図面 (/)

技術 国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の世界最速ウルトラスーパーコンピューター装置の著作権原本と著作権追加原本。(企業と国及び都道府県市町村が特許権で無い企業の特許提出によって世界最速ウルトラスーパーコンピューター装置の商品を、作って企業利益を、上げると国の機関でも知的所有財産の技術横領の利益を、得る方の横領の共謀罪に成ります。)。あくまでも国益100パーセントと都道府県市町村区益100パーセントを、目的とした国と都道府県市町村区の借金全額返済の先著作権技術主張の知的所有財産の著作権に成る。

出願人 墫野和夫
発明者 墫野和夫
出願日 2013年1月4日 (6年6ヶ月経過) 出願番号 2013-000076
公開日 2013年4月18日 (6年2ヶ月経過) 公開番号 2013-070618
状態 未査定
技術分野 特殊な電動機、発電機
主要キーワード 固形窒素 先考案 世界最速 知的所有財産 データー表示 空洞穴 電磁石体 ドレイン装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年4月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

従来のウルトラスーパーコンピューターは、熱溜まりが、多くて冷やす為に、冷却クーラーと大量の冷却クーラー電気量を必要として、情報の収集スピードには、テープリールの為、限界が有った。

解決手段

圧電素子4電子磁気分割装置の設置によって、電気中の電気抵抗だけを世界で初めて取り除く技術に先発明及び先考案し、世界で一番電気消費の少ない磁極切り換えインバータ制御レールモーター技術の導入によって、電気消費を少なくし軽水入りデジタル回路技術によって、高速回路を成し遂げ、圧電素子磁石体ICチップによって、磁波乱れ圧電素子磁石全自動修復可能にして、ネオン充電池IC回路チップ技術で、世界最小の美しい画像装置の導入によって、新しいウルトラスーパーコンピューターの道を歩む事になる著作権原本

概要

背景

従来のウルトラスーパーコンピューターは、大量のモーター電気熱を発生する内コイル型モーター方式が殆どで有った。

従来のウルトラスーパーコンピューター回路は、スイッチ連続切り換え時に発生する回路熱溜まりには、大型の冷却装置を内蔵積載したのが殆どで有った。

従来のウルトラスーパーコンピューター本体は、情報を一度別の情報送受信装置に送ってから、複数のインターネット対応するタイプが殆どで有った。

従来のウルトラスーパーコンピューターは、通常電気配線コンセント使用が殆どで有った。

下図1,図2により、全て異なった別の部品構造名称を従来の部品と比較して説明する。
図1に於いて、(1)は、従来の通常超小型内コイルモーターとは異なり、電気消費が世界で一番少ない墫野和夫先発明日主張の磁極切り換えインバータ制御作動のレールモーターを使用している。

そして,(2)は、従来のテープリール磁気テープ装置を使用しないで、表裏両面の卵型空洞の両面CD装置のMDタイプを使用する事で、扱い安く、保管しやすく、情報を早く取りやすくする為の工夫装置。

そして、(3)は、従来のインターネット通信とは異なり電話番号認識型情報送受信タイプの複数総合アンテナ送受信装置で有る。

そして、(4)の電源は、従来では家庭コンセント方式で有り、本先発明では2連振り子機械式発電機を内蔵積載している。

そして、(5)の従来装置は、冷却装置で有り、本先発明の圧電素子4電子磁気分割装置を内蔵積載している。

そして、(6)の従来のコンピューター回路は、デジタル回路及びノーマル回路で有り、本先発明は、軽水入りのデジタル回路及び軽水素入りのノーマル回路装置を内蔵積載している。

そして、(7)の従来のコンピューター映像回路は、発光ダイオード回路もしくは、ダイオード回路で有るが、軽水素入り発光ダイオード回路または、軽水素入りノーマル回路などが有り、この装置の付属装置として、ネオン充電池素子映像回路ICチップ回路装置などを積載している。

そして、(8)の世界最速ウルトラウルトラスーパーコンピューターは、確かに殆どウルトラスーパーコンピューターの部品を使用しない墫野和夫先発明及び先考案部品だけで、別の世界特許認定ウルトラスーパーコンピューターになっても、実際は不正競争防止法が、有る為ウルトラスーパーコンピューターと特許切れウルトラスーパーコンピューター著作財産権を最初の考案及び発明者の主張によって、契約無しでは、商品を特許認定だから、またはウルトラスーパーコンピューターとは異なっている作品だから作って良いとの考え方は、間違いになり特許認定でも不正競争防止法では、作れないが他の人間は、墫野和夫のウルトラスーパーコンピューターをまねして、契約する事も出来ないのが不正競争防止法に基づいた説明に有る。

概要

従来のウルトラスーパーコンピューターは、熱溜まりが、多くて冷やす為に、冷却クーラーと大量の冷却クーラー電気量を必要として、情報の収集スピードには、テープリールの為、限界が有った。圧電素子4電子磁気分割装置の設置によって、電気中の電気抵抗だけを世界で初めて取り除く技術に先発明及び先考案し、世界で一番電気消費の少ない磁極切り換えインバータ制御のレールモーター技術の導入によって、電気消費を少なくし軽水素入りデジタル回路技術によって、高速回路を成し遂げ、圧電素子磁石体ICチップによって、磁波乱れ圧電素子磁石全自動修復可能にして、ネオン充電池IC回路チップ技術で、世界最小の美しい画像装置の導入によって、新しいウルトラスーパーコンピューターの道を歩む事になる著作権原本。1

目的

本先発明は、このような従来の構成が有していた問題点を解決しようとするもので有り、家庭電気配線の電気抵抗熱を取り除いた電気抵抗無しの電気を使用する事によって、ウルトラスーパーコンピューターの電気熱溜まりを少なくする事を実現する事を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

請求項2

本先発明の、ウルトラスーパーコンピューターの電気熱溜まりを少なくする為に、圧電素子4電子磁気分割装置を内蔵積載する事によって、ウルトラスーパーコンピューターに使用する電気中の電気抵抗を圧電素子4電子磁気分割装置によって、電気中の電気抵抗熱を取り除いた電気を使用する事で、電気熱溜まりを少なくしたウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項3

本先発明の、ウルトラスーパーコンピューターのデーター記録装置は、表裏両面のCDに卵型空洞を設けた両面CD装置を内蔵したMD装置卵形空洞を設けた表裏両面CDの記録再生型装置を内蔵積載したウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項4

本先発明の、ウルトラスーパーコンピューターのアンテナ型データー引き出し及びデーター送信装置は、9本以上の複数アンテナ送受信装置を積載したウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項5

本先発明の、ウルトラスーパーコンピューターのウルトラスーパーコンピューター回路は、軽水ガス入り回路を内蔵積載したウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項6

本先発明の、ウルトラスーパーコンピューターの映像回路は、奇麗な電波送受信を可能にする為に、ネオンガス充電池素子を合成した映像回路チップを内蔵積載したウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項7

本先発明の、ウルトラスーパーコンピューターの電源は、半永久の連続ダイナモ発電出来る装置の2連振り子型機械式発電機を内蔵積載した、電気配線の無い場所でも連続作動可能なウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項8

本先発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する2連振り子型機械式発電機に内蔵積載する高出力ダイナモ装置は、軽水素入り圧電素子磁石体ダイナモ装置の中央部分に内蔵積載した高出力ダイナモ装置を内蔵積載した2連振り子機械式発電機を内蔵積載したウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項9

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する地震等による振動を、吸収出来る震動吸収家電足装置別名の免震家電装置は、ウルトラスーパーコンピューターの底に、ゼンマイ板鋼材を、使用したボルトに対して、ボルト軸部分の数か所の一部にナイロン材によって、振動を、吸収固定出来る物質を数か所太いボルトに取り付け、ゼンマイ板鋼材を、使用したボルトに対して、ボルトの中心部分を、刳り貫き、刳り貫いた場所に、超細ワイヤを、入れてゴムナイロン液で、超細ワイヤを、固定した上下左右に曲がる太ボルト四本に対して、四角形電磁石板に四か所の上下左右に曲がる太ボルトを、電磁石板四か所に取り付け、ウルトラスーパーコンピューターの底に、ビニールパネル板と木材灰入りアルミニウム網入り陶器パネル板の磁気磁力防止の三数合わせパネルの磁気防止パネル板に永久磁石パネルを取り付けて、床に取り付けるウルトラスーパーコンピューター用の電磁石パネル板に取り付けて有る振れ固定用の太型の振れ固定専用の、ゼンマイ板鋼材を、使用したナイロンと超細ワイヤとナイロンゴム合成固定液内蔵の振れ固定ボルトを、ウルトラスーパーコンピューターの磁気障害防止の為の受け升枠に、振動固定出来る太ボルトを取り付け固定する事によって、電磁石板に電気を通す事によって、永久磁石の取り付けて有るパネルと高出力電磁石を、取り付けて有るパネル同志が、磁気反発し、浮いて、地震の際の振れ止めの上下左右衝撃吸収の為のスプリング入りナイロンに亜麻糸網を、内蔵させた振動衝撃吸収の為のスプリングナイロンパネルによって360度周囲の振動を、吸収し圧電素子磁石粒子入りのスプリングナイロンパネルと高出力電磁石によって、周囲の振れを、吸収して、補助振れ止めスプリング装置積載の振れ止め装置の電磁石反発装置の電気の電圧調整地震センサー電波受信によって、ウルトラスーパーコンピューターの振れ吸収を、目的としたウルトラスーパーコンピューター及び家電製品その他の地震及び他の揺れ障害を、吸収する為の地震等などの振れ吸収装置を、内蔵積載した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項10

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載するDCブラシレスモーターホンダ技研のモーター特許権より、先に著作権モーター先技術として、北海の北海道知事の著作権のレールモーター別名としての著作権先モーター形状技術の、DCブラシレスモーター形状の盗作事実の北海道庁知事の郵便物受理書の公開のDCブラシレスモーターより、モーター形状が同じでも、モーターに使用しているコイル配線が、通常コイルから高出力コイルに変えて、通常電磁石から、高出力電磁石に変えて通常磁石から、軽量の高出力人工合成永久磁石体を、使用したモーター形状の先著作権技術の年月日北海道道庁証明の、本田技研より先の、モーター形状主張の高出力ブラシレスレールモーターを、ウルトラスーパーコンピューターのMDのモーターとして内蔵積載した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項11

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する高出力ブラシレスレールモーターに積載内蔵する表裏両面MD装置の卵型空洞穴は、片面に8か所の両面16か所の卵型空洞と両面16か所の録画再生を、可能に出来るMD装置再生録画装置を、16か所積載内蔵して、MD装置のCD装置部分の中間に、磁気書き込み読み込み用の物質として圧電素子磁石体粒子と絶縁体として、木材灰入りビニール絶縁体ラインによって、圧電素子磁気体を、区切る事によって、複数列の圧電素子磁気書き込みと読み込みラインに成り、多層構造に擦る為に、灰入りのビニールシートを、圧電素子磁気ラインシートに被せて再び、複数列の圧電素子磁気書き込みと読み込みラインシートを、貼って半割り形状のCD録画再生装置の中間に内蔵して、圧電素子磁気カード読み込み書き込み配線を、六角状のCD装置の中心部分の丸型空洞に変わる六角形空洞に多層式の圧電素子磁気ラインの読み込み書き込み配線を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項12

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する温度上昇を、防止する為の、フロンガス入りビニール球体粒を、積載内蔵した炭素及び粘土及びケイ素及び木材灰入り石膏及び石灰及びビニールゴム及びセメント等のフロンガス入りのビニール球体を、保護する冷却物質シートを、プラスチックパネルシートの二枚のプラスチックパネルシートの間に内蔵して、内側は、複数針穴のプラスチックパネル冷却風が流れる複数針穴空洞面としたパネル形状として、外側に面する冷却固形窒素入りプラスチックシート貼り付け型木材灰入りプラスチックパネルは、ウルトラスーパーコンピューター装置設置部屋の、冷却風を、吸収して、更に冷やす事を、可能にした外側に面する冷却固形窒素入りプラスチックシート貼り付け型木材灰入りプラスチックパネルに成り、複数の室内冷却装置の上下左右の室内の冷却風によって、ウルトラスーパーコンピューターの電気使用昇熱を、抑える事の出来る冷却物質内蔵の超軽量のプラスチックパネル装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項13

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載するMD装置のCD部分の両面の中間部分は、市販のCDの総重量の半分以下に擦る為に、CD装置の二枚の半割り装置部分の間に、超軽量の窒素ガス入り発砲スチロールシートを、二枚のプラスチックCDシートの間に入れて接着材によって、接着する事によって、超軽量の熱防対策を、行なった超軽量CD装置を、内蔵した表裏両面の超軽量MD装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項14

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターは、暗号インプット全自動動型人型水中ロボットの、全自動水中ロボットのデーター送受信装置として、海底に設置する為の、ソナー波の送受信アンテナの圧電素子磁石体粒子入りのビニールプラスチックゴムパネルを、ウルトラスーパーコンピューターの周囲に貼りつけた構造と、複数のソナー波送受信装置を、積載内蔵した、水中ロボットのデーター集計とデーターの地上への送受信出来るソナー波送受信システム装置のソナー波を、衛星波及び無線波及び山岳ヘリコプータースクリュー波変換出来るソナー波を、他の電波に全自動変換出来る装置とシステムを、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項15

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する映像回路積載の、高出力超LSI回路の部品構造の高出力N型シリコンLSI回路装置は、N型シリコンシート装置と新技術の軽水素トリチウム電子入りの複数針穴形状のN型シリコンシート装置を、交互に貼りあわせた軽水素トリチウム電子入りのN型シリコンを、高出力N型シリコンと言い、少ない電気量で作動出来る高力超LSI回路のN型シリコンと高出力P型インジウムは、複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りのP型インジウムシートとP型のインジウムシートを交互に貼りあわせた高出力P型インジウムと高出力N型シリコンを組み合わせた高出力超LSI回路を、高出力高画質発電音声波映像波システムの映像回路に積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項16

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する高出力PN接合ダイオード回路部品は、複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りのP型ダイオード半導体シートとP型ダイオード半導体シート回路の、異なった二つのP型ダイオード半導体を交互に組み合わせ接合した装置を、高出力PN接合ダイオード回路に成り、高出力N型ダイオード半導体の複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りN型半導体シートとN型半導体シートを、交互に貼りあわせた高出力N型半導体と高出力P型ダイオード半導体を、接合した高出力PN接合ダイオード回路装置を、高出力高画質発電音声波映像波システムの映像回路に積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項17

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する軽水素アルゴンガス入りの圧電素子ダイオード映像回路チップ装置は、超小型の圧電素子磁石体粒子を超小型の圧電素子磁石体チップとした装置に軽水素とアルゴンガスを混合合成したガスを、圧電素子磁石体のチタン酸バリウムにアルゴンガスと軽水素トリチウム電子を、内蔵したダイオード映像回路チップ装置とし、映像プラス波は、軽水素アルゴン圧電素子映像回路チップのプラス圧電素子磁気の弱い部分にプラス映像波取り込み配線を取り付けて、軽水素アルゴン圧電素子ダイオード映像回路チップのプラス圧電素子磁気の強い部分にプラス映像波取り込み配線を取り付けたプラス映像波回路の軽水素アルゴン圧電素子ダイオード映像回路チップで有り、映像マイナス波は、軽水素アルゴン圧電素子ダイオード映像回路チップのマイナス圧電素子磁気の弱い部分にマイナス映像波取り込み配線を取り付けて、軽水素アルゴン圧電素子ダイオード映像回路チップのマイナス圧電素子磁気の強い部分にマイナス映像波取り込み配線を取り付けたマイナス映像波回路の軽水素アルゴン圧電素子ダイオード映像回路チップの二つプラスとマイナスの軽水素アルゴン圧電素子ダイオード映像回路チップ装置を、高出力高画質発電音声波映像波システムの回路に積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項18

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する映像回路の、高出力発電回路型の装置に内蔵した映像ノイズ取り除き回路チップ装置は、高出力圧電素子磁石体改良型の軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体シートパネルと軽水素トリチウム電子入りチタン酸バリウムシートの複数針穴空きシートとアルゴンガスと軽水素トリチウム電子入りのチタン酸バリウムの複数針穴空きシートを交互に貼りあわせた特製のアルゴンガス入りの高出力アルゴン入り圧電磁石体のプラス磁気極の一番強い磁気部分に、映像プラス波を流して、軽水素トリチウム電子とアルゴン入りの高出力圧電素子磁石体のプラス極の磁気の一番弱い部分から、映像プラス増幅波を得る事が出来る装置と、高出力発電回路型映像ノイズ取り除きマイナス回路チップ装置は、高出力アルゴン圧電素子磁石体の改良型の軽素トリチウム電子入り圧電素子磁石体シートパネルと軽水素トリチウム電子入りチタン酸バリウム複数針穴空きシートとアルゴン軽水素入りチタン酸バリウム複数針穴空きシートを交互に貼りあわせた特製のアルゴンガスと軽水素トリチウム電子入りの高出力圧電素子磁石体のマイナス極の一番強い部分に、映像マイナス波を流して、軽水素トリチウム電子とアルゴン入りの高出力圧電素子磁石体のマイナス極の磁気の一番弱い部分から、映像マイナス増幅波を得る事が出来る装置それぞれのプラス高出力発電回路型映像ノイズ取り除き回路チップ装置とマイナス高出力発電回路型映像ノイズ取り除き回路チップ装置を高出力高画質発電音声波映像波システムの回路に積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項19

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する液晶パネル装置の端隅に取り付けられる高出力CCDカメラ被写体画像画像認識センサー装置は、マイクロクリスタルレンズカラーフイルタマスクと新技術の軽水素トリチウム電子ガス入りのダイオード受光素子は、ダイオードに軽水素トリチウム電子ガスを混合合成した軽水素入りのダイオード受光素子構造の装置を、積載した高出力高画質発電音声波映像波システムの、カメラの高出力CCDセンサーの受光素子をテレビカメラに積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項20

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する映像回路積載のアルゴン圧電素子映像回路チップ装置は、圧電素子磁石体のチタン酸バリウムにアルゴンガスを、混合合成したアルゴンガス入りの圧電素子に成り、プラス映像回路は、アルゴンガス入りの圧電素子磁石体のプラス陽電子磁気部分にプラス映像配線の出力配線を取り付けプラス磁気の弱い部分のプラス中間陽電子部分にプラス映像配線の入力配線を取り付ける事によって、通常プラス映像波の磁波ノイズを磁気整流化する為に、圧電素子磁石体のプラス磁石体にプラス映像波を通して、通常プラス映像波の電波ノイズを取り除いて、アルゴンガス磁気によって、プラス映像波の超微粒子映像波の電子整正を行えるプラスアルゴン圧電素子映像回路チップのノイズ取り除き装置に成り、マイナス映像回路は、アルゴンガス入りの圧電素子磁石体のマイナス陰電子磁気部分にマイナス映像配線の出力配線を取り付けマイナス磁気の弱い部分のマイナス中間陰電子部分にマイナス映像配線の入力配線を取り付ける事によって、通常マイナス映像波の磁波ノイズを磁気整流化する為に、圧電素子磁石体のマイナス磁石体にマイナス映像波を通して、通常マイナス映像波の電波ノイズを取り除いて、アルゴンガス圧電素子磁気によって、マイナス映像波の超微粒子映像波の電子整正を行えるマイナスアルゴン圧電素子映像回路チップのノイズ取り除き装置によって、地震の多い地域の活断層の上などの磁波の乱れによる電波障害の乱れた電波を整流波に変える事の出来るノーマル波及デジタル波テレビの映像回路のノイズ取り除き装置のアルゴン圧電素子映像回路チップ装置を、積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項21

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する音声回路の圧電素子のノイズ取り除きチップ装置は、プラス音声波配線に、圧電素子磁石体のプラス磁気の一番弱い部分に、プラス音声波取り込み配線を取り付け、圧電素子磁石体のプラス磁気の一番強い部分にプラス整流磁気音声波の取り出し配線を取り付ける事によって、磁波の強い活断層の上の地上部分の磁波の乱れが強い部分にテレビ音声波などが、通った場合電波の乱れが生じるが、音声回路のノイズ取り除きチップ装置のマイナス音声波配線に、圧電素子磁石体のマイナス磁気の一番弱い部分に、マイナス音声波取り込み配線を取り付け、圧電素子磁石体のマイナス磁気の一番強い部分にマイナス整流磁気音声波の取り出し配線を取り付ける事によって、磁波の強い活断層の上の地上部分の磁波の乱れが強い部分にテレビ音声波などが、通った場合電波の乱れが生じた音声波及び映像波及びラジオ波及びインターネット波及び携帯波及び無線波及びソナー波及び衛星波及びデジタル波及びノーマル波など、全ての乱れた電波を、圧電素子の磁気整流波現象によって電波ノイズを取り除く事の出来る圧電素子のノイズ取り除きチップ装置を、積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項22

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する、回路装置に対しての電気熱のノイズ除去対策技術として弱制御の圧電素子磁石体を使った圧電素子磁石体粒子の電波ノイズ取り除き装置は、圧電素子磁石体シートと圧電素子磁石体粒子入り窒素ガス入り固形窒素内蔵チタン酸バリウム複数針穴空きシートを、交互に貼りあわせた冷却圧電素子磁石体は、チタン酸バリウムに冷却窒素ガス入りの固形窒素を入れた圧電素子磁石体に成り、別名、回路電気熱の弱制御圧電素子電波ノイズ取り除き装置は、電気熱上昇を抑える回路チップ素子体として、考案した圧電素子磁石体のチタン酸バリウム物質装置に窒素ガス入りの固形窒素を、混合撹拌合成した冷却回路部品に成り、電気熱が上がる為、プラス配線に冷却圧電素子の、プラス磁気の一番弱い部分に、プラス映像波またはプラス音声波の回路取り込み配線をつないで、プラス冷却圧電素子磁石体の磁気の一番強い部分から、プラス映像波または、プラス音声波を取り出す事が、出来る別名回路電気熱弱制御圧電素子電波ノイズ取り除き装置に成り、電気熱の上がる場合、マイナス配線に冷却圧電素子の、マイナス磁気の一番弱い部分に、マイナス映像波またはマイナス音声波の回路取り込み配線をつないで、マイナス冷却圧電素子磁石体の磁気の一番強い部分から、マイナス映像波または、マイナス音声波を取り出す事が、出来る別名回路電気熱弱制御圧電素子電波ノイズ取り除き装置に成り、陶器カバーなどを取り付けた電気熱ノイズを抑える冷却ガス入り電気抵抗取り除き装置を、積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電音声波映像波システム。

請求項23

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路基板配線は、レアアース金属が高騰の為、古くから有る特許切れのアルミニウム鉛合金溶液回路配線を、回路基板配線に沿って、予め、回路基板の回路基板配線溝を掘った溝の場所の溝部分に、特許切れ財産のアルミニウム鉛溶液を、薄く敷いた場所に、電気の通り易い物質の軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子内蔵の電気の通るプラスチック混合溶液回路配線を流し込む事で、レアーアースを、超えた電気の通り易い物質で作った軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子の電気の通るプラスチック混合溶液配線を二重の回路配線にする事で、レアーアース以上の電気回路板の回路配線の電気の流れの速い電気の流れる回路基板によって、低価格の電気消費の少ない安価な二重の回路配線基板を、積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項24

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路基板配線は、古くから有る特許切れのアルミニウム鉛合金溶液配線を、回路基板配線に沿って、予め回路基板の配線溝が有る溝部分に、特許切れ財産のアルミニウム鉛溶液を、回路溝に薄く敷いた場所に軽水素固形窒素電気の通るプラスチック混合溶液を流し込んだ二重の回路配線全体にフロンガス入り固形窒素プラスチック冷却絶縁体溶液を流し込んだ回路熱制御基板シート溶液装置を、高出力高画質発電音声波映像波システムの回路熱制御基板装置を積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項25

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する高出力回路コイルは、銅筒官コイル配線の筒官の中に、軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子を銅筒官コイルの回路配線の銅筒官配線の中に軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子配線を内蔵する事によって、電気の通り易い電気配線が出来上がり電気スピードを電子スピードレベルにする事を可能にした別名の高出力銅筒官コイル配線を積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項26

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路絶縁体は、高出力銅筒官配線の別名の銅筒官配線の筒状の銅管に軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子入り配線に対しての電気絶縁体の電気配線表皮構造に対して、固形窒素と雑草灰を混合合成した混合ゴム表皮を被せた電気配線と絶縁体回路装置には、木材灰と粘土を、混合合成して焼き固めした超軽量陶器回路絶縁体と超軽量回路配線の銅筒官配線の絶縁体表皮を取り付けた超軽量木材灰入り絶縁体を、高出力高画質発電音声波映像波システムの回路絶縁体構造とした回路絶縁体装置を、電気配線に積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項27

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路の電気熱の瞬間電気熱吸収発電出来る超軽量絶縁体装置は、絶縁体に4本の高出力銅筒官電気配線と電気熱の瞬間吸収の熱磁気電子変換の出来る発電の為の電気取り込み配線を取り付けた、木材灰と陶器粘土を使った絶縁体の二つ割り構造の絶縁体構造の中に軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子入りシリコンの熱瞬間吸収発電体を絶縁体の内部に内蔵して、二つ割り超軽量陶器絶縁体の接着方法として、液体セメントを二つ割りの突起結合合わせ部分に、液体セメントを流し込んで、二つ割りの超軽量絶縁体を、結合させて液体セメント接着させた超軽量の回路配線電波取り込み配線と電気熱瞬間発電電気回収配線の超軽量電気配線を取り付けた電気熱発電超軽量絶縁体を、高出力高画質発電音声波映像波システムに積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項28

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路の高出力変圧器構造は、高出力銅筒官コイルの別名の軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子配線を内蔵した銅筒官コイル配線を四角形の高出力磁石貼り合わせ板鋼鉄複数穴空き薄磁石板と軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石シートと軽水素トリチウム電子入りチタン酸バリウムシートを交互に貼りあわせた高出力複数磁石の多層貼り合わせ人工合成磁石板に、高出力銅筒官コイル配線を、変圧器の板に二組巻いた構造に対して、二本の高圧リード線と四本の低圧側リード線を取り付けた高出力変圧器を、高出力高画質発電音声波映像波システムに積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項29

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路配線の電気の通り易いコイル配線の構造として、超軽量の軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子配線を銅線の中を刳り貫いた銅筒官コイル配線の中に、軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子配線を内蔵した超軽量の電気の通り易い軽水素トリチウム電子と圧電素子物質で、電気配線を、作り上げた銅筒官コイル配線を、高出力高画質発電音声波映像波システムに積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項30

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する電気配線の表皮構造は、銅筒官コイル配線の別名の高出力銅筒官コイル配線の絶縁電気配線表皮は、ビニールゴム溶液に木材灰及び竹材の灰及び雑草の灰及び生ゴミの灰などの炭素炭物質より軽い灰を、ビニールゴム溶液に、混合合成した物質を、高出力銅筒官コイル配線に、電気配線絶縁表皮として、被せて固めた電気配線の超軽量電気配線表皮を、高出力高画質発電音声波映像波システムの電気配線に積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項31

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路の高出力サイリタは、N型半導体に対して、N型シリコン半導体シート形状の装置と複数針穴形状のN型軽水素トリチウム電子入りシリコン半導体シートを、交互に貼りあわせたのが高出力N型半導体に成り、P型シリコン半導体シートに対して複数針穴形状のP型軽水素トリチウム電子入りシリコン半導体シートを、交互に貼りあわせたのが高出力P型半導体に成り、高出力N型半導体にカソード(k)を取り付け、高出力P型半導体に、アノード(A)を取り付け、高出力N型半導体と高出力P型半導体を、交互に貼りあわせた構造に対して、高出力P型半導体一つにゲート(G)を取り付けた高出力サイリスタに成り、高出力サイリスタを、高出力高画質発電音声波映像波システムに積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項32

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路の高出力NPN型トランジスタは、コレクタ配線側に高出力N型半導体の、N型半導体シートと複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りのN型半導体シート装置を、交互に貼りつけた高出力N型半導体とエミッタ側に高出力N型半導体の、N型半導体シートと複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りのN型半導体シートを、交互に貼りつけた高出力N型半導体に成り、中央部分のベース部分に、高出力P型半導体の、P型半導体シートと軽水素トリチウム電子入りのP型半導体シートを、交互に貼りつけた高出力P型半導体を、接合した高出力NPN型トランジスタになり、高出力トランジスタカバーは、窒素木材灰入りプラスチックカバーによって、回路熱を抑える為の、材料費の安い窒素を使用した電気熱制御の高出力NPN型トランジスタを高出力高画質発電音声波映像波システムに積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項33

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路の高出力PNP型トランジスタは、コレクタ配線側に高出力P型半導体の、P型半導体シートと別の複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りのP型半導体シートを、交互に貼りつけた高出力N型半導体とエミッタ側に高出力N型半導体の、P型半導体シートと複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りのP型半導体シートを、交互に貼りつけた高出力P型半導体に成り、中央部分のベース部分に、高出力N型半導体の、N型半導体シートと複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りのN型半導体シートを、交互に貼りつけた高出力N型半導体を、接した高出力PNP型トランジスタになり、高出力トランジスタカバーは、窒素木材灰入りプラスチックカバーによって、回路熱を抑える為の、材料費の安い窒素を使用した電気熱制御の高出力PNP型トランジスタを高出力高画質発電音声波映像波システムに積載内蔵した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項34

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する回路の高出力FETは、上下の高出力N型半導体のソース側からドレイン側に電気電子が流れ、サイドの高出力P型半導体の一か所にゲート口を設けた構造に成り、複数針穴形状の軽水素トリチウム電子の入っているN型シリコン半導体と通常のN型シリコン半導体を、交互に貼りあわせた高出力N型シリコン半導体とP型シリコン半導体と複数針穴形状の軽水素トリチウム電子入りのP型シリコン半導体を交互に貼りあわせた高出力N型シリコン半導体と高出力P型シリコン半導体効果によって、消費電力をさらに少なくした高出力FETを高出力高画質発電音声波映像波システムの映像回路に積載した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

請求項35

追加の著作権技術の為の、2012年10月14日の著作権先技術公開の技術盗作防止に基づく本発明の、ウルトラスーパーコンピューターに内蔵積載する液晶テレビバックライトに、使用する電気に対しての電気の電気電子の増幅物質の軽水素トリチウム電子を、発光ダイオードライトのダイオード部分に内蔵撹拌合成する事で、ダイオードの電子量を、増量する事によって、発光LEDライトの発光量を増幅出来る軽水素トリチウム電子入り発光LEDライト玉を、高出力高画質発電音声波映像波システムに積載した請求項1記載の高出力高画質発電装置を、積載内蔵した請求項1記載のウルトラスーパーコンピューター装置。

技術分野

背景技術

0002

従来のウルトラスーパーコンピューターは、大量のモーター電気熱を発生する内コイル型モーター方式が殆どで有った。

0003

従来のウルトラスーパーコンピューター回路は、スイッチ連続切り換え時に発生する回路熱溜まりには、大型の冷却装置を内蔵積載したのが殆どで有った。

0004

従来のウルトラスーパーコンピューター本体は、情報を一度別の情報送受信装置に送ってから、複数のインターネット対応するタイプが殆どで有った。

0005

従来のウルトラスーパーコンピューターは、通常電気配線コンセント使用が殆どで有った。

0006

下図1,図2により、全て異なった別の部品構造名称を従来の部品と比較して説明する。
図1に於いて、(1)は、従来の通常超小型内コイルモーターとは異なり、電気消費が世界で一番少ない墫野和夫先発明日主張の磁極切り換えインバータ制御作動のレールモーターを使用している。

0007

そして,(2)は、従来のテープリール磁気テープ装置を使用しないで、表裏両面の卵型空洞の両面CD装置のMDタイプを使用する事で、扱い安く、保管しやすく、情報を早く取りやすくする為の工夫装置。

0008

そして、(3)は、従来のインターネット通信とは異なり電話番号認識型情報送受信タイプの複数総合アンテナ送受信装置で有る。

0009

そして、(4)の電源は、従来では家庭コンセント方式で有り、本先発明では2連振り子機械式発電機を内蔵積載している。

0010

そして、(5)の従来装置は、冷却装置で有り、本先発明の圧電素子4電子磁気分割装置を内蔵積載している。

0011

そして、(6)の従来のコンピューター回路は、デジタル回路及びノーマル回路で有り、本先発明は、軽水入りのデジタル回路及び軽水素入りのノーマル回路装置を内蔵積載している。

0012

そして、(7)の従来のコンピューター映像回路は、発光ダイオード回路もしくは、ダイオード回路で有るが、軽水素入り発光ダイオード回路または、軽水素入りノーマル回路などが有り、この装置の付属装置として、ネオン充電池素子映像回路ICチップ回路装置などを積載している。

0013

そして、(8)の世界最速ウルトラウルトラスーパーコンピューターは、確かに殆どウルトラスーパーコンピューターの部品を使用しない墫野和夫先発明及び先考案部品だけで、別の世界特許認定ウルトラスーパーコンピューターになっても、実際は不正競争防止法が、有る為ウルトラスーパーコンピューターと特許切れウルトラスーパーコンピューター著作財産権を最初の考案及び発明者の主張によって、契約無しでは、商品を特許認定だから、またはウルトラスーパーコンピューターとは異なっている作品だから作って良いとの考え方は、間違いになり特許認定でも不正競争防止法では、作れないが他の人間は、墫野和夫のウルトラスーパーコンピューターをまねして、契約する事も出来ないのが不正競争防止法に基づいた説明に有る。

0014

特許公開2003−328925号

0015

特許公開2012-187001号

0016

特許公開2012−170063号

0017

特許公開2012−166951号

0018

特許公開2012−140584号

0019

特許公開2012−120440号

0020

特許公開2012−110727号

0021

特許公開2012−108140号

0022

特許公開2012−101790号

0023

特許公開2012−099506号

0024

特許公開2012−097559号

0025

特許公開2012−097558号

0026

特許公開2012−094548号

0027

特許公開2012−077607号

0028

特許公開2012−056558号

0029

特許公開2012−052788号

0030

特許公開2011−233228号

0031

特許公開2011−215148号

0032

特許公開2011−209290号

0033

特許公開2011−205895号

0034

特許公開2011−205675号

0035

特許公開2011−202498号

0036

特許公開2011−155267号

0037

特許公開2011−105307号

0038

特許公開2011−064060号

0039

特許公開2011−060294号

0040

特許公開2010−171943号

0041

特許公開2010−165355号

0042

特許公開2006−254697号

0043

特許公開2004−304993号

0044

特許公開2004−304992号

0045

特許公開2004−135480号

0046

登録実用新案第3168043号

0047

登録実用新案第3145903号

先行技術

0048

登録実用新案第3114491号

発明が解決しようとする課題

0049

以上述べた従来のウルトラスーパーコンピューターでは、(9)の家庭電気配線からの電気熱を冷やす為に、大量の電気熱を冷やす為の、冷却装置と冷却装置電気が必要で有った。
本先発明は、このような従来の構成が有していた問題点を解決しようとするもので有り、家庭電気配線の電気抵抗熱を取り除いた電気抵抗無しの電気を使用する事によって、ウルトラスーパーコンピューターの電気熱溜まりを少なくする事を実現する事を目的とするもので有る。

課題を解決するための手段

0050

そして、本先発明は上記目的を達成する為に、圧電素子磁石体の中央部分に2本の入力電気配線とリサイクル熱電気配線の2本と圧電素子磁石体の磁気力の一番強い部分の両端に電気スピードの一番強い電気磁気抵抗の少ない圧電素子磁石体磁気配線2本を、圧電素子磁石体の両端にそれぞれに一本ずつ繋げる圧電素子磁石体構造装置をウルトラスーパーコンピューターの電気配線に内蔵させ設置したもので有る。

0051

また、第2の課題解決手段は、テープリールを作動させる超小型内コイルモーターより、電気消費が、世界で一番少ない超小型磁極切り換えインバータ制御作動の墫野和夫先発明権先発明日主張のレールモーター使用によって、電気消費を少なくする事で、電気熱発生を抑える事と、固形窒素内蔵パネル及び固形フロン固形窒素プラスチックパネルのコンピューターパネル設置などの工夫によって、ウルトラスーパーコンピューター熱発生を抑える事が出来る。

0052

また、第3の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューターに設置する2連振り子型機械式発電機の発生発電する電気に対しても、圧電素子4電子磁気分割装置を内蔵積載する事によって、世界で初めての電気中の電気抵抗だけを取り除く技術の先考案と先発明を成し遂げる事が出来た世界で最初の技術。

0053

また、第4の課題解決手段は、テープリール方式の情報引き出しスピードを速める為に、表裏両面の卵型空洞の両面CD録音再生技術の採用によって、一度に表と裏両面の情報をスピーディ収録再生する事が出来て狭いスペースでも、録画録音再生を多く出来る事を可能にした技術。

0054

また、第5の課題解決手段は、電話番号ウルトラスーパーコンピューター登録式などによって、全自動ロボット及び自動車などの全自動GPS装置位置移動などの事前情報通達技術などのコンピューター使用など、幅広いコンピューター利用方法に対して複数総合アンテナ送受信装置の有り方によって、新しいウルトラスーパーコンピューター利用方法が考えられる。

0055

また、第6の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター回路のスピードアップの為に、軽水素内蔵回路にする事で、回路のデジタル回路電気通達及び軽水素入りスイッチ回路及び、軽水素入りダイオード回路及び音声デジタル回路の軽水素内蔵によって、電気スピードを軽水素によって、速める事によって、電気消費を少なくした装置で有る。

0056

また、第7の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューターデーター書き込み録画装置の接続の映像回路にネオン充電池素子回路チップをウルトラスーパーコンピューター回路に内蔵する事で、より奇麗な画像の送受信を可能にする効果を発揮する。

0057

また、第8の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューターの音声及び映像回路の磁場(磁波乱れゴースト)を全自動修復する音声映像回路として、圧電素子磁石素子体回路を取り入れる事で、乱れた磁波の電波を、圧電素子磁石体に電波を通す事で、圧電素子磁石入りの磁気力電波圧電素子磁石体の全自動修正を行う事で、いかなる場所でも、良い画像と良い音声の送受信を可能にした世界初の回路技術によって美しい画像と音声を提供出来る効果を発揮する。
作成日2008年11月16日
これ以降は、追加書きに成り、特許提出が、遅れた為の新技術公開の著作権文書技術の盗作及び特開文書技術盗作の対処に成る。

0058

追加作成日2012年10月14日第9の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の地震震動及び他の震動によって、ウルトラスーパーコンピューター内部の機器の破損事故を、防ぐ為の震動吸収装置に成り、コンクリート床の場合は、アンカーボルトを、コンクリート床に、取り付ける方法に成り、木材等の床にはボルト金具付の合板を、木材専用の接着材で固定した後、特許切れの不正競争防止法を、避ける為にゴムパネルを、敬遠して、四角形ナイロンパネルに電磁石板(高出力電磁石板)を、四本のボルトナットによって震動を、吸収出来るゼンマイ鋼材使用の太ボルトはボルトの中間空洞に細ワイヤを、入れて樹脂ナイロンを入れて細ワイヤを、固定した揺れ吸収ボルトの数か所に、ナイロンリングをはめ込んだネジ山付のボルトに成り、ボルトを、回転させる為に、ボルト山の中央部を、下げた部分に、星型形状の先端を、水平にした内側ボルト回しに対して、八角形二重ボルト回し構造のボルトを、圧電素子磁石体粒子入りビニール人工合成圧電素子永久磁石体パネル付の樹脂木材灰入りビニールの二種類の合わせ材のウルトラスーパーコンピューターの受け枠振れ止め用の極端に力を掛けると曲がる太型ボルトを取り付けウルトラスーパーコンピューターの受け枠を、固定して電気を、高出力電磁石に流す事によって、圧電素子磁石体粒子入りビニールと人工合成圧電素子永久磁石体パネル付の樹脂木材灰入りビニールの二種類の合わせ材と電磁石板が磁石反発を、起こしてウルトラスーパーコンピューターの受け枠が、浮いた状態に成り、振れ止め装置全体の、二重の左右全体360度の振れを、固定擦る為に、圧電素子磁石体粒子入りのビニールパネルを、L型金具に取り付けて、ウルトラスーパーコンピューターの受け枠が、左右に揺れた場合電磁石反発によって、揺れの角度を、調整出来る装置に成り、ビル免震及び原子力発電所免震には、絶対に必要な技術に成り、ウルトラスーパーコンピューターの受け枠と電磁石パネルは、電磁石反発振止め装置によって、補助固定構造に成っている為、ものが当たっても倒れない構造に成って入るのが、特徴と地震等の揺れに対しても、揺れが少ないのが、コロ免震及びゴム免震等よりも、振動が、少なく出来る為、高価なウルトラスーパーコンピューターを、地震等の揺れから守る事が出来る。
追加説明
ビル免震は、最初は、ゴム免震特許に始まり、飛島建設エアーホイスト免震技術の後に、ゴム免震の欠点を、補ってゴム免震屋と著作権利益の配当の話し合いによって、現在のビル免震事業が、行なわれて入る又は、ゴム免震屋の事業に成り、電磁石反発免震技術が、揺れが少なくて、安全性の高い免震技術でも、ゴム免震屋の事業優先権によって、ゴム免震技術が、特許権切れに成っても、電磁石反発免震は、ビル免震特許権に成っても、特許権の使用請求額が、引き下げられ、ビル免震は、著作権の先著作権事業の優先権が有る為、電磁石反発免震は、ビル免震としては、事業を、起こせないが、一戸建て免震事業及び原子力発電所免震及び水道管ガス管免震及びガスタンク免震及び石油タンク免震及び化学薬品免震及び電気製品の免震には、電磁石反発免震が、著作権及び特許権等の先提出証明の、年月日証明によって、事業行使の優先権が、決められる事に成り、従って、ビル免震の言葉を、使った特許権は、存在しなくなり、ビルの震動軽減装置及びビルの震動吸収装置に成るが、実用新案登録に成ってからも、特許切れの著作権の先技術優先権が、日本の著作権法の死後50年が採用される為、通常は、事業を、行なわないのが、通常の企業判断に成り、事業を、奪う行為は、場合によって、全世界の特許年数の20年の三倍賠償より、遥かに重く成る事も有る
従って、ゴム免震屋が、他の免震事業に手を、出さない理由として、橋等の、コロ免震は、ビル免震のゴム免震屋より、先に橋等の免震技術が有る為、橋等の免震特許権切れによって、橋免震と異なるゴム免震が、特許権が、認められても、通常は、特許権が安く成る理由として、コロ免震屋が、特許切れの著作権先技術優先権を、使って、新たに、ビル免震特許文章を、新たに書く事が出来ても、新たに書いたコロ免震屋は、特許権使用料金が、安くなるが、ここでも、盗作は、絶対に出来ない為、異なった技術紹介を、するのが世界に向けての、日本の全大学の特許エチケットと日本の企業全体の特許エチケットに成り、商品の差し止めは、特許権及び著作権及び実用新案権及び知的所有財産権の譲渡が、無い限り同一技術作品が作れないのが、不正競争防止法に成り、著作権でも、商品全体説明に至る様な場合は、盗作による著作権技術盗作によって、裁判を、起こす事が、出来るのが、通常の世界最先端のアメリカ合衆国の発明主義に成るが、日本の大学等の論文等も、特許の著作権として、認められ、盗作は、犯罪に成るが、未だ、日本の特許は、特許切れに成った作品は、誰でも、作って販売出来ると言う者がいるが、特許切れは、著作権に成り、著作権盗作の事を、不正競争防止法としているのだが、特許庁の仕事文部科学省の仕事は、異なる為、関係無い事の一言で、マスコミ公開上でも、逃げようとしているのも事実で有る。
実際には、日本で先に世界に向けて発明した電化製品は、テレビに成り、他の電気製品は、物々交換の特許切れ契約に成り、これに違反すると海外国企業は、外国製品に対して、高い関税を、掛ける対策が有名で有る。
問題は、特許切れ近くに成ると、著作権の異なる特許技術を、見つけない限り、特許切れの著作権先技術優先権者に技術負けする為、日本国内では、日本の官庁が、特許切れは、誰でも作れる説明に成り、海外国への輸出用製品は、日本企業より、海外企業の方が、手数料が安く済む場合がある為、要注意しなければ成らない。
つまり、日本国内の特許権を、取得しても、日本国内での企業提携の商品作りは、国営及び地方経営でも、企業手数料が、高い為と、著作権の事業介入禁止の為、国と都道府県市町村区では、絶対に、企業作品を、作らなかった理由に成り、例えば、一つの作品に対して、特許権一つが有っても、特許権貧乏と言い、企業に値切られるのが、通常に成るが、商品すべてを、異なった技術で作った場合は、先技術の、著作権使用料金すなわち、特許権切れ料金の支払いのみに成るが、独占禁止法によって、特許権の著作権料金の支払いを、国を、通じて海外と契約する事が、大事に成り、日本国内で、販売されている製品全てが、特許権で無い場合が、有る為、特許審査請求の公開と海外特許審査請求の場合でも、特許権で無い限り、同一財産の存在に成り、要注意事項に成り、改めて注意しなければ成らない。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0059

追加作成日2012年10月14日pm21時57分第10の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力DCブラシレスレールモーターは、本田技研の、特許権だが、先技術と先技術開発成功者は、墫野和夫の、北海道庁の著作権の先技術の年月日発明の発生の北海道庁の郵便物受理書証明書の一般庶民のインターネットの特開公開によって、企業モーター名がDCブラシレスモーターに成り、先発明者名の、レールモーター後に、高出力ブラシレスレールモーターに成り、レールモーター別名板モーターの方が、先に発明していた事が、事実に成り、所が、本田技研の特許権物件のDCブラシレスモーターの特許権で有るが、特許権ところか、特許提出後の日本の電気製品会社全てが、
特許権無で、洗濯機のモーター使用及びクーラーのモーター使用及び電気ストーブのモーター及び掃除機のモーター及び扇風機のモーター及び食器洗い機のモーター及び電子レンジのモーター及びパソコンのDVD作動用のモーター及び携帯電話のモーター及び電気列車のモーターなどが、例えば本田技研が、勝手に作らせる理由がない事が、これらすべてが、海外特許切れ商品の為、不正競争防止法に、引っかからないで、新しい家電製品を、考えて製品にした方が、本田技研としは、特許権使用料金より、利益が、上がる為、過去のホンダ技研のバイクのみが、現在の自動車及びテイラー及び除雪車などの、海外の特許切れに対して異なった技術によって、現在の、世界有数の会社に成って入るのが、事実に成り、DCブラシレスモーターが、日本の特許権になり、海外の特許提出は、それに、応じて特許権の優先権主張に成り、一大経済大国のアメリカ合衆国でも、本田技研のDCブラシレスモーターの特許権確認が出来て、他の日本企業及び他の海外企業は、事業提携のマスコミ公開が無い限り、法律上は、絶対に本田技研のモーターを、日本企業全体が、作る事は、不可能に成り、実際に特許権使用料金が、本田技研に支払った場合、全世界のモーター使用の特許権料金と事業維持費のホンダ技研の請求が、成立するのが、法律上では、正しい判断で有り、本田技研が、韓国のサムソン電気に、DCブラシレスモーターの特許使用権を、譲渡した場合、本田技研が、日本の家電製品業者全体を、潰す事に成り、韓国製品より、日本企業の方が、製品が良くて電気消費が、少ない為、日本企業以外の韓国及びアメリカ及びイギリス及びフランス及びドイツ及びノルウェーなどの電気製品会社は、全世界全て潰れて、歴史から、消える事に成る程、通常モーターより、DCブラシレスモーターの方が、電気消費が、少なく成り、全世界の電気製品会社は、潰れるのが、近く、掃除機のダイソーのモーター形状及びデザインが、本田技研のモーターデザインを、勝手に使用して、日本で販売している為、近くの日に、本田技研が、DCブラシレスモーターのデザイン形状
不正競争防止法と特許権の無断介入の裁判が、行なわれるのが、通常の正しい行為に成り、資本主義大国の日本が、事実ならば、本田技研から、各モーター会社へ特許権の勝手使用の賠償裁判と差し止め裁判が、行なわれて当然な行為に成り、本田技研が株式会社であり、株の上昇問題上でも、知的所有財産の特許権裁判は、近くで、行なわれて当然の行為で有り、海外所得及び特許権の所得税の観点から、日本国の税務所は、消費税アップの話が有る現状、日本の政治家及び日本の消費者庁は、特許権の使用料金の利益調査も、必ず行って、来年度の特許権使用料金の莫大な利益が、本田技研の長者版ずけ一位に成り、過去最高利益として、来年の話題ニュースに成るのも、間違い無いのも事実に成る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0060

追加作成日2012年10月15日pm18時24分第11の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の、両面CD及び両面MDは、CD部分だけは、全体がプラスチックの為、CDが、重たく最新型の、企業名のDCブラシレスモーター先発明者先著作権考案発明者の墫野和夫の命名のブラシレスレールモーターそして、企業名の、DCブラシレスモーターより、電気消費を、更に少なくしたのが、高出力ブラシレスレールモーターに成り、更に、電気消費を、少なくしたのが、高出力コイルの代わりに、軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体の砂時計形状の圧電素子磁石体に通常の圧電素子磁石体を、被せた圧電素子磁石体の中央部分に軽水素トリチウム電子が、入っている為、圧電素子のプラス極及びマイナス極に、インバータ磁極切り替え配線を、取り付ける事によって、インバータ装置によって、圧電素子磁石体の電気の流れを、反対にすると圧電素子中央部の軽水素入り圧電素子磁石体の軽水素が、反対の電気吸収を、行なう為、軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体は、素早く磁気変換出来る事に成り、コイルを、使わない圧電素子磁石体の方がモーターの電気消費が、更に少なく出来るのは、コイルに電気を、流さなくて済む為、試験しない前から、電気消費を、少なく成る説明が、成り立つので有る。
然しながら、軽水素トリチウム電子の、熱溜まり防止の為、通常圧電素子磁石体を、被せる場合、通常圧電素子に、窒素ガス等の冷却ガスを、チタン酸バリウムに入れた圧電素子磁石体を、被せ、絶縁体枠のグラスファイバーに、固形窒素及び窒素ガス入りのグラスファイバーに成り、絶縁効果を、上げる為に、固形窒素入りグラスファイバーに、木材灰を、入れて熱撹拌して、モーター絶縁体の枠に入れて固めたのが、世界で一番電気消費の少ないモーターの絶縁体が、出来る事に成る。
最終的に、フロンガス軽水素トリチウム混合ガス入りのチタンバリウム再生ガラスと木材灰の混合撹拌物質にして、砕いた世界で一番軽いガラス粒子入りの冷却ガスと軽水素トリチウム電子入りの軽量冷却圧電素子磁石体を、使用したモーターの圧電素子磁石体に成る為、電気消費が、少なく出来る事と、CDの構造を、世界で一番軽いCD擦る為に、発砲スチロールシートパネルを、両面CDを、プラスチックペーパー状にした録画再生シートを、発砲スチロールシートパネルの両面に貼る事によって、CD自体も、世界で、一番軽いCDに成り、確かに、樹脂カーボンファイバーは、軽いが、資材費が、高く付く為、CD及びMDの樹脂カーボンファイバーは、CDとMDの値段を、上げなければ成らない為、使用を、見送る事に成り、木材灰は、灰及び雑草灰等の同じ軽さの灰を、砂漠に水を引いて、竹栽培を、行なう事で、自然破壊に成らない資材を、手に入れる事が出来る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0061

追加作成日2012年10月15日pm20時45分第12の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の、データー表示パネルは、フラッシュライトパネルつまり、複数のライトの玉の明かり切り替えによって、文字及び絵を、描く装置の他、ガステレビパネル及び液晶テレビパネル及びハイビジョンテレビパネル画像が、有るが、フラッシュライトパネルは、電気消費が、大きい為、改良の余地が有り、高出力発光LEDライト玉でも、画像が見づらく、電気消費の更なる電気消費を、少なく擦る技術が、求められて入る事と、ガスプラウン管テレビパネルの場合、電気消費が、多くて装置が大き過ぎるのが、欠点で有った。
この他、液晶テレビは、デジタル回線を、使った4原色の五百数十色が、色彩の色の種類の限度に成り、デジタル回路配線を、数千デジタル画素配線今では、何万デジタル画素配線にする技術と言っても、色合い色彩等に対しては、五百数十色が、色分けの限度に成り、デジタル回線を、多くしても、色の種類が、五百数十色から、絶対に増えない理由として、色の発見を、しない限り、色の種類は、増えないのに、配線を、増やす度に、液晶パネルが、厚く成り、電気消費が増えるのは、間違い無い技術とも言えるのは、コイル有りモーターとコイル無モーターの電気消費は、コイル無モーターの方が電気を、少なく消費擦る為、液晶画素数を、増やすだけ、電気消費が、多く成る事も、覚えておいて下さい。
従って、液晶のみでは、画像の綺麗さを、競う技術として、ハイビジョン装置が有り、液晶ハイビジョンテレビは、画素数を、大きくしなくても、液晶テレビのハイビジョン画像は、世界でも有数な、トップレベルのテレビ技術に成り、液晶部分は、海外技術に成り、デジタル電波特許権技術も、海外技術に成り、問題のハイビジョン技術は、日本のNHKテレビ局の著作権及び特許権技術に成り、盗作が、出来ない技術に成り、日本の各電気製品メーカーが、液晶ハイビジョンテレビを、作っても、利益が上がらない為、現在は、絶対に作って無いのが、理由の一つに成り、特許切れの著作権技術は、真似の出来ない技術に成り、確かに、有機ELのテレビパネルに企業説明の、電池素子を、塗る技術に於いては、確かに、ハイビジョンも、凌ぐ程の画像の美しさで有るが、通常の電池素子から、墫野和夫主張の有機EL
は、充電池素子に成り、充電池素子を、画像パネルに塗っても、充電池寿命の5年に成り、熱劣化防止材の冷却ガス及び固形窒素入りでも、10年は、持たない為、ガステレビの方が安上がりに成り、取りあえず電気消費の一番少ない海外特許権切れの液晶パネルを、改造する特許技術の道を、選ぶ事に成り、液晶テレビの液晶部分に、アルゴンガスと窒素ガスの合成ガスとしては、窒素ガスなどの、冷却ガスを、アルゴンガスの一割程度入れた混合ガスに軽水素トリチウム電子ガスを、同じく
一割程度液晶部分に予め、混合合成した液晶パネルは、温度が上がりづらく少ないサイドライト及びバックライトでも、明るくなり、最終的には、バックライト無のテレビパネルが出来るのだが、海外技術の液晶テレビのカラー色フィルタなどを、使用した場合、バックライトが、必要に成り、アルゴンガスの利点として、液晶のムラに成る画像を、アルゴンガスが、補って軽水素トリチウム電子ガスが、液晶の電圧を、掛ける際の電気消費を、少なく出来る利点が挙げられる。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0062

追加作成日2012年10月17日pm18時56分第13の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の、高出力LSIは、通常のLSIより、大規模集積回路
電気の流れ及び圧電素子磁石体を、使った電子の流れを、速く擦る為に、通常N型シリコンの構造を、電気切り替え及び圧電素子を、使った電子切り替えを、速く擦る為にN型シリコンに軽水素トリチウム電子ガスを、多く入れたN型シリコンシートと通常のN型シリコンに複数針穴をあけたシートを、交互に貼り合わせたのが、軽水素トリチウム電子ガス入りのN型シリコンに成り、軽水素トリチウム電子ガスは、電子集合体ガスを、入れたN型シリコンは、通常N型シリコン内のシリコン電子量を、増やす事によって、N型シリコンの電子移動スピードを、スピードの有る装置に擦る為の通常N型シリコンの構造に成り、従って、通常N型シリコンに軽水素トリチウム電子を、只入れるとN型シリコンの電子切り替えが、軽水素トリチウム電子を、通る為、速く成り、シリコン電子切り替え部分を、残さなければN型シリコンが、成立しない為、古い通常のN型シリコンのスピードを、少し早く擦る為、通常のN型シリコン電子界域と軽水素トリチウム電子入りN型シリコン電子域を複数針穴形状によって、通常N型シリコン電子界域と軽水素トリチウムシリコン電子界域を、列状に交互に並べる事によって、シリコン電子移動を、活発にして、尚且つ、通常N型シリコンの特性を、生かす為の、高出力N型シリコン技術に成る。
そして、LSIに必要な通常P型シリコンの構造を、電気切り替え及び圧電素子を、使った電子切り替えを、速く擦る為にP型シリコンに軽水素トリチウム電子ガスを、多く入れたP型シリコンシートと通常のP型シリコンに複数針穴をあけたシートを、交互に貼り合わせたのが、軽水素トリチウム電子ガス入りのP型シリコンに成り、軽水素トリチウム電子ガスは、電子集合体ガスを、入れたP型シリコンは、通常P型シリコン内のシリコン電子量を、増やす事によって、P型シリコンの電子移動スピードを、スピードの有る装置に擦る為の通常P型シリコンの構造に成り、従って、通常P型シリコンに軽水素トリチウム電子を、只入れるとP型シリコンの電子切り替えが、軽水素トリチウム電子を、通る為、速く成り、シリコン電子切り替え部分を、残さなければP型シリコンが、成立しない為、古い通常のP型シリコンのスピードを、少し早く擦る為、通常のP型シリコン電子界域と軽水素トリチウム電子入りP型シリコン電子域を複数針穴形状によって、通常P型シリコン電子界域と軽水素トリチウムシリコン電子界域を、列状に交互に並べる事によって、シリコン電子移動を、活発にして、尚且つ、通常型Pシリコンの特性を、生かす為の、高出力P型シリコン技術に成る。
従って、これらの、高出力N型シリコンと高出力P型シリコンを、組み合わせたLSIを、高出力LSIに成り、高出力LSIの映像回路には、圧電素子4電子磁気分割装置及び高出力発電回路及び、映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの赤色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの黄色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの青色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの白色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの黒色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの銀色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの金色ダイオードの映像回路のダイオードにアルゴンガスと軽水素トリチウム電子を入れる事によって、ダイオードの色彩色電子を、鮮やかにする働きに成り、更に、映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子入りの赤色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子入りの黄色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子入りの青色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子入りの白色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子入りの黒色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子入りの銀色ダイオード及び映像回路の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子入りの金色ダイオードは、映像波の乱れを、圧電素子磁石体粒子によって、全自動磁気磁界線修正を、してくれる映像回路の色彩回路チップに成る。これら映像回路チップは、ノーマル波回路及びデジタル回路の映像波回路として、ダイオードチップ回路配列に成り、圧電素子4電子磁気分割装置によって、映像回路のダイオード回路に流れる映像波の乱れを、圧電素子磁石体磁気整流波によって整えつつ映像波の流れを、スムーズムにしている回路部品に成り、軽水素トリチウム電子のダイオードの働きは、ダイオード電子を、活発にする事によって、映像回路の色彩映像波を、着実再現擦る為の軽水素トリチウム電子ガス技術に成る。
つまり、色の組み合わせが、五百数十色余りのダイオード色組み合わせを、全自動に行うのも、映像回路内蔵の集積回路に成り、高出力N型シリコンと高出力P型シリコンによって、スピードの有る色彩の再現を、行なう事が出来る。
高出力LSIは、映像回路LSI及び音声回路LSI及びカメラ認識形状全自動画像のデーターストックに対してのカメラ形状全自動認識のLSI及び全自動の人のカメラ形状の全自動認識及び物体のカメラ形状全自動認識装置及び全自動自動車の全自動の人の形状及び体温認識カメラ及び骨格形状認識によって、全自動自動車の減速及びブレーキ等の、全自動操作及びバイク自転車及び車の形状認識及び、対向車の全自動速度測定及び、動物の体温認識カメラ及び動物の骨格の線自動認識出来る複数カメラ機能積載の全自動自動車及び建設機械及び全自動ロボット及び全自動商業機械及び全自動モーター及び全自動モーター飛行機及び全自動リモコンプラモデル製品及び全自動地震予知システム装置及び全自動気象予知システム装置及び全自動海中生物資源保護維持システム装置及び全自動山林動植物保護維持システム装置及び全自動動植物資源保護維持システム及び全自動国立国定公園動植物資源維持保護システム装置及び全自動有害菌類観察除去生活維持システム及び全自動小川水水質調査システム及び全自動放射線量計測システム及び全自動農業耕作収穫ステムこれらの全自動システムのウルトラスーパーコンピューターの部品として使用される。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0063

追加作成日2012年10月18日pm17時00分第14の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力PN接合ダイオードは、ウルトラスーパーコンピューターの交流を、直流に変える装置に成り、この場合、高出力発電回路装置とPN接合ダイオードを、接続使用する事によって、交流電気を、増幅電気にする事が、出来るのが、高出力発電回路に成り、高出力発電回路によって、増幅した交流電気を、高出力PNダイオードに成る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0064

追加作成日2012年10月18日pm19時34分第15の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の軽水素アルゴン圧電素子粒子入りダイオード映像回路チップは、ダイオード軽水素だけを、入れるとダイオードの電子量が、増えてダイオードの色彩認識スピードが、速く成る特徴が有るガス素子の軽水素トリチウム電子ガス素子に成り、アルゴンガスは、ダイオードの色の度合いを、強める効果の有るガス素子に成り、圧電素子磁石体粒子素子は、乱れたダイオード色を、一律にする磁界線効果を、齎す素子に成り、圧電素子磁石体粒子素子のテレビなどの家電の映像波及音声波及び文字記号波及び暗号波及び緊急無線波及び防犯告知波及び全自動ロボット無線波などの、地震多発地域の地震の磁場波別名の地震マグマ波によって、電波が乱れてテレビ映りの悪い場所での、全自動の圧電素子磁気磁界線整流波素子装置によって、圧電素子磁石体粒子効果によって、どんな場所でも、テレビを、綺麗に見る事の出来る時代を、作り上げたのが、圧電素子磁石体粒子応用に成り、日本の電気各メーカーでは、開発出来なかった技術に成り、圧電素子磁石体自身も、海外の発明特許権物件の特許権切れに成り、100円電子ライターの登場より、更に前の、電子レンジ登場時代の前に、海外で、開発された技術に成り、用途外発明でも、ここ十数年前までは、余り用途外使用が、少ない技術だが、シリコンに合成すると光吸収発電の熱を、電気に変換する量を、増やす事の出来る公開技術など、シリコン及び液晶及びダイオードの代替えひんとして、ビニールに軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体粒子の混合合成パネルは、ナイロン物質に軽水素トリチウム電子を入れる事によって、ナイロンの電子量を、増やして圧電素子磁気によって、ナイロン物質と軽水素トリチウム電子の移動を、可能にしてナイロン物質に入れた軽水素効果に成り、圧電素子磁石体を、ナイロンに入れるだけで、電波の磁気全自動修正を、可能に出来る他人が、作ると不正競争防止法の、技術著作権の盗作と横領に成る技術だが、この様に、アルゴンガス素子と軽水素トリチウム電子ガス素子と圧電素子磁石体粒子素子の回路内蔵の使い方に成り、日本の電気メーカー各社の開発出来なかった技術に成る。
ここで、改めて日本電気メーカー各業者の言い分は、デジタル回線の配線画素数を、増やすだけ、テレビ画像の色彩が、美しく成る説明は、テレビの、液晶カラーフィルタ装置は、変わらない為、映像波配線を、液晶テレビの液晶に流す技術に成るが、色の種類の限度は、五百数十種類しか有りえない為、デジタル画素数は、テレビ画面の表面を、点にした数の考え以上は、有りえない事に成り、実際に点にデジタル配線を、取り付けた数に成り、何処までも増え続けるテレビ液晶部分の画素数を、増やす技術が、増え続けるのが、有り得ない技術説明に成り、但し回路内に、青色ダイオード及び赤色ダイオード黄色ダイオード及び白色ダイオード及び黒色ダイオードは、通常のダイオード回路に成り、軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体を入れたダイオード映像回路を、高出力映像回路に成り、発光青色ダイオード及び発光赤ダイオード及び発光黄色ダイオード及び発光白色ダイオード及び発光黒色ダイオード等の発光ダイオード回路に成り、発光ダイオードに軽水素トリチウム電子を、入れたのが高出力発光ダイオード回路に成り、この場合、三種類の映像回路が出来上がり、軽水素トリチウム電子とアルゴンガスとネオンガスと圧電素子磁石体粒子を、ダイオードに、別々に入れる映像回路を、作り上げると確かに、デジタル配線の、映像回路数の増えた分だけ、映像回路の画素数を、増やした表現に成るが、映像回路の新技術素子に対しての説明は、一切無い事と、日本の電気家電メーカー全てが、特許権技術と明記したパンフレット及びテレビ宣伝が、一切無いのが、事実に成り、通常なら、NHKテレビ局のハイビジョン技術に成るが、NHK自身が製造販売した場合、他の業者は、絶対に作れないのが、事実に成り、ガスブラウン管テレビの最初の特許権所有者だけの特許権切れでも、財産の優先権主張が、成立する為、ゼネラル会社とNHKの提携販売が成立に成り、液晶テレビに、ハイビジョンを取り付けたテレビ販売に成ると、液晶テレビの技術優先会社とNHKの事業提携が、成立する異に成る。
最近では、テレビ局のマスコミ宣伝を、数十年に渡って世界の液晶技術は、シャープ説明だった会社が、海外工場閉鎖に追い込まれる事実に対して、液晶パネル技術が、海外に成り、日本のゼネラルテレビと液晶のバックライトの特許権裁判に成り、数十年前は、アルゴンガス反射板バックライト技術とは、液晶のバックライト技術は、特許権が、切れた時点では、別技術に成るが、特許性が、有って無い技術とは、光りを、当てない限り明るく映らないのは、明らかで有る為、この場合、液晶パネル技術の特許権代金は、ガスブラウン管テレビの特許権料金を、上回る請求は、無いと思われる。
つまり、新技術でも、NHKのハイビジョンテレビの技術盗作無の、ハイビジョン技術に近づくテレビ技術が、出ない限り、ハイビジョンテレビの特許切れ価格評価が、上がる事に成り、2014年のノーベル賞の光り電子配線テレビ時代でも、テレビの値段は、現在のテレビの値段より上がらないのが、特許権料金とは、最初の特許権料金に成り、二番目以降は、テレビの中身が変わっても、テレビの映像の質が、変わらない限り、テレビの特許権料金は、上がる事が絶対に無い、因みに、立体3Dテレビは、薄く出来ない為、携帯電話に不向きに成り、電気消費の面でも電池の電気切れが有る為、作られない特許権技術に成る。
従って、高出力発電回路と高出力映像回路を、組み合わせた電気消費の少ないテレビ回路市場販売が、始まるのは、本発明が、特許権又は実用新案権と著作権登録とイギリス特許庁の無料の特許提出に成り、更に、日本の弱者一人一人の財団が、国会で、承認去れた時初めて、電化製品の省電気時代の、現在の日本の全部の家電販売会社の全ての、技術を、遥かに超えた家電の省電気消費時代の開けが其処に有る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0065

追加作成日2012年10月21日am10時01分第16の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力発電回路型の映像ノイズ取り除き回路チップ装置は、現在、実用新案登録中の、登録実用新案第3168043号の高出力発電7連結以上モーターの高出力発電回路の改良型の装置に成り、圧電素子磁石体粒子に軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れた軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの圧電素子磁石体シートと軽水素トリチウム電子ガス入りのチタン酸バリウムシートを、交互に貼り合わせたのが、高出力圧電素子磁石体に成り、高出力圧電素子磁石体のプラス磁気の一番強い部分にプラス電気又はプラス回路電気電波及びプラス回路電子電気を、流す事に成り、高出力圧電素子磁石体粒子のプラス磁気の一番弱い部分から、プラス波の電気増幅波を、得る事が出来る事に成ります。
更に、マイナス波は、圧電素子磁石体粒子に軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れた軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガス入りの圧電素子磁石体シートと軽水素トリチウム電子ガス入りのチタン酸バリウムシートを、交互に貼り合わせたのが、高出力圧電素子磁石体に成り、高出力圧電素子磁石体のマイナス磁気の一番強い部分にマイナス電気又はマイナス回路電気電波及びマイナス回路電子電気を、流す事に成り、高出力圧電素子磁石体粒子のマイナス磁気の一番弱い部分から、マイナス波の電気増幅波を、得る事が出来る事に成ります。
従って、二つのプラス波処理装置とマイナス波処理装置のアルゴンガス入りの二種類のプラス波とマイナス波の二つの別々の高出力発電回路に成り、プラス波ノイズも、マイナス波ノイズも、高出力圧電素子磁石体の磁気磁界の電波ノイズ及び電気ノイズを、整流波出来てアルゴンガス入りのダイオードカバーを、高出力発電回路に被せた映像回路の回路波を、高出力発電回路型の映像ノイズ取り除き映像回路チップ装置に成ります。
要するに、高出力発電回路と映像回路のダイオードアルゴンガスの回路チップを、組み合わせた回路装置に成ります。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0066

追加作成日2012年10月21日am11時23分第17の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の音声回路ノイズ取り除き圧電素子磁石体チップ装置は、音声プラス波の場合、圧電素子磁石体のプラス磁気の一番弱い部分から圧電素子磁石体のプラス磁気の一番強い部分に、音声回路の音声波を、流す事によって、音声波の電波ノイズを、圧電素子磁石体の磁界磁気の整流波装置によって、乱れた音声波を、取り除く事の出来る装置に成ります。
更に、音声マイナス波の場合、圧電素子磁石体のマイナス磁気の一番弱い部分から圧電素子磁石体のマイナス磁気の一番強い部分に、音声回路の音声波を、流す事によって、音声波の電波ノイズを、圧電素子磁石体の磁界磁気の整流波装置によって、乱れた音声波を、取り除く事の出来る装置に成ります。
この様に、音声波ノイズ映像波ノイズは、圧電素子磁石体の持ちえた磁気磁界の整流波磁気効果を、利用した回路装置に成る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0067

追加作成日2012年10月23日pm17時55分第18の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の冷却ガス入りの電気抵抗取り除き装置は、別名圧電素子4電子磁気分割装置に成り、圧電素子4電子分割装置は、プラス圧電素子4電子磁気分割装置とマイナス圧電素子4電子磁気分割装置に成り、発明当時は、古径窒素等の冷却材シート又はパネルを、圧電素子4電子磁気分割装置全体に巻いて、圧電素子4電子磁気分割装置磁気分割装置自体を、冷やす構造の装置止まりで有った為、圧電素子4電子磁気夫分割装置は公開している為、回路等に使用されると不正競争防止法の著作権技術の盗作を、防ぐ為に、圧電素子4電子磁気分割装置の冷却装置全体を、更に冷やす事の出来る圧電素子4電子磁気分割装置に擦る為に、圧電素子磁石体の、再生ガラスを、溶解した時に固形窒素を、入れて撹拌して固めた冷却ガラスを、ガラス粉にする方法又は、ガラス粉溶解液に、木材灰又は、竹灰又は、雑草灰又は、生ゴミ灰等と一緒に、固形窒素を、混合撹拌した物質とガラス溶液を、撹拌して、固めた軽量の冷却材入りガラス粉を、圧電素子磁石体内蔵物質黒雲母石粒子の、変わりに使用する理由に、軽量化と再生ガラスの方が安く済む事に成り、圧電素子4電子磁気分割装置は、内側と外側から、圧電素子磁気分割装置全体を、冷やす新技術投入で、尚一層の、電気中の熱電気抵抗電気を、磁気電気として取り除く事が出来る装置に成る。
然しながら、圧電素子4電子磁気分割装置の後にエンジンという名の回路装置が特許の発明商品として、パンフレット状を、飾ったのも、数年前に成り、現在、エンジン回路の特許権物件の捜査と同一エンジン回路部品を、日本の電気メーカー全てが使用している事は、日本国の特許権物件に成らず、海外国の特許権または、特許権切れを、買って来て、日本の電気企業各メーカーが、エンジン回路を、電気製品に使用している事に成る。
しかし、この場合でも、特許権契約で無く、特許権切れならば、日本国の全ての電気メーカーが、使用する場合、装置名を、変えたり装置自体を、変えて別の特許権を、請求するのが、通常例に成り、特許権料が、発生しない為、古い電気製品の値段を、つり上げた場合、商品の値段の、電気製品企業の値段の話し合い談合に成り、エンジン回路は、特許権で無かった為、日本国庶民は、エンジン回路を、新技術特許権物件と企業側に騙されて不正の値段で買わされる場合が、多いのも、事実に成り、理由として日本企業の電気メーカーは、商品に、特許権番号と特開番号と実用新案登録番号を、積載しないのは、技術料金収入の、商品の所得税を、増やそうとする為に特許権切れの著作権料金の支払いに対して、数十年前の日本国では、商品の不正競争裁判を、ラジオ放送テレビ放送で、数多く行っていたが、ここ最近は、スーパーコンピューターの特許切れを、日本の日立電気が、勝手に作って販売を、アメリカで、行なっただけで、特許賠償が、アメリカで、確定していた事実等が有り、近年では、情報装置のスーパーコンピューターの超小型の装置を、情報装置に成り、同じ技術そのままで、作る事すなわち、特許文献の新技術を、書いた本又は
ノート等の著作権技術の盗作が出来ない事は、国際上の、特許権及び著作権等の知的所有財産権の盗作は、横領罪に成るので注意しなければ成らない。
本発明は、全自動ロボット及び全自動機械及び全自動自動車等の、物体と人と動物と自動車と自転車とバイクと農耕機生物と植物と全ての文字などを、備え付けのカメラ等で、物体の形状輪郭と物体の色彩の認識と物体が、何で有るかを、ウルトラスーパーコンピューターの電波送受信の全自動操作によって、全自動ロボット及び全自動機械及び全自動自動車等の、全自動操作が可能に成る。
これら、全自動システムの、ウルトラスーパーコンピューターの回路に積載したり、全ての電気製品に積載する事によって通常電気中の熱電気を、取り除いたり、電気の磁気整流化によって、熱電気の溜まりを、少なくしたり電気の流れを、良くしたりする事が出来る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0068

追加作成日2012年10月23日pm19時58分第19の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力CCDセンサーは、通常のデジタルカメラ及びノーマルカメラのCCD装置との大きな違いは、ダイオード受光素子は、光り認識に数秒掛かるが、軽水素トリチウム電子入りダイオード受光子は、光り認識の、ダイオードの、光り認識が、軽水素トリチウム電子入りのダイオードは、ダイオード内の電子量を、増やす事によって、光り認識スピードを、速く擦る技術に成り、レアアース回路にしても、この技術無では、デジタルカメラ及びノーマルカメラの被写体認識スピードを、上げるのが不可能に成り、カメラ会社全てが、絶対に真似の出来ない世界最新技術に成り、高額のウルトラスーパーコンピューターの盗難防止装置等に使用されるカメラ技術に成る。
CCDレンズは、マイクロ樹脂レンズ及び、マイクロプラスチックレンズ及び他社で使わないマイクロクリスタル硝子レンズは、少し重く成るが、綺麗に映るのも特徴の一つに成る。
この他、カラーフィルタは、アルゴンガス入りのプラスチックカラーフィルターに成り、この他に、アルゴンガス入りの色ガラスカラーフィルターなども、考えられるが、カラーフィルタに光を、当てるだけでなく、弱電気及び弱電子を、通すことで、カラーフィルタ自体が明るさを、増す事の出来るカラーフィルタ技術も、日本の電気家電製品会社全てに無い技術が、軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子と水素ガスと窒素ガス及び固形窒素を、電気製品家電の回路及びパネル及び発電装置に使用内蔵する技術は、日本の家電製品会社に無い技術に成り、盗作出来ない世界最新技術に成る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0069

追加作成日2012年10月26日am8時49分第20の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載のネオン圧電素子ダイオード映像回路チップ装置は、風景写真映像画などの、色彩色の濃い場合の色調整擦る為の、映像回路の別回路に成り、通常のダイオード映像回路チップの改良型の映像回路チップに成り、通常のダイオード映像回路チップの白ダイオード及び黒ダイオード及び赤ダイオード及び青ダイオード及び黄色ダイオードの五原色ダイオードの色を、濃く擦る為に、それぞれのダイオードに、ネオンガスを、入れたネオン白ダイオード及びネオン黒ダイオード及びネオン赤ダイオード及びネオン青ダイオード及びネオン黄色ダイオードは、色の濃い映像ダイオード回路チップに成り、ネオン入りのダイオードそれぞれに、圧電素子磁石体粒子を、入れる事で、ネオン入りダイオード映像回路チップの能力を、電気ノイズ及び、地震マグマ磁場波ノイズ及び他の電波障害ノイズを、取り除いて整流波映像波に全自動で映像波修正してくれるダイオード映像回路の改良型のネオンガス圧電素子磁石体粒子入りのダイオード映像回路説明に成り、アルゴンガスとネオンガス半々と圧電素子磁石体粒子入りのダイオード映像回路チップは、明るさの有る映像回路チップに成る。
従って、圧電素子磁石体粒子は、電波ノイズの整流波効果を、齎して入る。
ネオンガスは、ダイオード五原色の色を、鮮やかにする効果を、もたらして入る。
この他、アルゴンガス入りダイオード五原色は、映像回路の微調整明るい色の映像波回路チップ素子に成る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0070

追加作成日2012年10月26日am9時18分第21の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の回路基板配線は、最近マスコミテレビで、良く呟かれるレアーアース金属は、銅金属より、電気の通りの良い金属として最近脚光を、浴びている値段の高い金属に成り、レアーアース金属前は、鉛金属アルミニウム金属合金を、使用していたのが、現状で有った。
更に、超電導配線物質は、回路配線使用の技術に至らなかった為、超電導電気配線のみまでの技術としか成り得て無いのも現状で有る。
従って、レアーアース金属を、超えた電気の通りが良い電気配線とは軽水素トリチウム電子ガス入りの圧電素子磁石体粒子に成るが、回路配線には、そのままの状態では、少し困難な点が有る為、特殊に回路配線として回路配線形状を、変える事に成る。
通常の、回路配線は、真っ平ら回路基板に、レアーアース及び鉛アルミニウム合金の溶解液を、打ち付ける方法によって、回路基板の回路配線構造が成り立って入る。
従って、今回の、本発明の、軽水素トリチウム電子ガス入り圧電素子磁石体粒子の場合、圧電素子の黒雲母の代わりに使用する再生ガラスと木材灰の混合溶解合成ガラスを、超マイクロ微粒子に擦る為、粉にする場合、可なりの鋼鉄と鋼鉄の衝撃で、木材灰入りの混合合成ガラスを、超微粒子に擦る事が、必要に成る。
更に、チタン酸バリウムに軽水素トリチウム電子を、多く入れた軽水素入りのチタン酸バリウムと超軽量の再生木材灰入りのガラスを、混合合成した液体ビニール等で、回路配線に流し込んだ場合の固定材の役目と成る物質に成る。
本題の、回路構造は。通常回路基板構造と異なる事は、回路配線溶剤を、流し込む為、回路基板の回路配線位置に対して、予め回路基板配線溝が、掘られている構造に成り、回路基板配線構造として、回路基板配線溝に、第一層目の配線として、鉛アルミニウム合金の特許切れ回路配線を、一度薄く回路基板上の回路配線溝に沿って、鉛アルミニウム合金配線を、敷いた後に、新技術の軽水素トリチウム電子ガス入りの超軽量圧電素子磁石体混合粒子を、回路配線溝に流し込む事によって、軽水素トリチウム電子ガス入り圧電素子磁石体粒子の回路配線の効果が有る間は、回路基板を、交換しないでレアーアース金属以上の電気の回路配線を、流れる電気スピードでは、レアーアースを、超える事の出来る回路配線に成る。
理由として、軽水素トリチウム電子ガス入りの超軽量の圧電素子磁石体の回路配線は軽水素トリチウム電子ガスの気化ガス回路配線を、世界で初めて可能にした世界最新の新技術に成り、軽水素トリチウム電子ガス配線自体が電気配線の役割を、果たす為、電気抵抗を、行なう物質が存在しなくなり、実質上の電気抵抗ゼロの回路配線を、手に入れた事に成り、高価なレアーアース配線を、使用しなくて済む回路配線の軽水素トリチウム電子ガスを、使った電気配線時代が此処に有る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0071

追加作成日2012年10月26日pm19時8分第22の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高い金を、使わない回路配線基板装置説明として、課題解決手段の第21の課題解決手段でも説明したレアーアース金属を、使わない回路配線の説明に於いて、回路基板に予め電気回路配線部分を、回路配線基板に回路配線の溝掘りを、行なった場所にアルミニウム鉛合金を、回路配線溝に流し込んだ回路配線溝に軽水素トリチウム電子ガス入りの圧電素子磁石体粒子入り電気の通るプラスチックまたはビニール又はシリコン又はダイオード又は液晶などの電気の通る物質で回路配線の固定を、行なう事に成る。
この場合、回路配線に、燃え易い軽水素トリチウム電子と電気の通るプラスチック等を、使用する為、回路配線の燃焼事故が、起こり易く成る為、燃焼防止材として、フロンガス入り固形窒素ビニールの冷却絶縁体シートを、回路配線基板に被せた装置に成り、レアーアース金属を、使わない回路基板配線構造説明に成る。
少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0072

追加作成日2012年10月26日pm20時8分第23の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の電気熱発電絶縁体装置は、今まで有った絶縁体に、熱瞬間吸収発電体装置を、取り付けた世界初の装置に成ります。
従って、絶縁体自体も今までの重いセラミック絶縁体を、少し軽く擦る為に、セラミック物質部分の粉に木材灰を、混合合成して固めて乾かしてから、高温で焼いたセラミック陶器絶縁体に成り、通常陶器絶縁体の場合、陶器粘土に木材灰を、入れて煉り込んだ軽量粘土を、固めて乾燥させた絶縁体超軽量陶器材を、高温で焼いた
超軽量陶器絶縁体に成り、通常ガラス絶縁体の場合は、ガラス粒子と木材灰及び竹灰及び雑草灰及び生ゴミ灰等の、全ての軽量灰とガラス粉を、混合熱撹拌合成した
超軽量ガラス絶縁体は、今までの絶縁体より、軽く成った絶縁体に成り、これ以上軽く擦る為には、燃えづらいビニールに木材灰等を、多く入れて熱溶解撹拌して、固めた絶縁体に木材灰と固形窒素とビニールを、科学薬品溶解させて、化学薬品気化させた物質を、超軽量絶縁体に被せて固めた超軽量絶縁体は、世界で一番軽い絶縁体に成る。
従って、超軽量絶縁体を、予め半分に割った絶縁体内部を、刳り貫き、刳り貫いた部分に軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子とシリコン材の、混合合成材の熱瞬間
吸収発電体と電気熱瞬間吸収発電体を、半分に割って刳り貫いた部分に填め込んで固定した電気熱瞬間吸収発電体内蔵の絶縁体装置に成り、世界で初めての試み絶縁体に成り、日本の全電気企業体全てが、真似の出来ない世界最新技術に成り、新しい電気絶縁体発想に成り、最終的には、絶縁体無の、電気の流れる量と電気の流れるスピードの違う別々の、超電導配線及び電気配線のみの、回路配線構造及び電気機器配線構造にした超軽量家電製品時代も、身近に来ているのも事実に成ります。
例えば、軽水素トリチウム電子ガスの量を、調整した圧電素子磁石体磁気配線は、同じ電気を、流しても、取り入れる時は、異なった電気量に成り、絶縁体の代わりに、発電回路と軽水素トリチウム電子ガス入りの圧電素子磁石体粒子配線の組み合わせによって電気量の流れる量を、既に調整出来る回路配線の技術は、既に存在している為、絶縁体無回路配線の、世界特許権は、出て来ないと言える。

0073

追加作成日2012年10月26日pm21時15分第24の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力変圧器装置は、通常の変圧器装置に対して、高出力圧電素子磁石体パネルを内蔵した人工合成の永久磁石体に成り、複数針穴空きの、鋼鉄永久磁石体の超薄鋼鉄永久磁石体に、軽水素トリチウム電子ガス入りの圧電素子磁石体パネルと軽水素トリチウム電子入りのチタン酸バリウムシートの、二種類の軽水素トリチウム電子ガス入りのシートを、交互に貼り合わせた高出力圧電素子磁石体粒子配線に対して、複数針穴空きの永久鋼鉄磁石体パネル二枚によって、高出力圧電素子磁石体を、挟む様に固めてボルトナット固定した、超軽量の高出力人工合成永久磁石体に対して、高出力銅筒管コイル配線すなわち、銅線の筒状配線の中に、軽水素トリチウム電子入りの、圧電素子磁石体粒子配線物質を、入れた超軽量コイル配線に成り、銅筒管形状配線の中にレアーアース金属物質を、入れた銅筒管コイル配線より、軽水素トリチウム電子ガス内蔵の圧電素子磁石体粒子配線の方が、電気の通りが良いのも、事実に成り、高出力銅筒管コイル配線を、巻いたのが高出力変圧器に成り、通常の変圧器より、軽くて変圧スピードが、通常変圧器より、速く成るのが、特徴の一つに成り、電気消費も、弱だが少なく成る。

0074

追加作成日2012年10月26日pm21時50分第25の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力NPN型トランジスタは、通常のNPNトランジスタの電気スピードを、上げる為に。通常N型半導体を、軽水素トリチウム電子入りのシリコン半導体シートと複数針穴形状の、通常のN型シリコンの二種類の、N型シリコンを、交互に貼り合わせたのが、高出力N型シリコンに成り、通常のN型シリコン内の電子移動が、速く成る高出力N型シリコン半導体と通常のP型半導体を、軽水素トリチウム電子入りのシリコン半導体シートと複数針穴形状の、通常のP型シリコンの二種類の、P型シリコンを、交互に貼り合わせたのが、高出力P型シリコンに成り、通常のP型シリコン内の電子移動が、速く成る高出力P型シリコン半導体を、NPN型半導体形状に組み合わせたのが、高出力NPN型トランジスタ装置に成り、電気スピードのシリコン内の電子移動が速く成り、今後の、電気製品の、送受信装置等の、部品に使用する事によって、高価なレアーアース金属に頼らない電気製品開発の幕開けに成る世界最新の高出力NPN型トランジスタ装置に成ります。

0075

追加作成日2012年10月26日pm22時25分第26の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力PNP型トランジスタは通常のNPNトランジスタの反対の接合構造に成り、通常のPNPトランジスタの電気スピードを、上げる為に、通常N型半導体を、軽水素トリチウム電子入りのシリコン半導体シートと複数針穴形状の、通常のN型シリコンの二種類の、N型シリコンを、交互に貼り合わせたのが、高出力N型シリコンに成り、通常のN型シリコン内の電子移動が、速く成る高出力N型シリコン半導体と通常のP型半導体を、軽水素トリチウム電子入りのシリコン半導体シートと複数針穴形状の、通常のP型シリコンの二種類の、P型シリコンを、交互に貼り合わせたのが、高出力P型シリコンに成り、通常のP型シリコン内の電子移動が、速く成る高出力P型シリコン半導体を、PNP型半導体形状に組み合わせたのが、高出力PNP型トランジスタ装置に成り、電気スピードのシリコン内の電子移動が速く成り、今後の、電気製品の、送受信装置等の、部品に使用する事によって、高価なレアーアース金属に頼らない電気製品開発の幕開けに成る世界最新技術の高出力PNP型トランジスタ装置に成ります。
特徴の一つとして、少ない電気量で高出力PNP型トランジスタを、作動させる事が特徴の一つに成る。

0076

追加作成日2012年10月26日pm22時25分第26の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力サイリスタ装置は、通常のサイリスタ装置より、シリコン内の電子移動が、速くて今までの、電気量より少ない電気量で、サイリスタ作動が可能に成る世界最新技術で有る。
サイリスタ構造は、N型シリコン半導体とP型シリコン半導体を、交互に4層重ね合わせた装置に、ゲートカソードアノード配線を取り付けたのが高出力サイリスタ装置に成る。
従って、通常N型半導体を、軽水素トリチウム電子入りのシリコン半導体シートと複数針穴形状の、通常のN型シリコンの二種類の、N型シリコンを、交互に貼り合わせたのが、高出力N型シリコンに成り、通常のN型シリコン内の電子移動が、速く成る高出力N型シリコン半導体と通常のP型半導体を、軽水素トリチウム電子入りのシリコン半導体シートと複数針穴形状の、通常のP型シリコンの二種類の、P型シリコンを、交互に貼り合わせたのが、高出力P型シリコンに成り、通常のP型シリコン内の電子移動が、速く成る高出力P型シリコン半導体を、PNP型半導体形状に組み合わせたのが、高出力PNP型トランジスタ装置に成り、電気スピードのシリコン内の電子移動が速く成り、通常サイリスタより、サイリスタシリコン内の電子移動が、速く成る為、電気製品全ての電気の流れを、速く出来る活気的な軽水素トリチウム電子効果に成る。

0077

追加作成日2012年10月27日am8時28分第27の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の高出力FET装置は、通常のFET装置に対して中央にN型シリコン半導体のドレイン装置ソース装置両サイド半円形状の空乏層P型シリコン半導体にゲート装置構造に成る、通常のFET装置構造に対して、高出力FET装置は中央に高出力N型シリコン半導体のドレイン装置とソース装置と両サイドに半円形状の高出力P型シリコン半導体にゲート装置構造に成る、高出力FET装置構造に成り、高出力電界効果トランジスタ装置構造に成る。
この場合、高出力FET装置と通常のFET装置の違いは、高出力FET装置のシリコン電子の流れが速くて、少ない電気量でも作動するのが特徴の一つに成る。

0078

追加作成日2012年10月27日am9時21分第28の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載のCD版及びMD版に成り、現在は、DVD版の安売りに負けて低迷中なのも事実で有る。
だが、現在のDVD版を、回転させるDCブラシレスモーターでも、モーター熱を、冷やす為、パソコンクーラーなどで、冷却風を、充てる技術に至っている。
従って、ウルトラスーパーコンピューターで、DVD版を、回転させるよりも、CD版の軽量化技術が必死に成り、CD版のペーパーCD版は、玩具CD版に使用される場合が多い技術だが、CD版の傷つき熱劣化が懸念される為、他の技術説明に成り、CD版を、半分に割った内側を、刳り貫いた場所に、発砲スチロール超薄パネルを入れるのだが、熱に弱い為、窒素ガスを、入れて熱対応型の発砲スチロール入りのCD版に擦る為、熱劣化を、防げると言える。
この場合、フロンガス等は、環境破壊の為、避けたいガス成分に成り、ヘリウムガスは、高価の為、避けなければ、商品の値段が高く成る。
然しながら、発砲スチロールに窒素ガスを、行き渡る様な構造に擦る為には、円形の発砲スチロール超薄パネルに、十字の複数ラインの溝を、発砲スチロールに取り付ける事によって、十字網状に、窒素ガスが、行き渡って、発砲スチロールを、冷やす事が出来て、安い商品価格で済む事が、可能に成り、万が一に窒素ガスが漏れ、CD版を、燃やしても窒素ガス自体の自然の環境破壊には成らない成分に成り、植物の栄養素に成る為、安心して使用出来るのも特徴の一つに成る。
恐らく、超軽量のCD版及びMD版に成ると、モーター熱の発生量が、少なく成る為、ウルトラスーパーコンピューターの冷却装置自体を、簡素化出来る。
当初、ウルトラスーパーコンピューター室は、冷房室にウルトラスーパーコンピューターを、設置する予定に成り、固形フロン技術の世界最新技術の窒素ガスの冷却方法によって、スーパーコンピューター室の温度管理の予定に成る。
いずれにしても、現在使用されていない、全自動の自動車システム及び全自動の船システム及び全自動の飛行機システム及び全自動のロボットシステム全自動の医療管理システム及び、全自動地震津波予知システムなど、現在の、スーパーコンピューターが、出来ない分野を、実施する為の、現在の、スーパーコンピューター以上のデーターの集積計算が、世界で一番の速さを、目指す事に成り、他社に絶対に無い技術の集積と、アメリカ合衆国のスーパーコンピューター発明特許権者と技術協定を、行なった上での事業に成り、地震予知技術では、地震を、予知出来る装置の開発が、他社に無いはずで有り、日本の大学の工学技術は、海外工学技術の変えた技術が、殆どで有る為、日本国内で、青色ダイオードの様に、世界特許権で、公表される作品すなわち、全世界で、認めた特許権は、極わずかに成り、新技術とテレビマスコミ新聞で、公開しても、特許番号及び海外特許権審査請求番号のテレビマスコミ公開及び新聞マスコミ公開が、絶対に無く、企業自体に聞いても、技術資料が、莫大の為、公表出来ないとの反論に成り、新技術と思われる技術が、日本の電気商品企業全体で、作る為、特許権では、無い技術を、日本の電気企業だけで、作る事態は、現在、国の全額借金返済の為の、税金収入に困って居る現状に対して、地方の都道府県市町村区でも、利益の上がる事業が、誰でも作れるのならば、税金を、少しだけしか、払わないだけの企業に対して、海外の商品販売利益は、日本国内の収益還元されない誰でも、作れるヒット商品を、日本国と都道府県市町村区が、作らない理由と作れない理由のマスコミ説明が絶対に無いのは、税収不足を、ただあおるだけのテレビマスコミの利益は、テレビマスコミの株主の指示なのか説明を、聞いて国の全額借金返済に対しての方法手段を、国民全体で考えて行かなければ成らない時代でも有る様で有る。

0079

追加作成日2012年10月27日am10時42分第29の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の超軽量高出力DCブラシレスレールモーターの、絶縁体説明として、モーターの固定電磁石絶縁体は、アルミニウム金属などの、重い物質でも、超軽量高出力DCブラシレスレールモーターのモーター回転に消費される総合電気量には、変化は無いが、回転する側の高出力圧電素子磁石体パネルを、複数使う絶縁体装置は、軽い方が望ましい為、木材灰入りグラスファイバー素材アルミニウム素材重量比較が有り、木材灰入りのプラスチック素材及び木材灰入りのビニール素材及び木材灰入りの樹脂カーボン素材なども、超軽量素材として考えられるが、最終的には、安全性の為ならば、アルミニウム金属に成り、モーター軸は、金属に成る為、アルミニウム金属が有望に成る。
然しながら、家電製品のモーター絶縁体成ら、木材灰入りのグラスファイバー素材でも、商品化可能な技術に成り、玩具などでは、木材灰入り窒素材入りプラスチック素材でも、商品化可能に成る技術に成り、用途其々の用途によって、モーター絶縁体と軸素材には、考えて使用擦る事によって、商品利益に係わる問題に成る。

0080

追加作成日2012年10月27日am11時2分第30の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の超軽量高出力DCブラシレスレールモーターの構造は、通常は、高出力電磁石と高出力銅筒管コイル装置に成る為、電磁石又は磁石の高速作動に於けるインバータ装置スイッチによる磁極切り替えまたは、リレーイミング式のモーター磁極の連続の磁極切り替え装置には、必ずコイル付の電磁石体が、必ず電磁石構造では、欠かせないのが、モーターコイル構造に成り、モーターコイルの、太さによって、同じコイルの長さならば、細い方が、電気消費が少なく、同じ長さのコイルの乱巻コイルより、正巻なコイル巻きの方が電気消費は少ない事実は、誰でも解り得る事実だが、モーターコイルを、外して磁石体の磁極切り替えを、素早く行えるなどとは、鋼鉄磁石体では、無理に成り、最終的に赤く成って熱溜まりの状態に成る。
だが、圧電素子磁石体の場合は、高速の磁極切り替えは、無理でも多少の磁極切り替えは、出来ても商品化が恐らく難しく成る為、圧電素子磁石体の磁極磁界素子の改良と成ると、軽水素トリチウム電子ガスを、砂時計形状に、圧電素子磁石体のプラス極とマイナス極に跨って、取り付け、尚且つ通常の圧電素子磁石体を、被せて
プラス配線マイナス配線を、取り付ける事によって、圧電素子磁石体の磁極切り替えの高速化が可能に成ると言える。
ここまでの、技術不満に成ると、軽水素トリチウム電子ガスに木材灰入りの再生ガラス素材の黒雲母石の代用品及び軽量化に至り、問題とする電子移動分野で、チタン酸バリウムと少量のシリコンを、混合撹拌させた、チタン酸シリコンバリウム溶液を、混合合成した軽水素トリチウム電子ガス入りの超軽量圧電素子磁石体は、超微量のチタン酸シリコンバリウム溶液内のシリコン電子と軽水素電子に電気を、流す事によって、磁極化すると同時に異なった反対の電気を、流した場合、素早く磁極変化出来るコイル無の磁石体に成り、家電製品などのモーター使用に対して、他社全ての、家電事業者全てを、抜く世界で最も、電気消費の少ないモーター説明に成り、特許権切れ後の、技術譲渡は、絶対にしては往けない事柄に成り、特許権料金は、特許権年数範囲に成り、技術盗作に対しての不正競争防止法年数は、半永久に成るが、特許権切れの著作権使用権は低額に成るが、他社に作らせないのが、世界トップ企業に成る為の世界が認める資本主義国家及び、資本主義企業の土台の技術説明と今後の技術盗作防止説明に成る。

0081

追加作成日2012年10月28日am7時3分第31の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の確認の為の画像パネルは、古くは、ガスブラウン管パネルに成り、液晶パネルと続き、有機EL電池素子塗り付け企業説明又は、有機EL充電池素子塗り付け(アルゴン軽水素トリチウム電子合成ガスの塗り付け)これらの、技術の、有機ELアルゴン軽水素トリチウム電子合成ガスなどは、日本企業に映像パネル及びチップに無い技術の合成ガスに成り、ネオン軽水素トリチウム電子合成ガスも、日本企業に映像パネル及びチップに無い技術の映像を、綺麗に少ない電気量で写し出す為の混合合成ガスの新技術に成る。
この場合、有機ELの充電池物質にアルゴンガスを、入れる技術も日本企業全社の技術で無い技術だと言う事も、特許権に成って居ない事と、海外審査請求を、調べると直ぐ分ると言える事実説明が、日本のテレビ事業に於いて、日立テレビ及びシャープテレビが、海外工場撤退及び日本工場撤退のテレビニュースの報道説明から、窺える事実に成る。
確かに、有機ELの電池素子または充電池素子にアルゴンガスを、入れると電気消費が、少なく成る技術に成り、更に電気消費を、有機ELパネルの電気消費を、減らす為に、アルゴンガスと軽水素トリチウム電子ガスを、混合合成したガスを、パネルに吹付る技術としは、固形窒素バリウムビニール速乾溶液に、アルゴンガスと軽水素トリチウム電子ガスを、混合合成したガスを、吹き付ける技術も有るが、通常の液晶テレビの電気消費より、多く、熱劣化が、速いと考えられる為、液晶パネルより、寿命が、短いと考えられる。
従って、テレビパネルガラス部分の、二枚合わせガラス部分の間に、窒素ガスを、入れるテレビガラスパネル技術を、使っても電気消費は、多いままに成り、軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスとネオンガスと圧電素子磁石体粒子を、使ったテレビの音声回路及び映像回路と圧電素子磁石体に配線を、4本取り付けた世界最新技術の電気中の電気熱抵抗の圧電素子磁気電気のみを取除き乱れた電気の整流化電気効果の世界最新技術の、圧電素子4電子磁気分割装置によって、有機ELテレビの電気消費を、抑える技術に成り、最近の噂では、圧電素子4電子磁気分割装置を、日本企業全社が、エンジン名の回路チップとして、著作権上の国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の電気中の熱電気抵抗を、取り除く世界最新の電気を、磁気整流化電子電気に一度変えて、電気使用する簡単な、全世界の企業が、簡単過ぎて誰も気が付かず使って無かった世界最新の技術の無断使用の噂も入っているが、企業マスコミテレビ及び企業関係官庁は、国の実際の国益より、企業利益を、優先擦る為、国の全額借金返済の名言すらも、門前払いなのは、テレビマスコミと企業関係親戚及び遠戚の官庁が、多数の為か、国会議員事態も、明白に対応しないのが、現状に成り、例えば、知的所有財産の技術盗作の上での利益横領の場合、今回の場合は、国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済を、インターネットの特開文章上で、名言している為、国に収める知的所有財産利益技術の盗作と横領が、間違っても明確になれば、時効無の犯罪に成り、事件に対しては、犯罪としては、一番重い刑は、逃れない事実に成る。
昨今、日本の国の借金が、1000兆円を、超える金額は、企業以外の一般国民の税金だけでは、誰が考えても、増えるだけで有り、企業関係の政治家が、自分の会社又は、自分の関係する親戚及び遠戚の会社を、潰して、日本国を、立て直すとは、絶対に国民の前では、死んでも言わない理由は、国民一人一人が、気が付いて入る筈です。
更に、海外の(株)及び海外の土地工場資産に対しての日本のお金の持ち出しに対して、税金が、殆ど繋らない様にして来た為、国益収入無しに近く、海外所得税が、わずかに国税として、入るだけで、日本の金で、海外(株)を、買って利益を、得た場合の日本のお金の持ち出しに掛かる税金なども無い状態でも、弱者から、消費税だけ、取るだけの、企業利益者の企業献金と企業会社の入社の約束の為に、弱者切り捨ての、平等の法律を、った日本国の弱者切り捨ての事実に成り、これら、海外の(株)取得の日本人の全ての、完全資産公開を、毎日採取取得(株)数の日本人名と日本企業名等の、完全公開を、一度しない限り、日本の資産を、税金無で、どれだけ持ち出しているかの事実公開が近いと言わざる得ない理由に、特許文章を、36件近く提出特許公開としているが、日本企業全体が、特許権番号と実用新案権番号などの、知的所有財産番号を、商品に明記しないだけでなく、商品番号を、特許庁のインターネットから、特許権切れ使用及び特許権切れ契約及び特許権及び実用新案登録権などの、不正競争防止法の技術盗作を、行なって無い事実の国の経済産業省の証明が、無い事とテレビ局社員等の、企業宣伝商品の知的所有財産番号を、公開しないで隠すまたは門前払いを、行なうだけの正しい情報公開のテレビ局に相応しくない対応も現在の、企業(株)手動のテレビ局に成り、NHKテレビ局の入社に対して、企業関係者は、はいれないとの規則項目が無い為、NHKテレビ局も、現在は、企業親戚及び企業遠戚が多いと思われるが、この様に、弱者国民の、所得が、300万以下の国民以外の、テレビ局に入れない等の、高所得者が、入れないテレビ局に成り、低所得の順に、実社会介護社会と生活保護社会の現状と弱者庶民の知的所有財産のテレビ公開の著作権保護を、しない限り、弱者国民の持ちえた財産の肖像権の応用の保護などしない限り、お金が出て来ない現状でも有る様で有る。
この様な理由と、現状の、弱者国民一人一人の生活権の自立を、目指す為、テレビ電気製品は、日本が最初に成るが、ブラウン管ガステレビの特許権切れが、近く成ると、日本企業以外が、液晶パネル及び液晶デスプレイ技術を、公開して来る事に成り、NHKテレビ局の究極のハイビジョンテレビが出現し、電気消費が多いが日本技術の有機EL材の電池素子物質及び充電池素子物質を、使ったハイビジョンテレビを、凌ぐ有機ELテレビの出現に成り、現在の、発電擦るテレビが、日本企業全社に無いテレビ技術が、特開技術として高出力発電回路装置などの、世界最新技術として公開されているが、水素を、使った発電回路と重水素を、使った発電回路と多くの電子物質の入った化学物質を、圧電素子磁石体に内蔵させた発電回路の類遺品等の、盗作作品等の知的所有財産の盗作と無断使用は、今後、有り得る事件だが、もう一度ここで、説明するが、日本国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の公開技術の為、盗作と勝手に使用は、通常の犯罪より、数段に刑が重く成る事が事実なのも、最初から名言しておきますのでご了承して下さい。
従って、有機ELテレビは、電気消費と熱劣化の問題点を、まだまだ抱えている為、今後有機ELマイクロシート技術に成るが、海外メーカーパイオニアーの液晶フイルム技術の特許権が有る為、簡単に独占して、テレビ商品販売出来ない理由もここに有る。
その為、液晶テレビとも、異なり、有機ELテレビとも異なり、ガスブラウン管テレビとも異なり、ハイビジョンテレビとも異なるテレビの開発に成るのは、知的所有財産の特許権切れの著作権の介入が、少ない技術を、開発しなければ独占してテレビ販売出来ないからで有る。
従って、ビニールプラスチック合成物質は、シリコン物質及び液晶物質及びダイオード物質の用に電気を、通す物質と異なって、電気を、通さない物質に成り、透明の電気を通さないプラスチックマイクロシート及びパネル及び電気を通さない透明ビニールマイクロシート及びパネル及び電気を通さない透明グラスファイバーマイクロシート及びパネル等は、透明の電気の通さない物質シートとパネルだが、アルゴンガスと軽水素トリチウム電子ガスの混合ガスを、予め電気の通らない物質に混合合成した場合、映像回路を、繋げると全てのシートとパネルで、映像が映る理由として、軽水素トリチウム電子ガスの映像波の電子効果とアルゴンガスの映像効果によって、画像が映る事に成るが、ネオンガスと軽水素トリチウム電子ガスは、色合いが濃く成るが、映る事に成り、アルゴンガスとネオンガスと軽水素トリチウム電子ガスと窒素ガスの四種類のガスを、混合合成した熱劣化に対応した混合合成ガスに成り、将来的には、四種類以上の異なったガスシートを、多層重ねしたパネルに、複数の映像配線を、取り付けて写すテレビは、右側で見るテレビの明るさと左側で見るテレビの明るさを、調整出来るテレビに成り、窓際に置くテレビの明るさ調整と夜見るテレビの明るさ調整と昼間見るテレビの明るさ調整がテレビパネルで左右上下異なった調整が出来る世界初のテレビに成り、特許技術は、通常は、パネル一枚に写し出す技術とガスパネル一枚に写し出す技術と異なって、テレビパネルの多層重ねシートパネル一つ一つが、右と左が異なった合わせパネルに成る為、
右と左の映像の明るさを、変える事が可能に成る技術説明に成る。
従って、画像パネルシート一枚一枚に、絶縁体膜が貼られている構造に成り、今まで公開して来たテレビ構造とは、異なった技術説明に成る。
更に、本題の、アルゴンガスと軽水素トリチウム電子ガスと窒素ガスとネオンガスの四種類の混合合成ガスを、透明の電気の通らない物質パネルに予め混合合成した透明パネルに、映像回路の、複数配線に取り付ける事によって、映像をアルゴンガス入りの電子パネルに写し出す世界初の電気の通らない物質パネルを、使ったテレビ画像の映像パネル技術説明に成る。

0082

追加作成日2012年10月28日pm13時27分第32の課題解決手段は、ウルトラスーパーコンピューター積載の電気熱瞬間吸収発電シートとパネル説明に成り、構造として、通常シリコンのみのソーラーパネルでは、微量の発電電気しか恐らく電気を、得る事が出来ない理由として、ソーラーパネルを、暗闇の中で、25度から30度の微温湯に付けた場合、恐らく微量のシリコン電子移動に成ると思われるが、商品としては不適切の為、シリコンに圧電素子磁石体粒子を、入れる事によって、シリコン自体は、熱を、良く吸収擦る為、吸収したシリコン熱電子を、瞬時に電気変換しなければ成らない為、シリコン物質内に予め混合撹拌合成して有った圧電素子磁石体粒子の磁気磁界効果によって、シリコン内の熱電子移動を、可能にした技術に成る。
然し、これだけでは、熱瞬間吸収発電装置としては、シリコンの知名度が、まだ高い為、シリコン内に、軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体粒子を、予めシリコン溶液に混合撹拌合成した磁気効果の有る軽水素トリチウム電子ガスの多く入ったシリコン溶液を、固めたパネルに電気取り込み配線を、取り付けた電気熱瞬間吸収発電パネルは、ウルトラスーパーコンピューター装置の熱が、多く発生する部分に取り付ける事によって、ウルトラスーパーコンピューター装置自身の発生熱を、使った熱瞬間吸収発電シートパネル装置積載の世界初のウルトラスーパーコンピューター装置に成り、シリコン内の電子を、外部から軽水素トリチウム電子ガスを、シリコン溶液の内に圧電素子磁石体粒子と一緒に混合撹拌合成する事によって、シリコンが、持ちえて入るシリコン電子に、軽水素トリチウムガス電子を、追加する事によって、シリコン内の電子量が、2倍以上の数十倍入れる事によって、低い温度の20度近くの温度でも、熱瞬間吸収発電出来る程に、軽水素トリチウム電子ガスの濃度混入調整を、計る事によって、数倍に、シリコン電子の熱瞬間吸収率を、上げシリコン内の軽水素シリコン電子の熱吸収した電子を、シリコン内の圧電素子磁石体粒子によって、熱磁気磁極分割の熱シリコン磁気電子の瞬間移動を、可能にしたため、わりと低目な温度でも熱瞬間吸収して、多くのシリコン熱磁気電子によって、発電出来る世界初の熱瞬間吸収発電シートパネルに成る。

発明の効果

0083

先発明権の郵便物受理証明書に従って、先発明権を認められるならば、上述したように本先発明の世界最速ウルトラウルトラスーパーコンピューターは、電気抵抗の熱溜まりを少なくして、電気消費を抑えた新しい部品によって、世界最速のウルトラスーパーコンピューターを提供出来る。

0084

また、今までのテープリールをCD版装置改良型の表裏両面卵型空洞のMD版装置盤技術を使用する事で、録画録音再生装置取り換えを無くす事に成功し、他の情報装置などの技術転換などによって、幅広い情報送受信技術によって、超高速情報時代を進めて行く効果を発揮出来る。

0085

更に、追加作成日2012年10月28日pm14時58分今までの、冷却システムを、フロンガス内蔵の炭素合成固形窒素複数縦溝穴空きの冷却物質ビニールシートを被せた今までに無いフロンガス飛散防止の固形フロン装置に成り、窒素ガスの循環によって、固形フロンガスの冷却装置によって、気化窒素ガスを、冷やして循環させる冷却装置の世界初の新技術によって、フロンガスの飛散防止を、計り、固形フロンの再利用を、計って未来型冷却装置の次世代開発に取り組む事に成り、京都議定書の二酸化炭素排出規制に適した技術によって、日本国の全額は借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の道筋を、作る社会的公表による著作権先技術の人の財産の盗作を、行なって無い説明によって、日本国の全額は借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済が可能な事実を、全国の日本国民に理解を、得る効果を発揮出来る。

0086

更に、追加作成日2012年10月28日pm15時58分更に、ウルトラスーパーコンピューター内の回路全てを、高出力新技術の軽水素トリチウム電子ガス入りのウルトラスーパーコンピューター全ての回路に擦る事によって、回路整流波電子電気の流れと回路整流波電気の流れのスピードを、速く擦る事によって、電気熱溜まりの時間を、少なく擦る事によって、冷却装置の軽量化を、計った世界で初めて、高出力回路と高出力発電回路を、積載する事によって、外部からの電気消費を、少なくした計算スピードを、世界一速い高出力回路を、積載する事によって、全自動システムの各分野全ての、全自動を、可能にする効果を、発揮出来る。

実施例

0087

以下、本発明の実施の形態を図1から図24に基づいて説明する。

0088

図に於いて、(1)は磁極切り換えインバータ制御作動の世界で一番電気消費の少ないモーターで有り、(2)の表裏両面MD装置は、レールモーター制御作動出来る卵型空洞のCD両面録画録音再生が可能な装置で有り、情報の電波送受信は、インターネット光りフアイバー官技術と(3)の複数総合アンテナ送受信装置によって、光りフアイバーより、スピードの早い情報連絡アンテナ送受信装置で有る。

0089

更に、(3)の複数総合アンテナ送受信装置の映像回路と音声回路をより奇麗な画像とより繊細な音声にする為に、ウルトラスーパーコンピューターのデジタル及びノーマル回路に、(9)の軽水素入り圧電素子磁石磁波全自動修正回路と(6)軽水素内蔵コンピューターデジタル及びノーマル回路と(7)のコンピューター映像ネオン充電池素子回路ICチップ装置の導入によって、世界で一番奇麗な画像に超小型デジタル及びノーマル回路を実現した技術紹介で有る。

0090

従って、(9)の軽水素入りノーマル回路及び軽水素入りデジタル回路は、軽水素を回路素子体に内蔵しただけの装置で有る。

0091

更に、(9)の圧電素子磁石磁波全自動修正回路は、圧電素子磁石体に電波を通す事で、乱れた電波を圧電素子磁石体磁気全自動電波修復出来る簡単な装置だが、一番効果が有ると思われる。

0092

そして、(7)のコンピューター映像ネオン充電池素子IC回路チップは、軽水素回路の電波スピードを速める技術に対して、映像のより鮮明な画像を電波送受信する為に、電波に使用する電気の抵抗熱障害録画機の旧式技術の電波ノイズ(電波の乱れ)を充電池素子修復再生技術は、電波の流れを微調整する事によって、より美しい画像再生を行える技術で有る。

0093

2012年12月22日追加の図説説明を、am9時03分から、図1から再び説明する。
従って、(1)のレールモーターは、世界最新技術のコイル無しレールモーターに成り、(2)の表裏両面MD装置は、世界最軽量の発砲スチロールシートを、使用したMD装置盤に成り、(3)の複数総合アンテナ送受信装置は、圧電素子磁石体粒子内蔵のアンテナ金属使用のアンテナに成り、(4)の2連振り子型機械式発電機は、高出力発電回路など、高出力装置を、全て内蔵した無害無休油の半永久連続発電作動出来る発電機に成り、(5)は、電気中の熱抵抗電気のみを、取り除く世界最新の技術の圧電素子4電子磁気分割装置回路に成り、(6)は、軽水素トリチウム電子ガス内蔵コンピューター回路に成り、(7)は、コンピューター映像ネオン充電池素子IC回路チップに成り、(8)は、世界最速ウルトラスーパーコンピューターの名称に成り、(9)は、圧電素子磁石の磁波全自動修正回路に成り、(10)は、振動吸収足装置(別名免震コンピューター足)装置に成り、(11)は、アルゴンガス入りダイオード映像回路に成り、(12)は、圧電素子磁石体粒子内蔵アルゴンガス入りダイオード映像回路(音声映像二層回路チップ)に成り、世界最速ウルトラスーパーコンピューターの全体配電回路略図を、含めた部品設置図の説明に成る。

0094

図3は、(1)レールモーターの高出力レールモーターの構造説明に成る。
従って、(1)レールモーターの高出力レールモーターは、(16)の高出力圧電素子磁石体は、(18)の通常鋼鉄磁石体に対して、超軽量の圧電素子磁石体のチタン酸バリウムに軽水素トリチウム電子ガスを、入れて固めた圧電素子磁石体に成り、(17)の軽水素トリチウム電子ガス入りのチタン酸バリウムシートの二枚の圧電素子関連シートを、交互に重ね合わせた軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体を、高出力圧電素子磁石体に成り、(1)レールモーターの高出力圧電素子磁石体を、連結させる為の絶縁体として、超軽量の、(13)の 超軽量絶縁体(木材灰入り樹脂物質世界最軽量カーボン絶縁体)は、モーターを、軽く擦る為の技術に成り、(14)の軽軽量永久圧電素子磁石体は、通常の黒雲母石つまり、黒雲母石を、熱で溶かして、木材灰と、混合合成して、冷やして固めた超軽量の木材灰入り黒雲母石の超微粒粒子積載内蔵した(14)の軽軽量永久圧電素子磁石体に成り、モーターのコイル板と絶縁体を、世界で一番軽くした為、モーター回転の電気の負荷の抵抗も、少なく出来る構造に成り、高出力銅筒管コイル配線を、積載内蔵した(15)の高出力電磁石(A.B.C.D.E.F.G.H.)に成り、(13)の超軽量絶縁体(木材灰入り樹脂物質世界最軽量カーボン絶縁体)を、内蔵した(19)の(14)の軽軽量永久圧電素子磁石体と(13)の超軽量絶縁体(木材灰入り樹脂物質世界最軽量カーボン絶縁体)を、組み合わせた超軽量高出力圧電素子磁石体の取り付け説明図に成り、(21)は、MDの中心部分の6角形ずれ止め装置に成り、CD及びMDの読み込み装置を、片面8個の赤外線読み込み装置が、取り付き、MD及びCD回転が、まだまだ速く高速に成る為、現在のCD及びMDの取り付け部分の改造を、仕方なく行う事に成った。

0095

図4は、(2)の表裏両面MD装置は(37)の、半割りCD(世界最速ウルトラスーパーコンピューター用木材灰入り樹脂カーボンCDの構造説明に成り、(8)の世界最速ウルトラスーパーコンピューターの(2)の表裏両面MD装置は、超薄のCDシートを、表と裏の両面の装置とし、中央に、(22)の多層式圧電素子磁気カード(木材灰入りアルミニウム粉内蔵プラスチック絶縁体シート入り圧電素子磁石体磁気カード)を、内蔵した(2)の表裏両面MD装置に成り、(21)のMDの中心部分の6角形のずれ止め装置を、取り付けた(37)の、半割りCD(世界最速ウルトラスーパーコンピューター用木材灰入り樹脂カーボンCDの構造説明。

0096

図5の、(8)の世界最速ウルトラスーパーコンピューターの全体を、冷やすパネルは、(25)のフロンガス入り炭素炭冷却パネルに対して(24)のプラスチックシートを、貼り合わせた冷却パネルに(26)の内側複数針穴プラスチックパネルとし、外側に、(27)の外側冷却固形窒素入りプラスチックシート貼り付け型木材灰入りプラスチックパネルに対して貼り合わせ冷却パネルを、(8)の世界最速ウルトラスーパーコンピューターに積載する事によって、冷却の基本構造としている。

0097

図6の、(8)の世界最速ウルトラスーパーコンピューターの全体を、振動及び地震から守る為の、振れ止め装置の世界最速ウルトラスーパーコンピューター用の免震装置に成り、(8)の世界最速ウルトラスーパーコンピューターの底に、絶縁体の為の、アルミニウム薄板内蔵のプラスチックゴムパネルは、磁気を、通さない金属使用に成り、(36)の電磁石反発振れ止め装置に成り、免震用の特別用ボルト装置は、(28)のゼンマイ板鋼材質ボルトに成り、曲がるボルトに成り、(32)のボルト頭構造に対して、ボルトの中心は、空洞に成った構造に成り、(31)のワイヤが、内蔵されたボルトに成り、(30)のボルトネジ山の他、(33)のナイロン凹凸部分構造のボルトに成り、(31)のワイヤは、地盤コンクリートと一体に成って入る固定式のワイヤに成り、(36)の電磁石反発振れ止め装置板に、固定されるワイヤに成り、(28)のボルトは、可なり太めの免震ボルトを、使用していて、4本〜9本の(28)のゼンマイ板鋼材質ボルト設置に成り、(29)のボルト空洞部分に取り付けられ、(28)のボルトは、可なり太めの免震ボルトは、アルミニウム超微粒子入り錆び止め材入りの固形窒素材入りのシリコン溶液によって、免震装置が、保護されている構造に成り、(35)の
補助振れ止めスプリング装置によって振れを、吸収出来る電気製品を、置く免震床構造に成る。
更に、免震床自体が、二枚の平な、電磁石板の電磁石反発作用によって浮いて入る構造に成り、(36)の電磁石反発振れ止め装置の横揺れ吸収装置は、スプリング板内蔵グラスファイバー装置に成り、ゴムの使用しない構造に成って入る。

0098

図7の説明として、(2)の表裏両面MD装置は、(37)の一枚の半割りCDの間に(38)の発砲スチロールシートと(39)の木材灰入りプラスチック(超軽量プラスチック網)
を、入れて二枚の(37)の一枚の半割りCDを、貼り合わせた世界最軽量のCD及び(2)の表裏両面MD装置。

0099

図8の説明として、(40)の合成液晶は、通常の液晶パネルの内容物を、(40) 合成液晶(液晶の電子変換が速い液晶で有り、液晶と軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、液晶内に混合撹拌した合成液晶物資及びパネル)に成り、液晶溶液に、軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、混合撹拌して入れた液晶パネルに成り世界最新技術の液晶パネルに成る。

0100

図9の説明として、(41)高出力超LSIは、現在、使用されている各回路装置の回路波伝達処理スピードを、更に速く世界最速に擦る為の技術に成る。
従って、(42)は、軽水素トリチウム電子入りN型シリコン(通常のシリコンに対して軽水素トリチウム電子ガス入りの複数針穴形状のN型シリコンと通常のN型シリコンを、交互に複数貼り合わせたN型シリコンに成り、別名高出力N型シリコンとも言う。)。と高出力N型シリコンと(43)の軽水素トリチウム電子入りP型インジウム(通常のインジウムに対して軽水素トリチウム電子ガス入りの複数針穴形状のP型シリコンと通常のP型インジウムを、交互に複数貼り合わせたP型インジウムに成り、別名高出力P型インジウムとも言う。)。組み合わせた(41)高出力超LSI装置成る。

0101

図10の説明として、(44)の高出力PN接合ダイオードは、(46)のP型ダイオード半導体(軽水素トリチウム電子ガス入りのP型ダイオード半導体)と(47)のN型ダイオード半導体(軽水素トリチウム電子ガス入りのN型ダイオード半導体)を、(45)の接合部分に貼り付けた(44)の高出力PN接合ダイオード装置

0102

図11の(48)の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスと圧電素子磁石体粒子入りダイオード映像回路チップ装置は、(49)のプラス映像波回路と(55)のマイナス映像波回路に成り、(49)のプラス映像波回路は、通常の圧電素子磁石体のチタン酸バリウムに、(52)の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れた(53)の圧電素子磁石体粒子に成り、通常の映像ダイオード回路のダイオードに(52)の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れたダイオード映像回路素子に成り、ダイオードのプラス極の圧電素子プラス磁気の弱い部分に、(54)のプラス映像波ノイズの取り除いたプラス映像波を、流す事によって、(50)のプラス極側の圧電素子磁気のプラス磁気の一番強い部分から、映像ノイズの取り除いたプラス映像波を、得る事が出来る。
そして、(55)のマイナス映像波回路は、通常の圧電素子磁石体のチタン酸バリウムに、(52)の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れた(53)の圧電素子磁石体粒子に成り、通常の映像ダイオード回路のダイオードに(52)の軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れたダイオード映像回路素子に成り、ダイオードのプラス極の圧電素子プラス磁気の弱い部分に、(56)のマイナス映像波ノイズの取り除いたマイナス映像波を、流す事によって、(51)のマイナス極側の圧電素子磁気のマイナス磁気の一番強い部分から、映像ノイズの取り除いたマイナス映像波を、得る事が出来る。

0103

図12の(57)の高出力発電回路型映像ノイズ取り除き回路チップの構造は、通常の圧電素子磁石体に対して、(61)の発電回路主要の軽水素トリチウム電子ガス入りチタン酸バリウム複数針穴空きシートと(62)の軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体シートパネルと(63)の軽水素アルゴンガス入り圧電素子磁石体粒子入りチタン酸バリウム複数針穴空きシートの三種類の軽水素トリチウム電子ガス入りのチタン酸バリウムシートを、互い違い交互に、貼り合わせた特殊圧電素子磁石体の(59)のプラス磁気極と(60)のマイナス磁気極の中間部分に中る場所へ、(58)の映像波電気信号を、(59)のプラス側から、(60)のマイナス磁気極の中間部分に中る場所へ(58)の映像波電気信号を、流す事によって、(65)の増幅電圧映像波電気信号を、得る事の出来る(57)の高出力発電回路型映像ノイズ取り除き回路チップ装置。

0104

図13の(75)の音声回路ノイズ取り除き圧電素子磁石体チップは、(66)のプラス音声波(音声波プラス回路)は、通常圧電素子磁石体のプラス磁気の中心部分に、(67)のプラス極超小型針穴空き電波吸収銅板体から(70)のプラス電波ノイズの取り除いたプラス音声波を、得る事の出来る装置で有り、(68)の木材灰入りの超軽量陶器カバーを、被せた装置。
そして、(71)のマイナス音声波(音声波回路)は、通常圧電素子磁石体のプラス磁気の中心部分に、(72)のマイナス極超小型針穴空き電波吸収銅板から(74)のマイナス電波ノイズの取り除いたマイナス音声波を、得る事の出来る装置で有り、(68)の木材灰入りの超軽量陶器カバーを、被せた装置。

0105

図14の(76)の冷却ガス入り電気抵抗取り除き装置は、通常圧電素子磁石体に窒素ガスを、入れた(78)の窒素ガス入り圧電素子磁石体に成り、構造として、(83)の軽水素窒素ガス入りチタン酸バリウム複数針穴空きシートと(82)の軽水素トリチウム電子ガス入り圧電素子磁石体CCを、交互に貼り合わせた(88)の 圧電素子磁石体GGと命名した冷却材入り圧電素子磁石体に成り、(79)のノイズ入りプラス映像波AAAは、(84)の圧電素子磁石体GGの冷却ガス入り圧電素子磁石体のプラス磁気の一番弱い部分から圧電素子磁石体の磁気の一番強い部分へ(79)のノイズ入りプラス映像波AAAを、流す事によって、(77)のノイズ無プラス映像波AAAに成る装置に成る。
そして、(81)の ノイズ入りマイナス映像波BBBは、(84)の圧電素子磁石体GGの冷却ガス入り圧電素子磁石体のマイナス磁気の一番弱い部分から圧電素子磁石体の磁気の一番強い部分へ(81)のノイズ入りマイナス映像波BBBを、流す事によって、(80) ノイズ無マイナス映像波BBBに成る装置に成る。

0106

追加書きの2012年12月23日am7時23分書き始め、図15の(85)の高出力CCDセンサーに対して、被写体光は、(88)のマイクロクリスタルレンズに光を、通し(86)のカラーフィルタを、通り(89)のマスクを、介して(90)の新技術軽水素トリチウム電子入りダイオード受光素子に成り、(87)のCCDマス表面に成る形状構造に成る。

0107

図16の(101)のネオンガス入り圧電素子磁石体映像回路チップは、(92) 圧電素子磁石体CCに(94)のネオンガス入り圧電素子磁石体を、入れ(93)の圧電素子磁石体プラス極Zと(95) 圧電素子磁石体マイナス極Yの接合部分の93)の圧電素子磁石体プラス極Zよりに(91) プラス映像波ノイズ入りの回路波Sを、流す事によって、(96)のプラス映像波ノイズを取除いたプラス映像波を、得る事の出来る装置。
そして、(92) 圧電素子磁石体CCに(94)のネオンガス入り圧電素子磁石体を、入れ(98)の圧電素子磁石体マイナスYYと(99)の圧電素子磁石体プラス極ZZ接合部分の93)の圧電素子磁石体プラス極Zよりに(97) マイナス映像波ノイズ回路波Vを、流す事によって、(100)のマイナス映像波ノイズを取除いたマイナス映像波を、得る事の出来る装置。

0108

図17の(102)の高いお金を使わない回路基板配線は、(104)の回路基板溝に対して、(105)のアルミニウム鉛合金回路配線を、敷き次に、(106)の軽水素圧電素子粒子入り電気の通るビニール混合溶液回路配線を、敷いた後に(107)のフロンガス入り固形窒素ビニール軽水素溶液回路配線を、敷き込んだ配線。

0109

図18の(102)の高いお金を使わない回路基板配線は、(104)の回路基板溝に対して、(110)の銅粒子鉛合金回路配線を、敷き次に、(111)の軽水素ガス入り圧電素子磁石体粒子入り電気の通るプラスチック混合溶液回路配線を、敷いた後に(109)のフロンガス入り固形窒素ビニール冷却絶縁体を講じた基板回路板装置

0110

図19の(112)の電気熱発電絶縁体は、(115)の雑草灰と粘土合成灰入り軽量陶器絶縁体の半分に割った絶縁体装置の中に、(116)の軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子内蔵シリコンDDを、入れ(114)の高出力銅筒管電気配線HHHを、取り付け、(120)の発電電気取り込み配線を、取り付け(113)の電気熱を、瞬間吸収して発電出来る(116)の軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子内蔵シリコンDDを、内蔵した(112)の電気熱発電絶縁体に成り、(119)の合わせ陶器カバーを、(118)の液体セメント流れ入れ凝固接着穴に(117)の液体セメント接着を、行なった絶縁体装置。

0111

図20の(121)の高出力変圧器は、(123)の高出力電磁石合わせ板四角形枠装置に、(122)の高出力銅筒管コイル配線JJを、左右二か所に取り付け、(125)の低圧リード線と(124)の高圧側リード線を、取り付けた装置。

0112

図21の(126)の高出力NPN型トランジスタは、(127)の高出力軽水素トリチウム電子入りN型半導体に(131)のエミッタ(E)を、取り付け、反対側のもう一つの(127)の高出力軽水素トリチウム電子入りN型半導体に(129)のコレクタ(C)を、取り付け、二つの(127)の高出力軽水素トリチウム電子入りN型半導体の間に(128)の高出力軽水素トリチウム電子入りP型半導体と(130)のベース(B)を、取り付けた(126)の高出力NPN型トランジスタ装置。

0113

図22の(132)の高出力PNP型トランジスタは、(128)の高出力軽水素トリチウム電子入りP型半導体に(131)のエミッタ(E)を、取り付け、反対側のもう一つの(128)の高出力軽水素トリチウム電子入りP型半導体に(129)のコレクタ(C) を、取り付け二つの(128)の高出力軽水素トリチウム電子入りP型半導体の間に(127)の高出力軽水素トリチウム電子入りN型半導体に(130)のベース(B)を、取り付けた(132)の高出力PNP型トランジスタ装置。

0114

図23の(133)の高出力サイリスタ装置は、(127)の高出力軽水素トリチウム電子入りN型半導体と(128)の高出力軽水素トリチウム電子入りP型半導体を、交互に4層貼り合わせた装置に対して、片側の(127)の高出力軽水素トリチウム電子入りN型半導体に(137)のカソード(K)を、取り付け、片側の(128)の高出力軽水素トリチウム電子入りP型半導体に(138)のアノード(A)を、取り付け4層中の中間の(128)の高出力軽水素トリチウム電子入りP型半導体に(139)のゲート(G)を、取り付けた(133)の高出力サイリスタ装置。

0115

図24の(140)の高出力FETは、中間部分の砂時計瓢箪型の(127)の高出力軽水素トリチウム電子入りN型半導体の上下一か所ずつに(141)のドレインと(142)のソース
を、取り付け、中間部分の砂時計瓢箪型の(127)の高出力軽水素トリチウム電子入りN型半導体の両端の窪んだ部分に(128)の高出力軽水素トリチウム電子入りP型半導体と(139)のゲート(G)を、取り付けた(140)の高出力FET装置に成る。

0116

追加作成日2012年11月03日am7時42分産業上の利用の可能性一番目として、請求項1の、高出力インバータ制御の高出力DCブラシレスレールモーターは、現在の、本田技研の特許権主張の、DCブラシレスインバーターモーターより、更に電気消費を、少なく擦る為に、モーターコイル配線を、銅筒管のレアーアース金属入りの電気の通りの一番良い金属を、使ったレアーアース金属入りの銅筒管コイル撚りも、電気の通りが速い軽水素トリチウム電子入り圧電素子磁石体粒子入りの銅筒管コイル配線の別名の高出力銅筒管コイル配線を、使った高出力圧電素子磁石体の別名の高出力圧電素子電磁石体と軽量の高出力人工合成永久圧電素子磁石体と木材灰入りのビニール絶縁体を、使った略名の高出力レールモーターは、全ての家電電気会社が、家電製品の特許切れに対して、特許庁主張の特許権切れの家電製品は、誰でも作れる事の主張から、日本の各電気会社全てと海外の掃除機メーカーなどが、本田技研に、特許権使用料を、支払契約と支払の上で、DCブラシレスモーターの家電製品の使用積載と販売を、特許権料支払いの上で、現在、韓国のサムスン電子などと、世界の家電販売売り合い合戦を、繰り広げて入る様ですが、最終的には電気消費の少ないモーターが勝つ為、韓国のサムスン電子が、高出力モーターを、高出力モーターの先発明者の墫野和夫より、速い発明で、無ければ例え、本田技研の主張と日本の特許庁の主張する、DCブラシレスモーターより、更に電気消費を、少なくしたモーターの回転体の重量もDCブラシレスモーターより軽い素材に成り、著作権技術介入の、銅筒管コイルにレアーアース金属を、入れたコイルを、使用したとしても、レアーアース金属入りの銅筒管コイル配線より、電気の通りの良くて電気の通りの速い高出力銅筒管コイル配線使用の高出力DCブラシレスインバータ制御レールモーター略名、高出力レールモーターの方が、数段電気消費が少ない為、全世界の、家電製品の販売と販売利益を、全て独占出来る世界特許権に成りえる高出力レールモーターの電気製品全てに、使われるモーターの世界で一番電気消費の少ないモーター説明に成り、世界の国々の、販売権の事の此の事を、特許権切れの先著作権の特許権切れの著作権特許物件の販売権契約の権利を、持ちえた一社と特許契約または、特許権契約が出来て、特許権切れに成る世界で20年間の間、特許権契約を、した会社と全世界で20年間電気消費の少ないモーター技術として、他社の介入を、世界特許権で守られて、特許権の独占販売が成立出来る。
但し、特許権切れの著作権の販売権が、無ければ、異なった不正技術に成らない商品の著作権を、考えなければ、成らないだけで無く、例え、相手の特許権切れでも、著作権つまり、特許著作権の不正競争の不正技術に注意しなければ、特許著作権料金すなわち、特許権切れの著作権料金を、払わされる異に成り、有名なのが、携帯電話のパブレション連絡技術に使用したモーターが、海外技術のバイブレイションモーター技術だった為、テレビでも、外国人の日本派遣が、放映された事実が有り、例え、相手のモーターパブレイション会社の、(株)の半分以上の買い付けが、必要に成り、それを、出来る日本の会社の事実が、原子力売電に日本の国が、過去に、日本の国の年間予算の3年から5年分を、当時に払い、その金と原子力発電技術によって、全世界の原子力売電の世界トップの実力者が、三菱系の発明者に成り、現在の、資本主義日本国の代名詞を、作った人物に成り、こう言う人が、次々と、海外の有名技術会社の株を、買い占めない限り、世界各国の、商品の販売権を、得る事が出来ない。
例えば、日本国内に於いて、商品の部分特許権及び部分実用新案権の、個人取得に中って、企業交渉の特許権料金と実用新案登録権料金は、商品全体価格の、10パーセント未満の、0.6パーセントが、個人に支払って暮れないのが実情に成り、海外の国々までの、特許権料金と実用新案登録権料金は、それに、伴って、日本国で、10億の利益ならば、全世界では、100倍以上の、1000億以上の特許権使用料の契約金に成る。
従って、高出力モーターは、仮に、100種類の商品が有ると、個人の契約金の特許権料金と実用新案登録権料金だけでも10兆円に成り、企業側の利益は、1000兆円を、遥かに超える料金利益に成る為、著作権特許すなわち、特許権切れの著作権の重要さが、ここに有るが、この様に、海外で販売する場合は、日本の特許の優先権
即ち、特許権の優先権より、年月日の発明の事実の証明に成る日本の大学等の、著作権技術等の、年月日の証明の成る特許文書図に相当する説明文書図が、著作権の特許文献の同種類作品に中り、全世界共通の著作権特許文献に成り、日本の場合とかく、大学人以外は、発明が、出来ないと考えられているのが、常識の為か、お金を、出しての特許文書図の特許庁提出以外を、絶対に特許と言わないで、特許技術とも特許庁は言わないそうで、文部科学省では、特許に関する著作権技術に対して、年月日証明の登録はしますが、特許に関する著作権の保護の対象に成らないと言わんばかりだが、テレビマスコミでも、騒がれて入る著作権の説明に成って入る文章の盗作または、盗作による商品の販売は、著作権侵害の差し止め及び、著作権の賠償及び、特許提出及び実用新案登録権に提出及び登録している成らば、ここでは、言えるのが、特許賠償と実用新案登録権賠償が成立する。
確かに、個人の利益の考え方としては、提出主義に成り、日本国内の、特許提出だけならば、日本国内の、賠償に成り、特許庁に、海外の特許提出を、日本国内で、
特許権成立と実用新案登録権が、成立している為、海外の特許提出を、無料にしてほしいと、個人が、特許庁に相談もしくは、特許庁に嘆願書などを、提出して入る
事実ならば海外の、特許提出に見なす事が、成立に近づくのが、海外の先行技術調査に成り、現在は、全て有料性に成っており、海外国での、日本企業と海外企業の、不正技術の盗作販売すなわち、著作権特許の不正競争が、行なわれても、企業株式のテレビ局マスコミと宣伝量利益優先の新聞社ですら、海外発明とされている商品の特許番号説明の特許権番号と審査請求番号の公開を、しないばかりか企業説明が無いとの理由説明に成る。
ここで、本発明の、高出力レールモーターは、日本国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済を、日本の全部の弱者国民一人一人と内庁には、解っていただけたと思えるが、完全に、日本の弱者国民一人一人の財団として、今後、理解の出来る世界特許権切れの使用企業と世界の商品の販売権の二つを、持ちえた企業一社のみ、または、それに同等する新しく作る世界各国の国と契約出来る事実と、世界各国の特許権切れ企業一社と契約の準備が出来る新しく作る日本国営工場の電気会社及び日本の都道府県市町村区営業の工場の電気会社だけしか作れ無いのが事実に成ります。
日本国企業の悪い欠点。
そもそも、家電製品は、特許権に伴って、一社のみが、特許権行使を、行ない多くの利益は、それだけ多くの国益税金に成る商品を、テレビから、全ての家電製品の、コピー商品を、作って利益を、上げる事によって、国税の全体の支払う一つの商品に対する国税税金価値を、下げる事によって、企業の設備投資費と企業の設備準備費と(株)購入費などの、名目によって、国税の収入が、減っていたのも事実で有るが、企業の親戚と遠戚と更に遠戚政治家によって、企業から、回収出来るはずの国税を、減らす事だけの企業法案だけを、長年作り続けて来た為、日本の世界の二番目の経済大国の、日本国としての企業からの国税回収を、怠る事実で有った。
それを、証明するのが、全世界で、有名な日本のバブル時代の数十年間の間、日本企業全社から、現在の税金の数十倍の税収が実際に有って、日本国は、資本主義の企業を、守る国家が、正しかった事実としての、事実の数倍から数十倍の国税利益が有った事実が、バブル時代の数十年に渡って実際に、国税として収められて居た
過去の事実ならば、企業主導の、企業官庁及び都道府県市町村区の企業官庁にしか成らない、退職後の、企業官庁の優先的の会社の入社と(株)取得による優先的発言権等の、行使による事実と、国営で有った大きい黒字の郵便局の民営化と国営で有った大きい黒字のNTTの電話会社の民営化によって、弱者国民の発言に対する、国が所有する国益に対する部分の、弱者国民の配当分を、少なく擦るためとしか、囚われない最低保証金の格下げ、国民年金の格下げ、無料の医療保障廃止及び、
間接税の廃止に伴う消費税による、国民のお金の価値観を、忘れさせる様な商品の知的財産番号の不明記販売及び、商品に、対する商品の代金の材料費等の説明文章及び公開説明書の未添え付け(添え付け無)の事実など、現在は、物余りの、デフレ時代では、商品のむ価値観を、テレビマスコミ及び新聞マスコミでも、最大の注意を、しなければ国税として、支払う企業税金となる国民の、買う商品の、実際の価値観を、証明する知的所有財産番号は、デフレ時代ならば、尚更に、知的所有財産番号の公開義務と特許審査請求番号の企業の不明記ならば、先行技術証明書の企業公開義務がなければ、特許庁自身が、全ての日本で販売されている商品の、特許番号すなわち、特許権番号の公開と特許権番号が無ければ、企業の特許権番号無の、販売理由説明書を、完全に付けなければ、日本国内の商品販売の国の差し止めと、商品に対する税金の重加算税分に中る税金回収が出来る法案の成立が急がれる。
つまり、携帯電話等などは、いつでも、2万5千円から8万円など、有り得ない携帯電話の本体料金に成り、携帯電話の、通話と販売は、既に25年を、過ぎデジタルでも10年以上が過ぎている事実と、携帯電話の、アンテナ設備が、殆ど済んだ事実に伴って、置き電話3分10円は、明くまでも高額な設備費の電話回線を、入れた上での3分10円の通話料金の設備投資費に成り、インターネットが、いくら使っても、3500円位に成り、携帯電話の世界全ての会社が、電話の電気配線と光ケーブル配線を、使って無いのが事実で有り、設備投資費とは、全国の特許権切れのアンテナ等と電波特許権切れの中継送受信装置に成る為、携帯電話とインターネットに掛かる設備投資費が、莫大に安い事で、利益が莫大に上がる為、国営の利益では、弱者国民に、金を捨てているだけに成るかの金持ち言い分によって、NTT電話会社が、国営から民営に成り、そのお金で、携帯電話会社を、作り、海外にまで、事業展開を、行なって、更に、利益増収が、有っても、携帯電話の3分1円時代から、50銭時代もしくは、月の携帯電話の使用最高料金の1000円時代が、既に来ているのは、置き電話を、家族5人それぞれが持ち運べなくても、携帯電話ならば、家族5人持ち運べる事に成り、5000円が、家族5人の置き電話の月額料金に中り、設備投資が安く、携帯電話の中継送受信装置等の、特許権切れ使用商品の値段も安いのも、事実だが、NTTドコモでは、経費としてはいくらでも企業側には、支払う為、商品の不当な値段による契約料金が、国民一人一人の通話料金に乗せられている危険性が大きいのが、未だに高すぎる携帯電話料金に成り、元国営で有ったNTT電話会社の利益金を、使用して作ったNTTドコモの携帯電話会社に成るが、データーのモーター部品一つ高出力レールモーターに成ると電気代が安く済み、携帯電話料金を、下げる事が出来る事が可能に成る。
従って、これを、読む全ての人が、消費者省に、携帯他電話の料金が、高過ぎたり、特許権料金で無い携帯電話ならば、新商品でも、1万円以下に成るのが事実で有り、日本で得た利益を、企業が、海外に持ち出したり、事業失敗の日本の商品の利益金の返金及び事業失敗に伴う重加算税は、無い為、企業の遣りたい放題とテレビ局の宣伝の遣りたい放題と新聞社の宣伝の遣りたい放題の時代が未だ続いて入る事実を、最高裁退職の、民間人に成ると音なしの構えに成る企業保護裁判官しか居なかった為、税金の平等の回収説明の出来る最高裁判管が、現在に至って誰一人も実在して居なかった事実が、最高裁判官に至っても、お金主義しか無かった日本独特の、資源の無い国のお金主義説明が、平等な人権に伴う法律に相応しく無い最高裁判官の現在までの、判断が、国の借金を、増やし続けている事実要因と言える
お金主義から、先発明主義へ、変えて国税の平等な、有り方を、国民一人一人の持ちえる事の出来る資産の公開説明が必要な時代で有る。
従って、一般庶民が、元の通産省及び、現在の総務省及び経済産業省及び、消費者省に、携帯電話の、NTTドコモの販売される携帯電話の、特許権料金と特許権切れの使用料金と商品を、作る側の商品を、作る時に掛かる原料費と原料費を、差し引いた純利益と店で販売する場合の、通常の、五掛け〜三掛けの、店側の利益幅公開と、元国営で有ったNTT電話会社などの、国営だった事業に対して、店側の利益は、商品全体の、五掛け〜三掛けの利益を、無くし都道府県市町村区の市役所及び、老人ホームでも、販売が出来て、商品販売利益を、商品全体価格の、10パーセント以下にする事によって、介護老人ホームの利益が増える事に成り、都道府県市町村区の市役所及び役場で、販売する事が出来て、通話料金の最高額を、インターネット料金より、下げる法案を、決めない限り、元国営で有った会社の、民営化にした理由説明に至って無いだけで無く、介護非の削減及び市町村区の利益収入が、増える為、都道府県市町村税の負担の軽減に成る。
つまり、携帯電話自体を、誰が、販売しても良いはずなのですが、通常の商品と異なる、元国営事業の民営化引き継ぎに成ると、撚り良い民営化に相応しい、販売手段と方法が望ましいと思われるので、これを、読む方は、政治家に聞くのも、一つの元国営で有った商品の国税還元の一つの方法だと言える。
特許権に対しては、特許権料金の明記と領収書の公開等で、脱税防止対策としている。

0117

追加作成日2012年11月03日am11時15分産業上の利用の可能性二番目として、圧電素子4電子磁気分割装置の産業上の利用可能性として、全ての、電気商品の、電気消費を、少なく擦る事が、出来る理由として、通常の熱抵抗電気の含んだ電気は、電気の流れに、超微量なザラ付が有り、圧電素子磁石体に、通常電気を、通す事によって、通常電気の磁気整流化現象によって、電気の流れを、スムーズムに擦る事によって、レアーアース回路配線を、使った回路配線とレアーアースノ使わないアルミニウム鉛合金回路配線でも、電気消費を、少なく出来る装置に成り、超電導配線使用の場合でも、電気抵抗を、撚り少なく出来る圧電素子4電子磁気分割装置に成り、とかく、家電電気商品の回路部分に取り付けると、一般素人では、解らず、プロの回路技術士でも、解り図らい回路部品に成る為、今まで、全世界に、無かった技術に成り、勝手に使用していた事実が、海外に及んだ場合、何度も、特許文章で、不正技術つまり、盗作技術による利益は、利益横領に成る為、日本国内のみならず、海外に渡って、不正な、盗作技術商品の販売利益は、言うまでも無く100億を、超える為、絶対に刑が軽く成らない無期懲役刑しか成らない事は、国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の、知的所有財産権の技術盗作発覚の場合は、テレビ局の宣伝部と新聞社宣伝部の知的所有財産の番号公開の不明記事実による事柄によって、解り得た事実に説明によって、技術盗作利益の共謀罪告訴も、考えなければ成らない事と、日本の国民誰でも、テレビ局宣伝部と新聞社宣伝部の不当な、国税利益の横領の共謀罪で、訴える事の出来る時代を、導く為、努力して行く事によって、弱者国民の税金の負担の軽減を、目的として、著作権公開と特許公開と実用新案権公開は、言擦れも、全てが、日本国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済を、目的とした公開特許文書墫野和夫の道民財産の言い分に成ります。
従って、国の日本国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済を、しない限り、日本国民一人一人の本当の自由が、帰って来ない。
従って、圧電素子4電子磁気夫分割装置は、電気中の熱抵抗電気を、取り除いた回路装置及び電気配線装置及び電気機器配線装置 及び電気家庭分電盤装置の取り付けによって、電気使用量の軽減を、目的とした装置に成る。
例えば、燃料電池及び水発電機及び高出力水発電機などに、積載擦る事によって、より一層の電気消費を、少なく擦る事の出来る装置に成る。

0118

追加作成日2012年11月03日am12時51分産業上の利用の可能性三番目として、超軽量のCD版装置は、現在、DVDとMD装置は、過去のCD装置に成り、一枚当たりの重量が、重い為、家電製品のモーターの電気の電気荷可が、多く掛かる為、モーターの過熱の冷却装置ばかりか、家電製品全体の熱溜まりと、リチウム充電池の熱だまりが、大きく成る現状は、余り良い状態で無い事の理由の一つに於いて、電気製品の劣化が、進む恐れが生じて、家電製品の最低10年以上の修理無製品が、無理に成ると言う事を、招き兼ねない事実に成り、CDの軽量化に取り組む事に成る。
つまり、CDを、半分に割った中身を、取り除いたペーパーCDの刳り貫いた部分に、十字筋網目入りの発砲スチロール超薄パネルを、貼りつけた上で、発砲スチロール内に、窒素ガスを、入れて密封したCDは、軽くて熱に強くした理由に、発砲スチロール使用の為の、低価格の窒素ガス挿入式に成り、CDは、両面に成り、CDの取り付け部分の、円球形部分を、五角形及び六角形及び八角形状に変える理由として、両面CDの読み込み赤外線部分は。片面一か所が、通常に成るが、本発明の場合は、片面8か所両面16か所の赤外線読み込み装置付に成り、一度に16か所の読み込みが、可能に成る為、パソコンでは、一度に16台分のデーターを、認識出来る為、資料を、作るスピードが世界最速スピードに成り、高出力レールモーターの使用によって、電気消費の世界で最も少ないCD読み込み再生録音装置が、誕生する事が出来る
従って、CDの再生録画装置には、圧電素子4電子磁気分割装置付の、CDの録画再生装置の部品が、揃う事に成り、高出力銅筒管電気配線なども。揃う事に成り、新しい電気消費に伴う、充電池交換無の時代の為の、準備も既に行われて下り、今後、熱を、溜めない家電製品の開発に成る。

0119

追加作成日2012年11月03日pm13時26分産業上の利用の可能性四番目として、複数アンテナの家電製品として、一度に同時に9体の別々の家電製品の設定を、行い9体の家電製品例えば、テレビの番組に対して、日本の弱者国民一人一人の高出力テレビ局及び無料の政治活動のテレビ局などの、時間設定によるデーターの送受信のスイッチのオンオブ等の設定及び、二番目として高出力ビデオ録画設定及び、三番目として高出力冷暖房クーラーの温度管理設定及び湯沸し機能付きシステムの温度設定と、四番目として、冷蔵庫のすぐ食べる食材の、高出力冷蔵庫内のカメラ確認及び五番目として高出力全自動洗濯乾燥機衣類と装置裏面汚れ状態のカメラ確認と洗濯乾燥の全自動スイッチボタン設定及び六番目として高出力電子レンジの予備熱の保温機能と食材の設定一定温度管理システム及び、七番目として電気二段湯沸し器は、通常の90度位と40度位の温度の湯を、二種類の異なった貯蓄湯タンクを、持ちえた湯沸かし器に成り、充電不要の自動電池付に成り、八番目として、全自動掃除機の、全自動ドア開閉リモコン機能付きの全自動掃除機のニャンワン全自動掃除機ロボットに成り、新聞等の取り込みも出来る全自動インプット掃除機に成り、高出力LEDライトカメラ積載のジュース運びも出来る掃除機に成り、一部屋一部屋の地図と間取り地図が、有り、掃除した範囲を、画像パネルに公開出来る機能も、持ちえて入る装置に成り、九番目として、床暖房ジュータン及びパネルの全自動温度管理システム及び十番目として、一戸建てホームの全自動カメラによる人の体の体温管理レントゲン管理と各部屋の電気ライトの全自動人及び動物確認のライトのオンオフの全自動管理及び十一番目として、水道及び風呂水出し入れ変えと湯沸しの全自動管理システムと十二番目としてガス管使用による調理の全自動ガス料理の設定に及ぶスイッチのオンオフに成り、一戸建ての免震装置及び地震対策揺れ縮小装置作動状況及び電気毛布の温度の全自動設定及び、十三番目のパソコンのインターネットの情報管理システムと十四番目として、携帯無線装置のデーター管理のスイッチのオンオフ及び、ペットハウスの全自動人型ロボット洗濯掃除のスイッチオンオンオフなどこれら、最低でも。予備アンテナを、含めて十七アンテナから二十アンテナが。必要に成り、四割アンテナを、五本備えたアンテナボックスアダプタまたは、内蔵アンテナによって、一度に異なったそれぞれの家電装置設定作動オンオフを、行なえる装置のアンテナ部分に成り、四割アンテナを、128本備えたのが、本発明のウルトラスーパーコンピューターに成り、送受信数は、一代のウルトラスーパーコンピューターは、一度に512回線の送受信が一度に出来て、データーの送受信処理機能は、世界最大に成り、他社では、使う用途で無い理由の一つとして、計算スピードは、スーパーコンピューターの別機能で、計算する為、この場合、100台で、51200回線分に成り、1000台で、512000回線分に成り、10000台で、5120000回線分に成り、100000台で、51200000回線分に成り、一億人対応の場合、200000台必要に成り、もし、携帯電話の中継装置に使用する場合は、多層式カードの多層ジャックカード装置が、携帯電話のデーター仮保存装置として、使用する事が望ましく成り、電気消費も、更に少なく成る技術説明に成る。

0120

追加作成日2012年11月03日pm14時48分産業上の利用の可能性五番目として、ウルトラスーパーコンピューターの回路チップ装置の、一番古い映像回路装置の色の合わせによる合計五百数十色を、映像ダイオード回路チップ装置と映像発光ダイオード回路チップのそれぞれに軽水素トリチウム電子ガスを入れた映像ダイオード回路チップ装置及び水素ガスを入れた映像ダイオード回路チップ装置及び重水素電子ガスを入れた映像ダイオード回路チップ装置などは、特に軽水素トリチウム電子を、ダイオード映像回路チップ装置に入れると、映像の解析スピードが上がる為、デジタル回路は、色の解析スピードを、上げる為、回路配線の簡単化にする為に
デジタル配線を、選んだ理由に成り、回路配線基板も、少し簡単に出来る事も特徴の一つに成る。
この他、音声回路と映像回路の配線の電気抵抗の代わり取り付ける回路配線電気量発電増幅調整装置などの、高出力発電回路には、水素中の電気抵抗を、取り除いた
軽水素トリチウム電子ガスでなければ、不可能に近い技術に成り、増幅発電量は、軽水素トリチウム電子ガスでなければ、可能に出来ない高出力発電回路装置に成り、
2006年には、軽水素炭素マグネシウムバッテリーと軽水素炭素シリコンソーラーパネル技術に成り、更に太陽光発電装置として、軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体粒子内蔵の、シリコンソーラーパネル技術に至り、水素及び重水素では、これだけの発電量は望めない事に成る世界最新技術に成る。

0121

追加作成日2012年11月07日pm19時13分産業上の利用の可能性六番目として、ネオンガスと充電池素子入りのダイオード映像回路装置は、通常のダイオード回路に、ネオンガスと充電池素子を、内蔵したダイオード映像回路の別種類のダイオード色を、濃く擦る為のネオンガスと充電池素子のダイオードの電気電子瞬間吸収増幅素子の充電池素子の軽水素ガスと液体マグネシウムダイオード映像回路素子に成り、このダイオードに入れる軽水素トリチウム電子と液体マグネシウムとネオンガス合成のダイオードの各種類の赤ダイオード及び黄色ダイオード及び青色ダイオード及び黒色ダイオード及び白色ダイオードに成り、軽水素トリチウム電子と液体マグネシウムとネオンガス合成の赤ダイオード及び、軽水素トリチウム電子と液体マグネシウムとネオンガス合成の黄色ダイオード及び、軽水素トリチウム電子と液体マグネシウムとネオンガス合成の青色ダイオード及び、軽水素トリチウム電子と液体マグネシウムとネオンガス合成の黒色ダイオード及び軽水素トリチウム電子と液体マグネシウムとネオンガス合成の白色ダイオードは、液体マグネシウムとネオンガスと少量の窒素ガスと軽水素トリチウム電子を、混合合成ガス入りのダイオードは、液体マグネシウムに入れられた軽水素ガスの効果によって、電気瞬間吸収率を、上がる為、窒素ガスによって燃焼防止を、計る事によって、ダイオード内の電気貯蓄率を、上げる為、ニッケル超微粒子を、更に入れる事によって、充電池機能を、持ったダイオード映像回路によって超微量の電気を、映像回路に流す事によって、映像を、映す事の出来る更に、進化した映像回路のダイオード映像回路システムに成る。
液体マグネシウム軽水素トリチウム電子ガスニッケル充電池の応用技術にネオンガスと冷却ガスの窒素ガスの6種類の合成冷却充電池映像物質素子を、入れたダイオードに成り、問題は、ダイオート色を、ネオンガスで色濃くした合成ダイオード回路素子に瞬間に電気を貯蓄出来る冷却ガスの窒素ガス入りの、液体マグネシウムニッケル超微粒子入りの軽水素充電池物質に成り、ダイオートの電子増幅物質の改良タイプに成る。
この他、有機EL映像パネルの充電池物質として、固形窒素と再生ガラスの超微粒子材と液体マグネシウムと軽水素トリチウム電子とアルゴンガスの混合合成の液体マグネシウムを、0,01ミリメートルの厚さで、アルミニウムパネル及びグラスファイバーパネルに、シートを、貼り付ける技術に成り、この他圧電素子磁石体粒子入りの他、圧電素子磁石体粒子入りのグラスファイバーパネルに超マイクロ合成画像ガス内蔵シートを、貼り付ける事によって、有機ELパネルより、電気消費を、少なくさせた、アルゴンガスの映像映写ガス素材に、貯蓄充電池素材効果によって、アルゴンガスを、固形物資に変える事によって、映像の歪みを、無くすだけで、無く、充電池素子は、充電池素子の種類によって、熱放出量が多い為、有機EL素材としては、瞬間充電池素材は、軽水素トリチウム電子ニッケルマグネシウムの冷却固形窒素入りの充電池しか、世界最速の充電池素材が、無く、水素ニッケル充電池でも、20分から30分の充電時間を、要する事に成りリチウム充電池は、更に、充電時間が、必要に成る為、放熱時間が多く成る為、有機EL画像パネルの物質選択と物質探しでは、全世界の電気メーカーの技術粉脱戦競争劇は、テレビ報道でも、有名だが、結局、アルゴンガスを、固形にした以上の電気の流れパネルを、探すと、発光LEDライト玉を、映像パネル台の大きさにする技術以外無く、超大型発光LEDライト玉の、LEDライト玉のダイオードに、アルゴンガスと軽水素ガスと窒素ガスを、入れた映像パネル技術に成るが、発光LEDライト玉の構造を、そのままに使う場合は、LEDライト玉の、特許権切れの著作権介入度によって、特許権切れの著作権料金の設定料金に反映する為、注意しなければ成らない事実説明に成る。
従って、全ての映像回路製品に応用出来る。

0122

追加作成日2012年12月16日pm16時15分産業上の利用の可能性七番目として、図8の合成液晶は、液晶パネルの液晶部分に、軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れる事によって、今までの液晶パネルの画像の鮮明度を、更に美しくくっきり見せる為の技術に成り、ダイオードに軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れた画像パネルも液晶と同じだけの映像を、楽しむ事が出来るが、映像回線を、縦と横の十字に回線数を、多くした方が綺麗に映るテレビ画像に成る。
この他、ビニールパネルに、軽水素トリチウム電子ガスアルゴンガスを、入れた技術に画像十字配線を、数百から数千の画像パネル配線によって、現在の、液晶画像より、美しく映し出す事が可能に成る。
この他、軽水素トリチウム電子ガスとネオンガスを、液晶パネル及びダイオードパネル及びビニールパネル及びプラスチックパネル等の、画像パネル複数配線を、使用内蔵した画像パネル及び画像回路チップに利用可能な軽水素トリチウム電子ガス及び合成液晶の合成物質の応用技術。

0123

追加作成日2012年12月16日pm18時00分産業上の利用の可能性八番目として、図9の高出力超LSIの軽水素トリチウム電子ガス入りのN型シリコンと軽水素トリチウム電子ガス入りのインジウム装置の軽水素トリチウム電子ガスは、ガス全体が、トリチウム電子ガス100パーセントに成り、水素ガスは、プルトニウムガスと軽水素トリチウム電子の合成ガスに成り、プルトニウムガスが、プラス258度を、超えない限りプルトニウムガス反応が無い為、電気反応では、絶縁体ガスの分野として、扱う事に成り、重水素は、あくまでもプルトニウムを、使用する場合のみ活躍出来る水素ガスに成り、水素ガス自体は、軽水素トリチウム電子ガスの代用品ガスにしかならないのも、現在の状況説明に成る。

0124

追加作成日2012年12月16日pm18時08分産業上の利用の可能性九番目として、図10の高出力PN接合ダイオードは、プラスダイオードマイナスダイオード接合ダイオードに成る為、ダイオードに圧電素子磁石体粒子と軽水素トリチウム電子ガスを、N型ダイオードとP型ダイオードの接合ダイオードの電子移動を、更に早く擦る為の、圧電素子磁気枠ラインを、N型ダイオードとP型ダイオードの中に軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体の縦棒等の、磁気変換圧電素子磁石体棒及び砂時計型の軽水素トリチウム電子ガス入りの圧電素子磁石体を、入れる事によって、ダイオードの電子移動スピードを、世界最速に出来る軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体粒子物質の応用技術説明に成る。

0125

追加作成日2012年12月16日pm18時52分産業上の利用の可能性十番目として、図11の高出力軽水素アルゴン圧電素子粒子入り映像回路チップ技術の応用説明は、昼間は、ソーラーパネル夜は、ソーラーパネル表面に透明のダイオードに軽水素トリチウム電子ガスとアルゴンガスを、入れたダイオードに、映像回路配線を、取り付けた超薄パネルを、ソーラーパネルに貼って、夜の宣伝パネル兼用のソーラーパネル技術説明に成り、簡易パネルとして、窓枠に取り付けたり出来るテレビ窓枠パネル技術応用に成る。

0126

追加作成日2012年12月16日pm20時34分産業上の利用の可能性十一番目として、図12の高出力発電回路型映像ノイズ取り除き回路チップの発電回路は、家庭電気及びバッテリー電気及び充電池電気及びソーラーパネル電気及び豆電池電気装置それぞれに取り付けた発電回路に、電気を通すだけで増幅発電出来る為、世界の全ての電気装置に高出力発電回路を内蔵した世界全ての製品に積載内蔵擦る事よって、世界トップの電気会社もで無い。

0127

追加作成日2012年12月16日pm19時42分産業上の利用の可能性十二番目として、図13の高出力音声回路ノイズ取り除き圧電素子磁石体チップは、圧電素子磁石体に、軽水素トリチウム電子ガスのチタン酸バリウムに入れる形状を、多層式形状及び砂時計型形状の圧電素子磁石体及び圧電素子磁石体に軽水素トリチウム電子ガスを、通常通り軽水素トリチウム電子を、混合撹拌して入れる軽水素トリチウム電子ガスを、入れる手段に成り、多くの圧電素子磁石体と圧電素子磁石体リ粒子を入れるシリコン技術及びダイオード技術及びビニール技術及びプラスチック技術及びグラスファイバー技術は、軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体の混合パネル技術は、パネルの電子移動と熱吸収パネル及びテレビパネルの基礎に成る本発明者の技術一色に成る。

0128

追加作成日2012年12月16日pm21時13分産業上の利用の可能性十三番目として、図14の冷却ガス入り電気抵抗取り除き装置は、電気中の熱抵抗電気のみを、取り除く装置に成る為。世界中の電気製品に取り付け可能に成る為、高出力発電回路と二つの世界規模の世界最先端を、使った電気製品の世界トップの会社が出来る為、中国電気製品及び韓国電気製品と日本電気製品を、抜いた世界トップの電気製品会社に成る。

0129

追加作成日2012年12月19日pm18時28分産業上の利用の可能性十四番目として、図15の高出力CCDセンサーは、通常CCDのダイオードCCDパネルの光り認識スピードを、世界最速スピード技術にした、世界に例の無い、CCDダイオードに、軽水素トリチウム電子ガスを、入れる技術に成り軽水素トリチウム電子ガス入りダイオードは、通常のCCDダイオードパネルの光り認識スピードが、軽水素トリチウム電子ガス入りの方が、ダイオード電子量が、増える為、光り反応電子量が多いダイオードの方が色認識スピードが速く成る。
従って、人工衛星カメラCCDパネル使用などが可能に成る。

0130

追加作成日2012年12月19日pm18時58分産業上の利用の可能性十五番目として、図16のダイオードネオン圧電素子映像回路チップは、ダイオード映像回路の色彩色に関して、発光赤ダイオード及び発光黄色ダイオード及び発光青色ダイオード及び白色ダイオード及び黒色ダイオードそれぞれに、ネオンガスを、入れる事によって、ダイオード色を、濃く擦る働きに成り、圧電素子磁石体に映像波を、通す事によって、余分な電気抵抗の乱れを、整流波状態に出来る映像波のノイズ取り除き装置に成り、利用手段として、クリスマスツリー発光ダイオードライトのダイオードにネオンガスを、入れると発光ダイオード色が、濃く成る効果が有り、通常電気使用を、弱冠色が、濃く成る分消費電気を、下げてもライトの玉の色が、濃く見えると言える。
この場合、軽水素トリチウム電子ガスを、発光ダイオードのダイオードに軽水素トリチウム電子ガスを、入れると電気消費を、可なり少なく出来る世界初の技術に成り、誰も真似の出来ない世界最新技術に成る。
この技術は、CTスキャン色付け技術の映像回路に使用及び赤外線カメラの色付け技術及び熱センサーカメラの色付け技術及びレントゲンセンサーカメラーの色付け技術に使用可能な世界最新技術に成る。

0131

追加作成日2012年12月19日pm19時28分産業上の利用の可能性十六番目として、図17の高い金を、使わない回路基板配線は、高価なレアーアース金属を、一切使用しない軽水素トリチウム電子ガスと超軽量圧電素子磁石体粒子を、使用したレアーアースより電気の通り易い物質を、使った回路配線基板装置説明に成る。
この場合、現在、携帯電話に使用されているレアーアースを、新技術の軽水素トリチウム電子入りの圧電素子磁石体粒子を、回路溝に沿って流し込んだ回路配線技術に成る。
追加作成日2012年12月20日am06時15分レアーアースは、高価の為、複数台の大型スーパーウルトラスーパーコンピューターの回路にレアーアースを、使った場合、レアーアース金額分だけ高価に成る為、レアーアース以上の電気の流れが良い軽水素トリチウム電子ガスと超軽量圧電素子磁石体粒子回路配線を、使うのが良い選択に成り、テレビの回路に使用積載する事によって大型テレビ等のレアーアース使用を、取りやめる事が出来て、家電製品全体にレアーアース以上の電気の流れが良い軽水素トリチウム電子ガスと超軽量圧電素子磁石体粒子回路配線を、使用出来るのが良い。
従って、全ての家電製品及び回路配線に使用出来る技術。

0132

追加作成日2012年12月22日am7時20分産業上の利用の可能性十七番目として、図18の高いお金を使わない回路基板配線の冷却物質のフロンガス入り固形窒素ビニール冷却絶縁体シートは、回路全体を、熱上昇の為の対策の冷却装置に成り、フロンガス禁止の場合は、固形窒素のみの使用に成る。
更に、回路配線は、軽水素トリチウム電子ガス入り圧電素子磁石体粒子入り電気の通るプラスチック溶液の混合撹拌合成の回路配線に成り、レアーアースより、遥かに電気の通りが良い回路配線に成り、従って回路基板の溝の底に敷く回路配線は、銅粒子入り鉛合金の回路配線など、予備回路配線の一番安い回路配線を、使用する事に成る為、回路配線費用は、世界で一番安い回路配線の電気の通りが一番早い回路基板配線に成る。
従って、全ての家電製品の回路基板使用及び全ての回路基板配線に使用予定に成る。

0133

追加作成日2012年12月22日am7時39分産業上の利用の可能性十八番目として、図19の電気熱発電絶縁体は、回路基板に内蔵される回路基板の電気絶縁体装置の使用による発電装置に成り、軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体粒子とシリコンを、混合合成したシリコン熱瞬間吸収発電体に二本の電気回収配線を、取り付けた装置に、木材灰とガラスの混合絶縁体の半分に割った絶縁体装置物質を、熱瞬間吸収発電体に被せてガラス溶着した電気熱発電絶縁体に成り、家電製品の回路絶縁体に使用し、全ての電気回路の電気絶縁体に使用可能な電気熱瞬間吸収発電絶縁体装置に成る。

0134

追加作成日2012年12月22日am7時52分産業上の利用の可能性十九番目として、図20の高出力変圧器は、家電製品の電気増幅装置に成り、特に電子レンジ及び電気ストーブ及びテレビなどに、使用される装置に成り、高出力変圧器の特徴は、高出力銅筒管コイル配線を、使用している為、余分な電気放熱の電気消費を、抑える構造に成っている装置に成り、軽水素トリチウム電子ガス入り圧電素子磁石体粒子入りシリコン熱瞬間吸収発電シートを、被せた高出力変圧器は、電気の変圧時に発生する熱を、瞬間吸収して、発電擦る装置に成り、特に、家電製品に向いている技術に成り、電柱などの大型トランスでは、木材灰入り陶器セラミックの超軽量セラミックと固形窒素と軽水素トリチウム電子ガスと圧電素子磁石体粒子とシリコンの混合合成熱瞬間吸収発電シートなどを、使用したトランス技術に成り、高出力発電回路と高出力変圧器を、使った家庭向きの発電変圧器などの技術も、世界最新技術に成り、原子力発電の撤退時代に向けた世界最新技術に成る。

0135

追加作成日2012年12月22日am8時10分産業上の利用の可能性二十番目として、図21の高出力NPN型トランジスタは、N型シリコンとP型シリコンに複数針穴形状の軽水素トリチウム電子ガス入りのシリコンシートが、通常シリコンシートと多層式に重なったN型シリコンとP型シリコン内の電子量を、増幅したN型シリコンとP型シリコンに成る為、電子移動スピードが、世界で一番早く成り、高出力NPN型トランジスタは、世界最速のトランジスタ回路に成り、パソコン及びテレビ及び無線機及びラジオ及びゲーム機及びビデオ装置及び映写機及び携帯電話及び家電製品のリモコン装置及び複数情報装置家電及び医療器械及び衛星管理システム及び道路管理システム及びビル電気設備管理システム及び一般家庭電気管理システム及びソーラーパネル発電管理システム及び原子力発電管理システム及び原子力廃棄物管理システム及び再生プラスチック地下貯蓄管理システム及び地下水貯蓄管理システム及び地下ビル電気管理システム及びリニアーモーターカー管理システムなど、世界中の電気管理システムのトランジスタ回路に使用出来る為、電気処理スピードが、今まで以上早く成る高出力NPN型トランジスタ装置に成る。

0136

追加作成日2012年12月22日am8時46分産業上の利用の可能性二十一番目として、図22の高出力PNP型トランジスタは、世界最速のトランジスタ回路に成り、パソコン及びテレビ及び無線機及びラジオ及びゲーム機及びビデオ装置及び映写機及び携帯電話及び家電製品のリモコン装置及び複数情報装置家電及び医療器械及び衛星管理システム及び道路管理システム及びビル電気設備管理システム及び一般家庭電気管理システム及びソーラーパネル発電管理システム及び原子力発電管理システム及び原子力廃棄物管理システム及び再生プラスチック地下貯蓄管理システム及び地下水貯蓄管理システム及び地下ビル電気管理システム及びリニアーモーターカー管理システムなど、世界中の電気管理システムのトランジスタ回路に使用出来る為、電気処理スピードが、今まで以上早く成る高出力PNP型トランジスタ装置に成る

0137

追加作成日2012年12月22日am8時52分産業上の利用の可能性二十二番目として、図23の高出力サイリスタは、世界最速のサイリスタ回路に成り、トランジスタ同様に、パソコン及びテレビ及び無線機及びラジオ及びゲーム機及びビデオ装置及び映写機及び携帯電話及び家電製品のリモコン装置及び複数情報装置家電及び医療器械及び衛星管理システム及び道路管理システム及びビル電気設備管理システム及び一般家庭電気管理システム及びソーラーパネル発電管理システム及び原子力発電管理システム及び原子力廃棄物管理システム及び再生プラスチック地下貯蓄管理システム及び地下水貯蓄管理システム及び地下ビル電気管理システム及びリニアーモーターカー管理システムなど、世界中の電気管理システムのサイリスタ回路に使用出来る為、電気処理スピードが、今まで以上早く成る高出力サイリスタ装置に成る

0138

追加作成日2012年12月22日am8時56分産業上の利用の可能性二十三番目として、図24の高出力FETは、世界最速のFET回路に成り、トランジスタ及びサイリスタ同様に、パソコン及びテレビ及び無線機及びラジオ及びゲーム機及びビデオ装置及び映写機及び携帯電話及び家電製品のリモコン装置及び複数情報装置家電及び医療器械及び衛星管理システム及び道路管理システム及びビル電気設備管理システム及び一般家庭電気管理システム及びソーラーパネル発電管理システム及び原子力発電管理システム及び原子力廃棄物管理システム及び再生プラスチック地下貯蓄管理システム及び地下水貯蓄管理システム及び地下ビル電気管理システム及びリニアーモーターカー管理システムなど、世界中の電気管理システムの回路のFET回路に使用出来る為、電気処理スピードが、今まで以上早く成る高出力FET装置に成る

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 国立大学法人京都工芸繊維大学の「 振動発電装置」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題・解決手段】負性インピーダンス変換回路(26)は、非線形振動子(50)に振動を与える。スイッチ切替部(24)は、非線形振動子(50)の振動の振幅が予め設定された閾値以上の場合、負性インピーダンス... 詳細

  • 株式会社デンソーの「 熱電変換モジュール」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】酸素雰囲気に曝されることによる熱電変換素子等の酸化を防止しながらも、応力による破損が生じることの無い熱電変換モジュールを提供する。【解決手段】熱電変換モジュール10は、複数設けられた熱電変換素... 詳細

  • 高橋英一の「 サイクル発電充電装置(Eリング)」が 公開されました。( 2019/05/09)

    【課題】公害問題、化石燃料枯渇、の心配の無い自給自足のクリーンな動力を得る。【解決手段】蓄電池の電力で原動モーターを回転させ連動する弾み車付き発電機(発電機にはずみ車を組合せ回転の安定化と原動モーター... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ