図面 (/)

技術 健康食品及び加工食品

出願人 塚本知津子
発明者 塚本知津子
出願日 2011年5月6日 (9年7ヶ月経過) 出願番号 2011-103407
公開日 2012年11月29日 (8年1ヶ月経過) 公開番号 2012-231754
状態 拒絶査定
技術分野 果実または野菜の調製 食品の着色及び栄養改善
主要キーワード 試作段階 出来立て 微塵切り フードプロセッサ ちぎり 検査指 ピューレ状 加熱殺菌処理後
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年11月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

複数の生野菜果実からなり、調味料が未添加ながら食し易い味に整えられた、生のまま食することができる身体によい健康食品を提供する。

解決手段

本発明に係る健康食品は、エゴマ大葉パセリレタス、あく抜きをしたモロヘイヤびりんごからなり、これらが微塵切り及び/又はペースト状に加工されており、調味料が一切添加されていないにも関わらず食し易い味となっている。この健康食品は、生のまま食することができ、モニターテストの結果、晩1回、食することで、食欲増進便通改善、風邪をひきにくくなるなどの効果があった。

概要

背景

今日、野菜を含め各種食材の有する成分、効能などがよく知られるようになり、健康維持、健康増進等に役立つ野菜、食材が広く食されている。例えば、モロヘイヤは、カロテンビタミンEビタミンCを多く含むのでガン予防効果が大きいと言われている(例えば非特許文献1参照)。このような体によいとされる複数の野菜、食材を組み合わせた加工食品、健康食品も多く提案され、一部の食品は商品化されている。例えば、緑黄色野菜すりつぶしジュースとしたもの、又はこれらを乾燥させ粉末状、錠剤としたもの、さらには複数の野菜をカットサラダ用としたものなどがある(例えば特許文献1参照)。また、はと麦、よもぎなど自然素材複数組み合わせてなる健康食品も多く提案されている(例えば特許文献2、3参照)。

概要

複数の生野菜果実からなり、調味料が未添加ながら食し易い味に整えられた、生のまま食することができる身体によい健康食品を提供する。本発明に係る健康食品は、エゴマ大葉パセリレタス、あく抜きをしたモロヘイヤ及びりんごからなり、これらが微塵切り及び/又はペースト状に加工されており、調味料が一切添加されていないにも関わらず食し易い味となっている。この健康食品は、生のまま食することができ、モニターテストの結果、晩1回、食することで、食欲増進便通改善、風邪をひきにくくなるなどの効果があった。なし

目的

本発明の目的は、複数の生野菜、果実からなり、調味料が未添加ながら食し易い味に整えられ生のまま食することができる健康食品を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

調味料を加えることなく食し易い味に調えられ生のまま食することができる、複数の生野菜及び果実からなる健康食品であって、エゴマ大葉パセリレタス、あく抜きをしたモロヘイヤびりんごからなり、これらが微塵切り及び/又はペースト状に加工されている健康食品。

請求項2

エゴマ、大葉、パセリ、レタス、モロヘイヤ及びりんごの重量比が、1:0.5〜1.2:0.4〜1.2:15〜40:1.0〜3.5:20〜70である請求項1に記載の健康食品。

請求項3

前記レタスがグリーンリーフである請求項1又は2に記載の健康食品。

請求項4

加熱殺菌処理が施された請求項1から3のいずれか1に記載の健康食品。

請求項5

加熱殺菌処理後冷凍処理が施された請求項1から4のいずれか1に記載の健康食品。

請求項6

請求項1から5のいずれか1に記載の健康食品を含む加工食品

技術分野

0001

本発明は、複数の生野菜果実が加工され生のまま食することができる健康食品、該健康食品を含む加工食品に関する。

背景技術

0002

今日、野菜を含め各種食材の有する成分、効能などがよく知られるようになり、健康維持、健康増進等に役立つ野菜、食材が広く食されている。例えば、モロヘイヤは、カロテンビタミンEビタミンCを多く含むのでガン予防効果が大きいと言われている(例えば非特許文献1参照)。このような体によいとされる複数の野菜、食材を組み合わせた加工食品、健康食品も多く提案され、一部の食品は商品化されている。例えば、緑黄色野菜すりつぶしジュースとしたもの、又はこれらを乾燥させ粉末状、錠剤としたもの、さらには複数の野菜をカットサラダ用としたものなどがある(例えば特許文献1参照)。また、はと麦、よもぎなど自然素材複数組み合わせてなる健康食品も多く提案されている(例えば特許文献2、3参照)。

0003

特開2008−271882号公報
特許第3489095号公報
特許第3207326号公報

先行技術

0004

山口米子,大緑,野菜の効用事典,真珠書院,2005,p161

発明が解決しようとする課題

0005

これまでの野菜、自然素材を組み合わせた健康食品、加工食品は、一度に複数の栄養をバランスよく取ることができるようにした、効能を主に開発されたものが多い。加工食品、健康食品を多くの人に食してもらうには、効能に優れることはもちろんであるが、味がよく食し易いこと、さらには匂い、色味も非常に重要である。一方、体によいとされる非常に多くの野菜、自然素材の中から必要な野菜、自然素材を選択しこれらを組み合せ、効能のみならず食し易い味、さらには見た目のよい色にすることは容易でない。このためこれまでの野菜、自然素材を組み合わせた加工食品においては、味、色味を整えるために調味料添加剤が加えられることが多い。調味料、添加剤が添加されていない健康食品、加工食品も販売されているが、これらは体によいとされる複数の野菜、自然素材を単に組み合わせたものも多く、味、色味さらには匂いがよいとは言い難いものが多い。また従来の加工食品、健康食品は、乾燥、粉末状とし、これを水、湯に溶かして飲むものが多く、生のまま食するものは非常に少ない。さらに加工食品、健康食品を広く普及させるには、食材が年間を通じて安定的に入手できることも必要であり、コストも安価であることが好ましい。

0006

本発明の目的は、複数の生野菜、果実からなり、調味料が未添加ながら食し易い味に整えられ生のまま食することができる健康食品を提供することである。

課題を解決するための手段

0007

本発明は、調味料を加えることなく食し易い味に調えられ生のまま食することができる、複数の生野菜及び果実からなる健康食品であって、エゴマ大葉パセリレタス、あく抜きをしたモロヘイヤ及びりんごからなり、これらが微塵切り及び/又はペースト状に加工されている健康食品である。

0008

本発明の健康食品において、エゴマ、大葉、パセリ、レタス、モロヘイヤ及びりんごの重量比が、1:0.5〜1.2:0.4〜1.2:15〜40:1.0〜3.5:20〜70であることが好ましい。

0009

また本発明の健康食品において、前記レタスがグリーンリーフであることが好ましい。

0010

また本発明の健康食品は、加熱殺菌処理が施されていてもよい。

0011

また本発明の健康食品は、加熱殺菌処理後冷凍処理が施されていてもよい。

0012

また本発明の健康食品を他の食材に加え加工食品としてもよい。

発明の効果

0013

本発明に係る健康食品は、調味料が未添加ながら食し易い味に整えられた複数の生野菜、果実からなる、生のまま食することができる食品であり、これを食することで健康を維持し又は増進することができる。また本発明に係る健康食品は、くせのない食し易い味を有し、微塵切り及び/又はペースト状であるので、他の食材に加え易く、本発明に係る健康食品を他の食材に加え、これを食することで健康を維持し又は増進することができる。

0014

本発明に係る健康食品は、エゴマ、大葉、パセリ、レタス、あく抜きをしたモロヘイヤ及びりんごからなり、これらが微塵切り及び/又はペースト状に加工されている。これらは一切調味料を加えていないにも関わらず食し易い味に整えられており、生のまま食することができる。以下、本発明に係る健康食品の基本的製造方法について説明する。なお、ペースト状は、ピューレ状言い換えることができる。

0015

使用する材料は、エゴマ、大葉、パセリ、レタス、モロヘイヤ及びりんごの計6種類であり、どれ一つ欠くことはできない。エゴマと大葉は共にシソ科に属し、味、効能なども似ているが、試作段階で、エゴマ及び大葉のいずれか一方をなくし、他方の量を増やすことで代用を試みたが、良好な結果は得られなかった。パセリはの部分を除いた葉の部分を使用する。レタスは、緑鮮やかであり、年間を通じて入手しやすく、低価格であるものが好ましく、この点でグリーンリーフは好ましい。レタスは、匂い及び味にくせがないので、レタスを加えることで、エゴマ、パセリ、大葉、モロヘイヤの独特の味及び匂いを和らげることができる。エゴマ、パセリ、大葉、モロヘイヤの独特の味及び匂いを和らげる点では、キャベツを代用することも考えられるが、レタスに比較して固く、実際にレタスに代えキャベツを用いた試作品試食した結果、食し易いものではなかった。また、キャベツは、外側の葉と内側の葉の色が異なるので、製造した健康食品の色が異なることが想定され、色の点からも好ましいとは言い難い。モロヘイヤも、茎の部分を除いた葉の部分を使用する。モロヘイヤは、健康維持、増進に多いに役立つことは言うまでもないが、とろみ付けの役目を果たす。とろみが減ると食しにくく、また水っぽくなる。オクラでもとろみを出すことはできるが、種があるためモロヘイヤの方が好ましい。りんごは、サンふじ(登録商標)、ジョナゴールドなど甘味の強い品種のものが好ましい。

0016

モロヘイヤ及びりんごは、あく抜きをして使用する。あく抜きが不十分だとえぐみが残り食し難いので、あく抜きは十分に行う。モロヘイヤは水又は塩水で、りんごは塩水であく抜きを行うが、このとき変色しないようにする。変色してしまうと、出来上がった健康食品の色が悪くなり好ましくない。またパセリは、加熱殺菌の点から湯通しすることが好ましい。

0017

各材料の重量割合は、エゴマ、大葉、パセリ、レタス、モロヘイヤ及びりんごの重量比が、1:0.5〜1.2:0.4〜1.2:15〜40:1.0〜3.5:20〜70が好ましく、この重量割合であれば、体によいとされる各種成分を十分に取ることができ、さらに味も食べやすい味となる。より好ましくは先の重量比が1:0.7〜1.0:0.4〜0.7:15〜25:2〜3.5:40〜60である。エゴマ、大葉、パセリ、モロヘイヤの重量比に対して、レタス及びりんごの割合が高くなっている。エゴマ、パセリ、大葉、モロヘイヤは独特の匂い及び味を有するのに対し、レタスは、匂い及び味にくせがなく、エゴマ、パセリ、大葉、モロヘイヤにレタスを加えることで匂い及び味がまろやかになる。またりんごは、甘味を付加し全体の味を調える。レタス及びりんごの割合が少なすぎると、エゴマ+パセリ+大葉+モロヘイヤの匂い及び味が強すぎて食べにくい。一方、レタス及びりんごの割合が多くなり過ぎると、エゴマ+パセリ+大葉+モロヘイヤの含有量が少なくなり好ましくない。

0018

上記材料は、すべてフードプロセッサ等で微塵切り及び/又はペースト状に加工し、均一に混ぜ合わせる。微塵切り及び/又はペースト状の大きさは、約3mm以下が好ましいが、必ずしも完全にペースト状とする必要はなく、2〜3mm程度の大きさのものが含まれていてもよい。ただし、カット野菜のように比較的大きくカットすると、後述の各種効果が出にくかった。フードプロセッサ等で微塵切り及び/又はペースト状に加工する過程で、10〜20mm程度の大きさで厚さの薄いものが含まれることがあるが、数が少なければわざわざ取り除かなくてもよい。

0019

本発明に係る健康食品の製造手順の一例を示す。上記重量割合からなるエゴマ、大葉、パセリ及びレタスを水洗いした後、フードプロセッサで微塵切りにする。なおパセリは、一度湯通しをした後に水洗いすることが好ましい。その後、フードプロセッサにあく抜きを行い、3〜4mm程度の大きさに微塵切りしたモロヘイヤを投入し、エゴマ等とモロヘイヤとを均一にする。リンゴは、皮をむき、芯を取り除き、あく抜きした後、別途、フードプロセッサでペースト状とする。最後に微塵切りにしたエゴマ等とペースト状のりんごとをよくかき混ぜる。

0020

上記要領で製造された健康食品は、3mm以下の大きさの固形分を含み、全体的に少し粘り気がある。色は緑又は深緑色であり、味は若干の甘味と塩味を呈し、エゴマ、大葉、パセリ、モロヘイヤの味及び匂いが抑えられ、調味料を一切加えていないにも関わらず食べやすい味となっている。塩味は、りんごのあく抜きの際に使用する塩水によるものである。この健康食品は、食べやすい味となっているので、基本的にはそのまま、晩それぞれ大さじ2〜3程度食すればよい。またこの健康食品は、くせのない食し易い味を有し、3mm以下の大きさの固形分を含み、全体的に少し粘り気があり、さらに色味も緑色であるので、他の食材とも合わせ易い。例えば、佃煮様にごはんと一緒に食してもよく、むすびの具材としてもよい。またお漬けの素として使用することも、ジャムの代わりにパンに付け食しても、さらにはスパゲッティに混ぜてもよい。また、ヨーグルト牛乳野菜ジュース等に混ぜてもよい。

0021

このような健康食品は、後述の実施例で示すように多くの人に試食してもらったところ、食欲増進、肌つやがよくなる、体温を上げる、体が温まる、便通が良くなる、ダイエット効果がある、利尿作用しもやけが出ない、風邪をひきにくくなる、喘息が出なくなるなどの効果があった。

0022

本発明の健康食品は、出来立てをそのまま食することができることは、上記の通りであるが、更に加熱殺菌処理を行ってもよい。加熱殺菌処理の方法は、特定の方法に限定されず、従来から用いられている加熱殺菌処理方法を使用すればよい。例えば密閉容器パック)に上記健康食品を充填し、湯に漬け80℃で1分間程度加熱処理すればよい。80℃、1分間加熱殺菌処理した健康食品は、食品衛生検査指針に則り検査した結果、一般細菌は300個/g以下であった。

0023

さらに加熱殺菌処理後、冷凍処理してもよく、これらにより保存性を向上させることができる。健康食品を加熱殺菌処理しても味、色、匂いの変化は殆どなかった。また加熱殺菌処理後、冷凍処理した健康食品を解凍した物も、味、色、匂いの変化は殆どなく、が出て水っぽくなることもなかった。

0024

本発明の健康食品は、必要に応じて調味料を加えてもよい。また、味、色、匂いなど本発明の健康食品の特性を阻害しない範囲で、他の素材を添加してもよい。

0025

以下、実施例を示すが、本発明は以下の実施例に限定されるものではない。

0026

使用した食材は次の通りである。
(1)エゴマ−約15g:15枚。(2)大葉−約10〜15g:15枚。(3)パセリ−約7〜10g:葉の部分のみ。(4)グリーンリーフ−約250g。(5)モロヘイヤ−約30g:葉の部分を使用。(6)りんご−約850g(皮をむいた後):品種−サンふじ(登録商標)

0027

まず、モロヘイヤ及びりんごのあく抜きを行った。約600ccの水に小さじ1杯の塩を入れこれを沸騰させた。この中に5〜10秒間モロヘイヤをくぐらせ、その後、直ちに引き上げ氷水に漬け冷やした後、引き上げ水を切った。あく抜きをしたモロヘイヤは、3mm程度の大きさに微塵切りした。りんごは、皮をむき4つ切りにし、芯を取り除いた後、1Lの水に大さじ2杯の塩を入れた塩水に3時間以上漬けた。このときりんごが浮き上がるので、ラップで蓋をし、変色を防いだ。

0028

エゴマ、大葉、グリーンリーフを水洗いし、パセリは軽く湯通しをした後に水洗いし、これらを手で小さくちぎりフードプロセッサへ投入し、約15分間かけて約2mm以下の大きさとした。その後、あく抜きを行い微塵切りにしたモロヘイヤを加え、5秒間程度フードプロセッサにかけた後、ボールへ取り出した。同様に、フードプロセッサであく抜きをしたりんごを、5分間程度かけてペースト状とした。その後、ペースト状のりんごをボールへ移し、微塵切りにしたエゴマ等とペースト状のりんごとをよくかき混ぜ、健康食品を得た。得られた健康食品は、全体的に少し粘り気があり、色は緑であり、味は若干の甘味、塩味を呈し、エゴマ、大葉、パセリ、モロヘイヤの味及び匂いが抑えられ、調味料を一切加えていないにも関わらず食べやすい味となっていた。

0029

10代〜80代の、計27人にモニターとなってもらい、最長で4年以上、基本的に毎日、朝晩1回大さじ2〜3杯、本健康食品を食してもらった。モニターの代表的な感想体調を表1及び表2に示した。病気を患っている人にとって、食事は病気を治していく上でも非常に重要であり十分な食事を取ることが望ましいが、病気の種類によっては食欲がひどく減退し、さらに味、匂いに敏感となり、全く口にできないことも多い。特に抗がん剤服用している病人の場合、食欲がないことが多いが、本発明に係る健康食品は、抗がん剤を服用している病人、末期がん患者も比較的容易に口にすることができた。

0030

実施例

0031

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ