図面 (/)

技術 ボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置

出願人 株式会社テックコーポレーション
発明者 中本義範
出願日 2010年11月17日 (9年7ヶ月経過) 出願番号 2010-257034
公開日 2012年6月7日 (8年0ヶ月経過) 公開番号 2012-106765
状態 拒絶査定
技術分野 飲料分配器
主要キーワード 規制フレーム 案内フレーム 軸受け部分 ガロンボトル 丸パイプ 挿入装置 鉱泉水 事業所
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年6月7日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (14)

課題

この発明の課題は、ボトルウォーター原水とする飲用水供給装置において、ボトルウォーターを底置式とした際に、ボトルウォーターの交換作業を省力化させるための挿入方法挿入装置とを開発・提供する。

解決手段

ボトルウォーターを底置式としたボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置において、該飲用水供給装置のボトルウォーター(W)をセットする箇所(A)に、底板(1)に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設したステージ(S)を形成し、該ステージ(S)の前部に、先ず、ボトルウォーター(W)の端部を載せ、次に、ステージ(S)上をスライドさせて後部まで挿入し、ボトルウォーター(W)との接触面積を少なくさせて移動・挿入するボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置である。

概要

背景

近年、水道水に代えて、鉱泉水等の自然水を飲用する好者が、家庭事業所において増えており、そのため、ガロンボトル等の比較的容量の大きな容器充填されたボトルウォーター飲用水供給装置が家庭や事業所に設置され、飲用されている。

そして、この家庭や事業所に設置されているボトルウォーターの飲用水供給装置は、通常、装置の上部にセットしている。例えば、特許文献1のように。

概要

この発明の課題は、ボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置において、ボトルウォーターを底置式とした際に、ボトルウォーターの交換作業を省力化させるための挿入方法挿入装置とを開発・提供する。ボトルウォーターを底置式としたボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置において、該飲用水供給装置のボトルウォーター(W)をセットする箇所(A)に、底板(1)に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設したステージ(S)を形成し、該ステージ(S)の前部に、先ず、ボトルウォーター(W)の端部を載せ、次に、ステージ(S)上をスライドさせて後部まで挿入し、ボトルウォーター(W)との接触面積を少なくさせて移動・挿入するボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置である。

目的

この発明の課題は、ボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置において、ボトルウォーターを底置式とした際に、ボトルウォーターの交換作業を省力化させるためのボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置とを開発・提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ボトルウォーター底置式としたボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置(X)において、該飲用水供給装置のボトルウォーター(W)をセットする箇所(A)に、底板(1)を設け、該底板(1)に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設したステージ(S)を形成し、該ステージ(S)の前部に、先ず、ボトルウォーター(W)の端部を載せ、次に、ステージ(S)上をスライドさせてボトルウォーター(W)を飲用水供給装置(X)の後部まで挿入するに際して、ステージ(S)とボトルウォーター(W)との接触面積を少なく移動・挿入することを特徴とするボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法

請求項2

ボトルウォーターを底置式としたボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置(X)において、該飲用水供給装置(X)のボトルウォーター(W)をセットする箇所(A)に、底板(1)を設け、該底板(1)上に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設し、これらでステージ(S)を形成し、該ステージ(S)上に、ボトルウォーター(W)を載置することを特徴とするボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置

請求項3

底板(1)に形成した,前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設したステージ(S)において、該ステージ(S)を構成する前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた各金属製の棒材(2)のそれぞれ前部に、傾斜する傾斜部(Y)を形成したことを特徴とする請求項2記載のボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置。

請求項4

底板(1)に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設し、ボトルウォーター(W)の幅よりも広いステージ(S)の幅(α)を有するを形成し、該ステージ(S)の両端に、該ステージ(S)の高さ(β)よりも高い案内フレーム(3)をそれぞれ設けたことを特徴とする請求項2記載のボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置。

請求項5

底板(1)上に、ステージ(S)を構成するの部材として、前後方向に、所定の間隔で、山形状、波形状に折り曲げた上板(4)を、底板(1)と固定して設けたことを特徴とする請求項2記載のボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置。

請求項6

底板(1)上に、ステージ(S)を構成する部材として、前後方向に、所定の間隔で、複数本の金属製の丸パイプ(5)を、それぞれ設けたことを特徴とする請求項2記載のボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置。

技術分野

0001

この発明は、ボトルウォーター原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置に関するものである。

背景技術

0002

近年、水道水に代えて、鉱泉水等の自然水を飲用する好者が、家庭事業所において増えており、そのため、ガロンボトル等の比較的容量の大きな容器充填されたボトルウォーターの飲用水供給装置が家庭や事業所に設置され、飲用されている。

0003

そして、この家庭や事業所に設置されているボトルウォーターの飲用水供給装置は、通常、装置の上部にセットしている。例えば、特許文献1のように。

0004

特開2010−143630号公報

0005

しかし、ボトルウォーターの飲用水供給装置にセットするボトルウォーターは、重量があるため、該装置の上部にセットするよりも下部にセットする即ち,底置式にした方が、交換作業が省力的に行えるものである。

0006

しかし、底置式にするに際しても、配達されて来るボトルウォーターを飲用水供給装置の下部にセットする必要があり、外部より装置内の下部にセットするため、該装置の底部に車輪を有するトレーや、ガイドレールに載せたトレーを引き出し部として設け、これらのトレー上に、ボトルウォーターを搭載して、該トレーを飲用水供給装置にセットする方法がとられている。

先行技術

0007

しかし、これらのボトルウォーターは、再三、からの容器を取り出し、新しい充填された容器とを取り替え、セットするため、この引き出し部のトレーの構造では、可動部である車輪やその軸受け部分に、ボトルウォーターの荷重が掛かり、故障の原因となっている。

発明が解決しようとする課題

0008

そこで、この発明の課題は、ボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置において、ボトルウォーターを底置式とした際に、ボトルウォーターの交換作業を省力化させるためのボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置とを開発・提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

上記の課題を解決するため、ボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置の引き出し部を、可動式のトレーは用いず、ボトルとの接触面の極めて少ない構造にして、極力摩擦を少なくすることにより、ボトルウォーターを省力的に挿入できるボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置である。

発明の効果

0010

この発明によると、ボトルウォーターを底置式としたボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置(X)において、該飲用水供給装置のボトルウォーター(W)をセットする箇所(A)に、底板(1)を設け、該底板(1)上に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設したステージ(S)を形成しており、ボトルウォーター(W)をセットする際、該ステージ(S)との接触面積極端に少なくすることにより、摩擦抵抗が減少し、極めて省力的に作業できる等の効果を奏する。

0011

また、ボトルウォーターを底置式としたボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置(X)において、該飲用水供給装置のボトルウォーター(X)をセットする箇所(A)に、底板(1)を設け、該底板(1)上に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設して、ステージ(S)を形成し、該ステージ(S)上に、ボトルウォーター(W)の載置することにより、飲用水供給装置(X)の底面とボトルウォーター(W)との隙間を保つことにより、ボトルウォーター(W)に底面から伝わる熱等を遮断できる等の効果を奏する。

0012

さらに、底板(1)に形成した,前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設したステージ(S)において、該ステージ(S)を構成する各折り曲げた金属製の棒材(2a)をそれぞれ、前部に傾斜部(Y)を形成したことにより、充填された重いボトルウォーター(W)を少し傾けるだけでステージ(S)に搭載することができ、極めて楽にステージ上に搭載できる等の効果を奏する。

0013

また、底板(1)に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設し、ボトルウォーター(W)の幅(α)よりも広い幅を有するステージ(S)を形成し、該ステージ(S)の両端に、該ステージ(S)の高さ(β)よりも高い規制フレーム(3)をそれぞれ設けることにより、ボトルウォーター(W)を飲用水供給装置(X)内に挿入する際、ブレずにまっすぐ挿入することができる。

0014

さらに、底板(1)上に構成するステージ(S)の部材を、所定の間隔毎に、山形状、波形状に折り曲げた上板(4)を、底板(1)と固定して設けたことにより、底板(1)と上板(4)の二枚の板でステージが構成されるため、極めて堅牢な底部が形成できる。

0015

また、底板(1)上に構成するステージ(S)の部材を、所定の間隔毎に、複数本の丸パイプ(5)を設けることにより、底板(1)と複数本の丸パイプ(5)でステージ(S)が構成でき、堅牢なステージを得ることができる等極めて有益なる効果を奏するものである。

図面の簡単な説明

0016

この発明の一実施例を示し、飲用水供給装置のボトルウォーターのセット位置を示す正面図である。
この発明の一実施例を示し、飲用水供給装置のボトルウォーターのセット位置を示す側面図である。
この発明の一実施例を示し、ボトルウォーターの飲用水供給装置への移動過程を示す説明図である。
この発明の一実施例を示すステージの側面図である。
この発明の他の実施例を示すステージの側面図である。
この発明の一実施例を示すステージの正面図である。
この発明の他の実施例を示すステージの斜視図である。
この発明の他の実施例を示すステージの正面図である。
この発明の他の実施例を示すステージの正面図である。
この発明のさらに他の実施例を示すステージの正面図である。
この発明の他の実施例を示すステージの正面図である。
この発明の他の実施例を示すステージの正面図である。
この発明の他の実施例を示すステージの斜視図である。

0017

以下、本発明について詳細に説明する。なお、本発明においては、以下の記述に限定されるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲においては適宜変更可能である。

0018

この発明の一実施例を図面に従って説明すると、ボトルウォーターを底置式としたボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置(X)において、該飲用水供給装置(X)のボトルウォーター(W)をセットする箇所(A)に、底板(1)を設け、該底板(1)に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設したステージ(S)を形成し、該ステージ(S)の前部に、先ず、ボトルウォーター(W)の端部を載せ、次に、ステージ(S)上をスライドさせてボトルウォーター(W)を飲用水供給装置(X)の後部まで挿入するに際して、ステージ(S)とボトルウォーター(X)との接触面積を少なく移動・挿入することを特徴とするボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置である。

0019

次に、この発明の他の実施例を説明すると、ボトルウォーターを底置式としたボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置(X)において、該飲用水供給装置(X)のボトルウォーター(W)をセットする箇所(A)に、底板(1)を設け、該底板(1)上に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設し、これらでステージ(S)を形成し、該ステージ(S)上に、ボトルウォーター(W)を載置することを特徴とするボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法より構成される。

0020

また、この発明の他の実施例として、底板(1)に形成した,前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設したステージ(S)において、該ステージ(S)を構成する前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた各金属製の棒材(2)のそれぞれ前部に、傾斜する傾斜部(Y)を形成したことを特徴とするボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置から構成される。

0021

さらに、他の実施例として、底板(1)に、前後両端部を下方向にそれぞれ折り曲げた金属製の棒材(2)、複数本を前後方向に列設し、ボトルウォーター(W)の幅よりも広い幅(α)を有するステージ(S)を形成し、該ステージ(S)の両端に、該ステージ(S)の高さ(β)よりも高い案内フレーム(3)をそれぞれ設けたことを特徴とする請求項2記載のボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置から構成される。

0022

さらに、他の実施例として、底板(1)上に、ステージ(S)を構成するの部材として、前後方向に、所定の間隔で、山形状(図8参照)、波形状(図9及び図11)に折り曲げた上板(4)を、底板(1)と固定して設けたことを特徴とするボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置から構成される。

実施例

0023

そして、最後の実施例として、底板(1)上に、ステージ(S)を構成する部材として、前後方向に、図10に示すように、所定の間隔で、複数本の金属製の丸パイプ(5)を、それぞれ設けたことを特徴とするボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入装置から構成されるものである。

0024

この発明のよると、ボトルウォーターを原水とする飲用水供給装置におけるボトルウォーターの飲用水供給装置への挿入方法および挿入装置の技術を確立し、それに基づいて製造・販売することにより、産業上の利用可能性があるものである。

0025

1底板
2 金属製の棒材
3案内フレーム
4上板
5 金属製の丸パイプ
Aボトルウォーターをセットする箇所
Sステージ
W ボトルウォーター
X飲用水供給装置
Y 傾斜部
α ステージの幅
β ステージの高さ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 凸版印刷株式会社の「 パウチ」が 公開されました。( 2020/04/30)

    【課題】ウォーターサーバーに吊り下げて装着可能な液体用パウチにおいて、吊り下げ穴への重量負荷に耐えられる、パウチを提供することを課題とする。【解決手段】パウチは、プラスチックフィルムまたはプラスチック... 詳細

  • パナソニックIPマネジメント株式会社の「 飲料供給装置」が 公開されました。( 2020/04/23)

    【課題】飲料の味の選択肢を効果的に増やせるとともに、たとえ複数の味のシロップが混合されたとしても飲料の味を適切に調整することができる飲料供給装置を提供すること。【解決手段】飲料供給装置は、シロップタン... 詳細

  • 矢崎エナジーシステム株式会社の「 飲料供給装置」が 公開されました。( 2020/04/23)

    【課題】故障履歴の消去を容易に行うことができる飲料供給装置を提供する。【解決手段】飲料供給装置1は、動作履歴を記録する記憶部82と、飲料の供給を制御する制御部81と、利用者の操作を受け付ける操作部と、... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ