図面 (/)

技術 生体臨床医学用のナノ組織化純チタンとそれを利用したロッド制作方法

出願人 カーペンター・テクノロジー・コーポレーション
発明者 ヴァリエフ,ルスラン・ズファロヴィッチセメノヴァ,イリーナ・ペトロフナヤクシナ,エフゲニヤ・ボリソフナサリムガリーヴァ,グルナズ・カリフォフナ
出願日 2009年10月20日 (11年2ヶ月経過) 出願番号 2011-533134
公開日 2012年3月15日 (8年9ヶ月経過) 公開番号 2012-506290
状態 特許登録済
技術分野 医療用材料 補綴 非鉄金属または合金の熱処理
主要キーワード 強度形成 表面流動 疲労耐久 格子転位 チャンネル角 不活性コーティング アバタイト 平均性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年3月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題・解決手段

UFG組織を施し、機械的改良をし、生物的特性アルファ相によって得たナノ結晶と粒共有する大きさ 0.1…0.5 μmの六方最密格子と粒の形をした相互に垂直な平面が90%以上の2以下の共同作因と、60%以上の粒が高角度境で周囲の粒から15から90°に混乱している商業用純正チタニウム素材によってロッドを作る方法はビレットの同チャンネル角度圧がT≦450℃で全蓄積ひずみが е ・ 4であることにより、ビレットの塑性変形を厳しく行い、それに続く、序所に温度を450…350℃の幅で落としていく温度温度機械処理と、圧の幅で40から80%のゆがみの度合いに塑性変形に加える。

概要

背景

発明の背景
1.発明のフィールド
[0002]現在の発明は、特に、チタニウムとその合金手術整形外科外傷学、または歯学に使われる医学用インプラント、さらに、製作過程物質の形成の作成時に、特定の機械学、生物医学の分野にに使用することによって、超微細粒組織(UFG)とナノ構造材料に関連し、力学的、生物医学的特徴が改良される件に関するものである。

2.従来の技術の説明
[0003]すでに理解されているとおり、インプラントの強度、信頼性、耐久性は、インプラントが作られた物質の化学成分と機械的、そして、生物医学的特徴に左右さる。同時に、特定の物質の微細構造が強度、可塑性、疲労、腐食性の鍵を担っている事に関しては、すでに事実として確立されている。どのような処理方法をとったかによって、微性構造組織、大きさ、粒の形、失見当境界線転位濃度、他の結晶格子欠陥等にいくつかの段階を持たせることが可能になる。(M.A. Shtremel, Strength of Alloys, part 1: Lattice defects, 280 pp, Moscow, Metallurgy, 1982; M.A. Shtremel, Strength of Alloys, part 2: Deformation, Moscow,MISiS, 1997, 527 pp., pp82-113).
[0004]商業用としての純正チタニウムは生物学的適合性の高さのため、歯学と外傷学ではすでに広くインプラントの素材として製造に使わている。(D.M. Brunette, P. Tengvall, M. Textor, P. Thomsen, "Titanium in medicine", Springer, 2001, 1019 pp., pp. 562-570, paragraphs 17.1, 17.2).
[0005]さらに、ロシア特許、 RU 2146535, A61C 8/00, A61L 27/00, of 20.03.2000、はチタニウムから骨内歯学インプラントの製造方法を説明している。商業用の純正チタニウムは高い強度を持ち合わせていないため、インプラントの力学的強度を増すために、何層もの生物活性コーティングが使用されている。コーティングプラズマ噴射を利用し連続して施すことからなる5種類の層から成る。

[0006]改良された力学的力のインプラントは高度のチタニウムが基本の合金を使用することにより可能になる。例えば、2002年10月4日に出版された、特許 KR20020074843, A61L 27/06, A61L 27/00 では、チタニウム合Ti6Al4V, Ti5Al2.5Sn, Ti3Al13V11Cr, Ti15Mo5Zr3Tl 又は Ti6Al12NbTa を使って取り出し可能な人工骨を作成する方法が公開されている。しかしながら、高度チタニウム合金の生物学的適合性の価値は商業用純正チタニウムよりかなり低い。長期使用されるインプラントがそれらの合金によって作られることにより有害物質であるバナジウムクロム人体への影響が考えられる [D.M. Brunette, et al. Ibid]。ゆえに、改良された生物学的適応性があり、最適化したオッセオインテグレーション生体不活性コーティングをしたヒドロキシアバタイトカルシウム骨塩)粉が 800℃ から 1000℃ の真空炉にてインプラントの表面に付けられていなければならない。

[0007]上記の特許で触れているインプラント製作のために使われている純正チタニウムは長期にわたって、人の体の中に入れておくことが可能である。しかしながら、そのデメリットは強度の並さにある。これに関連し、インプラントの強度の特性を改良するために、往々にして、製品の表面や硬さや強さ、金属疲労が改良された高度チタニウム合金に特別な生物学的適合性のあるコーティングにより改良して使用する。チタニウム合金によるインプラントの生物学的適合性は生物学的適合性コーティングをなすことによって得ることができる。全体的にみると、高価なチタニウム合金にさらに生物学的コーティングを製品に施すプロセスを使用することにより、インプラントの原価が上昇する結果となる。

[0008]これは、すでに高角度の境界により金属や合金に独自の強度、柔軟性、疲労耐久の組み合わせをもたらす超微細粒(UFG)組織として知られている。[R.Z. Valiev, I.V. Alexandrov. Bulk nanostructural metallic materials. - M.: IKC “Academkniga”, 2007. - 398 pp.].
[0009]それに加え、技術的には UFG 組織にした商業用純正チタニウムをいくつかの塑性変形技術を組み合わせたものであることは周知のとおりである。 [G.Kh. Sadikova, V.V. Latysh, I.P. Semenova, R.Z. Valiev “Influence of severe plastic deformation and thermo mechanical treatment on the structure and properties of titanium” Metal science and heat treatment of metals, No.11 (605), 2005, pp.31-34]微細構造のビレットクロスセクションは等軸粒六方最密格子(HCG) が最大約 200nm のアルファ相亜結晶粒と高い転位密度いう特徴がある。表示された技術的解決策最大限アナログに近い方法がとられている。

[0010]しかしながら、ビレットの縦断面の組織はいくつかのアルファ相でロッド長さは細長く同じ方向で長さと幅の比(粒の形をした共同作因)が 6:1 であることが調査されている。細長い粒の内域は重に低角度転位境により分裂されている。そのような組織の物質は縦異方性質という特性があり、ビレットのクロスセクションは医療用インプラント寿命には有害な影響がある。

[0011]高強度形成状態商業用純正チタニウムのロッドの処理をする技術 (RU patent No.2175685, C22F 1/18, published on 27.07.2000) は同チャンネル角度圧(ECAP)とそれに続く温度機械による処理を通し改良された微細構造が作られたことが知られている。温度機械による処理は30−90%の度合いの冷温変形インターチェンジ中間体、温度 250℃ から 500℃ で 0.2〜2 時間の最終アニーリングを含む。結果的に、 0.1 μm ほどの粒のサイズの超微細粒構成がロッド型のビレットに形成される。

[0012]この方法で不利な点は、構造内の高度な異方性とロッドの粒の異成分物質として縦形態のプロパティとビレットのクロスセクション、そして、大部分の低角度境である。そのようなものは物質が所有する改良された強度であるが、限界のある柔軟性であり、疲労の問題を十分に取り除くものではない。

概要

UFG組織を施し、機械的改良をし、生物的特性をアルファ相によって得たナノ結晶と粒共有する大きさ 0.1…0.5 μmの六方最密格子と粒の形をした相互に垂直な平面が90%以上の2以下の共同作因と、60%以上の粒が高角度境で周囲の粒から15から90°に混乱している商業用純正チタニウム。素材によってロッドを作る方法はビレットの同チャンネル角度圧がT≦450℃で全蓄積ひずみが е ・ 4であることにより、ビレットの塑性変形を厳しく行い、それに続く、序所に温度を450…350℃の幅で落としていく温度温度機械処理と、圧の幅で40から80%のゆがみの度合いに塑性変形に加える。

目的

[0014]目標の模索と達成は商業用純正チタニウムを粒の特性が体積分率のサイズが 0.1…0.5 μm で、粒の形状共同作因が2以下の共に垂直な面が90%以上の形態であり、 60% 以上の粒は高角度境が隣接している粒との関係が 15〜90℃ に混乱しているのが特徴の六方最密格子によるナノ結晶アルファ相粒生体臨床医学として提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

粒の形のサイズが0.1…0.5 μm であること、共有垂直面が90%以上であり、60%以上の粒が他の粒との関係の中で高角度境粒で、共同作因が2以上でなく、他の粒との関係の中で角度15から90°の間で混沌としているように特別化した商業用純正チタニウム六方最密格子によるアルファ相ナノ結晶粒生体臨床医学用とする。

請求項2

商業用純正チタニウムでロッドを加工する方法は同じチャンネルの角度圧を450℃以下の温度で全体の真蓄積ひずみがе ・ 4 、そして続く温度機械による処理が変形の角度40〜80%の温度処理が序所に温度T = 450…350℃ の幅で下げ、また、ひずみのレートが10-2…10-4 s-1である塑性変形をした商業用純正チタニウムで生体臨床医学によるナノ結晶構成をさせる。

技術分野

0001

関連出願の相互参照
[0001]当申請、WO 2010/047620 A1 (PCT/RU2009/000556) は日本国における国内申請適用期内である2009年10月20日に記入され、2008年10月22日に 2008141956 としてロシア連邦提出された申請が優先されるものである故、どちらの申請も参照を共有するものとする。

背景技術

0002

発明の背景
1.発明のフィールド
[0002]現在の発明は、特に、チタニウムとその合金手術整形外科外傷学、または歯学に使われる医学用インプラント、さらに、製作過程物質の形成の作成時に、特定の機械学、生物医学の分野にに使用することによって、超微細粒組織(UFG)とナノ構造材料に関連し、力学的、生物医学的特徴が改良される件に関するものである。

0003

2.従来の技術の説明
[0003]すでに理解されているとおり、インプラントの強度、信頼性、耐久性は、インプラントが作られた物質の化学成分と機械的、そして、生物医学的特徴に左右さる。同時に、特定の物質の微細構造が強度、可塑性、疲労、腐食性の鍵を担っている事に関しては、すでに事実として確立されている。どのような処理方法をとったかによって、微性構造組織、大きさ、粒の形、失見当境界線転位濃度、他の結晶格子欠陥等にいくつかの段階を持たせることが可能になる。(M.A. Shtremel, Strength of Alloys, part 1: Lattice defects, 280 pp, Moscow, Metallurgy, 1982; M.A. Shtremel, Strength of Alloys, part 2: Deformation, Moscow,MISiS, 1997, 527 pp., pp82-113).
[0004]商業用としての純正チタニウムは生物学的適合性の高さのため、歯学と外傷学ではすでに広くインプラントの素材として製造に使わている。(D.M. Brunette, P. Tengvall, M. Textor, P. Thomsen, "Titanium in medicine", Springer, 2001, 1019 pp., pp. 562-570, paragraphs 17.1, 17.2).
[0005]さらに、ロシア特許、 RU 2146535, A61C 8/00, A61L 27/00, of 20.03.2000、はチタニウムから骨内歯学インプラントの製造方法を説明している。商業用の純正チタニウムは高い強度を持ち合わせていないため、インプラントの力学的強度を増すために、何層もの生物活性コーティングが使用されている。コーティングプラズマ噴射を利用し連続して施すことからなる5種類の層から成る。

0004

[0006]改良された力学的力のインプラントは高度のチタニウムが基本の合金を使用することにより可能になる。例えば、2002年10月4日に出版された、特許 KR20020074843, A61L 27/06, A61L 27/00 では、チタニウム合Ti6Al4V, Ti5Al2.5Sn, Ti3Al13V11Cr, Ti15Mo5Zr3Tl 又は Ti6Al12NbTa を使って取り出し可能な人工骨を作成する方法が公開されている。しかしながら、高度チタニウム合金の生物学的適合性の価値は商業用純正チタニウムよりかなり低い。長期使用されるインプラントがそれらの合金によって作られることにより有害物質であるバナジウムクロム人体への影響が考えられる [D.M. Brunette, et al. Ibid]。ゆえに、改良された生物学的適応性があり、最適化したオッセオインテグレーション生体不活性コーティングをしたヒドロキシアバタイトカルシウム骨塩)粉が 800℃ から 1000℃ の真空炉にてインプラントの表面に付けられていなければならない。

0005

[0007]上記の特許で触れているインプラント製作のために使われている純正チタニウムは長期にわたって、人の体の中に入れておくことが可能である。しかしながら、そのデメリットは強度の並さにある。これに関連し、インプラントの強度の特性を改良するために、往々にして、製品の表面や硬さや強さ、金属疲労が改良された高度チタニウム合金に特別な生物学的適合性のあるコーティングにより改良して使用する。チタニウム合金によるインプラントの生物学的適合性は生物学的適合性コーティングをなすことによって得ることができる。全体的にみると、高価なチタニウム合金にさらに生物学的コーティングを製品に施すプロセスを使用することにより、インプラントの原価が上昇する結果となる。

0006

[0008]これは、すでに高角度の境界により金属や合金に独自の強度、柔軟性、疲労耐久の組み合わせをもたらす超微細粒(UFG)組織として知られている。[R.Z. Valiev, I.V. Alexandrov. Bulk nanostructural metallic materials. - M.: IKC “Academkniga”, 2007. - 398 pp.].
[0009]それに加え、技術的には UFG 組織にした商業用純正チタニウムをいくつかの塑性変形技術を組み合わせたものであることは周知のとおりである。 [G.Kh. Sadikova, V.V. Latysh, I.P. Semenova, R.Z. Valiev “Influence of severe plastic deformation and thermo mechanical treatment on the structure and properties of titanium” Metal science and heat treatment of metals, No.11 (605), 2005, pp.31-34]微細構造のビレットクロスセクションは等軸粒六方最密格子(HCG) が最大約 200nm のアルファ相亜結晶粒と高い転位密度いう特徴がある。表示された技術的解決策最大限アナログに近い方法がとられている。

0007

[0010]しかしながら、ビレットの縦断面の組織はいくつかのアルファ相でロッド長さは細長く同じ方向で長さと幅の比(粒の形をした共同作因)が 6:1 であることが調査されている。細長い粒の内域は重に低角度転位境により分裂されている。そのような組織の物質は縦異方性質という特性があり、ビレットのクロスセクションは医療用インプラント寿命には有害な影響がある。

0008

[0011]高強度形成状態商業用純正チタニウムのロッドの処理をする技術 (RU patent No.2175685, C22F 1/18, published on 27.07.2000) は同チャンネル角度圧(ECAP)とそれに続く温度機械による処理を通し改良された微細構造が作られたことが知られている。温度機械による処理は30−90%の度合いの冷温変形インターチェンジ中間体、温度 250℃ から 500℃ で 0.2〜2 時間の最終アニーリングを含む。結果的に、 0.1 μm ほどの粒のサイズの超微細粒構成がロッド型のビレットに形成される。

0009

[0012]この方法で不利な点は、構造内の高度な異方性とロッドの粒の異成分物質として縦形態のプロパティとビレットのクロスセクション、そして、大部分の低角度境である。そのようなものは物質が所有する改良された強度であるが、限界のある柔軟性であり、疲労の問題を十分に取り除くものではない。

0010

ロシア特許第2146535号
韓国特許第20020074843号公報
ロシア特許第2175685号

先行技術

0011

M.A. Shtremel, Strength of Alloys, part 1: Lattice defects, 280 pp, Moscow, Metallurgy, 1982; M.A. Shtremel, Strength of Alloys, part 2: Deformation, Moscow,MISiS, 1997, 527 pp., pp82-113
D.M. Brunette, P. Tengvall, M. Textor, P. Thomsen, "Titanium in medicine", Springer, 2001, 1019 pp., pp. 562-570, paragraphs 17.1, 17.2
R.Z. Valiev, I.V. Alexandrov. Bulk nanostructural metallic materials. - M.: IKC “Academkniga”, 2007. - 398 pp.
G.Kh. Sadikova, V.V. Latysh, I.P. Semenova, R.Z. Valiev “Influence of severe plastic deformation and thermo mechanical treatment on the structure and properties of titanium” Metal science and heat treatment of metals, No.11 (605), 2005, pp.31-34

0012

簡単な発明の概要
[0013]発明品は商業用チタニウム発展することにより、力学的強度、疲労の過失対抗し、生物医学における領域、つまりは、ナノ結晶構造に関係した改良領域を確保し、更には、そこから効率的な方法によるロッドの作成に発展させる。

0013

[0014]目標の模索と達成は商業用純正チタニウムを粒の特性が体積分率のサイズが 0.1…0.5 μm で、粒の形状共同作因が2以下の共に垂直な面が90%以上の形態であり、 60% 以上の粒は高角度境が隣接している粒との関係が 15〜90℃ に混乱しているのが特徴の六方最密格子によるナノ結晶アルファ相粒生体臨床医学として提供すること。

0014

[0015]目標はロッドを商業用純正チタニウムを生体臨床医学によるナノ結晶構成、つまり、同じチャンネルの角度圧を 450℃ 以下の温度で全体の真蓄積ひずみがе ・ 4、そして続く温度機械による処理が変形の角度 40〜80% の温度機械処理が序所に温度を T = 450…350 ℃ の幅でを下げまたひずみのレートが 10-2…10-4 s-1 である塑性変形ビレットの重度の塑性変形する方法の段階によって与えられている方法で作ることである。

0015

[0016]発明は発明された方法を順守することにより商業用純正チタニウムによって形作られたナノ構造特殊性により高レベルの力学的また疲労のプロパティを可能にする。
[0017]最初に、改良された強度のチタニウムは大変小さい粒のサイズ (0.1…0.5 μm) によって構成されている。それによって、 Hall-Petch比率にのっとって塑性変形による流動応力の増量が与えられる [Large plastic deformations and metal failure. Rybin V.V., M.: Metallurgy, 1986, 224pp.]。多量の強度の増量は高角度粒境が低角度で特別境のものと比べて60%以下を占めているという事実が強度にもっとも貢献している事により達成される [R.Z.Valiev, I.V.Alexandrov. Bulk nanostructured metallic materials. - M.: “Academkniga”, 2007. - 398 pp.]。この事実に基づいて、塑性変形の間(例えば、張力の間)は粒の大きさの幅の間で、高角度境の混乱が、境界スリップ(GBS) で起きるのを可能にする。加えられた変形のメカニズムである GBS は素材に柔軟性を与える [R.Z. Valiev, I.V. lexandrov, ibid.] 事、粒の形状作成の共同作因は2以下(粒の幅と長さの比率は1:2)で物質の表面流動の縦と微量ストレスのレベルが減少するのに効果的である。ゆえに、早期の変形を食い止ることにより物質の損傷が起きるのを防ぐ。上記に書かれている物質の構成の変化は提示された方法による装置で特別な温度形態によってなされる。

0016

[0018]UFG構成による商業用純正チタニウムがもたらす生物学適応性への改良はすでに周知のことである [D.M. Brunette, P.Tengvall, M. Textor, .Thomsen, “Titanium in medicine”, Springer, (2001) p.1019]。

0017

[0019]まとめると、商業用純正チタニウムのナノ結晶構成の形成は、上記のとおり、提示した発明に関する組み合わせは連立して、疲労による過失の脱却を改良によって図り、強度、柔軟性、応答性を増やし、生物学的適応性を増やす。

0018

[0020]これらとほかの目的による発明は添付された図を参照されながら解説読むとさらに理解が明らかになるであろう。

図面の簡単な説明

0019

[0021]図1現行の発明に沿ったロッドの断面図である。
[0022]図2はロッドの微細構造のクロスセクションで撮った写真
[0023]図3はロッドの微細構造のクロスセクションで取られた写真と粒接点イラストにしたもの
[0024]図4は、ロッドの微細構造の縦断面で撮った写真。

0020

発明の細部説明
[0025]商業用純正チタニウムのロッドはビレットとして使用する。ビレットの最初の段階ステージは 450℃ 以下の温度で4圧を加えることにより真蓄積ひずみ е ・ 4 をダイセットの中に ψ=90°の角度をチャンネル交差に作り出す作業を同チャンネル角度圧 (ECAP) を通し行われる。 各圧の後、ビレットは縦軸を構造に均質性を作り出すため時計回りに角度90°で回る。この段階では、主な微細構造におけるリファインはビレットのカサで大きさを変えずに行われる。塑性変形の主要な段階 (最初の ECAP 通過 e=1) では、実際の粒は相似変形を起こさせることにより分裂し細胞は主に、低角度転位境となる。真蓄積ひずみの増加により e=4 (4回目のECAP通過後)に達し、新しい相似が組織に作り出され、このことにより、さらに粒の分裂が起こる。時を同じにして、細胞の転位壁はさらに薄く、規則的になり、転位角度をさらに増すことにより、粒のひとつの中の細胞の組織を変えることに貢献する。ECAP による組織改革の結果、粒/亜結晶粒はチタニウム内に形作られる。組織は非平均性境と高密度境の粒、格子転位、粒のサイズの幅 0.5…0.7 μm という特色を持ったものとなる。

0021

[0026]ECAPの後、ビレットは塑性変形が序所なT=450…350 ℃の間での温度の降下と全蓄積ひずみ(幅、10-2…10-4 s-1 例、原料超塑性が温度の幅の状況と近くなる)が40から80%でによって起きるため、温度機械処理の対象となる。上記における温度域で起きる塑性変形は温感圧延、一軸押出型鍛造の技術で観ることが出来る。塑性変形と熱の組み合わせは ECAP の結果として更なる組織の改革に貢献する。亜結晶粒境の改革により粒境とすることによって、高角度境の共有を増す。新しい粒を作り出すことによって、同じプロセスでのリカバリーダイナミック再結晶により、格子転位密度を下げる。ECAPの後、ビレットは塑性変形が序所なT=450…350 ℃の間での温度の降下と全蓄積ひずみ(幅、10-2…10-4 s-1 例、原料の超塑性が温度の幅の状況と近くなる)が40から80%でによって起きるため、温度機械処理の対象となる。上記における温度域で起きる塑性変形は温感圧延、一軸押出や型鍛造の技術で観ることが出来る。塑性変形と熱の組み合わせはECAPの結果として更なる組織の改革に貢献する。亜結晶粒境の改革により粒境とすることによって、高角度境の共有を増す。新しい粒を作り出すことによって、同じプロセスでのリカバリーとダイナミックな再結晶により、格子転位密度を下げる。

0022

[0027]ゆえに、処置の組み合わせの結果により、商業用純正チタニウム内にナノ結晶構造を形成し、共有する粒の大きさの平均100…500 nm、粒の大きさの率は2以下で互いに垂直な面は最大90%で、60%は高角度境を持つ。

0023

[0028]実際の発明の実施の例。
[0029]ブランドCPグレード4、直径14mm、長さ150mmの商業用純正チタニウムのロッドを実際のビレットとして使用した。このビレットは温度400℃、角度チャンネル交差が ψ=90°ダイセットにて4回プレスというECAPに用いた。各通過後ビレットは縦軸に対して90° で時計回りにまわした。その後、ビレットはダイセットから取り除き、旋盤加工を施し、不必要な層を取り除く段階を経て、室温まで下げた。

0024

[0030]ECAPの後、ビレットはT=450…350 ℃ の幅によるゆっくりとした温度の低下と全蓄積ひずみが80%、ひずみレートが約10-3 s-1の温間圧延により塑性変形を施すため温度機械処理の対象となった。この処置をロッドにした結果、直径〜7mm、長さ〜3000mmが製造された。

0025

[0031]サンプルの微細構造はこのロッドから切り出しJEM−100B顕微鏡を使用し透過型電子顕微鏡法技法によって調べた。サンプルはエレクトロエロージョン技法の助けをかりることでロッドの交差した縦のセクションからプレート形に切り出すことが出来た。薄いフォイルからプレートを作るには、機械をつかって100 μmまで薄くし、それに続いてTenupol-5 (Struers) の機械をつかって過塩素酸(HClO4)、ブルターノル(C4H9OH)、メタノール(СH3OH)の電解液温室にて電解研磨した。

0026

[0032]図1は面XY−ビレットの交差セクションと面ZX−縦セクションのロッドからの切り出し方法を現している。ロッドの微細構造は図2、3の写真によって提示してあり、図4は縦セクションである。図2の(1)は交差セクションのロッドが150nmが平均であり、粒の大きさを見ることができる。図3では(2)で粒が高角度境である(3)トリプルジャンクションを見ることができる。図4はロッドの縦セクションに明確な粒(4)が楕円形をしているのが見える。この幅と長さの比は2:1以下である。

0027

[0033]表は現在の発明の段階を経た商業用純正チタニウムグレード4を使用したロッドから切り出したサンプルを使っての室温での引張テストした。改良された商業用純正チタニウムサンプルの機械による先行技術に基づいたテスト結果の比較のためである[G.Kh. Sadikova, V.V. Latysh, I.P.Semenova, R.Z.Valiev Ibid.]。

0028

[0034]

0029

0030

[0035]表でも見られるように、現在の発明を使ったナノ組織チタニウムの機械的性質は現行の技術によって加工された超細微粒チタニウムより明らかに高い。
[0036]すでに人体の造骨性細胞CRL−11372に従来型粗粒と商業用純正チタニウムのナノ組織のサンプルとTi-6Al-4V合金を移植する実験が行われた。ナノ組織の状況は造骨性細胞の付着が粗粒の状況と比べて眼に見えて高い (応答が76% と15% ) ことがすでに立証された。細胞活動の調査は線維芽細胞集団がナノ組織によってチタニウムの表面に明らかに増えることが分かっている。パーセンテージで言うなら、従来のチタニウムの表面は72時間後に53%が細胞に包まれているが、それに比べて、ナノ組織のチタニウムは87%である[www.timplant.cz]。この調査のポイントはナノ組織のチタニウムが従来の粗粒の状態に比べ、高い骨統合率があるといことである。

実施例

0031

[0037]ゆえに、現在の発明は商業用純正チタニウムにナノ結晶組織を形成することを可能とし、改良された強度、疲労耐久と生物額的適合性約束し、ロッドの形をしたビレットをこの素材で加工することを可能にする。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • DOWAメタルテック株式会社の「 銅合金板材およびその製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】高強度を維持しながら、曲げ加工性に優れ、且つ耐応力腐食割れ性および耐応力緩和特性に優れた安価な銅合金板材およびその製造方法を提供する。【解決手段】7〜32質量%のZnと0.1〜4.5質量%のS... 詳細

  • 東洋紡株式会社の「 神経保護材」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】 本発明は、手術時の操作性、強度、耐キンク性、形状保持力に優れ、神経腫や瘢痕化及びこれに伴うと考えられる痛み、しびれを抑制する効果を期待できる神経保護材を提供する。【解決手段】生体吸収性高分... 詳細

  • 国立研究開発法人理化学研究所の「 網膜組織の製造方法」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題・解決手段】本発明は、視細胞前駆細胞及び/又は視細胞を含む神経網膜組織における神経節細胞、アマクリン細胞、水平細胞、及び/又は双極細胞の分化抑制方法等を提供することを課題とする。神経網膜前駆細胞... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ