図面 (/)

技術 植物の緑化抑制技術

出願人 大久長範
発明者 大久長範斎藤義雄
出願日 2011年8月30日 (8年5ヶ月経過) 出願番号 2011-202364
公開日 2013年3月14日 (6年11ヶ月経過) 公開番号 2013-048615
状態 未査定
技術分野 収穫物の貯蔵
主要キーワード 添え物 UV殺菌灯 白ネギ 野菜園芸 紫外線殺菌灯 収穫直後 もやし 収穫期
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年3月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

黄ニラは、青ニラ軟白栽培としての高付加価値が評価されているが、まだ一般的に普及されるまでに至っていない。その理由として、黄ニラは収穫後に光に当たると葉緑体誘導され、緑色に変色するため、流通が難しいことがあげられる。現在の対策としては、暗所栽培された黄ニラを強力な太陽光さらす方法がとられている。しかし、収穫時に強力な太陽光を必要とするため、天候に左右されるという欠点があった。

解決手段

あらかじめ地上部切除した黄ニラ等に弱い紫外線照射すると、葉緑体の生成が抑制されることを発見した。紫外線源としてはUV殺菌灯(UV−C,200〜280nm)を使用し、照度60μW/cm2から500μW/cm2の紫外線を植物体に10分間から120分間照射する。黄ニラ以外にホワイトアスパラひろっこ、白ネギ緑化防止、2から4分割した白菜キャベツの緑化防止、各種のもやしスプライト等の植物の緑化防止に応用することができる。

概要

背景

食用とされるニラには、一般的に食されている葉ニラ、花軸を食用とするハナニラ、そして葉ニラの軟白栽培黄ニラの3種類がある。黄ニラは、葉を刈り取った直後から、光線を当てないように筒などで覆っておくと、根の貯蔵養分だけで萌芽発育する。このような栽培方法から、別名ニラモヤシとも呼ばれている。また、光線が当たらないことから葉緑素は形成されないで、美しい黄白色の葉となり、しかも急速に発育するので軟らかく繊維も発達しない。そのため、葉ニラより歯ざわりが柔らかく、香りも淡くて上品であり、ほのかに甘いことが特徴である。料理仕方もこの特性を生かして、軽く熱湯を通したものを料理への添え物スープや蒸し料理の具などの多方面に使われている。
黄ニラは、中国や台湾では、重要な野菜として、しかも高級品として古くから栽培が行われている。わが国でもいくつかの地域で昔から栽培されていたようである。最近では、中国野菜の一つとして市場でも見られるようになった。新しい産地別の面積、収量の統計はマイナークロップであることから不明であるが、関東では木、関西では広島、岡山などで栽培が多い。特に岡山は、黄ニラを地域振興作物としており、栽培が盛んである。しかし、栽培方法や緑化を防止する方法については明らかにされていない。
黄ニラの栽培方法については以下のような報告があり、紫外線をきのこに利用した特許文献がある。

概要

黄ニラは、青ニラの軟白栽培としての高付加価値が評価されているが、まだ一般的に普及されるまでに至っていない。その理由として、黄ニラは収穫後に光に当たると葉緑体誘導され、緑色に変色するため、流通が難しいことがあげられる。現在の対策としては、暗所で栽培された黄ニラを強力な太陽光さらす方法がとられている。しかし、収穫時に強力な太陽光を必要とするため、天候に左右されるという欠点があった。あらかじめ地上部切除した黄ニラ等に弱い紫外線を照射すると、葉緑体の生成が抑制されることを発見した。紫外線源としてはUV殺菌灯(UV−C,200〜280nm)を使用し、照度60μW/cm2から500μW/cm2の紫外線を植物体に10分間から120分間照射する。黄ニラ以外にホワイトアスパラひろっこ、白ネギ緑化防止、2から4分割した白菜キャベツの緑化防止、各種のもやしスプライト等の植物の緑化防止に応用することができる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

照度60μW/cm2から500μW/cm2の紫外線(200〜280nm)を植物体に10分間から120分間照射することを特徴とする野菜や植物の緑化防止方法

技術分野

0001

この発明は黄ニラ等の植物の緑色変化を抑制する技術に関するものである。

背景技術

0002

食用とされるニラには、一般的に食されている葉ニラ、花軸を食用とするハナニラ、そして葉ニラの軟白栽培の黄ニラの3種類がある。黄ニラは、葉を刈り取った直後から、光線を当てないように筒などで覆っておくと、根の貯蔵養分だけで萌芽発育する。このような栽培方法から、別名ニラモヤシとも呼ばれている。また、光線が当たらないことから葉緑素は形成されないで、美しい黄白色の葉となり、しかも急速に発育するので軟らかく繊維も発達しない。そのため、葉ニラより歯ざわりが柔らかく、香りも淡くて上品であり、ほのかに甘いことが特徴である。料理仕方もこの特性を生かして、軽く熱湯を通したものを料理への添え物スープや蒸し料理の具などの多方面に使われている。
黄ニラは、中国や台湾では、重要な野菜として、しかも高級品として古くから栽培が行われている。わが国でもいくつかの地域で昔から栽培されていたようである。最近では、中国野菜の一つとして市場でも見られるようになった。新しい産地別の面積、収量の統計はマイナークロップであることから不明であるが、関東では木、関西では広島、岡山などで栽培が多い。特に岡山は、黄ニラを地域振興作物としており、栽培が盛んである。しかし、栽培方法や緑化を防止する方法については明らかにされていない。
黄ニラの栽培方法については以下のような報告があり、紫外線をきのこに利用した特許文献がある。

0003

1)田口多喜子、田晃、ニラ伏込み軟化(黄ニラ)栽培技術確立、第1報品種比較、東農業研究、51、177−178(1998) 2)田口多喜子、田村晃、ニラ冬期伏込み軟化(黄ニラ)栽培技術の確立、第2報軟化温度品質・収量、東北農業研究、51、179−180(1998) 3)内海修一、世界の野菜日本の野菜(107)黄ニラ編、野菜園芸技術、30号、p4−5(2003)

先行技術

1)青井すなお、黄にらの栽培方法、特許出願公告平成6−53027 2)月浦栄裕、紫外線照射きのこ及び紫外線照射きのこの製造方法、特許出願公開2004−222627

発明が解決しようとする課題

0004

黄ニラは、青ニラの軟白栽培としての高付加価値が評価されているが、まだ一般的に普及されるまでに至っていない。その理由として、黄ニラは収穫後に光線に当てると葉緑体が形成され、緑色に変色するため、流通が難しいことがあげられる。現在の対策としては、暗所で栽培された黄ニラを急激に太陽光さらすことで、葉緑体形成を抑え、美しい黄白色の状態を保っている。しかし、所定の期間に所要の太陽光に暴露しなければならないため、天候に左右されるところが大きかった。そのため収穫期を過ぎた場合に長さを調整する必要があり、流通過程では黄色が緑色に変化するなど苦情があった。

課題を解決するための手段

0005

あらかじめ地上部切除した黄ニラ等に弱い紫外線を照射すると、葉緑体の生成を抑制することを発見した。本発明はこの発見に基づくものである。実際の紫外線源としてはUV殺菌灯(UV−C,200〜280nm)を使用し、照度60μW/cm2から500μW/cm2の紫外線を植物体に10分間から120分間照射することを特徴とする植物の緑化防止方法である。黄ニラ以外にホワイトアスパラ白ネギの緑化防止、2から4分割した白菜の緑化防止、各種のもやしスプライト等の植物の緑化防止に応用することができる。

発明の効果

0006

黄ニラを収穫した後に強力な太陽光に暴露しなければないため、黄ニラの収穫は天候に左右されるところが大きくかった。本発明の方法を活用することにより、天候に左右されずに確実に黄色が保持される高級商品にすることができる。また、店頭においてホワイトアスパラや白ネギの緑化防止、分割した白菜やキャベツの緑化防止、各種のもやしやスプライト等の野菜の緑化を防止することができる。

0007

収穫直後の黄ニラ(県名取市北で栽培)を紫外線殺菌灯(東ライテックGL−1515W,UV−C)の下56cm離れた位置に置き、15分、30分、45分、60分、90分及び120分間紫外線を照射した。この時の紫外線照度をUVメーターカスタム製UV−C254)で測定したところ130μW/cm2であった。紫外線処理した黄ニラと対照の黄ニラを室内で蛍光灯(東芝ライテックF120SSEX−D)の下2.5mに24時間静置した。対照の0時間静置と24時間後の黄ニラの葉の部分を色彩色差計(ミノルタ社製CR250)でL*、a*、b*を測定した。

明度(L*)と目視により、45分間以上の紫外線処理により黄ニラの黄色が保存されることが分かった(表1)。医学分野では紫外線は、UA−A(315〜400nm),UV−B(280〜315nm)、UV−C(200〜280nm)の3種類に分類される。UV−AとUV−Bについても同様な調査を行ったが緑化防止効果が認められなかった。

0008

湯沢市産の黄色い「ひろっこ」の入ったビニール袋の上側と下側に、紫外線(UV−C,220μW/cm2)を片側に15分間ずつ合計30分間照射した。この「ひろっこ」を室内の明るい場所で静置し、上部の2メートルから蛍光灯(東芝ライテックF120SSEX−D)を72時間照射し続けたが、黄色のままとどまった。

0009

収穫直後の黄ニラを紫外線殺菌灯(東芝ライテックGL−15 15W,UV−C)の下26cm離れた位置に置き20分間紫外線(400μW/cm2)を照射した。紫外線処理した黄ニラと対照の黄ニラを室内で蛍光灯(東芝ライテックF120SSEX−D)の下2.5mに24時間静置したが、緑色変化は認められなかった。

0010

収穫直後の黄ニラを紫外線殺菌灯(東芝ライテックGL−15 15W)の下80cm離れた位置に置き120分間紫外線(60μW/cm2)を照射した。紫外線処理した黄ニラと対照の黄ニラを室内で蛍光灯(東芝ライテックF120SSEX−D)の下2.5mに24時間静置したが、緑色変化は認められなかった。

0010

市販の白菜を半球に分割し一方の半球を紫外線殺菌灯(東芝ライテックGL−15 15W)の下36cm離れた位置に置き、紫外線(220μW/cm2)を30分間照射した。紫外線処理した白菜をサランラップで包んだ状態で、直射日光の当たらない明るい場所に72時間静置した。白菜は緑に変化はしなかった。

0011

ホワイトアスパラ、白ネギ、「ひろっこ」の緑化防止、2から4分割した白菜やキャベツの緑化防止、各種のもやしやスプライト等の色々な野菜や植物の緑化防止に応用することができる。特にスーパーマーケット等の野菜販売の店頭で威力を発揮する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ