行開始時期が、前記針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置させる前の少なくとも1針半以上前に設定されている場合(請求項8及び請求項14)は、自糸ルーピング前の他糸ルーピングによる縫目のピッチが小さくなるため、自糸ルーピング部分及び他糸ルーピング部分の両方でルーパ糸の抜け出しを防ぐことが可能で、ほつれ止め効果を一段と向上することができる。

0027

また、本第3発明及び第4発明に係る二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置において、使用する1本の針が、上下動する針棒の中心の延長線上に位置するように針棒に取り付けられている(請求項15)、あるいは、上下動する針棒の中心の延長線に対して前記ルーパの進出側に変位した箇所に位置するように針棒に取り付けられている(請求項16)のいずれであってもよい。

0028

また、本第2発明に係る二重環縫いの縫目のほつれ止め方法において、通常縫製を終了した後、該ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させるとき、前記ルーパから縫製生地に延びるルーパ糸を前記針の下降位置よりも前側又は後側で位置保持させ、この状態を、前記針が前記ルーパに捉えられた針糸ループを通って下降するまで維持し、しかる後、前記針糸ループ及びルーパ糸の前記位置保持を解除して、前記少なくとも1針分の縫製動作を行うことが好ましい場合がある(請求項6)。同様に、本第3発明及び第4発明に係る二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置において、前記針糸保持機構とは別に、前記ルーパに対して接近及び離反動作可能で、接近動作時に前記ルーパから縫製生地に延びるルーパ糸を前記針の下降位置よりも前側又は後側で保持するルーパ糸保持体が、更に備えられていることが好ましい場合がある(請求項17)。

0029

この場合は、針糸保持機構と同様に、ルーパを進出状態として通常縫製を終了した後に、ルーパに対して接近動作するルーパ糸保持体により、ルーパから縫製生地に延びるルーパ糸を針の下降位置よりも前側又は後側の位置で保持させることにより、針糸だけでなくルーパ糸も確実に位置決めすることができる。したがって、自糸ルーピングをより確実に実施し、縫目のほつれ止め効果を一層確実化することができる。

0030

なお、前記ルーパから縫製生地に延びるルーパ糸を前記針の下降位置よりも前側又は後側で位置保持させる時期が、前記ルーパが捉えた針糸ループを前記針の下降位置よりも前記ルーパの進出端側に位置保持させると同時又は略同時に設定されていることが望ましい(請求項7)。

0031

また、ルーパ糸保持体を備える本第3発明及び第4発明に係る二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置において、前記ルーパ糸保持体は、前記ルーパに対して前記針糸保持機構と一体的に接近及び離反動作可能に構成されている(請求項18)、あるいは、前記針糸保持機構とは別個に前記ルーパに対して接近及び離反動作可能に構成されている(請求項16)のいずれであってもよい。

0032

ここで、ルーパ糸保持体が、針糸保持機構と一体的に接近及び離反動作可能に構成されている場合は、針糸保持機構の駆動機構をルーパ糸保持体の駆動機構に兼用させることが可能であるため、ほつれ止め装置全体の構成をできるだけ小型簡素化且つ低コスト化することができる。

0033

また、ルーパ糸保持体が、針糸保持機構とは別個に構成されている場合は、針糸保持機構とルーパ糸保持体との動作タイミングや動作量の調整等を個別に行えて、両者共に良好且つ適切なタイミング及び動作量を容易に得ることができる。

0034

また、ルーパ糸保持体を備える本第3発明及び第4発明に係る二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置において、前記ルーパ糸保持体の前記ルーパに対する接近及び離反動作タイミング及び/又は動作軌跡が調整可能に構成されていることが好ましい(請求項20)。

0035

この場合は、例えば、実縫製前に試験運転(試縫い)を行って、ルーパ糸保持体の針糸保持機構に対する動作タイミング及び/又は動作軌跡を検分し、その検分結果に基いて、ルーパ糸保持体と針糸保持機構との間で相互に悪影響が出たり、動作障害等が生じたりしない適正なタイミング及び/又は動作軌跡に任意に調整することが可能であり、これによって、ルーパ糸保持体と針糸保持機構との共存共同作用により、自糸ルーピングを確実に実施させて所期の縫目のほつれ止め効果を一層高めることができる。

0036

また、本第3発明及び第4発明に係る二重環縫いミシンの縫目のほつれ止め装置において、前記針糸保持機構は、前記ルーパから離れた待機位置と前記ルーパに接近した糸掛け位置との間に亘って上下方向の支軸を中心として針板と略平行な面内を揺動する糸掛けフック及び該糸掛けフックを前記待機位置と糸掛け位置とに駆動揺動させるフックアクチュエータを有すると共に、この針糸保持機構の糸掛けフックよりも前記針板から離れた位置に配置されて、前記糸掛けフックが前記糸掛け位置で捉えた針糸ループを、前記糸掛け位置と待機位置との間の保持位置で保持させるように、糸掛けフックの糸掛け位置から待機位置への揺動を一時的に停止及び停止解除可能なストッパ部材及び該ストッパ部材の前記停止及び停止解除を司るストッパアクチュエータを有するストッパ機構、並びに前記針糸保持機構の糸掛けフックと前記ストッパ機構のストッパ部材とを連動連結する連結部材を更に備えており、前記制御部は、前記フックアクチュエータ及びストッパアクチュエータを選択的に制御し、前記糸掛けフックが前記糸掛け位置で捉えた針糸ループを前記ストッパ部材との当接により前記糸掛け位置と前記待機位置との間で保持させるように構成されていることが好ましい(請求項21)。

0037

この場合は、ほつれ止め動作時に、糸掛けフックとストッパ部材との関連動作により、糸掛けフックを、針糸ループを捉える糸掛け位置とルーパから離れた待機位置とそれら両位置の間の保持位置とに亘って確実に揺動させ且つ各位置で確実に停止させることができるため、自糸ルーピングによるほつれ止め動作を確実且つ安定的に実施することができる。

0038

また、上記構成の針糸保持機構におけるストッパ機構は、前記フックアクチュエータに直結されて直線的に往復移動するストッパ部材と、該ストッパ部材の一部に係合及び係合解除可能な揺動レバーと、前記揺動レバーを前記糸掛けフックが前記待機位置に位置する方向に揺動付勢するスプリングと、該スプリングの付勢力に抗して前記揺動レバーをストッパ部材の一部から係合解除させる前記ストッパアクチュエータとから構成されていることが好ましい(請求項22)。

0039

この場合は、ストッパ機構のストッパ部材の往復移動のうち、復帰移動にスプリングの付勢力を有効に利用することが可能である。そのため、ストッパアクチュエータとしては、一方向にのみ駆動力発現するものでよく、構造的に簡単且つ安価なものを使用することができる。

0040

更に、前記針糸保持機構のフックアクチュエータ及び前記ストッパ機構のストッパアクチュエータが、共にエアシリンダであることが好ましく(請求項23)、また、両エアシリンダが、ミシンベッド部に固定状態に組み付けられるシリンダ取付台部に上下二段重ねの状態に配置され固定支持されていることが好ましい(請求項24)。

0041

この場合は、針糸保持機構における糸掛けフック及びストッパ機構におけるストッパ部材を制御部からの制御信号に基いて応答性よく動作させることが可能であり、通常の縫製後における縫目のほつれ止め作用を確実かつ効率的に実施できる。また、両エアシリンダの占有スペースをできるだけ小さくして、ミシンベッド部に容易且つコンパクトに組み付けることができる。
ただし、これらフックアクチュエータ及びストッパアクチュエータとしては、電磁ソレノイド等を使用してもよい。

0042

なお、本第3発明及び第4発明におけるほつれ止め装置は、横筒形の二重環縫いミシンを対象とする場合に好適である(請求項25)が、横筒形以外の1本針二重環縫いミシンや平ベットタイプの二重環縫いミシンを対象ミシンとしてもよい。

図面の簡単な説明

0043

本発明の第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンの全体外観斜視図である。同上横筒形二重環縫いミシンにおける縫目のほつれ止め装置の要部の構成を示す斜視図である。同上縫目のほつれ止め装置の要部の構成の一部を取り外した状態を示す斜視図である。同上縫目のほつれ止め装置の要部の構成を示す平面図である。同上縫目のほつれ止め装置のストッパ機構の構成及び第1動作を説明する要部の底面図である。同上ストッパ機構の構成及び第2動作を説明する要部の底面図である。同上ストッパ機構の構成及び第3動作を説明する要部の底面図である。同上ストッパ機構の構成及び第4動作を説明する要部の底面図である。縫目のほつれ止め装置Hを含めて第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンの制御系の構成を示すブロック図である。同上縫目のほつれ止めのための制御部8の動作内容時系列的に示すタイムチャートである。同上縫目のほつれ止め装置による第1ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第2ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第3ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第4ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第5ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第6ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第7ほつれ止め動作の説明図である。第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンによる二重環縫いの縫目の構造を縫製生地の裏面から見た図である。本発明の第二実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンにおける縫目のほつれ止め装置の要部の構成及び第1ほつれ止め動作を示す説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第2ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第3ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第4ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第5ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第6ほつれ止め動作の説明図である。同上縫目のほつれ止め装置による第7ほつれ止め動作の説明図である。第一実施の形態及び第二実施の形態とは異なる動作により得られる二重環縫いの縫目の構造を縫製生地の裏面から見た図である。一般的な二重環縫いの縫い終り部分の縫目の構成を略示する底面図である。先行技術によって提案されている縫い終わり部分の縫目の構成を略示する底面図である。先行技術を1本針に適用した場合の縫い終わり部分の縫目の構成を略示する底面図である。

発明を実施するための最良の形態

0044

以下、本発明の実施の形態を図面にもとづいて説明する。
図1は本発明の第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンの全体外観斜視図であり、図2及び図3は第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンが装備する縫目のほつれ止め装置の要部の構成を示す斜視図、図4は同縫目のほつれ止め装置の要部の構成を示す平面図である。以下の説明においては、図2図4中に矢符により示した「左,右」及び「前,後」なる表現を使用して説明する。ここで、「前」は、縫製作業者に近い側、「後」は、縫製作業者から離れた側、「左,右」は、縫製作業者に近い前側からみた場合の「左,右」である。

0045

図1に示すように、第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンは、ミシン本体部Dの上下位置から左方に向けてミシンアーム部C及びミシンベッド部Bが互いに略平行状に延設されている。この横筒形二重環縫いミシンは、図4に示すように、ルーパ1と、1本の針2(図11図17参照)と、ミシンベッド部Bの上面に取り付けられた針板台11と、この針板台11に装備される縫目のほつれ止め装置Hと、前記針板台11上に取り付けられる針板Pとを備えている。

0046

針2は、ミシンアーム部C内のミシン主軸(図示省略)の回転に連動して上下動する針棒12の中心の延長線上に位置するように針棒12の下端部に針取付具13を介して取り付けられて、上昇及び下降する。図2図4中のAは、針2の針落ち位置(下降位置)を示している。針落ち位置Aは、針板Pの略中央部に設定されている。

0047

ルーパ1は、ミシンベッド部B内に配置され、図示省略するルーパ駆動機構の動作を介して針2の上下動経路に略直交する方向に進退(左進及び右退)動作する。図4実線は、ルーパ1が左進位置に動作した状態を示し、図4破線は、ルーパ1が右退位置に動作した状態を示す。図4の実線に示すように、左進位置にあるルーパ1の先端部は、針落ち位置Aを越えて左方向に延出し、図4の破線に示すように、右退位置にあるルーパ1の先端部は、針落ち位置Aの右方向に離れて位置する。

0048

横筒形二重環縫いミシンは、針2の上昇及び下降動作とルーパ1の左進及び右退動作とにより、針板P上にセットされた縫製生地(図示省略)を縫製する。縫製生地は、針板P上に押え金(図示省略)により押えられ、ミシンベッドBの内部に設けられた送り機構の動作により、図4の矢印Y方向に送り移動される。送り機構は、針板P上に突出して後方向に移動し、且つ、針板P下に没入して前方向に復帰移動する動作を繰り返す送り歯を備え、この送り歯により縫製生地は間欠的に矢印Y方向に送り移動される。

0049

上述した針棒12、ルーパ駆動機構及び送り機構は、ミシン主軸(図示省略)からの伝動により互いに同期して動作する公知の機構である。針2は、針糸20(図11図17参照)を保持し、縫製生地が送り移動を停止している間に、該縫製生地を貫通して針板P下に達し、その後、上昇して縫製生地の上方へ抜け出す。ルーパ1は、ルーパ糸10(図11図17参照)を保持し、針2の上昇開始に合わせて左進し、針板P下に形成される針糸20のループ20aを捉える。縫製生地は、針2の上昇時に送り移動される。針2は、送り移動した縫製生地を貫いて下降し、右退中のルーパ1が保持するルーパ糸10を捉える。二重環縫いミシンは、以上の動作を繰り返して、縫製生地に二重環縫いの縫目を形成する。

0050

上記の如き横筒形二重環縫いミシンが備える縫目のほつれ止め装置Hは、針糸保持機構と、ストッパ機構と、前記針糸保持機構の糸掛けフック3(後述する)と前記ストッパ機構のストッパ部材4(後述する)とを連動連結する連結部材としての連結ロッド35と、制御部8(後述する)と、を備えている。

0051

前記針糸保持機構は、糸掛けフック3と、該糸掛けフック3を前記ルーパ1から離れた待機位置と前記ルーパ1に接近した糸掛け位置との間に亘って上下方向の支軸30を中心として駆動揺動させるフックアクチュエータとしての往復動式の糸操作シリンダ32とを有する。糸掛けフック3の揺動中心となる支軸30は、針板Pの右後側角部の近傍に配置され、前記針板台11上に支持されている。

0052

糸掛けフック3は、円弧状の湾曲形状を有し、支軸30から左方へ延びる支持アーム3eの先端部に、前方へ折り返すように連設されている。糸掛けフック3の先端部は、針板Pの下側において、左側後方から針落ち位置Aに臨ませてあり、該先端部には、外向きに突出するフック部3bが形成されている。支持アーム3eは、支軸30から前方へ向けて延びる延設部3cを有し、この延設部3cの先端部には、連結ロッド35の一端部が連結されている。

0053

前記ストッパ機構は、図5図8に示すように、前記糸操作シリンダ32の出力ロッド31の先端部(左端部)に止めネジ36を介して固定され、エアチューブ33を介して供給される作動エアによって糸操作シリンダ32が伸縮動作することにより左右方向に直線的に往復駆動移動されるストッパ部材4と、該ストッパ部材4の一部に係合及び係合解除可能な揺動レバー9と、該揺動レバー9を前記ストッパ部材4の一部に係合して前記糸掛けフック3が待機位置に位置する方向に揺動付勢するスプリング91と、該スプリング91の揺動付勢力に抗して前記揺動レバー9を前記ストッパ部材4の一部から強制的に係合解除させるストッパアクチュエータとしての片動式(左方向への押出駆動式)のストッパシリンダ42とにより構成されている。

0054

前記ストッパシリンダ42の出力ロッド41は、エアチューブ43を介して供給される作動エアによってストッパシリンダ42が左方向へ押出し駆動されることに伴い前記揺動レバー9を前記スプリング91の揺動付勢力に抗して反時計方向に揺動させるように構成されている。

0055

揺動レバー9は、揺動レバー取付台92の上面に上下方向の支軸90を中心として揺動可能に支持されている。揺動レバー9は、先端部に前記ストッパ部材4の一部に係合可能な係合爪9aを有しており、図5に示すように、糸操作シリンダ32の伸張動作により前記ストッパ部材4が左方向に駆動移動されているとき、即ち、糸掛けフック3が待機位置に移動されているときは、スプリング91の付勢力によりストッパ部材4の側部に接触し、糸操作シリンダ32の収縮動作により前記ストッパ部材4が右方向に駆動移動されたときは、図6に示すように、スプリング91の付勢力により支軸90を中心として時計方向に揺動して先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部に係合可能な状態となる。

0056

また、図7に示すように、収縮した糸操作シリンダ32を再び少量だけ伸張動作させることにより、揺動レバー9の先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部に係合して、ストッパ部材4の左方向への駆動移動が一時的にストップされる。このようにストッパ部材4が一時的にストップされた状態において、前記糸掛けフック3は、連結ロッド35を介して前記待機位置と糸掛け位置との間の保持位置に移動し停止する。このとき、糸掛けフック3の先端のフック部3bは、図4に示す糸掛け位置(針落ち位置A)から左後方に移動して、針糸20を引掛けて前記保持位置に保持する。

0057

更に、図8に示すように、ストッパシリンダ42の伸張に伴い出力ロッド41を左方向へ押出し駆動させることにより、前記揺動レバー9が前記スプリング91の揺動付勢力に抗して反時計方向に揺動されて、該揺動レバー9の先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部から係合解除され、ストッパ部材4の一時的なストップが解除される。これによって、糸操作シリンダ32は、最大限に伸張動作されて糸掛けフック3が連結ロッド35を介して待機位置に揺動復帰される。

0058

以上のように、第一実施の形態において、針糸保持機構の糸掛けフック3は、糸操作シリンダ32及びストッパシリンダ42の伸縮動作により、前述した待機位置、糸掛け位置及び保持位置との間に亘って揺動する。

0059

第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンは、縫製終了後に針糸20及びルーパ糸10を切断する糸切り機構5を備えている。この糸切り機構5は、図16及び図17に示すように、糸切りフック50と、糸切りメス51と、糸切りフック50を糸切りメス51との摺接部に押し付け板ばね59と、糸切りアクチュエータ58(図9参照)と、を有する。糸切りフック50は、その先端部に、後方へ向けて突設された第1のフック部52と第2のフック部53とを備えている。糸切り機構5は、公知であるため、その他の詳細な構成の説明及び図示は省略する。

0060

また、第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンにおいては、ミシンベッド部Bの上面に取り付けられる針板台11が、図2図4に示すように、左側針板台部11Lと右側針板台部11Rとに二分割された構成が採用されている。左側針板台部11Lの上面に、前記針板Pが止めネジ100を介して取り外し可能に取り付けられていると共に、前記針糸保持機構の糸掛けフック3の揺動中心となる支軸30を支持している。

0061

二分割された左側針板台部11Lにおける左端部近くの前後複数箇所(2箇所)、具体的には、図4中に仮想線で示すミシンアーム部Cの先端(左端)近傍で前記針板Pの取付箇所とは離れた箇所にはネジ孔101が形成されており、これらネジ孔101に螺合する止めネジ部材102介して、左側針板台部11Lはミシンベッド部Bの上面に締付け固定及び固定解除可能(着脱可能)に取り付けられている。

0062

また、ミシンベッド部Bの上面及び前記左側針板台部11Lには、図3に示すように、前記止めネジ部材102による2箇所の締付け固定箇所から離れた箇所にノックピン103及び該ノックピン103が嵌合するピン孔104が形成されており、ピン孔104をノックピン103に上方から差し込み嵌合することにより、左側針板台部11Lを、ミシンベッド部Bに対して所定の位置及び姿勢に位置決めし、この状態で、前記止めネジ部材102をネジ孔101にねじ込むことにより、左側針板台部11Lをミシンベッド部Bの上面に締付け固定可能としている。

0063

なお、本第一実施の形態では、ノックピン103がミシンベッド部Bの上面から上方へ向けて突出され、ピン孔104が左側針板台部11Lに形成されたものについて説明及び図示しているが、ノックピン103が左側針板台部11Lの下面から下方へ向けて突出され、ピン孔104がミシンベッド部Bの上面に形成されたものであってもよい。

0064

一方、二分割された右側針板台部11Rは、前記糸操作シリンダ32及びストッパシリンダ42を支持するシリンダ取付台部(以下、該右側針板台部11Rをシリンダ取付台部と称する)を構成するものであり、該シリンダ取付台部11Rの下部には上述したストッパ機構が配置されている。詳細には、シリンダ取付台部11Rの下面には、図5図8に示すように、糸操作シリンダ32が取付ネジ105を介して固定支持されていると共に、該糸操作シリンダ32の下部にストッパシリンダ42が二段重ねの状態に配置されており、該ストッパシリンダ42は、取付ネジ106を介してシリンダ取付台部11Rに固定支持されている。

0065

前記シリンダ取付台部11Rは、ミシンベッド部Bの側面に止めネジ部材107を介して固定状態に組み付けられている。ここで、固定状態とは、ほつれ止め装置Hをミシンベッド部Bに組付ける時に前記止めネジ部材107の締め付けにより所定の位置に固定され、組付け後は、位置調整等も行わず所定の組み付け位置に固定される状態を指す。

0066

前記連結ロッド35の一端(右端)部は、ストッパ機構におけるストッパ部材4にピンネジ108により回動可能に連結されている。この連結ロッド35の一端とストッパ部材4とのピンネジ108による連結部に対応する箇所のシリンダ取付台部11Rには、糸操作シリンダ32の伸縮に伴って左右方向に直線的に往復移動するストッパ部材4の直線的な往復移動を許容するように、左右方向に沿って長い長溝109が形成されている。

0067

また、前記連結ロッド35の他端で前記糸掛けフック3に連なる延設部3cとの連結端部分35aは、前記延設部3cの略厚み分だけ下方に屈曲されている。この下方に屈曲された連結ロッド35の連結端部分35aには、上方へ向けてピン110が突出されている一方、前記延設部3cには、前記ピン110の上方から該ピン110に差し込み可能及び上方へ抜き出し可能な連結孔111が形成されている。

0068

これによって、左側針板台部11Lをミシンベッド部Bに対して固定解除してミシンベッド部Bから取り外す際、連結ロッド35と延設部3cとを固定連結する、例えば止めネジ等を弛緩操作して両者の連動状態を解除するといった作業を行う必要がなく、左側針板台部11Lを上方へ持ち上げるだけで、延設部3cの連結孔111をピン110から上方へ抜き出して連結ロッド35と延設部3c(糸掛けフック3)との連動状態を解除することが可能である。また、左側針板台部11Lをミシンベッド部Bに取り付ける際も、左側針板台部11Lを上方からミシンベッド部Bに向けて移動させるだけで、連結孔111を上方からピン110に差し込んで連結ロッド35と延設部3c(糸掛けフック3)とを連動状態に復帰することが可能である。なお、連結ロッド35の連結端部分35aは、必ずしも下方に屈曲する必要がない。つまり、連結ロッド35は、その全長にわたって偏平な板状のものであってもよい。

0069

更に、前記ストッパ機構における揺動レバー9を上下方向の支軸90を中心として揺動可能に支持する揺動レバー取付台92は、シリンダ取付台部11Rに、左右方向の長い長孔93と止めネジ94とを介して左右に位置調節可能に取り付けられている。これは、シリンダ取付台部11Rをミシンベッド部Bに止めネジ部材107を介して固定状態に組み付けられた後においても、揺動レバー取付台92をシリンダ取付台部11Rに対して左右に位置調節することにより、糸掛けフック3に保持された針糸ループ20aからルーパ1が抜け出すタイミングを任意に調整することを可能とし、これによって、縫目のほつれ止めのための自糸ルーピングを確実に行わせることができるようにしたものである。

0070

以上に説明したように、針板台11を、左側針板台部11Lと右側針板台部11Rとに二分割した構成を採用した縫目のほつれ止め装置Hを備える第一実施の形態の横筒形二重環縫いミシンにおいては、縫目のほつれ止め装置Hをミシンベッド部Bに組み付けるに際して、左右で二分割された針板台11の左側針板台部11L及び右側のシリンダ取付台部11Rを個々別々にミシンベッド部Bに取り付けることが可能である。そのため、左右両側針板台部11L、11Rが一体化されて左右に長くて大きい一つの針板台を取り扱う場合に比べて、ほつれ止め装置H全体のミシンベッド部Bに対する取り付け(組み付け)作業を少ない労力で楽に行うことができる。

0071

また、針板台11(左側針板台部11L及び右側のシリンダ取付台部11R)をミシンベッド部Bに一旦、組み付けた後に、例えば、ルーパ1やそれの作動用部材など針板台11の下部でミシンベッド部Bの内部に収容されている縫いを構成する部材の位置や運動軌跡修正して縫い調子を調整することが必要になった場合、あるいは、針板台11の下部でミシンベッド部Bの内部に収容されている各種部品補修交換等のメンテナンスが必要になった場合、エアチューブ33及び43が接続されている糸操作シリンダ32及びストッパシリンダ43を組付け時に所定位置に強く固定支持しているシリンダ取付台部11Rは、ミシンベッド部Bから取り外す必要がなく、左側針板台部11Lのみをミシンベッド部Bから固定解除して取り外すだけで十分に広い作業スペースを確保して縫い調子の調整やメンテナンスを容易に行うことが可能である。

0072

図9は、上述したような縫目のほつれ止め装置Hを含めて第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンの制御系の構成を示すブロック図である。
二重環縫いミシンの制御部8には、ペダルスイッチ21による踏み込み信号21a及び踏み返し信号21bと、針2,2が上死点近傍にあるときに発信される針位置信号22と、糸切り信号23及び針糸払い信号24とがそれぞれ入力される。

0073

一方、制御部8からは、糸操作シリンダ32、ストッパシリンダ42及び糸切りアクチュエータ58のそれぞれに動作制御信号が出力される。糸掛けフック3及びルーパ糸保持体6は、制御部8から糸操作シリンダ32及びストッパシリンダ42に出力される動作制御信号に従って前述の如く動作し、糸切り機構5の糸切りアクチュエータ58は、制御部8から出力される糸切り信号23に従ってそれぞれ伸縮動作する。

0074

更に、制御部8からは、ミシン主軸の駆動源であるミシンモータ80、布押え用押え金を昇降する布押えシリンダ81、後述するように切断された針糸20,20を跳ね上げるエアワイパ82、縫製生地の送り量を調整する送り低減機構83、及びルーパ1へのルーパ糸10の送り出しを抑制するルーパ糸抑制機構84にもそれぞれ動作制御信号が出力される。

0075

送り低減機構83は、送り機構における送り歯の動作態様を変えること、例えば、送り歯の動作経路を針板Pに対して傾けて針板P上への突出時間を短くすることにより、針板P上の縫製生地に送り歯が作用する時間を短くする、あるいは、送り歯を循環作動させるレバーの長さを変更することにより、送り歯による単位送りピッチを小さくするなどして縫製生地の送り量を低減するものであって、このような送り低減機構83は、公知であるため、詳細の図示及び説明は省略する。

0076

ルーパ糸抑制機構84は、ルーパ1に送り込むルーパ糸10の中途部分を挟持する糸調子皿と、該糸調子皿によるルーパ糸挟持強さを増減するように動作するアクチュエータとを備えてなり、糸調子皿によるルーパ糸挟持強さを高めてルーパ糸10に対する付与抵抗を増すことにより、ルーパ糸10の送り出しを抑制するものであって、このようなルーパ糸抑制機構84は、公知であるため、詳細の図示及び説明は省略する。

0077

制御部8は、二重環縫いの縫目を形成する縫製終了後に、糸掛けフック3を、ミシンモータ80、布押えシリンダ81、エアワイパ82、送り低減機構83及びルーパ糸抑制機構84と関連して動作させることにより、二重環縫いの縫目のほつれ止め動作を実行する。

0078

図10は、ほつれ止めのための制御部8の動作内容を時系列的に示すタイムチャートである。制御部8は、CPU、ROM及びRAMを備えるコンピュータであり、図10のタイムチャートに従うほつれ止め動作は、ROMに格納されている制御プログラムに基づくCPUの一連の動作により実行される。

0079

図11図17は、第一実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンにおけるほつれ止め装置Hによるほつれ止め動作の説明図であり、図10のタイムチャートに従う制御部8の動作によって生じる糸掛けフック3及び糸切りフック50の動作状態を示している。

0080

ミシンを使用する縫製作業者は、通常の縫製を終了する際、ミシン駆動のためのペダル踏み込み操作を止め、その後にほつれ止め動作を実行することになるが、この場合、前記ペダルを踏み返し操作する。ペダルスイッチ21は、ペダルに付設してあり、踏み込み操作中は踏み込み信号21aを出力し、踏み返し操作されたときは踏み返し信号21bを出力する。

0081

制御部8は、通常の縫製が終了し、図10のS1の時点において、ミシン駆動のためのペダルが踏み込み状態から中立状態に戻されたとき、つまり、ペダルスイッチ21から踏み込み信号21a及び踏み返し信号21bのいずれも出力されない状態になったとき、入力側に与えられる針位置信号22を参照してミシンモータ80に停止指令を出力する。これにより、ミシンは、針2が上死点近傍にあって、ルーパ1が左進した状態で一時停止する。

0082

その後、制御部8は、前記ペダルが踏み返し操作されるまで待機する。図10のS2の時点において踏み返し操作され、入力側に踏み返し信号21bが入力された場合、制御部8は、まず、S3の時点において、送り低減機構83に動作開始指令を与えて送り歯による単位送りピッチを小さくするなど縫製生地の送り量を通常縫製時の送り量よりも小さく(低減)し、その後、以下に述べるほつれ止め動作を開始する。なお、前記送り低減機構83における送り歯による縫製生地の小さい送り量の送りの開始時期(S3)は、糸掛けフック3により針糸ループ20aを針2の下降位置よりもルーパ1の進出端側に位置させる前の1針半以上前に設定されている。

0083

なお、制御部8は、ペダルスイッチ21から踏み込み信号21aが再入力された場合、通常の縫製動作に復帰するので、縫製作業者は、ペダルを再度踏み込み操作することによって、通常の縫製を継続することができる。また、図10において、S1の時点からS2の時点までの間は中立状態が維持されることになっているが、このような中立状態の維持は必ずしも必要でなく、通常の縫製終了時のペダルの操作は、踏み込み状態から踏み返し状態に連続的に移行されるものでもよい。この場合は、移行の過程中立位置を通過する際、踏み込み信号21a及び踏み返し信号21bのいずれも出力されない無信号状態となり、制御部8は、この無信号状態をトリガーとして、前述のように、針2が上死点近傍に上昇し、ルーパ1が左進した状態を実現した後にほつれ止め動作を開始する。

0084

また、図10のタイムチャートでは、S2の時点におけるペダルの踏み返し操作が、以下に説明するほつれ止め動作の実行中に継続されることになっているが、このような踏み返し操作をほつれ止め動作が終了するまでの間、継続する必要はなく、踏み返し信号21bの入力停止後もほつれ止め動作は、制御部8の働きにより継続して実行される。

0085

図11は、ほつれ止め動作の開始時における針2、ルーパ1及び糸掛けフック3の状態を示している。針2は、1本の針糸20と1本のルーパ糸10とにより二重環縫いの縫目Mが形成された縫製生地の上方へ抜け出した状態にある。ルーパ1は、縫製生地の下側で左進し、針2が形成する針糸ループ20aを捉えた状態にある。この状態で、針糸20及びルーパ糸10を切断すると、図27に示すような縫い終わり部が形成される。

0086

ほつれ止め動作の開始後、制御部8は、まず、図10のS4の時点において、出力側の糸操作シリンダ32に動作指令を与える。これによって、糸操作シリンダ32は、図5に示す伸張状態から図6に示す収縮状態に動作してストッパ部材4が右方向に駆動移動され、これに伴い糸掛けフック3は、ストッパ部材4及び連結ロッド35を介して支軸30を中心として揺動し待機位置から糸掛け位置に移動し、このとき、糸掛けフック3の先端のフック部3bが針糸ループ20aを引掛けるとともに、ストッパ機構における揺動レバー9がスプリング91の付勢力により支軸90を中心して時計方向に揺動し、その先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部に係合可能な状態となる。

0087

その直後、制御部8は、糸操作シリンダ32に動作指令を与えて、該糸操作シリンダ32は、図6に示す状態から図7に示す状態にまで少し伸張し、ストッパ部材4が直線的に左方へ駆動移動される。この糸操作シリンダ32の少量伸張時において、揺動レバー9の先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部に係合する。これによって、ストッパ部材4の左方向への駆動移動が一時的にストップされる。このようにストッパ部材4の左方向への駆動移動が一時的にストップされた状態において、図12に示すように、前記糸掛けフック3は、連結ロッド35を介して前記待機位置と糸掛け位置との間の保持位置に移動して停止し、針糸ループ20aを前記保持位置に保持する。

0088

以上の如く糸掛けフック3を前記保持位置で移動停止させた後、制御部8は、図10のS5の時点において、ミシンモータ80、ルーパ糸抑制機構84に動作指令を与える。この動作指令は、針位置信号22を参照して、針2が下降した後に再度上死点近傍位置に上昇するまでの間与えられる。これによって、縫製生地に対する1針分の縫製動作が行われる。この1針分の縫製は、送り低減機構83の動作により、通常の縫製時よりも小さい送り量の下で実行される。また、この1針分の縫製は、ルーパ糸抑制機構84の動作により、ルーパ1へのルーパ糸10の送り出しが抑制された状態で実行される。これによって、縫い終わりのルーパ糸10の締まりがよくなるため、後述するほつれ止め効果を高めることができる。

0089

糸掛けフック3は、図12に示すように、針糸20の保持を、縫製生地の送り移動が完了し、針2が糸掛けフック3の保持する針糸ループ20aを通り、該針糸ループ20aを捉えるまで継続する。このとき、ルーパ糸10は、図12に示すように、針2の後側を横切るように位置している。

0090

制御部8は、針2が針糸ループ20aを捉えたタイミング、つまり、図10のS6の直後の時点で、ストッパ機構のストッパシリンダ42に動作指令を与えて、該ストッパシリンダ42が伸張し、これに伴い出力ロッド41が左方向へ押出し駆動される。これにより、図8に示すように、前記揺動レバー9が前記スプリング91の揺動付勢力に抗して反時計方向に揺動されて、該揺動レバー9の先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部から係合解除され、ストッパ部材4の一時的なストップが解除される。このようなストッパ部材4に対するストップ解除により、糸操作シリンダ32がS6の時点において最大限に伸張される。これによって、糸掛けフック3は、図13に示すように、ストッパ部材4及び連結ロッド35を介して支軸30を中心として揺動し前記保持位置から待機位置に復帰移動し、針糸ループ20aの保持を解除する。

0091

そして、ルーパ1は、針2の下降と共に右退動作し、捕捉した針糸ループ20aから抜け出す。このルーパ1の抜け出しにより、図14に示すように、針2は、通常の縫製時と同様にルーパ糸10を捕捉した状態となる。

0092

この状態において、ルーパ1は、左進に転換し、針2は、上昇に転換する。図15に示すように、左進するルーパ1は、針糸ループ20a1を捉え、上昇する針2は、縫製生地の上方へ抜け出す。これにより、ルーパ1が捉えた針糸20は、先に形成した針糸ループ20aを針糸20でルーピングする、いわゆる、自糸ルーピングすることになる。

0093

1針分の縫製動作後は、針2が上死点近傍まで上昇し、ルーパ1が左進端近傍に達した状態で終了する。その後、制御部8は、図10のS7の時点において、送り低減機構83の動作を停止し、この状態を糸切り信号23が与えられるまで待機する。そして、図10のS8の時点において糸切り信号23が与えられると、糸切り機構5の糸切りアクチュエータ58に動作指令を与えて該糸切りアクチュエータ58に所定の動作を行わせ、これにより、糸切りフック50は、図16に示すように、ルーパ1の上部に沿って進出端にまで達する。このとき、糸切りフック50の先端部の第1のフック部52は、ルーパ1が保持する針糸ループ20a内を通ってルーパ1の先端から縫製生地に延びるルーパ糸10の左側に達し、第2のフック部53は、針糸20に左側から対向する。

0094

続いて、進出端に達した糸切りフック50は、右退動作する。このとき、第1のフック部52はルーパ糸10を捕捉し、第2のフック部53は針糸20を捕捉する。このように捕捉されたルーパ糸10及び針糸20は、糸切りフック50の退入端にまで引かれ、図17に示すように、糸切りメス51の先端刃部に摺接されることで切断される。そして、切断されたルーパ糸10の端部は切断位置よりもルーパ1側において糸切りフック50と板ばね59との間に挟まれた状態に保持される。

0095

ルーパ糸抑制機構84は、以上のような糸切り動作が終えるまで動作を継続して、ルーパ1の先端から縫製生地に延びるルーパ糸10に所定の張力を付与する。これにより、糸切りフック50の先端の第1のフック部52は、緩みのないルーパ糸10を確実に捕捉し切断することができる。

0096

以上のような切断動作を終えた後、制御部8は、針糸払い信号24が入力されるまで待機し、図10のS9の時点において針糸払い信号24が入力されると、エアワイパ82に動作指令を出力して該エアワイパ82を動作させる。このエアワイパ82は、空気を吹き出し、針2に連続している針糸20の切断端部を跳ね上げる。その後、制御部8は、図10のS10の時点において布押えシリンダ81に動作指令を出力して該布押えシリンダ81を動作させ、布押え用の押え金を上昇させて一連のほつれ止め動作を終了する。

0097

上記したほつれ止めのための1針分の縫製動作の際に縫製生地の裏面に抜け出す針糸20は、通常の縫製時の最後に続けて縫製生地の裏面に形成される最終の針糸ループ20a内を通り、該最終の針糸ループ20aを自糸ルーピングして、単環縫いの縫目Mを形成する。従って、ルーパ糸10は、図18に示すように、針糸20と最終の針糸ループ20aとの間に押えられた状態となる。

0098

また、前記送り低減機構83における送り歯による縫製生地の小さい送り量の送りが、ほつれ止めのための1針分の縫製動作の前の段階、具体的には、糸掛けフック3により針糸ループ20aを針2の下降位置よりもルーパ1の進出端側に位置させる前の1針半以上前(図10のS3の時点)から開始されるので、図18に示すように、自糸ルーピング前の他糸ルーピングによる縫目のピッチPが、それより前の他糸ルーピングによる縫目のピッチP0よりも小さくなって、ルーパ糸10の切断端部が図18の矢印方向に引っ張られた場合の抜け止め抵抗が大きくなる。従って、図18に示す状態となった場合、二重環縫いの縫目Mのほつれは、自糸ルーピング部と、自糸ルーピング前の他糸ルーピングによる縫目のピッチPが小さくなることに伴うルーパ糸10の抜け止め抵抗の増大との相乗作用により確実に防止することができる。

0099

また、第一実施の形態の場合は、ストッパ機構における揺動レバー9を、スプリング91を用いて針糸保持機構における糸掛けフック3が前記待機位置に位置する方向に揺動付勢する構成を採用している。これによって、ストッパ部材4の戻り方向の動作(糸掛けフックが待機位置に位置する方向の動作)がスプリング9の付勢力で行われるため、ストッパ部材4の一部に係合及び係合解除する揺動レバー9を動作させるストッパシリンダ42として片動式のエアシリンダを用いることができるため、ストッパシリンダ42の小型化、低コスト化が図れる。

0100

次に、本発明の第二実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンについて説明する。
第二実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンは、図19に示すように、1本の針2が、ミシンアーム部C内のミシン主軸(図示省略)の回転に連動して上下動する針棒12の中心CLの延長線に対してルーパ1の進出側に変位した箇所(オフセット)に位置するように針棒12の下端部に針取付具13を介して取り付けられていること、及び、ルーパ1に対して接近及び離反動作可能で、接近動作時にルーパ1から延びるルーパ糸10を前記針2の下降位置よりも前側で保持するルーパ糸保持体6が備えられていること、の二つの構成において上述した第一実施の形態と相違し、それ以外の構成は、第一実施の形態で説明したものと全て同じである。そのため、第一実施の形態と相違する上記二つの構成以外の構成については説明及び具体的な図示を省略する。

0101

第二実施の形態における1本の針2は、通常、左右の2本針として使用されている横筒形二重環縫いミシンの2本針のうち、右側の針を針取付具13から取り外し左側の針のみを取り付けて用いることにより、その左側の1本の針2が針棒12の中心CLの延長線に対してルーパ1の進出側にオフセットしている。左右の2本針のうちの左側の針のみをオフセット1本針2として用いる外に、専用のオフセット1本針を用いてもよい。

0102

なお、通常の二重環縫いミシンにあっては、ルーパ1の進退動作方向に3本あるいは4本の針を並設して使用しているケースがある。3本針の場合は、針棒12の中心CLに位置する針と右側の針とを取り外し左側の針をオフセット1本針として用いてもよいし、左右両側の針を取り外して針棒12の中心CLの延長線上に位置する1本の針のみを用いてもよい。また、4本針の場合は、右側の3本の針を取り外して左側の針をオフセット1本針として用いることが考えられる。

0103

また、前記ルーパ糸保持体6は、図4中に仮想線で示したように、円弧状の湾曲形状を有し、前記糸掛けフック3の基部に、固定ネジ60を介して共締め固定されている。このルーパ糸保持体6の先端部は、糸掛けフック3の左側に略沿って前方へ延び、糸掛けフック3の先端部の前側で針落ち位置Aに臨ませてあり、該先端部には、二股分岐されたルーパ糸受け部6aが形成されている。
ルーパ糸保持体6は、往復動式の糸操作シリンダ32により、支軸30を中心として針糸保持機構の糸掛けフック3と一体的に駆動揺動されるように構成されている。

0104

図19図25は、第二実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンにおけるほつれ止め装置Hによるほつれ止め動作の説明図であり、図10のタイムチャートに従う制御部8の動作によって生じる糸掛けフック3、ルーパ糸保持体6及び糸切りフック50それぞれの動作状態を示している。

0105

図10のS1の時点からS3の時点までの縫製作業者によるペダル操作及びそれに伴う制御部8による送り低減機構83に対する動作開始指令等の動作は、第一実施の形態で説明したとおりであるため、それらの詳しい説明は省略し、それ以降におけるほつれ止め動作の開始後の動作について説明する。

0106

図19は、ほつれ止め動作の開始時における針2、ルーパ1、糸掛けフック3及びルーパ糸保持体6の状態を示している。針2は、1本の針糸20と1本のルーパ糸10とにより二重環縫いの縫目Mが形成された縫製生地の上方へ抜け出した状態にある。

0107

ほつれ止め動作の開始後、制御部8は、まず、図10のS4の時点において、出力側の糸操作シリンダ32に動作指令を与える。これによって、糸操作シリンダ32は、図5に示す伸張状態から図6に示す収縮状態に動作してストッパ部材4が右方向に駆動移動され、これに伴い糸掛けフック3及びルーパ糸保持体6は、ストッパ部材4及び連結ロッド35を介して支軸30を中心々して揺動し待機位置から糸掛け位置に移動し、このとき、糸掛けフック3の先端のフック部3bが針糸ループ20aを引掛けるとともに、ストッパ機構における揺動レバー9がスプリング91の付勢力により支軸90を中心して時計方向に揺動し、その先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部に係合可能な状態となる。

0108

その直後、制御部8は、糸操作シリンダ32に次の動作指令を与えて、該糸操作シリンダ32が、図6に示す状態から図7に示す状態にまで少し伸張し、ストッパ部材4が直線的に左方へ駆動移動される。この糸操作シリンダ32の少量の伸張時において、揺動レバー9の先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部に係合する。これによって、ストッパ部材4の左方向への駆動移動が一時的にストップされる。このようにストッパ部材4の左方向への駆動移動が一時的にストップされた状態において、図20に示すように、前記糸掛けフック3は、連結ロッド35を介して前記待機位置と糸掛け位置との間の保持位置に移動して停止し、針糸ループ20aを前記保持位置に保持するとともに、ルーパ糸保持体6は、ルーパ1の前側に進出して先端のルーパ糸受け部6aが針落ち位置Aの前方でルーパ糸10を保持する。

0109

以上の如く糸掛けフック3及びルーパ糸保持体6を前記保持位置で移動停止させた後、制御部8は、図10のS5の時点において、ミシンモータ80、ルーパ糸抑制機構84に動作指令を与える。この動作指令は、針位置信号22を参照して、針2が下降した後に再度上死点近傍位置に上昇するまでの間与えられる。これによって、縫製生地に対する1針分の縫製動作が行われる。この1針分の縫製は、送り低減機構83の動作により、通常の縫製時よりも小さい送り量の下で実行される。また、この1針分の縫製は、ルーパ糸抑制機構84の動作により、ルーパ1へのルーパ糸10の送り出しが抑制された状態で実行される。これによって、縫い終わりのルーパ糸10の締まりがよくなるため、後述するほつれ止め効果を高めることができる。

0110

糸掛けフック3及びルーパ糸保持体6は、図20に示すように、針糸20及びルーパ糸10の保持を、縫製生地の送り移動が完了し、針2が糸掛けフック3の保持する針糸ループ20aを通り、該針糸ループ20aを捉えるまで継続する。このとき、ルーパ糸10は、図20に示すように、針2の前側を横切るように位置している。

0111

制御部8は、針2が針糸ループ20aを捉えたタイミング、つまり、図10のS6の直後の時点で、ストッパ機構のストッパシリンダ42に動作指令を与えて、該ストッパシリンダ42が伸張し、これに伴い出力ロッド41が左方向へ押出し駆動される。これにより、図8に示すように、前記揺動レバー9が前記スプリング91の揺動付勢力に抗して反時計方向に揺動されて、該揺動レバー9の先端の係合爪9aがストッパ部材4の一部から係合解除され、ストッパ部材4の一時的なストップが解除される。このようなストッパ部材4に対するストップ解除により、糸操作シリンダ32がS6の時点において最大限に伸張される。これによって、糸掛けフック3及びルーパ糸保持体は、図21に示すように、ストッパ部材4及び連結ロッド35を介して支軸30を中心として揺動し前記保持位置から待機位置に復帰移動し、針糸ループ20a及びルーパ糸10の保持を解除する。

0112

次に、ルーパ1は、針2の下降と共に右退動作し、捕捉した針糸ループ20aから抜け出す。このルーパ1の抜け出しにより、図22に示すように、針2は、通常の縫製時と同様にルーパ糸10を捕捉した状態となる。

0113

この状態において、ルーパ1は、左進に転換し、針2は、上昇に転換する。図23に示すように、左進するルーパ1は、針糸ループ20a1を捉え、上昇する針2は、縫製生地の上方へ抜け出す。これにより、ルーパ1が捉えた針糸20は、先に形成した針糸ループ20aを針糸20でルーピングする、いわゆる、自糸ルーピングすることになる。

0114

1針分の縫製動作は、針2が上死点近傍まで上昇し、ルーパ1が左進端近傍に達した状態で終了する。その後、制御部8は、図10のS7の時点において、送り低減機構83の動作を停止し、この状態を糸切り信号23が与えられるまで待機する。そして、図10のS8の時点において糸切り信号23が与えられると、糸切り機構5の糸切りアクチュエータ58に動作指令を与えて該糸切りアクチュエータ58に所定の動作を行わせ、これにより、糸切りフック50は、図24に示すように、ルーパ1の上部に沿って進出端にまで達する。このとき、糸切りフック50の先端部の第1のフック部52は、ルーパ1が保持する針糸ループ20a内を通ってルーパ1の先端から縫製生地に延びるルーパ糸10の左側に達し、第2のフック部53は、針糸20に左側から対向する。

0115

続いて、進出端に達した糸切りフック50は、右退動作する。このとき、第1のフック部52はルーパ糸10を捕捉し、第2のフック部53は針糸20を捕捉する。このように捕捉されたルーパ糸10及び針糸20は、糸切りフック50の退入端にまで引かれ、図25に示すように、糸切りメス51の先端刃部に摺接されることで切断される。そして、切断されたルーパ糸10の端部は切断位置よりもルーパ1側において糸切りフック50と板ばね59との間に挟まれた状態に保持される。

0116

ルーパ糸抑制機構84は、以上のような糸切り動作が終えるまで動作を継続して、ルーパ1の先端から縫製生地に延びるルーパ糸10に所定の張力を付与する。これにより、糸切りフック50の先端の第1のフック部52は、緩みのないルーパ糸10を確実に捕捉し切断することができる。

0117

以上のような切断動作を終えた後、制御部8は、針糸払い信号24が入力されるまで待機し、図10のS9の時点において針糸払い信号24が入力されると、エアワイパ82に動作指令を出力して該エアワイパ82を動作させる。このエアワイパ82は、空気を吹き出し、針2に連続している針糸20の切断端部を跳ね上げる。その後、制御部8は、図10のS10の時点において布押えシリンダ81に動作指令を出力して該布押えシリンダ81を動作させ、布押え用の押え金を上昇させて一連のほつれ止め動作を終了する。

0118

上記した一連のほつれ止め動作により、第二実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンにおいても、第一実施の形態の場合と同様に、図18に示すような二重環縫いの縫目Mの構造が得られる。この二重環縫いの縫目Mによれば、第一実施の形態の場合と同様に、自糸ルーピング部と、自糸ルーピング前の他糸ルーピングによる縫目のピッチPが小さくなることに伴うルーパ糸10の抜け止め抵抗の増大との相乗作用により、ほつれを確実に防止することができる。

0119

加えて、第二実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンの場合は、ルーパ1を進出状態として通常縫製を終了した後に、ルーパ1に対して接近動作するルーパ糸保持体6により、ルーパ1から縫製生地に延びるルーパ糸10を針2の下降位置よりも前側の位置で保持させることによって、針糸20だけでなくルーパ糸10も確実に位置決めすることができる。したがって、自糸ルーピングをより確実に実施し、縫目のほつれ止め効果の一層の確実化を図ることができる。

0120

また、第二実施の形態に係る横筒形二重環縫いミシンの場合は、ルーパ糸保持体6が、針糸保持機構における糸掛けフック3に共締め固定されていて、糸掛けフック3と一体的にルーパ1に対して接近及び離反動作可能に構成されているので、針糸保持機構の駆動機構をルーパ糸保持体6の駆動機構に兼用させることが可能であるため、ほつれ止め装置H全体の構成をできるだけ小型簡素化且つ低コスト化することができる。

0121

なお、上記の第一実施の形態及び第二実施の形態の場合はいずれも、前記送り低減機構83における送り歯による縫製生地の小さい送り量の送りが、ほつれ止めのための1針分の縫製動作前で、糸掛けフック3により針糸ループ20aを針2の下降位置よりもルーパ1の進出端側に位置させる前の1針半以上前(図10のS3の時点)から開始されるように設定したものについて説明したが、これに限定されない。例えば、前記送り低減機構83における送り歯による縫製生地の小さい送り量の送りが、ほつれ止めのための1針分の縫製動作前で、糸掛けフック3により針糸ループ20aを針2の下降位置よりもルーパ1の進出端側に位置させる約半針前から開始されるように設定してもよい。この場合でも、図26に示すように、ルーパ1が捉えた針糸20が、先に形成した針糸ループ20aをルーピングする、いわゆる、自糸ルーピングを確実に実施できて、縫目のほつれ止め効果を奏することができる。

0122

また、上記第二実施の形態においては、前記ルーパ糸保持体6を、針糸保持機構における前記糸掛けフック3と一体的にルーパ1に対して接近及び離反動作可能に構成したものについて説明したが、ルーパ糸保持体6を前記針糸保持機構における糸掛けフック3とは別個にルーパ1に対して接近及び離反動作可能に構成してもよい。

0123

また、上記第二実施の形態においては、前記ルーパ糸保持体6を、図20に示すように、ルーパ1の前側に進出して先端のルーパ糸受け部6aが針落ち位置Aの前方でルーパ糸10を保持するように構成したものについて説明したが、ルーパ1の後側に進出して先端のルーパ糸受け部6aが針落ち位置Aの後部でルーパ糸10を保持するように構成してもよい。

0124

特に、前記ルーパ糸保持体6を、前記糸掛けフック3とは別個に動作されるように構成することにより、ルーパ糸10を針落ち位置Aの後部で保持するように構成することができる。この場合は、ルーパ糸保持体6の動作専用の駆動機構を針落ち位置Aの前部に設置すればよい。

0125

また、前記ルーパ糸保持体6を、針糸保持機構における前記糸掛けフック3と一体的にルーパ1に対して接近及び離反動作させる場合も別個に動作させる場合も、前記ルーパ糸保持体6の前記ルーパ1に対する接近及び離反動作タイミング及び/又は動作軌跡を調整可能に構成することが望ましい。

0126

この場合は、例えば、実縫製前に試験運転(試縫い)を行って、ルーパ糸保持体6の針糸保持機構に対する動作タイミング及び/又は動作軌跡を検分し、その検分結果に基いて、ルーパ糸保持体6と針糸保持機構における糸掛けフック3との間で相互に悪影響が出たり、動作障害等が生じたりしない適正なタイミング及び/又は動作軌跡に調整することが可能である。これによって、ルーパ糸保持体6と針糸保持機構における糸掛けフック3との共存、共同作用によって、自糸ルーピングをさらに確実に実施させて所期の縫目のほつれ止め効果を一層高めることができる。

0127

また、上記各実施の形態においては、フックアクチュエータ及びストッパアクチュエータとして、動作応答性に優れたエアシリンダを用いたものについて説明したが、これらアクチュエータとしては、電磁ソレノイド等を用いてもよい。

0128

更に、上記各実施の形態においては、ほつれ止め装置Hを装着する針板台11が、左側針板台部11Lと右側針板台部11Rとに二分割された構成を採用し、これによって、ほつれ止め装置Hのミシンベッド部Bに対する組み付け作業性やメンテナンスの容易性の向上が図れるようにしたものについて説明したが、ほつれ止め装置Hにおける針板台11としては、左右に長い一体物に構成されたものであってもよい。

0129

更にまた、上記各実施の形態では、1本針の横筒形二重環縫いミシンを適用対象としたが、平ベッドタイプの二重環縫いミシンに適用してもよい。

0130

1ルーパ
2 針
3糸掛けフック
4ストッパ部材
6ルーパ糸保持体
8 制御部
9揺動レバー
10ルーパ糸
20針糸
20a,20b針糸ループ
30 上下方向の支軸
32 糸操作シリンダ(フックアクチュエータ)
35連結ロッド(連結部材)
42ストッパシリンダ(ストッパアクチュエータ)
91スプリング
A針落ち位置
Bミシンベッド部
P針板
M二重環縫いの縫目
Hほつれ止め装置

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • JUKI株式会社の「 縫製管理システム及び縫製管理方法」が 公開されました。( 2020/10/15)

    【課題】縫製ラインにおける縫製品質及び生産効率を向上すること。【解決手段】縫製管理システム1は、縫製ライン(SL)上で縫製を行うミシン(9)と、縫製ラインにおける各種情報を管理する管理サーバ(8)とを... 詳細

  • 蛇の目ミシン工業株式会社の「 布押え上下駆動装置および該装置を備えるミシン」が 公開されました。( 2020/10/15)

    【課題】 多様な縫製や刺しゅう方法に柔軟に対応するために、布押えの上下駆動パターンを変更可能にした布押え上下駆動装置および該装置を備えるミシンを提供すること。【解決手段】 針11を上下駆動する上軸... 詳細

  • ブラザー工業株式会社の「 ミシン」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】縫製不良の種類を区別して報知できるミシンを提供する。【解決手段】CPUは、糸張力検出機構の検出結果から上糸の張力を取得する。取得した上糸の張力に基づき、CPUは、縫製不良が発生したか否か判断す... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ