図面 (/)

この項目の情報は公開日時点(2012年5月17日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

動力伝達ベルトから飛散する雨水等に空気取り入れ口に吸い込まれるのを阻止する。

解決手段

内燃機関3の上面に配設した空気ダクト10の先端における空気取り入れ口11を横向きに開口し,この空気取り入れ口を,内燃機関の平面視で,内燃機関における各側面のうちエンジン補機への動力伝達ベルト9が設けられている一つの側面に位置するように構成して成る車両用内燃機関において,動力伝達ベルト9を含む平面と直角の方向から見て,空気取り入れ口11と,動力伝達ベルト9との間の部分に,遮蔽板12を設けて,この遮蔽板を,車両における走行風を動力伝達ベルトに向かう方向に誘導するように傾斜した構成にする。

概要

背景

従来,車両に搭載される車両用内燃機関においては,例えば,特許文献1〜3等に記載されているように,この内燃機関の上面にエアクリーナへの空気ダクトを配設し,この先端における空気取り入れ口を横向きに開口することにより,出来るだけ新鮮な空気を取り入れる構成にしている。

また,従来の車両用内燃機関においては,例えば,特許文献4等に記載されているように,この内燃機における一つの側面の下部に,当該内燃機関からオルターネータ及び冷却水ポンプ等のエンジン補機への動力伝達ベルトを配設するという構成にしている。

概要

動力伝達ベルトから飛散する雨水等に空気取り入れ口に吸い込まれるのを阻止する。内燃機関3の上面に配設した空気ダクト10の先端における空気取り入れ口11を横向きに開口し,この空気取り入れ口を,内燃機関の平面視で,内燃機関における各側面のうちエンジン補機への動力伝達ベルト9が設けられている一つの側面に位置するように構成して成る車両用内燃機関において,動力伝達ベルト9を含む平面と直角の方向から見て,空気取り入れ口11と,動力伝達ベルト9との間の部分に,遮蔽板12を設けて,この遮蔽板を,車両における走行風を動力伝達ベルトに向かう方向に誘導するように傾斜した構成にする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

車両に搭載した内燃機関の上面に,エアクリーナへの空気ダクトを配設し,この空気ダクトの先端における空気取り入れ口を横向きに開口し,この空気取り入れ口を,前記内燃機関の平面視で,当該内燃機関における各側面のうちエンジン補機への動力伝達ベルトが設けられている一つの側面に位置するように構成して成る車両用内燃機関において,前記動力伝達ベルトを含む平面と直角の方向から見て,前記空気取り入れ口と,前記動力伝達ベルトとの間の部分に,遮蔽板を設けて,この遮蔽板を,車両における走行風を前記動力伝達ベルトに向かう方向に誘導するように傾斜した構成にすることを特徴とする車両用内燃機関。

請求項2

前記請求項1の記載において,前記傾斜する遮蔽板における一端を,前記内燃機関に対して一本のボルトにて,前記遮蔽板が当該ボルトを中心にして回動し得るように取付けることを特徴とする車両用内燃機関。

技術分野

0001

本発明は,車両に搭載される車両用内燃機関に関するものである。

背景技術

0002

従来,車両に搭載される車両用内燃機関においては,例えば,特許文献1〜3等に記載されているように,この内燃機関の上面にエアクリーナへの空気ダクトを配設し,この先端における空気取り入れ口を横向きに開口することにより,出来るだけ新鮮な空気を取り入れる構成にしている。

0003

また,従来の車両用内燃機関においては,例えば,特許文献4等に記載されているように,この内燃機における一つの側面の下部に,当該内燃機関からオルターネータ及び冷却水ポンプ等のエンジン補機への動力伝達ベルトを配設するという構成にしている。

先行技術

0004

特開平11−210575号公報
特開2001−59456号公報
特開2010−52580号公報
特開平08−319846号公報

発明が解決しようとする課題

0005

つまり,従来の車両用内燃機関においては,当該内燃機関における上面に空気取り入れ口を備えた空気ダクトを配設する一方,当該内燃機関の下部に各種エンジン補機への動力伝達ベルトを配設するという構成であることにより,前記空気ダクトの空気取り入れ口を,内燃機関の平面視において,当該内燃機関おける各側面のうち前記動力伝達ベルトが設けられている一つの側面に位置するという構成にした場合,前記動力伝達ベルトに雨水又は油分が付着したときに,この動力伝達ベルトから振り飛ばされる雨水等が,車両における走行風に乗って,前記空気取り入れ口に吸い込まれて,これより下流におけるエアクリーナを汚損したり,内燃機関における出力を低下したりする等の不具合を招来するという問題があった。

0006

本発明は,この問題を解消することを技術的課題としている。

課題を解決するための手段

0007

この技術的課題を達成するため請求項1は,
「車両に搭載した内燃機関の上面に,エアクリーナへの空気ダクトを配設し,この空気ダクトの先端における空気取り入れ口を横向きに開口し,この空気取り入れ口を,前記内燃機関の平面視で,当該内燃機関における各側面のうちエンジン補機への動力伝達ベルトが設けられている一つの側面に位置するように構成して成る車両用内燃機関において,
前記動力伝達ベルトを含む平面と直角の方向から見て,前記空気取り入れ口と,前記動力伝達ベルトとの間の部分に,遮蔽板を設けて,この遮蔽板を,車両における走行風を前記動力伝達ベルトに向かう方向に誘導するように傾斜した構成にする。」
ことを特徴としている。

0008

また,請求項2は,
「前記請求項1の記載において,前記傾斜する遮蔽板における一端を,前記内燃機関に対して一本のボルトにて,前記遮蔽板が当該ボルトを中心にして回動し得るように取付ける。」
ことを特徴としている。

発明の効果

0009

請求項1によると,遮蔽板は,空気取り入れ口と,動力伝達ベルトとを遮るという構成になっていることに加えて,車両における走行風を動力伝達ベルトに向かう方向に誘導していることにより,前記動力伝達ベルトから振り飛ばされる雨水等が,前記空気取り入れ口に吸い込まれること,及び走行風に乗って空気取り入れ口に吸い込まれることを確実に阻止できるから,エアクリーナを汚損したり,内燃機関における出力を低下したりする等の不具合が発生することを大幅に低減できる。

0010

また,請求項2によると,車両の衝突事故等により,前記遮蔽板が,エンジンルーム内壁面激突するとか,エンジンルーム内に設けられている各種の部品に激突した場合に,この遮蔽板は,その一端における一本のボルトを中心にして回動するから,当該遮蔽板,エンジンルーム内壁面及び各種部品の損傷を軽減できる利点がある。

図面の簡単な説明

0011

エンジンルームの平面図である。
図1のII−II視側面図である。
図2における要部拡大図である。
図3のIV−IV視断面図である。

実施例

0012

以下,本発明の実施の形態を,図1図4の図面について説明する。

0013

図1において,符号1は,車両における車体フレームを示し,この車体フレーム1のフロントには,エンジンルーム2が形成されている。

0014

前記エンジンルーム2内には,内燃機関3が,図1に示す平面視において,当該内燃機関3におけるクランク軸4の軸線4aを水平横向きとするように横置きにして搭載されている。

0015

前記内燃機関3における前記クランク軸線4aと平行な両長手側面のうち,前側の長手側面には排気マニホールド5が,後側の長手側面には吸気マニホールド6が各々取付けられている。

0016

また,前記内燃機関3における前記クランク軸線4aと直角な両側面のうち一方の側面(非出力側の側面)には,前記クランク軸4と,前記内燃機関3に取付けた冷却水ポンプ7及びオルターネータ8との間に巻掛けして成る動力伝達ベルト9が設けられている。

0017

更にまた,前記内燃機関3における上面には,図示しないエアクリーナへの空気ダクト10が,前記クランク軸線4aの方向に延びるように配設されており,この空気ダクト10の先端における空気取り入れ口11は,前記動力伝達ベルト9より上方の部位において,横向きにして開口している。

0018

図2に示すように,前記動力伝達ベルト9を含む平面と直角の方向から見た場合において,下方に位置する前記動力伝達ベルト9と,この動力伝達ベルト9の上部に位置する前記空気取り入れ口11との間には,内燃機関3により外向きに突出する構成にした遮蔽板12を配設している。

0019

前記遮蔽板12は,図3及び図4に示すように,断面L字型に構成したブラケット13に溶接等にて固着されており,このブラケット13における基端部13aを,前記内燃機関3に一体に設けたボス部14に対して一本のボルト15にて締結することにより,前記遮蔽板12が前記一本のボルト15を中心にして回動し得るように構成している。

0020

これに加えて,前記遮蔽板12は,その基端におけるボルト15の部分から後方に向かって斜め下向きに傾斜して取付けられており,この傾斜によって,車両の前進走行に際して発生する矢印Aで示す走行風を,前記動力伝達ベルト9に向かう方向に誘導するように構成している。

0021

なお,前記ブラケット13における基端部13aには,塑性変形可能に構成した爪片16を一体に設け,この爪片16を,前記ボス部14の側に設けた突起部17に接当することにより,前記遮蔽板12を所定の傾斜角度,つまり,矢印Aで示す走行風を前記動力伝達ベルト9に向かう方向に誘導する角度に設定するという構成にしている。

0022

この構成において,前記遮蔽板12は,大気取り入れ口11と,動力伝達ベルト9とを遮るという構成になっていることに加えて,車両における走行風を動力伝達ベルト9に向かう方向に誘導していることにより,前記動力伝達ベルト9から振り飛ばされる雨水等が,前記空気取り入れ口11に吸い込まれること,及び走行風に乗って空気取り入れ口11に吸い込まれることを確実に阻止できる。

0023

ところで,前記エンジンルーム2の後部を形成するダッシュパネル2aには,前記遮蔽板12の丁度後方に該当する部位にブレーキブースタ18等の部品が取付けられているから,車両の衝突事故等において,このブレーキブースタ18等の部品に前記遮蔽板12が激突して,その一方及び両方が損傷することになる。

0024

この場合,前記遮蔽板12は,その基端における一本のボルト15によって,当該ボルトを中心にして回動し得るように内燃機関3に取付けられていて,車両の衝突事故等において,前記ブレーキブースタ18等の部品に激突したとき,図2及び図3二点鎖線で示すように,ブラケット13の基端部13aにおける爪片16を塑性変形しながら回動するから,前記遮蔽板12及び前記ブレーキブースタ18等の部品を損傷することを確実に低減できる。

0025

1車体フレーム
2エンジンルーム
3内燃機関
4クランク軸
4a クランク軸の軸線
5排気マニホールド
6吸気マニホールド
7冷却水ポンプ(エンジン補機)
8オルターネータ(エンジン補機)
9動力伝達ベルト
10空気ダクト
11空気取り入れ口
12遮蔽板
13 遮蔽板のブラケット
15 ボルト

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ