図面 (/)

技術 パチンコ遊技機の島設備

出願人 京楽産業.株式会社
発明者 金澤秀彦
出願日 2010年12月8日 (10年5ヶ月経過) 出願番号 2010-273355
公開日 2012年6月28日 (8年10ヶ月経過) 公開番号 2012-120670
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等)
主要キーワード 水平搬送機 落下過程 次開口 容量超過 樹脂製パイプ 補助タンク アウトレール 上部タンク
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年6月28日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (10)

課題

上部タンク貯留された遊技球をスムーズに流通させて各パチンコ遊技機に良好に補給させ得るとともに、高さ寸法を十分に小さくすることができるパチンコ遊技機の島設備を提供する。

解決手段

揚送機13により揚送されて各パチンコ遊技機2に対して補給すべき遊技球を貯留可能な上部タンク3と、上部タンク3と所定寸法離間して配設され、各パチンコ遊技機2に対して補給すべき遊技球を貯留可能な補助タンク4と、上部タンク3と補助タンク4とに跨って延設され、当該上部タンク3内の遊技球を補助タンク4まで流通可能な流通路5と、流通路5で流通させる遊技球に対し補助タンク4に向かって力を付与する駆動手段8と、上部タンク3から所定角度傾斜しつつ延設され、当該上部タンク3にて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機に補給し得る補給樋19とを具備したものである。

概要

背景

パチンコ遊技機島設備は、パチンコ店ホールに設置され、複数のパチンコ遊技機が横並びに配設されるとともに、それらパチンコ遊技機に対して電力の供給や遊技球の供給及び回収等を行い得るよう構成されている。かかるパチンコ遊技機の島設備においては、通常、パチンコ遊技球から排出された遊技球を回収するアウトレールと、該アウトレールで回収された遊技球を貯留する島中タンクと、島設備を構成するフレーム上に配設されて遊技球を貯留可能な上部タンクと、島中タンクで貯留した遊技球を上部タンクまで揚送する揚送機とが配設されている。

更に、通常の島設備においては、上部タンク内に貯留した遊技球を島端に向かって流出させるとともに各パチンコ遊技機に遊技球を補給可能な補給樋が延設されている。かかる補給樋は、一端が上部タンクに接続されて島端に向かって所定の傾斜角度で傾斜しつつ延設されるとともに、その途中から各パチンコ遊技機に遊技球を補給し得るよう構成されている。

ところで、近時においては、島設備の設置場所の自由度を向上させるべく、当該島設備の高さ寸法を小さくすることが試みられている。そのため、従来より、例えば特許文献1にて開示されているように、上部タンクから所定角度傾斜しつつ延設した補給樋を設けるとともに、その補給樋の先端にて更に遊技球を左右に分配させる遊技球分配装置具備させたものが提案されるに至っている。かかる従来のパチンコ遊技機の島設備によれば、遊技球分配装置を介して遊技球を流通させ得るので、島設備の高さ寸法をある程度小さくすることができる。

概要

上部タンクで貯留された遊技球をスムーズに流通させて各パチンコ遊技機に良好に補給させ得るとともに、高さ寸法を十分に小さくすることができるパチンコ遊技機の島設備を提供する。揚送機13により揚送されて各パチンコ遊技機2に対して補給すべき遊技球を貯留可能な上部タンク3と、上部タンク3と所定寸法離間して配設され、各パチンコ遊技機2に対して補給すべき遊技球を貯留可能な補助タンク4と、上部タンク3と補助タンク4とに跨って延設され、当該上部タンク3内の遊技球を補助タンク4まで流通可能な流通路5と、流通路5で流通させる遊技球に対し補助タンク4に向かって力を付与する駆動手段8と、上部タンク3から所定角度傾斜しつつ延設され、当該上部タンク3にて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機に補給し得る補給樋19とを具備したものである。

目的

本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、上部タンクで貯留された遊技球をスムーズに流通させて各パチンコ遊技機に良好に補給させ得るとともに、高さ寸法を十分に小さくすることができるパチンコ遊技機の島設備を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

パチンコ遊技機が複数並列に設置されたパチンコ遊技機の島設備であって、島設備を構成するフレーム上に配設されるとともに、揚送手段により揚送されて各パチンコ遊技機に対して補給すべき遊技球貯留可能な上部タンクと、該上部タンクと所定寸法離間して配設され、各パチンコ遊技機に対して補給すべき遊技球を貯留可能な補助タンクと、前記上部タンクと補助タンクとに跨って延設され、当該上部タンク内の遊技球を補助タンクまで流通可能な流通路と、該流通路で流通させる遊技球に対し、前記補助タンクに向かって力を付与する駆動手段と、前記上部タンクから所定角度傾斜しつつ延設され、当該上部タンクにて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機に補給し得る補給樋と、を具備したことを特徴とするパチンコ遊技機の島設備。

請求項2

前記流通路は、前記上部タンクと補助タンクとに跨って略水平に延設されたことを特徴とする請求項1記載のパチンコ遊技機の島設備。

請求項3

前記上部タンクの下方に上段側受け部及び下段側受け部をそれぞれ配設し、これら上段側受け部及び下段受け部によって、当該上部タンクで貯留されて落下する遊技球の一部を前記駆動手段を介して前記流通路に振り分けるとともに、残りの遊技球を前記補給樋に振り分けるよう構成されたことを特徴とする請求項1又は請求項2記載のパチンコ遊技機の島設備。

技術分野

0001

本発明は、パチンコ遊技機が複数並列に設置されたパチンコ遊技機の島設備に関するものである。

背景技術

0002

パチンコ遊技機の島設備は、パチンコ店ホールに設置され、複数のパチンコ遊技機が横並びに配設されるとともに、それらパチンコ遊技機に対して電力の供給や遊技球の供給及び回収等を行い得るよう構成されている。かかるパチンコ遊技機の島設備においては、通常、パチンコ遊技球から排出された遊技球を回収するアウトレールと、該アウトレールで回収された遊技球を貯留する島中タンクと、島設備を構成するフレーム上に配設されて遊技球を貯留可能な上部タンクと、島中タンクで貯留した遊技球を上部タンクまで揚送する揚送機とが配設されている。

0003

更に、通常の島設備においては、上部タンク内に貯留した遊技球を島端に向かって流出させるとともに各パチンコ遊技機に遊技球を補給可能な補給樋が延設されている。かかる補給樋は、一端が上部タンクに接続されて島端に向かって所定の傾斜角度で傾斜しつつ延設されるとともに、その途中から各パチンコ遊技機に遊技球を補給し得るよう構成されている。

0004

ところで、近時においては、島設備の設置場所の自由度を向上させるべく、当該島設備の高さ寸法を小さくすることが試みられている。そのため、従来より、例えば特許文献1にて開示されているように、上部タンクから所定角度傾斜しつつ延設した補給樋を設けるとともに、その補給樋の先端にて更に遊技球を左右に分配させる遊技球分配装置具備させたものが提案されるに至っている。かかる従来のパチンコ遊技機の島設備によれば、遊技球分配装置を介して遊技球を流通させ得るので、島設備の高さ寸法をある程度小さくすることができる。

先行技術

0005

特開2005−312703号公報

発明が解決しようとする課題

0006

しかしながら、上記従来のパチンコ遊技機の島設備においては、上部タンクから遊技球分配装置までの遊技球の流通路、及び遊技球分配装置から延びる補給樋の何れも遊技球の自重にて流通させるものであることから、所定角度傾斜させる必要があり、島設備の高さ寸法を十分に小さくすることができないものであった。すなわち、自重にて遊技球をスムーズに流通させるには、流通路及び補給樋をある程度大きな角度にて傾斜させる必要がある一方、傾斜角度を大きく設定すると、島設備の高さがその分だけ大きくなってしまうのである。

0007

本発明は、このような事情に鑑みてなされたもので、上部タンクで貯留された遊技球をスムーズに流通させて各パチンコ遊技機に良好に補給させ得るとともに、高さ寸法を十分に小さくすることができるパチンコ遊技機の島設備を提供することにある。

課題を解決するための手段

0008

請求項1記載の発明は、パチンコ遊技機が複数並列に設置されたパチンコ遊技機の島設備であって、島設備を構成するフレーム上に配設されるとともに、揚送手段により揚送されて各パチンコ遊技機に対して補給すべき遊技球を貯留可能な上部タンクと、該上部タンクと所定寸法離間して配設され、各パチンコ遊技機に対して補給すべき遊技球を貯留可能な補助タンクと、前記上部タンクと補助タンクとに跨って延設され、当該上部タンク内の遊技球を補助タンクまで流通可能な流通路と、該流通路で流通させる遊技球に対し、前記補助タンクに向かって力を付与する駆動手段と、前記上部タンクから所定角度傾斜しつつ延設され、当該上部タンクにて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機に補給し得る補給樋とを具備したことを特徴とする。

0009

請求項2記載の発明は、請求項1記載のパチンコ遊技機の島設備において、前記流通路は、前記上部タンクと補助タンクとに跨って略水平に延設されたことを特徴とする。

0010

請求項3記載の発明は、請求項1又は請求項2記載のパチンコ遊技機の島設備において、前記上部タンクの下方に上段側受け部及び下段側受け部をそれぞれ配設し、これら上段側受け部及び下段受け部によって、当該上部タンクで貯留されて落下する遊技球の一部を前記駆動手段を介して前記流通路に振り分けるとともに、残りの遊技球を前記補給樋に振り分けるよう構成されたことを特徴とする。

発明の効果

0011

請求項1の発明によれば、上部タンクと補助タンクとに跨って延設され、当該上部タンク内の遊技球を補助タンクまで流通可能な流通路と、該流通路で流通させる遊技球に対し、補助タンクに向かって力を付与する駆動手段と、上部タンクから所定角度傾斜しつつ延設され、当該上部タンクにて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機に補給し得る補給樋とを具備したので、上部タンクで貯留された遊技球をスムーズに流通させて各パチンコ遊技機に良好に補給させ得るとともに、島設備の高さ寸法を十分に小さくすることができる。特に、上部タンクから補助タンク及び補給樋の両方に遊技球を流通させるので、パチンコ遊技機に対する遊技球の補給をより確実且つスムーズに行わせることができる。

0012

請求項2の発明によれば、流通路は、上部タンクと補助タンクとに跨って略水平に延設されたので、島設備の高さ寸法をより一層小さくすることができる。

0013

請求項3の発明によれば、上部タンクの下方に上段側受け部及び下段側受け部をそれぞれ配設し、これら上段側受け部及び下段受け部によって、当該上部タンクで貯留されて落下する遊技球の一部を駆動手段を介して流通路に振り分けるとともに、残りの遊技球を補給樋に振り分けるよう構成されたので、より確実且つ十分に上部タンクで貯留された遊技球を流通路と補給樋とに振り分けることができる。

図面の簡単な説明

0014

本発明の実施形態に係るパチンコ遊技機の島設備を示す全体模式図
同島設備における上部タンクを示す模式図
同島設備における補助タンクを示す模式図
同島設備における上部タンクの内部構成を正面側から見た模式図
同島設備における上部タンクの内部構成を側面側から見た模式図
同島設備における流通路、上部タンク及び補助タンクの接続状態を示す模式図
図6におけるVII−VII線断面図
同島設備における流通路及び遊技球を示す模式図
同島設備に適用された他の形態の駆動手段を示す模式図

実施例

0015

以下、本発明の実施形態について図面を参照しながら具体的に説明する。
本実施形態に係るパチンコ遊技機の島設備は、図1に示すように、遊技店のホールに設置されるとともにパチンコ遊技機2が複数並列して設置された島状のものから成る。かかる島設備1は、それぞれのパチンコ遊技機2に電力を供給し得るとともに、各パチンコ遊技機2に遊技球を供給し或いは回収する流路レール等)を具備したものである。

0016

本実施形態で適用されるパチンコ遊技機2は、ガラス板が取り付けられた前面枠を有しており、該ガラス板から遊技者遊技盤目視し得るように構成されており、この遊技盤の遊技領域には、図柄表示手段、始動口や大入賞口等の種々役物が配設されている。そして、ハンドル回転操作することにより、遊技球が遊技盤に発射され、所定の入賞口に入賞或いは最下アウト穴に至るよう構成されている。

0017

島設備1は、パチンコ遊技機2に電力を供給し得る電力供給手段(不図示)を具備するとともに、島中タンク14と、アウトレールRと、研磨機15と、揚送機13(揚送手段)とが内部に設置されている。揚送機13の下部には、研磨機15で研磨或いは払拭された遊技球を上方に向かって力を付与して揚送させる駆動源16が配設されている。アウトレールRは、パチンコ遊技機2から排出された遊技球を回収するための流路から成り、各パチンコ遊技機2から排出された遊技球が当該アウトレールRを介して島中タンク14に至るようになっている。島中タンク14は、アウトレールRで回収された遊技球を貯留するためのもので、島設備1の下部に固設されている。研磨機15は、回収された遊技球を研磨するためのもので、当該研磨機15にて研磨された遊技球は、揚送機13を介して上部タンク3に至るようになっている。

0018

ここで、本実施形態に係る島設備1は、図1〜8に示すように、上部タンク3と、補助タンク4と、流通路5と、駆動手段8(図2、4参照)と、補給樋(19、20)と、オーバーフロー樋21とを有している。上部タンク3は、島設備1を構成するフレーム上に配設されるとともに、揚送機13(揚送手段)により揚送されて各パチンコ遊技機2に対して補給すべき遊技球を貯留可能なものである。なお、本実施形態に係る上部タンク3は、島設備1の長手方向に対して略中央に固設されているが、他の位置に固設してもよい。

0019

より具体的には、上部タンク3は、図4、5に示すように、揚送機13で揚送された遊技球を受け入れるための開口3aが形成されるとともに、内部に所定量の遊技球を収容する収容空間Sが形成された容器から成るものである。かかる上部タンク3の底部には、収容空間Sに収容した遊技球を自重で落下させるための開口3bが形成されており、当該開口3bの下方には、上段側受け部9及び下段側受け部10がそれぞれ配設されている。

0020

上段側受け部9の図4中左右の位置には、それぞれ駆動手段8が配設されるとともに、下段側受け部10の同図中左右の位置には、それぞれ補給樋19の一端が接続されている。而して、上部タンク3に貯留された遊技球は、順次開口3bから落下し、その落下過程において、一部の遊技球が上段側受け部9にて図4中左右方向に振り分けられ、駆動手段8を介して流通路5に至るとともに、残りの遊技球が下段側受け部10にて同図中左右方向に振り分けられ、補給樋19に至るようになっている。

0021

なお、本実施形態においては、上段側受け部9によって遊技球が駆動手段8を介して流通路5に振り分けられるとともに、下段側受け部10によって遊技球が補給樋19に振り分けられているが、上段側受け部9によって遊技球が補給樋19に振り分けられるとともに、下段側受け部10によって遊技球が駆動手段8を介して流通路5に振り分けられるよう構成してもよい。

0022

駆動手段8は、流通路5で流通させる遊技球に対し、補助タンク4に向かって力を付与するもので、図4に示すように、複数の遊技球に対して補助タンク4に向かって同時に摩擦力を付与し得るロール状の摩擦力付与手段6と、該摩擦力付与手段6に対して回転駆動させるモータ7とから主に構成されている。なお、図中符号aは、一端が上段側受け部9及び他端が屈曲通路bと接続された遊技球の通路を示している。

0023

摩擦力付与手段6は、少なくとも外周面が遊技球と当接して摩擦力を付与し得る例えば摩擦抵抗の高い樹脂ゴム材等から成るもので、当該外周面と通路aとの間で遊技球を挟持しつつモータ7の駆動力にて回転することにより、流通路5側に送り出し可能とされている。而して、上段側受け部9で振り分けられた遊技球は、通路aを通過する過程で摩擦力付与手段6による回転力(摩擦力付与手段6の外周面に対して摩擦力が付与され、更に当該摩擦力付与手段6が回転することにより付与される回転力)が付与され、屈曲通路bに至るようになっている。

0024

なお、上部タンク3には、図2に示すように、水平搬送機17が配設されており、当該水平搬送機17からは、隣の島設備における上部タンク(図示せず)まで搬送路18が延設されている。即ち、本島設備1に貯留された遊技球と隣接する島設備に貯留された遊技球とを図示しないセンサ等で比較し、これらを均等化させるべく水平搬送機17にて遊技球を搬出又は搬入し得るよう構成されているのである。

0025

屈曲通路bの先端には、流通路5を構成する管状部材11が接続されており、駆動手段8にて力が付与された遊技球が当該管状部材11の内部を通過して流通し得るよう構成されている。流通路5は、上部タンク3と補助タンク4とに跨って延設され、当該上部タンク3内の遊技球を補助タンク4まで流通可能なもので、図7、8に示すように、複数(本実施形態においては4本)並んで延設された管状部材11と、これら管状部材11を保持する保持部材12とから主に構成されている。

0026

管状部材11は、図8に示すように、遊技球Wの径D2より若干大きな内径D1の樹脂製パイプから成るものである。この環状部材11の内周壁面に対し、遊技球の転がり抵抗を低減する加工(例えば転がり抵抗を低減する塗料の塗布や鏡面加工等)を施すよう構成するのが好ましい。なお、本実施形態に係る保持部材12は、ステンレス等の金属製部材から成るものであり、上方が開口したものとされているが、当該上方を塞ぐ蓋部材を具備してもよい。

0027

ここで、本実施形態に係る流通路5は、上部タンク3と補助タンク4とに跨って略水平(一端から他端に亘って略同一高さ)に延設されるとともに、上部タンク3の上端より低く、且つ、島設備1を構成するフレームの上端より高い位置で延設されている。而して、駆動手段8にて力が付与された遊技球は、流通路5を構成する管状部材11内を水平方向に流通し、補助タンク4に至ることとなる。

0028

一方、下段側受け部10には、その左右それぞれに補給樋19が接続されている。この補給樋19は、上部タンク3から所定角度傾斜しつつ左右それぞれに延設され、当該上部タンク3にて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機2に補給し得るもので、途中の所定位置補給装置Gが配設されている。すなわち、下段側受け部10にて左右に振り分けられた遊技球は、それぞれ補給樋19を流通し、その流通過程で補給装置Gを介して各パチンコ遊技機2に向かって流れて補給されるよう構成されているのである。

0029

補助タンク4は、上部タンク3と所定寸法離間しつつ島設備1を構成するフレーム上に配設され、各パチンコ遊技機2に対して補給すべき遊技球を貯留可能なものである。より具体的には、補助タンク4は、上部タンク3より容量が小さく設定された容器から成るもので、図3に示すように、上部にて流通路5が接続されるとともに、下部から同図中左右方向に補給樋20が延設されている。なお、本実施形態においては、補助タンク4が島設備1の両端部にそれぞれ固設されているが、他の位置及び1つのみ或いは3つ以上固設するようにしてもよい。

0030

この補給樋20は、補給樋19と同様、補助タンク4から所定角度傾斜しつつ左右それぞれに延設され、当該補助タンク4にて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機2に補給し得るもので、途中の所定位置に補給装置Gが配設されている。すなわち、流通路5を介して補助タンク4にて貯留された遊技球は、左右の補給樋20をそれぞれ流通し、その流通過程で補給装置Gを介して各パチンコ遊技機2に向かって流れて補給されるよう構成されているのである。

0031

また、補助タンク4の下部には、受け入れ部23が配設されており、当該受け入れ部23からオーバーフロー樋21が接続されている。而して、補助タンク4にて貯留された遊技球のうち、補給樋20をオーバーフローした(容量超過により溢れた)遊技球は、オーバーフロー樋21にて流れ、そのまま島設備1の下部に配設された島中タンク14に案内されるようになっている。

0032

上記実施形態によれば、上部タンク3と補助タンク4とに跨って延設され、当該上部タンク3内の遊技球を補助タンク4まで流通可能な流通路5と、該流通路5で流通させる遊技球に対し、補助タンク4に向かって力を付与する駆動手段8と、上部タンクから所定角度傾斜しつつ延設され、当該上部タンクにて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機に補給し得る補給樋とを具備したので、上部タンク3で貯留された遊技球をスムーズに流通させて各パチンコ遊技機2に良好に補給させ得るとともに、島設備1の高さ寸法を十分に小さくすることができる。特に、上部タンク3から補助タンク4及び補給樋19の両方に遊技球を流通させるので、パチンコ遊技機2に対する遊技球の補給をより確実且つスムーズに行わせることができる。

0033

すなわち、駆動手段8にて補助タンク4に向かって力を付与することにより、流通路をそれほど大きく傾斜させなくてもスムーズに流通させることができ、島設備1の高さ寸法を小さくすることができるのである。特に、本実施形態においては、流通路5(管状部材11)は、上部タンク3と補助タンク4とに跨って略水平に延設されたので、島設備1の高さ寸法をより一層小さくすることができる。

0034

また、上部タンクの下方に上段側受け部及び下段側受け部をそれぞれ配設し、これら上段側受け部及び下段受け部によって、当該上部タンクで貯留されて落下する遊技球の一部を駆動手段を介して前記流通路に振り分けるとともに、残りの遊技球を補給樋に振り分けるよう構成されたので、より確実且つ十分に上部タンクで貯留された遊技球を流通路と補給樋とに振り分けることができる。

0035

また更に、上部タンク3又は補助タンク4から所定角度傾斜しつつ延設され、当該上部タンク3又は補助タンク4にて貯留された遊技球を自重にて流通させつつ各パチンコ遊技機2に補給し得る補給樋(19、20)を具備したので、より確実且つスムーズに各パチンコ遊技機2に遊技球を補給させることができる。さらに、駆動手段8は、複数の遊技球に対して補助タンクに向かって同時に摩擦力を付与し得る摩擦力付与手段6を具備したので、多数の遊技球を上部タンク3から補助タンク4に向かってスムーズに流通させることができる。

0036

また更に、本実施形態に係る流通路5は、遊技球の径D2より若干大きな内径D1の管状部材11を有するので、流通路5における遊技球の流通過程で、駆動手段8により付与された力の損失を抑制し、当該流通路における遊技球の効率的な流通を図ることができるとともに、所望方向に遊技球を案内させることができる。なお、管状部材11を任意に屈曲形成することにより、所望方向に遊技球を容易に案内させることができる。

0037

以上、本実施形態について説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、駆動手段8における摩擦力付与手段6に代えて、例えば図9に示すようなスプロケット型駆動手段22としてもよい。かかるスプロケット型駆動手段22は、遊技球Wを嵌合し得る凹部22aaが外周に亘って複数形成された円板状のスプロケット22aと、当該スプロケット22aを複数並べつつ連結させた軸Lとを有して成り、当該軸Lを中心としてモータにて回転駆動させるものである。而して、当該モータにて回転駆動して遊技球にその回転力を付与することにより、流通路5で流通させる遊技球に対して補助タンク4に向かって力を付与するよう構成される。かかるスプロケット型のものとすれば、より大きな力で遊技球を補助タンク4側に送り込むことができる。また、本実施形態においては、流通路5(管状部材11)が略水平に配設されているが、下り方向に傾斜したもの、及び上り方向に傾斜したものとしてもよい。但し、設置島1の高さ寸法を小さくするため、流通路5の傾斜角度は、小さく設定する必要がある。また、本実施形態においては、流通路5(管状部材11)が略水平に配設されているが、下り方向に傾斜したもの、及び上り方向に傾斜したものとしてもよい。但し、設置島1の高さ寸法を小さくするため、流通路5の傾斜角度は、小さく設定する必要がある。

0038

島設備を構成するフレーム上に配設されるとともに、揚送手段により揚送されて各パチンコ遊技機に対して補給すべき遊技球を貯留可能な上部タンクと、該上部タンクと所定寸法離間して配設され、各パチンコ遊技機に対して補給すべき遊技球を貯留可能な補助タンクと、上部タンクと補助タンクとに跨って延設され、当該上部タンク内の遊技球を補助タンクまで流通可能な流通路と、該流通路で流通させる遊技球に対し、補助タンクに向かって力を付与する駆動手段と、上部タンクから所定角度傾斜しつつ延設され、当該上部タンクにて貯留された遊技球を流通させつつ各パチンコ遊技機に補給し得る補給樋とを具備したパチンコ遊技機の島設備であれば、外観形状が異なるもの或いは他の機能が付加されたもの等としてもよい。

0039

1島設備
2パチンコ遊技機
3上部タンク
4補助タンク
5流通路
6摩擦力付与手段
7モータ
8 駆動手段
9上段側受け部
10下段側受け部
11管状部材
12保持部材
13 揚送機(揚送手段)
14島中タンク
15研磨機
16駆動源
17水平搬送機
18搬送路
19補給樋
20 補給樋
21オーバーフロー樋
22スプロケット型駆動手段

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】遊技興趣を向上させることが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】パチンコ遊技機PY1の遊技制御用マイコン101は、第1始動口11への入賞に基づいて、第1特別図柄の変動表示を実行可能である。ま... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】遊技興趣を向上させることが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】パチンコ遊技機PY1の遊技制御用マイコン101は、第1始動口11または第2始動口12への入賞に基づいて、第1特別図柄または第2... 詳細

  • 株式会社サンセイアールアンドディの「 遊技機」が 公開されました。( 2021/03/18)

    【課題】遊技興趣を向上させることが可能な遊技機を提供すること。【解決手段】パチンコ遊技機PY1の遊技制御用マイコン101は、第3時短状態における特図1の可変表示については、特図1変動パターンを、時短残... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ