図面 (/)

技術 ゴルフクラブヘッドの合金およびその製造方法

出願人 復盛應用科技股分有限公司
発明者 陳建同蔡文慶胡勝智曾慶聰
出願日 2012年1月10日 (8年5ヶ月経過) 出願番号 2012-001876
公開日 2012年8月2日 (7年11ヶ月経過) 公開番号 2012-144807
状態 特許登録済
技術分野 ゴルフクラブ 鋳造前の予備処理と金属の鋳造 鋳型中の金属の処理 溶融状態での鋼の処理
主要キーワード 艶出し研磨 機械性質 クロム鉄 腐蝕液 フェース板 マンガン鉄 ゲート除去 耐腐蝕性
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年8月2日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (4)

課題

銅/ニッケルの比を調整することにより、硬度引張強度降伏強度を低く抑えることができるゴルフクラブヘッド合金を提供する。

解決手段

2.5から4.0wt%の銅、5.0から6.0wt%のニッケル、15から18wt%のクロム、残部の鉄などの金属を融解して合金を形成させ、銅/ニッケルの比を0.4から0.8に維持させることにより、合金がオーステナイト相フェライト相マルテンサイト相性質を兼ねて有することができる。

概要

背景

一般的に、異なる使用者需要性に応じるべく、通常、ゴルフクラブヘッド一体成形ホーゼル傾斜角度を調整しやすい特性を有しなければならない。そのため、従来のゴルフクラブヘッドの一体成形ホーゼルは硬度の低い軟鉄材質、例えば、低炭素鋼または低合金鋼などの材質により製造されるため、ゴルフクラブヘッドのホーゼルは上述したように傾斜角度を調整しやすい特性を有するように形成される。しかし、上記軟鉄材質では酸化しやすく、かつ耐腐蝕性に乏しいという問題点があった。

上述した問題点を改良するべく、中華民国公告第438610号と460306号においては、全てSUS17−4PH規格ステンレス鋼の材質でゴルフクラブヘッドを製造するものが提案されており、製造されるゴルフクラブヘッドは同時に低い硬度と比較的良好な耐腐蝕性を有するように形成される。

このSUS17−4PHステンレス鋼の機械的性質熱処理条件数値はそれぞれ表1と表2に示す如くである。

このうち、表2の中の注解Aの鋳造熱処理は、固溶化熱処理1040℃の平均温度60分間窒素冷却時効処理580℃の持続温度90分間を指す。注解Bの鋳造の熱処理は、固溶化熱処理1040℃の平均温度60分間窒素冷却、時効処理538℃の持続温度240分間を指す。注解Cの鋳造の熱処理は、固溶化熱処理1040℃平均温度60分間窒素冷却、時効処理482℃の持続温度240分間を指す。注解Dの板材の一般熱処理は、固溶化熱処理1040℃の平均温度60分間窒素冷却、時効処理482℃の持続温度240分間を指す。

概要

銅/ニッケルの比を調整することにより、硬度、引張強度降伏強度を低く抑えることができるゴルフクラブヘッドの合金を提供する。2.5から4.0wt%の銅、5.0から6.0wt%のニッケル、15から18wt%のクロム、残部の鉄などの金属を融解して合金を形成させ、銅/ニッケルの比を0.4から0.8に維持させることにより、合金がオーステナイト相フェライト相マルテンサイト相性質を兼ねて有することができる。

目的

本発明はこのような問題点に鑑みて発明されたものであって、その主な目的とする

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

質量百分率で2.5%から4.0%の銅、5.0%から6.0%のニッケル、15%から18%のクロム、残部の鉄および不可避不純物からなる合金であって、上記銅/ニッケルの比が0.4から0.8で、かつ上記合金は同時にオーステナイト相フェライト相マルテンサイト相組織を有することを特徴とするゴルフクラブヘッドの合金。

請求項2

上記合金には質量百分率で2.8%から3.5%の銅が含まれることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの合金。

請求項3

上記合金には質量百分率で15.5%から17%のクロムが含まれることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの合金。

請求項4

上記合金には質量百分率で0.65%から0.81%のシリコンが含まれることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの合金。

請求項5

上記合金には質量百分率で0.66%から0.78%のマンガン銅が含まれることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの合金。

請求項6

上記合金には質量百分率で0.002%から0.125%のモリブデンが含まれることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの合金。

請求項7

上記合金には質量百分率で0.027%より低い燐、0.019%より低い硫黄および0.06%より低い炭素が含まれることを特徴とする請求項1に記載のゴルフクラブヘッドの合金。

請求項8

順序に従って母合金クロム鉄、銅とニッケルを高温熔炉の中に加入することにより、上記金属を熔融して混合する熔融の段階と、上記熔融された後の混合金属が質量百分率で2.5%から4.0%の銅、5.0%から6.0%のニッケル、15%から18%のクロム、かつ銅/ニッケルの比が0.4から0.8、残部の鉄および不可避不純物により構成され、さらに上記比率を維持することにより、上記熔融の混合金属はオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相を兼ねて有する合金に形成する比率維持の段階と、上記合金を精密鋳造を行なうことによりゴルフクラブヘッドを形成するヘッド鋳造の段階とを含む、ゴルフクラブヘッドの合金の製造方法。

請求項9

上記母合金には鉄以外に質量百分率で0.04%の炭素、0.80%のシリコン、1.00%のマンガン、6.38%のニッケル、22.9%のクロム、0.90%のモリブデン、0.03%の燐および0.01%の硫黄が含まれることを特徴とする請求項8に記載のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法。

請求項10

上記比率維持の段階において、上記銅の質量百分率が2.8%から3.5%であることを特徴とする請求項8に記載のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法。

請求項11

上記比率維持の段階において、上記クロムの質量百分率は15.5%から17%であることを特徴とする請求項8に記載のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法。

請求項12

上記比率維持の段階において、上記熔融された後の混合金属には他に質量百分率で0.027%より低い燐、0.019%より低い硫黄および0.06%より低い炭素が含まれることを特徴とする請求項8に記載のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法。

請求項13

上記熔融の段階において、さらに進んでシリコン鉄が加入され、かつ上記比率維持の段階において、上記熔融された後の混合金属には他に質量百分率で0.65%から0.81%のシリコンが含まれることを特徴とする請求項8に記載のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法。

請求項14

上記熔融の段階において、さらに進んでマンガン鉄が加入され、かつ上記比率維持の段階において、上記熔融された後の混合金属には他に質量百分率で0.66%から0.78%のマンガンが含まれることを特徴とする請求項8に記載のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法。

請求項15

上記熔融の段階において、さらに進んでモリブデン鉄が加入され、かつ上記比率維持の段階において、上記熔融された後の混合金属には他に質量百分率で0.002%から0.125%のモリブデンが含まれることを特徴とする請求項8に記載のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法。

技術分野

0001

本発明は、合金およびその製造方法に関するもので、特にゴルフクラブヘッドの合金およびその製造方法に係わるものである。

背景技術

0002

一般的に、異なる使用者需要性に応じるべく、通常、ゴルフクラブヘッドの一体成形ホーゼル傾斜角度を調整しやすい特性を有しなければならない。そのため、従来のゴルフクラブヘッドの一体成形ホーゼルは硬度の低い軟鉄材質、例えば、低炭素鋼または低合金鋼などの材質により製造されるため、ゴルフクラブヘッドのホーゼルは上述したように傾斜角度を調整しやすい特性を有するように形成される。しかし、上記軟鉄材質では酸化しやすく、かつ耐腐蝕性に乏しいという問題点があった。

0003

上述した問題点を改良するべく、中華民国公告第438610号と460306号においては、全てSUS17−4PH規格ステンレス鋼の材質でゴルフクラブヘッドを製造するものが提案されており、製造されるゴルフクラブヘッドは同時に低い硬度と比較的良好な耐腐蝕性を有するように形成される。

0004

このSUS17−4PHステンレス鋼の機械的性質熱処理条件数値はそれぞれ表1と表2に示す如くである。

0005

このうち、表2の中の注解Aの鋳造熱処理は、固溶化熱処理1040℃の平均温度60分間窒素冷却時効処理580℃の持続温度90分間を指す。注解Bの鋳造の熱処理は、固溶化熱処理1040℃の平均温度60分間窒素冷却、時効処理538℃の持続温度240分間を指す。注解Cの鋳造の熱処理は、固溶化熱処理1040℃平均温度60分間窒素冷却、時効処理482℃の持続温度240分間を指す。注解Dの板材の一般熱処理は、固溶化熱処理1040℃の平均温度60分間窒素冷却、時効処理482℃の持続温度240分間を指す。

先行技術

0006

中華民国公告第438610号
中華民国公告第460306号

発明が解決しようとする課題

0007

上述した従来のゴルフクラブヘッドにおいては、一般的に次のような問題点を有している。表1と表2から知ることができるように、上記SUS17−4PHのステンレス鋼の中に、ニッケル成分が占める比率が僅か約4.0wt%であるため、延性が比較的悪く、かつ依然として比較的高い降伏強度の数値を有する。仮に上記SUS17−4PHのステンレス鋼をゴルフクラブヘッドの材質にすると、上記ゴルフクラブヘッドは延性が比較的悪いため、または降伏強度の数値が比較的高いため、傾斜角度の調整がし難くなるという問題点があった。そのため、上述した従来のゴルフクラブヘッドの合金およびその製造方法についてはさらに改良を必要とするものであった。

0008

本発明はこのような問題点に鑑みて発明されたものであって、その主な目的とするところは、銅/ニッケルの比を調整することにより、ゴルフクラブヘッドの合金の硬度、引張強度と降伏強度を低く抑えることができるゴルフクラブヘッドの合金を提供することにある。

0009

本発明の第二の目的は、上記合金は同時にオーステナイト相フェライト相マルテンサイト相組織を有することができるゴルフクラブヘッドの合金の製造方法を提供することである。

0010

本発明の第三の目的は、特定の銅/ニッケルの比を有する配分で同時にオーステナイトフェライトマルテンサイトの組織を有する合金を製造することができるゴルフクラブヘッドの合金の製造方法を提供するである。

課題を解決するための手段

0011

上記目的を達成するために、本発明によるゴルフクラブヘッドの合金は、質量百分率で計算すると2.5%から4.0%の銅、5.0%から6.0%のニッケル、15%から18%のクロム、残部鉄および不可避不純物からなる合金であって、上記銅/ニッケルの比が0.4から0.8で、かつ上記合金が同時にオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相の組織を有する。

0012

また、本発明によるゴルフクラブヘッドの合金は、上記合金には質量百分率で計算すると2.8%から3.5%の銅が含まれることもできる。また、上記合金には質量百分率で計算すると15.5%から17%のクロムが含まれることもできる。また、上記合金には質量百分率で計算すると0.65%から0.81%のシリコンが含まれることもできる。また、上記合金には質量百分率で計算すると0.66%から0.78%のマンガン銅が含まれることもできる。また、上記合金には質量百分率で計算すると0.002%から0.125%のモリブデンが含まれることもできる。また、上記合金には質量百分率で計算すると0.027%より低い燐、0.019%より低い硫黄と0.06%より低い炭素が含まれることもできる。

0013

また、上記目的を達成するために、本発明によるゴルフクラブヘッドの合金の製造方法は、順序に従って母合金クロム鉄、銅とニッケルを高温熔炉の中に加入することにより、上記金属を熔融して混合する熔融の段階と、上記熔融された後の混合金属は質量百分率で計算すると2.5%から4.0%の銅、5.0%から6.0%のニッケル、15%から18%のクロム、かつ銅/ニッケルの比が0.4から0.8で、残部鉄および不可避不純物により構成され、さらに上記比率を維持することにより、上記熔融の混合金属はオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相を兼ねて有する合金に形成する比率維持の段階と、上記合金を用いて精密鋳造を行なうことによりゴルフクラブヘッドを形成するヘッド鋳造の段階とを含む。

0014

さらに、本発明によるゴルフクラブヘッドの合金の製造方法は、上記母合金には鉄以外に質量百分率で計算すると、0.04%の炭素、0.80%のシリコン、1.00%のマンガン、6.38%のニッケル、22.9%のクロム、0.90%のモリブデン、0.03%の燐と0.01%の硫黄が含まれることもできる。また、上記比率維持の段階において、上記銅の質量百分率が2.8%から3.5%であることもできる。また、上記比率維持の段階において、上記クロムの質量百分率は15.5%から17%であることもできる。また、上記比率維持の段階において、上記熔融された後の混合金属には他に質量百分率で計算すると0.027%より低い燐、0.019%より低い硫黄と0.06%より低い炭素が含まれることもできる。また、上記熔融の段階において、さらに進んでシリコン鉄が加入され、かつ上記比率維持の段階において、上記熔融された後の混合金属には他に質量百分率で計算すると0.65%から0.81%のシリコンが含まれることもできる。また、上記熔融の段階において、さらに進んでマンガン鉄が加入され、かつ上記比率維持の段階において、上記熔融された後の混合金属には他に質量百分率で計算すると0.66%から0.78%のマンガンが含まれることもできる。また、上記熔融の段階において、さらに進んでモリブデン鉄が加入され、かつ上記比率維持の段階において、上記熔融された後の混合金属には他に質量百分率で計算すると0.002%から0.125%のモリブデンが含まれることもできる。

発明の効果

0015

本発明のゴルフクラブヘッドの合金によれば、銅/ニッケルの比を調整することにより、ゴルフクラブヘッドの合金の硬度、引張強度と降伏強度を低く抑えることができるという利点がある。

0016

本発明のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法によれば、上記合金は同時にオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相の組織を有することができるという利点がある。

0017

本発明のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法によれば、特定の銅/ニッケルの比を有する配分で同時にオーステナイト、フェライトとマルテンサイトの組織を有する合金を製造することができるという利点がある。

図面の簡単な説明

0018

図1は、本発明のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法のブロックである。
図2は、本発明のゴルフクラブヘッドの合金の相の組織図(200倍)である。
図3は、本発明のゴルフクラブヘッドの合金の相の組織図(500倍)である。

実施例

0019

本発明の実施の形態について、以下、図面を参照して説明する。

0020

図1は本発明のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法のブロックである。図1を参照すると、本発明のゴルフクラブヘッドの合金の製造方法は主に熔融の段階S1と、比率維持の段階S2と、ヘッド鋳造の段階S3とが含まれる。

0021

本発明の熔融の段階S1においては、順序に従って母合金、クロム鉄、銅とニッケルなどの材料を高温の熔炉の中に加入することにより、上記材料を熔融して混合する。さらに詳しく言えば、上述した銅、クロム、ニッケルと鉄を主な成分とする材料は高温の熔炉(例えば高周波炉)の中で熔融された後、混合によって特定の組成比率と特定の組成相を有する銅、ニッケル、クロムと鉄などの元素合金材質が形成されるため、後続の段階においてゴルフクラブヘッドの基材(matrix)として使用することができる。本実施形態において使用される母合金は鉄以外に質量百分率で計算すると0.04%の炭素、0.80%のシリコン、1.00%のマンガン、6.38%のニッケル、22.9%のクロム、0.90%のモリブデン、0.03%の燐と0.01%の硫黄が含まれる。また、当然ながら使用上の需要性に応じて異なる材料に変えて熔融することにより、同じ組成の比率を有する鉄合金の材質を形成することができる。

0022

その他に、本発明において好ましく特定の熔融の順序に従って母合金、シリコン鉄、マンガン鉄、クロム鉄、モリブデン鉄、銅、ニッケルなどの材料を高温の熔炉(例えば高周波炉)の中に入れて合金の熔解の製造工程を行なうことにより、上記熔融される合金の中に他にシリコン、マンガンとモリブデンなどのその他の成分が含まれるため、熔融されて出来上がる合金は適当な特性を有することができる。また、特定の熔融の順序に従って上記材料を入れることにより、上記材料が熔融される時に沈殿現象が生じるのを避けることができ、さらに後続の段階で製造されるヘッドの完成品歩留まりが下がるのを防止することができる。さらに、本実施形態においては細粒状態の上記材料を使用し、かつできるだけ少量多数の方式で高温の熔炉の中にゆっくり入れることで、上記材料を大量に入れることによって上記材料が完全に熔融できずに団塊状に付着してしまうのを避けることができ、さらに高温の熔炉の中において空洞または気泡が生じることで危険性が生じるのを避けることができる。

0023

再び図1を参照すると、本発明の比率維持の段階S2においては、上述した上記材料の組成を、質量百分率で、2.5%から4.0%の銅、5.0%から6.0%のニッケル、15%から18%のクロム、残部鉄および不可避不純物に維持し、かつ上記銅/ニッケルの比は0.4から0.8であるため、上記材料は共同で同時にオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相の組織を兼ねて有するように形成される。さらに詳しく言えば、上記材料が順序に従って高温の熔炉の中に加入されて熔融の合金に形成された後、それからサンプルを抜き取って熔融合金の質量の組成比率を測定することにより、上記材料の質量百分率を、2.5%から4.0%の銅、5.0%から6.0%のニッケルと15%から18%のクロム、残部鉄(65%から75%)と不可避不純物に維持し、かつ上記銅/ニッケルの比は0.4から0.8であるように確保する。

0024

また、上記熔融合金の中における銅の組成比率は、好ましくは、2.8%から3.5%(質量百分率で計算)、クロムのよりよい比率は15.5%から17%(質量百分率で計算)である。上記熔融合金を上記特定の組成比率と銅/ニッケルの比を維持することにより、上記熔融の合金は冷却して固化された後、オーステナイト相(austenite)、フェライト相(ferrite)とマルテンサイト相を兼ねて有する合金材質に形成される。その中に、本発明では上記ニッケルの比率を高めることにより、全体の合金の延性を高めることができる。また、仮に上記熔融合金の中の銅/ニッケルの比が0.4より低くなると、銅の比率は相対的に低くなり、ニッケルの比率は相対的に高くなるため、冷却して固化された後に形成される合金の強度は不足になる。一方、仮に上記熔融合金の中の銅/ニッケルの比が0.8より高くなると、銅の比率は相対的に高くなり、ニッケルの比率は相対的に低くなるため、冷却して固化された後に形成される合金の硬度は高過ぎることになり、ゴルフクラブヘッドとして後続における傾斜角度の調整に不利になる。そのため、本発明においては上記銅/ニッケルの比を0.4から0.8に介在させることにより、上記合金は低硬度と適当な強度を同時に有するように形成される。その中、上記合金の中にはその他の金属成分または部分的な不純物が含まれ、例えば、その他の金属成分は質量百分率で計算すると0.65%から0.81%のシリコン、0.66%から0.78%のマンガンまたは0.002%から0.125%のモリブデンで、不純物は例えば炭素(C)、硫黄(S)または燐(P)などの成分で、質量百分率で計算すると、炭素は、好ましくは、0.06%より低く、硫黄は、好ましくは、0.019%より低く、燐は、好ましくは、0.027%より低い。

0025

上述したように、本発明においては予定される組成比率の鉄などの各種の元素と特定の銅/ニッケルの比によってオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相を兼ねて有する合金材質を形成することにより、製造される合金材質はフェライト相、オーステナイト相とマルテンサイト相の利点(例えばフェライト相の耐孔食性と低硬度、オーステナイト相の耐均一腐蝕性耐衝撃性とマルテンサイト相の高耐磨性)を共に有すると同時に、上記三種類の鉄相の欠点(例えばフェライト相の低靭性σ相脆性が発生し易い問題、オーステナイト相の孔食が生じ易い問題およびマルテンサイト相の耐食性がよくない問題)を低く抑えることができる。このように、本発明のゴルフクラブヘッドの合金によれば、適当な低硬度と高延性などの優れる機械性質を有することができる。

0026

再び図1を参照すると、本発明のヘッド鋳造の段階S3においては、上記合金を利用して精密鋳造を行なうことにより、予定の形状を有するゴルフクラブヘッドを形成する。さらに詳しく言えば、上記熔融合金が上述した所定の配分と銅/ニッケルの比に符合するように確認できた後、熔炉から出てくる前にエア抜きとかす取りを行なった後、直ちにそれを直接精密鋳造を行なう型の中に注入することにより、予定される形状のゴルフクラブヘッド(および/またはそのフェース板)を製造することができる。このように、鋳造を完成したゴルフクラブヘッドは熱処理を行なうことなく、直ちに脱殻ゲート除去カット研磨角度調整艶出し研磨などの段階を行なうことにより、アイアンまたはウッドのヘッドの完成品を製造することができ、かつ、製造し得るヘッドの材質はオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相を兼ねて有する混合の組成相に形成され、さらに適当な低硬度、高耐腐蝕性と高延性などの特性を有するように形成される。特に、上記低硬度と高延性の特性によってヘッドは鋳造時において比較的よい流動性成形性を有するように形成されるため、かす穴と気孔が生じるのを減らすことができ、また、上記低硬度の特性によってヘッドは比較的大きい可塑性を有するため、角度調整を簡単に行なうことができる。

0027

上記ゴルフクラブヘッドを鋳造し終えた後、仮にさらに進んで一個のフェース板と熔接を行なう場合、好ましくは、熔接後において選択的に高温焼なまし処理を用いて熔接時に生じた応力を除去する。

0028

上述したことを総合すると、上記製造工程によって本発明のゴルフクラブヘッド用の合金を獲得することができ、上記合金は主に、質量百分率で計算すると、15%から18%のクロム、2.5%から4.0%の銅と5.0%から6.0%のニッケル、残部の鉄および不可避不純物により構成される。その中、銅/ニッケルの比は0.4から0.8であり、かつ上記合金は同時にオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相の組織を有する。これにより、上記ゴルフクラブヘッド用の合金は低硬度、高延性と高耐腐蝕性を有するため、ゴルフクラブヘッドの角度調整に役立つことができる。上記合金は、好ましくは、他に0.65%から0.81%のシリコン、0.66%から0.78%のマンガンと0.002%から0.125%のモリブデンが含まれるため、上記合金の特性を適当に調整することができる。

0029

表3から表5を参照すると、表3は本発明と従来のSUS17−4PHのステンレス鋼の組成の差異の表であり、表4は本発明のゴルフクラブヘッド用の合金の各種の異なる実施形態の成分の組成表であり、表5は本発明の各種の異なる実施形態の機械的性質の表である。

0030

0031

0032

0033

この結果から明らかに知ることができるように、本発明はニッケルの組成を高めることにより、さらに同時に銅/ニッケルの比を0.4から0.8の間に介在するように制御することにより、上記合金の硬度を低く下げることができるとともに、上記合金の降伏強度を低く下げることができるため、ゴルフクラブヘッドの角度調整に役立つことができる。

0034

図2は本発明のゴルフクラブヘッドの合金の金相の組織図(200倍)であり、図3は本発明のゴルフクラブヘッドの合金の金相の組織図(500倍)である。図2、3を参照すると、本発明のゴルフクラブヘッドの合金を鋳造した後、10gのK3Fe(CN)6+10gのKOH+100mlのH2Oの腐蝕液腐蝕を行なった後の合金材料の金相の組織図である。図2図3はそれぞれ本発明の合金200倍と500倍による拡大のミクロ組織図で、図から知ることができるように、それはフェライト、オーステナイトとマルテンサイトを含めて三相共存のFe−Cr−Ni合金であり、すなわち同時に三相の強度と延性などの利点を有する。それよって、本発明の合金は適当に銅/ニッケルの比を制御することにより、確実に上記合金は同時にフェライト、オーステナイトとマルテンサイトによる三相共存の構造を有するように証明することができる。

0035

上述したことを総合すると、本発明のゴルフクラブヘッド合金は特定の比率の銅/ニッケルの比で上記合金を製造することにより、上記合金の硬度、引張強度と降伏強度を低く抑えることができるため、上記合金をゴルフクラブヘッドに製造する時に角度調整が簡単になるという利点がある。

0036

本発明のゴルフクラブヘッドの合金によれば、特定の比率の銅/ニッケルの比で上記合金を製造することにより、上記合金は同時にオーステナイト相、フェライト相とマルテンサイト相の組織を有するように形成される。

0037

本発明のゴルフクラブヘッドの合金の製作方法によれば、特定の銅/ニッケルの比を調整することによって、上述した低硬度を有する三相のステンレス鋼の合金を製造することができる。

0038

本発明は、その精神とび必須の特徴事項から逸脱することなく他のやり方で実施することができる。従って、本明細書に記載した好ましい実施例は例示的なものであり、限定的なものではない。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 日鉄エンジニアリング株式会社の「 真空脱ガス装置およびその補修方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】脱ガス位置で真空槽を補修可能かつ装置構成が簡素な真空脱ガス装置およびその補修方法を提供する。【解決手段】取鍋2が搬入搬出される取鍋入替位置P2および取鍋2の脱ガスを行う取鍋脱ガス位置P1を有す... 詳細

  • 日本製鉄株式会社の「 溶鋼の取鍋精錬方法」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】通電加熱を伴う取鍋精錬においてスラグの温度低下及び凝固を抑制して、各種精錬反応速度をより確実に向上させること。【解決手段】本発明は、取鍋内の溶鋼表面にスラグ層を形成し、電極を前記スラグ層に浸漬... 詳細

  • 住友ゴム工業株式会社の「 ゴルフクラブのフィッティング補助装置」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】オペレータにフィッティングを行う際の指針を示しつつ、フィッティングの結果に対するユーザーの納得性を高める。【解決手段】ゴルフクラブのフィッティング補助装置が提供される。同装置は、ディスプレイ及... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ