図面 (/)

技術 アニマルバスター

出願人 楠見俊雄
発明者 楠見俊雄
出願日 2010年8月13日 (11年3ヶ月経過) 出願番号 2010-194869
公開日 2012年3月1日 (9年8ヶ月経過) 公開番号 2012-039984
状態 未査定
技術分野 捕獲、駆除
主要キーワード 住み分け 一石二鳥 威嚇音 匂い物質 イノシシ 農作物 利用可 ライオン
関連する未来課題
重要な関連分野

この項目の情報は公開日時点(2012年3月1日)のものです。
また、この項目は機械的に抽出しているため、正しく解析できていない場合があります

図面 (2)

課題

からにかけ鹿イノシシ食害で日本全国、何千万何億と毎年被害にあっている。よって、その対策を提供する。

解決手段

虎、ライオン等の排泄物アから匂い物質を衣、板等に付け、各所に板切れエをおいておく。または木々に匂いの付いた衣切れウを結び付けておく。そして威嚇音スピーカーで流す事で猿、鹿、イノシシ等が出てこなくなる。

概要

背景

害獣による農作物被害地方において深刻であるが、その問題を解決できる技術である。

概要

からにかけ鹿イノシシ食害で日本全国、何千万何億と毎年被害にあっている。よって、その対策を提供する。虎、ライオン等の排泄物アから匂い物質を衣、板等に付け、各所に板切れエをおいておく。または木々に匂いの付いた衣切れウを結び付けておく。そして威嚇音スピーカーで流す事で猿、鹿、イノシシ等が出てこなくなる。

目的

効果

実績

技術文献被引用数
0件
牽制数
0件

この技術が所属する分野

ライセンス契約や譲渡などの可能性がある特許掲載中! 開放特許随時追加・更新中 詳しくはこちら

請求項1

野獣・虎・ライオン排泄物と体臭の付いた物、または付けた物である

請求項2

排泄物またはオシッコを科学的に造ったものである。

請求項3

威嚇音スピーカーで流す。

技術分野

0001

害獣被害をなくし獣と人間が住み分けができるよう考案した画期的な物である。

背景技術

0002

害獣による農作物の被害が地方において深刻であるが、その問題を解決できる技術である。

発明が解決しようとする課題

0003

からと特に獣による食害が多く地方によって獣が異なるため獣によって対処するのである。

課題を解決するための手段

0004

虎、ライオン等の糞尿を付けた物を食害にあわぬように、各所においておく物である。

発明の効果

0005

虎、ライオン等の排泄物の糞尿は、肉食獣であるため鹿イノシシ等は本能で危険だと思い、出てこなくなり効果絶大である。

発明を実施するための最良の形態

0006

食害をなくすため、各都道府県、農協などに虎、ライオンの糞尿を付けた衣や板切れ等を配布するのである。

0007

鹿、猿、イノシシから食害を防ぐ事が実功に出てこなかったのでありそれと共に虎の威嚇音を流す事で効果絶大である。

0008

鹿、猿、イノシシから食害をなくす事は経済守り動物との住み分けもできる一石二鳥利用可能大である。

図面の簡単な説明

0009

図1
図面の名称
(ア)虎、ライオンの排泄物
(イ)糞尿
(ウ)衣切れ
(エ)板切れ

ページトップへ

この技術を出願した法人

この技術を発明した人物

ページトップへ

関連する挑戦したい社会課題

該当するデータがありません

関連する公募課題

該当するデータがありません

ページトップへ

おススメ サービス

おススメ astavisionコンテンツ

新着 最近 公開された関連が強い技術

この 技術と関連性が強い人物

関連性が強い人物一覧

この 技術と関連する社会課題

該当するデータがありません

この 技術と関連する公募課題

該当するデータがありません

astavision 新着記事

サイト情報について

本サービスは、国が公開している情報(公開特許公報、特許整理標準化データ等)を元に構成されています。出典元のデータには一部間違いやノイズがあり、情報の正確さについては保証致しかねます。また一時的に、各データの収録範囲や更新周期によって、一部の情報が正しく表示されないことがございます。当サイトの情報を元にした諸問題、不利益等について当方は何ら責任を負いかねることを予めご承知おきのほど宜しくお願い申し上げます。

主たる情報の出典

特許情報…特許整理標準化データ(XML編)、公開特許公報、特許公報、審決公報、Patent Map Guidance System データ