図面 (/)

技術 外科用締結具、アプリケータ器具、及び外科用締結具を展開する方法

出願人 エシコン・インコーポレイテッド
発明者 コーン・サイモンカルディナーレ・マイケルフシュ・リチャード・ピーダニエル・マシュー・デビッドジャレット・ジェレミー・デビッド
出願日 2010年5月7日 (10年6ヶ月経過) 出願番号 2012-510868
公開日 2012年11月1日 (8年0ヶ月経過) 公開番号 2012-526617
状態 特許登録済
技術分野 手術用機器
主要キーワード フォーク歯 後退段階 空気式装置 事前荷重 段階位置 解放ラッチ フォーク端 割送る
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年11月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題・解決手段

外科用締結具分配するように適合されたアプリケータ器具のための発射システムは、ハウジングと、ハウジングから延びる細長シャフトと、細長いシャフト内に配置される発射ロッドと、発射周期の少なくとも一段階中において、発射ロッドの遠位方向の移動を防ぐための、発射ロッドと係合可能な発射ロッド解放器と、ハウジングに取り付けられるトリガーと、発射ロッドと接続された第1端部、及び発射周期中において、トリガーと順次連結し、かつトリガー分離するように適合された第2端部を有する発射ばねと、を含む。発射周期は、トリガーが開放し、エネルギー保存要素から分離され、発射ばねが少なくとも部分的に圧縮される、初期段階と、発射ロッド解放器が、発射ロッドの遠位方向の移動を可能にするために、発射ロッドから係合離脱する先導段階と、を含む。

概要

背景

(関連技術の記載)
ヘルニアは、患者腹部筋肉壁又は股間内の弱い場所又は欠陥を貫通して腸管又は腸の小さいループが突出する状態である。この状態は一般的にヒト、特に男性に生じる。この種類のヘルニアは、先天性の欠陥から生じる場合があり、したがって患者は生まれつきこの問題を有するか又は酷使若しくは重いものを持ち上げることによって生じ得る。重いものを持ち上げることは、腹壁に多大な圧力を生じ、腹筋の弱い部分で破裂又は破断を生じ、欠損部又は開口を生じる場合があることが既知であり得る。いずれの場合においても、患者はその欠損部を貫通して突出する見た目の悪い腸組織出っ張り、これが痛み、持ち上げる力の低下を生じる場合があり、場合によっては大腸圧迫、又は、突出組織への血流遮断された場合は他の合併症の可能性がある。

上記の問題に対する一般的な解決法手術であり得る。外科的手術の間、開いた切開部を通じて、又はトロカールなどのアクセスポートを通じて内視鏡的に、欠損部が評価されて注意深く検査される。いずれにせよ、典型的な欠損領域に存在する欠陥及び神経の網状組織により、注意深い検査が必要とされ、これは、外科医が高度な技術及び注意をもってヘルニア治療を行うことを必要とする。この領域には、血管、外腸骨血管及び下腹壁血管、並びに鼠径床を通じて延びる輸精管などの生殖管などの血管構造が見出され得る。

一度外科医が患者の解剖学的構造を知ると、外科医は欠損部を通じて臓器を注意深く患者の腹部に戻すように配置する。欠損部の修復縫合糸又は締結具で欠損部を閉じることを含み得るが、一般的には、メッシュパッチなどの外科用プロテーゼを開いた欠損部上に配置すること、及び従来的な縫合糸又は外科用締結具で腹壁又は鼠径床にメッシュパッチを取り付けることを含む。メッシュパッチは障壁として機能し、腸管が欠損部を通じて排出されることを防ぐ。鼠径床にメッシュパッチを縫合することは、開放式手術に非常に適している場合があるが、内視鏡手術では、はるかに困難で時間がかかる場合がある。内視鏡手術が適用される場合、外科用締結具を適用する内視鏡外科用器具が使用され得る。しかしながら、鼠径床の組織は、クーパー靭帯などの構造を貫通するために針又は締結具が使用される場合に特殊な困難を外科医に提示し得る。

現在、メッシュパッチを鼠径床に取り付けるために、内視鏡又は開放式手術において使用するために、外科医が利用可能な様々な外科用器具及び締結具が存在する。使用される最も古いタイプの内視鏡外科用器具の1つは、外科用ステープラーである。複数の又は積み重ねた、これらの形成されていないステープルが一般的には連続的な様式でステープルカートリッジ内に収容されている場合があり、かつ、ばね機構によって器具内で順次前進させられるか又は送達され得る。積み重ね体から最遠位のステープルを分離し、ばねで留めた積み重ね体の残りを保持するために二次弁機構又は送達機構が利用され得、かつ最遠位ステープルをステープル形成機構に送達するために使用され得る。この種類の送達機構は、米国特許第5,470,010号(Rothfussら)及び同第5,582,616号(やはりRothfussら)に見出される。

別のヘルニアメッシュ取り付け器具は、ばねの小部分に似た螺旋状ワイヤー締結具を使用する。多数の螺旋状ワイヤー締結具が5mmシャフト内に連続的に保存されてもよく、組織内へと螺旋状に進むか又は回転してもよい。複数の螺旋状締結具をシャフト内で遠位方向に付勢するか又は送達するために荷重ばねが使用されてもよい。荷重ばねにより、突出部がシャフト内に延び、場合により締結具の積み重ね体の排出を防ぎ、回転する締結具の通過を可能にし得る。これらの種類の器具及び締結具は、米国特許第5,582,616号(Bolducら)、同第5,810,882号(Bolducら)及び同第5,830,221号(Steinら)に見出される。

一方で、上記の外科用器具はヘルニア締結用途に使用されてもよく、これらは外科用器具を通じて複数の締結具を送達するためにばね機構を使用する。ばね機構は典型的には、外科用器具のシャフト内の案内部又は経路を通じて締結具の積み重ね体を押すために、長く柔軟なコイルばねを使用する。これらの種類の送達機構は、一般的に単純かつ確実であり得るが、1つの締結具を積み重ね体から分離し送達するために追加的な二次弁機構又は突出部を必要とし得る。

ヘルニアメッシュ取り付けのために、他の外科用締結具が使用され得るが、少量の締結具を保持する、再装填可能な単発器具又は回転式マガジンのいずれかを利用する。これらの種類の外科用締結器具は、米国特許第5,203,864号及び同第5,290,297号(双方ともEdward Phillips)に見出され得る。これらの器具は外科コミュニティでは受け入れられておらず、これは恐らくは、これらの単発の能力及び回転式マガジンの大きな寸法により、これらがこのような器具を開放式手術に限定するためである。

上記の全ての外科用器具はヘルニア締結用途に使用され得るが、これらは外科用器具を通じて複数の締結具を送達するためのばね機構、又は送達機構の代わりに回転式マガジンのいずれかを使用する。外科用クリップなどの、他の種類の外科用締結具も利用可能であり得、これらはクリップを遠位に送達するために、ばねの使用を必要としない送達機構を利用し得る。往復式送達機構は、米国特許第5,601,573号、同第5,833,700号及び同第5,921,997号(Fogelbergら)に記載される。Fogelbergらの参照文献は、クリップの連続的な積み重ね体を送達するために往復式送達バーを使用する送達機構を有するクリップ適用器具を教示する。フィーダーシューは、遠位方向に動く送達バーと動作可能に係合し、これと共に動く場合があり、近位方向に動くフィードバー摺動的に係合し得る。したがって、フィーダーシューは、遠位方向に動く送達バーで、クリップの積み重ね体を遠位方向に割送るか又は押し、近位方向に動くフィードバーに対しては静的に留まり得る。弁機構はまた、積み重ね体から最遠位クリップを分離し、最遠位クリップが血管に適用され得る際に、積み重ね体を静的に維持することを要求され得る。Fogelbergらの参照文献は、単一の往復部材を有する往復式送達機構を教示するが、これらはヘルニアメッシュの取り付けにおいてクリップ適用器具の使用を教示せず、また移動部材による各クリップの個別の駆動又は送達を教示することもない。

往復移動を使用する別の締結具送達機構は、米国特許第4,325,376号(Kliemanら)に開示される。クリップマガジン内に、複数のクリップを連続的な方式により保存するクリップ適用器具が開示される。積み重ね体内にクリップがあり、最近位のクリップは、器具の各作動で、往復部材又はラチェットブレードにより遠位方向に歯で動かされるか又は割送られ得る爪により、遠位方向に押されるか又は送達され得る。爪が遠位方向に割送ると、これはクリップの積み重ね体を遠位方向に押すことができる。二次弁機構がまた記載され得る。したがって、Kliemanらの送達機構は、クリップの積み重ね体を遠位方向に押すか又は送達するために単一の往復部材を使用することを教示し、最遠位クリップを送達するために二次弁機構を必要とし得る。

米国特許第3,740,994号(DeCarlo Jr.)は、複数のステープル又はクリップを割送ることができ、対向する板ばねアセンブリの対の1つを往復運動させることによりこれらを排出に備えさせることができる、新しい往復送達機構を記載する。ステープルは、ガイドレール内で連続的に位置し、固定された板ばねアセンブリがガイドレールの平面内に延びる。往復運動する板ばねアセンブリは、固定した板ばねアセンブリに向かって内側に対向して延びる。往復式板ばねアセンブリが遠位方向に移動すると、アセンブリの個別の板ばねそれぞれが、ステープルと係合してこれを遠位方向に動かし得る。遠位方向に動くステープルは固定した板ばねアセンブリの局所的な個別の板ばねを偏向させ、偏向した板ばねはステープルの通過の後に、偏向していない位置に戻り得る。動く板ばねアセンブリが近位方向に動くと、固定した板ばねアセンブリの板ばねがステープルを静的に保持し、その近位方向の移動を防ぐ。二次ガイドレール及び弁機構は形成するために積み重ね体から単一のステープルを分離するために提供され得、単一のクリップが形成される際にステープルの積み重ね体を保持し得る。

加えて、同様の送達機構が米国特許第4,478,220号(DiGiovanniら)及び同第4,471,780号(Mengesら)に開示される。これらの関連する特許の両方が、複数のクリップを遠位方向に送達又は割送るために、1つの固定部材及び1つの往復部材を使用する往復式送達機構を教示する。角度を有する可撓性の指部は、往復式部材へとヒンジにより取り付けられ得、遠位方向に移動する際にクリップに動作可能に係合し、近位方向に移動する際にクリップと摺動的に係合する。固定部材内の角度を有する可撓性指部は、クリップが遠位方向に移動する際に起動から反れ、クリップが通過した後にばねで上に上がり、クリップの近位方向への移動を停止させる二次弁機構がまた開示される。

本発明の譲受人に譲渡された米国特許出願第2002/0068947号(その開示は本明細書により参照として組み込まれる)は、複数の個別の外科用締結具を送達するための装置を教示する。一実施形態において、送達装置は、遠位端及び近位端を有する駆動機構を含む。駆動機構は、移動部材及び固定した対向する部材を有し、それによって移動部材は、送達装置に対して近位方向及び遠位方向に可動である。移動部材は、組織を貫通するための鋭い遠位端を有する。装置は、第1部材と第2部材との間に位置する少なくとも1つの外科用締結具を含む。少なくとも1つの外科用締結具のそれぞれは、近位端及び遠位端を有する。装置はまた、少なくとも2つの連続的な位置を有する作動装置を有する。移動部材を遠位方向に移動させ、組織を貫通するために第1位置、及び移動部材を近位方向に移動させ、それによって締結具の遠位端を展開するための第2位置である。

腹腔鏡的に使用されるメッシュを固定するためのタックは、一般的にステンレス鋼ニチノール又はチタンなどの金属から作製されている。金属タックは、十分な保持強度、様々なプロテーゼメッシュの貫通及び製造の容易さのために提供される必要であった。最近まで、市販される吸収性タックは存在しておらず、外科医は身体内に恒久的に残らない固定手段を提供するために、吸収性縫合糸を使用することができるのみであった。しかしながら、縫合糸の使用は、腹腔鏡手術のためには過度に困難であり、これらは治療が開放式で行われる場合を除いては一般的に使用されない。異質体の蓄積が最小限である、より低い侵襲性の技術に繋がる外科的傾向により、腹腔鏡的に適用され得る外形が最小の吸収性タックが必要とされている。

概要

外科用締結具を分配するように適合されたアプリケータ器具のための発射システムは、ハウジングと、ハウジングから延びる細長いシャフトと、細長いシャフト内に配置される発射ロッドと、発射周期の少なくとも一段階中において、発射ロッドの遠位方向の移動を防ぐための、発射ロッドと係合可能な発射ロッド解放器と、ハウジングに取り付けられるトリガーと、発射ロッドと接続された第1端部、及び発射周期中において、トリガーと順次連結し、かつトリガー分離するように適合された第2端部を有する発射ばねと、を含む。発射周期は、トリガーが開放し、エネルギー保存要素から分離され、発射ばねが少なくとも部分的に圧縮される、初期段階と、発射ロッド解放器が、発射ロッドの遠位方向の移動を可能にするために、発射ロッドから係合離脱する先導段階と、を含む。

目的

最近まで、市販される吸収性タックは存在しておらず、外科医は身体内に恒久的に残らない固定手段を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
4件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

外科用締結具分配するように適合されたアプリケータ器具のための発射システムであって、ハウジングと、前記ハウジングから延びる細長シャフトと、前記細長いシャフトの内部に配置される発射ロッドと、発射周期の少なくとも一段階中において、前記発射ロッドの遠位方向の移動を防ぐための、前記発射ロッドと係合可能な発射ロッド解放器と、前記ハウジングに取り付けられるトリガーと、前記発射ロッドと接続された第1端部、及び前記発射周期中において、前記トリガーと順次連結し、かつ前記トリガーから分離するように適合された第2端部を有する発射ばねと、を含み、前記発射周期は、前記トリガーが開放し、前記エネルギー保存要素から分離され、前記発射ばねが少なくとも部分的に圧縮される、初期段階と、前記発射ロッド解放器が、前記発射ロッドの遠位方向の移動を可能にするために、前記発射ロッドから係合離脱し、前記トリガーが、前記少なくとも部分的に圧縮された発射ばねを遠位方向に移動させ、ひいてはこれが前記発射ロッドを前記トリガーの前記移動と比例する第1速度で遠位方向に移動させるように、前記トリガーを前記発射ばねと連結するために、第1距離だけ圧迫可能である、先導段階と、を含む、発射システム。

請求項2

前記発射周期が、前記先導段階の後に、前記発射ロッド解放器が、前記発射ロッドの遠位方向の移動を防ぐために前記発射ロッドと係合し、前記トリガーが、前記発射ばねを更に圧縮して前記発射ばね内部にエネルギーを保存するために第2距離だけ更に可動である、エネルギー保存段階を更に含む、請求項1に記載の発射システム。

請求項3

前記発射周期が、前記エネルギー保存段階の後に、前記発射ロッド解放器が前記発射ロッドから係合離脱し、それによって前記発射ロッドが、前記細長いシャフトの前記遠位端の方に自由に移動し、前記圧縮された発射ばねは、前記発射ロッドを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に前記第1速度及び前記トリガーの移動の両方よりも高い第2速度で迅速に前進させるために、前記発射ばね内部に保存された前記エネルギーを前記発射ロッドに送達する、発射段階を更に含む、請求項2に記載の発射システム。

請求項4

前記発射周期が、前記発射段階の後に、前記トリガーが、前記トリガーを前記発射ばねから分離し、この際、前記発射ロッドが前記細長いシャフトの前記近位端の方に自由に移動するように、第3距離だけ更に圧迫可能である、分離段階を更に含む、請求項3に記載の発射システム。

請求項5

前記発射システムが、前記細長いシャフト内に配置され、前記細長いシャフトに沿って近位方向及び遠位方向に可動である、アドバンサを更に含み、前記発射周期が、前記発射段階の後に、外科用締結具を前記細長いシャフトの前記遠位端の方に移動させるように、前記アドバンサを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に移動させるために、前記トリガーが第4距離だけ更に圧迫可能である、外科用締結具前進段階を更に含む、請求項4に記載の発射システム。

請求項6

前記発射周期が、前記外科用締結具前進段階の後に、前記トリガーが、前記アドバンサを近位方向に移動させるために、圧迫された位置から前記初期段階の前記開放位置まで移動する、後退段階を更に含む、請求項5に記載の発射システム。

請求項7

前記ハウジング内に配置され、前記発射ばねの近位端と係合可能なばねブロックを更に含み、前記ばねブロックは、前記細長いシャフトによって画定される前記長手方向軸に沿って近位方向及び遠位方向に移動するように適合されている、請求項6に記載の発射システム。

請求項8

前記エネルギー保存段階中において、前記トリガーが、前記ばねブロックを遠位方向に移動し、これがひいては前記発射ばねを更に圧迫するように、前記ばねブロックと連結される、請求項7に記載の発射システム。

請求項9

前記トリガーと連結され、前記先導段階、エネルギー保存段階、及び発射段階中において、前記トリガーを前記ばねブロックと連結し、前記分離段階、外科用締結具前進段階、及び後退段階中において、前記トリガーを前記ばねブロックから分離するように適合された、主要ラッチを更に含む、請求項8に記載の発射システム。

請求項10

前記発射段階の開始時において、前記ばねブロックは、前記発射ロッドが遠位方向に移動し得るように、前記発射ロッド解放器を前記発射ロッドから係合離脱させるために、前記発射ロッド解放器と接触する、請求項9に記載の発射システム。

請求項11

ハウジング及び前記ハウジングから延びる細長いシャフトを含む、外科用締結具アプリケータ器具の発射システムであって、前記発射システムは、前記細長いシャフト内に配置され、長手方向軸に沿って近位方向及び遠位方向に可動である、発射ロッドと、前記ハウジング内に配置され、前記長手方向軸に沿って近位方向及び遠位方向に移動するように適合された、発射ばねブロックと、前記発射ロッドと接続される遠位端、及び前記発射ばねブロックと係合する近位端を有する、発射ばねと、前記発射システムを駆動するために前記ハウジングに取り付けられたトリガーであって、前記トリガーは発射周期中において、前記トリガーと前記発射ばねブロックを順次連結及び分離するための主要ラッチを含む、トリガーと、を含む、発射システム。

請求項12

前記発射周期が、前記トリガーが開放し、前記トリガーが前記発射ばねブロックから分離され、前記発射ばねが少なくとも部分的に圧縮される、初期段階と、前記発射ロッドが前記細長いシャフトの前記遠位端の方に自由に移動し、前記トリガーが、前記少なくとも部分的に圧縮された発射ばねを遠位方向に移動させ、これがひいては前記発射ロッドを前記トリガーの前記移動と比例する第1速度で遠位方向に移動させるように、前記トリガーを前記発射ばねブロックと連結するために、第1距離だけ圧迫可能である、先導段階と、を含む、請求項11に記載の発射システム。

請求項13

前記発射ばねの前記圧縮レベルが、前記先導段階中において不変のままである、請求項12に記載の発射システム。

請求項14

前記発射周期が、前記先導段階の後に、前記トリガーが、前記発射ばねを更に圧縮し、前記発射ばね内部にエネルギーを保存するために第2距離だけ更に圧迫可能であり、一方で前記発射ロッド解放器は前記発射ロッドの遠位方向の移動を防ぐために前記発射ロッドと係合する、エネルギー保存段階を更に含む、請求項12に記載の発射システム。

請求項15

前記発射周期が、前記エネルギー保存段階の後に、前記発射ロッド解放器が前記発射ロッドから係合離脱し、それによって前記発射ロッドが前記細長いシャフトの前記遠位端の方に自由に移動し、前記発射ばねは、前記発射ロッドを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に前記第1速度よりも高い第2速度で迅速に前進させるために、前記発射ばね内部に保存された前記エネルギーを前記発射ロッドに送達する、発射段階を更に含む、請求項14に記載の発射システム。

請求項16

前記発射周期が、前記発射段階の後に、前記発射ロッドが近位方向に移動し得るように、前記トリガーを前記発射ばね及び前記発射ロッドから分離するために、前記トリガーが第3距離だけ更に圧迫可能である、分離段階を更に含む、請求項15に記載の発射システム。

請求項17

前記発射システムが、前記細長いシャフト内に配置され、外科用締結具を前記細長いシャフトの前記遠位端の方に移動させるために、前記細長いシャフトの前記近位端と前記遠位端との間で可動である、アドバンサを更に含み、前記発射周期が、前記発射段階の後に、前記外科用締結具を前記細長いシャフトの前記遠位端の方に移動させるように、前記アドバンサを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に移動させるために、前記トリガーが第4距離だけ更に圧迫可能である、外科用締結具前進段階を更に含む、請求項16に記載の発射システム。

請求項18

前記ハウジング内に配置され、前記長手方向軸に沿って近位方向及び遠位方向に移動するように適合されたばねブロックを更に含み、前記ばねブロックは前記発射ばねと係合し、前記エネルギー保存段階中において、前記トリガーは、前記ばねブロックを遠位方向に移動し、これがひいては前記発射ばねを圧縮するように、前記ばねブロックと連結される、請求項17に記載の発射システム。

請求項19

前記トリガーと連結され、前記先導段階、エネルギー保存段階、及び発射段階中において、前記トリガーを前記ばねブロックと連結し、前記分離段階、外科用締結具前進段階及び後退段階中において、前記トリガーを前記ばねブロックから分離するように適合された、主要ラッチを更に含む、請求項18に記載の発射システム。

請求項20

アプリケータ器具から外科用締結具を分配する方法であって、ハウジングと、前記ハウジングから延びる細長いシャフトと、外科用締結具を前記細長いシャフトの前記遠位端から分配するために近位方向及び遠位方向に可動である前記細長いシャフト内に配置される発射ロッドと、前記アプリケータ器具を操作するためのトリガーと、前記トリガーと前記発射ロッドとの間に配置されるエネルギー保存要素と、を提供する工程と、前記発射ロッドを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に、前記トリガーの移動と比例する第1速度で導くために、前記トリガーを圧迫する工程と、前記発射ロッドを導いた後に、前記発射ロッドが遠位方向に移動するのを防ぎ、一方で前記エネルギー保存要素内にエネルギーを保存するために前記トリガーを更に圧迫する工程と、遠位方向の移動のために前記発射ロッドを解放する工程と、前記エネルギー保存要素内に保存される前記エネルギーを、前記発射ロッドを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に前記第1速度よりも高い第2速度で移動させるために、前記発射ロッドに送達する工程と、を含む、方法。

請求項21

前記エネルギー保存要素が、圧縮可能ばね、空気式装置圧縮気体装置、及び水力式装置からなる群から選択される、請求項20に記載の方法。

請求項22

前記エネルギー保存要素が、前記トリガーと前記発射ロッドとの間に配置される発射ばねである、請求項20に記載の方法。

請求項23

前記発射ばねが、前記発射ロッドを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に導く前に少なくとも部分的に圧縮され、前記発射ばねは前記導く工程中において変化しない圧縮レベルを有する、請求項22に記載の方法。

請求項24

前記細長いシャフト内に複数の外科用締結具を提供する工程と、前記細長いシャフト内に配置され、かつ前記トリガーと連結され、前記トリガーが圧迫されるときに、前記細長いシャフトの前記遠位端の方に移動し、前記トリガーが開放されるときに、前記細長いシャフトの前記近位端の方に移動するように適合された、アドバンサを提供する工程と、前記アドバンサを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に移動させるために、前記トリガーを圧迫する工程であって、前記遠位方向に移動するアドバンサは前記外科用締結具のそれぞれを前記細長いシャフトの前記遠位端の方に1位置近づける、工程と、を更に含む、請求項20に記載の方法。

技術分野

0001

(関連出願の相互参照
本出願は、本出願と同日出願の、以下の本発明の譲受人に譲渡された米国特許出願に関連する:2009年5月__出願の米国特許出願第__________号(ETH5434USNP)、2009年5月__出願の米国特許出願第__________号(ETH5435USNP)、2009年5月__出願の米国特許出願第__________号(ETH5436USNP)。上記で指定される特許出願の開示は本明細書において参照として組み込まれる。

0002

(発明の分野)
本発明は一般的に、外科用締結具、より具体的にはアプリケータ器具、外科用締結具を展開するためのシステム及び方法に関連する。

背景技術

0003

(関連技術の記載)
ヘルニアは、患者腹部筋肉壁又は股間内の弱い場所又は欠陥を貫通して腸管又は腸の小さいループが突出する状態である。この状態は一般的にヒト、特に男性に生じる。この種類のヘルニアは、先天性の欠陥から生じる場合があり、したがって患者は生まれつきこの問題を有するか又は酷使若しくは重いものを持ち上げることによって生じ得る。重いものを持ち上げることは、腹壁に多大な圧力を生じ、腹筋の弱い部分で破裂又は破断を生じ、欠損部又は開口を生じる場合があることが既知であり得る。いずれの場合においても、患者はその欠損部を貫通して突出する見た目の悪い腸組織出っ張り、これが痛み、持ち上げる力の低下を生じる場合があり、場合によっては大腸圧迫、又は、突出組織への血流遮断された場合は他の合併症の可能性がある。

0004

上記の問題に対する一般的な解決法手術であり得る。外科的手術の間、開いた切開部を通じて、又はトロカールなどのアクセスポートを通じて内視鏡的に、欠損部が評価されて注意深く検査される。いずれにせよ、典型的な欠損領域に存在する欠陥及び神経の網状組織により、注意深い検査が必要とされ、これは、外科医が高度な技術及び注意をもってヘルニア治療を行うことを必要とする。この領域には、血管、外腸骨血管及び下腹壁血管、並びに鼠径床を通じて延びる輸精管などの生殖管などの血管構造が見出され得る。

0005

一度外科医が患者の解剖学的構造を知ると、外科医は欠損部を通じて臓器を注意深く患者の腹部に戻すように配置する。欠損部の修復縫合糸又は締結具で欠損部を閉じることを含み得るが、一般的には、メッシュパッチなどの外科用プロテーゼを開いた欠損部上に配置すること、及び従来的な縫合糸又は外科用締結具で腹壁又は鼠径床にメッシュパッチを取り付けることを含む。メッシュパッチは障壁として機能し、腸管が欠損部を通じて排出されることを防ぐ。鼠径床にメッシュパッチを縫合することは、開放式手術に非常に適している場合があるが、内視鏡手術では、はるかに困難で時間がかかる場合がある。内視鏡手術が適用される場合、外科用締結具を適用する内視鏡外科用器具が使用され得る。しかしながら、鼠径床の組織は、クーパー靭帯などの構造を貫通するために針又は締結具が使用される場合に特殊な困難を外科医に提示し得る。

0006

現在、メッシュパッチを鼠径床に取り付けるために、内視鏡又は開放式手術において使用するために、外科医が利用可能な様々な外科用器具及び締結具が存在する。使用される最も古いタイプの内視鏡外科用器具の1つは、外科用ステープラーである。複数の又は積み重ねた、これらの形成されていないステープルが一般的には連続的な様式でステープルカートリッジ内に収容されている場合があり、かつ、ばね機構によって器具内で順次前進させられるか又は送達され得る。積み重ね体から最遠位のステープルを分離し、ばねで留めた積み重ね体の残りを保持するために二次弁機構又は送達機構が利用され得、かつ最遠位ステープルをステープル形成機構に送達するために使用され得る。この種類の送達機構は、米国特許第5,470,010号(Rothfussら)及び同第5,582,616号(やはりRothfussら)に見出される。

0007

別のヘルニアメッシュ取り付け器具は、ばねの小部分に似た螺旋状ワイヤー締結具を使用する。多数の螺旋状ワイヤー締結具が5mmシャフト内に連続的に保存されてもよく、組織内へと螺旋状に進むか又は回転してもよい。複数の螺旋状締結具をシャフト内で遠位方向に付勢するか又は送達するために荷重ばねが使用されてもよい。荷重ばねにより、突出部がシャフト内に延び、場合により締結具の積み重ね体の排出を防ぎ、回転する締結具の通過を可能にし得る。これらの種類の器具及び締結具は、米国特許第5,582,616号(Bolducら)、同第5,810,882号(Bolducら)及び同第5,830,221号(Steinら)に見出される。

0008

一方で、上記の外科用器具はヘルニア締結用途に使用されてもよく、これらは外科用器具を通じて複数の締結具を送達するためにばね機構を使用する。ばね機構は典型的には、外科用器具のシャフト内の案内部又は経路を通じて締結具の積み重ね体を押すために、長く柔軟なコイルばねを使用する。これらの種類の送達機構は、一般的に単純かつ確実であり得るが、1つの締結具を積み重ね体から分離し送達するために追加的な二次弁機構又は突出部を必要とし得る。

0009

ヘルニアメッシュ取り付けのために、他の外科用締結具が使用され得るが、少量の締結具を保持する、再装填可能な単発器具又は回転式マガジンのいずれかを利用する。これらの種類の外科用締結器具は、米国特許第5,203,864号及び同第5,290,297号(双方ともEdward Phillips)に見出され得る。これらの器具は外科コミュニティでは受け入れられておらず、これは恐らくは、これらの単発の能力及び回転式マガジンの大きな寸法により、これらがこのような器具を開放式手術に限定するためである。

0010

上記の全ての外科用器具はヘルニア締結用途に使用され得るが、これらは外科用器具を通じて複数の締結具を送達するためのばね機構、又は送達機構の代わりに回転式マガジンのいずれかを使用する。外科用クリップなどの、他の種類の外科用締結具も利用可能であり得、これらはクリップを遠位に送達するために、ばねの使用を必要としない送達機構を利用し得る。往復式送達機構は、米国特許第5,601,573号、同第5,833,700号及び同第5,921,997号(Fogelbergら)に記載される。Fogelbergらの参照文献は、クリップの連続的な積み重ね体を送達するために往復式送達バーを使用する送達機構を有するクリップ適用器具を教示する。フィーダーシューは、遠位方向に動く送達バーと動作可能に係合し、これと共に動く場合があり、近位方向に動くフィードバー摺動的に係合し得る。したがって、フィーダーシューは、遠位方向に動く送達バーで、クリップの積み重ね体を遠位方向に割送るか又は押し、近位方向に動くフィードバーに対しては静的に留まり得る。弁機構はまた、積み重ね体から最遠位クリップを分離し、最遠位クリップが血管に適用され得る際に、積み重ね体を静的に維持することを要求され得る。Fogelbergらの参照文献は、単一の往復部材を有する往復式送達機構を教示するが、これらはヘルニアメッシュの取り付けにおいてクリップ適用器具の使用を教示せず、また移動部材による各クリップの個別の駆動又は送達を教示することもない。

0011

往復移動を使用する別の締結具送達機構は、米国特許第4,325,376号(Kliemanら)に開示される。クリップマガジン内に、複数のクリップを連続的な方式により保存するクリップ適用器具が開示される。積み重ね体内にクリップがあり、最近位のクリップは、器具の各作動で、往復部材又はラチェットブレードにより遠位方向に歯で動かされるか又は割送られ得る爪により、遠位方向に押されるか又は送達され得る。爪が遠位方向に割送ると、これはクリップの積み重ね体を遠位方向に押すことができる。二次弁機構がまた記載され得る。したがって、Kliemanらの送達機構は、クリップの積み重ね体を遠位方向に押すか又は送達するために単一の往復部材を使用することを教示し、最遠位クリップを送達するために二次弁機構を必要とし得る。

0012

米国特許第3,740,994号(DeCarlo Jr.)は、複数のステープル又はクリップを割送ることができ、対向する板ばねアセンブリの対の1つを往復運動させることによりこれらを排出に備えさせることができる、新しい往復送達機構を記載する。ステープルは、ガイドレール内で連続的に位置し、固定された板ばねアセンブリがガイドレールの平面内に延びる。往復運動する板ばねアセンブリは、固定した板ばねアセンブリに向かって内側に対向して延びる。往復式板ばねアセンブリが遠位方向に移動すると、アセンブリの個別の板ばねそれぞれが、ステープルと係合してこれを遠位方向に動かし得る。遠位方向に動くステープルは固定した板ばねアセンブリの局所的な個別の板ばねを偏向させ、偏向した板ばねはステープルの通過の後に、偏向していない位置に戻り得る。動く板ばねアセンブリが近位方向に動くと、固定した板ばねアセンブリの板ばねがステープルを静的に保持し、その近位方向の移動を防ぐ。二次ガイドレール及び弁機構は形成するために積み重ね体から単一のステープルを分離するために提供され得、単一のクリップが形成される際にステープルの積み重ね体を保持し得る。

0013

加えて、同様の送達機構が米国特許第4,478,220号(DiGiovanniら)及び同第4,471,780号(Mengesら)に開示される。これらの関連する特許の両方が、複数のクリップを遠位方向に送達又は割送るために、1つの固定部材及び1つの往復部材を使用する往復式送達機構を教示する。角度を有する可撓性の指部は、往復式部材へとヒンジにより取り付けられ得、遠位方向に移動する際にクリップに動作可能に係合し、近位方向に移動する際にクリップと摺動的に係合する。固定部材内の角度を有する可撓性指部は、クリップが遠位方向に移動する際に起動から反れ、クリップが通過した後にばねで上に上がり、クリップの近位方向への移動を停止させる二次弁機構がまた開示される。

0014

本発明の譲受人に譲渡された米国特許出願第2002/0068947号(その開示は本明細書により参照として組み込まれる)は、複数の個別の外科用締結具を送達するための装置を教示する。一実施形態において、送達装置は、遠位端及び近位端を有する駆動機構を含む。駆動機構は、移動部材及び固定した対向する部材を有し、それによって移動部材は、送達装置に対して近位方向及び遠位方向に可動である。移動部材は、組織を貫通するための鋭い遠位端を有する。装置は、第1部材と第2部材との間に位置する少なくとも1つの外科用締結具を含む。少なくとも1つの外科用締結具のそれぞれは、近位端及び遠位端を有する。装置はまた、少なくとも2つの連続的な位置を有する作動装置を有する。移動部材を遠位方向に移動させ、組織を貫通するために第1位置、及び移動部材を近位方向に移動させ、それによって締結具の遠位端を展開するための第2位置である。

0015

腹腔鏡的に使用されるメッシュを固定するためのタックは、一般的にステンレス鋼ニチノール又はチタンなどの金属から作製されている。金属タックは、十分な保持強度、様々なプロテーゼメッシュの貫通及び製造の容易さのために提供される必要であった。最近まで、市販される吸収性タックは存在しておらず、外科医は身体内に恒久的に残らない固定手段を提供するために、吸収性縫合糸を使用することができるのみであった。しかしながら、縫合糸の使用は、腹腔鏡手術のためには過度に困難であり、これらは治療が開放式で行われる場合を除いては一般的に使用されない。異質体の蓄積が最小限である、より低い侵襲性の技術に繋がる外科的傾向により、腹腔鏡的に適用され得る外形が最小の吸収性タックが必要とされている。

発明が解決しようとする課題

0016

上記の進歩にもかかわらず、更なる改善の必要性が存続している。特に、最小限の外形を有する外科用締結具、腹腔鏡的に適用され得る外科用締結具、及び吸収性の外科用締結具の必要性が存続している。

課題を解決するための手段

0017

一実施形態において、本発明は外科用締結具を一貫して展開するためのアプリケータ器具及び方法を開示する。一実施形態において、アプリケータ器具は、外科用メッシュなどのプロテーゼ装置を組織上の適所に保持するために使用される。一実施形態において、アプリケータ器具は、発射ロッドと一致するように外科用締結具を位置付けるための機構を含む。アプリケータ器具は好ましくは、最初に発射ロッドを外科用締結具の方に第1速度で前進させる発射システムを含む。一実施形態において、エネルギーは、発射ロッドが外科用締結具の方に前進させられるか又は導かれる際に、発射システム内に保存され得る。発射システムは望ましくは、外科用締結具を発射ロッドと係合させる一方で、外科用締結具を静的な位置に維持する。発射システムは好ましくは、保存されたエネルギーを解放して、発射ロッドを第1速度よりも高い第2速度で前進させて、外科用締結具を組織内に展開する。一実施形態において、1つの外科用締結具が発射システムの第1周期中に分配される。外科用メッシュなどのプロテーゼを、組織に固定するために複数の外科用締結具が分配され得る。

0018

一実施形態において、外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具は、好ましくはハウジングと、ハウジングから延びる細長シャフであって、ハウジングと連結された近位端及びこの近位端から離れた遠位端を有する、細長いシャフトと、を含む。アプリケータ器具は望ましくは、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するための発射システムを含む。発射システムは好ましくは細長いシャフト内に配置される発射ロッドを含み、望ましくは、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方へと第1速度で前進させる第1段階、及び発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に第1速度よりも高い第2速度で前進させる第2段階を有する発射周期を有する。

0019

一実施形態において、発射ロッドの遠位端は挿入フォークを含む。アプリケータ器具は、プロテーゼ装置を通じ組織内に外科用締結具を迅速に発射することにより、挿入フォークを先頭外科用締結具内にゆっくりと導くように適合される。先行技術の装置は、ハンマー様の方式で締結具を通じて1つの動きで押し要素を迅速に前進させる一方で、継続的に締結具を組織内に駆動するか、締結具を組織内にゆっくりと駆動するために同じ速度で締結具にゆっくりと係合する。第1の種類の先行技術装置はその、締結具の組織内への適切な挿入を確かめるために、確実な方法で締結具に係合する能力が限定されている。第1の「ハンマー様」先行技術装置はまた、衝突力のために外科用締結具を損傷することがあり、又は衝突力に耐えるように適合された大きな締結具の使用を必要とし得る。第2の種類の先行技術装置は、組織の広がりを避け、適切な組織の貫通を可能にするために、締結具を十分に早く前進させない。これらの先行技術手法両方とも、組織への一定のかつ反復可能な締結具の貫通に寄与しない。一実施形態において、本発明は、挿入フォークを先頭外科用締結具内へとゆっくりと導き、これが挿入フォークと外科用締結具の適切な係合を確実にすることよってこれらの制限を解決する。適切な係合の後、本発明はまた、プロテーゼ装置を通じ、組織内に外科用締結具の迅速な発射を提供する。結果として、各外科用締結具は、好ましくは、ユーザートリガーの圧迫の速度とは無関係に同様に挿入される。

0020

一実施形態において、発射ロッドの遠位端は、発射周期の第1段階中における外科用締結具の少なくとも1つと連結され、発射ロッドの遠位端が外科用締結具の少なくとも1つを、発射周期の第2段階中に細長いシャフトの遠位端から分配する。発射システムは、発射ロッドと連結された発射ばねなどのエネルギー保存要素を含んでもよく、それによって発射システムが、発射周期の第2段階の前に発射ばね中にエネルギーを保存し、発射周期の第2段階中に発射ばねから発射ロッドへと保存されたエネルギーを伝達するように適合される。一実施形態において、エネルギー保存要素としてはまた、空気式装置水力式装置及び/又は圧縮気体装置が挙げられる。

0021

一実施形態において、アプリケータ器具は、発射システムを起動するために、第1位置と第2位置との間で可動の作動装置を含む。作動装置は、発射システムを起動する圧迫可能なトリガーであり得る。一実施形態において、発射ばねは、発射周期の第1段階の前に少なくとも部分的に圧迫され、発射ロッドは発射周期の第1段階中に作動装置の移動と比例する速度で遠位方向に前進する。発射ばねは好ましくは、作動装置が第1位置から第2位置へと動く際に、内部にエネルギーを保存するために圧縮可能である。発射ばね内に保存されるエネルギーは、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に迅速に駆動するために、発射周期の第2段階中に解放される。本明細書において開示される実施形態の多くは「発射ばね」に言及するが、上記に開示されるものなどの、他のエネルギー保存装置が使用され得、依然として本発明の範囲内にあることが想到される。

0022

一実施形態において、発射システムは好ましくは、発射周期の第1段階の後かつ発射周期の第2段階の前に、発射ロッドを、細長いシャフトの遠位端の方に移動しないように拘束する、解放ラッチを含む。発射周期の好ましい段階において、かつ好ましくは発射システム内にエネルギーが保存された後に、解放ラッチは望ましくは遠位方向に移動するように発射ロッドを解放する。

0023

一実施形態において、アプリケータ器具は作動装置と連結され、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に前進させるために細長いシャフトを通じて延びる、アドバンサを含み得る。アドバンサは好ましくは、作動装置が第1位置から第2位置へと移動する際に細長いシャフトの遠位端の方に移動するように適合されている。アドバンサは好ましくは、作動装置が第2位置から第1位置へと移動する際にシャフトの近位端の方に移動するように適合されている。アドバンサは望ましくは、アドバンサの遠位端の方に突出している複数のアドバンサタブを含み、それによって各アドバンサタブは、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に推進するために外科用締結具の1つと係合するように適合されている。

0024

一実施形態において、外科用締結具は、アドバンサによって細長いシャフトの遠位端の方に推進されるために、細長いシャフト内に配置される。一実施形態において、外科用締結具の最遠位の1つが、外科用締結具の最遠位の1つと発射ロッドの遠位端を位置合わせするために段階アセンブリによって係合可能である。一実施形態において、発射ロッドの遠位端は、外科用締結具の最遠位の1つと係合するように適合された、離間した歯を有する挿入フォークを含む。

0025

一実施形態において、外科用締結具は、第1脚部であって、第1挿入先端部を有する遠位端、近位端、及び第1挿入先端部に隣接するように位置する第1挿入ツール座部表面を有する、第1脚部を含む。外科用締結具は好ましくは、第2脚部であって、第2挿入先端部を有する遠位端、近位端、及び第2挿入先端部に隣接するように位置する第2挿入ツール座部表面を有する、第2脚部を含む。外科用締結具はまた望ましくは、外科用締結具の閉鎖近位端部を形成するために、第1脚部及び第2脚部の近位端を接続する、ブリッジを含む。一実施形態において、挿入フォークの歯は好ましくは、外科用締結具の近位端よりも外科用締結具の遠位端に近い位置で外科用締結具上に挿入力を適用するため、外科用締結具の第1及び第2挿入ツール座部表面に対して配置可能である。

0026

一実施形態において、アプリケータ器具は、外科用締結具が全て分配された後、発射システムの動作を防ぐために、発射システムと連結したロックアウトシステムを含み得る。一実施形態において、ロックアウトシステムは、全ての外科用締結具が分配された後に閉鎖位置に作動装置又はトリガーを固定する。

0027

一実施形態において、外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具は、ハンドル区分及びトリガーを有するハウジングと、外科用締結具を分配するための細長いシャフトと、を含む。細長いシャフトは、ハウジングと連結した近位端、及びこれから離れた遠位端を含む。細長いシャフトは、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から供給又は送達するために、内部を通じて延びる外科用締結具送達導管を含み得る。アプリケータ器具は好ましくはトリガーによって起動可能な発射システムを含み、これによって発射システムは発射ロッド及び発射ロッドと連結されたエネルギー保存アセンブリを含む。一実施形態において、発射システムは望ましくは発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に第1速度で移動させるための第1段階と、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に第1速度より高い第2速度で駆動するためにエネルギー保存アセンブリから発射ロッドにエネルギーを移送するための第2段階と、を含む第1周期を有する。一実施形態において、エネルギーは、発射ロッドが第1速度で前方に移動する際の最初の先導段階において、エネルギー保存アセンブリに保存され得る。

0028

一実施形態において、アプリケータ器具は、外科用締結具を発射ロッドの遠位端と位置合わせするために、細長いシャフト内に配置される段階アセンブリを含み得る。外科用締結具は好ましくは、細長いシャフトの遠位端の方に段階シャフト内の細長い導管を通じて、前進させられる。アプリケータ器具は、トリガーが圧迫される度に外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に漸増的に前進させるために、発射システムと連結されたアドバンサを含み得る。一実施形態において、発射ロッドは好ましくは、トリガーが開放位置から閉鎖位置へと圧迫されるとき、遠位方向に移動し、発射ロッドは、トリガーが閉鎖位置から開放位置へと戻る際に近位方向に移動する。

0029

一実施形態において、外科用締結具を分配する方法は、ハウジング、ハウジングから突出する細長いシャフト、及び外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するための発射ロッドを含む発射システムを有する、アプリケータ器具を提供する工程を含む。この方法は好ましくは、第1外科用締結具を発射ロッドの遠位端と位置合わせする工程と、発射ロッドの遠位端を、外科用締結具と係合するために、第1外科用締結具の方へと第1速度で前進させる工程と、発射ロッド前進工程の後、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に移動しないように拘束する一方で、発射システム内にエネルギーを保存する工程と、を含む。この方法は望ましくは、発射ロッドを遠位方向の移動のために解放する工程と、第1すなわち先頭外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するために、第1速度よりも高い第2速度で発射ロッドを遠位方向に駆動するために、保存されたエネルギーを発射ロッドに移送する工程と、を含む。

0030

一実施形態において、発射システムは望ましくは、発射ロッドと連結される圧縮可能な発射ばねと、エネルギーを発射システム内に保存するために、発射ばねを選択的に圧縮するために、発射ばねと連結される作動装置と、を含む。一実施形態において、発射ロッドを前進させるためのエネルギーがばねに保存される。一実施形態において、ばねは、アプリケータ器具の起動の前に予備荷重かけられているか又は予備圧縮されている、発射ばねである。

0031

一実施形態において、アプリケータ器具は、外科用締結具がもはや利用可能でない場合(例えば、全ての外科用締結具が分配されたとき)に、アプリケータ器具の動作を防ぐために、ロックアウト機構を含む。一実施形態において、ロックアウト機構は好ましくは、装置が空であるときにトリガーを閉鎖位置に固定する。ロックアウト機構はまた、いくつの外科用締結具が分配されたか及び/又はいくつの外科用締結具が利用可能なままであるかを表示する、機械的又は電子カウンターを含み得る。

0032

一実施形態において、細長いシャフトの遠位端などのアプリケータ器具の遠位端は、方向付けのための1つ以上のマーキングを含む。細長いシャフトの遠位端はまた、装置の位置付けを補助する及び/又は1つ以上のメッシュストランド捕捉するために、遠位先端部上に提供された1つ以上の特徴を含み得る。一実施形態において、アプリケータ器具は1つ以上のメッシュのストランドを捕捉するための1つ以上の突起部を含む。

0033

一実施形態において、外科用締結具は、第1脚部であって、遠位端、近位端、及び第1脚部の遠位端の第1挿入先端部を有する、第1脚部を含む。外科用締結具は好ましくは、第2脚部であって、遠位端、近位端、及び第2脚部の遠位端に第2挿入先端部を有する、第2脚部を含む。ブリッジは望ましくは、外科用締結具の閉鎖端部を形成するために、第1脚部及び第2脚部の近位端を接続する。第1挿入先端部は好ましくは、第1挿入ツール座部表面を含み、第2挿入先端部は好ましくは、第2挿入ツール座部表面を含む。

0034

一実施形態において、第1脚部及び第2脚部は各長手方向軸に沿って延び、第1挿入先端部及び第2挿入先端部は、第1脚部及び第2脚部の各長手方向軸に対して外側に傾斜するか又は角度を有する。結果として、一実施形態において、挿入先端部間の間隔は、第1脚部と第2脚部との間の間隔よりも大きく、これは脚部間におけるストランド又は繊維の捕捉を向上させ得る。一実施形態において、第1挿入先端部及び第2挿入先端部の少なくとも一方は、鈍い遠位貫通点を有する。一実施形態において、第1挿入先端部及び第2挿入先端部の両方は、鈍い遠位貫通点を含む。

0035

一実施形態において、第1挿入先端部は、第1挿入ツール座部表面を有する近位端を含み、第2挿入先端部は、第2挿入ツール座部表面を含む近位端を含む。一実施形態において、第1挿入ツール座部表面は、第1脚部の近位端よりも第1脚部の遠位端に近く、第2挿入ツール座部表面は、第2脚部の近位端よりも第2脚部の遠位端に近い。第1挿入ツール座部表面及び第2挿入ツール座部表面は好ましくは、各第1脚部及び第2脚部の近位端の方を向き、歯又は挿入フォークの遠位端などの、挿入ツールの遠位端に係合するように適合される。

0036

一実施形態において、第1挿入ツール座部表面は、第1脚部の近位端の方を向く開口部を含み、第2挿入ツール座部表面は、第2脚部の近位端の方を向く第2開口部を含む。挿入ツール座部表面の開口部は、一端が(例えば、遠位端において)閉鎖している導通孔であり得る。一実施形態において、第1挿入ツール座部表面は、第1挿入先端部を通じて完全に延びる第1穴を含み、第2挿入ツール座部表面は、第2挿入先端部を通じて完全に延びる第2穴を含む。

0037

一実施形態において、外科用締結具の第1脚部は好ましくは、第1脚部の近位端と第1挿入ツール座部表面との間に延びる第1位置合わせ案内部を含み、第2脚部は好ましくは、第2脚部の近位端と第2挿入ツール座部表面との間に延びる第2位置合わせ案内部を含む。第1脚部上の第1位置合わせ案内部は好ましくは、第1挿入ツール座部表面と実質的に位置合わせされ、第2脚部上の第2位置合わせ案内部は好ましくは、第2挿入ツール座部表面と実質的に位置合わせされる。第1位置合わせ案内部及び第2位置合わせ案内部は、脚部の遠位端と近位端との間に延びるリブ、脚部の遠位端と近位端との間に延びる溝、又はリブ及び溝の組み合わせを含み得る。

0038

一実施形態において、第1挿入先端部及び第2挿入先端部は、互いにずらして配置された遠位端を有し、これは外科用締結具を組織内に固定するために必要とされる力の量を低減し得る。一実施形態において、外科用締結具の近位端に隣接するブリッジは、挿入ツールの表面と係合可能な第3挿入ツール座部表面を画定する。

0039

一実施形態において、外科用締結具の第1脚部は、第1脚部の近位端の方に突出する第1返し部を含み、外科用締結具の第2脚部は、第2脚部の近位端の方に突出する第2返し部を含み、第1折り返し部及び第2返し部は、互いにずらして配置される。一実施形態において、各第1脚部及び第2脚部上の第1返し部及び第2返し部は、互いに外側に向かって突出する。別の実施形態において、各第1脚部及び第2脚部上の第1返し部及び第2返し部は、互いに内側に向かって突出する。

0040

一実施形態において、プロテーゼ装置を組織に固定するための外科用締結具は、第1脚部であって、遠位端、近位端、第1脚部の遠位端と近位端との間に延びる第1位置合わせ案内部、及び第1脚部の第1遠位端の第1挿入先端部を含む。外科用締結具は望ましくは、第2脚部であって、遠位端、近位端、第2脚部の遠位端と近位端との間に延びる第2位置合わせ案内部、及び第2脚部の遠位端の第2挿入先端部を含む。外科用締結具は好ましくは、外科用締結具の閉鎖端部を形成するために、第1脚部及び第2脚部の近位端を接続するブリッジを含む。

0041

一実施形態において、第1挿入先端部は、第1挿入ツール座部表面を備える近位端を有し、第2挿入先端部は、第2挿入ツール座部表面を備える近位端を有する。第1挿入ツール座部表面及び第2挿入ツール座部表面は、第1脚部及び第2脚部の近位端の方を向く凸状表面、第1脚部及び第2脚部の近位端の方を向く凹状表面、第1脚部及び第2脚部の近位端の方を向く開口部、第1脚部及び第2脚部の近位端の方を向く盲導通孔、並びに/又は第1挿入先端部及び第2挿入先端部を通じて延びる穴を含み得る。

0042

一実施形態において、第1位置合わせ案内部及び第2位置合わせ案内部は、脚部の遠位端と近位端との間に延びるリブ、及び脚部の遠位端と近位端との間に延びる溝を含む位置合わせ案内部の群から選択される。第1位置合わせ案内部及び第2位置合わせ案内部は、各第1挿入ツール座部表面及び第2挿入ツール座部表面と実質的に位置合わせされる。一実施形態において、第1座部表面及び第2座部表面は望ましくは、外科用締結具の近位端よりも外科用締結具の遠位端に近い。

0043

一実施形態において、外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具は、ハウジングと、ハウジングから延びる細長いシャフトであって、この細長いシャフトは、近位端、遠位端、及び近位端と遠位端との間に延びる長手方向軸を有する、細長いシャフトと、を含む。アプリケータ器具は望ましくは、細長いシャフトの内部に配置され、後退位置と延びた位置との間の第1平面内で可動である、発射ロッドを含む。細長いシャフトは好ましくは、細長いシャフトの内部に配置され、後退位置と延びた位置との間の第2平面内で可動である、アドバンサを含む。アプリケータ器具は好ましくは、細長いシャフトの遠位端に隣接するように位置し、外科用締結具を発射ロッドの遠位端と位置合わせさせるように適合される、段階アセンブリを含む。段階アセンブリは好ましくは、アドバンサが延びた位置にあるときに、アドバンサによって第2平面下に保持され、段階アセンブリは好ましくは、アドバンサが後退位置にあるときに、発射ロッドの遠位端と少なくとも部分的に位置合わせされるように移動するよう適合される。

0044

アプリケータ器具は好ましくは、細長いシャフト内に配置される複数の外科用締結具を含み、それによってアドバンサは、アドバンサが後退位置から延びた位置へと移動する度に、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に1位置移動させるように適合される。一実施形態において、複数の外科用締結具は望ましくは、細長いシャフトの遠位端に隣接するように位置する先頭外科用締結具と、先頭外科用締結具と細長いシャフトの近位端との間に位置する一連後続外科用締結具を含む。

0045

一実施形態において、アドバンサは複数のアドバンサタブを含み、それによって各アドバンサタブは好ましくは、アドバンサが後退位置から延びた位置へと移動する際に、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に推進するために、外科用締結具の1つと係合するように適合される。一実施形態において、アドバンサタブは細長いシャフトの遠位端の方に突出する。一実施形態において、アドバンサは先頭外科用締結具を段階アセンブリと接触させるために、延びた位置へと可動である。

0046

一施形態において、細長いシャフトの床部は、複数の後退防止タブを含み、これによって後退防止タブは、細長いシャフト内の外科用締結具が細長いシャフトの近位端の方に移動することを防ぐ。一実施形態において、後退防止タブは細長いシャフトの遠位端の方に突出する。

0047

一実施形態において、アドバンサは、先頭外科用締結具を段階アセンブリと接触するように推進し、段階アセンブリは、アドバンサが後退位置に戻るときに、先頭外科用締結具を発射ロッドの遠位端と実質的に位置合わせするように上げるように適合される。

0048

一実施形態において、細長いシャフトは、発射ロッドの遠位方向及び近位方向の移動を案内するために、発射ロッドに係合する及び/又は接触するように適合される、少なくとも1つの案内表面を含む。一実施形態において、少なくとも1つの案内表面は、発射ロッドの遠位方向及び近位方向の移動を案内するために、発射ロッドの相対する側部と係合するように適合される、一対の対向する案内フランジを含む。

0049

一実施形態において、発射ロッドの遠位端は、第1挿入ツール座部表面と係合するように適合される遠位端を有する、第1の歯と、第2挿入ツール座部表面と係合するように適合される遠位端を有する、第2の歯と、を有する挿入フォークなどの挿入ツールを含む。一実施形態において、外科用締結具のブリッジは、第3挿入ツール座部表面を画定する近位表面を有し、挿入ツールは、第3挿入ツール座部表面と係合するように適合される、第1の歯の近位端と第2の歯の近位端との間に延びる遠位表面を含む。

0050

一実施形態において、外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具は、ハウジングと、ハウジングから延びる細長いシャフトであって、細長いシャフトは、近位端及び近位端から離れた遠位端を含む、細長いシャフトと、細長いシャフトの遠位端から分配するために、細長いシャフト内に配置される、複数の外科用締結具と、を含む。アプリケータ器具は好ましくは細長いシャフトの近位端と遠位端との間で可動の細長いシャフトの内部に配置されるアドバンサを含み、よってアドバンサは、アドバンサが遠位方向に移動する度に、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端に1位置近く移動するように適合される。アプリケータ器具は好ましくは、細長いシャフトの内部に配置され、アドバンサに重なる発射ロッドであって、発射ロッドは細長いシャフトの近位端と遠位端との間で可動である、発射ロッドを含む。アプリケータ器具は望ましくは、細長いシャフトの遠位端に隣接するように位置し、アドバンサが遠位方向に移動すると、アドバンサから外科用締結具の先頭の1つを受容し、アドバンサが近位方向に移動するときに、外科用締結具を発射ロッドの遠位端と実質的に位置合わせさせるように移動させるように適合された、段階アセンブリを含む。

0051

一実施形態において、発射ロッドの遠位端は、先頭外科用締結具と係合するために、第1速度で遠位方向に移動し、その後、先頭外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するために、第1速度よりも速い第2速度で遠位方向に移動するように適合される。

0052

一実施形態において、外科用締結具の第1脚部は、第1脚部の近位端と第1挿入ツール座部表面との間に延びる第1位置合わせ案内部を含み、外科用締結具の第2脚部は、第2脚部の近位端と第2挿入ツール座部表面との間に延びる第2位置合わせ案内部を含む。第1脚部上の第1位置合わせ案内部は好ましくは第1挿入ツール座部表面と実質的に位置合わせされ、第2脚部上の第2位置合わせ案内部は好ましくは、第2挿入ツール座部表面と実質的に位置合わせされている。一実施形態において、第1位置合わせ案内部は、第1脚部の遠位端と近位端との間に延びる第1リブを含み、第2位置合わせ案内部は、第2脚部の遠位端と近位端との間に延びる第2リブを含み、よって発射ロッドの遠位端の第1の歯及び第2の歯は、外科用締結具と挿入ツールを係合させるために、各第1脚部及び第2脚部上の第1リブ及び第2リブと係合するように適合される、対向する溝を有する、対向する内側面を有する。

0053

一実施形態において、外科用締結具を分配する方法は、ハウジングと、ハウジングから延びる細長いシャフトと、を有する、アプリケータ器具を提供する工程であって、細長いシャフトは、近位端及び近位端から離れた遠位端、を含む、工程と、細長いシャフトの遠位端から一度に1つ分配するために細長いシャフト内に外科用締結具を提供する工程と、を含む。本方法は好ましくは、第1平面内の外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に前進させる工程を含む。外科用締結具の先頭の1つを細長いシャフトの遠位端に隣接する位置へと前進させた後、先頭の外科用締結具は好ましくは第1平面から第2平面に移動され、第2平面で先頭外科用締結具は発射ロッドの遠位端と実質的に位置合わせされる。発射ロッドはその後望ましくは、先頭外科用締結具を発射ロッドと係合させ、先頭外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するために、遠位方向に移動される。

0054

一実施形態において、方法は外科用締結具を細長いシャフト内に装填する工程を含む。一実施形態において、発射ロッドを遠位方向に移動させる工程は、発射ロッドが、先頭外科用締結具と係合するために、第1速度で遠位方向に移動する、第1遠位方向移動段階と、発射ロッドが、先頭外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するために、第2速度で遠位方向に移動し、第2速度が第1速度よりも高い、第1遠位方向移動段階に続く第2遠位方向移動段階と、を含む。

0055

一実施形態において、前進工程の後、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に移動しないように拘束する一方で、エネルギーが発射システム内に保存される。発射ロッドが後に拘束を解かれるか又は解放されてもよく、それによってこれは、遠位方向に移動することができ、保存されたエネルギーは、第1外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するために、発射ロッドを第1速度よりも高い第2速度で遠位方向に駆動するために、発射ロッドに移送され得る。

0056

一実施形態において発射システムは、発射ロッドと連結された圧縮可能な発射ばねなどのエネルギー保存要素と、発射システム内にエネルギーを保存するために発射ばねを選択的に圧縮するための発射ばねと連結された作動装置とを含む。

0057

一実施形態において、プロテーゼを組織に固定する方法は、外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具であって、ハウジングと、ハウジングから延びる細長いシャフトであって、細長いシャフトは、ハウジングと連結された近位端及び近位端から離れた遠位端を有する、細長いシャフトと、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するための発射システムと、を含む、アプリケータ器具を提供する工程を含む。発射システムは好ましくは、細長いシャフト内に配置される発射ロッドを含み、発射システムは、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方へと第1速度で前進させるための第1段階、及び発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に第1速度よりも高い第2速度で前進させるための第2段階を有する発射周期を有する。本方法は好ましくは、外科用メッシュなどのプロテーゼを組織の上に位置付ける工程と、プロテーゼを組織に取り付けるために外科用締結具の少なくとも1つを細長いシャフトの遠位端から分配するためにアプリケータ器具を操作する工程とを含む。一実施形態において、組織にプロテーゼを取り付けるために複数の外科用締結具が分配され得る。

0058

一実施形態において、外科用締結具を分配するように適合されたアプリケータ器具のための発射システムは、ハウジングと、ハウジングから延びる細長いシャフトと、細長いシャフト内に配置される発射ロッドと、発射周期の少なくとも一段階中において、発射ロッドの遠位方向の移動を防ぐために発射ロッドと係合可能な発射ロッド解放器と、ハウジングに取り付けられるトリガーと、発射ロッドと接続された第1端部、及び発射周期中において、トリガーと順次連結し、分離するように適合された第2端部を有する発射ばねと、を含む。一実施形態において、発射周期は望ましくは、トリガーが開放し、発射ばねから分離し、発射ばねが少なくとも部分的に圧縮される、初期段階と、発射ロッド解放器が、発射ロッドの遠位方向の移動を可能にするために発射ロッドから係合離脱する、先導段階と、を含む。トリガーは好ましくは、少なくとも部分的に圧縮された発射ばねを遠位方向に移動させ、ひいてはこれが発射ロッドをトリガーの移動と比例する第1速度で遠位方向に移動させるように、トリガーを発射ばねと連結するために、第1距離だけ圧迫可能である。一実施形態において、空気式装置又は水力式装置などのエネルギー保存要素が、発射ばねの代わりに又はこれと組み合わせて使用され得る。

0059

一実施形態において、発射周期は、先導段階の後に、発射ロッド解放器が、発射ロッドの遠位方向の移動を防ぐために発射ロッドと係合し、トリガーが、発射ばねを更に圧迫して発射ばねを内部にエネルギーを保存するために第2距離だけ更に可動である、エネルギー保存段階を含む。発射周期は好ましくは、発射ロッド解放器が発射ロッドから係合離脱し、それによって発射ロッドが細長いシャフトの遠位端の方に自由に移動し、発射ばねは、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に第1速度及びトリガーの移動の両方より高い第2速度で迅速に前進させるために、発射ばね内部に保存されたエネルギーを発射ロッドに送達する、発射段階を含む。

0060

一実施形態において、発射周期は、トリガーが、トリガーを発射ばねから分離し、この際、発射ロッドが細長いシャフトの近位端の方に自由に移動するように第3距離だけ更に圧迫可能であり、分離段階を含む。

0061

一実施形態において、発射システムは、細長いシャフト内に配置され、細長いシャフトに沿って近位方向及び遠位方向に可動であるアドバンサを含む。発射周期は好ましくは、発射段階の後に、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に移動させるように、アドバンサを細長いシャフトの遠位端の方に移動させるために、トリガーが第4距離だけ更に圧迫可能である、外科用締結具前進段階を含む。

0062

一実施形態において、発射周期は好ましくは、外科用締結具前進段階の後に、トリガーが、アドバンサを近位方向に移動するために圧迫された位置から初期段階の開放位置に移動する、後退段階を含む。

0063

一実施形態において、発射システムは好ましくは、ハウジング内に配置され、発射ばねの近位端と係合可能なばねブロックを含む。ばねブロックは好ましくは、細長いシャフトによって画定される長手方向軸に沿って近位方向及び遠位方向に移動するように適合されている。一実施形態において、エネルギー保存段階中において、トリガーは、ばねブロックを遠位方向に移動し、これがひいては発射ばねを更に圧縮するように、ばねブロックと連結される。

0064

一実施形態において、発射システムはトリガーと連結される主要ラッチを含む。主要ラッチは好ましくは、先導段階、エネルギー保存段階、及び発射段階において、トリガーをばねブロックを連結し、分離段階、外科用締結具前進段階、及び後退段階中において、トリガーをばねブロックから分離するように適合される。一実施形態において、発射段階の開始時において、ばねブロックは、発射ロッドが遠位方向に移動し得るように、発射ロッド解放器を発射ロッドから係合離脱させるために、発射ロッドと接触する。

0065

一実施形態において、外科用締結具アプリケータ器具のための発射システムは、ハウジング及びハウジングから延びる細長いシャフトを含む。発射システムは望ましくは、細長いシャフト内に配置され、長手方向軸に沿って近位方向及び遠位方向に可動である、発射ロッドと、ハウジン内に配置され、長手方向軸に沿って近位方向及び遠位方向に移動するように適合された、発射ばねブロックと、発射ロッドと接続される遠位端、及び発射ばねブロックと係合可能な近位端を有する、発射ばねと、を含む。発射システムは好ましくは、発射システムを駆動するためにハウジングに取り付けられたトリガーであって、このトリガーは、発射周期中において、トリガーを発射ばねブロックと順次連結及び分離するための主要ラッチを含む、トリガーを含む。

0066

一実施形態において、発射周期は好ましくは、トリガーが開放し、トリガーが発射ばねブロックから分離され、発射ばねが少なくとも部分的に圧縮される、初期段階を含む。発射システムは好ましくは、発射ロッドが遠位方向に自由に移動し、少なくとも部分的に圧縮された発射ばねを遠位方向に移動させ、これがひいては発射ロッドをトリガーの移動と比例する第1速度で遠位方向に移動させるように、トリガーを発射ばねブロックと連結するために、第1距離だけ圧迫可能である、先導段階を含む。一実施形態において、発射ばねの圧縮レベルは、先導段階中において不変のままである。一実施形態において、発射ばねは、先導段階中に圧縮され得る。

0067

一実施形態において、発射周期は、先導段階の後に、トリガーが、発射ばねを更に圧縮し、及び/又は発射ばね内部にエネルギーを保存するために第2距離だけ更に圧迫可能であり、一方で発射ロッド解放器は、発射ロッドの遠位方向の移動を防ぐために発射ロッドと係合する、エネルギー保存段階を含む。

0068

発射周期は好ましくは、エネルギー保存段階の後に、発射ロッド解放器が発射ロッドから係合離脱し、それによって発射ロッドが細長いシャフトの遠位端の方に自由に移動し、発射ばねは、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に第1速度より高い第2速度で迅速に前進させるために、発射ばね内部に保存されたエネルギーを発射ロッドに送達する、発射段階を含む。

0069

発射周期は好ましくは、発射段階の後に、発射ロッドが近位方向に移動し得るように、トリガーを発射ばね及び発射ロッドから分離するために、トリガーは第3距離だけ更に圧迫可能である、分離段階を含む。

0070

一実施形態において、発射システムは細長いシャフト内に配置されるアドバンサを含む。アドバンサは好ましくは、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に移動させるために、細長いシャフトの近位端と遠位端との間で可動である。発射周期は、発射段階の後に、アドバンサを細長いシャフトの遠位端の方に移動させるように、ひいては外科用締結具を細長いシャフトの遠位端の方に移動させるように、トリガーが第4距離だけ更に圧迫可能である、外科用締結具前進段階を含み得る。

0071

一実施形態において、発射システムは好ましくはハウジン内に配置されるばねブロックを含む。ばねブロックは好ましくは、長手方向軸に沿って近位方向及び遠位方向に移動するように適合される。ばねブロックは好ましくは、発射ばねと係合し、エネルギー保存段階中において、トリガーは、ばねブロックを遠位方向に移動し、これがひいては発射ばねを圧縮するように、ばねブロックと連結される。発射システムはまた、トリガーと連結される主要ラッチを含み得る。主要ラッチは好ましくは、先導段階、エネルギー保存段階、及び発射段階において、トリガーをばねブロックを連結し、分離段階、外科用締結具前進段階、及び後退段階中において、トリガーをばねブロックから分離するように適合される。

0072

一実施形態において、外科用締結具をアプリケータ器具から分配する方法は、ハウジング、ハウジングから延びる細いシャフト、外科用締結具を細長いシャフトの遠位端から分配するために近位方向及び遠位方向に可動である、細長いシャフト内に配置される発射ロッド、アプリケータ器具を操作するためのトリガー、並びにトリガーと発射ロッドとの間に配置されるエネルギー保存要素を提供する工程を含む。本方法は好ましくは、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に第1速度で導くためにトリガーを圧迫する工程と、発射ロッドを導いた後に、発射ロッドが遠位方向に移動するのを防ぐと同時にエネルギー保存要素内にエネルギーを保存するためにトリガーを更に圧迫する工程と、を含む。本方法は好ましくは、遠位方向の移動のために発射ロッドを解放する工程と、エネルギー保存要素内に保存されるエネルギーを、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に第1速度よりも高い第2速度移動させるために、発射ロッドに送達する工程と、を含む。一実施形態において、先導段階中、発射ロッドはトリガーの移動と比例する第1速度で遠位方向に移動する。

0073

一実施形態において、エネルギー保存要素は、トリガーと発射ロッドとの間に配置される発射ばねである。一実施形態において、発射ばねは、発射ロッドを細長いシャフトの遠位端の方に導く前に少なくとも部分的に圧縮されており、発射ばねは先導段階中に不変である圧縮レベルを有する。本明細書において記載されるように、エネルギー保存要素はまた空気式装置、水力式装置、圧縮気体装置、又はこれらの組み合わせを含み得る。

0074

一実施形態において、方法は細長いシャフト内に複数の外科用締結具を提供する工程と、細長いシャフト内に配置されるアドバンサを提供する工程と、を含む。アドバンサは好ましくはトリガーと連結され、トリガーが圧迫されるときに、細長いシャフトの遠位端の方に移動し、トリガーが開放されるときに細長いシャフトの近位端の方に移動するように適合される。本方法は好ましくは、アドバンサを細長いシャフトの遠位端の方に移動させるためにトリガーを圧迫する工程であって、これによって遠位方向に移動するアドバンサは外科用締結具のそれぞれを細長いシャフトの遠位端に1位置近づける工程と、を含む。一実施形態において、トリガーは、これが閉鎖位置へと完全に圧迫されるまで、開放位置に戻らない場合がある。

0075

アプリケータ器具は様々な長さ及び直径で作製され得る。より短い長さは、開放式外科手術により好適であり得る。一実施形態において、アプリケータ器具のシャフトの直径は好ましくは約3〜10mm、より好ましくは約3〜5mmである。一実施形態において、アプリケータ器具は2つ以上の外科用締結器具を含み、10、25、100以上の外科用締結具など、複数の締結具を予備装填されている場合がある。一実施形態において、アプリケータ器具は開放式手術のために10個の外科用締結具を予備装填されている。一実施形態において、アプリケータ器具は標準的な腹腔鏡手術のために、30個の外科用締結具を予備装填されている。一実施形態において、外科用締結具は容易な装填及び/又は再装填のために、カートリッジ内に収容され得る。いくつかの実施形態において、アプリケータ器具は、ハンドルの一部として支持縫合糸装置又はトロカール創傷閉鎖での使用のために、商標Dermabond(商標)で販売される組織接着剤などの皮膚接着剤を分配する装置/ハンドルを含み得る。

0076

一実施形態において、外科用締結具は好ましくは非常に小さい外形を有し、半剛性であり得、かつ完全に吸収性であり得る。外科用締結具の吸収性特性は好ましくは、恒久的な固定により生じる慢性疼痛を低減する。加えて、外科用締結具の低い外形は、内蔵の癒着を低減する。当業者によって既知であるように、再手術の間に恒久的なタッカーによって生じる過剰な接着が見られることは非常に一般的である。

0077

一実施形態において、外科用締結具は、より広い領域にわたって組織保持力を拡げるためにそれらの間に接続後部領域が延びている、2つの固定点を提供する。2つの固定点の間の領域は、メッシュの縁部にわたってタックを行きわたらせることを可能にし、これは組織の、組織炎症の原因となり得るメッシュ端部への暴露を最小限にする。

0078

一実施形態において、アプリケータ器具は1つ以上の軟組織外科用締結具を展開する。外科用締結具はプロテーゼ材料人体への低い外形の軟組織の固定を提供する。一実施形態において、アプリケータ器具は、メッシュを使用する張力の無い腹腔鏡ヘルニア治療を提供する。一実施形態において、プロテーゼメッシュは腹部欠損部上に配置され、恒久的又は吸収性外科用締結具のいずれかにより組織に取り付けられる。一実施形態において、外科用締結具はプラスチック又は吸収性ポリマーなどの比較的柔軟な材料で作製される。

0079

本発明は多くの利益を提供する。一実施形態において、外科用締結具の雄型機構が挿入装置雌型機構と係合し、これは外科用締結具の成形費用を低減する。一実施形態において、挿入装置のピン又は歯は、外科用締結具の挿入中に剛性を提供し、タックシステム及び剛化のために挿入ピン又は歯を使用しない方法に比べて、組織内により少ない吸収性質量を残す。

0080

一実施形態において、外科用締結具は丸い近位端を有する。特に、各外科用締結具は外科用締結具の近位端に接続ブリッジ又は後部領域を有し、これは丸く、結果として組織への挿入後に非常に低い外形を生じる。外科用締結具の低い外形の設計及び小さい直径は、一度外科用締結具が埋め込まれると、縫合の外観を有する、外科用締結具を生じる。より低い外形はまた、好ましくは身体内で癒着が形成される可能性を低減する。

0081

一実施形態において、外科用締結具は、外科用締結具の各挿入先端部の近位に形成される挿入ピンホール又は陥没部を有する。挿入ピンホール又は陥没部は好ましくは各挿入先端部の中心の真上に位置する。結果として挿入ピンホール又は陥没部は、挿入先端部と実質的に位置合わせされて、先端部の屈曲を避け、各貫通挿入先端部の真後ろに挿入するために力を方向付ける。

0082

単一のヘッドを有する従来技術の締結具では、単一のヘッドがプロテーゼメッシュの大きな孔を通じて下降し得る。一実施形態において、本発明の外科用締結具は2つの挿入先端部の間に接続後部領域又はブリッジを有する。接続後部領域又はブリッジは、外科用締結具を、大きな孔の外科用プロテーゼメッシュとの使用により適合するものにする。

0083

一実施形態において、外科用締結具は、適用中に金属挿入器プローブ又は歯によって充填される盲導通孔を有する。金属挿入器は好ましくは挿入中に外科用締結具に剛性を提供し、外科用締結具自体が吸収性ポリマーなどのより柔軟な材料によって作製されることを可能にする。別の実施形態において、剛性挿入物、プローブ又は歯は、組織への固定中に外科用締結具の先端部及び/又は脚部を支持する。

0084

一実施形態において、外科用締結具は、盲導通孔又はツール座部表面と位置合わせされる導入チャネルを有する。導入チャネルは少なくとも一方の側で軸方向に開き、これはより少ない材料を使用して外科用締結具を形成することを可能にし、かつこれは組織内成長の空間を提供し、固定強度最大化する。

0085

一実施形態において、外科用締結具はずらして配置した先端部を有し、これは好ましくは、挿入中に生じるピーク力をずらすことによって必要な貫通力を低減する。一実施形態において、外科用締結具は、より大きな引き出し力を要求することにより組織中の固定を改善する、ずらして配置した返し部を有する。

0086

一実施形態において、外科用締結具は、互いから面外に設置される返し部を有し、これは外科用締結具の引き出しに必要な力を増加させる。一実施形態において、外科用締結具は、内部を通じて延びる貫通孔を備える挿入先端部を有する。貫通孔は好ましくは、針補助式挿入に必要な1つ以上の針を受容するように適合される。

0087

一実施形態において、外科用締結具は「リビングヒンジ」機構を有する1つ以上の返し部を有する。リビングヒンジは、返し部が挿入中に容易に折り畳まれるが、外科用締結具を取り除こうとする間に外側に広がることを可能にする。

0088

一実施形態において、外科用締結具のった挿入先端部は、切断されているか、画定されたチズルポイントを有し、これは挿入先端部が挿入中に切断することを可能にし、それによって外科用締結具の、GORE(登録商標)二重メッシュなどの困難な材料を貫通する能力を改善する。より強い、更により短い先端部設計を可能にするため、複合的な切断部又は切削角度を有する挿入先端部がまた使用され得る。

0089

一実施形態において、外科用締結具は円錐形の挿入先端部を有してもよく、これは切断部ではなく穿刺部を形成し、これによって保持力を改善する。本発明は動作のいかなる特定の理論によっても制限されないが、円錐形の挿入先端部は単一の圧力集中点のみを生じ、それによって外科用締結具のそれに続く部分が孔を半径方向に広げなくてはならない。これは外科用締結具の残りの部分が孔を通過することをより困難にし得るが、孔をより狭くすることによって保持力を潜在的に増加させ得るものと考えられる。

0090

一実施形態において、外科用締結具は内側に面する返し部を有する一対の離間した挿入点を含む。内側に面する返し部は望ましくは返し部を外力から保護し、返し部を損傷することなく外科用締結具を複数送達することを容易にする。これらの実施形態は、真っ直ぐ側壁及び後側領域を有する場合があり、これらは外科用締結具腹腔鏡管内で適切に位置合わせれた状態にしておくのを可能にする。

0091

一実施形態において、外科用締結具は抗菌物質及び抗接着物質などの活性物質を組み込む場合がある。一実施形態において、外科用締結具は、外科用締結具がX線画像機器において可視にすることを可能にするX線不透過性を組み込んでもよい。

0092

一実施形態において、リブが外科用締結具の各脚部の外側に形成され、挿入フォークは各リブに跨る係合チャネルを有する。各フォークの歯の端部は、外科用締結具の挿入先端部内に形成される陥没部又は座部の底部に達する。この上記の設計は、陥没部の製造の複雑性を外科用締結具から挿入ツールの歯へと移す。この特徴は、アプリケータ器具が好ましくは多数の外科用締結具(1つのみの挿入フォークに対し)を分配するために特に重要である。

0093

一実施形態において、挿入ツールはフォークの歯の近位端の間に延びるブリッジを含む。挿入ツールのブリッジの形状は、外科用締結具の近位端のブリッジの近位面に実質的にぴったりと一致し得る。一実施形態において、挿入フォークは、各フォークの遠位端が外科用締結具の挿入先端部内に形成される座部表面の底部に達する若しくは係合するときに、又はその直前に、挿入フォークのブリッジ要素が外科用締結具の近位端と接触するように設計される。一実施形態において、挿入フォークのブリッジは、ブリッジ及び遠位フォーク端部と外科用締結具のほぼ同時の接触を確実にするために必要な、要求される寸法的正確性を低減するために、より柔軟な(挿入フォークの残部のジュロ硬度に対し)エラストマー材料を含み得る。この構成は好ましくは、挿入ツールと外科用締結具との間に生じる圧力を低減するために、外科用締結具の後ろの駆動力が外科用締結具のより大きな表面積に沿って分布するのを可能にする。

0094

本発明のこれら及びその他の好ましい実施形態は、下記に詳しく記述される。

図面の簡単な説明

0095

本発明の一実施形態による、外科用締結具の分配のためのアプリケータ器具の斜視図。
図1Aに示されるアプリケータ器具の左側面図。
図1Aに示されるアプリケータ器具の右側面図。
本発明の一実施形態による、図1A〜1Cに示されるアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、図1A〜1Cに示されるアプリケータ器具の遠位端の分解斜視図。
図3Aに示されるアプリケータ器具の遠位端の分解左側面図。
本発明の一実施形態による、図1A〜1Cに示されるアプリケータ器具の段階板(staging leaf)アセンブリ。
本発明の一実施形態による、図1A〜1Cに示されるアプリケータ器具の段階板(staging leaf)アセンブリ。
本発明の一実施形態による、図1A〜1Cに示されるアプリケータ器具の段階板(staging leaf)アセンブリ。
本発明の一実施形態による、図1A〜1Cに示されるアプリケータ器具の段階板(staging leaf)アセンブリ。
本発明の一実施形態による、図1A〜1Cに示されるアプリケータ器具の段階板(staging leaf)アセンブリ。
本発明の一実施形態による、外科用締結具の分配のためのアプリケータ器具の遠位端の斜視図。
図5Aに示されるアプリケータ器具の遠位端の側面図。
図5A及び図5Bに示されるアプリケータ器具の遠位端の平面図。
本発明の一実施形態による、アプリケータ器具の遠位端の斜視図。
本発明の一実施形態による、外側管を含むアプリケータ器具の遠位端。
外側管が取り除かれた図7Aのアプリケータ器具の遠位端。
本発明の一実施形態による、外科用器具の斜視図。
図8Aに示される外科用締結具の正面図。
挿入先端部を含む、図8Aに示される外科用締結具の左側面図。
図8Cに示される挿入先端部の拡大図。
図8Aに示される外科用締結具の右側面図。
図8Aに示される外科用締結具の遠位端面図
図8Aに示される外科用締結具の近位端面図。
図8Fに示される外科用締結具の脚部の1つの断面図。
本発明の一実施形態による外科用締結具と位置合わせされる挿入フォークの斜視図。
図9Aに示される挿入フォーク及び外科用締結具の平面図。
本発明の一実施形態による、外科用締結具の分配のためのアプリケータ器具の遠位端。
図10Aに示されるアプリケータ器具の遠位端の側面図。
図10A及び図10Bに示されるアプリケータ器具の遠位端の平面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
本発明の一実施形態による、発射周期の段階中の間のアプリケータ器具の近位端の断面図。
図11Aに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Bに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Cに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Dに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Eに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Fに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Gに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Hに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Iに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Jに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Kに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Lに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Mに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
図11Nに示される発射周期の段階中のアプリケータ器具の遠位端の側断面図。
本発明の一実施形態による、プロテーゼ装置を組織に固定するための外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具を使用する方法。
本発明の一実施形態による、プロテーゼ装置を組織に固定するための外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具を使用する方法。
本発明の一実施形態による、プロテーゼ装置を組織に固定するための外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具を使用する方法。
本発明の一実施形態による、プロテーゼ装置を組織に固定するための外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具を使用する方法。
本発明の一実施形態による、プロテーゼ装置を組織に固定するための外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具を使用する方法。
本発明の一実施形態によるアプリケータ器具のロックアウトシステムの斜視図。
図13Aに示されるロックアウトシステムの側面図を示す。
本発明の一実施形態による、図13A及び図13Bのロックアウトシステムの平面図。
本発明の一実施形態による、図13A及び図13Bのロックアウトシステムの平面図。
本発明の一実施形態による、図13A及び図13Bのロックアウトシステムの平面図。
本発明の一実施形態による、図13A及び図13Bのロックアウトシステムの平面図。
本発明の一実施形態による、図13A及び図13Bのロックアウトシステムの平面図。
本発明の一実施形態による、図13A〜13B及び14A〜14Eに示されるロックアウトシステムの他の斜視図。
本発明の一実施形態による、図13A〜13B及び14A〜14Eに示されるロックアウトシステムの他の斜視図。
本発明の一実施形態による、図13A〜13B及び14A〜14Eに示されるロックアウトシステムの他の斜視図。
本発明の一実施形態による、図13A〜13B及び14A〜14Eに示されるロックアウトシステムの他の斜視図。
本発明の一実施形態による、図13A〜13B及び14A〜14Eに示されるロックアウトシステムの他の斜視図。
本発明の一実施形態による外科用締結具。
本発明の一実施形態による外科用締結具。
本発明の一実施形態による、挿入先端部を使用する外科用締結具を分配する方法。
本発明の一実施形態による、挿入先端部を使用する外科用締結具を分配する方法。
本発明の一実施形態による、挿入先端部を使用する外科用締結具を分配する方法。
本発明の一実施形態による外科用締結具。
本発明の一実施形態による外科用締結具。
本発明の一実施形態による、図18A〜18Bの外科用締結具を埋め込むための挿入ツールの遠位端。
本発明の一実施形態による、図18A〜18Bの外科用締結具を埋め込むための挿入ツールの遠位端。
本発明の一実施形態による、図18A〜18Bの外科用締結具を埋め込むための挿入ツールの遠位端。
本発明の一実施形態による、図19A〜19Cの挿入ツールを使用する、図18A〜18Bの外科用締結具の埋め込み方法
本発明の一実施形態による、図19A〜19Cの挿入ツールを使用する、図18A〜18Bの外科用締結具の埋め込み方法。
本発明の一実施形態による、図19A〜19Cの挿入ツールを使用する、図18A〜18Bの外科用締結具の埋め込み方法。
図20Bに示される挿入ツールの外科用締結具及び遠位端の分解図。
本発明の一実施形態による外科用締結具。
本発明の一実施形態による外科用締結具。
本発明の実施形態による、図21A〜21Bの外科用締結具を埋め込むための挿入ツール。
本発明の実施形態による、図21A〜21Bの外科用締結具を埋め込むための挿入ツール。
本発明の実施形態による、図21A〜21Bの外科用締結具を埋め込むための挿入ツール。
本発明の一実施形態による、面外返し部を有する外科用締結具の斜視図。
本発明の一実施形態による外科用締結具。
本発明の一実施形態による、外科用器具の斜視図。
本発明の一実施形態による、図25Aの外科用締結具を展開するための挿入ツール。
本発明の一実施形態による外科用締結具の正面図。
本発明の一実施形態による、外科用締結具の分配のためのアプリケータ器具の遠位端。
一実施形態による外科用器具を分配するための図27に示されるアプリケータ器具を使用する方法。
一実施形態による外科用器具を分配するための図27に示されるアプリケータ器具を使用する方法。
本発明の一実施形態による、外科用締結具の分配のためのアプリケータ器具の遠位端。

実施例

0096

図1A〜1Cを参照し、一実施形態において、外科用締結具を分配するためのアプリケータ器具100は、近位端102及び遠位端104を有する。アプリケータ器具100は、外科用締結具を展開するための発射システムを収容するハウジング106を含む。ハウジング106は左カバー108及び右カバー110を有する。左カバー108及び右カバー110は、手把持部112を形成する下方端部を有する。アプリケータ器具100は好ましくは、器具の遠位端104から外科用締結具を分配するために圧迫され得るトリガー114を含む。一実施形態において、アプリケータ器具100は複数の外科用締結具を保持し、それによって単一の外科用締結具が、トリガー114が圧迫される度にアプリケータ器具の遠位端104から分配される。一実施形態において、アプリケータ器具は複数の外科用締結具を保持し、これらはトリガー114が圧迫される度に外側管116の遠位端に向かって前進させられる、外科用締結具は好ましくは、トリガーが圧迫される度に1位置だけ前進する。

0097

一実施形態において、アプリケータ器具100は望ましくは、ハウジング106の遠位端に連結された近位端118及び外科用締結具を分配するように適合された遠位端120を有する、細長い外側シャフト又は管116を含む。細長い外側管116の最遠位端には端部キャップ122が固定されている。アプリケータ器具は好ましくは、その近位端102と遠位端104との間に延びる、A−Aとして指定される長手方向軸を有する。外側管116は望ましくは長手方向軸A−Aに沿って延びる。

0098

図1Aに戻り、一実施形態においてハウジング106は、ロックアウトインジケータへの視覚アクセスを提供するロックアウトインジケータ開口部124を含み得る。一実施形態において、アプリケータ器具は、外側管116の遠位端120から分配される複数の外科用締結具を最初に保持する。ロックアウトインジケータは好ましくは、全ての外科用締結具が分配された後に生じるロックアウト状態の方へと移動する。ロックアウトインジケータ開口部124は、どれだけの数の外科用締結具が分配されたか、どれだけの外科用締結具がアプリケータ器具内に残っているか及び/又はいつロックアウト状態に到達するかの指標を提供し得る。

0099

図2を参照し、一実施形態において、ハウジング106は好ましくは器具の遠位端から1つ以上の外科用締結具を分配するための発射システムを収容する。以下でより詳細に記載されるように、発射システムの構成要素の多くは、器具の近位端と遠位端との間の長手方向軸A−Aに沿って移動する。構成要素は一般的に、トリガー114が引かれるか又は圧迫される際に遠位端104の方に移動し、トリガーが解放する際に方向を逆転して近位端の方に移動する。

0100

図2では、ハウジング106の左カバー108(図1A)は、発射システムの構成要素の少なくともいくつかを露出するためにハウジング106が取り除かれている。一実施形態において、発射システムはトリガーギア126が連結された、トリガー114を含む。トリガーギア126は好ましくは、トリガー案内経路129内を移動するように適合されたトリガー戻し突起部128を含む。トリガー戻し突出部128は、望ましくはトリガー戻しばね130の上方端部と連結される。一実施形態において、トリガー戻しばね130は、トリガー戻しばねにエネルギーを保存するために、トリガー114が圧迫される際に伸張する。トリガーが開放位置に戻るべく自由であるとき、トリガー戻しばね130は好ましくはトリガー戻し突起部128を図2に示される最初の位置へと引く。発射システムは好ましくは、トリガー戻し突起部128がトリガー案内経路129の端部に近付く際のトリガー114の緩衝移動のため、トリガー戻し突起部128と連結するトリガー緩衝要素132を含む。トリガー緩衝要素132は、ポリマー又はゴムなどの柔軟な材料から作製され得る。

0101

トリガーギア126は、駆動ギア136に提供される第1の組の歯(図示されない)と係合するように適合されるトリガーギア歯134を含む。駆動ギア136は、ヨーク142の下面に提供される歯140と係合するように適合された第2の組の歯138を含む。駆動ギア136は、トリガーギア126によって駆動される。トリガー114が圧迫されると、トリガーギア126は駆動ギア136を反時計方向に回転させる。トリガー114が開放すると、トリガーギア126は駆動ギア136を時計方向に回転させる。

0102

一実施形態において、発射システムは、アプリケータ器具の長手方向軸A−Aに沿って遠位方向及び近位方向に移動するように適合されたヨーク142を含む。一実施形態において、ヨーク142はトリガーギア126及び駆動ギア136を通じてトリガー114に直接連結されている。トリガー114が閉鎖トリガー位置へと圧迫されると、トリガーギア126及び駆動ギア136はヨーク142を遠位方向に動かす(図2の左側に)トリガー114が開放トリガー位置に戻ると、トリガー126及び駆動ギア136がヨーク142を近位方向に動かす(図2の右側に)。

0103

一実施形態において、発射システムは好ましくは、ヨーク142の下面の爪と係合するラチェット爪突起部145を有するラチェット爪144を含む。ラチェット爪は望ましくは、ラチェット爪ねじりばね146と連結される。以下でより詳細に記載されるように、発射周期の少なくとも一段階中において、ラチェット爪144は、トリガー114が完全に閉鎖するか完全に開放するまで、ヨーク142が方向を変えないように拘束する。一実施形態において、トリガー114が引かれると、ヨーク142は、ヨークが方向を変えて近位方向に移動することができる前に、ラチェット爪144の突起部145を超えて遠位方向に移動することを必要とされる。

0104

発射システムは好ましくは、ヨーク142の遠位端から突出する主要ラッチ150を含む。主要ラッチ150はヨーク142に接続され、ヨークと同時に遠位方向及び近位方向に移動する。一実施形態において、以下でより詳細に記載されるように、主要ラッチ150は、ヨーク142を発射システムの別の構成要素と組織的に連結及び分離するために、ハウジング106内に形成される主要ラッチレーストラック152の周囲を移動するように適合される。一実施形態において、ヨーク142が遠位方向に移動すると、主要ラッチ150は好ましくは、主要レーストラック152の上を移動する。ヨーク142が近位方向に移動すると、主要ラッチ150は好ましくは主要ラッチレーストラック152の下を移動する。

0105

発射システムは好ましくは、アプリケータ器具の長手方向軸A−Aに沿って遠位方向及び近位方向に移動するように適合される割送り器154を含む。割送り器154はヨーク142の側部から延びるボス158(以降、ヨークボス158と称される)と連絡する下方スロット156を含む。ヨークボス158は、割送り器154の下方スロット156内で摺動するように適合される。一実施形態において、ヨークボス158が割送り器の下方スロット156の遠位端160に到達する際、ヨークボス158は割送り器154を、アプリケータ器具100の遠位端に向かって動くように推進する。以下でより詳細に記載されるように、割送り器154は、ロックアウトインジケータシステムと連結した上方スロット162を含む。

0106

一実施形態において、割送り器154は、外科用締結具をアプリケータ器具の遠位端の方に前進させるように適合されたアドバンサ166に直接連結されている。割送り器154が遠位方向に移動すると、アドバンサ166は割送り器と同時にアプリケータ器具の遠位端の方に移動する。割送り器が近位方向に移動すると、アドバンサ166は割送り器と同時にアプリケータ器具の近位端の方に移動する。一実施形態において、アドバンサ166は、外科用締結具が器具の遠位端から分配され得るように、アプリケータ器具の遠位端に向かって外科用締結具を移動させるように適合される。一実施形態において、外科用締結具は、アドバンサが近位端に移動する度に、1位置前進する。

0107

一実施形態において、発射システムは望ましくは、主要ラッチ150を通じてヨーク142と選択的に連結されるばねブロック170を含む。ばねブロックは、A−Aとして指定される長手方向軸に沿って遠位方向及び近位方向に移動するように適合される。一実施形態において、主要ラッチ150がばねブロックに連結されるとき、ヨーク及びばねブロックは好ましくは一体で互いに同時に移動する。主要ラッチ150がばねブロック170から分離されるとき、ヨーク142及びばねブロックは好ましくは互いに別個に移動する。

0108

一実施形態において発射システムはまた、好ましくはばねブロック170内に配置される発射ばね172を含む。ばねブロック内で予備圧縮された発射ばね172は望ましくは、発射ロッド174と連結される遠位端及びばねブロックの近位端壁171と係合する近位端を有する。一実施形態において、発射ロッド174の近位端は、発射ばね172の遠位端と接続される十字形の連結部176を有する。1つ以上の発射ロッド緩衝器178は、発射ロッドがその移動経路の遠位及び/又は近位端に到達する際の発射ロッド174の緩衝移動のため、十字形連結部176と接続され得る。

0109

一実施形態において、発射システムは発射ロッドの遠位移動を拘束する発射ばね解放ラッチ180を含む。発射周期の一段階中において、発射ばね解放ラッチは、エネルギーが発射ばね172中に保存される際に、発射ロッドの遠位方向の移動を拘束する。発射周期の後の段階中において、発射ばね解放ラッチが遠位方向の移動のために発射ロッド174を解放する。以下でより詳細に記載されるように、一実施形態において、発射ラッチ180は好ましくは、ばねブロック170の外側表面と係合する。ばねブロックの外側表面は好ましくは、遠位方向の移動のために発射ロッド174を解放するため、発射ラッチを解放位置に推進する。

0110

一実施形態において、発射システムは望ましくは発射ロッド戻しばね184を含み、これはばねブロック170を図2に示される最初の近位に戻すために、ばねブロック170と係合する。ばねブロック170が遠位方向(左側に)移動する際、エネルギーが発射ロッド戻しばね184内に保存される。エネルギーはその後、ばねブロックを近位方向に移動させるために解放される。この段階において、発射ロッドはばねブロックと共に近位方向に移動し得る。発射システムはまた、望ましくは1つ以上の緩衝ばね186を含み、これらは移動範囲の端部の方への構成要素の移動を緩衝するために、発射システムの1つ以上の構成要素に係合するように適合される。緩衝ばねは好ましくは、発射周期中にノイズ振動、激しい移動などを最小化する。

0111

図3Aを参照し、一実施形態において、アプリケータ器具100の遠位端104は、外科用締結具232を送達するように適合される。図3Aに示される構成要素を通常囲む外側管(図1A)は、内側構成要素をより明確に示すために取り除かれている。図3Aに示される特定の実施形態において、アプリケータ器具100の遠位端104における内側構成要素は、アプリケータ器具の部品及び動作をより明確に示すために分解されている。

0112

図3Aを参照し、一実施形態において、アプリケータ器具100は、長さに沿って提供される1つ以上の天井部打抜きばねタブ202を有する、天井部スタンピング200を含む。天井部スタンピング200は好ましくは、アプリケータ器具のアセンブリを推進するために、その側壁内に形成された1つ以上の天井部スタンピングアセンブリノッチ204を含む。以下でより詳細に記載されるように、天井部スタンピング200は好ましくは、発射ロッドの遠位方向及び近位方向の移動を案内するように適合された一対の対向する位置合わせ案内部206を含む。

0113

アプリケータ器具はまた、好ましくは、天井部スタンピング200と組み合わされる後退防止スタンピング208を含む。後退防止スタンピング208は、そこからアセンブリタブ210が突出している側壁を含む。アセンブリタブ210は、天井部スタンピングと後退防止スタンピングの適切な位置合わせ及び組み立てを促進するため、天井部スタンピング200上のアセンブリ溝204と位置合わせされるように適合されている。後退防止スタンピング208は望ましくはその長さに沿って提供される後退防止タブ212を含む。後退防止タブは好ましくはアプリケータ器具の遠位端の方に突出し、外科用締結具が一方向、すなわち遠位方向にのみ移動することを可能にする。後退防止タブ212は望ましくは、外科用締結具の、アプリケータ器具の近位端の方への移動を拘束する。

0114

図3Aを参照し、後退防止スタンピング208は好ましくは、後退防止スタンピング208の遠位端に隣接するように提供される段階板開口部214、及び望ましくは段階板アセンブリを後退防止スタンピング208へと固定するために使用される、段階板開口部214の近位の穴216を含む(以下でより詳細に記載される)。

0115

アプリケータ器具は好ましくは、その遠位端に挿入フォーク220を有する発射ロッド174を含む。挿入フォーク220は、発射ロッド174の主要区分の遠位端と連結された近位端222、外科用締結具と係合するように適合された遠位端224を有する。適用器具の遠位端はまた、好ましくは、段階板支持体226及び段階板228を含む、段階板アセンブリを含む。各段階板支持体226及び段階板228の近位端は、後退防止スタンピング208の穴216と位置合わせされている。

0116

アプリケータ器具はまた好ましくはアドバンサ166を含み、これは外科用締結具を器具の遠位端の方に前進させるように適合される。アドバンサは望ましくは、外科用締結器具を適用器具の遠位端の方に推進するため、外科用締結具に係合するように適合されたアドバンサタブ230を有する。一実施形態において、アドバンサ166は、トリガーが圧迫されて閉鎖する度に、外科用締結具をアプリケータ器具の遠位端の方に1位置だけ前進させる。

0117

図3Bは、アプリケータ器具100の遠位端104の分解側面図を示す。天井部スタンピング200は、後退防止スタンピング208と組み合わせるように適合されている。天井部スタンピング200のアセンブリ溝204は好ましくは、後退防止スタンプ208のアセンブリタブ210と位置合わせされている。挿入フォーク220を含む発射ロッド174、アドバンサ166、段階板支持体226及び段階板ばね228は、好ましくは、天井部スタンピング200と後退防止スタンピング208との間に少なくとも部分的に配置される。図3Bに示される構成要素が互いに組み合わされた後、構成要素は望ましくは、図1A〜1Cに示される外側管116内に配置される。一実施形態において、端部キャップ122は望ましくは、外側管116、天井部スタンピング200及び後退防止スタンピング208の最遠位端と組み合わされる。一実施形態において、天井部スタンピングばねタブ202は好ましくは、外側管内の内側構成要素の移動を最小限にするために、外側チューブの内側面を圧迫する。

0118

図3Bを参照し、一実施形態において、アドバンサ166は、アドバンサの下面から突出する一連のアドバンサタブ230を含む。アドバンサタブ230は好ましくは、アドバンサ166の遠位端の方に突出する。アドバンサタブ230は望ましくは、外科用締結具をアプリケータ器具の遠位端の方に推進するために、外側管内に配置される外科用締結具232と係合する。一実施形態において、複数の外科用締結具232A〜232Dは、望ましくはアプリケータ器具内に提供される。トリガーが圧迫される度に、アドバンサタブ230は、器具の遠位端から分配するために、外科用締結具232A〜232Dを器具の遠位端の方に推進する。後続外科用締結具(例えば、232Bと指定される締結具)が、先頭外科用締結具(例えば、232Aと指定される先頭締結具)となるために十分に前進したとき、これは、先頭外科用締結具232Aを挿入フォーク220の遠位端の歯と位置合わせするように移動させるように適合された、段階板228と接触するように前進する。

0119

図4A〜4Eを参照し、一実施形態において、アプリケータ器具は後退防止スタンピング208の遠位端と隣接するように位置する段階板アセンブリを含む。図4Aを参照し、一実施形態において、後退防止スタンピング208は、後退防止スタンピング208の遠位端の方に突出する後退防止タブ212を含む。後退防止スタンピング208は、好ましくは最終後退防止タブ212Aと後退防止スタンピング208の遠位端との間に配置される段階板開口部214を含む。後退防止スタンピング208はまた、好ましくは段階板開口部214の近位の開口部216を含む。穴は好ましくは段階板支持体226及び段階板228の近位端と位置合わせされるように適合される。

0120

図4Aを参照すると、上記のように、段階板アセンブリは好ましくは、段階板支持体226及び段階板228を含む。段階板支持体226は、その近位端に開口部227を有し、これは望ましくは後退防止スタンピング208内の開口部216と位置合わせされる。段階板228は望ましくは、段階板タブ229を有する遠位端及び開口部231を含む近位端を含み、開口部231は、後退防止スタンピングの開口部216及び段階板支持体の開口部227と位置合わせされるように適合される。段階板228はまた、段階板228の遠位端の方に突出する段階板後退防止タブ233を含む。

0121

図4B〜4Eは、段階板支持体226及び段階板228が、どのように後退防止スタンピング208と組み立てられるかを示す。図4B及び図4Cに示されるように、一実施形態において、段階板228は段階板支持体226の上に位置付けられ、組み立てられた構成要素の近位端は段階板開口部214を通過し、その結果、段階板支持体226及び段階板228の近位端における開口部227、231は、後退防止スタンピング208の開口部216と位置合わせされる。

0122

図4D及び図4Eを参照し、段階板228及び段階板支持体226の近位端は、後退防止スタンピング208の底面の下に位置し、好ましくは後退防止スタンピングの下面に恒久的に接続される。接続は、ねじなどの締結具又は溶接などの他の周知の接続手段を使用して作製され得る。図4D及び図4Eに示されるように、段階板228の遠位端及び段階板支持体226は段階板開口部214を通じて延び、段階板タブ229は、後退防止スタンピング208の上に垂直に突出する。

0123

本発明は動作のいずれの特定の理論にも制限されないが、段階板アセンブリは、先頭外科用締結具を挿入フォークの遠位端における歯と位置合わせさせるように推進及び/又は移動するため、後退防止スタンピングの遠位端にばね様の装置を提供するものと考えられる。段階板アセンブリは、アドバンサ及び挿入フォークの構成要素がアプリケータ器具の遠位端の方に延びる場合に、これらの遠位端によって下方に偏向され得る。しかしながら、挿入フォーク及びアドバンサが、段階板アセンブリの近位に後退するとき、段階アセンブリは望ましくは図4B〜4Eに示される位置へとばねで上方に上がる。段階板アセンブリがばねで上方に上がると、段階板アセンブリの上に位置付けられた先頭外科用締結具が、挿入フォークの遠位端と位置合わせするように移動される。一実施形態において、挿入フォークが前進して先頭外科用締結具を固定すると、段階板タブ229及び段階板後退防止タブ233は、先頭外科用締結具を安定化し、先頭外科用締結具を適所に保持する。

0124

図5A〜5Cを参照し、一実施形態において、天井部スタンピング200は後退防止スタンピング208と組み立てられる。天井部スタンピング200は、スタンピング200、208の互いの適切な位置合わせを確実にするため、後退防止スタンピング208上の少なくとも1つのアセンブリタブ210と位置合わせされる少なくとも1つのアセンブリ溝204を含む。天井部スタンピング200及び後退防止スタンピング208の最遠位端部は好ましくは端部キャップ122によって互いに保持される。一実施形態において、天井部スタンピングは、好ましくは、アプリケータ器具の安定性を向上し、天井部スタンピング及び後退防止スタンピングが外側管に対して動くのを防ぐために、外側管の内側面(図示されない)と係合する天井部スタンピングばねタブ202を有する。一実施形態において、端部キャップ122、並びに天井部スタンピング及び後退防止スタンピングの最遠位端は、端部キャップ122と天井部スタンピング200及び後退防止スタンピング208を組み立てる、1つ以上の及び溝構造を有する。

0125

図6を参照し、一実施形態において、天井部スタンピング200及び後退防止スタンピング208の最遠位は、端部キャップ122によって互いに保持される。一実施形態において、天井部スタンピング200は、一対の案内フランジ206を含む場合があり、これらは好ましくは発射ロッドが遠位方向及び近位方向に移動する際に、挿入フォーク220の側壁にぴったりと一致する。一実施形態において、案内フランジ206は好ましくは、挿入フォークの歯と先頭外科用締結具232Aの適切な位置合わせを確実にするため、挿入フォーク220の遠位方向及び近位方向の移動を案内する。アプリケータ器具100は望ましくは、段階板支持体226及び段階板228を含む段階板アセンブリを含む。上記のように、段階板支持体226及び段階板228の近位端は望ましくは後退防止スタンピング208と連結される。一実施形態において、アドバンサ166は、望ましくは段階板アセンブリと挿入フォーク220との間に位置付けられる。アドバンサ166は、アプリケータ器具100の遠位端104の方に外科用締結具を前進させるため、外科用締結具232に係合するアドバンサタブ230を含む。アドバンサが遠位方向に移動する度、アドバンサタブは好ましくは外科用締結具をアプリケータ器具の遠位端の方に1位置前進させる。

0126

図7Aを参照し、一実施形態において、外側管116は、天井部スタンピング200及び後退防止スタンピング208の周囲に配置される。図7Aにおいて、外側管116は、天井部スタンピング及び後退防止スタンピングが可視であるように、透明である。端部キャップ122は外側管116の遠位端上に固定され、外側管116と、天井部スタンピング及び後退防止スタンピングとの間に配置されるアセンブリフランジを含む。端部キャップ122は好ましくは、アプリケータ器具100の遠位端における安定性を提供するため、天井部スタンピング200及び後退防止スタンピング208と係合する。一実施形態において、端部キャップ122は好ましくはその遠位端面に形成された溝242を含む。溝242は、アプリケータ器具の遠位端が対向する表面に対して摺動又は移動するのを防ぐため、表面(例えば、メッシュ)と係合するように適合される。溝242はまた、アプリケータ器具の遠位端と、プロテーゼメッシュなどのプロテーゼ装置の位置合わせのために使用され得る。一実施形態において、アプリケータ器具の遠位端とプロテーゼ装置上の1つ以上のストランドを位置合わせするために使用され得る。

0127

図7Bは、外側管240が取り除かれた、図7Aのアプリケータ器具の遠位端を示す。端部キャップ122は、天井部スタンピング200と係合する上部アセンブリフランジ244及び後退防止スタンピング208と係合する下部アセンブリフランジ246を含む。上部アセンブリフランジ244及び下部アセンブリフランジ246は好ましくは、アプリケータ器具の遠位端を安定化させるために、天井部スタンピング及び後退防止スタンピングの遠位端を保持する。端部キャップ122の内面は好ましくは、天井部スタンピングと後退防止スタンピングとの間に配置される一対の側部アセンブリタブ248A、248Bを含む。側部アセンブリタブ248A、248Bはまた、アプリケータ器具の遠位端の安定性を向上させ得る。

0128

図8A〜8Fを参照し、一実施形態において、アプリケータ器具はその遠位端から外科用締結具を分配する。図8A及び図8Bを参照し、一実施形態において、外科用締結具232は望ましくは遠位端250及び近位端252を含む。外科用締結具232は好ましくは、その遠位端に提供される第1先端部256を有する第1脚部254及びその遠位端に提供される第2先端部260を有する第2脚部258を含む。一実施形態において、脚部の近位端から遠位端にかけて各第1脚部及び第2脚部の断面寸法が減少する。外科用締結具232は好ましくは、第1脚部254及び第2脚部258の近位端を接続する外科用締結具の近位端252に隣接するブリッジ262を含む。一実施形態において、ブリッジは、これが第1脚部及び第2脚部を相互接続する限りにおいて、外科用締結具の近位端と遠位端との間に位置付けられ得る。外科用締結具232は好ましくは、第1先端部256から後方に突出する少なくとも1つの第1返し部264及び第2先端部260から後方に突出する少なくとも1つの第2返し部266を含む。各脚部に1つの返し部のみが示されているが、他の外科用締結具は各脚部又は先端部に多数の返し部を有し得る。第1先端部256及び第2先端部260は円錐の形状であり得る。それぞれの先端部は鋭い先端で形成されてもよく又はより鈍くてもよい。

0129

一実施形態において、第1先端部256及び第2先端部260は、傾斜した貫通先端部又は挿入先端部を有し、これらは第1脚部254及び第2脚部258それぞれの長手方向に対して傾斜している。一実施形態において、遠位貫通先端部は、第1脚部及び第2脚部の長手方向軸に対して外側に傾斜している。一実施形態において、プロテーゼ装置の繊維が脚部の間に捕捉される可能性を増加させるため、先端部の間の距離は、脚部の間の距離よりも大きい。一実施形態において、第1先端部256及び第2先端部260は、鈍い遠位貫通点を有する。鈍い点は、外科用締結具が組織を貫通する一方で、操作者の手への望ましくない貫通を最小化することを可能にする。

0130

図8Bに関し、一実施形態において、ブリッジ262は好ましくは、外科用締結具232の遠位端250の方を向く凹状内側面268及び外科用締結具の近位端252の方を向く凸状外側表面270を含む。第1脚部254は、第1脚部の長手方向軸A1に沿って延びる第1リブ272を有する外壁を有する。第2脚部258は、第2脚部の長手方向軸A2に沿って延びる第2リブ274を有する外壁を含む。一実施形態において第1先端部256の遠位端の貫通点と第2先端部260の遠位端の貫通点との間の距離D1は、好ましくは、対向する第1脚部254の表面と第2脚部256の表面との間の距離D2よりも大きい第1先端部256の遠位貫通点と第2先端部260の遠位貫通点との間のより広い相対距離は好ましくは、外科用締結具が、外科用メッシュのストランドなどの、多孔質プロテーゼ装置のストランドと係合することを確実にする。一実施形態において、外側に傾斜した遠位貫通先端部は外科用メッシュ繊維を捕捉するためのより高い能力を提供し、ここでメッシュ繊維は、各脚部の間の間隔を増加させることを必要とせずに互いに分離している。

0131

図8Cを参照し、一実施形態において、第1脚部254は第1脚部の長手方向軸A1に沿って延びる第1リブ272を有する。図8Cに示されるように、側方から観察すると、第1リブ272は好ましくは第1貫通先端部256と実質的に位置合わせされている。

0132

図8C−1は、鈍い貫通点257を含む、第1貫通又は挿入先端部256の拡大図を示す。一実施形態において鈍い貫通点257は、外科用締結具の遠位端が組織を貫通する一方で、操作者の手の望ましくない貫通を最小化する。

0133

図8Dを参照し、一実施形態において、第2脚部258は、第2脚部258の長手方向軸A2に沿って延びる第2リブ274を有する。図8Dに示されように側方から観察される場合、第2リブ274は好ましくは、第2先端部260の遠位点と位置合わせされている。

0134

図8Eを参照し、一実施形態において、第1貫通先端部256及び第2貫通先端部260は好ましくは外科用締結具232の中央から外側に傾斜している。一実施形態において、第1貫通先端部256及び第2貫通先端部260は好ましくは非対称であり、外科用締結具232の中央から外側に延びるように構成されている。

0135

図8Fを参照し、一実施形態において、第1挿入先端部256の後面は、挿入フォークの第1の歯の遠位端を受容するように構成された第1座部表面280を含む。第2先端部260の後面は好ましくは挿入フォークの第2の歯の遠位端を受容するように適合された第2座部表面282を含む。一実施形態において、凸状表面280、282は好ましくは第1貫通先端部256及び第2貫通先端部260の遠位貫通点と実質的に位置合わせされている。挿入フォークの歯の遠位端は各座部表面280、282にぴったりと一致する表面を有し得る。

0136

図8Gを参照し、一実施形態において、第1脚部254は丸い内面及び四角くされた外面を有する。本発明は、動作のいずれの特定の理論にも限定されないが、そのような構造は望ましくは区分弾性率を増加させることによって外科用締結具の強度を増加させるものと考えられる。内側に丸みをつけた表面及び外側を四角くした表面を備える断面図を有する脚部を提供することはまた好ましくは、外科用締結具を組織外に引くために必要な力を増加させる。

0137

一実施形態において、外科用締結具は吸収性及び/又は非吸収性材料から作製され得る。好ましい吸収性材料は、PDS、PDS/ラクチドグリコリドブレンドPLAなどが挙げられる。一実施形態において、各外科用締結具は5mm外径(典型的にはトロカールカニューレの寸法)の管の内部にフィットするような大きさである。外科用締結具は形成によって製作されるが、僅かな修正を加えて、キャスト、スタンピング及び機械加工などの他のプロセスが使用され得る。一実施形態において、外科用締結具は、一般的な形状に押し出されて、その後形成され得る。

0138

図9A及び図9Bを参照し、一実施形態において、外科用締結具232はアプリケータ器具の遠位端から分配するために、発射ロッドの遠位端において、挿入フォーク220と位置合わせされる。挿入フォーク220は、発射ロッド(図示されない)の主要区分の遠位端との接続に適合される近位端222、及び外科用締結具232の1つ以上の表面と係合するように適合される遠位端224を含む。一実施形態において、挿入フォーク220の遠位端224は、内部に形成される第1内側溝292を有する第1の歯290及び内部に形成される内側溝296を有する第2の歯294を含む。一実施形態において、内側溝292、296は好ましくは互いに対向し、アプリケータ器具の長手方向軸A−Aと平行な軸に沿って延びる。動作中、対向する第1の歯290の内側溝292及び第2の歯294の内側溝296は好ましくは、外科用締結具の第1脚部254及び第2脚部258のリブ272、274の上を摺動するように適合される。内側溝292、296とリブ272、274の係合は好ましくは、外科用締結具要素232と挿入フォーク220の遠位端224を位置合わせし、組織への埋め込み中に外科用締結具を安定化させる。一実施形態において、第1の歯290及び第2の歯294の最遠位先端部は、これらが第1先端部256及び第2先端部260の遠位表面に提供される凸状座部表面280、282に対して当接するまで前進させられる。

0139

本発明の動作のいずれの特定の理論にも制限されないが、外科用締結具の脚部の外側表面上のリブと係合する溝付きの歯を有する挿入フォークを提供することは、アプリケータ器具の遠位端から外科用締結具を分配する際に外科用締結具の安定性及び制御を向上させるものと考えられる。加えて、挿入力は、従来技術システムにおけるように外科用締結具の近位端のみではなく、外科用締結具の遠位端のより近くに提供される。この特徴は(すなわち、締結具の遠位端の近くで外科用締結具に挿入力を提供すること)は、より小さい及び/又は低い外形の外科用締結具が使用されることを可能にし得る。

0140

図10Aを参照し、一実施形態において、段階板アセンブリは、先頭外科用締結具232Aを、挿入フォーク220の遠位端224の歯と位置合わせするように上げるように適合される、段階板支持体226及び段階板228を含む。段階板228は好ましくは、外科用締結具232のブリッジ262の内面と係合し得る段階板タブ229を含む。外科用締結具の脚部のリブは好ましくは挿入フォーク220の対向する歯290、294の対向する内側溝292、296と位置合わせされる。

0141

図10Bを参照し、一実施形態において、段階板228は、外科用締結具232のリブ272、274を挿入フォーク220の歯290、294の内側溝と位置合わせさせる。段階板タブ229は好ましくは、歯290、294がリブ272、274上を摺動する際に、外科用締結具232を安定化させるために、外科用締結具232のブリッジ262に係合する。

0142

図10Cは、アプリケータ器具の平面図を示し、第1の歯290の内側溝292が外科用締結具232の第1脚部254上のリブ272と位置合わせされ、第2の歯294の内側溝296が外科用締結具の第2脚部258上の第2リブ274と位置合わせされる。外科用締結具が段階板228によって静的に保持されると、挿入フォーク220を含む発射ロッドが、歯290、294の最遠位端が第1先端部256及び第2先端部260の後ろに位置する凸状座部に対して位置するまで、外科用締結具の方に前進する。歯290、294が凸状座部表面に対して位置した後、挿入フォーク220は、アプリケータ器具から外科用締結具232を分配するため、アプリケータ器具の遠位端の方への更なる前進に備える。

0143

図11A〜11Nは、発射周期の様々な段階中のアプリケータ器具の発射システムを示す。図11A−1から11N−1は、各図11A〜11Nに示される同じ段階中のアプリケータ器具の遠位端を示す。例えば、図11Aは、発射周期の開始における発射システムを示し、トリガー114は完全に開放し、発射ロッド174は完全に後退している。図11A−1は、図11Aに示されるものと同じ段階におけるアプリケータ器具の遠位端を示す。図11B〜11N及び図11B−1〜11N−1は同じパターンに従う。

0144

図11Aを参照し、一実施形態において、第1発射周期の第1段階において、トリガー114は完全に開放し、トリガーギア突起部128は、トリガー案内部129の下端にある。ヨーク142、割送り器154、アドバンサ166、ばねブロック170、及び発射ロッド174は、アプリケータ器具の近位端の方に完全に後退する。図11Aに示される発射周期の第1段階において、主要ラッチ150は中立位置にあり、ばねブロック170から分離されている。発射ばね172は、ばねブロック170の近位端と発射ロッド174の近位端における十字形連結部176との間に配置されている。ばねブロック170と発射ロッド174との間に延びる発射ばね172は、望ましくは予備圧縮され、それによって、発射ロッド174に初期の遠位方向の力(左側への)が存在する。発射ロッド174及びアドバンサ166は、ハウジング106の遠位端から突出し、アプリケータ器具100の遠位端の方に延びる。

0145

図11A−1は、図11Aに示される発射周期の第1段階におけるアプリケータ器具100の遠位端104を示す。外側管、天井部スタンピング及び後退防止スタンピングが図面から取り除かれ、アプリケータ器具の遠位端に配置される他の内部構成要素をより明確に示している。図11A−1を参照し、段階板支持体226及び段階板228は望ましくは、先頭外科用締結具232Aを保持し、それによって外科用締結具の外側側壁上のリブ272、274が、挿入フォーク220の遠位端224における歯290、294に形成される内側溝と位置合わせされている。段階板タブ129は好ましくは、先頭外科用締結具232Aを更なる遠位方向の移動に対して安定化させる。追加的な後続外科用締結具232B、232C、232Dは、外科用締結具232Aの後ろに位置付けられる。図10A−1には、4つの外科用締結具232A〜232Dのみが示されるが、アプリケータ器具は10、25、100以上の外科用器具など、追加的な外科用器具を保持し得る。アドバンサ166は、アプリケータ器具100の遠位端104における段階板アセンブリの方に各外科用締結具232B〜232Dを押すように適合されたアドバンサタブ230を含む。アドバンサ166が左側に動く度に、外科用締結具はアプリケータ器具100の遠位端104の方に1位置前進する。

0146

図11Bは発射周期の後の段階を示し、ここで挿入フォークの遠位端における歯が先頭外科用締結具の脚部上のリブと係合するように導かれる。発射周期のこの段階中に、トリガー114は、トリガーギア126及びトリガーギア突起部128をトリガーギア案内部129の上方端部の方に移動させるために、把持部112の方に部分的に圧迫される。トリガー114が引かれると、トリガーギア突起部128と接続されるトリガー戻しばね130は、ばねに位置エネルギーを保存するために伸張される。トリガーギア126が上方、反時計方向に枢動すると、トリガーギア126の歯は駆動ギア136を反時計方向に回転させる。駆動ギア136の外側周辺部の第2の組のギアの歯138は、ヨーク142をアプリケータ器具の遠位端の方に(左側に)移動させるために、ヨーク142の底面に沿って延びる歯140と係合している。ヨーク142がアプリケータ器具の遠位端の方に移動すると、主要ラッチ150は、ヨークとばねブロックを連結するために主要ラッチ経路152の上面上を摺動する。発射ばね172は、ばねブロックの内部で予備圧縮されているため、発射ロッドは、ヨーク、ばねブロック及び発射ロッドが一体となって遠位方向に移動する際に遠位方向に移動する。この段階において、発射ロッドは、トリガーの移動と比例する速度で遠位方向に移動する。

0147

図11Bを参照し、ヨーク142は、A−Aと指定されるアプリケータ器具の長手方向軸に沿ってハウジング106内で遠位方向及び近位方向に摺動するように適合されている。ヨーク142が遠位方向に移動すると、ヨークボス158は割送り器154の下方スロット156の遠位端160に向かって、遠位方向に摺動する。以下でより詳細に記載されるように、ヨークボス158が割送り器154の下方スロット156の遠位端160に対して当接するとき、ヨークボス158は、割送り器154が遠位方向に移動するように促進する。

0148

図11B−1は、図11Bに示される発射周期の段階中において、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。挿入フォーク220の遠位端224の突起部290、294は、先頭外科用締結具232Aの脚部と係合するように導かれる。挿入フォーク220は好ましくは、トリガー圧迫の速度と比例する速度で遠位方向に移動する。段階板タブ229及び段階板228は好ましくは、フォーク歯290、294が先頭外科用締結具のリブと係合するように導かれる際に、先頭外科用締結具232Aを安定化させる。段階板タブ229は、外側管の内面と係合して安定性を提供し得る。

0149

図11Cは、挿入フォークが外科用締結具の脚部上に導かれた後の発射システムを示す。図11Cにおいて、発射システムの遠位端は右側であり、発射システムの近位端は左側である。先頭外科用締結具との係合のために、挿入フォークが遠位方向に導かれるとほぼ同時に、又はその後に、発射ばねラッチ180は発射ロッド174の十字形端部176と係合する。係合の際に、発射ばねラッチ180は発射ロッド174の更なる遠位方向の移動を防ぐ。この時点までに、ばねブロック内の発射ばねへの事前荷重のために、発射ロッドはばねブロック170と一体で移動している。一度発射ばねラッチ180が十字形端部176と係合すると、発射ロッドは遠位方向に移動し続けることができない。ユーザーがトリガー114を圧迫し続けると、発射ロッド174は更に遠位方向に移動することができず、発射ばねは圧縮される。

0150

図11C−1は、図11Cに示される段階中における、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。挿入フォーク220の遠位端が前進して先頭外科用締結具232Aと接触した後、発射ばねラッチ180は発射ロッド174を、遠位方向に更に移動しないように保持する。したがって、挿入フォークの遠位端が先頭外科用締結具と接触するように導かれた後、及びアプリケータ器具が遠位端から外科用締結具を「発射」するまで、発射ばねに位置エネルギーを保存するために、発射ロッドはトリガーが完全な閉鎖位置まで引かれ続ける際に更なる遠位方向の移動を有さない。

0151

図11Dは、図11Cに示される発射周期の同じ段階中における、発射システムの一部の平面断面図を示す。発射システムは発射ロッド174、発射ロッド174の近位端における十字形構造176、発射ばね172、及び発射ばね172を含むばねブロック170を含む。図11Dにおいて、アプリケータ器具の遠位端は左側であり、アプリケータ器具の近位端は右側である。図11Dに示されるように、トリガーが引かれると、主要ラッチ(図示されない)によってばねブロック172がアプリケータ器具の遠位端の方へと推進される。ばねブロック170の遠位方向の移動は、発射ロッド174の近位端における十字形構造176とばねブロック170の近位端との間の発射ばね172を圧縮する。上記のように、この段階中、発射ロッド174は、発射ロッド174の十字形構造176と係合する発射ばねラッチ180により、更なる遠位方向の移動を拘束される。図11D−1は、図11Dに示される段階中におけるアプリケータ器具の遠位端104を示している。上記のように、挿入フォーク220の歯は、先頭外科用締結具232Aの側部周辺に導かれているが、発射ばねラッチは発射ロッド174及び挿入フォーク220の更なる遠位方向の移動を防ぐ。

0152

図11Eは発射周期の後の段階における発射システムを示す。ユーザーは好ましくは閉鎖位置の方にトリガー114を圧迫し続ける。この段階において、ヨーク142はヨークボス158が、割送り器154の下方スロット156の遠位端160に係合するまで、遠位方向に更に移動する。一度ヨークボス158が下方スロット156の遠位端160に接触すると、ヨーク142の更なる遠位方向の移動が、割送り器154を遠位方向に推進し、これがひいては、外科用締結具を前進させるためにアドバンサ166を遠位方向に移動するように推進する。割送り器及びアドバンサは好ましくは一体で共に移動する。

0153

ユーザーがトリガー114を圧迫し続けると、ヨーク142は遠位方向に移動し続け、主要ラッチ150とばねブロック170の連結により、ばねブロック170を遠位方向へと共に運ぶ。発射ロッド174は、発射ロッドラッチ(図11D)により、更に遠位方向に移動しないように、後方に保持され続ける。ばねブロック170が遠位方向に移動すると、追加的なエネルギーがばねブロック内に配置される発射ばね172内に保存される。発射ばねが圧縮されていたため、これはその元の長さよりも短く、その右側はばねブロック170の近位端の内側に配置されている。ばねブロック170が遠位方向(左側に)移動すると、ばねブロック戻しばね184が圧縮される。一実施形態において、ばねブロック170から延びるフランジは、ばねブロック戻しばね内にエネルギーを保存するために、ばねブロック戻しばね184と係合する。

0154

図11E−1は、図11Eに示される段階中における、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。割送り器154(図11E)がヨークボス158によって遠位方向に移動すると、割送り器154はアドバンサ166を遠位方向に移動するように推進し、これが牽引外科用締結具232B、232C及び232Dを、アプリケータ器具の遠位端の方へと前進させる。この段階において、先頭外科用締結具232Aの更なる遠位方向の移動は存在しない。

0155

図11Fは、発射ロッド174が解放される直前に生じる発射周期の後の段階における発射システムの平面断面図を示す。一実施形態においてばねブロック170は、その表面から突出する発射ばね解放傾斜面175を含む。発射ばね解放傾斜面175は好ましくは、発射ばね解放ラッチ180と位置合わせされている。ばねブロック170がアプリケータ器具の遠位端の方(左側)に移動すると、傾斜面175は解放ラッチ180を、発射ロッド174の近位端における十字形端部176から分離するために、発射ばね解放ラッチ180と係合する。解放ラッチが発射ロッドの十字形端部176から分離されると、発射ロッド174は自由に遠位方向に移動する。発射ばね172に保存されたエネルギーはここで、発射ロッド174に解放される。

0156

図11F−1は、図11Fに示される発射周期の段階中において、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。この段階において、発射ばね解放ラッチ180は発射ロッドの十字形端部176との係合から解放されようとしている。アドバンサ166は、後続外科用締結具232B〜232Dをアプリケータ器具100の遠位端104の方に前進させるために遠位方向に移動している。

0157

図11Gは発射周期の後の段階を示し、この間挿入フォークをアプリケータ器具の遠位端の方に迅速に前進させるために発射ロッドが解放される。この段階において、発射ばね解放傾斜面175は、発射ばね解放ラッチ180を押して、十字形構造176との係合から解放して離す。遠位方向の移動に拘束されない発射ロッド174は、発射ばね172によってアプリケータ器具の遠位端の方に迅速に前進する。発射ばね172は発射ロッド174を、発射ロッド緩衝パッド178がハウジング内の停止壁部SWと係合するまで遠位方向に移動させる。発射ロッド緩衝パッド178は、十字形構造176上の能動停止部179が発射ロッドのあらゆる更なる遠位方向の移動を停止するために、停止壁部SWと係合するまで、僅かに圧迫され得る。本発明は、動作のいずれかの特定の理論によって制限されないが、発射ロッド緩衝パッド176は、長い時間にわたって発射ロッドを停止させるために、発射ロッド174の減速の時間を長くするものと考えられる。発射ロッドの減速時間の長化は好ましくは、ユーザーに伝達される衝撃力を低減し、また好ましくは騒音を低減する。

0158

図11G−1は、図11Gに示される発射周期の段階中において、アプリケータ器具の遠位端104を示す。発射ロッド174及び挿入フォーク220は、発射ばねによって遠位方向(左側)に迅速に前進している。先頭外科用締結具232Aは、プロテーゼ装置(例えば、メッシュ)を組織に固定するために、アプリケータ器具100の遠位端104から発射される。図11G−1に示されるように、最遠位において、挿入フォーク220の遠位端224は、端部キャップ122の遠位端を超えて前進している。

0159

図11G及び図11G−1を参照すると、能動停止部179と停止壁部SW(図11G)の係合が、挿入フォーク220の更なる遠位方向の移動を制限する。したがって、発射ロッド緩衝パッド178、能動停止部179及び停止壁部SWの組み合わせが、先頭外科用締結具232A及び挿入フォークのアプリケータ器具からの最大排出を制限する。外科用締結具及び/又は挿入フォークのアプリケータ器具の遠位端からの過剰な排出は、プロテーゼ装置を損傷するか、組織を傷つけ得ることが観察されている。一実施形態において、図11G及び図11G−1に示される発射周期の段階において、後続外科用締結具232B−232Dが遠位方向に移動しない。

0160

図11Hを参照し、一実施形態において、先頭外科用締結具232Aが分配された後、発射周期は完了しておらず、トリガーは図11Aに示される完全な開放位置に戻り得ない。一実施形態において、発射周期のこの段階において、ヨーク142をアプリケータ器具の遠位端の方に更に前進させるために、トリガー114は更に圧迫されなくてはならない。一実施形態において、ヨーク142の下面の歯と係合するラチェット爪144は、ラチェット爪144の突起部145がヨーク142の近位端を克服するまで、ヨーク142が方向を変えて近位方向に移動することを防ぐ。ラチェット爪144の突起部145がヨーク142の近位端を克服する前に、操作者がトリガーを引くのを停止した場合、トリガー114は適所で停止し、完全な開放位置まで戻ることはない。したがって、操作者はトリガーを引き続けなくてはならず、これはアプリケータ器具の遠位端の方にヨークを移動し続ける。ヨーク142が遠位方向に移動し続けると、ヨークボス158は割送り器154を遠位方向に移動し、これは外科用締結具を前進させるための、アドバンサ166の遠位方向の移動を生じる。以下により詳細に記載されるように、割送り器が遠位方向に移動すると、割送り器154の上方スロット162もまた好ましくは、ロックアウトインジケータを少なくとも部分的に回転させるために、ロックアウトカウンター164上のタブ163と係合する。

0161

図11Hを参照し、ヨーク142が遠位方向に移動すると、主要ラッチ150は、主要ラッチ経路152の遠位開口部に接近する。一度主要ラッチ150が主要経路152の遠位開口部に達すると、主要ラッチ150は、ヨーク142をばねブロック170から分離するために自由に下降する。分離の後、ばねブロック170はヨークと別個に移動する。一実施形態において、分離したばねブロックは、ばねブロック戻しばね184により提供される力に反応して、アプリケータ器具の近位端の方に移動する。

0162

図11H−1は、図11Hに示される発射周期の段階中において、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。挿入フォーク220は、発射ロッドの十字形端部上の能動停止部と係合するハンドル内の停止壁部SWにより、更に遠位方向に移動し得る。しかしながら、ヨーク142の更なる遠位方向の移動は、割送り器154を左側に移動し続け、これはひいては、アプリケータ器具100の遠位端104の方に後続外科用締結具232B、232C及び232Dを前進させるために、アドバンサ166を遠位方向に移動させる。

0163

図11Iは、主要ラッチレーストラック152の遠位開口部に到達した後の、主要ラッチ150を示す。一度主要ラッチ150が遠位開口部に達すると、主要ラッチ150は、ヨーク152をばねブロック170から分離するために自由に下降する。一度主要ラッチ150がヨーク142をばねブロック170から分離すると、ばねブロック170及びヨーク152は互いに別々に移動する。図11Iを参照し、上記のように、ヨーク152は、ラチェット爪146の突起部145がヨーク152の右端を克服するまで、近位方向に移動しないように拘束される。

0164

図11I−1は、主要ラッチ150がばねブロック170から分離された後の、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。トリガーが圧迫され続けると、アドバンサ166は外科用締結具232B、232C及び232Dを遠位方向に前進させるために、遠位方向に移動し続ける。

0165

図11Jを参照し、トリガー114が圧迫され続けると、ヨーク142は割送り器154を遠位方向に前進させ続ける。割送り器154の更なる遠位の移動は、アドバンサ166を遠位方向に移動させ、ロックアウトカウンター164のタブ163を遠位方向に移動する。ロックアウトカウンター164のタブ163は、好ましくは割送り器154の上方スロット162と摩擦係合する。図11J−1は、図11Jに示される発射周期の段階中において、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。

0166

図11Kを参照すると、一実施形態において、主要ラッチ150がばねブロックから分離された後、ばねブロック戻しばね184はばねブロック170を近位方向に移動するように推進する。ばねブロック170が右側に移動すると、ばねブロック170は発射ロッド174をアプリケータ器具100の近位端の方に引く。したがって、ばねブロック170及び発射ロッド174はアプリケータ器具の近位端の方に一体で移動し、一方でヨーク142はトリガー114の力により器具の遠位端の方に移動し続ける。一実施形態において、ヨークボス158は、緩衝ばね186を圧縮するために、割送り器154を遠位方向に移動し続ける。一実施形態において緩衝ばね186は望ましくは、割送り器154がこれに接触する際に、ユーザーのトリガーの圧迫を段階的に遅くする。

0167

図11K−1は、図11Kに示される段階中における、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。主要ラッチがばねブロックをヨークから解放した後、ばねブロックは右側に移動し、それによって発射ロッド174及び挿入フォーク220を後退させる。図11K−1に示されるように、先頭外科用締結具232Aは組織に埋め込まれたままであり、一方で歯290、294は先頭外科用締結具のリブ272、274から後退している。

0168

図11Lを参照し、一度トリガー114が完全に圧迫されると、ヨーク142の右端が、ラチェット爪144を克服する。結果としてヨーク142は近位方向に自由に移動する。トリガー114が完全に圧迫されたとき、ヨークボス158は好ましくは割送り器154を最遠位へと推進する。ひいては、割送り器の上方スロット162は好ましくはロックアウトカウンター164を1/2周期だけ前進させる。トリガーが完全に圧迫された位置にあるとき、トリガー緩衝パッド132はトリガーの減速を緩衝するために、トリガー案内部129の端壁に係合する。

0169

図11L−1は、図11Lに示される発射周期の段階中において、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。割送り器の遠位方向の移動は、アドバンサ166の遠位方向の移動を生じる。一実施形態において、トリガーが完全な閉鎖位置まで圧迫されると、第2外科用締結具232Bが先頭外科用締結具位置まで前進させられ、第3外科用締結具232Cが第1後続位置まで前進させられ、第4外科用締結具232Dが第2後続位置まで前進させられる。図11L−1に示される発射周期の段階において、段階板228は好ましくは、延びている挿入フォーク220及び延びているアドバンサ166によって下方に偏向している。トリガーが圧迫されていない開放位置へと動き始めるとき、アドバンサ166及び挿入フォーク220は後退し、これは先頭外科用締結具232Bが段階板228によって移動されて、挿入フォークの歯と位置合わせされることを可能にする。

0170

図11Mを参照し、一実施形態において、トリガー114が解放した、圧迫されていない位置へと回転して戻ると、ヨーク142は近位方向に移動する。この段階において、ラチェット爪144は、ヨークが完全に後退した位置に到達するまで、ヨーク142が方向を変えることを防ぐ。ヨーク142が近位方向に移動すると、主要ラッチ150は主要ラッチレーストラック152の下を移動する。

0171

図11M−1は、図11Mに示される発射周期の段階中において、アプリケータ器具100の遠位端104を示す。新しい先頭外科用締結具232Bは、延びているアドバンサ166及び部分的に延びている挿入フォーク220の下に位置する。段階板228及び段階板支持体226は、延びているアドバンサ及び延びている挿入フォークによって下方に偏向したままである。段階板228は、アドバンサ166及び挿入フォーク220によって遮蔽されることにより、直立位置へとばね運動しないように拘束される。

0172

図11Nを参照すると、一実施形態において、ばねブロック戻しばね184は、ばねブロック170をその最初の近位へと戻す。ひいては、ばねブロック150の近位方向の移動は、アプリケータ器具の遠位端において、発射ロッド174及び挿入フォークを後退させる。トリガーが完全な開放位置へと移動すると、ヨーク142はまた最近位に到達する。ヨーク142がその範囲の近位端に到達すると、近位ラッチ150は、ハウジング106の近位端に隣接するように位置する近位ラッチ傾斜面155によって上方に推進される。ヨーク142が後退した位置にある状態で、ラチェット爪144はヨーク142の下の中立位置へと動く。この段階において、ヨーク142は遠位方向に自由に動き、ラチェット爪144により、遠位方向に移動しないように拘束される。

0173

図11N−1は、図11Nに示される発射周期の最終段階中において、アプリケータ器具の遠位端104を示す。図11N−1によって図示されるように、アドバンサ166及び挿入フォーク220は完全に後退しており、これによって段階板228が、先頭外科用締結具232Bと挿入フォーク220の歯を位置合わせするために、上方に偏向することを可能にする。

0174

一実施形態において、本発明のアプリケータ器具は、鼠径床などの鼠経組織中に位置する、鼠経ヘルニアなどの欠損部を修復するために使用され得る。一般的に、鼠経ヘルニアは、腸骨筋を通じてアクセスされ得る。より理解され得るように、典型的な鼠経ヘルニアの領域中には血管の網状組織及び神経が存在し、これは外科医が高度な技術及び注意をもってヘルニア修復を行うことを必要とする。例えば、横方向腹部腱膜においては内部輪が、胃の血管及び輸精管がこれを通じて鼠径靭帯の縁部にわたって延びることを可能にする。大腿管はクーパー靭帯の近くに位置し、外腸骨血管及び下腹壁血管を収容する。

0175

多くの場合において、鼠経靭帯の縁部及びクーバー靭帯は、解剖学的標識及び、上記のものなどの外科用締結具を支持するための支持構造として機能する。外腸骨血管及び輸精管を収容する領域は一般的に「運命三角形」として外科医に知られている場合がある。したがって、この領域内の切開、縫合又は締結を行う際は、注意を払わなくてはならない。

0176

プロテーゼ又はメッシュパッチが、鼠経ヘルニアの上に配置され得る。メッシュパッチは、任意の所望の構成、構造又は材料を有し得る。一実施形態において、メッシュパッチは、PROLENE(商標)(繊維から作製される既知のポリマー)から作製される場合があり、好ましくはメッシュとして構成される。

0177

メッシュパッチは、そうでなければ鼠経ヘルニア通じて突出し、患者に激しい疼痛及び不快感を与える傾向にある腹部の内臓(図示されない)に対して十分なバリアを提供するために鼠経ヘルニア上に配置され得る。メッシュパッチが鼠径床上に配置された後、メッシュパッチは鼠径床の取り付けに備える。

0178

図12A〜12Dを参照し、一実施形態において、アプリケータ器具100の遠位端104は、メッシュパッチなどのプロテーゼ装置を組織に固定するために、プロテーゼ装置270上に位置付けられる。プロテーゼ装置は、内部を通じて延びるストランド272を有する外科用メッシュであり得る。各外科用締結具の先端部は好ましくは、互いに離間し、外科用締結具がストランド272の少なくとも1つと係合する可能性を増加させる。器具100の遠位端104は好ましくは、器具をプロテーゼ装置270上の適所に保持することを促進する、溝242を有する端部キャップ122を含む。

0179

図12Aを参照し、アプリケータ器具100は好ましくは、天井部スタンピング200及び後退防止スタンピング208を囲む外側管116を含む。端部キャップ122は、外側管116、天井部スタンピング200及び後退防止スタンピング208と連結される。天井部スタンピングは望ましくは、内側スタンピング200、208と外側管116との間のぴったりとしたフィットを提供するために、外側管116の内側面と接するために、1つ以上の天井部スタンピングばねタブ202を有する。アプリケータ器具は、その遠位端から突出する歯を有する挿入フォーク220を含む。歯294の1つが、外科用締結具の脚部上のリブと係合するために、アプリケータ器具の長手方向軸A−Aに沿って延びる内側溝296を有する。アプリケータ器具は、挿入フォーク220の歯294と位置合わせされた外科用締結具を保持するための、段階板支持体226及び段階板228を含む段階板アセンブリを含む。

0180

アドバンサ166は好ましくは、挿入フォークと後退防止スタンピングとの間に配置される。アドバンサ166は、外科用締結具をアプリケータ器具の遠位端の方に推進するためのアドバンサタブ230を含む。後退防止スタンピングは、外科用締結具が近位方向に移動するのを防ぐ、後退防止タブ212を有する。

0181

図12Aにおいて、発射システムが発射周期の第1段階に位置付けられる。挿入フォーク220及びアドバンサ166が後退して、段階板アセンブリが、外科用締結具232Aを、挿入フォーク220の少なくとも1つの歯294と位置合わせされた状態に保持する。

0182

図12Bは、挿入フォークの少なくとも1つの歯294が、先端外科用締結具232A上のタブと係合するように遠位方向に導かれた際の、発射周期の後の段階を示す。導く間、挿入フォーク220は、トリガーが圧迫される速度と比例する速度で遠位方向に移動する。先導の間、段階板タブ229及び段階板228は先頭外科用締結具232Aを、更に遠位方向に移動しないように安定化及び保持する。

0183

図12Cにおいて、位置エネルギーが発射ばね内に保存された後、先頭外科用締結具232Aをアプリケータ器具100から分配するために、発射ロッド174が解放される。発射ロッドは挿入フォーク220を駆動し、これはひいては、プロテーゼ装置を組織Tに固定するために、外科用締結具の先端部を組織T内に埋め込むため、プロテーゼ装置を通じて外科用締結具232Aを駆動する。組織への埋め込みの間、挿入フォークは好ましくは、先頭外科用締結具が屈曲するかじれるのを防ぐため、外科用締結具232Aを支持する。挿入フォーク220及び発射ロッド174が先頭外科用締結具232Aをプロテーゼ装置及び組織T内に駆動する際、後続外科用締結具232Bは好ましくは静的なままに留まる。

0184

図12Dを参照し、一実施形態において、発射周期の後の段階において、アドバンサ166をアプリケータ器具100の遠位端の方に前進させるために、トリガーが更に引かれる。アドバンサ166上のアドバンサタブ230は好ましくは、後続外科用締結具232Bを遠位方向に移動させるために、後続外科用締結具232Bと係合する。段階中、発射ロッドはヨークから分離し、それによって挿入フォーク220が自由に後退し、分配された外科用締結具232Aから係合離脱する。

0185

図12Eを参照し、トリガーが完全に閉鎖すると、後続外科用締結具232Bは、アドバンサ166によって段階位置へと前進している。段階板アセンブリは、第2外科用締結具232Bを挿入フォーク220の端部の歯と位置合わせした状態に移動しないように拘束されるが、これは段階板アセンブリが、延びているアドバンサ166及び少なくとも部分的に延びている挿入フォーク220によりそのような移動を阻害されるためである。

0186

図12Eに示されない後の段階中において、トリガーは開放位置へと戻り、アドバンサ及び挿入フォークが図12Aに示される位置へと近位方向に移動する。アドバンサ166及び挿入フォーク220が図12Aに示される初期位置へと後退する際、段階板アセンブリは第2外科用締結具232Bを挿入フォーク220の少なくとも1つの歯294と位置合わせされるように、自由に移動させる。アプリケータ器具はここで、第2発射周期の開始に備えており、第2発射周期において第2外科用締結具232Bはプロテーゼ装置270及び組織T内に埋め込まれるために、アプリケータ器具から分配される。

0187

一実施形態において、アプリケータ器具は全ての外科用締結具が分配された後に、外科用締結具が更に展開しないように、アプリケータ器具を固定するロックアウトインジケータシステムを含む。図13Aを参照し、一実施形態において、ロックアウトインジケータシステムは好ましくは、ロックアウトカウンターボス365を有するロックアウトカウンター364を含む。ロックアウトカウンターは好ましくは、アプリケータ器具の長手方向軸A−Aに沿って、遠位方向及び近位方向に移動する。ロックアウトカウンターボス365は好ましくは、割送り器354の上方スロット362と位置合わせされ、それによって上方スロット362はロックアウトカウンターボス365の上を摺動することができる。一実施形態において、ロックアウトカウンターボス365は割送り器154の上方スロット362内で摺動するように適合された外側寸法を有するが、ロックアウトカウンターボスが上方スロット362を通じて移動する際に、ロックアウトカウンターボス365と上方スロット362との間に摩擦接触が存在する。

0188

一実施形態において、アプリケータ器具のトリガーが引かれると、ヨークは遠位方向に移動し、これはひいては、割送り器354を遠位方向(左側に)移動させる。図13Bを参照すると、割送り器354を遠位方向に移動すると、割送り器354の上方スロット362が、ロックアウトカウンター364のロックアウトカウンターボス365の上を摺動する。上方スロット362とロックアウトカウンターボス365との間の摩擦係合はロックアウトカウンター364を遠位方向に移動し、これがひいてはロックアウトインジケータ375を反時計方向に回転させる。

0189

図14A〜Eは、本発明の実施形態による、ロックアウトインジケータシステムを示す。ロックアウトインジケータシステムを囲む構成要素は、実施形態の記載を単純化するために取り除かれている。図14Aを参照し、ロックアウトインジケータシステムは望ましくはロックアウトカウンターボス365を有するロックアウトカウンター364を含む。ロックアウトカウンター364は、ロックアウトカウンターの近位端に隣接する第1の歯380及びロックアウトカウンターの先導部に隣接する第2の歯382を含む。本明細書において、ロックアウトカウンター364は、アプリケータ器具の長方向軸A−Aに沿って遠位方向及び近位方向に移動するように適合される。

0190

ロックアウトインジケータシステムは、位置合わせノッチ386及びロックアウトノッチ388を備える主要レッジ384を有するロックアウトインジケータ375を含む。位置合わせノッチ386は望ましくは、ロックアウトインジケータシステムを最初に組み合せる間に、ロックアウトインジケータ375を適切に位置合わせするために使用され得る。ロックアウトノッチ388は、発射システムを固定するためにロックアウトピンが内部に下降することを可能にする、より大きな開口部を主要レッジ384内に提供する。

0191

一実施形態において、ロックアウトインジケータシステムは、ロックアウトインジケータの主要レッジ384と係合するロックアウトフランジ392を有するロックプットピン390、及び一度ロックアウトフランジ392がロックアウトスロット388と位置合わせされると、ロックアウトピン390を下方に推進するロックアプトピンばね394を含む。

0192

図14Bを参照し、割送り器354がアプリケータ器具の遠位端の方に(図14Bの左側に)移動すると、上方スロット362はロックアウトカウンターボス365を遠位方向に移動し、これはひいてはロックアウトカウンター364を遠位方向に移動させる。ロックアウトカウンター364が遠位方向に移動すると、ロックアウトカウンター364の近位端に隣接する第1の歯380は、ロックアウトインジケータ375の下面の歯と係合する。ロックアウトカウンター364の第1の歯380とロックアウトインジケータ375の下面の歯との係合は、ロックアウトインジケータをR1として指定される反時計方向に回転させる。ロックアウトインジケータ375が反時計方向に回転すると、ロックアウトフランジ392はロックアウトカウンター375の主要レッジ384の上を摺動する。ロックアウトフランジ292が主要レッジ384と接触している限り、ロックアウトピンは下降し得ない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ