図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2012年9月27日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (11)

課題

新規化学物質資源として提供する。

解決手段

本発明に係るキシログラニンAとする。

概要

背景

現在の我々の生活において、天然動植物微生物等の体内に含まれる化学物質(以下「天然物」という。)として見出されたもののうち人体に有用な効果をもたらすものは生薬医薬品の有効成分として使用されている。また、このようなものは更に有用な医薬品を開発するための研究材料としても様々な役割を有しており、非常に重要なものとなっている。

このように、人体に有益な効果をもたらす天然物の探索に関する報告としては、例えば下記非特許文献1に、変形菌からビスイドール化合物ナフトキノン化合物グリセリド化合物等を抽出した報告がある。

石橋正己、“未利用菌類資源化:変形菌からの天然物探索”、有機合成化学協会誌、2003年、第61巻、第2号、152〜163頁

概要

新規な化学物質を資源として提供する。本発明に係るキシログラニンAとする。なし

目的

本発明は、新規な化学物質を資源として提供することを目的とする。

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

下記式で示されるキシログラニンA。

請求項2

下記式で示されるキシログラニンB。

請求項3

下記式で示されるキシログラニンA及びその塩の少なくともいずれかを有効成分として含有する薬剤

請求項4

下記式で示されるキシログラニンB及びその塩の少なくともいずれかを有効成分として含有する薬剤。

請求項5

癌の治療薬である請求項3又は4記載の薬剤。

技術分野

0001

本発明は、新規化合物であるキシログラニンAに関し、更には、これらを用いた薬剤に関する。

背景技術

0002

現在の我々の生活において、天然動植物微生物等の体内に含まれる化学物質(以下「天然物」という。)として見出されたもののうち人体に有用な効果をもたらすものは生薬医薬品の有効成分として使用されている。また、このようなものは更に有用な医薬品を開発するための研究材料としても様々な役割を有しており、非常に重要なものとなっている。

0003

このように、人体に有益な効果をもたらす天然物の探索に関する報告としては、例えば下記非特許文献1に、変形菌からビスイドール化合物、ナフトキノン化合物グリセリド化合物等を抽出した報告がある。

0004

石橋正己、“未利用菌類資源化:変形菌からの天然物探索”、有機合成化学協会誌、2003年、第61巻、第2号、152〜163頁

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら一方で、天然物の探索が多数の者によって行なわれているにもかかわらず、探索の材料として検討、調査されたものは、地球上の全生物種の中で10%にも満たないといわれている。

0006

本発明は、新規な化学物質を資源として提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0007

本発明の一手段に係るキシログラニンAは、下記式で示される。

0008

本発明の他の一手段に係るキシログラニンBは、下記式で示される。

0009

また、本発明の他の一手段に係る薬剤は、下記式で示されるキシログラニンA及びその塩の少なくともいずれかを有効成分として含有する。

0010

また、本発明の他の一手段に係る薬剤は、下記式で示されるキシログラニンB及びその塩の少なくともいずれかを有効成分として含有する。

0011

なお、上記の薬剤は、癌の治療薬として有用であることが期待される。

発明の効果

0012

本発明により、新規な化学物質を資源として提供することができる。特に、本発明に係る化学物質は、癌細胞に対し細胞増殖抑制作用を発揮するため、例えば癌の治療薬として利用が期待される。

図面の簡単な説明

0013

キシログラニンAの単離についてのスキームの概略を示す図である。
キシログラニンAの1HNMRスペクトルを示す図である。
キシログラニンAの13C NMRスペクトルを示す図である。
キシログラニンAのCOSYスペクトルを示す図である。
キシログラニンAのHMQCスペクトルを示す図である。
キシログラニンAのHMBCスペクトルを示す図である。
キシログラニンBの1H NMRスペクトルを示す図である。
キシログラニンBの13C NMRスペクトルを示す図である。
キシログラニンBのCOSYスペクトルを示す図である。
キシログラニンBのHMQCスペクトルを示す図である。
キシログラニンBのHMBCスペクトルを示す図である。

発明を実施するための最良の形態

0014

以下、本発明の実施形態について説明するが、本発明は多くの異なる形態による実施が可能であり、以下に示す実施形態についての記載にのみ狭く解釈されるものではない。

0015

本発明の一形態に係るキシログラニンA及びBは、下記式にて示される。

0016

本実施形態に係るキシログラニンA、Bは、後述の実施例から明らかなように、センダン科植物Xylocarpus granatumより抽出することができるが、これに限定されず、合成することも可能である。

0017

本実施形態に係るキシログラニンA、Bは、癌細胞に対し細胞増殖抑制作用を発揮するため、薬剤、例えば癌の治療薬として利用が期待される。なおキシログラニンA、Bを癌の治療薬として利用する場合、キシログラニンA、B及びこれらの塩のうち少なくともいずれかを有効成分として含有しておくことが好ましい。

0018

また、本実施形態に係る癌の治療薬は、上記キシログラニンA、B及びこれらの塩のうち少なくともいずれかの他、薬学的に許容しうる通常の担体結合剤安定化剤賦形剤希釈剤(例えば蒸留水)、pH緩衝剤(例えばリン酸緩衝生理食塩水)、崩壊剤可溶化剤溶解補助剤等張剤等の各種調剤用配合成分を含有させることができる。

0019

またこの癌の治療薬は、患者性別、体重、症状に見合った適切な投与量を経口的又は非経口的に投与することができる。経口的な投与としては、通常用いられる投与形態、例えば粉末顆粒錠剤カプセル剤液剤、懸濁液、油剤乳化剤等の投与形態を採用することができる。また、非経口的な投与としては、通常用いられる投与形態、例えば上記の液剤、懸濁液等にしたものを直接患部に投与する方法、注射等により投与する形態を採用することができる。

0020

本実施例では、Xylocarpus granatum葉部から上記キシログラニンA、Bを抽出しその効果を確認した。図1に、キシログラニンA、Bの単離についてのスキームの概略を示しておく。

0021

まず、Xylocarpus granatum葉部のメタノール抽出物(15.1g)を、ヘキサン酢酸エチルブタノールを用いて溶媒分配を行い、各可溶部を得た。このうち、ヘキサン可溶部について、ダイヤイオンHP20を担体とするカラム(φ50×300mm)に付し、メタノール溶出させた画分1Aを得た。

0022

次に、この画分をSilica gel 60Nを単体とするカラム(φ30×300mm)に付し、クロロホルム/メタノール98/2にて溶出した2Cを、ODSを単体とするカラム(φ30×300mm)に付し、メタノール、水の混合溶媒を用いて溶出させ、溶出順に3A−3Jの各画分を得た。

0023

その後、得られた3Cのメタノール可溶部をセファデックスLH−20を担体とするカラム(φ20×450mm)付し、メタノールを用いて溶出させ、溶出順に4A−4Fの各画分を得た。

0024

そして更に、得られた4Bを下記HPLC条件による分取HPLC(ODS)に付し、5A−5Mの各画分を得た。そしてこのうち単一化合物に分離できた5HをキシログラニンA(1.5mg)と命名した。

0025

また、2Bを、再度Silica gel 60Nを担体とするカラム(φ10×210mm)に付し、溶出順に6A−6Qの各画分を得た。

0026

得られた6Iを下記HPLC条件による分取HPLC(ODS)に付し、7A−7Jの各画分を得た。このうち単一化合物に分離できた7GをキシログラニンB(8.0mg)と命名した。

0027

(キシログラニンAの構造)
キシログラニンAは、淡黄色固体として得られた。ESI−MSにてm/z 681.2866[M+Na]+が観測された。

0028

また、キシログラニンAに対して紫外吸収測定(以下「UV測定」という。)を行い、紫外吸収スペクトル(以下「UVスペクトル」という。)を得た。この紫外吸収測定によるとend absorptionであり吸収ピークは確認できなかった。

0029

また、キシログラニンAに対し、比旋光度[α]Dの測定を行った。キシログラニンAの濃度はメタノール溶媒において0.15g/dlとした。この結果、[α]Dは+4.7であり、光学活性を有することが確認できた。

0030

また、キシログラニンAに対し、円偏光二色性スペクトル(CD)の測定も行った。この結果、264nm(Δε2.6)、241nm(Δε0.8)でコットン効果を示した。

0031

また、キシログラニンAに対し、赤外吸収分光測定を行った。この結果、3650cm−1、1740cm−1に吸収のピークが確認できた。下記表に、比旋光度、HRESIMS、UV測定、IR測定の結果を示しておく。

0032

更に、1H NMR、13C NMR、HMQCの解析から分子式がC35H46O12であることが判明した。1HNMRスペクトルにおいて、3H分のフラン環由来シグナル、2つのイソブチリル基に由来する2H分のセプテット、1つのメトキシ基、8つのメチル基由来のシグナルが観測された。またCOSYスペクトル、HMQCスペクトル、HMBCスペクトルの解析ならびに類似化合物Xyloccensin Xの文献値(Roy A.D.,Kumar R,Gupta P.,Khaliq T.,Narender T.,Aggarwal V.,Roy R.、Magin. Reson. Chem.、2006、44、1054−1057)との比較により、各プロトンシグナルおよび炭素シグナルの一部を帰属した。さらに、HMBCスペクトルの解析ならびにXyloccensin Xの文献値との比較より、本化合物は下記式に示すリモノイド骨格を持つ新規化合物であることが判明した。なお、図2に、キシログラニンA(及びキシログラニンB)の1HNMRデータ及び13C NMRデータを、図3にキシログラニンAの1H NMRスペクトルを、図4にキシログラニンAのCOSYスペクトルを、図5にキシログラニンAのHMQCスペクトルを、図6にキシログラニンAのHMBCスペクトルを、それぞれ示しておく。

0033

(キシログラニンBの構造)
キシログラニンBは、淡黄色固体として得られた。ESI−MSにてm/z 727.2751[M+Na]+が観測された。

0034

また、キシログラニンBに対して紫外吸収測定(以下「UV測定」という。)を行い、紫外吸収スペクトル(以下「UVスペクトル」という。)を得た。この紫外吸収測定によると218nmに吸収ピークを確認することができた。

0035

また、キシログラニンBに対し、比旋光度[α]Dの測定を行った。キシログラニンAの濃度はクロロホルム溶媒において0.5g/dlとした。この結果、[α]Dは+10.7であり、光学活性を有することが確認できた。

0036

また、キシログラニンBに対し、円偏光二色性スペクトル(CD)の測定も行った。この結果、238nm(Δε 13.7)、214nm(Δε −2.4)、208nm(Δε 2.2)でコットン効果を示した。

0037

また、キシログラニンBに対し、赤外吸収分光測定を行った。この結果、3530cm−1、1720cm−1に吸収のピークが確認できた。下記表に、比旋光度、HRESIMS、UV測定、IR測定の結果を示しておく。

0038

さらに13C NMRおよびHMQCの解析よりキシログラニンBの分子式は、C39H44O12であることが判明した。また1Hおよび13CNMRスペクトルにおいてキシログラニンBのデータは、キシログラニンAとよく類似していたことから、本化合物はキシログラニンAと同様にリモノイド構造をもつことが示唆された。

0039

一方,キシログラニンBとキシログラニンAの1H NMRを比較したところ,低磁場側のフラン環由来シグナルに加え、芳香族由来のシグナルが観測された。COSYスペクトル、HMQC、HMBCスペクトルの解析より、各プロトンシグナルおよび各炭素シグナルを帰属した。さらにHMBCスペクトルの解析より、本化合物は下記式に示すリモノイド骨格を持つ新規化合物であることが判明した。なお、図7に、キシログラニンBの1HNMRスペクトルを、図8に、キシログラニンBの13C NMRスペクトルを、図9に、キシログラニンBのCOSYスペクトルを、図10に、キシログラニンBのHMQCスペクトルを、図11に、キシログラニンBのHMBCスペクトルを、それぞれ示しておく。

0040

細胞増殖阻害活性
上記単離したキシログラニンBについて、ヒト大腸がん細胞株3種類(HCT116、DLD1)、及び、ヒト胎児上皮細胞株である293T細胞(正常細胞)に対する細胞増殖阻害活性を検討した。

0041

まず、各細胞株をそれぞれ96穴プレート(Nunk)に6×103細胞/穴の濃度で播種し一晩培養した後、各細胞株に対してキシログラニンBを細胞に暴露し、24時間培養した。培養後、培地を除去し、フルオロセイジアセテート和光)が10μg/mL となるようにPBSに溶解させた溶液を各穴に200μL添加し、1時間後に蛍光を測定することで各試料濃度での細胞生存率を算出し、50%細胞増殖阻害濃度(IC50値)を計算した。この結果を下記表に示す。なお、上記細胞生存率の算出は、“Larsson R.,Kristensen J.,Sandberg C.,Nygren P.、Int. J. Cancer、199、2、50、177−1815”に記載の算出方法を用いて行った。

0042

この結果,XG−4はヒト大腸がん細胞株2種類に対して細胞増殖阻害活性をもち、特にHCT116に対して強い細胞増殖阻害活性をもつことが判明した。一方、正常細胞株である293Tには細胞増殖阻害活性を有しておらず選択性を有していることが確認できた。

0043

本発明は新規化合物を有効成分とし、薬剤として産業上の利用可能性を有する。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ