図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2012年11月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

直接圧縮するのに適したエスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子を提供すること。

解決手段

少なくとも40μmの粒度を有するエスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子が開示される。前記結晶性粒子の製造方法、及び前記結晶性粒子を含む薬学的組成物も開示される。

概要

背景

シタロプラムは、次の構造を有する周知の抗うつ薬である。

この化合物は、選択的中枢作用セロトニン5−ヒドロキシトリプタミン5−HT再取り込み阻害剤であり、それゆえ、抗うつ活性を有する。

シタロプラムが最初に開示されたのは特許文献1であり、これは特許文献2に対応する。この特許明細書は、一つの方法によりシタロプラムを製造する方法を開示している他、シタロプラムの製造に使用できる更に別の方法を略述している。製造されたシタロプラムは、シュウ酸塩臭化水素酸塩または塩酸塩として結晶性の形で単離されている。更に、シタロプラム塩基が、油性物(B.P.175℃/0.03mmHg)として得られる。上記明細書は、更に、シタロプラムの塩を含む錠剤の製造方法を略述している。シタロプラムは、臭化水素酸塩または塩酸塩として販売されている。

エスシタロプラム、それの薬学的活性及び結晶性エスシタロプラムシュウ酸塩は、特許文献3に開示されている。エスシタロプラムの薬学的調合物の製造方法が略述されている。

シタロプラムは、造粒されたシタロプラム臭化水素酸塩ラクトース及び他の賦形剤圧縮することによって製造される錠剤の形で多くの国で販売されている。

再現可能な組成を有する錠剤の製造には、全ての乾燥成分が良好な流動性を有することが必要であることは広く認識されている事実である。有効成分が良好な流動性を有する場合は、各成分を直接圧縮することによって錠剤を製造できる。しかし、有効物質粒度が小さい多くの場合には、有効物質は凝集性であるかまたは流動性が劣っている。

更に、粒度が小さい有効物質と、それより大きい粒度を有する賦形剤とが混合されたものは、典型的には、錠剤化工程の間に分離もしくは解混合してしまう。

粒度が小さいこと及び流動性が低いことに伴う問題は、従来は、有効物質の粒度を大きくすることによって解決されている。これは、通常は、有効成分を、単独で顆粒化するか、またはフィラー及び/または他の慣用錠剤成分と組み合わせて顆粒化することによって行われる。

このような造粒方法の一つは、“湿式”造粒法である。この方法では、乾燥固形物(有効成分、フィラー、バインダーなど)を混合し、そして水もしくは他の湿潤剤(例えばアルコール)で湿らせ、そしてこの含湿固形物から集塊物または顆粒物を作る。湿式塊状化(wet massing) は、所望の均一な粒度が得られるまで続け、そうした上でその顆粒状製品を乾燥する。

“湿式”造粒法の代替法は“溶融”造粒法である。これは“熱可塑”造粒法とも知られている。この方法では、低融点の固形物を造粒剤として使用する。先ず、乾燥固形物を混合し、そしてバインダーが溶融するまで加熱する。バインダーが液化しそして粒子表面全体に広がると、粒子が互いに粘着して顆粒物を形成する。バインダーは冷却すると固化し、そして乾燥顆粒製品が生成される。

湿式造粒法及び溶融造粒法のどちらも、エネルギー集約的な単位操作であり、これらは、複雑で費用のかかる装置並びに熟練した技術を必要とする。

しかし、有効成分が好適な流動性を有する場合は、造粒段階は避けることができ、より低廉な製造方法である直接圧縮法によって錠剤を製造することができる。

シタロプラム臭化水素酸塩を製造するために使用されている方法は、約2〜20μmの非常に小さい粒度の製品を与え、このような製品は、粒度が小さい他の多くの粒状製品と同じように、流動性が非常に悪い。それゆえ、錠剤化の際にシタロプラム臭化水素酸塩を適切に計量添加し得るようにするためには、より大きな粒度を有するシタロプラム臭化水素酸塩の顆粒物を製造し、流動性を向上させることが必要と考えられていた。

販売されているシタロプラム錠剤は、造粒されたシタロプラム臭化水素酸塩と様々な賦形剤から製造された錠剤である。

本発明者らは、エスシタロプラムが、かなり異なる溶解性及びシタロプラムラセメートからの塩形成性を有することを見出した。例えば、これまで公知の唯一薬学的に結晶性の塩はシュウ酸塩であるが、シタロプラムラセメートは結晶性臭化水素酸塩及び塩酸塩も形成する。

特許文献3に略述されているようにアセトンから結晶化することによって製造されるエスシタロプラムシュウ酸塩製品は、上記のシタロプラム臭化水素酸塩製品と同じように、約2〜20μmの非常に小さな粒度を有し、その結果、同様に流動性に劣る。

造粒工程を含む方法と比べて、直接圧縮する方法の方がかなりより簡単で低廉であるということから、エスシタロプラムまたはそれの薬学的に許容可能な付加塩のより大きな結晶に対する要望がある。

本発明者が鋭意努力して研究したすえ、エスシタロプラムシュウ酸塩のより大きな結晶性粒子、すなわちフィラーの大きさと同じくらいの大きさの粒子を製造できる新規でかつ発明的な結晶化方法が見出された。この粒子は、直接圧縮された錠剤の製造に有用である。また、このような大きな粒子を用いることでカプセル中に正確に計量添加することも可能となる。

概要

直接圧縮するのに適したエスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子を提供すること。少なくとも40μmの粒度を有するエスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子が開示される。前記結晶性粒子の製造方法、及び前記結晶性粒子を含む薬学的組成物も開示される。なし

目的

本発明の課題の一つは、直接圧縮するのに適したエスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エスシタロプラムシュウ酸塩結晶性粒子、及びフィラーを含む医薬組成物であって、前記医薬組成物が、直接圧縮することによって製造される錠剤であり、エスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子のメジアン粒径が、50〜200μmであるとともに前記フィラーのメジアン粒径と同じくらいであることを特徴とする、医薬組成物。

請求項2

前記錠剤がコーティングされていることを特徴とする、請求項1に記載の医薬組成物。

請求項3

バインダーを含まないことを特徴とする、請求項1〜2のいずれかに記載の医薬組成物。

請求項4

エスシタロプラム塩基として計算して有効成分を1〜30%w/wの割合で含むことを特徴とする、請求項1〜3のいずれかに記載の医薬組成物。

請求項5

ラクトース、糖類、リン酸カルシウム類デンプン加工デンプン微結晶性セルロース硫酸カルシウム及び/または炭酸カルシウムから選択されるフィラーを含むことを特徴とする、請求項1〜4のいずれかに記載の医薬組成物。

請求項6

フィラーが微結晶性セルロースであることを特徴とする、請求項5に記載の医薬組成物。

請求項7

フィラーがProSolvSMCC90(商標)として特定される微結晶性セルロースであることを特徴とする、請求項6に記載の医薬組成物。

請求項8

ステアリン酸金属塩マグネシウムカルシウムナトリウム塩)、ステアリン酸ワックス水素化された植物油タルク及びコロイダルシリカから選択される潤滑剤を含むことを特徴とする、請求項1〜7のいずれかに記載の医薬組成物。

請求項9

潤滑剤が、タルク、ステアリン酸マグネシウム及びステアリン酸カルシウムの群から選択される一種または二種以上のものであることを特徴とする、請求項8に記載の医薬組成物。

請求項10

潤滑剤が、タルクとステアリン酸マグネシウムとの組み合わせであることを特徴とする、請求項9に記載の医薬組成物。

請求項11

医薬組成物の重量に基づいて計算してステアリン酸マグネシウムの重量%が、0.4%〜2%の範囲であることを特徴とする、請求項10に記載の医薬組成物。

請求項12

ラクトースを含まないことを特徴とする、請求項1〜11のいずれかに記載の医薬組成物。

請求項13

エスシタロプラムシュウ酸塩10.2重量%、ProSolvSMCC90(商標)79.6重量%、クロスカルメロース3.6重量%及びステアリン酸マグネシウム1.0重量%を含む錠剤心材を含む医薬組成物。

技術分野

0001

本発明は、周知の抗うつ薬であるシタロプラムのS−エナンチオマーである化合物、すなわちエスシタロプラム(INN名)のオキサレート塩、すなわち(S)−1−[3−(ジメチルアミノプロピル]−1−(4−フルオロフェニル)−1,3−ジヒドロ−5−イソベンゾフランカルボニトリルシュウ酸塩結晶性調合物に関する。

背景技術

0002

シタロプラムは、次の構造を有する周知の抗うつ薬である。

0003

0004

この化合物は、選択的中枢作用セロトニン5−ヒドロキシトリプタミン5−HT再取り込み阻害剤であり、それゆえ、抗うつ活性を有する。

0005

シタロプラムが最初に開示されたのは特許文献1であり、これは特許文献2に対応する。この特許明細書は、一つの方法によりシタロプラムを製造する方法を開示している他、シタロプラムの製造に使用できる更に別の方法を略述している。製造されたシタロプラムは、シュウ酸塩、臭化水素酸塩または塩酸塩として結晶性の形で単離されている。更に、シタロプラム塩基が、油性物(B.P.175℃/0.03mmHg)として得られる。上記明細書は、更に、シタロプラムの塩を含む錠剤の製造方法を略述している。シタロプラムは、臭化水素酸塩または塩酸塩として販売されている。

0006

エスシタロプラム、それの薬学的活性及び結晶性エスシタロプラムシュウ酸塩は、特許文献3に開示されている。エスシタロプラムの薬学的調合物の製造方法が略述されている。

0007

シタロプラムは、造粒されたシタロプラム臭化水素酸塩ラクトース及び他の賦形剤圧縮することによって製造される錠剤の形で多くの国で販売されている。

0008

再現可能な組成を有する錠剤の製造には、全ての乾燥成分が良好な流動性を有することが必要であることは広く認識されている事実である。有効成分が良好な流動性を有する場合は、各成分を直接圧縮することによって錠剤を製造できる。しかし、有効物質粒度が小さい多くの場合には、有効物質は凝集性であるかまたは流動性が劣っている。

0009

更に、粒度が小さい有効物質と、それより大きい粒度を有する賦形剤とが混合されたものは、典型的には、錠剤化工程の間に分離もしくは解混合してしまう。

0010

粒度が小さいこと及び流動性が低いことに伴う問題は、従来は、有効物質の粒度を大きくすることによって解決されている。これは、通常は、有効成分を、単独で顆粒化するか、またはフィラー及び/または他の慣用錠剤成分と組み合わせて顆粒化することによって行われる。

0011

このような造粒方法の一つは、“湿式”造粒法である。この方法では、乾燥固形物(有効成分、フィラー、バインダーなど)を混合し、そして水もしくは他の湿潤剤(例えばアルコール)で湿らせ、そしてこの含湿固形物から集塊物または顆粒物を作る。湿式塊状化(wet massing) は、所望の均一な粒度が得られるまで続け、そうした上でその顆粒状製品を乾燥する。

0012

“湿式”造粒法の代替法は“溶融”造粒法である。これは“熱可塑”造粒法とも知られている。この方法では、低融点の固形物を造粒剤として使用する。先ず、乾燥固形物を混合し、そしてバインダーが溶融するまで加熱する。バインダーが液化しそして粒子表面全体に広がると、粒子が互いに粘着して顆粒物を形成する。バインダーは冷却すると固化し、そして乾燥顆粒製品が生成される。

0013

湿式造粒法及び溶融造粒法のどちらも、エネルギー集約的な単位操作であり、これらは、複雑で費用のかかる装置並びに熟練した技術を必要とする。

0014

しかし、有効成分が好適な流動性を有する場合は、造粒段階は避けることができ、より低廉な製造方法である直接圧縮法によって錠剤を製造することができる。

0015

シタロプラム臭化水素酸塩を製造するために使用されている方法は、約2〜20μmの非常に小さい粒度の製品を与え、このような製品は、粒度が小さい他の多くの粒状製品と同じように、流動性が非常に悪い。それゆえ、錠剤化の際にシタロプラム臭化水素酸塩を適切に計量添加し得るようにするためには、より大きな粒度を有するシタロプラム臭化水素酸塩の顆粒物を製造し、流動性を向上させることが必要と考えられていた。

0016

販売されているシタロプラム錠剤は、造粒されたシタロプラム臭化水素酸塩と様々な賦形剤から製造された錠剤である。

0017

本発明者らは、エスシタロプラムが、かなり異なる溶解性及びシタロプラムラセメートからの塩形成性を有することを見出した。例えば、これまで公知の唯一薬学的に結晶性の塩はシュウ酸塩であるが、シタロプラムラセメートは結晶性臭化水素酸塩及び塩酸塩も形成する。

0018

特許文献3に略述されているようにアセトンから結晶化することによって製造されるエスシタロプラムシュウ酸塩製品は、上記のシタロプラム臭化水素酸塩製品と同じように、約2〜20μmの非常に小さな粒度を有し、その結果、同様に流動性に劣る。

0019

造粒工程を含む方法と比べて、直接圧縮する方法の方がかなりより簡単で低廉であるということから、エスシタロプラムまたはそれの薬学的に許容可能な付加塩のより大きな結晶に対する要望がある。

0020

本発明者が鋭意努力して研究したすえ、エスシタロプラムシュウ酸塩のより大きな結晶性粒子、すなわちフィラーの大きさと同じくらいの大きさの粒子を製造できる新規でかつ発明的な結晶化方法が見出された。この粒子は、直接圧縮された錠剤の製造に有用である。また、このような大きな粒子を用いることでカプセル中に正確に計量添加することも可能となる。

先行技術

0021

ドイツ特許第2,657,013号
米国特許第4,136,193号
米国特許第4,943,590号

発明が解決しようとする課題

0022

本発明の課題の一つは、直接圧縮するのに適したエスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子を提供することである。

0023

本発明の第二の課題は、エスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子の製造方法を提供することである。

0024

本発明の第三の課題は、エスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子を含む新規の薬学的単位投薬形を提供することである。この単位投薬形は、錠剤(これは、好ましくは直接圧縮することによって製造することができる)またはカプセルであることができる。

課題を解決するための手段

0025

本発明は、特に、以下の事項を単独でもしくは組み合わせて含む。

0026

少なくとも40μmのメジアン粒径を有しそして固形の単位投薬形に使用するのに好適な、エスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子。

0027

少なくとも40μmのメジアン粒径を有しそして固形単位投薬形に使用するのに好適な、エスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子の製造方法。この方法は、適当な溶剤系中のエスシタロプラムシュウ酸塩の溶液を、第一の温度から第二の温度まで徐冷し、この際、制御された冷却プロフィルを維持しながら行い、なおかつ前記冷却の間に少なくとも一度、エスシタロプラムシュウ酸塩の結晶を添加することによって結晶化バッチ種付けし、その後、上記の第二の温度の保持時間がこれに続き、そうした上で、得られた結晶を、慣用の固形物/液体分離技術によって単離することを含む。

0028

エスシタロプラム塩基またはそれの薬学的に許容可能な塩と薬学的に許容可能な賦形剤との混合物を直接圧縮するか、あるいは前記の混合物を硬質ゼラチンカプセル内に充填することによって製造される、エスシタロプラムからなる固形の単位投薬形。

0029

エスシタロプラム、フィラー及び他の薬学的に許容可能な賦形剤を直接圧縮して錠剤とすることは、造粒及び乾燥段階を無しで済ませることができるという大きな利点を有する。更に、造粒段階が避けられるために、バインダーを加える必要はもはやない。

0030

本明細書で使用される“エスシタロプラムシュウ酸塩”という用語は、エスシタロプラム、シュウ酸及び場合によっては水から構成される付加塩を意味する。このような塩の例は、エスシタロプラムのシュウ酸水素塩、すなわちシュウ酸一分子当たりエスシタロプラム一分子からなる塩、並びにエスシタロプラムのシュウ酸塩、すなわちシュウ酸一分子当たりエスシタロプラム二分子からなる塩である。

0031

本明細書で使用される“結晶性粒子”とは、単結晶、凝集物(aggregates)及び集塊物(agglomerates)のいずれの組み合わせでも意味するものである。

0032

本明細書で使用される“直接圧縮”とは、固形の単位投薬形が、有効成分と賦形剤との単純な混合物が圧縮されて製造され、この際、有効成分を、より大きな粒子中に埋め込みそしてそれの流動性を向上させるための中間的な造粒工程に付さずに行われることを意味する。

0033

本明細書で使用される“バインダー”とは、湿式もしくは溶融造粒工程で使用され、顆粒状製品においてバインダーとして働く剤を意味する。

0034

本明細書で使用される“粒度分布”とは、Sympatec Helos装置で1barの分散圧下にレーザー回折によって測定される、同等の球直径の累積体積粒度分布を意味する。“メジアン粒径”は、これに相応して、上記の粒度分布のメジアンを意味する。

0035

本明細書で使用する“還流温度”とは、溶剤または溶剤系が、大気圧下に還流または沸騰する温度を意味する。

0036

本明細書で使用する“冷却プロフィル”とは、時間を軸とした結晶化バッチの温度を意味する。

0037

本明細書で使用する“冷却速度”とは、単位時間当たりの温度低下を意味する。

0038

本発明の態様の一つでは、エスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子は、少なくとも40μm、好ましくは50〜200μmの範囲のメジアン粒径を有する。

0039

流動性、分離及び解混合性及びそれゆえエスシタロプラムシュウ酸塩結晶の直接圧縮に対する適合性は、メジアン粒径の他、粒度分布にも依存する。

0040

本発明の他の態様の一つでは、少なくとも40μm、好ましくは50〜200μmの範囲のメジアン粒径を有しかつ固形単位投薬形に使用するのに適したエスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子は、適当な溶剤系中のエスシタロプラムシュウ酸塩の溶液から結晶化される。前記溶剤系は、一種または二種以上のアルコール及び場合によってはこれに加えて水からなることができ、好ましくは前記溶剤系はエタノールである。エスシタロプラムシュウ酸塩は、好ましくは、50℃〜溶剤系の還流温度の範囲の温度、好ましくは60℃〜還流温度、より好ましくは70℃〜還流温度の範囲の温度で溶剤系に溶解させる。好適には、エスシタロプラムシュウ酸塩は還流温度下に溶解させる。エスシタロプラムの薬学的に許容可能な塩及び溶剤の使用量は、好ましくは、0.05:1〜0.6:1、より好ましくは0.1:1〜0.5:1、最も好ましくは0.2:1〜0.4:1の範囲の溶質:溶剤重量比に相当する。エスシタロプラムシュウ酸塩の溶液は、0〜20℃、好ましくは0〜15℃、より好ましくは7〜15℃の範囲の、結晶が母液から単離される温度に徐冷する。この冷却は、初期冷却期間における冷却速度が0.6℃/分を超えないように、好ましくは冷却速度が0.2〜0.4℃/分の範囲に維持されるように制御された冷却プロフィルを維持しながら行い、そしてこの際、前記初期冷却期間は、結晶化バッチの温度が60℃未満、好ましくは50℃未満、より好ましくは40℃未満になるまで続き、そして好適には、冷却速度は、全冷却期間にわたってこの範囲に維持され得る。上記結晶化バッチは、エスシタロプラムシュウ酸塩の過度過飽和と、同時に起こる小さな結晶性粒子を生じさせる結晶化とを避けるために、上記冷却時間の間少なくとも一度、エスシタロプラムシュウ酸塩の結晶を加えることによって種付けする。好ましくは、冷却の間に結晶性エスシタロプラムシュウ酸塩が一定して存在することを確実にするために、上記の種付けを繰り返して行い、そして好適には、結晶化バッチは、結晶化が始まるまで半連続的に種付けする。結晶化バッチは、少なくとも1時間、好ましくは4〜24時間、より好ましくは6〜12時間の保持時間の間、結晶の成長のために上記の第二の温度に維持する。この保持時間の後、エスシタロプラムの結晶性粒子を、慣用の分離技術、例えば濾過によって母液から単離する。

0041

本発明の態様の一つでは、本発明は、少なくとも40μm、好ましくは50〜200μmの範囲のメジアン粒径を有するエスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子と、薬学的に許容可能な賦形剤との混合物から製造される錠剤に関する。好ましくは、この錠剤は、直接圧縮することによって製造される。

0042

他の態様の一つでは、本発明は、少なくとも40μm、好ましくは50〜200μmの範囲のメジアン粒径を有するエスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子と薬学的に許容可能な賦形剤とを含む混合物を、硬質ゼラチンカプセルに充填することによって製造されるカプセルに関する。

0043

好ましくは、本発明の固形単位投薬形は、バインダーを含まない。

0044

本発明の固形単位投薬形は、エスシタロプラム塩基として計算して1〜60%w/w、好ましくは4〜40%w/w、より好ましくは6〜10%w/wの割合で有効成分を含むことができる。好適には、本発明の固形単位投薬形は、エスシタロプラム塩基として計算して8%w/wの割合で有効成分を含む。

0045

本発明の固形単位投薬形は、ラクトース、または他の糖類、例えばソルビトールマンニトールデキストロース及びスクロースリン酸カルシウム類二塩基性、三塩基性含水物及び無水物のもの)、デンプン加工デンプン微結晶性セルロース硫酸カルシウム及び/または炭酸カルシウムからなる群から選択されるフィラーを含むことができる。好ましい態様の一つでは、本発明の固形単位投薬形はラクトースを含まない。

0046

好適には、フィラーは、微結晶性セルロース、例えばPenwest Pharmaceuticalsが販売するProSolv(プロソルブSMCC90またはFMCCorporationが販売するAvicel(アビセル)PH200である。

0047

有効成分及びフィラーの他、本発明の固形の薬学的単位投薬形は、他の種々の慣用の賦形剤、例えば崩壊剤及び場合によっては少量の潤滑剤、着色料及び甘味料を含むことができる。

0048

本発明に従い使用される潤滑剤は、好適には、ステアリン酸金属塩マグネシウムカルシウムナトリウム)、ステアリン酸ワックス、水素化された植物油タルク及びコロイダルシリカからなる群から選択される一種または二種以上のものであることができる。

0049

好ましくは、潤滑剤は、タルク、ステアリン酸マグネシウムまたはステアリン酸カルシウムからなる群から選択される一種または二種以上のものである。好適には、潤滑剤は、タルクとステアリン酸マグネシウムとの組み合わせである。本発明の固形単位投薬形中でのステアリン酸マグネシウムの重量%は、好ましくは0.4%〜2%、より好ましくは0.7%〜1.4%の範囲である。

0050

崩壊剤には、グリコール酸デンプンナトリウム、クロスカルメロースクロスポビドン低置換ヒドロキシプロピルセルロース、加工コーンスターチ予備ゼラチン化したデンプン及び天然デンプン包含される。好適には、崩壊剤は、クロスカルメロース、例えばFMC社から販売されるAc−Di−Solである。

0051

場合によっては、本発明の固形の薬学的単位投薬形はコーティングされていてもよい。好適には、このコーティングは、慣用のコーティング用混合物、例えばColorcon社から販売されるOpadry(オパドライ)OY−S−28849,ホワイトに基づくフィルムコーティングである。

0052

本発明の固形の薬学的単位投薬形は、強制供給能力(forced feed capability)を持つ打錠機を用いて慣用の方法によって製造することができる。

0053

本発明の充填された硬質ゼラチンカプセルは、粉末充填に好適なカプセル充填機を用いて慣用の方法によって製造することができる。

0054

以下には、例を示すことによって本発明を説明する。しかし、これらの例は、本発明を例示することを意図したものに過ぎず、本発明を限定するものとは解釈するべきではない。

0055

例1
エスシタロプラム及びシュウ酸の各エタノール溶液を混合することによって粗製エスシタロプラムシュウ酸塩を析出させて得られた、エスシタロプラムシュウ酸塩を約35kg含む含湿フィルターケーキを、エタノール322L中に懸濁させた。この材料を、還流温度に加熱することによって溶解し、そして蒸留して150Lのエタノールを除去した。冷却を行い、80℃から40℃に至るまでの温度間隔において0.2〜0.5℃/分の冷却速度を用いて上記混合物を還流温度から15℃に冷却した。冷却中、75℃、65℃及び60℃の温度の時にこの混合物をエスシタロプラムシュウ酸塩で種付けした(各々、10g加えた)。この結晶化混合物は、結晶性エスシタロプラムシュウ酸塩が単離されるまで、10時間15℃に維持した。この結晶化混合物を濾過し、エタノールで洗浄し、そしてフィルターケーキを乾燥することによって、精製されたエスシタロプラムシュウ酸塩(27.7kg、理論値の58.2%)が得られた。得られたエスシタロプラムシュウ酸塩の粒度分布を表1に示す。

0056

0057

例2
エスシタロプラムシュウ酸塩の大きな結晶性粒子を直接圧縮することによって製造した錠剤

0058

0059

例1のエスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子及びタルクを、710μmを通して篩い分けし、そして100リットル容積ボール(Bohle)PTM200ミキサー中で6rpmで15分間混合した。ProSolvSMC90及びAc−Di−Solを加え、そして混合を15分間続けた。ステアリン酸マグネシウムを710μm篩を通して篩い分けし、その後、これを加えそして混合を3分間続けた。

0060

得られた混合物25kgを、エンボス加工されそして刻み目が付けられた矩形の5.5×8mmパンチを備えたコルシュ(Korsch)PH230打錠機で錠剤化した(1時間当たり125,000錠)。錠剤心材の重量は125mgに設定した。公称収量は200,000錠であった。打錠機は、混合物の高さが強制供給装置を超えるまで運転した。すなわち、最終量の混合物において起こりうる分離傾向を確認するために錠剤化をできるだけ長く続けた。製造された錠剤は満足な技術的性質を有していた。
本願は、特許請求の範囲に記載の発明に関するものであるが、他の態様として以下も包含し得る。
1.結晶のメジアン粒径が少なくとも40μmであることを特徴とする、エスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子。
2.結晶のメジアン粒径が50〜200μmの範囲であることを特徴とする、上記1の結晶性粒子。
3.適当な溶剤系中のエスシタロプラムシュウ酸塩の溶液を第一の温度から第二の温度まで徐冷し、この際、この冷却は、制御された冷却プロフィルを維持し、なおかつ上記冷却の間にエスシタロプラムシュウ酸塩の結晶を加えることによってエスシタロプラムシュウ酸塩の上記溶液を種付けしながら行い、その後、上記の第二の温度での保持時間がこれに続くことを含むことを特徴とする、上記1または2に記載のエスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子の製造方法。
4.結晶のメジアン粒径が少なくとも40μm、好ましくは50〜200μmの範囲であることを特徴とする、上記3の方法。
5.溶剤系が一種または二種以上のアルコール及び場合によっては水を含むことを特徴とする、上記3または4の方法。
6.溶剤系がエタノールであることを特徴とする、上記5の方法。
7.溶質:溶剤の重量比が、0.05:1〜0.6:1、好ましくは0.1:1〜0.5:1、より好ましくは0.2:1〜0.4:1であることを特徴とする、上記3〜6のいずれか一つの方法。
8.上記の第一の温度が50℃〜溶剤系の還流温度の範囲、好ましくは60℃〜還流温度の範囲、より好ましくは70℃〜還流温度の範囲であることを特徴とする、上記3〜7のいずれか一つの方法。
9.上記の第二の温度が0〜20℃、好ましくは0〜15℃、より好ましくは7〜15℃の範囲であることを特徴とする、上記3〜8のいずれか一つの方法。
10.上記の制御された冷却プロフィルが初期冷却期間を含み、この間、冷却速度を所定の範囲内に維持することを特徴とする、上記3〜9のいずれか一つの方法。
11.上記の初期冷却期間が、温度が60℃未満、好ましくは50℃未満、より好ましくは40℃未満になるまでの期間に及ぶことを特徴とする、上記10の方法。
12.上記の冷却速度が、0〜0.6℃/分、好ましくは0.2〜0.4℃/分の範囲に維持されることを特徴とする、上記10または11の方法。
13.上記の種付けが、初期冷却の間に二度または三度以上行われることを特徴とする、上記3〜12のいずれか一つの方法。
14.上記の保持時間が、少なくとも1時間、好ましくは4〜24時間、より好ましくは6〜12時間であることを特徴とする、上記3〜13のいずれか一つの方法。
15.上記の保持時間の後の結晶性粒子を、慣用の固形物/液体分離技術、好ましくは濾過によって母液から単離する、上記3〜14のいずれか一つの方法。
16.上記1または2のエスシタロプラムシュウ酸塩の結晶性粒子を含む、固形単位投薬形。
17.エスシタロプラムシュウ酸塩と薬学的に許容可能な賦形剤とを含む混合物を直接圧縮することによって製造される錠剤であることを特徴とする、上記16の固形単位投薬形。
18.タブレットがコーティングされていることを特徴とする、上記17の固形単位投薬形。
19.エスシタロプラムシュウ酸塩と薬学的に許容可能な賦形剤とを含む混合物を硬質のゼラチンカプセル内に充填することによって製造されることを特徴とする、上記16の固形単位投薬形。
20.バインダーを含まないことを特徴とする、上記16〜19のいずれか一つの固形単位投薬形。
21.エスシタロプラム塩基として計算して有効成分を1〜30%w/w、好ましくは4〜20%w/w、より好ましくは6〜10%w/wの割合で含むことを特徴とする、上記16〜20のいずれか一つの固形単位投薬形。
22.ラクトース、糖類、好ましくはソルビトール、マンニトール、デキストロース及び/またはスクロース、リン酸カルシウム類、好ましくは二塩基性、三塩基性、含水及び/または無水リン酸カルシウム、デンプン、加工デンプン、微結晶性セルロース、硫酸カルシウム及び/または炭酸カルシウムから選択されるフィラーを含むことを特徴とする、上記16〜21のいずれか一つの固形単位投薬形。
23.フィラーが微結晶性セルロース、例えばProSolvSMCC90またはAvicel PH 200であることを特徴とする、上記22の固形単位投薬形。
24.ステアリン酸金属塩(マグネシウム、カルシウム、ナトリウム塩)、ステアリン酸、ワックス、水素化された植物油、タルク及びコロイダルシリカから選択される潤滑剤を含むことを特徴とする、上記16〜23のいずれか一つの固形単位投薬形。
25.潤滑剤が、タルク、ステアリン酸マグネシウム及びステアリン酸カルシウムの群から選択される一種または二種以上のものであることを特徴とする、上記24の固形単位投薬形。
26.潤滑剤が、タルクとステアリン酸マグネシウムとの組み合わせであることを特徴とする、上記25の固形単位投薬形。
27.固形投与形態の重量に基づいて計算してステアリン酸マグネシウムの重量%が、好ましくは0.4%〜2%の範囲、より好ましくは0.7%〜1.4%の範囲であることを特徴とする、上記26の固形単位投薬形。
28.ラクトースを実質的に含まないことを特徴とする、上記16〜27のいずれか一つの固形単位投薬形。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ