図面 (/)

技術 出力先を分散するための印刷データ処理プログラム、印刷データ処理装置、及び、印刷データ処理方法

出願人 セイコーエプソン株式会社
発明者 大山仁古幡整高本明男小玉知広
出願日 2010年9月6日 (9年6ヶ月経過) 出願番号 2010-199155
公開日 2012年3月22日 (7年11ヶ月経過) 公開番号 2012-058846
状態 拒絶査定
技術分野 タイプライター等へのデジタル出力
主要キーワード 改善要望 使用コマンド 料理内容 追加作業 複製印刷 印刷データ処理プログラム レジストリー POSサーバー
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年3月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (5)

課題

既存アプリケーションからの印刷データを処理する印刷データ処理プログラムであって、既存アプリケーションのプログラムを変更することなしに、多彩な印刷データの出力先分散処理を容易に行うことのできる印刷データ処理プログラム等を提供する。

解決手段

アプリケーションによって所定の処理を実行する2以上の通信ポートを有するコンピューターに、印刷データの処理を実行させる印刷データ処理プログラムが、所定の通信ポートへ出力される印刷データを、当該通信ポートが受け取る前に、OSカーネル層で取得する工程と、アプリケーション層で、取得された印刷データを解析し、印刷データを出力する1以上の通信ポートを決定し、決定した通信ポートに接続されるデバイス相応しいデータに変換して、変換後のデータを決定した通信ポートに出力する工程と、をコンピューターに実行させる。

概要

背景

スーパーマーケットなどの小売販売業においては販売管理システムであるPOSシステムが普及しており、当該システムでは、サーバーネットワークで接続される複数の端末装置レジ)が当該装置に備えられるアプリケーションに従って動作し各種の処理を実行する。また、通常、当該端末装置には、それぞれ、プリンターが設けられ、上記アプリケーションの指示によりレシートクーポンの出力を実行する。また、このような出力を伴うPOSシステムと類似した構成のシステムとしては、病院で用いられるシステム、運送会社で用いられるシステムなどがある。

このようなシステムにおいても、導入後の技術向上や業務改善要望に伴って、機能拡張の必要が出てくるが、かかるシステムは一般に業務の中枢として常時利用されているものであり、また、他のシステムとも複雑に連携している場合も多いため、そのアプリケーションを改変することは通常容易ではない。

かかる課題については、出力処理系の機能に関し、従来、以下のような提案がなされている。

下記特許文献1では、すでに存在するアプリケーションプログラム修正する必要なしに、従来のモデムに必要とされていたマイクロプロセッサおよびメモリを除去することが可能なパーソナルコンピュータ中でモデム機能を実行する装置について記載されている。

また、下記特許文献2には、アプリケーションを変更することなく、1つの通信ポートアクセスすることにより、他の通信ポートに接続されているプリンターへも同時に印刷を実行させることができ、複製印刷を可能にする装置について記載されている。

概要

既存アプリケーションからの印刷データを処理する印刷データ処理プログラムであって、既存アプリケーションのプログラムを変更することなしに、多彩な印刷データの出力先分散処理を容易に行うことのできる印刷データ処理プログラム等を提供する。アプリケーションによって所定の処理を実行する2以上の通信ポートを有するコンピューターに、印刷データの処理を実行させる印刷データ処理プログラムが、所定の通信ポートへ出力される印刷データを、当該通信ポートが受け取る前に、OSカーネル層で取得する工程と、アプリケーション層で、取得された印刷データを解析し、印刷データを出力する1以上の通信ポートを決定し、決定した通信ポートに接続されるデバイス相応しいデータに変換して、変換後のデータを決定した通信ポートに出力する工程と、をコンピューターに実行させる。

目的

一方、プリンター機能の向上により、プリンターの増設交換を伴う出力系の機能拡張、例えば、用途に応じたプリンターの使い分け等、が望まれている

効果

実績

技術文献被引用数
1件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

OSカーネル層オペレーティングシステムによって動作しアプリケーション層に備えられるアプリケーションによって所定の処理を実行する、2以上の通信ポートを有するコンピューターに、前記アプリケーションから出力される印刷データの処理を実行させる印刷データ処理プログラムであって、所定の前記通信ポートへ出力される前記印刷データを、当該通信ポートが受け取る前に、前記OSカーネル層で取得するデータ取得工程と、前記アプリケーション層で、前記データ取得工程で取得された印刷データを解析し、当該解析の結果に基づいて、当該印刷データを出力する1以上の前記通信ポートを決定し、当該決定した通信ポートに接続されるデバイス相応しいデータに当該印刷データを変換し、当該変換後の印刷データを前記決定した通信ポートに出力する印刷データ処理工程と、を前記コンピューターに実行させることを特徴とする印刷データ処理プログラム。

請求項2

請求項1において、前記印刷データ処理工程における通信ポートの決定は、前記取得された印刷データ内に検出される文字列又はイメージに基づいて行われることを特徴とする印刷データ処理プログラム。

請求項3

請求項1あるいは2において、前記印刷データを出力する通信ポートとして、2以上の前記通信ポートが決定され、当該各通信ポートへ出力される印刷データの内容は、それぞれ、前記取得された印刷データの内容を分割したものであることを特徴とする印刷データ処理プログラム。

請求項4

請求項1あるいは2において、前記印刷データを出力する通信ポートとして、2以上の前記通信ポートが決定され、当該各通信ポートへ同じ内容の印刷データが出力されることを特徴とする印刷データ処理プログラム。

請求項5

請求項1あるいは2において、前記印刷データを出力する通信ポートとして、当該印刷データの内容に応じて1の前記通信ポートが決定されることを特徴とする印刷データ処理プログラム。

請求項6

OSカーネル層のオペレーティングシステムによって動作しアプリケーション層に備えられるアプリケーションによって所定の処理を実行する、2以上の通信ポートを有するコンピューターで構成され、前記アプリケーションから出力される印刷データの処理を実行する印刷データ処理装置であって、所定の前記通信ポートへ出力される前記印刷データを、当該通信ポートが受け取る前に、前記OSカーネル層で取得するデータ取得部と、前記アプリケーション層で、前記データ取得部で取得された印刷データを解析し、当該解析の結果に基づいて、当該印刷データを出力する1以上の前記通信ポートを決定し、当該決定した通信ポートに接続されるデバイスに相応しいデータに当該印刷データを変換し、当該変換後の印刷データを前記決定した通信ポートに出力する印刷データ処理部と、を有することを特徴とする印刷データ処理装置。

請求項7

OSカーネル層のオペレーティングシステムによって動作しアプリケーション層に備えられるアプリケーションによって所定の処理を実行する、2以上の通信ポートを有するコンピューターにおいて、前記アプリケーションから出力される印刷データの処理を実行する印刷データ処理方法であって、前記コンピューターが、所定の前記通信ポートへ出力される前記印刷データを、当該通信ポートが受け取る前に、前記OSカーネル層で取得するデータ取得工程と、前記コンピューターが、前記アプリケーション層で、前記データ取得工程で取得された印刷データを解析し、当該解析の結果に基づいて、当該印刷データを出力する1以上の前記通信ポートを決定し、当該決定した通信ポートに接続されるデバイスに相応しいデータに当該印刷データを変換し、当該変換後の印刷データを前記決定した通信ポートに出力する印刷データ処理工程と、を有することを特徴とする印刷データ処理方法。

技術分野

0001

本発明は、既存アプリケーションから出力される印刷データを処理する印刷データ処理プログラム等に関し、特に、既存アプリケーションのプログラムを変更することなしに、多彩な印刷データの出力先分散処理を容易に行うことのできる印刷データ処理プログラム等に関する。

背景技術

0002

スーパーマーケットなどの小売販売業においては販売管理システムであるPOSシステムが普及しており、当該システムでは、サーバーネットワークで接続される複数の端末装置レジ)が当該装置に備えられるアプリケーションに従って動作し各種の処理を実行する。また、通常、当該端末装置には、それぞれ、プリンターが設けられ、上記アプリケーションの指示によりレシートクーポンの出力を実行する。また、このような出力を伴うPOSシステムと類似した構成のシステムとしては、病院で用いられるシステム、運送会社で用いられるシステムなどがある。

0003

このようなシステムにおいても、導入後の技術向上や業務改善要望に伴って、機能拡張の必要が出てくるが、かかるシステムは一般に業務の中枢として常時利用されているものであり、また、他のシステムとも複雑に連携している場合も多いため、そのアプリケーションを改変することは通常容易ではない。

0004

かかる課題については、出力処理系の機能に関し、従来、以下のような提案がなされている。

0005

下記特許文献1では、すでに存在するアプリケーションプログラム修正する必要なしに、従来のモデムに必要とされていたマイクロプロセッサおよびメモリを除去することが可能なパーソナルコンピュータ中でモデム機能を実行する装置について記載されている。

0006

また、下記特許文献2には、アプリケーションを変更することなく、1つの通信ポートアクセスすることにより、他の通信ポートに接続されているプリンターへも同時に印刷を実行させることができ、複製印刷を可能にする装置について記載されている。

先行技術

0007

特開平8−69427号公報
特開2006−338443号公報

発明が解決しようとする課題

0008

しかしながら、上記特許文献1及び2に記載の内容では、モデム機能、複製印刷機能など出力系の限られた機能を実現するに留まり、他の多彩な要望を実現することはできない。また、上記特許文献2では、OSカーネル層での処理であるため、一般に機能構築プログラム開発等)が容易ではなく機能も限られてしまうという課題がある。

0009

一方、プリンター機能の向上により、プリンターの増設交換を伴う出力系の機能拡張、例えば、用途に応じたプリンターの使い分け等、が望まれている。

0010

本発明の目的は、既存アプリケーションから出力される印刷データを処理する印刷データ処理プログラムであって、既存アプリケーションのプログラムを変更することなしに、多彩な印刷データの出力先分散処理を容易に行うことのできる印刷データ処理プログラム、等を提供することである。

課題を解決するための手段

0011

上記の目的を達成するために、本発明の一つの側面は、OSカーネル層のオペレーティングシステムによって動作しアプリケーション層に備えられるアプリケーションによって所定の処理を実行する、2以上の通信ポートを有するコンピューターに、前記アプリケーションから出力される印刷データの処理を実行させる印刷データ処理プログラムが、所定の前記通信ポートへ出力される前記印刷データを、当該通信ポートが受け取る前に、前記OSカーネル層で取得するデータ取得工程と、前記アプリケーション層で、前記データ取得工程で取得された印刷データを解析し、当該解析の結果に基づいて、当該印刷データを出力する1以上の前記通信ポートを決定し、当該決定した通信ポートに接続されるデバイス相応しいデータに当該印刷データを変換し、当該変換後の印刷データを前記決定した通信ポートに出力する印刷データ処理工程と、を前記コンピューターに実行させる、ことである。

0012

更に、上記発明において、その好ましい態様は、前記印刷データ処理工程における通信ポートの決定は、前記取得された印刷データ内に検出される文字列又はイメージに基づいて行われる、ことを特徴とする。

0013

更にまた、上記発明において、一つの態様は、前記印刷データを出力する通信ポートとして、2以上の前記通信ポートが決定され、当該各通信ポートへ出力される印刷データの内容は、それぞれ、前記取得された印刷データの内容を分割したものである、ことを特徴とする。

0014

また、上記発明において、別の態様は、前記印刷データを出力する通信ポートとして、2以上の前記通信ポートが決定され、当該各通信ポートへ同じ内容の印刷データが出力される、ことを特徴とする。

0015

更に、上記発明において、別の態様は、前記印刷データを出力する通信ポートとして、当該印刷データの内容に応じて1の前記通信ポートが決定される、ことを特徴とする。

0016

上記の目的を達成するために、本発明の別の側面は、OSカーネル層のオペレーティングシステムによって動作しアプリケーション層に備えられるアプリケーションによって所定の処理を実行する、2以上の通信ポートを有するコンピューターで構成され、前記アプリケーションから出力される印刷データの処理を実行する印刷データ処理装置が、所定の前記通信ポートへ出力される前記印刷データを、当該通信ポートが受け取る前に、前記OSカーネル層で取得するデータ取得部と、前記アプリケーション層で、前記データ取得部で取得された印刷データを解析し、当該解析の結果に基づいて、当該印刷データを出力する1以上の前記通信ポートを決定し、当該決定した通信ポートに接続されるデバイスに相応しいデータに当該印刷データを変換し、当該変換後の印刷データを前記決定した通信ポートに出力する印刷データ処理部と、を有する、ことである。

0017

上記の目的を達成するために、本発明の更に別の側面は、OSカーネル層のオペレーティングシステムによって動作しアプリケーション層に備えられるアプリケーションによって所定の処理を実行する、2以上の通信ポートを有するコンピューターにおいて、前記アプリケーションから出力される印刷データの処理を実行する印刷データ処理方法が、前記コンピューターが、所定の前記通信ポートへ出力される前記印刷データを、当該通信ポートが受け取る前に、前記OSカーネル層で取得するデータ取得工程と、前記コンピューターが、前記アプリケーション層で、前記データ取得工程で取得された印刷データを解析し、当該解析の結果に基づいて、当該印刷データを出力する1以上の前記通信ポートを決定し、当該決定した通信ポートに接続されるデバイスに相応しいデータに当該印刷データを変換し、当該変換後の印刷データを前記決定した通信ポートに出力する印刷データ処理工程と、を有する、ことである。

0018

本発明の更なる目的及び、特徴は、以下に説明する発明の実施の形態から明らかになる。

図面の簡単な説明

0019

本発明を適用したPOS端末装置の実施の形態例に係る概略構成図である。
POS端末装置の概略機能構成図である。
出力先分散処理の処理手順を例示したフローチャートである。
POSシステムの改良を説明するための図である。

実施例

0020

以下、図面を参照して本発明の実施の形態例を説明する。しかしながら、かかる実施の形態例が、本発明の技術的範囲を限定するものではない。なお、図において、同一又は類似のものには同一の参照番号又は参照記号を付して説明する。

0021

図1は、本発明を適用したPOS端末装置の実施の形態例に係る概略構成図である。また、図2は、当該POS端末装置の概略機能構成図である。図1及び図2に示すPOS端末装置2が本発明を適用した装置であり、当該装置では、POSアプリケーション201から出力される印刷データをOSカーネル層230の仮想ポート203(データ取得部)で取得する。そして、取得したデータをアプリケーション層220のポートハンドラー204で受け取り、印刷データの解析結果に基づいて所定の出力先分散処理を実行する。その後、ポートハンドラー204から処理後のデータに対応した通信ポート209へ処理後の印刷データを出力する。本POS端末装置2は、かかる処理を実行することにより、POSアプリケーション201のプログラムを変更することなく、多彩な印刷データの分散処理を容易に実現するものである。

0022

本実施の形態例では、スーパーマーケットなどで用いられるPOSシステムを想定しており、図1に示すように、POSサーバー1にネットワーク4を介して複数のPOS端末装置2が接続される構成をしている。POSサーバー1は、コンピューターシステムで構成され、上記複数のPOS端末装置2の管理とそれらのPOS端末装置2から取得される各種データの集計、管理等の処理を実行する。

0023

POS端末装置2は各レジに設置され、それぞれ、プリンター3と接続される。プリンター3は、POS端末装置2から出力される印刷データに従って、レシートやクーポンを出力する。従って、POS端末装置2はプリンター3のホスト装置位置づけられる。

0024

また、POS端末装置2には、ディスプレイ5が接続され、当該ディスプレイ5では、顧客に示す商品金額等が表示される。

0025

各POS端末装置2は、図1に示すように、POS端末本体21、キーボード23、バーコードリーダー24、及びカードリーダー25等を備える。キーボード23は、価格や商品コードなどの商品情報性別年代などの顧客情報オペレーターが入力するために用いられる。また、バーコードリーダー24は、商品に付されたバーコードを読み取って商品情報を取得し、カードリーダー25は、各種カードに記憶された情報を読み取って、清算に必要な情報などを取得する。

0026

POS端末本体21は、上述したキーボード23、バーコードリーダー24、及びカードリーダー25から取得される情報に基づいて、レシートやクーポンに印刷する情報を生成して、プリンター3へ出力する。当該POS端末本体21は、コンピューターで構成され、図示していないが、CPU、RAM、ROM、HDDなどを備えている。後述するPOSアプリケーション201のプログラムや出力先分散処理のためのプログラムは、ROMに記憶され、それらのプログラムに従ってCPUが動作することにより各処理が実行される。

0027

また、POS端末装置2は、図2に示すような機能構成となっている。POSアプリケーション201は、上述したレシートやクーポンに印刷する情報を生成してそれらを出力させる処理を行うが、ここで生成されるデータは出力先分散処理を行う前の元データである。また、生成されるデータは、そのままプリンター3Aへ出力できる形式の、すなわち、プリンター3Aの機種(デバイス)に依存したコマンドの、印刷データ、あるいは、プリンター3A用ドライバー202に渡す形式のデータである。前者は、テキストだけの印刷など簡単な印刷データの場合に生成される。

0028

また、プリンター3A用ドライバー202は、プリンター3A用のプリンタードライバーであり、POSアプリケーション201から出力されたデータを、プリンター3Aの機種(デバイス)に依存したコマンドによる、プリンター3Aが受信して印刷可能な印刷データとして出力する。

0029

なお、POSアプリケーション201とプリンター3A用ドライバー202は、図2に示すように、コンピューターのオペレーティングシステム(OS)に基づきその上でプログラムが各処理を実行するアプリケーション層220に位置する。また、両者は、それぞれの処理内容を指示する上記ROMに格納されたプログラムと当該プログラムに従って処理を実行する上記CPU等によって構成される。また、両者は、本発明によって新たに追加、改良される部分ではなく、従来装置のものがそのまま用いられる。

0030

次に、仮想ポート203は、POSアプリケーション201又はプリンター3A用ドライバー202から出力された印刷データ(ここでは、元印刷データと呼ぶ)を、通信ポート209が受け取る前に上記オペレーティングシステムが位置するOSカーネル層230で受け取る部分である。そして、仮想ポート203は、取得した元印刷データをポートハンドラー204へ引き渡す。

0031

次に、ポートハンドラー204、データ解析部205、データ加工部206、コマンド変換部207、及びデータ格納部208は、元印刷データを用いて出力先分散処理を実行する印刷データ処理部であり、これら各部の処理により、上記POSアプリケーション201の機能を拡張することが可能になる。

0032

ポートハンドラー204は、上記仮想ポート203から引き渡された元印刷データをデータ解析部205に転送すると共に、出力先分散処理後の印刷データ(ここでは、処理後印刷データと呼ぶ)を受け取って、当該データに対応した通信ポート209へ処理後印刷データを出力する処理を行う。

0033

データ解析部205は、元印刷データを解析して処理内容を決定すると共に、処理後印刷データを出力する通信ポート209を決定する部分である。

0034

データ加工部206は、データ解析部205が決定した処理内容に従って、元印刷データを加工する部分である。

0035

また、コマンド変換部207は、元印刷データで指定されていた通信ポート209に接続されたプリンター3と、処理後印刷データが出力される通信ポート209に接続されたプリンター3とで使用コマンドが異なる場合に、コマンドを変更する処理を行う部分である。

0036

データ格納部208は、上記データ解析部205及びデータ加工部206が使用する各種データを記憶する部分である。ここには、キーワードデータベースとプリンターデータベースが格納されており、前者には、キーワードとなる各文字列又は各イメージと、それらに対応する処理内容等が対応付けて収められ、後者には、各プリンター3の使用コマンド、印刷設定の情報、接続される通信ポート209の情報等が収められている。なお、当該データ格納部208は上記HDD等で構成される。

0037

以上説明した印刷データ処理部における処理の具体的な手順については後述する。

0038

なお、仮想ポート203、ポートハンドラー204、データ解析部205、データ加工部206、及び、コマンド変換部207は、それぞれ、各部が行う処理を指示するプログラムと当該プログラムに従って処理を実行する上記CPU等によって構成される。また、これらの部分に係るプログラムが本発明の印刷データ処理プログラムに相当する。

0039

次に、POS端末装置2には、物理層240に通信ポート209A及び209Bが備えられ、それぞれ、プリンター3A及び3Bに接続される。ここでは、一例として、通信ポート209Aは、シリアル通信のCOM通信ポートであり、通信ポート209Bは、USB通信を行うUSB通信ポートである。また、プリンター3については、一例として、プリンター3Aがモノクロプリンターであり、プリンター3Bがカラープリンターである。なお、ここでは、2つ通信ポート209が備えられ、2つのプリンター3がPOS端末装置2に接続されるが、接続される通信ポート209及びプリンター3の数はこれに限定されることはなく3以上でもよい。また、通信ポート209の種類も、両方をUSB通信ポートとするなど、他の構成とすることができる。また、プリンター3の種類に関しても、SIDMプリンターとレーザープリンター組合せ、あるいは、SIDMプリンターとTMプリンターの組合せにするなど、用途に応じ他の構成とすることができる。

0040

以上説明したような構成を有する本POS端末装置2では、元印刷データを用いた出力先分散処理に特徴があり、以下、その具体的な処理手順について説明する。図3は、当該出力先分散処理の処理手順を例示したフローチャートである。

0041

まず、前述の通り、POSアプリケーション201から直接、又は、プリンター3A用ドライバー202を介して、元印刷データが出力される(ステップS1)。例えば、当該元印刷データは、プリンター3Aから出力することを想定しているレシートの印刷データであり、従って、出力先の通信ポートには通信ポート209Aが指定され、プリンター3Aに依存したコマンドで表現されている。

0042

次に、出力された元印刷データは、指定された通信ポートに(ここでは、通信ポート209Aに)届く前に仮想ポート203によって受け取られる(ステップS2)。かかる処理は、いずれの通信ポート209へ向けたデータも、まず、仮想ポート203が受け取るように、レジストリーの(優先度の)設定を変更しておくことで実現され、かかる設定変更はOSの起動時に実行される。その後、受け取られた元印刷データは、仮想ポート203からアプリケーション層220のポートハンドラー204に送付される(ステップS2)。

0043

次に、ポートハンドラー204は、送付された元印刷データを、データ解析部205に転送する(ステップS3)。データ解析部205では、元印刷データのコマンドを解釈し、当該データの内容を解析する(ステップS4)。そして、解析結果から、処理内容及び出力先通信ポート209を決定する。

0044

具体的には、データ解析部205は、元印刷データの中から上記データ格納部208に記憶されるキーワードを検出して、そのキーワードに対応付けられている処理内容を実施すると決定し、当該処理に応じた出力先の通信ポート209を決定する。当該処理は、出力先を分散する処理であり、その処理内容としては、元印刷データの印刷内容を複数に分割し、それらを、それぞれの内容に相応しい出力先へ出力する処理(分割処理)、元印刷データの印刷内容を複数の出力先へ出力する処理(複製処理)、及び、印刷データの出力先を変更する処理(振分処理)等があり、これらの中から所定の内容が上記キーワードに対して予め定められている。なお、より具体的な機能拡張内容の例については後述する。

0045

当該データ解析部205で決定された上記出力先通信ポート209は、ポートハンドラー204に通知され、また、決定された上記処理内容は、データ加工部206に通知される。なお、元印刷データに関わらず処理内容及び出力先が固定の場合には、当該データ解析部205は必要なく、元印刷データはポートハンドラー204からデータ加工部206に引き渡される。

0046

次に、データ加工部206が元印刷データに対するデータ加工処理を実行する(ステップS5)。具体的には、上記決定された処理内容に従って印刷データの加工を実行し、処理後印刷データを生成する。主な処理としては、上述した印刷内容の分割、出力先の仕様に合ったデータへの改変などが行われる。具体的な処理例については後述する。なお、かかる加工処理においても、上述したプリンターデータベースの情報など、必要に応じてデータ格納部208のデータが参照される。

0047

また、当該データ加工部206は、複数の処理内容がある場合には、各処理内容に対応した複数の加工部から構成されてもよい。また、上記データ解析部205の判断が、処理(データ加工)を行わないというものである場合には、当該データ加工部206は加工処理を実行しない。

0048

次に、データ加工部206で生成された上記処理後印刷データについてコマンドの変更を必要とする場合には、コマンド変換部207がコマンドの変換処理を実行する(ステップS6)。前述のとおり、印刷データは出力先のプリンター3に依存したコマンドで表現されているので、元印刷データのコマンドと、上記決定された出力先のプリンター3のコマンドが異なる場合には、当該出力先に適したコマンドに変換する。本実施例では、元印刷データがプリンター3A用のコマンドで表現されているので、出力先がプリンター3B(機種がプリンター3Aと異なる)に変更される場合には当該コマンド変換処理を実行する。処理後のデータはポートハンドラー204へ引き渡される。なお、コマンド変換を必要としない場合には、データ加工部206から転送された印刷データがポートハンドラー204へ引き渡される。

0049

次に、ポートハンドラー204は、引き渡された処理後印刷データを上記決定された通信ポート209へ出力する(ステップS7)。本実施例では、通信ポート209A及び/又は通信ポート209Bへ出力される。

0050

その後、印刷データが通信ポート209から接続されるプリンター3へ送信され、プリンター3において当該印刷データによる印刷が実行され、レシートなどの印刷物が出力される(ステップS8)。例えば、プリンター3Aから出力されればモノクロの印刷物が得られ、プリンター3Bから出力されればカラーの印刷物が得られる。

0051

以上説明したような手順で、本POS端末装置2における出力先分散処理が実行されるが、以下に、出力先分散処理の具体例を説明する。

0052

まず、上述した分割処理の具体例について説明する。例えば、当該POSシステムがレストランに設置され、料理内容により厨房が異なる場所にあり、各厨房にプリンター3が設けられているケースを想定する。この場合に、注文票を出力するための元印刷データがPOSアプリケーション201から発せられ、そのデータに複数の厨房で料理する品物が含まれていれば、当該分割処理を行って、各厨房で料理すべき品物だけを示す注文票をその厨房に設けられたプリンター3から出力させる。当該処理では、データ解析部205は、上述したデータ格納部208のデータを参照し、元印刷データに含まれる品物の文字列をキーワードにして、その品物に対応付けられている厨房(プリンター3)を出力先として決定する。データ加工部206は、その各品物に対する決定に基づいて、元印刷データの内容を各厨房に分割し、各厨房の注文票データを生成する。その後、コマンド変換部207における必要な変換処理が行われた後、ポートハンドラー204から各注文票の印刷データが各出力先に出力される。

0053

また、同様の例で、元印刷データがレシート出力のためのものである場合に、その通りレシート出力用の印刷データを出力すると共に、品物の情報を注文票の形で各厨房に分割して出力してもよい。

0054

次に、上述した複製処理の例としては、出力する印刷物の控も同時に出力しておきたい場合(正本副本を作っておきたい場合)、複数毎のクーポンを早く出力した場合などがある。かかる印刷データの処理では、データ解析部205が、元印刷データに含まれる所定のキーワードを検出した場合に、例えば、所定のクーポン券を示す文字列を検出した場合に、複製処理を行うと決定し、データ加工部206が、当該決定に従って各プリンター3へ出力する印刷データを同じ印刷内容で生成する。その後、コマンド変換部207における必要な変換処理が行われた後、ポートハンドラー204から各印刷データが各出力先に出力される。

0055

また、上述した振分処理の例としては、出力する印刷物の種類に応じて適切なプリンター3で印刷されるように出力先を決定する場合がある。例えば、印刷物がレシートである場合には、モノクロであるプリンター3Aから出力されるように処理し、印刷物がクーポンである場合には、カラーであるプリンター3Bから出力されるように処理する。また、印刷物が保証書である場合には、色があせないようにSIDMプリンターから出力されるように出力先を決定するといったこともできる。また、印刷物によって印刷紙の品質を変えたい場合にも、備えられる印刷紙が異なるプリンター3を備えれば、同様の処理で実現できる。

0056

かかる振分処理では、データ解析部205が、元印刷データに含まれる所定のキーワードを検出してその印刷物の種類を把握し、その種類に相応したプリンター3を決定する。データ加工部206は、当該決定に従ってそのプリンター3へ出力する印刷データを生成する。その後、コマンド変換部207における必要な変換処理が行われた後、ポートハンドラー204から印刷データが出力先に出力される。

0057

また、本POS端末装置2では、POSアプリケーション201から同じ通信ポート209へ出力された、プリンター3用データとディスプレイ5用データを、それぞれ、所定の出力先に振り分ける(分散する)場合にも用いることができる。前述したように、POSアプリケーション201は従来装置に備えられていたものであるので、従来装置が、シリアル通信の通信ポートを一つのみ備え、そこから、プリンターとディスプレイがシリアルに接続されている場合には、POSアプリケーション201からプリンター3用データとディスプレイ5用データが同じその通信ポートへ出力される。

0058

そして、従来装置を改良した本POS端末装置2において、図2に示すように、ディスプレイ5が通信ポート209Aに接続され、プリンター3(B)が通信ポート209Bに接続されている場合には、上述した振り分けの処理を実行する。

0059

具体的には、図3に基づいて説明した全て印刷データである場合と同様に、どちらかのデータを仮想ポート203が取得して、当該データがポートハンドラー204を介してデータ解析部205に渡される。データ解析部205では、データの種類が印刷データであるか表示データであるかを解析し、その結果に応じて出力先を決定する。その後、出力先に応じた所定の処理がデータ加工部206及びコマンド変換部207で行われて、処理後のデータがポートハンドラー204を介して、決定された通信ポート209へ出力される。そして、印刷データである場合には、プリンター3Bから出力され、表示データである場合には、ディスプレイ5に表示が行われる。

0060

なお、POSアプリケーション201からデバイス切替信号が出力される場合には、データ解析部205が、当該信号を検出することにより、出力先の通信ポート209を決定することもできる。

0061

以上説明したように、本実施の形態例に係るPOS端末装置2では、POSアプリケーション201から出力されたデータの出力先分散処理を実行することができる。そして、当該処理を行わないPOS端末装置及びPOSシステムを、比較的容易な方法で本POS端末装置2及びそれを含むPOSシステムに改良することができる。

0062

図4は、当該改良を説明するための図である。当該図は、図2と同じ機能構成図であり、実線部分が上述した改良前のPOS端末装置及びPOSシステムを示している。すなわち、改良前のシステムは、POSアプリケーション201から直接又はプリンタードライバー202を介して出力された印刷データが通信ポート209Aで受け取られ、プリンター3Aから出力がなされる構成となっている。そして、このような構成のシステムに対して、破線で示される部分を追加することにより、本POS端末装置2及びそれを含むPOSシステムにすることが可能である。

0063

すなわち、既存のPOSアプリケーション201を変更することなく、上述した印刷データ処理プログラム、データ格納部208のデータ、及び新たなプリンター3Bを追加することにより、既存のPOSシステムの機能の拡張が可能となる。そして、この改良(追加)は、新たなプリンター3Bの設置と上記印刷データ処理プログラムとデータを含む当該プリンタードライバーソフトウェアインストールという作業で実行され得る。なお、プリンター3Aも新設してよいし、さらに、既存のPOSアプリケーション201のプログラムを変えずに、POS端末装置2を構成するコンピューター自体を新しいものに変えてもよい。

0064

また、上述したデータをプリンターとディスプレイに振り分ける場合にも、同様の追加作業で容易に分散を実現することができる。

0065

このように、本実施の形態例に係る印刷データ処理プログラムを用いることにより、既存のPOSアプリケーションプログラムの変更を伴わない容易な方法で、多彩な出力先の分散処理によるPOSシステムの機能拡張を実現することができるようになる。また、それを実現するための主な処理は、コンピューターのアプリケーション層で行うように構成するので、多彩な処理を実行させるプログラムの開発を容易に行うことができる。

0066

また、当該プログラムの適用により、出力がよりユーザーに相応しい内容で実行できるので、ユーザー利便性を向上させることができる。

0067

また、当該プログラムの適用により、出力が分散されるので、所定のケースでは、出力を早く行うことができるようになる。また、合わせて、コンピューターや通信形態を新しいものに変えることにより、より出力を早くすることができる。

0068

なお、本実施の形態例では、POSサーバー1が複数のPOS端末装置2と接続されるシステムであったが、本発明は、当該構成に限らず、POS端末装置とプリンター等が接続される環境に対して適用することができる。

0069

また、本実施の形態例ではPOSシステムの例を示したが、本発明は、POSシステムに限らず、病院や運送会社で使用されるシステムなど、プリンターからの印刷物の出力を含む所定のアプリケーションを備えたシステムに適用可能であり、特に、既存のアプリケーションプログラムの改変が困難である場合に有効である。

0070

また、本実施の形態例では、POSアプリケーションのプログラムや出力先分散処理のためのプログラムがROMに記憶されている例を示したが、これらプログラムはROMに限らず、RAMやHDD等の記憶媒体に記憶されていてもよい。また、これらプログラムは別々の記憶媒体に記憶されていてもよい。

0071

本発明の保護範囲は、上記の実施の形態に限定されず、特許請求の範囲に記載された発明とその均等物に及ぶものである。

0072

1POSサーバー、 2POS端末装置(印刷データ処理装置)、 3プリンター、 4ネットワーク、 5ディスプレイ、 21POS端末本体、 23キーボード、 24バーコードリーダー、 25カードリーダー、 201POSアプリケーション、 202 プリンター3A用ドライバー、 203仮想ポート、 204ポートハンドラー、 205データ解析部、 206データ加工部、 207コマンド変換部、 208データ格納部、 209通信ポート、 220アプリケーション層、 230OSカーネル層、 240 物理層

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

関連する公募課題一覧

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ