図面 (/)

技術 繊維機械および繊維機械の操作方法

出願人 ライターインゴルスタドトゲーエムベーハー
発明者 ミカエルストロベルクラウス-ウベモル
出願日 2012年2月28日 (8年10ヶ月経過) 出願番号 2012-041136
公開日 2012年10月11日 (8年2ヶ月経過) 公開番号 2012-193044
状態 特許登録済
技術分野 線材巻取一般(2) 紡績及び撚糸
主要キーワード 力測定センサー 最大充填レベル スプリングシステム スプリング定数 接触制御 格子システム 円形運動 最大供給量
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年10月11日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

繊維材料コイラープレート等の貯蔵デバイスによって繊維機械の排出口の領域において決められた供給量内に貯蔵される練条機梳綿機、または、コーマーを操作するための方法に関する。

解決手段

缶内に存在する繊維材料と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに繊維材料の貯蔵時にセンサー11によって電気信号が生成され、そして、貯蔵デバイスの供給量がこの電気信号を使用して制御される。貯蔵デバイスは缶内に存在する繊維材料と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに電気信号を生成するように実装された少なくとも1つのセンサー11に関連しており、このセンサー11が上記電気信号を使用して貯蔵デバイスの供給量を制御するために実装されたコントローラに接続される。

概要

背景

練条機梳綿機コーマー等の紡糸準備機械は、数ある目的の中でも、特に、入ってくる繊維材料をより均等にするために使用されている。
この目的を達成するために、紡糸準備機械は、繊維材料が複数のローラ間でバンド(band)に対して横方向に、いわゆる、ニップライン(nip line)に沿ってガイドされるように相互に配置された複数のローラの形をした一連牽引システム(drafting system)を有する。
繊維材料は最終的に伸張され、同時にローラ間で均等にされる。
上記のプロセスの後に、薄片の形状になっている繊維材料は、繊維材料がコイラープレート等の貯蔵デバイスによって、円形、または、楕円形ループ(輪)にされるとして知られる容器に最終的に貯蔵される。
その後、充填された缶は、対応する空き缶によって置き換えられて紡糸機等の下流の繊維機械移送される。

しかしながら、貯蔵の満足品質のために、貯蔵デバイスと繊維材料との間の摩擦力移送が必要になるので、特に空き缶内への貯蔵の開始時に、缶自体の構造に起因して厄介な問題が発生する。
使用される缶は、下から缶底押し付け、貯蔵のために最適な位置に缶を絶えず保持する1つ以上のらせんスプリングを備えている。
少なくとも2つのらせん状スプリングが、缶の長手方向に互いに隣接して配置された矩形断面を有する缶も知られている。
缶底を水平に安定させるために、このような缶には、パンタグラフステム、または、折り畳み格子システムが使用されている。
上向きに作用するスプリング力は、繊維材料をガイドするために前述の摩擦が存在することを保証するために貯蔵が開始されたときに、空き缶の缶底が少なくとも缶の上部のエッジにまで立ち上がるようになっている。
それから缶底は、ガイドが維持されるように製品の重みによって貯蔵プロセスの間中、絶えず引き下げられる。

前述のように、缶底の上昇と下降とが新しい缶について完全に作用する間、サービス継続時間が長くなるにつれてスプリングシステムは消耗するか、汚れてしまうため、残りのスプリング力では、空き缶の缶底を缶の上部充填位置にまで押し上げるためには十分でない。
例えば、缶が牽引システムの排出口に置かれた場合、コイラープレートの底面の形をした放出ユニットと反対の缶底との間の距離は最終的に大きくなりすぎる。
この場合、繊維材料は、規則正しく貯蔵されず、制御されずに缶底の上をスリップし、最悪の場合、缶のエッジ上に放り出される可能性がある。
スプリングの許容範囲は同様の結果を有し、また缶底に正確な力を加えるために材料、長さ、および、スプリング定数等のスプリングの主要パラメータは比較的正確に選択されなければならない。

前述の場合、充填プロセスの開始時に貯蔵された繊維材料は、繊維材料と貯蔵デバイス、または、缶との間の摩擦接合が不十分であるため、低い品質レベルとなる。

この問題に取り組むために、例えば、DE3621794A1は、垂直に移動可能なラムによって貯蔵プロセス時に上部位置から缶底を徐々に下降させることを提案している。
上記の下降は、ごく最近貯蔵されたウェブサイクロイド(web cycloids)の接触から発生する貯蔵されたウェブパケットに作用する圧縮力が、全貯蔵プロセスの間中、ほぼ一定となるように実行される。
この目的を達成するために、ウェブパケットに作用する圧縮力が捕捉され、この力の調整可能な値からの偏移が決定される。
その後、ラムは、上記の偏移に依存して駆動手段によって積極的に動かされる。

同様に、DE19611500A1は、缶底の高さを調整するためのアクティブ駆動デバイスを記載しており、この場合、缶底の下降は、缶の充填レベルを考慮しながら力、および/または、距離を測定することによって制御されている。

しかしながら、このようなシステムは、更なる構成要素が存在し、駆動デバイスが調達費用保守費用とを増加させるという欠点を有している。

概要

繊維材料がコイラープレート等の貯蔵デバイスによって繊維機械の排出口の領域において決められた供給量で缶内に貯蔵される練条機、梳綿機、または、コーマーを操作するための方法に関する。缶内に存在する繊維材料と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに繊維材料の貯蔵時にセンサー11によって電気信号が生成され、そして、貯蔵デバイスの供給量がこの電気信号を使用して制御される。貯蔵デバイスは缶内に存在する繊維材料と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに電気信号を生成するように実装された少なくとも1つのセンサー11に関連しており、このセンサー11が上記電気信号を使用して貯蔵デバイスの供給量を制御するために実装されたコントローラに接続される。

目的

本発明の目的は、貯蔵プロセスの開始時でも、従来のスプリング支持された缶内への繊維材料の清浄で制御可能な貯蔵を可能にする繊維機械、およびこの繊維機械の操作方法を提案することである

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

繊維材料(5)が(8)内に決められた供給量コイラープレート(7)等の貯蔵デバイスによって繊維機械の排出口の領域に貯蔵される繊維機械、特に紡糸準備機械、好ましくは練条機梳綿機、または、コーマーを操作するための方法であって、前記缶(8)内に貯蔵された繊維材料(5)と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに前記繊維材料(5)の貯蔵時にセンサー(11)によって電気信号が生成され、前記貯蔵デバイスの供給量が前記電気信号を使用して制御されることを特徴とする、方法。

請求項2

前記供給量は、前記貯蔵された繊維材料(5)と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに高められることを特徴とする、請求項1記載の方法。

請求項3

前記電気信号が、力センサー圧力センサー接触センサー近接センサー光センサー、および/または、前記繊維材料と貯蔵デバイスとの摩擦を検出するセンサーによって生成されることを特徴とする、請求項1または請求項2記載の方法。

請求項4

前記貯蔵された繊維材料(5)によって貯蔵デバイスに作用させられた接触力が、前記供給量を制御するために使用されることを特徴とする、請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の方法。

請求項5

前記接触力が、前記センサー(11)によって連続的に、または、決められた時間間隔捕捉されることを特徴とする、請求項1乃至請求項4のいずれかに記載の方法。

請求項6

前記接触力が、ある特定の時間帯に亘って平均化され、結果として得られた平均値が、前記供給量を制御するための基準として使用されることを特徴とする、請求項4または請求項5記載の方法。

請求項7

前記捕捉された接触力が、コントローラによって処理され、前記供給量の対応する進行が前記接触力から計算されることを特徴とする、請求項4乃至請求項6のいずれかに記載の方法。

請求項8

決められた接触力に到達したときに前記供給量が低減される、または、前記繊維材料(5)の貯蔵が停止されることを特徴とする、請求項4乃至請求項7のいずれかに記載の方法。

請求項9

前記缶(8)のタイプ、および/または、寸法、繊維材料(5)のタイプ、前記缶(8)内に貯蔵された繊維材料(5)の長さ、および/または、質量、前記繊維機械の生産速度、および/または、温度、もしくは、湿度などの環境条件、等の更なるパラメータが、前記供給量を制御するために使用されることを特徴とする、請求項1乃至請求項8のいずれかに記載の方法。

請求項10

繊維材料(5)のための排出口と、決められた供給量で少なくとも1つの缶(8)内に前記繊維材料(5)を貯蔵するためのコイラープレート(7)等の前記排出口の領域に配置された貯蔵デバイスとを有する繊維機械、特に、好ましくは練条機、梳綿機、または、コーマーの形をした紡糸準備機械であって、前記貯蔵デバイスが、前記缶(8)内に貯蔵された繊維材料(5)と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに電気信号を生成するために実装された少なくとも1つのセンサー(11)に関連し、前記センサー(11)が、前記電気信号を使用して前記貯蔵デバイスの供給量を制御するために実装されたコントローラに接続されていることを特徴とする繊維機械。

請求項11

前記制御が、前記貯蔵された繊維材料(5)と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに前記供給量を増加させるように実行されることを特徴とする、請求項10記載の繊維機械。

請求項12

前記センサー(11)が、前記貯蔵された繊維材料(5)によって貯蔵デバイスに作用させられた前記接触力を捕捉するように実装されることを特徴とする、請求項10または請求項11記載の繊維機械。

請求項13

前記制御は、前記貯蔵された繊維材料(5)が決められた接触力を前記貯蔵デバイスに作用させるとすぐに前記供給量を低減する、または、前記繊維材料(5)の貯蔵を停止するように実行されることを特徴とする、請求項10乃至請求項12のいずれかに記載の繊維機械。

請求項14

前記センサー(11)が、力センサー、圧力センサー、接触センサー、近接センサー、光センサー、および/または、前記繊維材料(5)と貯蔵デバイスとの摩擦を検出するセンサーであることを特徴とする、請求項10乃至請求項13のいずれかに記載の繊維機械。

請求項15

前記少なくとも1つのセンサー(11)は、前記センサーが前記缶(8)内に貯蔵された繊維材料(5)の最上層に接触するように前記貯蔵デバイスの1構成要素の底面に、または、底面上に配置されていることを特徴とする、請求項10乃至請求項14のいずれかに記繊維機械。

請求項16

前記繊維機械が、前記コントローラに接触するセンサーであって、前記缶(8)のタイプ、および/または、寸法、前記繊維材料(5)のタイプ、前記缶(8)内に貯蔵された繊維材料(5)の長さ、および/または、質量、前記繊維機械の生産速度、および/または、温度、もしくは、湿度などの環境条件、等の更なるパラメータが検出されて前記供給量を制御するために使用される更なるセンサーを備えていることを特徴とする、請求項10乃至請求項15のいずれかに記載の繊維機械。

請求項17

前記貯蔵デバイスは、駆動速度が連続的、または、増加的に変化し得る駆動手段を備えていることを特徴とする、請求項10乃至請求項16のいずれかに記載の繊維機械。

技術分野

0001

本発明は、繊維機械操作方法に関し、紡糸準備機械、好ましくは、繊維材料コイラープレート等の貯蔵デバイスによって繊維機械の排出口の領域において決められた供給量内に貯蔵される練条機梳綿機コーマー(comber)に関し、また、繊維機械、特に、繊維材料のための排出口と、予め決められた供給量で繊維材料を少なくとも1つの缶内に貯蔵するためのコイラープレート等の排出口の領域に配置された貯蔵デバイスとを有している練条機、梳綿機、コーマーの形をした紡糸準備機械に関する。

背景技術

0002

練条機、梳綿機、コーマー等の紡糸準備機械は、数ある目的の中でも、特に、入ってくる繊維材料をより均等にするために使用されている。
この目的を達成するために、紡糸準備機械は、繊維材料が複数のローラ間でバンド(band)に対して横方向に、いわゆる、ニップライン(nip line)に沿ってガイドされるように相互に配置された複数のローラの形をした一連牽引システム(drafting system)を有する。
繊維材料は最終的に伸張され、同時にローラ間で均等にされる。
上記のプロセスの後に、薄片の形状になっている繊維材料は、繊維材料がコイラープレート等の貯蔵デバイスによって、円形、または、楕円形ループ(輪)にされる缶として知られる容器に最終的に貯蔵される。
その後、充填された缶は、対応する空き缶によって置き換えられて紡糸機等の下流の繊維機械に移送される。

0003

しかしながら、貯蔵の満足品質のために、貯蔵デバイスと繊維材料との間の摩擦力移送が必要になるので、特に空き缶内への貯蔵の開始時に、缶自体の構造に起因して厄介な問題が発生する。
使用される缶は、下から缶底押し付け、貯蔵のために最適な位置に缶を絶えず保持する1つ以上のらせんスプリングを備えている。
少なくとも2つのらせん状スプリングが、缶の長手方向に互いに隣接して配置された矩形断面を有する缶も知られている。
缶底を水平に安定させるために、このような缶には、パンタグラフステム、または、折り畳み格子システムが使用されている。
上向きに作用するスプリング力は、繊維材料をガイドするために前述の摩擦が存在することを保証するために貯蔵が開始されたときに、空き缶の缶底が少なくとも缶の上部のエッジにまで立ち上がるようになっている。
それから缶底は、ガイドが維持されるように製品の重みによって貯蔵プロセスの間中、絶えず引き下げられる。

0004

前述のように、缶底の上昇と下降とが新しい缶について完全に作用する間、サービス継続時間が長くなるにつれてスプリングシステムは消耗するか、汚れてしまうため、残りのスプリング力では、空き缶の缶底を缶の上部充填位置にまで押し上げるためには十分でない。
例えば、缶が牽引システムの排出口に置かれた場合、コイラープレートの底面の形をした放出ユニットと反対の缶底との間の距離は最終的に大きくなりすぎる。
この場合、繊維材料は、規則正しく貯蔵されず、制御されずに缶底の上をスリップし、最悪の場合、缶のエッジ上に放り出される可能性がある。
スプリングの許容範囲は同様の結果を有し、また缶底に正確な力を加えるために材料、長さ、および、スプリング定数等のスプリングの主要パラメータは比較的正確に選択されなければならない。

0005

前述の場合、充填プロセスの開始時に貯蔵された繊維材料は、繊維材料と貯蔵デバイス、または、缶との間の摩擦接合が不十分であるため、低い品質レベルとなる。

0006

この問題に取り組むために、例えば、DE3621794A1は、垂直に移動可能なラムによって貯蔵プロセス時に上部位置から缶底を徐々に下降させることを提案している。
上記の下降は、ごく最近貯蔵されたウェブサイクロイド(web cycloids)の接触から発生する貯蔵されたウェブパケットに作用する圧縮力が、全貯蔵プロセスの間中、ほぼ一定となるように実行される。
この目的を達成するために、ウェブパケットに作用する圧縮力が捕捉され、この力の調整可能な値からの偏移が決定される。
その後、ラムは、上記の偏移に依存して駆動手段によって積極的に動かされる。

0007

同様に、DE19611500A1は、缶底の高さを調整するためのアクティブ駆動デバイスを記載しており、この場合、缶底の下降は、缶の充填レベルを考慮しながら力、および/または、距離を測定することによって制御されている。

0008

しかしながら、このようなシステムは、更なる構成要素が存在し、駆動デバイスが調達費用保守費用とを増加させるという欠点を有している。

発明が解決しようとする課題

0009

したがって、本発明の目的は、貯蔵プロセスの開始時でも、従来のスプリング支持された缶内への繊維材料の清浄で制御可能な貯蔵を可能にする繊維機械、およびこの繊維機械の操作方法を提案することである。

課題を解決するための手段

0010

この目的は、缶内に存在する繊維材料と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに繊維材料の貯蔵時にセンサーによって電気信号が生成され、そして、この貯蔵デバイスの供給量がこの電気信号を使用してフィードバックループによって制御されることにより達成される。
コイラープレートの下面の領域におけるような貯蔵デバイスと缶内に既に貯蔵されている繊維材料とが接触した場合にのみ、制御された貯蔵がある一定の供給量より高い供給量で可能であるという事実は、繊維材料がこの時点ですべての面において対応するように最初にガイドされるという理由で、これによって単純ではあるが、信頼できる仕方で取り組まれる。
したがって、接触が行われる時点は、供給量の制御において本発明による方法によって取り組まれる重要なパラメータである。
これに関連して、この信号の検出が必ずしも供給量の即座の変化という結果をもたらす必要がないことは注目される。
また、信号強度が考慮されること、そして、ある特定の信号強度に到達した後にだけ、または、信号が検出されてからある一定の時間後にだけ、対応する調整が行われることも考えられる。
このようにして、供給量があまりに早く高められないことが保証され、そして、繊維材料の確実な貯蔵が保証される。

0011

これに関連して、貯蔵された繊維材料と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに供給量が高められる場合は、特に有利である。
前述のように繊維材料は、薄片が制御されないで缶の内部でスリップすることがないように、または、最悪の場合に貯蔵時に缶から放り出されることがあり得ないように、この時点ですべての面上でガイドされる。
貯蔵デバイスは、空き缶内への繊維材料の貯蔵の開始時に第1の供給量で、また、接触の検出後には少なくとも1つの第2の供給量で動作させられるが、ここで第1の供給量は少なくとも1つの第2の供給量より低い。
特に、缶変化後等の貯蔵プロセスの開始時に、または、繊維機械を起動したときに、缶のスプリングシステムが缶底を最も高い充填位置にまで押し上げることができない場合には、ウェブ貯蔵に関する問題が発生する。
貯蔵デバイスの供給量がこのステージの期間中に高すぎるように選択された場合には、貯蔵誤差が発生する可能性があり、この場合、繊維材料は不均等に貯蔵されるか、または、缶のエッジ上に亘って引き出されることがある。
この結果、機械の停止、および/または、繊維材料の品質が低下する。
貯蔵の開始時における供給量が一定の時間、より低いレベルに保持されることは、既に知られている。
しかしながら、この時間は、保存状態のよくない缶のためには不十分であることが多く、または、新しい缶のためには長すぎるので、繊維機械は必要とされるよりもゆっくりと動作させられる。
本発明による方法では、貯蔵デバイスの供給量は、貯蔵された繊維材料と貯蔵デバイスとの接触が検出されるまで、第1のより低いレベルに保持される。
この接触を達成することは、最終的に繊維機械のための最大可能生産速度を可能にする第2の値にまで供給量を高めるためのトリガー信号として機能する。
単に2つの異なる供給量における動作は可能であるが、供給量が所望するだけ細かく分割される個別のステップにおいて最終的レベルにまで高められることも可能である。
例えば、センサーによる信号が貯蔵デバイスと繊維材料との間で接触するまで供給量を徐々に、または、増加的に高めるために、薄片は、まず第1の低い供給量で貯蔵されることが考えられる。
この時点の後、薄片の必要なガイドは確立されているので、最大供給量までの上昇は可能である。

0012

供給量の変化がスムーズに行われることによって繊維材料の穏やかな貯蔵が保証されるので、供給量の変化がスムーズに行われる場合も有利である。
しかしながら、供給量の変化が段階的に行われる場合も有利であり、コントローラのタイプが貯蔵デバイスの既存の駆動手段に依存する。

0013

信号が力、および/または、圧力センサー接触センサー近接センサー光センサー、および/または、繊維材料と貯蔵デバイスとの間の摩擦を検出するためのセンサー、によって生成される場合も好都合である。
このようなセンサーは、幅広バージョンにおいて利用可能であり、繊維機械のタイプに適合するように選択される。
当然ながら、センサーが貯蔵デバイスの形態に適合する場合に、曲げに反応するプローブ等の他のセンサーも考えられる。
検出の信頼度を高めるために、異なるセンサーも併せて使用することができる。
これらのセンサーに関して、繊維材料が貯蔵デバイスと接触するときセンサーが供給量を制御するための信号をコントローラに送信することは更に明らかにされるべきであり、その理由は、このことが、薄片が貯蔵デバイスによってガイドされる、または、ガイドされようとしていることを示すからである。
この時点の後に、本発明のように供給量を制御することは有利である。
これに関連して、第1の接触後からある時間遅延の後にだけ制御が関与することも考えられる。
缶内に貯蔵された繊維材料に接触するとすぐに信号を生成するためのセンサーが実装されることは更に明らかにされるべきである。
繊維材料の非接触制御も可能である。
例えば、光センサー、好ましくは光カーテンに対応する送信、および/または、受信ユニットも、缶のすぐ上に、または、貯蔵デバイスの排出口のすぐ下に配置することができる。
これは、センサーが連続した信号を生成するとすぐに缶内に貯蔵された繊維材料が貯蔵デバイスと接触したということを示す。

0014

貯蔵された繊維材料によって貯蔵デバイスに作用した接触力が供給量の制御において考慮される場合は、更に有利である。
前述のように、貯蔵された繊維材料の、高い品質のために繊維材料と缶底、または、貯蔵デバイスとの間には、ある一定の摩擦接続が存在しなくてはならない。
しかしながら、この摩擦接続は、貯蔵された繊維材料によって貯蔵デバイスの少なくとも1つの構成要素に作用した接触力に比例しており、ここで接触力は、缶底が貯蔵デバイスの方向に押圧されるスプリング力から引き出される。
その後、この接触力が測定された場合に、缶の個別状態を考慮するパラメータが利用可能であるので、缶、または、缶のスプリングシステムの損耗、または、汚染兆候は実際には消えず、缶が充填されるときに効果的に考慮される。
この目的のため、最終的に最適な供給量で貯蔵デバイスを動作させることを可能にするために、繊維材料と缶底と練条機のコイラープレート等の貯蔵デバイスとの間の摩擦接続を反映するある一定の接触力だけが、清浄な貯蔵が保証される貯蔵デバイスのある特定の供給量に関連付けられなくてはならない。

0015

接触力が連続的に、または、決められた時間間隔で、決定される場合は、更に有利である。
連続的な測定は供給量の正確な適応を可能にするが、場合によっては、これらの重要な段階を制御するために、貯蔵の開始時、または、終了時にだけ接触力を捕捉することもある。
このパラメータの測定が更なるセンサーを必要としないように、接触力を捕捉するために繊維材料と貯蔵デバイスとの接触を検出するセンサーが実装される場合は、更に有利である。
例えば、この場合、圧力センサーが使用される。
ここでこのセンサーは、薄片が貯蔵デバイスに接触するとすぐに信号を供給するが、この場合、この信号の強度、または、タイプもまた繊維材料の接触力に比例して変化し、それによって接触力の値が推測できる。

0016

接触力は、ある特定の時間帯に亘って平均化され、その結果、得られた平均値は、供給量を制御するための基準として使用される。
繊維材料はループ状に貯蔵されるので、繊維材料は缶の中で平坦でない表面を有し、そのためにセンサーにおける接触力も変動の影響を受ける。
しかしながら、接触力がある時間に亘って平均化される場合には、指示的測定変数が利用可能であるように、平均化される多数の測定値が取得される。

0017

本発明の有利な改良では、捕捉された接触力はコントローラによって処理され、供給量に関する対応する進行を計算するために使用される。検出された接触力への供給量の直接的適応とは対照的に、これは、供給量の制御が可能な限りスムーズに実行されるという利点を有する。
したがって、例えば、ある一定の時間における供給量は接触力の増加に依存して前もって計算される。
これは、供給量が前に捕捉された接触力に対する応答としてだけ連続的に調整されることを防止する。
また、前もって計算された値は瞬時の捕捉された接触力を使用して修正されるので、供給量は常にできるだけ正確に適応される。

0018

決められた接触力に到達したときに、供給量が再び低減される場合も有利である。
接触力は、缶の最大充填レベルが近づくにつれて著しく大きくなるので、これは貯蔵の終了に到達するための兆候である。
同様に、このステージでは、貯蔵プロセスを清浄に終了させるために供給量を抑制することは有利である。
接触力の段階的増加、または、接触力のある特定の最大値は、トリガーイベント(誘発事象)として選択される。

0019

決められた接触力に到達した場合に繊維材料の貯蔵が完全に停止される場合も極めて有利であり、ここで対応する接触力は、各缶における実際のスプリング力が考慮されるように、絶対値として前もって、または、缶が充填されたときに初期値からの差として決定される。

0020

缶のタイプ、および/または、寸法、繊維材料のタイプ、缶内に貯蔵された繊維材料の長さ、および/または、質量、繊維機械の生産速度、および/または、温度、もしくは、湿度などの環境条件、等の更なるパラメータが供給量の制御において考慮される場合は更に有利である。
接触力だけでは繊維材料を正しく貯蔵するために十分でないので、このようにして本方法は最もよく適応している。
上記のデータは、1度だけ、または、連続してコントローラに入力されるか、または、対応するセンサーによって決定される。

0021

結局のところ、本発明による繊維機械は、缶内に貯蔵された繊維材料と貯蔵デバイスとの間で接触が行われるとすぐに電気信号を生成するために実装された少なくとも1つのセンサーであって、この信号を使用してフィードバックループによって貯蔵デバイスの供給量を制御するために実装されたコントローラに接続されたセンサーに関連付けられることを特徴とする。
この結果、繊維材料の効率的で確実な貯蔵を可能にする繊維機械が得られる。
このようにして、この信号を使用して、繊維材料が放り出される、または、制御されない仕方で貯蔵されることを防止するレベルで貯蔵プロセスの開始時の供給量を維持することは可能であるが、繊維材料と貯蔵デバイスとの接触が検出された後に供給量は適応させられることが可能であり、より迅速で確実な繊維材料の貯蔵という結果をもたらす。

0022

これに関連して、貯蔵された繊維材料と貯蔵デバイスとが接触するとすぐに供給量を増加させるためのコントローラが実装される場合は特に有利である。
上記のように、この時点で繊維材料は、貯蔵デバイスによって更にガイドされる。
したがって、供給量の増加は、貯蔵プロセスの開始時の場合のように制御されない貯蔵という結果を招かない。
むしろ接触時点で、より迅速な貯蔵が可能であるので、更なるガイダンス(案内)は繊維機械の生産速度の大幅な増加を可能にする。
それによって、例えば、貯蔵デバイスは、空き缶内への繊維材料の貯蔵の開始時において第1の供給量で、また貯蔵された繊維材料と貯蔵デバイスとの接触の検出の後において少なくとも1つの第2の供給量で、操作されるが、ここで、第1の供給量は少なくとも1つの第2の供給量より低い。
これによって、確実な貯蔵が繊維材料に対する缶底の特定の接触力を必要とするという事実は、信頼できる仕方で取り組まれる。
しかしながら、古い、および/または、保存状態のよくない缶に関しては、空き缶の缶底は、缶底を押し上げるスプリングシステムの残留スプリング力によって最も高い充填レベルにまで押し上げられることはあり得ない。
貯蔵デバイスが、このステージにおいて高すぎる供給量で動作させられる場合には、繊維材料が缶底から外れて横向きに、または、缶のエッジの上に亘ってスリップするという危険が存在する。
いずれの場合にも清浄な貯蔵は、ほぼ不可能であろう。
しかしながら、供給量が最初に、および、貯蔵デバイスと貯蔵された繊維材料とが接触した後に初めて、徐々に上げられる場合には、上記の不都合は防止されて、繊維機械は常に最大可能生産速度で動作される。

0023

貯蔵された繊維材料によって貯蔵デバイスに印加される接触力を捕捉するためのセンサーが実装される場合は、特に有利である。
このように、供給量は常に接触力を考慮して缶の実際の充填高さに適応することができるが、この場合、缶底に関連するスプリングシステムによる缶底に作用する反対方向力は直接知られる必要はない。
むしろ、上述した反対方向力は、間接的に接触力によって考慮されるが、この場合、貯蔵デバイスの供給量は常に、まさに清浄な貯蔵を可能にする最大値に維持される。

0024

貯蔵された繊維材料が決められた接触力を貯蔵デバイスに働かせるとすぐに、供給量を低減する、または、繊維材料の貯蔵を停止するためのコントローラが実装される場合も有利である。
その結果、供給量は、繊維材料の清浄な貯蔵を可能にするために十分に高いことが常に保証される。

0025

センサーが、力、および/または、圧力センサー、接触センサー、近接センサー、光センサー、および/または、繊維材料と貯蔵デバイスとの間の摩擦を検出するためのセンサーである場合も有利であり、ここでこれらの有利な点に関して上記実施例への参照が行われる。

0026

貯蔵デバイスの1構成要素が缶内に貯蔵された繊維材料の最上層に接触できるように、少なくとも1つのセンサーが、貯蔵デバイスの1構成要素の底面内に、または、底面上に配置される場合は特に有利である。
これは接触力の確実な直接的測定を可能にするが、当然ながら、ここで他の配置位置も考えられる。
例えば、接触力が増加するにつれて増加する貯蔵デバイスの電力消費を測定することによって、間接的に接触力を決定することも可能である。

0027

接触力が、ある一定の時間帯に亘って検出されてコントローラを使用して平均値に変換されることが可能であって、また、この結果得られた平均値が、供給量を制御するための基準として使用される場合は更に有利である。
これによって、センサーの測定のばらつきは補正されるので、特に信頼度の高い値が供給量を制御するために提供される。統計データも考慮されるので、測定値は任意の長い時間帯に亘って供給量の制御に供給される。

0028

本発明の更に有利な実施例では、繊維機械は、コントローラに接触しているセンサーであって、これらのセンサーによって缶のタイプ、および/または、寸法、繊維材料のタイプ、缶内に貯蔵された繊維材料の長さ、および/または、質量、繊維機械の生産速度、および/または、温度、もしくは、湿度などの環境条件、等の更なるパラメータが検出されて供給量を制御するために使用される更なるセンサーを備えている。
もっぱら接触力に基づく制御は、確かに従来技術に対する重要な改善である。
しかしながら、更なる要因が考慮される場合には、この制御は更に精緻化されて現在の条件に適応される。

0029

貯蔵速度の適応を可能な限り正確にするために、その駆動速度が連続的、または、増加的に変更される駆動手段を貯蔵デバイスが備えている場合は更に有利である。

0030

少なくとも1つのセンサーが、活性化、または、不活性化される場合も有利である。
例えば、初期充填段階の後にセンサーを不活性化し、缶を変えた後にだけセンサーを再活性化することは好都合である。
繊維機械が、接触力を測定せずにこの期間に動作していることが可能であるように、ある一定の繊維材料を処理するために貯蔵の開始時に供給量を制御することは冗長でもある。

図面の簡単な説明

0031

本発明の更なる利点は下記の図面に関連して説明される。
練条機の側面図。
本発明による練条機のコイラープレートの断面図。
時間の関数としての接触力と供給量との電位の進行を表す図。
缶内への繊維材料貯蔵の開始時における練条機の貯蔵デバイスの側面図。
ある一定の貯蔵時間後の図4による貯蔵デバイスの側面図。
部分的に充填された缶の平面図。

実施例

0032

図1は、独立請求項の前文による繊維機械の一例としての練条機の側面図を示す。
練条機の動作時に薄片2は、複数のいわゆるドラム缶1から取り出されて、練条機の牽引システム3に供給される。
牽引システム3は、3対以上のローラ対4からなり、各ローラ対4は、下部ローラ上部ローラとを備え、牽引ドラフト)による異なる回転速度によって薄片2の均質化をもたらす。

0033

牽引システム3の下流において、牽引された繊維材料5はカレンダローラ対6により回転式のコイラープレート7に最終的に供給され、このコイラープレート7によって缶8内にループ状に貯蔵される。
繊維材料5が制御されないで缶8内でスリップするのを防止するために、缶は、缶底10をコイラープレートの方向に押圧するスプリングシステム9を有している。
これは、繊維材料5と缶底10およびコイラープレート7の隣接表面との間に摩擦接続を作り出す。
上記の摩擦接続は、繊維材料5をガイドして、繊維材料5が缶8内に均等なループ状に貯蔵されることを保証する。
充填プロセス時に、缶底10は繊維材料5の重みによって絶えず下方に動かされるので、繊維材料5とコイラープレート7とに作用する接触力は理想的な場合には一定のままである。

0034

しかしながら、スプリングシステム9が疲労、または、汚染によって劣化される場合には、缶底10は、缶8が空であっても図1に示すように缶底10の最も高い充填レベルに到達できない。
繊維材料5が高すぎる供給量で缶8内に放出される場合には、繊維材料5は不均等に貯蔵されることがあり、最悪の場合には放り出されることもあるので、機械の停止は不可避となる。

0035

したがって、本発明によれば、貯蔵デバイスの供給量は、センサー11によって生成された貯蔵デバイスと繊維材料5との接触を示す信号であって、本発明の有利な精緻化において、貯蔵された繊維材料5によってコイラープレート7の底面に、すなわち、貯蔵デバイスに作用した接触力に比例する信号、を使用してフィードバックループによって制御されることが提案される。貯蔵デバイスの供給量は、好ましくはまず、ある一定の接触力が初期に貯蔵された繊維材料5によって達成されて、決められた信号強度という結果をもたらすまで、本発明による方法によって第1の低いレベルに維持される。
この前もって決められた接触力を達成することは、最終的に繊維機械の最大可能生産速度を可能にする第2の値にまで供給量を増加させるための開始信号として機能する。
当然ながら、第1のレベルから所望の最終速度まで任意数の個別ステップにおいて供給量を増加させることも可能であり、この増加は、この信号の検出時点から始まるように行われる。

0036

接触力は、センサー11によって、例えば、図2に示すような、コイラープレート7の底面に一体化された力測定センサーによって、測定される。
このセンサー11を使用して、コントローラによって連続的に、または、決められた時間間隔で、接触力を捕捉することは可能であって、これらの測定値は、供給量を制御するのに先立って缶8のタイプ、または、サイズ等の他のパラメータに関連付けられる。
図2は、1つのセンサー11のみを示しているが、コイラープレート7に複数の同じ、または、異なるセンサーを備えることも可能である。

0037

図3は、時間tの関数として接触力(カーブA)と供給量v(カーブB)とに関する可能な進行を示す。
これらのカーブが示すように、缶への充填開始時(t1)におけるコイラープレート7の供給量はまず、缶底10が意図された充填高さにまだ到達していない場合でも、繊維材料5が缶8内に清浄に貯蔵されることが保証される時点t2まで一定値v1に引き上げられる。
繊維材料5を貯蔵することによって、繊維材料5がコイラープレート7に接触して接触力を生成し、センサー11によって検出された信号をもたらす時点t3が最終的に到達される。
上述した接触力による信号強度は、この時点から接触力とスプリングシステム9のスプリング力との間で、ある種の均衡が達成される時点t5まで連続的に増加するが、ここでスプリング力、またしたがって接触力もスプリングシステム9の圧縮によって僅かに増加する。

0038

繊維材料5の確実で制御された貯蔵が保証される予め決められた接触力F1(時刻t4)が到達されると、貯蔵デバイスの供給量、要するに、練条機の生産速度は最終的に、最大可能生産速度に対応するレベルv2が到達される(時刻t6)までコントローラによって高められる。

0039

代替として、繊維材料5と貯蔵デバイスとの接触を示す信号、要するに、貯蔵デバイスによる繊維材料5の必要とされるガイダンスの存在を示す信号をセンサー11が繊維機械のコントローラに送信した後には、供給量が既に時刻t3で高められていることも考えられる。

0040

図2は貯蔵デバイスの供給量の線形制御を示しているが、これは最適な制御を達成するために他の如何なる進行をも引き受けることができる。

0041

図4乃至図6は、繊維材料の貯蔵進行と、これに関連して缶8内に既に貯蔵されている繊維材料5とコイラープレート7として図5に示されている貯蔵デバイスとの可能な接触と、を監視するための更なる可能性を示す(上から供給された繊維材料5を貫通するための対応する貫通力を備えるコイラープレート7の詳細な形態は省略されている)。

0042

共に見られるときにこれらの図が示すように、センサー11は、図示したように光源12と対応する反射体13とを備える光カーテンとして実装されている。
このような光カーテンは、繊維材料5がビーム経路破線)内に存在するか否かを検出できる。
反射体13によって反射された光は、図示の例では光源12と共に貯蔵デバイスの片側に配置された検出器(図示せず)によって検出される(当然ながら、検出器と光源12とが貯蔵デバイスの異なる側に配置されると、反射体13も検出器によって置き換えられ得る)。

0043

したがって、本発明の操作方法は次の通りである:コイラープレート7の円形運動とコイラープレート7に固有の回転(図6を参照。これらの対応する運動によって繊維材料5がらせん状に貯蔵される)とによって、繊維材料5が缶底10に対して常に異なるポイントで貯蔵されるので、繊維材料5が上から缶底10に貯蔵されるとすぐに、光源12によって照射された光ビームは規則正しい時間間隔で中断される。
したがって、この結果、得られた光カーテンのパルス状信号は、確かに繊維材料5が既に缶8内に貯蔵されているが、繊維材料5とコイラープレート7とはまだ接触していないということを示す。

0044

最終的にこの状態になるとすぐに(図5を参照)、光カーテンは永久的に中断されるので、コイラープレート7の供給量を制御することに関連する繊維材料5と貯蔵デバイスとの接触は信頼度高く検出される。
それによって、光カーテンがある一定の時間中断される場合にのみ、信号をコントローラに転送することも可能となる。
このように、貯蔵の開始時に検出された上記のパルス状信号はコントローラへの転送に先立って既にフィルタリング除去される。

0045

代替として、コイラープレート7が固定された回転軸周りだけを回転することと、コイラープレート7の回転と缶8の対応する回転とを重ね合わせることによって繊維材料5の貯蔵を実行することとを可能にする。
この場合、缶8の回転軸は、コイラープレート7の回転軸に平行であって図6に示されている貯蔵された薄片のループ形状という結果をもたらす。

0046

このような実施例の有利な点は、図6のように、コイラープレート7が光源12のビーム経路の外側に配置されるという事実にある。
この場合、繊維材料5とコイラープレート7とが接触する、または、少なくともまさに接触しようとしているように、十分な繊維材料5が缶8に貯蔵された場合にだけ光ビームは中断される。

0047

また、本発明は、図示の実施例に限定されない。
図に示されたように、または、請求項、もしくは、説明に記述されたように、説明された個別の特徴の任意のおよびすべての組合せは、対応する組合せが可能で理にかなっているように見える限り、本発明の主題である。

0048

1 ・・・ 供給缶
2 ・・・薄片
3 ・・・牽引システム
4 ・・・ローラ対
5 ・・・繊維材料
6 ・・・カレンダローラ対
7 ・・・コイラープレート
8 ・・・ 缶
9 ・・・スプリングシステム
10 ・・・缶底
11 ・・・センサー
12 ・・・光源
13 ・・・ 反射体

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社豊田自動織機の「 紡機の繊維束集束装置」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】通気エプロンの裏面に付着する風綿の堆積を抑制することができる織機の繊維束集束装置を提供する。【解決手段】ドラフト装置12の下流側に設けられる吸引パイプ15と、吸引パイプの下流側に設けられるニッ... 詳細

  • 村田機械株式会社の「 紡績方法及び紡績機」が 公開されました。( 2020/10/15)

    【課題】芯糸供給装置により供給された芯糸に、ドラフト装置によりドラフトされた繊維束をカバー繊維として巻き付けることにより、生成された、糸の糸端を捕捉しやすくするための紡績方法を提供する。【解決手段】芯... 詳細

  • 株式会社豊田自動織機の「 粗紡機」が 公開されました。( 2020/10/15)

    【課題】プレッサのパドル部にガイド溝を設けた場合でも、ガイド孔から粗糸が外れることを抑制することができる粗紡機を提供する。【解決手段】ボビンを支持するボビンホイールと、ボビンに巻き取られる粗糸2を通す... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ