図面 (/)

技術 生ビールを、多くの家庭で、誰もが簡単に必要な時に飲むことができるようにするためのデリバリーサービスの仕組み

出願人 辰巳和正
発明者 辰巳和正
出願日 2011年7月7日 (9年4ヶ月経過) 出願番号 2011-163660
公開日 2013年1月31日 (7年9ヶ月経過) 公開番号 2013-018651
状態 未査定
技術分野 物流システム 特定用途計算機
主要キーワード デリバリーサービス 受付担当 ビールサーバー 生ビール樽 配達担当 生ビール 対象エリア内 巡回型
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2013年1月31日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

従来、飲食店等でしか飲むことができなかった生ビールを、多くの家庭でも飲食店で生ビールを頼む程度の手軽さで簡単に必要な時に飲めるようにするために、各家庭に、生ビール樽生ビールサーバーを持参し、生ビールをご提供する一連仕組みを提供する。

解決手段

生ビール樽と生ビールサーバーをデリバリーする自動車バイク等の配達手段を準備し、各家庭からの注文を受けて、持参し、その場で生ビールを注いで提供する。また、生ビールのように調理が不要で一定程度ストックを持ってデリバリーできるものに限定したサービスにすることで、デリバリー後も、店舗等に戻ることなく、デリバリーエリア巡回することが可能となり、注文に迅速に対応しお届けできる。結果、多くの家庭で、飲食店で生ビールを頼む程度の気軽さで簡単に必要な時に生ビールを飲むことができるようになる。

概要

背景

概要

従来、飲食店等でしか飲むことができなかった生ビールを、多くの家庭でも飲食店で生ビールを頼む程度の手軽さで簡単に必要な時に飲めるようにするために、各家庭に、生ビール樽生ビールサーバーを持参し、生ビールをご提供する一連仕組みを提供する。 生ビール樽と生ビールサーバーをデリバリーする自動車バイク等の配達手段を準備し、各家庭からの注文を受けて、持参し、その場で生ビールを注いで提供する。また、生ビールのように調理が不要で一定程度ストックを持ってデリバリーできるものに限定したサービスにすることで、デリバリー後も、店舗等に戻ることなく、デリバリーエリア巡回することが可能となり、注文に迅速に対応しお届けできる。結果、多くの家庭で、飲食店で生ビールを頼む程度の気軽さで簡単に必要な時に生ビールを飲むことができるようになる。

目的

配達担当は、生ビールの注文を受け次第、上記配達手段である自動車やバイク等を使用して、その家庭まで生ビール樽や生ビールサーバー等を持参し、その場で生ビールを注いでご提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

生ビール樽生ビールサーバー等を各家庭まで持参し、その場で生ビールを注ぎ生ビールを提供するという、生ビールのデリバリーサービス仕組み。

請求項2

デリバリー配達手段である自動車バイク等に乗せている生ビール等のストックがなくなるまで、配達担当がデリバリーエリア巡回しながら、お客さまからの注文受け付け受付担当からの連絡待ちつつデリバリーしつづけるという、言ってみれば、「巡回型のデリバリーサービス」という仕組み。

技術分野

0001

この発明は、飲食店等で飲んでいた生ビールを、多くの家庭で、飲食店で生ビールを頼む程度の手軽さで、誰もが簡単に、また必要な時に、飲むことができるようにするための、生ビールのデリバリーサービス仕組みに関するものである。

発明が解決しようとする課題

0002

飲食店等では手軽に飲むことができる業務用レベルの生ビールを、現在、多くの家庭では手軽に簡単に飲むことができないという課題がある。

0003

たとえば、飲食店等で飲むような生ビールを家庭でも飲むためには、まずは、生ビールサーバー購入するかレンタルする方法が考えられるが、飲食店等で使用しているような業務用レベルの生ビールサーバーを購入・レンタルするには、コストが高い等の問題がある。加えて生ビールサーバー自体の設置や維持管理等の手間がかかる。

0004

また、一般的に家庭向けに販売している簡易ビールサーバーでは、十分にビール冷やす事ができない等、飲食店等で飲むような生ビールのレベルには至らない。

0005

一方、家庭が自前で生ビールサーバーを準備することが困難な場合、飲食店等から生ビール自体をデリバリーする方法も考えられるが、この方法についても家庭で簡単に生ビールを飲めるレベルにはならない2つの問題がある。

0006

1つ目は、生ビールを作ってからお届けするまでに時間がかかり生ビールの鮮度が低下するという問題である。生ビールを家庭にデリバリーする場合、生ビールを注いでからお届けするまでに一定の時間がかかり、生ビールの大切な商品価値である泡が消滅してしまう等、商品価値を著しく下げてしまう。

0007

2つ目は、生ビールをお届けする時間の問題である。ビールを家庭で飲むのは、夕食等、食事一緒のことが多いことから、生ビールは、食事の開始時間等に合わせて、できるだけ早く、そしてできるだけタイムリーに届けることが重要となる。注文してから届く時間が遅い、また30分程度の誤差が発生する等があれば、夕食時等のビールを飲みたいときに生ビールをお届けすることができないということになる。このような使い勝手の悪い、手軽に頼めないサービスであれば、わざわざ家庭で生ビールを注文しないと考えられる。

0008

以上から、従来の仕組みでは、飲食店等で飲むレベルの生ビールを、多くの家庭で、飲食店で生ビールを頼む程度の手軽さで簡単に飲むことができない。本発明は、以上のような課題をなくすためになされたものである。

課題を解決するための手段

0009

課題を解決するために、まずは、飲食店等で使用している生ビール樽と生ビールサーバーそのものを家庭までデリバリーし、その場で生ビールを注ぎ生ビールを提供できる仕組みを構築する。

0010

このことにより、各家庭は、飲食店等で使用している業務用レベルの生ビールサーバーを準備する等の必要なく、家庭で生ビールを簡単に飲むことができる。

0011

当然、家庭まで生ビールサーバーを持参し、その場で生ビールを注ぐサービスのため、デリバリーの1つ目の問題であった、生ビールの鮮度が低下するという問題も解決できる。

0012

次に、この生ビールのデリバリーサービスでは、お客さまにお届けするものを、生ビール、もしくは生ビールのような注文を受けてからなにかしらの調理をする必要がないもの、また、生ビールのように注文を受けた量以上の一定程度ストックを持ってデリバリーすることができるものに限定する。

0013

生ビール以外では、たとえば、調理済の枝豆などのビールのつまみ等が想定される。

0014

このように、お届けするものを限定することで、この生ビールのデリバリーサービスは、注文を受けてから調理にかかる時間が不要になることはもちろん、一度デリバリーに出たら、生ビール樽のビール等のストックがなくなるまで店舗に帰店する必要がなくなる。一度デリバリーに出たら店舗に戻らず、そのままデリバリーの対象エリア内巡回して注文を待つことができるようになる。言ってみれば、エリア巡回型」のデリバリーサービスを実現することができる。結果、注文を受け付け次第、即、家庭に届けられるようになる。

0015

これは、従来のデリバリーの仕組みである「厨房を持つ店舗に常時待機して、注文の度に、注文された商品を調理し、また、その調理された商品を持って各家庭にデリバリーする。そしてまた、厨房を持つ店舗に帰り、注文を待つ。」という、商品をデリバリーするために、いったん調理をするための厨房のある店舗に帰店が必要な、言ってみれば「帰店型」のデリバリーサービスとは一線を画すことができる。

0016

結果、従来の「帰店型」のデリバリーサービスでは実現できなかったスピードで、各家庭に生ビールをデリバリーすることを可能とし、デリバリーの2つ目の問題も解決することができる。

0017

本発明は、以上により、従来、飲食店等でしか飲むことのできなかった生ビールを、多くの家庭で、飲食店で生ビールを頼む程度の手軽さで、簡単に必要な時に、飲むことを可能にする。

発明の効果

0018

従来、多くの家庭では飲むことができなかった、飲食店等で飲むレベルの生ビールを、この生ビールデリバリーサービスを実施することによって、飲食店等で使用している生ビールサーバー等を各家庭で購入やレンタルしなくても飲むことができるようになる。また、巡回型のデリバリーサービスという形態により、従来のデリバリーサービスでは実現出来なかった鮮度の高い生ビールをスピーディーにお届けするということができるようになる。これらによって、多くの家庭で、飲食店で飲むレベルの生ビールを、気軽に簡単に必要な時に飲むことができるようになる。

実施例

0019

各家庭に生ビールをデリバリーする配達手段、たとえば、自動車バイク等に、生ビール樽や生ビールサーバーを乗せる。

0020

また、お客さまから生ビール等の注文を受け付ける受付担当と、生ビールを家庭にお届する配達担当を設ける。受付担当は、お客様から注文を受け付けたら、そのお客様が所在するエリアを担当する配達担当に、注文を受けつけた旨を伝える。

0021

配達担当は、生ビールの注文を受け次第、上記配達手段である自動車やバイク等を使用して、その家庭まで生ビール樽や生ビールサーバー等を持参し、その場で生ビールを注いでご提供する。

0022

配達担当は、いったん配達に出れば、上記配達手段である自動車やバイク等に乗せている生ビール樽のビールがなくなるまでは、担当するデリバリーエリアを巡回しつづける。

0023

受付担当は、お客様の注文を受け付けたら、そのお客様が所在するエリアを巡回している配達担当にその旨を連絡する。配達担当は、注文いただいた家庭に生ビールをデリバリーする。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ