図面 (/)

技術 ロール紙状体支持装置、画像形成装置及びロール紙状体支持方法

出願人 東芝テック株式会社
発明者 當山忠智
出願日 2011年2月28日 (9年4ヶ月経過) 出願番号 2011-042083
公開日 2012年9月20日 (7年9ヶ月経過) 公開番号 2012-179717
状態 未査定
技術分野 連続用紙の取扱い ウェブの巻戻し
主要キーワード 紙状体 揺れ止め 上位機種 ビス挿通孔 ドットインパクトヘッド ビス穴 軸受孔 記録媒体搬送装置
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年9月20日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (8)

課題

傾斜して使用してもロール紙状体揺れが生じにくいロール紙状体支持装置画像形成装置及びロール紙状体支持方法を提供する。

解決手段

ロール状紙状体である記録媒体を回転可能に支持し、回転中心以外に重心を有する基底部係止機構であるビスを緩めた時にロール紙状体の芯の内部に接する少なくとも2点の接点を結ぶ直線が鉛直方向と垂直となるように配置される支持部を備えるロール紙状体支持装置と、記録媒体を搬送する記録媒体搬送装置と、記録媒体に画像形成する画像形成部と、記録媒体搬送装置を駆動させる搬送装置駆動部と、制御部と、を備える。

概要

背景

紙、樹脂シート、又は布などの紙状体ロール状に巻いたロール紙状体から紙状体を引き出して処理する装置がある。このような装置においては、紙状体をロールから引き出す際に均一の張力が働いていることが望ましい。

例えば、ロール状の記録媒体から記録媒体を引き出し、この記録媒体に画像形成する画像形成装置においては、記録媒体を引き出す際の張力が均一でないと記録媒体の搬送に支障をきたすことがある。

この点に関し、ロール状紙状体中空の芯に挿通する支持軸四角柱に形成し、芯の内側を支持軸が2辺、すなわち側面視したときに2点により支持するロール紙状体支持装置が提案されている。

また、ロール紙状体の揺れ規制する揺れ止めピンを有するロール紙状体支持装置が提案されている。

概要

傾斜して使用してもロール紙状体に揺れが生じにくいロール紙状体支持装置、画像形成装置及びロール紙状体支持方法を提供する。ロール状紙状体である記録媒体を回転可能に支持し、回転中心以外に重心を有する基底部係止機構であるビスを緩めた時にロール紙状体の芯の内部に接する少なくとも2点の接点を結ぶ直線が鉛直方向と垂直となるように配置される支持部を備えるロール紙状体支持装置と、記録媒体を搬送する記録媒体搬送装置と、記録媒体に画像形成する画像形成部と、記録媒体搬送装置を駆動させる搬送装置駆動部と、制御部と、を備える。

目的

本発明の一実施形態は、回転可能に設置され、回転の中心以外に重心が存在する形状をなし、回転しないように係止する係止機構を有する基底部と、基底部に設けられ、基底部を重力に従って自由回転させた後に係止具によって係止したときに少なくとも2点によりロール状の記録媒体のロールの芯の内部に接触する形状をなし、ロール状の記録媒体のロールの芯に挿通される支持部と、記録媒体を搬送する記録媒体搬送装置と、記録媒体に画像形成する画像形成部と、を備える画像形成装置を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

回転可能に設置され、回転の中心以外に重心が存在する形状をなし、回転しないように係止する係止機構を有する基底部と、前記基底部に設けられ、前記基底部を重力に従って自由回転させた後に前記係止具によって係止したときに少なくとも2点によりロール紙状体の芯の内部に接触する形状をなし、前記ロール紙状体の芯に挿通される支持部と、を備えるロール紙状体支持装置

請求項2

前記支持部は、前記基底部を重力に従って自由回転させた後に前記係止具によって係止したときに前記ロール紙状体の芯の内部に接触する2点を結ぶ直線が鉛直方向に対して垂直である請求項1記載のロール紙状体支持装置。

請求項3

軸周りに回転可能な円盤と、前記円盤の周辺部に配置されると、前記円盤の回転を阻止する係止機構と、前記円盤に設けられ、ロールの筒状の芯の内部に挿通される角柱状の支持部と、を備えるロール紙状体支持装置。

請求項4

回転可能に設置され、回転の中心以外に重心が存在する形状をなし、回転しないように係止する係止機構を有する基底部と、前記基底部に設けられ、前記基底部を重力に従って自由回転させた後に前記係止具によって係止したときに少なくとも2点によりロール状の記録媒体のロールの芯の内部に接触する形状をなし、ロール状の前記記録媒体の前記ロールの芯に挿通される支持部と、前記記録媒体を搬送する記録媒体搬送装置と、前記記録媒体に画像形成する画像形成部と、を備える画像形成装置

請求項5

前記支持部は、前記基底部を重力に従って自由回転させた後に前記係止具によって係止したときにロール状の前記記録媒体の前記ロールの芯の内部に接触する2点を結ぶ直線が鉛直方向に対して垂直である請求項4記載の画像形成装置。

請求項6

軸周りに回転可能な円盤と、前記円盤の周辺部に配置される錘と、前記円盤の回転を阻止する係止機構と、前記円盤に設けられ、ロールの筒状の芯の内部に挿通される角柱状の支持部と、前記記録媒体を搬送する記録媒体搬送装置と、前記記録媒体に画像形成する画像形成部と、を備える画像形成装置。

請求項7

回転の中心以外に重心が存在する形状をなす基底部を自由回転させた後に係止機構によって回転しないように係止し、前記基底部に設けられる支持部の少なくとも2点をロール紙状体の芯の内部に接触させる、ロール紙状体支持方法

請求項8

前記2点を結ぶ直線が鉛直方向に対して垂直になるように前記支持部を係止する請求項7記載のロール紙状体支持方法。

技術分野

0001

本発明の実施形態は、ロール紙状体支持装置画像形成装置及びロール紙状体支持方法に関する。

背景技術

0002

紙、樹脂シート、又は布などの紙状体ロール状に巻いたロール紙状体から紙状体を引き出して処理する装置がある。このような装置においては、紙状体をロールから引き出す際に均一の張力が働いていることが望ましい。

0003

例えば、ロール状の記録媒体から記録媒体を引き出し、この記録媒体に画像形成する画像形成装置においては、記録媒体を引き出す際の張力が均一でないと記録媒体の搬送に支障をきたすことがある。

0004

この点に関し、ロール状紙状体中空の芯に挿通する支持軸四角柱に形成し、芯の内側を支持軸が2辺、すなわち側面視したときに2点により支持するロール紙状体支持装置が提案されている。

0005

また、ロール紙状体の揺れ規制する揺れ止めピンを有するロール紙状体支持装置が提案されている。

先行技術

0006

特開2004−292158号公報

発明が解決しようとする課題

0007

しかし、いずれの技術によっても、顧客の要請によりロール紙状体支持装置を含む装置全体を傾斜して配置して使用する場合、角度によってはロール紙状体を1辺、すなわち側面視したとき1点にて支持する状態が生じる。この状態にて紙状体をロール紙状体から取り出すと、ロール紙状体に揺れが発生し、張力が不安定となる。

0008

従って、傾斜して使用してもロール紙状体に揺れが生じにくいロール紙状体支持装置、画像形成装置及びロール紙状体支持方法が求められている。

課題を解決するための手段

0009

上記の課題を解決するために、本発明の一実施形態は、回転可能に設置され、回転の中心以外に重心が存在する形状をなし、回転しないように係止する係止機構を有する基底部と、基底部に設けられ、基底部を重力に従って自由回転させた後に係止具によって係止したときに少なくとも2点によりロール状の記録媒体のロールの芯の内部に接触する形状をなし、ロール状の記録媒体のロールの芯に挿通される支持部と、記録媒体を搬送する記録媒体搬送装置と、記録媒体に画像形成する画像形成部と、を備える画像形成装置を提供する。

図面の簡単な説明

0010

ロール紙状体支持装置を含む画像形成装置の側面図である。
ロール紙状体支持装置の分解斜視図である。
ロール紙状体支持装置の正面図である。
応用例に係るロール紙状体支持装置の正面図である。
画像形成装置を水平に設置した場合のロール紙状体支持装置の様子を示す図である。
画像形成装置を水平方向に対して角度をつけて設置した場合のロール紙状体支持装置の様子を示す図である。
画像形成装置の構成を示すブロック図である。

実施例

0011

以下、本発明によるロール紙状体支持装置、画像形成装置及びロール紙状体支持方法の一実施形態について、図面を用いて詳細に説明する。

0012

本実施形態のロール紙状体支持装置は、回転可能に設置され、回転の中心以外に重心が存在する形状をなし、回転しないように係止する係止機構を有する基底部と、基底部に設けられ、基底部を重力に従って自由回転させた後に係止具によって係止したときに少なくとも2点によりロール紙状体の芯の内部に接触する形状をなし、ロール紙状体の芯に挿通される支持部と、を備える。

0013

本実施形態の画像形成装置は、回転可能に設置され、回転の中心以外に重心が存在する形状をなし、回転しないように係止する係止機構を有する基底部と、基底部に設けられ、基底部を重力に従って自由回転させた後に係止具によって係止したときに少なくとも2点によりロール状の記録媒体のロールの芯の内部に接触する形状をなし、ロール状の記録媒体のロールの芯に挿通される支持部と、記録媒体を搬送する記録媒体搬送装置と、記録媒体に画像形成する画像形成部と、を備える。

0014

図1は、本実施形態に係るロール紙状体支持装置を含む画像形成装置1の側面図である。図1に示すように、画像形成装置1は、ロール状紙状体である記録媒体12を回転可能に支持するロール紙状体支持装置100と、記録媒体12の搬送位置を規制する第1の搬送ガイド20A及び第2の搬送ガイド20Bと、記録媒体12を搬送する記録媒体搬送装置13と、記録媒体12に画像形成する画像形成部14と、記録媒体12を裁断するカッタ16と、記録媒体搬送装置13を駆動させる搬送装置駆動部904と、カッタ16を駆動させるカッタ駆動部905と、制御部19と、を備える。なお、カッタ16及びカッタ駆動部905はオプションとすることもできる。

0015

画像形成部14は、サーマルヘッドでもドットインパクトヘッドでもインクジェットヘッドでもよい。画像形成部14の記録媒体12を挟んで対向する位置にはプラテン15が設けられる。

0016

制御部19は、演算装置であるCPU901と、画像処理部903と、を含む。

0017

画像形成装置1は、記録媒体12を記録媒体搬送装置13により搬送し、画像処理部903の出力に応じて画像形成部14を駆動させて記録媒体12に画像形成し、記録媒体12を裁断し、排出口から裁断された記録媒体Pを排出する。

0018

図2は、ロール紙状体支持装置100の分解斜視図である。図2に示すように、ロール紙状体支持装置100は円弧状に設けられるビス挿通孔103を有する基底部101と、基底部101に設けられ、ロール紙状体12の芯に挿通される支持部102と、を備える。

0019

基底部101は円盤形状をなしていることが製作しやすいという点で望ましいが、ほかの形状をなしていてもよい。

0020

支持部102は、少なくとも2点によりロール紙状体の芯の内部に接触する形状をなしている。支持部102は四角柱であることが製作しやすいという点で望ましいが、ほかの形状をなしていてもよい。例えば、支持部102は底面が多角形柱体であってもよい。

0021

支持部102は、基底部101に対して回転しないように基底部101に係止される。支持部102は基底部101と一体形成されていてもよい。

0022

ロール紙状体支持装置100が設置されるフレーム107にはビス穴108と、軸受孔110が設けられる。

0023

基底部101はフレーム107側の面に軸111を有する。軸111は軸受孔110に回転可能に嵌め込まれる。支持部102の回転軸Oと軸111の回転軸Oとは一致することが望ましい。

0024

ロール紙状体支持装置100はフレーム107に、係止具であるビス109をビス挿通孔103及びビス穴108に挿通して締めることにより固定される。

0025

基底部101が円形形状の場合、基底部101は円周部に104を備える。

0026

図3は、ロール紙状体支持装置100の正面図である。図3に示すように、フレーム107に回転可能に設置された場合、ロール紙状体支持装置100は錘104が最下部に来るように変位する。支持部102は、基底部101が重力に従って自由回転することにより錘104が最下部に来るように変位した場合、ロール紙状体12の芯の内部に接する2つの接点A及び接点Bを結ぶ直線が、矢印X1に示す鉛直方向と垂直となるように基底部101に取り付けられる。

0027

基底部101は基底部101が回転しないように係止する係止機構を有する。基底部101は、係止機構として例えばビス109を挿通するビス挿通孔103を、回転中心Oを中心とする円弧状に有する。

0028

図4は、応用例に係るロール紙状体支持装置100の正面図である。図4に示すように、錘104を用いる代わりに、回転中心O以外に重心が存在する形状をなしていてもよい。図4に示す例においては、基底部101は楕円部105を備える。

0029

図5は、画像形成装置1を水平に設置した場合のロール紙状体支持装置100の様子を示す図である。

0030

図5に示すように、ビス109を緩めた状態では、ロール紙状体支持装置100は錘104が最下部に来るように変位する。この状態で、ビス109を締め、フレーム107にロール紙状体支持装置100を固定する。

0031

ロール紙状体12の芯に支持部102を挿通すると、接点A及び接点Bにて支持部102はロール紙状体12の芯の内部に接する。

0032

従って、ロール紙状体12から紙状体である記録媒体を引き出してもロール紙状体12は揺動することがなく、張力は安定する。

0033

図6は、画像形成装置1を水平方向に対して角度をつけて設置した場合のロール紙状体支持装置100の様子を示す図である。

0034

図6に示すように、ビス109を緩めた状態では、ロール紙状体支持装置100は錘104が最下部に来るように変位する。この状態で、ビス109を締め、フレーム107にロール紙状体支持装置100を固定する。

0035

ロール紙状体12の芯に支持部102を挿通すると、接点A及び接点Bにて支持部102はロール紙状体12の芯の内部に接する。

0036

従って、ロール紙状体12から紙状体である記録媒体を引き出してもロール紙状体12は揺動することがなく、張力は安定する。

0037

図7は、画像形成装置1の構成を示すブロック図である。図7に示すように、画像形成装置1は、演算装置であるCPU701と、記憶装置であるメモリ702と、画像形成を行う画像形成部703と、記録媒体搬送装置13を駆動する搬送装置駆動部704と、カッタ16を駆動するカッタ駆動部705と、基底部101の支持部102設置位置に隣接して設けられ、ロール紙状体12の記録媒体がなくなったことを検知するセンサ706と、ホストコンピュータなどの上位機種との通信を行う通信インターフェース707と、を備える。

0038

CPU701はセンサ706からの出力を入力する。CPU701は、センサ706から入力した値が正常値、すなわち閾値以上あるいはONの場合、搬送装置駆動部704を駆動させ、画像形成部703に画像形成させ、カッタ駆動部705を駆動させる。

0039

CPU701はセンサ706から入力した値が異常を示す値、すなわち閾値未満あるいはOFFの場合、搬送装置駆動部704、画像形成部703、及びカッタ駆動部705を停止させ、通信インターフェース707を通じて上位機種に記録媒体がなくなった旨の信号を送信する。

0040

以上のべたように、本実施形態の画像形成装置1は、ロール状紙状体である記録媒体12を回転可能に支持し、回転中心以外に重心を有する基底部101にビス109を緩めた時にロール紙状体12の芯の内部に接する少なくとも2点の接点を結ぶ直線が鉛直方向と垂直となるように配置される支持部102を備えるロール紙状体支持装置100と、記録媒体12を搬送する記録媒体搬送装置13と、記録媒体12に画像形成する画像形成部14と、記録媒体12を裁断するカッタ16と、記録媒体搬送装置13を駆動させる搬送装置駆動部904と、カッタ16を駆動させるカッタ駆動部905と、制御部19と、を備える。

0041

従って、ロール紙状体支持装置100を備える装置を傾斜して使用してもロール紙状体に揺れが生じにくいという効果がある。

0042

なお、本実施形態においては画像形成装置1にロール紙状体支持装置100が設置される例を示したが、本実施形態のロール紙状体支持装置100は他の種類のロール紙状体を扱う装置にも設置可能である。

0043

本発明のいくつかの実施形態を説明したが、これらの実施形態は、例として提示したものであり、発明の範囲を限定することは意図していない。これら実施形態は、その他の様々な形態で実施されることが可能であり、発明の要旨を逸脱しない範囲で、種々の省略、置き換え、変更を行うことができる。これら実施形態やその変形は、発明の範囲や要旨に含まれると同様に、特許請求の範囲に記載された発明とその均等の範囲に含まれるものである。

0044

12:記録媒体
13:記録媒体搬送装置
14:画像形成部
16:カッタ
100:ロール紙状体支持装置
101:基底部
102:支持部

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • セイコーエプソン株式会社の「 印刷装置及び搬送ローラーの製造方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】搬送ローラーを支持ローラーによって下支えする構造の印刷装置において、搬送ローラーの支持ローラーと接する部分を高耐久化して搬送ローラーの摩耗を抑制する。【解決手段】印刷装置1は、媒体Pを搬送する... 詳細

  • 理想科学工業株式会社の「 印刷装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】外部の測定装置を用いることなく、エンコーダが設置されたローラの偏心情報を取得できる印刷装置を提供する。【解決手段】エンコーダローラ31は、搬送されるウェブWに従動回転する。エンコーダ22は、エ... 詳細

  • 富士通コンポーネント株式会社の「 プリンタ装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】幅の異なるロール状に巻かれた記録紙に対応しているプリンタ装置を提供する。【解決手段】記録紙が設置される設置領域を有するプリンタ本体部と、前記記録紙に印刷をする印刷ヘッドと、制御部と、前記設置領... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ