図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2012年7月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

従来の豊胸用組成物としては、コラーゲンを有効成分として含有する豊胸用組成物(1)、ジオウサンショウシイタケサルビア、カッコンサイシントウニンケイヒより抽出した植物エキス一種、または二種以上を含有する豊胸皮膚外用組成物(2)、クズ属植物の根またはその処理物を含有する豊胸促進剤(3)、カシュウビンロウジハブソウから選ばれる1種又は2種以上の生薬を含有する豊胸用皮膚外用剤(4)等がある。しかし(1)に記載の豊胸用組成物は今だその豊胸効果が不十分であり、(2)〜(4)に記載の技術は、バストだけでなく他の部位に脂肪がついてしまうという問題点があった。

解決手段

アンセリンカルノシンおよびバレニンからなる群から選択された少なくとも一種を有効成分として含有する豊胸促進剤。

概要

背景

従来の豊胸用組成物としては、例えば、コラーゲンを有効成分として含有する豊胸用組成物(特許文献1)、ジオウサンショウシイタケサルビア、カッコンサイシントウニンケイヒより抽出した植物エキス一種、または二種以上を含有する豊胸皮膚外用組成物(特許文献2)、クズ属植物の根またはその処理物を含有することを特徴とする豊胸促進剤(特許文献3)、カシュウビンロウジハブソウから選ばれる1種又は2種以上の生薬を含有する豊胸用皮膚外用剤(特許文献4)等が挙げられる。

しかしながら、前記特許文献1に記載の豊胸用組成物は、今だその豊胸効果が不十分であり、改善が求められる。また、前記特許文献2〜4に記載の技術は、バストだけでなく他の部位に脂肪がついてしまうという問題点があった。

一方、アンセリン生理活性としては、血中尿酸値の低下、疲労抑制(特許文献5)等が知られている。アンセリンの類縁化合物であるカルノシンバレニンについても、アンセリンと同様の作用効果を発揮するとされている。しかし、アンセリン、カルノシン、バレニンに豊胸効果があることは知られていない。

概要

従来の豊胸用組成物としては、コラーゲンを有効成分として含有する豊胸用組成物(1)、ジオウ、サンショウ、シイタケ、サルビア、カッコン、サイシン、トウニン、ケイヒより抽出した植物エキスの一種、または二種以上を含有する豊胸用皮膚外用組成物(2)、クズ属植物の根またはその処理物を含有する豊胸促進剤(3)、カシュウ、ビンロウジ、ハブソウから選ばれる1種又は2種以上の生薬を含有する豊胸用皮膚外用剤(4)等がある。しかし(1)に記載の豊胸用組成物は今だその豊胸効果が不十分であり、(2)〜(4)に記載の技術は、バストだけでなく他の部位に脂肪がついてしまうという問題点があった。アンセリン、カルノシンおよびバレニンからなる群から選択された少なくとも一種を有効成分として含有する豊胸促進剤。なし

目的

本発明の目的は、ハリのある美しいバストが得られ、カップサイズアップする等の優れた豊胸効果を有するとともに、バスト以外の部位に脂肪がつきにくい豊胸促進剤および豊胸用組成物を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

アンセリンカルノシンおよびバレニンからなる群から選択された少なくとも一種を有効成分とする豊胸促進剤

請求項2

アンセリン、カルノシンおよびバレニンからなる群から選択された少なくとも一種を有効成分として含有する豊胸用組成物

技術分野

0001

本発明は、豊胸促進剤および豊胸用組成物に関する。

背景技術

0002

従来の豊胸用組成物としては、例えば、コラーゲンを有効成分として含有する豊胸用組成物(特許文献1)、ジオウサンショウシイタケサルビア、カッコンサイシントウニンケイヒより抽出した植物エキス一種、または二種以上を含有する豊胸皮膚外用組成物(特許文献2)、クズ属植物の根またはその処理物を含有することを特徴とする豊胸促進剤(特許文献3)、カシュウビンロウジハブソウから選ばれる1種又は2種以上の生薬を含有する豊胸用皮膚外用剤(特許文献4)等が挙げられる。

0003

しかしながら、前記特許文献1に記載の豊胸用組成物は、今だその豊胸効果が不十分であり、改善が求められる。また、前記特許文献2〜4に記載の技術は、バストだけでなく他の部位に脂肪がついてしまうという問題点があった。

0004

一方、アンセリン生理活性としては、血中尿酸値の低下、疲労抑制(特許文献5)等が知られている。アンセリンの類縁化合物であるカルノシンバレニンについても、アンセリンと同様の作用効果を発揮するとされている。しかし、アンセリン、カルノシン、バレニンに豊胸効果があることは知られていない。

先行技術

0005

特開2008−44890号公報
特開平11−199499号公報
特開2000−302667号公報
特開2005−126350号公報
特開2002−173442号公報

発明が解決しようとする課題

0006

したがって、本発明の目的は、ハリのある美しいバストが得られ、カップサイズアップする等の優れた豊胸効果を有するとともに、バスト以外の部位に脂肪がつきにくい豊胸促進剤および豊胸用組成物を提供することにある。

課題を解決するための手段

0007

本発明者らは、アンセリン、カルノシンおよび/またはバレニン(以下、アンセリン類ということがある)が、優れた豊胸効果を有するとともに、バスト以外の部位に脂肪がつきにくいという効果を発現することを見出し、本発明を完成するに至った。

0008

請求項1に記載の発明は、アンセリン、カルノシンおよびバレニンからなる群から選択された少なくとも一種を有効成分とする豊胸促進剤である。
請求項2に記載の発明は、アンセリン、カルノシンおよびバレニンからなる群から選択された少なくとも一種を有効成分として含有する豊胸用組成物である。

発明の効果

0009

本発明によれば、ハリのある美しいバストが得られ、カップサイズがアップする等の優れた豊胸効果を有するとともに、バスト以外の部位に脂肪がつきにくい豊胸促進剤および豊胸用組成物が提供される。

0010

本発明に使用されるアンセリン類は、公知の化合物であり、例えばアンセリンは、マグロカツオ等の回遊魚筋肉から得られるアラニンヒスチジンが結合したジペプチドである。なお本発明でいうアンセリンとは、アラニンとヒスチジンが結合したジペプチドを含むペプチド包含するものとする。アンセリンは、市販されているものを利用することもでき、例えば焼津水産化学工業社製、マリンアクティブ等が挙げられる。また本発明でいうアンセリン類とは、その塩も包含する。塩しては、塩酸乳酸酢酸硫酸クエン酸アスコルビン酸リンゴ酸コハク酸アジピン酸グルコン酸酒石酸等の塩が挙げられる。

0011

アンセリン類は、経口投与してもよく、また、皮膚外用剤として使用してもよい。アンセリン類は、本発明において、豊胸促進剤または豊胸用組成物の有効成分となる。

0012

アンセリン類の1日あたりの摂取量は、通常1mg〜5g、好ましくは3mg〜1g、さらに好ましくは20mg〜500mg、とくに好ましくは50mg〜300mgである。
したがって本発明の豊胸促進剤または豊胸用組成物は、1日あたりの摂取量が上記範囲内となるように、アンセリン類を配合し、ほ乳類(例えばヒト)に摂取せしめるのが望ましい。

0013

また、皮膚外用剤としてアンセリン類を配合する場合、該外用剤中のアンセリンの配合割合としては、とくに制限されないが、例えば0.00001〜30質量%、好ましくは0.0001〜20質量%、さらに好ましくは0.001〜8質量%、とくに好ましくは0.03〜5質量%の範囲でそれぞれ配合するのがよい。塗布量は、使用者年齢、カップサイズ、バストの形状等によっても異なるが、アンセリン類として皮膚1cm2あたり、0.005〜50mg塗布することが好ましい。また、塗布回数についても特に制限されず、一日に一回または数回であることができる。

0014

本発明の豊胸促進剤または豊胸用組成物には、その効果を損なわない限り、任意の所望成分を配合することができる。例えば、ビタミンC等のビタミン類ソフトカプセルを調製する時に通常配合される乳化剤緊張化剤(等張化剤)、緩衝剤溶解補助剤防腐剤安定化剤抗酸化剤等を適宜配合することができる。

0015

本発明の豊胸促進剤または豊胸用組成物を経口投与する場合、その形態を特に制限するものではないが、公知の方法によりマイクロカプセル、ソフトカプセル又はハードカプセル封入してカプセル化することが好ましい。

0016

また本発明の豊胸促進剤または豊胸用組成物を皮膚外用剤として使用する場合、皮膚外用剤として通常使用される公知の材料、例えば色素香料、防腐剤、界面活性剤顔料、抗酸化剤、保湿剤紫外線吸収剤などを適宜配合することができる。
本発明の豊胸促進剤または豊胸用組成物を皮膚外用剤として使用する場合、クリーム乳液化粧水パック等、公知の形態で使用され得る。

0017

以下、本発明を実施例によりさらに具体的に説明する。

0018

(実施例1)
前記特許文献1(特開2008−44890号公報)に記載の試験方法にしたがい、本発明の豊胸促進剤または豊胸用組成物の豊胸効果を確認した。
健康なボランティア女性13人(年齢24〜45平均年齢約31才)に、アンセリンを300mg/日で1ヶ月間摂取してもらい、アンセリンの摂取前後で、アンダーバストトップバストを測定して比較を行った。本試験期間において、異常を訴える者はいなかった。なお、アンセリンは「マリンアクティブ」(商品名:焼津水産化学工業株式会社製)を使用した。

0019

試験結果を表1に示す。なお、カップサイズの定義は下記の通りである。

0020

AA:トップとアンダーの差が7.5cm未満
A:トップとアンダーの差が7.5cm以上、10.0cm未満
B:トップとアンダーの差が10.0cm以上、12.5cm未満
C:トップとアンダーの差が12.5cm以上、15.0cm未満
D:トップとアンダーの差が15cm以上、17.5cm未満

0021

0022

表1より、被験者全員において、1ヶ月間のアンセリン摂取において、アンダーバストは、ほとんど変化しなかったのに対して、トップバストは被験者全員で大きく向上した。また、被験者全員がカップサイズアップとなった。また、被験者全員に共通してバストに張りが出たとの感想が得られた。以上の結果より、アンセリンの摂取による豊胸効果が確認された。

0023

(実施例2)
以下の表に示すように、化粧料としてローションを調製した。

0024

0025

(実施例3)
以下の表に示すように、化粧料としてクリームを調製した。

0026

0027

(実施例4)
健康なボランティア女性5人(年齢25〜40才:平均年齢約33才)に、実施例3で調製したクリームを1日3回、適量でもってバスト全体に塗布してもらい、塗布前後で、アンダーバスト、トップバストを測定して比較を行った。本試験期間において、異常を訴える者はいなかった。なお、アンセリンは「マリンアクティブ」(商品名:焼津水産化学工業株式会社製)を使用した。
試験結果を表4に示す。なお、カップサイズの定義は実施例1と同じである。

0028

0029

表4より、被験者全員において、1ヶ月間のアンセリンの塗布において、アンダーバストは全く変化しなかったのに対して、トップバストは被験者全員で大きく向上した。また、被験者全員がカップサイズアップとなった。また、被験者全員に共通してバストに張りが出たとの感想が得られた。以上の結果より、アンセリンの塗布による豊胸効果が確認された。

実施例

0030

なお、上記ではアンセリンを用いたが、他のアンセリン類を用いた場合、アンセリン類の塩類を用いた場合についても同様の効果を示した。また、上記に記載した各成分の1日あたりの摂取量または塗布量の範囲においては、いずれの処方の場合でも、同様の効果を示した。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ