図面 (/)

技術 印刷システム、印刷履歴管理装置、印刷装置及びプリンタドライバ

出願人 株式会社日立製作所
発明者 舘由雄斎藤了介西重哲雄
出願日 2010年10月19日 (10年2ヶ月経過) 出願番号 2010-234849
公開日 2012年5月10日 (8年7ヶ月経過) 公開番号 2012-088924
状態 特許登録済
技術分野 付属装置、全体制御 タイプライター等へのデジタル出力
主要キーワード 管理情報表 無駄遣い 集約情報 履歴管理サーバ 入力画 印刷指示ボタン 選択タブ 入力要求画面
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年5月10日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (7)

課題

同一印刷データの不要な再印刷に伴う印刷用紙の無駄を削減可能な印刷システムと、これに適用される印刷履歴管理装置印刷装置及びプリンタドライバを提供する。

解決手段

印刷データの印刷時には、操作者に印刷データに対応する印刷属性情報6の入力を求める。また、所望の印刷データの再印刷時には、クライアントコンピュータの表示部に、印刷属性情報6と、過去における同一印刷データについての印刷方式片面印刷両面印刷集約印刷等)及び印刷イメージを含む印刷情報8を表示する。操作者は、印刷属性情報6を見ることによって、再印刷の必要があるか否かを判断できる。また、過去の印刷方式を見ることによって、誤印刷を防止できる。よって、無駄印刷に起因する印刷用紙の無駄遣いを防止することができる。

概要

背景

従来、プリンタドライバインストールされた複数のクライアント装置と、プリンタドライバからの印刷指示に応じて印刷データの印刷を行う複数の印刷装置と、これら複数のクライアント装置及び印刷装置を相互に接続するネットワークとをもって構成され、クライアント装置の入力部を操作することにより選択された任意の印刷装置を用いて、所望の印刷データの印刷を行う印刷システムが知られている(例えば、特許文献1の図1及び図2参照。)。

特許文献1に記載の印刷システムは、クライアント装置の記憶部に、基本ソフトであるOS(Operating System)と、印刷データの作成や加工、若しくは印刷データの印刷指示を行うアプリケーションソフトと、プリンタドライバとを記憶し、プリンタドライバは、アプリケーションソフトから印刷指示された印刷データの出力を出力先の印刷装置に指示するに先立ち、当該印刷データの内容について印刷許可するか否かの問い合わせを出力先の印刷装置に対して行い、この問い合わせに対する問い合わせ先からの印刷許可の応答を受けることで当該印刷データの印刷ジョブを作成し、出力先の印刷装置に印刷要求を行うように構成されている。一方、印刷装置は、自装置で印刷済みの印刷ジョブの履歴を当該印刷ジョブに含まれる印刷データの内容を含めて記憶しており、プリンタドライバからの印刷データの内容についての問い合わせに対して、印刷許可又は印刷不許可を判断するように構成されている。

したがって、特許文献1に記載の印刷システムによれば、プリンタドライバからの問い合わせに対して、印刷装置が、自装置で印刷済みの印刷データについて印刷不許可と判断するように構成することにより、例えば機密情報有価証券類の不正な或いは不用意な再印刷を制限することができる。また、同じ内容の印刷データが、印刷データの編集や加工等のオプション機能を使って編集されて印刷指示された場合にも、同じ内容の印刷データとして認識できるので、これについても再印刷を制限することができる。さらに、印刷装置上に印刷指示した印刷データが残らないので、情報セキュリティも向上できる。

概要

同一印刷データの不要な再印刷に伴う印刷用紙の無駄を削減可能な印刷システムと、これに適用される印刷履歴管理装置、印刷装置及びプリンタドライバを提供する。印刷データの印刷時には、操作者に印刷データに対応する印刷属性情報6の入力を求める。また、所望の印刷データの再印刷時には、クライアントコンピュータの表示部に、印刷属性情報6と、過去における同一印刷データについての印刷方式片面印刷両面印刷集約印刷等)及び印刷イメージを含む印刷情報8を表示する。操作者は、印刷属性情報6を見ることによって、再印刷の必要があるか否かを判断できる。また、過去の印刷方式を見ることによって、誤印刷を防止できる。よって、無駄印刷に起因する印刷用紙の無駄遣いを防止することができる。

目的

本発明は、このような従来技術の課題を解決するためになされたものであり、その目的は、同一印刷データの不要な再印刷を防止可能で、印刷用紙の無駄を削減可能な印刷システムと、これに適用される印刷履歴管理装置、印刷装置及びプリンタドライバを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
1件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ネットワークを介して相互に接続されたクライアントコンピュータ印刷装置及びファイルサーバを備えた印刷ステムにおいて、前記ネットワーク上に、前記クライアントコンピュータから前記印刷装置に印刷指示が行われたとき、当該印刷指示に係る印刷データの過去の印刷履歴検索する印刷履歴検索手段と、当該印刷履歴検索手段により前記印刷指示に係る印刷データに関する過去の印刷履歴が検索されないとき、前記印刷指示に係る印刷データに付与する印刷属性情報の入力を操作者に求める入力要求手段と、当該入力要求手段からの入力要求に応じて入力された前記印刷属性情報及び印刷済み印刷データに係る印刷情報を含む前記印刷データの管理情報を保存・管理する印刷履歴管理手段と、前記印刷履歴検索手段により前記印刷指示に係る印刷データに関する過去の印刷履歴が検索されたとき、前記印刷履歴管理手段に保存された前記管理情報を前記クライアントコンピュータの表示部に表示する表示制御手段と、を備えたことを特徴とする印刷システム。

請求項2

請求項1に記載の印刷システムにおいて、前記入力要求手段は、前記クライアントコンピュータの表示部に前記印刷属性情報の入力欄を有する入力要求画面を表示し、当該入力要求画面に前記印刷属性情報が入力され、かつ前記クライアントコンピュータから前記印刷属性情報の登録指示が行われたとき、前記印刷属性情報を前記印刷履歴管理手段に保存することを特徴とする印刷システム。

請求項3

請求項1に記載の印刷システムにおいて、前記印刷履歴管理手段は、前記クライアントコンピュータから前記印刷装置への印刷指示が行われる毎に、前記印刷属性情報と前記印刷情報とを関連付けて保存することを特徴とする印刷システム。

請求項4

請求項1に記載の印刷システムにおいて、前記表示制御手段は、前記クライアントコンピュータから前記印刷装置に前記印刷済み印刷データの再印刷指示が行われたとき、前記印刷履歴管理手段に保存された前記印刷属性情報及び前記印刷情報を含む前記管理情報を読み出して、前記クライアントコンピュータの表示部に表示することを特徴とする印刷システム。

請求項5

請求項1に記載の印刷システムにおいて、前記印刷装置は、前記クライアントコンピュータからの印刷指示を受けたとき、当該印刷指示に係る印刷データを指示された印刷方式で出力すると共に、前記印刷データの印刷イメージ及び前記印刷方式を含む印刷情報を前記印刷履歴管理手段に送信することを特徴とする印刷システム。

請求項6

ネットワークを介してクライアントコンピュータ、印刷装置及びファイルサーバと相互に接続される印刷履歴管理装置であって、前記クライアントコンピュータから前記印刷装置に印刷指示が行われる毎に、当該印刷指示に係る印刷済み印刷データの印刷イメージ及び印刷方式を含む印刷情報と、前記印刷済み印刷データに付与された印刷目的及び印刷物保管場所を含む印刷属性情報とを保存する記憶部を備えたことを特徴とする印刷履歴管理装置。

請求項7

ネットワークを介してクライアントコンピュータ、印刷履歴管理装置及びファイルサーバと相互に接続される印刷装置であって、前記クライアントコンピュータからの印刷指示に応じて、当該印刷指示に係る印刷データを指示された印刷方式で出力する印刷出力部と、当該印刷指示に係る印刷済み印刷データの印刷イメージ及び前記印刷方式を含む印刷情報を前記印刷履歴管理装置に送信するデータ送信部とを備えたことを特徴とする印刷装置。

請求項8

ネットワークを介して印刷装置、印刷履歴管理装置及びファイルサーバと相互に接続されるクライアントコンピュータに搭載されたプリンタドライバであって、前記クライアントコンピュータからの印刷指示に応じて前記印刷装置に印刷要求を行う印刷要求部と、前記印刷指示に係る印刷データの印刷履歴を検索する検索部と、該検索部により同一の印刷データについての印刷履歴が検索されないとき、前記クライアントコンピュータの表示部に入力要求画面を表示して、操作者に前記印刷データに関する印刷属性情報の入力を求める入力要求画面表示制御部と、前記検索部により同一の印刷データについての印刷履歴が検索されたとき、前記印刷履歴管理手段に保存された当該印刷要求に係る印刷データの管理情報を読み出して、前記クライアントコンピュータの表示部に表示する管理情報表示制御部とを備えたことを特徴とするプリンタドライバ。

技術分野

0001

本発明は、印刷ステム印刷履歴管理装置印刷装置及びプリンタドライバ係り、特に印刷データの再印刷時に操作者クライアント装置画面上でその必要性を判断でき、同一印刷データの不要な再印刷を回避することが可能な印刷システムと、これに適用される印刷履歴管理装置、印刷装置及びプリンタドライバに関する。

背景技術

0002

従来、プリンタドライバがインストールされた複数のクライアント装置と、プリンタドライバからの印刷指示に応じて印刷データの印刷を行う複数の印刷装置と、これら複数のクライアント装置及び印刷装置を相互に接続するネットワークとをもって構成され、クライアント装置の入力部を操作することにより選択された任意の印刷装置を用いて、所望の印刷データの印刷を行う印刷システムが知られている(例えば、特許文献1の図1及び図2参照。)。

0003

特許文献1に記載の印刷システムは、クライアント装置の記憶部に、基本ソフトであるOS(Operating System)と、印刷データの作成や加工、若しくは印刷データの印刷指示を行うアプリケーションソフトと、プリンタドライバとを記憶し、プリンタドライバは、アプリケーションソフトから印刷指示された印刷データの出力を出力先の印刷装置に指示するに先立ち、当該印刷データの内容について印刷許可するか否かの問い合わせを出力先の印刷装置に対して行い、この問い合わせに対する問い合わせ先からの印刷許可の応答を受けることで当該印刷データの印刷ジョブを作成し、出力先の印刷装置に印刷要求を行うように構成されている。一方、印刷装置は、自装置で印刷済みの印刷ジョブの履歴を当該印刷ジョブに含まれる印刷データの内容を含めて記憶しており、プリンタドライバからの印刷データの内容についての問い合わせに対して、印刷許可又は印刷不許可を判断するように構成されている。

0004

したがって、特許文献1に記載の印刷システムによれば、プリンタドライバからの問い合わせに対して、印刷装置が、自装置で印刷済みの印刷データについて印刷不許可と判断するように構成することにより、例えば機密情報有価証券類の不正な或いは不用意な再印刷を制限することができる。また、同じ内容の印刷データが、印刷データの編集や加工等のオプション機能を使って編集されて印刷指示された場合にも、同じ内容の印刷データとして認識できるので、これについても再印刷を制限することができる。さらに、印刷装置上に印刷指示した印刷データが残らないので、情報セキュリティも向上できる。

先行技術

0005

特開2007−241414号公報

発明が解決しようとする課題

0006

ところで、この種の印刷システムには、地球環境保全に貢献するため及び印刷コストの削減を図るために、無駄な印刷の防止機能を有していることが望まれる。特許文献1に記載の印刷システムは、上述のように、印刷済みの印刷データの再印刷を制限することができるが、印刷ジョブが再印刷される際の許可条件を予め設定できるように構成されており、その許可条件の範囲内での再印刷が可能であるので、操作者の不注意印刷状況の不知による無用な印刷データの再印刷を防止することができず、無駄印刷による印刷用紙の使用削減を図ることはできない。

0007

即ち、無駄な再印刷が発生する要因としては、例えば、両面印刷すべきところを片面印刷としたり、カラー印刷すべきところをモノクロ印刷としたり、印刷用紙の1頁に複数頁分の印刷データを集約印刷すべきところを集約しないで印刷する等、操作者の不注意に起因するものや、必要な印刷物が誰でも閲覧可能な保管場所保管されているにも拘らずそれを知らないで再印刷したり、必要部数の印刷物が既に印刷されているにも拘らずそれを知らないで他の操作者が再印刷する等、操作者による印刷状況の不知に起因するものなどが考えられる。しかし、特許文献1に記載の印刷システムは、操作者がクライアント装置上で、過去の印刷データの印刷イメージ印刷形式等の印刷情報、及び過去の印刷データの印刷目的や印刷物保管場所等の印刷属性情報を確認できないので、上述のような操作者の不注意や印刷状況の不知による無駄印刷を防止することが困難であり、印刷用紙の使用量の削減を図るためには、操作者に過大な負担を強いることになる。

0008

本発明は、このような従来技術の課題を解決するためになされたものであり、その目的は、同一印刷データの不要な再印刷を防止可能で、印刷用紙の無駄を削減可能な印刷システムと、これに適用される印刷履歴管理装置、印刷装置及びプリンタドライバを提供することにある。

課題を解決するための手段

0009

本発明は、上述の課題を解決するため、ネットワークを介して相互に接続されたクライアントコンピュータ、印刷装置及びファイルサーバを備えた印刷システムにおいて、前記ネットワーク上に、前記クライアントコンピュータから前記印刷装置に印刷指示が行われたとき、当該印刷指示に係る印刷データの過去の印刷履歴検索する印刷履歴検索手段と、当該印刷履歴検索手段により前記印刷指示に係る印刷データに関する過去の印刷履歴が検索されないとき、前記印刷指示に係る印刷データに付与する印刷属性情報の入力を操作者に求める入力要求手段と、当該入力要求手段からの入力要求に応じて入力された前記印刷属性情報及び印刷済み印刷データに係る印刷情報を含む前記印刷データの管理情報を保存・管理する印刷履歴管理手段と、前記印刷履歴検索手段により前記印刷指示に係る印刷データに関する過去の印刷履歴が検索されたとき、前記印刷履歴管理手段に保存された前記管理情報を前記クライアントコンピュータの表示部に表示する表示制御手段を備えたことを特徴とする。

0010

かかる構成によると、クライアントコンピュータから印刷装置への印刷指示時に、印刷指示に係る印刷データに、印刷目的及び印刷物の保管場所などの印刷属性情報を付与することができる。また、この印刷データに付与された印刷属性情報は、印刷済み印刷データの印刷方式(両面印刷、片面印刷又は集約印刷)及び印刷イメージ等の印刷情報等と共に、管理情報として印刷履歴管理手段に保存される。さらに、クライアントコンピュータから印刷装置に印刷済み印刷データの再印刷が指示されたときには、印刷履歴管理手段に保存された管理情報がクライアントコンピュータの表示部に表示される。よって、操作者は、再印刷時に、クライアントコンピュータの表示部に表示された管理情報を確認することにより、例えば、操作者が意図する印刷が既に行われていること、或いは必要とする印刷物の保管場所を知ることができて、再印刷の必要がないことを知ることができる。また、過去における同一印刷データについての印刷方式や印刷イメージを知ることができるので、再印刷時における印刷方式の誤りを防止することができる。よって、無駄印刷の発生、ひいてはこれに起因する印刷用紙の無駄遣いを防止することができる。

0011

また本発明は、前記構成の印刷システムにおいて、前記入力要求手段は、前記クライアントコンピュータの表示部に前記印刷属性情報の入力欄を有する入力要求画面を表示し、当該入力要求画面に前記印刷属性情報が入力され、かつ前記クライアントコンピュータから前記印刷属性情報の登録指示が行われたとき、前記印刷属性情報を前記印刷履歴管理手段に保存することを特徴とする。

0012

かかる構成によると、操作者は、入力要求画面に表示された入力欄に必要な印刷属性情報を入力するだけで印刷属性情報の入力を完了できるので、印刷属性情報の入力作業を容易なものにすることができる。

0013

また本発明は、前記構成の印刷システムにおいて、前記印刷履歴管理手段は、前記クライアントコンピュータから前記印刷装置への印刷指示が行われる毎に、前記印刷属性情報と前記印刷情報とを関連付けて保存することを特徴とする。

0014

かかる構成によると、印刷情報と印刷属性情報とを印刷履歴管理手段に関連付けて保存することができるので、印刷履歴管理手段へのこれら各データの保存と、印刷履歴管理手段からのこれら各データの読み出しを容易化することができる。

0015

また本発明は、前記構成の印刷システムにおいて、前記表示制御手段は、前記クライアントコンピュータから前記印刷装置に前記印刷済み印刷データの再印刷指示が行われたとき、前記印刷履歴管理手段に保存された前記印刷属性情報及び前記印刷情報を含む前記管理情報を読み出して、前記クライアントコンピュータの表示部に表示することを特徴とする。

0016

かかる構成によると、クライアントコンピュータの表示部に、印刷目的及び印刷物の保管場所を含む印刷属性情報と、印刷方式及び印刷済み印刷データの印刷イメージを含む印刷情報を同時に表示できるので、再印刷が必要であるか否かの判断を容易かつ確実に行えると共に、再印刷時の印刷方式を誤りにくく、無駄印刷による印刷用紙の無駄を確実に抑制することができる。

0017

また本発明は、前記構成の印刷システムにおいて、前記印刷装置は、前記クライアントコンピュータからの印刷指示を受けたとき、当該印刷指示に係る印刷データを指示された印刷方式で出力すると共に、前記印刷データの印刷イメージ及び前記印刷方式を含む印刷情報を前記印刷履歴管理手段に送信することを特徴とする。

0018

かかる構成によると、印刷装置にて実際に印刷された印刷データの印刷イメージ及び印刷方式を含む印刷情報を印刷装置から印刷履歴管理手段に送信するので、印刷装置にて取り扱われる情報と印刷履歴管理手段に保存される情報とを対応付けることができ、これら各情報の管理を確実に行うことができる。

0019

また本発明は、印刷履歴管理装置に関し、ネットワークを介してクライアントコンピュータ、印刷装置及びファイルサーバと相互に接続される印刷履歴管理装置であって、前記クライアントコンピュータから前記印刷装置に印刷指示が行われる毎に、当該印刷指示に係る印刷済み印刷データの印刷イメージ及び印刷方式を含む印刷情報と、前記印刷済み印刷データに付与された印刷目的及び印刷物の保管場所を含む印刷属性情報とを保存する記憶部を備えたことを特徴とする。

0020

かかる構成によると、印刷済み印刷データの印刷イメージと該データに付与された印刷属性情報を含む管理情報とを印刷履歴管理装置にて一括管理できるので、クライアントコンピュータから印刷装置に印刷指示を行う際の無駄印刷の防止を、容易かつ確実なものにすることができる。

0021

また本発明は、印刷装置に関し、ネットワークを介してクライアントコンピュータ、印刷履歴管理装置及びファイルサーバと相互に接続される印刷装置であって、前記クライアントコンピュータからの印刷指示に応じて、当該印刷指示に係る印刷データを指示された印刷方式で出力する印刷出力部と、当該印刷指示に係る印刷済み印刷データの印刷イメージ及び前記印刷方式を含む印刷情報を前記印刷履歴管理装置に送信するデータ送信部とを備えたことを特徴とする。

0022

かかる構成によると、印刷装置にて実際に印刷された印刷データの印刷イメージ及びこれに付与された印刷情報を印刷装置から印刷履歴管理手段に送信するので、印刷装置にて取り扱われる情報と印刷履歴管理手段に保存される情報とを確実に対応付けることができ、これら各情報の管理を確実に行うことができる。

0023

また本発明は、プリンタドライバに関し、ネットワークを介して印刷装置、印刷履歴管理装置及びファイルサーバと相互に接続されるクライアントコンピュータに搭載されたプリンタドライバであって、前記クライアントコンピュータからの印刷指示に応じて前記印刷装置に印刷要求を行う印刷要求部と、前記印刷指示に係る印刷データの印刷履歴を検索する検索部と、該検索部により同一の印刷データについての印刷履歴が検索されないとき、前記クライアントコンピュータの表示部に入力要求画面を表示して、操作者に前記印刷データに関する印刷属性情報の入力を求める入力要求画面表示制御部と、前記検索部により同一の印刷データについての印刷履歴が検索されたとき、前記印刷履歴管理手段に保存された当該印刷要求に係る印刷データの管理情報を読み出して、前記クライアントコンピュータの表示部に表示する管理情報表示制御部とを備えたことを特徴とする。

0024

かかる構成によると、プリンタドライバが、印刷装置に対する印刷要求と、クライアントコンピュータの表示部への入力要求画面の表示と、印刷履歴管理手段からの印刷要求に係る印刷データの管理情報の読み出しと、クライアントコンピュータの表示部への印刷要求に係る印刷データの管理情報の表示とを行うので、クライアントコンピュータを操作することによって、これら全ての動作を実行することができ、無駄印刷の防止を簡単な操作で実現することができる。

発明の効果

0025

本発明の印刷システム、印刷履歴管理装置、印刷装置及びプリンタドライバによれば、操作者が、所望の印刷データの再印刷時に、クライアントコンピュータの表示部に表示された管理情報を確認することにより、再印刷の必要があるか否かを判断できると共に、過去における同一印刷データについての印刷方式(片面印刷、両面印刷、集約印刷等)を知ることができて誤印刷を防止できるので、無駄印刷に起因する印刷用紙の無駄遣いを防止することができる。

図面の簡単な説明

0026

実施形態に係る印刷システムの構成図である。
実施形態に係る印刷システムを構成する各機器の内部構成を示す図である。
実施形態に係る印刷システムの属性情報入力画面を示す図である。
実施形態に係る印刷システムの管理情報表示画面を示す図である。
実施形態に係る印刷履歴管理サーバへの印刷属性情報、ログ情報及び印刷情報の流れを示す図である。
実施形態に係る印刷システムを用いた印刷制御方法を示す図である。

実施例

0027

以下、本発明に係る印刷システム、印刷履歴管理装置、印刷装置及びプリンタドライバの実施形態について、図を参照しながら説明する。

0028

図1に示すように、実施形態に係る印刷システムは、ネットワークNを介して相互に接続されたクライアントコンピュータ1,2と、ファイルサーバ3と、印刷履歴管理装置である印刷履歴管理サーバ4と、プリンタ複合機などの印刷装置5とをもって構成されている。なお、ネットワークNを介して接続される各機器の数は、図1に示す例に限定されるものではなく、各機器について任意の数とすることができる。

0029

図2に示すように、クライアントコンピュータ1,2は、記憶部11と、入力部12と、表示部13と、外部インタフェース部14と、これらの各部を統括制御するCPU15とを備えている。

0030

記憶部11は、各種のデータやプログラム等を記憶するROM、RAM及びハードディスク等の記憶装置をもって構成されており、ハードディスクには、システム全体を管理する基本ソフト11aと、印刷データの作成及び加工並びに印刷装置5に対する印刷データの印刷指示を行うアプリケーションソフト11bと、印刷データ並びに印刷データに付与されたログ情報7及び印刷情報8(図5参照)に応じた印刷ジョブを作成して出力先の印刷装置5へ送信するプリンタドライバ11cが予めインストールされている。図5に示すように、本例においてログ情報7とは、印刷者名71、文書データ名72、文書データサイズ73及び印刷日時74からなるデータ群をいい、印刷情報8とは、両面印刷・片面印刷81、集約印刷82及び印刷イメージ83からなるデーが群をいう。なお、本明細書では、両面印刷・片面印刷81及び集約印刷82を総称して、「印刷方式」ということがある。

0031

本例のプリンタドライバ11cは、上述した印刷ジョブの作成及び送信を行うほか、クライアントコンピュータ1,2の入力部12から印刷装置5に対する印刷指示が行われたとき、印刷履歴管理サーバ4にアクセスして当該印刷指示に係る印刷データの印刷履歴を検索し、印刷履歴がない場合には、クライアントコンピュータ1,2の表示部13に、図3に示す属性情報入力画面9を表示し、印刷履歴がある場合には、クライアントコンピュータ1,2の表示部13に、印刷履歴管理サーバ4から読み出された図4に示す管理情報表示画面20を表示する。

0032

属性情報入力画面9には、図3に示すように、印刷者名の入力欄90a、文書名の入力欄90b、備考の入力欄90c、印刷目的の選択タブ91、印刷物の保管場所の選択タブ92、及び印刷指示ボタン93が表示される。また、管理情報表示画面20には、図4に示すように、印刷者名の表示欄200a、文書名の表示欄200b、印刷目的の表示欄200、印刷物の保管場所の表示欄201、備考の表示欄202、両面・片面印刷情報の表示欄203、集約印刷情報の表示欄204、過去の印刷イメージの表示欄205、今回の過去の印刷イメージの表示欄206、印刷指示ボタン207、属性入力ボタン208、及び取消ボタン209が表示される。

0033

このように本例のプリンタドライバ11cは、印刷ジョブの作成及び送信を行う印刷要求部を備えるだけでなく、印刷データの印刷履歴を検索する検索部(印刷履歴検索手段)と、入力画面21を表示する入力要求画面表示制御部(入力要求手段)と、管理情報表示画面20を表示する管理情報表示制御部(表示制御手段)とを含んでいることを特徴とする。その他の部分については、公知に属するオフィス用のパーソナルコンピュータと同じであり、かつ本発明の要旨でもないので、説明を省略する。

0034

ファイルサーバ3は、図2に示すように、アプリケーションソフト11bを用いて作成された文書データ及びこれに対応して付与されたログ情報を記憶する記憶部31と、外部インタフェース部32と、これらの各部を統括制御するCPU33とを備えている。記憶部31は、随時書き込み読み出しが可能なRAM又はハードディスク等をもって構成されており、アプリケーションソフト11bを用いて作成又は加工された文書データと、これに付与されたログ情報とが随時記憶される。この記憶部31に記憶された文書データは、クライアントコンピュータ1,2の入力部12を操作して、ログ情報を指定することにより、クライアントコンピュータ1,2の表示部13上に開くことができる。

0035

印刷履歴管理サーバ4は、図2に示すように、印刷済み印刷データ及び各印刷済み印刷データに付与された管理情報(図4参照)を記憶する記憶部41と、外部インタフェース部42と、これらの各部を統括制御するCPU43とを備えている。記憶部41は、随時書き込み読み出しが可能なRAM又はハードディスク等をもって構成されており、印刷装置5によって印刷が実行される毎に、印刷済み印刷データとこれに付与された管理情報とが随時記憶される。この記憶部41に記憶された管理情報は、プリンタドライバ11cからの印刷履歴の検索に応じて、クライアントコンピュータ1,2の表示部13に表示される。

0036

印刷装置5は、図2に示すように、前記クライアントコンピュータからの印刷指示に応じて当該印刷指示に係る印刷データを指示された印刷方式で出力する印刷出力部51と、当該印刷指示に係る印刷済み印刷データの印刷情報及びログ情報を印刷履歴管理サーバ4に送信するデータ送信部52と、これらの各部を統括制御するCPU53とを備えている。印刷出力部51は、図示しない記憶部、画像処理部、画像形成部、操作表示部及び給紙部等から構成されており、CPU53から出力される制御信号に応じ、印刷指示に係る印刷データについての印刷物を出力する。印刷出力部51を構成する各部の詳細については、公知に属する事項であり、かつ本発明の要旨でもないので、説明を省略する。データ送信部52は、図5に示すように、印刷出力部51を用いて実際に印刷された印刷データのログ情報7及び印刷情報8を、印刷履歴管理サーバ4に送信する。これにより、印刷装置5にて取り扱われるログ情報7及び印刷情報8と印刷履歴管理サーバ4に保存されるこれらの情報とを対応付けることができるので、これら各情報の管理を確実に行うことができる。

0037

以下、上記のように構成された印刷システムの印刷制御方法を、図6フローチャートを用いて説明する。

0038

クライアントコンピュータ1より、文書データ31の印刷を指示すると、プリンタドライバ11cは印刷履歴管理サーバ4に格納されたログ情報7を検索し、同一ファイルが過去に印刷されていたかの履歴を確認する(ステップS100)。

0039

印刷履歴管理サーバ4に過去の印刷履歴が無い場合(ステップS100でNOと判定した場合)は、ステップS109に移行し、クライアントコンピュータ1の表示部13に図3に示す属性情報入力画面9を表示し、操作者に印刷属性情報6の入力を行うか否かの判定を求める。印刷データが保管用又は回覧用などの共有すべき文書データファイルである場合には、印刷用紙の無駄を防止するために印刷属性情報6を入力することが求められ、個人的な文書データなどの他者が印刷する可能性の無い場合には、印刷属性情報6を入力しない選択を行うこともできる。

0040

ステップS109で印刷属性情報6を入力しない選択を行った場合(ステップS109でNOを選択した場合)は、印刷装置5によって印刷が実行(ステップS111)され、印刷装置5より印刷された紙が出力される。印刷装置は、印刷完了後速やかにログ情報7及び印刷情報8を印刷履歴管理サーバ4へ転送する。

0041

印刷履歴管理サーバ4では、ログ情報7、印刷情報8を取得するが、印刷属性情報6が取得されない為に、共有ファイルではないと判断し、ログ情報7、印刷情報8を自動的に削除する。

0042

ステップS109で印刷属性情報6を入力する選択を行った場合(ステップS109でYESを選択した場合)は、図9の属性情報入力画面9より、印刷目的91及び印刷物の保管場所92を選び、印刷指示ボタン93を押す。印刷指示ボタン93が押下されると、プリンタドライバ11cは、印刷属性情報6を印刷履歴管理サーバ4へ転送(ステップS108)し、同時に、印刷装置5へログ情報7及び印刷情報8を転送する。印刷装置5にて印刷が完了すると、印刷装置5より、ログ情報7及び印刷情報8を履歴管理サーバ4へ転送(ステップS112)をする。これにより、印刷履歴管理サーバ4には、印刷属性情報6、ログ情報7及び印刷情報8が格納される。

0043

印刷履歴管理サーバ4に、印刷属性情報6、ログ情報7及び印刷情報8が格納済みである場合(ステップS100でYESと判定した場合)において、クライアントコンピュータ2より文書データ31の印刷が指示されると、プリンタドライバ11cは、印刷履歴管理サーバ4に格納されたログ情報7を検索し、同一ファイルの過去の印刷履歴を確認する(ステップS100)。

0044

この場合には、ステップS100において、印刷履歴管理サーバ4に過去の印刷履歴がある(YES)と判定され、過去に印刷された文書データ31に関する管理情報、即ち、印刷属性情報6及びログ情報7と印刷情報8とが、クライアントコンピュータ2の表示部13に順次表示される(ステップS101,S102)。

0045

操作者は、クライアントコンピュータ2の表示部13に表示された管理情報を元に、当該文書データ31の印刷が必要かの判断を行う(ステップS103)。操作者が印刷不要と判断した場合(ステップS103でNOを選択した場合)は、取消ボタン209を押すことにより印刷を中止させる。一方、印刷が必要と判断した場合(ステップS103でYESを選択した場合)は、プリンタドライバ11cの設定確認(ステップS104)を行う。即ち、クライアントコンピュータ2の表示部13に表示された前回の印刷イメージ205と今回の印刷イメージ206を見比べ、今回の印刷イメージ206が前回の印刷イメージ205と合致するように、プリンタドライバ11cの設定情報を変更する。これにより、印刷方式の間違いによる無駄印刷を防止することができる。

0046

次に、ステップS105に移行して、操作者に印刷属性情報6の入力を行うか否かの判定を求める。このステップS105において、操作者は、クライアントコンピュータ1から先に入力された印刷目的200、印刷物の保管場所201及び備考202を確認し、今回の印刷と印刷目的及び印刷物の保管場所が同じかを確認する。印刷目的や保管場所などの情報がクライアントコンピュータ1の操作者と違う場合(ステップS105でYESと判定した場合)、操作者は管理情報表示画面20の属性入力ボタン208を押下げて、クライアントコンピュータ2の表示部13に図3に示す属性情報入力画面9を表示し、この画面9から印刷属性情報6の入力を行う(ステップS106)。

0047

印刷属性情報6の入力後、属性情報入力画面9の印刷指示ボタン93を押下する(ステップS107)と、ステップS106で入力された印刷属性情報6が印刷履歴管理サーバ4へ転送され(ステップS108)、これと同時に印刷装置へ印刷情報8が転送される。次いで、印刷装置5による印刷の完了後に、印刷装置5より、ログ情報7及び印刷情報8が印刷履歴管理サーバ4へ転送される(ステップS112)をする。これにより、印刷履歴管理サーバ4には、印刷属性情報6、ログ情報7及び印刷情報8が格納される。

0048

なお、ステップS103において印刷不要と判定した場合(NOの場合)には、印刷が中止される。また、ステップS105において印刷属性情報の入力が不要と判定した場合(NOの場合)には、ステップS106を経ずに、ステップS107に移行する。

0049

上述の印刷制御方法を実行することにより、過去に誰かが印刷した文書データの再印刷を防ぐ事ができると共に、印刷設定間違いを未然に防ぐことができ、紙使用枚数削減の効果をもたらすことができる。

0050

なお、前記実施形態においては、プリンタドライバ11cに、印刷データの印刷履歴を検索する検索部(印刷履歴検索手段)と、入力画面21を表示する入力要求画面表示制御部(入力要求手段)と、管理情報表示画面20を表示する管理情報表示制御部(表示制御手段)とを構成したが、本発明の要旨はこれに限定されるものではなく、ネットワーク上の他の装置、例えば印刷履歴管理サーバ4にこれらの機能を付与することもできる。

0051

本発明は、ネットワークを介して相互に接続されたクライアントコンピュータ、印刷装置及びファイルサーバを備えた印刷システムにに利用することができる。

0052

1クライアントコンピュータ
2 クライアントコンピュータ
3ファイルサーバ
31電子データ
4印刷履歴管理サーバ
5印刷装置
6印刷属性情報
61印刷目的
62印刷物の保管場所
63備考
7ログ情報
71印刷者名
72文書データ名
73 文書データサイズ
74印刷日時
8印刷情報
81 両面・片面設定情報
82集約設定情報
83印刷イメージ
9属性情報入力画面
91 目的選択タブ
92 保管場所選択タブ
93印刷ボタン
20管理情報表示画面
200 印刷目的
201 印刷物の保管場所
202 備考
203 両面・片面印刷情報表示
204集約情報表示
205 過去印刷イメージ表示
206今回印刷イメージ表示
207 印刷ボタン
208属性入力ボタン
209 取消ボタン

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ブラザー工業株式会社の「 情報処理装置、情報処理方法及び情報処理プログラム」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】設定情報を外部記憶装置に記憶させる場合、又は、外部記憶装置に記憶された設定情報を取得する場合において、設定情報の用途に応じて柔軟な対応を可能とする技術を提供する。【解決手段】MFP100のCP... 詳細

  • ローランドディー.ジー.株式会社の「 画像形成方法」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】複数の画像形成装置で共通の記録媒体にそれぞれ画像を形成し、複数の画像の間の位置合わせを容易に行うことができる画像形成方法を提供する。【解決手段】共通の記録媒体に、第1の画像形成装置による第1画... 詳細

  • 理想科学工業株式会社の「 画像形成装置」が 公開されました。( 2020/10/08)

    【課題】用紙の先端汚れを防止する。【解決手段】搬送経路に沿ってプラテンプレート27上を摺動する搬送ベルト21にエア吸引により用紙を吸着して搬送する吸引搬送部3と、吸引搬送部3を制御する制御部5とを備え... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ