図面 (/)

技術 空気清浄機

出願人 日立アプライアンス株式会社
発明者 卯ノ木由次川原茂見中島浩明岡村明子漆原篤彦大木雅之
出願日 2010年9月10日 (9年9ヶ月経過) 出願番号 2010-202624
公開日 2012年3月22日 (8年3ヶ月経過) 公開番号 2012-057887
状態 特許登録済
技術分野 ダクトの構成 ユニットの冷風・暖風装置・凝縮水対策 空調制御装置1 ガス中の分散粒子の濾過 空調制御装置2 空調制御装置 ユニットの据付・換気装置・除湿装置 加湿 ユニットのエアフィルタ・熱交換器・箱体 ガスの乾燥 換気1 空気の消毒,殺菌または脱臭 ルームユニット・自納式ユニット一般
主要キーワード 動作故障 長尺部品 ターボ運転 底壁板 量ランプ 往復回転動作 中部材 送風源
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年3月22日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

操作部がすっきりとし、類似モードへの派生が容易な空気清浄機を提供する。

解決手段

フィルタと、ファンモータと、加湿手段と、除湿手段と、操作パネルとを有する空気清浄機において、前記操作パネルには、空気清浄モードと強脱臭モード切り換える第1の制御手段と、加湿モードと肌保湿モードを切り換える第2の制御手段と、除湿モードと衣類乾燥モード結露セーブモードを切り換える第3の制御手段を有することを特徴とする。

概要

背景

現在、空気清浄モードだけでなく除湿モード,加湿モード,肌加湿モード,ランドリー乾燥モードなど様々なモードを有する多機能型空気清浄機が出回っている。様々なモードを切り換える手段として、それぞれのモードに対応する数の操作ボタンが設けられている空気清浄機(特許文献1)や、除湿モード,加湿モード,空気清浄モードを切り換えるボタンと、肌加湿モード,ランドリー乾燥モードを切り換えるボタンが別のボタンとして設けられている空気清浄機(特許文献2)がある。

概要

操作部がすっきりとし、類似モードへの派生が容易な空気清浄機を提供する。フィルタと、ファンモータと、加湿手段と、除湿手段と、操作パネルとを有する空気清浄機において、前記操作パネルには、空気清浄モードと強脱臭モードを切り換える第1の制御手段と、加湿モードと肌保湿モードを切り換える第2の制御手段と、除湿モードと衣類乾燥モード結露セーブモードを切り換える第3の制御手段を有することを特徴とする。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

フィルタと、ファンモータと、加湿手段と、除湿手段と、操作パネルとを有する空気清浄機において、前記操作パネルには、空気清浄モードと強脱臭モード切り換える第1の制御手段と、加湿モードと肌保湿モードを切り換える第2の制御手段と、除湿モードと衣類乾燥モード結露セーブモードを切り換える第3の制御手段を有することを特徴とする空気清浄機。

請求項2

空気が流通する第1のフィルタと、前記第1のフィルタの下流側に設けられたファンモータと、前記第1のフィルタと前記ファンモータとの間に配置され前記空気を加湿するための第2のフィルタと、前記第2のフィルタに水を供給する給水タンクポンプと、前記第1のフィルタと前記ファンモータとの間に配置され前記空気を除湿する除湿ユニットと、当該空気清浄機の表面に設けられた操作パネルとを備える空気清浄機であって、前記操作パネルは、空気清浄モードあるいは前記空気清浄モードよりも空気の臭いに敏感に空気清浄を行う強脱臭モードを選択する第1のボタンと、湿度が第1の値以下である場合に空気清浄に加えて加湿を行う加湿モードあるいは湿度が第1の値よりも高い第2の値以下である場合に空気清浄に加えて加湿を行う肌保湿モードを選択する第2のボタンと、空気清浄に加えて除湿を行う除湿モードあるいは所定の風量以上の風量で風向きを変えながら除湿を行う衣類乾燥モードあるいは空気清浄に加えて加湿を行う運転状態から湿度が第3の値以上になった場合に空気清浄運転又は空気清浄に加えて除湿を行う運転へ切り換える結露セーブモードを選択する第3のボタンを備え、前記各モードは前記各ボタンを押下される毎に切り替わることを特徴とする空気清浄機。

請求項3

請求項1または2に記載された空気清浄機において、前記空気清浄機は、前記空気の臭いを検知する臭いセンサと、前記空気中のホコリ等の量を検知するダストセンサと、前記空気中の湿度を検知する湿度センサとを備え、空気清浄モードでは、前記ダストセンサと前記臭いセンサの検知結果に基づき前記ファンモータの稼動が行われ、前記強脱臭モードでは、前記ダストセンサの感度を前記空気清浄モードよりも鈍感にし前記臭いセンサの感度を空気清浄モードよりも敏感にして前記ダストセンサと前記臭いセンサの検知結果に基づき前記ファンモータの稼動が行われ、前記加湿モードでは、前記空気清浄モードと同様の前記ファンモータの稼動に加え、前記湿度センサの検知結果に基づき前記ポンプの稼動が行われ、前記肌保湿モードでは、前記加湿モードよりも高い湿度を設定値として前記ファンモータと前記ポンプの稼動が行われ、前記除湿モードでは、前記空気清浄モードと同様の前記ファンモータの稼動に加え、前記湿度センサの検知結果に基づき前記除湿ユニットの稼動が行われ、前記衣類乾燥モードでは、前記除湿モードよりも高い回転速度での前記ファンモータの稼動と前記除湿ユニットの稼動が行われ前記結露セーブモードでは、加湿運転中は前記ファンモータと前記ポンプの稼動が行われ、除湿運転中は前記ファンモータと前記除湿ユニットの稼動が行われることを特徴とする空気清浄機。

請求項4

フィルタと、ファンモータと、臭いセンサと、ダストセンサと、制御部を備えた空気清浄機において、前記制御部は、前記臭いセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値1となり、かつ前記ダストセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値2となると、ファンモータの停止と稼動を繰り返すよう制御し、前記ファンモータの稼動は複数あるファンモータ回転モードの中で最も少ない回転数で回転するモードで稼動することを特徴とする空気清浄機。

請求項5

空気が流通する第1のフィルタと、前記第1のフィルタの下流側に設けられたファンモータと、前記空気の臭いを検知する臭いセンサと、前記空気中のホコリ等の量を検知するダストセンサと、前記ファンモータを制御する制御部とを備えた空気清浄機において、前記制御部は、前記臭いセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値1となり、かつ前記ダストセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値2となる状態が所定時間t0経過した後に、所定時間t2のファンモータの停止制御T1と所定時間t1のファンモータの稼動制御T2を繰り返す制御Tを行い、前記制御T2では前記ファンモータは複数あるファンモータ回転モードの中で最も少ない回転数で回転するモードで稼動するよう制御され、前記制御Tにおいて、前記臭いセンサと前記ダストセンサの検知は継続して行われ、前記制御Tにおいて、前記臭いセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値3となり、あるいは前記ダストセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値4となると前記制御Tは停止され、前記ファンモータを稼動する制御が行われ、前記臭いセンサの検知結果が設定値1となり、かつ前記ダストセンサの検知結果が設定値2となる状態が所定時間t0経過した後には制御Tを行うことを特徴とする空気清浄機。

請求項6

請求項5において、前記制御Tの開始からt4経過後に電源切れることを特徴とする空気清浄機。

請求項7

請求項6において、前記t1は10分、前記t2は50分、前記t4は8時間であることを特徴とする空気清浄機。

技術分野

0001

本発明は加湿機能除湿機能を有する空気清浄機に関する。

背景技術

0002

現在、空気清浄モードだけでなく除湿モード,加湿モード,肌加湿モード,ランドリー乾燥モードなど様々なモードを有する多機能型空気清浄機が出回っている。様々なモードを切り換える手段として、それぞれのモードに対応する数の操作ボタンが設けられている空気清浄機(特許文献1)や、除湿モード,加湿モード,空気清浄モードを切り換えるボタンと、肌加湿モード,ランドリー乾燥モードを切り換えるボタンが別のボタンとして設けられている空気清浄機(特許文献2)がある。

先行技術

0003

特開2010−54189号公報
特開2010−112705号公報

発明が解決しようとする課題

0004

特許文献1は、モードを切り換える手段としてモードの数と同数のボタンを操作部に設ける必要がある。

0005

特許文献2は、加湿モードと除湿モードを1つのボタンで、肌加湿モードとランドリー乾燥モードを別の1つのボタンで選択できるようになっており、加湿モードと肌加湿モードのように類似するモードが別ボタンであり目的のモード選択が困難である。

0006

操作部をすっきりとさせ、類似モードへの派生を容易にすることが本願発明の目的の1つである。

0007

また、特許文献1,2ともに、空気清浄運転により空気がきれいな状態が継続してもそれまでと同様の運転が続く。空気がきれいな状態が継続してもファンモータ稼動し続けるため消費電力量が増大するといった課題がある。
消費電力量を低減させることが本願発明の目的の1つである。

課題を解決するための手段

0008

操作部をすっきりとさせ、類似モードへの派生を容易にするという目的を解決する手段として、フィルタと、ファンモータと、加湿手段と、除湿手段と、操作パネルとを有する空気清浄機において、操作パネルには、空気清浄モードと強脱臭モードを切り換える第1の制御手段と、加湿モードと肌保湿モードを切り換える第2の制御手段と、除湿モードと衣類乾燥モード結露セーブモードを切り換える第3の制御手段を有することを特徴とする。

0009

あるいは、操作部をすっきりとさせ、類似モードへの派生を容易にするという目的を解決する手段として、空気が流通する第1のフィルタと、第1のフィルタの下流側に設けられたファンモータと、第1のフィルタとファンモータとの間に配置され空気を加湿するための第2のフィルタと、第2のフィルタに水を供給する給水タンクポンプと、第1のフィルタとファンモータとの間に配置され空気を除湿する除湿ユニットと、当該空気清浄機の表面に設けられた操作パネルとを備える空気清浄機であって、操作パネルは、空気清浄モードあるいは空気清浄モードよりも空気の臭いに敏感に空気清浄を行う強脱臭モードを選択する第1のボタンと、湿度が第1の値以下である場合に空気清浄に加えて加湿を行う加湿モードあるいは湿度が第1の値よりも高い第2の値以下である場合に空気清浄に加えて加湿を行う肌保湿モードを選択する第2のボタンと、空気清浄に加えて除湿を行う除湿モードあるいは所定の風量以上の風量で風向きを変えながら除湿を行う衣類乾燥モードあるいは空気清浄に加えて加湿を行う運転状態から湿度が第3の値以上になった場合に空気清浄運転又は空気清浄に加えて除湿を行う運転へ切り換える結露セーブモードを選択する第3のボタンを備え、各モードは各ボタンを押下される毎に切り替わることを特徴とする。

0010

または、消費電力量を低減させるという課題を解決する手段として、フィルタと、ファンモータと、臭いセンサと、ダストセンサと、制御部を備えた空気清浄機において、制御部は、臭いセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値1となり、かつダストセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値2となると、ファンモータの停止と稼動を繰り返すよう制御し、ファンモータの稼動は複数あるファンモータ回転モードの中で最も少ない回転数で回転するモードで稼動することを特徴とする。

0011

あるいは、消費電力量を低減させるという課題を解決する手段として、空気が流通する第1のフィルタと、第1のフィルタの下流側に設けられたファンモータと、空気の臭いを検知する臭いセンサと、空気中のホコリ等の量を検知するダストセンサと、ファンモータを制御する制御部とを備えた空気清浄機において、制御部は、臭いセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値1となり、かつダストセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値2となる状態が所定時間t0経過した後に、所定時間t2のファンモータの停止制御T1と所定時間t1のファンモータの稼動制御T2を繰り返す制御Tを行い、制御T2ではファンモータは複数あるファンモータ回転モードの中で最も少ない回転数で回転するモードで稼動するよう制御され、制御Tにおいて、臭いセンサとダストセンサの検知は継続して行われ、制御Tにおいて、臭いセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値3となり、あるいはダストセンサの検知結果があらかじめ定めた設定値4となると制御Tは停止され、ファンモータを稼動する制御が行われ、臭いセンサの検知結果が設定値1となり、かつダストセンサの検知結果が設定値2となる状態が所定時間t0経過した後には制御Tを行うことを特徴とする。

発明の効果

0012

空気清浄モードと強脱臭モードといった類似するモードを1つの制御手段あるいは1つのボタンで切換可能とし、加湿モードと肌加湿モードといった類似するモードを1つの制御手段あるいは1つのボタンで切換可能とし、除湿モードと衣類乾燥モードと結露セーブモードといった類似するモードとを1つの制御手段あるいは1つのボタンで切換可能とすることで、制御手段あるいはボタンの数が減り操作部がすっきりし、更に類似モードへの派生が容易となるという効果がある。

0013

ファンモータの稼動と停止を繰り返すよう制御し、その際のファンモータの稼動を複数あるファンモータ回転モードの中で最も少ない回転数で回転するモードで稼動させることで、消費電力量を低減させることができるという効果がある。

図面の簡単な説明

0014

本発明に係る実施形態の空気清浄機を示す斜視図である。
実施形態の空気清浄機の正面図である。
図2(a)のA−A線断面図である。
実施形態の空気清浄機の分解斜視図である。
実施形態の空気清浄機の操作パネルを示す図である。
実施形態の空気清浄機の制御装置を示すブロック図である。
実施形態の水タンク斜め上方から見た斜視図である。
(a)は、気化フィルタユニットを示す斜視図であり、(b)は、気化フィルタユニットにおける空気に湿気を付与するための気化フィルタを示す斜視図である。
図2(a)に示す空気清浄機におけるB−B線断面より下方の水タンクが配置される個所とポンプ継ぎ手ユニットとを示す斜視概要図である。
ポンプ継ぎ手ユニットの構造を示すポンプ継ぎ手ユニット単体の斜視図である。
(a)は、空気清浄機内に水タンクおよび気化フィルタユニットを収納した場合を示す斜視図であり、(b)は、水タンクおよび気化フィルタユニットをそれぞれ空気清浄機に取り付ける場合の空気清浄機内のポンプ継ぎ手ユニットとの関係を示す斜視図である。
デシカントロータヒータ等の除湿ユニットを示す図2(b)のD−D線断面図である。
デシカントロータ,ヒータを覆うヒータケースファンケーシング等を取り外した状態を示す斜視図である。
除湿ユニットを構成する凝縮器近傍を示す図2(b)のE−E線断面図である。
除湿ユニットを構成する凝縮器近傍を示すF−F線断面図である。
(a)は、ヒータとヒータが内部に設けられたヒータケースとを有するヒータアッセンブリを示す斜視図であり、(b)は、ヒータアッセンブリをヒータ側から見た図である。
(a)は、図12に示すデシカントロータ,ヒータケース,ファンケーシング,デシカントロータ支持部材等のアッセンブリを分解したデシカントロータを示す斜視図であり、(b)は、図12に示すデシカントロータ,ヒータケース,ファンケーシング,デシカントロータ支持部材等のアッセンブリを分解したデシカントロータ支持部材,ロータ駆動歯車を示す斜視図であり、(c)は、(a)に示すデシカントロータの背面からの斜視図である。
(a)は、図2(b)のE−E線断面図の図13に示す凝縮器の正面図であり、(b)は、(a)に示す凝縮器の背面図である。
図17(a)に示す凝縮器の分解図である。
従来の加湿機能付き空気清浄機における気化式加湿エレメントを示す斜視図である。
eco運転の動作フロー図を示す図である。
(a)は、通常の自動運転で空気がきれいな状態となった際のタイミングチャートの一例を示す図であり、(b)は、eco運転時のタイミングチャートの一例を示す図である。
結露セーブモード時の運転状態の一実施例を示す図である。

実施例

0015

以下、本発明の実施形態について図面を参照して説明する。

0016

《空気清浄機1の全体構成》
図1は、本発明に係る実施形態の空気清浄機1を示す斜視図であり、図2(a)は、実施形態の空気清浄機1の正面図であり、図2(b)は、図2(a)のA−A線断面図である。また、図3は、実施形態の空気清浄機1の分解斜視図である。

0017

図1図3に示すように、実施形態の空気清浄機1は、その周囲を筐体である主部筐体ケース2と前部筐体ケース3とで覆われており、前部筐体ケース3の前面には、前面パネル4が、前部筐体ケース3の被係止部(図示せず)に前面パネル4の係止部(図示せず)が弾性変形され、取り付けられている。

0018

このように、前面パネル4は、前部筐体ケース3に簡単に取り付けられるので、空気清浄機1のフィルタユニット5(図2(b)参照)のメンテナンス等に際しては、前面パネル4が、容易に取り外し,取り付けができることになる。

0019

図1に示す空気清浄機1は、図2(b)に示すように、前面パネル4と前部筐体ケース3との間のクリアランスcを通して室内の空気を吸入するためのファンモータ7(図3参照)と、ファンモータ7によって吸入される室内の空気の集塵脱臭を行うためのフィルタユニット5と、室内の空気を加湿するための水が貯留される水タンク13と、フィルタユニット5を通して清浄にされた空気を水タンク13内から汲み上げられた水により加湿する気化フィルタユニット15と、フィルタユニット5を通して清浄にされた空気の水分を吸い取る除湿用のデシカントロータ9と、デシカントロータ9で吸収した水分を気化する空気を加熱するためのヒータ33(図3参照)と、デシカントロータ9から吸収し気化された水分を含む空気からその水分を凝縮するための凝縮器11(図3参照)と、ファンモータ7の遠心ファン周り囲うとともに上部の排出口2oに向かって遠心ファン外周との間隙が拡がって形成され清浄にされた空気を排出するための渦巻状のファンケーシング8(図3参照)とを備えている。

0020

図1,図2(b)に示すように、空気清浄機1の筐体である前部筐体ケース3と前面パネル4との間には、クリアランスcが上下左右に形成され、このクリアランスcを通して、図2(b)の矢印α11のように、室内の汚れた空気が空気清浄機1内に吸入され、フィルタユニット5を通ってろ過され清浄にされた空気が、渦巻状のファンケーシング8(図3,図2(a)参照)に案内され、図1に示すように、主部筐体ケース2の上部に開口された排出口2oを通って、室内に排出される。

0021

ここで、図1図3に示すように、主部筐体ケース2の上部には、主部筐体ケース2の排出口2oの開閉を担う蓋開閉蓋であるフラップ2t(ルーバー)が、主部筐体ケース2の上部に回転自在に軸支されており、空気清浄機1の運転時には、図1に示すように、フラップ2tが開制御されることで主部筐体ケース2の排出口2oが開口され、空気清浄機1によって清浄にされた空気が、排出される。フラップ2tは、0度(水平)から90度(垂直)の範囲で回動可能である。フラップ2tは、0度(水平)から85度(略垂直)の範囲で回動可能であってもよい。フラップ2tが0度のときは風向は前方向となり、フラップ2tが90度または85度のときは風向は上方向となる。

0022

また、主部筐体ケース2の上部の排出口2o部は分割されて、外側に露出たねじにより固定されて一体化されている。このねじを外して排出口2o部を取り外すことにより、排出口2oの開閉を担う蓋開閉蓋であるフラップ2tと、フラップ開閉用モータ61,駆動リンク62,従動リンク63を保持するフレーム(図示せず)からなるユニットとして、容易に取り外し、取り付けができる。この構造により、モータリンク部品別ユニット化できるので組み立て作業が容易にできる。また、フラップ2tの動作故障時においても、排出口2o部のみを取り外せばユニットの点検交換ができる。

0023

例えば、空気清浄機1で空気清浄モードが選択された場合には、フラップ2tが徐々に開き全開状態(例えば、開角90度)となる。また、衣類乾燥モードが選択された場合には、フラップ2tは、開角45度と開角90度間の回転往復動作を反復して行い、空気清浄機1の排出口2oから排出される空気を上下方向に送風し、衣類の上下に風をあて衣類の乾燥を促進する。つまり、衣類乾燥モードが選択された場合には、水平よりも開いた所定の角度と全開との間の回転往復動作を反復して行う。衣類乾燥モードが選択された場合には、フラップ2tは、開角10度と開角90度間の回転往復動作を反復して行ってもよい。

0024

例えば、空気清浄機1で強脱臭モードが選択された場合には、フラップ2tが全開状態となり排出口2oの通風抵抗を減少させ大風量運転を可能とし、上方向に送風することにより、室内空気循環を促して空気清浄機の対辺空気を導いて室内空間全体脱臭処理を促進する。つまり、強脱臭モードのフラップ2tの開角は、空気清浄モードのフラップ2tの開角と同一である。

0025

また、加湿機能が働く加湿モード若しくは肌保湿モードが選択された場合には、フラップ2tは、開角45度の状態となり、空気清浄機1の排出口2oから排出される空気を前斜め方向に送風し、加湿された清浄空気のユーザがいる室内中央部への供給を促進する。

0026

また、除湿機能が働く除湿モードが選択された場合には、フラップ2tは、開角45度の状態となり、空気清浄機1の排出口2oから排出される空気の前斜め方向に送風し、除湿された清浄空気をユーザがいる室内中央部への供給を促進する。

0027

また、加湿機能と除湿機能が働く結露セーブモードが選択された場合には、フラップ2tは、開角45度の状態となり、空気清浄機1の排出口2oから排出される空気を前斜め方向に送風し、加湿若しくは除湿された清浄空気のユーザがいる室内中央部への供給を促進する。つまり、除湿モードおよび結露セーブモードのフラップ2tの開角は、加湿モードおよび肌保湿モードのフラップ2tの開角と同一である。そして、空気清浄モードおよび強脱臭モードのフラップ2tの開角は、加湿モードおよび肌保湿モードおよび除湿モードおよび結露セーブモードのフラップ2tの開角よりも大きく、よって、風向も垂直上方向に近い。

0028

また、セルフ乾燥モードが選択された場合には、フラップ2tが全開状態となる。

0029

また、まかせてスタートが選択された場合には、フラップ2tは開角45度の状態となる。

0030

運転モードを切り換える場合にはフラップ2tは一度閉じた状態となった後、所定の運転モードに応じて開いた状態となる。

0031

また、空気清浄機1が運転中に開いたフラップ2tは、運転停止するときはフラップ2tを閉じた状態に戻して運転停止する。これにより、排出口2oから空気清浄機1内部に異物塵埃入り込むのを防ぐことができる。

0032

ここで、フラップ2tの開閉機構を構成する部材は、互いに回転運動して駆動されるので、該部材が互いに往復運動する場合に比べ、動きがスムーズで動作信頼性が高い。よって、フラップ2tの開閉機構のメンテナンスの頻度を抑制できる。

0033

<空気清浄機1の制御装置E>
図5は、空気清浄機1の制御装置Eを示すブロック図である。

0034

空気清浄機1(図1参照)の運転を制御する制御装置Eは、前部筐体ケース3の前上部の操作パネル60から露出した各種の操作ボタン50に近接して、前部筐体ケース3の前側上部内に備わっている。なお、表示装置(図示せず)は、制御装置Eの近くに設けられる。操作パネル60は、空気清浄機1の上面(上側表面)に設けられる。

0035

図5に示すように、制御装置Eは、マイクロコンピュータE1(以下、マイコンE1と称す),各種モータ,ヒータ33等の駆動回路等の各種回路リレー等から構成され、マイコンE1のROM(Read Only Memory)に格納された制御プログラムを実行することにより、空気清浄機1が統括的に制御される。なお、制御プログラムは、メンテナンスされるに際して、書込み回路E9a,書込みコネクタE9bを用いて、制御プログラムの更新がなされる。

0036

ユーザが、空気清浄機1の操作パネル60に配置された所望の操作ボタン50を押下することにより、操作信号が制御装置Eに入力され、該操作信号に応じて制御装置Eによって空気清浄機1の運転が制御される。

0037

また、空気清浄機1はリモート操作可能なリモコン(図示せず)を有し、ユーザはリモコンを操作することで、リモコンにより無線でリモコン受光部ICを介して制御装置Eと信号の授受を行い、空気清浄機1を遠隔操作できる構成としてもよい。

0038

その際、ヒータ33を使用しないモード(空気清浄モード,強脱臭モード,加湿モード,肌保湿モード)は、制御装置Eにおいてリモコンによる操作を可能としているのに対し、意図しない作動を制限するため、ヒータ33を使用するモード(除湿モード,結露セーブモード,衣類乾燥モード)は、制御装置Eにおいてリモコンによる操作を不可能とする。また、リモコンには、印字シールによって、ヒータ33を使用するモードはリモコンによる操作を不可能とする旨の表示をすることで、誤使用や故障状態との誤認防止を図ることができる。

0039

また、ヒータ33を使用しないモードは、電源入・切ボタン51を押下に応じて稼動するのに対して、ヒータ33を使用するモードは、電源入・切ボタン51を押下し、一時停止または停止後に移行するように、制御装置Eにおいて構成され、作動の制限を図っている。

0040

或いは、ヒータ33を使用するモードは、制御装置Eにおいて、ヒータ33を使用しないモードより、操作ボタン50の押下時間を長く設定し、作動の制限を図っている。例えば、ヒータ33を使用するモードを選択する操作ボタン50は押下時間を0.5秒とすると、ヒータ33を使用するモードを選択する操作ボタン50は押下時間を1秒以上操作により選択されるようにして、押下操作により即時に動作するヒータ33を使用しないモードを選択する操作ボタン50として作動の制限を行うことができる。また、印字やシールによって、ヒータ33を使用するモードを選択する操作ボタン50の近傍に押下時間が1秒以上操作により選択される旨と、本体のみでの操作が可能は旨を表記することで、作動の制限と誤使用や故障状態との誤認防止を図ることができる。

0041

これにより、意図せぬヒータ33の作動を未然に防ぐことができる。

0042

ここで、空気清浄機1は、制御装置Eによる制御に使用するための室内の空気の湿度を検知する湿度センサE3,室内の空気の臭いを検知する臭いセンサE4,室内の空気中のほこり等の量を検知するダストセンサE5等が備わっている。

0043

<フィルタユニット5>
図2(b),図3に示すフィルタユニット5は、前部筐体ケース3側のクリアランスcから吸入される空気が当る最も手前に配置されている。

0044

フィルタユニット5は、空気清浄機1の最手前側(図2(b)の紙面左側)に、クリアランスcから吸入される空気から綿ゴミ,大きなゴミ等を除去するプレフィルタ5a(図3参照)が配設されており、フィルタユニット5の中央に、該吸入される空気からチリやホコリ,花粉等の微粒子などを除去する集塵フィルタ5b(図3参照)が配設されており、フィルタユニット5の奥側(図2(b)の紙面右側)に、活性炭等の吸入される空気から臭いのもとを除去する脱臭フィルタ5c(図3参照)が配設されている。

0045

<ファンモータ7>
図2(b),図3に示すファンモータ7は、空気清浄機1の空気の吸入,排出を行うものであり、主部筐体ケース2の内部に設けられるファンケーシング8内に配置されている。

0046

ファンモータ7は、空気清浄機1の手前の上下左右のクリアランスc(図1,図2(b)参照)から空気を空気清浄機1内に吸入するための遠心ファンと、該遠心ファンを回転駆動するための電動機とを有している。

0047

ターボファンに吸い込み流を導く吸い込み板10は、ファンケーシング8と共にターボファンを囲んで形成されている。

0048

<水タンク13>
図2(b),図3に示す水タンク13は、空気清浄機1で、フィルタユニット5でろ過され清浄にされた空気を加湿する加湿モードを行うための水を収容する部材である。

0049

図6は、実施形態の水タンク13を斜め上方から見た斜視図である。

0050

図6に示すように、水タンク13は、給水される水が貯留される水タンク箱体13aと、水タンク箱体13aの上方を覆う水タンク蓋13bとを備えている。

0051

水タンク13の水タンク箱体13aは、例えば、ポリプロピレン等の合成樹脂を用いて、底面板前後左右側面板を有する箱形状に成型され、前側面板の外部には、空気清浄機1内から水タンク13を外に引き出すための把っ手部13a1が形成されるとともに、水タンク箱体13a内の水の水位目視するための覗き窓13a2が形成されている。

0052

水タンク13の水タンク蓋13bは、例えば、ポリプロピレン等の合成樹脂を用いて、図6に示すように、外周域から中央部にいくに従い次第に下方になる形状に形成されるとともに、中央部には凝縮器11において凝縮され凝縮器11の凝縮水排出孔11c1(図17参照)から滴下する水を、水タンク箱体13a内に入れるために集水孔13b1が形成されている。また、水タンク蓋13bは、水タンク箱体13a内の水が不足または無くなった際にユーザが吸水するための給水孔13b2が穿設されている。

0053

さらに、水タンク蓋には、水タンク13内の水を、後記のポンプpにより、気化フィルタユニット15に吸い上げるための吸い上げ孔を有する給水突起と、気化フィルタユニット15からオーバーフローした水を水タンク13内に戻すための戻し孔を有する環流突起とを有して形成されている。

0054

なお、水タンク蓋13bの給水突起の吸い上げ孔は、水タンク箱体13a内の下部の水を吸い上げられるように、水タンク箱体13a内の下部まで連続するように、水タンク蓋13bに成形されている。

0055

<気化フィルタユニット15>
図7(a)は、気化フィルタユニット15を示す斜視図であり、図7(b)は、気化フィルタユニット15における空気に湿気を付与するための気化フィルタ6を示す斜視図である。

0056

図7(a)に示すように、気化フィルタユニット15は、空気清浄機1内で清浄にされた空気に湿気を付与するための気化フィルタ6と、気化フィルタ6を保持する気化フィルタケース17と、気化フィルタ6および気化フィルタケース17が保持されるとともに気化フィルタ6に染み込ませる水が収容される給水トレイ18とを有している。

0057

また、気化フィルタユニット15は、水タンク13からポンプpにより汲み上げられた水を、給水トレイ18に給水するための給水孔19aが形成されるトレイ給水突起19と、給水トレイ18内の水が所定の水位を超えた場合にオーバーフローさせた水を、水タンク13に戻すための排水孔20aを有するトレイ還流突起20が形成されている。

0058

なお、トレイ給水突起19の給水孔19aは、給水トレイ18の上方に続いており、水タンク13からポンプpにより汲み上げられ給水孔19aを通流する水は、上方から給水トレイ18内に滴下され、給水される。

0059

図7(a)に示す給水トレイ18は、気化フィルタ6に吸水させる水を貯留するための部材であり、合成樹脂を用いて、底面板18aと底面板18aの外周部から上方に延在する側面板18bが形成された上方が開口した凹型形状に形成されるとともに、内部に気化フィルタ6を保持する気化フィルタケース17を支持するリブ(図示せず)が形成されている。

0060

また、給水トレイ18には、ポンプpを用いて、水タンク13から給水された水が所定の水位を超えた場合にオーバーフローさせるためのオーバーフロー孔(図示せず)が形成されている。給水トレイ18のオーバーフロー孔は、気化フィルタユニット15のトレイ還流突起20の排水孔20aに接続されており、給水トレイ18のオーバーフロー孔からオーバーフローした水は、トレイ還流突起20の排水孔20aを介して、水タンク13に戻される構成である。

0061

これにより、給水トレイ18内の水位を検知するための水位センサが不要になるとともに、給水トレイ18内の水量の厳密な制御が不要になっている。

0062

図7(b)に示す気化フィルタ6は、吸水性を有する材料で形成され、給水トレイ18内の水を毛細管現象により、吸水するための細孔を多数有している。

0063

図7(a)に示す気化フィルタユニット15は、気化フィルタ6の下部が水タンク13からポンプpを用いて給水される給水トレイ18内の水に浸り、毛細管現象により気化フィルタ6内に吸水される。

0064

このようにして、水分を帯びた気化フィルタ6を、フィルタユニット5((図2(b),図3参照)でろ過され清浄にされた空気を、前方(図2(b)に示す気化フィルタ6の左側)から後方(図2(b)に示す気化フィルタ6の右側)に通流させることにより、該空気に水分を付与し加湿し、空気清浄機1の加湿モードが遂行される。

0065

ここで、ポンプpの稼働は、図5に示す湿度センサE3で検知される湿度,ファンモータ7による空気清浄機1の風量,時間等をパラメータとして、制御装置Eにより加湿用ポンプモータp1が駆動制御されることで、制御されている(図5参照)。

0066

例えば、空気清浄機1の稼働開始時、または肌保湿ボタン56(図1参照)を押下した肌保湿などのモードで加湿重視のときは、ファンモータ7による風量を上げるので、制御装置Eにより加湿用ポンプモータp1を駆動制御しポンプpを稼働し、給水トレイ18に水を供給し、加湿を促進する。例えば、風量が、風量の少ないほうから、弱,標準(中),強,ターボの4段階であるとすると、加湿重視のときは、ターボを除いて最も風量の多い強風量とする。

0067

或いは、湿度センサE3で検知される湿度が低ければ、加湿の必要があるので、制御装置Eにより加湿用ポンプモータp1を駆動制御しポンプpを稼働し、給水トレイ18に水を供給する。

0068

或いは、ユーザが風量切替えボタン52a(図1参照)を押下し高い風量を選択した場合、そのままでは室内が乾燥するので、制御装置Eにより加湿用ポンプモータp1を駆動制御しポンプpを稼働し、給水トレイ18に水を供給し、気化フィルタ6を用いて加湿を行う。

0069

或いは、空気清浄機1を最初に稼働する場合、気化フィルタ6全体に水が染み込むのに5秒前後かかるとすると、「ポンプpを10秒稼働し、給水トレイ18に水を供給する。その後、ポンプpを5秒停止し、気化フィルタ6に給水トレイ18に供給された水が染み込ませる。続いて、ポンプpを5秒稼働し、給水トレイ18に水を供給する。その後、ポンプpを5秒停止し、気化フィルタ6に給水トレイ18に供給された水を染み込ませる。このようなポンプpの駆動パターンの制御を制御装置Eにより行えば、ポンプpが無駄に稼働せず休止する時間ができるので、運転時間が短くなる。

0070

そのため、空気清浄機1の寿命延ばすことが可能である。また、消費電力量の低減効果もある。

0071

また、ポンプpは加湿を行うときだけ運転して給水トレイ18に給水するので、他の運転モードのときは気化フィルタ6が乾いた状態になる。これにより、水道水に含まれるカルキ成分などが気化フィルタ6に付着するのを少なくして加湿能力が低下するのを抑制でき、気化フィルタ6の寿命をのばすことができる。

0072

<ポンプ継ぎ手ユニット21>
図8は、図2(a)に示す空気清浄機1におけるB−B線断面より下方の水タンク13が配置される個所とポンプ継ぎ手ユニット21とを示す斜視概要図であり、図9は、ポンプ継ぎ手ユニット21の構造を示すポンプ継ぎ手ユニット21単体の斜視図である。

0073

図9に示すように、ポンプ継ぎ手ユニット21は、水タンク13内の水を気化フィルタユニット15の給水トレイ18に給水するためポンプpを備えるとともに、水タンク13内の水を吸い上げるための吸い上げ孔部21aと、該吸い上げ孔部21aと内部の流路(図示せず)をもってポンプpを介して接続され気化フィルタユニット15の給水トレイ18に給水するための給水孔部21bと、気化フィルタユニット15の給水トレイ18をオーバーフローした水が流入するトレイ水戻し孔部21cと、トレイ水戻し孔部21cと内部の流路(図示せず)をもって接続され給水トレイ18をオーバーフローした水を水タンク13に戻すためのタンク戻し孔部21dとが形成されている。

0074

ポンプ継ぎ手ユニット21の吸い上げ孔部21aおよびタンク戻し孔部21dには、図6に示す水タンク13における吸い上げ孔を有する給水突起および戻し孔を有する環流突起がそれぞれ嵌入される。

0075

また、ポンプ継ぎ手ユニット21の給水孔部21bおよびトレイ水戻し孔21cには、図7(a)に示す気化フィルタユニット15における給水孔19aを有するトレイ給水突起19および排水孔20aを有するトレイ還流突起20がそれぞれ嵌入される。

0076

なお、ポンプ継ぎ手ユニット21の吸い上げ孔部21aおよびタンク戻し孔部21dは、それぞれ水タンク13を取り付ける際に水タンク13の給水突起および環流突起を案内する円錐面21a1,21d1が形成されるとともに、水タンク13が外された場合にポンプ継ぎ手ユニット21内の流路に残る水が漏れないように、内部から外方に向かって付勢される流路蓋21a2,21d2が取り付けられている。

0077

同様に、ポンプ継ぎ手ユニット21の給水孔部21bおよびトレイ水戻し孔部21cは、それぞれ気化フィルタユニット15を取り付ける際に気化フィルタユニット15のトレイ給水突起19およびトレイ還流突起20を案内する円錐面21b1,21c1が形成されるとともに、気化フィルタユニット15が外された場合にポンプ継ぎ手ユニット21内の流路に残る水が漏れないように、内部から外方に向かって付勢される流路蓋21b2,21c2がそれぞれ取り付けられている。

0078

この構成により、水タンク13(図2(b),図3参照)内の水が、図9に示すポンプ継ぎ手ユニット21のポンプpが稼働することにより、ポンプ継ぎ手ユニット21の吸い上げ孔部21a(図9参照)を介して汲み上げられ、ポンプ継ぎ手ユニット21内の流路を通ってポンプpを介して給水孔部21b(図9参照)から、気化フィルタユニット15の給水トレイ18(図2(b),図3参照)に給水が行われる。

0079

一方、給水トレイ18(図2(b),図3参照)からオーバーフローした水は、トレイ水戻し孔部21c(図9参照)に流入し、ポンプ継ぎ手ユニット21(図9参照)内の流路を通ってタンク戻し孔部21dから、水タンク13(図3図6参照)に戻される。

0080

給水トレイ18(図3図7(a)参照)に水を供給するポンプ継ぎ手ユニット21の給水孔部21bを、ポンプ継ぎ手ユニット21(図9参照)のトレイ水戻し孔部21cより、上方に配置することにより、給水トレイ18には、水が上方から供給され、給水トレイ18からオーバーフローして排水される水は、下方から排水されるので、給水トレイ18内の水が循環し、死に水、すなわち、給水トレイ18内に滞留する水が発生せず、清潔な状態を維持することができる。

0081

<水タンク13,気化フィルタユニット15の空気清浄機1からの取り外し,取り付け>
図10(a)は、空気清浄機1内に水タンク13および気化フィルタユニット15を収納した場合を示す斜視図であり、図10(b)は、空気清浄機1から取り外した水タンク13および気化フィルタユニット15をそれぞれ空気清浄機1に取り付ける場合の空気清浄機1内のポンプ継ぎ手ユニット21との関係を示す斜視図である。

0082

図10(a)に示すように、水タンク13への給水時、空気清浄機1内の水タンク13は、ユーザが水タンク13の把っ手部13a1をもって引き出すことで、白抜き矢印β11のように、水タンク13を空気清浄機1外に取出すことができる。

0083

ここで、空気清浄機1には水タンク13を空気清浄機1外に取出したことを検知する水タンクセンサE6(図5参照)が備えられており、水タンク13を空気清浄機1外に取出した場合に、制御装置Eは空気清浄機1の電源をオフし、空気清浄機1の作動の制限を図っている。

0084

気化フィルタユニット15の掃除時には、図10(a)に示すように、空気清浄機1のフィルタ取り出し蓋1tを開放して、白抜き矢印β12のように、空気清浄機1内の気化フィルタユニット15を空気清浄機1外に取出すことができる(図10(b)参照)。

0085

ここで、空気清浄機1には水タンク13と同様に、気化フィルタユニット15を空気清浄機1外に取出したことを検知するセンサ(図示せず)が備えられている。このセンサを利用して、気化フィルタユニット15を空気清浄機1外に取出した場合に空気清浄機1の電源をオフし、空気清浄機1の作動の制限を図ってもよい。

0086

一方、取り外した水タンク13を空気清浄機1に取り付ける場合、図10(b)に示すように、水タンク13を、白抜き矢印β21のように、空気清浄機1のタンク取り付け口1mに挿入し、水タンク13の給水突起および環流突起を、それぞれ空気清浄機1内のポンプ継ぎ手ユニット21の吸い上げ孔部21aおよびタンク戻し孔部21dに嵌入することで、水タンク13を空気清浄機1に取り付ける。

0087

なお、水タンク13の給水突起および環流突起は、それぞれ空気清浄機1内のポンプ継ぎ手ユニット21の吸い上げ孔部21aの円錐面21a1(図9参照)およびタンク戻し孔部21dの円錐面21d1(図9参照)によって案内され円滑にポンプ継ぎ手ユニット21の吸い上げ孔部21aおよびタンク戻し孔部21dに嵌入することができる。

0088

一方、取り外した気化フィルタユニット15を空気清浄機1に取り付ける場合、図10(b)に示すように、気化フィルタユニット15を、白抜き矢印β22のように、空気清浄機1のフィルタ口1nに挿入し、気化フィルタユニット15のトレイ給水突起19およびトレイ還流突起20を、それぞれ空気清浄機1内のポンプ継ぎ手ユニット21の給水孔部21bおよびトレイ水戻し孔部21cに嵌入することで、気化フィルタユニット15を空気清浄機1内に取り付け、図10(a)に示すように、フィルタ取り出し蓋1tを閉塞し、気化フィルタユニット15の空気清浄機1への取り付けを終了する。

0089

なお、気化フィルタユニット15のトレイ給水突起19およびトレイ還流突起20は、それぞれ空気清浄機1内のポンプ継ぎ手ユニット21の給水孔部21bの円錐面21b1およびトレイ水戻し孔部21cの円錐面21c1によって案内され円滑にポンプ継ぎ手ユニット21の給水孔部21b1およびトレイ水戻し孔部21cに嵌入することができる。

0090

本構成により、水タンク13に給水する場合、水タンク13のみを、気化フィルタ6を有する気化フィルタユニット15から独立して取り出せるので、水タンク13への給水が容易であり、取扱性に優れる。

0091

また、図10(a)に示すように、空気清浄機1内の水タンク13と気化フィルタユニット15とが独立した構成なので、空気清浄機1内の水タンク13と気化フィルタユニット15との間にスペースが形成され、このスペースに強度部材を設けることができ、強度が高い空気清浄機1の支持構造が得られる。

0092

《除湿ユニットの構造》
空気清浄機1において、図2(b)の白抜き矢印α11のようにフィルタユニット5を通ってろ過され清浄にされた空気を加湿する除湿モードを行うための除湿ユニットについて説明する。

0093

図11は、後方(図2(b)の紙面右側)から見たデシカントロータ9,ヒータ33等の除湿ユニットを示す図2(b)のD−D線断面図である。図12は、デシカントロータ9,ヒータ33を覆うヒータケース34,ファンケーシング31等を取り外した状態を示す斜視図である。

0094

図13は、除湿ユニットを構成する凝縮器11近傍を示す図2(b)のE−E線断面図であり、図14は、除湿ユニットを構成する凝縮器11近傍を示すF−F線断面図である。

0095

除湿ユニットは、図11の矢印β11のように回転されフィルタユニット5を通って(図2(b)の白抜き矢印α11参照)清浄にされた空気の水分を吸湿するデシカントロータ9と、デシカントロータ9に温風を送る送風源でありファンケーシング31(図11図12参照)に覆われる除湿ファン(図示せず)と、ヒータケース34に覆われ該除湿ファンから送られる空気に熱を付与し温風にするヒータ33と、ヒータ33により加熱された熱風によりデシカントロータ9から気化された水分を含む空気を冷却し該空気中の水分を凝縮する凝縮器11(図13参照)と、デシカントロータ9の回転を検知する光反射型センサ40(図5図14図16(b)参照)とを備えている。

0096

ここで、図13に示す凝縮器11においては、ヒータ33により加熱された熱風によりデシカントロータ9から気化された水分を含む空気が、多数の後記の格子部11b1内を上から下に通流されることで冷却され、該空気中の水が凝縮される。

0097

図2(b)に示すように、空気清浄機1は、除湿ユニットにおける空気の水分を吸収するデシカントロータ9を上方に配置するとともに気化フィルタユニット15をデシカントロータ9より下方に配置している。また、空気清浄機1は、デシカントロータ9が吸湿した水分を気化した空気を凝縮する流路をもつ凝縮部の格子部11b1を有する凝縮器11で、デシカントロータ9および気化フィルタユニット15の前方を覆って配置している。

0098

これにより、デシカントロータ9と気化フィルタユニット15とが上下に配置され、凝縮器11で、デシカントロータ9および気化フィルタユニット15の前方を覆って配置するので、空気清浄機1の薄型化が可能である。

0099

また、凝縮部を有する凝縮器11の上下方向の寸法を大きくできるので、凝縮器11の凝縮性能を向上できる。

0100

さらに、凝縮器11でデシカントロータ9および気化フィルタユニット15の前方を覆っているので、吸入された空気が排出されるまでの通風抵抗を同じようにできるので、動作モードに係わらず同じ風量にすることができ、運転モードによって遠心ファンの回転速度を変える必要がないので、発生する動作音が変わってしまうということもない。より好ましくは、デシカントロータ9と気化フィルタ6のセル(穴)の大きさを調整して通風抵抗を合わせて空気の流れを同じようにすると良い。

0101

<ファンケーシング31,ヒータ33,ヒータケース34等の構成>
図11図12に示すファンケーシング31内には、内部にデシカントロータ9に吸湿された水分を気化する風を供給するために除湿ファンモータE7(図5参照)で駆動される除湿ファン(図示せず)が配設されており、該ファンケーシング31に隣接してヒータアッセンブリ33Sが配置されている。

0102

ここで、ヒータ33とヒータ33が内部に設けられたヒータケース34とを有する組み立て体をヒータアッセンブリ33Sと称す。

0103

図15(a)は、ヒータ33とヒータ33が内部に設けられたヒータケース34とを有するヒータアッセンブリ33Sを示す斜視図であり、図15(b)は、ヒータアッセンブリ33Sをヒータ33側から見た図である。

0104

ここで、図12に示すファンケーシング31とヒータアッセンブリ33S(図15参照)との接続部30Sには、ファンケーシング31に送風口(図示せず)が開口されるとともに、該ファンケーシング31の送風口(図示せず)に対向してヒータケース34に受風口(図示せず)が開口されており、ファンケーシング31内の除湿ファン(図示せず)によって送風される空気がヒータ33を有するヒータアッセンブリ33S内に送られる構成である。

0105

<ファンケーシング31>
図11図12に示すファンケーシング31は、例えば、ポリスチレンを用いて射出成形により、除湿ファン(図示せず)を覆うとともに、凝縮器11で水分が凝縮された後の空気が送られる凝縮された後の空気受風口(図示せず)とヒータケース34に接続される送風口(図示せず)とを有し、かつ凝縮器11で水分が凝縮された後の空気を除湿ファンによりヒータアッセンブリ33Sへ送る送風路を具える形状に形成されている。

0106

<ヒータアッセンブリ33S>
図11図12に示すヒータアッセンブリ33Sのヒータケース34は、図15に示すように、ニクロム線のヒータ33が取り付けられる第1ヒータケース34aと、平板状の第2ヒータケース34bとが別体に製造され、互いを合わせて構成されている。

0107

ヒータ33は、第1ヒータと第2ヒータとを有し、所定の発熱量を得ている。なお、ヒータ33は、単数または複数で構成してもよく、その数は限定されない。

0108

図15に示す第1ヒータケース34aは、例えば、アルミメッキ鋼板を用いて、絞り加工により成形され、受風口(図示せず)が開口される受風部34a1とヒータ33が取り付けられるとともにヒータ33に電流を流すための結線kが導出されるヒータ収容部34a2とを有する形状に成形されている。

0109

図15(b)に示す第2ヒータケース34bは、例えば、ステンレス鋼板を用いて、ほぼ平板状に形成され、ヒータ33で加熱された空気を送るための送風孔34b1が開口されている。

0110

図11図12に示すように、ヒータアッセンブリ33Sは、ファンケーシング31の送風口(図示せず)に対向させるとともにファンケーシング31に隣接して、第2ヒータケース3の34bの送風孔34b1を、フィルタユニット5を通って清浄にされた空気の水分を吸湿するデシカントロータ9に対向して取り付けられる。

0111

これにより、凝縮器11で水分が凝縮された後の空気が、凝縮器11の送風口11a2(図16(b),図17参照)と凝縮空気受風口とを介してファンケーシング31に送られ、送られたファンケーシング31内の空気が、除湿ファン(図示せず)により、ファンケーシング31の送風口およびヒータケース34の受風口を介して、ヒータアッセンブリ33Sのヒータケース34内に送風される。そして、ヒータ33により加熱された空気が、図15(b)に示す第2ヒータケース34の送風孔34b1から、清浄にされた空気の水分を吸湿したデシカントロータ9に吹き付けられ、デシカントロータ9に吸湿された水分を気化する。

0112

この構成によれば、デシカントロータ9に対向するヒータ33を有するヒータケース34において、図12図15に示すように、ヒータ33に近接するとともにデシカントロータ9の吸湿面に対向する第1ヒータケース34aの受風部34a1(図12参照)が金属で形成されるため、樹脂製のファンケーシング31とヒータ33とが離隔され、樹脂製のファンケーシング31がヒータ33の熱により、溶融することが抑制される。

0113

また、ファンケーシング31とヒータ33とは受風部34a1を介して接続し、直接対向しないようにしている。すなわち、ファンケーシング31の送風口とヒータケース34の送風孔34b1が対向しないように所定の角度をもたせて接続している。

0114

これにより、ヒータ33の輻射熱がファンケーシング31に当たることがなく、ヒータ33の異常時においても、変形や溶融などのリスクを軽減することができる。

0115

さらに、第1ヒータケース34aの受風部34a1は金属であるため、熱伝導率が高く、ファンケーシング31から送られ第1ヒータケース34aの受風部34a1を通流する空気の温度がヒータ33の熱により高くなり、もって飽和絶対湿度が高くなり、第1ヒータケース34aの受風部34a1内への露付きが抑制される。

0116

《デシカントロータ9の回転検出
図16(a),(b)は、図12に示すデシカントロータ9,ヒータケース34,ファンケーシング31,デシカントロータ支持部材36等のアッセンブリを分解した斜視図であり、このうち図16(a)は、デシカントロータ9を示す斜視図であり、図16(b)は、デシカントロータ支持部材36,ロータ駆動歯車37を示す斜視図である。

0117

また、図16(c)は、図16(a)に示すデシカントロータ9の背面からの斜視図である。

0118

<デシカントロータ9>
図16(a)に示すデシカントロータ9は、通流される空気の水分を吸湿するデシカント9aと、デシカント9aの外周部に配置されデシカントロータ9を回転させるための樹脂性の外周歯車9bと、デシカント9aの一面に配置されデシカント9aを保持するデシカント保持部材9c(図16(c)参照)とを有している。

0119

図16(c)に示すように、デシカント保持部材9cは、例えば、0.4mm厚のステンレス鋼板をプレス加工等により、中央部9c1と、中央部9c1から放射状に形成される放射支持部9c2と、放射支持部9c2を支持する形状の第1円部9c3,放射支持部9c2を支持する形状であるとともに外周歯車9bにネジn1止めされる第2円部9c4を有する格子状に形成されている。

0120

<デシカントロータ支持部材36>
図16(b)に示すように、デシカントロータ支持部材36は、例えば、ポリスチレン等を用いて樹脂成形される樹脂成形品であり、デシカントロータ9の回転軸(図示せず)が挿通される軸孔36a1が形成される中央部36aと、中央部36aから放射状に形成される4本の放射部36bと、放射部36bが接続されるとともにロータ駆動歯車37を収容する歯車収容部36c1が形成される外周部36cとを有する形状に形成されている。

0121

ここで、ロータ駆動歯車37が、図5に示すデシカント駆動モータ37mによって駆動されることで外周歯車9bが回転し、デシカントロータ9が回転駆動される。なお、デシカント駆動モータ37mは、回転センサ37m1を有しており、回転センサ37m1で検出したデシカント駆動モータ37mの回転検出信号がマイコンE1に入力され、デシカント駆動モータ37mの回転制御がなされている。

0122

図16(b)に示すデシカントロータ支持部材36は、放射部36bが形成されることにより、図3,図2(b)のF−F線断面図の図14に示すように、放射部36b間の空間を通って、フィルタユニット5を通って清浄にされた空気がデシカントロータ9に当たるように構成されている。

0123

図16(b)に示すデシカントロータ支持部材36の放射部36bは、一部がリブ状放射部36b1に形成されており、リブ状放射部36b1のリブ36b11のデッドスペースに、光反射型センサ40が配置されている。

0124

この光反射型センサ40は、デシカントロータ9が回転することにより、金属製のデシカント保持部材9cの放射支持部9c2(図16(c)参照)に光を当ててその反射光を検出することにより、デシカントロータ9の回転を検出することができる。

0125

この光反射型センサ40をデシカントロータ支持部材36のリブ状放射部36b1に取り付けることにより、光反射型センサ40を取り付ける取り付け部品が不要で、簡素な構成となる。そのため、低コスト化が可能である。

0126

加えて、図16(b)に示すように、光反射型センサ40は、デシカントロータ支持部材36のリブ状放射部36b1のデッドスペースに配置されるため、空気清浄機1の小型化に寄与する。

0127

<凝縮器11>
図17(a)は、図2(b)のE−E線断面図の図13に示す凝縮器11の正面図であり、図17(b)は、図17(a)に示す凝縮器11の背面図である。図18は、図17(a)に示す凝縮器11の分解図である。

0128

図17に示す凝縮器11は、ヒータケース34内のヒータ33により加熱された温風が、フィルタユニット5を通って清浄にされた空気の水分を吸湿したデシカントロータ9を挿通し、デシカントロータ9の水分を気化し該気化した水分を含んだ温風が流入する温風流入口11a1(図17(b)参照)と、凝縮器11の格子状の格子部11b1内の流路を上から下に凝縮下部材11cまで通流し冷却され凝縮した水が排出される凝縮水排出孔11c1と、凝縮下部材11cを通り凝縮後の空気が凝縮下部材11cから戻し流路11b2を通った後に再び、ファンケーシング31(図11図12参照)内に送るための送風口11a2(図17(b)参照)とが形成されている。

0129

ここで、凝縮器11の凝縮水排出孔11c1から排出される凝縮水は、水タンク13の集水孔13b1(図6参照)または水タンク13の水タンク蓋13bに滴下され、水タンク13の集水孔13b1を通じて水タンク13内に貯留される。

0130

凝縮器11は、図18に示すように、凝縮上部材11aと、凝縮上部材11aに連結される4つの同一形状の凝縮中部材11bと、凝縮中部材11bと連結される凝縮下部材11cと、側部の凝縮保持部材11d,11e(図17参照)とで構成されている。

0131

図17図18に示す凝縮上部材11aは、例えば、ポリプロピレンを用いて射出成形により成形される樹脂成形品である。

0132

凝縮上部材11aは、デシカントロータ9の水分を気化し該気化した水分を含んだ温風が通流する凝縮前室11a3と凝縮後の空気が通流する凝縮後室11a4とに画成されている。

0133

そして、凝縮上部材11aは、デシカントロータ9の水分を気化し該気化した水分を含んだ温風が流入する温風流入口11a1(図17(b)参照)が凝縮前室11a3に開口され、また、凝縮後の空気がファンケーシング31(図11図12参照)に向けて排出される送風口11a2(図17(b)参照)が凝縮後室11a4に開口されている。

0134

また、凝縮上部材11aは、前面の下部および背面の下部に、凝縮中部材11bの係止部の係止爪11b3(図18参照)が係止する被係止孔11a51を有する複数の被係止部11a5が形成されている。

0135

図17図18に示す凝縮中部材11bは、例えば、ポリプロピレンを用いて射出成形により成形される樹脂成形品である。

0136

凝縮中部材11bは、内部に上下に貫通し、水分を含んだ温風が通流するための流路を有する格子状の多数の格子部11b1と、凝縮後の空気が通流する戻し流路11b2(図17参照)とに画成されている。

0137

そして、凝縮中部材11bは、図18に示すように、前面および背面のそれぞれの上部に、凝縮器11の組み立てに際して隣接する凝縮上部材11aまたは他の凝縮中部材11bの被係止部11b4の被係止孔11b41に係止するための係止爪11b3が形成され、また、前面および背面のそれぞれの下部に、隣接する他の凝縮中部材11bまたは凝縮下部材11cの係止爪11c2が係止されるための被係止孔11b41を有する複数の被係止部11b4が形成されている。

0138

図17図18に示す凝縮下部材11cは、例えば、ポリプロピレンを用いて射出成形により成形される樹脂成形品である。

0139

凝縮下部材11cは、図18に示すように、上方が開口した中空状に形成されるとともに、その底壁板は中央にいくに従い下方に傾斜して形成され、最下部に凝縮した水が排出される凝縮水排出孔11c1が開口されている。

0140

凝縮下部材11cは、前面および背面のそれぞれの上部に、凝縮中部材11bの被係止部11b4の係止孔11b41に係止するための係止部の係止爪11c2が形成されている。

0141

図17図18に示す凝縮保持部材11d,11eは、それぞれ薄板鋼板を用いて製造される横断面コ字状の長尺部品であり、凝縮上部材11a,複数の凝縮中部材11b、および凝縮下部材11cを弾性力をもって内部にみ固定するように構成されている。

0142

凝縮器11の組み立ては、以下の通りである。

0143

図18に示すように、まず、凝縮中部材11bは、上側の係止爪11b3が上側に配置される他の凝縮中部材11bの被係止部11b4の係止孔11b41に弾性変形して係止されるとともに、下側の被係止部11b4の係止孔11b41が下側に配置される他の凝縮中部材11bの係止爪11b3に弾性変形して係止されることにより、4つの凝縮中部材11bが連結される。

0144

そして、最上部の凝縮中部材11bの係止爪11b3を、凝縮上部材11aの被係止部11a5の被係止孔11a51に弾性変形させ係止し、凝縮上部材11aを最上部の凝縮中部材11bに連結する。

0145

続いて、最下部の凝縮中部材11bの被係止部11b4の被係止孔11b41に、凝縮下部材11cの係止爪11c2を弾性変形させ係止し、凝縮下部材11cを最下部の凝縮中部材11bに連結する。

0146

最後に、凝縮上部材11a,4つの凝縮中部材11b、および凝縮下部材11cの連結体の側部を、図17に示すように、左右から横断面コ字状部材の凝縮保持部材11d,11eを弾性変形させ中に挟み、凝縮器11の組み立てが完了する。

0147

上述したように、凝縮中部材11bを同一形状に射出成形により成形し、複数の凝縮中部材11bを弾着させ連結し凝縮器11を組み立てることにより、凝縮器11を製造するための金型にかかるコストを低減できる。

0148

また、空気が通流し凝縮させるための流路が形成される格子部11b1を有する凝縮中部材11bが射出成形により成形されるので、流路が形成される格子部11b1の肉厚が均一に形成できる。

0149

そのため、水分を含んだ空気を凝縮する能力が安定し、凝縮性能が良好となる。

0150

また、凝縮器11を複数の凝縮中部材11bを連結した構成にしているので、格子部11b1を短くでき、凝縮中部材11bの結合部では各格子部11b1に分かれた流れが合流する部分となっているので、この合流部によって各格子部11b1間の流れを均一化することができて熱交換効率を向上させることができる。

0151

なお、凝縮器11における係止部の位置と被係止部の位置とを反対の位置に設けてもよいのは勿論である。

0152

《空気清浄機1の操作》
図1図4に示す空気清浄機1における操作パネル60の操作ボタン50の押下による操作制御は、以下のように、制御装置E(図5参照)によって行われるものである。

0153

図4は本実施例における操作パネル60を示す図である。

0154

操作パネル60において、51は電源入・切ボタンであり、52aは風量ボタンであり、52bはeco運転ボタンであり、52cはセルフ乾燥ボタンであり、52dはスイングボタンであり、52eはタイマーボタンであり、52fはリセットボタンであり、53はまかせてスタートボタンであり、54は除湿空清ボタンであり、55は加湿空清ボタンであり、56は空清ボタンである。また、操作パネルにはクリーンモニターが配置されており、空気の汚れ具合を確認することができる。クリーンモニターはLEDにより空気がきれいな場合は青色に点灯し、空気が汚れている場合は赤色に点灯する。中間の場合は紫色に点灯する。

0155

また、風量ボタン52aの上部には自動,花粉,風量の「静」「弱」「中」「強」を表す表示があり、それぞれ点灯・点滅するようになっている。「強」の表示が点滅するときは「ターボ」モードを示す。eco運転ボタン52bの上部にはeco運転の状態を示す表示があり、点灯するようになっている。セルフ乾燥ボタン52cの上部にはセルフ乾燥運転の状態を示す表示があり、点灯するようになっている。タイマーボタン52dの上部には2,4という表示があり、それぞれ点灯するようになっている。リセットボタン52fの上部にはチャイルドロックの表示があり、点灯するようになっている。リセットボタン52fとタイマーボタン52eの間には水タンク13の状態を示す満水,給水,タンクなしの表示があり、それぞれ点灯するようになっている。加湿フィルタの状態を示すお手入れ水交換の表示があり、それぞれ点灯するようになっている。空清ボタン56の上部には空清,強脱臭の表示があり、それぞれ点灯・点滅するようになっている。加湿空清ボタン55の上部には加湿,肌保湿の表示があり、それぞれ点灯・点滅するようになっている。除湿空清ボタン54の上部には除湿,衣類乾燥結露セーブの表示があり、それぞれ点灯・点滅するようになっている。まかせてスタートボタン53の上部にまかせてスタート運転の状態を示す表示があり、点灯するようになっている。セルフ乾燥ボタン52c,スイングボタン52d,タイマーボタン52eの上部には湿度モニターがあり、30,40,50,60,70という表示があり、それぞれ点灯するようになっている。本実施例において点灯はLEDで行われるが、それに限るものではなく、電球電灯などでも構わない。

0156

空気清浄機1の上部前面の操作パネル60の電源入・切ボタン51を押下することにより、空気清浄機1の電源をオンする。

0157

図1に示す操作パネル60のリセットボタン52fを3秒以上押下することで、チャイルドロック状態となり、チャイルドロックの表示が点灯する。チャイルドロック状態では電源入・切以外の操作ボタンを押下しても、操作できなくできる。リセットボタン52fを3秒以上押下する毎にチャイルドロックの設定と解除を繰り返す。解除のときはランプ消灯する。

0158

図1に示す操作パネル60の風量切替えボタン52aを押下すると、ファンモータ7の回転数を上げて空気清浄機1の風量を増加したり、ファンモータ7の回転数を下げて風量を減少できる。風量の変化は自動表示の点灯や花粉表示の点灯や風量の強弱を示す表示の点灯により確認できる。ファンモータ回転モードとして「静」「弱」「中」「強」「ターボ」があり、風量の強さは「静」「弱」「中」「強」「ターボ」の順に強くなり、ファンモータ7の回転数や消費電力,運転音もそれに応じて増加する。ファンモータ回転モード「弱」が最も少ない回転数で回転するモードであり、ファンモータ回転モード「ターボ」が最も多い回転数で回転するモードである。例えば、空清運転においての風量「静」では風量0.6m3/分、消費電力4.5W、運転音15dBであり、風量「弱」では風量1.5m3/分、消費電力5.5W、運転音24dBであり、風量「中」では風量2.8m3/分、消費電力10W、運転音35dBであり、風量「強」では風量4.2m3/分、消費電力17W、運転音43dBであり、風量「ターボ」では風量7.5m3/分、消費電力50W、運転音51dBである。また、それぞれの運転モードに応じて指定できる風量は異なる。例えば、空気清浄モードでは自動,花粉,風量「静」「中」「強」「ターボ」を選ぶことができ、風量切換えボタン52aを押下する毎に切り替わる。強脱臭モードでは自動,風量「中」「強」「ターボ」を選ぶことができる。加湿モードと肌保湿モードでは自動,風量「弱」「中」「強」「ターボ」を選ぶことができる。除湿モードでは自動,風量「中」「強」「ターボ」を選ぶことができる。衣類乾燥モードでは風量「中」「強」「ターボ」を選ぶことができる。結露セーブモードでは自動,風量「中」「強」「ターボ」を選ぶことができる。セルフ乾燥モードでは自動で運転しており、風量切換ボタン52aを押下しても受け付けない。

0159

操作パネル60の空清ボタン56を押下すると、空気清浄モード、あるいは強脱臭モードが選択される。空気清浄モードと強脱臭モードは空清ボタン56を押すごとに切り替わる。

0160

空気清浄モードが選択されると、空清ボタン56上部の空気清浄表示が点灯し、ファンモータ7とフラップ2tが稼働する。空気清浄モードでは、ダストセンサE5と臭いセンサE4により検知される部屋の空気の状態に合わせて自動でファンモータ7による風量を調整し、集塵・脱臭を行う。フラップ2tは徐々に開き、上方向で停止する。ファンモータ7の稼動により空気をクリアランスc(図1,図2(b)参照)を介して図2(b)の白抜き矢印α11のように、吸い込み,フィルタユニット5を通し清浄にし、清浄にされた空気が、ファンケーシング8で案内され、フラップ2tが開放された排出口2o(図1,図2(b)参照)から排出される。風量ランプは自動が点灯し、臭いセンサE4とダストセンサE5で検知した空気の汚れ度合いにより風量を自動的に切り換える。空気の汚れ度合いはクリーンモニターに表示される。空気清浄モード時に電源入・切ボタン51を押下することで運転が停止され電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。空気清浄モードを選択した時点では風量が自動となる。風量自動の場合は最初の3分間は風量「中」で運転し、その後は空気の汚れ度合いにより風量が切り替わる。空気清浄モードの自動運転時の風量範囲は「静」「弱」「中」「強」である。好みにより風量を変更したい場合は、風量切換ボタン52aにより切り換えることができる。なかでも花粉風量は空気清浄モードの場合のみに選ぶことができる。花粉風量ではダストセンサE5と臭いセンサE4で検知した空気の汚れ度合いにより風量が自動的に「静」「弱」「中」の範囲で切り替わる。

0161

強脱臭モードが選択されると、空清ボタン56上部の強脱臭表示が点灯し、ファンモータ7とフラップ2tが稼動する。強脱臭モードでは、最初の1分間、ターボ運転を行い、その後も臭いセンサE4により臭いを検知するとファンモータ7により風量を高めた運転を行うことで、すばやく脱臭する。フラップ2tは徐々に開き、上方向で停止する。臭いセンサE4で検知される臭いの感度を空気清浄モードよりも敏感にするとともに、ダストセンサE5で検知されるダストの感度を空気清浄モードよりも鈍感にし、空気の臭いに敏感に空気清浄モードを稼働させることができる。強脱臭モード時に電源入・切ボタン51を押下することで運転が停止され電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。強脱臭モードを選択した時点では風量が自動となる。風量自動の場合は最初の1分間は「ターボ」で運転し、その後は空気の汚れ度合いにより風量が切り替わる。強脱臭モードの自動運転時の風量範囲は「弱」「中」「強」「ターボ」である。好みにより風量を変更したい場合は、風量切換ボタン52aにより切り換えることができる。

0162

図1に示す操作パネル60の加湿空清ボタン55を押下すると、加湿モード、あるいは肌保湿モードが選択される。加湿モードと肌保湿モードは加湿空清ボタン55を押すごとに切り替わる。

0163

加湿モードが選択されると、加湿空清ボタン55上部の加湿表示が点灯し、ファンモータ7とフラップ2tとポンプpが稼動する。加湿モードでは、清浄された空気による加湿で、乾燥した部屋の湿度を高める。空気清浄モードに加湿機能が付加され、ポンプ継ぎ手ユニット21のポンプpが稼働状態になり、気化フィルタユニット15の給水トレイ18(図7(a)参照)に給水し、気化フィルタ6に給水トレイ18の水を含ませ、フィルタユニット5を通って清浄にした空気を気化フィルタ6を通流させ、加湿してフラップ2tが開放された排出口2o(図1,図2(b)参照)から排出できる。加湿モードではヒータを使わない気化式を用いている。加湿モード時に電源入・切ボタン51を押下することで運転が停止され電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。加湿モードを選択した時点では風量は自動となる。風量自動の場合は最初の3分間は「強」で運転し、その後は空気の汚れ度合いにより風量が切り替わる。加湿モードの自動運転時の風量範囲は「静」「弱」「中」「強」である。好みにより風量を変更したい場合は、風量切換ボタン52aにより切り換えることができる。

0164

肌保湿モードが選択されると、加湿空清ボタン55上部の肌保湿表示が点灯し、ファンモータ7とフラップ2tとポンプpが稼動する。肌加湿モードでは、部屋の湿度を約60%に保つよう制御される。空気清浄モードに加湿機能が付加された場合の湿度センサE3で検知される空気の湿度に敏感に加湿を行うことができる。例えば、加湿モードで通常、湿度50%以下の場合に空気清浄モードに加湿機能が働くが、肌保湿モードでは湿度60%以下の場合に空気清浄モードに加湿機能を働かせる。つまり、肌保湿モードでは、加湿モードに対して2割程度設定湿度を上げる。よって、肌保湿モードでは、加湿モードに比較して、室内を高い湿度(例えば、60%)に保持できる。肌加湿モードではヒータを使わない気化式を用いている。肌保湿モード時に電源入・切ボタン51を押下することで運転が停止され電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。肌加湿モードを選択した時点では風量は自動となる。風量自動の場合は最初の3分間は「強」で運転し、その後は空気の汚れ度合いにより風量が切り替わる。肌加湿モードの自動運転時の風量範囲は「静」「弱」「中」「強」である。好みにより風量を変更したい場合は、風量切換ボタン52aにより切り換えることができる。

0165

図1に示す操作パネル60の除湿空清ボタン54を1秒以上押下すると、除湿モード,衣類乾燥モード、あるいは結露セーブモードが選択される。除湿モードの状態で除湿空清ボタン54を1秒以上押下すると衣類乾燥モードに切り替わる。衣類乾燥モードの状態で除湿空清ボタン54を1秒以上押下すると結露セーブモードに切り替わる。結露セーブモードの状態で除湿空清ボタン54を1秒以上押下すると除湿モードに切り替わる。除湿モードの状態で結露セーブモードにしたい場合は、除湿空清ボタン54を1秒以上押下し衣類乾燥モードとした後に除湿空清ボタン54から一度指を離し再度除湿空清ボタン54を1秒以上押下する必要がある。衣類乾燥モードの状態で除湿モードにしたい場合や結露セーブモードの状態で衣類乾燥モードにしたい場合も同様の操作を行う必要がある。

0166

除湿モードが選択されると、除湿空清ボタン54上部の除湿表示が点灯し、ファンモータ7とフラップ2tが稼動する。除湿モードでは、空気を除湿し、乾いたきれいな空気が部屋に送られる。低温でも除湿力が安定するデシカント式を用いている。除湿ユニットのデシカントロータ9が図11の矢印β11のように稼働するとともに、ファンケーシング31(図11図12参照)内の除湿ファン(図示せず)が稼働し、ヒータケース34(図11図12参照))に覆われるヒータ33に通電され、図2(b)の白抜き矢印α11のように、フィルタユニット5を通って清浄にした空気をデシカントロータ9で水分を吸い取り除湿を行い、フラップ2tが開放された排出口2o(図1,図2(b)参照)から排出できる。除湿モード時に電源入・切ボタン51を押下することで運転が停止され電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。除湿モードを選択した時点では風量は自動となる。風量自動の場合は最初の3分間は「強」で運転し、その後は空気の汚れ度合いにより風量が切り替わる。除湿モードの自動運転時の風量範囲は「静」「弱」「中」「強」である。好みにより風量を変更したい場合は、風量切換ボタン52aにより切り換えることができる。

0167

結露セーブモードが選択されると、除湿空清ボタン54上部の結露セーブ表示が点灯し、ファンモータ7とフラップ2tが稼動する。結露セーブモードでは、暖房時には加湿運転し、その後、就寝等で暖房を切って湿度が上がると自動で除湿運転に切り替わり、部屋の結露を抑える。空気清浄モードの加湿機能が付加された状態から、所定の湿度、例えば、湿度センサE3で検知される空気の湿度が60%に上がった場合、空気清浄モードまたは空気清浄モードに除湿機能が付加された除湿モードに運転を切り替え、室内の露付きを抑制できる。例えば、結露セーブモードを選び、暖房がつけられている場合、湿度が低いため加湿運転を行う。その後、湿度50%に達するとそれをキープするための加湿運転を行う。その状態から暖房を切ると、室温の低下にともない相対湿度が上昇する。湿度が60%に達したときに自動で除湿運転に切り替わり、部屋に結露が発生することを防ぐ(図22)。結露セーブモード時に電源入・切ボタン51を押下することで運転が停止され電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。結露セーブモードを選択した時点では風量は自動となる。風量自動の場合は最初の3分間は「中」で運転し、その後は空気の汚れ度合いにより風量が切り替わる。除湿モードの自動運転時の風量範囲は「静」「弱」「中」「強」である。好みにより風量を変更したい場合は、風量切換ボタン52aにより切り換えることができる。

0168

衣類乾燥モードが選択されると、除湿空清ボタン54上部の衣類乾燥表示が点灯し、ファンモータ7とフラップ2tが稼動する。衣類乾燥モードでは、フラップからの風量が多くなる。除湿モードにおいて、図2(b)に示すファンモータ7の回転速度を上昇し、フラップ2tが開放された排出口2o(図1,図2(b)参照)からの風量を上昇させるとともに、フラップ2tを小さい角度から大きな角度に往復回転動作させ、フラップ2tの挙動により、つまり風向を変えながら、干された衣類全体に風を送り、衣類の乾燥を行うことができる。例えば、風量は、ターボを除いて最も風量の多い強風量とする。衣類乾燥モード時に電源入・切ボタン51を押下することで運転が停止され電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。衣類乾燥モードを選択した時点では風量はターボとなりターボ表示が点滅する。風量自動の場合はターボ連続運転である。除湿モードの自動運転時の風量範囲は「ターボ」のみである。好みにより風量を変更したい場合は、風量切換ボタン52aにより切り換えることができる。

0169

除湿モード,衣類乾燥モード,結露セーブモードは運転開始後時間経過でも自動停止し電源が切れる。その場合も、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。

0170

さらに、臭いセンサE4やダストセンサE5を備えているので、衣類乾燥中及び運転後の臭気の変化あるいは塵埃濃度の変化を検知することにより、風量及び風向を変化させることで室内の臭いや塵埃を除去することができる。

0171

操作パネル60のまかせてスタートボタン53を1秒以上長押しすると、部屋の空気の状態を臭いセンサE4,ダストセンサE5,温度センサ,湿度センサE3が検知した空気の汚れ度合いと温度により加湿・空清または除湿・空清のどちらの運転を行うかを自動で選択し運転するまかせてスタートモードになる。加湿・空清が選択され、部屋の湿度が低い場合は「まかせてスタート」と「加湿」の表示が点灯し加湿運転が行われ、加湿・空清が選択され、部屋の空気が適度な場合は「まかせてスタート」と「空清」の表示が点灯し空気清浄運転が行われる。除湿・空清が選択され、部屋の湿度が高い場合は「まかせてスタート」と「除湿」の表示が点灯し除湿運転が行われ、除湿・空清が選択され、部屋の空気が適度な場合は「まかせてスタート」と「空清」の表示が点灯し空気清浄運転が行われる。まかせてスタートモード時に電源入・切ボタン51を押下することで運転が停止され電源が切れる。あるいはまかせてスタートモードで運転開始後8時間経過によっても自動停止し電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。まかせてスタートモードを選択し、センサの検知中は風量は「強」の連続運転で行われる。検知後はそれぞれのモードに応じた風量で運転される。

0172

まかせてスタートモード,空気清浄モード,強脱臭モード,加湿モード,肌保湿モード,除湿モード,結露セーブモードの何れかの運転モード中に操作パネル60のeco運転ボタン52bを押下すると、eco運転ボタン52b上の表示が点灯しeco運転が開始される。eco運転は、空気がきれいな状態ではファンモータ7の停止と少ない風量での稼動を繰り返す。eco運転では空気のきれいな状態が長時間続くと自動停止し、電源が切れる。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。eco運転状態で再度eco運転ボタン52bを押下するとeco運転を解除し、eco運転前の運転モードになる。

0173

図20はeco運転の動作フローを示す図である。eco運転時は、まかせてスタートモード,空気清浄モード,強脱臭モード,加湿モード,肌保湿モード,除湿モード,結露セーブモードの何れかの運転モードでの空清運転において「静」状態がt0継続するとファンモータ7が停止する制御T1が行われる。ファンモータ7の停止からt2経過するとファンモータ7が「静」風量で稼動する制御が行われる。「静」状態がt1続くとファンモータ7が停止する制御T2が行われる。eco運転ファン制御中も臭いセンサE4とダストセンサE5と湿度センサE3による空気状態の検知は行われており、それぞれのセンサがあらかじめ設定した値となった場合はeco運転ファン制御が解除され、各々の検知結果に応じた制御が行われる。たとえば、eco運転制御前に除湿運転を選んでいた場合は、eco運転中に湿度センサE3の検知結果があらかじめ設定した値となって湿度上昇と判断された場合はeco運転ファン制御を解除し、除湿運転を行う。あるいはeco運転制御前に加湿運転を選んでいた場合は、eco運転中に湿度センサE3の検知結果があらかじめ設定した値となって湿度低下と判断された場合はeco運転ファン制御を解除し、加湿運転を行う。また、eco運転制御前に空清運転を選んでいた場合は、eco運転中に臭いセンサE4またはダストセンサE5の何れかがあらかじめ設定した値となって空気がきれいな状態とはいえなくなった場合にeco運転ファン制御を解除し、空清運転を行う。それぞれの状態となった後に「静」状態がt0続くと再度eco運転ファン制御が行われる。

0174

図21(a)は通常運転のタイミングチャートを示す図であり、図21(b)はeco運転のタイミングチャートを示す図である。t0,t1,t2,t3,t4は時間を表す。まかせてスタートモード,空気清浄モード,強脱臭モード,加湿モード,肌保湿モード,除湿モード,結露セーブモードの何れかの運転モードでの通常運転では、空気がきれいな状態で風量「静」となった後に空気がきれいな状態が持続しても「静」風量での運転が続けられる。対して、eco運転は、空気がきれいな状態で風量「静」運転がt0以上続いた場合に行われる。空気がきれいな状態とは、臭いセンサE4の検知結果があらかじめ設定した設定値e4以下かつダストセンサE5の検知結果があらかじめ設定した値e5以下となる場合である。空気がきれいな状態となるとファンモータ7は風量「静」で稼動される。「静」状態がt0以上続くとファンモータ7が停止される制御T1が行われる。その後、空気がきれいな状態が続きt2経過するとファンモータ7が稼動する制御T2が行われる。制御T2は「静」風量でt1運転が持続する。その後も空気がきれいな状態が続くとt1経過の後、再度制御T1が行われる。空気がきれいな状態が続くと制御T1と制御T2を繰り返す間欠運転の制御Tが行われる。ただし、eco運転中も臭いセンサE4,ダストセンサE5による空気の感知は行われており、臭いやホコリを感知すると空気の汚れ度合いに応じてファンモータ7が稼動し風量が切り替わる。風量が切り替わった後、空気がきれいな状態になり「静」風量運転がt0以上続いた場合、再びファンモータ7の稼動と停止を定期的に行う制御Tが行われる。eco運転が行われると、空気がきれいな状態のときのファンモータ7の稼動を自動休止することとなり、消費電力量の低減につながる。また、制御T2によりファンモータ7を稼動させる際も最も風量の小さい「静」風量で稼動されるため、消費電力量の低減につながる。また、間欠運動を繰り返し、t4経過すると自動停止し電源が切れる制御とすることで更なる消費電力量の低減につながる。例えば、e4は1、e5は1とすると臭いセンサE4とダストセンサE5の検知結果が各々1以下であるときに空気がきれいな状態とされる。臭いセンサE4とダストセンサE5の何れかの検知結果が2以上となった場合は、eco運転でのファンモータ7の制御は解除され、空気の汚れ度合いに応じた風量で運転が行われることとなる。t0〜t4は、例えば、t0=10分,t1=10分,t2=50分,t3=60分,t4=8時間と設定することができる。よって、8時間経過後には自動停止し、電源が切れるためそれ以上の運転は行われず余計な消費電力がかかることはない。

0175

操作パネル60のセルフ乾燥ボタン52cを押下するとセルフ乾燥ボタン52c上の表示が点灯し、本体内部を送風運転で乾燥させ、カビの発生を抑えるセルフ乾燥運転となる。セルフ乾燥運転の際はフラップ2tは上方向で止まり、風量は強となる。長時間セルフ乾燥運転を行うと自動停止し電源が切れる。セルフ乾燥運転中にセルフ乾燥ボタン52cを押下するとセルフ乾燥運転が停止され運転操作待ちの状態となり、そのまま何も操作を行わないとしばらくして電源が自動で切れる。あるいは、セルフ乾燥運転時に電源入・切ボタン51を押下することでも運転が停止される。その場合、全てのランプが消灯し、フラップ2tが閉じる。

0176

スイング停止中に操作パネル60のスイングボタン52dを押下するとフラップ2tが所定の角度と全開との間の回転往復動作を行うスイング動作を行う。スイング動作中にスイングボタン52dを押下すると押した位置でフラップ2tが停止する。

0177

また、スイングボタン52dを3秒以上押すことで操作パネル60の表示部のランプの明るさを切り換えることができる。スイングボタン52dを押すごとにランプの明暗が切り替わる。これにより、例えば就寝時にランプの明るさを抑えた状態で空気清浄機を運転することが可能となる。

0178

操作パネル60のタイマーボタン52eを押下すると押すごとに2時間タイマー,4時間タイマー,タイマーなしが切り替わる。それに応じた表示が点灯する。2時間タイマー,4時間タイマーを選択した場合は、それぞれの時間の運転後、自動停止する。

0179

なお、ヒータ33を使用するモードは、一度、電源入・切ボタン51を押下し電源をオフし一時停止または停止した後でないと移行しない構成であるか、或いは、ヒータ33を使用するモードは他のヒータ33を使用しないモードより操作ボタン50の押下時間を、発振子E8(図5参照)から取得される時間を用いて長く設定し、容易にヒータ33を使用するモードに移行しないように制限し、信頼性を高めている。

0180

また、メモリー機能を有しており、電源入・切ボタン51を押して電源を入れると、前回運転を終了したときの運転モードの表示が点滅する。前回の運転がまかせてスタートの場合にはまかせてスタートの表示が点滅する。前回eco運転の場合はeco運転で運転する。

0181

風量ボタン52aを押すとともにスイングボタン52dを3秒以上押下すると現在のセンサ感度が点滅して表示される。センサ感度は風量ボタン52aの上部にある風量「弱」「中」「強」の表示の点滅によりわかる。風量「弱」表示が点滅しているとセンサ感度は「低」であり、風量「中」表示が点滅しているとセンサ感度は「中」であり、風量「強」表示が点滅しているとセンサ感度は「高」である。感度表示が点滅している間にもう一度風量ボタン52aとともにスイングボタン52dを3秒以上押下すると感度が切り替わる。この動作を繰り返す毎にセンサ感度が「低」「中」「高」と切り替わる。

0182

図4に示すように、空気清浄機1の操作パネル60上に空気清浄モードと強脱臭モードを選択することができるボタンと、加湿モードと肌保湿モードを選択することができるボタンと、除湿モードと衣類乾燥モードと結露セーブモードを選択することができるボタンを配置すると共に異なる色に配色している。例えば、空清ボタン56を緑に着色し、加湿空清ボタン55を青に着色し、除湿空清ボタン54をオレンジに着色する。

0183

そのため、ユーザにとっては、目的とするモードを選択しやすいという効果がある。また、各モードを選択すると、各モードに適切な風量やフラップによる風向が、予め設定済であるので多くの場合ユーザは、各モードの選択のみですむ効果がある。また、1つのボタンを押下することで類似機能のモードに派生しやすいため、目的のモードへ到達しやすく、操作ミスを減少させるという効果がある。また、類似機能のモードを同一ボタンで選択でき、除湿モードのグループつまり、ヒータ33を使用するモードを選択するグループの操作ボタン50の色を、ヒータ33を使用しないモードの色を異なる色とすることで意図せぬヒータの作動などの誤操作を防止できる効果がある。また、類似機能のモードを同一ボタンで選択できるため、ユーザが意図したモードと空気清浄機の運転モードが異なり、意図せぬヒータの作動などの誤操作を防止できる効果がある。

0184

1空気清浄機
浄化フィルタユニット(フィルタユニット)
6気化フィルタ(気化フィルタユニット)
7ファンモータ
9デシカントロータ(除湿ユニット)
9aデシカント(除湿ユニット)
9c デシカント保持部材(除湿ユニット)
11凝縮器(除湿ユニット)
13水タンク(給水タンク)
15 気化フィルタユニット
18給水トレイ(気化フィルタユニット)
19トレイ給水突起
20 トレイ環流突起
21ポンプ継ぎ手ユニット
21a 吸い上げ孔部(タンク水吸い上げ孔部)
21b給水孔部(トレイ給水孔部)
21c トレイ水戻し孔部
21dタンク戻し孔部(水戻し孔部)
31ファンケーシング(除湿ユニット)
33ヒータ(除湿ユニット)
34ヒータケース(除湿ユニット)
40光反射型センサ(除湿ユニット)
p ポンプ
E制御装置(制御手段)

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

技術視点だけで見ていませんか?

この技術の活用可能性がある分野

分野別動向を把握したい方- 事業化視点で見る -

(分野番号表示ON)※整理標準化データをもとに当社作成

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • ダイキン工業株式会社の「 空調システム」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】蓄えた熱ないしエネルギーが不足する、あるいは過剰となることに起因して、室内の快適性が急激に悪化することを抑制する。【解決手段】制御装置(5)は、蓄エネルギー部(21a,100)のエネルギーを空... 詳細

  • 株式会社コロナの「 冷房排熱貯湯装置」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】冷房排熱給湯運転から冷房運転への切り替えの際、室温上昇により冷房感が損なわれるのを防止する。【解決手段】ヒートポンプ給湯機1は、排熱利用給湯運転を終了するために予め定められた所定の終了タイミン... 詳細

  • ダイキン工業株式会社の「 空気調和機」が 公開されました。( 2020/04/09)

    【課題】ユーザが好む温冷感を再現できる空気調和機を提供する。【解決手段】空気調和機は、室内の温冷感情報を検出する情報検出部(100a)と、温冷感情報を用いて空調運転の設定温度を補正する設定情報補正部(... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

関連する挑戦したい社会課題一覧

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ