図面 (/)

技術 車載用補助アンテナユニット

出願人 株式会社ビートソニック
発明者 戸谷勉笹島宗昭
出願日 2011年9月13日 (9年3ヶ月経過) 出願番号 2011-198990
公開日 2013年4月4日 (7年8ヶ月経過) 公開番号 2013-062638
状態 特許登録済
技術分野 車両外部の荷台、物品保持装置 アンテナの細部 アンテナの支持
主要キーワード 導電性コイルバネ 金属管製 導電ケーブル 導電性クリップ ワニ口クリップ バネクリップ 洗車ブラシ キャンプ場
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年4月4日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

純正ロッドアンテナが長く引き伸ばされているか否かに運転者が常々注意を払わなければならないという煩わしさをなくすことのできる車載用補助アンテナユニットを提供すること及び車載用純正アンテナ受信感度を高めることのできる車載用補助アンテナユニットを提供すること。

解決手段

純正ロッドアンテナ104よりも短く、曲がり難く、折れ難い補助ロッドアンテナ12を補助アンテナカバー11に取り付け、該補助アンテナカバーは、純正アンテナカバー103に収納した純正車載用アンテナ110を純正アンテナカバー103ごと覆うようにした。これにより運転者は純正ロッドアンテナが長く引き伸ばされているか否かに注意を払う煩わしさから開放される。また、純正ロッドアンテナより長くて受信感度の高い補助ロッドアンテナを補助アンテナカバー11に取り付けることにより、電波状況の悪い場所でも良好に電波を受信することができる。

概要

背景

車載用純正アンテナの一形式として、図8及び図9に示すように、車体100のフロントピラー101に純正アンテナカバー103を固定し、純正アンテナカバー103に一本の細長金属管製純正ロッドアンテナ104を出し入れ自在に取り付けた車載用純正アンテナ110が広く市場に供されている。

概要

純正ロッドアンテナが長く引き伸ばされているか否かに運転者が常々注意を払わなければならないという煩わしさをなくすことのできる車載用補助アンテナユニットを提供すること及び車載用純正アンテナの受信感度を高めることのできる車載用補助アンテナユニットを提供すること。純正ロッドアンテナ104よりも短く、曲がり難く、折れ難い補助ロッドアンテナ12を補助アンテナカバー11に取り付け、該補助アンテナカバーは、純正アンテナカバー103に収納した純正車載用アンテナ110を純正アンテナカバー103ごと覆うようにした。これにより運転者は純正ロッドアンテナが長く引き伸ばされているか否かに注意を払う煩わしさから開放される。また、純正ロッドアンテナより長くて受信感度の高い補助ロッドアンテナを補助アンテナカバー11に取り付けることにより、電波状況の悪い場所でも良好に電波を受信することができる。

目的

本発明は上記問題点に鑑み、純正ロッドアンテナが長く引き伸ばされているか否かに運転者が常々注意を払わなければならないという煩わしさをなくすことのできる車載用補助アンテナユニットを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車体の外面に固定した純正アンテナカバーと、純正アンテナカバーに出し入れ自在に取り付けた純正ロッドアンテナを備えた車載用純正アンテナに装着する車載用補助アンテナユニットであって、前記純正ロッドアンテナを前記純正アンテナカバー内に略収納した状態の前記車載用純正アンテナを被覆可能で、かつ車体外面に固定可能な補助アンテナカバーと、補助アンテナカバーに取り付けた補助ロッドアンテナと、前記補助アンテナカバーに内蔵され、前記純正アンテナカバーから露出する純正ロッドアンテナの先端部と前記補助ロッドアンテナを電気的に接続する接続手段とを備えたことを特徴とする車載用補助アンテナユニット。

請求項2

前記補助ロッドアンテナがコイルアンテナ線樹脂で棒状に被覆した構成を備えていることを特徴とする請求項1に記載の車載用補助アンテナユニット。

請求項3

前記補助ロッドアンテナを伸縮可能に構成したことを特徴とする請求項1に記載の車載用補助アンテナユニット。

請求項4

前記補助アンテナカバーにブースタを内蔵したことを特徴とする請求項1に記載の車載用補助アンテナユニット。

請求項5

前記接続手段を、一端が前記補助ロッドアンテナに接続され、他端に前記純正ロッドアンテナの先端部に絡み着けることができる導電性コイルバネを取り付けた導電ケーブルで構成したことを特徴とする請求項1に記載の車載用補助アンテナユニット。

請求項6

前記接続手段を、一端が前記補助ロッドアンテナに接続され、他端に前記純正ロッドアンテナの先端部を挟持可能な導電性クリップを取り付けた導電ケーブルで構成したことを特徴とする請求項1に記載の車載用補助アンテナユニット。

技術分野

0001

本発明は、車体に予め装備されている純正車載用アンテナに装着して使用する車載用補助アンテナユニットに関する。

背景技術

0002

車載用純正アンテナの一形式として、図8及び図9に示すように、車体100のフロントピラー101に純正アンテナカバー103を固定し、純正アンテナカバー103に一本の細長金属管製純正ロッドアンテナ104を出し入れ自在に取り付けた車載用純正アンテナ110が広く市場に供されている。

先行技術

0003

特開2002−252512号公報

発明が解決しようとする課題

0004

この種の車載用純正アンテナ110では、感度を高めるため長尺の純正ロッドアンテナ104を用いているので、純正アンテナカバー103から最も長く引き伸ばすと、車体100のルーフ105から上方へ長く突出する。
運転者は往々にして純正ロッドアンテナ104が長く引き伸されていることを忘れ易い。純正ロッドアンテナ104を長く引き伸ばしたままで、天井の低い駐車場駐車したり、コイン洗車機に車を入れると、金属管製の純正ロッドアンテナ104が低い天井に当たって曲がったり、洗車ブラシで折り曲げられてしまう。
こういった事態を回避するために、運転者は常々純正ロッドアンテナ104が長く引き伸ばされているか否かに注意を払い、駐車時や洗車時に純正ロッドアンテナを純正アンテナカバーに収納しなければならず、甚だ煩わしい。
また、純正アンテナ110は、純正ロッドアンテナ104が長尺であっても、キャンプ場渓流つり場のように人里離れて電波状況が悪い場所では、受信感度が不十分で、ラジオ音声が聞き取り難いことがある。

0005

本発明は上記問題点に鑑み、純正ロッドアンテナが長く引き伸ばされているか否かに運転者が常々注意を払わなければならないという煩わしさをなくすことのできる車載用補助アンテナユニットを提供することを目的とする。
また、車載用純正アンテナの受信感度を高めることのできる車載用補助アンテナユニットを提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

請求項1に記載の発明は、車体の外面に固定した純正アンテナカバーと、純正アンテナカバーに出し入れ自在に取り付けた純正ロッドアンテナを備えた車載用純正アンテナに装着する車載用補助アンテナユニットであって、前記純正ロッドアンテナを前記純正アンテナカバー内に略収納した状態の前記車載用純正アンテナを被覆可能で、かつ車体外面に固定可能な補助アンテナカバーと、補助アンテナカバーに取り付けた補助ロッドアンテナと、前記補助アンテナカバーに内蔵され、前記純正アンテナカバーから露出する純正ロッドアンテナの先端部と前記補助ロッドアンテナを電気的に接続する接続手段とを備えたことを特徴とする。

0007

請求項2に記載の発明は、請求項1に記載の車載用補助アンテナユニットにおいて、前記補助ロッドアンテナがコイルアンテナ線樹脂で棒状に被覆した構成を備えていることを特徴とする。

0008

請求項3に記載の発明は、請求項1に記載の車載用補助アンテナユニットにおいて、前記補助ロッドアンテナを伸縮可能に構成したことを特徴とする。

0009

請求項4に記載の発明は、請求項1に記載の車載用補助アンテナユニットにおいて、前記補助アンテナカバーにブースタを内蔵したことを特徴とする。

0010

請求項5に記載の発明は、請求項1に記載の車載用補助アンテナユニットにおいて、前記接続手段を、一端が前記補助ロッドアンテナに接続され、他端に前記純正ロッドアンテナの先端部に絡み着けることができる導電性コイルバネを取り付けた導電ケーブルで構成したことを特徴とする。

0011

請求項6に記載の発明は、請求項1に記載の車載用補助アンテナユニットにおいて、前記接続手段を、一端が前記補助ロッドアンテナに接続され、他端に前記純正ロッドアンテナの先端部を挟持可能な導電性クリップを取り付けた導電ケーブルで構成したことを特徴とする。

発明の効果

0012

請求項1に記載の発明によれば、純正ロッドアンテナに接続した補助ロッドアンテナで電波を受信できる。
補助ロッドアンテナとして、純正ロッドアンテナよりも短くて曲がったり、折れ難いロッドアンテナを補助アンテナカバーに取り付ければ、純正ロッドアンテナを純正アンテナカバーに収納した状態で純正車載用アンテナを補助アンテナカバーで覆うので、運転者は純正ロッドアンテナが長く引き伸ばされているか否かに注意を払う煩わしさから開放される。
また、補助ロッドアンテナとして純正ロッドアンテナより長くて受信感度の高いロッドアンテナを補助アンテナカバーに取り付ければ、電波状況の悪い場所でも良好に電波を受信できる。

0013

請求項2に記載の発明によれば、補助ロッドアンテナとして、コイルアンテナ線を樹脂で被覆した構成のロッドアンテナを用いるので、ロッドアンテナの寸法は短くても、樹脂材比誘電率による波長短縮効果とコイルアンテナ線により電気長延ばすことにより、所要の受信感度を得ることができる。また、かかる構成の補助ロッドアンテナは可撓性に富むので、曲がり難く、折れ難い。

0014

請求項3に記載の発明によれば、補助ロッドアンテナを伸縮可能に構成したので、引き伸ばしたときの寸法を純正ロッドアンテナよりも長くすることにより、純正ロッドアンテナだけで受信する場合に比べ、受信感度を高めることができる。

0015

請求項4に記載の発明によれば、補助アンテナカバーにブースタを内蔵するので、車載用純正アンテナだけで電波を受信する場合に比べ、受信感度をより高めることができる。

0016

請求項5に記載の発明によれば、純正ロッドアンテナの先端部に導電性コイルバネを絡み着けることにより、純正ロッドアンテナと補助ロッドアンテナを接続でき、接続作業が簡単容易になる。

0017

請求項6に記載の発明によれば、純正ロッドアンテナの先端部を導電性クリップで挟持することにより、純正ロッドアンテナと補助ロッドアンテナを接続でき、接続作業が簡単容易になる。

図面の簡単な説明

0018

本発明の第1実施例に係る車載用補助アンテナユニットを示す。
本発明の第1実施例に係る車載用補助アンテナユニットを示す。
本発明の第1実施例に係る車載用補助アンテナユニットの補助ロッドアンテナを示す。
本発明の第2実施例に係る車載用補助アンテナユニットを示す。
本発明の第3実施例に係る車載用補助アンテナユニットを示す。
本実施例に係る車載用補助アンテナユニットの取付例のうちの一つを示す。
本実施例に係る車載用補助アンテナユニットの取付例のうちの一つを示す。
従来の車載用純正アンテナユニットを備えた車両の一例を示す。
従来の車載用純正アンテナユニットの一例を示す。

0019

以下に本発明を図面に基づき説明するに、図1及び図2には本発明の第1実施例に係る車載用補助アンテナユニット10が示されている。当該補助アンテナユニット10は補助アンテナカバー11と補助ロッドアンテナ12及び導電ケーブル13を備えている。

0020

補助アンテナカバー12は樹脂製で、上端部から下端部にかけて高さ及び幅が漸減する流線型成形され、底部に開口11aが形成されている。底部開口11aの周縁には両面接着テープ11bが貼着されている。

0021

補助ロッドアンテナ12は補助アンテナカバー11の上端部に立設して固定され補助アンテナカバー11の上方に突出している。図3に示すように、補助ロッドアンテナ13はコイルアンテナ線12aを内蔵し、インサート成型によりコイルアンテナ線12aを樹脂12bで棒状に被覆して構成されている。補助ロッドアンテナ12は純正ロッドアンテナより短く、純正ロッドアンテナの1/3程度の長さに設定されている。

0022

導電ケーブル13は補助アンテナカバー11に内蔵され、一端が補助ロッドアンテナ12に連結され、他端に導電性コイルバネ13aが連結されている。

0023

第1実施例に係る車載用補助アンテナユニット10の構造は以上の通りであって、以下にその使用方法を説明する。車載用純正アンテナ110の純正アンテナカバー103に純正ロッドアンテナ104を収納し、純正アンテナカバー103から出ている純正ロッドアンテナ104の先端部にコイルバネ13aを絡み着けて導電ケーブル13で純正ロッドアンテナ104と補助ロッドアンテナ12を電気的に接続する。

0024

補助アンテナカバー11は純正ロッドアンテナ104を純正アンテナカバー103内に略収納した状態の車載用純正アンテナ110を覆い隠すことができるように、形状、寸法とりわけ、底部開口11aの形状、寸法が設定されているので、補助アンテナカバー11を底部開口11aから純正アンテナ110に被せて、純正アンテナ110を覆い隠すとともに、底部開口11aの周縁を両面接着テープ11bで車体100のフロントピラー101に接着して固定する。

0025

第1実施例に係る車載用補助アンテナユニット10を車載用純正アンテナ110に装着することにより、純正ロッドアンテナ104に接続した補助ロッドアンテナ12で電波を受信できる。

0026

第1実施例に係る車載用補助アンテナユニット10によれば、補助ロッドアンテナ12として、コイルアンテナ線12aを樹脂で被覆した構成のロッドアンテナ12を用いているので、ロッドアンテナ12の寸法は短くても、樹脂材の比誘電率による波長短縮効果とコイルアンテナ線12aにより電気長を延ばすことにより、所要の受信感度を得ることができる。また、かかる構成の補助ロッドアンテナ12は可撓性に富むので、曲がり難く、折れ難い。

0027

このように補助ロッドアンテナ12として、純正ロッドアンテナ104よりも短くて曲がったり、折れ難いロッドアンテナ12を補助アンテナカバー11に取り付けるとともに、純正ロッドアンテナ104を純正アンテナカバー103に収納した状態で純正車載用アンテナ110を補助アンテナカバー11で覆うので、運転者は純正ロッドアンテナ104が長く引き伸ばされているか否かに注意を払う煩わしさから開放される。

0028

また、車載用純正アンテナ110は補助アンテナカバー11で覆い隠されるので、車体100の外観には車載用補助アンテナユニット10があたかも車載用純正アンテナ110のように現れ、車体100の外観が損なわれることはない。

0029

さらにまた、第1実施例に係る車載用補助アンテナユニット10によれば、純正ロッドアンテナ103の先端部に導電性コイルバネ13aを絡み着けることにより、純正ロッドアンテナ104と補助ロッドアンテナ12を接続でき、接続作業が簡単容易に実施できる。

0030

本発明の第2実施例に係る車載用補助アンテナユニット20を図4に示す。当該補助アンテナユニット20の補助ロッドアンテナ21は、複数の短い金属管21aで構成され、各金属管21aの径は補助ロッドアンテナ21の先端部から基端部側へ漸増している。この補助ロッドアンテナ21は各金属管21aを隣接する金属管21aに出し入れすることにより伸縮させることができる。そして、最も伸長したときの補助ロッドアンテナ21の長さは純正ロッドアンテナ104より長くなるように設定されている。
なお、第2実施例に係る車載用補助アンテナユニット20の他の構成は第1実施例に係る車載用補助アンテナユニット10と同じであるので、同一の構成要素に同一の符号を付して説明を省略する。

0031

第2実施例に係る車載用補助アンテナユニット20によれば、補助ロッドアンテナ21を伸縮可能に構成することにより、引き伸ばしたときの寸法を純正ロッドアンテナ104よりも長くしたので純正ロッドアンテナ104だけで受信する場合に比べ、受信感度を高めることができる。そのため、キャンプ場や渓流釣り場のように人里離れた電波状況の悪い場所でも良好に電波を受信できる。

0032

本発明の第3実施例に係る車載用補助アンテナユニットを図5に示す。当該補助アンテナユニット30の補助アンテナカバー11にはブースタ31が内蔵されている。
なお、第3実施例に係る車載用補助アンテナユニッ30トの他の構成は第1実施例に係る車載用補助アンテナユニット10と同じであるので、同一の構成要素に同一の符号を付して説明を省略する。
このように補助アンテナカバー11にブースタ31を内蔵することにより、車載用純正アンテナ104だけで電波を受信する場合に比べ、受信感度をより高めることができる。

0033

第1〜第3実施例に係る車載用補助アンテナユニット10,20,30では、純正ロッドアンテナ104の先端部に絡み着けることのできる導電性コイルバネ13aを導電ケーブル13の一端に連結したが、これに代えて、図6に示すように導電性ワニ口クリップ13b、又は図7に示すように導電性のバネクリップ13cを連結し、ワニ口クリップ13b又はバネクリップ13cで純正ロッドアンテナ104の先端部を挟持するように構成しても、簡単に補助ロッドアンテナ12,21と純正アンテナ104を電気的に接続できる。

0034

10,20,30…車載用補助アンテナユニット
11…補助アンテナカバー
12…補助ロッドアンテナ
12a…コイルアンテナ線
13…電導ケーブル
13a…コイルスプリング
13b…ワニ口クリップ
13c…バネクリップ
103…純正アンテナカバー
104…純正ロッドアンテナ
110…車載用純正アンテナ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 濱州禾夏汽車用品有限公司の「 車屋根キャリーケース」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】本発明は車屋根キャリーケースを開示した。【解決手段】ケース本体と前記ケース本体の頂壁の中に設けられた上方に開口した収納溝を含み、前記収納溝の左側端壁の中には回転チャンバが設けられ、前記回転チャ... 詳細

  • 河村産業株式会社の「 透明導電回路基板及びその製造方法、使用方法並びに光学センサ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】光やミリ波レーダの透過性に優れ、車載用光学センサの防曇用や融雪用ヒータ、電磁フィルム等の用途に好適に使用可能な透明導電回路基板およびその製造方法を提供する。【解決手段】一実施形態による透明回路... 詳細

  • 富士通株式会社の「 アレイアンテナ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】素子間相互結合を低減し放射効率を改善できること。【解決手段】アレイアンテナ100は、誘電体基板101上に複数の放射素子102を設けたマイクロストリップ構造であり、所定の比誘電率を有し、誘電体基... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ