図面 (/)

技術 消火装置の付設した電池充放電設備及び電池充放電設備の消火方法

出願人 日鉄住金テックスエンジ株式会社
発明者 木瀬徳昭山口伸二島田道治
出願日 2011年6月2日 (9年6ヶ月経過) 出願番号 2011-124449
公開日 2012年12月20日 (8年0ヶ月経過) 公開番号 2012-249803
状態 特許登録済
技術分野 防災 電池等の充放電回路
主要キーワード チャンバー空間 長尺パイプ 煙センサー 消火ガス 立体倉庫 自動消火 ケーブルベア 消火装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年12月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (3)

課題

充放電中電池火災が生じた場合でも、消火に伴う被害を最小限に抑えて、効率的に電池の消火を行う消火装置付設した電池充放電設備及び電池充放電設備の消火方法を提供する。。

解決手段

スタッカークレーン13によって電池19が搬送される各試験棚16に火災検知センサー21、22を配置し、スタッカークレーン13にガス噴射式の一次消火器を設け、試験棚16の一つに水没槽30を設け、火災検知センサー21、22によって電池19の火災を検知した場合は、一次消火器で消火を行い、この一次消火器を使って消火を行っても電池19の火災が鎮火しない場合には、スタッカークレーン13を用いて電池19を水没槽30まで搬送して二次消火を行う。

概要

背景

例えば、特許文献1には、電池充放電する治具等をチャンバー空間に配置し、火災が発生した場合には、チャンバー空間に外部から導入した消火剤噴射させる長尺パイプを配置することが記載されている。

概要

充放電中の電池に火災が生じた場合でも、消火に伴う被害を最小限に抑えて、効率的に電池の消火を行う消火装置付設した電池充放電設備及び電池充放電設備の消火方法を提供する。。スタッカークレーン13によって電池19が搬送される各試験棚16に火災検知センサー21、22を配置し、スタッカークレーン13にガス噴射式の一次消火器を設け、試験棚16の一つに水没槽30を設け、火災検知センサー21、22によって電池19の火災を検知した場合は、一次消火器で消火を行い、この一次消火器を使って消火を行っても電池19の火災が鎮火しない場合には、スタッカークレーン13を用いて電池19を水没槽30まで搬送して二次消火を行う。

目的

本発明は、かかる事情に鑑みてなされたもので、充放電中の電池に火災が生じた場合でも、消火に伴う被害を最小限に抑えて、効率的に電池の消火を行う消火装置の付設した電池充放電設備及び電池充放電設備の消火方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

搬送ローダーを上下及び左右に移動させるスタッカークレーンと、該スタッカークレーンの前後に設けられた試験棚とを有し、前記スタッカークレーンによって、前記搬送ローダーにパレットを介して載った電池を、前後に設けられた前記試験棚に載せる電池充放電設備であって、1)前記各試験棚に火災検知センサーを配置し、2)前記スタッカークレーンにガス噴射式の一次消火器を設け、3)前記試験棚の一つに水没槽を設け、前記火災検知センサーによって前記電池の火災を検知した場合は、前記一次消火器で消火を行い、該一次消火器を使って消火を行っても前記電池の火災が鎮火しない場合には、前記スタッカークレーンを用いて前記火災が発生した電池を前記水没槽まで搬送して該水没槽に入れて二次消火を行うことを特徴とする消火装置付設した電池充放電設備。

請求項2

請求項1記載の消火装置の付設した電池充放電設備において、前記一次消火器のガス供給源は、前記スタッカークレーンの取付けられ、前記搬送ローダーにガス噴出口が設けられ、該噴出口と前記ガス供給源はホースによって連結されていることを特徴とする消火装置の付設した電池充放電設備。

請求項3

請求項1又は2記載の消火装置の付設した電池充放電設備において、前記火災検知センサーは、温度センサー及び煙センサーのいずれか1又は2によって形成されていることを特徴とする消火装置の付設した電池充放電設備。

請求項4

搬送ローダーを上下及び左右に移動させるスタッカークレーンと、該スタッカークレーンの前後に設けられた試験棚とを有し、前記スタッカークレーンによって、前記搬送ローダーに載った電池を、前後に設けられた前記試験棚に載せる電池充放電設備の消火方法であって、1)前記各試験棚に火災検知センサーを配置し、2)前記スタッカークレーンにガス噴射式の一次消火器を設け、3)前記試験棚の一つに水没槽を設け、前記火災検知センサーによって前記電池の火災を検知した場合は、前記一次消火器で消火を行い、この一次消火を行っても前記電池の火災が鎮火しない場合には、前記スタッカークレーンを用いて前記火災が発生した電池を前記水没槽まで搬送して二次消火を行うことを特徴とする電池充放電設備の消火方法。

技術分野

0001

本発明は、二次電池充放電する場合に発生する火災消火する装置を備えた消火装置付設した電池充放電設備及び電池充放電設備の消火方法に関する。

背景技術

0002

例えば、特許文献1には、電池を充放電する治具等をチャンバー空間に配置し、火災が発生した場合には、チャンバー空間に外部から導入した消火剤噴射させる長尺パイプを配置することが記載されている。

先行技術

0003

特開2003−190312号公報

発明が解決しようとする課題

0004

しかしながら、特許文献1記載の技術は、チャンバー空間内電池充放電用の治具を配置した場合であって、チャンバー空間内だけの消火を行えばよいので、比較的簡単であるが、通常の電池の充放電は、複数の電池が開放された空間に配置された状態で行われている。そして、電池の充放電中に火災が起こった場合には、消火剤を吹き付けて消火を行っているが、これでは、充放電中の電池が使用不可能となるという問題がある。

0005

本発明は、かかる事情に鑑みてなされたもので、充放電中の電池に火災が生じた場合でも、消火に伴う被害を最小限に抑えて、効率的に電池の消火を行う消火装置の付設した電池充放電設備及び電池充放電設備の消火方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0006

前記目的に沿う第1の発明に係る消火装置の付設した電池充放電設備は、搬送ローダーを上下及び左右に移動させるスタッカークレーンと、該スタッカークレーンの前後に設けられた試験棚とを有し、前記スタッカークレーンによって、前記搬送ローダーにパレットを介して載った電池を、前後に設けられた前記試験棚に載せる電池充放電設備であって、
1)前記各試験棚に火災検知センサーを配置し、2)前記スタッカークレーンにガス噴射式の一次消火器を設け、3)前記試験棚の一つに水没槽を設け、前記火災検知センサーによって前記電池の火災を検知した場合は、前記一次消火器で消火を行い、該一次消火器を使って消火を行っても前記電池の火災が鎮火しない場合には、前記スタッカークレーンを用いて前記火災が発生した電池を前記水没槽まで搬送して該水没槽に入れて二次消火を行っている。

0007

ここで、第1の発明に係る消火装置の付設した電池充放電設備において、前記一次消火器のガス供給源は、前記スタッカークレーンの取付けられ、前記搬送ローダーにガス噴出口が設けられ、該噴出口と前記ガス供給源はホースによって連結されているのが好ましい。

0008

また、第1の発明に係る消火装置の付設した電池充放電設備において、前記火災検知センサーは、温度センサー及び煙センサーのいずれか1又は2によって形成されているのが好ましい。

0009

そして、第2の発明に係る消火装置の付設した電池充放電設備の消火方法は、搬送ローダーを上下及び左右に移動させるスタッカークレーンと、該スタッカークレーンの前後に設けられた試験棚とを有し、前記スタッカークレーンによって、前記搬送ローダーに載った電池を、前後に設けられた前記試験棚に載せる電池充放電設備の消火方法であって、
1)前記各試験棚に火災検知センサーを配置し、2)前記スタッカークレーンにガス噴射式の一次消火器を設け、3)前記試験棚の一つに水没槽を設け、前記火災検知センサーによって前記電池の火災を検知した場合は、前記一次消火器で消火を行い、この一次消火を行っても前記電池の火災が鎮火しない場合には、前記スタッカークレーンを用いて前記火災が発生した電池を前記水没槽まで搬送して二次消火を行う。

発明の効果

0010

本発明に係る電池充電設備及びその消火方法において、一次消火にガス噴射式の一次消火器を使用しているので、一次消火で火災が鎮火した場合には、充放電装置及び電池の被害は最小で済む。そして、一次消火で鎮火しない場合は、スタッカークレーンによって火災が発生した電池を水没槽に搬送し鎮火するので、確実な鎮火が可能となる。

図面の簡単な説明

0011

(A)は本発明の一実施の形態に係る消火装置の付設した電池充放電設備の平面図、(B)は同正面図である。
同電池充放電設備で火災が発生した場合の消火方法を示すフロー図である。

実施例

0012

続いて、添付した図面を参照しながら、本発明を具体化した実施の形態について説明する。
図1(A)、(B)に示すように、本発明の一実施の形態に係る消火装置の付設した電池充放電設備10は、上下のレール11、12に沿って左右に走行するスタッカークレーン13と、スタッカークレーン13の前後に立体倉庫と同様な構造となって配置される試験棚群14、15を有している。試験棚群14、15はそれぞれ上下左右に複数の試験棚16を有している。

0013

スタッカークレーン13は搬送ローダー17を備え、搬送ローダー17を上下及び左右に移動させて、パレット(載置台)18に載った電池(通常、複数)19を各試験棚16に搬送し、各試験棚16には電池19に充電及び放電を行う試験装置を備えて、各電池19に必要な試験を行うことができるようになっている。
また、各試験棚16には、火災検知センサーの一例である熱電対(温度センサー)21と煙センサー22が設けられている。

0014

スタッカークレーン13の櫓の下部(又は中間部)には、ガス(窒素又は炭酸ガス)によって火災の消火を行うガス噴射式の一次消火器のガス供給源(例えば、ボンベ)23、24が設けられ、搬送ローダー17の前後にはそれぞれガスの噴出ノズル(噴出口)25、26を有している。ガス供給源23、24と噴出ノズル25、26とはそれぞれ図示しない電磁弁とホース27、28を介して連結され、それぞれの電磁弁を開くことによって、ガス供給源23、24からの消火ガスが、噴出ノズル25、26から、所定の試験棚16に向かって吹き出すようになっている。

0015

ここで、ガス供給源23、24と噴出ノズル25、26、電磁弁とホース27、28を有して一次消火器が構成されている。即ち、一次消火器はスタッカークレーン13に設けられている。また、ホース27、28はホース27、28が縺れたり無用湾曲しないように、ケーブルベア登録商標)を用いて、配管されている。一方、試験棚群14、15のうち1つの試験棚16には水没槽30が配置され、搬送ローダー17によって運ばれた電池19を、スタッカークレーン13を使って水没槽30迄搬送し、必要な場合、電池19をこの水没槽30に投入することができる構造となっている。この水没槽30には消火用の水が充満されている。

0016

熱電対21と煙センサー22の信号は図示しない制御装置に入力され、この制御装置からの信号が噴出ノズル25、26から消火ガスを発生させる電磁弁を必要な場合作動させるようになっている。また、この制御装置はスタッカークレーン13の制御装置と連携し、必要な場合、スタッカークレーン13を用いて、所定の試験棚16にある電池19を取り出して水没槽30まで搬送できる構造となっている。

0017

続いて、図2を参照しながら、本発明の一実施の形態に係る消火装置の付設した電池充放電設備10の作用、即ち、電池充電設備の消火方法について説明する。
熱電対21又は煙センサー22で電池19に異常が発生(例えば、温度上昇発煙等)したことを検知する(ステップS1)と、一次消火器(即ち、自動消火ユニット)が作動し、電池19に炭酸ガス又は窒素ガスを吹き付ける(ステップS2)。具体的には、熱電対21又は煙センサー22で特定の試験棚16の電池19の異常を検知すると、その場所に搬送ローダー17が移動し、搬送ローダー17に設けられている噴出ノズル25、26のいずれか一方から消火ガスを対象となる電池19に向かって噴射する。

0018

なお、ここで、搬送ローダー17にビデオカメラWebカメラ)を設け、異常が発生した電池19を外部から視認できるようにしてもよい。また、ビデオカメラは各試験棚16にそれぞれ配置することもできる。この一次消火によって電池19の火災が鎮火した場合には、電池19は損傷を受けないことになるので、そのまま(又は一部を)使用できる(ステップS3)。

0019

一方、ステップS2で一次消火を行っても、熱電対21による温度が下がらない場合、煙センサー22による煙の発生が止まらない場合、ビデオカメラで視認して火災が継続している場合においては、電池19の異常が継続していると判断し(ステップS4)、搬送ローダー17が該当電池19を取り出し、水没槽30まで搬送し、水没槽30に沈める(ステップS5)二次消火を行う。この場合、電池19は廃棄処分となる(ステップS6)。

0020

本発明は前記した実施の形態に限定されるものではなく、本発明の要旨を変更しない限り、その他の装置又は方法を用いることができる。
また、前記実施の形態においては、電池19の火災の検知には熱電対21又は煙センサー22を用いたが、その他のセンサー(例えば、光温度計)、赤外線センサー等を使用することもできる。

0021

10:消火装置の付設した電池充放電設備、11、12:レール、13:スタッカークレーン、14、15:試験棚群、16:試験棚、17:搬送ローダー、18:パレット、19:電池、21:熱電対、22:煙センサー、23、24:ガス供給源、25、26:噴出ノズル、27、28:ホース、30:水没槽

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社AOIの「 仮設用衝撃吸収冶具」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】作業者が落下するなどして支柱等を介して大きな衝撃力が加わった場合でも作業者が受けるダメージを小さく抑えることが可能な仮設用衝撃吸収冶具を提供する。【解決手段】本発明の仮設用衝撃吸収冶具1は、仮... 詳細

  • 三菱ロジスネクスト株式会社の「 無人飛行体用給電システムおよび制御装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】無人飛行体の稼働時間を向上できる無人飛行体用給電システムおよび制御装置を提供する。【解決手段】無人飛行体用給電システムは、荷役を行う複数の荷役車両と、荷役の支援を行う無人飛行体としてのドローン... 詳細

  • コリアギョンギド株式会社の「 消火器ホルダ」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】空間活用に優れ、消火器が備え付けられた位置をユーザーが容易に識別できる消火器ホルダを提供する。【解決手段】本発明の一実施例に係る消火器ホルダ100は、天井に固定手段30を介して固定されるように... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ