図面 (/)

技術 車載機器及び該車載機器に接続可能な携帯端末

出願人 アルパイン株式会社
発明者 松本伸男
出願日 2011年1月17日 (9年5ヶ月経過) 出願番号 2011-007248
公開日 2012年8月9日 (7年10ヶ月経過) 公開番号 2012-149923
状態 特許登録済
技術分野 電話機の機能 航行(Navigation)
主要キーワード 自動車用ナビゲーション 端末アプリ AVユニット 種アプリ 各車載機器 グループ検索 処理結果情報 コンピュータユニット
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年8月9日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (16)

課題

より簡易な操作にて携帯端末に備えられた複数の同種のアプリケーションにて共通の処理を実行させてより効率的に情報を得ることができるような「車載機器」を提供することである。

解決手段

携帯端末20において実行可能であって共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションを管理する同種アプリ管理手段(図4)とを有し、携帯端末20において前記複数の同種のアプリケーションのいずれかに前記所定処理をさせる際に、同種の他のアプリケーションのうちの少なくとも1つを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせる同種アプリ制御手段(S31、S32)を有し、実行された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報を取得する構成となる。

概要

背景

従来、ナビゲーションに係るアプリケーション等、複数の同種のアプリケーションを備えた携帯端末が提案されている(特許文献1参照)。この携帯端末は、自動車用ナビゲーションに係るアプリケーション及び歩行者用ナビゲーションに係るアプリケーションを備え、移動手段が変わる(自動車から徒歩、あるいは徒歩から自動車)毎に実行されるアプリケーションを切換えている。

概要

より簡易な操作にて携帯端末に備えられた複数の同種のアプリケーションにて共通の処理を実行させてより効率的に情報を得ることができるような「車載機器」を提供することである。携帯端末20において実行可能であって共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションを管理する同種アプリ管理手段()とを有し、携帯端末20において前記複数の同種のアプリケーションのいずれかに前記所定処理をさせる際に、同種の他のアプリケーションのうちの少なくとも1つを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせる同種アプリ制御手段(S31、S32)を有し、実行された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報を取得する構成となる。A

目的

本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、より簡易な操作にて携帯端末に備えられた複数の同種のアプリケーションにて共通の処理を実行させてより効率的に情報を得ることができるような車載機器を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

複数のアプリケーションを備えて各アプリケーションの実行可能な携帯端末通信可能な状態で接続される車載機器であって、前記携帯通信端末との通信により当該携帯端末でのアプリケーションの実行を制御する端末アプリ制御手段と、前記携帯端末でのアプリケーションの実行により生じる情報を当該携帯端末との通信により取得する情報取得手段と、前記携帯端末において実行可能であって共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションを管理する同種アプリ管理手段とを有し、前記端末アプリ制御手段は、前記携帯端末において前記同種アプリ管理手段にて管理される複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させて当該アプリケーションに前記所定処理をさせる際に、同種の他のアプリケーションのうちの少なくとも1つを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせる同種アプリ制御手段を有し前記情報取得手段が、実行された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報を取得する車載機器。

請求項2

前記情報取得手段にて取得された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報を統合して処理結果情報を生成する処理結果情報生成手段を有する請求項1または2記載の車載機器。

請求項3

前記処理結果情報生成手段は、複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生ずる実質的に同じ情報を重複させることなく前記処理結果情報を生成する請求項2記載の車載機器。

請求項4

利用者による操作部の所定操作に基づいて、同種の他のアプリケーションを実行すべきか否かを判定する判定手段を有し、前記判定手段が前記同種の他のアプリケーションを実行すべきと判定したときに、前記同種アプリ制御手段が前記同種の他のアプリケーションのうちの少なくとも1つを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定の処理をさせる請求項1乃至3のいずれかに記載の車載機器。

請求項5

前記携帯端末と通信して前記同種アプリ管理手段にて管理すべきアプリケーションを登録する同種アプリ登録手段を有する請求項1乃至4のいずれかに記載の車載機器。

請求項6

前記同種アプリ管理手段は、複数の同種のアプリケーションを1つのグループとして管理する管理テーブルを有する請求項1乃至5のいずれかに記載の車載機器。

請求項7

共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションと該複数の同種のアプリケーションそれぞれとの間で情報交換可能な集約アプリケーションとを含む複数のアプリケーションを備えて各アプリケーションの実行可能な携帯端末が通信可能な状態で接続される車載機器であって、前記携帯端末との通信により当該携帯端末でのアプリケーションの実行を制御する端末アプリ制御手段と、前記携帯端末でのアプリケーションの実行により生じる情報を当該携帯端末との通信により取得する情報取得手段とを有し、前記端末アプリ制御手段は、前記複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させる際に、前記集約アプリケーションを介して、前記アプリケーションに前記所定処理を実行させるとともに、同種の他のアプリケーションを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせる同種アプリ制御手段とを有し、前記情報取得手段が、前記集約アプリケーションを介して、実行された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報を取得する車載機器。

請求項8

利用者による操作部の所定操作に基づいて、同種の他のアプリケーションを実行すべきか否かを判定する判定手段を有し、前記判定手段が前記同種の他のアプリケーションを実行すべきと判定したときに、前記同種アプリ制御手段が、前記集約アプリケーションを介して、前記アプリケーションに前記所定処理を実行させるとともに、前記複数の同種のアプリケーションに前記所定処理をさせる請求項7記載の車載機器。

請求項9

前記端末アプリ制御手段は、前記情報取得手段にて取得された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じた情報から1つの情報が選択された際に、その選択された情報を生じさせたアプリケーションによりその選択された情報を用いた処理を行わせる手段を有する請求項1乃至8のいずれかに記載の車載機器。

請求項10

複数の同種のアプリケーションのそれぞれは、車両ナビゲーションに係るアプリケーションであり、前記共通の所定処理は、車両ナビゲーションに用いられる施設についての検索処理である請求項1乃至9のいずれかに記載の車載機器。

請求項11

車載機器に通信可能な状態で接続可能であって、複数のアプリケーションを備えて各アプリケーションの実行可能な携帯端末であって、前記複数のアプリケーションは、共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションと該複数の同種のアプリケーションそれぞれとの間で情報交換可能な集約アプリケーションとを含み、前記集約アプリケーションは、前記複数の同種のアプリケーションのいずれかが実行されている際に、前記車載機器からの要求に応じてその実行されているアプリケーションに前記所定処理をさせるとともに、同種の他のアプリケーションを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせ、前記複数の同種のアプリケーションの前記所定処理により生じた情報を収集し、該情報を前記車載機器に送信する処理を行う携帯端末。

技術分野

0001

本発明は、車載AV機器等の車載機器及び該車載機器に有線または無線にて接続可能なスマートフォン等の携帯端末に関する。

背景技術

0002

従来、ナビゲーションに係るアプリケーション等、複数の同種のアプリケーションを備えた携帯端末が提案されている(特許文献1参照)。この携帯端末は、自動車用ナビゲーションに係るアプリケーション及び歩行者用ナビゲーションに係るアプリケーションを備え、移動手段が変わる(自動車から徒歩、あるいは徒歩から自動車)毎に実行されるアプリケーションを切換えている。

先行技術

0003

特開2007−64846号公報

発明が解決しようとする課題

0004

ところで、複数のアプリケーションを備えた携帯端末を車載機器に接続し、車載機器にて携帯端末の種々のアプリケーションを利用することが考えられる。このような構成において、複数の同種のアプリケーションで共通の処理、例えば、複数のナビゲーションアプリケーションにて同じ検索条件施設の種類、地域範囲等)での施設検索処理を行わせ、その検索結果を得るようすることは、より多くの検索結果を得ることができる点で好ましい。

0005

しかしながら、この場合、利用者は、車載機器においてアプリケーションごとに決まった操作を行わなければならないため、例えば、複数のナビゲーションアプリケーションにおいて同じ検索条件での施設検索処理を行わせる場合でも、その複数のナビゲーションアプリケーションのそれぞれを別々に動作させて、その都度その施設検索処理をさせるための操作が必要になってしまう。このため、より多くの操作が必要となり、また、その処理結果を得るためにより多くの時間を要してしまう。

0006

本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、より簡易な操作にて携帯端末に備えられた複数の同種のアプリケーションにて共通の処理を実行させてより効率的に情報を得ることができるような車載機器を提供するものである。

課題を解決するための手段

0007

本発明に係る車載機器は、複数のアプリケーションを備えて各アプリケーションの実行可能な携帯端末が通信可能な状態で接続される車載機器であって、前記携帯通信端末との通信により当該携帯端末でのアプリケーションの実行を制御する端末アプリ制御手段と、前記携帯端末でのアプリケーションの実行により生じる情報を当該携帯端末との通信により取得する情報取得手段と、前記携帯端末において実行可能であって共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションを管理する同種アプリ管理手段とを有し、前記端末アプリ制御手段は、前記携帯端末において前記同種アプリ管理手段にて管理される複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させて当該アプリケーションに前記所定処理をさせる際に、同種の他のアプリケーションのうちの少なくとも1つを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせる同種アプリ制御手段を有し前記情報取得手段が、実行された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報を取得する構成となる。

0008

このような構成により、携帯端末において実行可能であって共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションが管理され、その管理される複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させて当該アプリケーションに前記所定処理をさせる際に、同種の他のアプリケーションのうちの少なくとも1つが実行されて当該他のアプリケーションにて前記所定処理がなされ、その実行された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報が取得されるようになる。このため、前記複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させて当該アプリケーションに前記所定処理をさせようとすると、そのアプリケーションによる所定処理により生ずる情報だけでなく、同種の他のアプリケーションによる当該所定処理により生ずる情報をも得ることができるようになる。

0009

本発明に係る車載機器において、前記情報取得手段にて取得された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報を統合して処理結果情報を生成する処理結果情報生成手段を有する構成とすることができる。

0010

このような構成により、複数の同種のアプリケーションによる所定処理により生じる情報を統合した処理結果情報が生成されるので、複数の同種のアプリケーションによる所定処理により生じる別々の情報が統合された処理結果情報として利用者に提供することができるようになる。

0011

また、本発明に係る車載機器において、前記処理結果情報生成手段は、複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生ずる実質的に同じ情報を重複させることなく前記処理結果情報を生成する構成とすることができる。

0012

このような構成により、処理結果情報に実質的に同じ情報が含まれなくなるので、無駄の無い処理結果情報を得ることができるようになる。

0013

また、本発明に係る車載機器において、利用者による操作部の所定操作に基づいて、同種の他のアプリケーションを実行すべきか否かを判定する判定手段を有し、前記判定手段が前記同種の他のアプリケーションを実行すべきと判定したときに、前記同種アプリ制御手段が前記同種の他のアプリケーションのうちの少なくとも1つを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定の処理をさせる構成とすることができる。

0014

このような構成により、管理される複数の同種のアプリケーションのいずれかにより所定処理がなされる際に、利用者の操作部の所定操作に基づいて、同種の他のアプリケーションのうちの少なくとも1つを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定の処理をさせるか否かが決まるようになるので、利用者の意思に応じて、複数の同種のアプリケーションによる所定処理を行わせることができるようになる。

0015

また、本発明に係る車載機器において、前記携帯端末と通信して前記同種アプリ管理手段にて管理すべきアプリケーションを登録する同種アプリ登録手段を有する構成とすることができる。

0016

このような構成により、登録されたアプリケーションが同種のアプリケーションとして管理されるようになるので、所定処理により生ずる情報を得るための複数の同種のアプリケーションを任意に決めることができる。

0017

更に、本発明に係る車載機器において、前記同種アプリ管理手段は、複数の同種のアプリケーションを1つのグループとして管理する管理テーブルを有する構成とすることができる。

0018

このような構成により、管理テーブルを用いて所定処理により生ずる情報を得るための複数の同種のアプリケーションを1つのグループとして管理できるようになる。

0019

本発明に係る車載機器は、共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションと該複数の同種のアプリケーションそれぞれとの間で情報交換可能な集約アプリケーションとを含む複数のアプリケーションを備えて各アプリケーションの実行可能な携帯端末が通信可能な状態で接続される車載機器であって、前記携帯端末との通信により当該携帯端末でのアプリケーションの実行を制御する端末アプリ制御手段と、前記携帯端末でのアプリケーションの実行により生じる情報を当該携帯端末との通信により取得する情報取得手段とを有し、前記端末アプリ制御手段は、前記複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させる際に、前記集約アプリケーションを介して、前記アプリケーションに前記所定処理を実行させるとともに、同種の他のアプリケーションを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせる同種アプリ制御手段とを有し、前記情報取得手段が、前記集約アプリケーションを介して、実行された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じる情報を取得する構成となる。

0020

このような構成により、複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させる際に、携帯端末の有する集約アプリケーションを介して、当該アプリケーションとともに同種の他のアプリケーションが実行されてそれら複数の同種アプリケーションにて所定処理がなされ、各アプリケーションでの前記所定処理により生じる情報が前記集約アプリケーションを介して取得されるようになる。このため、前記複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させて当該アプリケーションに前記所定処理をさせようとすると、そのアプリケーションによる所定処理により生ずる情報だけでなく、同種の他のアプリケーションによる当該所定処理により生ずる情報をも得ることができるようになる。

0021

本発明に係る車載機器において、利用者による操作部の所定操作に基づいて、同種の他のアプリケーションを実行すべきか否かを判定する判定手段を有し、前記判定手段が前記同種の他のアプリケーションを実行すべきと判定したときに、前記同種アプリ制御手段が、前記集約アプリケーションを介して、前記アプリケーションに前記所定処理を実行させるとともに、前記複数の同種のアプリケーションに前記所定処理をさせる構成とすることができる。

0022

このような構成により、利用者の操作部の操作に基づいて、集約アプリケーションを介して複数の同種のアプリケーションに所定処理をさせるか否かが決まるようになるので、利用者の意思に応じて、複数の同種のアプリケーションによる所定処理を行わせることができるようになる。

0023

更に、本発明に係る車載機器において、前記端末アプリ制御手段は、前記情報取得手段にて取得された複数の同種のアプリケーションによる前記所定処理により生じた情報から1つの情報が選択された際に、その選択された情報を生じさせたアプリケーションによりその選択された情報を用いた処理を行わせる手段を有する構成とすることができる。

0024

このような構成により、複数の同種のアプリケーションによる所定処理により生じた情報から選択された1つの情報が、その選択された情報を生じさせたアプリケーションにより用いられて処理されるようになるので、その選択された情報をより適切に処理することができるようになる。

0025

本発明に係る車載機器において、前記複数の同種のアプリケーションのそれぞれは、車両ナビゲーションに係るアプリケーションであり、前記共通の所定処理は、車両ナビゲーションに用いられる施設についての検索処理である構成とすることができる。

0026

このような構成により、複数の車両ナビゲーションに係るアプリケーションのいずれかを実行させる際に、当該アプリケーションとともに他の車両ナビゲーションに係るアプリケーションが実行されてそれら複数の車両ナビゲーションに係るアプリケーションにて施設についての検索処理がなされ、各車両ナビゲーションに係るアプリケーションでの前記施設についての検索処理により得られた施設に関する情報が取得されるようになる。このため、前記複数の車両ナビゲーションに係るアプリケーションのいずれかを実行させて当該アプリケーションに施設についての検索処理をさせようとすると、そのアプリケーションによる施設についての検索処理により得られる施設に関する情報だけでなく、他の車両ナビゲーションに係るアプリケーションによる施設についての検索処理により得られる施設に関する情報をも得ることができるようになる。

0027

本発明に係る携帯端末は、車載機器に通信可能な状態で接続可能であって、複数のアプリケーションを備えて各アプリケーションの実行可能な携帯端末であって、前記複数のアプリケーションは、共通の所定処理を含む複数の同種のアプリケーションと該複数の同種のアプリケーションそれぞれとの間で情報交換可能な集約アプリケーションとを含み、前記集約アプリケーションは、前記複数の同種のアプリケーションのいずれかが実行されている際に、前記車載機器からの要求に応じてその実行されているアプリケーションに前記所定処理をさせるとともに、同種の他のアプリケーションを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせ、前記複数の同種のアプリケーションの前記所定処理により生じた情報を収集し、該情報を前記車載機器に送信する処理を行う構成となる。

0028

このような構成により、複数の同種のアプリケーションのいずれかが実行されている際に、車載機器からの要求に応じて、集約アプリケーションが、その実行されているアプリケーションに所定処理をさせるとともに、同種の他のアプリケーションを実行させて当該他のアプリケーションに前記所定処理をさせ、前記複数の同種のアプリケーションの前記所定処理により生じた情報を収集し、該情報を前記車載機器に送信するので、前記複数の同種のアプリケーションのいずれかによる所定処理により生ずる情報だけでなく、同種の他のアプリケーションによる当該所定処理により生ずる情報をも車載機器に提供することができるようになる。

発明の効果

0029

本発明に係る車載機器によれば、複数の同種のアプリケーションのいずれかを実行させて当該アプリケーションに所定処理をさせようとすると、そのアプリケーションによる所定処理により生ずる情報だけでなく、同種の他のアプリケーションによる当該所定処理により生ずる情報をも得ることができるようになるので、複数のアプリケーションに所定処理を行わせるための個々的な操作を行うことなく、より簡易な操作にて携帯端末に備えられた複数の同種のアプリケーションにて共通の処理を実行させてより効率的に情報を得ることができるようになる。

図面の簡単な説明

0030

本発明の実施の形態に係る車載機器及び該車載機器に接続されるスマートフォン(携帯端末)を示すブロック図である。
図1に示す車載機器の処理ユニットによるスマートフォン(携帯端末)に備えられた同種のアプリケーションを登録するための処理を示すフローチャートである。
スマートフォンが接続された車載機器の表示部に表示されるホーム画面の一例を示す図である。
複数の同種のアプリケーションをグループとして管理する管理テーブルを示す図である。
スマートフォンが接続された車載機器の表示部に同種アプリケーションの登録に際して表示されるメッセージの一例を示す図である。
本発明の第1の実施の形態に係る車載機器と該車載機器に物理的に接続されるスマートフォンが備える3つ(複数)のナビゲーションアプリケーションとの間の機能的な接続関係を示す図である。
3つのナビゲーションアプリケーションを含む複数のアプリケーションを備えたスマートフォン(携帯端末)が図4に示す関係にて通信接続された車載機器の処理ユニットでの処理の手順を示すフローチャート(その1)である。
3つのナビゲーションアプリケーションを含む複数のアプリケーションを備えたスマートフォンが図4に示す関係にて通信接続された車載機器の処理ユニットでの処理の手順を示すフローチャート(その2)である。
3つのナビゲーションアプリケーションを含む複数のアプリケーションを備えたスマートフォンと図4に示す関係にて通信接続された車載機器の処理ユニットでの処理の手順を示すフローチャート(その3)である。
スマートフォンが接続された車載機器の表示部に同種のアプリケーションによる処理を実行させる際に表示されるメッセージの一例を示す図である。
スマートフォンが接続された車載機器の表示部に表示された施設検索結果の一例を示す図である。
スマートフォンが接続された車載機器の表示部に表示された施設検索結果の他の一例を示す図である。
本発明の第2の実施の形態に係る車載機器と該車載機器に物理的に接続されるスマートフォンが備える3つ(複数)のナビゲーションアプリケーションとNavi集約アプリケーションとの間の機能的な接続関係を示す図である。
3つのナビゲーションアプリケーション及びナビゲーション集約アプリケーションを備えたスマートフォンと図11に示す関係にて通信接続される車載機器における処理ユニットによる処理の手順を示すフローチャート(その1)である。
3つのナビゲーションアプリケーション及びナビゲーション集約アプリケーションを備えたスマートフォンと図11に示す関係にて通信接続される車載機器における処理ユニットによる処理の手順を示すフローチャート(その2)である。

実施例

0031

以下、本発明の実施の形態について図面を用いて説明する。

0032

まず、本発明の第1の実施の形態に係る車載機器について説明する。

0033

車載機器は図1に示すように構成される。図1において、車載機器100は外部機器接続用コネクタ19を有し、コネクタ19にはケーブルによってスマートフォン20(携帯端末)が接続可能になっている。車載機器100は、コンピュータユニット(CPUを含む)にて構成される処理ユニット11を有しており、処理ユニット11には、CDやDVD等のディスク媒体から音楽映像再生するAVユニット17が接続されている。更に、処理ユニット11には、AVユニット17にて利用される情報やその他各種情報を記憶するための記憶部14(例えば、ハードディスク)、車室内に設けられ、LCD等により構成される表示部13、操作ボタンや表示部13内に構成されるタッチパネル等からなる操作部12、及び車室内に設けられたスピーカ16に音声信号を供給する出力回路15が接続されている。

0034

スマートフォン20がケーブルにて接続されるコネクタ19は、処理ユニット11に接続され、処理ユニット11は、ケーブル及びコネクタ19を介してスマートフォン20と通信可能となっている。スマートフォン20は、ナビゲーションアプリケーション、情報検索アプリケーション、ゲーム等の複数のアプリケーションを備えており、スマートフォン19独自にて各アプリケーションの実行が可能となるとともに、処理ユニット11の制御のもと、各アプリケーションの実行が可能となる。スマートフォン20が備える複数のアプリケーションには、複数の同種のアプリケーション、例えば、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCも含まれている。

0035

この車載機器100では、スマートフォン20に備えられる複数のアプリケーションから、複数の同種のアプリケーションを1つのグループとして登録することができる。処理ユニット11は、例えば、図2に示す手順に従って、複数の同種のアプリケーションを1つのグループとして登録するための処理を行う(同種アプリ登録手段)。

0036

図2において、処理ユニット11は、コネクタ19にスマートフォン20が接続されていることを確認すると(S11)、スマートフォン20と通信を行って、スマートフォン20に備えられたアプリケーションに関する情報を取得し、実行可能なアプリケーションを特定する情報(例えば、アイコン)の一覧を表示部13に例えば、図3に示すようなホーム画面として表示させる(S12)。そして、処理ユニット11は、同種のアプリケーションの登録処理を行う(S13)。この登録処理では、操作部12において、表示部13に表示されたホーム画面の複数のアプリケーションを表す情報から1つのグループとすべきアプリケーションを特定する情報を選択するための所定操作がなされると、その選択操作に係るアプリケーションが1つのグループとして記憶部14に格納された管理テーブル(同種アプリ管理手段)に登録される。例えば、図4に示すように、管理テーブルには、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCがグループG1として、また、2つの情報検索アプリケーションEnA、EnBがグループG2として登録される。

0037

車載機器100(処理ユニット11)は、前述したようにグループG1として管理テーブル(図3参照)に登録された3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCを備えるスマートフォン20と通信を行って、図6に示すように、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCのそれぞれと個々的に情報交換が可能となる。スマートフォン20が備える3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCのそれぞれと機能的に接続される処理ユニット11は、スマートフォン20と通信を行いつつ図7A図7Cに示す手順に従って処理を行う。

0038

図7Aにておいて、処理ユニット11は、スマートフォン20との接続を確認すると(S21)、スマートフォン20と通信を行って、スマートフォン20に備えられたアプリケーションに関する情報を取得し、実行可能なアプリケーションを特定する情報(例えば、アイコン)の一覧を表示部13にホーム画面(図3参照)として表示させる(S22)。その後、処理ユニット11は、表示部13のホーム画面においてアプリケーションの選択操作(例えば、図3に示すホーム画面におけるアイコンの指定操作)がなされたか否かを監視する(S23)。

0039

この状態で、アプリケーションの選択操作がなされると(S23でYES)、処理ユニット11は、選択されたアプリケーションがナビゲーションアプリケーションであるか否かを判定する(S24)。選択されたアプリケーションがナビゲーションアプリケーションでない場合(S24でNO)、処理ユニット11は、その選択されたアプリケーションをスマートフォン20において起動させ、そのアプリケーションの実行により生じる情報をスマートフォン20から取得し、その取得した情報(アプリケーションの実行により生じた情報)の加工、表示等の処理を行う(S25:端末アプリ制御手段、情報取得手段)。処理ユニット11は、そのアプリケーションによる処理が終了すると、再び、ホーム画面に戻ってアプリケーションの選択操作がなされるか否かの監視を行う(S23)。

0040

一方、選択されたアプリケーションがナビゲーションアプリケーション、例えば、ナビゲーションアプリケーションNaviAであると(S24でYES)、処理ユニット11は、その選択されたナビゲーションアプリケーションNaviAをスマートフォン20で起動させる(S26:端末アプリ制御手段)。そして、処理ユニット11は、そのナビゲーションアプリケーションNaviAの実行により生じる情報をスマートフォン20から取得し(情報取得手段)、その取得した情報の加工及び表示等に係る処理を行う(S27)。これにより、車載機器100では、ナビゲーションアプリケーションNaviAの実行に基づいた車両ナビゲーションに係る情報出力、例えば、表示部13に道路地図が表示されるとともにその道路地図上の車両位置に対応した位置に車両マークが表示され、目的地までの案内メッセージのスピーカ16からの音声出力等がなされる。

0041

処理ユニット11は、操作部12において、スマートフォン20(ナビゲーションアプリケーションNaviA)に施設検索処理(例えば、周辺施設検索処理)を行わせるための操作がなされたか否かを監視しつつ(S28)、前述したスマートフォン20からの情報の取得、及びその取得した情報の加工及び表示等に係る処理(S27)を行っている。その過程で、操作部12において施設検索処理を行わせるための操作がなされると(S28でYES)、処理ユニット11は、スマートフォン20にナビゲーションアプリケーションNaviAで施設検処理をさせる(S29)。このとき、ナビゲーションアプリケーションNaviAの実行により生じる情報(例えば、ガイダンス)に従って施設検索処理に必要な情報(例えば、施設種類検索地域範囲等の検索条件等)の入力がなされ、その施設検索処理に必要な情報が処理ユニット11からスマートフォン20に提供される。

0042

その後、処理ユニット11は、ナビゲーションアプリケーションNaviAと同一のグループ内の他のナビゲーションアプリケーションによる施設検索処理(以下、適宜グループ検索処理という)を行うか否かを判定する(S30)。この判定処理では、記憶部14に格納された管理テーブル(図4参照)が参照されて、例えば、図8に示すように、選択されたナビゲーションアプリケーションNaviAと同一のグループに属する他のナビゲーションアプリケーションNaviB及びNaviCが表示部13に表示されるとともに、グループ検索処理を選択するか否かの決定を促すメッセージ、及び「YES」(選択)及び「NO」(非選択)のボタンが表示部13に表示される。

0043

利用者がグループ検索処理を希望して操作部12により「YES」(選択)のボタンを操作すると、処理ユニット11は、グループ検索処理を行うものと判定し(S30でYES)、図4に示す管理テーブルを参照して、ナビゲーションアプリケーションNaviAと同一のグループG1に属する他のナビゲーションアプリケーションNaviB及びNaviCをスマートフォン20において起動させる(S31:同種アプリ制御手段)。そして、処理ユニット11は、それらナビゲーションアプリケーションNaviB及びNaviCで前述したのと同じ検索条件のもとで施設検索処理をするようスマートフォン20に指示する(S32:同種アプリ制御手段)。その後、図7Bに示す処理に移り、処理ユニット11は、スマートフォン20からの検索結果の受信の待ち状態になる(S33)。

0044

スマートフォン20は、車載機器100(処理ユニット11)の制御に基づいて、ナビゲーションアプリケーションNaviAで施設検索処理を行うとともに、それに並行して、他のナビゲーションアプリケーションNaviB、NaviCで同じ検索条件での施設検索処理を行う(並列処理)。そして、実行されるナビゲーションアプリケーションによる施設検索処理での検索結果が得られる毎に、その検索結果を車載機器100に送信する。このとき、検索結果とその検索結果を得るために実行されたナビゲーションアプリケーションを特定する情報とが対応付けられている。

0045

図7Bにおいて、前述したようにスマートフォン20からの検索結果の受信の待ち状態にある処理ユニット11は、スマートフォン20から検索結果を受信すると(S33でYES)、その検索結果をその検索結果を得るために実行されたナビゲーションアプリケーションを特定する情報とともに記憶部34に格納する(S34)。そして、処理ユニット11は、ナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCの実行により得られた全ての検索結果を受信したか否かを監視しつつ(S35)、同様の処理(S33、S34)を行う。

0046

ナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCの実行により得られた全ての検索結果をスマートフォン20から受信すると(S35でYES)、処理ユニット11は、3つの検索結果を統合した統合検索結果を生成する(S36:処理結果情報生成手段)。例えば、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCによる検索処理の結果(検索結果)として得られた施設情報から、実質的に同じ施設情報が重複しないようにして、統合検索結果としての施設情報のリストを生成する。なお、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCによる検索結果として得られた施設情報としての施設名、住所電話番号等を比較することにより、2つの施設情報が実質的に同じであるか否かを判定することができる。

0047

前述したようにして統合検索結果が生成されると(S36)、処理ユニット11は、その統合検索結果を、表示部13に、例えば、図9に示す画面のように表示させる(S37)。この画面では、検索結果として得られた施設情報(施設A、施設B、施設C、施設D、施設E、施設F、施設G、施設H)に対応付けてその施設情報を得るために実行されたナビゲーションアプリケーションを特定する情報(NaviA、NaviB、NaviC)が表示される。

0048

表示部13に統合検索結果としての施設情報のリストが表示された状態(図9参照)で、処理ユニット11は、その統合検索結果の表示終了の操作がなされるか否か(S38)及びその統合検索結果として表示された施設情報の選択操作がなされたか否か(S39)の監視を行う。その過程で、利用者が、検索により得られた施設まで車両を走行させるために、希望の施設についての施設情報の選択操作を行うと(S39でYES)、処理ユニット11は、その選択された施設を検索結果として得たナビゲーションアプリケーションによりその施設へのルート案内処理を行うようにスマートフォン20に要求する(S40:選択された情報を生じさせたアプリケーションによりその選択された情報を用いた処理を行わせる手段)。

0049

この要求を受信したスマートフォン20は、要求に係るナビゲーションアプリケーションにより要求に係る施設を目的地としたルート案内処理を行い、そのルート案内処理により生じる情報を車載機器100に送信する。そして、処理ユニット11は、スマートフォン20から送信される情報(ルート案内処理により生じる情報)を取得し、その取得した情報の加工及び表示等の処理を行う(S41)。これにより、車載機器100において前記検索処理により得られた施設までのルート案内に係る情報出力が、その施設を検索結果として得たナビゲーションアプリケーションのルート案内処理により生じる情報に従ってなされる。

0050

前記ルート案内に係る処理(S41)が終了すると、図7Aに戻って、処理ユニット11は、スマートフォン20に当初選択されたナビゲーションアプリケーションNaviAを実行させて、スマートフォン20からその実行により生じる情報を取得し、その取得した情報の加工及び表示等の処理を行う(S27)。以後、車載機器100では、スマートフォン20にて実行されるナビゲーションアプリケーションNaviAでの処理に基づいた処理がなされる。

0051

なお、前述したように統合検索結果が表示部13に表示された状態(図9参照)で、その表示を終了させる操作が操作部12においてなされた(S38でYES)場合も、同様に、処理ユニット11は、検索結果についての処理をスマートフォン20に行わせることなく、図7AのステップS27に戻り、当初選択されたナビゲーションアプリケーションNaviAを実行させて、その実行により生じる情報を取得し、取得した情報の加工及び表示等の処理を行う。

0052

一方、図7Aに戻って、選択されたナビゲーションアプリケーションNaviAをスマートフォン20において実行させ(S27、S28)、そのナビゲーションアプリケーションNaviAで施設検索処理をさせる(S29)際に、表示部13の図8に示す画面において「NO」のボタンの選択操作がなされて、グループ検索処理を行わないと判定されると(S30でNO)、処理ユニット11は、図7Bに示すように、スマートフォン20からのナビゲーションアプリケーションNaviAによる施設検索結果の待ち状態になる(S42)。

0053

この場合、スマートフォン20は、車載機器100(処理ユニット11)の制御(S29)に基づいて、ナビゲーションアプリケーションNaviAで施設検索処理を行う。そして、スマートフォン20は、その施設検索結果を車載機器100に送信する。

0054

上述したように施設検索結果の待ち状態にある処理ユニット11は、スマートフォン20から送信される検索結果を取得すると(S42でYES)、その検索結果を記憶部14に格納する(S43)。そして、処理ユニット11は、その検索結果を、表示部13に、例えば、図10に示す画面のように表示させる(S44)。この画面では、検索結果として得られた施設情報(施設A、施設B、施設C)が表示される。

0055

その後、処理ユニット11は、前述したのと同様、その検索結果の表示終了の操作がなされるか否か(S45)及びその検索結果として表示された施設情報の選択操作がなされたか否か(S46)の監視を行う。そして、施設情報の選択操作がなされれば(S46でYES)、処理ユニット11は、スマートフォン20に、ナビゲーションアプリケーションNaviAでその選択された施設を目的地としたルート案内処理を行わせる(S47)。また、検索結果の表示終了の操作がなされれば(S45でYES)、図7Aに戻って、選択されたナビゲーションアプリケーションNaviAの実行に係る処理を行う(S27)。

0056

前述したような本発明の第1の実施の形態に係る車載機器100では、スマートフォン20において実行可能な3つ(複数)のナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCがグループG1として管理テーブル(図4参照)により管理され、そのグループG1として管理される3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCののうちの1つNaviAを実行させて当該ナビゲーションアプリケーションNaviAに施設検索処理をさせる際に、そのグループG1に属する他のナビゲーションアプリケーションNaviB、NaviCで施設検索処理もなされて、3のナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCによる施設検索処理の検索結果を得ることができるようになる。このため、1つのナビゲーションアプリケーションNaviAに検索処理をさせようとすると、そのナビゲーションアプリケーションNaviAによる施設検索処理での検索結果だけでなく、他のナビゲーションアプリケーションNaviB、NaviCによる施設検索処理での検索結果も得られるようになる。従って、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCで施設検索処理をさせる個々的な操作を行うことなく、より簡易な操作にてスマートフォン20に備えられた3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCにて施設検索処理を実行させて効率的に検索結果(図9参照)を得ることができるようになる。

0057

また、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCによる施設検索処理での個々的な検索結果を統合した統合検索結果が生成され、それが表示部13に表示されるので、利用者は、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCによる施設検索処理での個々的な検索結果を一括的に確認することができるようになる。更に、その統合検索結果には、実質的に同じ施設情報が含まれないので、無駄の無くその検索結果を利用者に提示することができるようになる。

0058

更に、同種のアプリケーションとして管理されるべき複数のアプリケーションが利用者の操作に従って登録することができるので(図2図4参照)、施設検索等の所定処理により生ずる情報を得るための複数の同種のアプリケーションを利用者の意思に従って決めることができるようになる。

0059

また、管理される3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCのうちの1つNaviAにより施設検索処理がなされる際に、利用者の操作部12の所定操作に基づいて、他のナビゲーションアプリケーションNaviB、NaviCに施設検索処理をさせる(グループ検索)か否かが決まるようになるので(図5参照)、利用者の意思に応じて、3つのナビゲーションアプリケーションにNaviA、NaviB、NaviCよる施設検索を行わせることができるようになる。

0060

更に、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCによる施設検索処理にて得られた検索結果としての施設情報から選択された1つの施設情報が、その選択された施設情報を生じさせたナビゲーションアプリケーションによりルート案内の目的地として処理されるので、その施設情報をルート案内の目的地としてより適切に処理することができるようになる。

0061

なお、前述した車載機器100では、複数の同種のアプリケーションを管理する管理テーブル(図4参照)は、車載機器100にて生成されるものであったが、スマートフォン20に予め備えられており、あるいは、スマートフォン20にて予め生成された状態にあって、車載機器100(処理ユニット11)が必要に応じて、その管理テーブルをスマートフォン20から取得するようにしてもよい。更に、1つのアプリケーションでの所定処理がなされるときに、予め定められた同種のアプリケーションでの処理を行うか否かをスマートフォン20から車載機器100に問い合わせるようにすることもできる。この場合、車載機器100において、その問い合わせに応じて、同種のアプリケーションでの処理を行うか否かを決めることができる。

0062

また、前述した車載機器100では、管理テーブルで1つのグループとして管理されるアプリケーションのうちのいずれかが動作されるとき、所定の操作によって、残り全てのアプリケーションを動作させるものであったが、残りのアプリケーションの少なくとも1つを動作させるものであればよい。

0063

次に、本発明の第2の実施の形態に係る車載機器について説明する。

0064

この車載機器100は、図1に示すものと同様のハードウエア構成となっている。また、この車載機器100にコネクタ19を介して接続可能なスマートフォン20(携帯端末)は、前述したのとの同様に実行可能な複数のアプリケーションを備えている。スマートフォン20が備える複数のアプリケーションには、同種の複数のアプリケーション、例えば、図11に示すように、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCと、各ナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCのそれぞれとの間で情報交換可能なNavi集約アプリケーションとが含まれている。そして、車載機器100の処理ユニット11は、図11に示すように、スマートフォン20と通信を行って、Navi集約アプリケーションを介して3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviBとの情報交換が可能となっている。スマートフォン20が備える3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCとNavi集約アプリケーションを介して機能的に接続され得る処理ユニット11は、スマートフォン20と通信を行いつつ、図12A及び図12Bに示す手順に従って処理を行う。

0065

図12Aにおいて、処理ユニット11は、前述した第1の実施の形態に係る車載機器の場合と同様に、スマートフォン20との接続を確認すると(S51)、スマートフォン20との通信により得られたホーム画面(図3参照)を表示部13に表示させ(S52)、そのホーム画面においてアプリケーションの選択がなされたか否かを監視する(S53)。その過程で、アプリケーションの選択操作がなされると(S53でYES)、処理ユニット11は、その選択されたアプリケーションがナビゲーションアプリケーションであるか否かを判定し(S24)、ナビゲーションアプリケーションでなければ(S54でNO)、その選択されたアプリケーションをスマートフォン20において起動させ、そのアプリケーションの実行により生じる情報をスマートフォン20から取得し、その取得した情報の加工、表示等の処理を行う(S55)。

0066

一方、選択されたアプリケーションがナビゲーションアプリケーション、例えば、ナビゲーションアプリケーションNaviAであると(S54でYES)、処理ユニット11は、ナビゲーションアプリケーションNaviAを特定する情報をスマートフォン20に提供するとともに、Navi集約アプリケーションをスマートフォン20において起動させる(S56)。スマートフォン20では、Navi集約アプリケーションが起動され、Navi集約アプリケーションにより前記選択されたナビゲーションアプリケーションNaviAが起動される。そして、ナビゲーションアプリケーションNaviAの実行により生じる情報がNavi集約アプリケーションを介してスマートフォン20から車載機器100の処理ユニット11に送信される。処理ユニット11は、そのナビゲーションアプリケーションNaviAの実行により生じる情報を取得し、その取得した情報の加工及び表示等の処理を行う(S57)。これにより、車載機器100では、ナビゲーションアプリケーションNaviAの実行に基づいた車両ナビゲーションの情報出力がなされる。

0067

処理ユニット11は、操作部12において施設検索処理を行わせるための操作がなされているか否かを監視しつつ(S58)、前述したようにナビゲーションアプリケーションNaviAの実行により生じる情報をスマートフォン20から取得し、その取得した情報の加工及び表示等の処理を行っている(S57)。その過程で、操作部12において施設検索処理を行わせるための操作がなされると(S58でYES)、処理ユニット11は、施設検索処理の指示をスマートフォン20に送信する(S59:同種アプリ制御手段)。その施設検索処理の指示を受信したスマートフォン20では、Navi集約アプリケーションによる処理に従ってナビゲーションアプリケーションNaviAに施設検索処理の指示がなされる。そして、その指示に従ったナビゲーションアプリケーションNaviAの実行により生じる情報(例えば、ガイダンス)がNavi集約アプリケーションを介してスマートフォン20から車載機器100に送信される。車載機器100では、処理ユニット11の制御のもと、スマートフォン20からの前記情報に従って施設検索処理に必要な情報(例えば、施設種類、検索地域範囲等の検索条件等)の入力がなされ、その施設検索処理に必要な情報が処理ユニット11からスマートフォン20に送信される。

0068

車載機器100から送信される検索条件等の情報を取得したスマートフォン20では、Navi集約アプリケーションの処理に従ってナビゲーションアプリケーションNaviAにより前記検索条件等の情報に基づいた施設検索処理がなされる。また、Navi集約アプリケーションの処理に従って、他のナビゲーションアプリケーションNaviB、NaviCが順次起動され、それら他のナビゲーションアプリケーションNaviB、NaviCにより前記検索条件等の情報に基づいた施設検索処理が順次なされる。

0069

スマートフォン20では、Navi集約アプリケーションにより、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCでなされる施設検索処理の結果が収集される。その収集された施設検索結果がNavi集約アプリケーションによりスマートフォン20から車載機器100に送信される。

0070

車載機器100における処理ユニット11は、前述したようにスマートフォン20に施設検索処理の指示を送信した(S59)後、図12Bに示すように、スマートフォン20(Navi集約アプリケーション)からの施設検索結果を受信するか否かを監視している(S60)。その過程で、スマートフォン20からの施設検索結果を受信すると(S60でYES)、処理ユニット11は、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCでなされる施設検索処理により得られた3種の施設検索結果からそれらを統合した統合検索結果を生成する(S61)。この場合も、前述した第1の実施の形態に係る車載機器100の場合と同様に、実質的に同じ施設情報が重複しないようにして、統合施設結果としての施設情報のリスト(図9参照)が生成される。

0071

処理ユニット11は、その統合検索結果としての施設情報のリストを表示部13に表示させる(S62:図9参照)。そして、処理ユニット11は、表示部13に統合検索結果としての施設情報のリストが表示された状態で、その統合検索結果の表示終了の操作がなされるか否か(S63)及びその統合検索結果として表示された施設情報の選択操作がなされたか否か(S64)の監視を行う。その過程で、利用者が、検索により得られた施設まで車両を走行させるために、希望の施設についての施設情報の選択操作を行うと(S64でYES)、処理ユニット11は、その選択された施設を検索結果として得たナビゲーションアプリケーションによりその施設へのルート案内処理を行うようにスマートフォン20に要求する(S65)。その結果、スマートフォン20は、要求に係るナビゲーションアプリケーションにより要求に係る施設を目的地としたルート案内処理を行い、そのルート案内処理により生じる情報をNavi集約アプリケーションを介して車載機器100に送信する。

0072

スマートフォン20から送信されるルート案内処理により生じる情報を取得する処理ユニット11は、その取得した情報の加工及び表示等の処理を行う(S66)。これにより、車載機器100では、処理ユニット11での制御のもと、前記検索処理により得られた施設までのルート案内に係る情報出力がなされる。

0073

前記ルート案内に係る処理(S66)が終了すると、図12Aに戻って、処理ユニット11は、Navi集約アプリケーションによって起動されたナビゲーションアプリケーションの実行により生じる情報をスマートフォン20から取得し、その取得した情報の加工及び表示等の処理を行う(S57)。以後、車載機器100では、Navi集約アプリケーションを介してスマートフォン20から取得されるナビゲーションアプリケーションNaviAの実行により生じる情報に従った処理がなされる。

0074

なお、前述したように統合検索結果が表示部13に表示された状態(図9参照)で、その表示を終了させる操作が操作部12においてなされた(S63でYES)場合も、同様に、処理ユニット11は、検索結果についての処理をスマートフォン20に行わせることなく、図12AのステップS57に戻り、当初選択されたナビゲーションアプリケーションNaviAを実行させて、その実行により生じる情報をNavi集約アプリケーションを介して取得し、取得した情報の加工及び表示等の処理を行う。

0075

前述したような本発明の第2の実施の形態に係る車載機器100では、スマートフォン20において3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCのいずれかを実行させる際に、Navi集約アプリケーションを介して当該ナビゲーションアプリケーションとともに他のナビゲーションアプリケーションが実行されてそれら3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCにて施設検索処理がなされ、各ナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCでの施設検索処理により生じる情報(検索結果)がNavi集約アプリケーションを介して取得されるようになる。このため、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCのいずれかを実行させて当該ナビゲーションアプリケーションに施設検索処理をさせようとすると、そのナビゲーションアプリケーションによる施設検索処理により生ずる情報(検索結果)だけでなく、他のナビゲーションアプリケーションによる施設検索により生ずる情報(検索結果)をも得ることができるようになる。従って、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCで施設検索処理をさせる個々的な操作を行うことなく、より簡易な操作にてスマートフォン20に備えられた3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCにて施設検索処理を実行させて効率的に検索結果(図9参照)を得ることができるようになる。

0076

前記第2の実施の形態に係る車載機器100では、スマートフォン20において、Navi集約アプリケーションにより、常に、3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCに施設検索処理させるものであったが、第1の実施の形態に係る車載機器100と同様に、既に起動しているナビゲーションアプリケーション(例えば、NaviA)にだけ施設検索処理をさせることを選択することができるようにしてもよい(図7AのステップS30参照)。

0077

前述した各車載機器100において、管理テーブル(図4参照)に登録された、また、Navi集約アプリケーションと情報交換可能な3つのナビゲーションアプリケーションNaviA、NaviB、NaviCの全てで施設検索処理をさせなくても、当初起動されたナビゲーションアプリケーション(例えば、NaviA)に施設検索処理をさせるとともに、残りの2つのナビゲーションアプリケーション(例えば、NaviB及びNaviC)のうちのいずれか一方に施設検索処理をさせるようにしてもよい。

0078

また、複数の同種のアプリケーションは、ナビゲーションアプリケーションに限られず、例えば、情報検索アプリケーション等の他の種類のアプリケーションであってもよい。

0079

車載機器100に通信可能に接続される携帯端末は、スマートフォン20に限られず、情報処理機能を備えた携帯電話、PDA(Personal Digital Assistant)、ハンディパソコン等であってもよい。

0080

スマートフォン20等の携帯端末が、有線ではなく、無線にて車載機器100に接続される構成とすることもできる。

0081

本発明に係る車載機器は、より簡易な操作にて携帯端末に備えられた複数の同種のアプリケーションにて共通の処理を実行させてより効率的に情報を得ることができるという効果を有し、携帯端末が接続可能な車載AV機器等の車載機器として有用である。

0082

11処理ユニット
12 操作部
13 表示部
14 記憶部
15出力回路
16スピーカ
17AVユニット
20スマートフォン
100 車載機器

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 大栄トレーディング株式会社の「 携帯情報端末用拡大器具」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】一般的なシステムの携帯情報端末本体に表示される文字等を簡単に拡大することができ、かつ壊れにくい携帯情報端末用拡大器具を提供する。【解決手段】携帯情報端末用拡大器具は、情報が表示される携帯情報端... 詳細

  • 株式会社SUBARUの「 車両用報知装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】擬人化されたキャラクタと乗員とのコミュニケーションを用いて、さらなる安全性の向上を図ることを可能とする車両用報知装置を提供すること。【解決手段】車両用報知装置としての車両用エージェント装置10... 詳細

  • 株式会社SUBARUの「 車両用エージェント装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】擬人化されたキャラクタと乗員とのコミュニケーションが過度になることを防ぎ、乗員に集中して運転させることを可能とする車両用エージェント装置を提供すること。【解決手段】車両用エージェント装置100... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ