図面 (/)

技術 築発電機

出願人 山下博昭
発明者 山下博昭
出願日 2011年8月9日 (7年10ヶ月経過) 出願番号 2011-201125
公開日 2013年2月21日 (6年4ヶ月経過) 公開番号 2013-036458
状態 拒絶査定
技術分野 波力利用等のその他の液体機械又は機関
主要キーワード 水用弁 発電気 人畜無害 固定シャフト ゼンマイ 石炭ガス 発電機内 海岸線
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年2月21日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

現在何を置ても原子力発電を無さなければ成ないと思います。昨今のテレビでも放送されて居る様に実際に色々な生物や植物に対して目に見えない放射能やCO2などの産業廃棄物は何としても無さなければ成りません。

課題を解決する手段

何が何でも原子力発電に依存しなくても良いエネルギー発見なのです。其のエネルギーが築発電機なのです。一日も早く、人畜無害で何人にも簡単に動かせる「築発電機」でこそ日本が世界の人々にを張って進められると思います。〔地球と月の無限の引力の応用です〕

概要

背景

概要

現在何を置ても原子力発電を無さなければ成ないと思います。昨今のテレビでも放送されて居る様に実際に色々な生物や植物に対して目に見えない放射能やCO2などの産業廃棄物は何としても無さなければ成りません。何が何でも原子力発電に依存しなくても良いエネルギー発見なのです。其のエネルギーが築発電機なのです。一日も早く、人畜無害で何人にも簡単に動かせる「築発電機」でこそ日本が世界の人々にを張って進められると思います。〔地球と月の無限の引力の応用です〕

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

発電機は月と地球の相互の引力を応用して海水の滿潮干を利用し築電をする方法です。

請求項2

築発電機は其の築電したエネルギーを其のまま蓄電出来る機械なのです又蓄電して置いてて電気の量は減る事もありません

請求項3

築発電機はエネルギーが何にも要らないのです。本当に無から電気を発生させる機械です

技術分野

月と地球の引力を応用し海水の干滿の差を利用して24時間で2回の海水の上げ下げ〔24時間で4回〕の可動が可能です
の干滿の間に45分の潮止が有りますので其の間に発電も出来ますが、機械の事を考えると2日に1回の発電が良いと考えて居ます。築発電機の生命とも言える。
ゼンマイスプリングの事です。新しい形のスプリングやゼンマイは出来あがると思いますが最初の機械の使用一番大切だと思います。

発明が解決する課題

在日本が為へき課題は震災の復興原子力発電を無くす事だと思います。
電力は必らずこの築発電機が課題を解決して呉ると思います。

課題を解決する為の手段

原子力発電を無くする為に不足する電力を得る為にわ石油石炭ガスなとは絶対に駄目です。
日本は海岸線が世界一多い國です築発電気。大陽光発電風力発電で充分に可能だと思います。
一日も早く放射能も一酸加炭素も無い日本にして下さい。

図面の簡単な説明

図1の(a)は正面図、(b)は側面図です。

部品をABCであらわして有りますので部品名を説明します。
〔A〕=築発電用シャフト
〔B〕=発電用プーリー
〔C〕=築電
〔D〕=スプリングとゼンマイの固定シャフト
〔E〕=安全管理用蓋
〔F〕=築発電機内水用弁
〔G〕築発電機を2台以上連結する部品です
〔H〕ゼンマイ及スプリングです
〔K〕滑車

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ