図面 (/)

技術 燃料電池発電機と総合発電量の競争を含めた国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為の知的所有財産の五種類の半永久発電装置を内蔵積載した軽水素入りの水循環発電型の燃料電池発電機著作権原本(別名高出力水発電機)

出願人 墫野和夫
発明者 墫野和夫
出願日 2012年2月23日 (8年10ヶ月経過) 出願番号 2012-037130
公開日 2012年5月24日 (8年7ヶ月経過) 公開番号 2012-099506
状態 未査定
技術分野 燃料電池(本体)
主要キーワード 固形窒素 先考案 世界最速 熱エネルギー放出 振子軸 設定数字 知的所有財産 技術部品
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年5月24日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

従来の燃料電池は、水素給油式のトヨ自動車及び本田技研工業自動車作品及び天然ガスから取り出す技術の東京ガスの作品と海外水素吸入式だけが有るとマスコミと新聞報道されていて、水素吸入式は、全世界の庶民負担が多き過ぎる燃料電池発電機

解決手段

概要

背景

従来の燃料電池は、水素タンク水素を入れなければ作動しない装置で有り、水素タンクの水素が無くなれば停止してしまう装置だった。

従来の燃料電池は、水素給油式で有り、墫野和夫の最初の半永久無害無給油連続作動水発電機が有ったが、国の官全体も、日本企業全体は、注目も無く話すらなかった世界初の燃料電池技術の改良型装置。(例えば、特許文献1参照。)

この他、京都議定書の取り決めで、二酸化炭素の排出を抑える技術として化石燃料原子力発電技術は、二酸化炭素の排出しない技術としてテレビを使った放送が、行われているが多量の原子力廃棄物無毒化にする技術は、世界には残念だが実在していない現状で有り、放射能を再利用する公開技術は、余り無い現状で有り、大阪府の水素プルトニウム発電では、余り放射能を出さない発電技術だが、完成した報告は、マスコミから届いて無いばかりか海水ウラン発電技術も、日本の技術で有り放射能も少し出す技術が有るが、いずれにしてもいつかは、水素プルトニウム枯渇する発電技術で有った。

この他、墫野和夫の特願2006−140535号広報の過去の沸騰水発電技術及び原子力沸騰水タービン技術と異なる最初の2連振子型機械式発電機を、使用した沸騰水循環クランクシャフト半永久連続作動の歯車ダイナモ発電技術が、先特許技術として更に、国の全額900兆円越えの借金全額返済都道府県市町村区の全額借金返済の為に、今まで例の無い無害無給油半永久の連続発電技術は、原子力発電技術の沸騰水タービンの二連振子機械式発電機など等の電気エネルギー使用でも、原子力タービンの沸騰水制御可能な墫野和夫の沸騰水制御技術を使用した場合無害無給油の大型沸騰水のタービン発電も可能な現代でも、国は不思議と原子力廃棄物の出る原子力を推進するのだが、本来原子力発電を本来最初国の3年分程の予算を、現在の企業大学教授支払って始めたのが原子力発電で有り、此の時原子力事故責任は、企業側で無く国と国民が全責任を負うとの原子力発電を推進するにあたっての事実だったはずです。

不思議と原子力発電を止めないで、国が、安全管理指導を行う事になっているが原子力廃棄物は、永遠の課題を残したまま企業利益だけを進めている不思議な国の原子力廃棄物を増やすだけの技術しかしない現状で有る。(例えば、特許文献2参照。)

以下、図1によって従来の燃料電池発電機について説明を始める。
従って、本田技研などか使用している燃料電池発電機の、水素と酸素の瞬間吸収発電物質の(9)の液体マグネシウムを使用する点が同じで有るが、発電物質は、気化水素と酸素のタンク使用が無い技術として、連続発電出来る水と水に予め入れておく軽水素トリチウムの水使用で有り、燃料電池発電機内の気圧は、予め少ない電気で連続の水気化が出来る気圧調整にしている点も、燃料電池とは異なり、同じ技術は、(8)の銅板電極から(9)の液体マグネシウムの瞬間発電した電気が(8)の銅板電極を通じて発電した電気を電気配線を通じて燃料電池発電した電気を、取り入れる事が出来る装置説明だけが今までの燃料電池発電技術で有るが、他の技術全て、日本国内で発表されていない技術を、燃料電池発電技術に取り入れる事で、世界初の燃料電池発電の5個の連続発電技術を取り入れた燃料電池発電技術で有り、世界中の燃料電池発電技術の中で燃料電池発電機の同型発電量は、新しい燃料電池発電量技術を超える為の技術を、探すだけ大変な時間を費やさなければ解決しない程の技術公開をします特許公開後アメリカ国際特許提出を、予定を、考えている5種類の半永久発電機積載内臓した燃料電池発電機。

概要

従来の燃料電池は、水素給油式のトヨ自動車及び本田技研工業自動車作品及び天然ガスから取り出す技術の東京ガスの作品と海外水素吸入式だけが有るとマスコミと新聞報道されていて、水素吸入式は、全世界の庶民負担が多き過ぎる燃料電池発電機。燃料電池の発電物質を、水に軽水素トリチウムを入れた合成水使用の半永久連続作動発電機型の燃料電池発電機は、補助発電機の2連振子型機械式発電機の高出力ダイナモ発電方法軽水素トリチウム入りダイオードパネル発電技術と軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体の水の熱発電技術と針穴空洞圧電素子四角形マス空洞装置の瞬間磁気電気磁極区別装置によって、世界初の燃料電池の総合発電量アップの半永久連続作動発電機の著作権原本。1

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

燃料電池発電機の新技術に使用する発電物質は、通常の水素酸素化学反応発電と異なる新技術の水に軽水素トリチウムを入れた混合物質を真、空装置の瞬間気化技術等によって混合物質を、半永久連続作動発電技術によって、燃料電。池の世界初半永久連続作動発電を、可能にした燃量電池の半永久連続作動発電の発電効率を、上げた世界初の水に軽水素トリチウムを入れた物質連続発電出来る燃料電池発電機。

請求項2

燃料電池発電機に使用する技術に於いて、燃料電池発電機内の空気圧を、ゼロに近くまでにしておく技術によって、軽水素トリチウム入り水を、真空装置で気化する為の真空装置モーター電気消費を、少なくする為の燃料電池発電機内の気圧及び空気量を、ゼロに近い状態に予め空気を抜いておく技術によって、真空装置モーター作動量を抑制した半永久連続作動発電出来る燃料電池発電機。

請求項3

燃料電池発電機に使用積載するバッテリーは、水素中の重水素量を、少なく調整した重水素量調整型の軽水ニッケルバッテリー技術及び充電池技術を積栽した燃料電池発電機。

請求項4

燃料電池発電機に積載使用するスクリュー配管は同じ長さのストレート官でも、スピードが早いスクリュー官を使用して、アルミニューム鉄合金等にする事で、配管の錆び止めを図り、配管内側を軽水素トリチウム入りダイオード発電構造にする事で、燃料電池発電後水物質高温温度の軽水素トリチウム入り水を、配管に通す事で、軽水素トリチウム入りダイオード発電と二連振子機械式の発電と燃料電池発電トリプル連続発電を可能にした燃料電池発電機。

請求項5

燃料電池発電機に積載使用する液体マグネシウムの水素と酸素の瞬間吸収発電物質は圧電素子磁石を使用した、液体マグネシウム発電した電気の瞬間磁極電気分割装置で有り、針穴場の圧電素子磁石の四角形升装置に、液体マグネシウムを入れて針穴状の圧電素子板を被せた装置によって気化融合物質の軽水素トリチウムが多く入った気化酸素気化水素の瞬間吸収発電の電気変換スピードを、速めた針穴状の水抜き複数穴を圧電素子磁石の構造とした装置を積載した燃料電池発電機。

請求項6

燃料電池発電機に積載する二連振子型機械式発電機は、燃料電池発電が半永久連続作動発電出来るように開発した無害給油ダイナモ永久発電機で有り、二連振子型発電機の大型ゼンマイ装置ゼンマイ切れを、防いだゼンマイ装置に二本のワイヤを内蔵させたゼンマイ切れを、防止した装置を二連振子型機械式発電機に積載した燃料電池発電機。

請求項7

燃料電池発電機に積載する二連振子型機械式発電機は、二つの軽水素トリチウム入り圧電素子磁石内臓のダイナモダブル発電と、二連振子型機械式発電機の電気配線回路に、発電回路と命名する軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石の両端の磁極それぞれに電気配線を、用いて更に圧電素子磁石隊の中心部分に絶縁体装置を内蔵した銅板電気誘導体を、圧電素子磁石の中心部分に設けて電子増幅発電した電気を取り出す為の電気配線を設けて強い電気を、圧電素子磁石に通す事で、電気増幅出来る発電回路を、二連振子型機械式発電機に積載した燃料電池発電機。

請求項8

燃料電池発電機に積載する補助発電機電源の二連振子型機械式発電機に積載する超小型超軽量高出力モーターは、内コイル鋼鉄板の中心部分を刳り貫いた場所に軽水素トリチウム入り圧電素子磁石を、変わりに内蔵させて、超薄ステンレス板を被せた圧電素子磁石滑落防止装置で有り、超軽量銅筒官配線を巻いた超軽量コイル板で有り、永久磁石は、鋼鉄板磁石の内側を、軽水素トリチウム入り圧電素子磁石を内蔵して超薄板ステンレス板をかぶせた超軽量合成永久磁石で有り、モーターカバーは、穴空きカバーを使用して、超軽量物質板又は金属を、代りに被せた世界初の超軽量モーター構造と予めモーター内コイルを、軽水素トリチウム入り圧電素子磁石を内蔵した装置にコイル電気を通す事によって、軽水素トリチウム入り圧電素子磁石が、電気増幅発電を、起こす事実によって、少ない電気で、高出力回転可能なモーターを、超軽量高出力モーターと命名したモーターを、二連振子型機械式発電機に、積載する事で、二連振子型機械式発電機のモーター電気消費を少なく抑えたモーターを二連振子型機械式発電機に積載した燃料電池発電機。

請求項9

燃料電池発電機に積載する電気電子変換装置は、電子レンジの電気電子変換装置を、応用したプラス電気とマイナス電気を、別々に電気電子増幅変換した電子を再び電気として、再活用する二連振子機械式発電機に、どうしても必要なシステムを積載した燃料電池発電機。

請求項10

燃料電池発電機に積載する水位センサーは、丸浮装置を、燃料電池発電残水貯水タンク室の同位置に浮かべて、丸浮による電波遮断によって、燃料電池の半永久連続発電機の意味する発電物質の水に多く含んだ軽水素トリチウムを、新型真空装置室へ連続移動させる為の丸浮装置を使用した電波遮断の軽水素トリチウム入りダイオードスイッチ積載内蔵した燃料電池発電機。

請求項11

燃料電池発電機に積載する圧電素子4分割装置は電気中の電気抵抗を、世界で初めて電気中から取り除く事を成功させた装置を、二連振子型機械式発電機と燃料電池本体に積載内蔵した燃料電池発電機。

請求項12

燃料電池発電機に積載する画像パネル映像回路装置のダイオード回路は、軽水素トリチウム入りのダイオード回路装置を積載内蔵した画像パネルを積載内蔵した燃料電池発電機。

請求項13

燃料電池発電機に積載する映像パネルの映像回路装置の映像ゴースト及び、映像電波ノイズの、画像ノイズの取り除きと、全自動修復出来る絶縁体で囲んだ電気配線4本の構造の圧電素子回路チップを燃料電池発電機の映像回路に積載した燃料電池発電機。

請求項14

燃料電池発電機本体に積載する水送りする官の送り口と出口に、電気スイッチの全自動で作動するモーター仕切り弁装置は、電動仕切り弁の水の通る部分の内側全体を軽水素トリチウム入りのダイオード圧電素子薄板発電パネルを、モーター電動仕切り弁構造としたモーター電動仕切り弁装置を、燃料電池発電機本体の水送り官と、真空装置の入り口に取り付けたモーター電動仕切り弁装置を積載した燃料電池発電機。

請求項15

燃料電池発電機本体の液体マグネシウム発電体の気化水素と気化酸素の融合体の液体マグネシウム発電体の瞬間吸収発電後の水が発電物質瞬間気化融合物質調整室にスクリュー官を通じて水が、送られた際、発電時に発生する水温上昇の為、水温下げる為の冷却材固形窒素内蔵のニッケルパネルチップに軽水素トリチウム入りダイオードチップを、ニッケルパネルに内蔵した超小型の燃料電池の発電装置と水の蒸気化を防いだ装置を積載した燃料電池。

請求項16

燃料電池発電機を、水素タンク吸入式から、発電物質の水と軽水素トリチウム入りの水物質の、真空装置による水の瞬間作動の気化水素と気化酸素の融合体発電時に起きる発電熱で、水の蒸気発生が、燃料電池発電機本体の水循環装置内で発生する為、水の蒸気発電を、液体マグネシウム全体を炭素物質で囲んだ装置全体に針穴を複数開けて、水の蒸気物質の液体マグネシウム発電体の発電を、発電物質瞬間気化融合物質調整室内の液体マグネシウムパネル発電と残水貯水タンクの液体マグネシウム炭素パネル補助発電を可能にした装置を積載した燃料電池発電機。コメント2009年8月23日PM17時16分漸く燃料電池の無給油半永久連続作動発電機の特許文章を書き終える練区の墫野和夫で有る。

技術分野

0001

本発明の燃料電池は、900兆円越えの国の全額借金と都道府県市町村区の全額借金返済を、弱者国民代表として、一日も早い国の財政と都道府県市町村区の財政立て直しを、行って、弱者国民が平等最高生活者生活水準までたどり着く為の燃料電池の最新技術。

背景技術

0002

従来の燃料電池は、水素タンク水素を入れなければ作動しない装置で有り、水素タンクの水素が無くなれば停止してしまう装置だった。

0003

従来の燃料電池は、水素給油式で有り、墫野和夫の最初の半永久無害無給油連続作動水発電機が有ったが、国の官全体も、日本企業全体は、注目も無く話すらなかった世界初の燃料電池技術の改良型装置。(例えば、特許文献1参照。)

0004

この他、京都議定書の取り決めで、二酸化炭素の排出を抑える技術として化石燃料原子力発電技術は、二酸化炭素の排出しない技術としてテレビを使った放送が、行われているが多量の原子力廃棄物無毒化にする技術は、世界には残念だが実在していない現状で有り、放射能を再利用する公開技術は、余り無い現状で有り、大阪府の水素プルトニウム発電では、余り放射能を出さない発電技術だが、完成した報告は、マスコミから届いて無いばかりか海水ウラン発電技術も、日本の技術で有り放射能も少し出す技術が有るが、いずれにしてもいつかは、水素プルトニウム枯渇する発電技術で有った。

0005

この他、墫野和夫の特願2006−140535号広報の過去の沸騰水発電技術及び原子力沸騰水タービン技術と異なる最初の2連振子型機械式発電機を、使用した沸騰水循環クランクシャフト半永久連続作動の歯車ダイナモ発電技術が、先特許技術として更に、国の全額900兆円越えの借金全額返済と都道府県市町村区の全額借金返済の為に、今まで例の無い無害無給油半永久の連続発電技術は、原子力発電技術の沸騰水タービンの二連振子機械式発電機など等の電気エネルギー使用でも、原子力タービンの沸騰水制御可能な墫野和夫の沸騰水制御技術を使用した場合無害無給油の大型沸騰水のタービン発電も可能な現代でも、国は不思議と原子力廃棄物の出る原子力を推進するのだが、本来原子力発電を本来最初国の3年分程の予算を、現在の企業大学教授支払って始めたのが原子力発電で有り、此の時原子力事故責任は、企業側で無く国と国民が全責任を負うとの原子力発電を推進するにあたっての事実だったはずです。

0006

不思議と原子力発電を止めないで、国が、安全管理指導を行う事になっているが原子力廃棄物は、永遠の課題を残したまま企業利益だけを進めている不思議な国の原子力廃棄物を増やすだけの技術しかしない現状で有る。(例えば、特許文献2参照。)

0007

以下、図1によって従来の燃料電池発電機について説明を始める。
従って、本田技研などか使用している燃料電池発電機の、水素と酸素の瞬間吸収発電物質の(9)の液体マグネシウムを使用する点が同じで有るが、発電物質は、気化水素と酸素のタンク使用が無い技術として、連続発電出来る水と水に予め入れておく軽水素トリチウムの水使用で有り、燃料電池発電機内の気圧は、予め少ない電気で連続の水気化が出来る気圧調整にしている点も、燃料電池とは異なり、同じ技術は、(8)の銅板電極から(9)の液体マグネシウムの瞬間発電した電気が(8)の銅板電極を通じて発電した電気を電気配線を通じて燃料電池発電した電気を、取り入れる事が出来る装置説明だけが今までの燃料電池発電技術で有るが、他の技術全て、日本国内で発表されていない技術を、燃料電池発電技術に取り入れる事で、世界初の燃料電池発電の5個の連続発電技術を取り入れた燃料電池発電技術で有り、世界中の燃料電池発電技術の中で燃料電池発電機の同型発電量は、新しい燃料電池発電量技術を超える為の技術を、探すだけ大変な時間を費やさなければ解決しない程の技術公開をします特許公開後アメリカ国際特許提出を、予定を、考えている5種類の半永久発電機積載内臓した燃料電池発電機。

0008

特開2003ー328925号公報真空装置と機械式発電機を使った水だけの発電機

0009

特開2004ー135480号公報 自動充電池

0010

特開2004ー304992号公報

0011

特開2004ー304993号公報 一度に複数の電気配線と複数の電気コイルを持ちえた、焼けないで力の有るモーターの有り方

0012

特開2006ー254697号公報 全レールモーター制御無害無給油発電機を使用した電気自動車

0013

特開2010ー165355号公報 国の900兆円超えの借金全額返済の為の世界最新の公共事業対策装置

0014

特開2010ー171943号公報 多機能新技術携帯電話

0015

特開2011ー060294号公報 発電タッチパソコン

0016

特開2011ー064060号公報 日本の弱者国民救済地震対応型多機能発電ハウスシステム

0017

特開2011ー105307号公報 未来的電気自動車

0018

特開2011ー155267号公報 超軽量高出力発電人工衛星

0019

特開2011ー202498号公報一戸建て免震装置著作権原本及び国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額借金返済と弱者自立社会目指す為の2001年からの道民財産著作権原本

0020

特開2011ー205675号公報多機能携帯電話装置原本

0021

特開2011ー205895号公報多機能情報冷暖房無休憩発電機(原子力事故及び地震事故対応型)(無害無給油の無休憩の半永久全自動動発電機型)

0022

特開2011ー209290号公報 多目的カーナビゲイション著作権原本と都道府県市町村区と国の全額借金返済と弱者自立社会を目指す為の2001年からの道民財産著作権原本

0023

特開2011ー215148号公報電子核燃料原石核融合発電放射能廃棄物処理方法コメント2008年6月19日(木)pm14時17分34秒薄曇りのまま美市街地先程は見かけ客人が来ていた明日給料カンキチ原子力処理装置先知的所有財産書き急ぐ事する。

0024

特開2011ー233228号公報多機能ビデオ著作権原本

0025

登録実用新案第3168043号高出力発電7連結以上モーター

0026

登録実用新案第3145903号省エネルギー水気化水発電機(別名水発電機)

0027

登録実用新案第3114491号二連結以上モーター

先行技術

0028

実用新案登録第3145903号

発明が解決しようとする課題

0029

以上述べた従来の燃料電池は、(9)の液体マグネシウムに気化水素と気化酸素を液体マグネシウムの瞬間吸収発電までの技術で有り、発電後の燃料電池の循環燃料電池発電技術は、墫野和夫の技術しか日本には存在していなかった。

0030

本発明は、このような燃料電池の総合発電量を複数の発電装置で発電量を、アップに成り、今だ、燃料電池の循環発電技術が、墫野和夫の技術しか存在しない事実。
更に、燃料電池の二連振子型機械式発電機の発電量能力を、高めて現在の原子力廃棄物を、絶対に作らせない為の原子力に代わる燃料電池発電技術の総合発電量アップを、目的として一日も早い国の全額借金返済と都道府県市町村区の全額返済を、行う事の出来る弱者国民一人一人の自立社会作りを経済産業省と総務省と国庁と内府と人権擁の立場重視出来る先発明技術著作権優先文部科学省文化庁などに対して一日も早い弱者国民の知恵と言う先著作権技術優先の平等な国際法の先著作権技術優先権を、著作権登録して、一日も早い国の全額借金返済の為の特別法案として、海外先行調査無料化と企業及び外資系日本企業の海外特許提出の日本語の日本国内公開義務違反した場合は、外資系企業でも、日本国内で商品販売が永遠に出来なく出来る法案の成立を、決める事によって、無駄な特許提出を避けて国民の資産保護を測る目的に対しても、特許法だけでなく経済産業省令などの国の官庁の定める法令に至ってまでもが、大学と一般国民を長年に渡って区別を行う行為、国の全額借金返済の活動に対して国が無料の試作品協力を絶対に行わない事実を改善させる為の燃料電池発電機の新技術を、公開と安定した弱者国民全体の生活保障の為の燃料電池発電機技術。

課題を解決するための手段

0031

そして本発明は上記目的を達成する為に、燃料電池発電機の発電物質を気化水素タンクの水素と酸素の吸入式では、半永久連続作動出来な為、燃料電池発電後の水に軽水素トリチウムを、混合合成した水を真空装置の常温混合水気化技術混合気化物質の作成及び、電熱線による沸騰混合気化技術及び水の電解による水素と酸素の取り出した物質使用技術及び気圧下げ方式の遠心分離機による水素と酸素の取り出し技術及び塩酸及び硝酸との合金になる水の沸騰気化技術または陶器硝酸及び塩酸合成などの技術及び液体マグネシウム合成硝酸金属の技術などが有る。
更に、燃料電池装置本体の内部の気圧を予め下げておく技術すなわち、予め燃料電池発電機内の気圧を下げておく技術によって水を気化水素と酸素の融合物質に変える為の少ないエネルギー及び少ない電気エネルギー使用によって気化水素と気化酸素の融合体を作る事が出来る世界初の燃料電池発電機の少ないエネルギー使用で、水を再び気化水素と気化酸素に変える技術説明で有る。
従って、通常の水よりも軽水素トリチウムを多く入れた水は、予め燃料電池発電機本体の気圧を予め下げる技術として、燃料電池発電機本体の空気をすべて抜いた場所に水と軽水素トリチウムを入れる考えによって少ない電気消費で水混合軽水素トリチウムを、真空装置によって少ない電気消費で燃料電池発電機の発電物質を作る事が出来る。

0032

また第2の課題解決手段は、現在日本国内で使用されている水素吸入式及び天然ガスから水素を取り出して空気酸素と化学反応発電もしくは、液体マグネシウムなどの水素と酸素の瞬間吸収物質によってつまり水素の吸入式から、燃料電池発電後の水と軽水素トリチウム入り物質の連続した発電を行う為に、半永久連続循環発電機を、水中ポンプを使用して真空装置室の超小型の真空装置でも、燃料電池発電機内の気圧を連続して抜く技術を可能にしたのが、世界初のモーター電動仕切り弁装置技術と予め燃料電池室内の気圧を抜いておく技術によって、燃料電池発電機を、半永久連続発電を、少ない電気エネルギー消費によって連続発電出来る燃料電池発電機の世界的考え方を変えた世界初の燃料電池の半永久連続発電技術。

0033

また、第3の課題解決手段は、燃料電池発電機が水を再び、水素と酸素の融合体に変える技術は、真空装置及び電熱線などの使用には、多くの電気エネルギーが必要とする為、補助無給油式連続発電機の開発に対して二連振子型機械式発電機は、通常のダイナモ発電と異なり、通常ダイナモの中央部分を予め刳り貫き、刳り貫いた場所に軽水素トリチウム入りの圧電素子を代わりに入れる世界初の増幅発電を可能にした高出力発電が出来るダイナモ新技術で有り、ダイナモの中央部分に入れた軽水素トリチウム入り圧電素子を代わりに入れて、超薄ステンレス板ポルトナット止めした多く発電出来る高出力ダイナモ装置。

0034

また、第3の課題解決手段による作用は次の通りで有る。
すなわち、圧電素子磁石体は、片方磁極に強い衝撃もしくは強い電気打撃を与えると電子を作り出す圧電効果の圧電素子磁石体に予め軽水素トリチウムを圧電素子磁石体に混合合成圧縮した圧電素子磁石体に強い電気打撃を与える事によって圧電素子磁石に内蔵して有る軽水素トリチウムの二つの電子と原子核から構成している為、圧電素子の圧電効果の軽水素トリチウムの電子を誘発して圧電素子の増幅発電がダイナモの発電した電気エネルギーの軽水入り圧電素子のトリチウム発電誘発効果によって、通常ダイナモより多くの電気を、誘発発電する事が出来る。
追加説明として、原子力発電の沸騰水圧力タービン送り官も、ストレート官使用で有り、世界中水道管と原子力沸騰水官と蒸気タービン官には、一度も使用されなかった世界初の技術。

0035

また、第4の課題解決手段は、燃料電池発電機の発電量を、全世界の燃料電池技術を超える発電量が必要な為、燃料電池発電機の発電時に発生する熱エネルギー電気エネルギー変換する為、ソーラーパネル太陽光熱発電技術を応用した軽水素トリチウム入りダイオードの発電装置を、燃料電池の水配管に取り付けるのだが、ストレート官と異なる一般使用になって無いスクリュー官を使用する事で短い距離でも、水の送り配管の長さを変えずに水送りスピードを上げる事の出来るスクリュー官を使用した装置に軽水素トリチウム入りダイオードスクリュー官を使用した軽水素トリチウム入りダイオードスクリュー官によって発電可能にした世界初の燃料電池の補助発電技術で有り、軽水素トリチウム入りダイオード官は、二つ割れ金属スクリュー官によって、軽水素トリチウムダイオード官の防護対策としてポルトナッ止めにする構造になっている。
更に、燃料電池の水温上昇を止めながら発電出来る対策として、燃料電池発電機のスクリュー官の行き先の発電物質の瞬間気化融合物質調整室の上の部分のスクリュー官の端に、電動モーター仕切り弁を取り付けて水車式の軽水素トリチウム入り圧電素子ダイナモの高出力ダイナモ発電の補助発電と、発電物質の瞬間気化融合物質調整室へ行きよい良く発電残水高温のまま、水車の羽根に当てる事で、水を冷やす役目をしていると同時に水車の羽根に固形窒素などの冷却物質を、内蔵する事で、燃料電池の発電残水を冷やす効果と補助発電量アップに繋げたい理由の一つで有り、燃料電池の温度上昇を抑えれ無ければ、外気取り入れに対して二重構造燃料電池パネルにして、外気は燃料電池発電機を冷やす為の、水の循環タンクと外気を水の中に取り入れる事で、燃料電池を取り巻く温度の急激上昇は避ける事が出来る。

0036

また、第5の課題解決手段として、燃料電池の液体マグネシウムの瞬間発電した電気を無駄無く送電する為に液体マグネシウム発電の瞬間磁気電気誘導装置として、液体マグネシウム全体を針穴状の圧電素子磁石体の四角形マス上の中に液体マグネシウムを内蔵させる事で、液体マグネシウム発電の磁極変換の電気誘導装置によって、無駄な熱エネルギーの発生を少なくする効果を得る事が出来る。
更に第4と第5の燃料電池から発生する熱エネルギーを、なるべく電気エネルギーに変える技術として、軽水素トリチウム入りダイオード発電パネルを、燃料電池の液体マグネシウム全体を囲む複数針穴の圧電素子磁石体の底部分に、設置する事で、燃料電池の発電時に発生する熱エネルギーを、軽水素トリチウム入りダイオードパネル発電体を、液体マグネシウム発電体室の空いている金属面すべてに軽水素トリチウム入りダイオード発電パネルを、取り付ける事で、燃料電池発電機の熱エネルギーを、無駄無く活用出来る技術紹介で有り、発電物質瞬間気化融合物質調整室の金属壁全体に、軽水素トリチウム入りダイオードパネルを取り付ける技術によって、少なからず他社の燃料電池の総合発電電気量を、上回る世界初の燃料電池発電技術で有る。

0037

また、第6の課題解決手段として、新型真空装置は燃料電池発電機の軽水素入りの水を瞬間に常温の気化水素と気化酸素にする技術動作で有り、ニクロム線等の使用は、熱劣化が考えられ敬遠する技術で有り、確かに燃料電池発電機内の気圧を全て予め抜き取っておく技術を使用しても、100度以下で、水の沸騰気化水素と気化酸素状態を、得る事が出来るが気化水素と気化酸素の粒子が大きい為、発電効率が悪いだけの技術紹介になる。
更に、遠心分離機を使用した水の気化分離装置に対して、確かに燃料電池室内の気圧を予め下げる行為つまり、燃料電池室内の空気を、予めすべて抜き取る技術を、使用しても真空装置を、超小型化した場合確かに消費する電気量は少なく出来る。
そして、遠心分離機のモーターを、全世界で一番電気消費の少ない墫野和夫の先技術著作権の磁極切換えインバータ制御のレールモーター技術を使用しても、これだけでは、電気消費が有る為、超薄型の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体内臓の超薄型ダイナモ発電と遠心分離機全体を、電磁誘導発電体に変える技術。
更に、電磁誘導装置永久磁石鋼鉄磁石の内側を切りぬいた場所に軽水素トリチウム入り圧電素子磁石を入れる合成化工の永久磁石体と軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体に銅筒官配線を巻いた高出力電磁石を使用した電磁誘導発電装置を、軽水素トリチウム入りダイオード熱発電パネルを、遠心分離機の内側に取り付けた装置を使用しても、超小型遠心分離機の使用する電気消費に対して真空装置を使用した技術の電気消費を下回るとは言とい切れない理由から、超小型真空装置使用になっている。
この他の技術紹介の、塩酸と化合合金技術及び硝酸と化合合金技術は、水を水素と酸素に瞬間に大量に区分けする技術としては、難しいのが現状で有るが、この場合の対処として、超小型の二連振子型機械式発電機すなわち別名二連振子型自動充電池使用と燃料電池室内の気圧を予め下げておく技術を、応用した発電技術に至ると考えられる。
この他、水素の瞬間吸収体の液体マグネシウムと塩酸と軽金属合成物質または、液体マグネシウムと硝酸と軽金属を合成した物質が水素だけを、水の中から吸収出来るか、現在の処では施策無では、こればかりは良い回答を出す事が出来ないが、水中の水素を取り入れる為、事実上水の温度は、必然的に上がり酸素を、水中から放出する事は、液体マグネシウム等の燃料電池の瞬間水素及び酸素吸収物質を使用した場合考えられる公開説明しておく他の燃料電池技術応用説明になる。

0038

また、第7の課題解決手段として、水中ポンプ室の水中ポンプに対して、日本の特許庁は、特許法によって如何なる理由で有っても、著作権先技術が、国際上の著作権として認められても、日本国内に於いて、著作権先技術発明年月日証明が都道府県市町村区の知事の公知確認の著作権先技術証明で有っても、特許法では、先願主義資本主義優先の世の中を、国の機関の特許庁は、絶対に先技術発明の著作権技術に対する国際著作権法に基づいた国際上先技術著作権として認められる。
年月日証明が明白な技術に対しては、国際著作権からでは、認められるが、日本の特許法に発明の保護とは、正確に先著作権技術の特許法保護とは、完全に明記してない為、先技術著作権を、特許法では、保護出来ないとの何度特許庁に回答を求めても国の全額借金返済に対しては、経済産業省管轄の特許庁の両名は、国の全額借金返済に協力を行わない事の回答で有る。
従って、磁極切り替えインバータ制御レールモーター先技術の公の機関の確認が有る為、先著作権の世界の先著作権技術確定は、現在、ホンダ技研の特許権より、一年六カ月前の先技術著作権は、墫野和夫で有るのは、特願2006−140535号広報の図面に、先著作権技術として、紹介して有る。
そして、この場合先発明者本人で有っても、本田技研の主張する墫野和夫の公開している著作権先技術で有っても特許権侵害ならば、どんなに素晴らしい著作権先技術発明は、大学で有っても企業で有っても、日本の特許庁に公開登録を先にしない限り本人の発明した先著作権技術を、著作権登録しても、日本の特許庁と経済産業省は、絶対に認めない理由として、特許庁の文書回答など等で明白で有る。
この他、国土交通省のネテス公開後、文化庁の著作権登録を行い、総務省と内閣府に、日本国民個人が、先技術として著作権登録した先技術の著作権登録物件よって、日本国の現在の900兆円越えの全額借金の日本国民個人の全世界で通用する先発明技術著作権によって、国の全額借金返済が出来ない理由を、マスコミ及び新聞で公開説明を政治家全員含めて、マスコミという全国版のテレビ放送で明白な理由説明をいただく事で有る。
更に、弱者国民全体が、自律出来る先技術存在の事実の著作権保護の特許法説明を、明白にしていく事で、現在の資本主義企業がちがちのテレビ局と新聞が、弱者庶民全体の人権保護と弱者庶民全体の自立保護に対してマスコミ各社と新聞各社は、どのように報道していくかが、現在の資本主義弱者切り捨て社会の脱却を、長年に渡って続けて来た日本の官庁の個人の知恵と言う先技術著作権を、永遠に日本国内では、資本主義の企業より官庁の資本主義は、人権擁護として、訴えても効果無の為、全世界共通の先著作権技術発明の文書図の全世界公開活動に切り替えると同時に国際特許出願について、国の全額借金返済活動の無料促進を、取りあえず特許提出の全額無料のイギリス提出から、国の全額借金返済に係る機関に、実際事実上の日本の国の全額借金返済方法を、国民の前で、海外のイギリス特許庁の無料の特許提出の、日本の国の借金全額返済機関から回答を、この本文を読まれる方々によって国の救済案に対して弱者国民全体から国の機関全体に聞く事を、願うばかりで有る。

0039

また、第7の別の解決手段として、違う電気消費の少ない超軽量高出力モーターの説明として、通常のモーターが、なぜ磁極切換えインバータモーターより電気消費が、多い理由として、モーターコイルが長い為、電気熱放熱が多くなる理由がまず先に上げられる。
従って、燃料電池発電機の軽水素トリチウム入りダイオード発電装置パネルを、内コイルの空いている外気に触れない熱吸収し易い場所に例え取り付けても、少ないモーター電気熱発電効果で有り、新技術の電磁誘導発電装置をモーターの後ろに取り付けても、今までの電磁誘導発電量よりは、発電量が上で有っても、モーターの電気消費は、既に本田技研の特許権認定の墫野和夫先技術著作権発明財産のDCブラシレスモーター即ち、磁極切換えインバータ制御レールモーターの方がコイル配線の短い分または、コイル配線の代わりの磁極切換え配線のみのDCブラシレスモーターの方が、電気消費が断然少ない事になる。
しかし、モーターの回転スピードと過去の内コイルモーター及び超電導配線モーターより、電気消費の少ない内コイルモーター技術として、内コイルの鋼鉄鉄板の中心部を刳り貫き、刳り貫いた場所に軽水素トリチウム入りの圧電素子を代わりに内蔵して、超薄型ステンレス板で軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体滑落防止を図り、銅筒官配線の内部に軽水素トリチウムと圧電素子合成物質を、銅筒官配線に内蔵して、超軽量内コイルに銅筒官軽量配線を巻いた超軽量高出力モーター技術の特許提出は、今後、7連結以上高出力モーターの再びの特許提出も含めて、今回の超軽量高出力モーターの特許技術説明で有る。
この他、超軽量高出力モーターの利点は、電気飛行機及び電気線及び電気建設機械及び電気自動車全体及び電気宇宙ロボット及び経済産業場のあらゆる高速モータ使用部分に絶対必要視が絶対される超軽量高出力モーター技術の著作権応用全てに適用と考えられる。

0040

また、第8の課題解決手段として、燃料電池の残水タンク内と燃料電池の残水が再び瞬間に水気化の気化水素と気化酸素の融合物質を、作る部屋の空いている空間に、軽水素トリチウム入りのダイオードの網目ブロックを、設置する事で、燃料電池残水の温度を、若干下げる効果が有るが、液体マグネシウム発電体室は、絶対に軽水素トリチウム入りのダイオード発電体ブロック設置を行わない理由として、燃料電池発電機が高温になると、気化水素と気化酸素の液体マグネシウム吸収率が下がる理由から、高温に近い気化水素と気化酸素の融合体は、素早く燃料電池の液体マグネシウムに、吸収されなければならない為、液体マグネシウムを、防護する圧電素子磁石体の上の部分は、針穴より、大きめの穴でも、良い事になる理由が、軽水素トリチウムの燃料電池水に、予め入れて置く技術は、燃料電池の温度上昇と共に構造が書き変わる。
更に、燃料電池を、少ない電気で冷やす場合、燃料電池全体を、二重構造にして、電動モーター仕切り弁のモーターミッションギアー付きの外気取り入れ装置は、電動仕切り弁作動時のみ外気を取り入れ、外気と燃料電池内の温度差で、自然に空気の流れを生じさせて、冷やす方法が、一番電気消費が少ない技術として言える。
この他、予備水タンクを使用して、燃料電池の水冷却を図り、燃料電池発電機の温度上昇時は、液体マグネシウム発電体室に、液体マグネシウムを、設置するだけで無く、温度の上がる水中ポンプ室及び発電物質瞬間気化融合物質調整室及び液体マグネシウム発電体室全てと燃料電池の二重構造壁全体を、液体マグネシウム内臓の複数穴空きの圧電素子装置の燃料電池発電物質体を、取り付ける技術が、燃料電池発電機を、高温にした場合の燃料電池劣化対策として、あくまでも増幅発電の道を選んだ日本の弱者国民代表の燃料電池発電機の高温時の発電装置の在りかた説明で有る。
この他、反対の発想の燃料電池発電機内の温度が高いままの場合説明。
従って、液体マグネシウム発電体に、気化水素と気化酸素が瞬間吸収発電される時必ず発電熱が、発生するが、水循環型の軽水素トリチウム入り水循環型の燃料電池は、水の温度を下げる装置を取り付けたりする解決策で、水の温度が上がりぱなしには、ならないと考えるが、残水貯水タンク室の内壁と発電物質瞬間気化融合物質調整室の内壁に軽水素トリチウム入りダイオードに炭素を合成したパネルに液体マグネシウム発電装置は、燃料電池発電機の温度が上がった場合、二つの発電物質がそれぞれ連続発電する事になる。

0041

また、第9の課題解決手段として、燃料電池のバッテリー装置を、再利用し易くする為に、組立バッテリー構造にする為に電極棒のプラス及びマイナス棒をネジ止め方式に変えてバッテリーの電極棒の定期的掃除が出来る構造へ新しく転換と、バッテリー本体の電解液の入るブロックの掃除を、行い易い用にした円柱バッテリー構造にする事で、バッテリーの蓋をナット式に変える事で、バッテリー内の金属ブロックの定期的掃除とバッテリー液全体の交換によって、現在のガソリンスタンドで、バッテリー掃除とバッテリー液全体の交換事業を、行える用にバッテリー構造を変えて、高価なバッテリーを買わないで済む対策を、講じたバッテリー装置。
更に、2009年8月のテレビ放送では、来年のから、日産自動車で、バッテリー電気自動車が売り出されるそうで有り、一回の電気自動車バッテリ充電で150Km程走行可能な電気自動車が販売される事実も、視野に於いて急速充電装置として、特開2004—304992号広報の圧電素子4電子磁気分割装置の燃料電池発電機及びバッテリー充電設備に設置する事にとって、今まで丸一日掛っていたバッテリー充電時間を、短い時間で済む理由として、電気中の電気抵抗を電気中から取り除く世界初の技術によって、バッテリー車の急速充電を、可能に変えた技術紹介で有る。
この他、特願2006 —140535号広報の軽水素トリチウムの液体マグネシウムニッケルバッテリーの改善装置として、重水素量調整型の軽水素ニッケルバッテリー構造にする事は、現在市販されているバッテリー及び充電池の水素ニッケルバッテリー及び充電池の急速充電時間より更に、充電時間を縮める事で、燃料電池発電機のみならずバッテリー車の急速充電を、可能にした新しい技術の重水素ジュウテリウム量調整型の軽水素トリチウムニッケルバッテリーと重水素ジュウテリウム量調整型の軽水素トリチウムニッケル充電池のバッテリー液転換によって、今まで長いバッテリー充電時間がしいたげられた時間を、世界最速スピードで、バッテリー充電と充電池充電時間を、可能にした世界最速充電装置とバッテリー装置説明で有る。

0042

また、第10の課題解決手段として、今までの水位センサーは、設定水位を、一つしか設定出来ないのが欠点で有った為、水位センサーの丸浮の高さ設定を変える事の出来るカラー光遮断丸浮装置は、カラー光発射装置とカラー光止め装置を通って、複数のカラー光ラインは軽水素トリチウム入りダイオードカラー光感知認識装置のカラー光遮断認知によって、水位センサーが働く構造の為、予め水位センサーの位置設定が可能になり、燃料電池発電装置の循環連続発電装置の水送り量の設定が手動設定調整出来る装置。

0043

また、第11の課題解決手段として、温度センサーの改善対策として、水銀温度計光ライン及びカラー光ラインを光発射装置を用いて光ラインを発射して、水銀温度計の水銀の先に超軽量の超小型浮の光ライン遮断装置を設けた装置を用いて、燃料電池室内の温度を、光ラインの水銀丸浮の光ライン遮断の確認認識による軽水素トリチウム入りのダイオード光ライン全自動感知スイッチによって、燃料電池発電機室内の温度連絡を、水銀丸浮光ライン遮断の軽水素トリチウム入りダイオード装置の光ライン遮断認識によって、細かな温度を、随時連絡出来る燃料電池発電機の温度センサー装置

0044

2009年8月12日から書き始めるAM10時
また、第12の課題解決手段として、特開2004ー304992号報の電気中の電気抵抗だけを取り除く装置を、組立解体掃除型のバッテリーの重水素量調整型の軽水素トリチウムのニッケルバッテリーに世界最速の急速充電装置の圧電素子3分割装置(別名圧電素子磁気4分割装置)を、使用する事で、二連振子型機械式発電機の連続電気バッテリーエネルギーの確保が出来る事が、更なる急速バッテリー技術に世界最速充電技術を足す事で、燃料電池半永久連続無給油発電機に欠かせない世界最速のバッテリー急速充電装置になる。

0045

また、第13の課題解決手段として、今まで超電導配線物質として、使用されてこなかった軽水素トリチウムと圧電素子磁石体物質を使用しているのも特徴の一つで有り、軽水素トリチウムは、銅筒官配線に、軽水素トリチウムと圧電素子磁石体を混合合成した物質を、銅筒官に内蔵する為、電気配線を切った場合軽水素トリチウム漏れが発生する為、軽水素トリチウム漏れ対策として、電気の通る液体ダイオード及び電気の通る液体透明プラスチック及び電気の通る液体シリコンなどが考えられ、いずれも軽水素トリチウムと混合合成した更なる電気の通りが良くなった軽水素トリチウム入りの液体ダイオードに軽水素トリチウムと混合合成した圧電素子を、更に軽水素トリチウム入りの液体ダイオードと軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体を混合合成した軽水素トリチウムと液体ダイオードと圧電素子磁石体を混合合成した物質を、銅筒官配線の中に内蔵した銅筒官配線は、銅筒官配線を切っても軽水素トリチウム漏れを防いだ銅筒官配線で有る。
従って、銅筒官配線は、超電導コイル及び、超電導コンデンサーコイル及び、超電導電磁石コイル及び、超電導スピーカーコイル及び超電導配線の代替え配線として、使用予定で有る。

0046

また、第14の課題解決手段として、2連振子型機械式発電機の棒状の磁極切換えインバータレールモーター装置を、振子装置往復半永久連続発電機装置に取り付けた事で、振子装置の往復運動の円滑な作動と、始動時に一番ダイナモ歯車を、連続作動させる為の始動装置に使用する事で、電気電子変換装置初期電気消費負担を少なく出来る。

0047

また、第15の課題解決手段として、2連振子型機械式発電機に内蔵積載使用する大型ゼンマイ装置ゼンマイ板が長い連続使用から発生するゼンマイ板の劣化によるゼンマイ板切れの事前対策として、ゼンマイ板に予め 2本の超細ワイヤをゼンマイ板に予め内臓する技術で有り、今までゼンマイ板及び鋼板及びばね板に内蔵した例の無い世界初のゼンマイ板切れ防止対策を施した2連振子型機械式発電機の大型ゼンマイ装置。

0048

また,第16の課題解決手段として、2連振子型機械式発電機に内蔵積載使用する歯車装置は、全てが穴空き金属歯車装置で無く、金属穴空き歯車に、補強対策として、プラスチック補強した超軽量穴空き金属骨組歯車装置で有る。

0049

また、第17の課題解決手段として、燃料電池発電機の本体外側カバーは、黒炭炭素微粒子とソーラーパネル原料発電用のダイオードと軽水素トリチウムを、混合合成した世界最高レベルブラック炭素軽水素入りシリコンダイオードソーラーパネル装置で有る。
特徴は、通常の青色ソーラーパネルより、発電量はブラック炭素シリコンダイオードソーラーパネルの方が、発電量が上に成るのは誰が考えても、明白な黒色炭素シリコンダイオードの方が発電量は上回る事になる。
更に、世界最高ソーラーパネル発電技術として、ブラック炭素シリコンダイオードソーラーパネルを上回る発電技術として、予め炭素シリコンダイオードに、軽水素トリチウムを入れた世界最新の増幅発電出来るソーラーパネル発電技術。
従って、炭素シリコンダイオードに軽水素を予め入れておく事で、太陽光光熱エネルギーは、炭微粒子炭素の熱吸収発電以外、軽水素トリチウムの二つの電子が、熱エネルギーの誘発増幅発電を行う事で、ブラック炭素シリコンダイオードソーラーパネルより、増幅発電出来る説明になる。

0050

2009年8月13日から書く練馬の墫野和夫
また、第18の課題解決手段として、2連振子型機械式発電機は、当初携帯電話に積載する予定だった手振り式の超薄型ダイナモ発電池を、全自動連続発電池に変えた永久電池装
置を、大型に変えたのが永久大型電池で有り、更に機械式発電機に変化して、最終的に現在の2連振子型機械式発電機に変えて来た理由は、ダイナモ発電量を増やす目的で有った。

0051

また、第19の課題解決手段として、2連振子型機械式発電機の発電量を、ダイナモの数を増やさず発電量を増幅する手段として、圧電素子に軽水素トリチウムを、混合合成した増幅発電体を作り、圧電素子の磁気の一番強い部分の両端それぞれに一本ずつの電気配線を取り付けて、圧電素子の一番磁気の強い部分両端それぞれに強い電気を流す為の電気配線で有る。
更に、圧電素子のちょうど中間部分に、増幅電子誘導の為の絶縁体板の両面に超小型超薄板銅板を張り付けた装置を、圧電素子磁石体の丁度中間部分に電気誘導プラス配線マイナス配線を取り付ける構造にする。
また、電気熱が余りに、多く発生するのを避ける為に、圧電素子磁石体のプラス増幅発電装置と圧電素子磁石体のマイナス増幅発電装置を、別々にする事すなわち二つの軽水素トリチウム入りの圧電素子を、用意する事とする事で、電気熱上昇を、防ぐ対処としている。
この他、圧電素子だけでは、強い電気を流しても、大量の増幅電気を、得る事が出来ない為、予め圧電素子磁石体には、軽水素トリチウムの二つの電子が中間子にふっ付いている構造の軽水素トリチウムを、圧電素子磁石体に混合内臓する事で、圧電素子磁石体の磁気の一番強い部分に流した電気は、圧電素子効果と軽水素トリチウムの中間子にふっ付いている2つの電子の誘発増幅発電効果で、軽水素トリチウム入りの圧電素子の強い電気打撃の増幅発電が実際に確認する事になる軽水素入りの圧電素子磁石体で有る。
この場合、軽水素トリチウム入り圧電素子以外として、水素入りの圧電素子と中間子に一個の電子しか無い重水素のジュウテリウムを、圧電素子に入れる方法が有るが、水素は、電子三個の計算で有り、重水素は一個の電子の計算になる為、水素が一番発電効率が、良い計算になるが、水素の熱爆発防止対策として、軽水素を使用しているだけでなく、水素は、軽水素と重水素が合わさって水素の計算になる為、重水素の分すなわち軽水素を、余分に入れると、水素中の電子3の計算より、軽水素トリチウムの方が質量電子計算上、上回る為、軽水素トリチウムの使用になった理由で有る。
しかしながら、2001年当時までは、水素を使用した技術が殆どで有り、この頃、水発電機の水に予め水素を入れておく事で、真空装置の消費電気を、抑えた技術も、実際はこの頃で有った。
従って、発電回路は、2連振子型機械式発電機及び2連振子型自動充電池及びあらゆる電気装置及び電気配線に使用される技術に、今後なって行くのは明白で有る。

0052

また、第20の課題解決手段として、電気抵抗器によって、多くの無駄な電気抵抗を、今までは熱抵抗電気を熱として放出して着たのは明らかで有る。
従って、熱抵抗電気を放出しない世界初の技術説明に入る。
高圧電気を、低圧電気にする場合は、抵抗器を使用して電圧を下げた電気を送る仕組みで有り、従って抵抗器には、高圧電気熱が溜まるって、多くは熱として、放出されている為、無駄な電気消費を防げずに今まで時代が過ぎて来たのは事実で有る。
その為、熱電気放出を無くす為に、高圧電気を2分割出来る装置で電気熱放出しない装置は、過去から現在まで使用されてこなかったのも事実で有る。
問題は、電気熱放出しない技術として、新たに世界初の技術として、人口ダイヤカット刃を電気配線のプラス配線及びマイナス配線に取り付ける事で、高圧電気は、2分割しながら低圧電気になるまで、2分割電気として、高圧電気を2分割し続ける事になる。
そ税の為、高電圧を抵抗器で止め抑える考えから、高圧電気を切る考え方へ墫野和夫自身は、考え方を変える事にする。
この場合、電気スピードを変えないまたは遅くしないまま電圧だけを下げる方法で有る為、電気抵抗ロスが非常に少ない。
電気スピードだけ上げようとするならば、太い電気配線からスクリュー状にした電気配線を、地下に官の中にスクリュー電気配線を入れて埋める手段が考えられる。

0053

また、第21の課題解決手段として、発電機を始動させる為の、鍵は鍵穴を、壊す手口で開けられたりする為、鍵穴を鋼鉄製のモーター電動仕切り弁の中に鍵穴を、取り付ける方式にする事で、高価な発電機の鍵穴いたずらを防ぐ手段とした世界初の鍵穴保護として、モーター電動仕切り弁を世界初で取り入れた技術で有る。
更にモーター電動仕切り弁は、携帯電話の電波信号及び無線機信号のいずれかで開く構造又は鍵で開く構造が望ましい。
この他、鍵は、市販している鍵の形状と異なる少し長めのカギの先が他の鍵と異なる形状の三角または四角または円柱または六角などの形の形状を経て鍵山を交互に三か所程設けた鍵形状の為、他の鍵では開かない構造の特別の形状デザインの鍵としている。

0054

また、第22の課題解決手段として、燃料電池発電機の電気税カード以外の通常磁気は現在のカード磁気は砂鉄磁気が使用されている。
しかし、燃料電池発電機の電気カードは、圧電素子磁気体を世界初で使用している点で有る。
この場合、コストが少し圧電素子磁石体の方が高くなりそうで有る。
更に、通常磁気の砂鉄の粉は、自然界に有るが、圧電素子は、既に特許切れだが特許切れでも財産所有権著作権物として個人の財産権として生きているからで有る。
この他、電気税カードの盗難防止の観点から電気税カード口は、モーター電動仕切り弁口とした世界初の技術で有る。

0055

また、第23の課題解決手段として燃料電池発電機の映像パネルの通常積載使用されているダイオード回路装置は、様々な色合わせを可能にしているのがダイオード回路になる。
通常のデジタル回路は、ノーマル回路より、青色ダイオードの発明によって、回路の色合わせ回路の装置を、小さく出来るだけの利点で有り、ノーマル回路の映像色をデジタル回路の映像色及びハイビジョンの映像色に近づける事の出来るダイオード回路素子として、発光ダイオードまたは、ダイオードに軽水素トリチウムを合成内蔵する事で、映像の曇りをなくしたり、映像色の組合せをキチンと出来る素子体が軽水素トリチウムになる。
おそらく、ハイビジョンに近い映像を、ノーマル電波でも、デジタル電波でも可能に出来た映像回路素子になると、ダイオードに水素を入れるか、軽水素トリチウムを入れるか、重水素ジュウテリウムを入れる技術が考えられるが、軽水素トリチウムは、2つの電子を中間子に有る物質で有り、重水素水素は、1つの電子しか無い為、軽水素より劣り、水素は、質量的に軽水素の電子2つの集合体より、電子集合体では劣る事になる。
従って、映像回路の中のダイオード回路は軽水素トリチウムを内蔵した装置を使用する。
尚、ダイオードスイッチ回路に、軽水素トリチウムを入れた場合ダイオードスイッチ回路のスイッチ切換えスピードが数段速く出来る軽水素トリチウムで有る。

0056

また、第24の課題解決手段として、燃料電池発電機の映像パネルの映像回路及び音声回路ノイズを全自動で取り除く映像回路の圧電素子回路は、圧電素子の磁気の弱い部分にプラス映像回路配線とマイナス映像回路配線を取り付け圧電素子磁石体の磁気の一番強い両端それぞれにプラス映像回路配線とマイナス映像回路配線を設ける事で、乱れた映像波は、圧電素子磁石体の磁気形状によって、全自動修復出来る仕組みで有る。
従って、音声波も、映像回路に使用した構造の圧電素子に音声波をそれぞれ別々に通す事で、圧電素子磁気の形状に沿って全自動磁気修復出来た説明になる。

0057

また、第25の課題解決手段として、燃料電池本来の印象は、水素を水素タンクに補充して、水素タンクの水素と、外気酸素の化学反応が主体で有り、最近は、本田技研の液体マグネシウムの水素と酸素の瞬間吸収発電装置で有り、トヨタ自動車は、固形水素とNHK報道したがどうやら、液体マグネシウムとは、別の物質だが特許番号の公開明示の義務が無い理由で、企業側は特許庁に聞きなさいの回答で有り、特許庁は、特許電子図書館で、自分で調べ為さいの回答で有り、弱者に無駄金を多く使わす考え方が、企業と国の特許庁の考え方なのは明白な事実で有る。
通常は、特許庁が企業側に、特許番号の公開番号の公開義務の観点から特許庁指導の上で特許番号を言うのが本来の法の形で有り、もしこの事が出来ない場合は、パンフレット等などに、特許番号を明示しなければならないのが、企業も国も、弱者国民の生活が成り立って初めて企業成立で有り、国の機関と言う特許庁の職権成立だと言えるはずが、弱者門前払いの特許法の在り方によって、益々日本の国の全額借金が増え続ける事態を、特許庁自体が、国の全額借金返済活動に対して、無料の特許提出と無料の先行技術調査と無料の海外先行技術調査すら、行わない事の回答で有り、絶対に国の全額借金返済に対しては、特許庁は如何なる理由にしろ、協力出来ないとの回答だけで有った。
お金と言う資産のある方がこの特許文章を、読んで特許庁の勝手気ままな国民の平等な保護に繋がる国の全額借金返済活動すら、国立大学の個人資産増資支援しか今だ、行わないのも、国立大学の特許権は、国の特許権利は、一つも無いのが事実で有る。
本発明の燃料電池発電機は、国の900兆円越えの借金全額返済の為の、日本の他社に絶対に無い燃料電池発電機技術になる。

発明の効果

0058

上述したように本発明の燃料電池は、化石燃料ガスから水素を取り出して水に変えるまでの技術でも無く、トヨタ自動車の燃料電池車及び本田技研工業自動車の燃料電池の用に、企業及び国が多くの金を使って水素スタンドを建てて、国民は、水素を買って燃料電池車を動かさなければならない絶対に将来的に避けて通れない給油式水素スタンドから、無害無給油の半永久連続作動の燃料電池発電機は、水素給油しない分電気税カードで、国民全体が900兆円越えの借金全額返済の道を作る発明の効果を平成の弱者国民切り捨ての日本の霞が関官庁全体に頭が悪くて大学まで行けなかった弱者庶民ならではの、海外の教科書より、日本の昔から引き継がれて来た、弱者国民の知恵の応用と言う財産で、日本全国の大学の最高知恵者でも出来ない歴史に残る国の危機を救う為の無害無給油の半永久連続作動の燃料電池発電機。

0059

また、本発明の燃料で地発電機は、ただの無害無給油の半永久連続作動の燃料電池発電機では無く一番目の燃料電池発電機の他、二番目の二つのダイナモ発電機の2連振子型機械式発電機と三番目の燃料電池発電機の熱を発電に変えた技術と四番目の燃料電池から出る水のくみ上げる水中ポンプの高速な水の流れによって、超小型水車の超小型高出力ダイナモの発電と五番目の燃料電池の発電電気打撃発電によって、軽水素トリチウム入り圧電素子発電回路の発電の五つの無害無給油の連続作動の半永久連続作動発電機は、海外の国々が、電気税カード方式を取り入れてくれるならば全世界の自然破壊天然資源の枯渇をくい止める事が出来て、平和と安全な道を開く効果を発揮するもので有る。

発明を実施するための最良の形態

0060

以下、本発明の実施の形態を図1から図18に基づいて説明する。

0061

2009年8月15日練馬区で墫野ニヤンがAM10時頃から書く。
図1においては、(1)は燃料電池発電機本体で有り、世界初の無害無給油の半永久連続作動発電方式の五種類の発電機が組み合わさって構成されている世界にもおそらく例の無い燃料電池の新しい考え方で有り、(12)の2連振子型発電機は、本発明には、絶対に欠かせない世界初の技術として、増幅発電が望める(60)の高出力ダイナモ発電方式と(61)の発電回路装置は、大きい電気エネルギーを軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体に強い電気を通しただけで増幅発電出来る軽水素トリチウム合成の圧電素子体で有り、(11)の軽水素トリチウム入りダイオード熱発電官装置と、熱発電官構造も、水の送り官としては、世界初のスクリュー官にしている為、(7)の水中ポンプから組み上げられた水は、(23)のスクリュー官を、水が通るだけで、水スピードが自然に加速する世界初の水官にスクリュー官技術を導入して、燃料電池発電機の発電後の水は、(9)の液体マグネシウム発電体は、複数の針穴形状の圧電素子磁石体の升形状の箱型に、本田技研が燃料電池として特許使用している液体マグネシウムを、(9)の複数針穴形状の圧電素子磁石体の四角形升形状の気化水素と軽水素トリチウムと気化酸素の融合体で有り、これら融合物質を液体マグネシウムの瞬間吸収発電する事で発電後の水は、(6)の残水タンク室に溜まり(10)の水位センサーの満水設定電気信号の全自動スイッチによって、(7)の水中ポンプによって軽水素トリチウムの多く入った水を、(11)の軽水素トリチウムダイオード熱発電
官の最新式のスクリュー官の中を軽水素トリチウムの多く入った水は、(7)の水中ポンプの組み上げスピード以上の水スピードを得た水は、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の(4)の電動仕切り弁と(27)の超小型プロペラダイナモ発電装置のプロペラを(23)のスクリュー官の水でプロペラを回転させて、超小型高出力ダイナモを、回転作動させて、燃料電池の3番目の発電を行いながら燃料電池の軽水素トリチウムの多く入った水を弱冷やす事として、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の(10)の水位センサーが満水に示すと電気信号スイッチが全自動で働いて、(3)の新型真空装置が、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の、エアーつまり空気を全て抜く事で、水は、瞬間に気化現象をおこして、(3)の新型真空装置が吸引したエアーは、(9)の液体マグネシウム発電体に連続して注がれて、連続液体マグネシウム発電を世界初で可能にした技術。
この他、(14)の温度センサーが、設定温度より上昇した場合、(1)の無害無給油半永久連続作動の燃料電池発電機本体を、二重構造にして、補助水タンクを用意して、燃料電池の発電システムを、循環させている構造にする。
尚、まだ(1)の燃料電池本体の温度が下がらない場合、水中ポンプのプロペラと一体型になったミッションプロペラによって、(4)の電動仕切り弁を開けて外気によって、補助タンクの水を冷やして(1)の無害無給油半永久連続燃料電池発電装置本体の温度調整装置としている。

0062

図の2は、図1に書かれている(13)の新型バッテリー装置の説明を始める。
(13)のバッテリー本体は、バッテリー装置の掃除が、いつでも出来る組立解体可能な、ポルトナット式構造の円柱形状型の重水素量を少し少なめに減らして調整した重水素と軽水素トリチウムニッケルバッテリー構造としている為、重水素が少ない分軽水素が多くなる為、重水素は、中間子に電子ひとつで有るが軽水素は中間子2つの電子の為、重水素量を少なくして、変わりに軽水素量を多くした水素(人工合成水素)は、市販の水素ニッケルバッテリーより、急速充電可能な世界初の水素を重水素ジュウテリウムと軽水素トリチウムの考え方によって、新たに別の水素構造とした重水素量調整型の軽水素トリチウムニッケルバッテリーの内容物で有る。
従って、(16)のネジ型プラス電極棒と(17)のネジ型マイナス電極棒は、長い間バッテリーを使用しない場合、(16,17)のネジ型電極棒の電極棒の表面が電解溶液で、バッテリー電解不純物が、電極棒に付着して使用しなくても、バッテリー充電量が不十分になる事故が有った事を踏まえて改善した装置で有り、(15)のバッテリー蓋装置に(16,17)のネジ型プラス電極棒がネジ方式で取りつく構造で有る。
更に、(20)の圧電素子板内臓穴空きニッケル充電ブロック体は(15)のバッテリー蓋装置によって取り外し可能な構造になっている。
この他、本発明のバッテリーは、充電した電気が無駄無く充電出来る用に網目の圧電素子磁石体が、(20)のニッケル充電ブロック体に貼られている構造で有る。
この他、バッテリー充電時発生する充電熱で発電出来る軽水素トリチウム入りダイオード発電パネルを(13)のバッテリー本体の内側に取り付けたバッテリーの充電熱で発電出来るバッテリー発電パネルを取り付けた世界初の組み立て解体型の最新式バッテリー装置は、燃料電池発電機の2連振子型機械式発電機のバッテリーに設置され、この他補助バッテリーまたは、ソーラーバッテリー車及びバッテリーカーに積載予定の世界初の技術で有る。
そして、(21)の圧電素子充電体瞬間電気電極分割装置は、圧電素子磁石体を使用していて、圧電素子磁石体の表面は、圧電素子とダイオードと軽水素の合成した粘着シートが圧電素子磁石体に圧電素子滑落防止対策として施されている構造になっている。

0063

図の3は、(1)の燃料電池発電機本体の(9)の液体マグネシウム発電体によって、(1)の燃料電池本体に使用する水に軽水素トリチウムを多く入れた水を(9)の液体マグネシウム発電体によって、瞬間吸収発電した水を貯蓄する(6)の残水貯水タンク室は、(26)の軽水素入りダイオード発電体パネルによって、(6)の残水貯水タンク室の部屋の壁全体が、発電体パネル構造になっている。
更に、(7)の水中ポンプカバーは、(26)の軽水素入りダイオード熱発電体パネル構造によって、発電出来るパネルだが、(26)の軽水素入りダイオード熱発電体パネルのモーター面側は、プラスチック合成石膏パネルか固形窒素合成プラスチックパネルか固形窒素内蔵グラスファイバーパネルによって、モーターの無駄な温度上昇を抑える役目をした(7)の水中ポンプパネル装置で有る。
この他、(23)のスクリュー官装置は、おそらく簡単な装置でも、古くから一度も使用されなかった簡単な構造のスクリュー官で有り、直線型水道管と異なり水を一定の力で送るだけで水スピードが自然に増幅する世界初の発想の(23)のスクリュー官で有る。
また、(1)の燃料電池発電機本体は、軽水素トリチウムを、水に多く入れて使用する為、燃料電池特有の発電熱が多く発生する為、通常は熱発電しないで外気によって、冷やすのが今までの解決手段で有ったはずで有る。
従って、スクリュー官は、ソーラーパネルのシリコンダイオード構造だけで無く、シリコンダイオードに軽水素トリチウム入りスクリュー官パネル装置を使用している構造で有り、防護装置として、金属スクリュー官の半割装置を(23)の軽水素入りダイオード水通過官に被せてポルトナット止め出来る(23)のスクリュー官構造で有る。
そして、(25)の絶縁金属スクリュー官カバーに(26)の軽水素入りダイオード熱発電体装置は、(5)のスプリング入りゴムによって支える構造になっている。

0064

図の4は、(4)の高出力モーター電動仕切り弁装置の構造説明を始める。
従って、(4)のモーター電動仕切り弁の水の通る内側は、軽水素トリチウムとソーラーパネルの太陽光発電装置の部材で有る(26)のシリコンダイオードと軽水素トリチウムを混合合成したパネルに圧電素子磁石体の超薄板を貼るか軽水素トリチウムとシリコンダイオ板ードと圧電素子を混合合成したパネルを、(4)のモーター電動仕切り弁の水の通る部分に取り付けたモーター電動仕切り弁の最新式の装置を積載した燃料電池発電機。
そして、(28)の超軽量高出力モーターの構造説明を始める。
従って、(28)の超軽量高出力モーターは、鋼鉄板の内コイルを超軽量にする為に(29)の軽水素トリチウム入り圧電素子内臓鋼鉄磁石板は、鋼鉄板の内側中心部分を刳り貫き、刳り貫いた場所に軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体を内蔵する構造で有り、鋼鉄板の中心部分を刳り貫いた構造にする場合、鋼鉄薄板を鋼鉄板の穴空き装置に貼り付ける状態で超薄板のステンレス板を張り付ける状態にした場所の穴空き部分に、軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体をはめ込むんで、(30)の超薄型のステンレス板をはめ込んで止めるか溶着して止める事で、超軽量高出力モーター中コイル板だけが出来る。
更に、超軽量高出力モーターにする為には、内コイルのコイル配線を、世界で一番軽い銅線に変える為に、銅線の中心部分を全て刳り貫いた(34)の超軽量銅筒官電気配線を最初に作り上げる。
そして、刳り貫いた場所に、(76)の軽水素入りの圧電素子磁石体に、電気の通るソーラーパネルの素材のシリコンダイオードを微量に、軽水素入り圧電素子磁石体と混合合成する事によって、電気の通り易い物質で出来た超軽量電気配線を、銅筒官配線に内蔵する事で、超軽量の銅筒官電気配線が出来上がり、超軽量高出力モーター内コイル板に、(34)の超軽量銅筒官電気配線を巻く事で、世界で一番軽いモーターコイルが出来上がる事になる。
最後に、(28)の超軽量高出力モーターの高出力になる理由説明を始める。
従って、(28)の超軽量高出力モーターとは、確かに今までの説明だけでも、モーターの内コイルが軽くなった分とコイル配線を電気の通り易い配線に変えた事だけでも、電気消費は少なくて済む。
更に、本来モーター内コイル板は、磁石で無くて通常の鉄板又は鋼鉄板で有るのが通常で有り、鋼鉄磁石の中央部分を刳り貫いて、刳り貫いた場所に(29)の軽水素入りの圧電素子磁石体を入れる事で、圧電素子に電気コイル磁気が通る事で、軽水素トリチウム入りの圧電素子は、軽水素中の中間子に2つの電子が有る為、圧電素子磁石体にコイル磁気電気を通す事で、軽水素トリチウムの中間子に有る2つの電子は、圧電素子の誘発発電を行う為、少ない電気でモーターのコイル磁気関係が成立する事とモーターの内コイルが超軽量の為、内コイル式では、世界で一番電気消費の少ないモーターが出来上がる事になる。
最後に、(4)のモーター電動仕切り弁装置は、(31)のモーター電動仕切り弁止め金装置によって、ボルトナット止め構造になっておる。
そして、(32)の水官繋ぎ場所は、ナット式と接着式油圧官のワンタッチはめ込み式のタイプを使用した燃料電池発電機に使用するだけの、ワンタッチ取り付け型アダプタタイプが有る。

0065

図の5は、燃料電池発電機だけの使用に考え考案した水位センサーの説明を始める。
従って、(10)の水位センサーは、(40)の超軽量球体装置によるカラー色ライン光光遮断位置設定の光遮断による(36)の光受信軽水素トリチウム入りダイオードスイッチ確認によって、(6)の発電貯水タンク室の、(10)の水位センサーの水満水を全自動で連続して、(7)の水中ポンプに電気配線による電気信号スイッチ連絡出来る装置で有る。
従って、(7)の水中ポンプの有る(6)の発電残水貯水室の(35)のカラー光発射装置は、(39)の軽水素トリチウム入り発光ダイオード玉装置で有る。
そして、(35)のカラー光発射装置から放たれたカラー光は、(38)の光通過空洞装置を通って(36)の光受信軽水素トリチウム入りダイオードスイッチ(40)の超軽量球体装置のカラー光ラインの光遮断による(36)の光受信軽水素トリチウム入りダイオードスイッチの光遮断確認及び光遮断認識及び光遮断連絡出来る(36)の光受信軽水素トリチウム入りダイオードスイッチで有る。
更に、(37)の反射板または色つき光止め装置は、(38)の光通過空洞装置に取り付く装置で有る。
この他、カラー光ライン装置を使用した装置は、さまざまの分野で先考案を、している確認は、経済産業省知的所有財産課と特許庁総務課は、既に確認済みで有る。

0066

図の6は、燃料電池発電機だけに使用する(14)の温度センサーの説明を始める。
従って、(14)の温度センサーは、(41)の少し太めの水銀温度計の水銀の先に光を遮断できる超軽量物質のプラスチック球体の(40)の超軽量球体装置に、(35)の光発射装置の、カラー光が(39)の軽水素トリチウム入り発光ダイオード玉装置から光が放たれ(37)の光止め装置を通り、(36)のカラー光感知軽水素トリチウム入りダイオード装置に、カラー光が当たって光ライン光が遮断された事を、確認及び認識及び電気信号出来るスイッチを(36)のカラー光の光感知軽水素トリチウム入りダイオードスイッチで有る。

0067

図の7は、燃料電池発電機の(3)の新型真空装置の説明を始める。
従って、(3)の新型真空装置は、図の4で説明した(4)の電動仕切り弁装置と(28)の超軽量高出力モーターの改良型の(42)の超軽量高出力2連モーターが使用設置している。
そして、(3)の新型真空装置のエアー(空気)の吸引装置は、平板十字プロペラ型の(43)の軽水素入りエアー取り除きプロペラ装置で有り、扇風機などの風車の羽根式とは異なった古くからの水車羽などに使用された形状羽デザインを少し原型とは異なる構造にした空気の吸引羽装置で有る。
更に、(43)の固形窒素板のエアー取り除きプロペラ装置は、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室のエアー温度を、常温に保つ為の空気を少しでも、冷やす為の固形窒素内蔵のプラスチック板及びグラスファイバー板で有る。
従ってエアーを吸引するモーターは、(42)の超軽量高出力2連モーターを使用する事で、超短い時間でエアーの吸引を全て終える事が出来る(42)の超軽量高出力2連モーターは、図の4で高出力モーター説明を行ったので、2連モーターとは、一つの内コイル板幅を、細くした二つの幅の狭い内コイル板を一本の軸に二つの高出力モーターコイル板を連結したモーターで有る。
その為、(42)の超軽量高出力2連モーターは、通常の2連以上モーターの2連コイルモーターの回転スピードを遥かに上回るスピードで、エアー吸引が出来る。
更に、(44)の真空装置全自動制御回路パネル装置は、(36)の軽水素トリチウム入りダイオードスイッチ装置を多く取り入れた回路装置で有り、(4)のモーター電動仕切り弁装置は、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の(10)の水位センサー装置が満水を示すと同時に、(3)の真空装置の(4)の電動仕切り弁装置を開いて(43)の固形窒素板のエアー取り除きプロペラ装置によって、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室のエアーが全て無くなって、真空になると、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の水(軽水素トリチウムの多く入った水)を、液体から気体に瞬間気化出来るのですが、本発明の(1)の無害無給油半永久連続作動の燃料電池発電機本体の燃料電池発電機の発電システム全体のエアー(空気)を予め少なくしておく技術によって、(3)の新型真空装置の作動時間を、超短くして、燃料電池の使用消費電気エネルギー量を超少なく出来る世界初の技術とも言える装置は、水を瞬間連続気化すると同時に、(9)の液体マグネシウム発電体に、水の瞬間常温気化融合物質を、連続して注ぐ事によって、(9)の液体マグネシウム発電体は、瞬間連続の(9)の液体マグネシウム連続酸素と水素の融合体吸収発電を繰り返す事の出来る世界初の燃料電池発電機で有る。

0068

図の8の、燃料電池発電機に絶対必要な気化水素と気化酸素の瞬間吸収発電の液体マグネシウムに関する説明を始める。
図の8は、燃料電池発電機の軽水素トリチウム量の多い水の常温瞬間気化融合物質の(9)の液体マグネシウム発電体装置の構造を説明する。
従って、(9)の液体マグネシウム発電体は、(48)の針穴空物質の洞圧電素子四角形型マス空洞装置に、(45)の液体マグネシウムを入れる構造いる。
理由は、(45)の液体マグネシウムの気化水素と気化酸素と少し多めの軽水素トリチウムの瞬間液体発電マグネシウム吸収発電を行った時の電気を超高速に、プラス電気とマイナス電気に区別と仕分けする事は、(9)の液体マグネシウム発電体の電気熱発生を、抑える役割の為の圧電素子磁石体の複数穴付きのパネルの発電時、発生する電気熱を、少なくする為の装置で有る。
そして、(48)の針穴空洞圧電素子四角形型マス空洞装置の亀裂及び滑落及び破損防止の為に、(52)のアルミニューム穴空き板装置によって(48)の針穴空洞圧電素子四角形型マス空洞装置の保護する台座で有る。
追加補助対策として、超薄型穴空きの発砲スチロール板を(48)の針穴空洞圧電素子四角形型マス空洞装置のクッション装置が考えられる。
従って、(49)の圧電素子針穴空洞発電体は、軽水素トリチウム入りダイオード発電ペーパーまたは、軽水素トリチウム入りダイオード穴空きパネルによって、振動の保護と(45)の液体マグネシウムの発電熱を、瞬間に電気エネルギーに変える装置説明で有る。
更に、(50)のプラス銅板電極板と(51)のマイナス銅板電極板は、錆び止め塗料剤の接着を良くする為に、銅板電極板の表面を、予めギザザにしておく対策が必要で有り、クームメッキ加工及び軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体加工などの処置が考えられる。

0069

図の9は、燃料電池発電機に絶対必要な、(12)の2連振子型機械式発電機の説明を始める。
従って、(12)の2連振子型機械式発電機は、無害無給油の半永久連続ダイナモ作動発電機の事を、(12)の2連振子型機械式発電機としている。
そして、(12)の2連振子型機械式発電機は、特開2003ー328925号広報の機械式発電機を2台組み合わせて、機械式発電機の構造を一部変えた装置で有る。
尚、新しく追加された技術は、次の通りで有る。
従って、(60)の高出力ダイナモは、世界初の通常ダイナモの発電量を上回るダイナモ発電量を得る事の出来るダイナモで有る。
構造は、通常ダイナモの中心部分を刳り貫いて、刳り貫いた場所に、軽水素トリチウム入り圧電素子磁石を内蔵をしたダイナモに、軽水素トリチウム圧電素子磁石体の滑落防止の為のステンレス板カバーを取り付けた装置で有る。
その他、新しく世界初の発電技術として、軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体に強い電気を通しただけで増幅発電出来る(61)の発電回路装置で有る。
更に、新技術として、(13)のバッテリー技術は、重水素ジュウテリウムの量を水素中から少なめに抜き取り、変わりに軽水素トリチウムを代わりに内蔵して、ニッケルバッテリー充電装置とした世界初の技術で有る。
更に、電気中の電気抵抗は、電気機器に本来必要としない電気中の電気抵抗で有り、(54)の人工ダイヤ刃電気カット装置は、高圧電気を低圧電気に下げる場合、通常は、電気
抵抗器を複数使用して、電圧を下げる為、無駄な電気抵抗熱を多く作り出していた電気システムを変える技術説明で有る。
従って、本来電気抵抗で電気を止めおきする為電気抵抗を使用するのだが、本発明の新技術は、人工ダイヤの刃によって、プラス電気及びマイナス電気の電気抵抗を電気に掛けないで、電気配線の銅線部分を、2分割にして、(54)の複数の人工ダイヤカット刃をあてがって、プラス電気及びマイナス電気それぞれを、2分割し続ける装置。
この他、(55)の大型ゼンマイ装置のゼンマイ板装置の劣化によって、ゼンマイ板が切れる事故の事前対策として、(55)の大型ゼンマイ装置のゼンマイ板装置に2本の超細ワイヤを2本入れる技術説明で有る。
以上の、新技術を取り入れた(12)の2連振子型機械式発電機の作動説明を始める。
まず、最初に(13)のバッテリーは、水素ニッケルバッテリー以上の急速充電可能なバッテリー装置で有り、(13)の重水素量調整型軽水素ニッケルバッテリーは、特開2004ー304992号広報の圧電素子3分割装置によって、電気中の電気抵抗熱電気を圧電素子磁石の磁気電気変換装置によって、熱抵抗磁気電気だけを取り除く技術が成立している為、(13)のバッテリー装置への急速充電時間は、水素ニッケルバッテリーの30分を更に短くした重水素量調整型軽水素ニッケルバッテリーの30分を更に短くした時間を更に短く出来る世界最速のバッテリー急速充電装置。
従って、上記に説明した世界最速の充電装置は、電気中の電気抵抗熱電気の部分だけを取り除く圧電素子磁石体を使った技術が、成立した為、電気をバッテリーに充電する時間を、世界最短急速充電技術を、確立した為、(1)の燃料電池発電機の補助電源が確立した事が、(1)無害無給油半永久連続作動出来る燃料電池発電機を、世界で初めて確立した事実の要因で有る。
従って、(12)の2連振子型機械式発電機の半永久連続作動発電の説明を始める。
まず、最初に(13)のバッテリーから取り出した電気は、(61)の発電回路へ(53)の電気電子増幅装置で、(13)のバッテリーから取り出した電気より、(61)の発電回路によって、増幅電気が、軽水素トリチウム入りの圧電素子磁気に通した電気は、軽水素トリチウム中の中間子に2つの電子が付いた軽水素トリチウム気化物質素子で有り、圧電素子磁石体の強い電気打撃による圧電効果で、バッテリーから取り出した電気は、増幅電気になり、(61)の複設けた数発電回路に、増幅した電気を次々に電気増幅する(12)の2連振子型機械式発電機の電気増幅発電回路の(61)の発電回路説明で有る。
従って、増幅発電した(61)の発電回路の電気は、(55)の大型ゼンマイ装置の、全自動ゼンマイ巻取りモーター装置へ電気が送られる事で、(60)の高出力ダイナモへ(55)の大型ゼンマイ装置の歯車エネルギーは、(56)の複数の穴空き歯車装置の歯車連続連動によって、(60)の高出力ダイナモ歯車へエネルギー伝達する。
ここでの、問題は(55)の大型ゼンマイ装置のゼンマイ板を、モーターで巻く時間の間、(60)の高出力ダイナモの歯車は、作動しない事になる為、対策として、(12)の2連振子型機械式発電機の(55)の大型ゼンマイ装置は、一つで無く三つ程同じ(55)の大型ゼンマイ装置を用意して設置するのだが、(60)の高出力ダイナモが、連続して作動する為に、(55)の大型ゼンマイ装置の、歯車作動時間は、それぞれ別々になる用にずらしているのも、特徴の一つで有る。
以上の事で、(60)の高出力ダイナモ装置の歯車を、連続して作動する事と、(61)の発電回路で発電した増幅電気だけで、(60)の高出力ダイナモの連続発電可能技術の中の一つ目の技術説明で有る。
更に、(60)の高出力ダイナモは、通常ダイナモの発電量を上回る発電増幅出来るダイナモ技術で有る、軽水素トリチウムを内蔵した圧電素子磁石体を、通常ダイナモの中心部分を刳り貫いた場所に取り付けた、ダイナモの発電した電気エネルギー打撃発電を、軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体にダイナモ電気打撃として連続増幅発電可能な電気は、特開2004−304992号広報の圧電素子3分割装置によって、(13)のバッテリー装置に、世界最速の充電スピードと充電時に発生する熱充電エネルギー放出を極力抑えた電気を圧電素子磁気電子に変えて、電気抵抗磁気電気だけを取り除く、世界初の技術によって世界最速充電を、不可能を可能に変えた技術説明で有る。
上記の説明だけでは、(61)の発電回路を、かなり用意して複数設置しなければならない為、他の技術によって(60)の高出力ダイナモの歯車回転スピードを増幅する技術説明を始める。
従って、特開2003ー328925号広報の機械式発電機にも、使用しているダイナモ装置の歯車回転スピードを増幅する為に、(57)の振り子装置は、振子軸と振子軸歯車構造からなっており、(57)の振子装置の往復作動の片側作動エネルギーを必要とする為、電磁石スイッチ切換え歯車装置などが使用されている。
尚、歯車振子装置の片側エネルギーだけを得る用に半分だけの歯車構造にした反転時は、外れてもう一つの半分の歯車エネルギーへエネルギー変換して、逆回転歯車エネルギーを別のダイナモ回転エネルギーに変えたりする技術の他、歯車の逆回転エネルギーを、元の回転エネルギーに直す特殊歯車装置としている。
以上の事で、(57)の振り子装置の作動エネルギーは、(55)の大型ゼンマイ装置の歯車連動エネルギーと歯車同士が重なって、増幅歯車作動エネルギーになる。
しからば、(57)の振子装置は、(63)のレールモーター止め金装置に取り付けられている半円形状の磁極切換えインバータ制御レールモーターによって、(57)の振り子装置は、連続往復作動出来る装置説明で有る。
この場合、レールモーターの電気消費量を少なくする為の技術として、(57)の振り子装置のレールモーターの両端に別の強力な永久磁石を取り付け、(59)の左反発側電磁石は、(62)のインバータ磁極切換え装置と(58)の右反発側電磁石は、同じく(62)のインバータ磁極切換え装置の電磁石の磁極切換えと、(61)の発電回路の増幅電気エネルギーを、(58,59)の電磁石に強い電気を流す事で、(57)の振子装置の左右往復作動の高速作動を、可能にした(1)の無害無給油の半永久連続作動発電出来る燃料電池発電機装置で有る。
記文章説明の、60行近くの文章によって、新しく技術投入した(12)の2連振子型機械式発電機だけでも、無害無給油の連続ダイナモ発電可能な技術を備えた発電機で有り、二つの機械式発電機の発電した増幅電気打撃で、(61)の発電回路の軽水素トリチウム入り圧電素子磁石発電装置に強い電気を流す事で、電気増幅発電量は、(12)の2連振子型発電機のみ技術だけでも、世界の枯渇の恐れの有る化石燃料資源と、水素タンクを必要とする燃料電池発電技術に、対抗出来る(12)の2連振子型機械式発電機で有る。

0070

図の10は、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電出来る燃料電池発電機の(9)の燃料電池発電機本体に内蔵して有る気化水素と気化酸素を瞬間吸収連続発電出来る(9)の液体マグネシウム発電体の発電量に近づこうとする(12) の2連振子型機械式発電機に、設置して有る(60)の高出力ダイナモだけを、解かり易い様に説明する。
従って、(60)の高出力ダイナモ装置は、通常ダイナモの中心部分を刳り貫いた装置に、(64)の軽水素トリチウム入りの圧電素子を、代わりに通常ダイナモの刳り貫いた場所に代わりに取り付けた装置で有り、(66)の薄型ステンレス板はダイナモに対して、(64)の軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体の滑落防止の為に(66)の超薄型ステンレス板が(60)の高出力ダイナモの中心部分に使用されている事実で有る。
更に、(68)のダイナモ軸は、(66)の超薄型ステンレス板の圧電素子滑落防止装置は、(68)のダイナモ軸と一体になっていると同時に(60)の高出力ダイナモに、(67)の軽水素トリチウム入り圧電素子止め金装置にポルト止めされる為、夫な構造が必要になる。
そして、(65)は、高出力ダイナモ止め金具装置で有る。
問題の(60)の高出力ダイナモが、同じ大きさのダイナモ装置より、発電量が増幅する説明を始める。
従って、通常ダイナモの発電した電気エネルギー打撃で、皆さんが良くご存じの圧電素子磁石体は、100円の電子ライター電子発生装置として、取り付けられている石は、一度の着火に必要なのは、人力だけだが、米粒程度の圧電素子磁石体は、繰り返して使用出来る発電体で有り、その発電体の圧電素子磁石体に軽水素トリチウムと言う物質は、水素中に含まれている重水素すなわち、プルトニウムが有る方を、重水素と言いプルトニウムの入って無い水素を、軽水素トリチウムと言うのを理解していただきたい。
更に、軽水素トリチウムの中間子には、2つの電子が有り、重水素には、1つの電子と原子の構造になる重水素の中間子説明は、辞典を参考にして明記している。
従って、軽水素トリチウムは、電子2つの中間子の為、(60)の高出力ダイナモの中間部分に内蔵される(64)の軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体は、通常ダイナモの電気打撃で、(64)の軽水素トリチウム入り圧電素子の軽水素の中間子にふっ付いている2つの電子の圧電素子磁石体に掛る強い電気打撃によって、軽水素トリチウムの2つの電子の相乗誘発の圧電素子磁石体の電気打撃発電が成立して、(60)の高出力ダイナモは、通常ダイナモの発電した電気量と圧電素子磁石体の電気打撃発電電気量と圧電素子磁石体に内蔵して有る軽水素トリチウムの構造の2つの電子の圧電素子相乗電気打撃増幅発電した電気量の三種類の異なった発電物質の増幅発電電気量を、(60)の高出力ダイナモ装置は、増幅ダイナモ発電を可能にした世界初の増幅発電出来る(60)の高出力ダイナモ装置説明で有る。

0071

図の11は、(1)の無害無給油半永久連続作動出来る燃料電池発電機の図の9でも説明した発電回路の説明を解り易く説明する。
従って、(61)の発電回路は、簡単に言うと、圧電素子に水素が内蔵されている今までに無い発電装置で有る。
更に、水素入りの圧電素子磁石体を、電子ライターに用いると多くの電子が一度に飛び出る装置になる。
水素の説明は、重水素ジュテリウムと軽水素トリチウムの二つが組み合わさって水素になる。
重水素は、皆さんご承知のプルトニウムが入っている水素の事を重水素と言う。
軽水素は、余り良く知られていないだけで無く、今まで報道されて来なかった技術で有り、プルトニウムの一切入って無い水素で有り、原子核を持たない中性子に電子2つが有るだけの水素を、辞典説明上軽水素としている。
重水素は、プルトニウムの為、中間子に原子核と電子1つの構造が重水素の為、原子力爆弾は、重水素の高圧縮物質を言うが、重水素は、取扱いに注意しなければならない。
今回使用する軽水素は、中間子に原子核が無い2つの電子は、電気融合し易く、電気が一番通り易く、水素の多く含まれている水に融合し易く熱吸収も、非常に優れている物質で有る事は、水素説明と同じだが、水素には、プルニユームが入っている為、危険要因が多い為、比較的安全な軽水素トリチウムを内蔵使用した(64)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体の説明に入る。
従って、比較的扱い易い軽水素トリチウムの入った(61)の発電回路は、(64)の圧電素子磁石体に軽水素トリチウムと言う中間子に電子2つの構造の軽水素物質を圧電素子に内蔵するか又は、圧電素子磁石体と軽水素トリチウムを混合合成して、高圧縮した圧電素子磁石体物質に圧電素子磁石体の磁気力の強い部分に電気配線を、プラス電気配線と、マイナス電気配線の二つを取り付けた構造にする。
更に、圧電素子磁石体に強い電気打撃を、加える為磁極の一番強い部分に取り付けた電気配線から、強い電気打撃を行って、圧電素子磁石体の電気打撃発電を行うのだが、圧電素子磁石体の丁度中間部分に、(70)の超小型の電気絶縁体に(70,71)の電気誘導銅板配線を取り付けるのだが、この装置を取り付けなければ、例えば、プラス電気を圧電素子磁石体のプラス磁気に流した強い電気は、マイナス磁極の端から電子として、放出される計算としかならない。
理由は、電子ライターに強い打撃を加えた場合、反対の磁極に取り付けられている電子誘導銅板板から電子が放出する事実説明からで有る。
従って、本発明の(61)の発電回路は、圧電素子磁石体の丁度中間部分に、超小型の(70)の絶縁体板に(70,71)電子誘導銅板板に電気配線が取り付けられている装置説明になる。
この場合、一つの圧電素子に、プラス増幅装置とマイナス電気増幅装置を取り付ける事は、可能で有るが、いずれにしても、プラス電気磁気とマイナス電気磁気がぶつかり合う為、プラス電気増幅装置付き圧電素子の発電回路とマイナス電気増幅装置付き圧電素子の発電回路を別々にする事で、電気抵抗熱発生を少しでも、少なくしたい。
最終的に、電気を(64)の軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体の一番強い磁気部分から強い電気を流すと同時に(64)の軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体の丁度中間部分に、(70)の絶縁体に(69)の発電回路の圧電素子電子誘導体を取り付ける事で、(61)の発電回路の(64)の軽水素トリチウム入り圧電素子の磁気の一番強い部分から流した電気は、(64)の軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体の丁度中間部分にだけに、片方の磁気電気のみを回収する場合、超小型の(69)の圧電素子電子誘導体を設けた構造説明以外、通常の圧電素子磁石体を上回る発電は、圧電素子磁石体に、軽水素トリチウムの中間子の2つの電子構造物質注入技術以外は、中間子に2つ以上の電子がふっ付いている物質を探す事が、発明の発見の第一条件で有る。

0072

図の12は、(1)の無害無給油半永久連続作動発電出来る燃料電池発電機の世界に墫野和夫以外絶対に無い技術と信じたい(12)の2連振子型機械式発電機の(57)の振り子装置の説明を始める。
従って、2連振子型機械式発電機を作動させる場合(57)の振り子装置を作動させて振子装置の左右往復作動の加速速度に、早めにたどり着く為に、(62)の固定用磁極切換えインバータ制御レールモーター装置と(57)の振子装置に取り付けられている複数絶縁体と複数永久磁石の配列の磁極切換えによって、(57)の振子装置は、全自動連続作動出来る2001年に最初に先技術考案した棒状のレールモーター装置。
更に、(57)の振り子装置の両側に一つずつ取り付けられている(75)の永久磁石は、(59)の軽水素入り圧電素子内臓鋼鉄コイル磁石と(58)の軽水素入り圧電素子内臓コイル鋼鉄磁石それぞれは、(57)の振り子装置のレールモーター設定位置にたどり付いた場合、(58,59)の軽水素入り圧電素子内臓コイル鋼鉄電磁石は、(62)の磁極切換えインバータ装置によって、振子装置の電磁石反発の左右往復作動を加速する為に、(60)の高出力ダイナモの発電した電気エネルギーの増幅と(61)の発電回路の電気エネルギー増幅と(12)の2連振子型機械式発電機の、もう一台の機械式発電機の電気エネルギーの交互の相乗発電電気エネルギーによって、増幅発電が出来る(12)の2連振子型機械式発電機と、(57)の振り子装置によって(60)の高出力ダイナモ装置を連続作動出来る装置の説明で有る。

0073

図の13は、(1)の無害無給油半永久連続作動発電の燃料電池発電機の(12)の2連振子型機械式発電機の(55)の大型ゼンマイ装置に取り付けられる(79)の大型ゼンマイ装置カバーと(80)のゼンマイ板装置と(81)のゼンマイ板切れ防止ワイヤは、(55)の大型ゼンマイ装置の連続作動によって、劣化による(80)のゼンマイ板装置の亀裂切断防止の為、事前に(81)のワイヤ入りゼンマイ切れ防止装置
次に、(28)の超軽量高出力モーターの説明を始める。
従って、(28)の超軽量モーターとは、モーターカバーを、鉄枠の穴空き形状にしたモーターカバーの穴空き部分に、超軽量の薄板金属または、超軽量の丈夫なパネル板を、貼り付け、もしくは接着止め又は、ポルトナット止めしたモーターカバーを超軽量高出力モーターカバー説明になり、これからの燃料電池発電機の超高速モーターのモーターカバーデザイン形状説明にもなる。
更に、モーター内部の説明に入る。
(28)の、超軽量高出力モーターは、(77)の超軽量内コイルモーター板は、鋼鉄板を複数重ねたタイプが殆んどで有るが、鋼鉄板の中央部分を刳り貫いた形状の刳り貫いた場所に、超軽量にする為に、軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体を代わりに内蔵するにあたって超薄型の鋼鉄板を軽水素入りの圧電素子内臓のモーターコイル板の両面に超薄型の鋼鉄板を(77)のコイル板を張り付けたモーター内コイル形状を、超軽量の(29)の軽水素トリチウム入り圧電素子内臓鋼鉄磁石内コイル体説明になる。
従って、(28)の超軽量高出力モーターの永久磁石の一番強力な鋼鉄磁石を、超軽量の鋼鉄永久磁石にする為に、鋼鉄磁石の内側全てを取り除いて、取り除いた場所に軽水素入りの圧電素子磁石体をはめ込んで両面に超薄型の鋼鉄板を張り付けて、ポルトナット止めした軽水素トリチウム入りの圧電素子内臓の鋼鉄磁石に一時コイルを巻いて、再び永久磁石化を図った磁気吸引の一番強い超軽量の鋼鉄磁石説明で有る。
この場合、電気コイル配線を巻いた電磁石または、電磁石電気コイルを内蔵した鋼鉄形状の超軽量モーター使用も考えられる。
更に、(28)の超軽量高出力モーターの内コイルの重量軽減対策として、銅線コイルの軽量化説明に入る。
従って、通常銅線の内側を全て刳り貫いた(34)の銅筒官配線に、電気の一番通り易い物質の(76)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体と、軽水素トリチウム漏れ防止の為の電気の通り易いソーラーパネル材のシリコンダイオードに軽水素トリチウムを混合合成した物質と軽水素トリチウムと圧電素子磁石体の混合合成物質の電気配線を銅筒官配線に内蔵した電気の通り易い銅筒官コイル配線を、(77)のモーター内コイル板に(34)の銅筒官の超軽量電気配線を巻く事で、世界で一番軽い(77)のモーター内コイル全ぼうが完成になる。
終結論は、本発明の(28)の超軽量高出力モーターの高出力モーターの由来と言う意味は、少ない電気で、同じ種類のモーターとは、格段の差でモーター回転出来るのが、モーターの内コイルの総重量を減らした世界初の技術と例えば他の超電導配線はモーターコイル配線には、不向きなのは、電磁気が発生しない欠点の為、モーターの内コイルにならないのは、電気配線に、銅線を使用しないとモーターコイル配線には、ならない為、銅材微粒子を、他の業者の超電導配線全てに銅の微粒子を吹き付け接着した超電導電気配線または、銅網目電気配線を、他の業者の超電導配線全てに被せる方法が、超電導コイル配線または、超電導コイルまたは、超電導コイルを巻いたコンデーサーなど、電気の通りにくい銅配線を使用したモーター内コイルでなければ、過去の財産を、将来的に活用出来る財産に出来なかった理由になる。
この他、デザイン上の説明だが、(83)のモーター冷房用のモーター穴装置は、モーター軸上下の蓋に穴を空け、モーターの内コイルに、外気の風吸引の為のプロペラを、モーター内部に取り付けた技術だが、おそらく使用しない特許技術になるのは、電気消費が多くなる理由と言える。
上記説明は、モーターの熱が、上がり放題の対策とモーターカバーを二重構造した場所に冷却材を入れる技術の特許使用料が高い場合の対策案になる。
(28)の超軽量高出力モーターは、超軽量対策と電気の一番通り易い軽水素トリチウムを世界で最初電気配線に使用した技術説明になる。
更に、(28)の超軽量高出力モーターの内コイルの鉄板または鋼鉄板は、通常は、電磁石板でなければ、ただの鉄板なのは、誰もが知りえたモーター内コイルの常識を、破る技術とは、超軽量の圧電素子磁石体を鋼鉄板の内側を刳り貫いて、刳り貫いた場所に代わりに圧電素子磁石のみならず、中間子に2つの電子がふっ付いている(76)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体によって、内コイルの鋼鉄枠自体が磁石体にしてコイルを巻いた場合、軽水素トリチウムの中間子の2つの電子と圧電素子磁石体の相互のコイルを巻いた時に発動する電磁石効果は圧電素子磁石体と2つの軽水素トリチウム電子との相互の発電効果現象の為、少ない電気でモーターの世界最高速回転を可能にした技術説明で有る。
おそらく、世界最高回転のモーター説明は、(28)の超軽量高出力モーターに今後なって行く理由に、電気抵抗ゼロの超電導配線までには、ならなかった(34)の銅筒官配線が、他の超電導電気配線では、絶対に真似の出来ない技術になるからで有る。
この他、外コイル式のモーターの場合は、外コイルは、(34)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体内臓の銅筒官電気配線を使用積載して、内側の永久磁石は、永久磁石の内側を刳り貫いて、刳り貫いた場所に、(76)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体を内蔵した、モーター枠外コイル型のモーターは、必然的に電気消費が少なくて、超高速モーターに新しくなるのは、本発明のモーター技術を投入した為になる。
この他、本田技研が主張するDCブラシレスモーター形状の電磁石と永久磁石を、(76)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体に変えた技術として、電磁石のコイルを、(34)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体を銅筒官配線に入れた電気の通り易いコイル配線を、鋼鉄永久磁石の内側を刳り貫いた場所に(76) の軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体に、(34)の銅筒官配線をステンレス板の中に内蔵したコイル板を、本田技研の主張するDCブラシレスモーターの圧電素子永久磁石の表面に超薄板の穴空きステンレスの永久磁石体を被せた装置と圧電素子永久磁石に(34)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体内臓の銅筒官配線を、超薄型の複数穴空きステンレス板の中に(34)の軽水素トリチウム入りの銅筒官配線コイル複数穴空きコイル板を、DCブラシレスモーターの軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体に複数穴空きコイル板を貼り付ける技術によて、本田技研の主張するDCブラシレスモーター能力を超えた電気消費の少ない、超高速回転出来る本田技研のDCブラシレスモーター技術とは、異なった技術によって、墫野和夫の世界初のモーター技術を使用した、新しく生まれ変わったインバータ磁極切換えのレールモーター説明になる。

0074

図の14は、(1)の無害無給油半永久連続作動発電の燃料電池発電機の(12)の2連振子型機械式発電機に使用積載する(85)のマグネトロン装置の(53)の電気電子増幅装置のマグネトロン装置部分の説明を始める。
従って、(85)のマグネトロン装置は、通常電気を高圧装置のコイル(銅筒官配線の34の軽水素トリチウム入り圧電素子内臓の銅筒官配線)をコイルに巻いた装置と、(34)の軽水素トリチウム入りの圧電素子内臓の銅筒官配線を使用したコンデンサー装置と、(34)の軽水素トリチウム入りの銅筒官電気配線を使用した冷却送風用のモーター装置と、多くの電気を集める為の絶縁体装置の代わりに、(61)の発電回路装置と通常のマグネトロンは、圧電素子磁石体で出来ている装置構造を、軽水素トリチウムを少なめだが圧電素子磁石体に内蔵した装置にする。
この場合、(85)のマグネトロン装置カバーは、二重構造にして、冷却材を入れる構造にする事で、(85)のマグネトロンの圧電素子磁石体に入れる軽水素トリチウムの量を多くする技術が可能になる。
この他、(85)のマグネトロン装置は、マグネトロン装置内で、プラス電子銅板誘導体とマイナス電子雲銅板誘導体を、電子が混合する前に分けて取り出さないと、増幅電子は、別々にならないのも現状のようで有る。
従って、本発明の(85)のマグネトロン装置は、古くからのマグネトロン装置を使用した場合の説明に入る。
説明として、(86)の電子から放出される混合電子を、プラス電気とマイナス電気に分ける為に、鉄と銅を混合した合金の平板の中に圧電素子磁石体を内蔵した、平板装置の両端それぞれには、鋼鉄磁石の中にコイルを入れた弱永久鋼鉄電磁石または、鋼鉄永久磁石によって、平板内に内蔵した圧電素子磁石体に、混合した(86)の電子管から放出される混合電子を、圧電素子磁気と永久磁石磁気によって、プラス電気とマイナス電気に分ける装置としている。
上記説明の通り、色々な(85)のマグネトロン装置を使用した、電気増幅装置の説明で有り、(88)の電子誘導配線を使用した(89)の電子銅板誘導体の内蔵した(87)の圧電素子磁石体は、(90)の圧電素子磁石体の防護絶縁体説明だが、おそらく増幅電子発生を行ったマグネトロンの大きさ分の(87)の圧電素子磁石体が必要になる。

0075

図の15は、(1)の無害無給油半永久連続作動発電装置の燃料電池発電機の補助発電機の(12)の2連振子型機械式発電機に内蔵積載する特開2004ー304992号公報の圧電素子3分割装置を、判り易く解説する為の(97)の圧電素子4分割装置の説明を始める。
違い説明
従って、広報では、圧電素子の陽電子(圧電素子磁石体の一番磁気の強いプラス部分)と圧電素子の陰電子(圧電素子磁石体の一番磁気の強いマイナス部分)と中間電子プラス側と中間電子マイナス側と明記しており、その為、中間子プラス側と中間子マイナス側をひっくるめて、中間子と位置づけた為、圧電素子3分割装置説明になっている。
その為、本発明の圧電素子4分割装置の説明は、圧電素子の陽電子と圧電素子の陰電子と圧電素子の中間陽電子と圧電素子の中間陰電子説明になる。
圧電素子4電子分割装置の簡単な説明。
従って、圧電素子の両端の圧電素子陽電子配線と圧電素子陰電子配線と通常電気の取り入れ口の圧電素子中間陽電子配線と圧電素子の中間陰電子配線とリサイクルプラス中間陽電子配線とリサイクルマイナス中間陰電子配線に別れる圧電素子の電気配線構造
更に、(91)の通常プラス電気は圧電素子の中間陽電子電気配線と(92)の通常マイナス電気は圧電素子の中間陰電子配線として、圧電素子磁石体の中央部分に流れ、熱抵抗電気は、圧電素子のリサイクル電気配線に成り、電気抵抗の取り除いた(95)の陽電子電気と(96)の陰電子気になる圧電素子4電子分割装置説明になる。

0076

図の16は、(1)の無害無給油半永久連続作動発電装置の燃料電池発電機の補助電源発電装置の(12)の2連振子型機械式発電機に設置する(99)の電気カット人工ダイヤ刃装置の説明を始める。
本発明の(99)の人工ダイヤ電気カット刃の説明として、(91)のプラス電気と(92)のマイナス電気を、電気配線を丁度2分割した間に(99)の電気カット人工ダイヤ刃装置を取り付ける説明になる。

0077

図の17の、(1)の無害無給油半永久連続作動発電装置の燃料電池発電機の補助電源発電装置の(12)の2連振子型機械式発電機に使用する電気電子変換増幅装置等の部品説明を始める。
(104)のコイルは、(34)の銅筒官で有り、(76)の軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体が内蔵されている電気配線で有り、軽水素トリチウム漏れ防止の為に、電気の通るソーラーパネル材のシリコンダイオードに軽水素トリチウムを混合合成した物質を(34)の銅筒官配線に内蔵した、電気の通り易い物質で作り上げた銅筒官の電気配線。
この他、(105)の変圧機説明だが、鋼鉄磁石の内側を刳り貫き刳り貫いた場所に軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体を、内蔵した永久磁石の両面に、薄鉄板を被せて(34)の銅筒官配線に、(76)の軽水素トリチウム入り圧電素子を内蔵した電気の通り易い物質で作った(34)の銅筒官配線を一次巻線二次巻線として、巻いた装置が(105)の変圧機で有る。
上記の装置は、銅線の超電導に近い電気の通りが良い電気配線によって可能になった装置。

0078

図の18の、(1)の無害無給油半永久連続作動発電機のメンテナンスパネル説明を始める。
従って、(108) は、アンテナで有り、複数アンテナを絶縁体で仕切った束アンテナを使用するか、複数アンテナの立ち上げなど等が考えられる。
そして、(1) の燃料電池発電機の始動装置の鍵は、(4) のモーター電動仕切り弁装置の(28)のモーターは、超小型高出力モーターに成り、(112)の超長二段山鍵装置は、通常のカギ装置では、届かない構造になっており、(111)のモーター電動仕切り弁口の鍵穴入り口は、鋼鉄の作りになっている。
この他、(113) のカード(画像及び音声記録型)の電気税カード。
最後に、(109)の画像パネル(液晶など)の説明で有る。
映像回路に対してで、有るが、(116)は、充電池素子ダイオード回路チップ装置で有るが、2002年9月末先発明考案して有ったのを、今回特許文章にした財産で有る。
本発明は、通常の電池素子では、電気の通りが悪い為、不向きになる為、充電池素子を使用する。
充電池素子とは、充電池の内容物の液体と金属の微量の粉をダイオードに混合合成する為の充電池素子で有り、充電池が気化物と金属の微量な粉を、ダイオードと混合合成した物質に電気配線の映像回路配線を取り付けた装置に絶縁体を巻いた(116)の充電池素子ダイオード回路チップ装置で有る。
次に、(115)の圧電素子回路チップ装置の説明で有る。
従って、(115)の圧電素子回路チップは、図15の(97)の圧電素子4電子磁気分割装置を、超小型の回路チップの大きさまで小さくした装置で有る。
次に、(114)の軽水素トリチウム入りダイオード映像回路チップ装置の説明を始める。
従って、(114)の軽水素トリチウム入りダイオード映像回路チップ装置の軽水素は、中間子に2つの電子がふっ付いている軽水素中間子素子で有る為、ダイオードの色合電気連絡が早い素子で有り、(116)の充電池素子は、水素ニッケル充電池は、重水素の中間子には、原子核と1つの電子と軽水素の中間子には、2つの電子が存在している為、数字的には、3つの電子になるがプルトニウム原子核が、電子の流れを妨げている為、軽水素のみの中間子質量は、水素の質量に対して、中間子電子の量は、質量的に軽水素トリチウム
の方が上回る説明になる。
更に、ダイオードに混合合成する物質が、軽水素トリチウムより、技術が上の場合の説明は、軽水素トリチウムの質量に対して中間子電子が2つ以上が、公知になってない別発明技術を、再び探す事になる。
この他、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電装置の燃料電池発電機本体のシステムでーターを、携帯電話波か無線波の全自動連絡出来る(1)の燃料電池発電機のシステムデ—ターを電話インターネット連絡も、可能なシステムを備えた装置。

0079

上記では、動作構成も説明したが、世界初の技術理由として、未だにテレビ新聞マスコミは、燃料電池発電機の水素の水素タンク給油式を、大々的に発表し続けているのも事実で有り、特開2003ー328925号公報の水発電機を改良した(1)の無害無給油半永久連続作動発電装置の燃料電池発電機は、日本国内では、墫野和夫技術以外無い事になっている事実に対しては、日本企業全体が知りえていて当然で有り、企業側が、燃料電池の新技術を調べた場合、国際特許分類捜査で探し易くしております。
従って、日本企業及び日本の官庁全体は、特許認定になる前から、試作品を企業合同または、大学と国が共同で試作品を作って来たのが事実で有る。
今回、本発明の(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機は、企業側及び日本の国の機関に対して、墫野和夫が、発明した(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機を公開した時点で、共同事業の連絡が必ず有るはずなのが、資本主義社会を、日本の企業及び国の官庁が推進しているのも事実で有る。
もし、本発明を公開した時点で、企業連絡及び国の官庁の連絡が、墫野和夫が求めなくても、企業側と国の官庁側が連絡をしてこない場合、本発明の(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電技術の全ての技術が、既に他社が、墫野和夫より、先に国際著作権法上の先著作権考案文書説明技術の先技術が、他社に有るならば、企業側と国の官庁の特許庁及び経済産業省及び国土交通省及び文部科学省及び財務省などから、他の国の外国人の個人財産が、実際に存在している事の連絡が有ると言える。
逆に、本発明の(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機の、特許提出と実用新案登録提出を、二つ共墫野和夫が行います。
その場合、実用新案の技術評価書に、墫野和夫と同じ発明技術の燃料電池発電機が、日本国内に無い場合、海外の技術評価書を、特許庁が行わなければ、海外所得税の脱税の共謀罪として、再び海外の技術評価書を、再び求める事にしている考えです。
別途説明。
海外所得税免除の特例は、過去の安保事件で、騒がれた日本の特許権技術の原子力発電機技術で有り、日本企業がなぜ全世界で、総資産がNHK放送局などでは、アメリカに続いて一番か二番の説明理由として、海外原子力売電利益によって、日本のテレビマスコミ及びラジオマスコミ及び新聞マスコミ全てが株式の間接的関係で結ばれているのも、現在の資本主義社会の象徴と事実だからで有る。しかしながら、海外原子力売電利益に対して、海外所得税は、納めて無いのは、原子力発電に対しての事故責任は、最終的に日本の国と言う国民が全て責任を被るが、原子力売電の取り決めだったはずで有る。
しかしながら、本発明の、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機を、特許庁が、墫野和夫以外の技術がなかった事の回答を、示した場合、日本の国は、今まで企業側とべったりだった関係を、全て断ち切って、日本の全国民の未来永劫の安全な幸せと、幸福を、日本の官庁全体が、原子力発電優先から、無害無給油の半永久連続作動発電機への技術転換説明は、国民の前で行ってくれる事と考えます。
テレビマスコミ報道とラジオマスコミ報道と新聞報道マスコミが、昔からの庶民全体の言い伝えのタヌキとキツネの化かし合いは、政治献金を、含めて過去の原子力船の、ムツに日本の国が、大学教授個人の発明に支払ったとNHK放送局が、過去に報道したとしている金額は、日本の国の一年間の全予算の3年以上だったのを記憶している。
問題は、原子力発電は、資源が無限で無くて、いつかは枯渇する事実と、原子力廃棄物の全ての再利用が、取り決めしてない事。
水素給油式の燃料電池発電機は、国民負担が、明白で有り、国の全額借金返済の為の、判り易い日本企業全ての、燃料電池特許権の海外所得税の国の利益が、明白にしていないなとの事で有る。
国の全額借金900兆円近い全額借金返済を、行う事に対して、国の全ての官庁側は、消費税つり上げても、不可能な国の全額借金返済に対して、既に特許権切れの日本企業及び日本の外資系の原子力売電事業に対して、特許切れならば、海外原子力売電の海外所得税の日本国の税務署へ納める事だけでも、日本の国の900兆円近い日本の国の全額借金返済方法が、この文章では、説明が付くのは、資本主義国家の存在を、法で認めるならば、既に特許権切れ、原子力売電の海外売電には、海外所得税をかけるべきで有り、本発明の(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機の、日本国内に於いての、燃料電池の水素タンクの無給油式と半永久連続作動発電機技術が、他社に無い理由が上げられる。

0080

2009年8月18日仕事を終え書き始める。
その為、(1)の本発明の無害無給油の半永久連続作動発電機の、技術構成の動作を、先著作権文書考案発明技術説明として、判り易く重複説明する。
重水素量調整型の軽水素量ニッケル構造の世界最速の急速充電出来る(13)のバッテリー装置は、(12)の2連振子型機械式発電機の(60)の高出力ダイナモを、高出力ダイナモ歯車によって、連続回転作動発電する為に、(13)のバッテリー電気量を、(61)の軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石体の発電回路に電気を、通す事によって、軽水素の中間子に有る2つの電子の圧電素子の電気打撃発電によって、電気の増幅発電出来る世界で初めての新技術で有り、(60)の高出力ダイナモの歯車を連続回転させる為の(55)の大型ゼンマイ装置にも、歯車設定になっており、(55)のゼンマイ装置のエネルギーで、歯車の連動作動によって、(60)の高出力ダイナモの歯車を、連続作動する為の装置で有り、(80)のゼンマイ板装置には、ゼンマイ板切れ防止の(81)のゼンマイ切れ防止の2本のワイヤが内蔵したゼンマイ板を、(28)の電気消費の少ない、超軽量高出力モーターの超小型装置によって、全自動のワイヤ電気スイッチ等によって、(55)の大型ゼンマイの全自動巻き取りによって、連続した(60)の高出力ダイナモ発電を可能にする為、(55)の大型ゼンマイ装置は、複数設置になる。
更に、(60)の高出力ダイナモを、高速回転にする為の上記の構成動作説明で有る。
従って、(60)の高出力ダイナモの発電した電気と、(13)のバッテリーの電気を合わせた電気と、複数の(61)の発電回路装置の増幅発電力を、応用して(57)の振子装置は、(62)の電磁石磁極接合スイッチの歯車が、(57)の振り子装置の左右往復連続作動エネルギーを、(57)の振り子装置の歯車の片方の回転連続エネルギーが、作る事の出来る電磁石接合の連続切換え可能な装置を積載して(75)の永久磁石左右二つと(58)の軽水素入り圧電素子内臓鋼鉄電磁石と(59)の軽水素入り圧電素子内臓鋼鉄電磁石に、強い電気を連続して流す事で、(57)の振り子装置の左右往復の高速連続作動に、よって(60)の高出力ダイナモ歯車の高速回転を、(55)の大型ゼンマイ装置の複数の装置歯車のエネルギーが、歯車同士で重なり合って融合する事で、(60)の高出力ダイナモの高速歯車回転の連続高出力ダイナモ発電を可能にした世界初の増幅発電可能な(60)の高出力ダイナモ発電出来る
装置で有り、発電した電気は、世界初の超高速充電可能な技術の、特開2004ー304992号公報の電気中の電気抵抗熱電気だけ取り除く装置の開発によって、(13)のバッテリーの世界最速の急速充電と燃料電池以外の補助発電の半永久連続作動発電を、可能にした装置で有り、(12)の2連振子型機械式発電機は、(57)の振子装置の更なる電気増幅による、(60)の高出力ダイナモの歯車超高速回転を、2台の機械式発電機の相互の発電した電気を、交互に増幅発電する世界初の技術によって、燃料電池とは、異なった発電方法の無害無給油の半永久連続作動発電可能な(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機を世界で初めて水素タンクの水素無給油型装置を、不可能から可能にした燃料電池発電機を連続作動させる事の出来る補助発電装置で有る。

0081

以下上記構成の動作説明によって、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電出来る燃料電池発電機の補助発電装置の説明を、終えて、(9)の本田技研工業自動車でも、使用している水素と酸素の瞬間吸収発電装置の液体マグネシウム発電体を使用した、(1)の燃料電池発電機の連続した水素無給油式の半永久の連続作動発電方法の世界初の動作説明を始める。
従って、通常の燃料電池発電機の全ては、気化水素と気化酸素の発電後は、無害の水だけを残す技術までだったのが、全世界のマスコミ及び全世界の大学が推進する水素タンクの水素給油式で有る。
上記の技術だけでは、資金及び財産の乏しい弱者国民は、資本主義企業マスコミ国家によって、資本の無い弱者が、資本主義トップの生活を、永遠に出来なくなるのは、昔から日本国民の言う働かないもの食うべからずの、一言で永遠の格差社会に於いた資本主義マスコミ国家社会にしかならない為、弱者庶民全体と永遠に仲良く暮らす為と、日本のマスコミ資本主義企業国家に、迷惑を掛けない為に、日本の弱者国民全体の自立を宣言する。本発明の、世界初の無害無給油の連続作動発電機の燃料電池の、全世界の他社とは異なった技術説明で有る。
従って、他社の水素と酸素の代わりに使用する墫野和夫の無害無給油の半永久の連続作動発電機の燃料電池発電機に使用する発電物質は、燃料電池発電機が、連続発電する為の水素と酸素の量を、水に換算した水の物質量に対して軽水素トリチウムを、予め混合合成した水を連続して(3)の新型真空装置によって、軽水素トリチウムの中間子の2つの電子入りの水を、常温連続気化した、常温の気化水素と気化酸素と気化軽水素トリチウムの融合体を作り出し、本田技研工業自動車でも、使用している(9)の液体マグネシウム発電体に、(3)の新型真空装置の作動によって、水を常温気化させて(9)の液体マグネシウム発電体に気化水素と気化酸素の融合体の瞬間吸収発電する技術の動作説明で有る。
上記説明は、実願2004-007250技術の、発電物質を、更に同じ燃料電池の水に含まれる水素と酸素の成分構成と質量を、水素を、人工的に重水素量を、減らして代わりに軽水素トリチウムを入れる水素成分にした水素と酸素が発電しても、重水素中のプルトニウムの量を少なくした水の構造説明で有る。
この場合、体には、プルトニウムの残らない水説明でも有り、医療用の水または飲料用の水として、特許請求出来る技術で有ると思われる。
更に、言える事は、本発明の重水素を、まるきり取り除いた別の水説明では、軽水素トリチウムは、中間子に2つの電子が存在した軽水素トリチウムと酸素を、(9)液体マグネシウム発電体の化学反応させた場合、電子が多い分発電量が増すのは、軽水素トリチウムの構造から明白なのです。
上記の説明によって、既に(9)の液体マグネシウムを使用した発電量は、水素と酸素と言う水の同じ質量では、重水素の無い方が発電量が増える事に成る。
更に、(9)の液体マグネシウムを使用しない過去の技術の水素と酸素の融合発電量は、少なかったが、軽水素トリチウムと酸素の化学反応発電は、過去の水素と酸素の化学反応発電量を超える技術説明に、悲しい事だが、国の進めるプルトにニウムを取り除いた水素の軽水素トリチウムに酸素の融合発電は、過去の水素と酸素の化学反応発電量を、超えてしまう事実を、試験施策した方は、事実を目にする事になります。
従って、軽水素トリチウムと酸素の燃料電池発電は、多くの熱エネルギーを発生する事を、前おきしておきます。
なお且つ、本発明は、軽水素だけと酸素の化学反応発電で無く、重水素プルトニウム量を少し減らした代わりに軽水素トリチウム量をわずかだが追加した技術にしたのは、温度上昇は、通常の燃料電池発電機以上明白な温度上昇になるからで有る。

0082

上記の、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機の、発電物質を、重水素量を少なくした代わりに軽水素トリチウムを、代わりに(1)の新技術の燃料電池発電機の発電物質として、上記構成の動作説明を始める。
従って、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機は、従来の燃料電池発電機とは異なり、水素タンクを持たない、重水素量調整型の軽水素トリチウム入りの水を、連続循環による発電方式で有る。
その為、(3)の新型真空装置によって、気化水素と気化酸素は、(9)の液体マグネシウム発電体によって、気化酸素と気化水素の融合体の瞬間吸収発電を、(9)の液体マグネシウム発電体によって、連続発電出来る装置で有る。
ここで、(3)の新型真空装置の動作説明を始める。
従って、水は、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室へ、(6)の残水貯水タンク室で、水が満水になると、(10)の水位センサーが全自動で働いて、(7)の水中ポンプによって、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室へ水を送り(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の(10)の水位センサーが満水を示すと、全自動システムで、(3)の新型真空装置が作動する(1)の無害無給油の半永久連続作動発電出来る燃料電池発電機で有る。
従って、(3)の新型真空装置の吸引口は、(4)のモーター電動仕切り弁装置を設置する理由として、(9)の液体マグネシウムの気化水素と気化酸素の融合体の瞬間吸収発電する際、気化水素と気化酸素が、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室へ気化酸素と気化水素の融合体が逆流防止事故を防ぐ為の世界初の(28)の超軽量高出力モーターを超小型にした、レールモーターの次に電気消費の少ない世界初のモーター型技術部品によって、(3)の新型真空装置の電気消費を抑え、更に(3)の新型真空装置の電気消費を抑える為の、世界初の技術の、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機内の空間全ての空気を、最初から水が気化する手前まで、予め燃料電池発電機の全室内の空気事前抜き取り技術によって、(3)の新型真空装置の電気消費を、更に少なくした世界初の技術で有る。
更に、(3)の新型真空装置は、エアー吸引官を、(23)のスクリュー官取りとして、(3)の新型真空装置の気化水素と気化酸素の排出口には、水車プロペラの(60)の高出力ダイナモ装置は、本来は、取り付けないのだが、(1)の燃料電池発電機の急激な温度上昇を避ける為に風を人工的に起こして、(1)の燃料電池発電機内の温度上昇を、避ける効果を期待している装置で有り、(9)の液体マグネシウム発電体へ、気化水素と気化酸素の融合体が平均にあたる用に誘導室内管は、短く設定しなければならない。
注意する点
問題は、(9)の液体マグネシウム発電体の有る部屋は、二重構造にして、二重構造の間には、水を循環させて、(1)の燃料電池発電機の温度調整を、(14)の温度センサーの全自動温度管理で、温度調整を水で行う技術説明で有る。
温度の上昇を、比較的に心配しなくて済むのが、発電物質に、一切何も入って無い水を、使う世界初の技術は、言うまでも無い特許技術に水だけを、使用する技術と、水素中の水素成分調整を行う事で、発で量をアップする技術の違いを、読む方々に他の会社全ての燃料電池発電技術と異なる技術で有るのが墫野和夫の水と軽水素を使用したそれぞれの技術で有る事の確認をお願いします。
更に、(3)の新型真空装置のエアー吸引装置は、(43)の固形窒素板のエアー取り除きプロペラ装置に、液体ヘリームを使用しない理由として、燃料電池発電機は、急激に冷やし過ぎると、蒸気球体水滴によって、発電量が少なくなり常温の一定温度がベストだからで有る。
更に、(3)の新型真空装置が、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の水を、全て気化する時間を短くする為に、(42)の超軽量高出力2連モーターを使用したのは、超小型で高速回転出来て、電気消費の抑える事の出来るモーターは、超高速の世界最高速モーターは、(28)の超軽量高出力モーター以外有りません。
確かに電気消費の一番少ないモーターは、コイル無しの磁極切換えインバータ制御の軽水素圧電素子磁石を使用したレールモーターは、電気消費は、世界で一番電気消費が少ないのは、コイル無しの分、世界初の圧電素子に軽水素トリウムを入れた技術使用だから、磁気磁極変換が、更に早くなった軽水素トリチウム入りの圧電素子磁石技術より、(28)の超軽量高出力モーター技術の方が、モータースピードが上がる為で有る。
従って、(3)の新型真空装置の作動制御する(44)の真空装置全自動制御回路パネルに、世界初の新技術として、世界最高スピードのダイオードスイッチ装置の新しい技術として、軽水素トリチウム入りダイオード技術は、軽水素トリチウムの中間子に2つの電子構造の気化素子を、ダイオードに世界初で内蔵した技術は、全世界の電気製品のスイッチ切換えスピードを、世界最速に変える技術だからで有る。

0083

2009年8月20日PM21時2分免許切換え後、再び書く。
上記の、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の(9)の液体マグネシウム発電体によって、気化水素と気化酸素の発電後の水の処理方法の説明と(6)の残水貯水タンク室の構成及び動作を説明する。
従って、(9)の液体マグネシウム発電体から出来る水は、発電熱は、急激な温度上昇を避ける為に、(9)の液体マグネシウム発電体の発電後の水を、細めの(23)のスクリュー官を設置使用して、(23)のスクリュー官の先には、水車型風車板装置を、取り付け水の自然落下の作動の水冷却方法として取り入れた世界初の技術で有る。
更に、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池のある程度の気化水素と気化酸素の瞬間の(9)の液体マグネシウム発電体吸収時には、絶対に発電熱は、いくらかは発生して、冷却材パネル等で、下げ停めしたりは、可能な技術だが改めて発電熱を、(26)の軽水素入りダイオード熱発電体を、パネル状にして、(6)の残水貯水タンクに、ポルトナット止め方式か、枠はめ込み式にする事で、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機の(9)の液体マグネシウム発電体の絶対に発生する発電熱を、利用した(26)の軽水素入りダイオードパネルは、ソオーラーパネルに使用しているシリコンダイオードに、軽水素トリチウムを混合合成内蔵した世界で一番新しい技術の太陽光熱以外の、熱瞬間吸収発電パネル技術で有る。
そして、水温度の急激な上昇を、避ける為に(7)の水中ポンプに吸い込む水温度を下げる為に(7)の水中ポンプの吸い込み排水官に取り付けた、(120)の超軽量高出力モーター(AB)の(119)の水車板型水送りモータ羽根板の(固形窒素内蔵板)によって、(7)の水中ポンプの吸い込んだ水の加速を付けたり、降り注いで溜まる水に対して、(117)の水中ポンプスクリューによって、風の力と水流の流れを、作って水を少しでも冷やす対策装置としている。
この他、(118)の水中ポンプスクリュー(A)から吸い込まれた水は、(23)のスクリュー官(スクリュー水管)へ(120)の超軽量高出力モーター(AB)によって、水スピードを上げ(26)の軽水素入りダイオード熱発電体パネル水管の(23)のスクリュー官装置は、水温度が高い程(26)の軽水素入りダイオードの(25)の絶縁体金属スクリュー官カバーによって(26)の軽水素入りダイオード熱発電体は、(5)のスプリング入りゴム装置によって装置保護している。
更に、(23)のスクリュー官の先には、(4)のモーター電動仕切り弁装置に連なって、(121)の水流幅変換装置連なり、(28)超軽量高出力モーターに(119)の水車板型水送りモーター羽根板によって、(60)の高出力ダイナモによって、(23)のスクリュー官のスピードの速くなった水によって発電出来て水の温度を下げる事の出来る装置。
尚且つ、更に(121)の水流幅変換装置と(122)の複数穴板パネルによって、水の温度を下げてから、(124)水流2分割流装置によって、水の流れを二つにしてから(123)の水流合流装置によって再び水同志の衝突で、水温を下げる試みを行い、(23)のスクリュー官を使用して(125)の2連水車板装置によって、更に水の温度を下げ(122)の複数穴板パネル装置は、更に水の温度を下げ、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の一番下に(23)のスクリュー水官が横サイドに取りつく構造で有る。
従って、(23)のスクリュー官の温度が上がった時だけ、(26)の軽水素入りダイオード熱発電体によって水の熱温度発電が出来る装置。

0084

更に、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室へ、(23)のスクリュー官を通じて、少ない(26)の軽水素入りダイオード熱発電体の水の熱発電技術と、(119)の水車板型水送りモーター羽根板装置を使用した(60)の超小型の高出力ダイナモ発電を行った後、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室では、水の温度が高温の場合、水蒸気蒸発現象が起こる為、対策を講じる。
従って、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の水の温度を下げる為、(127)の冷却物質内蔵ニッケルブロック網装置は、超小型の複数の(128)の冷却物質を、内蔵した(129)のニッケル金属ブロック板の表面に対して、(26)の軽水素入りダイオード熱発電体を、表面の部分接着加工した熱発電装置は、プラスとマイナス配線が発電体一つ一つに取り付けられている装置で有り、(131)の水温低下装置の(127)の冷却物質内蔵ニッケルブロック網装置は、(126)の網目装置を、十字及び斜線様々な角度の(126)の網目板を、複数重ねた装置を、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室に取り付ける事で、例え水が蒸気になっても、水滴として留まる構造にした、水循環連続発電型の(1)の無害無給油の半永久連続作動の燃料電池発電機で有る。
更に、(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室全体は、水の温度上昇に伴って、無駄になる水の温度を、(26)の軽水素入りダイオード熱発電体パネルで全て内側を発電体で囲む構造にしている面でも、過去に絶対無い燃料電池発電機に無い世界初の技術と言える。

0085

この他、図の5の(10)の水位センサーは、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電出来る燃料電池発電機本体のみに、使用する特製の(10)の水位センサーは、(40)の超軽量球体装置による(35)のカラー色光発射装置のライン光の光感知及び認知の(36)の光感知軽水素トリチウム入りダイオードスイッチによって、水の量を全自動計測出来て、設定水位になると全自動で、(7)の、水中ポンプの作動連絡をして、(6)の残水貯水タンクの水を、(23)のスクリュー官装置を経て水を、(10)の水位センサーの連続反応によって、水を連続して送る為の(10)の水位センサー装置で有る。
この他、(10)の水位センサー装置は、世界初の光感知技術を使用した技術で有る(39)の軽水素トリチウム入り発光ダイオード玉装置は、発光ダイオード玉装置に予め、軽水素トリチウムの中間子の2つの電子のダイオード融合発電によって、通常の発光ダイオード玉装置の電気消費より、少ない電気消費で、発光ダイオード玉を、光らせる事が出来る世界初の技術。
その為、(38)の光通過空洞装置は、(6)の残水貯水タンク室の水位を、細かく(35)のカラー光発射装置の細かな(38)の光通過空洞装置によって、(36)の光感知軽水素トリチウム入りダイオードスイッチ装置を、細かく水位の高さ設定を行う事の出来る装置。

0086

この他、図の6の(14)の温度センサーは、世界初の光感知技術を使用した温度センサー技術説明で有る。
通常の、温度センサー技術と異なる(41)の水銀温度計のクリスタルガラス管に(37)の光止め装置の(40)の超軽量球体装置を、(41)の水銀温度計に内蔵した世界初の試みで有る。
従って、(14)の温度センサーに使用する(39)の軽水素トリチウム入り発光ダイオード玉技術は、現在、世界で最も電気消費の少ない発光ダイオード玉装置に対して、世界初の軽水素トリチウムのダイオード合成技術を、取り入れた世界で最も電気消費の少ない特別技術を使用した軽水素トリチウムのダイオード内蔵技術で有る。
その為、(35)の光発射装置は、(39)の軽水素トリチウム入り発光ダイオード玉装置によって、(37)の複数穴の光止め装置を、複数のライン光として、(41)の水銀温度計の(40)の超軽量球体装置を含めてカラー光を照射する事によって、カラー光ラインが遮断された位置を、(36)のカラー色光感知軽水素トリチウム入りダイオードスイッチによって、(41)の水銀温度計の(40)の超小型超軽量の球体装置によって、カラー光ラインの遮断された位置だけを、全自動計測して、電気信号で(14)の温度センサー位置を、全自動連絡出来る(14)の温度センサー装置。

0087

この他、図25の(132)は、複数針穴形状炭素ダイオード発電パネルは、(52)のアルミニューム穴空き板パネル装置で保護され、(6)の残水貯水タンク室の内壁及び(2)の発電物質瞬間気化融合物質調整室の内壁に(132)の複数針穴形状炭素ダイオード発電パネルを、錆びないポルトナット止めを行って止める事で、蒸気温度による炭素軽水素トリチウム入りダイオード発電と液体マグネシウム発電体の二つの発電が同時に出来る、(1)の無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機の(132)の補助発電機装置の複数針穴形状炭素ダイオード発電パネルによって、(1)燃料電池発電機の特有の気化水素と気化酸素の(9)の液体マグネシウム発電体の瞬間気化酸素気化水素の融合体発電時に、絶対に起こり得る発電熱によって水の温度が上がる為、水蒸気も発生する為、その発生蒸気を利用した(132)の複数針穴形状炭素ダイオード発電パネル装置

0088

本発明の、世界初の無害無給油の燃料電池発電機を、国の特許庁及び経済産業省及び財務省その他の国の機関の職員全体が読まれる方々の為に、過剰書きの世界初の、無害無給油の半永久連続作動発電機に対して世界初の技術として複数のマスコミ公開されていない技術を、過剰書きしますので、国の現在の900兆円近い日本の全額借金に対して、国の有識者会議でも、占めせれない国の全額借金返済の為の技術過剰書きで有る。
第1の技術として、本発明の燃料電池発電機は、無害無給油の半永久連続作動発電出来る発電機の世界初の技術で有る。
第2の技術として、本発明の燃料電池発電機は、発電物質を、世界初の水に軽水素トリチウムを、混合合成した発電物質発電技術で有る。
第3の技術として、本発明の燃料電池発電機は、発電物質の軽水素トリチウム入りの水を、(3)の真空装置によって連続瞬間気化させる技術。
第4の技術として、本発明の燃料電池発電機は、補助発電機として、(12)の2連振子型機械式発電機の高出力ダイナモ発電装置の通常ダイナモより、発電量の多い、軽水素トリチウム入り圧電素子を、ダイナモ内蔵した世界初の増幅発電技術。
第5の技術として、本発明の燃料電池発電機は、水素と酸素の化学反応時に発生する熱を有効活用発電技術とした、(26)の軽水素トリチウム入りダイオードの熱発電パネルを使用した世界初の燃料電池補助発電技術
第6の技術として、本発明の燃料電池の(7)の水中モーター技術は、(28)の世界初の超軽量高出力モーター技術として、モーター内コイルを、鋼鉄板の中央部分を、刳り貫き変わりに、軽水素トリチウム入り圧電素子磁石体を内蔵した技術と(34)の銅筒官配線に軽水素トリチウムと圧電素子と少量のダイオードを、混合合成した銅物質を使用したコイル配線の(34)の銅筒官の超軽量コイル配線技術説明で有る。
第7の技術として、本発明の燃料電池発電機は、(36)のカラー光ラインの世界初の軽水素トリチウム入りダイオードの光ライン全自動感知技術の軽水素トリチウム入り技術によって、光感知のスピードを上げた世界初のダイオード新技術。
第8の技術として、本発明の燃料電池発電機は、水の送り官スピードを、(7)の水中ポンプの送りスピードを変えないで、水送り官の世界初の(23)のスクリュー官使用によって、今まで不可能だった、水の配管だけをストレート官からスクリュー官に変える技術によって、水スピードを早く出来る技術。
第9の技術として、本発明の燃料電池発電機の内蔵使用する水の温度を、下げる複数の装置を使用している世界初の多彩な技術使用で有る事。
第10の技術として、本発明の燃料電池発電機は、(12)の2連振子型機械式発電機の高出力ダイナモ発電と軽水素トリチウム入りダイオードパネル発電と発電残水の水中ポンプによる水の送りスピードを、世界初のスクリュー官使用によって、水車板の高速回転によって、超小型高出力ダイナモ発電と、2連振子型機械式発電機に墫野和夫が軽水素トリチウム入り、圧電素子の発電回路発電は、軽水素トリチウムの中間子の2つの電子の圧電素子磁気の圧電誘発発電によって、増幅発電出来る装置と、本発明の燃料電池発電の液体マグネシウムの気化酸素と気化水素の瞬間吸収発電の5つの発電方式を取り入れた燃料電池発電方法
第11の技術として、本発明の(13)のバッテリー装置は、世界初の技術で有る水素中の重水素量のジュテリウム量及びプルトニウム量を、水素中から減らした世界初の技術で有り、重水素量調整型軽水素トリチウムニッケルバッテリー装置によって、水素ニッケルバッテリーより、急速充電を可能にした技術とバッテリーの未使用時間が、長くなると発生するバッテリーの電極面又は、充電金属ブロック面の電解物質が付着する事故に対して、バッテリーを自由に解体して、バッテリー電極面とバッテリー金属ブロック面の金ブラシによる掃除可能なバッテリー構造にした世界初の技術で有る。確かにバッテリー液循環ポンプが作動していた場合は、バッテリーの寿命も長くなる可能性がある。
第12の技術として、本発明の(4)のモーター電動仕切り弁装置は、高出力モーターを使用積載した電気消費が少なくて、超大型のモーター電動仕切り弁にも対応出来るモーター装置。
第13の技術として、本発明の(9)の液体マグネシウムは、(48)の針穴空洞圧電素子四角形型マス空洞装置に、よって気化水素と気化酸素の発電した電気を速やかに送る為に、圧電素子磁石体の瞬間電気の圧電素子磁気分割送電方法によって、気化水素と気化酸素の瞬間吸収発電の、(9)の液体マグネシウム発電の電気熱の液体マグネシウム滞在時間を短くする為の世界初の技術。
第14の技術として、(12)の2連振子型機械式発電機に積載する(55)の大型ゼンマイ装置に使用するゼンマイ板装置の劣化亀裂事故を防ぐ為に、ゼンマイ板に2本の超細ワイヤを、内蔵した世界初の技術で有る。
第15の技術として、高圧電気圧を下げる世界初の技術で有る(54)の、人工ダイヤ刃電気カット装置は、今まで無理に電気抵抗材装置で、電気の止めおきして来た世界技術を、墫野和夫が、電気熱の発生を少なくした高圧電気を、(54)の人工ダイヤ刃電気カット装置によって、高圧電気を、2分割しながら高圧電気圧を、電気抵抗を、少なくして下げる装置。
第16の技術として、電気の増幅装置として、電子レンジ装置を、改良した(53)の電気電子増幅装置によって、可能にした技術が、(12)の2連振子型機械式発電機の、振子歯車装置の、片側歯車高速作動と片側歯車増幅高速作動によって(60)の高出力ダイナモ連続発電を可能にした技術。
2009年8月23日AM10時8分から書く墫野
第17の技術として、(13)のバッテリー装置の充電スピードを、更に世界最速のバッテリー充電出来る装置は、特開2O004ー304992号公報の電気中の電気抵抗を取り除く装置は、圧電素子磁石体の磁気の一番弱い部分から、生の電気抵抗の有る電気を通して、圧電素子磁石化した電気の磁気の弱い熱抵抗磁気は、リサイクル電気として、再利用して、磁気の強い電気は、熱抵抗電気が少なくて、バッテリー充電スピードの速い電気を、作る事が出来る世界初の装置説明。
第18の技術として、(1)の無害無給油の半永久の連続作動発電機の燃料電池発電機に使用する鍵装置は、(4)の世界初のモーター電動仕切り弁装置を使用した鍵穴の防護装置で有り、モーター電動仕切り弁装置は、携帯電波及び無線波電波の設定数字及び文字暗号等で、電動仕切り弁鍵穴の開閉出来る装置で有り、発電機の鍵穴だけでなく、一戸建ての家の鍵穴に使用する事で、絶対に壊されない鍵穴と他とは異なる超長の鍵によって、鍵のいたずら対策を行っている装置。
第19の技術として、映像回路の(114)の軽水素トリチウム入りダイオード映像回路は、世界初の技術で有る。
第20の技術として、映像回路の圧電素子磁石体映像回路は、映像波を、圧電素子磁石体にプラス磁極は、プラス映像波とマイナス磁極は、マイナス映像波を通す事で、乱れた電波は、(115)の圧電素子磁石体の磁気全自動修正出来る磁気の整合を、利用した世界初の映像回路装置と音声回路装置
第21の技術として、映像回路の(116)の電池素子で無く、充電池素子を、利用した世界初の映像回路装置。
第22の技術として、本発明の水循環式の燃料電池は、(127)の冷却物質内蔵ニッケルブロック網装置は、水の燃料電池の温度上昇で、起こり得る水の蒸発現象を、くい止める装置。

0089

弱者庶民一人一人に、絶対に確認して頂きたい本発明の一番大事な部分。
本発明の燃料電池は、日本の全部のマスコミ及び新聞社全体を、通しても更に、日本の大学の燃料電池発電機の専門者でも、出来なかった燃料電池発電機の水素無給の半永久連続作動発電機を、他社に無い、一例を示すと、本田技研工業の燃料電池技術も、水素吸入式で多額の金がかかり過ぎる技術で有り、トヨタ自動車の燃料電池技術も、水素吸入式の為、お金がかかり過ぎる欠点で有り、東京ガスの燃料電池発電機も、天然ガスの中の水素が無くなれば発電出来ない燃料電池技術で、ありながら、日本の国は、企業に対してだけ補助しようとしている。

0090

特許庁は、日本の経済が、実際に危機の場面でも、墫野和夫の本発明の燃料電池発電機が、日本国内の他社に、絶対に無い技術であっても、尚且つ墫野和夫が、日本の国の全額借金返済を、無料で行う事を、自由民主党等の政治家と特許庁及び内閣府に言い続けても、法律に書いて無い為、墫野和夫の申し出た、日本の国の900兆円近い日本国の全額借金返済に対して、特許法の特許文章の海外無料提出などは、墫野和夫の申す国の900兆円近い全額借金返済の為の特許文章の海外及び国内の無料提出及び無料の審査請求及び無料の先行技術調査を行って下さいの手紙及び嘆願は、絶対に聞き入れられない状況が本当の事実で有る。

0091

文部科学省では、特許文章を、お金が高い為、特許提出しないで、特許文章を、著作権登録しても、先技術著作権保護は、しないとの文部科学省著作権課の回答で有り、新聞及びテレビ放送で放送した著作権物の引用及び販売は、著作権物の盗作警察に逮捕されるが、特許文章などの著作権登録文章の技術盗作は、文部省と特許庁の言い分では、著作権先技術保護しないとの国の官庁の手紙の矛盾した回答で有る。
その為、文部省パンフレットの証拠図面と、著作権法の、放送局及び新聞の著作権物の盗用禁止模造品販売禁止説明の個人が考えて作りだすまたは描き出した財産に対しての著作権技術保護があいまいにしている資本主義の余り、著作権の先技術優先すなわち、アメリカ合衆国の先発明主義が、日本の資本主義国家では、先技術優先が、日本の国と企業にとって困る為、特許法と著作権法どちらも先技術保護を法律に明確に示さず、資本主義のお金主義優先としている。

0092

裁判書類の確認は、区役所相談所で、補正修正部分を指摘して教えてくれる事が電話連絡回答でわかる。

0093

燃料電池の無害無給油の半永久連続作動発電機など等は、国の全額借金返済の為、実費で提出している個人活動で有るが、経済産業省では、実用新案登録なった物件及び特許権取得した物件でなければ、例え国の全額借金返済が理由であっても、全額無料の試作品判断は、後で考える事の事で有り、企業特許提出文献では、特許権を得て無くても、無料の試作品を国と共同で行うのが現状で有り、経済産業省が進んで無料の海外先行技術調査を、行う事すら、国の900兆円近くの借金全額返済活動に対してでも、燃料電池発電機の無給油の半永久連続作動発電機が日本の他社に絶対に無い技術で有っても、経済産業省の海外無料先行調査などの話が全然無い。

0094

都道府県市町村区に対しては、都道府県市町村区の全額借金返済活動で有っても、無料の特許提出制度は無いが、一部負担制度が有るのみで有る。

0095

不正競争防止法では、特許提出した特許認定になって無い著作権物の盗作が、不正競争にあたるはずなのだが、日本国では、特許提出しても、特許権認定になって無い先著作権物の盗作は、テレビ放送と新聞で無い限り、自由に盗作製造販売出来るのか、特許庁及び経済産業省及び文部科学省に回答書によって聞く事になる。

図面の簡単な説明

0096

本発明の実施形態を示す無害無給油の半永久連続作動発電機の燃料電池発電機の全体図
本発明の燃料電池発電機に絶対必要な重水素量調整型の軽水素トリチウムニッケルバッテリーの組み立て解体式の世界初の円柱デザイン型バッテリー装置図
本発明の燃料電池発電機の水の熱で発電するパネル説明図と世界初の燃料電池積載のスクリュー官装置図
本発明の燃料電池発電機のモーター電動仕切り弁装置図で有り、高出力モーター図説明図
本発明の燃料電池発電機のカラー光発射装置と軽水素トリチウム入りダイオードのカラー光ラインの確認及び認知出来る装置の水位センサー全体図
本発明の燃料電池発電機のカラー光発射装置と軽水素トリチウム入りダイオードのカラー光ラインの確認及び認知出来る装置の温度センサー全体
本発明の燃料電池発電機の新型真空装置の全体図
本発明の燃料電池発電機の液体マグネシウム発電体の急速磁気電気区分け装置の全体図
本発明の燃料電池発電機の2連振子型機械式発電機の特願2006−140535号公報の技術を、更にパアーアップ技術追加した2連振子型機械式発電機の全体図
本発明の燃料電池発電機の世界初の通常ダイナモの発電量を上回る高出力ダイナモの全体図
本発明の燃料電池発電機の世界初の圧電素子磁石と軽水素トリチウムを圧電素子に内蔵した装置の強い電気打撃増幅発電装置の発電回路説明図
本発明の燃料電池発電機の世界初の2連振子型機械式発電機の振り子装置の構造説明図
本発明の燃料電池発電機の2連振子型機械式発電機に積載する大型ゼンマイ装置のゼンマイ板切れ防止のワイヤ入りゼンマイ装置図と高出力モーター図と超軽量銅筒官配線の構造説明図
本発明の燃料電池発電機の2連振子型機械式発電機に積載する電気電子増幅装置の全体図
本発明の燃料電池発電機の急速充電装置として、絶対に必要な生の電気中の電気抵抗だけを取り除く装置の特開2004ー304992号公報のわかり易く説明した図
本発明の燃料電池発電機の電気カット人工ダイヤ刃装置の高圧電気を、電気抵抗掛けずに電気の2分割し続ける事の出来る装置図
本発明の燃料電池発電機の超軽量コイル配線の銅筒官配線の説明図と銅筒官配線を使用した装置の一例説明図
本発明の燃料電池発電機の操作パネル全体図
本発明の燃料電池発電機の水中ポンプ全体図
本発明の燃料電池発電機のスクリュー官図と水物質の温度低下装置図と超小型高出力ダイナモの水車羽根による発電図
本発明の燃料電池発電機の水の水蒸気化防止装置の全体図
本発明の燃料電池発電機の発電機室内室外のエアー発電パネル図の2012年2月23日の追加文章図コメント
折曲り可能なレールモーター使用の水配管及びエアー配管その他利用機能システムの著作権図と超軽量の冷暖房切り替え型無線電話ヘルメットの著作権図
新型の折りたたみ型タッチ液晶パネル携帯電話及びパソコン及びナビゲイション及びゲーム及びビデオテレビ及び自然情報検索パネルの著作権図
新型改良型の、二つ折型形状の、軽水素入りの、液晶プラスチックシートパネル及び軽水素入りのビニールプラスチックシートパネルの折曲り部分使用積載の二つ折り画像パネルの滑り込みのスライド方式の二つ折携帯電話の著作権図
蝶番回転型の、二つ重ねタッチ携帯電話の著作権図
銅筒官電気配線以外の、不正競争防止法違反作品に成る気化物質合成配線に成り、電気抵抗無で、電気が通る事の出来る電気配線と電気抵抗体を、使用しない多種配線の一部作品とシート丸め型配線と登山ロープ網型形状の軽量電気配線の著作権図に成り、不正競争防止法対策の著作権図
CDの読み込み及び書き込みが、片面8ケ所以上の新家電製品機能の著作権説明図
料理を、一度に4種類以上楽しめる電気及びガス鍋の湯による防温に料理冷め防止機能三重金属板の料理冷め防止機能の著作権説明図
料理を、した鍋毎を、真空マホービン構造の料理防温装置に成り、お湯を、入れて料理防温タイプと電熱線の防温タイプの著作権説明図

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ