図面 (/)

技術 うま味成分の不快な後味改善方法

出願人 三栄源エフ・エフ・アイ株式会社
発明者 芳仲幸治安藤修平津田章太
出願日 2011年8月31日 (9年3ヶ月経過) 出願番号 2011-188906
公開日 2013年3月14日 (7年9ヶ月経過) 公開番号 2013-048589
状態 特許登録済
技術分野 調味料
主要キーワード マンゴスチン抽出物 高栄養食 フライ用バッター 基本味 スパゲティ カルシウム類 効果なし 肉まん
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年3月14日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

アミノ酸系核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分の、不快な後味を改善する方法を提供する。

解決手段

スクラロースを添加することにより、アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分の不快な後味を改善する。

概要

背景

従来グルタミン酸ナトリウムアスパラギン酸等のアミノ酸系イノシン酸ナトリウムグアニル酸ナトリウム等の核酸系、コハク酸ナトリウム等の有機酸系など、うま味成分として様々なものが知られており、飲食品にうま味やこく味を付与するために、これらの成分を含む様々な調味料が市販されている。
一般的にうま味は他の基本味に比べ、後味に残りやすいという特徴があることが知られている。
これらのうま味成分は、適量用いることにより、飲食品に好ましい風味を付与することができるが、飲食品を口にしたときの初めのうま味を強くするために、アミノ酸系のうま味成分などを多く使用した場合などでは、例えばグルタミン酸ナトリウムなどではうま味がいつまでも口に残り、飲食品の味のバランスを崩したり、エグ味などが感じられたりする等、飲食品の風味がかえって悪くなってしまうという問題があった。

特許文献1には、飲食品におけるアミノ酸や核酸等のうま味成分に由来する好ましくない味質を改善して、すっきりとした後味にするために、アミノ酸及び/又は核酸を含有する飲食品にγ−アミノ酪酸を特定の割合で添加する、飲食品の味質改善方法が記載されている。
また、特許文献2には、グルタミン酸ナトリウムなどのナトリウム系うま味成分と、マンゴスチン抽出物を併用することにより、うま味の持続性を高めて後味を良好にできることが記載されている。

スクラロースは、ショ糖の約600倍の甘味を有しており、高甘味度甘味料として、種々の飲食品の甘味付けや、酸味渋味などをマスキングすることにより、風味の向上に用いられている(特許文献3、4)。
また、特許文献5には、スクラロースを添加することで、たんぱく質、脂質、ビタミンなどを含有する高栄養食の、エグ味、苦味及び不快臭をマスキングできることが記載されている。
さらに特許文献6には、ゴマなどの香味油脂を配合する液体調味料にスクラロースを用いることで、極めて香りの高い液体調味料が得られることが記載され、実施例には、ゴマ油やスクラロースと、グルタミン酸ナトリウムなどの調味料を含有するドレッシング調味料が記載されている。
しかしながら、これら特許文献のいずれにも、スクラロースを添加することにより、アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分の不快な後味を改善できることは記載されていない。

概要

アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分の、不快な後味を改善する方法を提供する。スクラロースを添加することにより、アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分の不快な後味を改善する。なし

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

アミノ酸系核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分に、スクラロースを添加することを特徴とする、うま味成分の不快な後味改善方法

請求項2

アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分1質量部に対して、スクラロースを0.0001〜0.01質量部添加する、請求項1記載のうま味成分の不快な後味改善方法。

請求項3

アミノ酸系のうま味成分がグルタミン酸又はそのナトリウム塩であり、核酸系のうま味成分がイノシン酸グアニル酸又はこれらのナトリウム塩であり、有機酸系のうま味成分がコハク酸又はそのナトリウム塩である、請求項1又は2記載のうま味成分の不快な後味改善方法。

技術分野

0001

本発明はうま味成分の不快な後味改善方法、詳細には、アミノ酸系核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分に、スクラロースを添加することを特徴とする、うま味成分の不快な後味改善方法に関する。

背景技術

0002

従来グルタミン酸ナトリウムアスパラギン酸等のアミノ酸系、イノシン酸ナトリウムグアニル酸ナトリウム等の核酸系、コハク酸ナトリウム等の有機酸系など、うま味成分として様々なものが知られており、飲食品にうま味やこく味を付与するために、これらの成分を含む様々な調味料が市販されている。
一般的にうま味は他の基本味に比べ、後味に残りやすいという特徴があることが知られている。
これらのうま味成分は、適量用いることにより、飲食品に好ましい風味を付与することができるが、飲食品を口にしたときの初めのうま味を強くするために、アミノ酸系のうま味成分などを多く使用した場合などでは、例えばグルタミン酸ナトリウムなどではうま味がいつまでも口に残り、飲食品の味のバランスを崩したり、エグ味などが感じられたりする等、飲食品の風味がかえって悪くなってしまうという問題があった。

0003

特許文献1には、飲食品におけるアミノ酸や核酸等のうま味成分に由来する好ましくない味質を改善して、すっきりとした後味にするために、アミノ酸及び/又は核酸を含有する飲食品にγ−アミノ酪酸を特定の割合で添加する、飲食品の味質改善方法が記載されている。
また、特許文献2には、グルタミン酸ナトリウムなどのナトリウム系うま味成分と、マンゴスチン抽出物を併用することにより、うま味の持続性を高めて後味を良好にできることが記載されている。

0004

スクラロースは、ショ糖の約600倍の甘味を有しており、高甘味度甘味料として、種々の飲食品の甘味付けや、酸味渋味などをマスキングすることにより、風味の向上に用いられている(特許文献3、4)。
また、特許文献5には、スクラロースを添加することで、たんぱく質、脂質、ビタミンなどを含有する高栄養食の、エグ味、苦味及び不快臭をマスキングできることが記載されている。
さらに特許文献6には、ゴマなどの香味油脂を配合する液体調味料にスクラロースを用いることで、極めて香りの高い液体調味料が得られることが記載され、実施例には、ゴマ油やスクラロースと、グルタミン酸ナトリウムなどの調味料を含有するドレッシング調味料が記載されている。
しかしながら、これら特許文献のいずれにも、スクラロースを添加することにより、アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分の不快な後味を改善できることは記載されていない。

先行技術

0005

特開2004−275098号公報
特開2005−52041号公報
特開平10−243776号公報
特開平10−262601号公報
特開2009−159990号公報
特開2003−230366号公報

発明が解決しようとする課題

0006

上記の特許文献1に記載の方法では、グルタミン酸ナトリウムなどのエグ味などの不快な後味を十分に改善できるものではなかった。
また、特許文献2では、グルタミン酸ナトリウムなどのうま味の持続性を高めて、後味を改善することは示されているが、エグ味などの不快な後味を改善できることは記載されていない。

課題を解決するための手段

0007

本発明者らは、上記従来技術の問題点に鑑み、鋭意研究を重ねていたところ、アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分に、スクラロースを添加することにより、うま味成分の不快な後味を改善できることを見出した。

0008

すなわち、本発明は下記に掲げるうま味成分の不快な後味改善方法に関するものである。
項1.アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分に、スクラロースを添加することを特徴とする、うま味成分の不快な後味改善方法。
項2.アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分1質量部に対して、スクラロースを0.0001〜0.01質量部添加する、項1記載のうま味成分の不快な後味改善方法。
項3.アミノ酸系のうま味成分がグルタミン酸又はそのナトリウム塩であり、核酸系のうま味成分がイノシン酸グアニル酸又はこれらのナトリウム塩であり、有機酸系のうま味成分がコハク酸又はそのナトリウム塩である、項1又は2記載のうま味成分の不快な後味改善方法。

発明の効果

0009

アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分に、スクラロースを添加することにより、これらのうま味成分の不快な後味、例えば強すぎるうま味の余韻や、エグ味、苦味などを改善して、スッキリとした後味にすることができる。

0010

本発明は、アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分に、スクラロースを添加することを特徴とする、うま味成分の不快な後味改善方法に関するものである。
本発明において、うま味成分の不快な後味改善とは、例えばグルタミン酸ナトリウムなどが有するエグ味や、強すぎるうま味の余韻などの好ましくない後味を改善して、スッキリとした後味にすることを意味する。

0011

本発明に使用されるアミノ酸系うま味成分としては、例えばグルタミン酸、アスパラギン酸、リジンヒスチジンタウリンベタイングリシンクレアチンアラニンアルギニンなどや、これらの塩(ナトリウム塩、カリウム塩など)などが、また、核酸系うま味成分としては、イノシン酸、グアニル酸などや、これらの塩(ナトリウム塩、カルシウム塩など)が、さらに、有機酸系うま味成分としては、コハク酸、酢酸クエン酸フマル酸などや、これらの塩(ナトリウム塩、カリウム塩など)などが挙げられる。
これらの中で、アミノ酸系うま味成分としては、グルタミン酸又はそのナトリウム塩が、核酸系うま味成分としては、イノシン酸、グアニル酸又はこれらのナトリウム塩が、有機酸系うま味成分としては、コハク酸又はそのナトリウム塩がそれぞれ好ましく、これらは2種以上を同時に使用することもできる。
これらのうま味成分は、飲食品中に通常0.001〜10質量%、好ましくは0.002〜5質量%、さらに好ましくは0.005〜3質量%添加される。

0012

本発明に用いるスクラロースは、ショ糖の約600倍の甘味を有する高甘味度甘味料であり、商業的に入手することができ、例えば、三栄源エフエフアイ株式会社製のサンスイートSU100等を挙げることができる。
本発明において、アミノ酸系、核酸系及び有機酸系から選ばれる1種以上のうま味成分1質量部に対するスクラロースの添加量は、0.0001〜0.01質量部、好ましくは0.0002〜0.005質量部である。
スクラロースの添加量が、これらのうま味成分1質量部に対して0.0001質量部より少ないと、うま味の不快な後味の改善効果が十分ではなく、また、0.01質量部より多いと、甘味がつきすぎて、うま味の不快な後味の改善効果も十分に確認できず、いずれも好ましくない。

0013

スクラロースとこれらうま味成分の配合の時期や順序には特に制限はなく、必ずしも同一の調味料などの食品中に、スクラロースとこれらうま味成分が含有されている必要もなく、異なる食品中にそれぞれ別々に含まれる場合であっても、食する時点において、スクラロースとこれらうま味成分が共存していれば足りる。

0014

また、本発明において、スクラロースと、これらうま味成分が含有された調味料とすることもできる。
この調味料には、スクラロースと、これらうま味成分とが上記割合で添加されていればよく、粉末状、顆粒状、固形状、液状といった剤型を問わず、また、一剤であるか二剤であるかも問わない。
さらに、この調味料には、本発明の効果を阻害しない限度において、食塩、糖類、タンパク質香料色素酸化防止剤保存料ビタミン類カルシウム類ミネラル類などを適宜含むことができる。

0015

本発明は、例えば、飲料、めん類(即席めん、乾めん、生めん)のスープスパゲティソース菓子類、ふりかけ、お漬けの素、蒲鉾等の水産練り製品ソーセージハムハンバーグミートボールなどの畜肉加工品漬物佃煮珍味ギョーザシューマイ肉まんの具、フライ用バッターてんぷらの衣などのそう菜類などの食品に適用される。

0016

以下、本発明の内容を以下の実施例を用いて具体的に説明するが、本発明はこれらに何ら限定されるものではない。
なお、以下の記載において、「部」は質量部を示し、「*」は三栄源エフ・エフ・アイ株式会社製を、「※」は三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の登録商標をそれぞれ示す。

0017

実施例1
グルタミン酸ナトリウムの0.5質量%水溶液を調製し、それに表1のように、スクラロースの量を変えて添加し、コントロールと比べて、次の基準でグルタミン酸ナトリウムの不快な後味の改善効果を評価して、結果を表1に示した。
×:効果なし、もしくは甘味が強く出てしまう △:やや後味を抑える
○:後味を抑える ◎:より後味を抑える

0018

グルタミン酸ナトリウムの0.5質量%水溶液に対して、スクラロース添加量0.00005〜0.002質量%、特に0.0002〜0.001質量%の範囲で、グルタミン酸ナトリウムの不快な後味の改善効果が認められた。

0019

実施例2
スクラロースの添加量を0.0005質量%で固定し、表2のように、グルタミン酸ナトリウムの濃度を変えて、実施例1と同一の基準で不快な後味の改善効果を評価して、結果を表2に示した。

0020

グルタミン酸ナトリウム0.05〜3質量%に対して、スクラロースを0.0005質量%添加することで、グルタミン酸ナトリウムの不快な後味の改善効果が認められた。
なお、グルタミン酸ナトリウムの濃度が0.05質量%未満では、エグ味などの不快な後味が認められない。

0021

実施例3〜5
実施例1と同様に、表3の各うま味成分の0.5質量%水溶液を調製し、それにスクラロースを0.0005質量%添加して、実施例1と同一の基準で不快な後味の改善効果を評価して、結果を表3に示した。

0022

これらのうま味成分についても、グルタミン酸ナトリウムの場合と同様に、スクラロース添加により、不快な後味の改善が認められた。

0023

実施例6
グルタミン酸ナトリウムの0.5質量%水溶液を調製し、それに表4のように、各種の甘味料を、スクラロース0.0005質量%添加と同じ甘味になるような量を添加して、実施例1と同一の基準で不快な後味の改善効果を評価して、結果を表4に示した。

0024

注1:ネオテーム2%製剤(大日本住友製薬株式会社製)
注2:ステビア抽出物100%製剤(守田化学株式会社製)
スクラロース以外の甘味料では、砂糖アスパルテームで、ややグルタミン酸ナトリウムの不快な後味を抑える効果が見られたが、アセスルファムK、ネオテーム、サッカリンナトリウム及びステビアでは、不快な後味の改善効果が認められなかった。

0025

実施例7
表5の処方に基づき、めんつゆを製造し、それを5倍に希釈したものに、表6に記載の量のスクラロースを添加し、実施例1と同一の基準で不快な後味の改善効果を評価して、結果を表6に示した。

0026

実施例

0027

スクラロース添加量0.0001〜0.002質量%の範囲で、グルタミン酸ナトリウムなどのうま味成分の不快な後味の改善効果が認められた。スクラロースを添加することで、強いうま味を有しながらも、後味のすっきりした上品な味わいのめんつゆとなった。

0028

本発明により、グルタミン酸ナトリウムなどのうま味成分の不快な後味を改善することができるので、食品工業において有用である。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 三栄源エフ・エフ・アイ株式会社の「 香料組成物、及びその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】香料成分の香気及び/又は香味の保留性に優れた香料組成物、例えば、加熱調理等の加熱工程後や長期保管後等においても香料成分の香気及び/又は香味の保留性に優れた香料組成物及び、それを用いた食品組成物... 詳細

  • 白石良蔵の「 冷凍調味料」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】野菜にかける調味料であるドレッシングに米粉やおからを所定の割合で混合し凍らせたものを削ることで、野菜にかける調味料の量を自由に調節できて、且つ、溶けにくくさせた冷凍調味料の提供。【解決手段】摩... 詳細

  • 株式会社ADEKAの「 油脂分解物」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】異味の付与が抑えられた、好ましい風味やコク味を有する飲食品を得ることができ、且つ、ベーカリー食品に適用した場合には、歯切れの悪さを生じさせずに、適度にソフトな食感と、老化耐性を有するベーカリー... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ