図面 (/)

技術 扁平型ブラシ付コアレスモータ

出願人 パナソニックIPマネジメント株式会社
発明者 澤村篤遠矢和雄松本圭吾
出願日 2011年9月22日 (8年6ヶ月経過) 出願番号 2011-206913
公開日 2013年4月18日 (6年11ヶ月経過) 公開番号 2013-070501
状態 特許登録済
技術分野 電動機、発電機の外枠
主要キーワード 止めワッシャー ブラケット形状 ボールベア 止めワッシャ フラットモータ 自動車用ファン ラジエータ冷却ファン 固定用ねじ
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年4月18日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

電装用途に使用されるブラシ付モータにおいて、薄型化、軽量化、低コスト成立出来るフラットモータを目的とする。

解決手段

ブラシ付モータの部品においてブラシホルダー8に複数のブラシ収容部を配設し、前記ブラシホルダーの中心部に軸受機構を配設し、軸受機構に反出力側含油軸受4aを圧入する事でロータからのスラスト荷重を無くし、位置決め突起部8aを配設する事で固定用ねじ12を削減することが可能となり、反出力側ブラケット7をドーナツ状の簡素化、かつ締結用のバーリングを不要とする事で、軽量化、低コスト化を得られるものである。

概要

背景

近年、自動車用ファンモータは低燃費を実現する為の軽量化、限られたスペースの中での薄型化、最後に低コスト化が要求されている。従来、ファンモータブラシ付モータが使用され、軽量、低コスト化のためにブラシホルダー樹脂成型品が知られている。なお、従来のコアレスモータにおいては図2のように反出力側ブラケット7に軸受機構を設ける構造が知られている(例えば、特許文献1参照)。また、シリンダータイプのモータにおいては軽量化、防水性を向上させるため、ねじを不要とし、ブラシホルダーユニットベース新規部品具備した構造が知られている(例えば、特許文献2参照)。

概要

電装用途に使用されるブラシ付モータにおいて、薄型化、軽量化、低コスト成立出来るフラットモータを目的とする。ブラシ付モータの部品においてブラシホルダー8に複数のブラシ収容部を配設し、前記ブラシホルダーの中心部に軸受機構を配設し、軸受機構に反出力側含油軸受4aを圧入する事でロータからのスラスト荷重を無くし、位置決め突起部8aを配設する事で固定用ねじ12を削減することが可能となり、反出力側ブラケット7をドーナツ状の簡素化、かつ締結用のバーリングを不要とする事で、軽量化、低コスト化を得られるものである。

目的

本発明は上記問題点の工数、新規部品を解決するものであり、ブラシホルダーに軸受機構を構成し、ブラケットとの接続機構を備え、前記ブラシホルダーの固定用ねじを不要とし、ブラケット形状を簡素化して、軽量化、低コスト化を目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ブラシホルダーに複数のブラシ収容部を配設し、前記ブラシホルダーの中心部に軸受機構を配設し、前記ブラシホルダーは反出力側ブラケットに固定される扁平型ブラシ付コアレスモータにおいて、前記ブラシホルダーの軸受機構に含油軸受圧入する事で軸からのスラスト荷重を無くし、前記反出力側ブラケットと前記ブラシホルダーの固定用ねじを不要としたことを特徴とする扁平型ブラシ付コアレスモータ。

請求項2

前記ブラシホルダーに前記反出力側ブラケットとの位置決め用となる突起部を複数配設し、前記反出力側ブラケットに嵌合することで固定されていることを特徴とする請求項1に記載の扁平型ブラシ付コアレスモータ。

技術分野

0001

本発明は、自動車等のラジエータ冷却ファンカーエアコンコンデンサ冷却ファン等の電装分野に使用されるモータに関する。

背景技術

0002

近年、自動車用ファンモータは低燃費を実現する為の軽量化、限られたスペースの中での薄型化、最後に低コスト化が要求されている。従来、ファンモータブラシ付モータが使用され、軽量、低コスト化のためにブラシホルダー樹脂成型品が知られている。なお、従来のコアレスモータにおいては図2のように反出力側ブラケット7に軸受機構を設ける構造が知られている(例えば、特許文献1参照)。また、シリンダータイプのモータにおいては軽量化、防水性を向上させるため、ねじを不要とし、ブラシホルダーユニットベース新規部品具備した構造が知られている(例えば、特許文献2参照)。

先行技術

0003

特開2006−149019号公報
実公昭58−40764号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献2の構成では、ねじを不要とするが、ヨークとのかしめを必要とし、さらに新規部品を必要とするため、軽量化、低コスト化は困難という課題を有していた。

0005

本発明は上記問題点の工数、新規部品を解決するものであり、ブラシホルダーに軸受機構を構成し、ブラケットとの接続機構を備え、前記ブラシホルダーの固定用ねじを不要とし、ブラケット形状を簡素化して、軽量化、低コスト化を目的とする。

課題を解決するための手段

0006

前記従来の課題を解決するために、本発明はブラシホルダーの中心部に軸受機構を配設し、軸受ボールベアリグから含油軸受に変更して低コスト化を図るとともに前記ブラシホルダーに含油軸受を圧入する事でブラシホルダーにロータからのスラスト荷重が無くなるため、反出力側ブラケットとの固定用ねじが削減でき、軽量化、低コスト化の構造とした。

0007

第2の発明は、第1の発明において、ブラシホルダーに突起部が配設されている事を特徴とし、ブラケット形状のバーリング部分を削減し、低コスト化に有効である。突起部で位置決めする事によってブラシホルダーと反出力側ブラケットを締結する事でロータの芯出しを不要とした。

発明の効果

0008

本発明によれば、ブラシホルダーに軸受保持機構、ブラケットへの固定用位置決め突起部を配設し、ブラケット形状を簡素化する事により、モータの薄型、軽量化、低コスト化という効果が得られる。

図面の簡単な説明

0009

本発明の実施の形態1におけるフラットモータの断面図
従来例を示すフラットモータの構造断面図
本発明の実施の形態1における出力軸側から見たブラシホルダーの正面図

実施例

0010

第1の発明はブラシホルダーに含油軸受を圧入することにより、前記ブラシホルダーへのスラスト荷重を無くす事で固定用ねじの削減が可能となり、ブラケット形状の軸受機構を廃止する事でブラケット形状を簡素化して、軽量化、低コスト化にすることができる。

0011

第2の発明は、第1の発明にブラシホルダーに突起部を3個以上配設し、回転方向での位置決めと空回転の防止、ロータの芯出しおよび誤組立防止の役割を果たす事が出来る。以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。

0012

(実施の形態1)
図1は、本発明の実施の形態1におけるフラットモータの断面図を示すものである。図3は出力軸側から見たブラシホルダーの正面図である。図1において、ブラシホルダー8は軸受機構を具備したものであり、反出力側含油軸受4aをブラシホルダー8に圧入し、前記の反出力側含油軸受4aに軸2を挿入してロータ1を構成している。

0013

以上のように構成された扁平型ブラシ付コアレスモータについて、以下その動作、作用を説明する。

0014

まず、ブラシホルダー8に反出力側含油軸受4aを圧入し、軸2を挿入する。

0015

軸2のスラスト方向の抜け止めとしては、出力側方向にはロータ1の軸付根部の突起部が出力側含油軸受3aにぶつかることで抜け止めとなる。また、反出力方向には、ロータ抜け止めワッシャ−や歯車ボス部(図示せず)を軸2に取り付け固定することで出力側含油軸受3aにロータ抜け止めワッシャーなどがぶつかり、ブラシホルダー8側への抜け止めとなるようにする。

0016

このようにし、ブラシホルダー8の反出力方向への荷重が反出力側含油軸受4aにかからず、ブラシホルダー8側へ軸2がぶつからないようにする。

0017

以上のような構成により、ブラシホルダー8にロータ1からのスラスト荷重が無くなるため、固定用ねじ12を不要とする事が可能となる。ちなみに軸受を反出力側ボールベアリング4b、出力側ボールベアリング3bから、それぞれ反出力側含油軸受4a、出力側含油軸受3aに変更して低コスト化を図るとともにサイズを限定しない。

0018

また、ブラシホルダー8に反出力側ブラケット7との固定用となる位置決め突起部8aを配設する事で位置決め、誤組立防止にもなり組立が容易となる。位置決め突起部8aはモータ外周に近く3箇所以上が望ましい。

0019

本発明は自動車等のラジエータ冷却ファンやカーエアコン用コンデンサ冷却ファン等の電装分野に使用される薄型化、軽量化、低コスト化を目的として有用である。

0020

1ロータ
2 軸
3a出力側含油軸受
3b 出力側ボールベアリング
4a 反出力側含油軸受
4b 反出力側ボールベアリング
5ブラケット
磁石
7 反出力側ブラケット
8ブラシホルダー
8a位置決め突起部
9ブラシ
10ブラシバネ
11整流子
12 ねじ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三菱電機株式会社の「 燃料供給装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】工程の増加を伴わずに、燃料漏れの抑制と安定した吐出性能を両立させる燃料供給装置を得ることを目的とする。【解決手段】金属ハウジング7と、金属ハウジング7の一端側の内周面7siに対し、全周にわたっ... 詳細

  • 日立オートモティブシステムズ株式会社の「 電動駆動装置、及び操舵装置」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】電動駆動装置をラックハウジングの道路面側に固定した場合において、金属カバーの破損を避け金属カバーの内部に水等が浸入するのを抑制することができる新規な電動駆動装置、及びこれを用いた操舵装置を提供... 詳細

  • 株式会社荏原製作所の「 水中モータポンプ」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】電装品を必要としない水中モータポンプのモータとそれを必要とする水中モータポンプのモータとを共通化できるようにするとともに、地上までの信号線を必要としない水中モータポンプを提供する。【解決手段】... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ