図面 (/)

技術 無線操縦式草刈払機製造方法

出願人 澤田昌治
発明者 澤田昌治澤田吉宏武田佳子
出願日 2010年12月10日 (10年2ヶ月経過) 出願番号 2010-294658
公開日 2012年7月5日 (8年7ヶ月経過) 公開番号 2012-125223
状態 未査定
技術分野 収穫機の構成要素3(刈取部)
主要キーワード 動力回転 受令機 能率性 無線操縦装置 連結システム から草 機能構造 パワー供給
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年7月5日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (0)

図面はありません

課題

無線操縦式草刈払機装置は、制御装置連結システム構造の伝導駆動機を決定とした一連機能が維持でき、多様な作業形態を迅速に行うことが可能なことから作業性・能率性効率性生産性の向上を提供する。

解決手段

トラブルによる作動停止や危険極まりない作業条件安心・安全しかも、一人の集中操作で省力化を図り、無線操縦作業による、作業性・能率性・効率性・生産性の向上が得られる。

概要

背景

従来、草刈払作業は手作業が大半を示しており、作業の能率面・危険な箇所での事故防止面から無線操縦式草刈払機が望まれていた。

概要

無線操縦式草刈払機装置は、制御装置連結システム構造の伝導駆動機を決定とした一連機能が維持でき、多様な作業形態を迅速に行うことが可能なことから作業性・能率性効率性生産性の向上を提供する。トラブルによる作動停止や危険極まりない作業条件安心・安全しかも、一人の集中操作で省力化をり、無線操縦作業による、作業性・能率性・効率性・生産性の向上が得られる。なし

目的

従来、草刈払作業は手作業が大半を示しており、作業の能率面・危険な箇所での事故防止面から無線操縦式草刈払機が望まれていた

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

エンジン駆動キャタピラ—を有し、所定位置に配置のクラッチブレ—キを有し、動力回転駆動のメイ—ンカッタ—を有し、両側端に諸刃のサブカッタ—を有した駆動装置発電機に、送信・受信対応する操作駆動手段を備えた無線操縦式草刈払機装置を特徴とする。

請求項2

上記構造の無線装置は、無線操縦制御盤・無線操縦受令機からの出力に基づく無線操縦式草刈払機装置を特徴とする。

請求項3

上記構造の草刈払機処理能力は、30a/hourを特徴とする。

請求項4

転倒防止装置を備え、傾斜面地等高線に沿って走行処理を可能とする無線操縦式草刈払機装置を特徴とする。

請求項5

無線操縦式草払機構造の趣旨を逸脱しない範囲の変更は本発明に含まれる。

技術分野

0001

本発明は、傾斜面地の草を刈り取るのに適した無線操縦式草刈払機装置に関するものである。

背景技術

0002

従来、草刈払作業は手作業が大半を示しており、作業の能率面・危険な箇所での事故防止面から無線操縦式草刈払機が望まれていた。

発明が解決しようとする課題

0003

本発明は、上述の無線方式において、多様な作業形態がとれる草刈払制御装置を製造し、作業性・能率性効率性生産性向上を図る。

0004

上記構造成形は、事故防止・安心・安全な無線操縦装置の駆動手段で迅速な処理ができる。

問題を解決するための手段

0005

この発明は、無線制御装置伝導駆動システム連結機構を搭載し、構成されていることを特徴とする。

0006

上記重力を支持する駆動設計仕様を配置し、刈払をするパワー供給バッテリーの搭載編成を特徴とする。

0007

上記エネルギー作用はシステム構造によって無線操縦によって制御されることを特徴とする。

発明の効果

0008

本発明は、上述のように、無線操縦を物理的作用連結システム伝導駆動構成構造を完成させ、安心・安全に刈払を迅速に作業ができることから作業性・能率性・効率性・生産性の向上が得られる。

0009

本発明は、無線による多様な作業形態をとることができ、移動を可能とする機能を備えている。しかも、トラブルの発生しないことから草刈払の作業能率は向上することを特徴とする。

0010

本発明は、無線操縦作業を可能とし、刈払能力30a/hourを特徴とする。

発明を実施するための最良の形態

0011

本発明の草刈払制御装置において、傾斜面地を等高線に沿って走行できる構造を備えている。さらには、伝導駆動システムの構造で連結できる。

0012

本発明の実施形態は実施済であり、システム構造を決定する一連機能構造をもつ全体構造を維持する。各機能に連結された実施例であり多くの詳細形態は加えられる構造は、多様の作業形態をとることができる草刈機を提供する。

0013

本発明の無線操縦式草刈払機装置は、機能的にロボット対応を可能とした構造のシステム化を提供するものである。よって多様な作業形態をとることが出来、作業性・能率性・効率性・生産の向上が得られる。

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社クボタの「 作業機」が 公開されました。( 2021/01/07)

    【課題】斜面を走行しながら作業を行う作業機において、転倒に対応した構成を得る。【解決手段】作業ハウジング1、右及び左の第1車輪21、右及び左の第2車輪22を備える。第1フレーム部、第2フレーム部12、... 詳細

  • ハスクバーナ・アーベーの「 電動式草木カッター」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題・解決手段】本開示は、シャフトチューブ7と、シャフトチューブの下端にトリマーまたはクリアリングソーブレードなどの切断器具3と、シャフトチューブの上端に上部ハウジング5と、ハンドル装置15とを備え... 詳細

  • 林谷馨の「 母板に雑草粘着液排除孔のある刈り払い刃。」が 公開されました。( 2020/12/17)

    【課題】刈り払い刃の真円状の母板と切断刃の間に雑草等が侵入して、双方間に粘り付く切断液により切断刃の切断機能を失わせる場合があった。【解決手段】切断刃との間の母板を一部切除した排除孔として双方に粘り付... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ