図面 (/)

技術 遊技機

出願人 京楽産業.株式会社
発明者 日比野辰彦中村裕介林建志
出願日 2010年9月3日 (9年6ヶ月経過) 出願番号 2010-197969
公開日 2012年3月15日 (7年11ヶ月経過) 公開番号 2012-050787
状態 特許登録済
技術分野 弾球遊技機(パチンコ等) 弾玉遊技機の表示装置
主要キーワード コーナ位置 内枠体 非文字情報 表示位置ずれ 表示画像位置 EL画面 断面外形 分割判定
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年3月15日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (20)

課題

遊技機に設けられた画像表示器を用いて効果的な演出を行うことができる遊技機を提供する。

解決手段

遊技機は、可動表示器、駆動手段、可動表示器位置検出手段、物体位置検出手段、および可動表示器位置制御手段を備える。可動表示器は、透過型の第1表示画面を有し、遊技盤に対して移動可能である。駆動手段は、可動表示器を移動させる。可動表示器位置検出手段は、可動表示器の位置を検出する。物体位置検出手段は、遊技盤の前方に設けられた透明板に対する物体の接触位置、または当該透明板前方空間における物体の位置を、物体の検出位置として出力する。可動表示器位置制御手段は、物体の検出位置に応じて、駆動手段を制御して可動表示器を移動させる。

概要

背景

パチンコ遊技機は、始動口への遊技球入賞契機として大当たり抽選を実行すると共に、特別図柄を変動表示してから大当たり抽選の結果を示す特別図柄を停止表示し、その停止表示された特別図柄が所定の当たり図柄であった場合に、大入賞口が解放されて遊技者大当たり遊技を楽しめるように構成されている。この種のパチンコ遊技機としては、例えば特許文献1に開示されたパチンコ遊技機が挙げられる。

特許文献1に記載のパチンコ遊技機は、特別図柄等の遊技情報を表示する主表示部と、その他の遊技情報や遊技ガイドテレビ映像、CM等を表示する副表示部とからなる画像表示器を備えている。この画像表示器は、遊技者が首を曲げることなく主表示部および副表示部を見ることができるように、遊技盤の中央部分に固定されている。

概要

遊技機に設けられた画像表示器を用いて効果的な演出を行うことができる遊技機を提供する。遊技機は、可動表示器、駆動手段、可動表示器位置検出手段、物体位置検出手段、および可動表示器位置制御手段を備える。可動表示器は、透過型の第1表示画面を有し、遊技盤に対して移動可能である。駆動手段は、可動表示器を移動させる。可動表示器位置検出手段は、可動表示器の位置を検出する。物体位置検出手段は、遊技盤の前方に設けられた透明板に対する物体の接触位置、または当該透明板前方空間における物体の位置を、物体の検出位置として出力する。可動表示器位置制御手段は、物体の検出位置に応じて、駆動手段を制御して可動表示器を移動させる。

目的

本発明の目的は、遊技機に設けられた画像表示器を用いて効果的な演出を行うことができる遊技機を提供する

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
2件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

透過型の第1表示画面を有し、遊技盤に対して移動可能な可動表示器と、前記可動表示器を移動させる駆動手段と、前記可動表示器の位置を検出する可動表示器位置検出手段と、前記遊技盤の前方に設けられた透明板に対する物体の接触位置、または当該透明板前方空間における物体の位置を、物体の検出位置として出力する物体位置検出手段と、前記物体の検出位置に応じて、前記駆動手段を制御して前記可動表示器を移動させる可動表示器位置制御手段とを備える、遊技機

請求項2

前記可動表示器位置制御手段は、前記物体の検出位置と前記第1表示画面とが重なるように前記駆動手段を制御して前記可動表示器を移動させる、請求項1に記載の遊技機。

請求項3

前記遊技盤に固設された第2表示画面を有する固定表示器と、前記第1表示画面および前記第2表示画面に表示する画像を制御する表示制御手段と、前記表示制御手段が前記第2表示画面に表示する画像オブジェクトのうち、前記物体の検出位置と重なる位置に表示された画像オブジェクトを抽出する画像オブジェクト抽出手段とを、さらに備え、前記可動表示器位置制御手段は、前記画像オブジェクト抽出手段が抽出した画像オブジェクトの少なくとも一部と前記第1表示画面とが重なるように前記駆動手段を制御して前記可動表示器を移動させ、前記表示制御手段は、前記画像オブジェクト抽出手段が抽出した画像オブジェクトに関連する情報を前記第1表示画面に表示する、請求項1に記載の遊技機。

請求項4

前記第1表示画面に表示する画像を制御する表示制御手段と、前記遊技盤上に設けられている構成部材のうち、前記物体の検出位置と重なる位置に設けられた構成部材を抽出する構成部材抽出手段とを、さらに備え、前記可動表示器位置制御手段は、前記構成部材抽出手段が抽出した構成部材の少なくとも一部と前記第1表示画面とが重なるように前記駆動手段を制御して前記可動表示器を移動させ、前記表示制御手段は、前記構成部材抽出手段が抽出した構成部材に関連する情報を前記第1表示画面に表示する、請求項1に記載の遊技機。

請求項5

前記可動表示器位置制御手段は、前記物体の検出位置に応じた移動目標位置を前記可動表示器が移動可能な範囲内に設定し、当該設定後に前記物体位置検出手段が検出位置を出力しない場合、当該移動目標位置に到達するまで前記可動表示器を移動させる、請求項1に記載の遊技機。

請求項6

前記物体位置検出手段は、前記透明板前面の所定領域に設けられたタッチパネルであり、当該タッチパネルに対するタッチ位置を前記物体の検出位置として出力する、請求項1に記載の遊技機。

請求項7

前記物体位置検出手段は、前記透明板前方空間へそれぞれ重複しないように赤外線投光し、当該投光空間に存在する物体が当該赤外線を反射した反射光をそれぞれ受光することによって、当該投光空間内における物体の有無をそれぞれ検出する複数の赤外線センサであり、物体を検出している当該赤外線センサの位置を前記物体の検出位置として出力する、請求項1に記載の遊技機。

請求項8

前記物体位置検出手段は、前記透明板前方空間へそれぞれ重複しないように可視光を投光し、当該投光空間に存在する物体が当該可視光を反射した反射光をそれぞれ受光することによって、当該投光空間内における物体の有無をそれぞれ検出する複数の光センサであり、物体を検出している当該光センサの位置を前記物体の検出位置として出力する、請求項1に記載の遊技機。

請求項9

前記遊技盤に固設された第2表示画面を有する固定表示器と、前記第1表示画面および前記第2表示画面に表示する画像を制御する表示制御手段とを、さらに備え、前記表示制御手段は、前記第2表示画面に表示するメイン画像フレームバッファに描画する第1描画手段と、前記第1表示画面に表示するサブ画像を生成する画像生成手段と、前記メイン画像が描画された前記フレームバッファの空き領域に、前記サブ画像を複数に分割して描画する第2描画手段と、前記メイン画像を前記フレームバッファから読み出して前記固定表示器に出力すると共に、前記分割されたサブ画像を所定の読み出し順序で当該フレームバッファから読み出して前記可動表示器に出力する出力手段とを含む、請求項1に記載の遊技機。

請求項10

前記画像生成手段は、前記可動表示器の位置に基づいて前記第2表示画面に表示されたメイン画像に対して前記第1表示画面が重なる領域を抽出し、前記メイン画像の当該領域をコピーして得られるコピー画像に、前記第1表示画面にのみ表示される表示内容を示す差分画像を合成して前記サブ画像を生成する、請求項9に記載の遊技機。

請求項11

前記表示制御手段は、前記空き領域のサイズおよび前記サブ画像のサイズに基づいて、前記サブ画像を分割する分割サイズおよび前記サブ画像を分割する分割数を算出する算出手段を、さらに含み、前記第2描画手段は、前記算出手段によって算出された分割サイズおよび分割数に応じて前記サブ画像を分割して前記空き領域に描画する、請求項9に記載の遊技機。

請求項12

前記表示制御手段は、前記空き領域のサイズおよび前記サブ画像のサイズに基づいて、前記サブ画像を前記空き領域に描画するために前記サブ画像の分割が必要か否かを判定する分割判定手段を、さらに含み、前記第2描画手段は、前記分割判定手段によって分割が必要と判定された場合に前記サブ画像を分割して前記空き領域に描画し、前記分割判定手段によって分割が不要と判定された場合に前記サブ画像をそのまま前記空き領域に描画し、前記出力手段は、前記分割判定手段によって分割が必要と判定された場合に前記メイン画像を前記フレームバッファから読み出して前記固定表示器に出力すると共に、前記分割されたサブ画像を所定の読み出し順序で当該フレームバッファから読み出して前記可動表示器に出力し、前記分割判定手段によって分割が不要と判定された場合に前記メイン画像を前記フレームバッファから読み出して前記固定表示器に出力すると共に、前記サブ画像を前記フレームバッファから読み出して前記可動表示器に出力する、請求項9に記載の遊技機。

技術分野

0001

本発明は、遊技機に関し、特に、遊技盤に対して移動可能に配置された画像表示器を備える遊技機に関する。

背景技術

0002

パチンコ遊技機は、始動口への遊技球入賞契機として大当たり抽選を実行すると共に、特別図柄を変動表示してから大当たり抽選の結果を示す特別図柄を停止表示し、その停止表示された特別図柄が所定の当たり図柄であった場合に、大入賞口が解放されて遊技者大当たり遊技を楽しめるように構成されている。この種のパチンコ遊技機としては、例えば特許文献1に開示されたパチンコ遊技機が挙げられる。

0003

特許文献1に記載のパチンコ遊技機は、特別図柄等の遊技情報を表示する主表示部と、その他の遊技情報や遊技ガイドテレビ映像、CM等を表示する副表示部とからなる画像表示器を備えている。この画像表示器は、遊技者が首を曲げることなく主表示部および副表示部を見ることができるように、遊技盤の中央部分に固定されている。

先行技術

0004

特開2006−158638号公報

発明が解決しようとする課題

0005

しかしながら、上記特許文献1に記載のパチンコ遊技機は、遊技者が主表示部を正視できるように主表示部および副表示部が固定的に隣接配置され、当該副表示部に表示される情報も遊技機に設定されたものが表示される。したがって、副表示部に表示される情報は、遊技者が所望するものではない場合が多く、結局遊技者が副表示部を利用する頻度が少なくなるため、副表示部が設けられていたとしても遊技者による遊技が単調になり易いという問題があった。

0006

それ故に、本発明の目的は、遊技機に設けられた画像表示器を用いて効果的な演出を行うことができる遊技機を提供することである。

課題を解決するための手段

0007

上記目的を達成するために、本発明は例えば以下のような構成を採用し得る。なお、本欄における括弧内の参照符号、ステップ番号、補足説明等は、本発明の理解を助けるために後述する実施形態との対応関係を示したものであって、本発明を何ら限定するものではない。また、特許請求の範囲の記載を解釈する際に、特許請求の範囲の記載によってのみその範囲が解釈されるべきであることが理解され、特許請求の範囲の記載と本欄の記載とが矛盾する場合には、特許請求の範囲の記載が優先する。

0008

本発明の遊技機(1)の一例は、可動表示器(6)、駆動手段(10)、可動表示器位置検出手段(ステップ953を実行する演出制御部130;以下、単にステップ番号のみ記載する)、物体位置検出手段(59)、および可動表示器位置制御手段(S952)を備える。可動表示器は、透過型の第1表示画面(60)を有し、遊技盤(2)に対して移動可能である。駆動手段は、可動表示器を移動させる。可動表示器位置検出手段は、可動表示器の位置を検出する。物体位置検出手段は、遊技盤の前方に設けられた透明板(71)に対する物体の接触位置、または当該透明板前方空間における物体の位置を、物体の検出位置として出力する。可動表示器位置制御手段は、物体の検出位置に応じて、駆動手段を制御して可動表示器を移動させる。

0009

また、上記可動表示器位置制御手段は、物体の検出位置と第1表示画面とが重なるように駆動手段を制御して可動表示器を移動させてもよい。

0010

また、上記遊技機は、固定表示器(5)、表示制御手段(S290〜S312を実行する画像音響制御部140;以下、単にステップ番号のみ記載する)、および画像オブジェクト抽出手段(S955)を、さらに備えていてもよい。固定表示器は、遊技盤に固設された第2表示画面(50)を有する。表示制御手段は、第1表示画面および第2表示画面に表示する画像を制御する。画像オブジェクト抽出手段は、表示制御手段が第2表示画面に表示する画像オブジェクトのうち、物体の検出位置と重なる位置に表示された画像オブジェクト(CI)を抽出する。この場合、可動表示器位置制御手段は、画像オブジェクト抽出手段が抽出した画像オブジェクトの少なくとも一部と第1表示画面とが重なるように駆動手段を制御して可動表示器を移動させてもよい。表示制御手段は、画像オブジェクト抽出手段が抽出した画像オブジェクトに関連する情報(IF)を第1表示画面に表示してもよい。

0011

また、上記遊技機は、表示制御手段および構成部材抽出手段(S955)を、さらに備えていてもよい。表示制御手段は、第1表示画面に表示する画像を制御する。構成部材抽出手段は、遊技盤上に設けられている構成部材のうち、物体の検出位置と重なる位置に設けられた構成部材(7)を抽出する。この場合、可動表示器位置制御手段は、構成部材抽出手段が抽出した構成部材の少なくとも一部と第1表示画面とが重なるように駆動手段を制御して可動表示器を移動させてもよい。表示制御手段は、構成部材抽出手段が抽出した構成部材に関連する情報(IF)を第1表示画面に表示してもよい。

0012

また、上記可動表示器位置制御手段は、物体の検出位置に応じた移動目標位置を可動表示器が移動可能な範囲内に設定し、当該設定後に物体位置検出手段が検出位置を出力しない場合、当該移動目標位置に到達するまで可動表示器を移動させてもよい。

0013

また、上記物体位置検出手段は、透明板前面の所定領域に設けられたタッチパネルであってもよく、当該タッチパネルに対するタッチ位置を物体の検出位置として出力してもよい。

0014

また、上記物体位置検出手段は、透明板前方空間へそれぞれ重複しないように赤外線投光し、当該投光空間に存在する物体が当該赤外線を反射した反射光をそれぞれ受光することによって、当該投光空間内における物体の有無をそれぞれ検出する複数の赤外線センサであってもよく、物体を検出している当該赤外線センサの位置を物体の検出位置として出力してもよい。

0015

また、上記物体位置検出手段は、透明板前方空間へそれぞれ重複しないように可視光を投光し、当該投光空間に存在する物体が当該可視光を反射した反射光をそれぞれ受光することによって、当該投光空間内における物体の有無をそれぞれ検出する複数の光センサであってもよく、物体を検出している当該光センサの位置を物体の検出位置として出力してもよい。

0016

また、上記遊技機は、固定表示器および表示制御手段を、さらに備えていてもよい。固定表示器は、遊技盤に固設された第2表示画面を有する。表示制御手段は、第1表示画面および第2表示画面に表示する画像を制御する。表示制御手段は、第1描画手段(S291)、画像生成手段(S293、S294)、第2描画手段(S303)、および出力手段(S305、S307、S308)を含んでいてもよい。第1描画手段は、第2表示画面に表示するメイン画像フレームバッファ(1426A、1426B)に描画する。画像生成手段は、第1表示画面に表示するサブ画像を生成する。第2描画手段は、メイン画像が描画されたフレームバッファの空き領域に、サブ画像を複数に分割して描画する。出力手段は、メイン画像をフレームバッファから読み出して固定表示器に出力すると共に、分割されたサブ画像を所定の読み出し順序で当該フレームバッファから読み出して可動表示器に出力する。

0017

また、上記画像生成手段は、可動表示器の位置に基づいて第2表示画面に表示されたメイン画像に対して第1表示画面が重なる領域を抽出し、メイン画像の当該領域をコピーして得られるコピー画像に、第1表示画面にのみ表示される表示内容を示す差分画像を合成してサブ画像を生成してもよい。

0018

また、上記表示制御手段は、算出手段(S1〜S10)を、さらに含んでいてもよい。算出手段は、空き領域のサイズおよびサブ画像のサイズに基づいて、サブ画像を分割する分割サイズおよびサブ画像を分割する分割数を算出する。この場合、第2描画手段は、算出手段によって算出された分割サイズおよび分割数に応じてサブ画像を分割して空き領域に描画してもよい。

0019

また、上記表示制御手段は、分割判定手段(S5)を、さらに含んでいてもよい。分割判定手段は、空き領域のサイズおよびサブ画像のサイズに基づいて、サブ画像を空き領域に描画するためにサブ画像の分割が必要か否かを判定する。この場合、第2描画手段は、分割判定手段によって分割が必要と判定された場合にサブ画像を分割して空き領域に描画し、分割判定手段によって分割が不要と判定された場合にサブ画像をそのまま空き領域に描画してもよい。出力手段は、分割判定手段によって分割が必要と判定された場合にメイン画像をフレームバッファから読み出して固定表示器に出力すると共に、分割されたサブ画像を所定の読み出し順序で当該フレームバッファから読み出して可動表示器に出力し、分割判定手段によって分割が不要と判定された場合にメイン画像をフレームバッファから読み出して固定表示器に出力すると共に、サブ画像をフレームバッファから読み出して可動表示器に出力してもよい。

発明の効果

0020

本発明によれば、物体の検出位置に応じて遊技機に設けられた可動表示器が移動するため、当該可動表示器を用いて効果的な演出を行うことができる。

図面の簡単な説明

0021

本発明の一実施形態に係る遊技機1の一例を示す概略正面図
図1の遊技機1の一部を示す概略平面
図1における表示器4の一例を示す拡大図
図1EL表示器6のEL画面60に表示される画像を例示するEL画面60の拡大図
図1液晶画面50の概略構成の一例を示す図
図1のEL画面60の位置検出の一例について説明するための図
駆動機構10の構成の一例を示す斜視図
駆動機構10の構成の一例を示す斜視図
駆動機構10の一例を示す分解斜視図
図1のEL表示器6の一例を示す拡大斜視図
遊技盤2に対して蝶番を介して枠部材3が開いた状態となった遊技機1の状態の一例を示す斜視図
図1の遊技機1に設けられた制御装置の構成の一例を示すブロック図
図12の画像音響制御部140の構成の一例を示すブロック図
図13VRAM_FB1426の構成の一例について説明するための説明図
図12の画像音響制御部140によって実行される設定処理の一例を示すフローチャート
メイン画像サイズ、サブ画像サイズ、フレームバッファサイズ、および空き領域のサイズの一例について説明するための説明図
図12の画像音響制御部140のCPU141によって実行される設定処理の一例について説明するための説明図
図12の演出制御部130のRAM133に記憶されるデータおよびプログラムの一例を示す図
図12の演出制御部130において実行されるタイマ割込処理の一例を示すフローチャート
図19のステップ905におけるEL表示器処理の詳細な動作の一例を示すサブルーチン
EL表示器6のEL画面60に表示情報IFが表示されるまでの流れの一例について説明するための説明図
図12の画像音響制御部140によって行われる描画処理の一例を示すフローチャート
分割数SNが「0」に設定されている場合にVDP142によって実行される描画処理の一例について説明するための説明図
分割数SNが「4」に設定されている場合にVDP142によって実行される描画処理の一例について説明するための説明図
分割画像出力処理の一例について説明するための説明図
図12の画像音響制御部140によって行われる描画処理の他の例を示すフローチャート
VDP142によって実行される描画処理の他の例について説明するための説明図
EL表示器6を移動させる他の態様の駆動機構について説明するための図

実施例

0022

以下、適宜図面を参照しつつ、本発明の遊技機の一実施形態に係る遊技機1について説明する。

0023

[遊技機1の概略構成]
まず、遊技機1の概略構成について説明する。図1は、遊技機1の一例を示す概略正面図である。遊技機1は、例えば遊技者の指示操作により打ち出された遊技球が入賞すると賞球を払い出すように構成されたパチンコ遊技機である。図1に示されるように、遊技機1は、遊技球が打ち出される遊技盤2と、遊技盤2を囲む枠部材3とを備えている。枠部材3は、遊技盤2の表面側(図1紙面手前側)に遊技盤2と所定の間隔を隔てて平行に配置された透明板(図11参照)を支持する部材であり、遊技盤2に対して蝶番を介して開閉可能に構成されると共に、遊技盤2に対して着脱可能に構成されている。

0024

枠部材3に支持された透明板と遊技盤2との間には、遊技球が移動する遊技領域20が形成されている。遊技者がハンドル31を握ってレバー32を時計方向へ回転させると、ハンドル31の回転角度に応じた打球力で不図示の発射装置から遊技球が発射される。図には示されていないが、遊技盤2には、発射装置から発射された遊技球を遊技領域20へ案内するガイド部材が設けられており、遊技球は、このガイド部材によって遊技領域20の上部位置へ案内される。遊技球は、遊技領域20に配置された不図示の遊技クギ風車等に接触することでその移動方向を変化させながら、遊技盤2の表面に沿って落下する。

0025

遊技領域20には、入賞や抽選に関する役物として、第1始動口21、第2始動口22、大入賞口23、普通入賞口24、およびゲート25等が設けられている。また、遊技領域20における大入賞口23の下方には、第1始動口21、第2始動口22、大入賞口23、普通入賞口24に入らなかった遊技球を遊技領域20の外へ排出する排出口26が設けられている。

0026

第1始動口21および第2始動口22は、後述する液晶表示器5の下方に設けられている。第1始動口21および第2始動口22は、第1始動口21を第2始動口22の上側として所定の間隔を隔てて上下に並んで配置されている。遊技機1では、第1始動口21または第2始動口22に遊技球が入賞することで、大当たり抽選が実行される。なお、以下の説明では、第1始動口21への遊技球の入賞を契機として実行される大当たり抽選を第1特別図柄抽選と呼び、第2始動口22への遊技球の入賞を契機として実行される大当たり抽選を第2特別図柄抽選と呼び、第1特別図柄抽選および第2特別図柄抽選を総称して特別図柄抽選と呼ぶものとする。

0027

第1始動口21と第2始動口22との間には、チューリップの花を模した一対の羽根部材を有する電動チューリップ27が配置されている。電動チューリップ27は、一対の羽根部材が閉じた閉姿勢図1参照)と、一対の羽根部材が開いた開姿勢(不図示)との間で姿勢変化可能に構成されており、不図示の電動ソレノイドが作動することによって姿勢変化する。

0028

電動チューリップ27の一対の羽根部材が閉姿勢の状態では、第1始動口21を構成する部材および電動チューリップ27によって第2始動口22への遊技球の進入経路が塞がれており、遊技球が第2始動口22へ入ることはない。これに対して、遊技球がゲート25を通過すると、普通図柄抽選(電動チューリップ27の開閉抽選)が実行され、この普通図柄抽選に当選すると、電動チューリップ27の一対の羽根部材が規定時間だけ開姿勢を維持した後に閉姿勢に戻る動作が規定回数行われる。このように、普通図柄抽選に当選することで、第2始動口22への遊技球の進入経路が開放されて、遊技球が第2始動口22に入賞可能となる。すなわち、第2特別図柄抽選の実行が可能な状態となる。なお、電動チューリップ27の動作に関する規定時間および規定回数は、遊技機1の遊技状態に応じて変更されることがある。

0029

普通入賞口24は、ゲート25の下方に配置されている。普通入賞口24に遊技球が入賞した場合、抽選は実行されないが、第1始動口21や第2始動口22に遊技球が入賞した場合よりも多い賞球が払い出される。

0030

大入賞口23は、第2始動口22の下方に配置されている。大入賞口23は、特別図柄抽選の結果に応じて開放される。大入賞口23の開口部には、大入賞口23を開閉するプレートが設けられている。特別図柄抽選に当選していない状態では、このプレートが遊技盤2の表面と同一平面を形成する姿勢となっているために、大入賞口23に遊技球が入らない状態となっている。これに対して、特別図柄抽選に当選すると、プレートの下端側を軸としてプレートの上端側が遊技盤2の表面側へ傾倒して、大入賞口23が開放される。

0031

ここで、賞球の払い出しについて説明する。第1始動口21、第2始動口22、大入賞口23、および普通入賞口24に遊技球が入って入賞すると、入賞した場所に応じた個数の賞球(遊技球)が払い出される。例えば、第1始動口21または第2始動口22に遊技球が入賞すると4個の賞球が払い出され、大入賞口23に遊技球が入賞すると13個の賞球が払い出され、普通入賞口24に遊技球が入賞すると10個の賞球が払い出される。なお、遊技球がゲート25を通過しても賞球が払い出されることはない。

0032

遊技盤2の中央部には、演出のための各種の画像を表示する液晶表示器5およびEL(Electro Luminescence)表示器6が設けられている。また、遊技盤2の表面側に遊技盤2と所定の間隔を隔てて平行に配置された透明板の遊技者側には、遊技者から見て液晶表示器5を覆う位置にタッチパネル59が設けられている。なお、液晶表示器5、EL表示器6、およびタッチパネル59については、後に詳述する。

0033

液晶表示器5と近接する位置に、各種の演出に用いられる盤ランプ8および可動役物7が設けられている。盤ランプ8は、遊技者による遊技の進行に応じて発光することによって光による各種の演出を行う。可動役物7は、遊技盤2に対して可動に構成されており、例えば内蔵された発光素子を発光させながら回動することによって各種の演出を行う。なお、本実施形態では、遊技盤2に対して可動に構成された装飾役物が可動役物7のみである場合について説明するが、さらに他の可動役物が設けられていてもよい。

0034

図2は、遊技機1の一部の一例を示す概略平面図である。図1および図2に示されるように、枠部材3には、ハンドル31およびレバー32の他に、停止ボタン33、取り出しボタン34、スピーカ35、枠ランプ36、演出ボタン37、演出キー38、および皿39が設けられている。

0035

皿39は、枠部材3から遊技機1の正面側へ突出するように設けられており、上述の発射装置へ供給される遊技球を一時的に溜めるものである。この皿39には、上述のように払い出された賞球が排出される。遊技者がハンドル31を握ってレバー32を時計方向へ回転させると、皿39に溜められた遊技球が発射装置へ供給されて、遊技領域20へ所定の時間間隔で発射される。この遊技球の発射は、遊技者が停止ボタン33を押下することによって一時的に停止される。

0036

取り出しボタン34は、皿39と近接する位置に設けられている。遊技者が取り出しボタン34を操作すると、皿39の下面の一部が開口されて、皿39に溜まった遊技球が皿39の下方に配置された不図示の箱へ落下する。なお、この皿39は、1つの皿によって構成されてもよいし、発射装置へ供給される遊技球および賞球を溜める上皿と、賞球のみを溜める下皿との2つの皿によって構成されてもよい。

0037

スピーカ35は、楽曲音声効果音等を出力して音による演出を行う。枠ランプ36は、点灯または点滅のパターンの変更、発光色の変更、光の照射方向の変更等の光による各種の演出を行う。

0038

演出ボタン37および演出キー38は、それぞれ遊技者が演出に対する操作入力を行うために設けられている。演出ボタン37は、皿39の横に設けられており、演出キー38は、中央キーと中央キーの周辺に配列された複数(ここでは4つ)の周辺キーとを有しており、演出ボタン37に隣接配置されている。遊技者が演出キー38の周辺キーを操作することによって、液晶表示器5に表示された複数の選択肢の中からいずれかを選択指示することができる。このように、演出キー38は、遊技者が操作情報を入力するための入力手段として機能する。

0039

図3は、図1における表示器4の一例を示す拡大図である。表示器4は、上述した特別図柄抽選や普通図柄抽選の結果や保留数に関する情報を表示するものである。図3に示されるように、表示器4は、第1特別図柄表示器41、第2特別図柄表示器42、第1特別図柄保留表示器43、第2特別図柄保留表示器44、普通図柄表示器45、普通図柄保留表示器46、および遊技状態表示器47を備えている。

0040

第1特別図柄表示器41は、第1始動口21への遊技球の入賞を契機として特別図柄を変動表示してから第1特別図柄抽選の結果を示す特別図柄を停止表示する。第1特別図柄保留表示器43は、第1特別図柄抽選の保留数を表示する。第2特別図柄表示器42は、第2始動口22への遊技球の入賞を契機として特別図柄を変動表示してから第2特別図柄抽選の結果を示す特別図柄を停止表示する。第2特別図柄保留表示器44は、第2特別図柄抽選の保留数を表示する。普通図柄表示器45は、遊技球がゲート25を通過したことを契機として普通図柄を変動表示してから普通図柄抽選の結果を示す普通図柄を停止表示する。普通図柄保留表示器46は、普通図柄抽選の保留数を表示する。例えば、第1特別図柄表示器41、第2特別図柄表示器42、または普通図柄表示器45によって表示図柄が変動表示されている期間(入賞1回分の変動表示が行われている間)等、表示図柄の変動表示を即時に開始できない期間に、さらに他の遊技球が入賞した場合、その入賞した遊技球に対する表示図柄の変動表示は、先に入賞した遊技球に対する変動表示が終了する等、表示図柄の変動表示が可能となるまで、規定回数(例えば、4回)を限度保留される。このような保留がなされていることおよびその保留の数(未抽選回数)が、第1特別図柄保留表示器43、第2特別図柄保留表示器44、および普通図柄保留表示器46にそれぞれ表示される。例えば、第1特別図柄保留表示器43、第2特別図柄保留表示器44、および普通図柄保留表示器46は、それぞれ列設されたLED表示装置で構成され、その点灯態様によって保留回数が表示される。遊技状態表示器47は、遊技機1の電源投入時点における遊技状態(例えば、通常遊技状態確変遊技状態、時短遊技状態潜伏遊技状態)を表示する。

0041

ここまで遊技機1の概略構成について説明したが、上述した遊技機1の構成は単なる一例であって、遊技盤2の盤面構成(入賞や抽選に関する役物の配置)等は、適宜変更されてもよい。例えば本発明に係る遊技機が右打ちが必要なパチンコ遊技機に適用される場合には、大入賞口23やゲート25等を液晶表示器5に対して右側の遊技領域20に配置するといった変更が行われる。

0042

ところで、遊技者が視認し易い位置に液晶表示器5が固定されているので、特別図柄抽選に当選しない期間が長時間続いたとき等に遊技者の視点が固定され易く、遊技が単調になるおそれがある。そこで、本実施形態に係る遊技機1は、タッチパネル59への操作に応じてEL表示器6を移動させ、EL表示器6が所定の位置へ移動したときにEL画面60を通して遊技者が視認できる情報を示す画像をEL画面60に表示することで、遊技者に対して効果的な演出が行われるように構成されている。例えば、図4(a)に示されるように、液晶表示器5の液晶画面50に表示されたキャラクタCIがEL画面60を通して視認可能な位置に、EL表示器6が移動したときには、当該キャラクタCIに関する表示情報IFが表示される。一例として、表示情報IFは、キャラクタCIが表示された場合の遊技機状況等を示す情報が表示され、特別図柄の変動表示中にリーチとなったときにそのキャラクタが出現した場合に特別図柄抽選に当選する信頼度を示す文字情報である。また、図4(b)に例示されるように、可動役物7の少なくとも一部がEL画面60を通して視認可能な位置にEL表示器6が移動したときは、当該可動役物7に関する表示情報IFが表示される。一例として、表示情報IFは、可動役物7が移動した場合の遊技機状況等を示す情報が表示され、可動役物7が作動したときに特別図柄抽選に当選する信頼度を示す文字情報である。以下、このような効果的な演出を実現するための遊技機1の構成および動作について説明する。

0043

[液晶表示器5の構成]
液晶表示器5は、遊技盤2を支持する遊技機1の筐体に固定されている。このため、液晶表示器5は、遊技機1の遊技盤2やガラス板等が閉状態、すなわち遊技機1が遊技可能な状態である場合、遊技盤2に対して固定された状態となる。液晶表示器5としては、一例として上下方向11の画素数が「600」で、左右方向12の画素数が「800」という画面解像度垂直画素数×水平画素数)の液晶画面50を有する液晶ディスプレイが使用される。液晶表示器5は、後述する画像音響制御部140から出力される画像を液晶画面50に表示する。液晶画面50には、例えば、特別図柄抽選の結果を報知するための装飾図柄、予告演出を行うキャラクタやアイテム、特別図柄抽選が保留されていることを示す保留表示画像等が表示される。

0044

図5(a)は、液晶画面50の概略構成の一例を示す図である。図5(a)に示されるように、液晶画面50は、多数の画素ユニット51を有して構成されている。例えば、画素ユニット51は、上下方向11に600個、左右方向12に800個並んで配置されているが、説明の便宜上、図5(a)では、実際よりも少なく画素ユニット51が表記されている。

0045

画素ユニット51は、カラー液晶素子52および光センサ56を有している。カラー液晶素子52は、3原色のそれぞれの色を表示するR(Red)色液晶素子53、G(Green)色液晶素子54、およびB(Blue)色液晶素子55から構成されている。光センサ56は、液晶画面50の前方からの光を検知する受光素子であり、R色液晶素子53、G色液晶素子54、およびB色液晶素子55と隣接するように配置されている(図5(b)参照)。このように、光センサ56は、各カラー液晶素子52のそれぞれに近接配置されている。

0046

光センサ56が光を受光すると、受光した光の輝度に応じた電気信号が生成される。液晶画面50が有する各光センサ56は、後述する演出制御部130に接続されており、各光センサ56で生成された電気信号は演出制御部130に出力される。演出制御部130は、各光センサ56から出力される電気信号に基づいて、液晶画面50に対するEL画面60の位置(EL表示器6の位置)を検出する。具体的には、後述するEL表示器6のフレーム61(図7参照)は、液晶表示器5の液晶画面50と対向する面が黒色に形成されており、液晶画面50においてフレーム61によって覆われた領域(すなわち、フレーム61によって遊技機1の前方に着席する遊技者から遮られている液晶画面50の領域)に設けられている光センサ56からは、フレーム61によって覆われていない領域に設けられている光センサ56から出力される電気信号とは異なるレベルの電気信号が出力される。図6には、液晶表示器5の液晶画面50に対してEL表示器6のEL画面60が左下方に位置したときにフレーム61によって覆われた領域16(ハッチングされた領域)の一例が示されている。演出制御部130は、各光センサ56から出力される電気信号のレベルの違いに基づいて、フレーム61の位置、すなわちEL画面60の位置を検出することができる。

0047

図5(b)に示されるように、各画素ユニット51には、画素ユニット51と隣接する他の画素ユニットとを区画する外壁57、および画素ユニット51を構成するカラー液晶素子52と光センサ56とを区画する内壁58が設けられている。外壁57は、カラー液晶素子52および光センサ56の外側を囲み、且つ画素ユニット51の基部から液晶画面50の前方へ向けて突出するように形成されている。内壁58は、カラー液晶素子52と光センサ56との間に画素ユニット51の基部から液晶画面50の前方へ向けて突出するように形成されている。この外壁57および内壁58が設けられていることにより、光センサ56に対して近接するカラー液晶素子52から光が直接入射することが防止されるので、液晶画面50の前方からの光を各光センサ56で正確に検知して、EL表示器6の位置を精度良く検出することができる。

0048

[EL表示器6の構成]
EL表示器6は、液晶表示器5の前面側に液晶画面50と所定の間隔を隔てて配置されており、後述する駆動機構10によって遊技盤2および液晶表示器5に対して上下左右に移動可能である。一例として、本実施形態におけるEL表示器6は、透明なEL画面60に画像を単色表示する透明ELディスプレイである。例えば、EL画面60は、樹脂製のフレーム61に形成された開口部に嵌め込まれることによってフレーム61に固定されている。EL画面60としては、例えば上下方向11の画素数が「240」で、左右方向12の画素数が「320」という画面解像度を有するものが使用される。したがって、液晶表示器5およびEL表示器6は、液晶画面50の方がEL画面60よりも画面解像度が大きくなるように構成されている。

0049

EL表示器6として透過型のELディスプレイが使用されるので、EL画面60に画像が表示された状態であっても、EL表示器6の裏面側に位置するオブジェクト(例えば、液晶画面50に表示されたキャラクタやアイテムといった表示オブジェクト、可動役物7等)を遊技者がEL画面60を介して視認することができる。なお、EL表示器6のフレーム61の裏面(液晶画面50と対向する面)は、上述のように、黒色に形成されている。

0050

[駆動機構10の構成および動作]
次に、図7図10を参照しつつ、EL表示器6を移動させる駆動機構10について説明する。図7は、駆動機構10の構成の一例を示す斜視図であり、EL画面60を介して液晶画面50に表示された表示オブジェクトが視認可能な位置にEL表示器6が位置した状態の一例を示している。図8は、駆動機構10の構成の一例を示す斜視図であり、EL画面60を介して可動役物7の一部が視認可能な位置にEL表示器6が位置した状態の一例を示している。図9は、駆動機構10の一例を示す分解斜視図である。図10は、EL表示器6の一例を示す拡大斜視図である。

0051

駆動機構10は、EL表示器6を液晶表示器5の液晶画面50に沿って上下左右に移動させるものである。本実施形態においては、駆動機構10は、第1ステッピングモータ29(図12参照)の駆動力をEL表示器6に伝達して、EL表示器6を液晶画面50に沿って上下方向11(図1図7図8参照)に移動させる昇降駆動機構200と、第2ステッピングモータ30(図12参照)の駆動力をEL表示器6に伝達して、EL表示器6を液晶画面50に沿って左右方向12(図1図7図8参照)に移動させるスライド駆動機構220とから構成されている。

0052

昇降駆動機構200は、大別して、第1支持部材201と、一対のガイド部材202および203と、第1回転軸204と、第2回転軸205と、第1駆動ベルト206と、および第2駆動ベルト207とを備えている。

0053

第1支持部材201は、左右方向12を長手方向とする薄い板状部材である。この第1支持部材201は、図1に示されるように、液晶表示器5の液晶画面50の手前に配置されるため、液晶画面50に表示された画像の視認性の低下を最低限に抑えるために、例えば透明な樹脂で形成されている。EL表示器6のフレーム61には、左右方向12に貫通する挿通孔62(図9および図10参照)が形成されており、第1支持部材201は、挿通孔62に挿通されることによって、第1支持部材201に沿った左右方向12へフレーム61を移動可能に支持する。

0054

図10に示されるように、第1支持部材201は、その一方端が連結部材194に固設されると共に、その他方端が連結部材197に固設される。連結部材194は、ガイド部材202(図9参照)が挿通される円筒状の挿通孔195と、第1駆動ベルト206(図9参照)を挟持する挟持片196とを有している。ガイド部材202は、断面外形円形棒状部材であり、その長手方向が上下方向11と一致するように遊技機1の筐体に固定されている。ガイド部材202の外径寸法は、挿通孔195に遊挿可能となるように挿通孔195の内径寸法よりも若干小さく設定されており、連結部材194は、挿通孔195にガイド部材202が挿通されることによって、ガイド部材202に沿った上下方向11へ移動可能にガイド部材202によって支持される。

0055

連結部材197は、連結部材194と同形状の部材であって、ガイド部材203(図9参照)が挿通される挿通孔198と、第2駆動ベルト207(図9参照)を挟持する挟持片199とを有している。ガイド部材203は、ガイド部材202と同形状の部材であって、ガイド部材202との間に液晶画面50が配置されるように所定の間隔を隔てて遊技機1の筐体に列設固定されている。連結部材197は、挿通孔198にガイド部材203が挿通されることによって、ガイド部材203に沿った上下方向11へ移動可能にガイド部材203によって支持される。

0056

このように連結部材194および連結部材197がガイド部材202およびガイド部材203に支持されているので、第1支持部材201は、上下方向11へスライド可能である。

0057

ガイド部材202および203の上側に第1回転軸204が設けられると共に、ガイド部材202および203の下側に第2回転軸205が設けられている(図7および図8参照)。第1回転軸204および第2回転軸205は、それぞれ軸方向が左右方向12と一致するように、不図示の軸受けに回転可能に支持されている。図9に示されるように、第1回転軸204は、その一方端側にギヤ212およびプーリ208が固定されると共に、その他方端側にプーリ209が固定されている。第2回転軸205は、その一方端側にプーリ208と一対となるプーリ210が固定されると共に、その他方端側にプーリ209と一対となるプーリ211が固定されている。

0058

一対のプーリ208とプーリ210との間には、内側に歯が形成された無端環状の第1駆動ベルト206が張り渡されている。また一対のプーリ209とプーリ211との間には、第1駆動ベルト206と同じ構成の第2駆動ベルト207が張り渡されている。

0059

第1回転軸204のギヤ212(図7図9参照)には、第1ステッピングモータ29(図12参照)の駆動力が入力される。これにより、ギヤ212がその一方端に固定された第1回転軸204が回転する。プーリ208〜211の外周には、それぞれ第1駆動ベルト206または第2駆動ベルト207の歯と噛合する歯が形成されており、第1回転軸204の回転力がプーリ208および209を介して第1駆動ベルト206および第2駆動ベルト207にそれぞれ伝達される。その結果、第1駆動ベルト206および第2駆動ベルト207が周運動すると共に、第1回転軸204および第2回転軸205が同期回転する。また、第1駆動ベルト206には第1支持部材201の一方端に固定された連結部材194が挟持片196によって固定され、第2駆動ベルト207には第1支持部材201の他方端に固定された連結部材197が挟持片199によって固定されているので、第1ステッピングモータ29の駆動力が第1支持部材201にも伝達されて、結果的に第1支持部材201に支持されたEL表示器6が上下方向11へ移動する。なお、第1ステッピングモータ29の回転方向を正回転または逆回転に切り換えることで、上下方向11におけるEL表示器6の移動方向を切り換えることができる。

0060

一方、スライド駆動機構220は、大別して、第2支持部材221と、一対のガイド部材222および223と、第3回転軸224と、第4回転軸225と、第3駆動ベルト226と、および第4駆動ベルト227とを備えている。

0061

第2支持部材221は、上下方向11を長手方向とする薄い板状部材である。この第2支持部材221は、第1支持部材201と同様に、例えば透明な樹脂で形成されている。EL表示器6のフレーム61には、上下方向11に貫通する挿通孔63(図9および図10参照)が形成されており、第2支持部材221は、挿通孔63に挿通されることによって、第2支持部材221に沿った上下方向11へフレーム61を移動可能に支持する。

0062

図10に示されるように、第2支持部材221は、その一方端が連結部材214に固設されると共に、その他方端が連結部材217に固設されている。連結部材214は、ガイド部材222(図9参照)が挿通される円筒状の挿通孔215と、第4駆動ベルト227(図9参照)を挟持する挟持片216とを有している。ガイド部材222は、断面外形が円形の棒状部材であり、その長手方向が左右方向12と一致するように遊技機1の筐体に固定されている。ガイド部材222の外径寸法は、挿通孔215に遊挿可能となるように挿通孔215の内径寸法よりも若干小さく設定されており、連結部材214は、挿通孔215にガイド部材222が挿通されることによって、ガイド部材222に沿った左右方向12へ移動可能にガイド部材222によって支持される。

0063

連結部材217は、連結部材214と同形状の部材であって、ガイド部材223(図9参照)が挿通される挿通孔218と、第3駆動ベルト226(図9参照)を挟持する挟持片219とを有している。ガイド部材223は、ガイド部材222と同形状の部材であって、ガイド部材222との間に液晶画面50が配置されるように所定の間隔を隔てて対向するように遊技機1の筐体に列設固定されている。連結部材217は、挿通孔218にガイド部材223が挿通されることによって、ガイド部材223に沿った左右方向12へ移動可能にガイド部材223によって支持される。

0064

このように連結部材214および連結部材217がガイド部材222およびガイド部材223に支持されているので、第2支持部材221は、左右方向12へスライド可能である。

0065

左右方向12におけるガイド部材222および223の右側に第3回転軸224が設けられると共に、ガイド部材222および223の左側に第4回転軸225が設けられている(図7および図8参照)。第3回転軸224および第4回転軸225は、それぞれ軸方向が上下方向11と一致するように、不図示の軸受けに回転可能に支持されている。図9に示されるように、第3回転軸224は、その一方端側にギヤ232およびプーリ228が固定されると共に、その他方端側にプーリ229が固定されている。第4回転軸225は、その一方端側にプーリ228と一対となるプーリ230が固定されると共に、その他方端側にプーリ229と一対となるプーリ231が固定されている。

0066

一対のプーリ228とプーリ230との間には、内側に歯が形成された無端環状の第3駆動ベルト226が張り渡されている。また、一対のプーリ229とプーリ231との間には、第3駆動ベルト226と同じ構成の第4駆動ベルト227が張り渡されている。

0067

第3回転軸224のギヤ232(図7図9参照)には、第2ステッピングモータ30(図12参照)の駆動力が入力される。これにより、ギヤ232がその一方端に固定された第3回転軸224が回転する。プーリ228〜231の外周には、それぞれ第3駆動ベルト226または第4駆動ベルト227の歯と噛合する歯が形成されており、第3回転軸224の回転力がプーリ228および229を介して第3駆動ベルト226および第4駆動ベルト227にそれぞれ伝達される。その結果、第3駆動ベルト226および第4駆動ベルト227が周運動すると共に、第3回転軸224および第4回転軸225が同期回転する。また、第3駆動ベルト226には第2支持部材221の他方端に固定された連結部材217が挟持片219によって固定され、第4駆動ベルト227には第2支持部材221の一方端に固定された連結部材214が挟持片216によって固定されているので、第2ステッピングモータ30の駆動力が第2支持部材221にも伝達されて、結果的に第2支持部材221に支持されたEL表示器6が左右方向12へ移動する。なお、第2ステッピングモータ30の回転方向を正回転または逆回転に切り換えることで、左右方向12におけるEL表示器6の移動方向を切り換えることができる。

0068

このように、EL表示器6は、昇降駆動機構200によって上下方向11へ移動し、スライド駆動機構220によって左右方向12へ移動する。なお、本実施形態では、タッチパネル59から入力される操作情報に応じて昇降駆動機構200および/またはスライド駆動機構220が駆動するので、遊技者は、所望の位置へEL表示器6を移動させることができる。なお、第1支持部材201および第2支持部材221を除く駆動機構10の各構成部材は、液晶表示器5等が設けられた領域と遊技領域20とを区画する化粧カバー14(図1参照)によって覆われているために、図1には現れていない。

0069

[タッチパネル59の構成]
次に、図11を参照して、タッチパネル59について説明する。図11は、遊技盤2に対して蝶番を介して枠部材3が開いた状態となった遊技機1の状態の一例を示す斜視図である。遊技機1は、縦長方形状枠組みされた外枠と、当該外枠に対して開閉自在に装着される内枠体とを備え、当該内枠体の内側に遊技盤2が固定されている。なお、図11においては、上記内枠体および上記外枠を組み合わせた状態を示しており、上記内枠体および上記外枠を組み合わせた部材を主部70として記載している。上記内枠体の前面側には、枠部材3が開閉自在に図示A−A軸で軸着され、枠部材3は図示B方向に開けることができる。例えば、上記内枠体の前面軸支側には枠部材3を連結するための蝶番が図示A−A軸に設けられ、当該蝶番を介して枠部材3が上記内枠体に開閉自在に軸着される。

0070

枠部材3は、少なくとも遊技盤2を覆う大きさで形成され、遊技盤2を遊技者と隔てるための透明板(例えば、ガラス板)71を支持している。そして、遊技機1の遊技盤2や透明板71を支持する枠部材3が閉状態、すなわち遊技機1が遊技可能な状態である場合、遊技盤2、液晶表示器5、枠部材3、および透明板71が互いに固定された状態となる。そして、遊技機1が遊技可能な状態である場合、液晶表示器5、EL表示器6、および遊技盤2等は、透明板71を介して遊技者が視認可能となる。

0071

ここで、透明板71を支持する枠部材3が閉状態となって遊技機1が遊技可能な状態において、遊技者から見て少なくとも液晶表示器5を覆う領域に、且つ、透明板71の遊技者側の主面にタッチパネル59が装着されている。タッチパネル59は、遊技者がタッチした位置に応じた操作情報を演出制御部130へ出力する。例えば、本実施例では、タッチパネル59は、抵抗膜方式のタッチパネルが用いられる。ただし、タッチパネル59は、抵抗膜方式に限らず、任意の方式のタッチパネルを用いることができる。例えば、タッチパネル59は、静電容量方式表面型投影型)、表面弾性波方式超音波方式)、赤外線方式(赤外線遮光方式)、音響パルス認識方式振動検出方式、電磁誘導方式画像認識方式等、他の方式のタッチパネルを用いてもかまわない。なお、タッチパネル59としては、液晶表示器5の解像度と同程度の解像度のものが用いられることが好ましいが、両者の解像度が一致している必要はなく、いずれか一方の解像度が相対的に低い関係になっていてもかまわない。

0072

[遊技機1の制御装置の構成]
また、遊技機1の背面側(図1の紙面奥側)には、払出用の遊技球を溜めておく球タンクや遊技球を皿39に払い出す払出装置が設けられ、各種の基板等が取り付けられている。例えば、遊技盤2の後面には、メイン基板およびサブ基板等が配設されている。具体的には、メイン基板には、内部抽選および当選の判定等を行う遊技制御部100として機能するメイン制御基板が配設されている。このメイン基板は、開封されることにより痕跡が残るように透明部材で構成されたメイン基板ケースによって密封されている。また、サブ基板には、賞球の払出を制御する払出制御部120として機能する払出制御基板、演出を統括的に制御する演出制御部130として機能する演出制御基板、画像および音による演出を制御する画像音響制御部140として機能する画像制御基板、および各種のランプ(枠ランプ36や盤ランプ8)や可動役物7による演出を制御するランプ制御部150として機能するランプ制御基板等が配設されている。また、遊技盤2の後面には、遊技機1の電源オンオフを切り換えるとともに、遊技機1に供給された24V(ボルト)の交流電力を各種電圧直流電力に変換して、それぞれの電圧の直流電力を上述した各種の基板等に出力するスイッチング電源が配設されている。

0073

以下、図12を参照しつつ、遊技機1の制御装置の構成について説明する。ここで、図12は、遊技機1の制御装置の構成の一例を示すブロック図である。図12に示されるように、遊技機1の制御装置の構成の一例では、遊技制御部100、払出制御部120、演出制御部130、画像音響制御部140、およびランプ制御部150を備えている。

0074

[遊技制御部100の構成]
遊技制御部100は、CPU(Central Processing Unit;中央処理装置)101、ROM(Read Only Memory)102、およびRAM(Random Access Memory)103を備えている。CPU101は、ROM102に記憶されたプログラムに基づいて、内部抽選や当選の判定等の払い出し賞球数に関連する各種の演算処理を行う。RAM103は、CPU101が上記プログラムを実行する際に用いる各種データを一時的に記憶する記憶領域またはデータ処理などの作業領域として使用される。この遊技制御部100の主な機能は、以下の通りである。

0075

遊技制御部100は、第1始動口21または第2始動口22に遊技球が入賞すると特別図柄抽選を実行し、特別図柄抽選での当選か否かを示す判定結果データを演出制御部130へ送信する。また、遊技制御部100は、特別図柄抽選に応じて決定した当選確率の変動設定(例えば300分の1から30分の1への変動設定)を示すデータ、特別図柄変動時間の短縮設定を示すデータ、普通図柄抽選に応じて決定した普通図柄変動時間の短縮設定を示すデータ等を演出制御部130へ送信する。

0076

遊技制御部100は、電動チューリップ27の羽根部材が開姿勢となる開時間、羽根部材が開閉する回数、および羽根部材が閉じてから次に開くまでの開閉時間間隔を制御する。また、遊技制御部100は、遊技球が第1始動口21または第2始動口22へ入賞したことによる特別図柄抽選の保留数、および遊技球がゲート25を通過したことによる普通図柄抽選の保留数を管理し、保留回数に関連するデータを演出制御部130に送信する。

0077

遊技制御部100は、特別図柄抽選の結果に応じて、大入賞口23の開閉動作を制御する。例えば、所定条件(例えば、大入賞口23が開いてから30秒が経過、大入賞口23への10個の遊技球の入賞、または大入賞口23の開放累積時間が1.8秒以内)を満たすまで、大入賞口23のプレートが突出傾倒して大入賞口23の開状態を維持するラウンド所定回数(例えば15回または2回)繰り返す。

0078

遊技制御部100は、第1始動口21、第2始動口22、大入賞口23、および普通入賞口24に遊技球が入賞すると、入賞した場所に応じた所定数の賞球の払い出しを払出制御部120に指示する。払出制御部120が遊技制御部100の指示に応じて賞球の払い出しを行った場合、払い出された賞球の個数に関する情報が払出制御部120から遊技制御部100へ送られる。遊技制御部100は、払出制御部120から取得した情報に基づいて、払い出す賞球の個数を管理する。

0079

これらの機能を実現するために、遊技制御部100には、第1始動口スイッチ(SW)111、第2始動口スイッチ(SW)112、電動チューリップ開閉部113、ゲートスイッチ(SW)114、大入賞口スイッチ(SW)115、大入賞口制御部116、および普通入賞口スイッチ(SW)117が接続されている。

0080

第1始動口スイッチ111は、第1始動口21に遊技球が入賞したことを検出して、その検出信号を遊技制御部100へ送る。第2始動口スイッチ112は、第2始動口22に遊技球が入賞したことを検出して、その検出信号を遊技制御部100へ送る。電動チューリップ開閉部113は、電動チューリップ27の一対の羽根部材に駆動伝達可能に連結された電動ソレノイドを有している。遊技制御部100からの制御信号に応じて上記電動ソレノイドが作動して、電動チューリップ27の一対の羽根部材が姿勢変化する。ゲートスイッチ114は、ゲート25を遊技球が通過したことを検出して、その検出信号を遊技制御部100へ送る。大入賞口スイッチ115は、大入賞口23に遊技球が入賞したことを検出して、その検出信号を遊技制御部100へ送る。大入賞口制御部116は、大入賞口23のプレートに駆動伝達可能に連結された電動ソレノイドを有している。遊技制御部100からの制御信号に応じて上記電動ソレノイドが作動して、大入賞口23が開閉される。普通入賞口スイッチ117は、普通入賞口24に遊技球が入賞したことを検出して、その検出信号を遊技制御部100へ送る。

0081

また、遊技制御部100には、表示器4が接続されている(図3参照)。遊技制御部100は、第1特別図柄抽選の結果を第1特別図柄表示器41に表示させ、第1特別図柄抽選を保留している保留数を第1特別図柄保留表示器43に表示させる。遊技制御部100は、第2特別図柄抽選の結果を第2特別図柄表示器42に表示させ、第2特別図柄抽選の保留数を第2特別図柄保留表示器44に表示させる。遊技制御部100は、普通図柄抽選の結果を普通図柄表示器45に表示させ、普通図柄抽選の保留数を普通図柄保留表示器46に表示させる。遊技制御部100は、遊技状態表示器47に遊技機1の遊技状態を表示させる。

0082

[払出制御部120の構成]
払出制御部120は、CPU121、ROM122、およびRAM123を備えている。CPU121は、ROM122に記憶されたプログラムに基づいて、賞球の払い出しを制御する際の演算処理を行う。RAM123は、CPU121が上記プログラムを実行する際に用いる各種データを一時的に記憶する記憶領域またはデータ処理などの作業領域として使用される。

0083

払出制御部120は、遊技制御部100からの指示に基づいて、遊技球が入賞した場所に応じた所定数の賞球が皿39へ払い出されるように払出モータ125を制御する。ここで、払出モータ125は、遊技盤2の裏面側に配置された球タンクから遊技球を送り出すモータである。

0084

払出制御部120には、払出モータ125の他に、払出球検出部126、球有り検出部127、および満タン検出部128が接続されている。払出球検出部126は、払出モータ125により球タンクから皿39へ払い出された賞球の数を検出する。球有り検出部127は、球タンクにおける遊技球の有無を検出する。満タン検出部128は、皿39が遊技球で満タンになったことを検出する。払出制御部120は、払出球検出部126、球有り検出部127、および満タン検出部128の検出結果に応じて所定の処理を実行する。

0085

[演出制御部130の構成]
演出制御部130は、CPU131、ROM132、RAM133、およびRTC(リアルタイムクロック)134を備えている。CPU131は、ROM132に記憶されたプログラムに基づいて、演出を制御する際の演算処理を行う。RAM133は、CPU131が上記プログラムを実行する際に用いる各種データを一時的に記憶する記憶領域またはデータ処理などの作業領域として使用される。RTC134は、現時点の日時を計測する。

0086

演出制御部130は、遊技制御部100から送られる特別図柄抽選結果等を示すデータに基づいて、演出内容を設定する。その際、演出ボタン37または演出キー38からの操作情報の入力を受け付けて、その操作情報に応じた演出内容を設定する場合もある。さらに、特別図柄抽選の当選確率の変動設定を示すデータを遊技制御部100から受信した場合、特別図柄抽選の変動時間の短縮設定を示すデータを遊技制御部100から受信した場合、および普通図柄抽選の変動時間の短縮設定を示すデータを遊技制御部100から受信した場合には、これらのデータに応じて演出内容を設定する。演出制御部130は、このようにして設定した演出内容の演出の実行を指示するコマンドを画像音響制御部140およびランプ制御部150へ送信する。

0087

また、演出制御部130は、遊技球の入賞時点において事前に行われる特別図柄抽選処理事前判定処理)の結果を示すデータ(先読演出コマンド)を遊技制御部100から取得した場合、当該データに基づいた先読演出内容を設定する。そして、演出制御部130は、設定した先読演出内容の実行を指示するコマンドを画像音響制御部140およびランプ制御部150にそれぞれ送る。

0088

演出制御部130には、液晶表示器5が備える光センサ56が接続されている。演出制御部130のCPU131は、各光センサ56から入力される電気信号に基づいて、EL表示器6のEL画面60の位置を検出する。また、演出制御部130には、タッチパネル59から出力されるタッチ位置を示すデータが入力される。演出制御部130のCPU131は、取得したタッチ位置に応じて、EL表示器6の移動を指示するコマンドをランプ制御部150に送る。

0089

[ランプ制御部150の構成]
ランプ制御部150は、CPU151、ROM152、およびRAM153を備えている。CPU151は、盤ランプ8や枠ランプ36の発光、および可動役物7の動作を制御する際の演算処理を行う。ROM152は、CPU151によって実行されるプログラムや各種データ等が記憶され、RAM153は、CPU151が上記プログラムを実行する際に用いる各種データを一時的に記憶する記憶領域またはデータ処理などの作業領域として使用される。

0090

ランプ制御部150のCPU151は、ROM152に記憶されている発光パターンデータの中から、演出制御部130から送信されたコマンドに対応する発光パターンデータを読み出して、盤ランプ8、枠ランプ36、および可動役物7の発光を制御する。また、CPU151は、ROM152に記憶されている動作パターンデータの中から、演出制御部130から送信されたコマンドに対応する動作パターンデータを読み出して、可動役物7を動作させるモータ(不図示)の回転を制御する。

0091

ランプ制御部150は、演出制御部130から送信されたコマンドにEL表示器6の移動を指示するコマンドが含まれていた場合、そのコマンドに基づいて、第1ステッピングモータ29および/または第2ステッピングモータ30の回転を制御する。第1ステッピングモータ29は、その回転軸が昇降駆動機構200のギヤ212(図7参照)と噛合するように配設されており、第1ステッピングモータ29の駆動力がギヤ212に入力されることによって、EL表示器6が上下方向11へ移動する。一方、第2ステッピングモータ30は、その回転軸がスライド駆動機構220のギヤ232(図7参照)と噛合するように配設されており、第2ステッピングモータ30の駆動力がギヤ232に入力されることによって、EL表示器6が左右方向12へ移動する。このように本実施形態においては、第1ステッピングモータ29および/または第2ステッピングモータ30を駆動制御することによって、昇降駆動機構200および/またはスライド駆動機構220を動作させるCPU151が、EL表示器6を移動させる。

0092

[画像音響制御部140の構成]
図13は、画像音響制御部140の構成を例示するブロック図である。図13に示されるように、画像音響制御部140は、各種演出の実行を指示する制御信号を生成するCPU141と、CPU141によって生成された制御信号に応じた演出を表現する画像を生成するVDP(Video Display Processor)142と、CPU141によって生成された制御信号に応じた演出を実現する音響データを生成する音響DSP(Digital Signal Processor)143とを備えている。

0093

CPU141には、制御用ROM144およびRAM145が接続されている。制御用ROM144には、CPU141によって実行されるプログラムや各種データ等が記憶されている。RAM145は、CPU141が上記プログラムを実行する際に用いる各種データを一時的に記憶する記憶領域またはデータ処理などの作業領域として使用される。CPU141は、演出制御部130から受信したコマンドに基づいて、VDP142および音響DSP143の動作を制御するための制御信号を生成して、その制御信号をVDP142および音響DSP143に出力する。

0094

音響DSP143には、音響用ROM146およびSDRAM(Synchronous Dynamic Random Access Memory)147が接続されている。音響用ROM146には、スピーカ35から出力させる楽曲や音声、効果音等に関する各種音響データが記憶されている。SDRAM147は、音響DSP143によるデータ処理等の作業領域として使用される。

0095

音響DSP143は、CPU141によって生成された制御信号に対応する音響データを音響用ROM146から読み出し、その音響データに対して必要なデータ処理を行う。そして、液晶画面50やEL画面60による画像表示と同期させて、または画像表示とは非同期に、データ処理後の音響データを不図示の増幅器を介してスピーカ35に出力する。

0096

VDP142は、CPU141から入力された制御信号に基づいて画像を描画して、液晶表示器5およびEL表示器6に出力する表示制御手段として機能する。VDP142は、CPU I/F1421、デコーダ1422、ROM I/F1423、描画エンジン1424、VRAM_RS1425、VRAM_FB1426、および出力回路1427を備えている。

0097

VDP142には、内部バス1428および内部バス1429が設けられている。CPU I/F1421、デコーダ1422、ROM I/F1423、描画エンジン1424、およびVRAM_RS1425は、内部バス1428を介して通信可能に接続されている。また、描画エンジン1424、VRAM_FB1426、および出力回路1427は、内部バス1429を介して通信可能に接続されている。

0098

CPU I/F1421は、VDP142とCPU141とを通信可能に接続するインターフェースである。CPU141によって生成された制御信号は、CPU I/F1421を介してVDP142に入力される。ROM I/F1423は、画像用ROM148から画像データを読み出すためのインターフェースである。

0099

画像用ROM148には、液晶表示器5およびEL表示器6に表示される演出画像を構成する素材となる素材データが記憶されている。具体的には、3つの数字からなる装飾図柄や期待度の大きさに応じた演出を行うためのキャラクタやアイテム等に関する画像データ、液晶表示器5に背景画面として表示される背景画像に関する画像データ、特別図柄抽選が保留されていることを示す保留表示画像に関する画像データ、各種情報を示す文字に関する画像データといった、いわゆる素材データが記憶されている。

0100

VRAM_RS1425は、画像用ROM148から読み出された素材データを一時的に記憶する記憶領域または描画エンジン1424が実行する描画処理などの作業領域として使用されるメモリである。なお、例えばMPEG2(Moving Picture Experts Group phase 2)方式で符号化された画像データが画像用ROM148から読み出される場合には、デコーダ1422によって復号された画像データが素材データとしてVRAM_RS1425に格納される。VRAM_RS1425に格納された素材データは、描画エンジン1424が行う描画処理に使用される。このため、描画処理で頻繁に使用される素材データをVRAM_RS1425にバッファリングしておくことによって、描画エンジン1424による描画処理を効率良く実行することができる。

0101

描画エンジン1424は、CPU141からの制御信号に基づいて、液晶表示器5の液晶画面50およびEL表示器6のEL画面60に表示すべき画像をVRAM_FB1426に描画する。具体的には、CPU141からの制御信号およびVRAM_RS1425に格納された素材データに基づいて、各ピクセルの色を計算し、計算した色の値をVRAM_FB1426に書き込むレンダリング処理を行う。VRAM_FB1426に描画された画像は、1フレーム分の画像に対応する複数の画素データから構成されており、各画素データは、R(Red)、G(Green)、B(Blue)を示す色情報と、画素の透過度を示すアルファ値とを含んでいる。描画エンジン1424は、VRAM_FB1426に描画した画像を所定の表示タイミングで液晶表示器5およびEL表示器6に出力して、液晶画面50およびEL画面60に画像を表示させる。なお、液晶表示器5のみを使用する場合には、描画エンジン1424は、液晶画面50に表示するための画像のみをVRAM_FB1426に描画して、その画像を液晶表示器5に出力する。

0102

図14は、VRAM_FB1426の構成の一例について説明するための説明図である。図14に示されるように、VRAM_FB1426は、描画エンジン1424によって描画される1フレーム分の画像をそれぞれ記憶する第1フレームバッファ1426Aおよび第2フレームバッファ1426Bを備えるダブルバッファ方式のメモリである。描画エンジン1424は、第1フレームバッファ1426A内の画像を液晶表示器5およびEL表示器6に出力している間には、次のフレームの画像を第2フレームバッファ1426Bに描画する。一方、第2フレームバッファ1426B内の画像を液晶表示器5およびEL表示器6に出力している間には、次のフレームの画像を第1フレームバッファ1426Aに描画する。このように、描画エンジン1424は、一方のフレームバッファから画像を出力している間に他方のフレームバッファに描画処理を行うことで、高いフレームレートで描画処理を行うことができる。

0103

ところで、第1フレームバッファ1426Aおよび第2フレームバッファ1426Bは、本実施形態においては、いずれも上下方向11に720ドット、左右方向12に960ドットの画素データを格納可能なメモリ領域を有している(図14参照)。これに対して、液晶表示器5の液晶画面50に表示される画像(以下「メイン画像」と呼ぶ)は、例えば上下方向11に600ドット、左右方向12に800ドットの画素データから構成されている(図17(a)参照)。したがって、EL表示器6のEL画面60には画像を表示せずに液晶表示器5の液晶画面50にのみ画像を表示する場合には、何ら問題なく描画処理を行うことができる。しかしながら、EL表示器6のEL画面60に表示される画像(以下「サブ画像」と呼ぶ)が、例えば上下方向11に240ドット、左右方向12に320ドットの画素データから構成されている(図17(c)参照)。したがって、メイン画像およびサブ画像を縦または横に並べてVRAM_FB1426に描画した場合、上下方向11または左右方向12の画素数が第1フレームバッファ1426Aや第2フレームバッファ1426Bに格納可能な画素データの画素数を超えるため、そのままでは、第1フレームバッファ1426Aや第2フレームバッファ1426Bにメイン画像およびサブ画像を並べて同時に描画することは不可能である。そこで、本実施形態に係るVDP142は、第1フレームバッファ1426Aにメイン画像を描画した後にできる空き領域(図17(b)参照)にサブ画像を複数の領域に分割した状態で描画することによって、第1フレームバッファ1426A(または第2フレームバッファ1426B)にメイン画像およびサブ画像を同時に描画することを可能にしている。以下、このような描画処理を実現するための遊技機1の動作について詳細に説明する。なお、以下の説明では、第1フレームバッファ1426Aを使用して描画処理が行われる場合を例に説明するが、第2フレームバッファ1426Bを使用して描画処理を行う場合にも同様の処理が行われる。

0104

[分割画像サイズおよび分割数の設定]
第1フレームバッファ1426Aおよび第2フレームバッファ1426Bは、メイン画像が描画された場合に、メイン画像の描画処理に使用されていない空き領域が生じる(図16(d)参照)。サブ画像は、この空き領域に描画されるが、空き領域にそのまま描画できない場合には複数の領域に分割された分割画像として空き領域に描画される。サブ画像を分割画像として描画する処理は、予め設定された分割画像サイズおよび分割数に基づいて行われる。

0105

以下、図15図17を参照しつつ、分割画像サイズおよび分割数を設定する処理について説明する。ここで、図15は、画像音響制御部140のCPU141によって実行される設定処理の一例を示すフローチャートである。図16は、メイン画像サイズ、サブ画像サイズ、フレームバッファサイズ、および空き領域のサイズについて説明するための説明図である。図17は、画像音響制御部140のCPU141によって実行される設定処理の一例について説明するための説明図である。なお、図15以降のフローチャートに基づいて説明する画像音響制御部140で行われる処理は、制御用ROM144に記憶されているプログラムに基づいてCPU141が発行する命令にしたがってって行われる。また、図15の説明では、画像音響制御部140のCPU141が実行する各ステップを「S」と略称する。

0106

例えば遊技機1の電源投入された場合や、液晶表示器5のみを用いた1画面表示から液晶表示器5およびEL表示器6を用いた2画面表示に切り換えられる場合に、分割画像サイズおよび分割数の設定処理を指示する設定指示コマンドが演出制御部130から画像音響制御部140へ送信される。これに対して、画像音響制御部140のCPU141は、上記設定指示コマンドの受信を待つ(ステップ1)。なお、上記設定指示コマンドを受信していない場合(ステップ1:NO)、待機状態となる。

0107

CPU141は、上記設定指示コマンドを受信した場合(ステップ1:YES)、メイン画像サイズ、サブ画像サイズ、フレームバッファ(FB)サイズを取得し(ステップ2)、次のステップに処理を進める。例えば、CPU141は、VDP142から第1フレームバッファ1426Aおよび第2フレームバッファ1426Bのフレームバッファサイズを取得してRAM145に格納する。また、CPU141は、液晶画面50の画面解像度およびEL画面60の画面解像度を、メイン画像サイズおよびサブ画像サイズとしてVDP142を介して液晶表示器5およびEL表示器6から取得してRAM145に格納する。ここで、フレームバッファサイズは、図16(a)に示されるように、例えば第1フレームバッファ1426A(または第2フレームバッファ1426B)に格納可能な画素データの上下方向11の画素数L1および左右方向12の画素数C1を示す情報であり、本実施形態では720×960(垂直画素数L1×水平画素数C1)である(図17(a)参照)。メイン画像サイズは、図16(b)に示されるように、例えばメイン画像を構成する画素データの上下方向11の画素数L2および左右方向12の画素数C2を示す情報であり、液晶画面50の画面解像度と等しく、本実施形態では600×800(垂直画素数L2×水平画素数C2)である(図17(a)参照)。サブ画像サイズは、図16(c)に示されるように、例えばサブ画像を構成する画素データの上下方向11の画素数L3および左右方向12の画素数C3を示す情報であり、EL画面60の画面解像度と等しく、本実施形態では240×320(垂直画素数L3×水平画素数C3)である(図17(c)参照)。

0108

次に、CPU141は、取得したメイン画像サイズおよびフレームバッファサイズに基づいて、第1フレームバッファ1426Aにメイン画像を描画した後に生じる空き領域のサイズを算出し(ステップ3)、次のステップに処理を進める。具体的には、以下の演算式を用いて、空き領域に描画可能な画素データの最低垂直画素数L4(図16(d)参照)および最低水平画素数C4(図16(d)参照)を算出する。
最低垂直画素数L4=垂直画素数L1−垂直画素数L2
最低水平画素数C4=水平画素数C1−水平画素数C2
本実施形態では、図17(a)および図17(b)に示されるように、垂直画素数L1が「720」であり、垂直画素数L2が「600」であるため、最低垂直画素数L4として「120」が算出され、水平画素数C1が「960」であり、水平画素数C2が「800」であるため、最低水平画素数C4として「160」が算出される。

0109

次に、CPU141は、サブ画像サイズがステップ3で算出した空き領域サイズより小さいか否かを判定し(ステップ4)、次のステップに処理を進める。例えば、CPU141は、以下の演算式を用いて、サブ画像を構成する画素データの総数STおよび空き領域に描画可能な画素データの総数VTを算出する。
総数ST=垂直画素数L3×水平画素数C3
総数VT=垂直画素数L4×垂直画素数C1+水平画素数C4×(垂直画素数L1−垂直画素数L4)
ここで、垂直画素数L3は、サブ画像を構成する画素データの上下方向11の画素数であり、水平画素数C3は、サブ画像を構成する画素データの左右方向12の画素数である。そして、総数STおよび総数VTを算出すると、CPU141は、総数STが総数VTよりも小さいか否かを判定する。総数STが総数VTよりも小さければ、サブ画像サイズが空き領域サイズより小さいと判定することができる。一方、総数STが総数VT以上であれば、サブ画像サイズが空き領域サイズよりも小さくないと判定することができる。

0110

CPU141は、サブ画像サイズが空き領域のサイズよりも小さいと判定した場合(ステップ4:YES)、すなわち総数STが総数VTよりも小さい場合、サブ画像を空き領域に描画するためにサブ画像を分割する必要があるか否かを判定する(ステップ5)。例えば、CPU141は、サブ画像を構成する画素データの垂直画素数L3(図16(c)参照)が空き領域の最低垂直画素数L4(図16(d)参照)よりも小さく、且つサブ画像を構成する画素データの水平画素数C3(図16(c)参照)が空き領域の最低水平画素数C4(図16(d)参照)よりも小さいか否かを判定する。ここで、垂直画素数L3が垂直画素数L4よりも小さい、または水平画素数C3が水平画素数C4よりも小さければ、サブ画像を分割することなく空き領域に描画することが可能であると判定することができる。一方、垂直画素数L3が垂直画素数L4よりも大きい、且つ水平画素数C3が水平画素数C4よりも大きい場合、サブ画像を空き領域にそのまま描画できないので、サブ画像を分割して描画する必要があると判定することができる。このように、空き領域のサイズおよびサブ画像サイズに基づいて、サブ画像の分割の必要性を判定する。

0111

そして、CPU141は、分割が不要であると判定した場合(ステップ5:NO)、分割数SNを「0」に設定し(ステップ6)、当該フローチャートによる処理を終了する。ここで、分割数SNは、空き領域に描画される分割画像の数を示す情報である。言い換えれば、分割数SNは、サブ画像を構成する分割画像の数を示す情報である。このステップ6で設定された分割数SNは、設定情報としてRAM145に格納される。後に詳述するが、分割数SNが「0」に設定された場合、空き領域には分割画像が描画されず、サブ画像がそのまま空き領域に描画されることになる。

0112

一方、CPU141は、分割が必要であると判定した場合(ステップ5:YES)、空き領域サイズおよびサブ画像サイズに基づいて、分割画像サイズSSおよび分割数SNを算出し(ステップ7)、次のステップに処理を進める。ここで、分割画像サイズSSは、サブ画像が分割数SNで示される個数の分割画像に分割された場合に、1個の分割画像のサイズ(垂直画素数および水平画素数)を示す情報である。上記ステップ7では、以下の演算式を用いて、分割画像サイズSS(分割画像の垂直画素数SSLと分割画像の水平画素数SSC)および分割数SNを算出する。
分割画像の垂直画素数SSL=最低垂直画素数L4
分割画像の水平画素数SSC=最低水平画素数C4
分割数SN=(垂直画素数L3/垂直画素数L4)×(水平画素数C3/水平画素数C4)
例えば、図17(b)および図17(c)に示されるように、本実施形態では、垂直画素数L4として「120」が算出され、水平画素数C4として「160」が算出される。このため、ここでの分割画像サイズSSは、120×160(垂直画素数SSL×水平画素数SSC)となる。また、分割数SNは、(240/120)×(320/160)により「4」が算出される。

0113

次に、CPU141は、分割画像サイズSSおよび分割数SNを算出した後、算出した分割画像サイズSSおよび分割数SNを設定情報としてRAM145に格納し(ステップ8)、当該フローチャートによる処理を終了する。この設定情報は、VDP142へ出力される制御信号に含まれて、VDP142へと送られる。なお、上記ステップ8の設定処理に代えて上記ステップ6の設定処理が行われた場合には、サブ画像を分割する必要がないので分割画像サイズSSが算出されず、分割数SNが「0」であることを示す情報のみが設定情報としてVDP142へ送られる。

0114

ここで、分割画像サイズSSおよび分割数SNを変化させた場合の分割画像サイズSSと空き領域サイズとの関係について図17(c)に基づいて説明する。垂直画素数L3が「240」であり水平画素数C3が「320」であるサブ画像は、垂直画素数L3が最低垂直画素数L4を超え、且つ水平画素数C3が最低水平画素数C4を超えているので、サブ画像をそのまま空き領域に描画することはできない。

0115

また、仮に分割数SNが「2」に設定された場合、サブ画像を垂直画素数が「240」で水平画素数が「160」である2個の分割画像として空き領域に描画する第1の方法と、サブ画像を垂直画素数が「120」で水平画素数が「320」である2個の分割画像として空き領域に描画する第2の方法とが考えられる(図17(c)の真ん中の図を参照)。しかしながら、第1の方法でサブ画像を描画することを考えた場合、空き領域内の上下方向11に延びる領域(図17(b)参照)に2個の分割画像を描画することは可能であるが、空き領域内の左右方向12に延びる領域に分割画像を描画することはできない。なぜなら、分割画像の垂直画素数「240」が、空き領域の最低垂直画素数L4(=120)を超えているからである。また、第2の方法でサブ画像を描画することを考えた場合、空き領域内の横方向に延びる領域(図17(b)参照)に2個の分割画像を描画することは可能であるが、空き領域内の上下方向11に延びる領域に2個の分割画像を描画することはできない。なぜなら、分割画像の水平画素数「320」が、空き領域の最低水平画素数C4(=160)を超えているからである。このように、本実施形態で例示したサブ画像を分割画像として空き領域に描画する際に分割数SNを「2」に設定すると、サブ画像の分割の仕方によっては、分割画像を空き領域に描画できないケースが生じ得る。

0116

これに対して、上述のように分割数SNが「4」に設定された場合、図17(b)および図17(c)の右側の図から明らかなように、垂直画素数SSLが空き領域の最低垂直画素数L4と同じ「120」に設定され、且つ水平画素数SSCが空き領域の最低水平画素数C4と同じ「160」に設定される。そして、この分割画像サイズSSの4個の分割画像が空き領域に描画されることになる。この場合、各分割画像は、空き領域内の上下方向11に延びる領域と左右方向12に延びる領域とのいずれにも描画可能である。したがって、分割数SNが「2」に設定された場合とは異なり、分割画像の描画の仕方によって空き領域に描画できないケースが生じることはない。このように、上記ステップ7で算出される分割数SNおよび分割画像サイズSSは、分割画像をどのような配列で空き領域に描画したとしても確実に空き領域に収まるように、適切な値に設定される。

0117

一方、上記ステップ4においてサブ画像サイズが空き領域サイズよりも小さくないとCPU141に判定された場合(ステップ4:NO)、たとえサブ画像を分割したとしても、サブ画像を構成する全ての画素データを空き領域に描画することは不可能または困難となる。このため、CPU141は、サブ画像サイズが空き領域サイズよりも大きいまたは同じと判定した場合(ステップ4:NO)、縮小倍率を算出して(ステップ9)、算出した縮小倍率を設定情報としてRAM145に格納する(ステップ10)。そして、CPU141は、ステップ7へ処理を進めて、分割画像サイズSSおよび分割数SNを設定する。

0118

ここで、縮小倍率の設定方法について説明する。例えば上記ステップ9で縮小倍率が「0.5」に設定された場合、垂直画素数L3が「480」であり水平画素数C3が「640」であるサブ画像が、垂直画素数L3が「240」(=480×0.5)であり水平画素数C3が「320」(=640×0.5)であるサブ画像に縮小されて、ステップ7およびステップ8の処理が行われる。この場合、描画処理に際して、VRAM_RS1425上で上下方向11および左右方向12の画素数を1/2にしたサブ画像が生成されて、そのサブ画像が、分割画像サイズSSおよび分割数SNに基づく分割画像として第1フレームバッファ1426Aの空き領域に描画される。そして、これらの分割画像は、上下方向11および左右方向12の画素数をそれぞれ2倍にするスケーリング処理拡大処理)が描画エンジン1424によって行われてからEL表示器6へ出力される。これにより、分割したとしても空き領域に描画できないサブ画像を空き領域に描画することが可能になる。したがって、空き領域サイズに対して画面解像度が大きい画像表示器を備える遊技機において、従来の描画処理ではその画像表示器に画像を表示することができないという問題を、分割画像サイズSSおよび分割数SNに加えて縮小倍率を設定することで解決することができる。

0119

なお、縮小倍率は、例えば縮小後のサブ画像の総画素数(=垂直画素数×水平画素数)が、空き領域に描画可能な画素データの総数VT以下(好ましくは、総数VTより所定数以上小さな値)となるように設定すればよい。これにより、サブ画像を分割画像として空き領域に容易に描画することが可能となる。ただし、縮小倍率を小さくし過ぎると、スケーリング処理の結果としてEL表示器6に表示される画像の画質が低下するおそれがあるので、縮小倍率は、縮小後のサブ画像の総画素数が総数VTを超えない範囲で、できるだけ大きな値に設定することが好ましい。

0120

以上説明した図15のフローチャートに基づく設定処理が行われることにより、第1フレームバッファ1426Aまたは第2フレームバッファ1426Bへのメイン画像およびサブ画像の描画に際して、サブ画像の縮小が必要か否かを示す情報、縮小が必要な場合には縮小倍率、サブ画像の分割が必要か否かを示す情報、分割が必要な場合には分割画像サイズSSおよび分割数SNが、それぞれ設定情報としてRAM145に格納される。そして、後述する描画エンジン1424による描画処理は、この設定情報に基づいて実行される。

0121

CPU141は、液晶表示器5のみを用いた1画面表示を実行する際には、上記設定処理によってRAM145に格納した設定情報を含まない制御信号をVDP142へ出力する。これにより、VRAM_FB1426にメイン画像のみが描画されて、液晶表示器5のみを用いた1画面表示が行われる。一方、液晶表示器5およびEL表示器6を用いた2画面表示を実行する際には、CPU141は、設定情報を含む制御信号をVDP142へ出力する。これにより、VRAM_FB1426にメイン画像およびサブ画像が描画されて、液晶表示器5およびEL表示器6を用いた2画面表示が行われる。このように、CPU141が設定情報を含まない制御信号と設定情報を含む制御信号とを切り換えて出力することにより、VDP142が描画処理を適切に行うことができる。また、上記設定処理が行われることにより、例えばEL表示器6のリユースによってEL画面60の画面解像度、すなわちサブ画像サイズが変化した場合でも、第1フレームバッファ1426Aまたは第2フレームバッファ1426Bの空き領域へのサブ画像の描画を適切に行うことができる。

0122

演出制御処理
次に、演出制御部130において行われる処理の詳細を説明する。まず、図18を参照して、処理において用いられる主なデータおよびプログラムについて説明する。なお、図18は、演出制御部130のRAM133に記憶されるデータおよびプログラムの一例を示す図である。

0123

図18に示すように、RAM133は、データ記憶領域133Dおよびプログラム記憶領域133Pを有している。データ記憶領域133Dには、乱数データD40、タッチ位置データD41、EL表示器位置データD43、表示画像位置データD44、保留数コマンドデータD46、変動演出コマンドデータD47、当たり演出コマンドデータD48、演出ボタンコマンドデータD49、サブ画像演出コマンドデータD50、およびEL表示器移動コマンドデータD51等が格納される。また、プログラム記憶領域133Pには、演出制御部130を動作させる各種プログラムP2が格納される。

0124

乱数データD40は、演出制御部130によって更新された乱数を示すデータが格納される。例えば、乱数データD40は、演出制御部130によって更新された各種乱数(変動演出選択乱数オープニング演出選択乱数、エンディング演出選択乱数等)を示すデータが、それぞれ格納される。

0125

タッチ位置データD41は、遊技者によってタッチされたタッチパネル59の位置を示すデータが格納される。

0126

EL表示器位置データD43は、現時点においてEL表示器6(EL画面60)が配置されている位置を示すデータが格納される。表示画像位置データD44は、現時点において液晶表示器5の表示画面に表示されている各画像(典型的には、EL画面60に表示情報IFを表示する対象となる画像)の位置を示すデータがそれぞれ記述されている。

0127

保留数コマンドデータD46、変動演出コマンドデータD47、当たり演出コマンドデータD48、演出ボタンコマンドデータD49、サブ画像演出コマンドデータD50、およびEL表示器移動コマンドデータD51は、それぞれ画像音響制御部140および/またはランプ制御部150へ送信する各種コマンドを示すデータが格納される。例えば、保留数コマンドデータD46は、保留数コマンドを保留数が増加したことを示し、保留数を加算する演出を開始すること示す情報等を、画像音響制御部140および/またはランプ制御部150へ送信するためのデータである。変動演出コマンドデータD47は、選択された変動演出パターンで演出を開始することを示す情報や当該演出を終了することを示す情報等を、画像音響制御部140および/またはランプ制御部150へ送信するためのデータである。当たり演出コマンドデータD48は、選択された当たり演出パターンでオープニング演出を開始することを示す情報や演出中の当たり演出を終了するためのエンディング演出を選択されたエンディング演出パターンで開始することを示す情報を、画像音響制御部140および/またはランプ制御部150へ送信するためのデータである。演出ボタンコマンドデータD49は、演出ボタン37や演出キー38における操作状況を示す情報を、画像音響制御部140および/またはランプ制御部150へ送信するためのデータである。サブ画像演出コマンドデータD50は、EL画面60に表示するためのサブ画像に関する情報を、画像音響制御部140および/またはランプ制御部150へ送信するためのデータである。EL表示器移動コマンドデータD51は、第1ステッピングモータ29および第2ステッピングモータ30の駆動を指示するための情報をランプ制御部150へ送信するためのデータである。

0128

次に、図19図21を参照して、演出制御部130において行われる処理の詳細を説明する。なお、図19は、演出制御部130において実行されるタイマ割込処理の一例を示すフローチャートである。図20は、図19のステップ905におけるEL表示器処理の詳細な動作の一例を示すサブルーチンである。図21は、EL表示器6のEL画面60に表示情報IFが表示されるまでの遊技機1の動作の一例について説明するための説明図である。例えば、図19および図20に示す動作は、演出制御部130のCPU131がROM132に格納された演出制御プログラムを実行することによって実現され、具体的には、当該演出制御プログラムがROM132からRAM133上に適宜読み出されてCPU131によって実行される。なお、図19および図20に示すフローチャートにおいては、本願発明と直接関連しない他の処理については詳細な説明を省略する。また、図19および図20の説明では、演出制御部130が実行する各ステップを「S」と略称する。

0129

遊技機1の電源が投入されると、演出制御部130のCPU131は、図示しないブートROMに記憶されている起動プログラムを実行し、これによってRAM133等の各ユニット初期化される。そして、ROM132に記憶されたプログラムがRAM133に読み込まれ、CPU131によって各プログラムの実行が開始される。

0130

その後、演出制御部130は、図19に示すタイマ割込処理を行う周期となるCTC周期を設定する。そして、演出制御部130は、乱数更新処理を、上記CTC周期より短い周期で繰り返す。すなわち、演出制御部130が行う遊技機1の演出処理において、演出制御部130は、遊技機1の起動中、所定期間ごとに乱数更新処理を繰り返しつつ、CTC周期ごとに所定のタイマ割込処理を行う。

0131

ここで、乱数更新処理において、演出制御部130は、各種乱数を更新する。例えば、演出制御部130は、乱数データD40に格納されている変動演出選択乱数、オープニング演出選択乱数、エンディング演出選択乱数等に、それぞれ1を加算し、加算された各乱数を用いて乱数データD40を更新する。

0132

次に、図19を用いて、演出制御部130が行うタイマ割込処理について説明する。なお、タイマ割込処理は、遊技機1に電源が供給されている期間中において、上記CTC周期(例えば4ms(ミリ秒))ごとに演出制御部130が実行することによって、演出制御部130の上記演出処理に割込み動作する処理である。

0133

図19において、演出制御部130は、コマンド受信処理を行って(ステップ901)、次のステップに処理を進める。例えば、演出制御部130は、遊技制御部100から出力された各種コマンドを受信し、当該コマンドに応じた処理を行う。

0134

例えば、遊技制御部100は、演出制御部130に対して遊技機1の演出に関する各種コマンドを出力している。上記ステップ901において、例えば、演出制御部130は、遊技制御部100から保留数が増加したことを示す保留数増加コマンドを受信した場合、当該コマンドが示す種別(すなわち、第1始動口21に遊技球が入賞することによる保留であるのか、第2始動口22に遊技球が入賞することによる保留であるのか)の保留数に1を加算し、当該種別の保留数を加算する演出を示す保留数コマンドを保留数コマンドデータD46にセットする。演出制御部130は、遊技制御部100から特別図柄抽選を行うための変動演出を開始することを示す変動開始コマンドを受信した場合、当該変動開始コマンドおよび乱数データD40に格納されている変動演出選択乱数に応じて変動演出パターンを選択し、選択された変動演出パターンで演出を開始することを示す変動演出開始コマンドを変動演出コマンドデータD47にセットする。演出制御部130は、遊技制御部100から特別図柄抽選を行うための変動演出を終了することを示す変動停止コマンドを受信した場合、当該コマンドに応じて演出中の変動演出を終了することを示す変動演出終了コマンドを変動演出コマンドデータD47にセットする。演出制御部130は、遊技制御部100から当たり演出を開始することを示すオープニングコマンドを受信した場合、当該コマンドおよび乱数データD40に格納されている乱数に応じて当たり演出パターンを選択し、選択された当たり演出パターンでオープニング演出を開始することを示すオープニング演出開始コマンドを当たり演出コマンドデータD48にセットする。演出制御部130は、遊技制御部100から当たり演出を終了することを示すエンディングコマンドを受信した場合、当該コマンドおよび乱数データD40に格納されている乱数に応じてエンディング演出パターンを選択し、選択されたエンディング演出パターンでエンディング演出を開始して当たり演出を終了することを示すエンディング演出開始コマンドを当たり演出コマンドデータD48にセットする。

0135

次に、演出制御部130は、演出ボタン37や演出キー38への操作が要求される演出中であって、現時点が当該操作の受付可能であるか否かを判断する(ステップ902)。そして、演出制御部130は、演出ボタン37や演出キー38への操作が要求される演出中であって、現時点が当該操作の受付可能期間中である場合、次のステップ903に処理を進める。一方、演出制御部130は、演出ボタン37や演出キー38への操作が要求される演出中でない場合や、当該演出中であっても当該操作の受付期間前または既に当該操作の受け付けが終了している場合、次のステップ905に処理を進める。

0136

ステップ903において、演出制御部130は、演出ボタン37や演出キー38がオンされたか否かを判断する。そして、演出制御部130は、演出ボタン37や演出キー38がオンされた場合、演出ボタン37や演出キー38をオンする操作が行われたことを示す演出ボタンコマンドを演出ボタンコマンドデータD49にセットし(ステップ904)、次のステップ905に処理を進める。一方、演出制御部130は、演出ボタン37や演出キー38がオンされていない場合、そのまま次のステップ905に処理を進める。

0137

ステップ905において、演出制御部130は、EL表示器6を移動させたりEL画面60に画像を表示したりするEL表示器処理を行い、次のステップに処理を進める。以下、図20を参照して、上記ステップ905で行うEL表示器処理について説明する。

0138

図20において、演出制御部130は、タッチパネル59からの操作情報の入力の有無に基づいて、タッチパネル59が操作されたか否かを判定する(ステップ951)。そして、演出制御部130は、タッチパネル59が操作されたと判定した場合、タッチパネル59から入力されたタッチ位置を用いてタッチ位置データD41を更新し、次のステップ952に処理を進める。一方、演出制御部130は、タッチパネル59が操作されていないと判定した場合、次のステップ954に処理を進める。

0139

ステップ952において、演出制御部130は、タッチパネル59から入力された操作情報に基づいて、EL表示器6を移動させ、次のステップに処理を進める。例えば、演出制御部130は、第1ステッピングモータ29および第2ステッピングモータ30の駆動を指示するEL表示器移動コマンドをEL表示器移動コマンドデータD51にセットする。上記EL表示器移動コマンドは、後述するステップ906のコマンド送信処理を実行することによってランプ制御部150へ送信される。上記EL表示器移動コマンドは、タッチ位置データD41に基づいたタッチパネル59から入力されたタッチ位置を示す情報が含まれており、ランプ制御部150は、当該タッチ位置に基づいて第1ステッピングモータ29および第2ステッピングモータ30の駆動を制御する。これにより、駆動機構10(図7参照)が駆動して、タッチパネル59の操作に応じた位置へEL表示器6が移動する(図21(a)参照)。このように、ランプ制御部150は、演出制御部130によってタッチパネル59からの操作情報の入力が受け付けられた場合に、その操作情報に基づいてEL表示器6を移動させる。

0140

ここで、タッチパネル59に対するタッチ位置に応じたEL表示器6の移動態様例について説明する。第1の例として、タッチパネル59へのタッチ位置とEL画面60の所定位置(例えば、画面中央)とが重なるようにEL表示器6を移動させる。第2の例として、液晶表示器5の液晶画面50に表示された画像オブジェクトのうち、タッチパネル59へのタッチ位置と重なる画像オブジェクト(例えば、キャラクタCI)を抽出し、当該画像オブジェクトの少なくとも一部がEL画面60とが重なるようにEL表示器6を移動させる。第3の例として、遊技機1に設けられた構成部材のうち、タッチパネル59へのタッチ位置と重なる構成部材(例えば、可動役物7)を抽出し、当該構成部材の少なくとも一部がEL画面60とが重なるようにEL表示器6を移動させる。

0141

ここで、上述したいずれの移動態様例においても、EL表示器6が目標位置に到達する前にタッチパネル59へのタッチ入力が途切れることが考えられる。この場合、タッチパネル59へのタッチ入力が途切れた時点でEL表示器6の移動を停止してもいいし、設定された目標位置に到達するまでEL表示器6の移動を継続してもかまわない。なお、後者の場合は、タッチパネル59への操作がない状態においてもEL表示器6の移動を継続する必要があるため、EL表示器6が設定された目標位置に到達するまで上記ステップ951で肯定判定される。そして、上記ステップ952においては、タッチ位置データD41に格納されているデータが示すタッチ位置またはタッチ位置に対応する画像オブジェクトや構成部材の位置を目標位置として、EL表示器6を移動させる。

0142

次に、演出制御部130は、液晶画面50に対するEL表示器6(EL画面60)の位置を示す位置情報を取得し(ステップ953)、次のステップ954に処理を進める。例えば、演出制御部130は、液晶画面50に設けられた各光センサ56による検知結果(各光センサ56から出力される電気信号の変化)に基づいて、液晶画面50に対する現時点のEL表示器6の位置を検出する。そして、演出制御部130は、上記検出結果に基づいてEL表示器6の位置を示す位置情報を生成し、当該位置情報を用いてEL表示器位置データD43を更新する。なお、演出制御部130が生成するEL表示器6の位置情報は、液晶画面50に対するEL表示器6に設けられた基準(例えば、フレーム61における上下左右に形成されている4つのコーナのうち、いずれか1つのコーナ位置)の位置を示す情報でもかまわない。

0143

ステップ954において、演出制御部130は、EL表示器6(EL画面60)にサブ画像を表示するか否かを判断する。そして、演出制御部130は、EL表示器6にサブ画像を表示する場合、次のステップ955に処理を進める。一方、演出制御部130は、EL表示器6にサブ画像を表示しない場合、次のステップ956に処理を進める。

0144

例えば、上記ステップ954において、演出制御部130は、EL表示器位置データD43が示すEL表示器6の位置情報、表示画像位置データD44が示す各画像の位置情報、および遊技機1の構成部材の位置情報を用いて、EL表示器6(EL画面60)にサブ画像を表示するか否かを判断する。一例として、表示画像位置データD44には、現時点において液晶表示器5の表示画面に表示されている各画像の位置を示すデータが、画像音響制御部140から定期的に取得したデータに応じてそれぞれ記述されている。演出制御部130は、表示画像位置データD44に記述された位置情報のうち、EL画面60に表示情報IFを表示する対象となる画像の位置情報を、表示対象画像の位置情報として抽出する。そして、演出制御部130は、抽出された表示対象画像の位置情報に基づいて、液晶画面50に表示されている表示対象画像の1つがEL画面60を介して遊技者が視認可能である場合、EL表示器6にサブ画像を表示すると判断する。他の例として、演出制御部130は、予め設定された遊技機1の構成部材の位置情報に基づいて、遊技機1の構成部材における1つがEL画面60を介して遊技者が視認可能であるか否かを判断し、当該視認可能な構成部材が表示情報IFを表示する対象(例えば、可動役物7)である場合、EL表示器6にサブ画像を表示すると判断する。このように、上記ステップ954において、演出制御部130は、EL表示器位置データD43に格納されているEL表示器6の位置が、EL画面60の背面側(図1の紙面奥側)に表示情報IFを表示する対象の1つが配置されるような位置であるか否かを判断する。つまり、演出制御部130は、光センサ56の検知結果に基づいて検出したEL表示器6(EL画面60)の位置、表示画像の位置、および構成部材の位置に基づいて、EL表示器6を正視した場合にEL画面60を通して表示情報IFを表示する対象が視認可能な位置か否かの判定処理を行う。そして、演出制御部130は、EL画面60を通して表示情報IFを表示する対象が視認可能である場合、次のステップ955に処理を進める。

0145

なお、上記ステップ954の判定においては、表示情報IFを表示する対象のうち、1つの対象全体がEL画面60を介して遊技者が視認可能である場合に肯定判定してもいいし、1つの対象の少なくとも一部がEL画面60を介して遊技者が視認可能である場合に肯定判定してもいい。また、上記ステップ954の判定においては、EL画面60を介して表示情報IFを表示する対象が複数視認可能である場合、いずれか1つの対象がEL画面60を介して遊技者が視認可能なものとして選択される。例えば、EL画面60を介して複数の対象が視認可能である場合、上記ステップ954の判定では、複数の対象のうち最も視認可能な範囲が大きい対象を、表示情報IFを表示する対象として選択してもいいし、複数の対象のうちEL画面60の中央に近い対象を、表示情報IFを表示する対象として選択してもいい。

0146

ステップ955において、演出制御部130は、EL画面60を通して視認可能であると判定された対象に関連する表示情報IFをEL画面60に表示する指示を示すサブ画像演出コマンドをサブ画像演出コマンドデータD50にセットし、当該サブルーチンによる処理を終了する。なお、上記サブ画像演出コマンドは、後述するステップ906のコマンド送信処理を実行することによって画像音響制御部140へ送信され、画像音響制御部140が当該サブ画像演出コマンドに応じた表示情報IFをEL画面60に表示する。ここで、サブ画像演出コマンドとして、表示情報IFの種別を示す情報や、遊技者へ報知する表示情報IF自体をセットすることが考えられる。前者のサブ画像演出コマンドを画像音響制御部140に送信する場合、画像音響制御部140において通知された種別に応じた表示情報IFを生成する必要があるため、当該種別に対応する表示情報IFを予め画像音響制御部140(例えば、制御用ROM144や画像用ROM148内)に準備しておけばよい。一方、後者のサブ画像演出コマンドを画像音響制御部140に送信する場合、演出制御部130において表示情報IFを生成する必要があるため、各種表示情報IFを予め演出制御部130(例えば、ROM102内)に準備しておけばよい。例えば、表示情報IFは、対象が表示された場合の遊技機状況等を示す情報(例えば、特別図柄の変動表示中にリーチとなったときにその対象(キャラクタ)が出現した場合に特別図柄抽選に当選する信頼度を示す文字情報;図4(a)、図21(b)参照)や対象が移動した場合の遊技機状況等を示す情報(例えば、対象(可動役物7)が作動したときに特別図柄抽選に当選する信頼度を示す文字情報;図4(b)参照)や非文字情報(例えば、期待度に応じて色、サイズ、形状等が変化するマーク等)等が考えられるが、EL画面60を通して視認可能な対象に関連するものであれば特に限定されるものではない。

0147

一方、ステップ956において、演出制御部130は、EL画面60を未表示にする指示を示すサブ画像演出コマンドをサブ画像演出コマンドデータD50にセットし、当該サブルーチンによる処理を終了する。

0148

図19戻り、上記ステップ905のEL表示器処理の後、演出制御部130は、画像音響制御部140および/またはランプ制御部150に対して、それぞれ制御用コマンドを出力し(ステップ906)、当該タイマ割込処理を示すサブルーチンによる処理を終了する。例えば、演出制御部130は、保留数コマンドデータD46、変動演出コマンドデータD47、当たり演出コマンドデータD48、演出ボタンコマンドデータD49、サブ画像演出コマンドデータD50、およびEL表示器移動コマンドデータD51にそれぞれセットされている演出に関するコマンドを画像音響制御部140および/またはランプ制御部150に出力することによって、当該コマンドに応じた演出を画像音響制御部140および/またはランプ制御部150に実行させる。

0149

[描画処理]
以下、図22図25を参照しつつ、画像音響制御部140(VDP142)によって行われる描画処理について説明する。ここで、図22は、画像音響制御部140(VDP142)によって行われる描画処理の一例を示すフローチャートである。図23は、分割数SNが「0」に設定されている場合にVDP142によって行われる描画処理の一例について説明するための説明図である。図24は、分割数SNが「4」に設定されている場合にVDP142によって行われる描画処理の一例について説明するための説明図である。図25は、分割画像の出力処理の一例について説明するための説明図である。なお、図22に示すフローチャートに基づいて説明する画像音響制御部140(VDP142)で行われる描画処理は、制御用ROM144に記憶されているプログラムに基づいてCPU141が生成する制御信号に基づいて行われる。また、以下の説明では、第1フレームバッファ1426Aおよび第2フレームバッファ1426Bのうち、第1フレームバッファ1426Aを使用して描画処理が行われる場合を例に説明するが、第2フレームバッファ1426Bを使用した描画処理も第1フレームバッファ1426Aを使用した描画処理と同様に行われる。

0150

図22において、CPU141からの制御信号がVDP142に入力されると、描画エンジン1424は、メイン画像および/またはサブ画像の描画処理に使用するフレームバッファを選択する(ステップ290)。例えば、描画エンジン1424は、第1フレームバッファ1426Aおよび第2フレームバッファ1426Bのうち、現時点で液晶表示器5および/またはEL表示器6へ画像を出力しているフレームバッファを特定して、画像を出力していないフレームバッファを今回のフレームの描画処理に使用するフレームバッファとして選択する。

0151

上記ステップ290で第1フレームバッファ1426Aが選択された場合、描画エンジン1424は、CPU141からの指示に応じた液晶表示器5に表示されるメイン画像を、第1フレームバッファ1426Aに描画し(ステップ291)、次のステップに処理を進める。例えば、CPU141は、演出制御部130から指示されたコマンドに対応する演出を決定し、当該演出の実行を指示する制御信号をVDP142へ出力している。この制御信号に応じて、描画エンジン1424は、CPU141からの制御信号に応じて、装飾図柄やキャラクタCI等を示す第1画像と、装飾図柄等の背景を示す背景画像としての第2画像と、文字画像としての第3画像とを、画像用ROM148からVRAM_RS1425に読み出して、これらの画像を合成した画像であるメイン画像を第1フレームバッファ1426Aに描画する(図23参照)。

0152

次に、画像音響制御部140は、EL画面60に画像を表示するか否かを判断する(ステップ292)。例えば、上述したように、演出制御部130は、サブ画面に表示情報IFを表示する場合に当該表示情報IFを表示することに関するサブ画像演出コマンドを生成し、サブ画面を未表示する場合にサブ画面を未表示にすることを示すサブ画像演出コマンドを生成して出力している。このサブ画像演出コマンドに応じて、画像音響制御部140は、演出制御部130からサブ画面に表示情報IFを表示することを示すサブ画像演出コマンドを取得した場合、EL画面60に画像を表示すると判断し、サブ画面を未表示する場合にサブ画面を未表示にすることを示すサブ画像演出コマンドを取得した場合、EL画面60を未表示にすると判断する。そして、画像音響制御部140は、EL画面60に画像を表示する場合、次のステップ293に処理を進める。一方、画像音響制御部140は、EL画面60を未表示にする場合、次のステップ309に処理を進める。

0153

ステップ293において、描画エンジン1424は、第1フレームバッファ1426Aに描画されたメイン画像のうち、EL画面60の位置に対応する領域をコピーしてコピー画像を生成し、次のステップに処理を進める。例えば、演出制御部130によってEL画面60の位置が検出されると、EL画面60の現時点の位置情報が画像音響制御部140へ送信され、CPU141がEL画面60の位置情報を含む制御信号をVDP142へ出力する。そして、描画エンジン1424は、第1フレームバッファ1426Aに描画されたメイン画像のうち、上記位置情報に対応する領域をコピーしてコピー画像を生成する。具体的には、描画エンジン1424は、第1フレームバッファ1426Aに描画されたメイン画像の中から、上記位置情報に対応する240×320(垂直画素数×水平画素数)の画素データをコピーして、VRAM_RS1425にコピー画像として格納する。

0154

次に、描画エンジン1424は、図23に示されるように、液晶画面50には表示されず、EL画面60にのみ表示される表示内容を示す差分画像(すなわち、表示情報IFを示す画像)をコピー画像に合成してサブ画像を生成し(ステップ294)、次のステップに処理を進める。例えば、制御用ROM144には、表示情報IFを示すサブ画像情報が記憶されており、CPU141は、演出制御部130から取得した表示情報IFに対応するサブ画像情報を制御用ROM144から読み出してRAM145に格納する。そして、上記サブ画像情報を含む制御信号がVDP142へ出力される。描画エンジン1424は、CPU141からの制御信号に含まれているサブ画像情報が示す差分画像を生成するために必要な素材データを画像用ROM148から読み出してVRAM_RS1425に格納して、その素材データを用いて差分画像(すなわち、表示情報IFを示す画像)を生成する。そして、描画エンジン1424は、生成された差分画像をVRAM_RS1425上で例えばZバッファ法等を用いてコピー画像に合成することによって、サブ画像を生成する。図23には、メイン画像に対するサブ画像の位置が、破線18で示されている。本実施形態では、上述したように、垂直画素数L3が「240」で水平画素数C3が「320」のサブ画像が生成される。このように、描画エンジン1424は、メイン画像からEL画面60の位置に対応する領域をコピーして得られるコピー画像に、遊技者へ報知する情報(表示情報IF)を示す差分画像を合成して、EL画面60に表示するためのサブ画像を生成する。

0155

次に、描画エンジン1424は、CPU141から出力された制御信号にステップ10(図15参照)の処理によって設定された縮小倍率を示す情報が含まれているか否かに基づいて、縮小倍率が設定されているか否かを判定する(ステップ295)。縮小倍率が設定されていると判定した場合(ステップ295:YES)、描画エンジン1424は、ステップ294の処理で生成されたサブ画像に対して、制御信号から抽出した縮小倍率を示す情報に基づいて、サブ画像の縮小処理を行い(ステップ296)、次のステップ297に処理を進める。例えば、縮小倍率が「0.5」に設定されている場合、描画エンジン1424は、垂直画素数L3が「240」で水平画素数C3が「320」のサブ画像から、垂直画素数L3が「120」(=240×0.5)で水平画素数C3が「160」(=320×0.5)のサブ画像を生成する。一方、縮小倍率が設定されていないと判定した場合(ステップ295:NO)、描画エンジン1424は、そのまま次のステップ297に処理を進める。

0156

ステップ297において、描画エンジン1424は、CPU141から出力された制御信号に含まれている分割数SNが「0」であるか否かを判定する。そして、分割数SNが「0」であると判定した場合(ステップ297:YES)、描画エンジン1424は、VRAM_RS1425内のサブ画像を分割することなく第1フレームバッファ1426Aの空き領域に描画することができるので、サブ画像をそのまま空き領域に描画し(ステップ298)、次のステップに処理を進める。このように、描画エンジン1424は、分割が不要であるとCPU141によって予め判定されている場合には、サブ画像を分割することなく、メイン画像の描画によってできた第1フレームバッファ1426A内の空き領域にサブ画像を描画する。

0157

図23には、サブ画像が分割されることなく第1フレームバッファ1426Aの空き領域に描画される例が示されている。図23に例示されているように、垂直画素数L2が「600」で水平画素数C2が「800」のメイン画像に対して上述した例とは異なり垂直画素数L1が「840」で水平画素数C1が「1120」であるフレームバッファが用意されている場合、そのフレームバッファの空き領域の最低垂直画素数L4が「240」(=840−600)となり、最低水平画素数C4が「320」(=1120−800)となる。一方、サブ画像の垂直画素数L3が「240」で水平画素数C3が「320」である場合、サブ画像の垂直画素数L3が最低垂直画素数L4と等しく、水平画素数C3も最低水平画素数C4と等しくなっている。このような場合には、描画エンジン1424は、サブ画像を分割することなく第1フレームバッファ1426Aの空き領域に描画することが可能である。

0158

上記ステップ298の処理の後、描画エンジン1424は、第2フレームバッファ1426Bに格納されている前のフレームの画像を表示する処理が完了し、上記ステップ291およびステップ298の処理によって第1フレームバッファ1426Aに描画された次のフレームの画像を表示するタイミングになるのを待つ(ステップ299)。そして、上記表示タイミングになった場合(ステップ299:YES)、出力回路1427は、メイン画像を第1フレームバッファ1426Aから読み出して液晶表示器5へ出力すると共に(ステップ300;図23参照)、サブ画像を同じく第1フレームバッファ1426Aから読み出してEL表示器6へ出力する(ステップ301;図23参照)。そして、画像音響制御部140は、描画処理が終了するまで上記ステップ290に戻って描画処理を繰り返す。

0159

一方、描画エンジン1424は、CPU141から出力された制御信号に含まれている分割数SNが「0」ではない(2以上の偶数)であると判定した場合(上記ステップ297:NO)、上記ステップ294の処理でVRAM_RS1425に生成したサブ画像を分割して第1フレームバッファ1426Aの空き領域に描画し(ステップ303)、次のステップに処理を進める。

0160

図24には、分割数SNが「4」であり、分割画像サイズSSが120×160(垂直画素数×水平画素数)に設定されている場合に、第1フレームバッファ1426Aにメイン画像を描画して生じた空き領域に対して、サブ画像が4個の分割画像として描画される様子が示されている(図17(c)参照)。サブ画像の分割が必要であるとCPU141によって予め判定されている場合、図24に例示されるように、描画エンジン1424は、サブ画像を複数の領域に分割して得られる分割画像(ここでは4個の分割画像)にしてそれぞれ第1フレームバッファ1426Aの空き領域に描画する。このように、描画エンジン1424は、CPU141によって分割が必要であると判定されて分割画像サイズSSおよび分割数SNが予め設定されている場合、その設定に基づいてサブ画像を分割して第1フレームバッファ1426Aの空き領域に描画する。

0161

次に、描画エンジン1424は、上記ステップ299の処理と同様に、上記ステップ291および303の処理で第1フレームバッファ1426Aに描画した次のフレームの画像を表示するタイミングになるのを待つ(ステップ304)。そして、表示タイミングになった場合、出力回路1427は、図24に示されるように、メイン画像を第1フレームバッファ1426Aから読み出して液晶表示器5に出力し(ステップ305)、次のステップに処理を進める。

0162

次に、描画エンジン1424は、CPU141からの制御信号に縮小倍率を示す情報が含まれているか否かに基づいて、縮小倍率が設定されているか否かを判定する(ステップ306)。縮小倍率が設定されていない場合(ステップ306:NO)、すなわち上記ステップ296の処理が行われていない場合、出力回路1427は、分割画像を第1フレームバッファ1426Aから読み出して、そのままサブ画像としてEL表示器6に出力する(ステップ307)。そして、画像音響制御部140は、描画処理が終了するまで上記ステップ290に戻って描画処理を繰り返す。

0163

ところで、メイン画像は、液晶画面50を構成する画素(カラー液晶素子52)と同じ配列で第1フレームバッファ1426Aに格納されている。このため、メイン画像を構成する各画素データに関しては、そのままの順番で液晶表示器5に出力すればよい。また、サブ画像が分割されることなく第1フレームバッファ1426Aに描画された場合(図23参照)、このサブ画像は、EL画面60を構成する画素と同じ配列で第1フレームバッファ1426Aに格納されている。このため、このサブ画像を構成する各画素データに関しては、そのままの順番でEL表示器6に出力すればよい。

0164

これに対して、サブ画像が分割されて第1フレームバッファ1426Aに描画された場合(図24参照)、このサブ画像は、EL画面60を構成する画素とは異なる配列で第1フレームバッファ1426Aに格納されている。そこで、サブ画像がEL画面60に正しく表示されるように、出力回路1427は、サブ画像を構成する各画素データが本来出力されるべき順序で出力されるように、分割画像をそれぞれ構成する各画素データを読み出す。例えば、図24に例示された配列で4個の分割画像が第1フレームバッファ1426Aに格納されている場合、出力回路1427は、図25に示されるように、サブ画像の左上方の領域と同じ表示内容を示す第1分割画像に対して、左右方向12に1ライン分の画素データを読み出して出力する処理と、サブ画像の右上方の領域と同じ表示内容を示す第2分割画像に対して、左右方向12に1ライン分の画素データを読み出して出力する処理とを交互に繰り返す。これにより、サブ画像の上半分に対応する画素データが出力されたことになる。続いて、出力回路1427は、サブ画像の左下方の領域と同じ表示内容を示す第3分割画像に対して、左右方向12に1ライン分の画素データを読み出して出力する処理と、サブ画像の右下方の領域と同じ表示内容を示す第4分割画像に対して、左右方向12に1ライン分の画素データを読み出して出力する処理とを交互に繰り返す。これにより、分割画像の下半分に対応する画素データが出力されたことになる。このように、出力回路1427は、サブ画像が分割されて描画された場合であっても、そのサブ画像が正しくEL画面60に表示されるように、分割画像の読み出しを行うことができる。

0165

一方、縮小倍率が設定されている場合(ステップ306:YES)、描画エンジン1424は、分割画像を拡大してから、サブ画像としてEL表示器6に出力する(ステップ308)。具体的には、縮小倍率の逆数拡大倍率として第1フレームバッファ1426A内の各分割画像に対して拡大処理を行い、拡大処理された分割画像を出力回路1427に出力させる。その結果、EL画面60の画面解像度と同じ画素数の画素データが出力される。例えば、縮小倍率が「0.5」に設定されている場合、描画エンジン1424は、拡大倍率2倍(=1/0.5)に設定する。そして、第1フレームバッファ1426Aに格納されている各分割画像をVRAM_RS上で2倍に拡大し、拡大処理した各分割画像をサブ画像として出力回路1427に出力させる。そして、画像音響制御部140は、描画処理が終了するまで上記ステップ290に戻って描画処理を繰り返す。

0166

また、上記ステップ292においてEL画面60を未表示にすると判断された場合、描画エンジン1424は、上記ステップ299やステップ304の処理と同様に、上記ステップ291の処理で第1フレームバッファ1426Aに描画した次のフレームの画像を表示するタイミングになるのを待つ(ステップ309)。そして、表示タイミングになった場合、出力回路1427は、メイン画像を第1フレームバッファ1426Aから読み出して液晶表示器5に出力する(ステップ310)。そして、画像音響制御部140は、描画処理が終了するまで上記ステップ290に戻って描画処理を繰り返す。

0167

このように、本実施形態によれば、演出用のEL表示器6が移動可能に構成されているので、遊技者の視点が固定されにくいという利点がある。また、演出用のEL表示器6は、タッチパネル59に対してタッチ操作された位置に応じて移動するため、EL表示器6を直接動かしているような操作感覚を得ることが可能であり、遊技者の操作性が向上する。さらに、EL画面60を介して、表示情報IFを表示する対象(例えば、液晶表示器5に表示されたキャラクタCI等の画像オブジェクトや可動役物7等の遊技機1に設けられた構成部材)が視認可能な位置までEL表示器6が移動した場合、その対象に関連する情報を示す画像(表示情報IF)がEL画面60に表示されるので、2つの画面に表示された画像を重ね合わせて遊技者に報知するという従来にはない効果的な演出を行うことができる。

0168

また、本実施形態によれば、サブ画像が第1フレームバッファ1426Aの空き領域に収まるように分割された状態で描画される。このため、必要以上に容量の大きいフレームバッファを設けることなく、液晶画面50に表示されるメイン画像と、EL画面60に表示されるサブ画像とを1個の描画エンジン1424によって1つのフレームバッファ(第1フレームバッファ1426Aまたは第2フレームバッファ1426B)に描画することが可能となり、その結果、2個の画像表示器を備えることによる製造コストの上昇を抑制することができる。

0169

また、本実施形態によれば、光センサ56の検知結果に基づいて検出されたEL画面60の位置に基づいて、サブ画像として表示される画像の表示内容が決定されるので、EL画面60の位置に応じた適切な画像をEL画面60に表示することができる。

0170

また、本実施形態によれば、メイン画像を描画した後の第1フレームバッファ1426Aの空き領域にサブ画像を分割しなければ描画できない場合にのみサブ画像が分割画像として描画され、分割が不要な場合にはサブ画像が空き領域にそのまま描画される。このため、第1フレームバッファ1426Aの空き領域に対するサブ画像のサイズに応じた適切な描画処理を行うことができる。

0171

ところで、特別装飾図柄等を表示するメインの液晶表示器に別の画像表示器がさらに設けられた遊技機を製造する場合、別設される画像表示器の画面解像度(サブ画像の垂直画素数×水平画素数)は、別設される画像表示器のサイズ等によって異なるものと考えられる。しかしながら、本実施形態によれば、第1フレームバッファ1426Aの空き領域に収まるように分割画像サイズおよび分割数が算出されて、その算出結果に基づいてサブ画像が分割画像として描画されるため、別設される画像表示器の画面解像度に応じて第1フレームバッファ1426Aへの描画処理を適切に行うことができる。

0172

また、本実施形態によれば、EL画面60を支持するフレーム61の位置を光センサ56が検知することによってEL画面60の位置が検出されるので、例えばステッピングモータ29および30のステップ数に基づいてEL画面60の位置を検出する場合に比べて、EL画面60の位置を正確に検出することができる。その結果、液晶画面50に表示された画像とのずれが少ない最適なサブ画像をEL画面60に表示することができる。

0173

また、本実施形態では、一例として液晶画面50の前面に画像を単色表示する透明なEL画面60が重ねられて2画面演出が行われるので、液晶画面50に他の表示画面が重ねられたことによる液晶画面50上の画像視認性の低下を抑制しつつ、視認性の高い画像をEL画面60に表示することができる。

0174

また、本実施形態では、遊技者がタッチパネル59を操作した場合にのみEL表示器6が移動する。このため、例えば遊技者が興味ある表示内容や構成部材を確認したいときだけEL表示器6を移動させるというように、遊技者がEL表示器6を任意に移動させることができるので、遊技者による遊技が単調になるのを効果的に防止することができる。

0175

[描画処理の他の例]
図22を用いて説明した描画処理の一例では、EL画面60が重畳するメイン画像の一部をコピーして生成されたコピー画像に、EL画面60にのみ表示される表示内容を示す差分画像(すなわち、表示情報IFを示す画像)を合成することによってサブ画像を生成している。したがって、サブ画像内にはメイン画像に表示されている画像と差分画像とが合成されて表示されることになり、サブ画像と重畳してメイン画像に表示されている画像と差分画像との間の表示位置ずれを防止することができる。すなわち、サブ画像と重畳してメイン画像に表示されている画像と差分画像とを精確に位置合わせする必要がある画像をEL画面60に表示する場合は、非常に有効な描画方法となる。しかしながら、サブ画像と重畳してメイン画像に表示されている画像と差分画像との位置ずれがある程度許容される画像をEL画面60に表示する場合は、他の描画処理を用いてもかまわない。以下、図26および図27を参照しつつ、描画処理の他の例について説明する。なお、図26は、画像音響制御部140(VDP142)によって行われる描画処理の他の例を示すフローチャートである。図27は、VDP142によって行われる描画処理の他の例について説明するための説明図である。なお、上記実施形態に係る画像音響制御部140(VDP142)によって行われる描画処理の一例(図22参照)の各処理と共通する処理については、同じステップ番号を付してその詳細な説明を省略する。

0176

図26において、描画エンジン1424によるステップ291の処理で第1フレームバッファ1426Aにメイン画像が描画され、画像音響制御部140によってEL画面60に画像を表示すると判断された場合(ステップ292でYES)、画像音響制御部140のCPU141は、演出制御部130から送信されるEL画面60の位置情報に基づいて、EL画面60に表示すべきサブ画像の内容(表示情報IF)を決定する(ステップ311)。例えば、制御用ROM144には、表示情報IFを示すサブ画像情報が記憶されており、CPU141は、演出制御部130から取得した表示情報IFに対応するサブ画像情報を制御用ROM144から読み出してRAM145に格納する。そして、上記サブ画像情報を含む制御信号がVDP142へ出力される。

0177

次に、描画エンジン1424は、CPU141からの制御信号に含まれているサブ画像情報が示すサブ画像を生成するために必要な素材データを画像用ROM148から読み出してVRAM_RS1425に格納して、その素材データを用いて、ステップ311の処理で決定された内容のサブ画像(表示情報IFを示す画像)を生成する(ステップ312)。そして、このサブ画像を基づいて、上述したステップ295以降の処理が行われる。図27には、このステップ312の処理で生成されたサブ画像が4個の分割画像として第1フレームバッファ1426Aの空き領域に描画された後、各分割画像が元のサブ画像として出力される様子が示されている。

0178

[駆動機構10の他の例]
また、上述では、図7図10を用いてEL表示器6を移動させる駆動機構の一例を説明したが、他の態様の駆動機構を用いてもかまわない。以下、図28を用いて、EL表示器6を移動させる他の態様の駆動機構について説明する。

0179

図28(a)に例示されるように、基台601と、基台601に設けられた軸605を中心として回動可能に連結されたアーム602と、アーム602に設けられた軸606を中心として回動可能に連結されたアーム603と、アーム603に設けられた軸607を中心として回動可能に連結されると共にEL表示器6に固設されるアーム604とを備える駆動機構を用いてもよい。当該駆動機構においては、ランプ制御部150の制御に応じて、各アーム602〜603の回動角度が任意に調整される。このような駆動機構であっても、各アーム602〜603の回動角度を調整することによって、遊技者の操作に応じてEL表示器6を移動させることが可能である。

0180

また、図28(b)に例示されるように、遊技機1に設けられた軸702を中心として、アーム701の先端に固設された透過液晶ディスプレイ700を回動可能にすることによって、透過液晶ディスプレイ700が移動する駆動機構を用いてもよい。当該駆動機構においては、ランプ制御部150の制御に応じて、アーム701の回動角度が任意に調整される。この場合、図7図10を用いて説明した駆動機構10や図28(a)を用いて説明した駆動機構より、透過液晶ディスプレイ700が移動可能な範囲領域が限定されることになるが、駆動機構の構成が簡素であるため、遊技機1の製造コストを低減させることができる。

0181

[その他の変形例]
上記実施形態では、光センサ56の検知結果に基づいてEL表示器6(EL画面60)の位置を検出する場合について説明したが、第1ステッピングモータ29および第2ステッピングモータ30のステップ数に基づいて、EL表示器6(EL画面60)の位置を検出するようにしてもよい。また、光センサ56の検知結果と第1ステッピングモータ29および第2ステッピングモータ30のステップ数とを組み合わせて、EL表示器6(EL画面60)の位置を算出するようにしてもよい。

0182

また、上記実施形態では、可動役物7がEL画面60と重なった場合に重なった可動役物7に関する表示情報IFがEL画面60に表示される場合について説明した。しかしながら、遊技機1に設けられた他の構成部材に関する表示情報IFをEL画面60に表示してもかまわない。例えば、液晶画面50とは異なる場所に設けられた複数のランプを有するインジケータを用い、当該ランプの点灯数によって保留回数を標示する遊技機の場合、点灯しているランプとEL画面60とが重なった場合に重なったランプの保留に対応する表示情報IFをEL画面60に表示してもかまわない。一例として、点灯しているランプとEL画面60とが重なった場合、当該ランプに対応する特別図柄抽選に当選する信頼度(期待度)を示す表示情報IFがEL画面60に表示される。また、同様に、保留表示画像が液晶画面50に表示され、当該保留表示画像とEL画面60とが重なった場合に重なった保留表示画像に関する表示情報IFをEL画面60に表示してもいいことは、言うまでもない。

0183

また、上記実施形態では、透明板71に設けられたタッチパネル59へのタッチ位置に応じて、EL表示器6が移動する例を用いたが、遊技者が操作可能な他の入力装置を用いてEL表示器6を移動させてもかまわない。例えば、遊技機1の前方空間(例えば、液晶表示器5の前方となる遊技者側の空間)を検出空間として、当該検出空間における他の物体の有無(遊技者の手の有無)を検出する物体検出部を設け、当該物体検出部による検出結果に応じて、EL表示器6を移動させてもかまわない。例えば、上記検出空間に光(例えば、赤外線や可視光)を投光し、当該検出空間に存在する物体で反射した光を受光することによって、当該検出空間に存在する物体の有無を検出する物体検出部(例えば、赤外線センサや光センサ)を遊技機1に設けてもかまわない。この場合、物体検出部が検出した物体の有無に基づいて物体の位置を算出し、当該物体の位置に応じてEL表示器6を移動させる。一例として、互いの投光領域が重複しないように、物体検出用の光を上記検出空間にそれぞれ投光する物体検出部を遊技機1に複数設ける。なお、それぞれの物体検出部が物体検出用の光を投光する空間、すなわちそれぞれの物体検出部が物体の有無を検出する空間が、遊技者から見て水平方向に並設して形成されるように、上記複数の物体検出部を設けてもよい。また、それぞれの物体検出部が物体の有無を検出する空間が、遊技者から見て鉛直方向に並設して形成されるように、上記複数の物体検出部を設けてもよい。また、それぞれの物体検出部が物体の有無を検出する空間が、遊技者から見て斜め方向に並設して形成されるように、上記複数の物体検出部を設けてもよい。さらに、それぞれの物体検出部が物体の有無を検出する空間が、遊技者側から見て格子状に形成されるように、上記複数の物体検出部を設けてもよい。このように複数の物体検出部を設けることによって、それぞれの物体検出部おける物体検出結果を用いれば、液晶表示器5の前方空間に対して被検出物体(例えば、遊技者の手)が存在する位置を検出することが可能である。そして、液晶表示器5の前方空間における被検出物体の位置に応じて、EL表示器6を移動させることができる。なお、それぞれの物体検出部が物体の有無を検出する空間が、遊技者から見て水平方向、鉛直方向、または斜め方向等に並設して形成されるように、上記複数の物体検出部が設けられている場合、縦方向、横方向、または斜め方向等の一方向を基準とした被検出物体の位置(1次元位置)を検出することが可能となる。この場合、上記一方向を基準とした被検出物体の位置に応じてEL表示器6を移動させればよく、EL表示器6を少なくとも当該一方向に沿って移動させればよい。

0184

また、上記物体検出部としては、上述した赤外線センサや光センサの他に、レーザ光放射してその反射光を検出するレーザセンサや、超音波センサ静電容量センサ磁気センサ等、他の検出装置を用いて、上記検出空間における物体の位置(遊技者の手の位置)を検出してもかまわない。

0185

また、上述した実施形態では、遊技盤2に固定された画像表示器として液晶表示器5とは別に設けられた画像表示器として、単色表示する透明ELディスプレイを用いている。単色表示する透明ELディスプレイを用いることによって、2つの表示器が重なった場合に背後に位置する液晶表示器5の視認性を確保することが可能となるが、このような効果を期待しない場合、画面を透過する画像表示媒体であれば他のディスプレイを用いてもかまわない。例えば、画面を透過する画像表示媒体として透過型液晶ディスプレイ多色表示する透明ELディスプレイを用いて、液晶表示器5とは別に設けられた画像表示器を構成してもかまわない。

0186

また、上記実施形態では、遊技機1が、遊技盤2に固定された画像表示器として液晶表示器5を備えている場合について説明したが、本発明は液晶表示器5を備えていない遊技機にも適用されてもよい。すなわち、画像表示器としてEL表示器6のみを有する遊技機に本発明が適用されてもよい。この場合、2つの画面を重ねた演出は行われず、2つの表示器が重なった場合に背後に位置する液晶表示器5の視認性を考慮する必要がないため、単色表示する透明ELディスプレイに代えて他の透過型画像表示媒体(例えば、透過型液晶ディスプレイや多色表示する透明ELディスプレイ)を用いることが考えられる。

0187

また、上述した説明では、演出制御部130がサブ画像として表示する表示情報IFの内容を決定し、演出制御部130から出力されるサブ画像演出コマンドに応じて、画像音響制御部140が画像処理することによって表示情報IFが表現される例を用いたが、各処理段階を他の制御部が行ってもかまわない。例えば、演出制御部130から得られるタッチパネル59に対する操作情報やEL表示器6の位置に基づいて、画像音響制御部140がサブ画像を表示するか否かを判断して表示情報IFを表現してもかまわない。

0188

また、上述した遊技機1に設けられている各構成要素の形状、数、および設置位置等は、単なる一例に過ぎず他の形状、数、および設置位置であっても、本発明を実現できることは言うまでもない。また、上述した処理で用いられる係数判定値、数式、処理順序等は、単なる一例に過ぎず他の値や数式や処理順序であっても、本発明を実現できることは言うまでもない。

0189

また、本発明で用いられるプログラムは、遊技機1内部の不揮発性記憶装置に予め記録されているだけでなく、光ディスク等の外部記憶媒体を通じて遊技機1に供給されたり、有線または無線通信回線を通じて遊技機1に供給されたりしてもよい。

0190

以上、本発明を詳細に説明してきたが、前述の説明はあらゆる点において本発明の例示に過ぎず、その範囲を限定しようとするものではない。本発明の範囲を逸脱することなく種々の改良や変形を行うことができることは言うまでもない。本発明は、特許請求の範囲によってのみその範囲が解釈されるべきであることが理解される。また、当業者は、本発明の具体的な実施形態の記載から、本発明の記載および技術常識に基づいて等価な範囲を実施することができることが理解される。また、本明細書において使用される用語は、特に言及しない限り、当該分野で通常用いられる意味で用いられることが理解されるべきである。したがって、他に定義されない限り、本明細書中で使用される全ての専門用語および技術用語は、本発明の属する分野の当業者によって一般的に理解されるのと同じ意味を有する。矛盾する場合、本明細書(定義を含めて)が優先する。

0191

1…遊技機
2…遊技盤
3…枠部材
4…表示器
5…液晶表示器
6…EL表示器
7…可動役物
8…盤ランプ
10…駆動機構
20…遊技領域
21…第1始動口
22…第2始動口
23…大入賞口
24…普通入賞口
25…ゲート
26…排出口
27…電動チューリップ
29…第1ステッピングモータ
30…第2ステッピングモータ
31…ハンドル
32…レバー
33…停止ボタン
34…取り出しボタン
35…スピーカ
36…枠ランプ
37…演出ボタン
38…演出キー
39…皿
41…第1特別図柄表示器
42…第2特別図柄表示器
43…第1特別図柄保留表示器
44…第2特別図柄保留表示器
45…普通図柄表示器
46…普通図柄保留表示器
47…遊技状態表示器
50…液晶画面
51…画素ユニット
52…カラー液晶素子
53…R色液晶素子
54…G色液晶素子
55…B色液晶素子
56…光センサ
57…外壁
58…内壁
59…タッチパネル
60…EL画面
61…フレーム
62、63…挿通孔
70…主部
71…透明板
100…遊技制御部
101、121、131、141、151…CPU
102、122、132、152…ROM
103、123、133、145、153…RAM
111…第1始動口スイッチ
112…第2始動口スイッチ
113…電動チューリップ開閉部
114…ゲートスイッチ
115…大入賞口スイッチ
116…大入賞口制御部
117…普通入賞口スイッチ
120…払出制御部
125…払出モータ
126…払出球検出部
127…球有り検出部
128…満タン検出部
130…演出制御部
134…RTC
140…画像音響制御部
142…VDP
143…音響DSP
144…制御用ROM
146…音響用ROM
147…SDRAM
148…画像用ROM
150…ランプ制御部
1421…CPU I/F
1422…デコーダ
1423…ROM I/F
1424…描画エンジン
1425…VRAM_RS
1426…VRAM_FB
1426A…第1フレームバッファ
1426B…第2フレームバッファ
1427…出力回路
1428、1429…内部バス
194、197、214、217…連結部材
195、198、215、218…挿通孔
196、199、216、219…挟持片
200…昇降駆動機構
201…第1支持部材
202、203、222、223…ガイド部材
204…第1回転軸
205…第2回転軸
206…第1駆動ベルト
207…第2駆動ベルト
208、209、210、211、228、229、230、231…プーリ
212、232…ギヤ
220…スライド駆動機構
221…第2支持部材
224…第3回転軸
225…第4回転軸
226…第3駆動ベルト
227…第4駆動ベルト

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】遊技者の興趣の低下を抑制する。【解決手段】遊技機は、遊技媒体が遊技領域にある所定の通過口を通過することに基づいて抽選情報を取得し、抽選情報に基づいて当りであるかを判定し、開始条件の成立に基づい... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】遊技者の興趣の低下を抑制する。【解決手段】遊技機は、始動条件の成立に基づいて当りに関する抽選を行い、特別図柄変動期間中に該抽選の結果に基づく演出を実行し、操作部と演出表示装置とを備え、1回の特... 詳細

  • 株式会社大一商会の「 遊技機」が 公開されました。( 2019/09/12)

    【課題】遊技者の興趣の低下を抑制する。【解決手段】遊技機は、始動条件の成立に基づいて抽選情報を取得し、抽選情報に基づいて当りであるかを判定し、開始条件の成立に基づいて特別図柄変動を実行し、前記始動条件... 詳細

この 技術と関連性が強い技術

関連性が強い 技術一覧

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ