図面 (/)

技術 ホームオートメーションシステムのオーディオコンポーネンツの簡略化された相互接続および制御のための方法と装置

出願人 エルベックスビデオ株式会社
発明者 エルババウム、ディヴィド
出願日 2010年3月17日 (9年5ヶ月経過) 出願番号 2012-516075
公開日 2012年11月29日 (6年8ヶ月経過) 公開番号 2012-530451
状態 特許登録済
技術分野 電話通信サービス
主要キーワード 電気技師 分配器回路 入力コネクター スピーカー回路 並列端子 ステレオジャック バッテリー回路 インターフェースコネクター
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年11月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

ホームオートメーションシステム一体化されたオーディオシステムステレオ信号分配するための方法と装置。オーディオシステムは更に、ネットワークインターネットを介したインターコム通信ホームオートメーション機器の制御を含んだインターコムとビデオインターコムと一体化される。ステレオ信号は、分配器を介してかまたは、シリアル信号と、インターコムとかまたはネットワークまたはインターネットを介してeステーションと通信するためのマイクロホン信号多重化された符号化された信号を搬送している少なくとも1つの単一のツイストペアを介して直接スピーカーに、符号化されセレクターエンコーダーから分配される。多重化された信号は、システムデバイスに一定の電流を供給もするかまたは別のツイストペアを介してパワーを提供している同じツイストペアを介して伝播される。スピーカーは、遠隔制御信号を伝播するための有線または無線遠隔制御受信機および送信機を含む。システムは柔軟であり、装備を施されたネットワークケーブルコネクターを使って多くの構成で接続されることができる。

概要

背景

ホームオートメーションホームシアターおよび同様のアプリケーションとの関係で使われるオーディオおよびステレオアンプおよびプリアンプは、実際には消費者によって使われ操作される一般的で周知のオーディオ機器である。ラックを搭載したエンクロージャー中に構築されており、集中化されたパネルからオーディオ機器を操作するための追加の制御ラインまたはバスラインコネクターが設けられているというように、差異はそれらの構造にある。

そのようなオーディオシステムは、システムラックスピーカーおよび一連オーディオプレーヤーの間で異なるワイヤおよびシールドオーディオケーブルによって相互接続されている。これは、オーディオまたはビデオディスクの便利な取り扱いのために、ユーザオプションにおいて、リビングまたはダイニングルーム等に位置するかまたは置かれたCD、DVD、ブルーレイおよび/またはiPod cradleのようなユーザに操作されたプレーヤーからはるばる来る、長く引き延ばされたオーディオケーブルを要求する。テレビオーディオ出力信号を含んだ全てのステレオ信号は、ケーブル端においてプラグ装備したオーディオシールドケーブルを要求する。そのようなオーディオケーブルのための導管は、住宅の設計中および建築中建物建築士によっては設けられない。

多くのそのようなオーディオケーブルとヘビーゲージスピーカーケーブル制御ワイヤは、建物が完成された時にオーディオシステムを接続するために配置されていなければならず、複数のケーブルおよびワイヤは、建てられた壁に沿って引き延ばされなければならず、それは内装を台無しにする。しかも、そのような接続は費用がかかり、専門家によって取り扱われなければならない。

更には、そのようなオーディオシステムは、入口パネルとの2ウェイ通信を有するインターコムまたはビデオインターホンとオーディオシステムを一体化するための接続および制御も、あるいは建物または家のドア遠隔開錠も、あるいは建物または家のビデオインターコムまたはインターコムシステムに接続された守衛仮想門番管理人および仮想e管理人との通信も、提供しない。

そのようなインターコムまたはビデオインターコムシステムは、一般的には電気システムと共に設置され、建物中のネットワーク化または電話のために使われるCAT5ケーブルのペアまたは複数のペアのような、ツイストペアまたは複数のペアを介して接続される。そのようなケーブルは、ステレオオーディオ信号オーディオプリアンプまたはアンプ入力コネクター中に接続するのに使われることはできない。一方、そのようなCAT5ケーブルは、シールドオーディオケーブルを配線することのコストよりもはるかに低いコストで、電気契約業者によって、建物および家の導管のために一般的に設計されその中に設置される。

ニューヨークのような大都市では、消防局アパートメントビルのインターコムシステムを火災警報器と一体化することと、火災の際には選択されたかまたは全てのアパートメントに音声メッセージまたはコマンドの送信を提供することを意図している。そのようなインターコムとのインターフェース化および一体化は、現行のインターコムおよびビデオインターコムシステムの多くでは容易に利用可能ではなく、そのいくつかはオーディオアンプまたはプリアンプに直接接続されることができないデジタルオーディオ信号伝播する。

更には、ホームオートメーションのためのオーディオシステムは、ハンドフリー電話で使われているような、周知の「ハンドフリー」オーディオ信号を処理するためのマイクロホンを組み込んでおらず、一方でそのような2ウェイハンドフリー通信は、寝たきりの人、老人および病人緊急事態のために電話して医者と通信するために非常に有用であり、人口の高齢化のために益々必要とされているサービスである。

概要

ホームオートメーションシステムと一体化されたオーディオシステムのステレオ信号を分配するための方法と装置。オーディオシステムは更に、ネットワークインターネットを介したインターコム通信とホームオートメーション機器の制御を含んだインターコムとビデオインターコムと一体化される。ステレオ信号は、分配器を介してかまたは、シリアル信号と、インターコムとかまたはネットワークまたはインターネットを介してeステーションと通信するためのマイクロホン信号多重化された符号化された信号を搬送している少なくとも1つの単一のツイストペアを介して直接スピーカーに、符号化されセレクターエンコーダーから分配される。多重化された信号は、システムデバイスに一定の電流を供給もするかまたは別のツイストペアを介してパワーを提供している同じツイストペアを介して伝播される。スピーカーは、遠隔制御信号を伝播するための有線または無線遠隔制御受信機および送信機を含む。システムは柔軟であり、装備を施されたネットワークケーブルコネクターを使って多くの構成で接続されることができる。

目的

ニューヨークのような大都市では、消防局はアパートメントビルのインターコムシステムを火災警報器と一体化することと、火災の際には選択されたかまたは全てのアパートメントに音声メッセージまたはコマンドの送信を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

少なくとも1つのツイストペア、1つのネットワークケーブル、少なくとも1つの装備を施されたネットワークケーブルおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたカスケードしているネットワーク相互接続ケーブルを介して符号化されたステレオ信号伝播することによって、セレクターエンコーダーとAスピーカーとBスピーカーをホームオートメーションサウンド分配システムに組み合わせるための方法であって、前記カスケードしているネットワークの少なくとも1つのセグメントは、コネクターピグテール、装備を施されたピグテール、ジャンクションボックスジャンクションボードジャンクションストリップ端子ブロックおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された壁ソケットによって交差され、前記方法は、a.増幅されたステレオ信号を復号して前記AスピーカーおよびBスピーカーに出力するため、および前記1つのツイストペアを介して多重化されたものと第三のツイストペアの少なくとも1つを介して前記セレクター/エンコーダーと復号部の間で2ウェイシリアル信号を伝播するために、前記セレクター/エンコーダーと、前記復号部中に含まれたデコーダーステレオアンプおよび中央プロセッサに前記符号化されたステレオ信号を供給するための前記Aスピーカーと関連付けられた復号部の間に、第一のセグメントの前記1つのツイストペアを相互接続するステップと、b.前記1つのツイストペアを介して一定の電流を供給することと前記第一のセグメントの第二のツイストペアを介したパワーリンクの1つによって前記復号部にパワーを与えることを含んだ、前記サウンド分配システムにパワーを与えるために、パワーサプライを前記セレクター/エンコーダーに接続するステップと、c.前記増幅されたステレオ信号のBチャネルを前記Bスピーカーに供給するために、前記復号部と前記Bスピーカーの間に後続のセグメントのツイストペアを相互接続するステップと、d.前記セレクター/エンコーダーをステレオケーブルを介して少なくとも1つの音楽ソースに接続するステップと、e.前記サウンド分配システムを、前記セレクター/エンコーダーのタッチキーを介してかまたは前記セレクター/エンコーダーと関連付けられた遠隔制御部を介して、操作するステップと、を含む方法。

請求項2

サウンドパワー出力を増加するための前記アンプによるより高い電流ドレインを提供するように、充電可能なバッテリーが前記Aスピーカーと関連付けられており、前記復号部に一定の電流を供給することは、前記バッテリーを充電するための電流を含む、請求項1によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項3

前記第一のセグメントは、前記少なくとも1つの壁ソケットによって交差された前記装備を施されたネットワークケーブルからなり、前記装備を施されたネットワークケーブルは、少なくとも前記1つのツイストペアからなり、前記復号部は前記Aスピーカーと組み合わされ、前記Aスピーカーの前記復号部を前記Bスピーカーと接続している前記後続のセグメントは、前記ツイストペアと装備を施されたネットワークケーブル中に含まれた前記ツイストペアの1つである、請求項1によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項4

前記Aスピーカーはマイクロホンを含み、前記復号部は、前記1つのツイストペアと少なくとも1つの遠隔制御受信機に多重化されたマイクロホン信号を供給し、前記セレクター/エンコーダーは、前記マイクロホン信号のための分離器と、インターコムスピーカーの信号のためのバッファーと、前記シリアル信号を前記インターコムと交換するためのポートを含み、前記セレクター/エンコーダーを前記壁ソケットと接続している前記装備を施されたネットワークケーブルは、少なくとも3つの追加のツイストペアを含み、2つは前記インターコムスピーカーラインとマイクロホンラインを接続するためのものであり、もう1つは前記サウンド分配システムを前記インターコムと一体化するために前記インターコムのシリアル信号ラインを前記ポートと相互接続するためのものであり、前記方法は、f.前記スピーカー信号を前記セレクター/エンコーダーに、前記マイクロホン信号を前記インターコムに伝播するため、および前記シリアル信号を前記インターコムと前記セレクター/エンコーダーの間で交換するために、インターコムスピーカーラインとマイクロホンラインと前記インターコムの前記シリアル信号ラインを前記壁ソケットに接続するステップと、g.インターコムモードに入るようにと、前記スピーカー信号のモノラルサウンドを符号化するようにと、前記マイクロホンが前記インターコムと通信することを可能とするように、前記シリアル信号を介して前記セレクター/エンコーダーと前記復号部と前記インターコムに命令するステップと、h.前記タッチキーまたは前記遠隔制御部を介した前記インターコム操作の機能を含んだ前記インターコムとの通信を制御するステップと、を更に含む、請求項3によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項5

前記Aスピーカーは、遠隔制御信号を伝播するための少なくとも1つの遠隔制御受信機と少なくとも1つの遠隔制御送信機を含み、前記セレクター/エンコーダーは、前記シリアル信号を交換するためのポートを含み、前記セレクター/エンコーダーを前記壁ソケットと接続している前記装備を施されたネットワークケーブルは、前記サウンド分配システムをホームオートメーションシステムと一体化するために、ホームオートメーション分配器シリアルポートを相互接続するための少なくとも1つの追加のツイストペアを含み、前記方法は、f.前記ホームオートメーション分配器の前記シリアルポートを前記壁ソケットに接続するステップと、g.前記ホームオートメーション分配器を、前記第二のツイストペアを介した前記パワーサプライ、前記パワーサプライへのダイレクトリンク、別のパワーサプライからなるグループから選択されたパワーフィードに接続するステップと、h.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアルポート、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバーおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記ホームオートメーション分配器と前記セレクター/エンコーダーの間で前記シリアル信号を交換することによって、前記サウンド分配と前記ホームオートメーションを操作するステップと、を更に含む、請求項3によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項6

少なくとも1つのツイストペア、1つのネットワークケーブル、少なくとも1つの装備を施されたネットワークケーブルおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたカスケードしているネットワーク相互接続の少なくとも1つのツイストペアを介して符号化された信号を伝播することによって、セレクター/エンコーダーとオーディオ分配器と少なくとも1つのAスピーカーと少なくとも1つのBスピーカーをホームオートメーションのサウンド分配システムに組み合わせるための方法であって、前記カスケードしているネットワークの少なくとも1つのセグメントは、コネクター、ピグテール、装備を施されたピグテール、ジャンクションボックス、ジャンクションボード、ジャンクションストリップ、端子ブロックおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された壁ソケットによって交差され、前記方法は、a.前記壁ソケットによって交差された前記装備を施されたネットワークケーブルからなる第一のセグメントを前記セレクター/エンコーダーと前記オーディオ分配器の間に相互接続するステップであって、前記装備を施されたネットワークケーブルは、前記符号化された信号を前記オーディオ分配器に供給するため、および前記オーディオ分配器と前記セレクター/エンコーダーの間で多重化された2ウェイシリアル信号を伝播するために、少なくとも前記1つのツイストペアを含むステップと、b.増幅されたステレオ信号を復号して前記AスピーカーおよびBスピーカーに出力するため、および多重化されたシリアル信号を前記オーディオ分配器と前記Aスピーカーの各々の間で伝播するために、前記オーディオ分配器と、前記符号化された信号を前記Aスピーカーの各々のデコーダー、ステレオアンプおよび中央プロセッサに分配するための前記Aスピーカーと関連付けられた復号部の間に、少なくとも前記1つのツイストペアからなる次のセグメントを相互接続するステップと、c.前記次のセグメントの前記1つのツイストペア上で前記Aスピーカーの各々に、および前記第一のセグメントの前記1つのツイストペア上で前記セレクター/エンコーダーに、一定の電流を供給することと、前記次のセグメントおよび前記第一のセグメントの第二のツイストペアを介して前記Aスピーカーへと前記セレクター/エンコーダーへのダイレクトパワーリンクの1つによって、前記サウンド分配システムにパワーを与えるために、パワーサプライを前記オーディオ分配器に接続するステップと、d.前記増幅されたステレオ信号のBチャネルを前記Bスピーカーに供給するために、後続のセグメントのツイストペアによって、復号部の各々を前記Bスピーカーの各々と相互接続するステップと、e.前記セレクター/エンコーダーをステレオケーブルを介して少なくとも1つの音楽ソースに接続するステップと、f.前記サウンド分配システムを、前記セレクター/エンコーダーのタッチキーを介してかまたは前記セレクター/エンコーダーと関連付けられた遠隔制御部を介して、操作するステップと、を含む方法。

請求項7

サウンドパワー出力を増加するための前記アンプによるより高い電流ドレインを提供するように、充電可能なバッテリーが前記Aスピーカーと関連付けられており、前記Aスピーカーに一定の電流を供給することは、前記バッテリーを充電するための電流を含む、請求項6によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項8

前記少なくとも1つのAスピーカーはマイクロホンを含み、前記復号部は、前記1つのツイストペアと少なくとも1つの遠隔制御受信機に多重化されたマイクロホン信号を供給し、前記オーディオ分配器は、マイクロホン信号分離器と、選択されたマイクロホン信号を出力するためのセレクターと、インターコムスピーカー信号のためのバッファーを含み、前記第一のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルは、前記インターコムのスピーカーラインを前記セレクター/エンコーダーと相互接続するための少なくとも1つの追加のツイストペアを含み、前記方法は、g.前記選択されたマイクロホン信号を前記インターコムに出力するために、マイクロホンラインを前記インターコムと前記オーディオ分配器の間に接続するステップと、h.前記バッファーと前記追加のツイストペアを介して直接の1つを介して、インターコムスピーカー信号を前記セレクター/エンコーダーに転送するために、前記スピーカーラインを前記インターコムと前記オーディオ分配器の間に接続するステップと、i.前記シリアル信号を前記セレクター/エンコーダーと前記オーディオ分配器と前記Aスピーカーと前記インターコムの間で分配して交換するために、前記インターコムのシリアルポートを前記オーディオ分配器に含まれたシリアルポートに接続するステップと、j.前記インターコムスピーカー信号のモノラルサウンドを選択し、符号化し、伝播するようにと、前記インターコムと通信するために前記マイクロホンを操作するように、前記シリアル信号と前記遠隔制御信号を介して前記セレクター/エンコーダーと前記オーディオ分配器と前記復号部と前記インターコムに命令するステップと、k.前記タッチキーまたは前記遠隔制御部を介した前記インターコム操作の機能を含んだ前記インターコムとの通信を制御するステップと、を更に含む、請求項6によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項9

前記Aスピーカーは、遠隔制御信号を伝播するための少なくとも1つの遠隔制御受信機と少なくとも1つの遠隔制御送信機を含み、前記オーディオ分配器と前記セレクター/エンコーダーの各々は、シリアル信号を相互接続するためのポートを含み、前記第一のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルは、前記シリアル信号を伝播するため、および前記サウンド分配システムをホームオートメーションシステムのホームオートメーション分配器と一体化するために、少なくとも1つの追加のツイストペアを含み、前記方法は、g.前記シリアルコマンドを前記ホームオートメーション分配器と前記オーディオ分配器と前記セレクター/エンコーダーと前記Aスピーカーの間で交換するために、前記オーディオ分配器の前記シリアルポートを、前記セレクター/エンコーダーの前記シリアルポートとおよび前記ホームオートメーション分配器に含まれたシリアルポートと接続するステップと、h.前記ホームオートメーション分配器を前記パワーサプライに接続するステップと、i.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアルライン、前記シリアルポート、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバーおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記サウンド分配と前記ホームオートメーションを操作するステップと、を更に含む、請求項6によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項10

前記Aスピーカーは、遠隔制御信号を伝播するため、およびホームオートメーションシステムのホームオートメーション分配器を含むように前記サウンド分配の前記インターコムシステムとの一体化を拡張するために、少なくとも1つの遠隔制御送信機を更に含み、前記方法は、l.シリアル信号を、前記ホームオートメーションシステムと、前記インターコムと一体化された前記オーディオ分配システムの間で交換するために、前記オーディオ分配器の前記シリアルポートを、前記ホームオートメーション分配器に含まれたシリアルポートに接続するステップと、m.前記ホームオートメーション分配器を前記パワーサプライに接続するステップと、n.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアル信号、前記シリアルポート、前記インターコム、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバーおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記サウンド分配と前記インターコムと前記ホームオートメーションを操作するステップと、を更に含む、請求項8によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項11

前記インターコムは、前記オーディオ分配器を通して交換された前記シリアル信号と前記インターコムスピーカー信号と前記マイクロホン信号を含んだ、前記インターコムシステムによって生成されたビデオ、オーディオ、データ、コマンド、制御、警報およびそれらの組み合わせからなるグループから選択された組み合わされ多重化された信号を伝播するための組み合わせポートを含み、前記ホームオートメーション分配器は、信号変換器モデム、ADSL、PC、PCサーバー、PCプログラムネットワーク通信器、ルーターネットワークスイッチおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたインターフェース部に、多重化された信号の前記組み合わせを伝播するために、逆ポートとインターフェ−スコネクターを含み、前記方法はo.前記インターコムの前記組み合わせポートを前記ホームオートメーション分配器の前記逆ポートと、前記インターフェース部を前記インターフェースコネクターに、接続するステップと、p.前記ホームオートメーションを遠隔的に操作するためにネットワークを介して通信することに適応されたインターフェースされた信号を伝播するため、および前記インターコムと、またe−緊急事態、e−医療、e−病院、e−サービス、e−ショッピングおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたe−ステーションと通信するために、前記インターフェース部を、ローカルエリアネットワークワイドエリアネットワーク公衆ネットワーク専用ネットワークインターネットおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたネットワークに接続するステップと、q.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアル信号、前記シリアルポート、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバー、前記ネットワーク、前記インターネットおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記サウンド分配と前記インターコムと前記ホームオートメーションと前記インターフェース部を操作するステップと、を更に含む、請求項10によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項12

前記遠隔制御受信機と前記遠隔制御送信機は、前記インターコムと関連付けられた少なくとも1つの緊急事態および医療デバイスによって生成されたデータと信号を交換するために、IR、RF、有線およびそれらの組み合わせからなるグループから選択され、前記デバイスは、前記デバイスによって出力された前記データと信号を前記e−ステーションと通信するため、および前記デバイスを遠隔的に選択的に操作するために、モニターセンサーカメラ診断分析治療アプリケーター生命維持リハビリテーションおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択される、請求項11によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項13

前記ホームオートメーション分配器と前記インターフェース部の少なくとも1つは、テレビセットビデオモニタータブレットモニター、PCディスプレイモニター、セットトップボックスケーブルボックスアンテナボックス、衛星ボックスデジタルアナログ変換器ボックス、アナログ−デジタル変換器ボックス、チューナーボックス、PC、タブレットコントローラビデオセレクターおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたスクリーン上に訪問者画像を表示するために、前記組み合わされ多重化された信号から前記ビデオ信号を抽出するための分離器を含み、前記方法は、r.前記ホームオートメーション分配器と前記インターフェース部の1つから前記スクリーンにビデオフィードケーブルを接続するステップと、s.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアルポート、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバー、前記インターコムおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記画像を表示するように前記スクリーンを制御するステップと、を更に含む、請求項11によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項14

少なくとも1つのツイストペア、1つのネットワークケーブル、少なくとも1つの装備を施されたネットワークケーブルおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたカスケードしているネットワーク相互接続の少なくとも1つのツイストペアを介して符号化された信号を伝播することによって、セレクター/エンコーダーとオーディオ分配器と少なくとも1つのAスピーカーと少なくとも1つのBスピーカーをホームオートメーションのサウンド分配システムに組み合わせるための方法であって、前記カスケードしているネットワークの第一のセグメントは、コネクター、ピグテール、装備を施されたピグテール、ジャンクションボックス、ジャンクションボード、ジャンクションストリップ、端子ブロックおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された壁ソケットによって交差され、前記オーディオ分配器は、復号された信号をステレオアンプに分配するため、およびシリアル信号を前記オーディオ分配器と前記セレクター/エンコーダーの間で交換するために、デコーダーと、少なくとも1つのステレオアンプとバッファーを含み、前記方法は、a.前記壁ソケットによって交差された前記装備を施されたネットワークケーブルからなる前記第一のセグメントによって前記セレクター/エンコーダーを前記オーディオ分配器と相互接続するステップであって、前記装備を施されたネットワークケーブルは、前記符号化されたステレオ信号を前記オーディオ分配器に供給するために、前記1つのツイストペアを含むステップと、b.前記シリアル信号を、前記符号化されたステレオ信号と多重化されたものの1つを介しておよび前記第一のセグメントの第二のツイストペアを介して伝播するステップと、c.前記1つのツイストペアを介して一定の電流を供給することと前記第一のセグメントの第三のツイストペアを介したダイレクトパワーリンクの1つを介して前記セレクター/エンコーダーにパワーを与えることを含んだ、前記サウンド分配システムにパワーを与えるために、パワーサプライを前記オーディオ分配器に接続するステップと、d.ステレオ信号の増幅されたAおよびBチャネルを前記AおよびBスピーカーにそれぞれ供給するために、少なくとも2つのツイストペアの最後のセグメントによって、前記Aスピーカーと前記Bスピーカーを接続するステップと、e.前記セレクター/エンコーダーをステレオケーブルを介して少なくとも1つの音楽ソースに接続するステップと、f.前記サウンド分配システムを、前記セレクター/エンコーダーのタッチキーを介してかまたは前記セレクター/エンコーダーと関連付けられた遠隔制御部を介して、操作するステップと、を含む方法。

請求項15

符号化されたステレオ信号を第一のツイストペアを介して、2ウェイシリアル信号を第二のツイストペアを介して、およびDCパワーリンクをカスケードしている装備を施されたネットワークケーブルの第三のツイストペアを介して伝播することによって、セレクター/エンコーダーとサウンド分配器と少なくとも1つのAスピーカーと少なくとも1つのBスピーカーをサウンド分配システムに組み合わせるための方法であって、前記セレクター/エンコーダーと前記サウンド分配器と前記Aスピーカーと前記Bスピーカーは、前記装備を施されたネットワークケーブルのためのマッチしたコネクターを含み、前記方法は、a.前記符号化された信号を供給するため、および前記符号化されたステレオ信号と多重化されたものの1つを介しておよび前記第二のツイストペアを介して前記シリアル信号を前記セレクター/エンコーダーと前記サウンド分配器の間で伝播するために、前記壁ソケットによって交差された前記カスケードしている装備を施されたネットワークケーブルによって第一のセグメントを相互接続するステップと、b.増幅されたステレオ信号を復号して前記AスピーカーおよびBスピーカーに出力するため、および前記サウンド分配器と前記Aスピーカーと前記セレクター/エンコーダーの間で前記シリアル信号を交換するための、デコーダー、ステレオアンプおよび中央プロセッサからなる前記Aスピーカーと関連付けられた復号部に、前記符号化された信号を分配するために、次のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルを使って前記サウンド分配器を前記少なくとも1つのAスピーカーに相互接続するステップと、c.前記セレクター/エンコーダーへと前記第一のセグメントと前記次のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルを介して前記Aスピーカーへのパワーリンクを含んだ、前記サウンド分配システムにパワーを与えるために、前記パワーサプライを前記サウンド分配器に接続するステップと、d.前記増幅されたステレオ信号のBチャネルを前記Bスピーカーに供給するために、後続のセグメントの装備を施されたネットワークケーブルのツイストペアによって、前記Aスピーカーの各々を前記Bスピーカーの各々と相互接続するステップと、e.前記セレクター/エンコーダーをステレオケーブルを介して少なくとも1つの音楽ソースに接続するステップと、f.前記サウンド分配システムを、前記セレクター/エンコーダーのタッチキーを介してかまたは前記セレクター/エンコーダーと関連付けられた遠隔制御部を介して、操作するステップと、を含む方法。

請求項16

前記Aスピーカーは、少なくとも1つの遠隔制御受信機と、前記次のセグメントの第四のツイストペアを介してマイクロホン信号を供給するためのマイクロホンを含み、前記サウンド分配器は、インターコムを前記サウンド分配システムと一体化するために、前記マイクロホン信号を前記マッチしたコネクターの1つを介しておよび前記装備を施されたネットワークケーブルを介してインターコムに転送するバッファーを含み、前記方法は、g.前記装備を施されたネットワークケーブルを前記インターコムと前記サウンド分配器の間に接続するステップであって、前記装備を施されたネットワークケーブルは、前記インターコムと前記サウンド分配器の間で前記シリアル信号を交換するための第一のツイストペア、前記サウンド分配器を介して前記インターコムから前記セレクター/エンコーダーにスピーカー信号を出力するための第二のツイストペア、および前記サウンド分配器を介して前記インターコムに前記マイクロホン信号を供給するための第三のツイストペアからなるグループから選択された、信号を伝播するための少なくとも3つのツイストペアを含むステップと、h.前記第一のセグメントの前記ネットワークケーブルの第四のツイストペアを介して前記サウンド分配器から前記セレクター/エンコーダーに前記スピーカー信号を出力するステップと、i.インターコムモードに入るようにと、前記スピーカー信号のモノラルサウンドを符号化するようにと、前記マイクロホンが前記インターコムと通信することを可能とするように、前記シリアル信号を介して前記セレクター/エンコーダーと前記サウンド分配器と前記マイクロホンバッファーと前記インターコムに命令するステップと、j.前記タッチキーまたは前記遠隔制御部を介した前記インターコム操作の機能を含んだ前記インターコムとの通信を制御するステップと、を更に含む、請求項15によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項17

前記Aスピーカーは、遠隔制御信号を伝播するための少なくとも1つの遠隔制御受信機と少なくとも1つの遠隔制御送信機を含み、前記サウンド分配器は、ホームオートメーションの機器を含んだ前記サウンド分配を制御するように前記シリアル信号と前記遠隔制御信号を一体化するための組み合わされた分配器であり、前記シリアル信号は、前記組み合わされた分配器の前記マッチしたコネクターの少なくとも1つを介して接続された少なくとも1つの前記装備を施されたネットワークケーブルを通して、前記機器に伝播され、前記方法は、g.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアル信号、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバーおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記サウンド分配と前記ホームオートメーションを操作するステップ、を更に含む、請求項15によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項18

前記少なくとも1つのAスピーカーは、遠隔制御信号を伝播するための少なくとも1つの遠隔制御送信機を更に含み、前記サウンド分配器は、前記サウンド分配、前記インターコムおよびホームオートメーションの機器を制御するように前記シリアル信号と前記遠隔制御信号を一体化するための組み合わされた分配器であり、前記シリアル信号は、前記組み合わされた分配器の前記マッチしたコネクターの少なくとも1つを介して前記装備を施されたネットワークケーブルの少なくとも1つを通して、前記機器に伝播され、前記方法は、k.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアル信号、前記インターコム、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバーおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記サウンド分配と前記インターコムと前記ホームオートメーションを操作するステップ、を更に含む、請求項16によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項19

前記インターコムは、前記組み合わされた分配器を通して交換された前記シリアル信号と前記インターコムスピーカー信号と前記マイクロホン信号を含んだ、前記インターコムシステムによって生成されたビデオ、オーディオ、データ、コマンド、制御、警報およびそれらの組み合わせからなるグループから選択された組み合わされ多重化された信号を伝播するための組み合わせポートを含み、前記組み合わされた分配器は、信号変換器、モデム、ADSL、PC、PCサーバー、PCプログラム、ネットワーク通信器、ルーター、ネットワークスイッチおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたインターフェース部に、多重化された信号の前記組み合わせを伝播するために、逆ポートとインターフェ−スコネクターを含み、前記方法はl.前記インターコムの前記組み合わせポートを前記組み合わされた分配器の前記逆ポートと、前記インターフェース部を前記インターフェースコネクターに、接続するステップと、m.前記ホームオートメーションを遠隔的に操作するためにネットワークを介したネットワーク通信に適応されたインターフェースされた信号を伝播するため、および前記インターコムと、またe−緊急事態、e−医療、e−病院、e−サービス、e−ショッピングおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたe−ステーションと通信するために、前記インターフェース部を、ローカルエリアネットワーク、ワイドエリアネットワーク、公衆ネットワーク、専用ネットワーク、インターネットおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたネットワークに接続するステップと、n.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアル信号、前記シリアルポート、前記インターコム、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバー、前記ネットワーク、前記インターネットおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記サウンド分配と前記インターコムと前記ホームオートメーションと前記インターフェース部を操作するステップと、を更に含む、請求項18によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項20

前記遠隔制御受信機と前記遠隔制御送信機は、前記インターコムと関連付けられた緊急事態および医療デバイスの少なくとも1つによって生成されたデータと信号を交換するために、IR、RF、有線およびそれらの組み合わせからなるグループから選択され、前記デバイスは、前記デバイスによって出力された前記データと信号を前記e−ステーションと通信するため、および前記デバイスを遠隔的に選択的に操作するために、モニター、センサー、カメラ、診断、分析、治療、アプリケーター、生命維持、リハビリテーションおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択される、請求項19によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項21

前記組み合わされた分配器と前記インターフェース部の少なくとも1つは、テレビセット、ビデオモニター、タブレットモニター、PCディスプレイモニター、セットトップボックス、ケーブルボックス、アンテナボックス、衛星ボックス、デジタル−アナログ変換器ボックス、アナログ−デジタル変換器ボックス、チューナーボックス、PC、タブレットコントローラ、ビデオセレクターおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたスクリーン上に訪問者画像を表示するために、前記組み合わされ多重化された信号から前記ビデオ信号を抽出するための分離器を含み、前記方法は、o.前記組み合わされた分配器と前記インターフェース部の1つから前記スクリーンにビデオフィードケーブルを接続するステップと、p.前記セレクター/エンコーダー、前記遠隔制御部、前記Aスピーカー、前記シリアル信号、前記シリアルポート、前記ホームオートメーションシステムに含まれた遠隔制御ドライバー、前記インターコムおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記画像を表示するように前記スクリーンを制御するステップと、を更に含む、請求項19によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項22

前記Bスピーカーは、前記サウンド分配のための制御適用範囲を拡張するために、前記後続のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルの第二のツイストペアを介して前記シリアル信号を伝播するように、少なくとも1つの遠隔操作受信機と少なくとも1つの遠隔制御送信機とドライバーを含み、前記後続のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルの第三のツイストペアは、パワーを前記Bスピーカーにリンクする、請求項15によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項23

前記Bスピーカーは、前記サウンド分配と前記インターコムのための制御適用範囲を拡張するために、前記後続のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルの第二のツイストペアを介して前記シリアル信号を伝播するように、少なくとも1つの遠隔操作受信機と少なくとも1つの遠隔制御送信機とドライバーを含み、前記後続のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルの第三のツイストペアは、パワーを前記Bスピーカーにリンクする、請求項16によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項24

前記Bスピーカーは、前記サウンド分配と前記ホームオートメーションのための制御適用範囲を拡張するために、前記後続のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルの第二のツイストペアを介して前記シリアル信号を伝播するように、少なくとも1つの遠隔操作受信機と少なくとも1つの遠隔制御送信機とドライバーを含み、前記後続のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルの第三のツイストペアは、パワーを前記Bスピーカーにリンクする、請求項17によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項25

前記Bスピーカーは、前記サウンド分配と前記インターコムと前記ホームオートメーションのための制御適用範囲を拡張するために、前記後続のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルの第二のツイストペアを介して前記シリアル信号を伝播するように、少なくとも1つの遠隔操作受信機と少なくとも1つの遠隔制御送信機とドライバーを含み、前記後続のセグメントの前記装備を施されたネットワークケーブルの第三のツイストペアは、パワーを前記Bスピーカーにリンクする、請求項18によるサウンド分配システムを組み合わせるための方法。

請求項26

少なくとも1つのツイストペアを介して、ステレオ音楽ソースからステレオスピーカーと関連付けられた少なくとも1つの復号部に選択された符号化された信号、2ウェイシリアル信号、遠隔制御信号およびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたサウンドシステム住居情報信号を伝播するためのセレクター/エンコーダーであって、少なくとも1つの前記音楽ソースを、セレクターと、前記1つのツイストペアを接続するためのツイストペアコネクターと、前記遠隔制御信号のための受信機と、前記シリアル信号のための2ウェイシリアルドライバーと多重化された前記シリアル信号を含んだ前記住居情報信号のための組み合わされたドライバーからなるグループから選択された少なくとも1つのドライバーと、前記セレクター/エンコーダーの回路のためのパワーコネクターを介したパワーフィード、前記回路のための第二のツイストペアを介したパワーフィード、前記1つのツイストペアを介した前記回路への一定電流フィード、前記第二のツイストペアを介した前記復号部へのパワーフィードを含んだ前記パワーコネクターを介したパワーフィード、および前記1つのツイストペアを介した前記復号部への一定電流フィードを含んだ前記パワーコネクターを介した前記パワーフィードからなるグループから選択されたパワーを供給するパワー調整器と、に接続するためのオーディオコネクターと、前記音楽ソースから選択された信号を符号化するため、および前記シリアル信号、前記遠隔制御信号、前記セレクター/エンコーダーと関連付けられた遠隔制御部、前記セレクター/エンコーダーのタッチキーおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体によって命令された通りに前記住居情報信号を伝播するために、前記セレクターと前記エンコーダーと前記少なくとも1つのドライバーを操作するためのエンコーダーと中央プロセッサと、を含むセレクター/エンコーダー。

請求項27

前記住居情報信号は、オーディオ分配器を介して前記復号部に伝播される、請求項26によるセレクター/エンコーダー。

請求項28

前記ステレオスピーカーと関連付けられたマイクロホンが、多重化されたマイクロホン信号を、前記1つのツイストペアを介して前記セレクター/エンコーダーに供給し、モノラルインターコムスピーカー信号が、前記壁ソケットを介しておよび第四のツイストペアを介して前記セレクターの入力のスピーカーバッファーに接続され、前記インターコムのシリアル信号ポートが、前記壁ソケットを介しておよび第三のツイストペアを介して前記シリアルドライバーに接続され、前記パワーフィードは前記1つのツイストペアを介した前記一定電流であり、前記中央プロセッサは、前記シリアル信号、前記遠隔制御信号、前記遠隔制御部、前記タッチキー、前記インターコムおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体によって命令された通りに、前記1つのツイストペアを介して前記モノラルインターコムスピーカー信号を符号化して伝播し、前記セレクター/エンコーダーに含まれた分離器を介して前記マイクロホン信号を抽出し、第二のツイストペアを介して前記インターコムに前記マイクロホン信号を供給するように、前記セレクターと前記エンコーダーと前記組み合わされたドライバーを操作する、請求項26によるセレクター/エンコーダー。

請求項29

前記ステレオスピーカーと関連付けられたマイクロホンが、多重化されたマイクロホン信号を、前記1つのツイストペアを介して前記オーディオ分配器に供給し、モノラルインターコムスピーカー信号が、前記オーディオ分配器のバッファーと転送リンクの1つを介して前記壁ソケットに、および第四のツイストペアを介して前記セレクターの入力に接続され、前記インターコムのシリアル信号ラインが、前記壁ソケットを介しておよび前記第三のツイストペアを介して前記2ウェイシリアルドライバーに接続され、前記パワーフィードは前記1つのツイストペアを介した前記一定電流と第二のツイストペアを介した前記パワーフィードの1つであり、前記中央プロセッサは、前記シリアル信号、前記遠隔制御信号、前記遠隔制御部、前記タッチキー、前記インターコムおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体を通して、前記1つのツイストペアを介して前記モノラルインターコムスピーカー信号を符号化して伝播し、前記マイクロホン信号を抽出して前記インターコムに供給するように前記オーディオ分配器に含まれた分離器に命令するように、前記セレクターと前記エンコーダーと前記ドライバーを操作する、請求項27によるセレクター/エンコーダー。

請求項30

前記2ウェイシリアルドライバーは、前記住居情報信号をホームオートメーション分配器と一体化するために、ホームオートメーション分配器のシリアル信号ポートに接続される、請求項26によるセレクター/エンコーダー。

請求項31

前記セレクターは、選択されたサウンドソースオーディオ信号受信デバイスに伝播するための少なくとももう1つの出力を含む、請求項26によるセレクター/エンコーダー。

請求項32

前記2ウェイシリアルドライバーは、前記住居情報信号をホームオートメーション分配器と一体化するために、ホームオートメーション分配器のシリアル信号ポートに接続される、請求項28によるセレクター/エンコーダー。

請求項33

前記セレクターは、選択されたサウンドソースをオーディオ信号受信デバイスに伝播するための少なくとももう1つの出力を含む、請求項28によるセレクター/エンコーダー。

請求項34

ツイストペアを介して、ステレオスピーカーと関連付けられた複数の復号部へのステレオ音楽ソースの符号化された信号、2ウェイシリアル信号、遠隔制御信号およびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたサウンドシステムの住居情報信号を分配するためのオーディオ分配器であって、少なくとも1つのツイストペアを接続するための入力コネクターと、各々が少なくとも1つのツイストペアを前記復号部の各々に接続するための複数のコネクターと、前記シリアル信号のための2ウェイシリアルドライバーと、前記入力コネクターを介してセレクター/エンコーダーから受信した、多重化された前記シリアル信号を含んだ前記住居情報信号を分配するための複数の組み合わされたドライバーと、前記セレクター/エンコーダーへの前記入力コネクターと第二のツイストペアを介したパワーフィード、前記復号部の各々へのそれぞれの第二のツイストペアを介したパワーフィード、前記セレクター/エンコーダーへの前記1つのツイストペアを介した一定電流フィード、それぞれの前記1つのツイストペアを介した前記復号部の各々への一定電流フィードおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたパワーフィードを含んだ前記オーディオ分配器にパワーを与えるためのパワー調整器と、前記シリアル信号、前記セレクター/エンコーダーと関連付けられた遠隔制御信号と遠隔制御部、前記セレクター/エンコーダーのタッチキーおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体によって命令された通りに前記住居情報信号を伝播するために、前記組み合わされたドライバーと前記シリアルドライバーを制御するための中央プロセッサと、を含むオーディオ分配器。

請求項35

多重化されたマイクロホン信号が、前記組み合わされたドライバーの1つから伝播され、前記オーディオ分配器は、インターコムにマイクロホンラインを介して前記マイクロホン信号を選択し、抽出し、伝播するためのインターコムセレクターと分離器を含み、前記インターコムを前記オーディオ分配器に接続しているスピーカーラインが、前記入力コネクターへのダイレクトリンクとバッファーを介した前記入力コネクターへのリンクの1つを介して、第四のツイストペアを通して、前記セレクター/エンコーダーにインターコムスピーカー信号を供給し、前記シリアルドライバーは、コマンドを交換して、前記マイクロホン信号、前記インターコムスピーカー信号、前記インターコムセレクターの伝播を制御するため、および前記インターコムと前記サウンドシステムのその他の機能を操作するために、前記インターコムのシリアルポートにシリアルラインを介して接続される、請求項34によるオーディオ分配器。

請求項36

前記インターコムスピーカーラインは、前記インターコムセレクターへのダイレクトリンクと前記バッファーを介した前記インターコムセレクターへのリンクの1つを介して前記インターコムセレクターにリンクされ、前記オーディオ分配器は、モノラルインターコムスピーカー信号を前記インターコムセレクターを介して前記組み合わされたドライバーに供給するためのドライバーを更に含む、請求項35によるオーディオ分配器。

請求項37

前記オーディオ分配器は、オーディオをホームオートメーション分配と組み合わせている組み合わされた分配器と、前記シリアルドライバーをホームオートメーション分配器のシリアルポートと相互接続することによる一体化された分配器の1つである、請求項34によるオーディオ分配器。

請求項38

前記オーディオ分配器は、オーディオをホームオートメーション分配と組み合わせている組み合わされた分配器と、前記シリアルドライバーをホームオートメーション分配器のシリアルポートと相互接続することによる一体化された分配器の1つである、請求項35によるオーディオ分配器。

請求項39

前記オーディオ分配器は、オーディオをホームオートメーション分配と組み合わせている組み合わされた分配器と、前記シリアルドライバーをホームオートメーション分配器のシリアルポートと相互接続することによる一体化された分配器の1つである、請求項36によるオーディオ分配器。

請求項40

前記ホームオートメーション分配器は、前記インターコム信号を含んだ前記住居情報信号を、ネットワークを介して前記インターコム信号を含んだ前記住居情報信号を処理して通信するためのインターフェースに、相互接続するためのコネクターを含む、請求項38によるオーディオ分配器。

請求項41

前記ホームオートメーション分配器は、前記インターコム信号を含んだ前記住居情報信号を、ネットワークを介して前記インターコム信号を含んだ前記住居情報信号を処理して通信するためのインターフェースに、相互接続するためのコネクターを含む、請求項39によるオーディオ分配器。

請求項42

前記オーディオ分配器は、前記組み合わされた分配器であり、前記入力コネクターと前記複数のコネクターは、ツイストペアからなる装備を施されたケーブルへのマッチしたコネクターであり、前記インターコムは、少なくとも1つの前記装備を施されたケーブルと前記マッチしたコネクターを介して前記組み合わされた分配器に接続される、請求項38によるオーディオ分配器。

請求項43

前記オーディオ分配器は、前記組み合わされた分配器であり、前記入力コネクターと前記複数のコネクターは、ツイストペアからなる装備を施されたケーブルへのマッチしたコネクターであり、前記インターコムは、少なくとも1つの前記装備を施されたケーブルと前記マッチしたコネクターを介して前記組み合わされた分配器に接続される、請求項39によるオーディオ分配器。

請求項44

前記オーディオ分配器は、前記組み合わされた分配器であり、前記入力コネクターと、前記複数のコネクターと、前記インターフェースを相互接続するための前記コネクターは、ツイストペアからなる装備を施されたケーブルへのマッチしたコネクターである、請求項40によるオーディオ分配器。

請求項45

前記オーディオ分配器は、前記組み合わされた分配器であり、前記入力コネクターと、前記複数のコネクターと、前記インターフェースを相互接続するための前記コネクターは、ツイストペアからなる装備を施されたケーブルへのマッチしたコネクターである、請求項41によるオーディオ分配器。

請求項46

少なくとも1つのツイストペアを介して、多重化されたシリアル信号を含んだステレオ音楽ソースから選択された符号化された信号、2ウェイシリアル信号、遠隔制御信号およびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたサウンドシステムの住居情報信号を受信するため、および増幅されたステレオ信号をステレオスピーカーの少なくとも1つのペアに分配するための、オーディオ分配器であって、少なくとも前記1つのツイストペアをセレクター/エンコーダーに接続するための入力コネクターと、n個のツイストペアを前記スピーカーの各々に1つのペアずつ接続するための複数のコネクターと、ステレオデコーダーを含んだ復号部と、シリアル信号分離器と、2ウェイシリアルドライバーと、n個のステレオアンプと、中央プロセッサと、前記入力コネクターを介しておよび第二のツイストペアを介したパワーフィードと前記1つのツイストペアを介した一定電流フィードの1つを介して前記セレクター/エンコーダーにパワーを与えることを含んだ、前記オーディオ分配器にパワーを与えるパワー調整器と、を含み、前記中央プロセッサは、前記増幅されたステレオ信号を前記ステレオスピーカーに伝播するため、および前記シリアル信号、前記セレクター/エンコーダーと関連付けられた遠隔制御信号と遠隔制御部、前記セレクター/エンコーダーのタッチキーおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された媒体によって命令された通りに前記シリアル信号を交換するために、前記デコーダーと前記シリアル信号分離器と前記シリアルドライバーと前記アンプを制御して操作する、オーディオ分配器。

請求項47

前記少なくとも1つのステレオスピーカーは、遠隔制御信号を伝播するために、少なくとも1つの遠隔制御受信機と少なくとも1つの遠隔制御送信機とシリアルドライバーを含み、前記パワー調整器は、それぞれの第二のツイストペアを介して、前記複数のコネクターの少なくとも1つを通して、パワーを前記1つのステレオスピーカーに供給し、前記1つのステレオスピーカーの前記シリアルドライバーは、前記それぞれの第三のツイストペアを介して前記エンコーダーの前記シリアルドライバーに接続する、請求項46によるオーディオ分配器。

請求項48

少なくとも1つのツイストペアを介して、ステレオ音楽ソースの符号化された信号、モノラルインターコムスピーカー信号、多重化されたシリアル信号およびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたサウンドシステムの住居情報信号を受信し通信するための、ステレオスピーカーのペアと関連付けられた復号部であって、前記復号部にパワーを与える一定の電流を供給することを含み、前記電流を調整し、前記復号部にパワーを与えるためのDCパワー分離器および調整器と、前記符号化された信号と前記シリアル信号を抽出するための信号分離器と、前記符号化された信号を復号するためのデコーダーと、前記デコーダーの復号された信号を増幅し、増幅されたスピーカー信号を前記関連付けられたスピーカーに出力するためのステレオアンプと、前記復号部を操作するため、および前記シリアル信号を前記1つのツイストペアを介してオーディオ分配器とセレクター/エンコーダーの少なくとも1つと通信するための中央プロセッサと、前記少なくとも1つのツイストペアと、内部リンク端子、コネクター、装備を施されたネットワークケーブルへのマッチしたコネクターおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたスピーカーの前記ペアへのリンクを接続するための入力コネクターと、を含む復号部。

請求項49

サウンドパワー出力を増加するための前記アンプによるより高い電流ドレインを提供するように、充電可能なバッテリーが前記復号部と関連付けられており、前記復号部に一定の電流を供給することは、前記バッテリーを充電するための電流を含む、請求項48による復号部。

請求項50

前記信号分離器は、2ウェイ信号を伝播するための組み合わされた分離器および挿入器であり、前記復号部は、前記挿入器を介してマイクロホン信号を多重化し、前記オーディオ分配器と前記セレクター/エンコーダーの前記少なくとも1つに前記1つのツイストペアを介して多重化されたマイクロホン信号を出力するための、関連付けられたマイクロホンのための信号バッファーを更に含み、前記中央プロセッサは前記多重化を制御して操作する、請求項48による復号部。

請求項51

前記復号部は、前記デコーダーと前記ステレオアンプを操作するために、遠隔制御コマンドを前記中央プロセッサに供給するための少なくとも1つの遠隔制御受信機を更に含む、請求項48による復号部。

請求項52

前記復号部は、前記デコーダーと前記ステレオアンプと前記挿入器を操作するために、遠隔制御コマンドを前記中央プロセッサに供給するための少なくとも1つの遠隔制御受信機を更に含む、請求項50による復号部。

請求項53

前記復号部は、前記遠隔制御コマンド適用範囲を拡張するための少なくとも1つの遠隔制御送信機を更に含む、請求項51による復号部。

請求項54

前記復号部は、前記遠隔制御コマンド適用範囲を拡張するための少なくとも1つの遠隔制御送信機を更に含む、請求項52による復号部。

請求項55

少なくとも1つのツイストペアを介して、ステレオ音楽ソースの符号化された信号、モノラルインターコムスピーカー信号、多重化されたシリアル信号およびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたサウンドシステムの住居情報信号を受信し通信するための、ステレオスピーカーのペアと関連付けられた復号部であって、前記復号部にパワーを供給するためのパワーコネクターおよび調整器と、前記符号化された信号と前記シリアル信号を抽出するための信号分離器と、前記符号化された信号を復号するためのデコーダーと、前記デコーダーの復号された信号を増幅し、増幅されたスピーカー信号を前記関連付けられたスピーカーに出力するためのステレオアンプと、前記復号部を操作するため、および前記シリアル信号を前記1つのツイストペアを介してオーディオ分配器とセレクター/エンコーダーの少なくとも1つと通信するための中央プロセッサと、前記少なくとも1つのツイストペアと、内部コネクター、端子、コネクター、装備を施されたネットワークケーブルへのマッチしたコネクターおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたスピーカーの前記ペアの各々へのリンクを接続するための入力コネクターと、を含む復号部。

請求項56

前記信号分離器は、2ウェイ信号を伝播するための組み合わされた分離器および挿入器であり、前記復号部は、前記挿入器を介してマイクロホン信号を多重化し、前記オーディオ分配器と前記セレクター/エンコーダーの前記少なくとも1つに前記1つのツイストペアを介して多重化されたマイクロホン信号を出力するための、関連付けられたマイクロホンのための信号バッファーを更に含み、前記中央プロセッサは前記多重化を制御して操作する、請求項55による復号部。

請求項57

前記復号部は、前記デコーダーと前記ステレオアンプを操作するために、遠隔制御コマンドを前記中央プロセッサに供給するための少なくとも1つの遠隔制御受信機を更に含む、請求項55による復号部。

請求項58

前記復号部は、前記デコーダーと前記ステレオアンプと前記挿入器を操作するために、遠隔制御コマンドを前記中央プロセッサに供給するための少なくとも1つの遠隔制御受信機を更に含む、請求項56による復号部。

請求項59

前記復号部は、前記遠隔制御コマンド適用範囲を拡張するための少なくとも1つの遠隔制御送信機を更に含む、請求項57による復号部。

請求項60

前記復号部は、前記遠隔制御コマンド適用範囲を拡張するための少なくとも1つの遠隔制御送信機を更に含む、請求項58による復号部。

請求項61

前記復号部は、壁ソケットの内側、ラインボックス中、壁載置ボックス、自立式ボックスおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された自己囲い込み部に構築され、前記入力コネクターと前記リンクは、端子、コネクター、装備を施されたネットワークケーブルへのマッチしたコネクターおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択される、請求項48による復号部。

請求項62

前記復号部は、壁ソケットの内側、ラインボックス中、壁載置ボックス、自立式ボックスおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された自己囲い込み部に構築され、前記入力コネクターと前記パワーコネクターと前記リンクは、端子、コネクター、装備を施されたネットワークケーブルへのマッチしたコネクターおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択される、請求項55による復号部。

請求項63

ステレオスピーカーの前記ペアの前記少なくとも1つは、壁載置および天井載置スピーカーアッセンブリーの1つであり、前記遠隔制御受信機と前記遠隔制御送信機は、回転可能で、遠隔制御部の視線に調節可能で、遠隔的に制御された電気機器をもったIR受信機IR送信機である、請求項53による復号部。

請求項64

ステレオスピーカーの前記ペアの前記少なくとも1つは、壁載置および天井載置スピーカーアッセンブリーの1つであり、前記遠隔制御受信機と前記遠隔制御送信機は、回転可能で、遠隔制御部の視線に調節可能で、遠隔的に制御された電気機器をもったIR受信機とIR送信機である、請求項54による復号部。

請求項65

ステレオスピーカーの前記ペアの前記少なくとも1つは、壁載置および天井載置スピーカーアッセンブリーの1つであり、前記遠隔制御受信機と前記遠隔制御送信機は、回転可能で、遠隔制御部の視線に調節可能で、遠隔的に制御された電気機器をもったIR受信機とIR送信機である、請求項59による復号部。

請求項66

ステレオスピーカーの前記ペアの前記少なくとも1つは、壁載置および天井載置スピーカーアッセンブリーの1つであり、前記遠隔制御受信機と前記遠隔制御送信機は、回転可能で、遠隔制御部の視線に調節可能で、遠隔的に制御された電気機器をもったIR受信機とIR送信機である、請求項60による復号部。

請求項67

前記入力コネクターと前記パワーコネクターは、前記マッチしたコネクターに組み合わされる、請求項55による復号部。

請求項68

前記復号部は、前記マッチしたコネクターを通して、第三のツイストペアを介して、前記オーディオ分配器とインターコムの少なくとも1つにマイクロホン信号を出力するためのマイクロホンと関連付けられている、請求項67による復号部。

請求項69

前記復号部は、無線遠隔制御受信機と有線遠隔制御受信機の少なくとも1つと関連付けられており、前記有線遠隔制御の信号は、前記マッチしたコネクターを通して、第四のツイストペアを介して伝播される、請求項67による復号部。

請求項70

前記復号部は、無線遠隔制御受信機と有線遠隔制御受信機の少なくとも1つと関連付けられており、前記有線遠隔制御の信号は、前記マッチしたコネクターを通して、前記第四のツイストペアを介して伝播される、請求項68による復号部。

請求項71

前記復号部は、無線遠隔制御送信機と有線遠隔制御送信機の少なくとも1つと更に関連付けられており、前記有線遠隔制御の信号は、前記マッチしたコネクターを通して、前記第四のツイストペアを介して伝播される、請求項69による復号部。

請求項72

前記復号部は、無線遠隔制御送信機と有線遠隔制御送信機の少なくとも1つと更に関連付けられており、前記有線遠隔制御の信号は、前記マッチしたコネクターを通して、前記第四のツイストペアを介して伝播される、請求項70による復号部。

請求項73

スピーカーの前記ペアの第二のスピーカーは、前記回転可能で調節可能なIR受信機およびIR送信機と2ウェイシリアルドライバーを含み、前記リンクは、第二のツイストペアを介して前記第二のスピーカーにパワーを与えることと、第四のツイストペアを介してシリアル信号を伝播することを提供する、請求項65による復号部。

請求項74

スピーカーの前記ペアの第二のスピーカーは、前記回転可能で調節可能なIR受信機およびIR送信機と2ウェイシリアルドライバーを含み、前記リンクは、第二のツイストペアを介して前記第二のスピーカーにパワーを与えることと、第四のツイストペアを介してシリアル信号を伝播することを提供する、請求項66による復号部。

請求項75

少なくとも1つのツイストペアを介して、ステレオ音楽ソースの符号化された信号、モノラルインターコムスピーカー信号、多重化されたシリアル信号およびそれらの組み合わせからなるグループから選択されたサウンドシステムの住居情報信号を受信し通信するための、復号部を含んだスピーカーアッセンブリーであって、前記復号部のためのパワーコネクターおよび調整器と、前記符号化された信号と前記シリアル信号を抽出するための信号分離器と、前記符号化された信号を復号するためのデコーダーと、前記デコーダーの復号された信号を増幅し、増幅されたスピーカー信号を前記スピーカーに出力するためのモノラルアンプとステレオアンプの1つと、前記復号部を操作するため、および前記シリアル信号を前記1つのツイストペアを介してオーディオ分配器とセレクター/エンコーダーの少なくとも1つと通信するための中央プロセッサと、端子、コネクター、装備を施されたネットワークケーブルへのマッチしたコネクターおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された前記少なくとも1つのツイストペアを接続するための入力コネクターと、を含み、前記中央プロセッサは命令された際に、前記ステレオ音楽ソースの左チャネルのサウンド、前記ステレオ音楽ソースの右チャネルのサウンドおよび前記モノラルインターコムスピーカー信号のサウンドからなるグループから選択されたサウンドを出力するように、前記エンコーダーと前記アンプと前記スピーカーを制御する、スピーカーアッセンブリー。

請求項76

前記パワーコネクターと前記入力コネクターは、端子、コネクター、装備を施されたネットワークケーブルへのマッチしたコネクターおよびそれらの組み合わせからなるグループから選択された組み合わされたコネクターである、請求項75によるスピーカーアッセンブリー。

請求項77

前記復号部は、別のツイストペアを介しておよび前記組み合わされたコネクターを介して、前記シリアル信号を伝播するための2ウェイシリアルドライバーを含む、請求項76によるスピーカーアッセンブリー。

請求項78

マイクロホンと前記マイクロホンのための信号バッファーが前記アッセンブリー中に含まれており、前記信号分離器は、組み合わされた分離器および挿入器であり、前記マイクロホン信号は、前記1つのツイストペアを介して多重化されたマイクロホン信号を出力するために、前記挿入器を介してバッファーされ多重化される、請求項75によるスピーカーアッセンブリー。

請求項79

前記組み合わされたコネクターを介してネットワークケーブルの別のツイストペアを介してマイクロホン信号を伝播し出力するために、マイクロホンと前記マイクロホンのための信号バッファーが前記アッセンブリー中に含まれている、請求項77によるスピーカーアッセンブリー。

請求項80

前記デコーダー、前記アンプ、前記スピーカーおよびそれらの組み合わせの少なくとも1つのミュート並行して、前記マイクロホンを操作するための遠隔制御コマンドを受信するために、少なくとも1つの遠隔制御受信機が前記アッセンブリー中に含まれている、請求項77によるスピーカーアッセンブリー。

技術分野

背景技術

0002

ホームオートメーション、ホームシアターおよび同様のアプリケーションとの関係で使われるオーディオおよびステレオアンプおよびプリアンプは、実際には消費者によって使われ操作される一般的で周知のオーディオ機器である。ラックを搭載したエンクロージャー中に構築されており、集中化されたパネルからオーディオ機器を操作するための追加の制御ラインまたはバスラインコネクターが設けられているというように、差異はそれらの構造にある。

0003

そのようなオーディオシステムは、システムラック、スピーカーおよび一連オーディオプレーヤーの間で異なるワイヤおよびシールドオーディオケーブルによって相互接続されている。これは、オーディオまたはビデオディスクの便利な取り扱いのために、ユーザオプションにおいて、リビングまたはダイニングルーム等に位置するかまたは置かれたCD、DVD、ブルーレイおよび/またはiPod cradleのようなユーザに操作されたプレーヤーからはるばる来る、長く引き延ばされたオーディオケーブルを要求する。テレビオーディオ出力信号を含んだ全てのステレオ信号は、ケーブル端においてプラグ装備したオーディオシールドケーブルを要求する。そのようなオーディオケーブルのための導管は、住宅の設計中および建築中建物建築士によっては設けられない。

0004

多くのそのようなオーディオケーブルとヘビーゲージスピーカーケーブル制御ワイヤは、建物が完成された時にオーディオシステムを接続するために配置されていなければならず、複数のケーブルおよびワイヤは、建てられた壁に沿って引き延ばされなければならず、それは内装を台無しにする。しかも、そのような接続は費用がかかり、専門家によって取り扱われなければならない。

0005

更には、そのようなオーディオシステムは、入口パネルとの2ウェイ通信を有するインターコムまたはビデオインターホンとオーディオシステムを一体化するための接続および制御も、あるいは建物または家のドア遠隔開錠も、あるいは建物または家のビデオインターコムまたはインターコムシステムに接続された守衛仮想門番管理人および仮想e管理人との通信も、提供しない。

0006

そのようなインターコムまたはビデオインターコムシステムは、一般的には電気システムと共に設置され、建物中のネットワーク化または電話のために使われるCAT5ケーブルのペアまたは複数のペアのような、ツイストペアまたは複数のペアを介して接続される。そのようなケーブルは、ステレオオーディオ信号オーディオプリアンプまたはアンプ入力コネクター中に接続するのに使われることはできない。一方、そのようなCAT5ケーブルは、シールドオーディオケーブルを配線することのコストよりもはるかに低いコストで、電気契約業者によって、建物および家の導管のために一般的に設計されその中に設置される。

0007

ニューヨークのような大都市では、消防局アパートメントビルのインターコムシステムを火災警報器と一体化することと、火災の際には選択されたかまたは全てのアパートメントに音声メッセージまたはコマンドの送信を提供することを意図している。そのようなインターコムとのインターフェース化および一体化は、現行のインターコムおよびビデオインターコムシステムの多くでは容易に利用可能ではなく、そのいくつかはオーディオアンプまたはプリアンプに直接接続されることができないデジタルオーディオ信号伝播する。

0008

更には、ホームオートメーションのためのオーディオシステムは、ハンドフリー電話で使われているような、周知の「ハンドフリー」オーディオ信号を処理するためのマイクロホンを組み込んでおらず、一方でそのような2ウェイハンドフリー通信は、寝たきりの人、老人および病人緊急事態のために電話して医者と通信するために非常に有用であり、人口の高齢化のために益々必要とされているサービスである。

発明が解決しようとする課題

0009

本発明の目的は、ネットワーク化または電話のために使われる通信ワイヤと同様の、ツイストペアワイヤを使ってのような、簡単な配線方法を介して、オーディオシステムコンポーネンツホームオートメーションシステムおよび/またはインターコムまたはビデオインターコムと相互接続するための方法と装置を提供することである。

0010

以下の記載におけるインターコムという用語は、インターコムおよび/またはビデオインターコム、および/またはインターホン、および/またはビデオインターホン、および/またはショッピング端末、およびそれらの組み合わせからなり、据え置きセットアップかまたはシステム中で、および/またはテナントと建物の1つ以上の入口パネルの間、および/またはテナントと建物の管理人ステーション、守衛ステーションおよび管理ステーションのような1つ以上のローカルステーションの間、および/またはテナントとネットワークを介した消防ステーション、警報監視ステーション、医療ステーション、e−管理人ステーション、e−サービスステー−ション、e−守衛または仮想守衛ステーションおよびe−ショッピングステーションの間、および/またはローカルステーションとe−ステーションの間、の2ウェイオーディオ通信を有するより大きなシステムの一部として、動作する。

0011

以下の記載におけるテナントは、自分の住宅内、および/または商業施設内、および/または倉庫内、および/または工場内、および/またはその他の建物内、および/または家屋内、およびそれらの組み合わせ、の人であることができる。

0012

以下の記載では、建物は、単一の家屋および/またはマルチアパートメントビル、および/または倉庫、および/または商業施設、および/または工場ビル、および/またはその他の構造化された建物、およびそれらの組み合わせを指す。アパートメントは、建物の住居ユニット、またはオフィスユニット、または工場ユニット、または店舗およびその他のユニットのような、建物内のユニットを指す。

0013

以下の記載における左スピーカーおよび右スピーカーという用語は、図面中の描写されたスピーカーの向きに倣って、便利さのためだけに使われる。左スピーカーまたは右スピーカーが開示され、および/またはその構造が詳述された時はいつでも、図面の左右の向きは、明細書および請求項において描写的に過ぎず、場合によっては、左右の用語は反転可能であり、そこでは左は右と読まれることができ、右は左と読まれることができる。

0014

ビデオインターホンシステムは、米国特許5,923,363、6,603,842および6,940,957に開示されている。ショッピング端末は、米国特許7,461,012および継続出願番号12/275,452に開示されている。

0015

ホームオートメーションシステムの機器を制御するおよび/または操作するための方法と装置は、米国特許7,290,702、出版された出願11/509,315、および特許出願11/874,309、11/939,785、11/949,853および12/236,656に開示されている。

0016

本発明のオーディオシステムは、再生デバイスまたは複数のデバイスと共にかまたは近くに、リビングまたはダイニングルーム中またはテナントによって選択されたその他の場所中での設置のためのセレクターエンコーダー部を含む。以下の記載における「音楽ソースまたは複数のソース」という用語は、セレクター/エンコーダー部の入力コネクターに接続するための、ラジオ、テレビ、セットトップボックスケーブルボックス、衛星ボックス、およびプラグをもった標準ケーブルアッセンブリーを介してアナログまたはデジタルのオーディオ信号を出力するための出力ステレオコネクターを有するその他の機器を含んだ、CD,DVD,ブルーレイ、iPod、iPod cradle、MP3のような1つ以上の再生デバイスを指す。

0017

セレクター/エンコーダー部は、選択コマンドを受信するため、セレクター入力のいずれかをエンコーダー回路に接続するため、および壁および/または天井に載置されたスピーカーペアに信号を分配するためおよび/またはテナントによって望まれた通りにアパートメント中に置かれた自立式スピーカーを接続するためのオーディオ分配器に符号化されたステレオ信号を出力して伝播するために、遠隔制御IRおよび/または無線受信機を含む。

0018

オーディオ分配器は、ステレオ信号を復号するためのデコーダーと、復号されて増幅されたステレオ信号を建物またはアパートメントの1つ以上の部屋中のステレオスピーカーに出力するためのアンプまたは複数のアンプを含んでいても良い。

0019

本発明は、制御信号多重化された符号化されたステレオ信号を、単一のツイストペアを介して、各々がデコーダーとパワーアンプを含んだ左右のスピーカーの1セットに、または1つのスピーカーのみに、例えば、デコーダーとステレオアンプと別のツイストペアを介して例の右スピーカーを接続するための端子を有する左スピーカーに、供給する。そのような配置は、スピーカーの少なくとも1つがデコーダー/アンプを含む時には、カスケードした拡張中に左右のスピーカーを接続することを可能とする。ツイストペアは、ネットワークまたは電話接続のために建物中で一般的に使われるCAT5ケーブルのワイヤの1ペアへの言及でもある。

0020

同様に、符号化されたステレオ信号は、セレクター/エンコーダーをオーディオ分配器に接続している単一のツイストペアによってオーディオ分配器に伝播されることができ、それにより選択されたオーディオ信号をエンコーダーからツイストペアを介してアパートメント中の左右のスピーカーの各ペアまではるばると伝播することを提供する。

0021

セレクター/エンコーダーはまた、シリアルコマンド信号によって操作され、ホームオートメーション分配器と、およびビデオインターホンモニターまたはインターコムコントローラと、通信できる。ビデオインターホンモニター、ショッピング端末およびホームオートメーション分配器は、上の参照特許および特許出願に開示されており、それらはここに引用によって組み込まれる。

0022

周知のRS422やRS485、またはインターコムシステム、電気的に動作させられた機器、電気機器のコントローラ、キーパッドおよび遠隔制御デバイスおよびドライバーの間で伝播されたあらゆるその他のシリアル信号のようなシリアルコマンド信号は、ホームオートメーション分配器を通して交換され、オーディオ分配器とセレクター/エンコーダーの制御回路をホームオートメーションのシリアルコマンド回路に接続することによって、本発明のオーディオシステムは、ホームオートメーションおよび/またはインターコムシステムを通して動作し制御されるように一体化されることができることが明らかになる。

0023

本発明の別の目的は、アパートメントと建物の入口パネルの間、および/またはアパートメントとローカルガードのようなローカルステーションの間、および/または警報、緊急事態および医療監視ステーションのようなe−ステーションとの、2ウェイオーディオ通信を組み込むことである。

0024

この目的のために、本発明は、そこでは左右のスピーカーの少なくとも1つがマイクロホンを含むアパートメントの少なくとも1つの部屋またはゾーンからモノラルオーディオを伝播することを提供する。例えば、デコーダーとアンプからなる左スピーカーが更に、マイクロホンと、マイクロホン信号を符号化されたステレオ信号ラインに多重化し、符号化されたステレオ信号の伝播とは逆方向に、多重化されたマイクロホン信号をオーディオ分配器またはセレクター/エンコーダー部に伝播するための回路を含む。オーディオ分配器とセレクター/エンコーダーの両方は、マイクロホン信号を抽出して、抽出されたマイクロホン信号をインターコムシステムに供給するための回路を含む。

0025

本発明によるシリアルコマンド信号はまた、処理されて、スピーカー、マイクロホン回路、オーディオ分配器、セレクター/エンコーダー部、ホームオートメーション分配器およびインターコムシステムの間のコマンドを含んだ2ウェイ多重化信号を伝播するためのステレオ符号化ラインに多重化される。

0026

本発明は、多重化された2ウェイシリアルコマンドを符号化された信号ラインを介してセレクター/エンコーダー部に伝播することを提供するが、実際にはそして好ましい実施形態の記載で説明されるように、セレクター/エンコーダー部とオーディオ分配器の間のシリアルコマンドは、CAT5ケーブルのような標準的ネットワークケーブルのツイストペアを介して別々に伝播される。CAT5ケーブルは、4つのツイストペアワイヤをネットワークスイッチまたはPCに接続するための8ピンを有する周知のRJ45コネクター、またはワイヤの2つのペアを電話に接続するための4ピンをもったRJ11を装備して、一般的に入手可能である。RJ45またはRJ11コネクター(8ピンまたは4ピン)をもった壁ソケットは一般的に入手可能であり、本発明のセレクター/エンコーダーはユーザによって便利な場所に置かれることが意図されているので、オーディオ分配器とケーブルのその他端において接続された標準的RJ45壁ソケットにセレクター/エンコーダーを接続するために両端においてプラグを装備した標準的ネットワークケーブルを使うのが簡単である。

0027

上で説明したように、ホームオートメーションシステムとの接続を含んだオーディオシステムコンポーネンツの内部接続は、全体を通してツイストペアを介してなされ、下で更に説明されるように、同じツイストペアがオーディオシステムをインターコムシステムに接続するのに使われる。更には、CAT5ケーブルとツイストペアは一般的に、電気設備設置業者による建物の電気設備設置と共にその間に設置されるので、本発明のオーディオシステムは、はるかに低いコストで電気技師によって便利に設置されることができることが明らかとなる。

0028

一般的に採用されるインターコムシステムは、建物の入口パネルまたは複数のパネルと、または守衛ステーションのようなローカルステーションと通信するために、低インピーダンスラインおよび回路を介してハンドセットに、またはハンドフリーのマイクおよびスピーカーシステムに伝播される、アナログオーディオ信号を生成する。低インピーダンス(ラインおよび回路)の使用は、低インピーダンスベースの信号が、既知の50Hzまたは60Hzの「ハム」を含んだ、電気的ノイズおよびAC電流ノイズ過敏ではないからである。一般的に設置されたインターコムおよびそれらの回路の低インピーダンスは従って、CAT5ケーブルのツイストペアのようなツイストペアを介して接続されることができる。

0029

これは、インターコムシステムを2つのツイストペアを介してオーディオ分配器と接続することを可能とし、1つのペアはインターコムシステムのスピーカー信号をオーディオ分配器を通してオーディオシステムスピーカーまで搬送するためのものであり、もう1つのペアはオーディオ分配器によって再処理されたマイクロホン信号を逆方向にインターコムシステムまで搬送するためのものであり、それによりインターコムシステムとホームオートメーションのオーディオシステムの間の2ウェイオーディオ通信のための相互接続を完成する。シリアルコマンド信号は、インターコムコントローラから、または好ましい実施形態のコントローラのビデオインターホンから、オーディオ分配器まで、ホームオートメーション分配器とオーディオ分配器の両方に接続された単一のツイストペアを介して、供給されることができる。

0030

ここに引用によって組み込まれた上で参照したビデオインターホン、ショッピング端末およびホームオートメーションの特許および出願に開示されているように、ビデオインターホンモニターは、テナントのPCと通信するために、ツイストペアを介して、オーディオ、ビデオ、制御、データ、コードおよび警報信号から選択された多重化された信号、組み合わせを、ホームオートメーション分配器と関連付けられたUSB変換器のようなシリアル変換器に供給している。この配置により、ビデオインターホンは、合計で標準的CAT5ケーブルの4つのツイストペア、2つのペアはマイクロホンおよびスピーカー信号を接続するためのもの、1つのペアはシリアルコマンド信号のためのもの、1つのペアは多重化された信号、組み合わせのためのもの、によってホームオートメーションシステムとオーディオシステムの両方に接続されている。

0031

少しのツイストペアワイヤを介したビデオインターホンまたはビデオインターコムと本発明のホームオートメーションおよびオーディオシステムの間の相互接続は簡単であるが、また相互接続は非極性であり反転されることができるが、2つの分配器を相互接続してシステム内でCAT5ケーブルカラーコードのワイヤを追従する必要は改善することができる。従って、RJ45のような周知の標準的コネクターをシステム全体を通して使うことが好ましくても良い。このために、本発明は、全てCAT5のような標準的ケーブルとRJ45のような標準的コネクターを介して接続されたスピーカーを含んだ、組み合わされたオーディオとホームオートメーション分配器を提供する。

0032

ここに引用により組み込まれた出版された特許出願11/509,315に更に開示されているように、ラジオおよび/またはテレビの遠隔制御デバイスを含んだ、CDまたはDVDプレーヤー、iPodのようなオーディオ再生デバイスのIRまたは無線遠隔制御の各々によって生成された遠隔制御コマンドは、ビデオインターホンまたはショッピング端末のメモリー中に記録されて、アパートメントの異なる部屋またはゾーンに設置されたIRおよび/または無線リピーターまたはデバイスを通してオーディオ再生デバイスの遠隔制御のためのコマンドソースとして使われる。

0033

セレクター/エンコーダーは更に、個別のシリアルコマンドコネクターを介して各オーディオ再生デバイスのための個別の有線遠隔制御を提供している。セレクター/エンコーダー100に接続されているオーディオ再生デバイス、ラジオおよび/またはテレビの各々を制御するこの能力は別の利点であり、本発明の一体化されたオーディオおよびホームオートメーションシステムの相互接続、設定、制御および操作の簡単さを強化する。

0034

更には、本発明のスピーカーは、IRコマンドをホームオートメーション分配器またはオーディオ分配器のどちらか一方か両方に伝播するために、受信したIRコマンドをステレオ符号化ラインに注入するための1つ以上のIR受信機処理回路を含む。これにより、本発明の好ましい実施形態のスピーカーは、IRコマンドのための追加の受信中継ステーションを提供し、よってホームオートメーションシステムのための改善されたIRコマンド受信環境を作り出す。同様に、本発明のスピーカーは、ホームオートメーションシステムのIRコマンドの追加の分配と改善された伝播を提供する1つ以上のIR送信機を含む。

0035

しかも、スピーカーのIR受信機および/またはIR送信機を介したホームオートメーションIR遠隔制御ネットワークの拡張は、もし仮にそれがホームオートメーションシリアルコマンドラインに配線されていなくても、本発明のセレクター/エンコーダーにIR遠隔制御コマンドを伝播することを可能とする。これは、セレクター/エンコーダーが、ホームオートメーションシステムのIRドライバーを介してコマンドを受信するからである。IRコマンドの伝播は、好ましい実施形態の記載において更に説明される。

0036

本発明のスピーカーボックスは、制御回路、マイクロホン回路、デコーダー回路およびオーディオパワーアンプを含んでいても良いので、スピーカーボックス中の回路はそれに応じてパワーを与えられなければならない。

0037

上のビデオインターホン米国特許5,923,363および参照された特許および出願に開示されているように、パワーは、固定された一定の制御された電流で多重化信号ラインを介して供給されることができ、電流ドレインの一部が、ビデオインターホンまたはショッピング端末と関連付けられた充電可能なバッテリーを充電することに割り当てられる。参照された特許はまた、別のパワーラインを介してビデオインターホンとショッピング端末にパワーを与えることを開示している。

0038

同様のパワーを与える方法が本発明に組み込まれており、1つはより低いオーディオパワー出力でスピーカーを動作させるための制御され制限された電流を印加することである。第二は、より高いピークパワーオーディオ出力を可能とするように充電されたバッテリーを使うために、より低いオーディオパワー出力を動作させるための制御された電流に加えてスピーカーボックスと関連付けられた充電可能なバッテリーを充電するための充電電流を印加することである。第三は、DCパワーを直接スピーカーボックスに接続すること、例えば、ホームオートメーション制御システムにパワーを与えるのにも使われている外部パワーサプライを使って、オーディオ分配器におよびセレクター/エンコーダーに供給されたパワーとの組み合わせで、DCパワーラインを介してスピーカーボックスにパワーを与えること、である。

0039

左右の2つのスピーカーの1つのペアにパワーを与えることを含んだ単一のツイストペアによって本発明のスピーカーを接続するための方法と装置は、2つのワイヤが逆の極性で接続されることができる、非極性接続を提供することのような、エラー無しの簡略化された相互接続を特徴とする。エラー無しの反転された極性は、別のツイストペアラインと、パワーフィード有りまたは無しの符号化ステレオラインおよび/または多重化信号ラインと、を介したパワーフィードをカバーする。オーディオシステムにパワーを与えるためのパワーラインの詳細な簡略化された接続は、好ましい実施形態の記載の詳細において更に説明される。

0040

DVD、iPodまたはラジオのような伝播されたステレオ信号のソースは、周知のアナログまたはデジタルセレクターを通して選択され、セレクターから、異なるICパッケージで入手可能であるが離散したコンポーネンツを使って周知のステレオエンコーダー回路に組み立てられることができる周知のステレオエンコーダーに、供給される。ステレオエンコーダーは、FMラジオ局によってステレオ信号の送信のために使われるのと同じパイロット信号である19KHzパイロット信号をもった符号化されたステレオ信号を生成して出力するために、38KHz以上の周波数のようなクロックを供給される。符号化されたステレオL−R信号は、ステレオデコーダーおよびアンプを直接かまたはオーディオ分配器を介して組み込んでいるスピーカーに符号化されたステレオ信号をツイストペアを介して供給するための、周知の差動ドライバーアンプに供給される。

0041

デジタルおよび/または圧縮されたオーディオ信号を伝播するために、組み合わされた左右の信号は、左および右チャネルの間にゼロ時間遅延を提供するようにプログラムされてタイミングが図られる。デジタル信号伝播のためには、多くの周知のデジタル化コード化および圧縮の回路およびプログラムがあり、そのいずれもがアナログステレオ信号伝播のために使われたステレオエンコーダーおよびミキサーを置き換えることができる。しかも、下で更に説明されるように、デジタル信号伝播では、必要な総コンポーネンツとコストを低減するように、ICパッケージで広く入手可能なものと同じDSP(デジタル信号プロセッサ)、CPUまたはその他のデジタルデバイスを通して制御信号を組み合わせることが可能である。

0042

ホームオートメーションの参照された特許出願は、システムのインストーラー、即ち電気技師および/またはユーザ自身でさえ、によりアドレスを設定するための簡単なアドレス指定方法および装置を開示している。同様に、スピーカーの各ペアのためのアドレスは、そこにスピーカーが設置されている割り当てられた部屋またはゾーンに対応していなければならない。これは、照明空調設備、および異なるオーディオおよびビデオ機器に適用されるのと同じアドレス指定であり、参照されたホームオートメーション特許出願に開示されているように、全ては少なくとも1つのロータリースイッチを介して設定される。

0043

本発明は、各符号化ステレオ出力ラインに、または各増幅されたステレオ出力ラインにおよびエンコーダーを組み込んだ各スピーカーに、アドレスを設定するための、オーディオ分配器に組み込まれたn個のロータリーまたはDIPスイッチを提供する。ロータリーまたはDIPスイッチは、オーディオ分配器のパネルとスピーカーカバーを通してアクセス可能であり、一般的なスクリュードライバーを使って、1からn(ルームアドレス)までの数字に設定されることができる。これは、特にインストーラーがIT専門家ではないかまたはユーザがプログラミングに全く慣れていない時にはエラーを起こしがちな、複雑なプログラミングおよびプロセスを使うことによってアドレスをコード化する必要を排除する。

0044

オーディオ分配器は、アパートメント中のn個のスピーカーに供給するためのn個の周知の差動バッファーアンプを含む。組み合わされ変調されたステレオ信号を搬送している同じツイストペアを介してスピーカー回路がパワーを供給された時、差動バッファーアンプは、米国特許5,923,363に開示されているDCおよび信号の挿入器または注入器分離器または分離器のようなDCフィード回路を含むか、またはそれに接続されている。パワー調整器に繋がっているスピーカー内部のパワーラインは、パワーが、符号化または多重化信号ラインを通してか、またはDCパワーのみを搬送する別のツイストペアを介して、スピーカー回路に供給されたかどうかに関わらず、非極性DCパワー接続を可能とするブリッジ調整器を含む。

0045

本発明は更に、音量トーンコントロールおよびバランスコントロールを操作するために、および/またはサウンドオンオフ切り替えるために、スピーカーに直接遠隔制御コマンドを供給するためのスピーカー内部のIR遠隔制御回路を組み込むことを提供する。受信されたIRコマンドは、音量、トーン、バランスおよびオン/オフコマンドがセレクター/エンコーダー部によって制御された時に、オーディオ分配器におよび/またはセレクター/エンコーダーに符号化信号ラインを介して伝播し戻されることができる。更には、IR遠隔制御は、医療または緊急事態の助けを要請するために、またはインターコムパネルを通した訪問者による呼び出しに応答して、ハンドフリー回路を起動するのに使われることができ、あるいは守衛によっておよび/または警報メッセージによって、それはハンドフリー回路を閉じることができ、それによりインターコム通信をオフに切り替える、および/または訪問者が建物に入ることを可能とするように電気的ドアロックを開錠する。

0046

本発明の2ウェイハンドフリー通信は、更に別の実質的な利点を供する。例えば、警報システムを介して自動的に、または訪問者または管理人の呼び出しを介して、インターコムシステムとの通信が起動された時、左チャネルスピーカーは、左スピーカーの例に含まれているマイクロホンへの音響的フィードバックを排除するために、自動的にミュートされる。モノラルの入って来るスピーカーサウンドは、この例では、一般的に左スピーカーから離された所に載置される右スピーカーに供給され、それによりハンドフリー2ウェイ通信のためにはるかに良好な音響的状態環境を提供する。

0047

これも、テナントがマイクロホンに話している間は右側スピーカーもミュートするように遠隔制御キーを操作することによって更に改善され、それにより、ユーザの制御において乱されていない2ウェイハンドフリー通信を提供する。
本発明の前述およびその他の目的および特徴は、同伴する図面を参照して発明の好ましい実施形態の以下の記載から明らかとなるであろう。

図面の簡単な説明

0048

図1Aは、本発明のホームオートメーションシステムの符号化されたステレオ信号を伝播するための基本的セットアップおよび相互接続のブロック図である。
図1Bは、好ましい実施形態のビデオインターホンまたはインターコムシステムとの相互接続を含むための図1Aの拡張されたブロック図である。
図1Cは、好ましい実施形態のホームオートメーション分配器との相互接続を含んだ、図1に示されたシステムの別の拡張されたセットアップのブロック図である。
図1Dは、本発明の符号化されたステレオ信号を伝播するためのマルチスピーカーチャネルセットアップ、オーディオ分配器および相互接続をもったシステムのブロック図である。
図1Eは、好ましい実施形態のビデオインターホンまたはインターコムシステムとの相互接続を含むための図1Dの拡張されたブロック図である。
図1Fは、ホームオートメーションシステムとの相互接続を含むための図1Eの好ましい実施形態の更に拡張されたブロック図である。
図2は、好ましい実施形態のセレクター/エンコーダーの詳細を含んだ、図1Fに示されたシステム相互接続の詳細なブロック図である。
図3は、本発明の組み合わされた分配器を含み、全体を通して標準的コネクターとCAT5ケーブルを使った、図2に示されたシステム相互接続のブロック図である。
図4Aは、好ましい実施形態のピークハイパワーサウンドを出力するための、マイクロホン、アンプおよび充電可能なバッテリー回路を含んだ、信号ラインを介してパワーを与えられた左側スピーカーのブロック図である。
図4Bは、本発明で使われる右側スピーカーのブロック図である。
図5Aは、制限されたサウンド出力パワーをもった充電可能なバッテリー無しの図4Aに示されたスピーカーのブロック図である。
図5Bは、ハイサウンド出力パワーをもつ別のパワーラインを介してパワーを与えられた好ましい実施形態のマイクロホンをもった左側スピーカーの別のブロック図である。
図6Aは、左右のスピーカーを相互接続するための標準的コネクターを含んだ左側スピーカーの別のブロック図である。
図6Bは、右スピーカーを図6Aに示された左スピーカーと相互接続するためのIR受信機とIR送信機と標準的コネクターを含んだ右側スピーカーのブロック図である。
図7は、ホームオートメーションのオーディオシステムをインターコムシステムと相互接続するための本発明の好ましい実施形態のセレクター/エンコーダーのブロック図である。
図8は、符号化された信号の伝播とは逆方向の符号化信号ラインを通して供給された低電流ドレインによってパワーを与えられた、本発明のセレクター/エンコーダーの変形されたブロック図である。
図9は、セレクター/エンコーダーからスピーカーに符号化信号ラインを通して供給されたパワーを示す図6の更に別の変形されたブロック図である。
図10は、符号化信号ラインを介したスピーカーへのパワーフィードをもち、インターコムシステムのための相互接続回路をもった、本発明の好ましい実施形態のオーディオ分配器のブロック図である。
図11は、別のパワーラインを介したスピーカーへのパワーフィードをもった、図10のオーディオ分配器の変形されたブロック図である。
図12は、ステレオ符号化ラインを介したスピーカーへのパワーフィードを含んだ符号化されたステレオ信号を分配するための好ましい実施形態の基本的オーディオ分配器のブロック図である。
図13は、別のパワーラインを介したパワーフィードをもった、図5Bのスピーカーに符号化されたステレオ信号を分配するための、図12のオーディオ分配器の変形されたブロック図である。
図14は、図4Bに示されたような個別の増幅されたスピーカー信号をスピーカーに供給するためのパワーアンプを含んだ、本発明のオーディオ分配器のブロック図である。
図15は、ビデオインターホンモニター、オーディオコンポーネンツおよびホームオートメーションコンポーネンツを接続するための標準的コネクターを含んだ本発明の組み合わされたオーディオおよびホームオートメーション分配器のブロック図である。

実施例

0049

図1Aは、本発明のオーディオシステムの基本的相互接続およびセットアップを示し、そこではiPod、MP3、DVD,CDおよび/またはブルーレイプレーヤ−および/またはラジオおよび/またはテレビセットのような再生オーディオデバイス(図示せず)が、セレクター/エンコーダー100の入力コネクターに接続されている。セレクター/エンコーダー100は更に、セレクター/エンコーダー100にパワーを与えるため、および左スピーカーアッセンブリー90にケーブル6とツイストペア6Aを介してパワーを供給するための、パワーサプライ56に接続されている。後に説明されるように、セレクター/エンコーダー100は、符号化されたステレオ信号を単一のツイストペアを介してスピーカーアッセンブリー90に供給するために、再生オーディオデバイス、ラジオまたはテレビのいずれかから供給された選択されたステレオ信号を符号化する。

0050

ケーブルアッセンブリー6は、4つのツイストペアワイヤからなる、CAT5ケーブルのような周知の標準的ネットワークケーブルであり、それはリールでかまたはそうでなければ異なる長さで一般的に入手可能であり、ケーブル端においてRJ45コネクター21を装備しているかまたは装備していない。

0051

セレクター/エンコーダー100は、異なるPCをネットワークハブまたはスイッチに接続する周知のネットワークケーブルのような、装備を施されたケーブルアッセンブリー6の一端を接続するための、図2に示された、マッチしたRJ45ソケットを含む。ケーブルアッセンブリー6の他端は、標準的なRJ45ソケット21を組み込んだ周知の標準的な壁ソケット9に差し込まれる。

0052

壁ソケットと装備を施されたケーブル6の使用は、ユーザの好む場所および/または再生オーディオデバイス、ラジオまたはテレビの隣りおよび/または近くにおけるセレクター/エンコーダー100の配置を可能とする。壁ソケット9のソケット21は、左スピーカーアッセンブリー90にツイストペア6Aを介して接続されている。示されたツイストペア6Aは、一般的に電気設備設置業者によって設置されるCAT5ケーブルの単一のペアであることができ、導管、プレナムおよび/または建物の建築中に壁の内側を通してかまたは建物が完成した時に壁に沿って供給されることができる。図1Aに示された左スピーカーアッセンブリー90は、パワーサプライ56によってケーブル6およびツイストペア6Aを通しておよびセレクター/エンコーダー100を通して供給されたDCパワーによってパワーを与えられる。パワーフィードの詳細は後に説明される。左スピーカーアッセンブリー90は、符号化されたステレオ信号を復号するためのデコーダーと、その左チャネル出力信号を直接スピーカーアッセンブリー90の左スピーカーに供給するステレオパワーアンプを含む。右スピーカーアッセンブリー99は、CAT5ケーブルのツイストペアのようなツイストペアを介しておよび両スピーカーアッセンブリー90および99に設けられた端子を介して、ステレオアンプの右チャネル出力信号に接続される。

0053

これにより、図1Aに示されたオーディオシステムは、パワーサプライ56において始まり右スピーカーアッセンブリー99において終わり、全てのシステムエレメントをカスケードチェインに接続している、カスケードした単一のツイストペアを介した全てのパワーフィードを含んで、オーディオステレオ再生デバイスまたはステレオ信号のその他のソースによって生成されたステレオ信号をスピーカーのペアに供給している。

0054

説明と請求項を簡略化するために、説明は各カスケードした相互接続をセグメントとして言及しないが、「第一のセグメント」という用語は、言及されたセレクター/エンコーダーと左スピーカーの間、または言及されたセレクター/エンコーダーと言及されたオーディオ分配器の間の、カスケードした相互接続をカバーする。

0055

「次のセグメント」という用語は、言及されたオーディオ分配器と左スピーカーの間のカスケードした相互接続をカバーする。

0056

後続のセグメント」という用語は、左スピーカーと右スピーカーの間の相互接続をカバーする。

0057

「最後のセグメント」という用語は、図14の分配器64と図4Bのスピーカー99の間の相互接続をカバーする。

0058

例えば第一のセグメントの交差している1つ以上の壁ソケットへの/からの相互接続のようなセグメント内の相互接続は、「セクション」と呼ばれる。

0059

オーディオシステムは、図2のセレクター/エンコーダー100のフロントパネル10に示されたフロントパネルキー11、12および13を介してか、またはIR遠隔制御48を介して、操作される。IRの代りに、周知のRF遠隔制御またはあらゆるその他の遠隔制御48が使われることができる。好ましい実施形態の記載は繰り返しIR遠隔制御に触れるが、RF、超音波またはその他のようなあらゆる周知の有線または無線遠隔制御が使われることができる。上の説明から、図1Aに示されたような本発明のオーディオシステムのコンポーネンツまたはエレメンツは、単一のツイストペアによって相互接続されることと、オーディオシステムは、IRまたはRF遠隔制御デバイスを介して遠隔的に、および/またはセレクター/エンコーダー100の選択および操作キーを通して直接、操作されることができることが、明らかになる。

0060

図1Bは、オーディオシステムをビデオインターホンまたはインターコムモニター50のインターコム回路と一体化するために、スピーカー90に含まれたインターコムスピーカーの追加された信号ライン6Cとマイクロホンの6Bをもった、図1Aに示されたのと同じ相互接続を示す。図1Bのオーディオシステムの左スピーカー90は、マイクロホン70と、マイクロホン信号を符号化信号ライン6Aを介してセレクター/エンコーダー100に伝播するために符号化信号ラインにマイクロホン信号を多重化する回路を含む。セレクター/エンコーダー100は、マイクロホン信号を抽出するため、およびセレクター/エンコーダー100を壁ソケット9に接続しているケーブルアッセンブリー6のツイストペア6Bを通して抽出されたマイクロホン信号を供給するための、デコーダーまたは抽出器を含む。ビデオインターホンまたはインターコムを接続している、CAT5ケーブルのペアのような拡張ツイストペア6Bは、壁ソケット9からビデオインターホンまたはインターコム50のマイクロホン端子にマイクロホン信号を供給する。

0061

ビデオインターコムモニター50のインターコム回路からのスピーカー信号は、ツイストペア6Cを介して壁ソケット9に、およびケーブルアッセンブリー6の別のツイストペア6Cを介してセレクター/エンコーダー100に、供給される。シリアルコマンド信号は、それもまた壁ソケット9を介して相互接続されているツイストペアライン6Dを通して、セレクター/エンコーダー100とビデオインターホン50の間で交換される。図1Bの相互接続は、2ウェイインターコム通信と制御が、スピーカー90または99とマイクロホン70の少なくとも1つを含んだオーディオシステムと一体化されていること、および一体化されたインターコムシステムが、セレクター/エンコーダー100のキーによってかまたは遠隔制御48によって操作されることができること、を示す。

0062

図1Cは、マイクロホンおよびスピーカー信号は無いが、壁ソケット9を通してホームオートメーション分配器55とスピーカー90とセレクター/エンコーダー100の間の制御、コードおよび警報信号を含んだシリアルコマンドを交換するためのシリアルコマンド信号ライン6Dをもった、図1Aに示されたものと同様の相互接続を有するホームオートメーションと一体化された図1Aのオーディオシステムを示す。ホームオートメーション分配器は、コマンド、制御および警報信号を、壁ソケット9を通してシリアルコマンドライン6Dを介してセレクター/エンコーダー100に、およびステレオ符号化ライン6Aを介してスピーカー90に、供給する。壁ソケット9を接続しておりシリアルコマンドをセレクター/エンコーダー100に供給しているライン6Dは、RJ45コネクター21を装備した標準的CAT5ネットワークケーブル6のツイストペアである。

0063

シリアルコマンドは、符号化されたステレオ信号を搬送しているツイストペア6Aを介してセレクター/エンコーダー100に伝播されることができるが、シリアルコマンド信号を別のツイストペア6Dを介してセレクター/エンコーダーに伝播する方がより簡単である。これは第一には、ホームオートメーション分配器55がそれに供給された多重化された信号からシリアル信号を抽出するためのシリアルコマンド抽出回路を含むからであり、第二には、標準的ネットワークケーブル6が4つのツイストペアからなり、抽出されたシリアルコマンドをケーブルアッセンブリー6の利用可能な既存のツイストペア6Dを介して供給する方がより単純でコストがかからないからである。

0064

ネットワークハブ、スイッチ、ルーターおよびPCと共に使われるような標準的RJ45コネクター21を装備しているか、または装備していない、ケーブルアッセンブリー6は、本発明の好ましい実施形態のオーディオシステムの全てのバージョンバリエーションについての接続ケーブルとなるように適応される。但し、RJ45コネクターとCAT5ケーブルがここで繰り返し開示されるが、あらゆるその他の標準的または非標準的なコネクターおよび/または端子および/またはケーブルが、開示されたRJ45コネクター21および/またはCAT5ケーブルおよび/またはケーブルアッセンブリー6を置き換えるのに使われることができる。

0065

信号の多重化された組み合わせの交換は、参照されたビデオインターホンおよびショッピング端末特許および継続中の出願と、参照された特許出願11/939,785、11/509,315および上に開示されたその他の出版されていない出願に詳細に開示されており、それら全てはここに引用によって組み込まれる。図1Cの示された相互接続によって、本発明のオーディオシステムが、参照された特許に開示されたホームオートメーションシステムと一体化されることができ、ホームオートメーション制御を介して操作されることができ、しかもセレクター/エンコーダー100のキーおよび/または遠隔制御48が、ホームオートメーションシステムを操作するのに使われることができる、ことが明らかとなる。

0066

図1Cに示されたスピーカー70とセレクター/エンコーダー100のためのパワーは、図1Cのホームオートメーション制御および伝播回路とオーディオシステムにパワーを与えるのにも使われるパワーサプライ56によって供給される。パワーは、2つのやり方で供給されることができ、符号化ステレオライン6Aを介してか、もしそのようなケーブルがスピーカーを壁ソケット9と接続するのに使われていれば、それはCAT5ケーブルの別のツイストペア6Gを介して図5Bのスピーカー92に供給されることができる。同様に、セレクター/エンコーダー100がインターコムスピーカーおよびマイクロホンラインに接続されていない時には、使われていないツイストペア6Bまたは6Cが、DCパワーをセレクター/エンコーダー100に搬送するのに使われることができ、パワーを搬送しているツイストペアは以下では6Gとして言及される。

0067

図1Dは、本発明の好ましい実施形態のオーディオ分配器60を含んだオーディオシステム相互接続の拡張されたセットアップを示し、そこでは左右のスピーカーのn個のペア90−1〜90−nおよび99−1〜99−nが設置されてアパートメントの多くの部屋またはゾーンで接続されることができ、スピーカーペアの各々は独立して制御され、オン/オフ切り替えされることができる。オーディオ分配器60は、壁ソケット9を介しておよびCAT5ケーブル6の端部において装備されたRJ45コネクター21を介してセレクター/エンコーダー100をオーディオ分配器60と接続している、CAT5ケーブル6のツイストペア6Aを通して符号化されたステレオ信号を供給される。オーディオ分配器60は、n個のスピーカー90−1〜90−nへの/からの多重化された2ウェイシリアルコマンド信号を含んだバッファーされた符号化されたステレオ信号を伝播するために、図12および13に示されたn個の差動ライン受信機およびバッファー42を含む。

0068

図1Dに示されたDCパワーサプライ56は、オーディオ分配器60と、スピーカー90−1〜90−nと、セレクター/エンコーダー100にパワーを与える。スピーカー90−1〜90−nにパワーを与えるために、DCパワーは、バッファーされ多重化された信号端子1−1〜1−nを通して図12に示されたDC注入器または挿入器35Bを介してオーディオ分配器60によって供給されるか、またはそれはCAT5ケーブルの別のツイストペア6Gを介しておよび図13に示されたオーディオ分配器63の端子3−1〜3−nを介して、図5Bに示されたn個のスピーカー92に供給されることができる。

0069

図1Dの分配器60は、符号化ライン6Aを通してスピーカー90−1〜90−nとセレクター/エンコーダー100の間で多重化された2ウェイシリアル信号を伝播し、セレクター/エンコーダー100が、遠隔制御48の使用を含んだ、図1Dに示された据え置き型システムのための制御センターとなることを提供する。

0070

セレクター/エンコーダー100へのパワーは、符号化ライン6Aを介してかまたはそうでなければ使われていないツイストペアライン6Gを介して、オーディオ分配器60から供給されることができ、あるいはそれは別のパワーサプライ56によって図2に示されたパワーコネクター17に直接供給されることができる。

0071

右側スピーカー99−1〜99−nの各々は、図4Aおよび4Bに示された端子4を介して左側スピーカー90−1〜90−nから伸びているCAT5ケーブルのペアのようなツイストペア6Fによって接続され、それにより、システム相互接続全体を通してカスケードしているツイストペアを使って図1Dに示された拡張されたオーディオシステムの相互接続を完成する。

0072

図1Dに示されたシステムの動作および制御は、後に説明されるスピーカー90および99の各ペアのアドレス指定を除いて、図1Aに示されたシステムについて上述されたのと同じである。

0073

図1Eは、ビデオインターホンまたはビデオインターコムモニター50のインターコム回路と一体化された、上に説明された図1Dに示されたシステムと同様の拡張されたオーディオシステム相互接続を示す。図1Eのインターコム相互接続は、上の図1Bに示されたシステムのために使われた相互接続と同様であり、スピーカー90への信号とn個のスピーカー90に含まれたマイクロホン70から供給されたマイクロホン信号を伝播するために、ツイストペア6Cを介して分配器に供給されたインターコムスピーカー信号を含む。マイクロホン信号は、多重化されて、符号化ライン6Aを介してスピーカー90−1〜90−nからオーディオ分配器60まで逆方向に伝播される。オーディオ分配器60は、選択されたマイクロホン信号を抽出して、ツイストペア6Bを介してインターコムシステムまで供給する回路を含み、それにより、インターコムとスピーカー90および99の選択されたチャネルとスピーカー90に含まれたマイクロホン70の間の2ウェイ相互接続と信号の伝播を完成する。

0074

一体化されたオーディオおよびインターコムシステムを動作させて制御するためのシリアルコマンド信号は、多重化されて、スピーカー90−1〜90−nとオーディオ分配器60の間の符号化信号ライン6Aの上を、ビデオインターコムモニター50とオーディオ分配器60の間のシリアルコマンドライン6Dを介して伝播される。分配器60とセレクター/エンコーダー100の間のシリアルコマンドは、符号化され多重化されたライン6Aを介してか、または上の図1Cに示されたシステム中で伝播されたようにシリアルコマンドライン6Dを介して、壁ソケット9を通して伝播されることができる。ビデオインターホンまたはインターコム50は、オーディオ分配器60およびホームオートメーション分配器55と2ウェイシリアル信号を交換するためのシリアルコマンド端子を含むので、ビデオインターホンまたはインターコム50とセレクター/エンコーダー100の間でシリアルコマンドを交換するのにも、オーディオ分配器60を介してであれおよび/またはホームオートメーション分配器を介してであれ、同じツイストペアライン6Dを使うことができる。

0075

これにより、図1Eに示された本発明の拡張されたオーディオシステムが、オーディオシステムをインターコムシステムと一体化するのに必要とされる多重化されたマイクロホン信号とインターコムスピーカー信号を含んだ符号化されたステレオ信号を、システム全体を通してカスケードしているツイストペアを介して伝播することができ、ビデオインターホンまたはインターコム50を介して、セレクター/エンコーダー100と遠隔制御48のキーによって操作されることができる、ことが明らかとなる。

0076

図1Fは、図1Eに示された拡張されたオーディオシステムのホームオートメーション分配器55を介したホームオートメーションシステムとの一体化を示す。図1Fに示された相互接続と図1Eに示されたものとの間の違いは、ホームオートメーション分配器55の導入と、特にホームオートメーション分配器55とツイストペア6Eを介して供給された多重化された信号を含むためのビデオインターホンまたはインターコム50とオーディオ分配器60の間のシリアルコマンドライン6Dの接続、に限定されている。

0077

参照されたビデオインターホン、ショッピング機器およびホームオートメーション特許および出願は、図2に示された、ホームオートメーション分配器55と関連付けられたUSB変換器80にコネクター58を介して多重化された信号を供給するために、ホームオートメーション分配器55まで図1Fの単一のツイストペア6Eを介して、それらの組み合わせを含んだオーディオ、ビデオ、警報、制御、データおよびコマンド信号からなるグループから選択された多重化された信号の伝播を開示している。

0078

図1Eと1Fの間の更にもう1つの違いは、パワーフィード相互接続である。図1Fに示されているのは、ホームオートメーション分配器55を通したオーディオ分配器60へのパワーフィードである。ホームオートメーションシステムとオーディオシステムとインターコムシステムは、同じパワーサプライによってパワーを与えられることができ、全体を通してCAT5ケーブルとツイストペアを使った単純な相互接続を介して一体化されることができることが、図1Fから明らかである。システム相互接続の更なる詳細は、図2に示されており、下の記載で説明される。

0079

図2は、本発明の好ましい実施形態のオーディオシステムとビデオインターホンまたはビデオインターコムモニター50のインターコム回路とホームオートメーション分配器55を組み合わせている一体化されたシステムの相互接続を含んだ、図1Fに示されたシステムの詳細を示す。

0080

図2のセレクター/エンコーダー100は、フロントパネル10とリアパネル16を含み、フロントパネルは、音量増減キー、トーン高低キーおよびチャネル上下キーのような操作タッチプッシュまたはその他のキー11からなる。示された操作キーは、早送り、巻き戻し、スキップ、停止、再生ポーズプリセットおよびオーディオデバイスで使われるキーのあらゆるその他の機能またはタイプのような、多くのその他の機能のためのキーを提供するように拡張されることができる。フロントパネル16のインターコムタッチキー12は、訪問者または配達人が建物に入ることを可能とするために、インターコムとのハンドフリー通信を起動するためのオープンボイスキーとインターコムシステムと関連付けられた電気的ドアロック(図示せず)を開錠するためのドアオープンキーという2つのキーだけで表されている。インターコムのその他の機能または特徴を操作するためのその他のキーが、セレクター/エンコーダー100に追加されることができる。

0081

示された5つの選択タッチまたはプッシュキー13は、プレーヤー、レコーダー、テレビセットトップボックスおよびその他のようなデバイスを含んだ、iPod、MP3、ブルーレイ、CD、DVD、テレビまたはラジオまたはセレクター/エンコーダー100に音楽またはサウンド信号を供給するためのあらゆるその他のデバイスのような、ステレオ信号ソースを選択するためのものである。5つのキー13のみが示されているが、あらゆる数の選択キーが、セレクター/エンコーダー100に追加されることができる。パワーキー13Aは、セレクター/エンコーダーをオン/オフに切り替えるのに使われる。「キーまたは複数のキー」という用語は、以下では操作または選択キーのいずれかを指す。

0082

示されたIR受信機14は、IR遠隔制御48からのIRコマンドを受信するためのものである。図2はIR遠隔制御受信機14のみを示すが、RF、超音波および/または有線遠隔制御のようなあらゆるその他の遠隔制御受信機を代りに使うことができる。有線遠隔制御が使われた時には、そのような有線遠隔制御のためのコネクター(図示せず)は、セレクター/エンコーダー100のフロントパネル10、リアパネル16またはその他の部分または表面中に含まれることができる。

0083

リアパネル16は、パワーコネクター17と、5つのステレオ入力ジャック18と、ステレオ出力ジャック19と、それぞれのデバイスに制御およびコマンド信号を接続するための5つのコネクター20と、セレクター/エンコーダー100を壁ソケット9に接続するためのRJ45コネクター21を含む。選択キー13に対応して、5つのステレオ入力ジャック18のみが示されているが、n個のステレオ入力とn個の選択キー13を使うことができ、n個のオーディオ再生、ラジオおよび/またはテレビデバイスの接続を可能とする。同じことは有線遠隔制御コネクター20にも当てはまり、接続されたステレオ入力ソースのために必要とされる有線遠隔制御コネクターを提供するように、有線制御およびコマンド信号をテレビとラジオのような再生およびその他のデバイスに供給するためのn個のコネクターを組み込むことができる。但し、もし再生およびその他のステレオデバイスが有線遠隔制御信号で操作できなければ、それぞれのコネクターは使われないかまたは全く提供されないかのどちらかである。

0084

ステレオ出力ジャック19は、選択されたステレオ信号を本発明のオーディオシステムから独立して動作する別の周知のステレオアンプ(図示せず)に接続する。ここでも、ステレオ出力ジャックの1つのペアのみが示されているが、セレクターはn個の出力ステレオジャックを提供することができ、ステレオ出力の各々に異なる入力信号を選択して接続すること、またはステレオ出力のいくつかまたは全てに同時に同じ入力信号を供給すること、が可能である。

0085

示されたパワーコネクター17は、パワーサプライ56を直接セレクター/エンコーダー100に接続するためのものである。本発明のパワーフィード方法と装置は、図1A〜1Eに示された、異なるパワーフィード経路と共に、セレクター/エンコーダー100だけにパワーを与えるためにパワーサプライ56をコネクター17に接続することのように、専用のパワーサプライ56によって異なるエレメントまたはユニットに個別的にパワーを与えること、を提供する。

0086

壁ソケット9を介しておよびRJ45コネクター45を介してセレクター/エンコーダー100をオーディオ分配器60に接続しているCAT5ケーブル6は、符号化ステレオライン6A、シリアルコマンドライン6D、インターコムスピーカーライン6C、および図1Bに示されたシステム中でのようにそうでなければマイクロホンライン6Bとして使われるパワー供給ライン6G、という4つのツイストペアからなる。

0087

ビデオインターホンまたはビデオインターコム50をオーディオ分配器60とホームオートメーション分配器55に接続しているその他のCAT5ケーブル6は、RJ45コネクターを使わず、代わりに、マイクロホンライン6Bが端子56に接続され、インターコムスピーカーライン6Cがオーディオ分配器の端子57に接続されて、それは2つの分配器の端子およびポートに直接接続する。

0088

シリアルコマンドライン6Dは、ホームオートメーション分配器55の端子53に接続されて示されているが、代りにオーディオ分配器60の端子53に接続されることができる。2つの分配器の端子53は両方ともライン6Dを介して並列に2つの端子またはポート53中に一緒に結びつけられているので、どちらの分配器にシリアルコマンドラインが接続されているかは何の違いももたらさない。第四のツイストペアライン6Eは、ビデオインターホンシステムから伝播された多重化されたライン信号をコネクター58に供給するホームオートメーション分配器端子54に接続される。示されたコネクター58は、実際には、上述したRJ45コネクターと同じである。

0089

ライン6Eを通して供給された多重化された信号は、ビデオ、オーディオ、データ、コマンド、制御および上で参照したビデオインターホンおよびショッピング端末特許および出願中に詳細に説明されたその他の信号を含み、CAT5ケーブル59を介してUSB変換器80のようなインターフェース部に供給される。USB変換器80は、USB変換された信号を、標準的なUSBケーブルアッセンブリー82を介してPCにまたはネットワーク通信器83に供給する。

0090

PC83は、ビデオインターホンまたはビデオインターコムシステムの入口パネルによって生成されたビデオ画像の送信を含んだ、その他のPCまたはパーソナルデジタルアシスタントデバイス(PDA)または携帯電話と通信するために、ADSLまたはその他のインターフェースされた接続84を介しておよびインターネットまたはその他のネットワーク85を介して通信することができる。USB変換器80は、建物の入口における訪問者と離れた場所に居るテナントの間の通信を可能とする、および/またはテナントに彼らのホームオートメーションシステムの機器を遠隔的に制御する手段を提供する。

0091

しかも、寝たきりの老人または障害者および/または病人は、本発明のオーディオシステムのハンドフリーボイス通信を使って、一体化されたオーディオ−インターコムシステムを介しておよびPC83を通して、警報または緊急事態を生成するおよび/または家族に助けを求めることができる。

0092

同様に、本発明のオーディオシステムは、インターコムシステムを介しておよび/またはインターネット上でPC83を介して彼らの必要および医学的状態を通信するために、老人および病人を直接彼らの指定された病院または医者に接続することを提供する。カメラ50Aおよび/または寝たきりの人または病人を監視して治療するためのモニター、センサー診断分析アプリケーター、治療、生命維持およびリハビリテーションのような医療デバイスのあらゆる組み合わせ50Bが、インターフェース80および/またはPC83を介してビデオインターホンモニター50に接続された時には、呼び出し人の画像、声および/または呼び出し人の心拍および血圧のようなモニターされたデータが、ネットワーク84またはインターネット85を介して病院、医者または緊急事態サービスステーションに同時に通信されて、看護師、医者およびまたは緊急事態ステーションが医療デバイスおよびその他の緊急事態デバイスを遠隔的に操作することを許容する。

0093

インターフェースまたはUSB変換器80および/またはPC83は、ビデオインターコムまたはビデオインターホンの入口パネルによって生成されたビデオ信号を、テレビセットトップボックスまたはケーブルボックスまたはアンテナラインに、あるいは訪問者がアパートメントを呼び出す時にはいつでもテレビビデオ入力端子に直接、供給するための周知のビデオ信号処理プログラムを含む。同時に、インターコム呼び出しは、訪問者画像を表示するようにテレビをオンにするかまたはそれに切り替えるコマンドを生成するように、ホームオートメーションIRデバイスを起動し、それによりホームオートメーションシステムによって制御されたテレビセット上にビデオ表示を含むように、インターコムシステムを拡張する。

0094

パワーサプライ56は、端子51を介してホームオートメーション分配器に接続する。並列端子51は、オーディオ分配器60の端子51にパワーをリンクするかまたは接続し、分配器60は、CAT5ケーブル6のツイストペアライン6Gおよび壁ソケット9を通してセレクター/エンコーダー100にパワーをリンクするかまたは供給する。但し、上に説明したように、CAT5ケーブルアッセンブリー6の符号化ライン6Aを介してパワーをセレクター/エンコーダー100に供給することも可能である。

0095

同様に、オーディオ分配器60は、ステレオ符号化ライン6Aを介してスピーカー90にパワーを供給する。代替的に、図11に示されたオーディオ分配器61は、ツイストペア6Gを介しておよび端子3を介して、図5Bのスピーカー92にパワーを供給する。パワーフィードを含んだ単純なカスケードチェインのツイストペアを使って、オーディオコンポーネンツと、ビデオインターホン50とカメラ50Aおよび/または医療デバイスまたは複数のデバイス50Bおよび/または警報およびその他のデバイスのようなその関連するコンポーネンツを含んだインターコム回路の間の相互接続は、ホームオートメーションシステムと接続されて一体化されることができることと、カメラ、医療モニター50B,警報および緊急事態デバイス(図示せず)を含んだビデオインターホンまたはインターコムをもった一体化されたオーディオは、ネットワークおよび/またはインターネット85を介した遠隔アクセスおよび制御を含んだ、ホームオートメーション制御およびコマンドネットワークを通して操作されることができることが、明らかになる。

0096

CAT5ケーブルと係合されたネットワークおよび電話インストーラーのような通信設備インストーラーは、CAT5ケーブルをRJ45のような標準的なコネクターで終端することを好み、CAT5ケーブルの分離された個々のカラーコード化されたツイストペアを結びつけない。そのような装備を施されたCAT5ケーブル相互接続のために、図3は、全体を通してカスケードした装備を施されたCAT5ケーブルを使って、オーディオシステムとビデオインターホンまたはインターコムシステムを好ましい実施形態のホームオートメーションと一体化するための組み合わされた分配器200とスピーカー290および299を示す。

0097

図2に示された2つの別々の分配器55および60とスピーカー290および299を組み合わせている図3に示された組み合わせ分配器200は、RJ45またはその他の標準的なまたは特注のコネクターを装備したCAT5ケーブル6のような標準的なケーブルを使った、一体化されたシステム全体のためのRJ45のような標準的なコネクターを含む。スピーカー290および299と組み合わされた分配器200が後に詳細に開示される一方で、図3のシステムは、一体化されたシステム全体がIT設置業者によって便利にエラー無しで設置されることができることと、図2に示されたシステム動作および制御は図3に示されたシステムのものと同一であること、を明確に示す。

0098

図4Aは、図1A〜1Fおよび図2に示されたシステムの左スピーカー90を示す。上で述べたように、明細書および図面中での左スピーカーへの言及は便利さのためだけである。左または右のスピーカー、オーディオアンプ出力チャネル、またはスピーカーコネクターへの言及がなされた時にはいつでも、参照された左および右は、1つのオーディオチャネルかあるいはもう1つのものを記載している例に過ぎない、左と右の用語は反転可能であり、そこでは左が右として読まれることができ、右が左として読まれることができる。

0099

図4Aの端子1は、スピーカーアッセンブリー90を図1A〜1Fのライン6Aに、および図2のライン6Aを介して端子1−1〜1−nに接続し、そこではツイストペアライン6AはDCパワーを搬送し、スピーカーアッセンブリー90への/からの2ウェイの多重化されたシリアルコマンド信号と共に、符号化されたステレオ信号をスピーカーに伝播する。

0100

図2に示されたスピーカー90は、多重化されたマイクロホン信号をスピーカーからオーディオ分配器60におよびセレクター/エンコーダー100に壁ソケット9を介しておよび同じライン6Aを介して伝播する、図4Aに示したマイクロホン70を含む。図1B、1E、1Fおよび2では、マイクロホン70信号は多重化されて、ライン6Aを介して分配器60に供給され、また分配器からライン6Bを介して直接インターコムマイクロホン端子(図示せず)に供給される。

0101

それぞれ図4A、5A、5B、および6Aのスピーカー90およびスピーカー91、92、291のマイクロホン70は、音楽がスピーカーに供給される時には操作されることができない。これは、マイクロホン70がスピーカーによって生成されたサウンドによって圧倒されるからである。この理由のために、本発明の好ましい実施形態は、マイクロホンが起動された時にはスピーカー90、91、92、および291を通して伝播された音楽をミュートするかサウンドをオフに切り替える。これは、2ウェイシリアルコマンドと多重化された符号化されたステレオ信号、または2ウェイシリアルコマンドと多重化されたマイクロホン信号という、2つの信号だけの単純な多重化を可能とする。

0102

多くの周知の多重化の技術および方法がある。下で説明する好ましい実施形態は、3つ、即ち符号化された信号とマイクロホン信号とシリアルコマンド信号、例えば符号かされたステレオ信号のための30Hz〜90KHzと2ウェイコマンド信号のための100KHz〜150KHzとFM変調されたマイクロホン信号のための200KHz±10KHz、の内から2つだけの信号を多重化する周知の帯域分離を使用する。

0103

信号を分離する回路は、コイルコンデンサを採用することによっておよび/またはデジタル信号が伝播される時にはデジタルフィルターを使って、周知のバンドパスローパスおよびハイパスフィルターを含む。信号を注入および抽出する回路は全て周知の回路であり、それらはICパッケージで広く入手可能であるかまたはゲートアレイおよび/またはFPGAのソフトウェアでプログラムされた回路に設計されている。多重化された信号は、差動送信ライン、即ちDCパワーをスピーカー90または91におよび/またはセレクター/エンコーダー100に搬送するツイストペアライン6A、に供給されるかまたはそこから抽出される。

0104

DCパワーを供給し、それを同じツイストペアライン6A上を伝播された信号から分離する回路は、信号をDCパワーから除去し、選択されたかまたは全ての多重化された信号を注入し抽出する周知のフィルター、コイルおよびコンデンサを採用する。図5Aの回路71、図5Bの回路32A、図9の回路35A、図10および12の回路35BのようなDCを供給および/または抽出するための、および多重化された信号を分離/抽出するための回路は、米国特許5,923,363 に十分に開示されており、それらはここに引用によって組み込まれる。

0105

これに応じて、分離されたDCパワーは回路71から図5A電流制御回路72に供給される。電流制御72は、VCC、スピーカーステレオアンプ68を例外としてスピーカーアッセンブリー91の回路全体にパワーを与えるための調整された電圧源、を出力する。スピーカーアンプ68は、0.3Aのような与えられた値に電流を制限する制御された電圧と電流VDDによって供給される。これは、図4Bに示されたスピーカー91とそのペア99に供給されるオーディオパワー出力を制限する。オーディオパワー出力は、オーディオ信号内容とオーディオ信号レベルに依存し、従って音楽信号は変動する信号およびレベルであるので、スピーカーアンプ68による変動する電流ドレインは避けられない。

0106

多重化された信号を搬送しているツイストペアライン6Aを介したスピーカーペア90および91へのパワーフィードは、DC電流が固定されて一定である時のみ可能である。これは、DC電流ドレインの変動は直接差信号伝播の変動と変形を引き起こすからである。この理由にために、電流ドレインは固定されて一定のまま維持されなければならない。

0107

例えば、マイナー電流変動をもった一定の電流を消費するツイストペアライン6Aを介したセレクター/エンコーダー100に供給することは、図8の周知のDCパワー調整器回路34Bを使った電流制御がDC分離器回路35を介して供給された電流を制御するので、制限無くパワーを与えられることができる。電流ドレインのマイナーな変動を防止するために、回路34Bは、実際の計算された電流消費よりも10%多くのように、より高い電流をドレインするように計算され、調節可能なダミー負荷を介して使用されていない電流部分分流する。例えば、もしセレクター/エンコーダー100の計算された消費が120mAであれば、DCパワー調整器34Bは、回路34Bの調節可能なダミー負荷を介して分流される12mAの10%過電流を使って、132mAをドレインするように設計される。これにより、一定の電流を符号化され多重化されたライン6Aを通してドレインして、信号、温度および/またはコンポーネント耐性による電流変動が信号伝播に影響を与えないことを確かなものとすることが可能である。

0108

そのような電流制御回路が図5Aのスピーカー91によって使われるが、スピーカーアンプ68による電流変動が、電流制御および分流レンジ限度強制する。この理由のために、スピーカーアンプのパワー出力は、その電流が電流制御72Aの制御レンジ内に入るような値に制限されなければならない。例えば、0.2Aの最大電流と10VのDC電圧レベルでは、良好なサウンド品質の1.5Wばかりを出力することが可能であり、それは与えられたアパートメントのリビングルームバックグラウンドミュージック演奏するために必要とされるよりも多い。

0109

図4Aは、バッテリー制御回路73と充電可能なバッテリー74を例外としてスピーカーアッセンブリー91と同様である、スピーカーアッセンブリー90を示す。電流制御回路72によって制御された一定の固定された電流ドレインは、電流制御72Aを介してスピーカー91によりドレインされた一定の固定された電流と同じであり、バッテリー制御回路73が電流制御72の調節可能なダミー負荷である。

0110

スピーカーがオンまたはオフに切り替えられているかどうかに関わらず、最大の固定された一定の電流がスピーカーアッセンブリー90によってドレインされる。スピーカーがオフの時には、電流ドレインのほとんどが充電可能なバッテリー74を充電するのに使われる。スピーカーが低いレベルの出力でオンに切り替えられた時には、スピーカーアンプ68への電流は、バッテリー制御回路73を通して供給され、使用されていない電流を継続した充電のためにバッテリー74に分流する。

0111

スピーカーアンプ68による電流ドレインがより高いオーディオパワー出力に増加するにつれて、バッテリー74を充電するために供給された電流は減少するかまたは完全にカットされる。もっとより高い出力パワーを許容するために電流が更に増加された時には、バッテリー制御73は、充電されたバッテリーから追加の電流ドレインを供給するためにその電流経路を反転する。スピーカー90と関連付けられた、そのようなバッテリー制御回路73と充電可能なバッテリー74により、スピーカー90は、符号化されたステレオ信号および2ウェイシリアルコマンド信号を含んだ伝播された信号を乱すこと無しに、ツイストペアライン6Aを介してスピーカー90に供給された固定された一定の電流を超える、より高いオーディオ出力サウンドを生成することができることが明白になる。

0112

ここでも、ビデオインターホン特許5,923,363が、ビデオインターホンを動作させるために使われる充電可能なバッテリーとバッテリー制御回路を開示しており、その内容はここに引用によって組み込まれる。5,923,363特許によって開示された別のパワーを与える方法は、モニターへのパワーサプライのダイレクト接続であり、同じことが本発明のスピーカーにも当てはまる

0113

図5Bの92、図6Aの290および図6Bの299のスピーカーアッセンブリーは全て、ライン6Gのような標準的なCAT5ケーブルのツイストペアを使って、別のパワーラインを介してパワーを与えられている。図5Bは、パワーライン6Gをリンクするかまたは接続するためのパワー端子3を示す。図5Bのスピーカー92の回路全体またはブロック図は、パワーフィード回路を例外として図5Aのスピーカー91と同様である。ダイレクトパワーリンクまたはフィードは、アンプをその定格出力におけるフル音量で動作させるのに必要とされる幅広く電流が変動するドレインのための調整された電圧ラインであるVDDによって供給されるように示されているスピーカーアンプ68を除いて、スピーカー92の回路の全てに供給する調整された電圧源VCCを出力するための標準的なIC、ダイオードトランジスターおよびその他の離散的コンポーネンツを使った周知のスイッチング調整器またはアナログ調整器を含んだ、周知のパワー制御および調整器回路34によって制御される。もう1つの違いは、図5Aに示されたスピーカー91の回路71のDC分離する回路部分の排除である。

0114

スピーカー92の回路32Aは、DC分離器回路部分を含んでいない。図4A、5Aおよび5Bのスピーカー90、91および92は、一方向で符号化されたステレオ信号とシリアルコマンド信号を抽出するための、および反対方向でマイクロホン信号とシリアルコマンド信号を注入するための、同一の回路71または32Aを含む。ステレオデコーダー67は、周知のステレオデコーダーICであり、ステレオFMラジオのために使われるステレオデコーダーのように、低コストで多くの種類で入手可能である。符号化された信号が圧縮されたオーディオデジタル信号である時には、ステレオデコーダーは、MP3、iPodまたはCDプレーヤーで使われるようなデジタルステレオデコーダーを含んだICであるか、またはそのような復号プログラムがDSPデバイス(図示せず)中またはCPU41中にインストールされることができる。

0115

ステレオデコーダー67の出力は、その左チャネル出力を左スピーカー69に供給するスピーカーアンプ68に供給されるが、上で説明したようにスピーカー69は右または左スピーカーのどちらかであることができる。スピーカーアンプのもう1つの出力チャネルは、もう1つのスピーカーをツイストペア6Fを介して接続するための端子4を介して右、または場合によっては左、スピーカーに供給する。図4Bの示されたスピーカー99は、ツイストペアライン6Fの他端をその端子4を介して接続する右、または場合によっては左、のものである。スピーカーアンプ68は、シリアルコマンドまたはプロトコルによって制御され、異なる製造業者によるICパッケージで入手可能な、周知のステレオ出力アンプである。同様に、ステレオデコーダー67も、シリアルコマンドによって制御される。

0116

ツイストペアライン6Aを介して伝播された符号化されたステレオ信号は、抽出され、復号され、増幅され、カスケードしているツイストペアを介して左右のスピーカーのペアに供給されることが明らかになる。

0117

周知のRS422またはRS485のような多重化されたシリアルコマンド信号は、符号化ステレオ信号ライン6A上でスピーカーに供給され、それは信号抽出器回路32Aまたは71によって抽出されて、CPU41に供給される。シリアルコマンド信号は、コード化されたコマンドからなり、それは例えば、パワーオンパワーオフ、ミュート、音量アップ音量ダウン、トーンハイ、トーンロー、バランス左、バランス右、右チャネルミュート、左チャネルミュート、ハンドフリーマイクロホン起動、話す、聞く、ドアオープンおよびビデオインターホンまたはインターコムおよび/またはホームオートメーションシステムを操作するための多くのその他のコマンドを命令するためのプロトコルを含む、プロトコルとしても知られる。プロトコルまたはコマンドはまた、IR受信機25R−1〜25R−nを介しておよびIRRX26Rを介してCPU41に供給されることもできる。CPU41によって処理されたIR遠隔制御コマンドとIR送信機は後に説明される。

0118

以下の記載および請求項における「住居情報信号」という用語は、多重化されて1つ以上のツイストペアを介して伝播された、ビデオのみ、オーディオのみ、符号化された信号のみ、シリアル信号のみ、マイクロホン信号のみ、インターコムスピーカー信号のみ、遠隔制御信号のみ、警報信号のみ、データ信号のみ、制御信号のみ、および/またはその組み合わせのような、個別の信号の伝播を指し、そこでは前記シリアル信号は、コマンド、制御、ステータス、データ、遠隔制御、デジタルオーディオ、およびデジタルビデオからなっていても良い。前記符号化された信号は、符号化されたステレオ、符号化されたモノラルオーディオ信号、およびそれらの組み合わせからなり、そこでは遠隔制御信号への言及は、IRまたはRFのような無線で伝播された信号、およびホームオートメーションで伝播されたシリアル信号との組み合わせでシリアル信号と共に伝播されるもののような有線遠隔制御であることができる。

0119

ホームオートメーションおよびビデオインターホンまたはインターコムプロトコルを含んだオーディオシステムのプログラムされたコマンドプロトコルは、伝播された多重化されたシリアルコマンド信号および/または受信されたIR遠隔制御コマンドから抽出されたあらゆるコマンドの処理を可能とするために、ルックアップテーブルにリスト化され、CPU41および24のメモリー中に格納される。これは、スピーカー、オーディオ分配器90〜95および200およびセレクター/エンコーダー100〜103が、インターコムを処理し、制御しそれと通信すること、および/またはアパートメントのその他の部屋またはゾーンのホームオートメーションおよびオーディオシステムと関連するコマンドを伝播すること、および/または建物のメインまたはその他のドアを開けることのようなインターコム回路を操作するためのコマンドを伝播すること、および/または緊急事態および警報を生成することと、そのような警報、緊急事態または医学的状態を、ネットワークまたはインターネットを介してe−サービス、e−警報、e−医療および/またはe−病院および/またはe−ショッピングのようなe−ステーションと通信すること、を可能とする。

0120

CPU41は、それらがスピーカーアッセンブリーの部屋またはゾーンに宛てられているかどうかに関わらず、全ての受信したコマンドを処理する。CPU41は、ルックアップテーブルに従って、例えば同じ部屋またはゾーンのホーム機器を操作するためのIR制御コマンドを生成するか、または その他の部屋またはゾーンに宛てられた制御コマンドを中継する。そこにスピーカーが設置された部屋またはゾーン中のスピーカー、オーディオシステムおよび/またはインターコムシステムを操作するために宛てられたコマンドは、ステレオデコーダー67、スピーカーアンプ68およびハンドフリーアンプ76の制御と動作を含んで、スピーカーのCPU41によって実行される。

0121

上で説明されたように、マイクロホン70がインターコムと通信することを可能とするために、音楽はミュートされるかカットされなければならず、ビデオインターホンまたはインターコム50が呼び出しコマンドを生成した時には、与えられたシナリオは、インターコムスピーカーを図7および8のセレクター22の入力IN−Mを介して出力ポートUT−2に自動的に接続することであっても良く、それによりエンコーダーに供給された音楽ソースからライン6Cを介して供給されたインターコムスピーカー信号に切り替えることによって、エンコーダー29から音楽ソースをカットする。同時に、CPU24は、インターコムスピーカー信号を右スピーカーチャネルに伝播するためのモノラルモードに、ステレオエンコーダー29を切り替える。

0122

インターコム呼び出しコマンドはまた、スピーカーのインターコム呼び出しモード始動するために、図4A、5Aおよび5Bに示されたスピーカー90、91および92の回路71または32Aの信号抽出器によって、受信され、抽出され、参照されたスピーカーアッセンブリーのCPU41に供給され、そこではCPU41は、左チャネル出力をミュートし、スピーカーアンプ68の右出力チャネルを通して呼び出しまたは呼び出し音を生成するように、スピーカーアンプ68に命令する。呼び出しまたは呼び出し音はまた、選択可能な持続時間をもった、選択可能な格納されたメロディーまたはチャイムサウンドであることもでき、全てはCPU41のメモリー中に格納される。呼び出し音が停止した直後に、図4A、5Aまたは5Bに示されたスピーカーは、インターコム待機モードに入るようにCPU41のプログラムによって命令される。

0123

インタコム呼び出しまたは待機モード中に可能ないくつかの通信シナリオがある。別のシナリオは、右スピーカー4Bがインターコム入口パネルの前に立っている訪問者の声を出力するが、テナントがオープンボイスキー12またはIR遠隔制御部48のオープンボイスキーにタッチするまでマイクロホン70はミュートされることを提供する。これは、周知のハンドフリー通信をオープンし、そこではマイクロホンとスピーカーが交番で動作する。マイクロホン70によって供給されるハンドフリー制御回路76は、有線または無線電話システムで使われるもののような、多くの異なるICパッケージで入手可能な、周知の回路である。

0124

ハンドフリーマイクロホンアンプ76は、ステータス信号をCPU41に供給し、そのコマンド受信入力は、スイッチオンスイッチオフ、話す、聞く、待つおよびミュートのようなCPU41コマンドを受信するために継続的に準備が出来ている。同時に、CPU41は、ステレオデコーダー67とスピーカーアンプ68を制御し、それはCPU41が、ハンドフリーオープンボイス通信を完全に管理し、音響的ハウリングおよびフィードバックを除去し、スピーカーまたはマイクロホンまたはその両方の音量を増減することを可能とする。

0125

上述したスピーカーおよびマイクロホンを介して本発明のオーディオシステムを通して、参照された特許および出願のビデオインターホンまたはショッピング端末あるいはあらゆるその他の建物のビデオインターコムまたはインターコムの間のハンドフリー通信を制御する能力は、特に例えば老人および寝たきりの人のための看護建物または家の中の注目を必要とする寝たきりの人、病人および老人のために、全く新しい遠隔ボイス通信の機会を切り開く。CPU41は、「介護士デスクが遠隔的に「オープンボイス」シリアルコマンドを、自分自身ではそうすることができない寝たきりのテナントのアパートメントのオーディオシステムに供給することを可能とするようにプログラムされ、寝たきりかまたはその他の介護を必要とするテナントを遠隔的に監視して通信する能力を、介護士デスク、医者または病院に与える。

0126

更に別のシナリオは、IR遠隔制御48に「話す」キーを加えて、難聴のテナントが話すキーを押すことによって、聞くモードから話すモードに切り替えることを可能とすることである。これは、スピーカーからマイクロホンへの音響的ループおよびフィードバックを完全に排除し、スピーカーアンプ68の増加した音量を提供し、それにより難聴者および老人に高音サウンドレベル通信を提供する。異なるシナリオと通信処理プログラムがCPU41とそのメモリー中に組み込まれることができ、選択可能にされることができることが、上記から明らかになる。上での左右のスピーカーへの言及は便利さのためだけであることと、左右の用語は場合によっては反転可能であることが、再度注意されるべきである。

0127

ハンドフリーアンプ76から出力された増幅されたマイクロホン信号は、変調器出力バッファー77と、200KHzのような搬送波周波数を有する周知のFM変調器と、FM変調されたマイクロホン信号を信号注入器または挿入器回路71または32Aに供給するための出力バッファー、に供給される。信号注入器または挿入器は、FM変調されたマイクロホン信号をツイストペアライン6Aに供給するため、およびマイクロホン信号を逆方向に符号化されたステレオ信号伝播まで伝播するための、カップリングコンデンサまたはRF信号変成器および周知の差動ラインアンプであることができる。FM変調がこの発明の好ましい実施形態の変調であるが、AM,SSBまたはPMのようなあらゆるその他の変調が代りに使われることができ、しかもマイクロホン信号がデジタル信号である時には、周知のデジタル変調OOK、ASKFSKPSK技術のような変調、またはデータ送信および/または多重化で使われるあらゆるその他のデジタル信号の処理、が使われることができる。

0128

上で説明されたように、インターコム通信がアクティブである時には、符号化されたステレオ信号はミュートされ、従って多重化はFM変調されたマイクロホン信号とシリアルコマンド信号だけに制限される。信号抽出器、注入器または挿入器の更なる詳細は、ビデオインターホンの米国特許5,923,363に記載されており、それはここに引用によって組み込まれる。

0129

図4A、5Aおよび5Bに示されたスピーカー90、91および92へ/から供給されたシリアルコマンドは、CPU41へ/から供給された信号抽出器、注入器または挿入器71または32Aによって抽出されて挿入される。ツイストペアライン6Dのような差動信号ライン上を送信された、周知のRS422またはRS485のようなシリアルコマンド信号が、本発明の好ましい実施形態で使われるが、DTMFまたはラインコード化および/またはPCMのような変調されたデータおよび/または圧縮されたデータまたはこの発明のオーディオコンポーネンツと上で説明され上で参照したホームオートメーション特許に詳述されたビデオインターホンまたはインターコム50および/またはホームオートメーションとの間でコマンドを伝播するためのその他の方式のような、あらゆるその他の制御およびコマンド信号が使われることができる。

0130

シリアルコマンドは、デジタルロータリーまたはDIPスイッチ44を介してか、またはハードウェアジャンパー設定または左スピーカーアッセンブリーのCPU41のメモリー中にアドレスをインストールすることのようなその他のアドレス設定プロセスを介して設定された、部屋またはゾーンアドレスのようなアドレスを含む。後に説明されるように、オーディオ分配器60はまた、各分配されたステレオ符号化ライン6Aのためのアドレス設定も提供する。

0131

本発明の別の新規アイテムは、図4A、5A、6Aおよび6Bに示されたIR受信機25RとIR送信機25Tであり、そこではn個のIRフォトトランジスターまたはピンダイオード25R−nとIRLEDs25T−nが、図6Aおよび6Bに示されたような左スピーカーおよび/または右スピーカー中に組み込まれることができる。IRフォトトランジスターまたはピンダイオード25Rは、IR遠隔制御部48からのコマンドを受信し、受信したコマンドをIRRX回路26Rを介してCPU41に供給し、それは受信したコマンドに従ってステレオデコーダー67とスピーカーアンプ68を動作させるか、またはCPU41は、同じ部屋またはゾーン中のホームオートメーション機器を動作させることを意図したコマンドを再生成し、上で言及したルックアップテーブルに基づいて再生成されたコマンドを、IR遠隔制御電流信号をIRLEDs25T−1〜25T−nに供給する送信機回路26Tに向かわせて、それにより参照米国特許出願11/939,785に記載されたようなIR遠隔制御ドライバーになり、その開示されたIRドライバーの詳細はここに引用によって組み込まれる。

0132

IR受信機25Rによって受信されたIRコマンドが、別の部屋またはゾーンに宛てられている時には、CPU41はコマンドを処理し、シリアルコマンドを、ルックアップテーブルに基づいて、処理されたシリアルコマンドをライン6Aを介してオーディオ分配器60および/またはホームオートメーション分配器55におよび/またはビデオインターホンまたはインターコム50におよび/またはセレクター/エンコーダー100に伝播するための、注入器または挿入器回路71または32Aに供給し、それにより図4A、5Aおよび5Bのスピーカーアッセンブリー90、91および92が、組み合わされたオーディオ、ホームオートメーションおよびビデオインターホンまたはインターコムの全体を通してIRコマンドを伝播するためのIR分配ドライバーとなる。IRフォトトランジスターまたはピンダイオード25R−nとIRLEDs25T−nは、ここに引用によって組み込まれる特許出願11/939,785に開示されたIRドライバーと同様に、回転可能および調節可能にされることができ、それによりスピーカーアッセンブリーをもったIRドライバーという新規な機器となる。

0133

一体化されたシステムのシリアルコマンド信号を介してシステムを遠隔的に制御するために、ホームオートメーションのIRドライバーをスピーカーの外で使うことも勿論可能である。インターコムおよび/またはホームオートメーションシステムと関連付けられた警報、緊急事態または医療デバイスによってインターコムを自動的に宛先とするために、有線またはRF遠隔制御およびデータ信号を一体化されたシステム内で伝播することも可能である。図2および3にカメラ50Aと医療モニターまたはその他の医療デバイス50Bとして示されたそのようなデバイスは、ビデオインターホンまたはインターコム50に接続されているが、代りにそれらを、医療デバイスを操作するための遠隔制御信号を交換するためにインターフェースまたはUSB変換器80に接続することができる。参照されたビデオインターホン特許は、緊急事態、警報および医療デバイスと通信するためのRF送受信機を開示している。

0134

上の説明から、図4A、5Aおよび5Bに示されたスピーカーアッセンブリーと、後に説明されるように、また図6Aおよび6Bに示されたスピーカーアッセンブリーは、制御されたステレオサウンドまたはモノラルインターコムサウンドを出力するために単一のツイストペアライン6Aを介して伝播された符号化されたステレオ信号を受信し、同じライン6A上でインターコムシステムと通信するように返されたマイクロホン信号を供給することができることが明らかである。スピーカーは、ホームオートメーションシステム、ビデオインターホンシステムによって、IRまたはあらゆるその他の遠隔制御デバイスを介して、制御されることができることも、上記から明らかである。本発明のスピーカーアッセンブリーは、オーディオシステム、ハンドフリーマイクロホン信号通信、ビデオインターホンまたはインターコムシステムの通信と動作を制御し操作するために、および/またはアパートメントのホームオートメーションシステムを操作するために、IR遠隔制御を伝播するためのIRドライバーシステムになることができることも明らかである。

0135

図1A〜1F、図2および図3に示されたセレクター/エンコーダー100は、全てのバージョンと組み合わせの可能性を組み合わせるセレクター/エンコーダーである。図7、8および9に示されているのは、それぞれセレクター/エンコーダー101、102および103の3つのブロック図であり、各々は異なるパワーフィードと、インターコムスピーカーとマイクロホン信号を接続するための異なる回路および接続を示す。好ましい実施形態のスピーカーおよびマイクロホン信号は、与えられたアパートメントの内部で1つより多くのインターコムハンドセットまたはパネルを相互接続するためにインターコムシステムによって一般的に使われるアナログ信号である。そのような一般的なインターコムスピーカーおよびマイクロホン信号は、接地ラインと、図10に示された端子56および57のようなマイクロホンライン端子およびスピーカーライン端子の間に接続される。インピーダンス信号レベルは、オーディオシステムの対応する出力および入力とマッチしなければならないので、マイクロホンとスピーカーの信号とラインは、スピーカー信号のために入力ラインバッファー38を、マイクロホン信号のために出力信号バッファー37を使って、バッファーされなければならない。そのようなバッファーによって、一般的に使われるインターコムのアナログスピーカーおよびマイクロホン信号のより低いインピーダンスとより高い信号レベルは、オーディオ信号伝播のために使われるより高いインピーダンスとより低い信号レベルとマッチされる。

0136

信号伝播が全てデジタルである時には、一般的なインターコムシステムを本発明のオーディオシステムと相互接続するために、同様のバッファー回路が必要である。但し、インターコムシステムがデジタルオーディオ伝播を使う時には、バッファー回路37および38は、D/A(デジタル−アナログ)および/またはA/D(アナログ−デジタル変換器を含み、インターコムとオーディオシステムの両方の処理された信号の間の整合性を確かなものとするように、CPU41または24中にインストールされたDSPデバイスまたはデジタルオーディオ処理プログラムを含む。

0137

バッファーアンプ37または38またはその両方のいくつかは、図6Aの290のようなスピーカーアッセンブリー中に、または図7および8のセレクター/エンコーダー101および102中に、または図10、11および15の分配器60、61および200中に、含まれていても良いので、全ての接続可能性図7〜9に描かれてはいないが、示されたブロック図は、多くの相互接続可能性を完全に開示するのに十分である。

0138

セレクター/エンコーダー100への多くのパワーフィードの可能性が、スピーカーへのパワーフィードまたはシステム全体へのパワーリンクまたはフィードとの関係で、即ち、セレクター/エンコーダー100を介して、またはオーディオ分配器60を介して、またはホームオートメーション分配器55を介して、または両分配器55および60を介して、そして符号化ステレオライン6Aを介してかまたは別のパワーラインリンク6Gを介して供給されたパワーか、またはそのパワーコネクター17を介してセレクター/エンコーダー100をリンクしているパワーサプライからのダイレクトパワーフィードをもって、上に説明された。

0139

図7は、パワーコネクター17を介してパワーサプライ56(図示せず)によって直接供給されたパワーをもつか、または両分配器55および60の一方または両方を介しておよび図1Cのツイストペアライン6Gを介してパワーサプライ56にリンクされた、セレクター/エンコーダー101を示す。パワーがライン6Gを介して供給されている時には、コネクター17は使用されず不要である。パワーがパワーサプライ56によって直接コネクター17に供給されている時には、ライン6Gは図5B、6Aおよび6Bに示されたスピーカーアッセンブリー92、290および299に供給するリンクラインになる。

0140

コネクター17に直接かまたはライン6Gを介して供給されたパワーは、図5B、6Aおよび6BのスピーカーアッセンブリーのDCパワー制御および調整回路34および図7のセレクター/エンコーダー101のパワー調整回路34Aによって調整され制御される。両方の調整器34および34Aが調整された電圧VCCを提供すると共に、2つの調整器の間の違いは、スピーカーアッセンブリーのために必要とされ調整器および制御回路34によって提供される電圧および電流制御ラインVDDであり、一方で図7のセレクター/エンコーダー101の調整器34Aは調整されたVCCのみを出力する。

0141

図8は、そのパワーが、それぞれ図4Aおよび5Aのスピーカー90および91の回路71によっても使われ上で説明された、コイル、コンデンサおよびフィルターからなる回路であるDC分離器回路35に、符号化ライン6Aを介して、分配器55および60の一方または両方を通してパワーサプライ56によって供給される、セレクター/エンコーダー102を示す。分離されたDCは、図8のセレクター/エンコーダー102の動作のために必要とされるVCCを調整する、電流制御およびDCパワー調整回路34Bに供給される。

0142

上で説明したように、セレクター/エンコーダー102の電流消費は低く、従ってセレクター/エンコーダー102に供給された電流は、温度、コンポーネント耐性およびその他のマイナーな変量のための電流ドレインの変動を確かなものとするように計算されたおよそ10%の残留電流変動を調節するための制御された分流回路を含む電流制御回路34Bによって制御された、一定の固定された電流である。セレクター/エンコーダーによる低い電流ドレインは、制限の無いセレクター/エンコーダー100とオーディオ分配器60の間のツイストペアライン6Aを介した符号化されたステレオ信号と多重化されたシリアルまたはマイクロホン信号の伝播と共に、DC電流を供給することを簡単にする。

0143

図9は他方において、パワー制御および調整34Cと、図1Aおよび1Bに示され上で説明された図4Aのスピーカーアッセンブリー90にパワーを与えるためにDCパワーを符号化ステレオライン6Aに注入するDC注入器または挿入器35Aを介した、セレクター/エンコーダー103のコネクター17を通したパワーサプライ56によるDCフィードを含む、セレクター/エンコーダー103を示す。スピーカーに供給された電流は変動し、符号化ライン6Aを介してスピーカーに供給された電流を制限する必要がある。電流は、パワー制御および調整回路34Cの周知の一定電流調整器部分によって制御される。

0144

パワーサプライリンクとインターコム信号伝播変動を例外として、セレクター/エンコーダー101〜103の全てのその他の回路は同じである。セレクター22は、IN−1〜IN−nおよびIN−Mのいずれかを、OUT−1およびOUT−2として示された出力19のいずれかと接続するための、周知のアナログ多重化器またはデジタルスイッチまたはマトリクスセレクターである。5つの示された入力18の各々は、MP3、CD、iPod、DVD、ブルーレイおよびあらゆるその他の音楽プレーヤー、またはラジオおよびテレビセットまたはセットトップボックス、テレビのためのケーブルおよび/または衛星変換器を含んだその他のオーディオソースのような、あらゆる周知の音楽プレーヤーを接続するためのステレオL−R入力である。5つのステレオ入力のみが示されているが、あらゆる数の入力がセレクター22中に組み込まれることができる。示された入力IN−Mは、インターコムスピーカー信号のためのモノラル入力である。2つの示された出力19は、選択された入力をその他の周知のオーディオアンプまたはプリアンプに接続するためのOUT−1と、選択された入力をステレオエンコーダー29に供給するためのOUT−2である。2つの出力のみが示されているが、セレクターはあらゆる数の出力を組み込むことができる。

0145

セレクターは、操作および選択キー11〜13Aを介してセレクター/エンコーダー101〜103に、IRフォトトランジスターまたはピンダイオード25およびIRRX26を介してIR遠隔制御部48に、またはその他のタイプの遠隔制御部に、および/またはシリアルライン6Dとシリアルドライバー28を介してCPU24に伝播された、ビデオインターホン50とホームオートメーション制御システムによって共有されたシリアルコマンドネットワークを介して、供給されたコマンドに従って、1つの選択された入力を全ての出力に、または与えられた入力を与えられた出力に、接続するためのCPU24から供給されたコマンドによって、操作される。

0146

代替的に、シリアルコマンドは、差動受信機抽出器32によって多重化された符号化ステレオライン6Aから抽出されて、ASKデコーダー33を介してCPU24に供給されることができる。CPUはまた、オンに切り替えて差動ツイストペアドライバー31にステレオ符号化信号を出力するように、ステレオ変調器29に命令する。

0147

ステレオエンコーダーは、周知のJRCによるモデルNJM2035、またはROHMによるBH1415および多くのその他のステレオエンコーダーICsのような、符号化された信号をFMラジオ送信機に供給するための単一パッケージICを含んだ、異なるパッケージで入手可能な、周知のエンコーダーICである。デジタルステレオ信号が伝播された時には、デジタルステレオエンコーダー、例えば周知のFree ScaleによるIC MC44C401Lまたは広く入手可能なその他のICs、が代りに使われる。

0148

いくつかのデジタルステレオエンコーダーおよびデコーダーは、エンコーダーとデコーダーの間で、マルチオーディオチャネルと、2ウェイインターコムスピーカーおよびマイクロホン信号を含んだデータ信号を伝播することができる、プログラムされたDSPデバイスである。そのようなDSPデバイスは、差動受信機32とASKデコーダー33を不要で使用されないものにする。

0149

CPU24は、コネクター20−1〜20−nを介して、再生デバイスおよび/または音楽ソースの各々を個別に遠隔的に操作するためのシリアルコマンドを供給する。操作および選択キー11〜13AまたはIR遠隔制御48を介してまたはホームオートメーション制御ネットワークおよびビデオインターホン50を介して生成されたコマンドは、そのようなシリアルコマンド入力コネクター(図示せず)が設けられた再生デバイスまたは音楽ソースに、CPU24のメモリー中に格納されたルックアップテーブルに基づいて、CPU24から供給される。CPU24は応答して、それが受信するコマンドに基づいてオーディオシステムの機能および特徴の全てを操作するか、またはシリアルドライバー28とライン6Dを介して、および/または差動ツイストペアドライバー31とライン6Aを介して、ホームオートメーション機器を操作するためのコマンドを転送する。

0150

図7は、信号レベルとラインインピーダンスをマッチするのに必要である、2つのバッファー回路、上で説明したインターコムスピーカーバッファー38とマイクロホンバッファー37、を示す。2つのバッファーは、セレクター/エンコーダー101が、ビデオインターホンまたはインターコムも壁ソケット9に接続されていることを示す図1Bに示されたスピーカー90に、壁ソケット9を介して直接接続される時に必要とされる。

0151

スピーカー90は単一のツイストペア6Aを介して接続されるので、インターコムスピーカー信号をスピーカーに直接供給することが不可能であり、この理由のために、スピーカー信号は、CAT5ケーブル6のスピーカーツイストペアライン6Cを介して壁ソケット9を通してセレクター/エンコーダー100に、またRJ45を介して図7に示されたインターコムスピーカーバッファー38の入力に、供給される。スピーカーバッファー38は、インターコムがアクティブである時には、モノラルスピーカー信号をモノラルモードで動作しているエンコーダー29に接続するためのセレクター22の入力IN−Mに、および符号化されたモノラル信号をライン6Aを介してスピーカー90に供給するための差動ドライバー31に、インターコムスピーカー信号を供給するために、信号レベルとインピーダンスをマッチさせる。

0152

マイクロホン信号は、マッチしたマイクロホン信号レベルおよびラインインピーダンスをCAT5ケーブルのツイストペアライン6Bと壁ソケット9を介してインターコム回路のマイクロホン入力に出力するために、復調されたマイクロホン信号をマイクロホンバッファーアンプ37に出力するためのFM復調器36に受信したFM変調器マイクロホン信号を供給する差動受信機32に、壁ソケット9、CAT5ケーブル6およびRJ45コネクター21を通してツイストペアライン6A上で多重化された、スピーカー90から逆方向に供給される。

0153

図8は、インターコムスピーカーバッファー38のみを含みマイクロホンバッファー37を含まない、セレクター/エンコーダー102を示す。これは、マイクロホン信号が、図2に示された端子56を介してインターコム回路に直接、図11のオーディオ分配器91に含まれたバッファーアンプ37を介して、ルーティングされているからである。

0154

インターコムスピーカー信号は、図11に示されたようなセレクター/エンコーダー100を介してルーティングされ、そこではスピーカーラインは、図2に示されたような壁ソケット9とCAT5ケーブル6を介して、図8のセレクター/エンコーダー102にライン6Cを介して直接信号を供給するためのRJ45コネクター21に、端子57を介して接続されている。

0155

図9は、インターコムのためのバッファー回路を組み込んでいないセレクター/エンコーダー103を示す。セレクター/エンコーダー103は、ツイストペアライン6Cを介して供給されたバッファーされたインターコムスピーカー信号を接続することのみを提供する。例えば、そのようなスピーカーのバッファーされた信号は、図15の組み合わされたホームオートメーションおよびオーディオ分配器200から、図3に示されたようなCAT5ケーブル6のツイストペアライン6Cを介して壁ソケット9に供給され、これに応じて上で説明したようにセレクター22はスピーカー信号をエンコーダー29に接続することができる。

0156

マイクロホン信号は図8および9のセレクター/エンコーダー102および103には供給されないので、図7に示されたマイクロホンライン6BのためのFM復号器36、マイクロホンバッファーアンプ37およびRJ45の接続ピン21は、図8および9のセレクター/エンコーダー102および103のブロック図には含まれていない。上で説明したように、インターコム回路とオーディオシステムの間の異なる相互接続が可能であり、ビデオインターホンまたはインターコムへの/からのマイクロホン信号およびスピーカー信号は、バッファーされて、下で説明するようにセレクター/エンコーダー100、101、102または103を通してであれ、オーディオ分配器を介してであれ、オーディオシステムへ/から伝播されることができることが、図7、8および9から明らかである。

0157

セレクター/エンコーダー101、102および103は全て、シリアルコマンドをCPU24に供給するための多重化された符号化ライン6Aを介して供給されたシリアルコマンド信号を抽出して復号するために、差動受信機32とASKデコーター33を含むように示されている。同様に、CPU24は、シリアルコマンドを多重化して、符号化ライン6Aを介して分配器55および60〜63に伝播するための差動ツイストペアドライバー31に、シリアルコマンド信号を供給するように示されている。

0158

2ウェイで伝播されたシリアルコマンド信号に接続されることができるコネクター21のピン6Dは、I/Oポートとしても知られる、シリアルコマンドポートである。図7、8および9はまた、全てのセレクター/エンコーダー101、102および103がそれぞれ、ツイストペアライン6Dを介して2ウェイシリアルコマンドを供給する、シリアルドライバー入力/出力28を含むことを示す。この二重の信号伝播は、システム構成と、シリアルコマンド信号を伝播するための1つの経路または別のものの選択における柔軟性を可能とするが、それは必須ではない。

0159

上の全てから、セレクター/エンコーダー100、101、102および103は、異なる回路のその他の変形および変更からなっていても良いことと、符号化されたステレオ信号とその他の多重化された信号を搬送しているカスケードしている単一のツイストペアを介してスピーカーのペアにステレオサウンドを供給するオーディオシステムのセットアップに異なる接続が実装されることができることと、オーディオシステムは、IRまたはその他の遠隔制御デバイスによっておよび/またはホームオートメーションシステムによって伝播されたシリアルコマンドを介して、操作されることができること、が明らかである。

0160

参照されたセレクター/エンコーダーからなる拡張されたオーディオシステムは、CAT5またはその他のケーブルのカスケードしているツイストペアを使って、ビデオインターホンまたはインターコムシステムとおよび/またはホームオートメーションシステムと、一体化されて接続されることができることも明らかである。

0161

図10は、2ウェイシリアルコマンドの伝播を含み、符号化ライン6Aを介してスピーカーに供給されたパワーをもち、符号化されたステレオ信号をn個のスピーカー90および99に伝播している、図1D〜1Fおよび図2に示された、オーディオ分配器60を示す。オーディオ分配器60は、マイクロホン信号をインターコム50におよびインターコムスピーカー信号をスピーカー90に接続するように、図1E、1Fおよび2に更に示されている。

0162

セレクター/エンコーダー101、102および103について上で説明したように、インターコム回路およびオーディオシステム回路のインピーダンスと信号レベルはマッチされる必要がある。このために、2つのバッファー回路、スピーカーバッファー38とマイクロホンバッファー37が図7に示されているが、図9には示されていない。図9のセレクター/エンコーダー103と共にバッファー回路を使わないことの理由は、分配器60の端子57および58を介してビデオインターホン50のインターコム回路の間で直接、およびこれもまた図2に示されたライン6Aを介してオーディオシステムのスピーカー90に、マイクロホンおよびインターコムスピーカー信号を伝播する、図10に示されたオーディオ分配器60中への同じバッファー回路の導入である。そのようなセットアップでは、セレクター/エンコーダー101の機能は、インターコムが起動された時に音楽をミュートまたはカットすることとモードをモノラルに切り替えることだけである。

0163

図11は、マイクロホンバッファー37を含むがインターコムスピーカーバッファー38は含まない、オーディオ分配器61を示す。マイクロホンのバッファーされた信号は、分配器61の端子56を介してビデオインターホン50のマイクロホン端子(図示せず)に直接供給される。但し、インターコムスピーカー信号は、セレクター/エンコーダー102の対応するコネクターRJ45を介して図8に示されたセレクター/エンコーダー102のスピーカーバッファー回路38の入力にバッファーされていないスピーカー信号を供給している、ツイストペアライン6Cを介してRJ45コネクター21を通して供給される。

0164

図4Aおよび5Aのスピーカー90または91からのマイクロホン信号は、信号分離器およびDC注入器または挿入器35B−1〜35B−nを介してツイストペア受信機およびドライバー42−1〜42−nを接続している差動ラインの端子から、そのマイクロホン回路が起動された時にインターコムと係合されたスピーカーチャネルを選択するための差動スイッチ40に、供給される。差動スイッチ40は、図10および11に1A/1B〜nA/nBとして示された2ウェイポートのいずれかを2ウェイポート1C/1D〜2C/2Dに接続するための、周知のアナログ多重化器スイッチまたは周知のデジタルスイッチのような、周知のセレクターである。差動スイッチ40は、動作しているアクティブなマイクロホンのFM変調された信号を、差動受信機32、FM復調器36およびバッファー37からなるマイクロホン信号抽出器に伝播するように、CPU41によって動作させられ制御される。FM復号器36は、バッファーされたマイクロホン信号をマイクロホン端子56におよびRJ45コネクター21のマイクロホン接続ピンに供給するためのバッファーアンプ37に、復号されたマイクロホン信号を供給する。

0165

インターコムスピーカー信号は、スピーカーのバッファーされた信号を差動ドライバー31に供給するスピーカーバッファーアンプ38に端子57を通して供給されるように図10に示されている。差動ドライバー31は、差動スピーカー信号を、選択され係合されたスピーカーチャネル、即ち、そのマイクロホン信号が反対方向に供給されているチャネル、をインターコム50と接続している差動ライン中に、差動スイッチ40を通して注入する。これにより、選択されたスピーカーチャネルと本発明の示されたビデオインターホン50のインターコム回路の間の2ウェイ通信が、良好に実装されていることが明らかになる。

0166

上で説明したように、ステレオエンコーダー29は、例えば左スピーカーをミュートし、モノラルモードに切り替えるように命令されて、50Hzと5KHzの間の周波数レンジを有するモノラルスピーカーサウンドを、例の通りに右スピーカー信号のみを増幅するように命令されたスピーカーアンプ68にスピーカー信号を供給するためにステレオデコーダー67に供給された差動信号ラインに注入することを可能とする。200KHzの搬送波周波数を有するFM変調されたマイクロホン信号は、符号化されたステレオ30Hz〜90KHz帯に割り当てられたオーディオ周波数から良く分離されており、よって、スピーカーおよびマイクロホン信号はお互いと干渉することができないのでせず、しかも全ての参照されたスピーカーのCPU41は、音響的フィードバックが最小化され、信号が交番に伝播されるように、ハンドフリー回路76を制御する。好ましい実施形態の符号化ライン6Aを介したオーディオシステムを通したインターコム通信が、ビデオインターホンまたはインターコム50とのハンドフリー通信を便利で欠陥のないものにすることが明白になる。

0167

図10は、パワーをツイストペアライン6Gを介して図7のセレクター/エンコーダー101に接続するために、RJ45コネクター21のピン6Gにも接続されているパワー端子またはコネクター51を介して、パワーがオーディオ分配器60に供給されることを示す。パワーは、調整されたVCC電圧源を分配器回路に、パワーを注入するための制御された電流をスピーカー端子1−1〜1−nに接続されたステレオ符号化ライン6Aを介して図4Aおよび5Aのスピーカー90および91に提供するために、オーディオ分配器60のパワー制御および調整34に供給される。

0168

DC電流は、信号分離器およびDC注入器回路35B−1〜35B−nを介して符号化ステレオラインに注入される。上で説明したその他のDC注入または挿入回路と同様の回路は、スピーカーアッセンブリー90および91への/からの2ウェイ信号が通過することを許容して、パワーフィード端子からの全ての信号を除去するように、コイル、フィルターおよびコンデンサを含む。これにより、図1Bに示されたシステム中でのように、多重化されたシリアル信号および/またはFM変調されたマイクロホン信号を含んだ参照されたセレクター/エンコーダーのいずれかから供給された符号化されたステレオ信号を含んだ2ウェイ通信は、全てツイストペアライン6Aを介してスピーカー90または91に供給されたDC電流と共に、乱れ無しで伝播されることができる。

0169

上で説明され、参照された米国特許5,923,363に開示された差動受信機とバッファー42−1〜42−nは、全て受信機/エンコーダー100、101、102および103のいずれかからの符号化されたステレオ信号を供給されるが、宛先にされたドライバーまたは複数のドライバーのみがCPU41によって命令された通りに動作する。図10〜15に示されるように、全ての参照された分配器60、61、62、63、64および200は、各ステレオチャネルのために部屋またはゾーンアドレスを設定するための回路44−1〜44−nを含み、また図10〜14に示された端子53を介してオーディオ分配器のいずれかに接続されたホームオートメーションのシリアルコマンドを含んだ、符号化ライン6Aを介しておよび/またはシリアルコマンドラインを介して伝播された、シリアルコマンド信号への/からの抽出および注入回路を含む。

0170

図2に示されたホームオートメーション分配器55へ/から伝播されたシリアルコマンド信号は、それぞれのシリアルコマンドポートおよびシリアルコマンド信号ライン6Dを介して、CPU41への/からの、およびセレクター/エンコーダー100、101、102および103への/からの、シリアルコマンドを供給し受信する、図10〜15の全ての参照されたオーディオ分配器に示されたシリアルコマンドポート53およびライン6Dを介して、シリアルドライバー入力/出力28を通して交換される。

0171

回路44−1〜44−nは、通過する符号化された信号またはインターコムスピーカー信号および/またはシリアルコマンドを供給するように、設定された通りの対応する宛先にされた部屋またはゾーンを有する差動ドライバーまたは複数のドライバー42−1〜42−nのみがコマンドを受信することを確かなものとする。但し、スピーカーから供給されたシリアル信号は、回路44−1〜44−nの抽出回路によってドライバー42から抽出され、それに作用するようにCPU41に供給されるか、またはCPU41からシリアルドライバー28を介してホームオートメーション分配器55にまたはセレクター/エンコーダー100〜103に伝播される。

0172

図11は、インターコムスピーカー信号をツイストペアライン6Cを介して図7に示されたセレクター/エンコーダー101のスピーカーバッファー38の入力に転送するために、インターコムスピーカー信号は処理されないが、端子57を通してRJ45コネクターに供給されるだけである、変形されたオーディオ分配器61を示す。別の違いは、端子51を介してパワーサプライ56(図示せず)に直接リンクされるように示された、オーディオ分配器61にパワーを与えることにある。パワーは、分配器回路のためにVCCを、およびコネクター3−1〜3−nを介した図5Bのスピーカー92への別のパワー分配を提供する、パワー制御および調整34に供給される。パワーサプライ56への接続の外では、直接かまたはホームオートメーション分配器55とスピーカー92へのパワーフィードとインターコム信号のセレクター/エンコーダー101への転送を通して、全ての残りの回路が、オーディオ分配器60について上で説明したのと同じやり方で機能し動作する。

0173

図12の分配器62は、図10の分配器60の変形バージョンである。それは、インターコム相互接続と、インターコム通信一体化回路とマイクロホン/スピーカー選択器40を含まない。それ以外は、オーディオ分配器62は、ツイストペアライン6Aを介したパワーを含んだ符号化されたステレオ信号をスピーカー90および91に伝播するためのオーディオ分配器60と同一である。同様に、オーディオ分配器62は、ホームオートメーション分配器55に接続され、シリアルライン6Dとシリアルコマンドポートまたはコネクター53を介して伝播された2ウェイシリアルコマンド信号で、ホームオートメーションシステムと、または符号化ライン6Aを介しておよび/またはシリアルコマンドラインおよびポート6Dを介してセレクター/エンコーダー101と、通信することができる。

0174

図13のオーディオ分配器63は、図10のオーディオ分配器61の変形バージョンである。それは、マイクロホン処理回路と、インターホンスピーカーおよびマイクロホンラインへの相互接続と、マイクロホン/スピーカー選択器22を含まない。それ以外は、それは、パワーコネクター3−1〜3−nを介したスピーカー92へのダイレクトパワーフィード方法を有した、オーディオ分配器61と同様である。分配器63は、分配器61と同様に、パワーフィードのため、およびシリアルラインおよびポート6Dを介してオーディオシステムとホームオートメーションシステムの間でまたは符号化ライン6Aを介して分配器63とセレクター/エンコーダー103の間でシリアルコマンドを交換するために、ホームオートメーション分配器55と一体化されることができる。符号化されたステレオ信号のスピーカー92への分配と、オーディオシステムおよびオーディオ分配器63の制御は、分配器63には含まれていないインターコムシステムの制御を除いて、分配器60について上で説明したのと同じである。

0175

図14は、増幅されたステレオ信号を図4Bに示されたn個のスピーカー99に供給するためのn個のアンプ65を組み合わせるオーディオ分配器64を示す。分配器64は、左/右ステレオ信号をn個のステレオアンプ65に供給するために、符号化されたステレオ信号を差動受信機と注入器または挿入器32を介して受信し、符号化された信号を図4A、5A、5Bおよび6Aのスピーカーによって使われたデコーダーと同じか同様であるステレオデコーダー67に供給する。ステレオ出力信号は、コネクター4−1L/4−1R〜4−nL/4−nRとツイストペアライン6Fを介して図4Bに示されたスピーカー99に供給される。図4Bに示されたスピーカーアッセンブリーがコネクター4をもったスピーカー自体のみを含み、その他の回路、マイクロホンおよびIR受信機/IR送信機を含まないので、DC注入器、2ウェイ信号分離器および/または複数の差動受信機およびバッファ−のような、その他の参照された分配器で使われた回路の多くは、不要となり使用されない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ