図面 (/)

技術 遊技機及び遊技機の認証方法

出願人 京楽産業.株式会社
発明者 渡辺直幸水上浩横島元成
出願日 2010年12月24日 (10年0ヶ月経過) 出願番号 2010-287630
公開日 2012年7月19日 (8年5ヶ月経過) 公開番号 2012-135330
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 差分補正値 発生結果 制御コマ 状態監視コマンド 被認証処理 切り替え方式 送信分 選択ルーチン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年7月19日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

1種類の認証情報で認証を行っても、その認証情報の不正解析を困難にする。

解決手段

主制御部はデータ種別切り替える場合、次回生成する認証情報のデータ種別に対応した第1検査値又は第2検査値を抽出する。主制御部はデータ種別を切り替えない場合、第3検査値を抽出する。主制御部は抽出した第1〜3検査値の何れか1つを有する認証用データを生成する、また、期待値変更用データを生成すると、認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成し、該生成した認証情報を周辺部に送信する。主制御部は、前記第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する。また、主制御部は、前記抽出した第3検査値に対応付けられた変更方法情報に基づいて、期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う。

概要

背景

従来、複数の基板を備えた遊技機において、これら各基板に対する不正を防止するための様々な技術が提案されている。複数の基板を備えた遊技機とは、たとえば、ぱちんこ遊技機などがある。ぱちんこ遊技機には、遊技機全体の動作を司る主制御基板と、遊技機の各部の動作をおこなう被制御基板周辺基板)とを備えている。この主制御基板は、周辺基板に制御コマンドを含む制御信号を出力し、その他の周辺基板は、主制御基板から送信された制御信号にしたがって動作を実行する機能を備えている。

このような構成の遊技機の場合、主制御基板に対する不正としては、たとえば、正規の主制御基板を不正な制御基板取り替えたり、主制御基板がおこなう処理を規定したプログラムコード改ざんしたりといった手法がある。このような不正を防止するため、たとえば、主制御基板内に搭載されたROMに記録されているプログラムデータをROMチェッカによってチェックして、ROMの不正交換などを防止する技術が提案されている(たとえば、下記特許文献1参照。)。

また、特許文献2には、主制御基板からサブ制御基板に制御コマンドを送信し、さらに所定の通信経路における制御コマンドの通信状態監視するための状態監視コマンドを送信し、サブ制御基板が状態監視コマンドを用いて制御コマンドの正当性を検証し、誤りがあると判定した場合には制御対象の制御を停止する構成が記載されている。

概要

1種類の認証情報で認証を行っても、その認証情報の不正解析を困難にする。主制御部はデータ種別切り替える場合、次回生成する認証情報のデータ種別に対応した第1検査値又は第2検査値を抽出する。主制御部はデータ種別を切り替えない場合、第3検査値を抽出する。主制御部は抽出した第1〜3検査値の何れか1つを有する認証用データを生成する、また、期待値変更用データを生成すると、認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成し、該生成した認証情報を周辺部に送信する。主制御部は、前記第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する。また、主制御部は、前記抽出した第3検査値に対応付けられた変更方法情報に基づいて、期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う。

目的

この発明は、上述した従来技術による問題点を解消するため、1種類の認証情報で認証を行っても、その認証情報の不正解析を困難にすることができる遊技機及び遊技機の認証方法を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

制御コマンドを送信する主制御部と、前記主制御部によって送信された制御コマンドに基づいて所定の処理を行う周辺部と、を備える遊技機において、前記主制御部は、前記主制御部の認証に用いる認証用データに選択的に用いられる第1検査値、第2検査値、第3検査値を記憶する検査値記憶手段と、前記第1検査値、前記第2検査値、前記第3検査値に対応して前記周辺部が予め記憶している第1期待値、第2期待値、第3期待値を変更する期待値変更用データと前記認証用データとを示し且つ前記第1検査値及び前記第2検査値に一対一対応付けられた相異なるデータ種別のうち、今回生成する前記認証情報のデータ種別を示す種別情報を記憶する種別情報記憶手段と、前記相異なるデータ種別を切り替えるか否かを無作為に決定する切替決定手段と、前記切替決定手段がデータ種別を切り替えると決定した場合に、次回生成する前記認証情報のデータ種別を、前記認証用データと前記期待値変更用データの2種類から無作為に決定する決定手段と、前記決定手段が決定したデータ種別に対応付けられた前記第1検査値又は前記第2検査値を前記検査値記憶手段から抽出する第1抽出手段と、前記切替決定手段がデータ種別を切り替えないと決定した場合に、前記第3検査値を前記検査値記憶手段から抽出する第2抽出手段と、前記種別情報が前記認証用データを示している場合に、前記第1抽出手段又は前記第2抽出手段が抽出した検査値を有する前記認証用データを生成する認証用データ生成手段と、前記種別情報が前記期待値変更用データを示している場合に、前記決定手段の決定に応じて前記期待値変更用データを生成する期待値変更用データ生成手段と、前記生成した認証用データ又は前記生成した期待値変更用データを有する前記認証情報を生成する認証情報生成手段と、前記生成した認証情報を前記周辺部に送信する送信手段と、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する主制御側第1変更手段と、前記第2抽出手段が抽出した前記第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う主制御側第2変更手段と、前記決定手段が決定した次回のデータ種別を示すように前記種別情報を更新する更新手段と、を備え、前記周辺部は、前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値を記憶する期待値記憶手段と、今回受信する前記認証情報のデータ種別を示す周辺側種別情報を記憶する周辺側種別情報記憶手段と、前記主制御部から前記認証情報を受信する受信手段と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合に、前記受信した認証情報の認証用データと前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値とを比較して前記主制御部の認証を行う認証手段と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する周辺側第1変更手段と、前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う周辺側第2変更手段と、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と特定して前記周辺側種別情報を更新する特定手段と、を備えることを特徴とする遊技機。

請求項2

前記主制御側第1変更手段は、前記第1抽出手段が抽出した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する手段であり、前記周辺側第1変更手段は、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する手段であることを特徴とする請求項1に記載の遊技機。

請求項3

制御コマンドを送信する主制御部と、前記主制御部によって送信された制御コマンドに基づいて所定の処理を行う周辺部と、を備える遊技機において、前記主制御部は、前記主制御部の認証に用いる認証用データに選択的に用いられる第1検査値、第2検査値、第3検査値を記憶する検査値記憶手段と、前記第1検査値、前記第2検査値、前記第3検査値に対応して前記周辺部が予め記憶している第1期待値、第2期待値、第3期待値を変更する期待値変更用データと前記認証用データとを示し且つ前記第1検査値及び前記第2検査値に一対一に対応付けられた相異なるデータ種別のうち、今回生成する前記認証情報のデータ種別を示す種別情報を記憶する種別情報記憶手段と、前記種別情報が前記認証用データを示している場合に、前記検査値記憶手段が記憶している前記第1検査値、前記第2検査値、前記第3検査値の中から1つの検査値を無作為に選択する選択手段と、前記選択手段が選択した1つの検査値を有する前記認証用データを生成する認証用データ生成手段と、前記選択手段が選択した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と決定する決定手段と、前記種別情報が前記期待値変更用データを示している場合に、前記期待値変更用データを生成する期待値変更用データ生成手段と、前記生成した認証用データ又は前記生成した期待値変更用データを有する前記認証情報を生成する認証情報生成手段と、前記生成した認証情報を前記周辺部に送信する送信手段と、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する主制御側第1変更手段と、前記選択手段が選択した前記第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う主制御側第2変更手段と、前記決定手段が決定した次回のデータ種別を示すように前記種別情報を更新する更新手段と、を備え、前記周辺部は、前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値を記憶する期待値記憶手段と、今回受信する前記認証情報のデータ種別を示す周辺側種別情報を記憶する周辺側種別情報記憶手段と、前記主制御部から前記認証情報を受信する受信手段と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合に、前記受信した認証情報の認証用データと前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値とを比較して前記主制御部の認証を行う認証手段と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する周辺側第1変更手段と、前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う周辺側第2変更手段と、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と特定して前記周辺側種別情報を更新する特定手段と、を備えることを特徴とする遊技機。

請求項4

前記主制御側第1変更手段は、前記選択手段が選択した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する手段であり、前記周辺側第1変更手段は、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する手段であることを特徴とする請求項3に記載の遊技機。

請求項5

前記主制御側第2変更手段は、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の検査値を所定の変更方式で変更する手段であり、前記周辺側第2変更手段は、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を前記主制御側第2変更手段と同一の前記所定の変更方式で変更する手段であることを特徴とする請求項1〜4の何れか1項に記載の遊技機。

請求項6

前記主制御側第2変更手段は、前記主制御側第1変更手段が前記期待値変更用データで変更対象の検査値を変更するときの変更方式を前記変更方法情報に基づいて変更する手段であり、前記周辺側第2変更手段は、前記周辺側第1変更手段が前記期待値変更用データで変更対象の期待値を変更するときの変更方式を、前記主制御側第2変更手段と同一の前記変更方法情報に基づいて変更する手段であることを特徴とする請求項1〜5の何れか1項に記載の遊技機。

請求項7

前記期待値変更用データは、前記期待値変更用データ生成手段によって生成される毎に、予め定められた初期値である前記検査値及び前記期待値の各々を変更するための補正値であることを特徴とする請求項1〜6の何れか1項に記載の遊技機。

請求項8

前記期待値変更用データは、前回変更した前記検査値及び前記期待値の各々を変更するための係数値であることを特徴とする請求項1〜6の何れか1項に記載の遊技機。

請求項9

前記期待値記憶手段は、前記主制御部の前記検査値記憶手段が記憶している初期の前記検査値とは異なる値の前記期待値を初期値として記憶しており、前記期待値変更用データ生成手段は、初期値である前記検査値と前記期待値との差分を吸収するための期待値変更用データを生成する手段であることを特徴とする請求項1〜6の何れか1項に記載の遊技機。

請求項10

制御コマンドを送信する主制御部と、前記主制御部によって送信された制御コマンドに基づいて所定の処理を行う周辺部と、を備える遊技機の認証方法において、前記主制御部は、検査値記憶手段に記憶している前記主制御部の認証に用いる認証用データに選択的に用いられる第1検査値、第2検査値、第3検査値に対応して前記周辺部が予め記憶している第1期待値、第2期待値、第3期待値を変更する期待値変更用データと前記認証用データと示し且つ前記第1検査値及び前記第2検査値に一対一に対応付けられた相異なるデータ種別を切り替えるか否かを無作為に決定する切替決定工程と、前記切替決定工程でデータ種別を切り替えると決定した場合に、次回生成する前記認証情報のデータ種別を、前記認証用データと前記期待値変更用データの2種類から無作為に決定する決定工程と、前記決定工程で決定したデータ種別に対応付けられた前記第1検査値又は前記第2検査値を前記検査値記憶手段から抽出する第1抽出工程と、前記切替決定工程でデータ種別を切り替えないと決定した場合に、前記第3検査値を前記検査値記憶手段から抽出する第2抽出工程と、種別情報記憶手段に記憶している種別情報が今回生成する前記認証情報は前記認証用データであることを示している場合に、前記第1抽出工程又は前記第2抽出工程で抽出した検査値を有する前記認証用データを生成する認証用データ生成工程と、前記種別情報が前記期待値変更用データを示している場合に、前記決定工程の決定に応じて前記期待値変更用データを生成する期待値変更用データ生成工程と、前記生成した認証用データ又は前記生成した期待値変更用データを有する前記認証情報を生成する認証情報生成工程と、前記生成した認証情報を前記周辺部に送信する送信工程と、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する主制御側第1変更工程と、前記第2抽出工程で抽出した前記第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う主制御側第2変更工程と、前記決定工程で決定した次回のデータ種別を示すように前記種別情報を更新する更新工程と、を備え、前記周辺部は、前記主制御部から前記認証情報を受信する受信工程と、周辺側種別情報記憶手段に記憶している周辺側種別情報が今回受信する前記認証情報のデータ種別は前記認証用データであることを示している場合に、前記受信した認証情報の認証用データと期待値記憶手段に記憶している前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値とを比較して前記主制御部の認証を行う認証工程と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する周辺側第1変更工程と、前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う周辺側第2変更工程と、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と特定して前記周辺側種別情報を更新する特定工程と、を備えることを特徴とする遊技機の認証方法。

請求項11

制御コマンドを送信する主制御部と、前記主制御部によって送信された制御コマンドに基づいて所定の処理を行う周辺部と、を備える遊技機の認証方法において、前記主制御部は、前記主制御部の認証に用いる認証用データに選択的に用いられる第1検査値、第2検査値、第3検査値に対応して前記周辺部が予め記憶している第1期待値、第2期待値、第3期待値を変更する期待値変更用データと前記認証用データと示し且つ前記第1検査値及び前記第2検査値に一対一に対応付けられた相異なるデータ種別のうち、種別情報記憶手段に記憶している種別情報が今回生成する前記認証情報のデータ種別は前記認証用データを示している場合に、検査値記憶手段に記憶している前記第1検査値、前記第2検査値、前記第3検査値の中から1つの検査値を無作為に選択する選択工程と、前記選択工程で選択した1つの検査値を有する前記認証用データを生成する認証用データ生成工程と、前記選択工程が選択した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と決定する決定工程と、前記種別情報が前記期待値変更用データを示している場合に、前記期待値変更用データを生成する期待値変更用データ生成工程と、前記生成した認証用データ又は前記生成した期待値変更用データを有する前記認証情報を生成する認証情報生成工程と、前記生成した認証情報を前記周辺部に送信する送信工程と、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する主制御側第1変更工程と、前記選択工程で選択した前記第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う主制御側第2変更工程と、前記決定工程が決定した次回のデータ種別を示すように前記種別情報を更新する更新工程と、を備え、前記周辺部は、前記主制御部から前記認証情報を受信する受信工程と、周辺側種別情報記憶手段に記憶している周辺側種別情報が今回受信する前記認証情報のデータ種別は前記認証用データであることを示している場合に、前記受信した認証情報の認証用データと期待値記憶手段に記憶している前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値とを比較して前記主制御部の認証を行う認証工程と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する周辺側第1変更工程と、前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う周辺側第2変更工程と、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と特定して前記周辺側種別情報を更新する特定工程と、を備えることを特徴とする遊技機の認証方法。

技術分野

0001

本発明は、複数の基板を備え、これらの基板間の通信の認証を行う遊技機及び遊技機の認証方法に関する。

背景技術

0002

従来、複数の基板を備えた遊技機において、これら各基板に対する不正を防止するための様々な技術が提案されている。複数の基板を備えた遊技機とは、たとえば、ぱちんこ遊技機などがある。ぱちんこ遊技機には、遊技機全体の動作を司る主制御基板と、遊技機の各部の動作をおこなう被制御基板周辺基板)とを備えている。この主制御基板は、周辺基板に制御コマンドを含む制御信号を出力し、その他の周辺基板は、主制御基板から送信された制御信号にしたがって動作を実行する機能を備えている。

0003

このような構成の遊技機の場合、主制御基板に対する不正としては、たとえば、正規の主制御基板を不正な制御基板取り替えたり、主制御基板がおこなう処理を規定したプログラムコード改ざんしたりといった手法がある。このような不正を防止するため、たとえば、主制御基板内に搭載されたROMに記録されているプログラムデータをROMチェッカによってチェックして、ROMの不正交換などを防止する技術が提案されている(たとえば、下記特許文献1参照。)。

0004

また、特許文献2には、主制御基板からサブ制御基板に制御コマンドを送信し、さらに所定の通信経路における制御コマンドの通信状態監視するための状態監視コマンドを送信し、サブ制御基板が状態監視コマンドを用いて制御コマンドの正当性を検証し、誤りがあると判定した場合には制御対象の制御を停止する構成が記載されている。

先行技術

0005

特開平11−333108号公報
特開2002−18095号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上述した特許文献1の場合、プログラムデータの改ざんは検知できるが、正規の主制御用基板と被制御基板との間に不正な制御基板が接続されてしまうと、この不正な制御基板から出力される不正な制御信号による不正制御を防止することができないという問題があった。

0007

また、上述した特許文献2のように、制御コマンドとは別の状態監視コマンドを主制御基板から被制御基板に送信する場合、遊技機は不正行為(「ゴト」行為)が行われる可能性があり、主制御側と被制御側との間に介在した前記不正な制御基板等によって状態監視コマンドが不正に解析されやすいため、その解析を困難にできないと、特許文献2の構成等を遊技機で実現させるのが困難であった。さらに、送信する際に複雑な暗号化をしてしまうと、正規な主制御基板及び被制御基板の各々の処理が複雑化して処理負担が増加してしまうという問題が生じてしまう。

0008

さらに、不正な解析を防止するには、複数種類認証用コマンドを用いて認証処理の複雑化を図ることも考えられるが、従来の遊技機においては複数種類の制御コマンドが用いられていることから、この従来のコマンド体系に新たな認証用のコマンド(認証情報)を複数種類追加するには、主制御側にそれらのコマンド毎に対応した処理を新たに追加する必用があり、また、主制御側の処理が複雑化してしまうため、遊技機において実現させるのは困難であった。

0009

この発明は、上述した従来技術による問題点を解消するため、1種類の認証情報で認証を行っても、その認証情報の不正解析を困難にすることができる遊技機及び遊技機の認証方法を提供することを目的とする。

課題を解決するための手段

0010

本発明にかかる請求項1記載の遊技機は、制御コマンドを送信する主制御部と、前記主制御部によって送信された制御コマンドに基づいて所定の処理を行う周辺部と、を備える遊技機において、前記主制御部は、前記主制御部の認証に用いる認証用データに選択的に用いられる第1検査値、第2検査値、第3検査値を記憶する検査値記憶手段と、前記第1検査値、前記第2検査値、前記第3検査値に対応して前記周辺部が予め記憶している第1期待値、第2期待値、第3期待値を変更する期待値変更用データと前記認証用データとを示し且つ前記第1検査値及び前記第2検査値に一対一対応付けられた相異なるデータ種別のうち、今回生成する前記認証情報のデータ種別を示す種別情報を記憶する種別情報記憶手段と、前記相異なるデータ種別を切り替えるか否かを無作為に決定する切替決定手段と、前記切替決定手段がデータ種別を切り替えると決定した場合に、次回生成する前記認証情報のデータ種別を、前記認証用データと前記期待値変更用データの2種類から無作為に決定する決定手段と、前記決定手段が決定したデータ種別に対応付けられた前記第1検査値又は前記第2検査値を前記検査値記憶手段から抽出する第1抽出手段と、前記切替決定手段がデータ種別を切り替えないと決定した場合に、前記第3検査値を前記検査値記憶手段から抽出する第2抽出手段と、前記種別情報が前記認証用データを示している場合に、前記第1抽出手段又は前記第2抽出手段が抽出した検査値を有する前記認証用データを生成する認証用データ生成手段と、前記種別情報が前記期待値変更用データを示している場合に、前記決定手段の決定に応じて前記期待値変更用データを生成する期待値変更用データ生成手段と、前記生成した認証用データ又は前記生成した期待値変更用データを有する前記認証情報を生成する認証情報生成手段と、前記生成した認証情報を前記周辺部に送信する送信手段と、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する主制御側第1変更手段と、前記第2抽出手段が抽出した前記第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う主制御側第2変更手段と、前記決定手段が決定した次回のデータ種別を示すように前記種別情報を更新する更新手段と、を備え、前記周辺部は、前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値を記憶する期待値記憶手段と、今回受信する前記認証情報のデータ種別を示す周辺側種別情報を記憶する周辺側種別情報記憶手段と、前記主制御部から前記認証情報を受信する受信手段と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合に、前記受信した認証情報の認証用データと前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値とを比較して前記主制御部の認証を行う認証手段と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する周辺側第1変更手段と、前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う周辺側第2変更手段と、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と特定して前記周辺側種別情報を更新する特定手段と、を備えることを特徴とする。

0011

上記請求項1に記載した本発明の遊技機によれば、主制御部の検査値記憶手段には、3種類の第1検査値、第2検査値、第3検査値が記憶される。第1検査値、第2検査値には、認証情報の相異なる2種類のデータ種別と変更対象情報がそれぞれ対応付けられている。種別情報記憶手段には、今回生成する認証情報のデータ種別を示す種別情報が記憶される。そして、主制御部は、データ種別を切り替えると無作為に決定すると、認証用データと期待値変更用データから、次回生成する認証情報のデータ種別を決定し、該決定したデータ種別に対応した第1検査値又は第2検査値を検査値記憶手段から抽出する。また、主制御部は、データ種別を切り替えないと無作為に決定すると、第3検査値を検査値記憶手段から抽出する。主制御部は、種別情報が認証用データを示している場合、前記抽出した第1〜3検査値の何れか1つを有する認証用データを生成する。また、主制御部は、種別情報が期待値変更用データを示している場合、検査値及び期待値の各々を変更する期待値変更用データを生成する。主制御部は、生成した認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成し、該生成した認証情報を周辺部に送信することができる。そして、主制御部は、前記第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報の少なくとも一方が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する。また、主制御部は、前記抽出した第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す変更対象情報の変更方法及び期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う。そして、主制御部は、前記決定した次回のデータ種別を示すように、種別情報記憶手段が記憶している種別情報を更新する。一方、周辺部の期待値記憶手段には、主制御部の3種類の第1検査値、第2検査値、第3検査値の各々に対応した3種類の第1期待値、第2期待値、第3期待値が記憶される。周辺側種別情報記憶手段には、主制御部から今回受信する認証情報のデータ種別を示す周辺側種別情報が記憶される。そして、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合、主制御部から受信した認証情報の認証用データと3種類の第1期待値、第2期待値、第3期待値との各々を比較して主制御部の認証を行うことができる。そして、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられた変更対象情報の少なくとも一方が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する。また、周辺部は、認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う。そして、周辺部は、認証用データの認証で一致した第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられたデータ種別を次回のデータ種別と特定して周辺側種別情報を更新する。

0012

請求項2記載の発明は、請求項1に記載の遊技機において、前記主制御側第1変更手段は、前記第1抽出手段が抽出した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する手段であり、前記周辺側第1変更手段は、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する手段であることを特徴とする。

0013

上記請求項2に記載した本発明の遊技機によれば、主制御部は、認証用データの生成時に抽出した第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する。そして、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が期待値変更用データを示している場合に、認証用データの認証で一致した第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する。

0014

本発明にかかる請求項3記載の遊技機は、制御コマンドを送信する主制御部と、前記主制御部によって送信された制御コマンドに基づいて所定の処理を行う周辺部と、を備える遊技機において、前記主制御部は、前記主制御部の認証に用いる認証用データに選択的に用いられる第1検査値、第2検査値、第3検査値を記憶する検査値記憶手段と、前記第1検査値、前記第2検査値、前記第3検査値に対応して前記周辺部が予め記憶している第1期待値、第2期待値、第3期待値を変更する期待値変更用データと前記認証用データとを示し且つ前記第1検査値及び前記第2検査値に一対一に対応付けられた相異なるデータ種別のうち、今回生成する前記認証情報のデータ種別を示す種別情報を記憶する種別情報記憶手段と、前記種別情報が前記認証用データを示している場合に、前記検査値記憶手段が記憶している前記第1検査値、前記第2検査値、前記第3検査値の中から1つの検査値を無作為に選択する選択手段と、前記選択手段が選択した1つの検査値を有する前記認証用データを生成する認証用データ生成手段と、前記選択手段が選択した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と決定する決定手段と、前記種別情報が前記期待値変更用データを示している場合に、前記期待値変更用データを生成する期待値変更用データ生成手段と、前記生成した認証用データ又は前記生成した期待値変更用データを有する前記認証情報を生成する認証情報生成手段と、前記生成した認証情報を前記周辺部に送信する送信手段と、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する主制御側第1変更手段と、前記選択手段が選択した前記第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う主制御側第2変更手段と、前記決定手段が決定した次回のデータ種別を示すように前記種別情報を更新する更新手段と、を備え、前記周辺部は、前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値を記憶する期待値記憶手段と、今回受信する前記認証情報のデータ種別を示す周辺側種別情報を記憶する周辺側種別情報記憶手段と、前記主制御部から前記認証情報を受信する受信手段と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合に、前記受信した認証情報の認証用データと前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値とを比較して前記主制御部の認証を行う認証手段と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する周辺側第1変更手段と、前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う周辺側第2変更手段と、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と特定して前記周辺側種別情報を更新する特定手段と、を備えることを特徴とする。

0015

上記請求項3に記載した本発明の遊技機によれば、主制御部の検査値記憶手段には、3種類の第1検査値、第2検査値、第3検査値が記憶される。第1検査値、第2検査値には、認証情報の相異なる2種類のデータ種別と変更対象情報がそれぞれ対応付けられている。種別情報記憶手段には、今回生成する認証情報のデータ種別を示す種別情報が記憶される。そして、主制御部は、種別情報が認証用データを示している場合に、検査値記憶手段が記憶している第1検査値、第2検査値、第3検査値の中から1つの検査値を無作為に選択すると、該選択した1つの検査値を有する認証用データを生成する。主制御部は、第1検査値又は第2検査値を選択すると、第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられたデータ種別を次回のデータ種別と決定する。また、主制御部は、種別情報が期待値変更用データを示している場合に、検査値及び期待値の各々を変更する期待値変更用データを生成する。主制御部は、生成した認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成し、該生成した認証情報を周辺部に送信することができる。そして、主制御部は、前記第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報の少なくとも一方が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する。また、主制御部は、前記選択した第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す変更対象情報の変更方法及び期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う。そして、主制御部は、前記決定した次回のデータ種別を示すように、種別情報記憶手段が記憶している種別情報を更新する。一方、周辺部の期待値記憶手段には、主制御部の3種類の第1検査値、第2検査値、第3検査値の各々に対応した3種類の第1期待値、第2期待値、第3期待値が記憶される。周辺側種別情報記憶手段には、主制御部から今回受信する認証情報のデータ種別を示す周辺側種別情報が記憶される。そして、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合、主制御部から受信した認証情報の認証用データと3種類の第1期待値、第2期待値、第3期待値との各々を比較して主制御部の認証を行うことができる。そして、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられた変更対象情報の少なくとも一方が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する。また、周辺部は、認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う。そして、周辺部は、認証用データの認証で一致した第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられたデータ種別を次回のデータ種別と特定して周辺側種別情報を更新する。

0016

請求項4記載の発明は、請求項3に記載の遊技機において、前記主制御側第1変更手段は、前記選択手段が選択した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する手段であり、前記周辺側第1変更手段は、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する手段であることを特徴とする。

0017

上記請求項4に記載した本発明の遊技機によれば、主制御部は、前記生成した期待値変更用データに基づいて、前記選択した最新の第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を変更する。そして、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が期待値変更用データを示している場合に、認証用データの認証で一致した第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する。

0018

請求項5記載の発明は、請求項1〜4の何れか1項に記載の遊技機において、前記主制御側第2変更手段は、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の検査値を所定の変更方式で変更する手段であり、前記周辺側第2変更手段は、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を前記主制御側第2変更手段と同一の前記所定の変更方式で変更する手段であることを特徴とする。

0019

上記請求項5に記載した本発明の遊技機によれば、主制御部は、第1検査値及び第2検査値の各々に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を所定の変更方式で変更する。そして、周辺部は、第1期待値及び前記第2期待値の各々に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の期待値を、主制御部と同一の所定の変更方式で変更することができる。

0020

請求項6記載の発明は、請求項1〜5の何れか1項に記載の遊技機において、前記主制御側第2変更手段は、前記主制御側第1変更手段が前記期待値変更用データで変更対象の検査値を変更するときの変更方式を前記変更方法情報に基づいて変更する手段であり、前記周辺側第2変更手段は、前記周辺側第1変更手段が前記期待値変更用データで変更対象の期待値を変更するときの変更方式を、前記主制御側第2変更手段と同一の前記変更方法情報に基づいて変更する手段であることを特徴とする。

0021

上記請求項6に記載した本発明の遊技機によれば、主制御部は、期待値変更用データで変更対象の検査値を変更するときの変更方式を変更方法情報に基づいて変更する。そして、周辺部は、期待値変更用データで変更対象の期待値を変更するときの変更方式を、主制御部と同一の変更方法情報に基づいて変更することができる。

0022

請求項7記載の発明は、請求項1〜6の何れか1項に記載の遊技機において、前記期待値変更用データは、前記期待値変更用データ生成手段によって生成される毎に、予め定められた初期値である前記検査値及び前記期待値の各々を変更するための補正値であることを特徴とする。

0023

上記請求項7に記載した本発明の遊技機によれば、主制御部及び周辺部は、期待値変更用データを生成する毎に、予め定められた初期値である検査値及び期待値を補正値で変更することができる。

0024

請求項8記載の発明は、請求項1〜6の何れか1項に記載の遊技機において、前記期待値変更用データは、前回変更した前記検査値及び前記期待値の各々を変更するための係数値であることを特徴とする。

0025

上記請求項8に記載した本発明の遊技機によれば、主制御部及び周辺部は、前回変更した検査値及び期待値を係数値で変更することができる。即ち、変更対象の検査値及び期待値を変更毎に変化させ、検査値及び期待値を累積させて変化させることができる。

0026

請求項9記載の発明は、請求項1〜7の何れか1項に記載の遊技機において、前記期待値記憶手段は、前記主制御部の前記検査値記憶手段が記憶している初期の前記検査値とは異なる値の前記期待値を初期値として記憶しており、前記期待値変更用データ生成手段は、初期値である前記検査値と前記期待値との差分を吸収するための期待値変更用データを生成する手段であることを特徴とする。

0027

上記請求項9に記載した本発明の遊技機によれば、周辺部の期待値記憶手段には、主制御部の検査値とは異なる値の期待値が初期値として記憶される。そして、主制御部は、検査値と期待値との差分を吸収するための期待値変更用データを生成して周辺部に送信することができる。

0028

本発明にかかる請求項10記載の遊技機の認証方法は、制御コマンドを送信する主制御部と、前記主制御部によって送信された制御コマンドに基づいて所定の処理を行う周辺部と、を備える遊技機の認証方法において、前記主制御部は、検査値記憶手段に記憶している前記主制御部の認証に用いる認証用データに選択的に用いられる第1検査値、第2検査値、第3検査値に対応して前記周辺部が予め記憶している第1期待値、第2期待値、第3期待値を変更する期待値変更用データと前記認証用データと示し且つ前記第1検査値及び前記第2検査値に一対一に対応付けられた相異なるデータ種別を切り替えるか否かを無作為に決定する切替決定工程と、前記切替決定工程でデータ種別を切り替えると決定した場合に、次回生成する前記認証情報のデータ種別を、前記認証用データと前記期待値変更用データの2種類から無作為に決定する決定工程と、前記決定工程で決定したデータ種別に対応付けられた前記第1検査値又は前記第2検査値を前記検査値記憶手段から抽出する第1抽出工程と、前記切替決定工程でデータ種別を切り替えないと決定した場合に、前記第3検査値を前記検査値記憶手段から抽出する第2抽出工程と、種別情報記憶手段に記憶している種別情報が今回生成する前記認証情報は前記認証用データであることを示している場合に、前記第1抽出工程又は前記第2抽出工程で抽出した検査値を有する前記認証用データを生成する認証用データ生成工程と、前記種別情報が前記期待値変更用データを示している場合に、前記決定工程の決定に応じて前記期待値変更用データを生成する期待値変更用データ生成工程と、前記生成した認証用データ又は前記生成した期待値変更用データを有する前記認証情報を生成する認証情報生成工程と、前記生成した認証情報を前記周辺部に送信する送信工程と、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する主制御側第1変更工程と、前記第2抽出工程で抽出した前記第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う主制御側第2変更工程と、前記決定工程で決定した次回のデータ種別を示すように前記種別情報を更新する更新工程と、を備え、前記周辺部は、前記主制御部から前記認証情報を受信する受信工程と、周辺側種別情報記憶手段に記憶している周辺側種別情報が今回受信する前記認証情報のデータ種別は前記認証用データであることを示している場合に、前記受信した認証情報の認証用データと期待値記憶手段に記憶している前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値とを比較して前記主制御部の認証を行う認証工程と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する周辺側第1変更工程と、前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う周辺側第2変更工程と、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と特定して前記周辺側種別情報を更新する特定工程と、を備えることを特徴とする。

0029

上記請求項10に記載した本発明の遊技機の認証方法によれば、主制御部は、データ種別を切り替えると無作為に決定すると、認証用データと期待値変更用データから、次回生成する認証情報のデータ種別を決定し、該決定したデータ種別に対応した第1検査値又は第2検査値を検査値記憶手段から抽出する。また、主制御部は、データ種別を切り替えないと無作為に決定すると、第3検査値を検査値記憶手段から抽出する。主制御部は、種別情報が認証用データを示している場合、前記抽出した第1〜3検査値の何れか1つを有する認証用データを生成する。また、主制御部は、種別情報が期待値変更用データを示している場合、検査値及び期待値の各々を変更する期待値変更用データを生成する。主制御部は、生成した認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成し、該生成した認証情報を周辺部に送信することができる。そして、主制御部は、前記第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報の少なくとも一方が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する。また、主制御部は、前記抽出した第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す変更対象情報の変更方法及び期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う。そして、主制御部は、前記決定した次回のデータ種別を示すように、種別情報記憶手段が記憶している種別情報を更新する。一方、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合、主制御部から受信した認証情報の認証用データと3種類の第1期待値、第2期待値、第3期待値との各々を比較して主制御部の認証を行うことができる。そして、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられた変更対象情報の少なくとも一方が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する。また、周辺部は、認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う。そして、周辺部は、認証用データの認証で一致した第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられたデータ種別を次回のデータ種別と特定して周辺側種別情報を更新する。

0030

本発明にかかる請求項11記載の遊技機の認証方法は、制御コマンドを送信する主制御部と、前記主制御部によって送信された制御コマンドに基づいて所定の処理を行う周辺部と、を備える遊技機の認証方法において、前記主制御部は、前記主制御部の認証に用いる認証用データに選択的に用いられる第1検査値、第2検査値、第3検査値に対応して前記周辺部が予め記憶している第1期待値、第2期待値、第3期待値を変更する期待値変更用データと前記認証用データと示し且つ前記第1検査値及び前記第2検査値に一対一に対応付けられた相異なるデータ種別のうち、種別情報記憶手段に記憶している種別情報が今回生成する前記認証情報のデータ種別は前記認証用データを示している場合に、検査値記憶手段に記憶している前記第1検査値、前記第2検査値、前記第3検査値の中から1つの検査値を無作為に選択する選択工程と、前記選択工程で選択した1つの検査値を有する前記認証用データを生成する認証用データ生成工程と、前記選択工程が選択した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と決定する決定工程と、前記種別情報が前記期待値変更用データを示している場合に、前記期待値変更用データを生成する期待値変更用データ生成工程と、前記生成した認証用データ又は前記生成した期待値変更用データを有する前記認証情報を生成する認証情報生成工程と、前記生成した認証情報を前記周辺部に送信する送信工程と、前記第1検査値及び前記第2検査値の各々に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する主制御側第1変更工程と、前記選択工程で選択した前記第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う主制御側第2変更工程と、前記決定工程が決定した次回のデータ種別を示すように前記種別情報を更新する更新工程と、を備え、前記周辺部は、前記主制御部から前記認証情報を受信する受信工程と、周辺側種別情報記憶手段に記憶している周辺側種別情報が今回受信する前記認証情報のデータ種別は前記認証用データであることを示している場合に、前記受信した認証情報の認証用データと期待値記憶手段に記憶している前記第1期待値、前記第2期待値、前記第3期待値とを比較して前記主制御部の認証を行う認証工程と、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値及び前記第2期待値の各々に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する周辺側第1変更工程と、前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う周辺側第2変更工程と、前記認証用データの認証で一致した前記第1期待値又は前記第2期待値に、前記第1検査値及び前記第2検査値と対応するように予め対応付けられた前記データ種別を次回のデータ種別と特定して前記周辺側種別情報を更新する特定工程と、を備えることを特徴とする。

0031

上記請求項11に記載した本発明の遊技機の認証方法によれば、主制御部は、種別情報が認証用データを示している場合に、検査値記憶手段が記憶している第1検査値、第2検査値、第3検査値の中から1つの検査値を無作為に選択すると、該選択した1つの検査値を有する認証用データを生成する。主制御部は、第1検査値又は第2検査値を選択すると、第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられたデータ種別を次回のデータ種別と決定する。また、主制御部は、種別情報が期待値変更用データを示している場合に、検査値及び期待値の各々を変更する期待値変更用データを生成する。主制御部は、生成した認証用データ又は期待値変更用データを有する認証情報を生成し、該生成した認証情報を周辺部に送信することができる。そして、主制御部は、前記第1検査値又は第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報の少なくとも一方が示す変更対象の検査値を、前記生成した期待値変更用データに基づいて変更する。また、主制御部は、前記選択した第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す変更対象情報の変更方法及び期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う。そして、主制御部は、前記決定した次回のデータ種別を示すように、種別情報記憶手段が記憶している種別情報を更新する。一方、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合、主制御部から受信した認証情報の認証用データと3種類の第1期待値、第2期待値、第3期待値との各々を比較して主制御部の認証を行うことができる。そして、周辺部は、周辺側種別情報のデータ種別が期待値変更用データを示している場合に、前記第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられた変更対象情報の少なくとも一方が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する。また、周辺部は、認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う。そして、周辺部は、認証用データの認証で一致した第1期待値又は第2期待値に、第1検査値及び第2検査値と対応するように予め対応付けられたデータ種別を次回のデータ種別と特定して周辺側種別情報を更新する。

発明の効果

0032

以上説明したように本発明によれば、主制御部は3種類の検査値のうちの第1検査値及び第2検査値の各々に認証情報の2種類のデータ種別を対応付けておき、第1検査値又は第2検査値で認証用データを生成し、該認証用データを有する認証情報を生成して周辺部に送信するようにしたことから、周辺部は期待値に前記データ種別を対応付けておくことで、認証情報が有する検査値と期待値が一致したときに、主制御部の認証を成立させることができ且つ次回受信すべき認証情報のデータ種別を特定することができるため、不正な解析者が認証情報を不正に利用することを防止できる。また、主制御部は第1検査値及び第2検査値の各々に変更対象情報を対応付けておき、期待値変更用データを有する認証情報を生成した場合に、その変更対象情報が示す変更対象の検査値を期待値変更用データで変更するようにしたことから、3種類の検査値の中の任意の検査値を変更することができるため、不正な解析者による解析をより一層困難にすることができる。そして、周辺部は第1期待値及び第2期待値の各々に変更対象情報を対応付けておき、期待値変更用データを主制御部から受信した場合に、その変更対象情報が示す変更対象の期待値を期待値変更用データで変更するようにしたことから、不正な期待値変更用データを受信して変更すれば、主制御部の検査値と周辺部の期待値とが一致しなくなり、主制御部の認証が成立しなくなるため、遊技機に対する不正の防止に貢献することができる。さらに、主制御部は第3検査値に変更方法情報を対応付けておき、第3検査値の認証用データの生成に応じて、第1検査値及び第2検査値に対応付けられた変更対象情報の変更等を行うようにしたことから、第1〜3検査値を不規則かつ複雑に変更することができるため、不正な解析者による解析をより一層困難にすることができる。また、周辺部は第3期待値に前記変更方法情報を対応付けておき、受信した第3検査値と第3期待値が一致した場合に、第1期待値及び第2期待値に対応付けられた変更対象情報の変更等を行うようにしたことから、主制御部と同様の変更を行うことができるため、遊技機に対する不正の防止に貢献することができる。また、不正解析者によって認証情報が不正に利用されたことを、認証情報のデータ種別によって周辺部が検知することができるため、認証情報の認証強度を高めることができる。従って、1種類の認証情報で認証を行っても、その認証情報の不正解析を困難にすることができるという効果を奏する。

0033

上述した遊技機において、主制御部は認証用データの生成に用いた第1検査値又は第2検査値、周辺部は認証用データの認証で一致した第1期待値又は第2期待値の各々に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を期待値変更用データに基づいて変更するようにしたことから、検査値及び期待値の変更を認証用データの認証に関連付けることができるため、変更前に認証情報が不正に利用されると、主制御部と周辺部との変更対象が相違して、変更後の検査値及び期待値の整合性が取れなくなり、不正の検知精度の向上に貢献することができる。

0034

上述した遊技機において、主制御部及び周辺部は変更対象情報が示す変更対象を所定の変更方式で変更するようにしたことから、3種類の検査値及び期待値に対する期待値変更用データの変更対象を変更することができるため、検査値及び期待値に対する変更をより一層複雑化させて、その解析を困難にすることができる。

0035

上述した遊技機において、主制御部及び周辺部は期待値変更用データで変更対象の検査値及び期待値を変更するときの変更方式を変更方法情報に基づいて変更するようにしたことから、検査値及び期待値を変更しなくても、期待値変更用データによる変更結果を変化させることができるため、検査値及び期待値に対する変更をより一層複雑化させて、その解析を困難にすることができる。

0036

上述した遊技機において、期待値変更用データが予め定められた初期値である検査値及び期待値を変更する補正値としたことから、主制御部及び周辺部は予め定められた検査値及び期待値を期待値変更用データで変更するだけでよいため、変更処理簡単化することができる。

0037

上述した遊技機において、期待値変更用データが前回変更した検査値及び期待値を変更する係数値としたことから、検査値及び期待値を累積させて変更することができるため、検査値及び期待値の解析をより一層困難にすることができると共に、検査値及び期待値の不正利用を防止することができる。

0038

上述した遊技機において、主制御部の検査値とは異なる値の期待値を周辺部に予め記憶しておき、検査値と期待値との差分を吸収するための期待値変更用データを主制御部が生成して周辺部に送信するようにしたことから、周辺部がその期待値変更用データで期待値を変更することで、期待値を主制御部の検査値と一致させることができるため、不正な解析者による検査値及び期待値の解析及び利用を困難にすることができる。

図面の簡単な説明

0039

本発明のぱちんこ遊技機の遊技盤の一例を示す正面図である。
ぱちんこ遊技機の制御部の内部構成を示すブロック図である。
主制御基板および周辺基板の機能的構成を示すブロック図である。
主制御部による演出制御部の制御処理の一部を示すフローチャートである。
主制御部による演出制御部の制御処理の他の一部を示すフローチャートである。
大当たり関連コマンド送信タイミングを示すタイミングチャートである。
演出制御部による図柄変動処理の手順を示すフローチャートである。
演出制御部による大当たり時処理の手順を示すフローチャートである。
ランプ制御部による図柄変動時のランプ制御処理の手順を示すフローチャートである。
主制御部が出力する制御信号のデータフォーマットを模式的に示す説明図である。
認証情報のデータフォーマットを示す説明図である。
認証情報のデータ種別を説明するための図である。
検査値と期待値とデータ種別と変更対象情報と変更方法情報の対応関係の一例を示す図である。
変更対象パターンと検査値と期待値との対応関係の一例を示す図である。
変更対象情報の変更の一例を説明するための図である。
主制御部による認証情報の送信手順を示すフローチャートである。
周辺部による認証情報の認証側処理の一例を示すフローチャートである。
認証情報を用いた場合の認証処理手順例の一部を示すフローチャートである。
認証情報を用いた場合の認証処理手順例の他の一部を示すフローチャートである。
主制御基板および周辺基板の機能的構成2を示すブロック図である。
主制御部による認証情報の送信手順2を示すフローチャートである。
認証情報を用いた場合の認証処理手順例2の一部を示すフローチャートである。
認証情報を用いた場合の認証処理手順例2の他の一部を示すフローチャートである。

実施例

0040

以下に添付図面を参照して、本発明にかかる遊技機であるぱちんこ遊技機と、このぱちんこ遊技機に搭載されている複数の基板間(主制御基板および周辺基板)の認証を行う認証方法および認証プログラムに好適な実施の形態を詳細に説明する。

0041

[実施例1]
(ぱちんこ遊技機の基本構成
本発明のぱちんこ遊技機100は、図1に示す遊技盤101を備えている。遊技盤101の下部位置に配置された発射部292(図2参照)の駆動によって発射された遊技球は、レール102a,102b間を上昇して遊技盤101の上部位置に達した後、遊技領域103内を落下する。図示を省略するが、遊技領域103には、遊技球を各種の方向に向けて落下させる複数のが設けられている。遊技領域103には、遊技球の落下途中の位置に、遊技球の落下方向を変化させる風車入賞口が配設されている。

0042

遊技盤101の遊技領域103の中央部分には、図柄表示部104が配置されている。図柄表示部104としては、例えば液晶表示器(LCD)が用いられる。なお、図柄表示部104としては、LCDに限らず、CRT、複数のドラム、などを用いることができる。図柄表示部104の下方には、始動入賞させるための始動入賞口105が配設されている。図柄表示部104の左右には、それぞれ入賞ゲート106が配設されている。

0043

入賞ゲート106は、落下する遊技球の通過を検出し、始動入賞口105を一定時間だけ開放させる抽選を行うために設けられている。図柄表示部104の側部や下方などには普通入賞口107が配設されている。普通入賞口107に遊技球が入賞すると、ぱちんこ遊技機100は普通入賞時の賞球数(例えば10個)の払い出しを行う。遊技領域103の最下部には、どの入賞口にも入賞しなかった遊技球を回収する回収口108が設けられている。

0044

上述した図柄表示部104は、特定の入賞口に遊技球が入賞したとき(始動入賞時)に、複数の図柄の表示の変動を開始し、所定時間後に図柄の表示の変動を停止する。この停止時に特定図柄(例えば「777」など)に揃ったときに、ぱちんこ遊技機100は大当たり状態となる。そして、ぱちんこ遊技機100は、大当たり状態のとき、遊技盤101の下方に位置する大入賞口109を一定の期間開放させ、この期間開放を所定ラウンド(例えば15ラウンドなど)繰り返し、大入賞口109に入賞した遊技球に対応した賞球数を払い出す。

0045

ぱちんこ遊技機100は、図2に示す制御部200を備えている。制御部200は、主制御部201と、演出制御部202と、賞球制御部203と、を有している。そして、主制御部201は本発明の主制御基板に相当し、演出制御部202と賞球制御部203とはそれぞれ本発明の周辺基板に相当している。そして、主制御部201は、ぱちんこ遊技機100の遊技にかかる基本動作を制御する。演出制御部202は、遊戯中の演出動作を制御する。賞球制御部203は、払い出す賞球数を制御する。

0046

主制御部201は、CPU211と、ROM212と、RAM213と、インタフェース(I/F)214と、を有している。CPU211は、ROM212に記憶されたプログラムデータに基づき、遊技内容の進行に伴う基本処理を実行する。ROM212は、プログラムデータ等を記憶する記憶領域を有している。RAM213は、CPU211の演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。I/F214は、各検出部221〜224から各種データを受信するとともに、演出制御部202及び賞球制御部203への各種データの送信を行う。主制御部201は、例えばいわゆる主制御基板によってその機能を実現する。

0047

この主制御部201の入力側には、始動入賞口105に入賞した入賞球を検出する始動入賞口検出部221と、入賞ゲート106を通過した遊技球を検出するゲート検出部222と、普通入賞口107に入賞した遊技球を検出する普通入賞口検出部223と、大入賞口109に入賞した入賞球を検出する大入賞口検出部224と、がI/F214を介して電気的に接続されている。これらの検出部としては、近接スイッチなどを用いて構成できる。

0048

この主制御部201の出力側には、大入賞口開閉部231が電気的に接続されており、主制御部201はこの大入賞口開閉部231の開閉を制御する。大入賞口開閉部231は、大当たり時に大入賞口109を一定期間開放する機能であり、ソレノイドなどを用いて構成できる。この大当たりは、生成した乱数大当たり判定用乱数)に基づいて、所定の確率(例えば300分の1など)で発生するよう予めプログラムされている。

0049

演出制御部202は、主制御部201から各種の制御コマンドを含む制御信号を受け取り、このコマンドに基づいて、ROM242に記憶されたプログラムデータを実行して遊技中における演出制御を行う。この演出制御部202は、CPU241と、ROM242と、RAM243と、VRAM244と、インタフェース(I/F)245と、を有している。CPU241は、ぱちんこ遊技機100に対応した演出処理を実行する。RAM243は、CPU241の演出処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。VRAM244は、図柄表示部104に表示させる画像データ等を記憶する。I/F245は、主制御部201からの各種データの受信およびランプ制御部251や音声制御部252への各種データの送信を行う。演出制御部202は、例えばいわゆる演出基板によってその機能を実現する。また、演出制御部202の出力側には、上述した図柄表示部(LCD)104、ランプ制御部251、音声制御部252がI/F245を介して電気的に接続されている。ランプ制御部251はランプ261の点灯を制御する。また、音声制御部252はスピーカ262の音声等の出力を制御する。

0050

賞球制御部203は、主制御部201から各種の制御コマンドを含む制御信号を受け取り、このコマンドに基づいて、ROM282に記憶されたプログラムデータを実行して賞球制御を行う。この賞球制御部203は、CPU281と、ROM282と、RAM283と、インタフェース(I/F)284と、を有している。CPU281は、賞球制御の処理を実行する。RAM283は、CPU281の演算処理時におけるデータのワークエリアとして機能する。I/F284は、主制御部201からの各種データの受信および発射部292との各種データの送受信を行う。賞球制御部203は、例えばいわゆる賞球基板によってその機能を実現する。

0051

賞球制御部203は、I/F284を介して接続される払出部291に対して、入賞時の賞球数を払い出す制御を行う。また、賞球制御部203は、発射部292に対する遊技球の発射の操作を検出し、発射部292における遊技球の発射を制御する。払出部291は、遊技球の貯留部から所定数を払い出すためのモータなどからなる。賞球制御部203は、この払出部291に対して、各入賞口(始動入賞口105、普通入賞口107、大入賞口109)に入賞した遊技球に対応した賞球数を払い出す制御を行う。

0052

発射部292は、遊技のための遊技球を発射するものであり、遊技者による遊技操作を検出するセンサと、遊技球を発射させるソレノイドなどを備える。賞球制御部203は、発射部292のセンサにより遊技操作を検出すると、検出された遊技操作に対応してソレノイドなどを駆動させて遊技球を間欠的に発射させ、遊技盤101の遊技領域103に遊技球を送り出す。

0053

上記構成の主制御部201と演出制御部202と賞球制御部203は、それぞれ異なるプリント基板(主制御基板、演出基板、賞球基板)に設けられる。なお、ぱちんこ遊技機100の基板の構成は、これに限らず、例えば、賞球制御部203を、主制御部201又は演出制御部202と同一のプリント基板上に設けるなどの種々異なる構成とすることができる。

0054

(主制御基板および周辺基板の機能的構成)
まず、図3を参照して、主制御部201としての機能を有する主制御基板310の機能的構成について説明する。主制御基板310は、周辺基板330を動作させるための制御コマンドを送信する機能部であり、データ記憶部311、切替決定部312、決定部313、第1抽出部314、第2抽出部315、認証用データ生成部316、期待値変更用データ生成部317、認証情報生成部318、送信部319、第1変更部320、第2変更部321、更新部322を有して構成している。そして、主制御基板310は、周辺基板330とは別の基板で形成されており、周辺基板330と通信可能なように電気的に接続されている。

0055

データ記憶部311は、本発明の検査値記憶手段及び種別情報記憶手段に相当し、検査値、認証情報、種別情報、認証用データ、期待値変更用データ、変更対象パターン情報、等の各種データを記憶している。データ記憶部311としては、例えば、主制御部201のROM212、RAM213(図2参照)の一部を用いることができる。また、データ記憶部311は、周辺部に送信した認証情報を記憶する記憶領域を有している。データ記憶部311に記憶する認証情報は、1回の送信分のみを記憶する構成、送信した複数回分時系列的に記憶する構成、等の種々異なる実施形態とすることができる。

0056

認証用データは、周辺基板330(周辺部)が主制御基板310(主制御部)の認証に用いるデータとなっており、上述したCPU211が生成する。そして、期待値変更用データは、主制御部201が有する3種類の検査値と周辺部が有する3種類の期待値とを変更するためのデータとなっており、上述したCPU211が生成プログラム等を実行して不規則に生成する、又は、任意のカウンタ、予め定められた値、等に基づいて生成する。

0057

データ記憶部311は、ぱちんこ遊技機100に対して設計時、製造時、等に予め定められた相異なる3種類の検査値を記憶している。3種類の検査値は、第1検査値、第2検査値、第3検査値を有して構成しており、例えば主制御部201のROM212における相異なる3つの所定領域のチェックサム、予め定められた固有の値、奇数偶数大小関係の値、等が挙げられる。

0058

第1検査値及び第2検査値の各々は、上述した認証用データと期待値変更用データとのうち、認証情報がどちらのデータを有するかを示すデータ種別と一対一に対応付けられている。具体的には、第1検査値及び第2検査値の各々には、そのデータ種別を示すための種別データが関連付けられている。さらに、第1検査値及び第2検査値の各々は、期待値変更用データの変更対象となる検査値を示す変更対象情報が対応付けられている。例えば、変更対象情報は、データ記憶部311等に記憶されており、変更対象の値を規定する複数の変更対象パターン、変更対象を識別するための識別データ、変更対象の格納先アドレス、等を示すデータを有している。また、変更対象情報が複数の変更対象パターンを示すテーブルデータを有する構成とし、主制御部がそれらのパターンを予め定められた切り替え方式で切り替える実施形態とすることもできる。なお、変更対象情報は、第1検査値、第2検査値、第3検査値の全てを変更対象としても良いし、第1検査値、第2検査値、第3検査値の中の予め定めた一部のみを変更対象としても良い。

0059

第3検査値は、期待値変更用データで変更した変更後の検査値を変化させるための変更方法情報が対応付けられている。そして、変更方法情報は、前記変更対象情報を変更、および、期待値変更用データの補正方式の少なくとも一方を示す情報となっている。そして、変更方法情報は、データ記憶部311等に記憶されており、第1検査値及び第2検査値に対応付けられた変更対象情報を変更する場合、例えば、どのように変更するかを示すデータ、例えば、変更する値を示すデータ、変更するためのプログラムデータ、等を有して構成する。また、変更方法情報は、補正方式を変更する場合、例えば、変更後の変更方式、変更方式を変更するためのプログラム、等を有して構成する。

0060

本実施形態では、3種類の第1〜3検査値とそれに対応した第1〜3期待値を用いる場合について説明するが、これに代えて、第3検査値及び第3期待値を複数種類用いることで、3種類以上の検査値及び期待値とすることもできる。

0061

種別情報は、主制御部201が今回生成する認証情報のデータ種別を示すデータ構造となっている。例えば、種別情報は、今回種別データと次回種別データとを有しており、各種別データは認証用データと期待値変更用データとを識別するためのデータとなっている。なお、種別情報は、次回の種別データの設定を認証処理の最後に行うことで、今回種別データのみのデータ構造とすることもできる。

0062

切替決定部312は、本発明の切替決定手段に相当し、前記相異なるデータ種別を切り替えるか、又は、前記変更方法情報に基づく変更を行うかを無作為に決定する。そして、切替決定部312は、相異なるデータ種別を切り替えるか否かを、例えば乱数、テーブル、等を用いて不規則に決定するとで、不正解析者によって不正に解析されるのを困難にしている。

0063

決定部313は、本発明の決定手段に相当し、切替決定部312がデータ種別を切り替えると決定した場合に、主制御基板310が次回生成する認証情報のデータ種別を、認証用データと期待値変更用データの2種類から無作為に決定する。そして、決定部313は、認証用データと期待値変更用データとが不規則な順番となるように、例えば乱数、テーブル、等を用いて不規則に次回のデータ種別を決定することで、不正解析者によって不正に解析されるのを困難にしている。

0064

第1抽出部314は、本発明の第1抽出手段に相当し、決定部313が決定した次回のデータ種別に対応付けられた第1検査値又は第2検査値をデータ記憶部(検査値記憶手段)311から抽出し、該抽出した検査値をRAM213等に記憶する。そして、第1抽出部314が抽出した一方の検査値が、今回生成する認証情報の認証用データとして用いる検査値となる。

0065

第2抽出部315は、本発明の第2抽出手段に相当し、切替決定部312がデータ種別を切り替えない、即ち、変更対方法情報に基づく変更を行うと決定した場合に、第3検査値をデータ記憶部(検査値記憶手段)311から抽出し、該抽出した検査値をRAM213等に記憶する。そして、第2抽出部315が抽出した第3検査値が、今回生成する認証情報の認証用データとして用いる検査値となる。

0066

認証用データ生成部316は、本発明の認証用データ生成手段に相当し、データ記憶部311に記憶している種別情報が認証用データを示している場合に、第1抽出部314又は第2抽出部315が抽出した検査値を有する認証用データを生成し、該認証用データをデータ記憶部311等に記憶する。そして、認証用データ生成部316は、1回目の処理では予め定められた初期値であるデータ種別を用いて前記抽出された検査値の認証用データを生成し、2回目以降の処理では、前回の処理で決定部313によって次回のデータ種別が決定されていることから、その次回のデータ種別を用いて前記抽出された検査値の認証用データを生成する。このように生成した認証用データは、無作為に抽出された3種類の検査値のうちの一方の値となっている。なお、本実施形態では、認証用データが前記抽出した検査値である場合について説明するが、これに代えて、例えば、主制御部201と周辺部との間で予め定めた演算方式で前記抽出した検査値を演算した値とすることもできる。

0067

期待値変更用データ生成部317は、本発明の期待値変更用データ生成手段に相当し、データ記憶部311が記憶している種別情報が期待値変更用データを示している場合に、決定部313による期待値変更用データとの決定に応じて、主制御基板310の3種類の検査値及び周辺基板330の3種類の期待値の各々を変更する期待値変更用データを生成し、該期待値変更用データをデータ記憶部311等に記憶する。期待値変更用データ生成部317は、任意の生成タイミングで、相異なる値、不規則な値、等となるように期待値変更用データを生成する。そして、期待値変更用データとしては、後述する補正値、係数値、等が挙げられる。

0068

認証情報生成部318は、本発明の認証情報生成手段に相当し、認証用データ生成部316が生成した認証用データ又は期待値変更用データ生成部317が生成した期待値変更用データを有する認証情報を生成する。本実施形態の認証情報生成部318は、認証用データ又は期待値変更用データの何れか一方のデータと、ぱちんこ遊技機100の制御コマンドとは異なる認証コマンドと、を有する認証情報を生成する場合について説明する。これに代えて、認証情報が他のデータをさらに有するデータ構造とすることもできる。

0069

送信部319は、本発明の送信手段に相当し、認証情報生成部318が生成した認証情報と制御コマンドデータとの各々を、異なるタイミングで個別に周辺基板(周辺部)330に送信する。そして、本実施形態の送信部319は、制御コマンドデータを主制御基板310から周辺基板330に制御信号として送信する。送信部319は、例えば、主制御基板310から周辺基板330に送信される制御信号とは別の信号である認証情報信号として認証情報を周辺基板330に送信する。これにより、ぱちんこ遊技機100において、制御信号と認証情報信号とを区別化している。

0070

第1変更部320は、本発明の主制御側第1変更手段に相当し、第1抽出部314が抽出した前記第1検査値又は前記第2検査値に予め対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を、期待値変更用データ生成部317が生成した期待値変更用データに基づいて変更する。そして、第1変更部320は、主制御基板310と周辺基板330との間で予め定められた変更方式と期待値変更用データとを用いて、第1検査値又は第2検査値に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象となる検査値を変更する。なお、、変更方式としては、例えば、+、−、*、/、AND、OR、XOR、予め定められた関数、等の各種演算方式を用いることができる。

0071

また、本実施形態の第1変更部320は、前記第1検査値又は前記第2検査値の何れか一方に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を変更する場合について説明するが、これに代えて、例えば、前記第1検査値及び前記第2検査値の双方に対応付けられた各々の変更対象情報が示す変更対象の検査値の全てを変更する、所定の切り替え方式で切り替えた前記第1検査値又は前記第2検査値に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を変更する、等の種々異なる実施形態とすることができる。そして、前記第1検査値及び前記第2検査値に対応付けられた双方の変更対象情報を用いる場合は、各々が異なる変更対象を示すように構成することが好ましい。

0072

第2変更部321は、本発明の主制御側第2変更手段に相当し、第2抽出部315が抽出した第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う。そして、第2変更部321は、変更対象情報を変更する場合、例えば、第1検査値及び第2検査値の各々に対応付けられた変更対象情報を予め定められた所定の変更方式で変更する。また、第2変更部321は、第1変更部320が前記期待値変更用データで変更対象の検査値を変更するときの前記変更方式を前記変更方法情報に基づいて変更する。

0073

更新部322は、本発明の更新手段に相当し、決定部313が決定した次回のデータ種別を示すように、データ記憶部311に記憶している種別情報を更新する。そして、該種別情報が示す次回のデータ種別は、主制御基板310における次回の認証処理で今回のデータ種別として用いられる。

0074

本発明のぱちんこ遊技機100は、3種類の検査値を主制御基板310の認証に用いるに当たり、認証情報のデータ種別の切り替えと期待値変更用データの変更対象の変更とを連動させ、変更した検査値と期待値とに基づいて主制御基板310の認証を行う構成を採用している。しかも、第1,2検査値に認証情報の相異なるデータ種別、第3検査値に変更方法情報を対応付けておき、データ種別の変更、又は、変更方法情報による変更に応じて3種類の検査値及び期待値を変更させることができるため、変更した検査値及び期待値の解析を困難にすることができる。よって、ぱちんこ遊技機100は、1種類の認証情報で認証を行っても、認証用データを不正に解析することを困難にすることができるため、セキュリティの向上を図ることができる。

0075

続いて、上述した演出制御部202や賞球制御部203などの周辺部としての機能を有する周辺基板330の機能的構成について説明する。図3に示すように、周辺基板330は、受信部331、周辺側記憶部332、認証部333、周辺側第1変更部334、周辺側第2変更部335、特定部336を有して構成している。

0076

受信部331は、本発明の受信手段に相当し、主制御基板310によって送信された認証情報と制御コマンドデータとの各々を受信する。本実施形態の受信部331は、例えば、認証情報に対応した認証情報信号を受信することによって、認証情報を主制御基板310から受信する。また、受信部331は、前記制御信号を受信することによって制御コマンドデータを主制御基板310から受信する。

0077

周辺側記憶部332は、本発明の期待値記憶手段及び周辺側種別情報記憶手段に相当している。周辺側記憶部332は、上述した主制御基板310から受信すべき3種類の検査値、即ち、主制御基板310のデータ記憶部311が記憶している第1検査値、第2検査値、第3検査値の各々と一致する3種類の期待値を記憶している。3種類の期待値は、上記第1検査値に対応した第1期待値と、上記第2検査値に対応した第2期待値と、上記第3検査値に対応した第3期待値と、を有して構成している。これにより、周辺基板330は、認証情報に設定された認証用データの検査値と期待値が一致していれば、認証用データが正規の検査値であると判定できる。また、認証用データの検査値と期待値が一致していなければ、認証用データは検査値ではないと判定できる。なお、本実施形態では、検査値と期待値とが一致したものを予め記憶しておくことを前提に説明するが、本発明は期待値を上述した期待値変更用データによって変更することができるため、予め記憶しておく期待値は、主制御基板310の検査値と異なる値、即ち、一致していない値とすることもできる。

0078

第1期待値及び第2期待値の各々は、対応(一致)する第1検査値及び第2検査値に対応付けられたデータ種別が一対一に対応付けられて周辺側記憶部332に記憶されている。これにより、周辺部は、主制御部201から受信した検査値と一致した期待値から、主制御部201が決定した次回の認証情報のデータ種別を特定することができる。さらに、第1期待値及び第2期待値の各々は、対応(一致)する第1検査値及び第2検査値に対応付けられた上記変更対象情報と同一の情報が一対一に対応付けられて周辺側記憶部332に記憶されている。そして、本実施形態の周辺側記憶部332は、その上記変更対象情報を記憶している。これにより、周辺部は、受信した検査値と一致した期待値から上記変更対象情報を特定することができるため、該変更対象情報が示す変更対象を期待値変更用データで変更することができる。

0079

第3期待値は、対応(一致)する第3検査値に対応付けられた上記変更方法情報と同一の情報が対応付けられて周辺側記憶部332に記憶されている。そして、本実施形態の周辺側記憶部332は、その上記変更方法情報を記憶している。これにより、周辺部は、主制御部201から受信した第3検査値と第3期待値とが一致した場合に、上記変更方法情報に基づいて、第1期待値及び第2期待値の各々に対応付けられた上記変更対象情報を変更しなければならないことを認識することができる。

0080

周辺側記憶部332は、今回の認証情報のデータ種別を示す周辺側種別情報を記憶する。周辺側種別情報は、上述した主制御基板310の種別情報と同様のデータ構造であり、不正が生じていない場合は、主制御基板310の種別情報が示すデータ種別と一致している。よって、周辺基板330は、主制御基板310から認証情報を受信する前に、周辺側種別情報を参照することで、受信する認証情報のデータ種別を事前に把握することができる。

0081

認証部333は、本発明の認証手段に相当し、前記周辺側種別情報のデータ種別が前記認証用データを示している場合に、該認証用データである検査値と周辺側記憶部332に記憶している第1〜3検査値の各々とを比較して主制御基板310の認証を行う。そして、認証部333の認証方法の一例としては、検査値と第1〜3検査値の何れか1つとが一致しているかを判定し、第1〜3検査値の中で一致する期待値が存在する場合は主制御基板310の認証を成立させ、また、一致する期待値が存在しない場合は認証を不成立とする。

0082

周辺側第1変更部334は、本発明の周辺側第1変更手段に相当し、前記周辺側種別情報のデータ種別が期待値変更用データを示している場合に、認証部333による前記認証用データの認証で一致した第1期待値又は第2期待値に対応付けられた前記変更対象情報を特定し、該変更対象情報が示す変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データに基づいて変更する。周辺側第1変更部334は、主制御基板310の第1変更部320と同一の変更方式と期待値変更用データとを用いて、前記変更対象情報が示す期待値を変更する。そして、周辺側第1変更部334は、周辺側種別情報のデータ種別が前記期待値変更用データを示している場合に、不正な認証情報を受信すると、その不正なデータで変更対象の期待値を変更することから、主制御基板310の検査値とは異なる値に変更されることになるため、その後の認証情報の認証が成立しなくなる。

0083

また、本実施形態の周辺側第1変更部334は、上述した第1変更部320と同様に、前記第1期待値又は前記第2期待値の何れか一方に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の期待値を変更する場合について説明するが、これに代えて、例えば、前記第1期待値及び前記第2期待値の双方に対応付けられた各々の変更対象情報が示す変更対象の期待値の全てを変更する、所定の切り替え方式で切り替えた前記第1期待値又は前記第2期待値に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の期待値を変更する、等の種々異なる実施形態とすることができる。そして、前記第1期待値及び前記第2期待値に対応付けられた双方の変更対象情報を用いる場合は、各々が異なる変更対象を示すように構成することが好ましい。

0084

周辺側第2変更部335は、本発明の周辺側第2変更手段に相当し、認証部333による前記認証用データの認証で一致した前記第3期待値に、予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて、前記期待値変更用データで変更した期待値の変更結果を変更させるための変更を行う。そして、周辺側第2変更部335は、予め記憶しているプログラムの実行によって、主制御基板310の第2変更部321と同一の変更を行う。例えば、周辺側第2変更部335は、変更対象情報を変更する場合、例えば、第1検査値及び第2検査値の各々に対応付けられた変更対象情報を予め定められた所定の変更方式で変更する。また、周辺側第2変更部335は、第1変更部320が前記期待値変更用データで変更対象の検査値を変更するときの前記変更方式を、前記変更方法情報に基づいて変更する。

0085

特定部336は、本発明の特定手段に相当し、認証部333によって主制御基板310の認証が成立した場合、認証用データを構成する検査値と一致する前記期待値に対応付けられたデータ種別、又は予め定められたデータ種別を次回のデータ種別と特定し、該特定した次回のデータ種別となるように周辺側記憶部332に記憶している周辺側種別情報を更新する。

0086

また、本実施形態では、主制御基板310のCPU211が請求項中の第1コンピュータ、周辺基板330のCPU241,281の各々が請求項中の第2コンピュータとして機能させる場合について説明する。そして、主制御基板310のROM212は、前記第1コンピュータを請求項中の切替決定手段、決定手段、第1抽出手段、第2抽出手段、認証用データ生成手段、期待値変更用データ生成手段、認証情報生成手段、送信手段、主制御側第1変更手段、主制御側第2変更手段、更新手段、等の各種手段として機能させるための主制御側認証プログラムを記憶している。また、周辺基板330のROM242,282の各々は、前記第2コンピュータを請求項中の受信手段、認証手段、周辺側第1変更手段、周辺側第2変更手段、特定手段、等の各種手段として機能させるための周辺側認証プログラムを記憶している。即ち、主制御側認証プログラムと周辺側認証プログラムによって本発明の認証プログラムを構成している。

0087

(ぱちんこ遊技機の基本動作)
上記構成によるぱちんこ遊技機100の基本動作の一例を説明する。主制御部201は、各入賞口に対する遊技球の入賞状況を制御コマンドとして賞球制御部203に出力する。賞球制御部203は、主制御部201から出力された制御コマンドに応じて、入賞状況に対応した賞球数の払い出しを行う。

0088

また、主制御部201は、始動入賞口105に遊技球が入賞するごとに、対応する制御コマンドを演出制御部202に出力し、演出制御部202は、図柄表示部104の図柄を変動表示させ、停止させることを繰り返す。そして、主制御部201は、大当たりの発生が決定しているときには、対応する制御コマンドを演出制御部202に出力し、演出制御部202は、所定の図柄で揃えて変動表示を停止させるとともに、大入賞口109を開放する制御を行う。演出制御部202は、大当たり発生期間中、および大当たり発生までの間のリーチ時や、リーチ予告時などには、図柄表示部104に対して、図柄の変動表示に加えて各種の演出表示を行う。このほか、各種役物に対して特定の駆動を行ったり、ランプ261の表示状態補正するなどの演出を行う。

0089

そして、主制御部201は、大当たり発生期間中に、大入賞口109を複数回開放させる。1回の開放が1ラウンドとして、例えば15回のラウンドが繰り返し実行される。1ラウンドの期間は、遊技球が大入賞口109に例えば10個入賞するまでの期間、あるいは所定期間(例えば30秒)とされている。この際、賞球制御部203は、大入賞口109に対する遊技球1個の入賞当たり、例えば15個の賞球数で払い出しを行う。ぱちんこ遊技機100は、大当たり終了後、この大当たり状態を解除し、通常の遊技状態復帰する。

0090

(各制御部による処理の詳細)
次に、各制御部が行う各種処理の詳細について説明する。まず、主制御部201による演出制御部202の制御処理について説明する。なお、図4図9においては、演出制御部202の制御処理の手順を明確にするため、認証用データおよび付随データについては考慮しないものとする。即ち、図4図9の説明において、「コマンドを送信する」とは、「当該コマンドを示すデータ(制御コマンドデータ)を含む制御信号を送信する」との意味であり、例えば認証用データや付随データの有無は考慮しないものとする。

0091

主制御部201は、図4に示すステップS401において、ぱちんこ遊技機100の電源オンされたか否かを判定する。主制御部201は、電源がオンされていないと判定した場合(S401:No)、この判定処理を繰り返すことで、ぱちんこ遊技機100の電源がオンされるまで待機する。一方、主制御部201は、電源がオンされたと判定した場合(S401:Yes)、ステップS402の処理に移行する。

0092

主制御部201は、ステップS402において、演出制御部202や賞球制御部203などの各周辺部に対して電源オンコマンドを送信し、ステップS403の処理に移行する。この処理によって電源オンコマンドが送信されると、演出制御部202は、ランプ制御部251や音声制御部252、図柄表示部104のそれぞれに対して電源オン時の演出用の制御コマンド(具体的には、ランプの点灯や音声の出力、デモストレション(デモ)画面の表示などを指示する制御コマンド)を送信する。

0093

主制御部201は、ステップS403において、ROM212またはRAM213に記憶している未抽選入賞回数データを参照して、未抽選入賞回数が0回か否かを判別する。未抽選入賞回数とは、始動入賞口105に検出された入賞球の数(入賞回数)から、入賞球に対応する抽選が行われた回数(既抽選回数)を減じた数である。そして、主制御部201は、未抽選入賞回数が0回ではないと判定した場合(S403:No)、ステップS410の処理に移行する。一方、主制御部201は、未抽選入賞回数が0回であると判定した場合(S403:Yes)、ステップS404において、デモが開始されてから経過した時間を計測し、ステップS405の処理に移行する。

0094

主制御部201は、デモが開始されてから所定時間が経過したか否かを判定する。主制御部201は、デモが開始されてから所定時間が経過していないと判定した場合(S405:No)、ステップS407の処理に移行する。一方、主制御部201は、デモが開始されてから所定時間が経過したと判定した場合(S405:Yes)、ステップS406において、演出制御部202に客待ちデモコマンドを送信し、ステップS407の処理に移行する。

0095

主制御部201は、ステップS407において、始動入賞口検出部221によって入賞球が検出されたか否かを判定する。主制御部201は、入賞球が検出されていないと判定した場合(S407:No)、ステップS404の処理に戻り一連の処理を繰り返す。一方、主制御部201は、入賞球が検出されたと判定した場合(S407:Yes)、ステップS408において、デモが開始されてから計測していた時間をクリアし、ステップS409において、未抽選入賞回数に1を加算し、ステップS410の処理に移行する。そして、主制御部201は、ステップS410において、大当たり判定用乱数を取得し、ステップS411において、未抽選入賞回数から1を減算し、図5に示すステップS412の処理に移行する。

0096

主制御部201は、ステップS412において、大当たり判定用乱数が大当たり乱数であるか否かを判定する。主制御部201は、大当たり乱数であると判定した場合(S412:Yes)、ステップS413において、演出制御部202に大当たりリーチコマンド図柄変動コマンド)を送信する。そして、主制御部201は、ステップS414において、図柄変動時間が経過したか否かを判定する。主制御部201は、図柄変動時間が経過していないと判定した場合(S414:No)、この判定処理を繰り返すことで、図柄変動時間が経過するのを待つ。一方、主制御部201は、図柄変動時間が経過したと判定した場合(S414:Yes)、ステップS415において、演出制御部202に図柄停止コマンドを送信し、ステップS416の処理に移行する。

0097

主制御部201は、ステップS416において、演出制御部202に大当たり開始コマンドを送信し、続けて、ステップS417において、大当たり中の各ラウンドに対応するコマンド(大当たりコマンド)を演出制御部202に順次送信する。そして、主制御部201は、全てのラウンドの大当たりコマンドの送信が終了すると、ステップS418において、大当たり終了コマンドを演出制御部202に送信し、ステップS422の処理に移行する。

0098

また、主制御部201は、ステップS412において、大当たり乱数ではないと判定した場合(S412:No)、ステップS419において、はずれリーチコマンド(図柄変動コマンド)を演出制御部202に送信し、ステップS420の処理に移行する。そして、主制御部201は、ステップS420において、図柄変動時間が経過したか否かを判定する。主制御部201は、図柄変動時間が経過していないと判定した場合(S420:No)、この判定処理を繰り返すことで、図柄変動時間の経過を待つ。一方、主制御部201は、図柄変動時間が経過したと判定した場合(S420:Yes)、ステップS421において、図柄停止コマンドを演出制御部202に送信し、ステップS422の処理に移行する。

0099

主制御部201は、ステップS422において、ぱちんこ遊技機100の電源がオフされたか否かを判定する。主制御部201は、電源がオフされていないと判定した場合(S422:No)、図4に示すステップS403の処理に戻り、一連の処理を繰り返す。一方、主制御部201は、電源がオフされたと判定した場合(S422:Yes)、ステップS423において、終了処理コマンドを演出制御部202に送信し、本フローチャートによる処理を終了する。

0100

次に、ぱちんこ遊技機100における大当たり関連コマンド(大当たりリーチコマンド、大当たり開始コマンド、大当たりコマンド、大当たり終了コマンド)の主制御部201から演出制御部202に対する送信タイミングの一例を、図6の図面を参照して説明する。

0101

大当たりリーチコマンドは、実際に大当たりが発生するよりも頻繁に、且つランダムに送信される。また、大当たり開始コマンドは、実際に大当たりが発生した場合に、大当たり状態に移行する際に1度だけ送信される。また、大当たりコマンドは、大当たり状態に移行した後、ラウンド毎に継続的に送信される。また、大当たり終了コマンドは、大当たり状態の全てのラウンドが終了し、通常の状態に移行する際に1度だけ送信される。

0102

以下では、図柄変動時(大当たりリーチコマンド(図5のステップS413を参照)または、はずれリーチコマンド(図5のステップS419を参照)を受信した場合)及び、大当たり時の処理を説明する。

0103

まず、演出制御部202による図柄変動処理について、図7に示すフローチャートを参照して説明する。演出制御部202は、図7に示すステップS701において、主制御部201から図柄変動コマンドを受信したか否かを判定する。演出制御部202は、図柄変動コマンドを受信していないと判定した場合(S701:No)、この判定処理を繰り返すことで、図柄変動コマンドの受信を待つ。一方、演出制御部202は、図柄変動コマンドを受信したと判定した場合(S701:Yes)、ステップS702において、変動演出選択用乱数を取得し、ステップS703において、取得した乱数に基づいて変動演出の種類を選択し、ステップS704の処理に移行する。そして、演出制御部202は、ステップS704において、ランプ制御部251や音声制御部252に対して変動演出別の演出開始コマンドを送信し、ステップS705の処理に移行する。

0104

演出制御部202は、ステップS705において、演出時間が経過したか否かを判定する。演出制御部202は、演出時間が経過したと判定した場合(S705:Yes)、ステップS707の処理に移行する。一方、演出制御部202は、演出時間が経過していないと判定した場合(S705:No)、ステップS706において、主制御部201から図柄停止コマンドを受信したか否かを判定する。そして、演出制御部202は、図柄停止コマンドを受信していないと判定した場合(S706:No)、ステップS705の処理に戻り、一連の処理を繰り返す。一方、演出制御部202は、図柄停止コマンドを受信したと判定した場合(S706:Yes)、ステップS707において、ランプ制御部251や音声制御部252に対して演出停止コマンドを送信し、本フローチャートによる処理を終了する。

0105

続いて、演出制御部202による大当たり時処理について、図8に示すフローチャートを参照して説明する。演出制御部202は、図8に示すステップS801において、主制御部201から大当たり開始コマンド(図5のステップS416を参照)を受信したか否かを判定する。演出制御部202は、大当たり開始コマンドを受信していないと判定した場合(S801:No)、この判定処理を繰り返すことで、大当たり開始コマンドの受信を待つ。一方、演出制御部202は、大当たり開始コマンドを受信したと判定した場合(S801:Yes)、ステップS802において、ランプ制御部251や音声制御部252に対して大当たり開始処理コマンドを送信し、ステップS803の処理に移行する。

0106

演出制御部202は、ステップS803において、主制御部201からラウンド別の大当たりコマンド(図5のステップS417を参照)を受信したか否かを判定する。演出制御部202は、大当たりコマンドを受信していないと判定した場合(S803:No)、この判定処理を繰り返すことで、大当たりコマンドの受信を待つ。一方、演出制御部202は、大当たりコマンドを受信したと判定した場合(S803:Yes)、ステップS804において、ランプ制御部251や音声制御部252に対して受信したラウンド別の大当たりコマンドに対応するラウンド別処理コマンドを送信し、ステップS805の処理に移行する。

0107

演出制御部202は、ステップS805において、主制御部201から大当たり終了コマンド(図5のステップS418を参照)を受信したか否かを判定する。演出制御部202は、大当たり終了コマンドを受信していないと判定した場合(S805:No)、この判定処理を繰り返すことで、大当たり終了コマンドの受信を待つ。一方、演出制御部202は、大当たり終了コマンドを受信したと判定した場合(S805:Yes)、ステップS806において、ランプ制御部251や音声制御部252に対して大当たり終了処理コマンドを送信し、本フローチャートによる処理を終了する。

0108

続いて、ランプ制御部251によるランプ制御処理について、図9に示すフローチャートを参照して説明する。ここでは、演出制御部202から演出開始コマンドを受信した場合(図柄変動時)の処理について説明する。そして、ランプ制御部251は、図9に示すステップS901において、演出制御部202から演出開始コマンドを受信したか否かを判定する。ランプ制御部251は、演出開始コマンドを受信していないと判定した場合(S901:No)、この判定処理を繰り返すことで、演出開始コマンドの受信を待つ。一方、ランプ制御部251は、演出開始コマンドを受信したと判定した場合(S901:Yes)、ステップS902において、コマンド別に予め用意されているコマンド別データを読み出し、ステップS903の処理に移行する。

0109

ランプ制御部251は、ステップS903において、コマンド別の選択ルーチンを実行し、ステップS904において、受信した演出開始コマンドに対応したランプデータをセットし、ステップS905において、ランプ261に対してランプデータを出力し、ステップS906の処理に移行する。そして、この処理によってランプ261は、ランプデータに基づいて点灯又は消灯する。

0110

ランプ制御部251は、ステップS906において、演出制御部202から演出停止コマンドを受信したか否かを判定する。ランプ制御部251は、演出停止コマンドを受信していないと判定した場合(S906:No)、この判定処理を繰り返すことで、演出停止コマンドの受信を待つ。一方、ランプ制御部251は、演出停止コマンドを受信したと判定した場合(S906:Yes)、ステップS907において、ランプデータの出力を停止し、本フローチャートによる処理を終了する。

0111

なお、図9にはランプ制御部251の処理を記載したが、音声制御部252による音声制御も、図9の処理とほぼ同様である。音声制御部252による音声制御処理は、例えば、図9の処理において、ステップS904、S905、S907の「ランプデータ」を「音声データ」と読み替えればよい。

0112

(制御信号のデータフォーマット)
次に、主制御部201が出力する通常の制御信号の一例を説明する。

0113

図10において、通常の制御信号1010は、制御コマンドデータ1001と付随データ1002とを有している。制御コマンドデータ1001は、例えばリーチコマンドや大当たり開始コマンド、ラウンド別コマンドなどの各コマンド固有のデータである。また、付随データ1002は、制御コマンドデータ1001に付随するデータであり、例えば、入賞した遊技球の数などの制御コマンドデータ1001に基づく処理に必要なデータである。

0114

(認証情報のデータフォーマット)
次に、上述した制御信号1010とは異なる認証情報信号が認証情報を有する場合の一例を説明する。なお、本実施形態では、主制御部201が周辺部に認証情報信号を出力することで、認証情報を主制御部201から周辺部に送信する場合を前提に説明する。

0115

図11において、認証情報1020は、識別部1021と、データ部1022と、を有して構成している。そして、識別部1021は、認証情報1020を識別することが可能な識別データが設定される。識別データの一例としては、制御コマンドデータ1001の制御コマンドとは異なる1種類の認証コマンドが挙げられ、例えば16進数の0xA0等の値が設定される。これにより、周辺部は、識別部1021に基づいて認証情報1020であるか否かを識別することができる。そして、認証コマンドは、制御コマンドとは異なるコマンド体系として区別化を図っている。

0116

データ部1022は、上述した3種類の第1〜3検査値のうちの何れか1つを有する認証用データ、又は、上述した期待値変更用データの何れか一方が設定される。そして、本実施形態のデータ部1022は、認証用データ又は期待値変更用データが設定される場合について説明するが、これに代えて、認証用データ又は期待値変更用データと他のデータをデータ部1022に設定する実施形態とすることもできる。なお、他のデータの一例としては、上述した付随データ1002のような認証コマンドに付随するデータ等が挙げられる。

0117

(認証情報の一例)
次に、認証情報1020のデータ部1022に設定される認証用データ及び期待値変更用データの一例を以下に説明する。

0118

図12に示すように、認証情報1020のデータ種別は、認証用データK1と、期待値変更用データK2と、を有して構成している。そして、認証情報1020のデータ種別が認証用データK1の場合、認証情報1020のデータ部1022には、3種類の第1検査値A1、第2検査値A2、第3検査値A3(但し、A1≠A2≠A3)のうちの何れか1つを有する認証用データが設定される。

0119

認証情報1020のデータ種別が期待値変更用データK2の場合、認証情報1020のデータ部1022には、補正値C又は係数値Fの何れか一方を有する期待値変更用データが設定される。そして、補正値Cは、予め定められた前記期待値を変更するための値となっている。補正値Cは、例えば、ぱちんこ遊技機100の起動時、初回の認証時、等に1度生成した補正値を繰り返し用いても良いし、複数回生成して補正値Cを不規則に変化させても良いが、本実施形態では、期待値変更用データを生成するたびに補正値Cn(nは整数)を不規則に変化させる場合について説明する。そして、補正値Cを複数回生成する場合、生成する毎に共通の検査値及び期待値を変更するための値となる。

0120

係数値Fは、前回変更した前記期待値を変更するための値となっている。即ち、係数値Fは、検査値及び期待値を変更する毎に、その検査値及び期待値を累積して変化させるための値となっている。係数値Fは、補正値Cと同様に、1度生成した係数値Fを繰り返し用いても良いし、複数回生成して係数値Fn(nは整数)を不規則に変化させても良い。

0121

次に、3種類の検査値Aと3種類の期待値Bと認証情報1020のデータ種別K1,K2と変更対象情報M1,M2と変更方法情報Hの対応付けの一例を説明する。

0122

まず、ぱちんこ遊技機100において、図13に示すように、主制御基板310に対する3種類の第1〜3検査値A1〜3が設定されると、該3種類の3種類の第1〜3検査値A1〜3に対応した第1〜3期待値B1〜3が周辺基板330に対して設定される。そして、3種類のうちの第1検査値A1、第2検査値A2、及び第1期待値B1、第2期待値B2の各々に、認証情報1020のデータ種別K1,K2を割り付ける。そして、主制御基板310は、第1検査値A1、第2検査値A2を認証情報1020のデータ種別K1,K2に対応付けて記憶する。そして、周辺基板330は、第1期待値B1、第2期待値B2を対応する第1検査値A1、第2検査値A2と同一の認証情報1020のデータ種別K1,K2に対応付けて記憶する。

0123

さらに、第1検査値A1、第2検査値A2、及び第1期待値B1、第2期待値B2の各々に、期待値認証用データの変更対象を示す上述した変更対象情報M1,M2を割り付ける。そして、主制御基板310は、第1検査値A1、第2検査値A2の各々を変更対象情報M1,M2に対応付けて記憶する。そして、周辺基板330は、第1期待値B1、第2期待値B2の各々を、対応する第1検査値A1、第2検査値A2と同一の変更対象情報M1,M2に対応付けて記憶する。

0124

また、第3検査値A3及び第3期待値B3に、上述した変更方法情報Hを割り付ける。そして、主制御基板310は、第3検査値A3を変更方式情報Hに対応付けて記憶する。また、周辺基板330は、第3期待値B3を第3検査値A3と同一の変更方式情報Hに対応付けて記憶する。

0125

なお、第1〜3検査値A1〜3及び第1〜3期待値B1〜3は、期待値変更用データによって変更されるため、データ種別K1,K2、変更対象情報M1,M2、変更方法情報Hとの対応付けについては、例えば、変更する毎に対応付けを更新する、変更した値、情報の各々に初期の値を対応付ける、等の種々異なる実施形態とすることができる。

0126

次に、上述した補正値Cnを用いた変更例を説明する。なお、ぱちんこ遊技機100において、検査値A1,A2と期待値B1,B2が対応し(A1=B1、A2=B2)、nが整数、変更方式が「+」であることを前提とする。

0127

1回目の変更において、主制御基板310は、補正値C1を生成すると、該補正値C1を周辺基板330に送信すると共に、初期値である第1検査値A1を補正値C1で変更して第1検査値A1+C1、初期値である第2検査値A2を補正値C1で変更して第2検査値A2+C1、初期値である第3検査値A3を補正値C1で変更して第3検査値A3+C1とする。一方、周辺基板330は、主制御基板310から補正値C1を受信すると、初期値である第1期待値B1を補正値C1で変更して第1期待値B1+C1、初期値である第2期待値B2を補正値C1で変更して第2期待値B2+C1、初期値である第3期待値B3を補正値C1で変更して第3期待値B3+C1とする。よって、一致した検査値と期待値を同一の補正値で変更することから、主制御基板310の第1検査値A1+C1,第2検査値A2+C1,第3検査値A3+C1と周辺基板330の第1期待値B1+C1,第2期待値B2+C1,第3期待値B3+C1との各々が一致している場合に、周辺基板330は主制御基板310から受信した認証情報の検査値A1+C1,A2+C1,A3+C1は正規のものであると判定できるため、主制御基板310の認証を成立させることができる。

0128

2回目の変更において、主制御基板310は、補正値C1とは異なる補正値C2を生成すると、該補正値C2を周辺基板330に送信すると共に、初期値である第1検査値A1を補正値C2で変更して第1検査値A1+C2、初期値である第2検査値A2を補正値C2で変更して第2検査値A2+C2、初期値である第3検査値A3を補正値C2で変更して第3検査値A3+C2とする。一方、周辺基板330は、主制御基板310から補正値C2を受信すると、初期値である第1期待値B1を補正値C2で変更して第1期待値B1+C1、初期値である第2期待値B2を補正値C2で変更して第2期待値B2+C2,初期値である第3期待値B3を補正値C2で変更して第3期待値B3+C2とする。よって、一致した検査値と期待値を同一の補正値で変更することから、主制御基板310の第1検査値A1+C2,第2検査値A2+C2,第3検査値A3+C2と周辺基板330の第1期待値B1+C2,第2期待値B2+C2,第3期待値B3+C2とが一致している場合に、周辺基板330は主制御基板310から受信した認証情報の検査値A1+C2,A2+C2,A3+C2は正規のものであると判定できるため、主制御基板310の認証を成立させることができる。そして、3回目以降の変更についても同様の変更を行う。

0129

次に、主制御基板310における初期値の第1検査値A1と周辺基板330における初期値の第1期待値B0が一致していない場合に(A1≠B0)、それらを補正値Cnで変更する変更例を説明する。なお、説明を簡単化するために、第1検査値A1と第1期待値B0,B1のみを変更する場合に限定して説明する。

0130

1回目の変更において、主制御基板310は、第1検査値A1とデータ記憶部311等に予め記憶している第1期待値B0との差分補正値C0(=A1−B0)を生成すると、該差分補正値C0を周辺基板330に送信する。一方、周辺基板330は、差分補正値C0を受信すると、初期値である第1期待値B0を差分補正値C0で変更して第1期待値B1(=B0+C0)とする。これにより第1期待値B1は主制御基板310の第1検査値A1と一致した値に変更されたことになる。

0131

2回目の変更において、主制御基板310は、補正値C1を生成すると、該補正値C1を周辺基板330に送信すると共に、初期値である第1検査値A1を補正値C1で変更して第1検査値A1+C1とする。一方、周辺基板330は、主制御基板310から補正値C1を受信すると、前回変更した第1期待値B1を補正値C1で変更して第1期待値B1+C1とする。よって、一致した第1検査値A1と第1期待値B1を同一の補正値C1で変更することから、主制御基板310の第1検査値A1+C1と周辺基板330の第1期待値B1+C1とが一致している場合に、周辺基板330は主制御基板310から受信した認証情報の第1検査値A1+C1は正規のものであると判定できるため、主制御基板310の認証を成立させることができる。そして、3回目以降の変更についても、2回目の変更と同様に変更を行う。

0132

次に、主制御基板310における初期値の第1検査値A0と周辺基板330における初期値の第1期待値B0が一致していない場合に(A0≠B0)、それらを補正値Cnで変更する他の変更例を説明する。なお、説明を簡単化するために、第1検査値と第1期待値のみを変更する場合に限定して説明する。

0133

1回目の変更において、主制御基板310は、初期値の第1検査値A0とデータ記憶部311等に予め記憶している期待値B0との差分補正値C0(=A0−B0)を生成すると、該差分補正値C0をデータ記憶部311等に記憶すると共に、第1検査値A0から差分補正値C0を差し引いた値を第1検査値A1としてデータ記憶部311等に記憶する。そして、主制御基板310は、例えば、差分補正値C0と今回の補正値C1とを加算した今回の補正値C(=C0+C1)を作成すると、該補正値Cを周辺基板330に送信すると共に、第1検査値A1を補正値Cで変更して検査値A0+Cとする。一方、周辺基板330は、主制御基板310から補正値Cを受信すると、初期値である第1期待値B0を補正値Cで補正して第1期待値B0+Cとする。これにより、主制御基板310が第1検査値A1と第1期待値B0の差分を吸収する補正値Cを生成して周辺基板330に送信し、周辺基板330は第1期待値B0をそのまま用いて補正、認証を行えば良くなる。

0134

次に、上述した係数値Fnを用いて、前回の第1検査値A1(n−1),第2検査値A2(n−1),第3検査値A3(n−1)及び第1期待値B1(n−1),第2期待値B2(n−1),第3期待値B3(n−1)の各々を変更する変更例を説明する。なお、ぱちんこ遊技機100において、第1〜3検査値A1〜3と第1〜3期待値B1〜3が対応し(A1n=B1n、A2n=B2n、A3n=B3n)、nが整数、変更方式が「*」であることを前提とする。

0135

1回目の変更において、主制御基板310は、係数値F1を生成すると、該係数値F1を周辺基板330に送信すると共に、初期値である第1検査値A11を係数値F1で変更して第1検査値A12、初期値である第2検査値A21を係数値F1で変更して第2検査値A22、初期値である第3検査値A31を係数値F1で変更して第3検査値A32とする。一方、周辺基板330は、主制御基板310から係数値F1を受信すると、初期値である第1期待値B11を係数値F1で変更して第1期待値B12、初期値である第2期待値B21を係数値F1で変更して第2期待値B22、初期値である第3期待値B31を係数値F1で変更して第3期待値B32とする。よって、一致した検査値と期待値を同一の係数値で変更することから、主制御基板310の第1検査値A12,第2検査値A22,第3検査値A32と周辺基板330の第1期待値B12,第2期待値B22,第3期待値B32とが一致している場合に、周辺基板330は主制御基板310から受信した認証情報の第1検査値A12,第2検査値A22,第3検査値A32は正規のものであると判定できるため、主制御基板310の認証を成立させることができる。

0136

2回目の変更において、主制御基板310は、係数値F2(F1≠F2)を生成すると、該係数値F2を周辺基板330に送信すると共に、前回変更した第1検査値A12,第2検査値A22,第3検査値A32を係数値F2で変更して第1検査値A13,第2検査値A23,第3検査値A33とする。一方、周辺基板330は、主制御基板310から係数値F2を受信すると、前回変更した第1期待値B12,第2期待値B22,第3期待値B32を係数値F2で変更して第1期待値B13,第2期待値B23,第3期待値B33とする。よって、前回変更した検査値と期待値を同一の係数値で変更することから、主制御基板310の第1検査値A13,第2検査値A23,第3検査値A33と周辺基板330の第1期待値B13,第2期待値B23,第3期待値B33とが一致している場合に、周辺基板330は主制御基板310から受信した認証情報の第1検査値A13,第2検査値A23,第3検査値A33は正規のものであると判定できるため、主制御基板310の認証を成立させることができる。そして、3回目以降の変更についても、2回目の変更と同様に変更を行う。

0137

なお、本実施形態では、初期値の検査値及び期待値が異なる値である場合、主制御基板310が検査値と期待値の双方を記憶しておき、例えば起動時、変更時、等に検査値と期待値との差分を吸収する期待値変更用データを生成する場合について説明した。これに代えて、主制御基板310が、検査値Aと期待値Bとの差分データをデータ記憶部311等に予め記憶しておき、該差分データに基づいて上述した補正値Cnや係数値Fnを生成する実施形態とすることもできる。このような実施形態とすれば、主制御基板310は周辺基板330の期待値Bを記憶しておく必要をなくすことができる。

0138

次に、第1検査値A1、第2検査値A2及び第1期待値B1、第2期待値B2に対応付けられた変更対象情報M1,M2を、主制御基板310及び周辺基板330の各々が変更する場合の一例を以下に説明する。

0139

変更対象情報M1,M2は、図14に示す変更対象パターンP1〜P8を切り替えて設定される。変更対象パターンP1〜P8はテーブルデータ等として主制御基板310及び周辺基板330の各々が予め記憶している。本実施形態において、変更対象パターンP1は、第1検査値A1、第1期待値B1を規定している。変更対象パターンP2は、第2検査値A2、第2期待値B2を規定している。変更対象パターンP3は、第3検査値A3、第3期待値B3を規定している。変更対象パターンP4は、第1検査値A1と第2検査値A2、第1期待値B1と第2期待値B2を規定している。変更対象パターンP5は、第1検査値A1と第3検査値A3、第1期待値B1と第3期待値B3を規定している。変更対象パターンP6は、第2検査値A2と第3検査値A3、第2期待値B2と第3期待値B3を規定している。変更対象パターンP7は、第1検査値A1と第2検査値A2と第3検査値A3、第1期待値B1と第2期待値B2と第3期待値B3を規定している。変更対象パターンP8は、変更なしを規定している。

0140

例えば、変更対象情報M1が変更対象パターンP1、変更対象情報M2が変更対象パターンP2をそれぞれ示している場合、図15に示すように、主制御基板310の変更対象情報M1は第1検査値A1、変更対象情報M2は第2検査値A2となっており、周辺基板330の変更対象情報M1は第1期待値B1、変更対象情報M2は第2期待値B2となっている。

0141

主制御基板310は、第3検査値A3を有する認証用データを生成するときに、変更対象情報M1,M2を変更する。詳細には、第3検査値A3及び第3期待値B3に対応付けられた変更方法情報Hが「変更対象パターンを1ずらす」を示していると、主制御基板310は、変更対象情報M1が変更対象パターンP2、変更対象情報M2が変更対象パターンP3を示すように変更する。これにより、主制御基板310の変更対象情報M1は第2検査値A2、変更対象情報M2は第3検査値A3と変更される。

0142

一方、周辺基板330は、第3検査値A3及び第3期待値B3との認証が成立したときに、変更対象情報M1,M2を変更する。そして、周辺基板330は、主制御基板310と同様に、変更対象情報M1が変更対象パターンP2、変更対象情報M2が変更対象パターンP3を示すように変更する。これにより、周辺基板330の変更対象情報M1は第2期待値B2、変更対象情報M2は第3期待値B3と変更される。

0143

以降も同様に、主制御基板310は、第3検査値A3を有する認証用データを生成する毎に、第1検査値A1、第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M1,M2が指し示す変更対象パターンを図15に示すパターンテーブル等に基づいて変更する。また、周辺基板330は、第3期待値B3で認証が成立する毎に、第1期待値B1、第2期待値B2に対応付けられた変更対象情報M1,M2が指し示す変更対象パターンを同様に変更する。

0144

なお、本実施形態では、変更対象情報M1,M2をパターンテーブル等を用いて変更する場合について説明するが、これに代えて、例えば、上述したパターンテーブル等を用いて切り替えるための処理、アルゴリズム、等をプログラムとして主制御基板310及び周辺基板330の各々に記憶しておき、変更対象情報M1,M2の変更時にそのプログラムを実行する実施形態とすることもできる。その場合は、前記プログラムが変更方法情報Hに相当する。また、本実施形態では、変更対象情報M1,M2の双方を変更する場合について説明したが、これに代えて、例えば、変更対象情報M1,M2の予め定められた一方を変更する、変更対象情報M1,M2を交互に変更する、等の種々異なる実施形態とすることができる。

0145

(認証情報信号の送受信に関する処理)
以下に、主制御部201と周辺部との間で行う上記認証情報信号の通信例を説明する。まず、主制御部201のCPU211(第1コンピュータ)による認証情報信号の送信手順の一例を、図16のフローチャートを参照して説明する。

0146

ぱちんこ遊技機100の電源がON(投入)されると、主制御部201は図16に示す被認証処理を実行し、ステップS1201において、予め定められた認証タイミングであるか否かを判定する。主制御部201は、認証タイミングではないと判定した場合(S1201:No)、ステップS1219の処理に進む。一方、主制御部201は、認証タイミングであると判定した場合(S1201:Yes)、ステップS1202の処理に進む。

0147

主制御部201は、ステップS1202において、例えば乱数の発生結果等に基づいて相異なるデータ種別を切り替えるか否かを決定し、該決定結果に基づいてデータ種別を切り替えるか否かを判定する。主制御部201は、データ種別を切り替えると判定した場合(S1202:Yes)、ステップS1203において、データ記憶部311の種別情報に設定されている次回のデータ種別を今回のデータ種別としてセットし、その後ステップS1204の処理に進む。なお、種別情報に次回のデータ種別が設定されていない場合、即ち初回の処理では、ぱちんこ遊技機100において初期値として予め定められた初回データ種別を今回のデータ種別としてセットする。なお、以下の説明では、初回データ種別を認証用データであるデータ種別K1としていることを前提とする。

0148

主制御部201は、ステップS1204において、今回のデータ種別が認証用データであるか否かを判定する。主制御部201は、データ種別が認証用データではない、即ち、期待値変更用データである場合(S1204:No)、ステップS1205の処理に進む。そして、主制御部201は、ステップS1205において、検査値及び期待値を変更するための期待値変更用データを予め定められた生成方式で無作為に生成し、該生成した期待値変更用データをデータ記憶部311等に記憶し、その後ステップS1206の処理に進む。なお、期待値変更用データの生成方法の一例としては、乱数やパターンテーブルを用いた前記生成方式で生成する等が挙げられる。

0149

主制御部201は、ステップS1206において、RAM213等に時系列的に記憶している最新の第1検査値A1又は第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を前記生成した期待値変更用データで上述した変更方式に基づいて変更し、その後ステップS1207の処理に進む。なお、検査値の変更タイミングについては、期待値変更用データの生成時、認証用データの生成時、等の種々異なるタイミングとすることができる。そして、主制御部201は、ステップS1207において、期待値変更用データの生成時用に予め定められたデータ種別K1を次回のデータ種別として決定してRAM213等に記憶し、その後ステップS1215の処理に進む。なお、予め定めるデータ種別は、主制御基板310と周辺基板330との間で予め定めておく。

0150

一方、主制御部201は、ステップS1204でデータ種別は認証用データであると判定した場合(S1204:Yes)、ステップS1208において、認証用データと期待値変更用データとから次回生成する認証情報1020のデータ種別を無作為に決定してRAM213等に記憶し、その後ステップS1209の処理に進む。

0151

主制御部201は、ステップS1209において、ステップS1208で決定した次回のデータ種別に対応した第1検査値A1又は第2検査値A2を、3種類の検査値から抽出してRAM213等に時系列的に記憶し、その後ステップS1210の処理に進む。そして、主制御部201は、ステップS1210において、前記抽出した第1検査値A1又は第2検査値A2を有する認証用データを生成してRAM213等に記憶し、その後ステップS1215の処理に進む。これにより、第1検査値A1又は第2検査値A2を有する認証用データが作成されたことになる。

0152

また、主制御部201は、ステップS1202でデータ種別を切り替えないと判定した場合(S1202:No)、ステップS1211において、第3検査値A3を3種類の検査値から抽出してRAM213等に時系列的に記憶し、その後ステップS1212の処理に進む。主制御部201は、ステップS1212において、前記抽出した第3検査値A3を有する認証用データを生成してRAM213等に記憶し、その後ステップS1213の処理に進む。これにより、第3検査値A3を有する認証用データが作成されたことになる。

0153

主制御部201は、ステップS1213において、第1検査値A1又は第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M1,M2が示す変更対象の検査値を、主制御部201と周辺部との間で予め定められた所定の変更方式で上述したように変更し、その後ステップS1214の処理に進む。なお、本実施形態では、第1検査値A1又は第2検査値A2の双方に対応付けられた変更対象情報M1,M2を変更する場合について説明するが、これに代えて、一方の変更対象情報のみを変更する実施形態とすることもできる。そして、主制御部201は、ステップS1214において、データ記憶部311の種別情報に設定されている次回のデータ種別を流用し、その後ステップS1215の処理に進む。

0154

主制御部201は、ステップS1215において、認証情報1020の識別部1021に予め定められた認証コマンドを設定し、データ部1022に前記生成した認証用データを設定して認証情報1020を生成し、該生成した認証情報1020をデータ記憶部311等に記憶し、その後ステップS1216の処理に進む。

0155

主制御部201は、ステップS1216において、前記生成した認証情報1020を、周辺部との間で予め定められた暗号化方法で暗号化し、ステップS1217において、前記暗号化した認証情報1020の各々に基づいて認証情報信号を生成して送信部319から周辺部に対して送信し、その後ステップS1218の処理に進む。なお、主制御部201と周辺部との間で暗号化が不要な場合は、ステップS1216の処理を削除して、認証情報1020をそのまま周辺部に送信する。そして、主制御部201は、ステップS1218において、ステップS1207、ステップS1208、ステップS1214の何れかで決定した次回のデータ種別を示すようにデータ記憶部311の種別情報を更新し、その後ステップS1219の処理に進む。

0156

主制御部201は、ステップS1219において、ぱちんこ遊技機100の電源がオフされたか否かを判定する。そして、主制御部201は、電源がオフされていないと判定した場合(S1219:No)、ステップS1201の処理に戻り、一連の処理を繰り返す。一方、主制御部201は、電源がオフされたと判定した場合(S1219:Yes)、本フローチャートによる処理を終了する。

0157

続いて、周辺部のCPU241,281(第2コンピュータ)による前記認証情報信号の受信処理の手順を、図17のフローチャートを参照して説明する。

0158

周辺部は、図17に示す認証側処理を実行すると、ステップS1301において、受信部331によって主制御部201から認証情報(認証情報信号)1020を受信したか否かを判定する。周辺部は、認証情報1020を受信していないと判定した場合(S1301:No)、ステップS1314の処理に進む。一方、周辺部は、認証情報1020を受信したと判定した場合(S1301:Yes)、受信した認証情報1020を主制御部201の前記暗号化方式に対応した復号化方式復号化し、その後ステップS1302の処理に進む。なお、主制御部201と周辺部との間で暗号化が不要な場合は、ステップS1301における復号化処理を削除する。

0159

周辺部は、ステップS1302において、周辺側記憶部332の周辺側種別情報が認証用データを示しているか否かを判定する。周辺部は、認証用データを示していると判定した場合(S1302:Yes)、ステップS1303において、認証情報1020のデータ部1022から認証用データを抽出して周辺側記憶部332等に記憶し、その後ステップS1304の処理に進む。

0160

周辺部は、ステップS1304において、その認証用データと周辺側記憶部332に記憶している3種類の第1期待値B1、第2期待値B2、第3期待値B3の各々とを比較して、何れかの期待値と一致しているか否かを判定する。周辺部は、期待値と一致していると判定した場合(S1304:Yes)、ステップS1305において、主制御部201に対する認証を成立させるとともに、その検査値を時系列的にRAM243等に記憶し、その後ステップS1306の処理に進む。

0161

周辺部は、ステップS1306において、第1期待値B1又は第2期待値B2と一致したか否かに基づいて、認証用データが第1検査値A1又は第2検査値A2であるか否かを判定する。周辺部は、第1検査値A1又は第2検査値A2であると判定した場合(S1306:Yes)、ステップS1307において、第1検査値A1又は第2検査値A2と一致した期待値に対応付けられたデータ種別を特定し、該特定したデータ種別を次回のデータ種別として周辺側記憶部332の周辺側種別情報に設定し、その後ステップS1314の処理に進む。

0162

また、周辺部は、ステップS1306で第1検査値A1又は第2検査値A2ではないと判定した場合(S1306:No)、ステップS1308において、第1検査値A1又は第2検査値A2と一致した第1期待値B1又は第2期待値B2に対応付けられた変更対象情報M1,M2が示す変更対象の期待値を、主制御部201と同様に、主制御部201と周辺部との間で予め定められた所定の変更方式で上述したように変更し、その後ステップS1309の処理に進む。そして、周辺部は、ステップS1309において、周辺側記憶部332の周辺側種別情報に設定されている次回のデータ種別を流用し、その後ステップS1314の処理に進む。

0163

一方、周辺部は、ステップS1304で期待値と一致していないと判定した場合(S1304:No)、ステップS1310において、主制御部201に対する認証を不成立とし、ステップS1311において、例えばスピーカ262(図2参照)等から報知信号を出力して、本フローチャートによる処理を終了する。

0164

また、周辺部は、ステップS1302で周辺側種別情報は認証用データを示していないと判定した場合(S1302:No)、ステップS1312において、認証情報1020のデータ部1022から期待値変更用データを抽出して周辺側記憶部332等に記憶し、ステップS1313において、RAM243等に時系列的に記憶している最新の第1検査値A1又は第2検査値A2と一致する第1期待値B1又は第2期待値B2に対応付けられた変更対象情報が示し変更対象の期待値を、前記受信した期待値変更用データで上述した変更方式に基づいて変更し、期待値変更用データによる変更時用に予め定められたデータ種別K1を次回のデータ種別として周辺側記憶部332の周辺側種別情報に設定し、その後ステップS1314の処理に進む。なお、期待値の変更タイミングについては、期待値変更用データの受信時、認証用データによる認証前、等の種々異なるタイミングとすることができる。

0165

周辺部は、ステップS1314において、ぱちんこ遊技機100の電源がオフされたか否かを判定する。そして、周辺部は、電源がオフされていないと判定した場合(S1314:No)、ステップS1301の処理に戻り、一連の処理を繰り返す。一方、周辺部は、電源がオフされたと判定した場合(S1314:Yes)、本フローチャートによる処理を終了する。

0166

(認証情報を用いた認証処理手順例)
次に、図12に示すデータ種別K1,K2を切り替え且つ第1〜3検査値及び第1〜3期待値を変更して、主制御基板310の認証を行う場合のぱちんこ遊技機100における手順の一例を、図18,19の図面を参照して説明する。なお、本実施形態では、説明を簡単化するために、初期設定として、変更対象情報M1が第1検査値A1及び第1期待値B1、変更対象情報M2が第2検査値A2及び第2期待値B2を変更対象として対応付けておき、変更によってその変更対象を切り替え、変更方式が「+」とした場合のみについて説明する。

0167

図18において、被認証者である主制御基板310は、データ種別の切り替えと無作為に決定すると(S1401)、予め定められた今回のデータ種別K1をセットする(S1402)。主制御基板310は、データ種別K1,K2から、次回生成する認証情報1020をデータ種別K2と無作為に決定して種別情報を更新し(S1403)、図13に示すように、当該データ種別K2に対応付けられた第2検査値A2の認証用データを生成する(S1404)。そして、主制御基板310は、該認証用データを有する認証情報1020(A2)を生成し、その認証情報1020(A2)を周辺基板330に送信する(S1405)。そして、主制御基板310は、第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M2をRAM213等に記憶する(S1406)。

0168

一方、周辺基板330は、予め定められた今回のデータ種別K1をセットし(S1451)、主制御基板310から認証情報1020(A2)を受信すると(S1452)、今回は認証用データを示していることから、認証情報1020(A2)のデータ部1022の認証用データと周辺側記憶部332に記憶している3種類の期待値とが一致するか否かを判定して主制御基板310の認証を行う(S1453)。そして、周辺基板330は、認証が成立すると、認証用データは第2検査値A2であることから、周辺側記憶部332の第2期待値B2と一致するため、該第2期待値B2に対応付けられたデータ種別K2を次回のデータ種別と特定し、このデータ種別K2を示すように周辺側記憶部332の周辺側種別情報を更新する(S1454)。そして、周辺基板330は、主制御基板310と同様に、第2期待値B2に対応付けられた変更対象情報M2をRAM243等に記憶する(S1455)。

0169

続いて、主制御基板310は、データ種別の切り替えと無作為に決定すると(S1407)、データ記憶部311の種別情報が示すデータ種別K2を今回のデータ種別としてセットする(S1408)。主制御基板310は、データ種別K1,K2から、次回生成する認証情報1020をデータ種別K1と無作為に決定して種別情報を更新する(S1409)。主制御基板310は、検査値及び期待値を変更するための期待値変更用データC1を予め定められた生成方式で無作為に生成し(S1410)、該期待値変更用データを有する認証情報1020(C1)を生成し、その認証情報1020(C1)を周辺基板330に送信する(S1411)。そして、主制御基板310は、RAM213等の最新の第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M2が示す第2検査値A2を、期待値変更用データC1に基づいて上述した変更方式で第2検査値(A2+C1)に変更する(S1412)。その結果、主制御基板310は、第1検査値A1、第2検査値A2+C1、第3検査値A3となる。

0170

一方、周辺基板330は、周辺側記憶部332の周辺側種別情報に基づいて今回のデータ種別K2をセットし(S1456)、主制御基板310から認証情報1020(C1)を受信すると(S1457)、今回は期待値変更用データを示していることから、認証情報1020(C1)のデータ部1022の期待値変更用データC1に基づいて、受信した検査値と一致した最新の第2期待値B2に対応付けられた変更対象情報M2が示す第2期待値B2を、上述した変更方式で第2期待値(B2+C1)に変更する(S1458)。その結果、周辺基板330は、第1期待値B1、第2期待値B2+C1、第3期待値B3となり、主制御基板310の検査値と一致した値を維持していることになる。そして、周辺基板330は、期待値変更用データの生成時用に予め定められたデータ種別K1を次回のデータ種別として特定し、このデータ種別K1を示すように周辺側記憶部332の周辺側種別情報を更新する(S1459)。

0171

続いて、主制御基板310は、データ種別を切り替えないと無作為に決定すると(S1413)、データ記憶部311の種別情報が示すデータ種別K1を次回のデータ種別として流用する(S1414)。主制御基板310は、データ記憶部311から抽出した第3検査値A3の認証用データを生成する(S1415)。そして、主制御基板310は、該認証用データを有する認証情報1020(A3)を生成し、その認証情報1020(A3)を周辺基板330に送信する(S1416)。そして、主制御基板310は、第1検査値A1及び第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M1,M2を、変更対象情報M1が第2検査値A2、変更対象情報M2が第1検査値A1を規定するように所定の変更方式で変更する(S1417)。

0172

一方、周辺基板330は、周辺側記憶部332の周辺側種別情報に基づいて今回のデータ種別K1をセットし(S1460)、主制御基板310から認証情報1020(A3)を受信すると(S1461)、今回は認証用データを示していることから、認証情報1020(A3)のデータ部1022の認証用データと周辺側記憶部332に記憶している3種類の期待値とが一致するか否かを判定して主制御基板310の認証を行う(S1462)。そして、周辺基板330は、認証が成立すると、認証用データは第3検査値A3であることから、周辺側記憶部332の周辺側種別情報が示すデータ種別K1を次回のデータ種別として流用する(S1463)。そして、周辺基板330は、主制御基板310と同様に、第1期待値B1及び第2期待値B2に対応付けられた変更対象情報M1,M2を、変更対象情報M1が第2期待値B2、変更対象情報M2が第1期待値B1を規定するように所定の変更方式で変更する(S1464)。

0173

続いて、図19において、主制御基板310は、データ種別の切り替えと無作為に決定すると(S1418)、データ記憶部311の種別情報が示すデータ種別K1を今回のデータ種別としてセットする(S1419)。主制御基板310は、データ種別K1,K2から、次回生成する認証情報1020をデータ種別K1と無作為に決定して種別情報を更新する(S1420)。主制御基板310は、当該データ種別K1に対応付けられた検査値(A1)の認証用データを生成する(S1421)。そして、主制御基板310は、該認証用データを有する認証情報1020(A1)を生成し、その認証情報1020(A1)を周辺基板330に送信する(S1422)。そして、主制御基板310は、第1検査値A1に対応付けられた変更対象情報M1をRAM213等に記憶する(S1423)。

0174

一方、周辺基板330は、周辺側記憶部332の周辺側種別情報に基づいて今回のデータ種別K1をセットし(S1465)、主制御基板310から認証情報1020(A1)を受信すると(S1466)、今回は認証用データを示していることから、認証情報1020(A1)のデータ部1022の認証用データと周辺側記憶部332に記憶している3種類の期待値とが一致するか否かを判定して主制御基板310の認証を行う(S1467)。そして、周辺基板330は、認証が成立すると、認証用データは第1検査値A1であることから、周辺側記憶部332の第1期待値B1と一致するため、該第1期待値B1に対応付けられたデータ種別K1を次回のデータ種別と特定し、このデータ種別K1を示すように周辺側記憶部332の周辺側種別情報を更新する(S1468)。そして、周辺基板330は、主制御基板310と同様に、第1期待値B1に対応付けられた変更対象情報M1をRAM243等に記憶する(S1469)。

0175

続いて、主制御基板310は、データ種別の切り替えと無作為に決定すると(S1424)、データ記憶部311の種別情報が示すデータ種別K1を今回のデータ種別としてセットする(S1425)。主制御基板310は、データ種別K1,K2から、次回生成する認証情報1020をデータ種別K2と無作為に決定して種別情報を更新する(S1426)。主制御基板310は、当該データ種別K2に対応付けられた検査値(A2+C1)の認証用データを生成する(S1427)。そして、主制御基板310は、該認証用データを有する認証情報1020(A2+C1)を生成し、その認証情報1020(A2+C1)を周辺基板330に送信する(S1428)。そして、主制御基板310は、第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M2をRAM213等に記憶する(S1429)。

0176

一方、周辺基板330は、周辺側記憶部332の周辺側種別情報に基づいて今回のデータ種別K1をセットし(S1470)、主制御基板310から認証情報1020(A2+C1)を受信すると(S1471)、今回は認証用データを示していることから、認証情報1020(A2+C1)のデータ部1022の認証用データと周辺側記憶部332に記憶している3種類の期待値とが一致するか否かを判定して主制御基板310の認証を行う(S1472)。そして、周辺基板330は、認証が成立すると、認証用データは第2検査値A2+C1であることから、周辺側記憶部332の第2期待値B2+C1と一致するため、該第2期待値B2+C1に対応付けられたデータ種別K2を次回のデータ種別と特定し、このデータ種別K2を示すように周辺側記憶部332の周辺側種別情報を更新する(S1473)。そして、周辺基板330は、主制御基板310と同様に、第2期待値B2+C1に対応付けられた変更対象情報M2をRAM243等に記憶する(S1474)。

0177

続いて、主制御基板310は、データ種別の切り替えと無作為に決定すると(S1430)、データ記憶部311の種別情報が示すデータ種別K2を今回のデータ種別としてセットする(S1431)。主制御基板310は、データ種別K1,K2から、次回生成する認証情報1020をデータ種別K1と無作為に決定して種別情報を更新する(S1432)。主制御基板310は、検査値及び期待値を変更するための期待値変更用データC2を予め定められた生成方式で無作為に生成し(S1433)、該期待値変更用データを有する認証情報1020(C2)を生成し、その認証情報1020(C2)を周辺基板330に送信する(S1434)。そして、主制御基板310は、RAM213等の最新の第2検査値A2+C1に対応付けられた変更対象情報M2が示す第1検査値A1を、期待値変更用データC2に基づいて上述した変更方式で第2検査値(A1+C2)に変更する(S1435)。その結果、主制御基板310は、第1検査値A1+C2、第2検査値A2+C1、第3検査値A3となる。

0178

一方、周辺基板330は、周辺側記憶部332の周辺側種別情報に基づいて今回のデータ種別K2をセットし(S1475)、主制御基板310から認証情報1020(C2)を受信すると(S1476)、今回は期待値変更用データを示していることから、認証情報1020(C2)のデータ部1022の期待値変更用データC2に基づいて、受信した検査値と一致した最新の変更対象情報M2が示す第1期待値B1を、上述した変更方式で第1期待値(B1+C2)に変更する(S1477)。その結果、周辺基板330は、第1期待値B1+C2、第2期待値B2+C1、第3期待値B3となり、主制御基板310の検査値と一致した値を維持していることになる。そして、周辺基板330は、期待値変更用データの生成時用に予め定められたデータ種別K1を次回のデータ種別として特定し、このデータ種別K1を示すように周辺側記憶部332の周辺側種別情報を更新する(S1478)。以降、上述した同様の認証処理を行う。

0179

以上説明したぱちんこ遊技機100によれば、主制御部201は3種類の検査値のうちの第1検査値A1及び第2検査値A2の各々に認証情報1020の2種類のデータ種別K1,K2を対応付けておき、第1検査値A1及び第2検査値A2で認証用データを生成し、該認証用データを有する認証情報1020を生成して周辺部に送信するようにしたことから、周辺部は期待値に前記データ種別を対応付けておくことで、認証情報1020が有する検査値と期待値が一致したときに、主制御部の認証を成立させることができ且つ次回受信すべき認証情報1020のデータ種別を特定することができるため、不正な解析者が認証情報を不正に利用することを防止できる。また、主制御部201は第1検査値A1及び第2検査値A2の各々に変更対象情報M1,M2を対応付けておき、期待値変更用データを有する認証情報1020を生成した場合に、その変更対象情報M1,M2が示す変更対象の検査値を期待値変更用データで変更するようにしたことから、3種類の検査値の中の任意の検査値を変更することができるため、不正な解析者による解析をより一層困難にすることができる。そして、周辺部は第1期待値B1及び第2期待値B2の各々に変更対象情報M1,M2を対応付けておき、期待値変更用データを主制御部201から受信した場合に、その変更対象情報M1,M2が示す変更対象の期待値を期待値変更用データで変更するようにしたことから、不正な期待値変更用データを受信して変更すれば、主制御部201の検査値と周辺部の期待値とが一致しなくなり、主制御部201の認証が成立しなくなるため、ぱちんこ遊技機100に対する不正の防止に貢献することができる。さらに、主制御部201は第3検査値A3に変更方法情報Hを対応付けておき、第3検査値A3の認証用データの生成に応じて、第1検査値A1及び第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M1,M2の変更等を行うようにしたことから、第1〜3検査値を不規則かつ複雑に変更することができるため、不正な解析者による解析をより一層困難にすることができる。また、周辺部は第3期待値B3に前記変更方法情報Hを対応付けておき、受信した第3検査値A3と第3期待値B3が一致した場合に、第1期待値B1及び第2期待値B2に対応付けられた変更対象情報M1,M2の変更等を行うようにしたことから、主制御部201と同様の変更を行うことができるため、ぱちんこ遊技機100に対する不正の防止に貢献することができる。また、不正解析者によって認証情報1020が不正に利用されたことを、認証情報1020のデータ種別によって周辺部が検知することができるため、認証情報1020の認証強度を高めることができる。従って、1種類の認証情報1020で認証を行っても、その認証情報1020の不正解析を困難にすることができるという効果を奏する。

0180

上述したぱちんこ遊技機100において、主制御部201は認証用データの生成に用いた第1検査値A1又は第2検査値A2、周辺部は認証用データの認証で一致した第1期待値B1又は第2期待値B2の各々に対応付けられた変更対象情報が示す変更対象の検査値を期待値変更用データに基づいて変更するようにしたことから、検査値A及び期待値Bの変更を認証用データの認証に関連付けることができるため、変更前に認証情報が不正に利用されると、主制御部201と周辺部との変更対象が相違して、変更後の検査値及び期待値の整合性が取れなくなり、不正の検知精度の向上に貢献することができる。

0181

上述したぱちんこ遊技機100において、主制御部201及び周辺部は変更対象情報M1,M2が示す変更対象を所定の変更方式で変更するようにしたことから、3種類の検査値及び期待値に対する期待値変更用データの変更対象を変更することができるため、検査値及び期待値に対する変更をより一層複雑化させて、その解析を困難にすることができる。

0182

上述したぱちんこ遊技機100において、主制御部201及び周辺部は期待値変更用データで変更対象の検査値及び期待値を変更するときの変更方式を変更方法情報Hに基づいて変更することで、検査値及び期待値を変更しなくても、期待値変更用データによる変更結果を変化させることができるため、検査値及び期待値に対する変更をより一層複雑化させて、その解析を困難にすることができる。

0183

上述したぱちんこ遊技機100において、期待値変更用データが予め定められた初期値である検査値及び期待値を変更する補正値とすることで、主制御部201及び周辺部は予め定められた検査値及び期待値を期待値変更用データで変更するだけでよいため、変更処理を簡単化することができる。

0184

上述したぱちんこ遊技機100において、期待値変更用データが前回変更した検査値及び期待値を変更する係数値とすることで、検査値及び期待値を累積させて変更することができるため、検査値及び期待値の解析をより一層困難にすることができると共に、検査値及び期待値の不正利用を防止することができる。

0185

上述したぱちんこ遊技機100において、主制御部201の検査値とは異なる値の期待値を周辺部に予め記憶しておき、検査値と期待値との差分を吸収するための期待値変更用データを主制御部201が生成して周辺部に送信するようにすれば、周辺部がその期待値変更用データで期待値を変更することで、期待値を主制御部の検査値と一致させることができるため、不正な解析者による検査値及び期待値の解析及び利用を困難にすることができる。

0186

[実施例2]
以下に、上述したぱちんこ遊技機100の実施例2を説明する。なお、上述した構成と同一部分については、同一の符号を付して異なる部分のみを詳細に説明する。

0187

(主制御基板および周辺基板の機能的構成)
まず、ぱちんこ遊技機100は、図20に示すように、主制御部201としての機能を有する主制御基板310と、上述した演出制御部202や賞球制御部203などの周辺部としての機能を有する周辺基板330と、を有して構成している。そして、主制御基板310は周辺基板330と通信可能なように電気的に接続されている。

0188

主制御基板310は、上述したデータ記憶部311、決定部313、認証用データ生成部316、期待値変更用データ生成部317、認証情報生成部318、送信部319、第1変更部320、第2変更部321、更新部322と、選択部323と、を有して構成している。

0189

選択部323は、本発明の選択手段に相当し、種別情報が認証用データを示している場合に、データ記憶部(検査値記憶手段)311が記憶している第1検査値、第2検査値、第3検査値の中から1つの検査値を無作為に選択する。選択部323は、乱数等を用いて1つの検査値Aを無作為に選択する。選択部323の選択方法は、不正な解析を防止するために、選択パターンが不規則になることが好ましい。

0190

上述した決定部313は、選択部323が選択した第1検査値A1又は第2検査値A2に対応付けられたデータ種別K1,K2(図13参照)を、主制御基板310が次回生成する認証情報1020のデータ種別と決定する。詳細には、第1検査値A1が選択されたときは、次回をデータ種別K1と決定し、また、第2検査値A2が選択されたときは、次回をデータ種別K2と決定する。そして、決定部313は、選択部323が第3検査値A3を選択した場合は、実施例1と同様に、予め定められたデータ種別を次回のデータ種別と決定する。そして、上述した認証用データ生成部316は、前記種別情報が認証用データを示している場合に、選択部323が選択した1つの検査値を有する認証用データを生成する。

0191

第1変更部320は、選択部323が選択した第1検査値A1又は第2検査値A2に予め対応付けられた変更対象情報M1,M2が示す変更対象の検査値を、期待値変更用データ生成部317が生成した期待値変更用データに基づいて変更する。そして、第1変更部320は、主制御基板310と周辺基板330との間で予め定められた変更方式と期待値変更用データとを用いて、第1検査値A1又は第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M1,M2が示す変更対象となる検査値を変更する。

0192

第2変更部321は、選択部323が選択した第3検査値に予め対応付けられた変更方法情報が示す前記変更対象情報M1,M2の変更方法及び前記期待値変更用データの変更方法の少なくとも一方に基づいて前記期待値変更用データで変更した検査値の変更結果を変化させるための変更を行う。そして、第2変更部321は、変更対象情報M1,M2を変更する場合、例えば、第1検査値A1及び第2検査値A2の各々に対応付けられた変更対象情報M1,M2を予め定められた所定の変更方式で変更する。また、第2変更部321は、第1変更部320が前記期待値変更用データで変更対象の検査値を変更するときの前記変更方式を前記変更方法情報Hに基づいて変更する。

0193

実施例2のぱちんこ遊技機100は、実施例1と同様に、3種類の検査値を主制御基板310の認証に用いるに当たり、認証情報のデータ種別の切り替えと期待値変更用データの変更対象の変更とを連動させ、変更した検査値と期待値とに基づいて主制御基板310の認証を行う構成を採用している。しかも、第1,2検査値に認証情報の相異なるデータ種別、第3検査値に変更方法情報を対応付けておき、データ種別の変更、又は、変更方法情報による変更に応じて3種類の検査値及び期待値を変更させることができるため、変更した検査値及び期待値の解析を困難にすることができる。よって、ぱちんこ遊技機100は、1種類の認証情報で認証を行っても、認証用データを不正に解析することを困難にすることができるため、セキュリティの向上を図ることができる。

0194

続いて、周辺基板330は、実施例1と同様に、受信部331、周辺側記憶部332、認証部333、周辺側第1変更部334、周辺側第2変更部335、特定部336を有して構成している。そして、周辺基板330は、実施例1と同様の構成で実現できるため、その説明は省略する。

0195

また、実施例2においても、主制御基板310のCPU211が請求項中の第1コンピュータ、周辺基板330のCPU241,281の各々が請求項中の第2コンピュータとして機能させる。そして、主制御基板310のROM212は、前記第1コンピュータを請求項中の選択手段、決定手段、認証用データ生成手段、期待値変更用データ生成手段、認証情報生成手段、送信手段、主制御側第1変更手段、主制御側第2変更手段、更新手段、等の各種手段として機能させるための主制御側認証プログラムを記憶している。また、周辺基板330のROM242,282の各々は、前記第2コンピュータを請求項中の受信手段、認証手段、周辺側第1変更手段、周辺側第2変更手段、特定手段、等の各種手段として機能させるための周辺側認証プログラムを記憶している。即ち、主制御側認証プログラムと周辺側認証プログラムによって本発明の認証プログラムを構成している。

0196

(認証情報信号の送受信に関する処理)
以下に、主制御部201と周辺部との間で行う上記認証情報信号の通信例を説明する。まず、主制御部201のCPU211(第1コンピュータ)による認証情報信号の送信手順2の一例を、図21のフローチャートを参照して説明する。

0197

ぱちんこ遊技機100の電源がON(投入)されると、主制御部201は図19に示す被認証処理を実行し、ステップS1501において、予め定められた認証タイミングであるか否かを判定する。主制御部201は、認証タイミングではないと判定した場合(S1501:No)、ステップS1517の処理に進む。一方、主制御部201は、認証タイミングであると判定した場合(S1501:Yes)、ステップS1502の処理に進む。

0198

主制御部201は、ステップS1502において、データ記憶部311の種別情報に設定されている次回のデータ種別を今回のデータ種別としてセットし、その後ステップS1503の処理に進む。なお、種別情報に次回のデータ種別が設定されていない場合、即ち初回の処理では、ぱちんこ遊技機100において初期値として予め定められた初回データ種別を今回のデータ種別としてセットする。なお、以下の説明では、初回データ種別を認証用データであるデータ種別K1としていることを前提とする。

0199

主制御部201は、ステップS1503において、今回のデータ種別が認証用データであるか否かを判定する。主制御部201は、データ種別が認証用データではない、即ち、期待値変更用データである場合(S1503:No)、ステップS1504の処理に進む。そして、主制御部201は、ステップS1504において、検査値及び期待値を変更するための期待値変更用データを予め定められた生成方式で無作為に生成し、該生成した期待値変更用データをデータ記憶部311等に記憶し、その後ステップS1505の処理に進む。なお、期待値変更用データの生成方法の一例としては、乱数やパターンテーブルを用いた前記生成方式で生成する等が挙げられる。

0200

主制御部201は、ステップS1505において、RAM213等に時系列的に記憶している最新の第1検査値A1又は第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報が示し変更対象の検査値を前記生成した期待値変更用データで上述した変更方式に基づいて変更し、その後ステップS1506の処理に進む。なお、検査値の変更タイミングについては、期待値変更用データの生成時、認証用データの生成時、等の種々異なるタイミングとすることができる。そして、主制御部201は、ステップS1506において、期待値変更用データの生成時用に予め定められたデータ種別K1を次回のデータ種別として決定してRAM213等に記憶し、その後ステップS1513の処理に進む。なお、予め定めるデータ種別は、主制御基板310と周辺基板330との間で予め定めておく。

0201

一方、主制御部201は、ステップS1503でデータ種別は認証用データであると判定した場合(S1503:Yes)、ステップS1507において、データ記憶部311に記憶している3種類の検査値から1つの検査値を無作為に選択してRAM213等に時系列的に記憶し、ステップS1508において、前記選択した検査値を有する認証用データを生成してRAM213等に記憶し、その後ステップS1509の処理に進む。これにより、3種類の検査値の何れか1つを有する認証用データが作成されたことになる。

0202

主制御部201は、ステップS1509において、ステップS1507で第3検査値A3を選択したか否かを判定する。主制御部201は、第3検査値A3を選択していないと判定した場合(S1509:No)、ステップS1510において、選択された第1検査値A1又は第2検査値A2に対応付けられたデータ種別K1,K2を、次回生成する認証情報1020のデータ種別と決定し、その後ステップS1513の処理に進む。

0203

一方、主制御部201は、第3検査値A3を選択したと判定した場合(S1509:Yes)、ステップS1511において、第1検査値A1又は第2検査値A2に対応付けられた変更対象情報M1,M2が示す変更対象の検査値を、主制御部201と周辺部との間で予め定められた所定の変更方式で上述したように変更し、その後ステップS1512の処理に進む。なお、本実施形態では、第1検査値A1又は第2検査値A2の双方に対応付けられた変更対象情報M1,M2を変更する場合について説明するが、これに代えて、一方の変更対象情報のみを変更する実施形態とすることもできる。そして、主制御部201は、ステップS1512において、データ記憶部311の種別情報に設定されている次回のデータ種別を流用し、その後ステップS1513の処理に進む。

0204

主制御部201は、ステップS1513において、認証情報1020の識別部1021に予め定められた認証コマンドを設定し、データ部1022に前記生成した認証用データ又は期待値変更用データを設定して認証情報1020を生成し、該生成した認証情報1020をデータ記憶部311等に記憶し、その後ステップS1514の処理に進む。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】遊技興趣の低下を抑止可能な遊技機を提供する。【解決手段】遊技球が流下可能な遊技領域が形成された遊技盤を有し、始動条件の成立に基づいて抽選を行い、該抽選の結果に基づいて利益を付与する遊技機であっ... 詳細

  • 沖マイクロ技研株式会社の「 遊技機の可動役物の移動機構」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】可動役物を上規定位置から落下させた際、下規定位置の落下点で確実に停止し、かつ静止させ、機構の耐久性の確保と共に遊技者の興趣を損なわせない遊技機の可動役物の移動機構を提供する。【解決手段】遊技機... 詳細

  • 株式会社三洋物産の「 遊技機」が 公開されました。( 2020/10/29)

    【課題】部材個数を削減することができる遊技機を提供すること。【解決手段】被軸支手段760が電気配線DK2にかかる負荷を減らすよう変位することで、電気配線DK2の変位量自体を減らしたり、電気配線DK2の... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ