図面 (/)

技術 遊技設備機

出願人 株式会社エース電研
発明者 秋田光勇
出願日 2011年8月31日 (9年5ヶ月経過) 出願番号 2011-189847
公開日 2013年3月14日 (7年11ヶ月経過) 公開番号 2013-048845
状態 特許登録済
技術分野 スロットマシン、カードゲーム、盤上ゲーム 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード ブラインド状 例外値 日常点検 前半側 通信連絡 整列機構 計数制御 流下状況
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年3月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

計数時に撮影された遊技媒体の画像を遊技球の計数結果と合わせて同時に見ることができ、遊技者安心感を与えることができる遊技設備機を提供する。

解決手段

遊技球を案内する誘導経路221と、該誘導経路221を通過してきた遊技球を検出する計数手段225と、誘導経路221ないし計数手段225を収めるケース体21a,22aと、ケース体21a,22aの内部における遊技球の動きを撮影する画像入力手段40と、各種画像を表示する表示パネル213と、を備え、表示パネル213は、画像入力手段40により撮影された遊技球が計数手段225を通過する過程の画像と、計数手段225により検出された遊技球の計数結果を、それぞれ同時に表示する。

概要

背景

近年、遊技店では、遊技機島におけるパチンコ機等の遊技機毎に対応した計数機各台計数機)を設けて、遊技者遊技機から獲得した遊技球をその場で計数できる各台計数システムを導入する店舗が増えている。各台計数システムでは、一般に各遊技機間に配設された球貸機に、遊技機から払い出された遊技球を受け入れて計数する計数機が一体に付設されている。

このような計数機における遊技球の計数は、外部からは見えない装置の内部で行われる。すなわち、遊技球は複数ある流下路毎に流下した後、各流下路にあるセンサで検知され計数される。そのため、遊技球を計数しない流下路(当該流下路の球詰まりやセンサの故障等)があったとしても、遊技者は外部からは何ら確認することはできず、遊技球が実際に全て計数されているのか確信が持てず、不信感が生じる虞があった。

また、計数機における不正行為やトラブルの対応として、計数機の日常点検は欠かせない行為となる。しかしながら、このような日常点検営業中のトラブルを解消するためには、計数機の内部を点検することが必要となるが、内部を見るためには外壁開閉作業が必要となり、場合によっては外壁を分解しなければならず、非常に手間と時間がかかるという問題があった。

これらの問題を解決し得る従来の技術として、例えば、特許文献1に開示されているように、計数されている遊技球の流下状況撮影手段により撮影し、その映像オンタイムで外部の表示手段に表示する遊技媒体計数装置がある。また、特許文献2に開示されているように、ユニット外壁面を透明または半透明の部材で構成して、流下通路目視可能とした計数装置も知られている。

概要

計数時に撮影された遊技媒体の画像を遊技球の計数結果と合わせて同時に見ることができ、遊技者に安心感を与えることができる遊技設備機を提供する。遊技球を案内する誘導経路221と、該誘導経路221を通過してきた遊技球を検出する計数手段225と、誘導経路221ないし計数手段225を収めるケース体21a,22aと、ケース体21a,22aの内部における遊技球の動きを撮影する画像入力手段40と、各種画像を表示する表示パネル213と、を備え、表示パネル213は、画像入力手段40により撮影された遊技球が計数手段225を通過する過程の画像と、計数手段225により検出された遊技球の計数結果を、それぞれ同時に表示する。

目的

本発明は、以上のような従来の技術の有する問題点に着目してなされたものであり、計数時に撮影された遊技媒体の画像を遊技球の計数結果と併せて同時に見ることを可能として、遊技者に安心感を与えることができ、また、点検時に外壁の開閉作業や分解を行う必要がなく、内部における遊技球の動き、内部構造電子部品等を容易に確認することができ、トラブルの原因や不正行為を早期に発見して対処することが可能であり、しかも、余計な内部構造等の解析が行われる心配のない遊技設備機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

遊技機毎に個別に対応して設けられ、遊技機側から払い出された遊技媒体受け入れて、その個数計数する遊技設備機において、遊技媒体を案内する誘導経路と、該誘導経路を通過してきた遊技媒体を検出する計数手段と、前記誘導経路ないし前記計数手段を収めるケース体と、該ケース体の内部における遊技媒体の動き撮影する画像入力手段と、各種画像を表示する表示装置と、を備え、前記画像入力手段は、遊技媒体が前記計数手段を通過する過程の画像を撮影可能な位置に配置され、前記表示装置は、前記画像入力手段により撮影された遊技媒体の画像と、前記計数手段により検出された遊技媒体の計数結果とを、それぞれ同時に表示可能であることを特徴とする遊技設備機。

請求項2

前記表示装置は、前記計数手段により検出された遊技媒体の計数結果を表示する第1表示装置とは別に、各種画像を表示する第2表示装置として構成され、前記第2表示装置は、前記画像入力手段により撮影された遊技媒体の画像と、前記計数手段により検出された遊技媒体の計数結果とを、それぞれ近接した位置に並べて表示することを特徴とする請求項1に記載の遊技設備機。

請求項3

前記表示装置における表示内容を制御する表示制御手段を備え、前記表示制御手段は、所定条件成立に基づき、前記画像入力手段により撮影された遊技媒体の画像を前記表示装置に表示することを特徴とする請求項1または2に記載の遊技設備機。

請求項4

前記表示制御手段は、前記計数手段による遊技媒体の検出開始時に前記所定条件の成立として、前記画像入力手段により撮影された遊技媒体の画像を前記表示装置に表示し、前記計数手段による遊技媒体の検出が途絶えてから一定時間の経過後に、前記遊技媒体の画像を表示しない状態に戻すことを特徴とする請求項3に記載の遊技設備機。

請求項5

前記表示制御手段は、前記遊技機が大当たり状態となった時に前記所定条件の成立として、前記画像入力手段により撮影された遊技媒体の画像を前記表示装置に表示し、前記大当たり状態が終了してから一定時間の経過後に、前記遊技媒体の画像を表示しない状態に戻すことを特徴とする請求項3または4に記載の遊技設備機。

請求項6

前記画像入力手段から入力した画像を処理する画像入力制御手段と、各種制御を実行する制御手段と、を備え、前記画像入力制御手段は、前記画像入力手段から入力した画像を元に真正な遊技媒体であるか否か識別可能であり、前記制御手段は、前記画像入力制御手段により真正な遊技媒体と判断された場合に、前記計数手段による遊技媒体の検出を有効とする一方、真正な遊技媒体と判断されなかった場合に、前記計数手段による遊技媒体の検出を無効とすることを特徴とする請求項1,2,3,4または5に記載の遊技設備機。

請求項7

前記制御手段は、前記計数手段による遊技媒体の検出を無効とした場合に、異常が発生したと判断してその旨を報知することを特徴とする請求項6に記載の遊技設備機。

請求項8

前記ケース体の外壁のうち少なくとも一部を、遊技者が外壁を通して内部の遊技媒体の動きを視認可能な透過状態と、視認不能な非透過状態とに、相互に切り換え可能に構成したことを特徴とする請求項1,2,3,4,5,6または7に記載の遊技設備機。

請求項9

前記ケース体の外壁を透過状態ないし非透過状態に切り換え制御する透過制御手段を備え、前記透過制御手段は、前記画像入力手段により撮影された遊技媒体の画像を前記表示装置に表示する時期に合わせて、前記ケース体の外壁を通常の非透過状態から透過状態に切り換えることを特徴とする請求項8に記載の遊技設備機。

技術分野

0001

本発明は、遊技機毎に個別に対応して設けられ、遊技機側から払い出された遊技媒体受け入れて、その個数計数する遊技設備機に関する。

背景技術

0002

近年、遊技店では、遊技機島におけるパチンコ機等の遊技機毎に対応した計数機各台計数機)を設けて、遊技者が遊技機から獲得した遊技球をその場で計数できる各台計数システムを導入する店舗が増えている。各台計数システムでは、一般に各遊技機間に配設された球貸機に、遊技機から払い出された遊技球を受け入れて計数する計数機が一体に付設されている。

0003

このような計数機における遊技球の計数は、外部からは見えない装置の内部で行われる。すなわち、遊技球は複数ある流下路毎に流下した後、各流下路にあるセンサで検知され計数される。そのため、遊技球を計数しない流下路(当該流下路の球詰まりやセンサの故障等)があったとしても、遊技者は外部からは何ら確認することはできず、遊技球が実際に全て計数されているのか確信が持てず、不信感が生じる虞があった。

0004

また、計数機における不正行為やトラブルの対応として、計数機の日常点検は欠かせない行為となる。しかしながら、このような日常点検営業中のトラブルを解消するためには、計数機の内部を点検することが必要となるが、内部を見るためには外壁開閉作業が必要となり、場合によっては外壁を分解しなければならず、非常に手間と時間がかかるという問題があった。

0005

これらの問題を解決し得る従来の技術として、例えば、特許文献1に開示されているように、計数されている遊技球の流下状況撮影手段により撮影し、その映像オンタイムで外部の表示手段に表示する遊技媒体計数装置がある。また、特許文献2に開示されているように、ユニット外壁面を透明または半透明の部材で構成して、流下通路目視可能とした計数装置も知られている。

先行技術

0006

特開2000−254339号公報
特開2007−229475号公報

発明が解決しようとする課題

0007

前述した特許文献1に記載された従来の技術では、遊技球の流下状況の映像が表示手段に表示されるが、かかる映像は、獲得球数等の遊技台情報とは異なる画面で表示されることが前提となっており、例えば遊技者の操作に応じて画面が切り替わる。従って、遊技者は、遊技球の流下状況の映像と遊技球の計数結果とを、それぞれ同時に見比べることはできず、センサを通過した遊技球が実際に計数されている状況をリアルタイムで確認することは困難であった。

0008

また、表示手段に表示される遊技球の映像は、あくまでカメラで撮影されたものに過ぎない。従って、遊技店における日常の点検に利用する場合には、画質の程度によって詳細に確認することができない虞がある。また、遊技者としても、実際に遊技球の流下状況を直接目視したわけではなく、撮影された画像だけによる間接的な確認だけでは、不安を払拭しきれない虞もあった。

0009

さらに、前述した特許文献2に記載された従来の技術では、ユニットの外壁面を透明または半透明な部材で構成するので、この外壁面を通して内部を目視できるが、遊技球の計数時以外や内部点検を行う必要がない通常時でも、常に内部が見えてしまう状態となる。従って、計数機の種類によっては、遊技者により基板等の内部構造解析が行われる虞があった。

0010

本発明は、以上のような従来の技術の有する問題点に着目してなされたものであり、計数時に撮影された遊技媒体の画像を遊技球の計数結果と併せて同時に見ることを可能として、遊技者に安心感を与えることができ、また、点検時に外壁の開閉作業や分解を行う必要がなく、内部における遊技球の動き、内部構造、電子部品等を容易に確認することができ、トラブルの原因や不正行為を早期に発見して対処することが可能であり、しかも、余計な内部構造等の解析が行われる心配のない遊技設備機を提供することを目的としている。

課題を解決するための手段

0011

前述した目的を達成するための本発明の要旨とするところは、以下の各項の発明に存する。
[1]遊技機(10)毎に個別に対応して設けられ、遊技機(10)側から払い出された遊技媒体を受け入れて、その個数を計数する遊技設備機(20)において、
遊技媒体を案内する誘導経路(221)と、該誘導経路(221)を通過してきた遊技媒体を検出する計数手段(225)と、前記誘導経路(221)ないし前記計数手段(225)を収めるケース体(21a,22a)と、該ケース体(21a,22a)の内部における遊技媒体の動きを撮影する画像入力手段(40)と、各種画像を表示する表示装置(213)と、を備え、
前記画像入力手段(40)は、遊技媒体が前記計数手段(225)を通過する過程の画像を撮影可能な位置に配置され、
前記表示装置(213)は、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像と、前記計数手段(225)により検出された遊技媒体の計数結果とを、それぞれ同時に表示可能であることを特徴とする遊技設備機(20)。

0012

[2]前記表示装置(213)は、前記計数手段(225)により検出された遊技媒体の計数結果を表示する第1表示装置とは別に、各種画像を表示する第2表示装置(213)として構成され、
前記第2表示装置(213)は、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像と、前記計数手段(225)により検出された遊技媒体の計数結果とを、それぞれ近接した位置に並べて表示することを特徴とする[1]に記載の遊技設備機(20)。

0013

[3]前記表示装置(213)における表示内容を制御する表示制御手段(116)を備え、
前記表示制御手段(116)は、所定条件成立に基づき、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像を前記表示装置(213)に表示することを特徴とする[1]または[2]に記載の遊技設備機(20)。

0014

[4]前記表示制御手段(116)は、前記計数手段(225)による遊技媒体の検出開始時に前記所定条件の成立として、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像を前記表示装置(213)に表示し、前記計数手段(225)による遊技媒体の検出が途絶えてから一定時間の経過後に、前記遊技媒体の画像を表示しない状態に戻すことを特徴とする[3]に記載の遊技設備機(20)。

0015

[5]前記表示制御手段(116)は、前記遊技機(10)が大当たり状態となった時に前記所定条件の成立として、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像を前記表示装置(213)に表示し、前記大当たり状態が終了してから一定時間の経過後に、前記遊技媒体の画像を表示しない状態に戻すことを特徴とする[3]または[4]に記載の遊技設備機(20)。

0016

[6]前記画像入力手段(40)から入力した画像を処理する画像入力制御手段(118)と、各種制御を実行する制御手段(101)と、を備え、
前記画像入力制御手段(118)は、前記画像入力手段(40)から入力した画像を元に真正な遊技媒体であるか否か識別可能であり、
前記制御手段(101)は、前記画像入力制御手段(118)により真正な遊技媒体と判断された場合に、前記計数手段(225)による遊技媒体の検出を有効とする一方、真正な遊技媒体と判断されなかった場合に、前記計数手段(225)による遊技媒体の検出を無効とすることを特徴とする[1],[2],[3],[4]または[5]に記載の遊技設備機(20)。

0017

[7]前記制御手段(101)は、前記計数手段(225)による遊技媒体の検出を無効とした場合に、異常が発生したと判断してその旨を報知することを特徴とする[6]に記載の遊技設備機(20)。

0018

[8]前記ケース体(21a,22a)の外壁のうち少なくとも一部を、遊技者が外壁を通して内部の遊技媒体の動きを視認可能な透過状態と、視認不能な非透過状態とに、相互に切り換え可能に構成したことを特徴とする[1],[2],[3],[4],[5],[6]または[7]に記載の遊技設備機(20)。

0019

[9]前記ケース体(21a,22a)の外壁を透過状態ないし非透過状態に切り換え制御する透過制御手段(115)を備え、
前記透過制御手段(115)は、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像を前記表示装置(213)に表示する時期に合わせて、前記ケース体(21a,22a)の外壁を通常の非透過状態から透過状態に切り換えることを特徴とする[8]に記載の遊技設備機(20)。

0020

本発明は、次のように作用する。
前記[1]に記載の遊技設備機(20)によれば、ケース体(21a,22a)の内部に受け入れられた遊技媒体は、誘導経路(221)を通過して計数手段(225)により検出され個数が計数されるが、ケース体(21a,22a)の内部には画像入力手段(40)があり、この画像入力手段(40)によって遊技媒体が計数手段(225)を通過する過程の画像が撮影される。

0021

前記画像入力手段(40)により撮影された画像は、前記計数手段(225)により検出された遊技媒体の計数結果と合わせて、それぞれ同時に表示装置(213)に表示される。このように、遊技媒体が計数手段(225)を通過する過程の画像だけでなく、遊技媒体が計数手段(225)を通過した際にカウントアップされる球数を、遊技者は画面を切り換えるような特別な操作を行うことなく同時に確認することができる。

0022

よって、遊技者としては、視認した遊技媒体が実際には計数されていないという不安や不信感を解消することができる。また、遊技店においても、計数時における不正操作を行っていないことを証明し、遊技者の信頼感を獲得することができ、さらには、計数時における異常や不正行為を発見することも可能となる。

0023

前記[2]に記載の遊技設備機(20)によれば、表示装置(213)として、計数手段(225)により検出された遊技媒体の計数結果を表示する第1表示装置とは別に、各種画像を表示する第2表示装置(213)を備え、この第2表示装置(213)に、画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像と、計数手段(225)により検出された遊技媒体の計数結果とを、それぞれ近接した位置に並べて表示する。

0024

これにより、遊技媒体の計数結果だけを知りたい場合は、第1表示装置によって確認することができ、また、遊技媒体の計数結果と合わせて遊技媒体の画像も見たい場合には、第2表示装置(213)によって確認することができる。なお、1つの表示装置(213)で遊技媒体の計数結果を表示する他、遊技媒体の画像に関しては遊技者が選択的に表示できるように構成しても良い。

0025

前記[3]に記載の遊技設備機(20)によれば、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像を表示装置(213)に表示するタイミングについて、制御手段(101)により、通常は特に表示しないようにして、所定条件の成立した場合にだけ表示するように制御すると良い。このような所定条件として、手動あるいは自動を問わず様々な条件(タイミング)に基づき、遊技媒体の画像を前記遊技媒体の計数結果と併せて表示することができる。

0026

前記所定条件として、具体的には例えば前記[4]に記載したように、前記計数手段(225)による遊技媒体の検出開始時とすれば、遊技媒体の計数の開始に合わせて、遊技者は遊技媒体の計数結果と合わせて遊技媒体の画像も見ることができる。
また、計数手段(225)による遊技媒体の検出が途絶えてから一定時間の経過後に、遊技媒体の画像を表示しない状態に戻すことにより、画像入力手段(40)の作動も停止させてランニングコストを低減することができる。

0027

また、別の所定条件として、具体的には例えば前記[5]に記載したように、遊技機(10)が大当たり状態となった時とすれば、多量の遊技媒体が遊技者に払い出され計数されるタイミングに合わせて、遊技者は遊技媒体の計数結果と合わせて遊技媒体の画像も見ることができる。

0028

大当たり状態が終了してから一定時間が経過すると、ケース体(21a,22a)の内部の誘導経路(221)を遊技媒体が通過する確率も低くなるため、かかるタイミングで遊技媒体の画像を表示しない状態に戻すことにより、画像入力手段(40)の作動も停止させてランニングコストを低減することができる。

0029

前記[6]に記載の遊技設備機(20)によれば、前記画像入力手段(40)から入力した画像は、画像入力制御手段(118)によって処理され、表示装置(213)に表示されることになるが、画像入力制御手段(118)は、画像入力手段(40)から入力した画像を元に真正な遊技媒体であるか否か識別可能である。ここでの遊技媒体の識別は、各種ソフトウェア的な処理によって実現されるものである。

0030

前記画像入力制御手段(118)により真正な遊技媒体と判断された場合には、制御手段(101)は計数手段(225)による遊技媒体の検出を有効とする。一方、前記画像入力制御手段(118)により真正な遊技媒体と判断されなかった場合には、制御手段(101)は計数手段(225)による遊技媒体の検出を無効とする。これにより、異物の挿入により計数手段(225)を作動させるような不正行為を防止することができる。

0031

前記[7]に記載の遊技設備機(20)によれば、制御手段(101)により、計数手段(225)による遊技媒体の検出を無効とした場合に、異常が発生したと判断してその旨を報知する。これにより、不正行為をより早期に発見して未然に防止することが可能となる。

0032

前記[8]に記載の遊技設備機(20)によれば、ケース体(21a,22a)の外壁を外部から視認可能な透過状態とすることにより、前記画像入力手段(40)から入力した画像のみならず、ケース体(21a,22a)の内部における実際の遊技媒体の動きも直接見ることも可能となり、遊技媒体の計数に関わる違法改造や不正基板の取り付け等の不正行為を行うことがいっそう困難となり、不正行為をより確実に防止することができる。

0033

また、遊技者にとっては、遊技媒体の計数時における実際の遊技媒体の動きも直接自分の目で確認することができる。これにより、遊技店では遊技者に対して、全ての遊技媒体が正常に計数されたことを知らしめることが可能となり、信頼ならびに安心感を与えることができる。

0034

さらに、ケース体(21a,22a)の外壁を内部を視認不能な非透過状態にすることが可能であり、遊技媒体の計数時以外や管理者が内部点検を行う必要がない通常時には、ケース体(21a,22a)の外壁を非透過状態に維持できる。かかる非透過状態においては、遊技者がケース体(21a,22a)の内部を視認することができないので、内部構造等の解析が行われる心配はない。

0035

前記[9]に記載の遊技設備機(20)によれば、前記ケース体(21a,22a)の外壁を透過状態ないし非透過状態に切り換えるタイミングについては、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像を表示装置(213)に表示する時期に合わせて、透過制御手段(115)により、通常の非透過状態から透過状態に切り換える。

0036

このような切り換え制御によって、前記画像入力手段(40)により撮影された遊技媒体の画像と、前記計数手段(225)により検出された遊技媒体の計数結果に加えて、遊技者は実際の遊技媒体の動きも直接確認することができる。

発明の効果

0037

本発明に係る遊技設備機によれば、計数時に撮影された遊技媒体の画像と遊技球の計数結果とを、遊技者は画面を切り換えるような特別な操作を行うことなく同時に見ることができ、遊技者に安心感を与えることができる。
また、点検時に外壁の開閉作業や分解を行う必要がなく、内部における遊技球の動き、内部構造、電子部品等を容易に確認することができ、トラブルの原因や不正行為を早期に発見して対処することができる。しかも、内部構造等の余計な解析が行われる心配はない。

図面の簡単な説明

0038

本発明の一実施の形態に係る遊技機設備を示す斜視図である。
本発明の一実施の形態に係る遊技機設備の制御基板を概略的に示すブロック図である。
本発明の一実施の形態に係る遊技機設備を備えた遊技機島を示す斜視図である。
本発明の一実施の形態に係る遊技機設備の表示パネルの表示例を示す説明図である。
本発明の一実施の形態に係る遊技機設備の表示パネルの表示例を示す説明図である。
本発明の一実施の形態に係る遊技機設備の表示パネルの表示例を示す説明図である。
画像に基づく遊技球の検出方法の一例を説明するための説明図である。

実施例

0039

以下、図面に基づき、本発明を代表する実施の形態を説明する。
図1図3は、本発明の一実施の形態を示している。
本実施の形態に係る遊技設備機20は、遊技機島1を構成する遊技機10毎に個別に対応して設けられ、遊技機10側から払い出された遊技媒体を受け入れて、その個数を計数する計数機能付きの台間機である。以下、遊技機10を、遊技媒体として遊技球を用いるパチンコ機に適用した場合を例に説明する。

0040

図3に示すように、遊技機島1は、島フレーム枠中段付近に複数の遊技機10としてパチンコ機を並設してなる。遊技機10は背中合わせに2列に並設されており、各遊技機10間に、遊技設備機20である台間機が配設されている。また、遊技機10の前方には、遊技機10毎に対応して遊技者が座る椅子が設置されている。なお、遊技機島1は、遊技機10を片側一列に並設したものであってもかまわない。

0041

遊技機10は、正面のガラス枠11の内側にある遊技盤面上に遊技球を打ち出してゲームを行うパチンコ機である。図示省略したが遊技盤面には、遊技球の落下に変化を与えるの他、遊技球を受け入れる各種入賞口、識別情報可変表示する可変表示装置アウト口等が適所に設けられている。ガラス枠11の下方には、遊技球を貯留する上受け皿12と、上受け皿12から溢れ出た遊技球を受ける下受け皿13と、遊技球の打ち出し操作を行うハンドル14等が設けられている。

0042

このような遊技機10では、各種入賞口に遊技球が入賞すると所定数の遊技球が賞として払い出されるほか、始動入賞口に遊技球が入賞すると可変表示装置で表示遊技が実行され、例えば数字等の識別情報がスクロール表示される。この表示結果が識別情報の予め定めた特定の組み合わせ(例えば「777」等)である大当たり確定すると、大入賞口が所定回数限度に繰り返し開閉する特賞状態が形成される。

0043

遊技機島1において、複数の遊技機10や遊技設備機20の直ぐ下側には、島全長に亘って水平に延出した天板2が固定されている。天板2の下側に位置する島フレーム枠の下段には腰板3が装着され、腰板3で囲まれた島下段内には、遊技球を貯留する回収タンク(図示せず)等が配設されている。また、島フレーム枠の上段には、各遊技機10毎に対応して大当たり回数等の遊技情報を表示する表示装置4等が設けられている。表示装置4より上側には幕板5が装着され、幕板5で囲まれた島上段内には、島下段から揚送された遊技球を各遊技機10に送る補給樋(図示せず)等が配設されている。

0044

本発明の根幹をなす遊技設備機20は、それぞれ個別に対応する遊技機10の左隣りに配設され、カード現金投入により遊技球を貸し出す球貸機の機能を備えた本体部21と、対応する遊技機10の下受け皿13の下方に配設され、前記本体部21と一体に連なり遊技機10から払い出された遊技球を受け入れる球計数部22が、それぞれ一体化されユニットとして構成されている。本体部21には、遊技設備機20の各種動作を制御するための制御基板100が内設されている。なお、遊技設備機20は、遊技球の貸出し機能を備えず遊技機10に貸出信号を出力し遊技機により遊技球を貸出すようにしても良い。

0045

図1に示すように、本体部21は、遊技機10間に収まる縦長のケース体21aを外装とし、その正面壁には、カードを挿入ないし排出するカード挿排口211、紙幣を挿入ないし返却する紙幣挿排口212、各種情報を表示する表示パネル213、それに遊技球を払い出すノズル215等が設けられている。表示パネル213は矩形板状であり、本体部21の正面壁より前方に突出するように設けられ、水平方向に角度調整可能に支持されている。

0046

この表示パネル213の対応する遊技機10側の一面が周知のタッチパネル表示ユニットからなり、各種情報を表す各種画像を表示する「表示装置」に相当する他、タッチパネル式の操作ボタンを表示することで、遊技者が各種操作を行う操作部214としても機能する。ここで、タッチパネル表示ユニット自体の構成は一般的であるので詳細な説明は省略する。なお、表示パネル213が操作部214を兼ねないようにして、例えば複数の操作ボタンからなる操作部214を表示パネル213とは別に設けても良い。

0047

本体部21は、カード挿排口211に挿入されたカードのデータを読み込み、操作部214により投入金額が指定されると、その金額相当数の遊技球をノズル215から上受け皿12に貸し出すように構成されている。なお、ノズル215を設けることなく、遊技者に貸し出す遊技球を上受け皿12に遊技機10内部より直接払い出すように構成しても良い。

0048

また、計数された遊技球を再度遊技に使用する場合には、計数された全ての遊技球をノズル215から払い出すようにしても良く、貸し出し金額の最低金額(25個/100円)を一単位とし遊技機10内部より直接払い出すように構成し、前記一単位未満(端球)の遊技球はノズル215から払い出すようにしても良い。また、ノズル215が無い場合には、計数された全ての遊技球を遊技機10内部より直接払い出すようにしても良く、遊技設備機20に専用の皿を設け、該皿に前記一単位未満(端球)の遊技球を払い出すようにしても良い。

0049

球計数部22は、遊技機10の下受け皿13の下方に位置する天板2上に配設された玉箱仕様のケース体22aを外装とし、下受け皿13から排出された遊技球を案内する誘導経路221の大半が内装されている。詳しく言えば誘導経路221は、前記ケース体22aの上面側が開口した部位である遊技球の受入口222と、該受入口222から受け入れた遊技球を流下させる流下路223とを備え、流下路223には、後述するが遊技球を複数列整列させる整列機構が設けられている。

0050

流下路223の終端側には、通過してきた遊技球を検出する計数手段225が複数並設されており、遊技機10側から払い出された遊技球を受け入れると、その個数を計数するように構成されている。なお、下受け皿13に設けられている球抜きレバーを操作することで、下受け皿13内の遊技球を受入口222に落下させることができるようになっている。

0051

また、球計数部22のケース体22aは、誘導経路221の全長ないし計数手段225へと延びている。詳しく言えばケース体22aの外壁は、受入口222を囲む玉箱仕様の前半側の部位22a1と、該部位22a1から前記本体部21の正面側に向かって側方に延びた後、正面壁に向かって先端側が略直角に屈曲した後半側の部位22a2とが一体に連なっている。後半側の部位22a2の先端側は、本体部21の正面壁より内部に一部嵌挿されている。前記流下路223は、ケース体22aの後半側の部位22a2ないし前記ケース体21aの底部に亘り途中屈曲しつつ延びている。

0052

遊技設備機20のケース体21a,22aの外壁のうち少なくとも一部は、外部から外壁を通して内部の遊技球の動きを視認可能な透過状態と、視認不能な非透過状態とに、相互に切り換え可能に構成されている。本実施の形態では、ケース体21a,22aの外壁のうち前記受入口222から計数手段225を通過するまでの遊技球の動きを視認できる範囲で透過状態ないし非透過状態に切り換えるように構成されている。より具体的には、ケース体21aの正面壁のうち前記カード挿排口211より下方と、ケース体22aのうち後半側の部位22a2が相当するが、かかる外壁の透明化について詳しくは後述する。

0053

前記受入口222は、遊技球を所定量貯留可能な容積を有しており、その底面部は遊技球を一端側に流下させるように一端側に向かって下方に傾斜し、下流端には遊技球を内部に取り込む取込口222aが開設されている。取込口222aは、ケース体22aの内部に延びる流下路223の始端に連通している。なお、所定量貯留できるように取込口222aに、遊技者の操作に基づき開閉可能なシャッターを設けると良い。

0054

流下路223には、遊技球を複数列に整列させる整列機構が設けられている。かかる整列機構は、複数の整列レーン224を有してなる。各整列レーン224は、ケース体22aの底部に沿って互いに並行に延びており、各整列レーン224が互いに長手方向に隣接し合う間には、図示省略したが仕切板が設けられている。各整列レーン224は、それぞれ始端側より流入した遊技球を1列に整列させた状態にして通過させるものである。また、各整列レーン224は、それぞれ始端側が終端側よりも高くなるように配置され、遊技球が自然流下するように設定されている。

0055

また、ケース体22aの内部には、流下路223を流下する遊技球の動きを撮影する画像入力手段40が設けられている。画像入力手段40は、具体的には例えば周知のCCDカメラユニットからなり、遊技球が次述する計数手段225を通過する過程の画像を撮影可能な位置に配置されている。かかる配置の位置は、詳しくは流下路223の途中屈曲した部位の上方であり、当該部位より終端側に向かって流下し計数手段225を通過する遊技球の動きを撮影できるように設定されている。

0056

流下路223の終端側には、各整列レーン224に対応して計数手段225が複数並設されている。計数手段225は、当該部位を通過する遊技球を1個ずつ検出可能なものであり、具体的には例えば、受光部(例えばホトダイオード)と発光部(例えばLED)からなる光学センサ、あるいは近接センサ磁気センサ等の各種センサにより構成すれば良い。計数手段225は、1個の遊技球の通過を検知する毎に1パルス出力信号を発する。この計数手段225からの出力信号は、図2に示す制御基板100により処理されて、計数結果の表示等に利用される。

0057

計数手段225を通過して計数された遊技球は、流下路223の終端側より遊技機島1の内部に排出される。図示省略したが遊技機島1の内部には、遊技設備機20から排出された遊技球を回収するタンクや、回収された遊技球を研磨しつつ揚送する研磨揚送装置、揚送された遊技球を島上部に貯留するタンクの他、各遊技機10に遊技球を送る前記補給樋等が設けられており、遊技球は遊技機島1内で循環して使用される。

0058

前述したように、ケース体21a,22aの外壁は、受入口222から計数手段225を通過するまでの遊技球の動きを視認できる範囲で透過状態ないし非透過状態に切り換えるように構成されている。図1中において薄墨色で示したケース体21aの正面壁のうち前記カード挿排口211より下方と、ケース体22aのうち後半側の部位22a2は、透明なアクリル樹脂等の透明材質により形成されている。なお、後半側の部位22a2のうち図1中において薄墨色で示していないケース体21a内側の部分も、受入口222から計数手段225を通過するまでの遊技球の動きを視認できる範囲で透明材質により形成されている。

0059

ケース体21a,22aの外部から内部の遊技球を視認できる範囲であれば、さらに、ケース体21aの正面壁のうち前記カード挿排口211の周囲ないし上方まで透明材質で形成したり、ケース体22aのうち玉箱仕様の部位22a1、あるいは該部位22a1とこれに続く部位22a2との境界付近も、透明材質で形成しても良い。ここで透明とは、光が通過する物質性質において、透過率が極めて高く、物質を通してその向こう側が透けて見える状態の性質を指すが、遊技球を視認できれば透過率は必ずしも100%である必要はなく、また、有色透明であるか無色透明であるかは問わない。

0060

前記ケース体21a,22aの外壁のうち透明材質により形成される部位には、透明ないし不透明に変化する表示装置30(図2参照)が設けられている。すなわち、本実施の形態では、表示装置30が透明に変化した際に、ケース体21a,22aの外壁は透過状態となり、表示装置30が不透明に変化した際に、ケース体21a,22aの外壁は非透過状態となるように設定されている。表示装置30は、透明材質で形成された部位に対して内側から沿うように貼り付ければ良い。なお、ケース体21a,22aの外壁の一部は、メンテナンス時の作業用ネジ等により離脱可能となっている。

0061

透明ないし不透明に変化する表示装置30としては、具体的には例えば、周知の有機EL表示装置液晶表示装置が該当する。有機EL表示装置は、透明な基板上にマトリクス状に配置した陽極電極陰極電極との交差する部位に、赤、緑、青の各色を発光する各有機蛍光体薄膜並列配置してなり、両電極間電圧印加することで、赤、緑、青の光の3原色が発光され、該光の3原色の加法混色によりフルカラー表示が可能となる。

0062

このような有機EL表示装置によれば、何も画像を表示していない場合に、透明な基板を通して向こう側が視認できる透過状態となるが、何らかの画像を表示することにより、当該画像がある部位ではケース体21a,22aの外壁の内側が隠蔽されて非透過状態となる。有機EL表示装置では、その表示領域内における任意の範囲で様々な画像を表示することができる。

0063

また、液晶表示装置は、一般に2枚のガラス板の間に特殊な液体封入し、電圧をかけることによって液晶分子の向きを変え、光の透過率を増減させることで画像を表示する構造になっている。なお、液晶表示装置では、前記有機EL表示装置とは異なり液晶自体は発光しない。また、液晶を利用したものとして、電圧を加えることで液晶内の浮遊物を一定方向として、液晶を透明、不透明に切り換える調光ガラスと称されるものも、表示装置30として利用できる。なお、前述した表示装置30その物で、ケース体22aのうち後半側の部位22a2を構成するようにしても良い。

0064

図2に示すように、遊技設備機20の各種動作を制御するための制御基板100は、CPU101、RAM102、ROM103等を備えてなる。CPU101は、各種演算および制御を行うものであり、RAM102は、各種カウンタ等の記憶領域を含むCPU101の作業領域等を備えている。また、ROM103には、各種演算および制御の処理に関するプログラムやデータ等が記憶されている。

0065

CPU101は、各種制御を実行する「制御手段」として、遊技球放出制御部111、紙幣識別制御部112、カードユニット制御部113、遊技球計数制御部114、外壁透明化制御部115、表示制御部116、操作制御部117、画像入力制御部118を備えている。さらに、CPU101は、通信インターフェースを介してホールコンピュータ200に接続され、このホールコンピュータ200を介して遊技店内構築されたネットワークに接続されている。

0066

遊技球放出制御部111は、操作部214により投入金額が指定されると、その金額相当数の遊技球を計数して、ノズル215から放出する処理を実行する。ここで貸し出す遊技球を計数するための遊技球貸出ユニット計数器)は、図示省略したが本体部21の内部に設けられている。

0067

紙幣識別制御部112は、紙幣識別機217から入力される入金額情報に示される金額を金額情報加算する処理を実行する。ここで紙幣識別機217は、前記紙幣挿排口212に挿入された紙幣の金額を識別して紙幣識別制御部112に出力するものである。

0068

カードユニット制御部113は、遊技者を特定する会員カードおよび有価価値度数)を特定するカードおよび計数した結果を特定するカードを処理する機能を有している。先ず会員カード処理については、会員カードには、遊技者を特定する情報であるIDおよび紙幣識別機217により読み取った金額のうち使用されなかった有価価値(度数)および前もって預け入れ遊技媒体数貯玉)が記憶され、これらを記憶部から読み出し、その有価価値(度数)または遊技媒体数(貯玉)の範囲で遊技球の払い出しを許可する処理を実行する。

0069

有価価値(度数)より遊技媒体を貸し出した場合には、有価価値(度数)から減算処理し、遊技媒体数(貯玉)より遊技媒体を払い出した場合には、遊技媒体数(貯玉)から減算処理する。ここでカードリーダライタ216は、前記カード挿排口211に挿入されたカードのデータを読み取り、カードユニット制御部113に出力すると共に、カードユニット制御部113から入力したデータをカードに書き込み可能なものである。

0070

また、有価価値(度数)を特定するカードおよび計数した結果を特定するカードは、一般的には1つのカードに集約されており、以下ビジターカードと言い、会員カードを持たない一般遊技者が主に使用する。カードリーダライタ216には、ビジターカードが複数枚ストックされており、紙幣識別機217により読み取った金額のうち使用されなかった有価価値(度数)をビジターカードに記憶して、発券および計数手段225により計数した結果をビジターカードに記憶して発券する機能を有している。

0071

また、ビジターカードが挿入された際、ビジターカードに記憶された情報に基づき、有価価値(度数)および計数した結果である遊技媒体数(持玉)を読み出し、その有価価値(度数)または前記遊技媒体数(持玉)の範囲で遊技球の払い出しを許可する処理を実行する。なお、会員カードおよびビジターカードに記憶される有価価値(度数)および遊技媒体数(持玉、貯玉)は、ホールコンピュータ200に記憶するようにしても良い。

0072

遊技球計数制御部114は、前記計数手段225からの出力信号を集計および管理する処理を実行する。この遊技球計数制御部114により、遊技機10側から払い出された遊技球の個数が計数されることになる。なお、ホールコンピュータ200には、カードのIDに基づいて記憶される貯球数あるは持玉数の記憶領域があり、遊技球計数制御部114にて遊技球が計数される度に、その計数結果は通信インターフェースを介してホールコンピュータ200に送信され、前記記憶領域に貯球数あるは持玉数として積算され記憶されるように設定されている。

0073

外壁透明化制御部115は、前記ケース体21a,22aの外壁を透過状態ないし非透過状態に切り換える制御を実行する本願発明の「透過制御手段」に相当する。かかる外壁透明化制御部115は、所定条件の成立に基づき、前記ケース体21a,22aの外壁を通常の非透過状態から透過状態に切り換える制御を実行する。

0074

本実施の形態における外壁透明化制御部115は、表示装置30の表示制御を行うものであり、表示装置30が透明に変化(画像の非表示を含む)した際に、ケース体21a,22aの外壁は透過状態となり、表示装置30が不透明に変化(画像の表示を含む)した際に、ケース体21a,22aの外壁は非透過状態となるように設定されている。なお、前記「所定条件」については後述する。

0075

表示制御部116は、前記表示パネル213における各種情報の表示内容を制御するものであり、所定条件の成立に基づき、前記画像入力手段40により撮影された遊技球の画像を前記表示パネル213に表示する「表示制御手段」に相当する。この表示制御部116の表示制御により、前記表示パネル213には、前記画像入力手段40により撮影された遊技球の画像と、前記計数手段225により検出された遊技球の計数結果とが、それぞれ同時に表示される。

0076

かかる表示について詳しくは後述するが、図4に示すように、表示パネル213の画面の上端に、前記計数手段225により検出された遊技球の計数結果が「持玉数」として表示される。持玉数は、遊技者が所有する遊技価値である遊技球数情報であり、この持玉数は、前記遊技球計数制御部114による計数結果が随時加算されて更新される。また、表示パネル213の画面において持玉数の下側には、前記画像入力手段40により撮影された遊技球の画像が同時に大きく表示される。

0077

また、表示制御部116の表示制御により、表示パネル213には各種情報として、各遊技機10の特賞状態に関する情報(大当たり回数等)や、カードの度数や入金額残金、その他、各種の遊技情報等が随時表示されるようになっている。表示パネル213には、通常はこれらの各種情報および前記持玉数が表示されているが、後述する所定条件の成立に基づき、前記遊技球の画像を前記持玉数と同時に表示するように設定されている。

0078

操作制御部117は、前記操作部214からの各種操作に関する信号を入力する処理を実行する。ここで前記操作部214における各種操作とは、例えば、遊技球の貸し出しを受ける際の貸出金額の指定や、あるいは後述するが、遊技者の意思に基づく前記ケース体21a,22aの外壁の非透過状態から透過状態への切り換え操作等が該当する。

0079

画像入力制御部118は、前記画像入力手段40から入力した画像を処理する制御を実行する「画像入力制御手段」に相当する。かかる画像入力制御部118は、後述する所定条件の成立に基づき、前記画像入力手段40を駆動して流下路223を流下する遊技球の動きを撮影し、撮影された画像を録画させる制御を実行するものである。ここで画像入力手段40による撮影および録画に伴う画像信号は、各種画像処理されて画像データとして前記表示制御部116に出力される。

0080

また、画像入力制御部118は、前記画像入力手段40から入力した画像を元に真正な遊技球であるか否か識別する機能を有している。ここで画像による遊技球の識別については、例えば、簡易的な遊技球の検出方法として、背景画像(遊技球が流れていない画像)のデータを基準にして、遊技球が流れて来た時の入力画像と、背景画像との差分により移動物体(遊技球)を検出することができる。また、移動物体の領域を例外値として、残りの部分で相関係数を求める(ロバスト相関)方法が知られている。

0081

また、遊技球(球体)としての検出方法として、エッジ検出と形状照合(パターン照合)の組み合わせで、遊技球として認識する方法も知られている。ここでエッジ検出は、画像の明るさが鋭敏に(より形式的に言えば不連続に)変化している箇所を特定して、遊技球の輪郭エッジ)として画像化する。その画像の形状が遊技球と同一であるか否かを判定し同一であれば、遊技球として判断する。

0082

具体的には、遊技球の画像を入手可能な位置(遊技球がフレームインから計数手段225を通過するまで)の遊技球の輪郭データを複数用意し、その輪郭データと入力遊技球画像の輪郭が、複数の遊技球の輪郭データの少なくとも1つのデータと一致した場合に、遊技球として判断する。同じような方法としては、曲率マッチ方式もある。簡単に言えば、入手した遊技球の輪郭の曲率が、遊技球の輪郭曲率と同じか判断するものである。

0083

また、CPU101は、前記制御手段として、前記画像入力制御部118により真正な遊技球と判断された場合に、前記計数手段225による遊技球の検出を有効とする一方、真正な遊技球と判断されなかった場合に、前記計数手段225による遊技球の検出を無効とする機能を有している。

0084

さらに、CPU101は、前記制御手段として、前記計数手段225による遊技球の検出を無効とした場合に、計数信号が入力されると異常が発生したと判断してその旨を報知する機能を有している。ここでの報知は、例えば、遊技店の従業員に対して個別に通信連絡を行う音声出力装置インカム)が適している。

0085

以下、前述した実施の形態の作用について説明する。
図1において、遊技者は遊技を開始するに際し、遊技設備機20にカードや紙幣を挿入し、操作部214により貸出金額を指定すると、その金額相当数の遊技球がノズル215を介して上受け皿12に払い出される。
遊技機10では、ハンドル14の回転操作により上受け皿12内の遊技球が1つずつ遊技盤面上に打ち出される。遊技球が各種入賞口に入賞すると、それぞれの入賞口毎に定められた所定数の遊技球が賞として上受け皿12に払い出される。

0086

上受け皿12が遊技球で満杯になると、遊技者は上受け皿12にある球抜きレバーを操作することで、上受け皿12内の遊技球を下受け皿13に移すことができる。さらに、下受け皿13も遊技球で満杯になると、遊技者は下受け皿13にある球抜きレバーを操作することで、下受け皿13内の遊技球を遊技設備機20の球計数部22に移して、遊技者は席に居ながらにして獲得した遊技球をその都度計数することができる。

0087

図1に示すように、球計数部22の受入口222は玉箱仕様となっており、その底面部の取込口222aにシャッターがある場合、シャッターを閉じておくことで遊技球を所定量貯留することもできる。受入口222内の遊技球は、取込口222aよりケース体22aの内部に延びる流下路223の始端側に流入する。

0088

遊技球は流下路223に入ると、流下路223の始端から終端に亘り複数列に並設された各整列レーン224に流れ込む。ここで遊技球は、各整列レーン224間にある仕切板によって振分けられて、遊技球は各整列レーン224毎に一列に整列した状態、すなわち、流下路223の終端側まで複数列に整列した状態で流下する。

0089

各整列レーン224を通過する遊技球は、それぞれの終端側にある計数手段225によって順次計数される。ここで各計数手段225は、それぞれ遊技球を1つずつ検出する度に出力信号を発する。この各計数手段225から出力された出力信号は、遊技球計数制御部114に入力されて集計管理される。なお、計数手段225を通過した遊技球は、流下路223の終端側より遊技機島1の内部に排出される。

0090

また、計数手段225からの出力信号が、遊技球計数制御部114を経てCPU101に入力されると、このCPU101から画像入力制御部118に対して所定の制御信号が出力される。すると、画像入力制御部118からの指令に基づき、CCDカメラユニットである画像入力手段40が作動して、遊技球が計数手段225を通過する過程の画像の撮影が開始される。

0091

画像入力手段40により撮影された遊技球の画像は、画像入力制御部118によって処理された後、前記遊技球計数制御部114により集計された遊技球の計数結果と合わせて、表示制御部116の制御により表示パネル213に同時に表示される。詳しくは図4に示すように、表示パネル213の画面の上端に表示された「持玉数」に遊技球の計数結果は随時加算され、遊技球が計数される度に更新表示される。また、表示パネル213の画面において「持玉数」の下側に、前記画像入力制御部118により処理された遊技球の画像が同時に大きく表示される。

0092

このように、前記計数手段225による遊技球の検出開始を所定条件として、遊技球が計数手段225を通過する過程の画像だけでなく、遊技球が計数手段225を通過した際にカウントアップされる球数を、遊技者は画面を切り換えるような特別な操作を行うことなく同時に確認することができる。よって、遊技者としては、視認した遊技球が実際には計数されていないという不安や不信感を解消することができる。

0093

また、前記計数手段225を遊技球が通過した際、通過したことを知らしめる画像表示を行うようにすると良い。具体的には、表示パネル213の画面内の適所にLED画像を表示し、前記計数手段225を遊技球が通過する度にLED画像を発光させること等が考えられる。これにより、遊技球が検知される瞬間をカウントアップと同期させて特に認識させることになり、より確認が容易となる。

0094

また、遊技店においても、計数時における不正操作を行っていないことを証明し、遊技者の信頼感を獲得することができ、さらには、計数時における異常や不正行為を発見することも可能となる。なお、画像入力手段40により撮影した画像は録画しても良く、また、遊技球の計数結果は、通信インターフェースを介してホールコンピュータ200にも送信される。

0095

その後、前記計数手段225による遊技球の検出が途絶えてから一定時間が経過すると、画像入力制御部118からの指令に基づき、画像入力手段40による撮影が停止される。そして、表示パネル213は遊技球の画像が表示されていない状態として、例えば、持玉数や他の遊技情報を表示した初期画面に戻る。これにより、ランニングコストを低減することができる。

0096

ところで、前記画像入力手段40から入力した画像は、画像入力制御部118によって処理され、表示パネル213に表示されることになるが、画像入力制御部118は、画像入力手段40から入力した画像を元に真正な遊技球であるか否かを識別する。図6は、1つの整列レーン224を代表して、遊技球が計数手段225を通過する際の画像の流れを示している。

0097

図6において、左から順に遊技球の動きの経時的な変化を示しており、(a)は、画像入力手段40が撮影可能な所定の区画内において、遊技球が現れ始めた画像を示し、(b)は、遊技球のほぼ全体が現れた画像を示している。(c)は、計数手段225に差し掛かる遊技球の画像を示し、(d)は、計数手段225を通過直前の遊技球の画像を示している。

0098

遊技球の検出方法として、前述したエッジ検出と形状照合の組み合わせの場合には、(a)の時点における画像を、遊技球の識別用の輪郭データとして用いると良い。(b)の時点における画像では、比較する箇所が少なく誤判定を行う可能性があり、また次の遊技球で輪郭が隠れるため、隠れた輪郭データが複数必要となる。

0099

(a)の時点における遊技球の画像を、遊技球1つ分の輪郭データとして、入力画像に応じて輪郭データに具体的に何%一致したら遊技球として判断するように設定すると良い。なお、距離等に応じて%を決める必要がある。なお、(c)や(d)の時点における画像では、これを基準に真正な遊技球であるか否かを識別してから、画像を表示パネル213に表示するとなると、表示するタイミングが遅くなり、遊技球が計数手段225を通過するところを遊技者に見せることができなくなる。

0100

図6に示す画像において、整列レーン224や計数手段225は、背景画像(固定画像)のため変化しない。入力画像のうち、この背景画像を削除して遊技球のみの画像を取り出し、この画像の輪郭を抽出する。図7に示すように、例えば白黒画像表現するならば、背景画像を取り除いた箇所を黒色に表現し、遊技球は白色に表現することで、黒色の中に白色の弓形が生成される。この黒色と白色の境(遊技球の輪郭)を抽出し、抽出した円弧状と遊技球の輪郭データとを照合させる。

0101

そして、照合した結果が同一と判断されれば遊技球と判断し、同一でないと判断されれば異物と判断する。これにより、異物の挿入により計数手段225を作動させるような不正行為を防止することができる。代表的な不正行為としては、図5に示すように前記異物として、可撓性のセル板の先端に発光ダイオードを備えた不正用基板を取り付けたものを用いることが知られている。

0102

すなわち、セル板を計数手段225のある位置まで流下路223を辿って挿入し、セル板を介して先端の不正用基板を動かすことで点滅信号(不正信号)を生成して、計数手段225の出力信号を、不正用基板の発光ダイオードに生成させた点滅信号(不正信号)に故意すり替えて、過大にカウントアップさせる方法である。

0103

前記画像入力制御部118により真正な遊技球と判断された場合には、計数手段225による遊技球の検出を有効とする。一方、前記画像入力制御部118により真正な遊技球と判断されなかった場合には、計数手段225による遊技球の検出を無効とする。これにより、前述したセル板等の異物の挿入により計数手段225を作動させるような不正行為を防止することができる。

0104

基本的には、計数手段225による遊技球の検出を無効とすることにより、異物の挿入による不正行為は防止できるが、計数手段225による遊技媒体の検出を無効としているにも拘わらず、遊技球が計数されるような不正行為もあり得る。例えば、主に配線電波照射することでカウントアップすることも可能性としてはあるが、かかる場合には、いわゆる電波ゴトと判断して、当該計数も無効とすれば良い。

0105

何れにせよ、計数手段225による遊技球の検出を無効とした場合には、異常が発生したと判断してその旨を報知する。これにより、不正行為をより早期に発見して未然に防止することができる。なお、具体的な報知の手段としては、遊技店内にて従業員に対して個別に通信連絡を行う音声出力装置、いわゆるインカムを用いることにより、他の遊技者に対して不快感を与えることなく、不正行為者を隠密に発見して迅速に対処することができる。

0106

また、前述した例では、計数手段225による遊技球の検出開始時に所定条件の成立として、遊技球の画像および遊技球の計数結果を表示パネル213に同時に表示するようにしたが、別の所定条件として、前記画像入力制御部118により真正な遊技球と判断された時から、所定時間に亘り遊技球の画像および遊技球の計数結果を表示パネル213に同時に表示するようにしても良い。

0107

さらに、別の所定条件として、遊技機10が大当たり状態となった時に、遊技球の画像および遊技球の計数結果を表示パネル213に同時に表示するようにしても良い。これにより、多量の遊技球が遊技者に払い出され計数されるタイミングに合わせて、遊技球が計数手段225を通過する様子とその計数結果を、遊技者は画面を切り換えるような特別な操作を行うことなく同時に確認することができる。

0108

そして、遊技機10の大当たり状態が終了してから一定時間が経過すると、ケース体21a,22aの内部の誘導経路221を遊技球が通過する確率も低くなるため、かかるタイミングで表示パネル213を遊技球の画像が表示されていない初期画面に戻せば良い。なお、遊技機10が大当たり状態となった直後のタイミングではなく、大当たり状態になった時から所定時間だけ遅延させて遊技球の画像を計数結果と同時に表示するようにしても良い。

0109

また、球計数部22の受入口222にある取込口222aにシャッターを設けて、受入口222に遊技球を貯留できるように構成した場合には、遊技者が遊技球を計数させるためにシャッターを開く操作を検出した時から、遊技球の画像および遊技球の計数結果を表示パネル213に同時に表示するようにしても良い。ここで、遊技球が取込口222aより取り込まれてから計数手段225で実際検出されるまで、所定時間(例えば5秒等)かかるので、この所定時間だけ遅延させたタイミングで遊技球の画像を計数結果と同時に表示するようにしても良い。

0110

そして、遊技者が計数終了の操作を終了した時から一定時間(例えば5秒等)が経過すると、誘導経路221を遊技球が通過しなくなるため、かかるタイミングで表示パネル213を遊技球の画像が表示されていない初期画面に戻せば良い。このように、所定条件の内容次第で、手動あるいは自動を問わず様々な条件タイミングに起因させて、遊技球の画像を計数結果と同時に表示することができる。

0111

その他、前記計数手段225とは別に、この計数手段225より誘導経路221の始端側の位置(受入口222や、流下路223の始端等)に遊技球の検知センサを設けて、この検知センサが遊技球を検出することに基づいて、遊技球の画像を計数結果と同時に表示するようにしても良い。さらには、遊技者による表示パネル213の画面上のタッチパネル等による操作に基づいて、遊技球の画像を計数結果と同時に表示するようにしても良い。

0112

ところで、遊技設備機20のケース体21a,22aの外壁において、外部から内部を視認できる透明材質により形成された部位では、遊技球の計数時以外や管理者が内部点検を行う必要がない通常時には、前記外壁透明化制御部115によって表示装置30が不透明(画像の表示を含む)である非透過状態に制御されている。従って、遊技者に内部構造や基板等の解析が行われる心配はない。

0113

その一方、前記外壁透明化制御部115は、所定条件の成立に基づき、遊技設備機20のケース体21a,22aの外壁を通常の非透過状態から透過状態に切り換える。これにより、ケース体21a,22aの外壁(の一部)を開けたり外すことなく、内部における遊技球の動きを視認可能となる。また、遊技球の計数に関わる違法改造や不正基板の取り付け等の不正行為の発見が容易となり、不正行為を未然に防止することができる。

0114

前記所定条件としては、前述した遊技球の画像を表示パネル213に表示する時期に合わせて、外壁透明化制御部115により、通常の非透過状態から透過状態に切り換えるように設定すると良い。具体的には例えば、前記計数手段225による遊技球の検出開始時とすれば、遊技球の計数の開始に合わせて、遊技者はケース体21a,22aの内部における受入口222から計数手段225を通過するまでの遊技球の動きを直接見て確認することができる。

0115

ここで、ケース体22aのうち取込口222aより先の部位22a2では、そのまま前方ないし上方より内部の流下路223(整列レーン224)を視認することができ、その先の部位では、ケース体21aの正面壁の下部より内部の流下路223(整列レーン224)ないし計数手段225を視認することができる。

0116

これにより、遊技球が通過して計数されたことや、計数手段225が作動していることを、遊技者はリアルタイムで直接見て確認することができる。従って、遊技者により確実に信頼ならびに安心感を与えることができる。なお、前記計数手段225による遊技球の検出開始時では、実際には遊技球が流下路223を通過中か通過後となるためタイミングとしては遅いが、まとまった数の遊技球が全て通過し終えた瞬間を遊技者は見届けることで安心感を得ることができる。

0117

前記外壁透明化制御部115は、計数手段225による遊技球の検出が途絶えてから一定時間(例えば5秒等)の経過後に、ケース体21a,22aの外壁を透過状態から元の非透過状態に戻す。具体的に例えば、計数手段225による遊技球の検出をする度に、所定時間を設定する。これにより、最後に通過した遊技球から例えば5秒後に不透明になることで計数時以外では、遊技者が不必要にケース体21a,22aの内部を視認することができる状況を回避することができ、遅れ取り入れた遊技球の通過も確認することが可能となる。

0118

また、別の所定条件として、遊技機10が大当たり状態となった時に、前記外壁透明化制御部115により、遊技設備機20のケース体21a,22aの外壁を通常の非透過状態から透過状態に切り換えても良い。これにより、多量の遊技球が遊技者に払い出され計数されるタイミングに合わせて、遊技者はケース体21a,22aの内部にある誘導経路221ないし計数手段225を遊技球が通過する様子を直接見て確認することができる。

0119

そして、遊技機10の大当たり状態が終了してから一定時間(例えば5秒等)が経過すると、ケース体21a,22aの内部の誘導経路221を遊技球が通過する確率も低くなるため、かかるタイミングでケース体21a,22aの外壁を透過状態から元の非透過状態に戻せば良い。なお、遊技機10が大当たり状態となった直後のタイミングではなく、大当たり状態になった時から所定時間後に透明に切り換えるようにしても良い。

0120

また、球計数部22の受入口222にある取込口222aにシャッターを設けて、受入口222に遊技球を貯留できるように構成した場合には、遊技者が遊技球を計数させるためにシャッターを開く操作を検出した時から遊技設備機20のケース体21a,22aの外壁を通常の非透過状態から透過状態に切り換えても良い。ここで、遊技球が取込口222aより取り込まれてから計数手段225で実際検出されるまで、所定時間(例えば5秒等)かかるので、この所定時間だけ遅延させたタイミングで透過状態に切り換えても良い。

0121

そして、遊技者が計数終了の操作を終了した時から一定時間(例えば5秒等)が経過すると、誘導経路221を遊技球が通過しなくなるため、かかるタイミングでケース体21a,22aの外壁を透過状態から元の非透過状態に戻せば良い。このように、所定条件の内容次第で、手動あるいは自動を問わず様々な条件タイミングに起因させて、非透過状態から透過状態に切り換えることができる。

0122

その他、所定条件の成立を、遊技球の画像の表示するタイミングと同様に、計数手段225より誘導経路221の始端側の位置に設けた検知センサが遊技球を検出することにしたり、遊技者による操作部214等における所定操作としても良い。もちろん、遊技球の画像の表示するタイミングとは異なる所定条件の成立に基づいて、ケース体21a,22aの外壁を通常の非透過状態から透過状態に切り換えても良い。

0123

以上、本発明の実施の形態を図面によって説明してきたが、具体的な構成はこれらの実施の形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲における変更や追加があっても本発明に含まれる。例えば前述した実施の形態では、遊技媒体として遊技球を計数する台間機について説明したが、メダルを計数する遊技設備機にも適用することができる。

0124

また、前記実施の形態では、表示パネル213だけで表示装置を構成したが、計数手段225により検出された遊技球の計数結果を表示する第1表示装置を表示パネル213とは別に設けた上で、この第2表示パネル213に、前述したように遊技球の画像と遊技球の計数結果とを近接した位置に並べて表示しても良い。

0125

これにより、遊技球の計数結果だけを知りたい場合は、第1表示装置によって何時でも確認することができ、また、遊技球の計数結果と合わせて遊技球の画像も見たい場合には、表示パネル213によって確認することができる。ここで第1表示装置は、例えば、ケース体22aのうちスペース的に余裕のある部位22a1の上面側に設けたり、あるいはケース体21aの正面壁における表示パネル213の下側に設けたりすれば良い。

0126

また、前記実施の形態では、ケース体22aの内部に画像入力手段40を1つだけ設けたが、複数の画像入力手段40を別々の角度から遊技球の動きを撮影できるように設けても良い。また、ケース体22aの内部にランプ等の照明装置を設けて、明るく照射された遊技球を撮影するようにしても良い。

0127

また、前記実施の形態では、遊技設備機20のケース体21a,22aの外壁の一部を透明材質により形成し、かかる部位に表示装置30を設けて、この表示装置30に画像を表示することで透過状態ないし非透過状態に切り換えるように構成したが、例えば機械的な機構によって透過状態ないし非透過状態に切り換えるように構成しても良い。

0128

具体的には例えば、透明材質により形成した部位の内側に、ブラインド状の複数の短冊状のシャッター、あるいは移動可能な一枚物のシャッターを設けて、これらのシャッターをソレノイドモータ等の駆動源を使用して駆動制御することによりシャッターを開閉して、かかるシャッターが開いた時に透過状態となり、閉じた時に非透過状態となるように構成することが考えられる。

0129

本発明に係る遊技設備機は、遊技機毎に個別に対応して設けられ、遊技機側から払い出された遊技媒体を受け入れて、その個数を計数するものであり、特に各台計数システムを構成する計数機能付きの台間機に適用することができる。

0130

1…遊技機島
2…天板
3…腰板
4…表示装置
5…幕板
10…遊技機
11…ガラス枠
12…上受け皿
13…下受け皿
14…ハンドル
20…遊技設備機
21…本体部
22…球計数部
30…表示装置
40…画像入力手段
100…制御基板
101…CPU
102…RAM
103…ROM
111…遊技球放出制御部
112…紙幣識別制御部
113…カードユニット制御部
114…遊技球計数制御部
115…外壁透明化制御部
116…表示制御部
117…操作制御部
118…画像入力制御部
200…ホールコンピュータ
211…カード挿排口
212…紙幣挿排口
213…表示パネル
214…操作部
215…ノズル
221…誘導経路
222…受入口
223…流下路
224…整列レーン
225…計数手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】弾球遊技機(パチンコ機)や回胴遊技機(スロットマシン)等の遊技台に関し、イルミパネルに特徴を持った遊技台を提供する。【解決手段】装飾図柄表示装置の前方に前側の透過部材703fと後側の透過部材7... 詳細

  • 株式会社大都技研の「 遊技台」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】弾球遊技機(パチンコ機)や回胴遊技機(スロットマシン)等の遊技台に関し、イルミパネルに特徴を持った遊技台を提供する。【解決手段】装飾図柄表示装置の前方に前側の透過部材703fと後側の透過部材7... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】興趣の向上を図ることのできる遊技機を提供する。【解決手段】パチンコ機10は、発射手段による発射された遊技球が案内される遊技領域を移動する遊技球が入球可能な入球部を具備する第1入球手段、及び、第... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ