図面 (/)

技術 ガスライター

出願人 ウインドミル株式会社
発明者 丸山達弘
出願日 2010年9月17日 (11年2ヶ月経過) 出願番号 2010-209091
公開日 2012年3月29日 (9年7ヶ月経過) 公開番号 2012-063106
状態 特許登録済
技術分野 燃料入りライター
主要キーワード 風防部材 弁操作レバー 着火操作 導電性チューブ 内燃式 圧電ユニット ガスライター ガス噴出ノズル
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年3月29日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (13)

課題

炎孔から出る火炎幅広で扁平に現出させることにより、タバコ葉巻の先端を満遍なく包み込みながら燃焼するガスライターを提供する。

解決手段

ガスタンク23から噴出させる燃料ガスを空気と混合する混合管21と、該混合管21の上部に連設される拡散器22と、該拡散器22を囲うように設けられ燃料ガスを安定して燃焼させる燃焼筒19と、該燃焼筒19の上方に配設され炎孔20が設けられた風防部材13とを少なくとも備えるガスライターであって、燃焼筒19は、少なくとも上部の開口部19aが楕円状に形成され、炎孔20は、スリット状に形成されている。

概要

背景

従来のガスライターとしては、例えば次のような構成のものが知られている。このガスライターは、燃料ガス充填されるガスタンクと、ガスタンクから噴出させる燃料ガスを空気と混合する混合管と、混合管で混合した混合ガス流速減速拡散させる拡散器と、拡散器で拡散された混合ガスを更に減速及び拡散させて点火燃焼に充分な流速の空気との混合ガスにする燃焼筒と、燃焼筒内の混合ガスに点火する点火手段とを備える(特許文献1参照)。

このような構成のガスライターは、ジェット噴流で噴出する混合ガスが燃焼筒でバーナー状に着火し燃焼するので、強風下でも使用できるという利点を有する。

概要

炎孔から出る火炎幅広で扁平に現出させることにより、タバコ葉巻の先端を満遍なく包み込みながら燃焼するガスライターを提供する。ガスタンク23から噴出させる燃料ガスを空気と混合する混合管21と、該混合管21の上部に連設される拡散器22と、該拡散器22を囲うように設けられ燃料ガスを安定して燃焼させる燃焼筒19と、該燃焼筒19の上方に配設され炎孔20が設けられた風防部材13とを少なくとも備えるガスライターであって、燃焼筒19は、少なくとも上部の開口部19aが楕円状に形成され、炎孔20は、スリット状に形成されている。

目的

従って、従来例におけるガスライターにおいては、たとえ内燃式ガスライターであっても、タバコや葉巻の先端を満遍なく包み込みながら燃焼するガスライターを提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

ガスタンクから噴出させる燃料ガスを空気と混合する混合管と、該混合管の上部に連設される拡散器と、該拡散器を囲うように設けられ前記燃料ガスを安定して燃焼させる燃焼筒と、該燃焼筒の上方に配設され炎孔が設けられた風防部材とを少なくとも備えるガスライターであって、前記燃焼筒は、少なくとも上部の開口部が楕円状に形成され、前記炎孔は、スリット状に形成されていることを特徴とするガスライター。

請求項2

前記燃焼筒は、全体が扁平状に形成されていることを特徴とする請求項1に記載のガスライター。

技術分野

0001

本発明は、ガスライターに関するものであり、更に詳しくは、ライター本体の炎孔から出る火炎幅広で扁平に変形させることにより、径の太い葉巻等への着火にも良好に対応させたガスライターに関するものである。

背景技術

0002

従来のガスライターとしては、例えば次のような構成のものが知られている。このガスライターは、燃料ガス充填されるガスタンクと、ガスタンクから噴出させる燃料ガスを空気と混合する混合管と、混合管で混合した混合ガス流速減速拡散させる拡散器と、拡散器で拡散された混合ガスを更に減速及び拡散させて点火燃焼に充分な流速の空気との混合ガスにする燃焼筒と、燃焼筒内の混合ガスに点火する点火手段とを備える(特許文献1参照)。

0003

このような構成のガスライターは、ジェット噴流で噴出する混合ガスが燃焼筒でバーナー状に着火し燃焼するので、強風下でも使用できるという利点を有する。

先行技術

0004

特開昭63−91431号公報

発明が解決しようとする課題

0005

この従来例のガスライターにおいては、ジェット噴流で噴出する混合ガスがバーナー状に燃焼するので、火炎が強くなり、例えばタバコに着火する場合には、先端だけでなく一側面までも偏って燃え過ぎてしまうという問題点を有している。

0006

また、径の太い葉巻に着火する場合にあっては、葉巻の先端を満遍なく包み込むような形状の火炎が要望される。

0007

従って、従来例におけるガスライターにおいては、たとえ内燃式ガスライターであっても、タバコや葉巻の先端を満遍なく包み込みながら燃焼するガスライターを提供することに解決しなければならない課題を有している。

課題を解決するための手段

0008

前記従来例の課題を解決するための本発明の要旨は、ガスタンクから噴出させる燃料ガスを空気と混合する混合管と、該混合管の上部に連設される拡散器と、該拡散器を囲うように設けられ前記燃料ガスを安定して燃焼させる燃焼筒と、該燃焼筒の上方に配設され炎孔が設けられた風防部材とを少なくとも備えるガスライターであって、前記燃焼筒は、少なくとも上部の開口部が楕円状に形成され、前記炎孔は、スリット状に形成されていることである。

0009

また、前記燃焼筒は、全体が扁平状に形成されていること、;
を含むものである。

発明の効果

0010

本発明に係るガスライターによれば、燃焼筒の開口部が楕円状に形成されることと、風防部材の炎孔が横長のスリット状に形成されることとが相乗的に相俟って、たとえ内燃式ガスライターのような火炎の強いライターであっても、炎孔から出る火炎を幅広で扁平に現出させることができる。従って、タバコや葉巻の先端を満遍なく包み込みながら燃焼するので、これらへの着火が良好に行える。
更には、炎孔が横長のスリット状であることから、従来の円形の炎孔に比べて幅狭に形成されることとなり、従って上方からの風に対しても影響を受け難く、火が消え難いという種々の優れた効果を奏する。

0011

また、燃焼筒は、全体が扁平状に形成されていることによって、燃焼筒の開口部が楕円状に形成されるだけでなく、ライター本体を薄型に形成することができるという種々の優れた効果を奏する。

図面の簡単な説明

0012

本発明に係るガスライター11の正面の断面を示す説明図である。
本発明に係るガスライター11の右側面の断面を示す説明図である。
本発明に係るガスライター11の正面図である。
本発明に係るガスライター11の左側面図である。
本発明に係るガスライター11の背面図である。
本発明に係るガスライター11の平面図である。
風防部材13の平面図である。
燃焼筒19の正面を示す縦断面図である。
燃焼筒19の平面図である。
燃焼筒19の底面図である。
本発明に係るガスライター11の着火状態を示す正面図である。
本発明に係るガスライター11の着火状態を示す右側面図である。

実施例

0013

次に、本発明の実施の形態について図面を参照しながら説明する。まず、図1及び図2において、符号11はガスライターを示し、このガスライター11は、本体ケース12と、本体ケース12の上部に配設される風防部材13と、風防部材13の下部に位置する内燃機構14と、高電圧を発生させて燃料ガスに着火するために設けられる圧電ユニット15とを備えている。

0014

本体ケース11は、図1から図6に示すように、薄型の筺体状に形成され、その上端にはキャップ部16を備えている。キャップ部16は、図5に示すように、本体ケース11の背面側のヒンジ部16aを介して開閉自在になっており、閉成時にはキャップ部16が風防部材13を施蓋する。

0015

また、本体ケース11の正面側には、図1及び図11に示すように、一対の長孔17が形成されており、この長孔17に沿って、着火操作部18が上下動可能なように取り付けられている。

0016

風防部材13は、後述する燃焼筒19の上方及びその近傍に配設され、図7及び図11に示すように、頂部13aと、正面部13bと、両側面部13c、13cと、背面部13dとを有する。頂部13aの中央位置には、横長の溝部13eが形成されており、この溝部13eの中心部には横長でスリット状の炎孔20が形成されている。炎孔20の寸法の一例を示すと、幅が約1〜2mm程度であり、長さが約7〜9mm程度であることが望ましい。

0017

内燃機構14は、図1に示すように、混合管21と、混合管21の上部に連設される拡散器22と、拡散器22を囲うように設けられて燃料ガスを安定して燃焼させる燃焼筒19とを備えている。

0018

混合管21は、中空筒体状に形成されており、ガスタンク23から噴出させる燃料ガスと空気とを混合する部位である。混合管21の下部側が導電性チューブ28を介してガス噴出ノズル24に連通している。

0019

拡散器22は、混合管21から流入してくる燃料ガスの空気との混合を更に促進させながら燃料ガスの流速を減速し拡散させる部位である。

0020

燃焼筒19は、セラミック材から成り、図8から図10に示すように、筒体を全体的に扁平状に形成して、上部の開口部19aが楕円状を呈すると共に、下部には孔部25が形成されている。この孔部25は、拡散器22を挿通して設置する部位である。また、燃焼筒19には、拡散器22から流入する燃料ガスに点火すための、放電端子32が組み付けられている。

0021

圧電ユニット15は、図1に示すように、伸縮自在に相互に嵌合する外箱15aと内箱15bとを有している。この内箱15bの内部には、図示しない圧電素子ハンマー復帰バネ等が組み込まれており、圧電素子をハンマーで打撃して高電圧を生じさせる仕組みである。

0022

内箱15bの上部には、導電性を有するユニットキャップ15dが装着されており、このユニットキャップ15dの下端部15eが、後述する弁操作レバー27の一端部に当接している。

0023

また、圧電ユニット15は、一方の電極15cに接続された導電線29が上方に向けて延出されており、その先端が前述の放電端子32に連設している。

0024

ユニットキャップ15dの上部には、アーム状シャフト26が組み付けられている。このシャフト26には、着火操作部18の係止部18aが当接しており、着火操作部18の上下の動作に連動してシャフト26が上下動する。その結果、シャフト26の下端側でユニットキャップ15dを介して内箱15bを上下動させる仕組みになっている。

0025

外箱15aの側部には、弁操作レバー27が配設されている。この弁操作レバー27には、前述のようにユニットキャップ15dの下端部15eが当接しており、従って、着火操作部18の上下の動作に連動して弁操作レバー27が上下動する仕組みになっている。弁操作レバー27の他端部は、ガス噴出ノズル24の頸部を挟持して弁を開成及び閉成可能なように組み付けられている。

0026

なお、図1中の符号33は、キャップ部16のロック装置を示し、符号34はダンパーを示し、符号35はスプリングを示す。

0027

以上のように構成されるガスライター11は、着火操作部18を押し下げ操作すると、シャフト26が連動して押し下がり、その結果、ユニットキャップ15dが押し下がる。同時にユニットキャップ15dの下端部15eが弁操作レバー27を押し下げて、ガス噴出ノズル24が開弁する。このようにガス噴出ノズル24が開弁すると、ガスタンク23からバルブ機構30を介して燃料ガスが噴出し、燃焼筒19に流入する。

0028

この燃料ガスの燃焼筒19への流入と略同時に、シャフト26がユニットキャップ15dを介して内箱15bを押し下げて、圧電素子が高電圧を生じ、前記放電端子32に放電火花が発生する。この放電火花によって、燃焼筒19に流入した燃料ガスがバーナー状に着火する。

0029

この時、燃焼筒19の開口部19aが楕円状に形成されていることと、風防部材13の炎孔20が横長のスリット状に形成されていることとが相乗的に相俟って、炎孔20から出る火炎31を幅広で扁平に現出させることとなる(図11及び図12参照)。その結果、タバコや葉巻の先端を満遍なく包み込みながら着火できるのである。

0030

更には、炎孔20が横長のスリット状であることから(図7参照)、従来の内燃式ガスライターのような円形の炎孔に比べて幅狭に形成されることとなり、従って、上方からの風に対しても影響を受け難く、火が消え難いのである。

0031

また、燃焼筒19は扁平状に形成されているので、燃焼筒19の開口部19aが楕円状に形成されるだけでなく、ライター本体を薄型に形成できる利点がある(図2及び図4参照)。

0032

11ガスライター
12 本体ケース
13風防部材
13a 頂部
13b 正面部
13c 側面部
13d 背面部
13e 溝部
14内燃機構
15圧電ユニット
15a外箱
15b内箱
15c電極
15dユニットキャップ
15e下端部
16 キャップ部
16aヒンジ部
17長孔
18着火操作部
18a係止部
19燃焼筒
19a 開口部
20炎孔
21混合管
22拡散器
23ガスタンク
24ガス噴出ノズル
25 孔部
26シャフト
27弁操作レバー
28導電性チューブ
29導電線
30バルブ機構
31火炎
32放電端子
33ロック装置
34ダンパー
35 スプリング

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 余芳▲くん▼の「 葉巻に火を付ける燃焼器」が 公開されました。( 2021/09/02)

    【課題】本発明は葉巻に火を付ける燃焼器を開示した。【解決手段】本体を含み、前記本体の内部の上側には左方に開口した葉巻送り空間が設置され、前記葉巻送り空間の上端壁には上載置空間が設置され、前記葉巻送り空... 詳細

  • 黒須 忠雄の「 ライター点火補助具」が 公開されました。( 2021/03/25)

    【課題】本発明の目的の一つは、手で物を持って握る動作が不得手な身体弱者であっても容易に点火することができるライター点火補助具を提供することにある。【解決手段】押圧操作によって点火する点火スイッチを有す... 詳細

  • 柳田成吉の「 フリント式ライター」が 公開されました。( 2021/02/15)

    【課題】外径寸法の異なるフリントを選択的に装着することが出来る便利なフリント式ライターを提供する。【解決手段】ライター本体の側部に併設された円柱状をなした着火部の軸芯に沿って、円筒状の貫通孔11を形成... 詳細

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ